パワポケ「残念だったな」 13裏(256)


クインシティ 酒場

全員「カンパーイ!!」

ハーシバル「今回の冒険も大成功だな!」

カンドリー「途中クラーケンが三体出てきた時はもう駄目かと思ったけどな!」
ワイワイガヤガヤ

エンゼル「カンドリー凄かったねあの時の剣捌き」

カンドリー「ハハハ、まあね、パラポルトにいたころは僕に勝てる奴なんていなかったしな!」

ハージバル「あんまホラばっかり吹くなよカンドリー、お前俺に何時も負けて泣きべそ掻いてたくせに」

カンドリー「ちょ」

エンゼル「ハハハーカンドリーかっこわるー」

ハーシバル「まあ、大砲操作や射撃の腕は俺達のなかで一番だけどな」

カンドリー「そ、そうさ僕にはちゃんと取り得がある、足を引っ張ったりはしないさ!」

ミーナ「ソーデスネ、カンドリーの狙撃ニハ助ケテモラッテマス、風向キモチャント計算ニ入レテマスシ」ヌッ

ハーシバル「うおミーナ!」

ミーナ「航海士ノワタシヤレンモ安心シテ海路ヲ読メルッテモノデス」

カンドリー「そうだろ!?やっぱり僕は役にたってるんだ!」

ハーシバル「分かった分かった」ハハハ

エンゼル「ところでキャプテンは?」

ハーシバル「あそこのカウンターでレンの愚痴に付き合わされてるぞ」

エンゼル「うわーキャプテンかわいそー、レンさん酒癖悪いもんねー」

ハーシバル「見ろよ、レンがパワポケの腕掴んでるせいで逃げられないんだ」
エンゼル「アタシ達にとっちゃ被害が及ばないから良かったよね」


パワポケ「レ、レン、もう呑むのはやめたほうが」
レン「うるさいですよパワポケさん!大体パワポケさんは!!」クドクド

パワポケ「オレッすか…」

ハーシバル「ありゃ長くなるぞ」

エンゼル「厄介者はキャプテンに任せてアタシ達は飲もう」アハハ

レン「まったく無茶ばっかりして!!パワポケさん、あんまりムリはしないでください!!!」ヒック

パワポケ「ムリしてるつもりは無いんだけど…」

レン「ひとりで人喰いゴキブリ×8に飛び込んでいくのは無茶じゃないんですか!?」 ダンッ!

パワポケ「宝箱が気になっちゃって…」

レン「安っすいブービートラップじゃないですか!!」

パワポケ「そっすね…」

パワポケ「これからは気を付けるからさ、今日はもう許してよレン」

レン「仕方ありませんね…」
パワポケ「ホッ」

レン「所でパワポケさん、好きな人っていますか?」
パワポケ「話変わりすぎだろ!」

エンゼル「」ガタッ

ハーシバル「うわっ突然立つなよ!酒がこぼれるぞ!」

パワポケ「どうしたんだいきなり!?」

レン「べ、別に深い意味は無いんですよ!?ただパワポケさんすごくモテるじゃないですか、それでちょっと気になっちゃって…」

パワポケ「俺がモテる…?」
ガタッ

パワポケ「ちょっと待っててレン」

レン「え?あ、はい」

スタスタスタ

パワポケ「なあハーシバル」
ハーシバル「ん?なんだ」

パワポケ「俺ってモテる?」
ハーシバル「え?持てる?何を?」

パワポケ「いや、女の子に」
ハーシバル「女の子に持てる?どういう意味だ?」

パワポケ「あーもう!もういいよ!」

パワポケ「カンドリー!」

カンドリー「……何?」

パワポケ「なんでそんなローテンション?ま、まあいいや、俺ってモテたっけ?そんな記憶微塵も無いんだが?」

カンドリー「………」

パワポケ「………無視はやめようぜ、仲間だろ」

カンドリー「自分の胸に聞いてみろ!」カッ!

パワポケ「うわっ大声止めろ」

カンドリー「フン」

エンゼル「」ジロー

パワポケ「ん?エンゼルどうした?こっち見て」

エンゼル「…」ジロー

パワポケ「睨んでるように見えるぞ、やめた方がいい」

ハーシバル「おいパワポケ」

パワポケ「なんだ?」

ハーシバル「ミーナを見てみろ」

パワポケ「え?」チラッ

ミーナ「…」ジロー

パワポケ「……………」

カズーイ「…」ジロー

パワポケ「お前どこから出てきた!?」

カズーイ「いやーキャプテンモテモテやなーと思って」

パワポケ「だから!俺が!!いつ、誰に!モテたんだよ!!教えてくれよ!!」ギャー
カズーイ「…」ジロー

エンゼル「…」ジロー

ミーナ「…」ジロー

パワポケ「うわああー!モッチー!!」ダッ

モッチー「甘えるな!!でやんす!」バキッ

パワポケ「ウギブギッ」 バタッ
ハーシバル「なあカンドリー、何やってんだあいつ等」

カンドリー「お前も敵だぞ」フン
今回はこれまで

再開 今更ながらパワポケ13裏の話です

仲間は全員

パワポケ「いてえ…」

モッチー「少し頭冷やしとけでやんす」

パワポケ「はあ~…確かにはしゃぎすぎてたかもな」

パワポケ「少し座って休憩するか」

ヒヨリ「ラヴ♪ラヴ♪ビックバーン♪」ラーララー

パワポケ「ぎゃああああ!!!頭が腐る!!!割れる!!!」バタバタッ

ヒヨリ「ちょっとキャプテン!ひどくない?心洗われるような素晴らしい歌でしょ?」

パワポケ「俺には毒電波にしか聞こえないんだよ!止めろ!!」

ヒヨリ「ヤです~ラーララー♪」

パワポケ「初めて会った時みたいな静かな歌を歌ってくれよ」

ヒヨリ「こっちの方が絶対いいって~♪」ラーララー

エドワード「キャ、キャプテンそいつを早く止めてくれ…」

パワポケ「すまん、無理だっ」

エドワード「俺はアイツの隣りの部屋で寝ているからいつもアイツの歌が響いて眠れないんだよ!」

エドワード「やっと街に帰ってきたと思ったら酒場でもこれだ!勘弁してくれ!!!」

パワポケ「あれ?エンゼルの防音部屋改造やってもらってないのか?」

エドワード「あんな小娘の二流大工なんざ頼ってたまるか!」

パワポケ「意地張ってないでたのんだほうがいいぞ、寝不足でクマがやばいぞ」

エドワード「俺の大工としてのプライドが許さねえ!今に俺の部屋を完全防音にしてやる、俺の手でな!」

パワポケ「そ、そうか」

パワポケ「とりあえず今はヒヨリから離れよう、頭痛い」

エドワード「それは同感だ」

パワポケ「ウズキさん盛り上がってますかー?」

ウズキ「つまり、ヒノモトは暗殺術が進化していると」

アンドウ「左様、暗殺や隠密のスペシャリストが拙者達忍者でござる、幼子の頃から血の滲むような訓練をしているのでごさるよ」

ウズキ「それにしても興味深い、このクナイや手裏剣、これなら抹殺できるかもしれませんね」

アンドウ「………誰をでござるか?」

ウズキ「私の妻ゴホッゴホッ…………いや何でもありませんよ、ところでアンドウさん、この手裏剣2、3枚貸してくれませんか?」
アンドウ「…………駄目でござる」

ウズキ「実に残念です、……………別の策を考えますか」ボソッ

パワポケ「…ウズキさんの奥さんってどんな奴なんだ?……」


パワポケ「さて、他のクルーは…」

ジュン「キャプテンちょっといい?」スッ

パワポケ「…後ろから音もなく忍び寄るなジュン、ビクッてなるから」

ジュン「あーごめん、メイドの癖で」

パワポケ「メイドが癖になるほど音を殺して歩くことがあるのか!?」

ジュン「よくあるよ、偶然を装って主人の秘密の会話を盗み聞きするときとかね」

パワポケ「そんな黒いメイド雇いたくないわ!!で、何か用か?」

ジュン「そうそうお礼を言いにきたんだ、今回の冒険わざわざお嬢様のワガママに付き合ってくれてありがと」

パワポケ「まあどこか行くアテも無かったしな、カリムーの玉の行方も掴めないし」

パワポケ「しかしジュン、あのお嬢様本当にあれ食う気か?あのデカい蝶美味いか?」

ジュン「毒は無いだろうし大丈夫だよ、キャプテン達が航海中に食べてるものよりは美味しいでしょ」

パワポケ「ホントにジュンが仲間になってくれて良かったよ、食生活が数段マシになったから」

ジュン「まあ私もいつお嬢様に呼び戻されるかわからないけどね」

パワポケ「」

パワポケ「……」

ジュン「どうしたの?」

パワポケ「そうだな…ジュンもいつか船から降りてしまうんだよな…」

ジュン「しょうがないよ、私元々メイドだし、なに、キャプテン私が居ないと寂しいの?」ニヤッ

パワポケ「当たり前だろ」

ジュン「…え?」ドキッ

パワポケ「今の食生活に慣れてしまったからな、ジュンが居なくなったらまたあの固いビスケットや虫のわいた肉団子を食べなくちゃいけなくなる、それは辛いなあ」

ジュン「……………ああ、そういう……」

パワポケ「まあ仕方ないか、その日までよろしくなジュン」

ジュン「…」ジロー

パワポケ「なにこの視線、流行ってんのか!?」

ジュン「そうやって今まで何人も…」

パワポケ「何人もって何!?俺なにもしてないよ!?」
ジュン「……まあいいや、それでねキャプテン」

パワポケ「お、おう…」

ジュン「捕獲したあの食材をお嬢様の屋敷に運びたいんだ」

パワポケ「あの蝶か、確かにジュン一人じゃ持てないな…分かった、俺が運んでいってやろう」

ジュン「さっすがキャプテン!ありがと!」

パワポケ「それじゃあさっさと船に保管してある蝶を持ってこよう…」ガタッ
レン「パワポケさん!!ジュンさんとどこいくんれすかあ!!」ガタッ ヒック

パワポケ「うわっレン!」

ジュン「べろんべろんだよレン」ウヒー

レン「ジュンさんと眠れぬ夜を過ごそうったってそうはいきませんよ!」ウイー
パワポケ「なに言ってんだあの子大声で!」



今回はこれまで


ザワ…ザワ…

パワポケ「やばいぞ、酒乱のせいで騒ぎが起きそうだ…」

ジュン「パワポケさん……私を襲うつもりだったのね…」

パワポケ「止めろ!!悪のりするんじゃあない!」

レン「やっぱりそうだったんですね!不潔です!!絶対させませんからね!」
パワポケ「俺決めたもうレンは酒場には連れて行かない」

エンゼル「……へー……キャプテンそんなことしようとしてたんだ……許せないね」 ギラッ

パワポケ「何だエンゼルそのノコギリは、人にそんなもの向けるんじゃない!」

カンドリー「出るぞノコギリ無双だ、5連続攻撃の上負傷させることさえある」

ハーシバル「いや止めろよ」

エンゼル「大丈夫ダヨキャプテン、手足の自由を奪うだけだからサ、ほら動かないで手元狂っちゃうよ」ギラッ

パワポケ「コイツも酔ってるよ、でなきゃそんな無慈悲な事言わないもの!」
エンゼル「そうだね…私は酔ってるよ、キャプテンに泥酔中ダヨ」 ギラギラ

パワポケ「?…………それはどういう意味だ?」

ジュン「ほらキャプテン!酔っぱらいに構ってないで早く行こうよ、お嬢様待ちくたびれてるかも」 グイッ

パワポケ「そ、そうだな、ここにいると俺の生命も危ないしな」ダダッ

レン「まってください!pawaですか!?ホテルpawaに行くんですか!」

モッチー「…あまり大声でそういう事言わないほうがいいでやんすよ」

レン「黙っててください!!」
モッチー「はい」

ユウキ「水夫長……なんか情けないね」ハハハ

モッチー「役立たずは黙ってろでやんす!」

イオリの屋敷

パワポケ「ハアー……ハアー……」 ズリ……ズリ…

ジュン「ここまででいいよキャプテン、ありがとう」

パワポケ「やっと…着いたか……想像を遙かに越えて……重いなこの蝶…」ドサッ

ジュン「これだけの大きさだと100㎏くらいはあるかもね、流石キャプテン」

パワポケ「これで依頼も完全完了だな、あとはお嬢様から報酬を受け取るだけだ」

ジュン「それじゃあ私は今から厨房でこれを調理しちゃってくるね、キャプテンはお嬢様の部屋で話でもしながら待ってて」
パワポケ「俺をお嬢様の部屋に見張りなしで送って良いのか?若気の至りで何をしでかすか分からんぞ?」

ジュン「その時は明日の夕飯にキャプテンがテーブルに並ぶことになるよ」
パワポケ「絶対食べたくない俺だったら」ガチャ バタン
ジュン「……………一応性欲あるんだ」

コンコンッ

イオリ「…」

コンコンッ

イオリ「…」

ガンッ ガンッ

イオリ「…どうぞ」

ガチャッ

パワポケ「一回目で言ってくれ、ついイラっときて思いきりたたいてしまった」バタン

イオリ「………声出すのがめんどくさい…」

パワポケ「めんどくさがりの性格は治ってないな」
イオリ「………病気みたいに言わないで……最近はまばたきがめんどくさい」
パワポケ「本当に病気じゃないか心配になってきた」

イオリ「……それで……何の用…?」

パワポケ「依頼されてた食材捕ってきたから報告と報酬を受け取りにきた」
イオリ「……そう……」

パワポケ「しかし本当にあんなもの食うのか?」

イオリ「…あんなものって?…」

パワポケ「捕ってきた食材さ、いくら美味しいって噂があったとしてもあんなグロテスクな蝶……」
イオリ「チョウ?」

パワポケ「……いや…何でもない」

イオリ「…そう…」

パワポケ(あぶねーつい暴露する所だった)

ジュン『いい?お嬢様には新種の高級牛って言ってあるから、間違ってもグロテスクな蝶だなんて言わないでよ?』

パワポケ『どうしてそんなことを』

ジュン『いくら美味しいって噂があったとしても巨大な蝶なんてキャプテン食べられる?』

パワポケ『嬉々として食べるが』

ジュン『……そうだね、キャプテンは海の男だもんね』

ジュン『でもお嬢様はキャプテンみたいに逞しくないから、多分食べたくないって言うと思うんだ』
パワポケ『分かったよ言わなきゃ良いんだな』

ジュン『頼むよキャプテン…………もし口を滑らせたらトレイが頭に食い込むと思いなさいよ』

パワポケ『いちいち恐ろしい!』

パワポケ「まだ死にたくないしな…」

イオリ「……?」

イオリ「とりあえず……約束の10000ペラ渡しておく……」

パワポケ「お、サンキュー」
10000ペラ手に入れた!
ジュン「お待たせしましたお嬢様、料理が出来上がりましたので持って参りました」ガチャッ

イオリ「……まってた……すごく…」

パワポケ「完成したのか」

ジュン「新種の高級牛肉を使ったステーキでございます」カチャッ

イオリ「……美味しそう…」
パワポケ「本当にステーキみたいだな」

イオリ「?……みたい」

ジュン「なに言ってるのキャプテン、みたいじゃなくて完全にステーキでしょ?」シャッ

パワポケ「あ、ああそうだな…」 ピッ

イオリ「…ほっぺた切れたよ?……」

パワポケ「気にしないでくれお嬢様」

イオリ「……分かった…」

ジュン「熱いうちにどうぞ~」

バクッ モニュモニュ

パワポケ(俺なら全然大丈夫だけど…このお嬢様にこんなゲテモノ食わせて大丈夫なのか…)

イオリ「…………………………………………美味しい」

ジュン「でしょう!」

パワポケ「まじか!」

イオリ「初めての食感……………程よい固さ……味もまろやか…………五つ星」

イオリ「ジュン、これから1ヶ月ずっとこれが食べたい……」

パワポケ「気に入りすぎだろ!」

ジュン「えーと…確かにそれぐらいは裕にありますが…流石に栄養が偏りすぎますね、却下です」

イオリ「………残念……」

パワポケ「とりあえず無事依頼が完了して良かった」

イオリ「あなたも……ありがとう…」

パワポケ「報酬もちゃんと出たし、こっちこそありがとうだ」

イオリ「ところで………次の依頼……いい?…」

パワポケ「…一応聞いておくけど?」

イオリ「ニューホープの近くの島に全長8メートルの蟹が生息しているらしい………食べてみたい…」
パワポケ「食欲だけはすごいなあんた!」




クエストクリアー

今回はここまで


コンキスタ号~朝~

パワポケ「ふぁぁ…朝か」

パワポケ「いて…あーやばい二日酔いだ頭いてー、あの後めちゃくちゃさわいだからなぁ」

パワポケ「今日は予定もないし…二度寝決め込むか…」グニッ

パワポケ「ん…?」

エンゼル「ぐーぐー」zzz

パワポケ「エンゼル…また忍び込んでやがったな、まあいいや…抱き枕になってもらおう」グイッ

パワポケ「ぐー…」 ギュッ

エンゼル「んん…重…何?」パチッ

パワポケ「ぐー…ぐー」ギュウウ

エンゼル「!うっひゃあああああああああああ!!」ガバッ
パワポケ「な、なんだあ!?敵襲か!?」バッ

エンゼル「野獣!野獣がいるよーーー!!」

パワポケ「何だと?どこだ!?」


そして…

パワポケ「野獣って俺のことが、お騒がせな」

エンゼル「あははごめんねー、私の美体をみて我慢できなくなっちゃったと思ったから」

パワポケ「仲間を無理やり襲うような不埒者じゃないからな俺は」

エンゼル「そうだね、ゴメンキャプテン……………………チッ」

パワポケ「舌打ちが聞こえたぞ!?」

エンゼル「何でもないよー」
パワポケ「とりあえずなんか食べに行こう、腹が減った」

ガチャ

パワポケ「あれ…クルーが誰もいない」

エンゼル「久し振りの陸地だからネ、みんな出かけちゃったんでしょ」

パワポケ「ちゃんと戻ってくるだろうな…」

エンゼル「大丈夫だよみんなコンキスタ号大好きだから」

パワポケ「ハハハ、そうか」
エンゼル「さっ私達も何か食べに行こうよ」

パワポケ「グレードクインは食べ物は不味いから、あんま期待はできないけどな」

スタスタ



?「………………」

そして……

エンゼル「いやあマズかったね~」

パワポケ「腹に入ればいいって考えてたから失意はないけどな」

エンゼル「あたしも期待はしてなかったけどね、生のウインナーがでてきたときはどうしようかと思ったよ」ハハハ

パワポケ「さて、これからどうする?」

エンゼル「あたし服が見たい!」

パワポケ「服?やっぱり女の子だな、いいけど気を付けろよ?船闘中に布が必要になったときに使われてしまうことがあるからな」

エンゼル「あたしのなけなしの貯金で買った服が大砲を拭く布にされたときは泣いたよ…」

パワポケ「モッチーには見つからないようにな………ていうかエンゼル、金はあるのか?」

エンゼル「ふふん、実は最近小説を出版してね、結構人気があるから印税が入ってきているのサ」

パワポケ「あーそういえばそんな話あったな……あの冒険恋愛小説か」

エンゼル「そっ!だからお金は心配いらないのサ!」
パワポケ「分かった、あんまり遅くなるなよ、じゃあまたコンキスタ号でな」ノシ

エンゼル「ええっ!?一緒に来てくれないの!?」

パワポケ「えっ?きてほしいの?」

エンゼル「キャプテンの意見も聞きたいから一緒に来てくれたらうれしいんだけどなー」ジー

パワポケ「ちょっと抵抗があるなあ…」

エンゼル「大丈夫!さあ行こう!レッツゴー!」グイッ
パワポケ「まあ暇だしいいけどなー!ファッションチェックしてやるぜ!」ダッ

服屋前

エンゼル「ここがあたしがマークしていた服屋だよ、結構人気なんだー最近」
パワポケ「ほお」

エンゼル「さあさあ!早速入ってみようよ!」

パワポケ「そうだな」

カラカラガチャッ

エンゼル「すごーい!可愛い服ばっか!どれ買うか迷うね!!」

パワポケ「……?」クンクン

エンゼル「あの服なんかどうかなー」タタッ

パワポケ「…」(なんだこの匂い…嗅いだことあるぞ)

エンゼル「キャプテーン!この服どうかなー?似合う?」サッ

パワポケ「……!!」(火薬!)

エンゼル「キャプテン聞いてるー?あっ!!あの服もすごくイイカンジー!」タタッ
パワポケ「オイエンゼル!!伏せろ!」

エンゼル「えっ?」

パワポケ「チイッ!」ダダダッ
ガバッ

カチッ


ズギャアアアアアアア!!!!!!!!!!


?「……」


今回はここまで





ガラガラ…… ガシャンッ
パラパラ… シュー




エンゼル「くうう…なんだったの…今のは……爆発」

エンゼル「そうだ!パワポケさんはっ?あたしを押しとばして助けてくれて…」

エンゼル「どこいったんだろう!?」 キョロキョロ

パワポケ「………ぐ……う」
エンゼル「ああ!!だ、大丈夫?パワポケさん?」 タタッ

パワポケ「く……エンゼル…無事か…」

エンゼル「あまりしゃべっちゃ駄目!!背中に木材が刺さってるから!!」

パワポケ「な、なんだ今のは…?ガハッ」


パワポケ「爆発直前に火薬の匂いがした……あの店を吹き飛ばすのが目的か……それとも俺達を吹き飛ばすのが目的か……」
エンゼル「そ、そんなことより早く応急処置を……ああ!ウズキさんは今居ないしどうすれば!?」

パワポケ「気を付けろエンゼル…もし後者ならば…まだ敵は近くにいるぞ………警戒しろ……」

エンゼル「……え?」

パワポケ「…手負いの俺達を…このまま逃がすとは思えない……トドメを刺しに来る…」

エンゼル「で、でもそんなこと誰が?あたしたちこんな事される覚えは……」
パワポケ「俺達に捕まえられた海賊が………逆恨みでやることだってあるさ……」

エンゼル「も、もし敵がいるとしたら大変だよ!早くお医者さんの所に行かなきゃ!キャプテン!あたしの肩に掴まって!!」 グイッ



?「おーっと、行かせるわけには行かねえな!」ザッ
エンゼル「!誰っ!?」バッ

?「せっかく死にそうなんだ、引導渡してやるよ」
エンゼル「あんたが……店に爆弾を?」

?「その通り、船からずっとつけさせてもらったぜ」

エンゼル「なんでこんな事するのよ!私達にやられた海賊の生き残り!?」

?「海賊には違いないが…別にあんたらにやられたことはないな」

エンゼル「だったら何故こんな事を!?」

?「キャプテンの命令だ、あんたらは後々俺達にとって邪魔な存在になるらしい、ま、芽は摘んでおこうってことさ」

エンゼル「キャプテンって………」

?「これ以上喋っても無駄だろ、どうせ殺しちまうんだ」 ギラッ

エンゼル「!」(ボーガン!!)
?「こいつには猛毒が塗ってある、どこに命中しても殺せる逸品だ」

パワポケ「お、おまえらの…キャプテンの名前は…?」

エンゼル「キャプテン!」

?「まだ意識あったのか…そうだな、最期に教えてやるか、ゴルトマン…だ」

エンゼル「…ゴルトマン……」

?「それじゃ、あばよ」

エンゼル「くっ」

パワポケ「最後に!……俺を殺す人間の名前くらい…教えてくれてもいいんじゃないか……?」

エンゼル「そんな!キャプテン…」

?「…そうだな、最期に教えておいてやる、俺の名はコスギだ」

エンゼル「コスギ……」

コスギ「さあここまでだ、楽にしてやる」

エンゼル「くう……キャプテン…」

パワポケ「…安心しろ…エンゼル…どうやら…成功したようだ…」

コスギ「なにい?」

ダダダダッ

ナツミ「ここか!謎の火災発生場所は!!お前たちは消火作業にうつれ!」

エンゼル「ナツミさん!」

ナツミ「む?……またおまえ等か…あの虫男は居ないようだな」

コスギ「ちっのんびりしすぎた…グレートクイン海軍か」

ナツミ「なんだあいつは」

エンゼル「あいつがこの爆発を引き起こした張本人です!!」

ナツミ「なんだと?おまえ等!あいつを捕らえろ!!事情聴取がしたい!!」

コスギ「ちっ、ここは退くしかないようだな、コンキスタ号のキャプテン!命は預けたぜ!」ダダダッ
ナツミ「逃すな!!追え!」

エンゼル「待ってナツミさん!キャプテンが重傷なの!お医者さんの所に連れて行ってあげて!」

ナツミ「何?うお、背中に木材が刺さってるじゃないか!!」

エンゼル「急いでよー!!」 ウワーン

パワポケ「…本当に…死にそうだよ…」

エンゼル「キャプテン!頑張って!死なないでー!!」ウワーン

ナツミ「急いで医療班を呼ぶ!何とか耐えろ!」 タッ


今回はここまで

そして…
グレートクイン 大型病院



ダダダダッ

カンドリー「おーい!!エンゼル!」

エンゼル「あっ、カンドリー…」

ハーシバル「俺もいるぞ!」

カンドリー「パワポケがやられたって本当か!?」

エンゼル「…う…うん」

ナツミ「うるさいぞ、病院では静かにしろ」

カンドリー「あ、ご、ゴメン」
ナツミ「安心しろ、一命は取り留めたらしい、暫く寝てれば治るさ」

カンドリー「あーそうか、良かった、ま、アイツの事だから大丈夫だとは思ってたけどよ」ホッ

ナツミ「アイツには恩があるからな」

ハーシバル「………」

ナツミ「…うん?な、なんだよ」

ハーシバル「いや、お前がいてくれて助かったよ、ありがとうな」

ナツミ「な…か、勘違いするな…あの男には女王様を救ってもらった借りがかったから……ただそれだけのことだ!」

ハーシバル「ははは、お前らしい」

カンドリー「とにかく一安心だな」

ナツミ「いや、まだ安心はできないな…爆弾を仕掛けた馬鹿を逃がしてしまったからな」

ハーシバル「何だって…?」

カンドリー「爆発事故に巻き込まれたんじゃなくて、パワポケを狙った爆弾にやられたって事か!?」

ナツミ「ああ、エンゼルの話ではそうらしい、人影も見えた」

カンドリー「本当かエンゼル!?」

エンゼル「……うん…そうだよ」

ハーシバル「何でパワポケが…?前にやられた恨みか…?」

エンゼル「いや…やられた事は無いらしいけど、邪魔になるからって……」

ハーシバル「邪魔!?邪魔ってどういう事だ?」

エンゼル「うぅ……わ…分からないよ…突然こんな事になって……」ウルウル

ナツミ「おい!エンゼルの気持ちも考えてやれ!」

ハーシバル「ああっ!す、すまん…」

カンドリー「と、とにかく…ぜってー許せねえ…見つけ出して締め上げてやる…」

ナツミ「しかし見つけると言ってもどうやって…?手掛かりは全くないぞ」

エンゼル「…そういえば、キャプテンの名前を言ってたよ……たしか…『ゴルトマン』…」

ナツミ「何?ゴルトマン!?」
ハーシバル「知っているのか!?」

ナツミ「最近グレートクイン海域上で暴れ回っている海賊団のキャプテンの名だ…我が軍の名将率いる軍艦を次々に撃沈している…」

カンドリー「倒せないのか?」
ナツミ「奴らの船は屈強過ぎる、オニザメ掌砲長率いる大型艦隊でもかなわなかったほどだ…」

カンドリー「兄貴の船でも!?そんな!兄貴は無事なのか!?」

ナツミ「……………………ああ…オニザメは無事だ……………残念ながら」ボソ
カンドリー「ふう……良かった」

エンゼル「でもどうしてそんな人達がキャプテンを………?」

ナツミ「わからん……」

ナツミ「………もしかすると……何かしでかす気なのかもしれないな…」

ハーシバル「……?どういうことだ?」

ナツミ「奴ら…どこかでコンキスタ号が女王様を守った事を知ったのかもしれない…それで今度何か仕掛ける際またコンキスタ号が邪魔をしに来ると考えた……って事じゃないか?」

カンドリー「仕掛けるっていうのは?」

ナツミ「例えば女王様の誘拐………はっ!!だとすると、女王様が危険だ!!」ガタッ

ハーシバル「おいおい落ち着けよ、まだそうと決めるには早すぎるぜ」


エンゼル「でも爆弾を仕掛けた男…コスギ…が言ってたよ…『お前らは後々邪魔になる』って…」

カンドリー「でも流石に女王誘拐は無いだろ……一国家敵に回すんだぜ」

ハーシバル「いや…あの女王たしかツンドランドの皇帝と結婚しただろ、ニ国家敵に回すぞ…そんな蛮勇起こすか?いくら強力な船もっていても…」

ナツミ「とにかく!私は女王様の周りを警戒する!またなお前ら、気を付けろよ!」 タッタッタッ

ハーシバル「無理すんなよー」
……

カンドリー「さて…パワポケはいつ目を覚ますか…大丈夫だよな?このまま目を覚まさないなんて事……」

エンゼル「止めてよ!そんな話聞きたくないよ!」

カンドリー「そ、そうだなすまん……」

ハーシバル「大丈夫だよ、あいつの生命力は人喰いゴキブリ以上だ」

カンドリー「そうだよな!背中に斧くらっても闘うくらいだもんな!」

エンゼル「……キャプテン…」

カツカツ

看護師「エンゼルさんですね?」

エンゼル「えっ?あ、はい…そうですけど…」

看護師「パワポケさんか゛目を覚ましました」

エンゼル「!ほ、本当ですか!?」ガタッ

ハーシバル「ほら見ろやっぱりだ!!」

カンドリー「やったぜーー!!」
看護師「病院では静かにお願いします」

カンドリー「あ、すいません…」

エンゼル「と、とにかく行こう……!」

ガチャ


エンゼル「キャ、キャプテン……」

パワポケ「ああエンゼル、無事だったか、良かった」

エンゼル「……………………」

パワポケ「?………エンゼル?」

エンゼル「…………ッ」ボロボロッ

パワポケ「おお!?いきなり泣くなよ!ビックリするだろ」

エンゼル「ッ…ば…ばかぁ…ぞんなに……包帯巻きで……自分の心配……じなざいよぉ………!!」ボロボロ

パワポケ「大丈夫だって!あと一週間位で退院できるってよ」

エンゼル「う゛ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ………」グスッ

パワポケ「困ったぞこいつは……新しいパターンだ…まあ…心配してくれてありがとなエンゼル…」
今回はここまで

グレートクインはずれの沖
ゴルトマン海賊船

コスギ「………帰りました……って、誰もいるわけねーよな、キャプテン達はまだ作戦実行中だし

ツツミ「いえ、私がいますよ」

コスギ「うお!ツツミさん、あんた作戦は?」

ツツミ「フ、私の制作した新型爆弾の威力をもってすれば作戦などチョロいものですよ、とりあえずグレートクインで名のある船乗りや実力者を八人ほど片づけてきました、あなたもそれくらい殺ったでしょう?私の爆弾を分けてあげたのですから…」

コスギ「期待外れですまないな、一人目でしくじっちまった」

ツツミ「何ですって!?」

コスギ「キャプテンパワポケを狙ったんだが、火薬の臭いに気付かれて致命傷を避けられちまった」
ツツミ「バカな!火薬の臭いなど殆どしないはずなのに!……中々只者じゃないようですね…キャプテンパワポケ」

コスギ「ああ、あいつは警戒対象にいれておいたほうが良いと思うぜ」

ツツミ「ふむ……しかし、所詮は一船の船長…恐れることは無いでしょう」

コスギ「だと良いけどな」

バサバサ

コスギ「うん?おい、伝書鳩だ」

ツツミ「ああ、恐らくニューホープに作戦を実行しにいったシラセさんからの報告でしょう」

コスギ「あいつは天才だ、もしかしてとんでもない数仕留めてるかもな」

ツツミ「そうですね、さあ、読んでみましょうか」パサッ

シラセ『報告…現在の撃破数0、rs団のデイトネート号を狙うが失敗………あーもう!!何なのあいつ等!』

ツツミ「………な…何ですか不甲斐ない!!撃破数0!?」ビリィ

コスギ「ククク、やっぱり世の中そうはうまくいかないだろうな、少し世界を甘く見過ぎたか?」

ツツミ「何を呑気なことを言ってるんですか!?ああ、こんなもの、どうキャプテンに報告すれば……」
コスギ「ま、他の奴らに期待だな」

ツツミ「…これでパラポルトからもふざけた報告が来た日には僕は首をくくりますからね!!」

コスギ「…おい…一人称戻ってるぞ」


グレートクイン 大型病院

パワポケ「うおぉぉぉぉ、いてえ!…し、死ぬ?」
レン「だ、大丈夫ですか!?パワポケさん!死なないでください!」 アタフタ

モッチー「…………もう七回はあのコントやってるでやんす…」

ジュン「流石に嘘だよねあの苦しみ…」

ユウキ「レンも毎回アタフタしちゃって…頭軽いんじゃない?」

モッチー「お前が言うなでやんす!」

エドアード「もうあれから5日経つんだろ?もう大丈夫だろ」

パワポケ「お…おまえ等な…身体に木材刺さってみろ…!すごく痛いんだからな…?」

レン「大丈夫ですパワポケさん!退院まで私が付きっきりで看病してあげます!」

パワポケ「レンは優しいなあ」

レン「リンゴ剥きました、食べさせてあげます!はい♪あーん」

パワポケ「あーん」

ジュン「…キャプテン体にゴミついてるよ、とってあげる」

バシーン

パワポケ「りょぎぐで△○ぎーーーー!!!」 バタバタ
レン「ちょっとなんてことするんですか!?パワポケさんはケガしてるんですよ!?」

ジュン「あ、ごめんねキャプテン、親切でやったんだけど」


パワポケ「こ、このメイド、サタンか!?何て酷いことを…」

ジュン「だからゴミついてたんだって、ごめんね?」
レン「まったく、さあパワポケさん、気を取り直してリンゴをどーぞ♪」

パワポケ「ああそうだった、あーん」

ジュン「………それ食べたらまたキャプテンに埃がつく気がする……」

パワポケ「すまんなレン、今はリンゴはいいや、なんか腹減ってない」ビクビク


レン「そうですか……残念です」

モッチー「…………実際あまり羨ましくないでやんすね……」


エンゼル「キャプテンー安静にしてるー?」 ガチャ

ウズキ「だめですよはしゃいじゃ」ガチャ

パワポケ「エンゼルにウズキさん、きてくれたんですね」

ウズキ「あなたは悪運が強いですね、調べた結果グレートクインであなたと同じような被害にあった人が沢山いるようです、その中で生き残ったのはあなただけらしいですよ」

パワポケ「!…何だって…」
エンゼル「しかも狙われたのは船乗りや海軍の人達ばっかり……」

パワポケ「まさか…あのコスギが?」

ウズキ「いえ、キャプテンとほぼ同時刻に別の場所で爆破が起こっています……爆弾魔は二人以上でしょうね」


レン「うう…パワポケさんが生きててよかったです」

エドアード「おっかない話だな」

ジュン「命があってよかったねキャプテン、拾った命大切にしなよ?」

モッチー「とにかく!もうグレートクインからは離れるべきでやんす!」

ユウキ「うん、俺もそう思うよ」

パワポケ「まあ、怪我が治ったら考えよう、とりあえず今は体を休めて……」

バターン!

ハーシバル「大変だパワポケ!」ガチャ

パワポケ「どうした?ハーシバル」

ハーシバル「さっきパラポルトから来た船乗りに聞いた話なんだが……パラポルトで爆破事件が多発しているらしい…」

パワポケ「な、何だって!?」

レン「そ、そんな…パラポルトでも…?お母さんお父さんは無事なんですか!?」

ハーシバル「分からない…だが、パラポルトの爆破は無差別…被害者に関連性はないらしい…」

レン「私のお母さんお父さんも危ない…?…」

パワポケ「………俺達の故郷か゛…まさかゴルトマン海賊団?」

ハーシバル「可能性は高いな…」

レン「パワポケさん!どうしましょう!?私……どうすれば…」

パワポケ「……………パラポルトに向かおう……今すぐ」


今回はここまで



エンゼル「何言ってるのキャプテン!?怪我はまだ治ってないんだよ!」

ウズキ「私も医者としてokを出すわけにはいきませんね、傷が開きかねない…」

モッチー「オイラも反対でやんす」

ザワザワ

パワポケ「……いや…行く、パラポルトの人達を助ける!」ガタッ

ビキッ

パワポケ「うげっ……………全然痛くない…」

ハーシバル「……パワポケはこうなると頑固だからな…」

カンドリー「キャプテン命令に従うしかないな!」

エンゼル「……う」


ウズキ「仕方ありませんね、キャプテンの体は私が看ておきます」

レン「私も!パワポケさんの世話を頑張ります!」

ジュン「私も船での料理は栄養重視で作るよ」

モッチー「全く…世話のかかるキャプテンでやんす」
エドアード「まあ、俺がいる限りコンキスタ号に沈没は無い、その点は安心してくれよ」

エンゼル「あたしも!手伝うよ修理!」

パワポケ「みんな、ありがとう!
今のコンキスタ号の装備ならパラポルトまでは3日で着く、急ごう!」


コンキスタ号

パワポケ「モッチー、出航準備はできたか?」

モッチー「あとは錨を上げるだけでやんすが…」

パワポケ「?何か問題が?」

モッチー「気付いていないでやんすか?急に出航が決まったせいでまだ全員のクルーが集まってないんでやんす」

パワポケ「あー確かに…本来あと5日は自由時間だからな、内訳は?」

モッチー「ミーナ、ハイバラ、ヒヨリ、アンドウ、ハルカ、カズでやんすかね」

パワポケ「結構居ないな…どうしたもんか…いきなり俺達がいなくなったらみんな困るだろうし…」
カンドリー「パワポケ、僕に任せておけよ」

パワポケ「カンドリー、どういう事だ?」


カンドリー「僕はここに残って今いない奴らが来たら説明するよ」

パワポケ「え?おまえ、パラポルトに行かないのか?俺達の故郷じゃないか」

カンドリー「誰かがこの役をやらなくちゃいけないんだろ?しょうがないさ、パラポルトを守ってきてくれパワポケ!」グッ

パワポケ「お、お前…………おう!任せろ!!」グッ
モッチー「……ただ行きたくないだけなんじゃないでやんすか…」

パワポケ「よし急ごう!モッチー、錨を上げろ!」
モッチー「りょーかいでやんす」タタッ

ザバアー ガラガラガラ バサバサ

バタバタ



モッチー「キャプテン!錨を上げ帆も張ったでやんす!」タタッ

パワポケ「よーし!パラポルトに向けて全速前進!」

ザザーン ザザーン








そして…

パワポケ「とりあえずは嵐は見えないな…」

レン「はい!今日はいい天気で何事もなく無事に終われそうですね」

パワポケ「今のうちに少しでも体を休めておかないとな」

レン「そうですよ、船長室で休んでいてください」
パワポケ「そうさせて貰おうかな」


ミーナ「アレエ?何デ船ガ動イテイルンデスカ?」 フワ~ア

パワポケ「あれ?ミーナの声?何で船に乗ってるんだ?クインシティにいるはずじゃ?」 クルッ

パワポケ「ぶはぁっ!!」ブシャ
レン「わ!パワポケさんが突然吐血を!!な、何故?」

ミーナ「大丈夫デスカー?」マッパ

レン「キャーーーー!!ミ、ミミミミ、ミーナさん!何て格好してるんですか!?」

ミーナ「オースミマセン、先程マデズットメインマストノ上デ肌ヲ焼イテイタモノデスカラ」

レン「早く隠してください!パワポケさんの血が止まりません!ただでさえ血が足りないのに!」

ミーナ「ハテ?キャプテン何カアッタノデスカー?」
パワポケ「レ、レン…俺はこの光景を脳裏に焼き付ける……たとえ死のうとも!」ボタボタボタボタ


レン「パワポケさん!見ちゃだめですよーーー!!」
パワポケ「俺の…せいではない…ミーナが勝手に…俺の前で裸になっているだけだ……俺は…被害者だ……」ボタボタボタ

ミーナ「キャプテン、ソンナニ見ラレルト……テ、照レマス///」

パワポケ「ミーナ…早く俺から離れろ…全く…破廉恥な…」ボタボタボタ

レン「…パワポケさんって結構ムッツリですね……私もその方法使おうかな」ボソッ

ヒュッ

ガツンッ

パワポケ「げっ」 バターン

エンゼル「ごめーんキャプテン、手が滑ってトンカチ投げちゃった」ゴゴゴゴ…

エンゼル「ちょっとこっち来ようか?」ゴゴゴゴゴ

パワポケ「…………俺全く休めてない」 ズルズルズル



そして…

二日目

ジュン「キャプテンのご飯は三食全部このドリンクね」ドンッ

ウズキ「医学的に見れば素晴らしいバランスの栄養が入っています、多少苦くても我慢してください」

パワポケ「……………ヘドロの味がする…」



3日目

パワポケ「…早く着いてくれー…もうドリンク嫌だ…」ザザーン

レン「パワポケさん!見えました、パラポルトです!!」

パワポケ「着いたか!」ガタッ
モッチー「ぱっと見爆発事件が起きているようには見えないでやんすね」

ハーシバル「安心するのは早いぞ、街中を見てみないと…」

モッチー「とにかく!上陸準備でやんす!」タタッ

パワポケ「…いやまてモッチー……港に見知らない船が一艘停泊してる…怪しくないか?」


モッチー「そんなの珍しくないでやんすよ」

パワポケ「確かに…だけど…俺達を見つけた瞬間錨を上げ戦闘準備をする船は……?」

モッチー「……それは珍しいでやんす」

パワポケ「間違いない…あれは敵だ!戦闘用意ーーー!!!」ガタッ



シアン「あの船がどこのかは知らないが…今日までにパラポルトに留まろうとする船は全て沈めろというゴルトマン船長からの命令だ……運が悪かったな、戦闘準備だ!!」

部下「ウオオオオ!!!」

今回はここまで




パワポケ「……お?やっぱりあの船敵だ、こっちに大砲向けてきたぞ」

モッチー「先制攻撃でやんす!こっちの大砲はもういつでも発射可能でやんすよ!」

パワポケ「よし!発射ーーーー!!」

船員「ラジャー!」

ドウンッ ドウンッ

ザバアーン!

パワポケ「あれ?外したぞ」
モッチー「やっぱりカンドリーを置いてきたのはまずかったでやんすかね」

パワポケ「ああ、今カンドリーが居ないのか、狙撃手不在は不味いな…」

モッチー「とにかく今は有利な位置をとることを目指すでやんす!」

パワポケ「そうだな、敵の攻撃をかわしつつ背後に回りたいな…」


シアン「敵もやる気だな否応なしに攻撃してくるとは、だが狙撃技術はお粗末だな」

部下「いかが致しましょう?」

シアン「私達も大砲で攻撃しつつ近づけ、その後小舟やロープで白兵戦に持ち込め」

部下「しかし、その姿では戦闘能力は低いのでは?」

シアン「どうせ皆殺しだ、真の姿を見せても問題あるまい」

部下「了解しました!」

シアン「グヘへへへ」


ザバーン ザバーン!

ドンッ ドウン



パワポケ「戦況は?」

モッチー「船のダメージは互角でやんす、しかし敵船は近づきすぎじゃないでやんすかね?」

パワポケ「小舟で近づいてくる気かもな…みんな!白兵戦の準備だ!」

モッチー「なかなかいい読みかもしれないでやんすね」

パワポケ「カメダ海賊団と戦った時にブサイ王女に言われるまで気付かなかった事があっただろ?あの時からずっと警戒してるのさ」

エンゼル「あの時は本当大変だったよね、キャプテンの背中に斧が刺さってさ」

パワポケ「言うなエンゼル!シャレにならない痛みだったんだからな!」

エンゼル「あれで戦うんだからキャプテンは不死身だと思ったね」

パワポケ「そういえば、この前のグレートクインの病院でも並外れた生命力だって驚かれたな…」

エンゼル「流石キャプテンダネー、かっこいいね~」
モッチー「戦闘中に無駄話するなでやんす!」


エドアード「おい見ろよキャプテン、敵さん乗り込んでくる気満々なようだぜ、爪が付いてるロープでこっちに乗り移ってくる気だ」

パワポケ「何だって?うわ本当だ、まさに海賊って感じだな」

ハーシバル「パワポケ!敵が小舟で近づいてくるぞ!」

パワポケ「やっぱりか!何が何でも乗り込んでくる気だな……しかし、という事は今敵船は手薄って事じゃないか?」

ハーシバル「そうだな、船員の数は少し向こうが多いくらいだし」

パワポケ「なら…俺達も乗り込もう!敵の船長を倒せば終わりだ」


パワポケ「俺とハーシバル、ウズキさんの三人で敵船を制圧する」

ハーシバル「分かった」

ウズキ「まあ、戦闘力で言えばそうなりますよね」
パワポケ「エドアードはコンキスタ号の指示を頼む」

エドアード「任せな、絶対沈ませないからよ」

パワポケ「奴らみたいにロープで乗り移ろう、敵は少ないほうが良いから後出しで」


モッチー「キャプテン!敵が乗り込んでくるでやんす!」

パワポケ「来たか!よし、こっちも行くぞ!」

部下「皆殺しだー!!」ヒャッハー

ジュン「このっ!」 バキィッ

部下「げっ」ガクッ


エドアード「オラア!」 ガスッ
部下「ぎぎっ」バタッ

レン「エーイ!!」 ドンッ

部下「ぐっ」 ドキューン



パワポケ「…俺達のほうが地力は上だな」

ハーシバル「安心して乗り込めるってもんだな!」

パワポケ「よし!行くぞー!」

ギューン





敵船

部下「ん?」

パワポケ「うりゃああ!」ズギャッ

部下「げへっ」バターン


ハーシバル「おらっ」

ウズキ「ふっ」

バキィッ ガンッ ドサッ

パワポケ「ふう、無事乗り込み成功か」

部下「こいつらたった三人で乗り込んで来やがって!!後悔させてやる!」
パワポケ「上等だよ!」 ブンッ

ガッシャアアン

部下「や、野郎…かかれ!!」ワー ワー


バキッ ガキイッ ドウンッ キンッ ズバッ

ハーシバル「はっ!ふっ!」ズバッ

ウズキ「ふんっ」 ゴキイッ

部下「な、なんだこいつら…強え!」

パワポケ「観念しろ!船長出てこい!」


シアン「…ふん、役立たず共」スッ

部下「ふ、フグリさん!」
パワポケ「お前がキャプテンか?」

ハーシバル「ん?おいパワポケ、こいつ見たことないか?」

パワポケ「え?………あ、まさか…シアン?」

ハーシバル「やっぱりそうか!若年ながら奇抜なアイデアで学会から一目置かれているパラポルト期待の新人学者のシアン!」
パワポケ「お、おう…突然説明口調になったな」

ハーシバル「何故お前が海賊に?」

シアン「…ふ、勘違いをしているようだな」

パワポケ「何?」

シアン「私は…いや俺はシアンではない!」


パワポケ「どういう意味だ!」

シアン「俺はの肩に触れた人間に変身する事ができる…」

シアン「ゴルトマン海賊団四天王の一人」ズズズズ…
パワポケ「ゴルトマン海賊団…やっぱりおまえ等か……な、なんだ…奴の顔がみるみるうちに変わっていくぞ…」

ハーシバル「ま、まるで魔法だ」

フグリーノ「フグリーノ様だ!!」 バン

パワポケ「」

ハーシバル「」

フグリーノ「ふ、驚きのあまり声も出ないか」

パワポケ「……ツッコミどころ満載の顔面はともかく…この変身、シズヤみたいな超能力者タイプか?」

フグリーノ「この変身は俺の一族のみ許された奇跡の力だ」


フグリーノ「姿、体格から頭脳、記憶、物の考え方まで全てをコピーできる!」

パワポケ「その面白能力で何でシアンをコピーしたんだ!お前ら何企んでいる!?」

フグリーノ「面白能力って言うな!貴様に言う必要はない!」

ハーシバル「しかし面白い顔だなお前…」

部下「バカッ!フグリーノ様の顔を馬鹿にするな!」

フグリーノ「き、貴様アアア!!俺の顔が何だって!?」
ハーシバル「あ、気にしてたのか?スマン無神経だったな」

パワポケ「まさかその能力、その顔を隠すためにあるんじゃ…?」

フグリーノ「~~~!!貴様っ!もう許さん!この顔をバカにする奴は殺す!」
今回はここまで


フグリーノ「ぐぐぎぐぐぐ…」ギギギギ

パワポケ「また変態していく……」

ハーシバル「パワポケ、そいつは任せた!俺は雑魚をやる!」バキィッ

部下「がっ」バタッ

パワポケ「一騎打ちか…」

フグリーノ「今から変身するのは俺が今までにコピーした中で最強の奴だ!」ゴゴゴゴ

パワポケ「来るなら来い!」
フグリーノ「かあああああああ!」

部下「フグリーノ様があの姿に成るぞ!離れろ!」ダッ

カアッ

パワポケ「う…変身完了か?…」



ピエロ「ふう…身体が軽いぜ…」

パワポケ「な、何だコイツ」
ピエロ「この姿は俺がクインシティで見たサーカスに出演していたピエロだ!」

パワポケ「ただのピエロが最強の姿か?さてはお前…対して強くないな?」
ピエロ「そんな台詞は戦ってから言えー!!」 ダッ

パワポケ「来るか!」(かわした所でサーベル喰らわしてやる)

ピエロ「うりゃああ!火の玉!」ボウッ

パワポケ「何だとぉぉぉぉ!?」ヒョイッ

ピエロ「よく避けたな!どんどんいくぞ!」

パワポケ「ちょっとタンマ!何でピエロがそんな魔法みたいなことを!?」


ピエロ「ピエロに不可能は無いんだよ!」ボウッ ボウッ

パワポケ「く、この…」ササッ
パワポケ「くらえ!!」ブンッ

ピエロ「当たるかバーカ!」フワッ

パワポケ「何だその身のこなし!?人間じゃないぞ!」

ピエロ「人間じゃないピエロだ!」

パワポケ「ピエロって生物がいるのか!?」

ピエロ「お前みたいな奴には理解できない世界だ!死ねー!!」 ボボボボッ

パワポケ「あちゃちゃちゃちゃちゃ!」 バタバタ

ピエロ「そのまま醜く炭になっちまえ!」

パワポケ「あっちいーー!!」ダッ バシャーン!

ピエロ「海に逃げたか、しかし逃げきれると思うなよ!またくらわしてやる!」

部下「ふ、フグリーノ様!やりすぎです!船に火が燃え移っています!」
ピエロ「な、なにいー!?は、早く消せ!火薬を刺激したら大変だ!」

バタバタ ワーワー


ハーシバル「お、パワポケは戻ったか、ウズキさん、俺達もそろそろ戻るか」
ウズキ「そうですね、大体倒しましたしね」

ダダッ ザバーン ザバーン

部下「くそっ!火が消えない!早くしないと!」
ピエロ「何してんだー!急げ急げ!」



パワポケ「ふうっ」ザバッ

レン「あ、パワポケさん!お帰りなさい、どうでした?」

パワポケ「大体は片付いたかな、あとは至近距離から大砲で攻撃すれば勝ちだ、敵が勝手に火災引き起こしてるからな」

エドアード「こっちに乗り込んで来た奴らも片付いたぞ」

パワポケ「よし、ハーシバルとウズキさんが戻ってきたら総攻撃だ」

ザバッ

ハーシバル「戻ったぞ」

ウズキ「久しぶりに熱くなりましたよ」

パワポケ「早かったな」

ハーシバル「まーな、大体は倒したぞ」

パワポケ「よし!大砲準備!」

モッチー「おおー!」

ダダッ


部下「ふう、とりあえずは消火完了ですね…」

ピエロ「良かった、さて、戦闘再開だ!」クルッ

ダダダダッ

部下「報告いたしますフグリーノ様!敵船の大砲が今にも発射されそうです!!」

ピエロ「…………………え」

パワポケ「発射ーーーーーーー!!」

ドウン ドウン ドンッ ドカーン ドカーン

ピエロ「ぎゃーーー!!しまった!!」


部下「フグリーノ様!船底に穴が空きました!!修復は間に合いません!この船は沈みます!」

ピエロ「な、なんだと?」ググググ

フグリーノ「こ、このフグリーノが負けるなんてーー!!」

部下「早く脱出しましょう!」

フグリーノ「ちくしょおおお!!」



パワポケ「……沈んだな」

ハーシバル「でもアイツは生きてるだろうな…小舟が逃げていったぞ」

ウズキ「まあいいでしょう、パラポルトに上陸するのが先です」

エンゼル「まったく、とんだ邪魔が入ったね」

パワポケ「そうだな……よし!上陸だ!」

モッチー「了解でやんす!」

今回はここまで


パラポルト港町

パワポケ「なんだ、全然荒れてないじゃないか」

モッチー「いつもの活気に満ちた港町でやんす」

ハーシバル「まさか情報提供者の男、俺にうそついたのか?」

エンゼル「焼け焦げた跡とかもないしねー」

ミーナ「キャプテン達ノ家トカモ見テオイタホウガ良イイト思イマスヨ」

パワポケ「そうだな、父さんの墓参りもしたいし」
レン「パワポケさん、私お母さんとお父さんに会ってきます!万が一な事もあるので」

パワポケ「ああ分かった、じゃあ一時間後にここに集合だ」

エドアード「なら俺も色んな所見てくる」

ウズキ「私も、知人に会いに行って来ます」


ミーナ「ワタシモブラツイテキマース」タッタッ

ユウキ「何だか楽しくなってきた!ヤッホー!」 タッタッ
パワポケ「………みんな自由だな」

ハーシバル「俺は昆虫採集行ってくる」

パワポケ「もうパラポルトの虫なんて全部採ったんじゃないか?」

ハーシバル「虫はそんなに簡単なものじゃないさ、虫が俺を呼んでいる!じゃ、一時間後にここでな」スタスタ

パワポケ「ああ、…さてと」
パワポケ「ジュンとエンゼルもどこか行くところあるのか?」

ジュン「私は特には無いかな」

エンゼル「あたしはキャプテンについてく」

パワポケ「なんでだ?」

エンゼル「てい」 バシ

パワポケ「ぐげえっ!」ビキィ
エンゼル「キャプテンケガ治ってないじゃん、さっきだって無理して戦ってさ」


エンゼル「痛いのを我慢して平気な顔してるの分かったよ、せっかくふさぎかかったキズが開いちゃったんじゃないの?」

パワポケ「ぐ、よく分かったな」

エンゼル「そりゃキャプテンとの付き合いは長いからね」

パワポケ「そうだな、ハーシバル、カンドリー、モッチーの次に長いか…カリムーの宝、絶対見つけような!」

エンゼル「当たり前だよ!ご先祖様のためにもね!…って話反れてるよ!」

パワポケ「ああ、確かに身体はまだ少し痛い…」

エンゼル「だからいざとなったらあたしが支えてあげる、そのキズあたしのせいでもあるしネ」

パワポケ「何か悪いな、ありがとう」

エンゼル「いえいえ~♪」

ジュン「……随分楽しそうだね」

パワポケ「おっと、すまんジュンはどうする?パラポルト観光なら色々教えてやるけど?」

ジュン「のんきでいいよねキャプテン達は、不安にならないの?」

パワポケ「なにがだ?」

ジュン「この国にさっきの奴らの残党がいないとは限らないんだよ?」

パワポケ「分かってるさ、それで今から色々聞き込みにいくんだ」

ジュン「どこにさ?」

パワポケ「まずさっきのフグリーノとかいう奴が変身していたシアンの家に行こうと思う、多分何かを知ってるはずだからな」

ジュン「ふーん」

パワポケ「エンゼルも俺と一緒に来てくれるらしい」

ジュン「私も行こうかな」


パワポケ「え?ジュン、なぜお前も?」

ジュン「だってあいつらクインシティにもいたでしょ、イオリお嬢様に何かあったら困るじゃない」
パワポケ「おおう…すごいなジュン…あのお嬢様も幸せだな、こんなに心配してくれるメイドがいるなんて…今お前凄く格好いいよ」

ジュン「な、や、やめてよキャプテン!お世辞なんて言っても何も出ないよ?」

パワポケ「料理もできるし性格…は少し問題あるけど可愛いし、おまけに献身的とは…メイドの鑑だな」

ジュン「か、可愛いなんて!いや、知ってたけどさ!いきなり言われると…その…」

エンゼル「む」

パワポケ「いやいや素晴らしい、あとは暴力だけ止めてくれれば…ってうお」グイィィッ

エンゼル「ほらキャプテン!無駄話はそれぐらいにして早く行こうよ!」グイィィッ


ジュン「む」

パワポケ「そうだな、一時間しかないし…エンゼル、分かったからもう離してくれよ」

エンゼル「体を支えているんですー♪ほらキャプテン、支えづらいからもっと近づいて」ギュー

ジュン「む」イラッ

パワポケ「いててててててててて!!強く支えすぎだエンゼル!」

エンゼル「あ、ゴメンつい」パッ

ジュン「私も支えてあげるよキャプテン」キュッ

パワポケ「おお、悪いなジュン」ウデクミ

エンゼル「!」ガーン

エンゼル「キャ、キャプテン、あたしも!」ダッ

パワポケ「え、いや一人に支えてもらえれば…」

エンゼル「いいから!!」クワッ

パワポケ「は、はい」ギャクノウデクミ

エンゼルジュン「ぐぐ…」バチバチ

今回はここまで


パラポルト シアン家前


パワポケ「ここだな、結構すぐだったな」

エンゼル「そうだね、これなら時間内に帰ってこれるかな」ギュー

ジュン「でもそのシアンって人居るのかな?居なかったら無駄足もいいところだよ」ギュー

パワポケ「ま、訪ねてみよう………もう大丈夫だから離してくれない?」

エンゼル「えー、分かった……」パッ

ジュン「しょうがないね」パッ

パワポケ「よし、行くか」ザッ


コンコン

パワポケ「ごめんくださーい」



ガチャッ

シアン「………」ジー

パワポケ「うっ………あの、シアン先生ですよね?」

シアン「…………何だおまえ等は」

エンゼル「あちゃーかなり警戒されてるね」ヒソヒソ

ジュン「あの海賊になにかされたのかな?」ヒソヒソ

パワポケ「その…巷で先生の素晴らしい評判を耳にしまして……ぜひ話を伺ってみたいなと思いまして…」

シアン「うそだな」

パワポケ「!」ビクッ

シアン「まず素晴らしい評判っていうところが嘘だ、この国の連中は私の事を毛嫌いしている」

ジュン(確かに評判を聞いたら最悪だったね…わけの分からないことばかり言っている変人だって………)

シアン「そして話を伺いたいだと?それも嘘だろ、どうせまた拉致しようとするんだろ?」


パワポケ「え?いや違うぞ!!話を聞きたいのは本当だ!」

シアン「白々しい嘘はもうやめろ、この悪魔どもめ、私一人拉致するためにあんな火災を起こしおって……カイを殺しやがって…」

パワポケ「カイ?」

シアン「……とにかく、私は絶対貴様等には従わん…たとえさしちがえてもな」ギラッ

エンゼル「ナイフ!」

パワポケ「大切な人を殺されて錯乱状態になっているんだ………酷い事を…あいつら…」

シアン「貴様等三下を刺した所でカイは帰ってこない……だが、私は貴様等が許せない!!」ギュッ

ジュン「ダメだよキャプテン、とても話ができる状態じゃない…ここは退こう…」

パワポケ「…………………………いや、だめだ」


ジュン「え?」

バッ

パワポケ「……刺せ」

ジュン「はあ!?」

エンゼル「な、何言ってんのさキャプテン!キャプテンが刺される理由なんて全く無いじゃん!」

シアン「……」

パワポケ「そんなことは分かってる、だが大切な人を奪われた憎しみは簡単には消えない………しかし俺達も話が聞きたい……それならもうこちらも度胸を見せるしかないだろ」

ジュン「バカ!分かってるの!?キャプテンまだ体のキズ治ってないんだよ!?その上ナイフで刺されたりしたら死んじゃうかもしれないんだよ!!」

エンゼル「やめてよ!!パワポケさん!」

パワポケ「…………」

シアン「……………」ギュッ

シアン「………………」



パワポケ「……………」

シアン「…………」

シアン「……………流石に……無関係な人間は刺せんな……」スッ

パワポケ「………………え?」

エンゼルジュン「……え?」

シアン「お前たちは奴らの仲間とは思えん…」

パワポケ「ふう……やっと話をしてくれる気になったか…」

シアン「だかお前たちをまだ完全に信用した訳じゃない…だからこの間合いを保たせてもらうぞ」

パワポケ「分かったよ、それぐらいならいいさ」

エンゼル「あー良かった……まったくキャプテン無理しないで本当に!!」

ジュン「私もトレイ投げる所だったよ!?」

パワポケ「それはやめてくれて良かった!」

シアン「…で?話とは何だ?」


パワポケ「そうそう、シアン先生に聞きたいことが…」

シアン「呼び捨てでいい、同じくらいの年齢だろう」
パワポケ「そうか?じゃあシアンに聞きたいんだが、さっきからシアンが言っている『奴ら』って……ゴルトマン海賊団のことか?」

シアン「ああそうだ、三日前私を拉致しに来た外道共だ」

パワポケ「拉致って……何故そんな事を?」

シアン「おそらく…封印を解くだめだろう」

パワポケ「詳しく教えてくれ」

シアン「ふむ、私の祖父は冒険家でな…世界中を航海していた」

シアン「ある日グレートクイン海域のとある島、そこに上陸したときに……とても恐ろしい魔物を見たらしい」

パワポケ「魔物…」


シアン「祖父達は全滅の危機に陥った…しかし仲間の一人に魔術を使えた者が居たらしい」

パワポケ「魔術…」(シズヤみたいな奴か)

シアン「その仲間の力で魔物は封印された、しかし魔物の力が強大過ぎたため一人で抑え込むのは無理だった…そこで祖父に協力を得て封印した」

パワポケ「協力って?」

シアン「祖父の一族、つまり私だな…が、封印の呪文を継承していくことで封印を持続させていく封印式を組んだ……私は父からその呪文を受け継いだ…私で三大目だな」

パワポケ「へえ……その呪文って何かヤバいものなのか?」

今回はここまで



シアン「この封印の呪文をその島の封印石の前で唱えれば魔物は封印から解放されるらしい……」

エンゼル「へぇ……封印を持続させるためには封印を解く呪文を覚えてなくちゃいけないってこと?」
ジュン「なんかおかしな話だね」

パワポケ「ゴルトマン海賊団はその封印を解くためにシアンを狙ったのか…」

シアン「その通りだ」

パワポケ「でもどうやって奴らはシアンの呪文のことを……………いや、それ以前にその封印の事を知ったんだ?」

シアン「……………実はな、ゴルトマン海賊団のキャプテンゴルトマンは祖父の船の船員だったんだ」
パワポケ「何だって!?」

ジュン「あちゃー…そういう事…」

エンゼル「って事はゴルトマンはもうかなりの高齢だね」


シアン「……ところで?こんな事何故お前たちが知りたがるのだ?」

パワポケ「ああ…シアンには話しておくか…………ゴルトマン海賊団はグレートクインで船乗りを爆殺する事件を起こしている」

シアン「何だと!!?グレートクインでそんなバカな事を!?」

パワポケ「それを俺も喰らった………命は助かったが…グレートクインは恐怖に包まれている」

シアン「そんな事をして…ゴルトマンは何がしたいんだ!?」

パワポケ「俺もそこが謎だ、なぜ高齢のゴルトマンが今頃になってこんなバカをしているのか……」

シアン「くそ……………」

パワポケ「ともかく、俺達はゴルトマンを止める!!そのために話を聞きに来た!」


シアン「なんだと……………なぜ本来関係ないお前が………わざわざゴルトマンを止めにいくんだ?」

パワポケ「関係無くないさ……一度ひどいめにあわされてる………それにグレートクインに安心して滞在できないからな」


シアン「しかし………グレートクインも海軍が黙っていないだろ……それならお前たちの船がどう動こうと関係ないかもしれないぞ?」

パワポケ「それが一番だな……だけど僅かでも力になれるかもしれない…………自分が一番正しいと思った事をする……それが………一番悔いが残らないからな………………やっぱり行くんだ」


エンゼル「おお…何かかっこいい」

ジュン「……………たまに凄くカッコイイからたち悪いんだよね」ボソッ

シアン「……………」


シアン「…………………………お前は………大切な人を最近失ったのか…?」

パワポケ「え?……………ああ……父さんが海賊にね…」

シアン「そうか……………………なあ…少し話を聞いてくれないか?」

パワポケ「別にいいけど……」

シアン「ありがとう………………私には一人の助手がいたんだ、名前はカイ…………私が学者になった時からずっと私を支えてくれた唯一無二の親友だ…………」


シアン「学会で反感を買い大ブーイングを受けた時も………支持者がどんどん減っていた時も………彼女だけは私を見捨てず、励ましてくれた………私が正しいと………………間違ったいないと…」

パワポケ「………」

シアン「それでな………彼女………結婚すると、私に言ったんだ……………相手は同じ年の漁師……とても気前がよく嫌われ者の私にも親切な好青年だった」

ミスすいません

シアン「間違っていないと……」

でした


シアン「とても嬉しかった………私に付きっきりで…………自分の時間が無かったのではないかと………心配していたから……幸せになってほしいと………………心から願っていた…………………これが5日前だ」

パワポケ「…………」

シアン「そして…………奴らが来た……………ゴルトマン海賊団だ……………あの悪魔共は………………カイ達の幸せに土足で上がり込み………………虫を殺すように深い意味も無く……………カイをを殺した………」

シアン「次にわたしが狙われだ…………縄で縛られて拉致されそうだった所を…………カイの婚約者が助けてくれた、そして逃げろと………」

エンゼル「………ヒドイ……………」

シアン「私は外に飛び出し必死に逃げた…………………そして……日がくれた頃…頃合いを見て戻ってきた…………………そこにあったのは………無残に切り刻まれたカイ達の死骸だった……」

ジュン「……とんだゲスね………………」


シアン「涙は涸れたよ…………………その場で一生分流したのだろう………………墓は私が作った…………カイ達に両親は居なかったのでな……」

パワポケ「………」

シアン「……さっき………ゴルトマン海賊団を悪魔と言ったが………………私は死神かもな…………………カイの人生を削り続け…………やっと掴んだ幸せすら散らせてしまった………………フフ、救えない」


パワポケ「………………それは違う」

シアン「……違う?いや、違わないだろ……私がいたがら彼女達は……」

パワポケ「………違う」

シアン「違わない!!何故ならっ!奴らは…………っ……私を……私が狙いだったのだから!!………………彼女達が殺されたのだって……………『その場に居合わせてしまった』からだから!!最早私が殺したようなものだ!!」バンッ


パワポケ「違う!!」ダンッ

シアン「っ」ビクッ

エンゼル「……………パワポケさん……」

ジュン「………」

パワポケ「俺はそのカイさんの事をよくしらない…………だがカイさんだってシアンの事を親友だと………きっとそう思っていたはずだ!」

シアン「……それはそうだが……」

パワポケ「婚約者の漁師だってそうだ!カイさんの親友のシアンのために命を張った………………それだけシアンの事を大切に思っていたって事だ!」

シアン「だから!その掛け替えのない人達が、私のせいで死んだんだ!!私はこの十字架をどう背負っていけばいい!?」

パワポケ「知るかそんな事!!」

シアン「!」

パワポケ「言っておくが二人が死んだのはシアンが悪いんじゃない、ゴルトマン海賊団のせいだ」


パワポケ「だからもう自分を責めるな…………カイさん達がシアンを恨んでいるかなんてこの世じゃもう分からない」

シアン「………ッ……」

パワポケ「長生きして、幸せを掴んで、孫たちに囲まれて、十分人生を楽しんだころにきっとまた会う、その時にたくさん謝れよ!自分の気が済むまで!土下座でも何でもすればいい!」

シアン「……ッ……ぅ……」
エンゼル「あ………涙……」
シアン「なん……だ……これは………」ポロポロ


シアン「涸れた………と…思って……いたのに………なぜ……今頃…」ポロポロ

パワポケ「…………偉そうに言って悪かった」

シアン「い……いや…気に…するな………心が………暖かい………」ポロポロ


シアン「う、うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ………………」ポロポロ

今回はここまで






10分後

シアン「ふう、お騒がせした」スッキリ

パワポケ「もう大丈夫か?」
シアン「ああ、もう私は自虐しない、決めたよ」

パワポケ「そうさ、生きてれば何とかなるのが人生だ、天寿を全うしな」

シアン「ふふ………そうだな」


ジュン「何とか一件落着だね……話も聞けたし」

エンゼル「なんか立ってただけなのに凄く疲れたよ~」

シアン「そうだ、お前たちの名前を聞いていなかったな、教えてくれないか?」

パワポケ「そういえばそうだな、俺はパワポケだ」
ジュン「ジュンです」

エンゼル「エンゼルだよ」



シアン「パワポケ、ジュン、エンゼルか、確かに覚えた、私はシアンだよろしく」

パワポケ「それは知ってる」
シアン「ははは、だろうな、まあ一応だ」

シアン「パワポケ、あそこにカイ達の墓がある……祈ってやってくれないか」
パワポケ「わかった、ジュンとエンゼルもほら」

ジュン「そうだね」

エンゼル「はーい」

ナームー





パワポケ「……………ふう、これでいいか?」

シアン「ああ、ありがとう」
シアン「ところでお前達、本当にゴルトマン海賊団を止めにいくんだな」

パワポケ「ああ、まあね」

シアン「ふむ、そうか…………………船はどこに留めている?」

パワポケ「パラポルト南港区だけど?」


シアン「南港区か…………そうかわかった…」

パワポケ「?」

ジュン「………キャプテン…話に夢中で気付かなかったけど…もう一時間とっくに過ぎてるよ…」

パワポケ「あ!!そうだ!つい夢中になっちまって忘れてた!」ハッ

エンゼル「ヤバーイ!」

シアン「なんだ待ち合わせか?」

パワポケ「そうなんだ!じゃあ俺達行くから、またなシアン!!」 アセアセ

シアン「ああ、約束は破ってはいけないぞ、また後でな」

パワポケ「おう!急げ!!」ダダッ

エンゼル「おー!」ダッ

ジュン「また後で………?」タッ

シアン「行ったか……騒がしい連中だ…」

シアン「………カイ…待っていてくれ、私が必ず仇をとってやる………………あいつらとならやれる気がするんだ……」




ハーシバル「パワポケ……来ないな」

ウズキ「ジュンとエンゼルもですよ…」

モッチー「……キャプテンが遅刻するのはやめてほしいでやんす……」

ミーナ「モシカシテ…事件ニ巻キ込マレタンジャ?…」

レン「ええ!?そんな…お父さん達が無事だったのは良かったけど………パワポケさんやジュンさん達が怪我するのも嫌ですよ…」

エドアード「ゴルトマン海賊団がまだいるかもしれないしな………単独行動は止めておけばよかったか?」

ダダダダダダダダダダ

ユウキ「ん?……足音?」

ダダダダダ

パワポケ「すまーーーーーーーん!!」ダダダッ


ハーシバル「パワポケ!!無事だったか!」

モッチー「エンゼルとジュンはどうしたでやんす?」
パワポケ「ハー…ハー………すぐ来るさ…」

タッタッタッタッタッタッタッタッ

エンゼルジュン「はー…………はー…………」ヨロヨロ

エドアード「うお…頑張って走って来たな…」

レン「もう!三人とも心配したんですよ!?どこに行ってたんですか!?」

パワポケ「いや…シアンの家を訪ねてみたんだ…」
モッチー「ええ!?あの変人と噂されている学者のシアンの家でやんすか?」

ハーシバル「ゴルトマン海賊団の奴が変身してたもんな……それで、話はできたのか?」

パワポケ「ああ、それについては後で話すよ……とりあえず今日のうちに出発の準備をして、明日朝一番でグレートクインに向かおう」

レン「随分と早い出発ですね…」

今回はここまで

短めになってしまいました
すみません

色々用事があって

次の日の朝




パワポケ「ふああ」ムニャ

パワポケ「朝か……出発しなきゃだし………起きるか…」

ゴソ

パワポケ「ん?」

エンゼル「zzz……」グー

パワポケ「…………………」

ゲシッ

ゴロッ

エンゼル「きゃああああ!!」ガターン

パワポケ「何度もリアクションとってくれると思うなよ」

エンゼル「いてて、……酷いことするね………まったくぅ…」ムニャ

パワポケ「いいから出発の準備しろ、朝早く出るぞ」

エンゼル「はーい」



そして……


パワポケ「全員揃ったか?モッチー」

モッチー「えーと…………ユウキがまだでやんす」

パワポケ「またアイツか」

エンゼル「もう7回目だよ~」ケラケラ

モッチー「あいつは一度キツく言わないとわからないでやんす!!」ムキー

パワポケ「仕方ない………俺が呼んでくるよ」スタスタ
ウズキ「必要ありませんよキャプテン、私が叩き起こしましたから」 スッ

ユウキ「いて…」ズキズキ

モッチー「少し反省しろでやんす」

パワポケ「ありがとうございますウズキさん、さて、これで揃ったな…」

レン「パワポケさん、風もいい感じです」

パワポケ「よし!出航だ!」


バシャ

バサバサッ


パワポケ「無事パラポルトを出航できたな…」

モッチー「いい天気で船出日和でやんすね」

レン「今回も同じく3日で着きますね」

パワポケ「そうだな、3日あれば傷も完治するだろ…」

エドアード「カモメも飛んでいるし、嵐も心配ないな」

ハーシバル「油断は禁物だけどな」

ミーナ「今ノ内ニ肌焼イテオキマショウカネー」スルッ


パワポケ モッチー エドアード 「がはっ」ブシャ

ジュン「ダメだよミーナさん、馬鹿どもが血を吐いて倒れちゃったじゃん…マストの上で焼いてきて」

ミーナ「オー、ゴメンナサーイ」タッタッ


エドアード「お、俺は認めねえ…………」ボタボタ

パワポケ「モッチー………船って…油断できないな……」ボタボタ

モッチー「そうでやんすね……オイラベテランでやんすが……甘く見てたでやんす……」ボタボタ

ハーシバル「だ、大丈夫か?お前ら…何があった…?」

パワポケ「今は…話しかけないでくれハーシバル…………脳裏にインプット中なんだ………」


モッチー「………同じく……」

ジュン「忘れなさい!」シャッ
パワポケ「ぎっひゃ」ゴンッ


レン「破廉恥ですよ!パワポケさん!」ヒュッ

パワポケ「げはあっ!?」ガッ

バタリ…

モッチー「………さらばでやんす…」



パワポケ「いてて…」

パワポケ「ちくしょう……全部忘れてしまった…」

パワポケ「しかし…波もないし……今日は本当に平和だなー」

シアン「もうパラポルトも見えなくなったな」

パワポケ「そうだな、これからクインシティまでの3日間……ずっとこんな天気ならいいんだけどな…」

シアン「嵐だとやはり大変なのか?」

パワポケ「すごく大変だよ、初めて船に乗る奴にはつらいだろうな」

シアン「むう、そうか……もし嵐が来たら私も手伝うから言ってくれ」

パワポケ「ふ、初心者が偉そうに」

シアン「フフ」

パワポケ「ははは」

シアン「………」

パワポケ「………」

シアン「………」

パワポケ「…………何でいるんだ?」

シアン「隠れて乗り込んだからさ…」

パワポケ「………」

シアン「………」

パワポケ「………」


レン「パワポケさーん?もう、そんな所にいたんですか?海路について話が…………」

シアン「……」

パワポケ「……」

レン「………」

パワポケ「…………」

レン「……………………っ!」 ダッ!!


パワポケ「え!?どうしたレン!待ってくれ!!誤解だ!」ダッ

レン「パワポケさんのバカーーーー!!船に愛人連れ込んで隠れてニャンニャンしてるーー!!」ダダダッ
パワポケ「なにいってんだ!!違うから!愛人なんていないから!話を聞いてくれレーーーン!!」タダ゙ッ
レン「愛人以上!?もう結婚されているんですか!?うわーん!」ダッ

パワポケ「止めろおーーーーー!!お願いだから少し黙って!俺とお話しよう!な!?」 ダダダッ

ジュン「…」スチャ

エンゼル「…」ジャラ

シアン「…あの二人ヤバそうなものを持ってるぞ?大丈夫か?」

ハーシバル「うわ!!シアンじゃないか!!」

シアン「あ、よろしく、世話になる」ペコッ

今回はここまで



……………………………そして




パワポケ「………もう乗っちまったものは仕方ない………シアン、みんなに自己紹介してくれ」ボロッ

シアン「ああ、わかった…………………………顔がぼろ雑巾みたいになってるぞ、大丈夫か?」

パワポケ「殆どお前のせいだけどな!」

シアン「すまんすまん、……………………みなさん、パラポルトで学者をやっているシアンだ、短い間だが世話になる………どうかよろしく」ペコッ

レン「こちらこそよろしくお願いします!私はレンって言います!」ペコッ

エンゼル「まさかシアンさんが船に乗っていたなんてね~」

ジュン「私達の帰り際に言ってた『また後で』ってこういう事だったのね…」



モッチー「しかし何で忍び込むなんてマネしたんでやんすか?パラポルトでの酷評に耐えられなくなったとか?」

シアン「酷評?ああ、学会での私の評価のことか?ふふ、あれは老いぼれ共が私に反論できなくて負け犬根性全開でのたまっている戯れ言だ、聞いていて逆に気分がいい」

エドアード「………………なんか大物みたいだな」

ハーシバル「じゃあなんで乗り込んだんだ?」

シアン「……それは」

パワポケ「……あーシアン……………込み入った理由なら別に言わなくても……」

シアン「いや、大丈夫だパワポケ…質問の答えだが、お前たちゴルトマン海賊団を潰すつもりなんだろ?」

ハーシバル「ん?そうなのか、パワポケ」

パワポケ「まあな……海路の邪魔だし」



シアン「私も奴らに拉致されかけてひどいめにあわされたからな、協力させてほしい」

ハーシバル「あ、そういえば何でお前狙われたんだ?」

パワポケ「ハーシバル、あまりグイグイいくな」

シアン「いいさパワポケ、こっちが先に非常識なことをしたんだ、誠意を見せなくては納得しないだろう」

パワポケ「……ああそう…」










シアン「……………という事があったんだ」

ハーシバル「………………そうか…」


パワポケ(その後シアンは自分の祖父の話と親友が殺された話をした)

パワポケ(そして敵討ちをしたいので一緒に行きたいという願いを出してきた)

パワポケ(俺は別にいいが他のクルーはどうだろうか?)


シアン「頼む、ゴルトマンと決着をつけるまで私をこの船に乗せてくれ、何でもする…」

パワポケ「うーん……なあ、みんな……」クルッ

レン「」ボロボロボロボロボロボロボロボロボロボロ

パワポケ「うわあ!!レン!泣きすぎだ!」ガタッ

レン「ぐすっ…………だって……シアンさんが……可哀想で…………ぐすっ…」ボロボロ

パワポケ「……まあ、そうだけど…………ところでレン、シアンを船に乗せる話だけどさ……」




レン「乗せてあげましょう!!」クワッ!


パワポケ「おおう!」ビクッ

パワポケ「そ、そうか……レンは賛成で………ウズキさんはどう思います」

ウズキ「わたしも賛成ですかね、彼女の話は心に響きました」

パワポケ「分かりました………みんなは?」

エンゼル「私も賛成ー」

エドアード「というか、もう乗っちまってるし仕方ないだろ」

ミーナ「賛成デス」

ユウキ「えーと…じゃあ僕も賛成かな」

モッチー「…………………まあ、しょうがないでやんすね、一人くらい増えても問題はないでやんすが」

シアン「みんな…………ありがとう!」



パワポケ「賛成多数か………よし、シアン!今日からお前も一時的だがコンキスタ号の船員だ!よろしくな!」サッ

シアン「ああ、迷惑をかけないようにがんばらせてもらう!」アクシュ ギュッ

ワーワー ワーワー

パワポケ「今日は嵐も無いし、ゆっくりできるだろうけど………嵐がきたら力仕事もしてもらうぞ」

シアン「任せてくれ、力に自信は無いがな」

パワポケ「はは………」


シアン「ふふふ…………」


ハハハハハハハ!


一日目終了

今回はここまで


二日目 大海原






シアン「…」ガリガリガリガリガリガリ

パワポケ「♪~……ん?シアン…なにやってんだ?」
シアン「…」クルッ ガリガリガリガリ

パワポケ「ああ、ビスケット食べてるのか」

シアン「ぶはあっ!固いなこれ、全く砕けないぞ」

パワポケ「保存が利くように凄まじく乾燥させてるからな、別名鉄のクッキーだ」

シアン「腹ごしらえしようと思ったのだが………これでは私の歯がもたないぞ………」

パワポケ「そういう時にはな、口の中で少しずつ溶かして食べるんだ」

シアン「ふむ、そうか………かぷっ」モゴ…



パワポケ「そのまま一時間くらい待ってれば柔らかくなるさ」

シアン「ふぉうか、わふぁっふぁ」 (そうか、わかった)

パワポケ「航海は長いし、のんびり待つのも悪くないぞ」

シアン「むふ…」モゴ






パワポケ「うーん、今日もいい天気だな、これなら嵐も無いだろ」

パワポケ「あ、おーいミーナ」

ミーナ「ハイ?何デショウキャプテン」トコトコ

パワポケ「今日は嵐来るかな?」

ミーナ「フーム……微妙デスネエ……雲ノ形ガアマリ良クナイデスカラ…………………フィフティフィフティ、デスカネ」

パワポケ「そうか…」




三時間後



ザバアーン ピカッ ゴロゴロ



パワポケ「うおおおおおおおおお!!嵐が来たぞおおおおおおおお!!」バタバタ

レン「面舵いっぱいです!!」
エドアード「了解!」ガガガガガガ

バタバタバタッ

モッチー「ああああ!帆が破れそうでやんす!早くたたまないと!」

ハーシバル「すまん!船の修理していて手伝ってる暇がない!」ダンダンダン

エンゼル「水漏れはっせーい!ヤバいよー!!」ダダダダダ

モッチー「ユウキ!手伝うでやんす!」

ユウキ「わかったー」



モッチー「せーの!」

ユウキ「ふん!」

グググググググ…

ググググ…

モッチー「うおおおお!!人手がたりないでやんす!」
ユウキ「たためないーーー!!」

シアン「これが嵐か、思っていたより凄まじいな……」

モッチー「こらシアン!こっちを手伝えでやんす!」

シアン「む、了解した」タタッ

モッチー「もう一度いくでやんすよ、せーの!」

グググググググ!

ユウキ「ふーん!ぐぐ…………お、少しずつたためてきたよ!」

モッチー「あと一息でやんす!」

シアン「ぐぐぐぐ………」

ビュウッ!


ビュウウウウウ!

モッチー「うわあ!凄い横殴りの風でやんす!」

シアン「うわっ!」グラッ


ユウキ「!!大変だ!シアンが」

モッチー「風で飛ばされたでやんす」

シアン「ま、まずい!」グラッグラッ

エドアード「おい!このままじゃ海に落ちちまうぞ!早く助けろ!」

モッチー「ムチャ言うなでやんす!この暴風の中助けになんて行ったら一緒に落ちてしまうでやんすよ!」

ビュウウウウウウウウウウウウウウウウウ!

シアン「!しまっ………」 グラッ

ズルッ

ユウキ「シアンが落ちた!」



パワポケ「でえええええい!」ダダダダダッ

ガシイ!

シアン「パ、パワポケェ!」グッ

パワポケ「離すなよシアン!速攻で上げてやる!」ググ…


モッチー「ファインプレーでやんすキャプテン!」


ユウキ「良かったー」


ズルズル…

タッ

パワポケ「ふう、間一髪だったな…」

シアン「ふう……………あ、ありがとうパワポケ、もう駄目かと思ってしまった……」

パワポケ「気にするなよ、お互い助け合って嵐をしのごう」

シアン「!!…………あ、ああ///」


ギャーキャー ワーワーワーワー

…………………………………………………………



ザザーン…



パワポケ「ふうー、ヤバかったけど…………何とか凌いだな…」

エンゼル「そうだねーーもうクッタクタだヨ……」

パワポケ「みんなグロッキーって感じだな…………そうだ、シアンは大丈夫か?初航海であんな嵐で……」

エンゼル「あー…シアンさんならあそこだよ…」

シアン「………」 グターーー

エンゼル「もう動けないくらい疲れてるねやっぱり……」

パワポケ「まあ、仕方ないな……今日はゆっくり進もう、回復しながらな…………」

二日目終了

今回はここまで





三日目 大海原



パワポケ「今日はいい天気だな、雲もほとんど無いし」

ウズキ「そうですね、これなら嵐の心配は無いでしょう」

パワポケ「調子が良ければ今日中にクインシティに着くかもしれないな」

シアン「…」トコトコ…

パワポケ「あ、シアン…昨日の疲れは大丈夫か?」ポンッ

シアン「ぐううううううう!?」ビキビキィ

パワポケ「うおお…」

シアン「だ、誰だ!?私は今全身筋肉痛なんだ!あまり触るな…………ってパワポケか……」


パワポケ「なんだとはなんだ」

シアン「い、いや…何でもない………………とにかく…私に触るな……筋肉痛なんだ」

パワポケ「ふーん、やっぱり昨日の嵐はキツかったか?」

シアン「ああ、まあな…あれほどとは思わなかった………世の中は広いな…」
パワポケ「まあ、無事で良かったよな、今日は平和だし」

シアン「そうか…ならば少し休ませてもらうか……」
パワポケ「別にいいぞ、仮眠室に案内するよ、こっちだ」ギュッ

シアン「ひゃああっ!」ビクッ
ババッ

パワポケ「………そんなに嫌がるなよ……ちゃんと手は洗ってるぞ…」

シアン「ち、ちがう!………言っただろ!!私は筋肉痛なんだ!いきなり手を握るな!///」


パワポケ「そうだったな、ゴメンゴメン…じゃあついてきてくれ、案内するからさ」

シアン「う、うむ…///」

スタスタスタ





レン「……………………怪しいです、私の乙女センサーが警報を鳴らしています…」


モッチー「………………またひとり堕ちたでやんす…………」

ウズキ「彼に同情しますよ」
モッチー「そういえばウズキさんは結婚してるんでやんすね、羨ましいでやんす…」

ウズキ「羨ましい?馬鹿言っちゃいけませんよ、結婚なんてものは呪われた制度です、絶対にしちゃいけませんよ」

モッチー「…一体何があったでやんすか?」



そして…




パワポケ「見えたぞ、グレートクインだ!」

シアン「おお!あれがグレートクインか………外国に来るのがはじめてなもので少々興奮するな…」

エンゼル「あはは、シアンさん…料理は期待しないほうがいいよ」

シアン「やはりそうなのか、グレートクインの料理は最悪だというのは本当か」

ハーシバル「ああ、俺達も初めて食べた時はびっくりしたぜ…こりゃ犬の餌か!……………ってな」

シアン「うむむ…少し食べてみたくなってきた……………逆の意味で…」



パワポケ「よし、上陸するぞ、カンドリー達が待ってるはずだ」









パワポケ「ふう、無事に上陸成功だ」

モッチー「別に危険なんてないでやんす」

パワポケ「まあそうなんだけどね」

シアン「……?おいパワポケ、仲間はどこだ?どこにもいないが…」

パワポケ「何?あれ……本当だ…みんなどこ行った…?」

ハーシバル「あ!おいパワポケ!あれを見ろ!!」

パワポケ「ん?」

今回はここまで


昨日は書けなくてすみません

今日こそは書きます



カンドリー「パワポケーーー!」ダダッ

ハルカ「師匠ーーーー!!」タッ

パワポケ「カンドリーとハルカちゃん……?…二人しかいないのか?」

シアン「あれもお前たちの仲間か…?」

エドアード「なんか慌ててないか?」

カンドリー「大変だあああああああああ!!」

パワポケ「なんか大変なのか?」

ハルカ「ハイバラさんが、ハイバラさんがー!」

エンゼル「え?ハイバラさん?」

ハーシバル「ハイバラは問題起こすタイプじゃないだろ」

カンドリー「海賊を斬って……それで、アイツは悪くないのに捕まって…」

パワポケ「待て待て、順序立てて話してくれ」



………………………………………



パワポケ「みんな捕まった!?」

カンドリー「ああ、俺達以外は全員な…」

ハルカ「あれは二日前の事です」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ハルカ「ラーララー♪今日は船で師匠と遊びましょうー」スタスタ


ハルカ「あり?コンキスタ号が無いですよ!?」

カンドリー「おーいハルカー」
ハルカ「む?カンドリーさんじゃないですか、コンキスタ号がないんですが」


カンドリー「ああ、悪いけどパワポケ達はパラポルトに向かったよ」

ハルカ「えーーーー!?ひどいです師匠!ハルカ達を置いて行っちゃうなんて!」

カンドリー「勘弁してやってくれ、パラポルトで爆発事件があって調べに行ったんだ」

ハルカ「爆発事件ですか?そういえば、グレートクインでも昨日起こったらしいですね…」
カンドリー「そうなんだ、実はな……その事件にパワポケが巻き込まれたんだよ………」

ハルカ「え!?だ、大丈夫だったんですか、師匠は?」

カンドリー「大丈夫だよ、だから船に乗ってパラポルトに向かったんだろ」

ハルカ「はあ~~良かったです…」

ハーシバル「まあ、そういう訳だ…………一週間くらいで帰ってくるらしいからまっていようぜ」


ハルカ「ふーうむ……しょうがないですね!カンドリーさん!今日はカンドリーさんとハルカで遊びましょう!!」

カンドリー「うええ!?ぼ、ボクと?」

ハルカ「はい!さあ、行きましょー!!」

カンドリー「ごめんなハルカ、ボクはここで他の仲間が来た時に船の事を教える役目を受けてるから動くわけにはいかないんだ」

ハルカ「うーーー………分かりましたならばここで遊びましょう!!」

カンドリー「え?」

ハルカ「まずはこのカードゲームです!負けたら100ペラ没収です!」パラッ

カンドリー「お、このカードか………ふふん、ボクにこのカードで勝負を挑むとは…………運が悪いなハルカ」

ハルカ「私だってこのカードは自信があるんですよ!」








カンドリー「負け………た………だと…」

ハルカ「三連勝ですよーーーーーーー♪」

カンドリー「チクショー!もってけ!」 パサッ

ハルカ「まいどです!」チャリーン

ハルカは300ペラを手に入れた!

カンドリー「ならば、次はあの缶を先に撃ち抜いた方が勝ちだ!」

ハルカ「望むところですよ!」

ギャーキャー ギャーキャー








ハルカ「あーーーー…遊びましたねえ…」

カンドリー「くそ………結局ボクがマイナス400ペラか……」

ハルカ「それにしても皆さんおそいですねー……」

カンドリー「そうだな……そろそろ何人か来てもいい頃なんだけど………………ん?」

ダダダダダッ

カズーイ「た、た、た、た、た、大変やーーーキャプテンーーー!!」 ダダッ

ハルカ「カズーイさんが来ました!カズーイさん!こんにちはです!」

カンドリー「おおカズーイ、悪いけどパワポケはいま居なくてな」

カズーイ「この大変な時に何で居ないんや!」


カンドリー「なんだ?何か問題でも起こしたのか?」

カズーイ「そうや、起こしたのはウチじゃなくハイバラさんやけどな…………」

カンドリー「ハイバラ?……ハイバラは問題起こすタイプじゃないだろ」

カズーイ「起こしとるから今!温厚なウチがこんな声荒上げて騒いどるんや!」ギャー

ハルカ「カンドリーさん、とりあえず今はカズーイさんについて行きましょうよ」

カンドリー「そうだな、ボクでいいならついていくけど?」

カンドリー「うー………まあこの際カンドリーさんでも仕方あらへんな、こっちや!」 ダダッ


カンドリー「わかった」ダッ

今回はここまで


ダダダダダダ

カンドリー「まだか?」

カズーイ「もう少しや!」ダダッ

ハルカ「あ、あそこに人だかりができてますよ!」ダダッ

ワーワー ガヤガヤガヤガヤ



ナツミ「動くなよ、お前を拘束する!下手に抵抗すれば罪はさらに重くなるぞ」

ハイバラ「…………」

カズーイ「あかん………ナツミさんが来とる、不味いことになったで…」

カンドリー「おいおい、本当にハイバラが手錠されてるよ、冗談じゃないぞ」
ハルカ「ハルカに任せてください!聞いてきます!」タッ

ナツミ「まったく………街中で人を斬るなんてとんでもない奴だな………私は王女様の護衛をしなくてはならないというのに」ブツブツ


ハルカ「ナツミさ~~~ん!」
ナツミ「ん?……お前は……あの男の船のクルーか……」

ハルカ「そうです!私は師匠ことパワポケさんの一番弟子であるハルカです!」

ナツミ「…………え?…いや、そうか…私が言ったのはパワポケではなくハー…………」

ハルカ「ハー………?」

ナツミ「そ、そんな事はどうでもいい!何のようだ?私は今見ての通り忙しい、話を聞いている暇はないぞ」

ハルカ「ハイバラさんは私達の仲間なんです!何で捕まらなくちゃならないんですか!」プンプン

ナツミ「何だと?この男がおまえらの仲間?………………なんてことだ…」

ハルカ「え?」

ナツミ「いいか…………この男はな、一般人をいきなり斬り殺したんだ」


ハルカ「え……」

ナツミ「目撃情報は多数ある………完全に黒だ」

ハルカ「そ、そんな……ハイバラさん……!」

ハイバラ「…………俺はやっていない」

ナツミ「ならば目撃情報はどういう事だ?何人もお前と同じハッピを来た奴が人を斬った所を見ているんだぞ!」

ハイバラ「…………嘘をついている、そいつらはな」
ナツミ「バカを言うな!そんなことをして群集に何の得がある?」

ハイバラ「……………とにかく、俺は無罪だ…」

ハルカ「な、ナツミさん!ハイバラさんの事を信じてあげてください!」

ナツミ「そんな穴だらけの証言で信用される訳が無いだろ、おいお前たち、連れていけ」



………… ………………………


ハルカ「というわけで、ハイバラさんが牢屋の中に……」

パワポケ「どういう事なんだ……………ハイバラが一般人を斬る訳がない…」

カンドリー「ボクもそう思う、だけどあの女はボク達の話を聞こうとはしなかった……」

ハーシバル「そういえば、カズーイは?今の話だと合流したんだろ?」

カンドリー「…カズーイも、牢屋の中だ……」

エンゼル「ええ!?何でカズーイちゃんまで?」

カンドリー「…………じつはな……捕まったのはカズーイとハイバラだけじゃ無いんだ」

パワポケ「え?」

ハルカ「………私達以外のクルー全員…………捕まっちゃったんです」


パワポケ「なんだと!?」

カンドリー「ヒヨリも、アンドウも、牢屋の中なんだよ……………人を殺したってな…」

エドアード「…………おかしいじゃねえか…」


ウズキ「そこまで徹底してると逆に墓穴ですね…………はめられてますよ、私達」


ジュン「私もそう思う、一斉逮捕なんてあり得ないよ」


レン「許せません!早く助けに行きましょう!!グレートクイン海軍に乗り込むんです!」


パワポケ「そうだな、とにかく話を聞いてみない事には始まらない………………海軍にいこう」

今回はここまで



グレートクイン海軍基地




パワポケ「すんませーーーーん」

海兵「ん?何だおまえらは」

レン「ハイバラさん達を解放してください!」ワー!

海兵「な、なんだこいつは」

ハーシバル「レン、少し下がってろ、ややこしくなるから」

レン「フー………ガルルル」

モッチー「猛獣化してるでやんす………」

パワポケ「まあレンはおいといて……」

エドアード「とりあえず様子を見にきたって言おうぜ」



パワポケ「すみません、捕まったハイバラの知り合いなんですが、面会に来ました」

海兵「ああ、あの男の……………分かったいいだろう、ただしお前だけだ」

パワポケ「はい」

レン「何で私達は駄目なんですか!?」

ハーシバル「止めろレン!パワポケ、任せたぞ!」ガシッ

パワポケ「ああ、まかせろ、みんなは船に戻っていてくれ」

エンゼル「りょーかーい!さ、いこ、レンちゃん!」グイ


ギャーキャー ワーワー ………


海兵「…やっといなくなったか………こっちだ」

パワポケ「ああ」


カツーン カツーン


パワポケ(他のみんなはいないのか………)

カツーン


海兵「ここだ、面会時間は10分、ここで監視してるから妙な真似はするなよ」


ハイバラ「…………………」

パワポケ「ハイバラ!」ガタ

ハイバラ「…………………パワポケか…」

パワポケ「時間がないんだ、率直に聞くぞ!お前は無罪なんだな?」

ハイバラ「…………………当然だ……一般人を殺生などするものか」

パワポケ「分かった!信じるよ、もう少し待っていてくれ、すぐに出してやる!」

ハイバラ「……………頼んだぞ船長……俺以外の仲間も……」


パワポケ「任せろ!全員すぐに解放してやるさ!」
ハイバラ「…………フ……」
パワポケ「じゃあ俺は他の仲間の所にも行かなくちゃならないから、そろそろいくよ」

ハイバラ「ああ………分かった」

カツーン カツーン

パワポケ「もういいよ」

海兵「ん?そうか…じゃあ戻るぞ」

パワポケ「いや、それがな……後数人面会したい人がいるんだけど……いいかな?」

海兵「なんだと!?しょうがないな……………すぐすませよ?」

パワポケ「ああ、悪いね」



カズーイ「あ、キャプテン、ゴメンな…迷惑かけて………」

パワポケ「なに、心配するな!仲間だろ!」

……………………


アンドウ「かたじけないでござるな、パワポケ殿……」

パワポケ「少しの間待っていてくださいアンドウさん、すぐに出しますから」

アンドウ「忍にとって堪え忍ぶことは日常茶飯事でござる」

………………………

ヒヨリ「あ!ちょっとパワポケ!早く助けなさいよ!なにもたもたしてるのよもう!」ガタガタ

パワポケ「……………コイツは助けなくていいかな?」

ヒヨリ「え!?き、キャプテン!ごめんなさい!助けてくださーい!歌ってあげるからー!ラヴラヴ♪ビッグバーン♪」


パワポケ「うわ!分かった!助けるから!その歌止めろ!耳が腐る!」

ヒヨリ「ムキィー!」プンプン

………………………


海兵「これで終わりか?」
パワポケ「ああ、面会したい人はもういないな…帰らせてもらうよ」

海兵「そうか…」

パワポケ「今日はありがとうございました」

海兵「ああ」

スタスタ……




コンキスタ号

パワポケ(さて、あいつらをどうやって助けるか……)

今回はここまで


ジュン「キャプテンおかえり」

パワポケ「ただいま、ハイバラ達を助ける方法考えなくちゃならなくなったぞ」

ジュン「やっぱり釈放されなかったんだ…」

パワポケ「ああ、あいつらは無罪だ…それを早く証明しなくちゃな」

ジュン「でも…………誰がハイバラさん達を嵌めたんだろ?」

パワポケ「それはもう当たりはついている、多分あのフグリーノとかいう奴だろう……」

ジュン「フグリーノって…………パラポルトの港で戦ったゴルトマン海賊団の変身男?」

パワポケ「ああ、奴ら別の船で俺達よりも早くクインシティに行ってコンキスタ号のクルーを調べたんたろう」


ジュン「そんな決めつけちゃっていいのかな?」

パワポケ「まあ一つの可能性だよ、一番ありそうなのはそれかなって思っただけさ」

ジュン「ふーん」


タッタッタッタッ

カンドリー「パワポケ、どうするんだ?だれも助けられなかったらしいじゃないか」

パワポケ「カンドリー……そう簡単にはいかないさ……何か作戦を考えなくては…」

カンドリー「そうだよな………何とかならないのか?」
パワポケ「とにかく………あのフグリーノを見つけ出して聞き出さないとな……今はそれしかない」



ゴルトマン海賊船


フグリーノ「ただいま」

コスギ「ん、おおフグリーノか……なんか久しぶりだな」

ツツミ「おそいですよフグリーノさん、シラセさんすら作戦を終えて帰ってきているのに」

シラセ「すらって何よ、ムカつくメガネね」

ツツミ「おっとこれは失礼」

フグリーノ「あれ?船長と副船長は居ないのか?」

コスギ「なんか野暮用があるらしいぜ、二人ともツンドランドに行ったよ」
ツツミ「それより!フグリーノさん、あなた作戦はうまくいったんでしょうね?」

フグリーノ「ん?ああ、バッチリだぜ、パラポルトの名将は大体片付けてやった」


コスギ「くくく、この時点でシラセより働いてるな…」

シラセ「うっさいわね!ニューホープの死神があれほどだとは思わなかったのよ!」

ツツミ「rs団とはいずれ片を付けます、フグリーノさん!アナタにはもう一つ大切な任務がありましたよね?」

フグリーノ「シアンを誘拐することだろ?」

ツツミ「そうです、見たところ居ないようですが?」
フグリーノ「すまん、そっちは失敗した」

ツツミ「なんですと!?シアンがいなければ魔物の封印の解き方がわからないんですよ!どうするんですか!」

フグリーノ「安心してくれ、奴の肩には触れたからな」

ツツミ「……………それならいいでしょう」

今回はここまで



シラセ「情けないわねアンタ、女一人もさらえないなんて」

コスギ「それは確かにな、そんなんじゃ幹部失格だぜ?」

ツツミ「失敗ならあなた達もしているでしょう!フグリーノさんの事をバカにはできませんよ!」


コスギ「そういえばそうだな」

フグリーノ「ああ、それと船を一隻失っちまった、それもすまん」

ツツミ「!…な、なんですと!?」

シラセ「船を失うって…………どういうことよアンタ?」

フグリーノ「俺は命令通りパラポルトで海を見張ってたんだよ」

コスギ「おう」



フグリーノ「そこで一隻の船と戦いになってさ、善戦したがやられちまった」
ツツミ「な、なんという………」

シラセ「うちの船を沈めるなんて………結構な実力者ね…」


フグリーノ「ああ…………若い船長だったが優秀だった……………名前はパワポケっていうんだがな……」

コスギ「……………パワポケだと?」

ツツミ「き、キャプテンパワポケ……またしても…」
フグリーノ「……またしても?」

コスギ「俺もパワポケに苦汁を舐めさせられてな……」

シラセ「またそいつ?………鬱陶しいわねホント」

フグリーノ「そうか…コスギも……」


フグリーノ「それならコスギ、お前に朗報だぜ?」

コスギ「………何だ?」

フグリーノ「ふ、ふふふ…………実はな、アイツよりも早くクインシティに帰ってきた俺は変身能力を使ってアイツの仲間に成りすまして暴れてやったのさ!」

コスギ「……お前……く、くくく……………おもしれえ事してくれたな」ククク
フグリーノ「アイツ今頃大慌てだぜ!」

ヒャハハハハハハハ!


シラセ「……………ゲスいわねこいつら」

ツツミ「まあ、私達も同じようなものですけどね」

シラセ「とにかく、キャプテンが帰ってくるまでは待機していればいいのね?」

ツツミ「ええ、私達の任務はここまでです」


コンキスタ号





パワポケ「うーむ………どうするか………」

シアン「む、パワポケどうした?」

パワポケ「どうやって仲間を助けるか考えているんだが…………………妙策が全くうかばない…」

シアン「そりゃそうさ、国に捕まっているんだ………」

パワポケ「…やっぱり……フグリーノを捕まえるしかないかな」

シアン「あいつか…もし捕まえたら私に知らせてくれ、あの下衆にカイ達の恨みをぶつけてやる」

パワポケ「……ほどほどにしといてくれよ…」


パワポケ「よし、俺は今から町で情報収集してくる、夕方頃には帰ってくるからみんなに伝えておいてくれ」ガタッ

シアン「……ふむ、……私もついていこう」

パワポケ「え?」


シアン「初めての外国でな、色々なものを見てみたいんだ」

パワポケ「そうか、別にいいけど…………ゴルトマン海賊団には気を付けろよ」

シアン「分かってる」

パワポケ「よし、なら行こうか………」ガタッ

ハーシバル「ん?パワポケとシアン、どこか行くのか?」スッ

パワポケ「あ、ハーシバル、町に情報収集に行ってくる」

シアン「私もだ」


ハーシバル「ん、了解」

パワポケ「俺達のことはみんなに伝えておいてくれ」

ハーシバル「分かったよ、行ってこい」

シアン「ふふ、ワクワクしてきたな」ワクワク

パワポケ「よし、行くかシアン」スタスタ

シアン「ああ!」スタスタ



スタスタスタスタスタスタ……



今回はここまで



パワポケ「さて、まずはどこに行こうか……」

パワポケ「シアン、行きたいところあるか?」

シアン「む?私が決めていいのか?」

パワポケ「いいよ、でもなるべく人が多い場所にしてくれ、危険が少ないし話も聞きやすいからな」

シアン「ふむ……………私はクインシティは初めてだからな……………行きたいところと言っても…………………!」ピクッ

シアン「パワポケ……あれは何だ?」


台車「」カラカラカラ……

パワポケ「あれは動き回っているパン屋だな……簡単に言うと…」

シアン「パン?ほほう………面白いな、パン屋が台車にパンを乗せて売っているのか……」


パワポケ「まあ、さっき言ったけどグレートクインの料理は不味いからな…………パンも例に漏れず不味いぞ」

シアン「おおおお!…………益々興味が沸いてきたぞ………パワポケ!買ってみようじゃないか!」

パワポケ「え?いや、俺は止めておく……不味いの分かってるし………」

シアン「ごちゃごちゃ言うな!男なら『奢ってやる』くらいいってほしいものだな、さあ行こう!」ズリズリズリズリ

パワポケ「ええ~~!?マジで買う気か?……っていうか引っ張るな!」ズリズリ…


そして……



シアン「『白身魚のグレートクイン風ソースパン』を買ってみたぞ」


パワポケ「俺まで買ってしまった………これ固いんだよな……」

シアン「あんなビスケットを食べてるような奴は少し固いくらい大丈夫だ、さあ、早速一口………」パクッ

パワポケ「あ~~~~……………あむっ」パクッ


ボリボリボリ…

パワポケ(おかしいよな……白身魚を食べている音じゃないよな……)ボリボリ

シアン「……」ボリボリボリボリ

パワポケ(味もあまりしないし………グレートクイン風ソースってなんだ?意味ないじゃないか…)ボリボリ

シアン「……」ボリボリ………

パワポケ(シアンもびっくりしてるだろうな……)


シアン「……………驚いた」

パワポケ(やはり…)

シアン「…………………………とても美味だ」

パワポケ「…………………は?何だと……?」

シアン「美味いと言ったんだ!なんだ、グレートクインしないの料理が不味いというのは嘘だな!」

パワポケ「」


シアン「私好みの薄味に私好みの固さ……………いくらでも食べられそうだ!」ボリボリ

パワポケ「………」

シアン「もぐもぐ」ボリボリ

パワポケ(……………………コイツただ者じゃねえ…!)



そして

シアン「ふう………美味かった…」

パワポケ「やっと食い終わったか………それで?どこに行きたい?」

シアン「うーむ………そうだな…………お前は仲間を助けたいんだろ?…………この国の権力者と知り合いだったりしないのか?

パワポケ「権力者って………タダの船乗りである俺にそんな知り合いいるわけ………………………………あ…」

シアン「何だ?まさか………………」

パワポケ「いたかもしれない…………権力者の知り合い…」

シアン「おお!お前何者だ!?……まあいい、早速そいつの所に行ってみようじゃないか!」

パワポケ「うーん…………大丈夫かな……?」

今回はここまで





グレートクイン広場


花屋

パカ「あ~~……………暇じゃのう……客も来ないし……」

パカ「面白い事ないかのぉ…………」グテー

オーイ…

パカ「ん………この声は………」

パワポケ「久しぶりだなパカ」

パカ「おお、パワポケではないか!久しぶりだな、ちょうど暇してたのだ、余と遊ぼうではないか!」

パワポケ「悪いが今はそれどころかじゃないんだ」

パカ「そ、そうか」



パワポケ「ちょっと聞きたいんだけどいいか?」

パカ「ん?何じゃ?申してみよ」

パワポケ「実はな、また仲間が海軍に捕まっちゃったんだ」

パカ「なんと、またか?またあのスメラとかいう男に騙されたのかの?」

パワポケ「いや、今回はスメラは関係ないんだ…………………ゴルトマン海賊団って知ってるか?」

パカ「ゴルトマン?………いや……聞いたことないな、すまぬ………………あまり外交がないものでな」シクシク

パワポケ「ああ、いや…知らないならそれでもいいさ」

すまぬ あまり書けなかった 日曜日も書けぬ


パワポケ「とにかく、そのゴルトマン海賊団にはめられたんだ…………………多分」

パカ「多分て……………流石にその程度の憶測で犯人を決めつけるのは早計であろう………………」

パワポケ「ぐ………やっぱり……ちゃんとした証拠がなくちゃ無実の証明は無理か……」

パカ「そりゃそうじゃ、ついでに言っておくがの………これからは余に頼っても無駄じゃ…」

パワポケ「え?何で?」

パカ「余はもう一花屋の店長だからの、権力など持ち合わせておらぬのじゃ…」

パワポケ「ああ…そうなのか…分かったよ…」

パカ「役にたてなくて悪いの……」


パワポケ「気にするなよ、じゃあ花屋頑張れよ、俺は忙しいから行かなくちゃならない」

パカ「あ、パワポケ!待ってくれ!」

パワポケ「ん?」

パカ「花買っていってくれ~~、実はもう三日も売れてないんじゃ…………このままでは飢えてしまう……」シクシク

パワポケ「な、泣くなよ…分かった買うから!」

パカ「ありがとう!恩に着る!」



そして





パワポケ「というわけで、ダメだった」

シアン「はあ…やっぱりか…」


シアン「やはり真犯人が未確定というのは大きいな…」

パワポケ「そうなんだよ………見つけようと思ってもあいつらどこにいるか分からないし…」

シアン「もうグレートクインには居ないかもしれないしな……」

パワポケ「他に頼れる人なんて……………」ウーン

シアン「王族と知り合いだったりしないのか?…………ふふふ、流石にあるわけないよな……」

パワポケ「…………………」
シアン「ふふふ………………ん?………パワポケ…?」

パワポケ「……………それだよシアン」

シアン「え?……なんだと?」


パワポケ「この国で一番偉い奴に頼みにいこう!」ダッ

シアン「な、なにい!?ほ、本気かパワポケ!うまくいく訳がない!」ダッ

パワポケ「いやいや、何回か俺は王女を救っているからな!いけるかもしれない!」ダダダ

シアン「何だと?お前何者だ!?」ダダダ









グレートクイン宮殿前

ナツミ「王女様に会わせろだと?無理に決まっているだろが!」

パワポケ「頼む!仲間の危機なんだ!」

ナツミ「いくら何でも急すぎるだろ!何週間も前から予約しているならまだしも」

パワポケ「………どうしても駄目か………?」

ナツミ「ダメだ!………………と言いたいところなんだが…………確かにお前たちには何度か助けられているしな…………」ウーム

パワポケ「そうだ!それにおかしいと思わないか?あいつらが辻斬りなんかすると思うか!?」

ナツミ「し、しかしな………目撃情報もあるし………」

パワポケ「…………分かった……もうブサイはいい……代わりにナツミさんが手伝ってくれないか?」

ナツミ「私が?……………うむむ………しかし……………借りがあるのは確かだしな…………………」

パワポケ「頼む!真犯人の目星は付いているんだ!」

ナツミ「………………分かったよ…」ハア

今回はここまで




パワポケ「!手伝ってくれるのか?」

ナツミ「ああ……………とは言ってもまだ完全に奴らが白と決まった訳じゃないからな、深くは付き合えないぞ」シゴトモアルシ

パワポケ「ああ分かった………それはしょうがない」

シアン「ともかく一歩前進だな、海軍の一部を味方に付けた」

パワポケ「そうだな、フグリーノめ…………今にみてろよ…」

ナツミ「……………よし、じゃあとりあえず今日は帰れ」

パワポケシアン「え……?」

ナツミ「私は今勤務中だ、手伝ってやれるのは休みの日になるな」

パワポケ「ええ~~~!?」


ナツミ「当たり前だ!私は多忙なんだ、自由に海を渡っているお前たちとは違うんだよ!」

パワポケ「でも…」

シアン「分かった、それではまた今度、迷惑をかけてすいません」

パワポケ「え?」

シアン「ほらパワポケ、これ以上迷惑をかけるな、行くぞ」 ズリズリ…

パワポケ「ああ~~~~~~」ズリズリ……


ズリズリズリズリズリズリズリズリ……



ナツミ「…………………いつでもどこでも騒がしい連中だ……」

貴族「ナツミくん、カードの人数が足りないのだが加わってくれんか?」

ナツミ「あ、はいただいま」




パワポケ「せっかくナツミが手伝ってくれそうだったのに………」

シアン「馬鹿者、彼女は勤務中だぞ?我々の我が儘に付き合わせたら可哀想だろ」

パワポケ「いやいや…………シアン……あいつらヒマなんだぞ」

シアン「なに?」

パワポケ「今のグレートクイン海軍は王女がツンドランド皇子と政略結婚したためにやることが無いんだ、王女が居ないことも多いしツンドランド海軍がグレートクイン海域まで警備してくれているからな」

シアン「な…………?」

パワポケ「多分ナツミは今頃貴族の遊び相手でもしてるだろうな」

シアン「な、なぜそんな事を?」

パワポケ「ナツミは今船を任されていない、海に出たくても出られない状況なんだ、生計を立てるには貴族にすがるしかないってことさ」

シアン「つ、つまり……彼女は給与を殆どもらって無いという事か?」

パワポケ「ああ………………………意地張って忙しいとか言ってたけどな………本当は凄く暇なんだよ海軍は」

シアン「………………なるほど」

パワポケ「…まあ、しょうがないよな………今日はもう戻ろう、日もくれてきた……」


シアン「…………そうだな」

今回はここまで


昨日は書けなかった
すまぬ


コンキスタ号


パワポケ「はあ~…疲れたな…ずっと歩き回ってたし…」

シアン「だらしないぞパワポケ、キャプテンならキャプテンらしくシャキッとしろ」

パワポケ「厳しいな、気を抜く時は抜いたほうがいいぞ…ストレスがかかるからな」

パワポケ「さて、ハージバルたちはいるかな…?待機してるはずだけど…」
シアン「甲板にいるんじゃないか?」


パワポケ「そうだな、行ってみよう」スタスタ

ダダダダダダダダ!

シアン「……ん?」

パワポケ「なんだ?」


ダダダダダダダダ!

パワポケ「何かが近づいてくるぞ」

シアン「まさか敵!?」

レン「パワポケさーーーーーん!!!」ダダダダダダダダダ!

パワポケ「うわ!レン!?」
シアン「何だレンか」

ギャギャギャギギギギザザッッッッ!

パワポケ「うおお、何てブレーキ…………甲板が傷つくだろ、もっとゆっくり止まりなさい」

シアン「どこにそんな力が……」

レン「そんな事はどうでもいいんです!」ウガー!

レン「パワポケさん!シアンさんと二人っきりでどこに行ってたんですか!?カズーイさん達のピンチの時に!」


パワポケ「え?ハージバルから聞いてない?情報収集をしていたんだ」

レン「どうしてシアンさんと一緒に行ったんですか!?不公平です!ズルいです!」

シアン「落ち着くのだレン、私が一緒に行きたいと頼んだだけだ」

パワポケ「そうそう、仕方なくな」

レン「いつも私が一緒に行きたいってお願いしても絶対連れて行ってくれないじゃないですか!なんでシアンさんは良いんですか?好きなんですか!?」ギャー ヒックッ

シアン「なっ…!好きなどと……」///

パワポケ「仕方ないだろ!シアンは初めてのグレートクインなんだ、目を離したら勝手にであるいちゃうかもしれない」

レン「嘘です!」ヒックヒック

パワポケ「なんかやけに絡んでくるな……………ん?」クンクン

レン「うぃぃ~~っ」ヒック

パワポケ「よく見たらめっちゃ酔っ払ってる!」ガビーン

シアン「うわ、本当だ…やけに臭うと思ったら……」
レン「うい……大体パワポケひゃんはぁ~!」ヒック

パワポケ「不味いぞ、連のみ酒癖の悪さはコンキスタ号でナンバー1だ…………下手すればあと三時間は長引く…………」

シアン「ふむ…………仕方がない……」スタスタ

レン「ん?なんれすかシアンさん……」ヒックヒック

シアン「当て身」ドッ

レン「ギルティ」 バタッ

パワポケ「おお、見事!なんか習ってたのか?」

シアン「護身術を少々な」


今回はここまでです

ミス


レンの酒癖の悪さ



ハージバル「お、お帰りパワポケ」

パワポケ「ハージバル、ただいま」

シアン「ただいま」

ハージバル「どうだった?有益な情報は…?」

パワポケ「まだ開放させるまではいかないけどナツミさんの協力を得ることができたよ」

ハージバル「へぇー、あいつが……生活も苦しいだろうにありがたいな、今度差し入れしに行ってやるか…」

パワポケ「それはいいけどラクダのはもうやめておけよ、あれはビックリする」

シアン「ら、ラクダのだと……?」

ハージバル「分かってるよ、次は熊の…」

パワポケ「普通のパンにしとけ!」


ハージバル「そうそう、パワポケ…レンに会ったか?」

パワポケ「会ったよ!めちゃくちゃ酒に酔ってたぞ!止めろよレンに酒渡すの…」

ハージバル「いや、それがな、パワポケがシアンと一緒に街に行ったって言ったらスッゴく悲しそうな顔してな………

パワポケ「悲しそうな顔?……何かあったのか?」
シアン「………………」

ハージバル「分からん………そしたらいきなり酒を飲み始めてな……「やけ酒です!」だってよ」

パワポケ「……まあレンも年頃だしな、そういうこともあるさ」

シアン「………パワポケ……お前は刺されないように気を付けろ………」

パワポケ「?………うん」


すみません

一週間ほど書き込めないかもしれない

用事ができてしまい







?「うーん、やって来ちゃったね~グレートクイン♪」

部下「頭、これからどうします?」

?「サッサとあいつらの船を見つけだしてぶっ潰すのも面白いけどね…その前に………………………」

部下「その前に……………?」


?「…………………………やっぱりぶっ潰す~~~~~!!♪アタシの海域で好き勝手やってくれたあの女をね!」

部下「それでこそ頭ですよ!その単細胞な感じ!」


?「…………………アンタアタシの事バカにしてる?」キュピーン!

部下「そ、そんな事ないですよ!か、頭が乱心だー!」



パラポルト号




パワポケ「本格的な始動は明日からだな……今日はゆっくり休もう」


シアン「あ、パワポケ……あそこに船が止まっているんだが……敵じゃないよな?」

パワポケ「え、どこ?」

シアン「ほれ、この望遠鏡で見てみろ」

パワポケ「どれどれ…」スチャッ

パワポケ「ふーむ……随分派手な色した…………ふ………ね………だ…」

パワポケ「なーーーーーーーーーーッ!」ガタッ

シアン「うわっ!どうした突然」

パワポケ「あ、あの船はヤバい…」

シアン「え…?」


シアン「や、ヤバいって………?ゴルトマン海賊団か………?」


パワポケ「いや…ある意味ゴルトマン海賊団よりもヤバい…………ニューホープの死神が乗っている」


シアン「に、ニューホープの死神」ゴクッ


パワポケ「とにかく………素通りしていなくなるのを待とう……」コソコソ

パワポケ「見つかればまた厄介事に巻き込まれる…………すでにゴルトマン海賊団に巻き込まれてるのに…」


シアン「…………………………おいパワポケ…………こっちに向かってくるぞ?」


パワポケ「うげええっ」バタッ



部下「か、頭……いきなり進路をかえて……どうしたんですか?」


リコ「すっごく面白いもの見つけた、あれ見てみ?」

部下「あれは………………にっくきキャプテンパワポケの船じゃないですか!」

リコ「アイツの周りは面白い事で溢れてるからね♪いってみよーーー!」


部下「か、頭……あいつ等とはもう関わらないんじゃ……」

リコ「ちょっとくらいいいでしょ、それにアイツなら絶対今回の件に首突っ込んでるよ♪」

部下「し、しかし」

リコ「なに?アンタアタシに逆らうつもり?」キュピーン!


部下「い、いや…そんなことは…」


パワポケ「大変だ大変だ!」ダダダダ


エンゼル「ん?えらく慌ててるね、どしたのキャプテン」

パワポケ「え、エンゼル!大変だ!リコだ!リコが来た!」

エンゼル「ええーーーーーーー!?リコさんが!?クインシティに?」


パワポケ「船で近づいてくるぞ、恐ろしく速いあの船で!」


エンゼル「あちゃー……もう覚悟決めるしかないでしょキャプテン………」


パワポケ「この間の一騎打ちで関係は切れたはずなのに…」


パワポケ「と、とにかく…動ける準備はしておいてくれよ!」

ダダダダダダダダ

ここまで



ドゴーン! ザバァァ!

パワポケ「ぬおおお!?な、なんだああ!?」ガタガタ

カンドリー「砲撃だ!突然何なんだ!」

モッチー「あそこの船でやんす!どんどん撃ってくるでやんすよ!」

ジュン「あれって……げ…リコさんの船だ」

パワポケ「野郎!早速仕掛けてきたか!」

ダダダダダ

パワポケ「全員戦闘準備!急げー!」

エンゼル「もお~!小説の続きを書いてたのに!」ダッ

ウズキ「仕方ないですね」ダッ

エドアード「何だあ?敵襲か!?」ダッ


ザバァァ ザバァァン!

ミーナ「ドンドン撃ッテ来マス!」


ハルカ「だんだん近づいてきてますよ!師匠、ピンチです!」

パワポケ「まったく、今度は何の用だリコの奴!もう一度勝負する気か!?」

ハージバル「どうするパワポケ?砲撃準備は完了したぞ」

パワポケ「よし、近付け!あいつに一言ぶつけてやる!」


ハージバル「近付くのか!?狙い撃ちにされるぞ!?」

パワポケ「大丈夫だ、どうせ当たらないから」

ハージバル「?」


ザバァァン! ドウン!


部下「頭、コンキスタ号が真っ直ぐ向かってきます、砲撃を恐れている様子はありません」

リコ「ふふ、やっぱりそう来たなパワポケ…」

リコ「よし、こっちも近付くよ!お前たち!」

ウオオオオ!


ミーナ「キャプテン!コノママジャ砲撃ヲクラッテシマイマス!迂回シテクダサイ!」

パワポケ「大丈夫だ!絶対に当たらない!」


ミーナ「ナゼ!?」

パワポケ「アイツに当てる気が無いからさ」

ミーナ「ワット!?」






そして

ザザーン


パワポケ「ふう、無事近付けたか…」

ミーナ(ホントニ一発モ当タラナカッタ…)

パワポケ「この距離ならリコに声が届くだろ」


エンゼル「アタシも一言文句言ってやる!」プンプン

ジュン「キャプテン、あの女潰すの?私も手伝うよ?」ゴゴゴ…


ミーナ「コ、コノプレッシャーハ………」ゴゴゴ…

パワポケ「よし…………オラ!リコーーー!ででこいや!」ギャー


ダダダダダ

ガタッ

リコ「パワポーーケーー!!!久しぶりーー!」

パワポケ「何なんだよお前は!何の用だ!」

エンゼル「今度のアタシの新刊〆切間に合わなかったらリコさんのせいだからね!」ギャー

ジュン「アナタは前々から気に入らなかったんですよ、キャラが被ってるというか………決着をつけましょうよ」ゴゴゴ…


リコ「ふふん、相変わらずいきがいいねアンタ達は」

リコ「ここで戦闘開始っていうのも面白いんだけど…」

パワポケ「……ん?…違うのか?」


リコ「ちょっと話し合いたいことがあるんだよ、だからパワポケの船に乗せて」

パワポケ「話し合いたいことだって?」

ジュン「キャプテン!騙されちゃだめだよ!」バッ


エンゼル「リコさんが話し合いなんてする訳ないよ!これは100%罠だよパワポケさん!」バッ


パワポケ「…うん、やっぱりお前たちもそう思うか、俺も怪しいと思う」ヒソヒソ


リコ(何コソコソ話してるんだろ…)


リコ「何してんのパワポケー!早く入れなさいよ!」

パワポケ「…………リコ、残念だがお前たちをコンキスタ号に乗せるわけにはいかない!」バン!

リコ「え?どして?」


ジュン「どうせ好き勝手暴れるつもりなんでしょ!!分かってるんだから!」チャキ

エンゼル「私が今までの仕事で一番辛かったのはリコさん達と戦った時の船の修理だってこと!知ってた!?」ガシャ

リコ「いや、知る訳ないじゃん」


エドアード「俺も反対だな」
モッチー「オイラもでやんす」

オレモー ボクモー ワイワイガヤガヤ


部下「こ、こいつら……かしら…どうします?こいつら話聞く気まったく無いですよ」


リコ「ふふん、それなら仕方ないね……あんたたち!私達は何!?」

部下たち「はいおかしら!俺たちゃ海賊です!!」

リコ「その通り!海賊はほしいものがあったらどうする!?」

部下たち「力で奪い取る!」ウオオオオオオ!


リコ「分かっているならそれでよし!いくよ!」


ガタン!

パワポケ「む、なんだ?」


リコ「パワポケー!」

パワポケ「あ、リコ…さっき言った通りだ、船には乗せられない…話があるならそこから言ってくれ」


リコ「くらえーー!!」ダンッ

パワポケ「なにい!!?」

ガキイン! ザザッ


パワポケ「ぬうう、凄い衝撃…」ビリビリ

ジュン「キャプテン!」

リコ「海賊だからね!勝手にあがらせてもらったよ!」

ジュン「このっ」シャッ

リコ「そんなナイフ当たるか!」キイン!

エンゼル「やっぱりこうきたなー!」

ハージバル「しょうがない…戦闘準備だー!」ダダッ


モッチー「早くしないとリコの部下たちもどんどん侵入してくるでやんすよ!」ダダッ

ミーナ「オーマイゴット!レンガ起キテクレマセン!泥酔中デス!」

レン「ういー……zz」ヒック


エドアード「邪魔にならない所においとけ!」

部下「ひゃーーはー!」ババッ


ユウキ「うわ来た!」

ウズキ「ぬん!」バキッ

部下「がふう!」

パワポケ「まてリコ!話はしないのか!?」

リコ「そんなの今はどうでもいいじゃーん、それよりも油断禁物だよ!」

ジャッ

パワポケ「うぐ!?」

ガキイン キイン!


ザザッ


リコ「あはは!今のを難なく防ぎきるのは流石だね!」

パワポケ「ぐぐ……速い…」


ジュン「えい!」 ガキイン

部下「うおお!?」ズバッ

エドアード「おらあ!」ガッ

ユウキ「だああ!」ズバッ


ワーワー! ギャー! ギャー!







ハージバル「うらあ!」バキッ
部下「んげっ」


ウズキ「どうやら総力はこちらが上ですね」

エンゼル「うん!あたしたちの方が強いね!」


ウズキ「これならば問題無いでしょう…………………しかし…キャプテンがピンチですね」

エンゼル「……リコさんは別格だからね…」



リコ「オラオラオラーーーー!」

パワポケ「このヤロッ!」

ギャギギギ ガキイン キイン

リコ「あははは、たのしーーー!」

パワポケ「俺は楽しくないーーーー!」

ギギギギ ガキン!


カンドリー「パワポケ!助太刀するぜ!」ダダッ


リコ「邪魔!」 ヒュッ


カンドリー「うわあああ!」ガキイン!

リコ「1対1に入ってくるな!」

パワポケ「よそ見したな!もらったああああ!!」ダンッ

リコ「うわっ!」

ズギャアアン!


パワポケ「ふう……」

リコ「………あれれ…あたしの剣が弾かれちゃったか…」

パワポケ「…………これで俺の勝ちか?」

リコ「………………………………」

パワポケ「おい、なんとか言えよ…」

リコ「……………うん!今回はあたしの負けだよ、潔く認めよう!」

パワポケ「ホントに潔いな…カンドリーが横入りしたから負けたようなものなのに」


カンドリー「………なんかごめん」

リコ「本当はこんな事してる場合じゃないからね、パワポケ達に用があって来たんだし」

パワポケ「お前さっきどうでもいいって言ったけどな…」



パワポケ「まあとにかく、落ち着いたなら部下達も鎮めてくれ」

リコ「あーはいはい、ちょっと待ってね」






リコ「お前たち!そこまで!戦闘終了!」ゴアッ


部下達「え……しかしお頭…」

リコ「いいからストップしな……………言うこと聞けない奴は……………………あれの刑だよ」キュピーン

部下達「イエッサー!!!!」ビシッ

リコ「ふう、これでよし」

パワポケ「………あれの刑って何だよ…」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年03月14日 (金) 00:32:38   ID: VbCjzxl8

パワポケ13裏SSとか俺得過ぎる!
更新楽しみにしてます!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom