【ダンガンロンパ】苗木「ほのぼのだなぁ~」 (52)

苗木「ふあぁぁ、よくねたなぁ」

苗木「モノモノマシーンに熱中しすぎたなぁ…」

苗木「よっこらせっと、今日は何しようかなー」

苗木「とりあえず、まず食堂にいこっと!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407773220

初めてダンガンロンパのss書きます!

お願いします!どうか、温かい目で見て

朝日奈「お!苗木じゃん!起きんの遅すぎだよ~」

葉隠「そうだべ!遅すぎんべ!もうオレっちが苗木っちの分も
   食べちまうところだったべ」

苗木「ごめんごめん、昨日夜遅くまで起きててさぁ」

山田「なにぃ!?苗木殿!いったい何をしていたというんですかぁ!!!」

セレス「黙ってろォォぉ!ビチグソ野郎がァァッァ!!」

山田「ヒィィィ、もっと罵ってくださいィィ!」

苗木「いや、ただモノモノマシーンにはまっちゃってたんだ…」

セレス「」ゲシッゲシゲシ(山田を蹴る音)

苗木「アハハ・・・ぼ、僕は朝食を食べにいくね?」

セレス「はい!どうぞごゆっくり」ニッコリ

テクテクテク…

舞園「あ、苗木クン!!おはようございます!!!」

苗木「舞園さん、おはよ!」ニコ!

舞園「う、眩しいぃ!」

苗木「へ?何が眩しいの?」キョロキョロ

舞園「いえ、何でもないですよ!」(苗木クン!かわいい!)

苗木「えへへ、ありがと///」

舞園「え!?わ、私声に出してましたか?」アセアセ

苗木「ううん、エスパーだから、かな?」

舞園「」///

苗木「あ、僕朝食済ませてくるね!」

舞園「はい!//ま、またお話しましょう!」タッタッタッ…

苗木「あ、行っちゃった、まぁいいかー後でプレゼントでもあげに行こう」

苗木「さてと、今日の朝食はっと、サラダに食パンにドレッシング!?」

苗木「合わなくないか!?」

苗木「ん!これは!!」

苗木「食パンの上に何か乗せた跡がくっきり残ってるな・・・」

苗木「誰か食べたの・・・か?」キョロキョロ

苗木「ん?あれは」

戦刃「」( ̄ー ̄)モグモグ

トコトコトコ…

苗木「戦刃さん?美味しかった?」


戦刃「うん!美味しかったよ!・・・ハッ!」

苗木「食パンに何が乗ってたの?」

戦刃「うぅぅ、、」

苗木「怒らないから、言ってみて?ほら約束!」

戦刃「目玉焼きが乗ってた・・・」

戦刃「だってだって、盾子ちゃんが余ってるから食べていいって・・・」

江ノ島「はぁぁ(゚Д゚≡゚Д゚)? 私様は、何も言ってませんよ?うぷぷ」

戦刃「え、盾子ちゃん!言ってたよ!」

江ノ島「証拠はあるんでしょうね」メガネクイッ

戦刃「え!え、と  ないです・・・」

江ノ島「もう濡れ衣着せないでよね!」プリプリ

戦刃「うぅぅぅ、ごめんね苗木君・・・」

苗木「ちょ、ちょっと!戦刃さん、別に怒ってないって!」

苗木「約束したでしょ?ね?」ヨシヨシ

戦刃「うぅ、苗木君、ありがと//」

苗木「うん、大丈夫だよ!」

戦刃「」ギュッッ

苗木「えッ!」

戦刃「苗木君優しい・・・、」

苗木(んん、どーしようか)ヨシヨシ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

苗木(あのあと、戦刃さんをよしよししながら部屋に戻してあげたけど、
   なぜか江ノ島さんもよしよしして欲しいと言われ、よしよししてあげた)

苗木「ふぅ、やっと朝食が食べれるよ・・・」

サラダ 「新鮮なうちに食べて…欲しかっ…た、、」

食パン 「俺の上に乗ってた、目玉焼き知らない?」

ドレッシング 「解せぬ」

苗木「どーしよう、もうそのまま食べちゃうか…」

書き溜めた分だけ、貼ったので寝ます。
亀で本当にすいません。

おはよーございます!
>11 ありがとうぞざいます!
>12 ほのぼのですからぁー

苗木「あんまり、美味しくない朝食だったなー」

桑田「おい!苗木ぃ!俺らと遊ばねーかー?」

苗木「ん?相撲してるの?」

桑田「おう!けっこーおもしれーぜ!」

不二咲VS大和田

葉隠「この組み合わせは、占わないでも結果が分かるべ・・・」

苗木「へぇぇ・・・、」(大丈夫かな・・・)

不二咲「い、いくよぉ、大和田くん!」

大和田「おう!こいやぁ!」

不二咲「うおぉ~、おりゃおりゃ」

大和田「」(お、こいつ結構力ついてきたな)

不二咲「どう、したのっ!大和田くんも本気でやってよ!」

大和田「おぉ、わりぃ、んじゃ行くぞー」ガシッ

大和田「おりゃーーー!!!」

不二咲「う、うわぁぁぁ~」

不二咲「」ドサッ

大和田「はっはは!参ったか!」

不二咲「ひ、ひどいよ!胸ぐらを掴んでそのまま投げるなんて・・・」ウルウル

大和田「え、えぇー!あ、そうだった、相撲だっけ。」

不二咲「ひどい、ひどいよぉ」ウルウル

大和田「わ、悪い!悪かったって!」

 

苗木&桑田&葉隠(・・・(*´д`*))

苗木「なんか、いいもの見れた気がするよ!」

葉隠「たしかにいいものだったべ!」

桑田「あいつら、結婚すんじゃねーのか?男同士だけど」

葉隠「外国に行けば認められるんじゃねーべか?」

桑田「いや、別に本気で言ったわけじゃねーって!」

山田「ふむふむ、何故か創作意欲がそそられるでござる!!!!!」

苗木「あれ?山田くんいたっけ?」

山田「途中から見てましたぞ!」

残姉ちゃんとイチャイチャしてればみんな見てくれる

>>18なるほど、一理ありますね!
  まだ最初のほうなんで、後から取り入れたいと思います!



神「なんか、、、あいつら、、、いいな!」

山田「おぉ!天の声が聞こえましたぞ!」

山田「天が、この出来事を部屋に戻り早く形になせとォォ!」

山田「行かねばぁぁ!」

苗木「山田くん?あれ?聞いてる?」

山田「おっと、すみません!創作意欲が溢れ出していて築きませんでしたでござる」ジュルリ

山田「で、どうされた?苗木殿?」

苗木「いやさぁ、モノモノマシーンやってたらさぁ山田くんが喜びそうなものが
   手に入ってさぁ」

苗木 ( ^ω^)_凵コラコーラ

山田「こ、これはァァ、コーラではありませんか!苗木殿ォ!」

苗木「どうかな?喜んd」山田「ありがとうございますゥ!苗木殿!!」土下座っぁ

苗木「ちょ、山田くん!土下座なんてやめてよ!大したものじゃないよ!」

山田「いえいえ、これは神が作り出した産物ですぞ!こんなものもらうなどと…
   ありがたき幸せ!」

桑田「お!なにやってんだ!」

葉隠「あぁぁー!苗木っちが山田っちにコーラあげてるべ!」

桑田「苗木ぃ!俺らにも、なんかくれるよなァ!」

苗木「う、うん!ちょ、山田くん邪魔!」ゲシッ

山田「はう!」

苗木「桑田くんには、これ!」

苗木 つブルベリの香水

苗木「えっと」ゴソゴソ

苗木「あ、あった!葉隠くんはこれだよ!」

苗木 つ水晶のドクロ

桑田&葉隠「苗木(っち)ィィ!おまえはどんだけ優しんだよ!(べ)!」

桑田「おぉ、本物香水だ!この学園自体あるのかも定かじゃねーのに、よくやったぞ
   苗木!」

葉隠「俺っちのなんか、水晶だべ?これってドクロが浮き出てんべ!ご利益もんだべ!」

苗木「アハハ、喜んでくれて嬉しいよ!」

苗木「それじゃ、そろそろ他にも配る人いるから!またねぇ!」

苗木「あ、それと、今、相撲中?の不二咲くんと、大和田くんにもあげといて!」

苗木 つ新品のサラシ

苗木「これは、大和田くんので」

苗木 つキルリアンカメラ

葉隠「どんだけ回したんだべ・・・」

苗木「それじゃーねー」片手フリフリ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

苗木「さて、誰に渡しに行こうかな」キョロキョロ

霧切「あら、苗木君」

苗木「あ、霧切さん!」

霧切「なにか、探してたの?」

苗木「いや、違うんだ!」

苗木「えっと、霧切さんには、っと」

霧切「?」

苗木 つイン・ビトロ・ローズ

霧切「!?」

苗木「どう、綺麗な花でしょ?花のことはよく知らないけど、霧切さんに似合いそうな
   花だったから・・・どうかな?」

霧切「えぇ、とても嬉しいわ!////」

霧切「苗木君、この花の花言葉知ってる?」

苗木「ん?わからないなー」

霧切「愛情よ!///」

苗木「え、あ!ご、ごめん////」

霧切「別にいいわ!嬉しかったし、まぁ今後は気をつけなさい」

苗木「うん、ごめん」

霧切(花言葉を知らずに送るなんて・・・)

霧切「苗木君のくせに生意気よ」ボソッ

苗木「え?」

霧切「なん、でも、ない!」

霧切「それじゃ、私は行くわね!」

苗木「うん、・・・」

霧切(落ち込んでる苗木君、、、いいわね)

>>1です。
お盆楽しんできたんで、書きます!



テクテクテク…

苗木「失敗しちゃったなぁー」

苗木「次は、ちゃんと僕が知ってるものをあげよう!」

舞園「あ、苗木クン!」

苗木「ちょうどいいところに来てくれたね!舞園さん!」ニッコリ

舞園「は、はぅ~///」(やっぱりかわいい!!!)

苗木「ちょっと///やめてよー//」

舞園「え!だ、だからなんでわかっちゃうんですかぁー//」


苗木「ところでさ!」

舞園「な、なんですか?」(話題変えちゃうのかぁ…)

苗木「これ、プレゼントだけど・・・受け取ってくれる?」

苗木つ 桜の花束

苗木(確か、桜の花束の花言葉はあなたに微笑むだったはず!)

舞園「・・・」

苗木「・・・あはは、ごめんねこんなm」舞園「ありがとうございます!!」ダキッ!

苗木「え!え!な、なに!」


舞園「苗木クン!私とっても嬉しいです!」

舞園「私こんな気持ちになったのは、初めてで・・・」ウルウル

苗木「ど、どうしたの!そんなに嫌だった?」

舞園「ち、違います!私でよければ、もらってください!」ウワーン

苗木「へ?」

舞園「へ?」ピタッ

苗木「え?桜の花言葉って舞園さん知ってる?」

舞園「ええ!もちろん知ってます!あなたに微笑むですよね?」ニコッ

苗木「う、うん、だけどさっき・・・」


苗木「私でよければ、もらってください!って・・・」舞園の声マネ

舞園「あわわ、や、やめてくださいよぉ!」

舞園「あれは、花言葉の通りずっと私に微笑んでくれるんだと思って・・・」

苗木「」(な、なるほど!そう捉えちゃったのか・・・)

苗木「あはは、僕なんかじゃ舞園さんとつり合うわけな」舞園「それは違います」

舞園「私は、苗木クンのこと好きなんですよ!つり合うとか、つりあわないとかそんなこと
   言わないでください!そうじゃないと、私の思いは絶対に叶わないと言うんですか
   そんなの、そんなの、」

苗木「論破された・・・ってええっ!」

舞園「はぁはぁ・・・」

苗木「あの、さっきのホント?舞園さん?」

舞園「はい・・・」

苗木「えっと、」

舞園「返事はまだいらないですよ!」ニコッ!

舞園「でも、いずれ返事くださいね!」

苗木「う、うん!」(よかった・・・舞園さんだ)

舞園「それじゃ、私お洗濯あるので失礼しますね!」

苗木「うん!わざわざごめんね、ありがと!」

舞園「あ、それと・・・」

舞園「プレゼント!嬉しかったです!」

舞園「それでは!」タッタッタ・・・

苗木「あ、うん・・・」

苗木「うーん、喜んだらいいのかな・・・」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


舞園自室

舞園「何言ってるの!私のバカバカ!」

舞園「第一、苗木クンと付き合えたとしてアイドル活動はどうするの!」
   
舞園「でも、・・・ほんとに私苗木クンのこと好きだしいいよね!」

舞園「いずれ、」



舞園「さやか!今日はどこ行こうか!」声マネ

舞園「もう、誠はせっかちですね!」

舞園「そんなこと言わないでよ!ほらこことかどう?夜景も綺麗だしすぐ近くに
   ホテルもあるし!」声マネ

舞園「ホ、ホテル!泊まり込みで行くんですか?」

舞園「決まってるでしょ!もしかしてイヤ?」ウルウル 声マネ

舞園「そんなの、言わせないでください!!!!!」



舞園「・・・キャーキャー!///バカ私のバカ!///」枕バンバン

枕「解せぬ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やばい。ほのぼの過ぎてニヤニヤし過ぎって怒られた
ほのぼのかわいいので頑張ってください!

>>37ありがとうございます!
頑張りたいです!


苗木「んー、舞園さんは返事はまだいいって言ってたし、どうしようかな」

苗木「お腹も減ったし、食堂に行こっと!」


戦刃「あ、苗木君だぁ!今朝のことごめんねぇ・・・」

苗木「うん!大丈夫!それより、戦刃さんなんで食堂に来てるの?」

戦刃「なんでって、言われても今お昼だよ?」

苗木「あ、ホントだ!もう昼になっちゃたのか」

戦刃「ねぇねぇ、苗木君!一緒にご飯食べよ!」

苗木「うん!食べよ!」


朝日奈「あぁー、苗木ぃ!やるねぇ!」

朝日奈「戦刃ちゃんと、イチャイチャしちゃって!」

苗木「し、してない!」

戦刃「」Σ(゚д゚lll)

大神「朝日奈、あまり茶化すでない・・・」

朝日奈「えぇ~、・・・うん、そうだねごめんねぇ!二人とも!」

苗木「ちょっと待って!朝日奈さん!ちがうからね!」

朝日奈「はいはい!そうだねー」

大神「ふふ、我も応援しているぞ、苗木」

苗木「あれ!大神さん、味方じゃないの!?」

苗木「あ、ちょっと!・・・行っちゃった・・・」

戦刃「ごめん、私のせいで・・・」

苗木「ち、ちがうよ!戦刃さんのせいじゃないよ!」

戦刃「ううん、私のせいだよ!」

戦刃「あ!私、食欲ないの忘れてた」オナカグ~

苗木「」(嘘だ・・・カワイイ)

戦刃「ごめんね!苗木君!ほかの人と食べて!」オナカグ~グ~


苗木「待ってよ!僕、戦刃さんのこと大切に思ってるよ!」

戦刃「」ピクッ

苗木「それに、かわいいし」

戦刃「」ピクッピクッ

苗木「いつも優しいし!いい香りだってするし!」

戦刃「」ピクッピクピクピク

戦刃「もう///!苗木君やめてよぉ///」

戦刃「私なんて盾子ちゃんの足元にも及ばないし・・・」

苗木「それは違うよ!戦刃さん!君はとってもかわいい女の子なんだよ!!!」

戦刃「は、はぅぅ///」

戦刃「な、苗木君!私ね今日ね!えっとね!・・・なんだっけ」

苗木「落ち着いて戦刃さん!ゆっくり喋って?」

戦刃「う、うん!スーハースーハー・・・よしっ」

戦刃「私ね、好きな人ができたんだけど、盾子ちゃんから聞いたんだけど!今日ね!告白?ってやつを
   しようと思ってたんだ!」

苗木「え!すごいじゃないか!文法すごいことになってるけど」

戦刃「でもね、どうやるか分からないの・・・」(´・ω・`)

苗木「戦刃さんが、思ってることを伝えればいいと思うよ」

戦刃「うーん・・・思ってることかぁー」オナカグ~

苗木「あはは、昼食食べようか!」

戦刃「う、うん///」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よし。書く。

苗木「それで、えっと、告白だっけ?」

戦刃「うん、どうしたらいいか分からないの」モグモグ

苗木「戦刃さんは、その人のどこが好きなの?」

戦刃「や、優しい…ところ」

苗木「へぇー、それじゃ告白するときにそれを言ってあげると、その好きな人は
   喜ぶと思うよ」ニッコリ

苗木「褒められて、嫌な人はいないから」

戦刃「ふむふむ。なるほど」モグモグ

苗木「あとは、いきなり告白っていうのもなんだから、アピールしていってその後
   気持ちを伝えればいいと思うよ!」

戦刃「なるほど、」(アピールか…)

苗木「まぁ、僕も全然モテないからわかんないけどね!アハハ」

戦刃「そ、そんなことないように見えるけどなぁ」


苗木「いや、桑田くんの方が僕の百倍モテてるよ!」

戦刃「そっか」(じゃ、じゃあチャンス!?)

苗木「それじゃ、昼食も食べたしそろそろ行くよ」

戦刃「あ、まって!」

苗木「ん?どうしたの?」

戦刃「苗木君のほっぺにご飯粒付いてるよ?」

苗木「え!どこどこ?」

戦刃「まって、とってあげるよ」(アピールアピール)

戦刃「」ペロッ

苗木「ヒ、ヒヤァ!!」

戦刃「///」

苗木「も、もうやめてよ戦刃さん///」

戦刃「ご、ごめんね、でも美味しかったよ!//」

苗木「だからって、//」

戦刃「食べ物を粗末にしちゃダメだからとったの!」

苗木「あ、そうなんだ」(絶対ぼくをからかったんだな!それなら僕も!)

苗木「いやぁ、てっきり戦刃さんが僕のこと好きなのかと、思っちゃったよ!」

戦刃「へ?・・・・・・」ボフン//

戦刃「そ、そんなことないよ!」

苗木「アハハ、そうだよね、ごめんね勘違いして!」(まぁ、そんなことあるはずないよなぁ)

戦刃「もう苗木君いじわる!」

苗木「ごめんごめん、じゃあ僕そろそろ行くねぇ」

戦刃「うん、お話してくれたありがと!」

苗木「」タッタッタッ…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

戦刃「はぁ~、どうしたらいいのかなぁ」

江ノ島「お姉ちゃん、話は聞かせてもらったよ?」ニヤリ

戦刃「じゅ、純子ちゃん!?」

江ノ島「驚きすぎだっつの、てか苗木もあそこまで鈍感だとはねww」

戦刃「む!苗木君をバカにしないで!」

江ノ島「お、残姉のくせに、ワタクシ様に反論か!」

戦刃「ご、ごめん、なさい」

江ノ島「まぁ、よい!お姉ちゃん、苗木のこと好きなんでしょ?だったら、手伝ってあげようか?
    うぷぷ」

戦刃「え!?ホント!?」

江ノ島「ほんとほんと!私様は、嘘つかない!」

戦刃「ありがとう!純子ちゃーん!」

江ノ島「いいってことだぜ!」

江ノ島(うぷぷ…)

戦刃「って、あれ!?なんで純子ちゃん、私が苗木君のこと好きなの知ってるの!?」

江ノ島「はぁ、まじ残念・・・」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年10月17日 (金) 13:02:57   ID: vp0ZC_Or

残姉と苗木はいいよなぁ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom