悟空「大猿!?サイヤ人か!?」巨人「・・・」(49)

悟空「おめーべジータの知り合いか? 地球は侵略しなくていいんだぞ」

巨人「………」グググッ

悟空「何足上げてんだおめー」

巨人「………」グワッ

悟空「おめー他人の物を勝手に壊しちゃダメってじっちゃんに習わなかったんか?」ゴンッ



巨人「」ズザザザザザザッ



こうして、シガンシナ区は守られたのじゃった。




出オチですまん。

エレン「悟空さん! もっと食べてよ!!」

悟空「おー! ありがてー!!」モシャモシャ

ミカサ「………」ジーッ

エレン母「それにしても、巨人を倒すなんてすごいんですね悟空さん」

悟空「あれ巨人って言うんか? 宇宙からの侵略者か?」

アルミン「うちゅう? しんりゃくしゃ?」

悟空「んめー!!」モシャモシャ

エレン父「ははは、みんな質問は悟空さんが食べ終わってからにしよう」

エレン「悟空さんマジかっけー」キラキラ

ミカサ「………」ムッ

悟空「ふいー、食った食ったー」ポンポン

エレン母「おそまつさまでした」ニコニコ

エレン「ねぇねぇ悟空さん! どうやったらそんなに強くなれんの!?」キラキラ

悟空「強く? おめー強くなりたいんか?」

エレン「うん!」コクコクコク

ミカサ「………私も」ムスッ

悟空「おめーはなんで怒ってるんだ?」

アルミン「ははっ…、気にしないでください」

アルミン(エレンを奪われた気がしてるんだろうきっと・・・)

悟空「んー…」ジーッ

エレン「な、なんですか?」

悟空「おめーよえーな!」

エレン「よ、よわ…」ガーン

悟空「そこの目つき悪い女は大人以上の戦闘力だな」

ミカサ「……それは、強い?」

悟空「ヤジロベーくらいになら良い勝負できるかもしれねーな」

ミカサ「ヤジロベー? …その人は何番目くらいに強い?」

悟空「んー……オラの知り合いの中ではケツから数えた方がはえーな」

ミカサ「………っ」ムカッ

エレン「ご、悟空さん俺を強くしてくれよ!!」

悟空「なんでそんなに強くなりてーんだおめー」

エレン「巨人を倒して外の世界に行くためさ!」

悟空「外? 外くれー行けばいいじゃねーか」

アルミン「………?」

エレン「だから外に行ったら巨人に襲われるんだって!!」

悟空「あー、あいつらはおめーが一万人集まっても倒せねーだろうなー」

エレン「い、いちま…」ガーン

ミカサ「……私だと何人分?」

アルミン「そ、それより!! 悟空さんが巨人を倒してくれれば!!」

悟空「巨人ってのはわりーやつなんか?」

エレン「ああ!! 俺らを殺して食っちまう最悪な奴らさ!!」

ミカサ「……私…何人…」ボソッ

悟空「ふーん、じゃあ、壁の中でみんな生活してるんかー。そりゃ大変だなー」

アルミン「そ、そうなんです! だから悟空さんが巨人を―――」

悟空「いやー、それはダメだ。巨人ってのはいっぺーいるんだろ?」

エレン「どのくらいいるか分からないくらいにいる…」

悟空「一体や二体ならオラが懲らしめれば済む話だけど、オラがいなくなったらそんなの無意味だ。おめーらが倒せるようにならねーと」

ミカサ「………」

エレン「だから俺を強くしてくれよ!!」

悟空「………しょーがねー、いっちょやってみっか!」

エレン「!!」パァッ

ミカサ「……強くなればエレンを守れる…」グッ

アルミン(これで外の世界が…)


 それから数か月、悟空による厳しい修行が続いた。

悟空「エレン! おめーはとにかく基礎体力を向上すっぞ!」

エレン「は、はいっ!」ダダダッ

悟空「アルミン! おめーもだ! どんだけ頭が良くったって息が切れちゃ考えることもできねーぞ!」

アルミン「はひっ!」ゼェゼェ

ミカサ「やぁ!!」バッ

悟空「エレン! 楽しようとするな! 身体が覚えっぞ!」バキッ

ミカサ「つっ!!」ズザザザッ

エレン「は、はいっ…」ウデタテ

悟空(ミカサは教えなくても実戦で強くなれる。エレンとアルミンの体力がついたら気の使い方を教えっか)

ミカサ「やぁっ!!」ブンッ

悟空「エレン! 腕立て100回追加!」サッ

ミカサ「あっ…」ドサッ

エレン父(………これはいい。エレンが強くなればそれだけ“計画”を早められる…)

エレン母「悟空さん、修行の合間に周りの様子を見に行ってくれないかしら」

エレン父「ダメだよ母さん。外の世界を見るのはあくまで僕達“こちら側の人間”だ」

エレン母「……そうね、でも調査兵団の方々は今も外に出て……」

エレン父「…きっと、エレン達が世界を変えてくれる…」

エレン母「ええ…昔は調査兵団になるって言ったら全力で止めるつもりだったけど、最近はむしろ…」

エレン父(……いつ地下の存在を教えるか…問題はそれだけだな…)

悟空「そう、三角の中に気を集めるんだ。そしてそれをこねくり回して固めるんだ」

エレン「は、はいっ…」グヌヌッ

ミカサ「………っ」イライラ

アルミン「こ、こうですか…」ブゥン

悟空(やっぱ気の扱いはアルミンが一番か。……ミカサは気がでかすぎて扱いきれてないな)

エレン「ぬぎぎぎぎっ」

悟空「エレン、力むんじゃねーぞ。気ってのは青空のように落ち着いた心を持って扱うんだ」

アルミン「や、やぁ!!」ボッ


ドォォォンッ!


エレン「なっなぁ!?」

ミカサ「!!」

悟空「気を打ち出せばエネルギー弾。気で身体を浮かせれば舞空術だ」

エレン「か、身体を浮かせるって…空を飛べるんですか!!」

悟空「当たり前だぞ!」

ミカサ「瞬間移動ってのもできる?」

悟空「いやー、それは無理だ。オラでも教わることはできたけど教えるのは無理だ」

ミカサ(ちっ、いつでもエレンの下へ行けると思ったのに…)

アルミン(ミカサが何を考えてるか分かる…)

悟空「さっ、もう一度気の練り直しだ!」

エレン・ミカサ・アルミン
「「はいっ!」」


 さらに数週間後。

アルミン「やぁっ!!」シュバッ

エレン「はぁ!!」ドォォォンッ

ミカサ「はっ!!」バババッシュッブンッ

悟空(アルミンは空高く跳べるようになった。エレンもエネルギー弾を撃てるようになった。ミカサは極度に気の使い方が下手だけど戦闘力はずば抜けたな)

エレン「悟空さん! これで巨人を倒せますかね!」

アルミン「僕も行けそうな気がします!」

ミカサ「………」

悟空「……そうだなぁ、ちょっと集まれ」チョイチョイ

三人「?」タタタッ

悟空(瞬間移動っと)シュンッ



悟空「よっと」シュタッ

エレン「って!」ドタッ

アルミン「ととっ」ヨロッ

ミカサ「………」スタッ

エレン「こ、ここは…?」テテテ…

アルミン「あ、ああ…」ガタガタ

エレン「ど、どうしたアルミ…ン」




巨人「」ニィ  巨人「」ニィ

 巨人「」ニィ    巨人「」ニィ 巨人「」ニィ
       巨人「」ニィ
巨人「」ニィ        巨人「」ニィ
     巨人「」ニマァ


エレン「あ、ああ…」

アルミン(気の扱いを覚えたから分かる。僕達とあいつらの差は………絶望的だ…)






悟空「さっ、一人三体は倒すんだぞ」シュンッ

アルミン「あっ、ちょ、ちょっと!!?」

エレン「き、消えた……」

ミカサ「………ちっ」

ミカサ(せめてエレンだけでも…)ジリジリ

巨人「」スタスタ




上空

悟空「これで逃げなければもう一段厳しい修行をつけてやらないと…」

悟空(逃げるくらいの実力はすでについている。ここで逃げるなら自分の身くらい守れるだろ…)

アルミン「う、うわぁあああ!!」シュンッ

エレン「アルミン!!」

ミカサ「大丈夫!」

エレン「何がだよ!!」

ミカサ「アルミンは逃げただけ! アルミンなら逃げきれる!!」

エレン「くそっ! 俺は逃げねーぞ!!」ブゥン

ミカサ(そう言うと思った。…エレンには一体も倒せないから……12体か)グッ

巨人「ぁぁぁああぁあぁあああ」バッ

ミカサ「!!」ドンッ

エレン「うわっ!」ドサッ

ミカサ「はぁっ!」バキッ

巨人「!」ドサッ

エレン「や、やったか!?」

巨人「………」ニィ

ミカサ(無傷…)

エレン「わぁぁぁ!!」ドォォンッ

巨人「………」ポリポリ

エレン「ふ、吹き飛ばすこともできないのか…」ガクッ

悟空「そろそろ手を貸す……ん?」

エレン(悔しい…)グググッ

悟空(気が増えた…?)

エレン(俺は一生こいつらに怯えて、死んだように生きて…大切な人を護れなくて…)グググッ

ミカサ「……エレン?」

悟空「……これは…」



エレン「うわぁあああああああ!!」ブゥゥゥンッ



悟空「こりゃちょっとまじぃぞ!」シュンッ

エレン(! 気が抑えきれな―――)ピカッ

ミカサ「エレン!!」バッ

悟空「波ぁあああ!!」ボンッ

エレン「……ご、悟空さん…俺…」フラッ

悟空「……誰にでもしっぺーはある。少し休め」ガシッ

エレン「は……い」ガクッ

巨人「…?」ニマァ

悟空「ミカサ」

ミカサ「はい」






悟空「おめーが全員倒せ」

ミカサ「!?」

悟空「オラはできねーことは言わねー。分かるな?」

ミカサ「………」コクリ

悟空「そんかし、荒療治だけど気を使えるようにしてやる」ポン

ミカサ「?」

悟空「フッ!」ブゥンッ

ミカサ「!!?!??」ドサッ

悟空「身体の中に強制的に気を送り込んだ。最初は辛いかもしれねーけど、気の扱い方は分かるはずだぞ」

ミカサ「……あ、ぁ…」ガクガク

巨人「………」ニィ

悟空「それじゃ、あっちの方角に数キロ行けば街へ戻れるからな」シュンッ

ミカサ「………」グッ

巨人「」ニマァ



アルミン「………」グスッ

アルミン(僕は…結局……逃げ続け…)

悟空「おお、こんなとこにいたんか」

アルミン「ご、悟空さぁん…」ボロボロ

悟空「どうした?」

アルミン「……僕は弱いままの自分が嫌で…悟空さんに修行をつけてもらって…でも…」グスッ

悟空「アルミンは最強の戦士になりてーんか?」

アルミン「いえ…」

悟空「なら、別に戦う必要ねーじゃねーか。こいつと違ってな」

エレン「………」スゥスゥ

アルミン「………」

悟空「オラは戦うのがでーすきだから逃げたりはしねー。だけど、戦いが嫌いな奴と戦ったって面白くねーぞ」

アルミン「……はい」

悟空「さ、けーるぞ」スッ

アルミン「………」

悟空「どうした?」

アルミン「……悟空さん。やっぱり僕…巨人を倒したいです!!」

悟空「そっか」ニッ

アルミン「僕を強くしてください!!」

悟空「ああ! 任せとけ!!」

エレン「………」スゥスゥ



エレン「ミカサの奴おそいな…」

アルミン「ご、悟空さん助けに行った方が…」

悟空「心配すんな。オラは地球の裏側にいる人間だって一度会ったことのある人間なら見つけられるんだ。あいつは生きてるよ」

エレン「………悟空さん、俺とあいつらの差は10倍程度でしょうか」

悟空「あいつらの気を読んだのか?」

エレン「はい…あまりに巨大すぎて量り切れなかったけど…」

悟空「それじゃあ、10倍強くなってみっか!」

エレン「えっ?」

数年後...

教官「“三年前”、突如現れた巨人は壁を破壊した。結果、我々はウォールマリアを破棄するに至った」

エレン(………駆逐してやる…)

教官「しかし、いつまた巨人はやってきて、ウォールローゼを破壊せんとも限らん」

エレン(ぶっ殺してやる…)

教官「その時こそ諸君らはその職務として“生産者”に代わり自らの命を捧げて巨人という脅威に立ち向かっていくのだ!」

アルミン(外の世界を…)

教官「心臓を捧げよ!!」

一同「はっ!!」

ミカサ(エレンエレンエレンエレン…)ブツブツ

教官「本日、諸君らは訓練兵を卒業する。その中で最も訓練成績の良かった上位10名の訓練兵を発表する」

一同「!」ザワザワ

教官「呼ばれた者は前へ、首席、ミカサ・アッカーマン!」

訓練兵「お、おい、あいつが“外を知る者”ミカサかよ」

訓練兵「ああ、しょせんは噂だと信じてなかった者も、彼女の実力に何も言えなくなったそうだぜ」

教官「次、エレン・イェーガー!」

エレン「はい!」

教官「次、アルミン・アルレルト!」

アルミン「は、はい!」

訓練兵「あ、あのアルミンが…」

訓練兵「バカ、何年前の話だよ。アルミンは今や調査兵団のルーキー候補として名前が売れてるんだぞ」

教官「次!………」

食堂

訓練兵「いーよな、ジャン、お前憲兵団に入るんだろ?」

ジャン「…は? 何言ってんだよお前、当たり前じゃん。何のための10番以内なんだよ」

マルコ「そうだよね。僕も憲兵団にするよ。王様の近くで働けるなんて光栄だ」

ジャン「まぁた、お利口さんかよマルコ」ガシッ

マルコ「えっ」

ジャン「言えよ、内地に行けるから憲兵団になりたいって」

マルコ「いや…」

ジャン「こんなクソみてーな場所からおさらばして、内地で悠々自適に暮らすんだってな!!」

訓練兵「………」

ジャン「なぁ! 皆だって内地で快適にすごぶへぇ!」ドガッ

訓練兵「!?」

アニ「………」

エレン「黙れよ。ビビり」グッ

ジャン「………ちっ、最後の最後までお前は…」

ジャン「俺はなぁ! お前みたいな“戦闘バカ”とは違うんだよ! 立体機動無しでぴょんぴょこ跳びまわるような変態とはなぁ!」

マルコ「ジャン、やめなよ」オロオロ

エレン「お前だってこれから内地で立体機動無しの“ペコペコ”した家畜の生活送るんだろ?」ギロ

ジャン「っ!」ギリッ

アニ「エレン……それは私にも喧嘩売ってんの?」

エレン「……ああ、そうだ。俺はお前にも喧嘩を売ってる」

アニ「そうか……」スクッ

マルコ「アニ?」

アニ「ならば、喧嘩だ」バッ




アルミン「落ちつけよ、アニ」バキッ




アニ「!?」ズザザザッ

訓練兵「対人戦第三位のアニがほぼドベのアルミンに負けた!?」

アニ「………アルミン、あんたでももう容赦はできないよ」ペッ

アルミン「アニ。君はとても気高く強く、そして賢い」バッ

アニ「!?」

アルミン「けど、弱い」ゲシッ

アニ(これは私の!!)グルンッ

アルミン「その才能を殺してるのは、達観という言葉に隠れた“臆病虫”だ」

アニ「………っ」

ジャン「うぉおおおおおお!」バッ

ミカサ「今は動く時ではない」ガシッ

ジャン「お、おっ!!///」ベシャ

ミカサ(ジャン、良く聞いて……あなたは弱い。エレンと喧嘩しても勝てない)

ジャン「!!」

ミカサ(そのまま内地へ行くのが一番。“自分の身は自分で守って”)ボソッ

ジャン「………っ」プルプル

エレン「お前ら! よく聞け!!」

訓練兵「!」

エレン「俺達三人は、巨人を一撃で倒す師匠に稽古をつけてもらっていた!!」

訓練兵「なっ!?」

訓練兵「い、いちげきで…」ザワザワ

訓練兵「やはりあの噂は…」ザワザワ

エレン「その師匠に一年近く稽古をつけてもらっても! もらってもだ!!




―――立体機動と武器なしに1番小さな巨人にすら一人では勝てないだろう!!」



訓練兵「!!」

エレン「だが、“そんなことで諦めるのか!?”」

一同「!!」

エレン「俺は嫌だ!! 母さんを殺したあいつらを!! 生まれ育った場所を奪ったあいつらを!!


根こそぎぶっ殺すまでは終われない!!」



一同「………」ザワザワ

エレン「俺は調査兵団に入る!! そして……


人類の!

本当の居場所を!!

この手で勝ち取ってみせる!!」ビシッ


ミカサ「………」ボーッ///

エレン「ジャン! お前が内地で何しようが勝手だ!」

ジャン「………」

エレン「だがな! 外に希望を持っている人間の前で、二度と士気を下げるような真似をするんじゃねぇ!! 分かったな!!」ゴォッ

ジャン「………あ、ああ…」

アニ「………くそっ、くそっ」ギリッ

サシャ「………」モグモグモグ



クリスタ「………11位だった…」ガクシ

その夜

エレン「……なんだよ話って」

アニ「あ、ああ……ちょっとな」

エレン「………」

アニ「………」

エレン「早く言えよ」

アニ「! あ、ああ…」

エレン(早く帰って寝て―…)

アニ「エレン! 私を一人前にしてくれ!!」カァ///

ライナー「!?」ブフォッ

アルミン「よ、予想外だ…」

ミカサ「………私の中の何かが目覚めそう…」チュインチュイン

アルミン「その髪色どうしたの?」

ミカサ「気のせい」シュン

アルミン「??」

エレン「一人前ってどういうことをすればいいんだ?」

アニ「ああ、ちょっと付き合ってくれるだけでいい」



ライナー・アルミン「「ぶふぉっ!」」

ミカサ「………」バキッ

アルミン「か、壁が……」

今日はここまで。

おやすみなさい。

すこしだけ再開



エレン「ダッ!!」バキッ

アニ「くぅっ!!!」ズザザザザ

ライナー「あのクールなアニが…」モノカゲ

アルミン「よっぽど悔しかったんだろうね」モノカゲ

マルコ「お、女の子相手にひどいな…」モノカゲ

ミカサ「同じように巨人に説教してみたら?」

マルコ「………ごめん」

エレン「どうする? やめとくか」

アニ「ぐっ……ま、だ、まだぁ!!」バッ

アニ(納得いかない納得いかない納得いかない!!!)ブンッ

エレン「はぁっ!!」ドガッバキッ

アニ「……う、ぅう…」

エレン「たぁ!! そりゃ! とうっ!!」

アニ「………」フラフラ

マルコ「み、見ちゃいられないよ!」バッ

ライナー「お、おい!!」

マルコ「エレン! もうそのくらいにしろよぉぉぉ!!」

エレン「………」

アニ「………」フラッ



あ、りが、とう



アニ「………」ドサッ

エレン「お疲れ、アニ」ポンポン

エレン「……次はマルコか?」

マルコ「ひぃ!?」ビクッ

ミカサ「次は私」スッ

一同「………は?」

ミカサ(わたしもだっこされたい…)モンモン

エレン「いや、お前は必要な「必要だもん!!」

一同「!!?」ビクッ

ミカサ「必要なんだぁあああああ!」ドンッ

ライナー「脚力で地面に穴が空いたぁ!?」

サシャ「種をまけば野菜できますかねー」モグモグ

クリスタ「さ、さぁ…」

エレン「………くっ」

数分後
ミカサ「お疲れ、エレン」ポンポン

エレン「」ボロボロ

一同((ですよねー…))

ミカサ「これで、私とエレンの戦いは10000勝0敗」テクテク

ライナー「す、すげぇ…」

アルミン「どっちが?」

ライナー「そりゃ、ミカ「いや…くそっ、エレンのやつ…」

マルコ「ジャン?」

ジャン「相変わらずムカつく野郎だぜ…」ペッ

ライナー「どういうことだ?」

クリスタ「私は……たった一回だってミカサと本気で戦いとは…思わない…」

ライナー「!!」

アルミン「一万回負けるということは一万回闘うということ。エレンはただの一度だって、

〝ミカサに負けるとは思ったことがないんだ”」

一同「………」ゴクリ

エレン「……く、しょう…、つ…ぎは、か、つ」ボロボロ

ミカサ「うん、次も負けない」スタスタ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年08月12日 (金) 07:04:26   ID: RiWbnXH3

悟空が本気出せば巨人全滅できるだろw
してくれよw

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom