メイド「ご主人様…私、もう…」(23)

男「もう限界か? ほら、スカートを上げて見せてみろよ」

メイド「は、はい……」 スッ

男「俺のあげたローターは気に入ってるみたいだな。ほら、さっさとイっちまえ」

メイド「あっ……! も、もう駄目です。い、イク……っ!」ビクン!

男「ははは。いいイキ様だな。愛液で床までびちょびちょじゃないか」

メイド「はぁ……はぁ……」

男「ちゃんと掃除しておけよ。お前が汚したんだからな」

メイド「は、はぃ……ただいま……」 フキフキ

男「!? 誰が床なんぞを吹けと言った! まず先にそのローター様を綺麗にしないか!」

男「貴様をイかせてくれたローター様なんだぞ!」

メイド「っ! すいません」

男「ふん……ったく」 スタスタ

メイド「……」

――次の日

メイド「ん……ちゅっ……ペロペロ」

男「俺を先にイかせないとお仕置きだからな。ほら、もっと奥までくわえ込めよ。ほらほら」

メイド「んんっ!? あむっ……んっ、じゅるっ」

男「どうした、もっと頑張らないか。じゃないとパンツの中のローターをもっと強く……」 カチカチ

メイド「んんっ!?」 ビクッ!

男「イったか……。なら、お仕置きだ」

メイド「は、い……すいません、ご主人様……」

男「脚を広げろ。俺のキツイやつをくれてやるよっ!」 ズブッ

メイド「あっ!? くぅぅぅぅぅっ!」

男「こんなに締め付けて……本当はこうされるのを待ってたんだろう?」

メイド「そ、そんなことは……あうっ!」

男「……」 パンパン

メイド「あ……だ、だめ……またイっちゃいます……っ!」

男「……ふん」 スッ

メイド「えっ? ご、ご主人様?」

男「お前なんかが俺のものでイケるとでも思ったか? お前には……」

男「これで十分だろ?」

メイド「ま、また……ローターを!?」

男「さあ、再開だ」

メイド「あ、いやっ! また……またローターでイっちゃううううっ!!」 ビクンビクン

男「ははっ、今日のところはこれで終わりだ。……いいか? ローターの掃除を忘れるなよ?」

メイド「は、はぃ……」

――次の日

メイド「ご主人様、コーヒーをお持ちしま」

男「何だと!? 一体どういうことだ!」

メイド「きゃっ!? す、すいません!」

男「貴様ぁ、ふざけるんじゃない! うちがどれだけ……」

メイド「あ……で、電話?」

男「なっ、押収!? なぜ俺の資産が……家は既に差し押さえられているだと!?」

男「い、今にでもこの別荘に!? お、おい! おい! ……くそぉぉっ!」 ガチャン!

メイド「あ、あの……ご主人様?」

男「……ああ、メイドか。聞いていたのか?」

メイド「は、はい。少しだけですけれど。あの、差し支えがなければ、その、詳しく……」

男「大したこのじゃあさ。お前に難しいことを言ってもわからないだろうが、」

男「要するに、俺は所有する全ての資産を押収されるんだと」

メイド「え…? す、全て?」

男「安心しろ。お前への支給は退職金を含めちゃんと出るさ」

男「……まあ、次の職は探さないといけないだろうがな」

メイド「そ、それはいいのですが、ご主人様は? ご主人様はこれからどうなさるのです?」

男「さあな。この家を含め、俺の物と呼べるもんは一切なくなっちまう。文字通り一からのスタートってやつだ。笑えるだろう?」

メイド「ご主人様……」

男「今から二、三時間でご到着らしいから、今のうちに欲しいものがあれば持って行ってもバレないんじゃないか?」

男「ほら、この宝石とか欲しいだろ? 持っていけよ」

メイド「ご主人様も何かお持ちになって……隠しておけば」

男「そんなのどうせ無駄だよ。すぐにバレるさ。それに、俺はもう疲れた……」

メイド「……」

――二日後

男「これでこの家ともサヨナラか。はは、これからどうやって生きろっていうんだよ」

男「犯罪犯して刑務所にでも行くか? それともいっそ首吊りでも……」

メイド「いけません、ご主人様」

男「……メイド? どうした、こんなところに。残念だが今更あの家に行っても無駄だぞ」

男「だからあの時に欲しいものは持って行けと」

メイド「いえ、いいのです。私の欲しかったものは、既に頂いておりましたから」

俺「……?」

メイド「……はぁはぁ、ご、ご主人様ぁ」 スッ

男「め、メイド!? お前……」

メイド「はい……ぁ……わ、私は、このローターをいただいて……あっ!」 ビクッ!

男「……」

メイド「ご主人様、私のおうちに……来ませんか?」

男「!? お前、何を考えて……今の俺には何一つプラスになるような要素はないんだぞ! それなのに」

メイド「いえ、そんなことはありません。私にはご主人様が必要なのです」

メイド「……私を満たすことができるのは、ご主人様だけ、なんです」

男「メイド……ふっ、はは……はっはっは! そうだよな! お前はもう俺なしじゃあいられない体だったんだよなぁ」

メイド「はぃ……さあ、イキましょうご主人様。私の家へ」

男「ああ、感謝するよメイド。くくく……今回のお礼にたっぷりと可愛がってやるからな」

メイド「………………くすっ」

――数日後

?「ああっ! も、もうやめ……ぅあっ! や、やめてくれっ!」

メイド「どうしたんですかご主人様? まだまだこれからですよ」

男「お前を雇っていたときのことは謝る! 謝るからぁっ! だからもう……もう!」

メイド「謝っていただく必要なんてございません。あの時私はご主人様の所有物だったのですから」

メイド「それに、決して嫌ではありませんでしたよ?」

男「じゃあなんで……あぁぁ! もう、ローターを抜いてくれ。またお尻で……うあっ! も、もうお尻でイキたくないぃぃ!」

メイド「いつも私を犯していたローターがご主人様の中でヌルヌルに……あぁっ!」

メイド「この日をずっと楽しみにしていました。……ご主人様に雇用されたあの時から」

男「!? メイド……お前、まさか」

メイド「ふふふっ、ご主人様……いいえ、お・と・こ」 カチカチ(ロータ強

男「ひぎぃっ!? あ、ダメ……イクっ! い、イっちまうぅぅっ!」

メイド「見せて……男がお尻でイクところ見せてぇ!」

男「うぁ……あへぇぁぁあああっ!」 ビュクッ!

――完

こんなssを最後まで見てくれた人がいたのなら感謝


なんか昔書いてた普通?なssが書けない

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年02月29日 (月) 06:34:47   ID: GhV-1qYn

うん……もうちょっと長ければ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom