承太郎「言っておくが、俺はマザコンだ」(28)

ジョセフ「……へ?」

ポルナレフ「ホーン……」

アブドゥル「な、何だと承太郎!?今、何と言った!!」



承太郎「もう一度言おう












俺はマザコンなんだと、言ったんだぜ……ッ!!」

アブドゥル「なっ、何だと!?」

承太郎「……どうしたアブドゥル?取り乱すなんてらしくねーぜ……?」

アブドゥル「あ、あぁ、すまない。急な告白だったもんでな。私とした事が、つい取り乱してしまった」

ポルナレフ「ま、いーんでないの?そんだけ母親思いならよ」

承太郎「……そうだな」フッ



ジョセフ「ふっ」

ジョセフ「ふっ、」

ジョセフ「ふざけるなよ承太郎ーーーーーっ!!?」

承太郎「どうしたジジイ。急に大声出してよ」

ジョセフ「十七の思春期真っ盛りの孫がいきなりマザコン宣言じゃぞ!?そりゃ動揺もするわい!!」

承太郎「……うるせーな。テメーはババコンだったじゃねーか?」

ジョセフ「うぐっ」

ポルナレフ「まあまあ、いいじゃねーかマザコンくらい。別に減るもんでもねーんだしよ」

ジョセフ「良くない!!」

アヴドゥル「しかし、承太郎、何故急に……」

承太郎「……こいつを見て欲しい」パサッ

ジョセフ「ん、これは?」

ポルナレフ「手紙だな~、誰からのだ?」


承太郎「……お袋からだ」

ポルナレフ「へえ~。息子思いなんだな」

承太郎「………」ギリッ



承太郎「……届け先をよく見てみろ!!」

ポルナレフ「ん?……花京院?」

承太郎「そうだ!花京院はこっそりと母親と文通していたのだ!!」

ジョセフ「ブフォッ」

アヴドゥル「ジョッ、ジョースタさん!?」

承太郎「それも、俺よりも三通多く貰ってやがるふざけやがって!!」

ポルナレフ「お前も貰ってるんかい!!」

承太郎「それに、そこが問題ではない。問題は中身の方なのだ!」

ポルナレフ「な、中身って……。お前、覗いたの?」

承太郎「……ああ、見させて貰ったぜ。バッチリとな……」

ジョセフ「ガフッ」

アヴドゥル「ジョースタさんっ!?」

承太郎「……読んでみな」

ポルナレフ「お、おう。え~、なになに、『いつもお手紙ありがとうございます。あなたの手紙にはいつも元気を頂いてます』
……普通の手紙じゃねーか」

承太郎「……次を読んでみろ」

ポルナレフ「えと、『今度、一度一緒に旅行できたら良いですね』」

承太郎「そうだ、奴は既にお泊まりデートの約束まで取り付けていたのだふざけやがって!!」

ジョセフ「」

承太郎「かくなる上は、まずdioより先に花京院の奴を始末しなきゃならねえ」

アヴドゥル「おいちょっと承太郎!?」

承太郎「お袋の貞操をまず守らなきゃならねえ」

ジョセフ「」

ポルナレフ「」

花京院「……誰を始末するんだって?」

承太郎「テメーだよ、花京院……!!」


花京院「……これは変な事を言うね承太郎。僕がホリィさんと文通する事がそんなに気に食わないのかい?」

承太郎「……うるせえ。テメーが俺より多く手紙を貰ってるのが気に食わねーんだよ!!」

花京院「……それは変な事を言うね。友達の母親と文通する事がそんなに変な事かい?」

承太郎「何故、その友達の母親とやらと手紙でデートの約束を取り付ける……!?」

花京院「……それは僕が彼女の事を、好きだから、かな」

承太郎「なん……」

ジョセフ「じゃと……?」

花京院「前にも言っただろう?僕は恋するならホリィさんみたいな人がいい、と。そう、僕はその時既に、彼女に恋していたんだよ!!」バァーーーーンッッッ!!!

ジョセフ「なっ、なんじゃとォォォォォォォォォォ!!?」

アヴドゥル「ま、待て花京院!?君とホリィさんとでは親子ほど歳の差が!!」

花京院「愛に年齢なぞ関係ないィッッッッッッ!!」

承太郎「テメェ、ふざけるなよ花京院!!」

花京院「ふざけるてなんかないさ……」

承太郎「…………」ギリッ

花京院「……お義父さんと呼んでくれても構わないよ?」


承太郎「……ふざけるな、お袋は……





俺の女だァーーーーーーーーーーッ!!」ドォーーーーーーンッ!!」

ジョセフ「nooooooooooo!!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom