【Fate】無人の戦場で聖杯戦争が行われる様です4【安価】 (1000)

無人の戦場にて行われる七人の英雄――そして七人の魔術師による聖杯戦争。

今日も何処かで戦いの火蓋が切って落とされる。



・もう何人先達者が居るか判りませんが、Fateの聖杯戦争安価スレです。
>>1はFateをPC版しかやった事がありません。
>>1は安価、AAスレを立てた事自体今回が初めてです。恐らく行き当たりばったりになるかと思いますが御了承下さい。
・色々拙いなりに頑張りますのでよろしくお願いします。
・使えそうな、原作にこんな設定がある等を教えて頂けると助かります。
・更新は不定期、稀によく現れる感じになるかと。
・鯖鱒はこちらに送って下さい。muzinfate@yahoo.co.jp

・使い難い、チート過ぎる鯖鱒は(主人公によりますが、)使用されないかもしれません。
・後概念系統の鯖も使用されない可能性があります

【過去スレ】
【1】
【Fate】無人の戦場で聖杯戦争が行われる様です【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402296187/l50)

【2】
【Fate】無人の戦場で聖杯戦争が行われる様です2【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402562864/)

【3】
【Fate】無人の戦場で聖杯戦争が行われる様です3【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402840488/)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403118428

【使用するマップ】

                ┌──┐
                    │ 10 │
                    └┬─┘
                      |
     ┌ - - - - - - -..| ̄3. ̄|_______________
     i     ┌ - - -┴┬─┴ - ┐ ┌┴┐
   ┌┤     i     :┌┤   ┌┤ │ 2 │
..   |.4| ┌─┤     . |.8|  ┌.┤│ ├─┤
   ├┘ | .7 │   ..└┤   i  |.9|  i   .i
.     i   ├─┼ - - - -. i -.┘.└┤  i   .i
.    i   i   i     .┌┴┐     .i  i   .i
.    i   i   └.<<.---|__6__| ._____ i ____i   i
.    i   i             i .i  └.-┐  i
.    i   └ - - - - -.┬─┴┤    ├─┤
.    i    ┌──┬-|_5__|       .|__1__|
.    i__________|.キャンプ|____________________________i
             ̄ ̄ ̄

キャンプ…全陣営の休憩場。この場では戦闘を行ってはならないが、戦闘を申し立てる事は出来、それに断ってはならない。HP回復+20。
1、2、4 平地 特に影響なし。
3、9 密林 隠れるのに適し、宝具回避を行える。その場合敏捷or幸運でコンマ判定を行う。
5 高台 キャンプに居る陣営の様子を窺える。休息時にキャンプに居る陣営のステータス情報を入手できる。
      また、アーチャーはエリア移動を行わずにキャンプに居る陣営に奇襲コマンドを行える。
6 高台2 7に居る陣営を窺える。休息時に7に居る陣営ステータス情報を入手できる。
      また、アーチャーはエリア移動を行わず7に居る陣営に奇襲コマンドを行える。
7、8 洞窟 空を飛ぶ系統の宝具を使用出来ない。HP回復+10
10…霊脈地。MP回復+30。
5→1…ダメージ判定
6→7…基本一方通行、及びダメージ判定

【メタ的設定】

令呪を授けられた人物は魔術協会に申し立てを行う事により、この無人の場の聖杯戦争に参加できる。
基本的にこの密林から出る事は出来ない。出る事が出来るのは聖杯戦争終了後。
人はマスター以外居ないので魂食いは出来ない。
脱落したマスターはキャンプに居る限り監督者に保護される。キャンプで戦闘が起こりそうな場合、強制的に1に移動させられる。

【考えている設定】
とある聖杯戦争で手段を択ばないマスター達による魂食いの為に、大量の一般人が被害にあった。
魔術協会によって隠蔽は為されたが、一般社会に及ぼした影響は小さくは無かった。
その反省により、その後の聖杯戦争は無人の場所を選び行われる事となった。という設定。
いざ矛盾が起こったら、そういう世界観なりで(

それっぽければ良いという事でお願いします。

【鱒ステ表】

主人公作成、及び送る鱒の参考にして下さい。


【身体】
主に身体を使いそうな判定の時に使用するよ

1 病弱
23 ニート
45 一般人
67 全国大会出場レベル
89 世界大会出場レベル
0 超人

【精神】
主に行動、精神的な判定の時に使用するよ

1 表にも出たく無い
23 ヘタレ
45 普通
67 気が強い
89 肝っ玉が据わっている
0 精神異常者

【魔力量】
主に魔力量に使用するよ

1  少ない   30
23 少し少なめ 50~70
45 普通  90~110
67 少し多め  130~150
89 多い     170~190
0  大量    250

【実力】
どれだけ強力な魔術を使用出来るかの指標にするよ
魔術の成功率にも影響するよ

1 まず使えない
23 例えるならメラ位なら使える
45 メラミ位なら使える
67 メラゾーマ位なら使える
89 メラガイアー位なら使える
0 マダンテ

【一日の行動】
一日に三回行動できる。朝、昼、夜に一回行動となる感じ。

・礼装作成 魔力を消費して礼装をコンマ判定で一つ作成する。
・情報収集 安価で場所を指定して情報収集をする。成功率は鯖の敏捷+幸運で判定予定。
・工房作成 魔力を消費してその場所の魔力回復、HP回復をそれぞれ+10する。一か所に付き三回まで。
・奇襲 安価で場所を指定して、他の陣営が居た場合奇襲が出来る。
・移動 場所を移動できる。他の陣営が居た場合場合、戦闘、またはコミュニケーションが出来る。
・休息 その場に留まって休む。魔力を消費しない。HP、魔力を+20+その場の効果分回復する。
・採取 木の棒等を採取できる。採取した者は礼装作成等で使用可能。

基本休息以外の行動を行うとそれに伴った魔力を消費します。
消費の割合としては
礼装作成、攻防作成>奇襲>情報収集>移動、採取>休息
を想定しています。

【戦闘】
※試行錯誤中です
今の所(コンマ×10+優位)÷2です

流れとしては
敏捷が高い方の攻撃に関する判定→(どちらか宝具を使う)→敏捷が低い方の攻撃に関する判定→(どちらかが宝具を使う)→最初に戻る
という感じになる予定です。

戦闘には鯖のステータスの優劣が関係します。

例えば

セイバー【筋】:A(50)    【耐】:B(40)    【敏】:B(40)    【魔】:A(50)     【幸運】:A+(60)
ランサー【筋】:B(40)    【耐】:C(30)    【敏】:A(50)    【魔】:C(30)     【幸運】:E(10) 
の二人が戦闘を行う場合、


筋力はセイバーに+1の優位
耐久はセイバーに+1の優位
敏捷はランサーに+1の優位
魔力はセイバーに+2の優位
幸運はセイバーに+5の優位
が付きます。

優位は攻撃のコンマで出た攻撃力、防御のコンマで出た防御力に加算されます。
戦闘では、まず競う対象となるステータス判定を行います。判定は

【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90

となります。

その次に攻撃側のコンマ判定、防御側のコンマ判定を行います。0で攻撃側はクリティカル、防御側はカウンターとして扱います。
その後の処理でダメージ量が決まります。
なお攻撃力、防御力ともにコンマ×5で算出されます。
戦闘中撤退を行う場合、敏捷の値の確率で成功します。

【マスター対マスターの戦闘】【仮仕様】

【身体VS身体】
攻撃力算出は(身体能力+コンマ数値)で(昴でコンマ5の場合、(10+5)で15)
0でカウンター、ダメージ受けずに相手の攻撃力をプラスして相手にダメージ



【身体VS実力】

【身体側】
(身体能力+コンマ数値)で相手にダメージ
0でクリティカル、身体能力+15のダメージ。
任意で魔力5消費して実力分ダメージを軽減する。

【実力側】
魔力5を消費して(実力+コンマ数値)で相手にダメージ。
自分の受けるダメージを実力値分軽減する。
0でクリティカル、実力+15のダメージ。


【全ての場合に適用】
身体能力×10の体力、体力が5割まで減ると気絶判定、体力が2割で確定気絶
両方攻撃判定を行う

判定時両方0を出した場合ダメージ無し

体力が5割まで減るとターン毎に精神値で判定(精神8のクリュサオルは20%、精神0(10)の昴は0%で気絶)
体力が2割まで減ると確定気絶 (精神0(10)でも気絶)

気絶させたら勝ちみたいな
気絶した後も気絶してない方は攻撃出来て、相手の体力0にしたら死亡

【サーヴァントテンプレ】(来歴ないけど付けても良し、有ればあるでキャラ掴めるし、無いなら想像が出来る)

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
【真名】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:                  【属性】:                  
┣━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┫
   【筋】:         【耐】:            【敏】:          【魔】:          【幸運】:         【宝具】:   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 AAキャラ名(作品名)     
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
 ◆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
 ◆
 ◆
 ◆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】
 ◆

┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
 
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
 
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【行動指針】
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【マスターテンプレ】

┣━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【名前】:                  【属性】:                 
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━┫  
 【身体】:     【精神】:     【魔力】:     【実力】:       
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━┫


AAキャラ名(作品名)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】

  ◆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】考えるのが難しい場合書かなくてもOK、その場合コンマや安価で決めます。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】同上
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

          /::::::::::::::::::::::::::::::::\::\::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽ:::::::::::::::::ヽ

          {:::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::;ィゝ-、シ:::::::::::::::::::::.
          /:::::::/:::::::::::::{:::::::::::/- ´ {::::::::::::::::、::::::::::::::::'.
        (/::::/::::::::::::::人:::::/     \:::::::::::∨::::::}::::::}  皆の見る目が痛いです!
          |:::::|::::::::/:::/-}八{  丶、_ ヽ::::::/:::::::::|::::::
          |:::::|:::::/|ノテ==ミ、\  ,==-二レj:/::::::::::/::::::'
         }:::::|:/:::{` 辷rタヽ、   /辷rタ》/::::::::::/:::::::{
       ノ:::::::'、::::ト、           ノ/:::::/:::::::::::、
      イ//:::::::::\ミ-    、     -彡::/::::::/}从八
        ハ::/Vト、::::::ヽ     _       /::::::/:ノ:::ノ:) `
        八:::ヽ::\:::}、    (_>    {:/:::/:::::::::ノ'´
          人('\ハ从>、   ー   .イ(::/イ/´
               イ |}>-- ´  {/{∧
               / ′ |,\___/ /  l\
        _   '"  /  | 〃}{ヾ、  '  |  ` 、
      /        |   l 《_,仆、》 /    !     \
    /        | _|___〃l|  /    /          、
.    /           |厶'´     ヽ〈    /          \
   i    |     くメ         \ /   |          、
   |     |/     /          \  |    /     }


【キャスターの第五攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 キャスターの攻撃
↓3 ランサーの防御

【駄目だな、人が居なくて勝負が付きそうにもない】
【この処理のみコンマ参加】

【って何故こう書いてから来てるのだ】

クリティカルのカウンターだ
当たればキャスターは死ぬ

【舞踏判定コンマ直下】
7以下で攻撃回避 0は10



【キャスター、もういい、休め・・・】

さらにランサー攻撃の
【舞踏判定コンマ直下】
7以下で攻撃回避 0は10

【全くその通りなんだ、けど逆にこのスキル無ければ本当に戦闘能力無いんだよなこのキャスター】

                 /:/::/:::::::(二⑧ヨ、:::::::ヽ::::、::::ヽ:::::..

                    /::::/::::/:::/:::::::::::::::::l::::::::ヽ::::::::、::;::::::';::::::.
                 /:l::::l:::::::::/:::::::;:::/::::人:::::::::l:::::::::l::::l:::::::';:::::::....     ノ
                  l/|::∧:::::::::::l:::::l/:/ _≧::::l:::::::::l::::l:::::::::ゝ::::::::ミ=彡
                  l{ |/::::〉、::从::::l::レ'´ __リヘ:::::::l:::/::∧::「:::::::::::::::ヾ、
              、_У:::/:l:::「::レヘ::(  ィ仡リア  Y:::::/::/|:::リ:::::::::::::::::::l ヽ
                >彡レヘ∧l'´_≧`  `¨´   /:::ムイ::l::::::::::::::::::::::::::l ノ
             、_ .イ:/l::::::::::::::::∧仡)      /イ::/::::::'::::::::::::::::::::::/
                 レ゙ l::::∧:::::/::∧ `       /:/l::::/:::::::::::::::::::::/
       _ --- 、   ヘ( ヘ::ト、::::::':、 っ      乂ムイ:::/¨\八(
  _ -‐ ´                 ,。ヘ!=,)ハへ    ,. イ / /   /
              /      /        ><升t<゙ /   /
                   /      /  / V V/   /_入
           /      _/   ' / ,:'   /  |/   /´   iヽ
          「      //   l/   /    /__∠二ニ∠、     j  \
          ヽノ __  _/ /   /  /   >'´  ー――‐<    ,. '     \
         ヽ」  ヾ l    V  ,/ > ´    二ニニ⊃  /      ゙:.
      -‐=¨、_  ヽ    / > ´      __二ニ⊃  イ         l
              ゝ > ´    ,。=-‐ /   , '´   ;′       ;
   ̄ >――――> ´     ,. <   / ,. '´      /        /
  /  /  > ´        , ´/   /,. '´      ; /      _/
         /        //二¨ ゙ <          ; l /   _ / /
       /          /:::/二二    `  、     l レ  /     ∧
        l     ,. イ::: ⊂二二_      \     l厶イ      / ;  ,. -―
    /  '弋_,. ‐彡'::::/   /::::::::: ̄二ヽ、   \  」  ,. -―‐ァ'´ 厶イ
    /      /:::/   /:::\:::::::::::::::::::::::\    \|/   '´  ノ  ヽ

【キャスターの第五攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 キャスターの攻撃
↓3 ランサーの防御

【略 槍に10ダメージ(残り60)】


           "¨~ヽ≠
        /       ',
       /          ',
.      イ            }
.     |ハ   i / Ⅳ彡≠ /    いい加減決着つかんのかこの戦いは
       } ノ!|_/,.|!|、___ .}リト 、
       Ⅳ}‐tッ‐|!| ‐tッ‐ fノ  \
     /  从  !    / }\  \
.    /  / |\==ぅ/ ,’  \  ∧
    / {/   |/{`¨ }\/  ;  ヽ
           }≠{     i   ,’   i
   ;  .',     {  |      ',      ;
      ∨   | .!        V
.  i    ',  |  !      |      ',
  {        !  |      |      }
   ~¨'' ‐─}.   |   |       ¨''ー─-‐''¨
.    |   }  |  ¦        |   |
.    }   |   |   !          !   l
    i   .|   |   |           |   |
【舞踏判定コンマ直下】

7以下で攻撃回避 0は10


【当たった】

     f又アハ
     `弋夂入
       `マヘ、

         `マヘ、
           `マヘ、
             `マヘ、
               `マヘ、
                 `マヘ、
                   `マヘ、
                     `マヘ、
                       `マヘ、
                         `マヘ、
                           `マヘ、
                             `マヘ、
                               `マヘ、
                                 `マヘ、
                                   `マヘ、
                                     `マヘ、
                                       `マヘ、
                                         `マヘ、
                                           `マヘ、
                                             `Y´尖ノト、_
                                              ∨刃牟ノト、_  これが最後の攻撃だ!(予定)

                                                    `弋マ勿ノト、_
                                                    `弋マ勿ノト、_ 
                                                      `"マ勿ノト、_
                                                      `ヾ勿ム、_

                                                          `ヾル、


【ランサーの第六攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 ランサーの攻撃
↓3 キャスターの防御

【耐久】
【槍 25】
【魔 40】
【魔に10ダメージ (残り30)】

           /: : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : :\
          /: : : : : : : : : : : : : : : :(にl´: `ヨ : : : : : : : : : :ヽ
         . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゝ<: : : : : : : : : : : : l
        /: : : : : / : : : : : : : : : : : : : : 人: : : :ヽ: : : : : : : : : :|

          {: : : : : :l: : : : : :l: : : : : : : : : :′ ヽ: : : : : : : : : : : : : :.
         V: : |: : |: : : : : :|: : : : : : :/    \: : : : :l: : : : : : : i
         V: :!: :/ : : : : A: : : : /  `ー─-- ヽ:} : |: : : : : : : :.  当たらなければどうという事はありません
         い!:/: : : :/ ヽ: :N     r‐   ノ'l :イ : : : : : : : ヽ
         l: :イ : : イ ネT示ミゝ     イr示不、リ ; : : : : : : : : :ミ=-
        ノ:/ |: :/: ',   ゞニツ       ゞニツ  /: : : : : : : : : : ヽ
          /: : レ: : : ゝxxx         xxx  ノイ: : : : : : : : : :l: |
        /:/ : : : :\: :≧     !}       /: : : : : : : : : : : :ハ:i
        l:ハ: : : : : : : :ヽ      `       /': : : : : : : : : : :ノ リ
        ′ヽ|\: : : : : \    ー ‐     , ル: : : 人:ハイ/
            ノ'ヽハ从: : ヽ         イ: :ハ: :/
                ヽ'│ `  __ <   !ヽ ノ'
                / ト       ノ! ハ

               /  j `=== ´  l  ヽ
              _ /   |   / ∧ヽ    ′   \_
   --──── ´  /     !   いハ 〉  /    /   ` ─-



【キャスターの第五攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 キャスターの攻撃
↓3 ランサーの防御

【耐久】
【魔 30】
【槍 20】
【槍に10ダメージ(残り50)】

【撤退する?(直感復活するけど)】安価↓

【撤退しない】

【舞踏判定コンマ直下】
7以下で攻撃回避 0は10


             _.,、ィヽ--...、
         _.,.、.:<:::::::::::::::::::::::}、

           /:::::::::::::::::/::::/!::/:::ヘ
.         l::::::::ノ::///~//ハ:::::ヽ  はよ決着付けろ!
          !:γこリ i/` ̄7/ヾー〈リヽ!
         V{ に  u ___  ' 〉
          ∨ゝ,   /こ二ニ7 /
.            ∨ ヽ L ___/ / ,r────,=,───────‐┬ 、
.           /` \    ___ ノ |l| lilililililil  i;;;;;!              /   ヽ
    ,、r< ̄´\    ヽ、/、     |l| [ニニ]  !;;;;l             /、     ヽ
  /   ヘ   ヽ   ∧j!、   ヾ====ヾ_ヽ          /:ノ        /
  ! ;    \   \/∨∧`>、/´ ̄ ̄____) `  、 _      /'         /
  l       ヽ   /:::j    /    ___ ノ      ` `  _/.        /
  l        !  /:::/ !。 丿    ___ノ           `ヽ      /
  l          ヘ/::::/ ! /     __ ノ                `ヽ、_/
  l     / ̄ゝ:::::://     ,--く
  ! ___ /   _ヽ/     / |  ヽ

  く  ヘ             イ   !   〉
   `>:ヘ         /l ol   l  /
  /:::::::::::ヽ      /   l l   |/
 /::::::::::::::/ ヽ__ /    ヽ ヽ.  l |
./::::::::::/j            ヽoヽヘj
|:::::::::/ /        /   ノ ノ  〉
::::::::/  \_///  /   〉 〉 ノ l
::::::/    }二二}{二二}{二[二二]ニ{ l
:/     ノ:::::::/:::::::::}::::::::::::::::ヾ;;;;;{ヘ l
      /::::/::::::::::::::|:::::::::::::::::::〈::::::!::| ¦
.    /::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::|:::::|::| !
.    ,':::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::!:::::!::', j
   l:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|:::::l::::',

   l:::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::::::::::::::j::::::::::::',
   l:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::∠:::::::::;::::!
   l::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::/::::::::::::::i::::l
   l::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::;':::::::::::::::l:::::l
   l:::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::i:::::::::::::::l::::::l
   l::::::::::::::::::::::::::;'::::::::::::::::j::::::::::::::l::::::l
【キャスターの第七攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 キャスターの攻撃
↓3 ランサーの防御

【略 槍10ダメージ(残り40)】

【撤退する?(直感は復活)】安価↓1

【撤退する方法】安価↓
1:宝具
2:敏捷

【宝具】
【行先はキャンプ?】安価↓
1:はい
2:いいえ

【よし、ここで一旦終了だ】
【眠い】

【次は20日朝のキャンプ、昴の魔力0のランサーHP40から】

これは酷い
終わったらもうちょいシステム練り直した方がいいんじゃないか

【後から来る人の為に状況説明】

 ◆舞踏:A++  (分類:任意 タイプ:常時)
神技にまで昇華された踊りの技術。
格闘技とは似て非なる類稀な体捌き。
戦闘時、敵サーヴァントからのダメージ判定を判定で無効化する。
【効果:ダメージ判定時に30%のコンマ判定を行い、ダメージを回避出来る】

◆陣地作成:D  (分類:任意 タイプ:常時)
魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
本来が踊り子であるキャスターは、自らの踊り場を作成する事でスキル:舞踏の効果を高める事が出来る。
【効果:陣地作成の度、その地のMP回復を10上げる】
【効果:その地にスキル◆舞踏のコンマ判定に+補正を与える効果を付与する。】

により70%で攻撃が当たらない

また当って倒せそうになっても直感で30%の確率で倒せない
 ◆神性:C  (分類:常時 タイプ:常時)
神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
アマノウズメは日本最古の踊り子であり、芸能の女神でもある為高ランクの神性を持つ。
同ランクの魅了と直感を併せ持つ複合スキル。
【効果:同ランクの魅了と直感を得る】
【魅了:同じ男性に一度だけ使用できる。30%の確率で状態魅了にする。】
【状態異常「魅了」:相手の筋力を4ランク下げる。】
【直感:同戦闘中一回だけ使用でき、30%の確率で死に至る攻撃を回避する。】

【槍魔優位判定】

筋力 ランサー+8
耐久 ランサー+3
敏捷 ランサー+6
魔力 ランサー+2
幸運 ランサー+2

以上

キャスターを倒す事が出来るのか
主人公である昴は聖杯戦争の覇者となれるのか
それは、君のコンマにかかっている!

【寝ます、お休みです】

>>48
そうだね、考えるよ
もっともシステムを編み出せる頭じゃないかもしれんが

【では今度こそおやすみ】

出先から
取り敢えず18時30分位に始める予定
遅くなったりしなければ


攻撃と攻撃で押し負けた方がダメージを採用しようと考えたが、まず前提条件として
・1対多数の時に1側がそのままの能力で全体攻撃を行わない様にしなければならない
というのがあると思う

だったらこんなのはどうだろう
・1対多数の場合、1側の全能力の優位を多数の側の(人数-1)分下げる

ただこの場合悩むのは2対3とかの場合、どう処理したものかと
2側の筋力、耐久、敏捷辺りの優位を下げる位が良いのだろうか

考えが纏まらないけど、取り敢えず意見求む

よし、何とか18時30分位の範囲に収まる時間に始められるか
始めるよ

【人居るか判らないけど取り敢えず投票制】

       , イ:.:.:.:.,:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
     ,イ:.://:.:.:.:.:.:.:.:/:`ヽ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

      〃  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.',
    /  /:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.}
      .,':.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:/!:.:|:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽヽ:.:.:!:.:.:',:.:.:.:i
      i:.:.:〃:.:.:./:./:.:!:.:.:/:.:/ ',:.:!:.:.:.:.:.:.i:.:.:.ヽ:ヽ:.|:.:.:.:i:.:.:!
      |:.:/{:.:.:.:.i:.:i:.:.:i:,┼|---卞|:.:.:.:.:.:|--┼‐--|、:.:.|:./  中々終わらないね
      |/ !:.:.:.:|:.|:.:.:.:|:./,z云≧、:!∨:.:.:.!,イ芋≠、|:.:.:.:|
      |  |:.:.:.:.:リ|:.:.:.:|:.《 ,'::::::::} ヾ、∨:,' {:::::::::i 〃',:.:.:!
        !:.:.:.:.} !:.:.:|:リ  辷zシ   }j   辷zシ ´ /∨|
        ∨:.:.| |:.:|:.!:ヘ       ,        /:./ i:|
.         ∨:.| .!:!:.{',:人     __      /:./、 .リ
.           Ⅵ  ヾ、ヽ:.:ゝ          イ:.:/ヾ、
            ,、r ´ヽヽ.>     < /:/:::::`ヽ、

        ,、r::::´:::::::::::/: :ヾ、\ ≧≦/ // |::::::::::::::`ヽ、

     ,、r ´:::::::::::::::::::::::::i: : : |   ゝ-/、   /: : |::::::::::::::::::::::`ヽ、
    {::\::::::::::::::::::::::::::::::::| : : :|  /ヽ≠/∨ !: : : !:::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
   i::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::|: : : : ! / /≠、 ヽ|: : : |::::::::::::::::::::::::::::/:::::::i
   i::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::|: : : : ヾ ヽ∧ /  !: : : |:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::|
   |::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::|: : : : : ',     / : : : :|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|

【一日の行動】【二十日目】【現在:朝】【現地:キャンプ】 先に二票
一日に三回行動できる。 (現在昴の魔力:0 HP100)(ランサーのHP40、魔力200)

1:礼装作成 魔力を消費して礼装をコンマ判定で一つ作成する。 マスターの魔力20消費。
2:情報収集 安価で場所を指定して情報収集をする。成功率は鯖の敏捷+幸運で判定予定。 コスト分消費で今回は5.
3:工房作成 魔力を消費してその場所の魔力回復、HP回復をそれぞれ+10する。一か所に付き三回まで。 マスターの魔力20消費。
4:移動 場所を移動できる。他の陣営が居た場合場合、戦闘、またはコミュニケーションが出来る。 マスターの魔力5消費。
5:休息 その場に留まって休む。魔力を消費しない。HP、魔力を+20+その場の効果分回復する。 またサーヴァント等との会話が出来る
6:採取 木の棒等を採取できる。採取した者は礼装作成等で使用可能。 マスターの魔力5消費。

【休息】
【昴の魔力が20に】【ランサーのHPが80になった】

                 //
                 i:.:i
        ―― 、  |:.:.| ,  ――――  、
           _\:.ヽ:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.; ―、:.:.:.:.:.:.`ヽ、

       , イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ

   /:.:. ―/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:',
  / ´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:i
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.}
    /:.:.:. /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:i

    /:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:/!:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.}
   i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:⊥:.:./!:.:i |:.:.:.:.:.:. |ヽ:.:.:|ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:.|、:.:',i
   |:.:.:.:/|:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:´:.|:.:/`ヽ廴 !:.:.:.:.:.: ! i斗丁|´:.:.:|:.:.:.|:.\',
   |:.:./ |:.:.:.:|:.:.:!:.:.:.:.:/|,イう≧、 ',:.:.:.:.:.:| ,イテ芋圷、:.|:.:.:.|:.、ヽ\

   |:./.  !:.:.:.:!:.∧:.:.:./ヽ {::::::::ら  \:.:.:.| {:::::: ら /:.!、:.:.l:.ヽ\
   リ   ',:.:.:.:|/:.:.|:.:.,'   辷zシ    \|  辷zシ  リ:.',:. |:.:.:\
         i:.:.:{||:.:.:!:.:i.∧            \     /:/ヽ| `―‐
       !:.:.| !:.:|:.|:. ∧       j         /|/:.! |  何で貴方の槍は当たらないのよ、ランサー
         .',:.:|  |:.|リ }:.:.:ヘ      ―     イ:.:.|:.:.:{
        .リ  リ /:./|:.:.:.:>.         <:.,、:.| `ヾ、
            /  |/}/ヽ:| > _  <.|:.:./ヾ、`
                  /. /  /、      /|
                r/  `ヽ _r‐ ´  l‐、
               /: :!   / ヽ   /:ヽ、

              ,、r ´ i: : ',  //⌒ヽ、  /: : :|:::::`ヽ、
        ,、 r::´:::::::::::::|: : : iヽ/ ヽ__/ ヽ/: : : :|::::::::::::::`ヽ、
     ,、r::´:::::::::::::::::::::::::: |: : : :|  /  ヽ / : : : :|::::::::::::::::::::::::`ヽ、



                                  ,.',
                            ,.'::/

                              /::/
                           /、/
                          ミソ

                             //
                         //
                          ,イタ     私のせいですか!?
                       ,イタ
                           ,イタ
                         ,イタ
                      ,イタ
                   ,イタ

                     ,イタ
                   ,イタ
                     ,イタ
                  ,イタ
                ,イタ
                   ,イタ
                 ,イタ
              ,イタ
            ,イタ
.            ,イタ
            ,イタ
         ,〈タ

          //
.          //
.       //
      〃

       ′


【一日の行動】【二十日目】【現在:昼】【現地:キャンプ】 先に二票
一日に三回行動できる。 (現在昴の魔力:20 HP100)(ランサーのHP80、魔力200)

1:礼装作成 魔力を消費して礼装をコンマ判定で一つ作成する。 マスターの魔力20消費。
2:情報収集 安価で場所を指定して情報収集をする。成功率は鯖の敏捷+幸運で判定予定。 コスト分消費で今回は5.
3:工房作成 魔力を消費してその場所の魔力回復、HP回復をそれぞれ+10する。一か所に付き三回まで。 マスターの魔力20消費。
4:移動 場所を移動できる。他の陣営が居た場合場合、戦闘、またはコミュニケーションが出来る。 マスターの魔力5消費。
5:休息 その場に留まって休む。魔力を消費しない。HP、魔力を+20+その場の効果分回復する。 またサーヴァント等との会話が出来る
6:採取 木の棒等を採取できる。採取した者は礼装作成等で使用可能。 マスターの魔力5消費。

【工房作成】
【この地の回復量がHP+30 魔力+10になりました】

                   /
                 /{     __
                   ヽヘ. zヘ´ / \ `丶、
                   x-‐ /         \   \
                  // /  , l   、   \  ハ
               / .〃 /   ハ. |  ヽ  \ \  }
                レ'/  l  / l __V\  ト,.斗- 、 \!
                  l i| | ィ'´|__ ヽ. ヽ l xzュ、ヽ`}  ヽ  準備を整えてキャスターを倒しましょう
                  | l| | |γて仆 \. | 什r} }Ⅵ ト、ヘ
                  | λ !. ト、 乞.リ   j 辷リ fヽ リハ`
               '′∨l ヘ.  ̄   '     λ仆      ・・・まず攻撃を当てなくてはどうにもならないけど
                 ヽl 、ヘ    v‐┐  人以
                       从> 、 ー' .ィ' ハ|ヾ
.        z_-┐           人-`ニ´Zト、′
      / -、λ     _,. -‐ :´/ ト`l-l´ イ ト`: . 、
     /  __ヽィノ  r‐: ´ : : : : //  | /ハヘ | ', :ヽ : `丶、
.    /   ノ ィ`′ ハ: : : : : :〈: :/  | /7ヘ. リ  〉: : : : : : : : :`ヽ
   ,ィl_-_'_ェイ    /: : ', : ; : : : : ヽ   !` ` / / : : : : : : : : / : |
 ∠ ⊥ -‐ '´|   /: : : ハ ;' : : : : : : ヽ f'⌒ / / : : : : : : : l /.: : :|

 |        |  r': :´ : : λ` ‐- _: : :ヾ  //: : : :_ : -}'.:.: : :.|
 |    _,.. ィ」 r'´ : : :/ |     / ヽ/ \ ̄___  λ.: : : :|
 L二´ -‐ '´ト'-‐ '  ̄   ! ...     \ { / └─┘ j l.: : : :|
.   |      |      /l ::::....      \!     ..::::  ,'  !.:. :.:|


【一日の行動】【二十日目】【現在:夜】【現地:キャンプ】 先に二票
一日に三回行動できる。 (現在昴の魔力:0 HP100)(ランサーのHP80、魔力200)

1:礼装作成 魔力を消費して礼装をコンマ判定で一つ作成する。 マスターの魔力20消費。
2:情報収集 安価で場所を指定して情報収集をする。成功率は鯖の敏捷+幸運で判定予定。 コスト分消費で今回は5.
3:工房作成 魔力を消費してその場所の魔力回復、HP回復をそれぞれ+10する。一か所に付き三回まで。 マスターの魔力20消費。
4:移動 場所を移動できる。他の陣営が居た場合場合、戦闘、またはコミュニケーションが出来る。 マスターの魔力5消費。
5:休息 その場に留まって休む。魔力を消費しない。HP、魔力を+20+その場の効果分回復する。 またサーヴァント等との会話が出来る
6:採取 木の棒等を採取できる。採取した者は礼装作成等で使用可能。 マスターの魔力5消費。

【休息、エリア5までの行動をまいても良かろうか・・・】
【休息】
【昴の魔力が全快になりました】【ランサーのHPが全快になりました】

       , イ:.:.:.:.,:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
     ,イ:.://:.:.:.:.:.:.:.:/:`ヽ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

      〃  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.',
    /  /:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.}
      .,':.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:/!:.:|:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽヽ:.:.:!:.:.:',:.:.:.:i
      i:.:.:〃:.:.:./:./:.:!:.:.:/:.:/ ',:.:!:.:.:.:.:.:.i:.:.:.ヽ:ヽ:.|:.:.:.:i:.:.:!
      |:.:/{:.:.:.:.i:.:i:.:.:i:,┼|---卞|:.:.:.:.:.:|--┼‐--|、:.:.|:./
      |/ !:.:.:.:|:.|:.:.:.:|:./,z云≧、:!∨:.:.:.!,イ芋≠、|:.:.:.:|
      |  |:.:.:.:.:リ|:.:.:.:|:.《 ,'::::::::} ヾ、∨:,' {:::::::::i 〃',:.:.:!
        !:.:.:.:.} !:.:.:|:リ  辷zシ   }j   辷zシ ´ /∨|
        ∨:.:.| |:.:|:.!:ヘ       ,        /:./ i:|
.         ∨:.| .!:!:.{',:人     __      /:./、 .リ
.           Ⅵ  ヾ、ヽ:.:ゝ          イ:.:/ヾ、
            ,、r ´ヽヽ.>     < /:/:::::`ヽ、

        ,、r::::´:::::::::::/: :ヾ、\ ≧≦/ // |::::::::::::::`ヽ、

     ,、r ´:::::::::::::::::::::::::i: : : |   ゝ-/、   /: : |::::::::::::::::::::::`ヽ、
    {::\::::::::::::::::::::::::::::::::| : : :|  /ヽ≠/∨ !: : : !:::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
   i::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::|: : : : ! / /≠、 ヽ|: : : |::::::::::::::::::::::::::::/:::::::i
   i::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::|: : : : ヾ ヽ∧ /  !: : : |:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::|
   |::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::|: : : : : ',     / : : : :|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|



【一日の行動】【二十一日目】【現在:朝】【現地:キャンプ】 先に二票
一日に三回行動できる。 (現在昴の魔力:30 HP100)(ランサーのHP100、魔力200)

1:礼装作成 魔力を消費して礼装をコンマ判定で一つ作成する。 マスターの魔力20消費。
2:情報収集 安価で場所を指定して情報収集をする。成功率は鯖の敏捷+幸運で判定予定。 コスト分消費で今回は5.
3:工房作成 魔力を消費してその場所の魔力回復、HP回復をそれぞれ+10する。一か所に付き三回まで。 マスターの魔力20消費。
4:移動 場所を移動できる。他の陣営が居た場合場合、戦闘、またはコミュニケーションが出来る。 マスターの魔力5消費。
5:休息 その場に留まって休む。魔力を消費しない。HP、魔力を+20+その場の効果分回復する。 またサーヴァント等との会話が出来る
6:採取 木の棒等を採取できる。採取した者は礼装作成等で使用可能。 マスターの魔力5消費。



勝ち確なら正直カットしても良い気がしてきた

4:移動
まいてもいいでしょ

>>78
無い訳では無いんだよな…正直カットして良いレベルだと思うけど
カウンターからのクリティカル

【移動先はエリア5?】先に二票
1:はい
2:いいえ

>>79
おk、これから撤退した後まきます

【エリア5】

           "¨~ヽ≠
        /       ',
       /          ',
.      イ            }
.     |ハ   i / Ⅳ彡≠ /    何だかすまんな
       } ノ!|_/,.|!|、___ .}リト 、
       Ⅳ}‐tッ‐|!| ‐tッ‐ fノ  \
     /  从  !    / }\  \
.    /  / |\==ぅ/ ,’  \  ∧
    / {/   |/{`¨ }\/  ;  ヽ
           }≠{     i   ,’   i
   ;  .',     {  |      ',      ;
      ∨   | .!        V
.  i    ',  |  !      |      ',
  {        !  |      |      }
   ~¨'' ‐─}.   |   |       ¨''ー─-‐''¨
.    |   }  |  ¦        |   |
.    }   |   |   !          !   l
    i   .|   |   |           |   |

【戦闘を開始します】

        /:.:.:.:.:.ァハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:!

          /:.:.:.:.:.// !:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.\:|
       /:.:.:.:.:.,' ,′ レv':.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.\`:.|
       ./:..:.:.;.:イ|| ,' |:.:.:.:.://:/:.:.:.:.:.:.:/|:.:.|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.`<
     ∠:. イ |:.:.| l  |  !:.\:/:/:.:.:.:.:./ /:./!:.:.ト、:.!:.:.:.:.:.:.|:.:.:.>、:ゝ
.          |:.|', | V:ハ圷、:.:.xく_/:./ィ≦ ̄ト、.:.:.:.:.|:.:/
    i⌒ヽ、  |/「 ハ V^',V 氿:}′  /.:イ{:::::ゝトゝl:.ハ.:.:.:.|/|  気にしないで下さい!
    ヽ.  \ / ̄Vハ |  ', } ゞ′     V辻:ソ /:.:∧:.:.|:∧
     ',.  ', l   }ハ〉!   、l    ′      __/__/_ノ∨ト、:|
      ',   l|   ハ/ ∧  ヘ\  ‐-   , '"     `ヽ、:.:ゝ
       ',   | .ハ/   ヽ. !  ヽ、 /           ヽ
       ',  Vイ/ ノ    l    /              ',
       ',    ̄ /     !  /              ',
        ヽ  /      /   /                   ',



◆貫きの拳
種類:格闘
貫通力のある拳を放つ事が出来る。
【相手マスターとの接触時、使用する事が出来る。】
【身体判定に勝つ事により、相手の礼装を一つ破壊可能。】

【スキル判定】コンマ
↓1 昴の身体判定
↓2 フェリックスの身体判定

【昴 100+80=180】
【フェリックス 60+100=160】
【どうあがいても破壊(昴が6以下では無いので)】
【魔力の結晶を破壊した!】


                 /:/::/:::::::(二⑧ヨ、:::::::ヽ::::、::::ヽ:::::..

                    /::::/::::/:::/:::::::::::::::::l::::::::ヽ::::::::、::;::::::';::::::.
                 /:l::::l:::::::::/:::::::;:::/::::人:::::::::l:::::::::l::::l:::::::';:::::::....     ノ
                  l/|::∧:::::::::::l:::::l/:/ _≧::::l:::::::::l::::l:::::::::ゝ::::::::ミ=彡
                  l{ |/::::〉、::从::::l::レ'´ __リヘ:::::::l:::/::∧::「:::::::::::::::ヾ、
              、_У:::/:l:::「::レヘ::(  ィ仡リア  Y:::::/::/|:::リ:::::::::::::::::::l ヽ
                >彡レヘ∧l'´_≧`  `¨´   /:::ムイ::l::::::::::::::::::::::::::l ノ
             、_ .イ:/l::::::::::::::::∧仡)      /イ::/::::::'::::::::::::::::::::::/
                 レ゙ l::::∧:::::/::∧ `       /:/l::::/:::::::::::::::::::::/
       _ --- 、   ヘ( ヘ::ト、::::::':、 っ      乂ムイ:::/¨\八(
  _ -‐ ´                 ,。ヘ!=,)ハへ    ,. イ / /   /
              /      /        ><升t<゙ /   /
                   /      /  / V V/   /_入
           /      _/   ' / ,:'   /  |/   /´   iヽ
          「      //   l/   /    /__∠二ニ∠、     j  \
          ヽノ __  _/ /   /  /   >'´  ー――‐<    ,. '     \
         ヽ」  ヾ l    V  ,/ > ´    二ニニ⊃  /      ゙:.
      -‐=¨、_  ヽ    / > ´      __二ニ⊃  イ         l
              ゝ > ´    ,。=-‐ /   , '´   ;′       ;
   ̄ >――――> ´     ,. <   / ,. '´      /        /
  /  /  > ´        , ´/   /,. '´      ; /      _/
         /        //二¨ ゙ <          ; l /   _ / /
       /          /:::/二二    `  、     l レ  /     ∧
        l     ,. イ::: ⊂二二_      \     l厶イ      / ;  ,. -―
    /  '弋_,. ‐彡'::::/   /::::::::: ̄二ヽ、   \  」  ,. -―‐ァ'´ 厶イ
    /      /:::/   /:::\:::::::::::::::::::::::\    \|/   '´  ノ  ヽ


【舞踏判定コンマ直下】
7以下で攻撃回避 0は10

【当たる】

【優位判定】
筋力 ランサー+8
耐久 ランサー+3
敏捷 ランサー+6
魔力 ランサー+2
幸運 ランサー+2


     f又アハ
     `弋夂入
       `マヘ、

         `マヘ、
           `マヘ、
             `マヘ、
               `マヘ、
                 `マヘ、
                   `マヘ、
                     `マヘ、
                       `マヘ、
                         `マヘ、
                           `マヘ、
                             `マヘ、
                               `マヘ、
                                 `マヘ、
                                   `マヘ、
                                     `マヘ、
                                       `マヘ、
                                         `マヘ、
                                           `マヘ、
                                             `Y´尖ノト、_

                                               ∨刃牟ノト、_   やるぜ!
                                                    `弋マ勿ノト、_
                                                    `弋マ勿ノト、_ 
                                                      `"マ勿ノト、_
                                                      `ヾ勿ム、_

                                                          `ヾル、
                                                            `゛

【ランサーの第一攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 ランサーの攻撃
↓3 キャスターの防御


【魔力】
【槍 20】
【魔 10】
【魔に10ダメージ(残り50)】

     /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

      //:.:.:.:./:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./--‐'´ ヽ:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.::.:.:.:.:.'
    (/:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.{:.:.:.:.:./        \::、:.:.:.}:.:.:.:.:.}:.:.:|
     ヽ:.:.:.|:.:.:./:.:.:.:人:.:.:.:{    ____ヽ):.;:':.:.:.:.:/:.:.:.|
      V:.:|:.:/:.:.:./ ̄ \:.ト、     _     jイ:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.  まだ、やれる!
     /:.:.:∨:.:.ノ,斗==ミ、`    斗==ミ、∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.{

    _ノ|:.:/ヘ::小 弋:::fク`  、  ' 弋:::fク ' }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.
      |:.:.:.:.:.:.:.\、 .:::::::::.    !   ..:::::::::.. //:./:.:.:.∧:.:.:\
     ノ:.:.:.:.:.:.:.、:.:.ミ-           -彡/::/::/}/::::∨ト-`
    /::::::/:人::::\}、:ト、    ′    -ラ'::::::;'/:::'::::::::::ハ:.)
   ハ:从::::::::`::::::::::::\   ー ‐    〃::::::::::::::::::::::::::::::://
    人::::::::::::::::::::::::::::::}、        ,{:::::::::::::::::::::::::/j/ ′
      )人ー、::::::从、:Ⅵ> . _  <∧)/(/⌒j;八
          )/´  ′ト、      ,{-、
             _/j `ーォt、―‐"{ \
     ____ _____ノ /  〃}} )    ヽ}  l- 、______
  / ∨ ,ヘ    /  { / ̄ \    /  {    /V /  ̄` 、
. /    V ヘ  /   ノ ̄ ̄ \ \ /   、    /V /      ヽ
 ,    ∨ ヘ /   ノ/  ̄ \ `  ∨    \  {,/ /        i
 |     ∨,ヘ〈   (/__ノ⌒ヽ      }       〉 | | |       |
 |      } | | \ 〈    く}     ′   / | | |      |


【キャスターの第一攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 キャスターの攻撃
↓3 ランサーの防御

【略 槍に10ダメージ(残り90)】

【第一ターン終了】



                 /:/::/:::::::(二⑧ヨ、:::::::ヽ::::、::::ヽ:::::..

                    /::::/::::/:::/:::::::::::::::::l::::::::ヽ::::::::、::;::::::';::::::.
                 /:l::::l:::::::::/:::::::;:::/::::人:::::::::l:::::::::l::::l:::::::';:::::::....     ノ
                  l/|::∧:::::::::::l:::::l/:/ _≧::::l:::::::::l::::l:::::::::ゝ::::::::ミ=彡
                  l{ |/::::〉、::从::::l::レ'´ __リヘ:::::::l:::/::∧::「:::::::::::::::ヾ、
              、_У:::/:l:::「::レヘ::(  ィ仡リア  Y:::::/::/|:::リ:::::::::::::::::::l ヽ
                >彡レヘ∧l'´_≧`  `¨´   /:::ムイ::l::::::::::::::::::::::::::l ノ
             、_ .イ:/l::::::::::::::::∧仡)      /イ::/::::::'::::::::::::::::::::::/
                 レ゙ l::::∧:::::/::∧ `       /:/l::::/:::::::::::::::::::::/
       _ --- 、   ヘ( ヘ::ト、::::::':、 っ      乂ムイ:::/¨\八(
  _ -‐ ´                 ,。ヘ!=,)ハへ    ,. イ / /   /
              /      /        ><升t<゙ /   /
                   /      /  / V V/   /_入
           /      _/   ' / ,:'   /  |/   /´   iヽ
          「      //   l/   /    /__∠二ニ∠、     j  \
          ヽノ __  _/ /   /  /   >'´  ー――‐<    ,. '     \
         ヽ」  ヾ l    V  ,/ > ´    二ニニ⊃  /      ゙:.
      -‐=¨、_  ヽ    / > ´      __二ニ⊃  イ         l
              ゝ > ´    ,。=-‐ /   , '´   ;′       ;
   ̄ >――――> ´     ,. <   / ,. '´      /        /
  /  /  > ´        , ´/   /,. '´      ; /      _/
         /        //二¨ ゙ <          ; l /   _ / /
       /          /:::/二二    `  、     l レ  /     ∧
        l     ,. イ::: ⊂二二_      \     l厶イ      / ;  ,. -―
    /  '弋_,. ‐彡'::::/   /::::::::: ̄二ヽ、   \  」  ,. -―‐ァ'´ 厶イ
    /      /:::/   /:::\:::::::::::::::::::::::\    \|/   '´  ノ  ヽ
【第二ターン開始】

【舞踏判定コンマ直下】
7以下で攻撃回避 0は10

【当たった】

     f又アハ
     `弋夂入
       `マヘ、

         `マヘ、
           `マヘ、
             `マヘ、
               `マヘ、
                 `マヘ、
                   `マヘ、
                     `マヘ、
                       `マヘ、
                         `マヘ、
                           `マヘ、
                             `マヘ、
                               `マヘ、
                                 `マヘ、
                                   `マヘ、
                                     `マヘ、
                                       `マヘ、
                                         `マヘ、
                                           `マヘ、
                                             `Y´尖ノト、_

                                               ∨刃牟ノト、_   この戦争、色々有ったよなあ・・・
                                                    `弋マ勿ノト、_
                                                    `弋マ勿ノト、_ 
                                                      `"マ勿ノト、_
                                                      `ヾ勿ム、_

                                                          `ヾル、
                                                            `゛

【ランサーの第二攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 ランサーの攻撃
↓3 キャスターの防御

【耐久】
【槍 50】
【魔 15】
【魔に35ダメージ(残り15)】


          /::::::::::::::::::::::::::::::::\::\::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y⌒ヽ:::::::::::::::::ヽ

          {:::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::;ィゝ-、シ:::::::::::::::::::::.
          /:::::::/:::::::::::::{:::::::::::/- ´ {::::::::::::::::、::::::::::::::::'.
        (/::::/::::::::::::::人:::::/     \:::::::::::∨::::::}::::::}   後どれ位戦えるでしょうか・・・
          |:::::|::::::::/:::/-}八{  丶、_ ヽ::::::/:::::::::|::::::
          |:::::|:::::/|ノテ==ミ、\  ,==-二レj:/::::::::::/::::::'
         }:::::|:/:::{` 辷rタヽ、   /辷rタ》/::::::::::/:::::::{
       ノ:::::::'、::::ト、           ノ/:::::/:::::::::::、
      イ//:::::::::\ミ-    、     -彡::/::::::/}从八
        ハ::/Vト、::::::ヽ     _       /::::::/:ノ:::ノ:) `
        八:::ヽ::\:::}、    (_>    {:/:::/:::::::::ノ'´
          人('\ハ从>、   ー   .イ(::/イ/´
               イ |}>-- ´  {/{∧
               / ′ |,\___/ /  l\
        _   '"  /  | 〃}{ヾ、  '  |  ` 、
      /        |   l 《_,仆、》 /    !     \
    /        | _|___〃l|  /    /          、
.    /           |厶'´     ヽ〈    /          \
   i    |     くメ         \ /   |          、
   |     |/     /          \  |    /     }


【キャスターの第二攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 キャスターの攻撃
↓3 ランサーの防御

【魔力】
【魔のクリティカル! 75】
 ◆対魔力:A
 A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師ではランサーに傷をつけられない。
【魔力判定の際、ダメージを20減らす】
【Aランクに満たない魔術を無効化する】

【槍 40】
【槍に35ダメージ(残り55)】

【第二ターン終了】

【舞踏判定コンマ直下】
7以下で攻撃回避 0は10

【回避】


       , イ:.:.:.:.,:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
     ,イ:.://:.:.:.:.:.:.:.:/:`ヽ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

      〃  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.',
    /  /:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.}
      .,':.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:/!:.:|:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽヽ:.:.:!:.:.:',:.:.:.:i
      i:.:.:〃:.:.:./:./:.:!:.:.:/:.:/ ',:.:!:.:.:.:.:.:.i:.:.:.ヽ:ヽ:.|:.:.:.:i:.:.:!
      |:.:/{:.:.:.:.i:.:i:.:.:i:,┼|---卞|:.:.:.:.:.:|--┼‐--|、:.:.|:./  うーん・・・終わらない
      |/ !:.:.:.:|:.|:.:.:.:|:./,z云≧、:!∨:.:.:.!,イ芋≠、|:.:.:.:|
      |  |:.:.:.:.:リ|:.:.:.:|:.《 ,'::::::::} ヾ、∨:,' {:::::::::i 〃',:.:.:!
        !:.:.:.:.} !:.:.:|:リ  辷zシ   }j   辷zシ ´ /∨|
        ∨:.:.| |:.:|:.!:ヘ       ,        /:./ i:|
.         ∨:.| .!:!:.{',:人     __      /:./、 .リ
.           Ⅵ  ヾ、ヽ:.:ゝ          イ:.:/ヾ、
            ,、r ´ヽヽ.>     < /:/:::::`ヽ、

        ,、r::::´:::::::::::/: :ヾ、\ ≧≦/ // |::::::::::::::`ヽ、

     ,、r ´:::::::::::::::::::::::::i: : : |   ゝ-/、   /: : |::::::::::::::::::::::`ヽ、
    {::\::::::::::::::::::::::::::::::::| : : :|  /ヽ≠/∨ !: : : !:::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
   i::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::|: : : : ! / /≠、 ヽ|: : : |::::::::::::::::::::::::::::/:::::::i
   i::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::|: : : : ヾ ヽ∧ /  !: : : |:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::|
   |::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::|: : : : : ',     / : : : :|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|

【キャスターの第三攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 キャスターの攻撃
↓3 ランサーの防御

【略、槍に10ダメージ(残り45)】

【宝具で撤退する?】先に二票
1:はい
2:いいえ

【撤退しない】

【舞踏判定コンマ直下】
7以下で攻撃回避 0は10

【当たる】

      /:::;′ /  /         ./     |
      |:.:.{ /   /___  /      |   いけっ!ランサー!!
      {:.:.∨> ''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`く      |
  > ''":.`:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_   \              ___
 ー―,ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.「  ____|_  ___r――-、<^く   `ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:\:.:.:.:.>/        ̄> ゝ   /:::::::``:::-ニ _ニ'く ,. --- 、
 /.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.`<:/        / /     /::::::::::::::::::::::::::::::``::-、   |
./‐'7:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:|.:.:.:./|:.:ト、:.:.:.:.:.:./       / /      /:::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:ハ __
 ./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:. メ、:/!:.:.:/ |:.ハ_,.斗、/       / /      /:::::::::::::|:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::\、 `ヽ
 i:.::.:. /|:.:.:.:.:.:/レハfく:./ ィ'fチ圷 | |      |  l     /:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |
 !:.:. / l| :/:./:.∧ Vリ     Vzソ/| |      |  |   /:::::::::::::::::::レ'´ ̄ ̄ ̄`|::::::::::::::::::::::::::::::::ハ. 、|
 !.:./  Vl/ |ハ:.:ハ   ' __   〈〈 〉|      |  |l  /::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::!::::::::::::::::ヽ }
 ∨ ___ レ| |> 、ヽ ) ィ∧| |    、 |  |  /::::::::::::::::::::::_/       ト、:::::::::::/::::::::::::::::::::::::〉
  /     //_、L、ヽ ` 7、-vィ| | |      、V ハ |:::::::::::::::::::://          |  ヽ、/:::::::::::::::;::::::::,′
  |    /}ニ´イ/ / /`7:::::Y|::::V l!   / ̄ ̄ヽ V!:::/ ̄`ヽ |         /   /、:::::::::::::/:::::::;′
  | / | |―く^Y Y /::::::::||:::::: \!  /:::::::::::::::::ト、 V      \    /    /   ヽ、:/::::::::;
  .V l/| |ニく_ ハ|;':::::::::::|l::::::::::::::\ ヽ、::::::/  >ハ、       ヽ /     ./      /‐-、:;′
  /| l V__ノ |レ' V、 :::::l V::::::::/:::::\  ̄   /   `ヽ、      ト、__,/     ./    ;′
  . |  V、___,ノ/ _>、:::ゝ\:::::\:::::::\   / |      \__/   \___/     /
  | l\ \   ,.イ/     \ ̄``ー―‐ '^ー'´   |                `ー――――'′
  ヽ    ̄   /            ヽ            |
    \__/          /               ',
                       /           ,    ',

【ランサーの第四攻撃ターン】
【ステータス判定表】
【筋力】12【耐久】34【敏捷】56【魔力】78【幸運】90
↓1 ステータス判定
↓2 ランサーの攻撃
↓3 キャスターの防御

【耐久】
【槍 40】
【魔 25】
【魔に15ダメージ・・・?】

【直感判定】コンマ直下
3以下でキャスターは攻撃を回避します 0は10

【やった、ようやく〆に入れる】
【キャスター脱落】


                          囗 ロ   。
.           /: : : : : : : : : : : : : : : : ロ []      ロ      。
.          /: : : : : : : : : : : : : : : :(にl´.ロ ロ   ロ           ロ  マスター、私はお役にたてましたか・・・?
.         . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .囗ロ []  []        ロ
.        /: : : : : / : : : : : : : : : : : : : :.  [] ロ    囗    []        ロ
       {: : : : : :l: : : : : :l: : : : : : : : : :′ . :□ □ []   ロ
      V: : |: : |: : : : : :|: : : : : : :/.    :'囗 []   ロ    []
.         V: :!: :/ : : : : A: : : : /  `ー  [] ロ  []   。            。
.         い!:/: : : :/ ヽ: :N     r‐. 、囗 ┌┐[]   ロ    ロ
.         l: :イ : : イ ネT示ミゝ     イr. 囗└┘  []   ロ
.        ノ:/ |: :/: ',   ゞニツ       ゞ. `囗 ロ    ロ _: : ヽ
       /: : レ: : : ゝxxx         xxx....'□ []   ロ     。´
..     /:/ : : : :\: :≧     !}       /:..囗ロ  。
..     l:ハ: : : : : : : :ヽ      `       /': : : :...ロ ロ ..:ノ リ
..     ′ヽ|\: : : : : \    ー ‐     , ル: : :....┌┐  。
.            ノ'ヽハ从: : ヽ         イ: :ハ: :/...└┘ロ   .
                   ヽ'│ `  __ <   !ヽ ノ'. . . _.囗ロ
                   / ト       ノ! ハ
                  /  j `=== ´  l  ヽ
           _ /   |   / ∧ヽ    ′   \_
....--──── ´  /     !   いハ 〉  /    /   ` ─-




              /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
             /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
        ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
             /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
          /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
         /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、
           |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
           l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/  正直物足りない性能だったが、お前なりによくやったと思うぜ
               `| l{{<∧      { 、        |^;:./
                \ {:〉    ______、    j_/   ―――ゆっくり、休め
                 `ー ヽ  弋二 ̄ 二ノ   /!
                  ,-‐|\   ̄ ̄_ ̄   ,.'::ト、_
                  /:::::::|  \         / ..::|:::::::ヽ
                   /   ::::i|    ` ー ─ ''    :|!:::: :::',
               /    ::i}              {!::   .:'、
               _/      Vヽ        /  V     '、
         _  -‐'´    ト、   |:.:`、       ./   |  /!.  \_
  ,,.、 -‐ ''"´       .::|:: ヽ  |::. `、    ,′  /  /:::|::..  ヽ`丶、
´                ::::|::::::.}  |::.:.  〉   .〈/ ̄/  /::::::|:::::...  \   `丶、



          ,ィ
        _ (.{ _,.  ----  、
     /-- ` `'    / \. \
     /  / `ー '     ヽ   ヽ
    /                ヽ ヽ ',
.   /  / /  /     l l   lヽ .ト、
   l ./ //  //∧ l    l ト、l l. ヽ l、 \   ―――これで、終わりかしら?
   l /! :l l   l┼ト、l ト.   _レl┼l l  l トゝ  〉
   レ l  l l  :flrイ為lヽ\ .lイ為トl.l: l.l.l /
     l l.l:.l ハ ' k::rj   V k::rj '小 l リ/    この後どうすれば良いか判らないけど・・・
     ' l l∧.l ハ ` ´   ,   ` ´ハムレl∨
     V ∨.v l ト、    ー    /./  l l
        / / 人|.l:>.、   . ィ/レ'\ l l
     /_/_∧ ` _>ミ.Τ.彡くl.  ∧l l

     /  / .〉l /:::::::::|.:.|:::::::::ハ j〈  l ̄ヽ
.    /  l_/ V.:.:.:.:.:.>t<.:.:.:.:.:.V \l   i
   ノ     レ rト、:.:.:.:.ト-イ.:.:.:.:.:.ヘ_ V    ト、
  /    /  ll.:.:.:\.:l: : l:.:/.:.:.:.ll=l    \
.〈       /.  ll.:.:.:.:.:.:.:| : :l.:.:.:.:.:.:.:.:ll  l       〉
 ヽ    .l  ll_:.:.:.:.:.l : :|.:.:.:.:.:.:.:._ll  l.    /
  ∧    l o ll ̄ヽ::::::::!.:.:l::::::::::/ ̄ll トl   ィヘ
 /  7ニニト、 ll::::::::::ヽ:_ l__l__ ::::::::::::::ll>lニノ l
./  / l  ヽvト--‐'´     `'‐-、/l.:.:/  |l  .|



                                  ,.',
                            ,.'::/

                              /::/   んー・・・監督役に聞いてみれば良いんじゃないですかね?
                           /、/
                          ミソ

                             //
                         //
                          ,イタ
                       ,イタ
                           ,イタ
                         ,イタ
                      ,イタ
                   ,イタ

                     ,イタ
                   ,イタ
                     ,イタ
                  ,イタ
                ,イタ
                   ,イタ
                 ,イタ
              ,イタ
            ,イタ
.            ,イタ
            ,イタ
         ,〈タ

          //
.          //
.       //
      〃

       ′


【キャンプ】

                       ___

                 __/ ̄`´:.:.:.:.:.i___
                   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.: i
                  ノ:.:.:.:.:.:.:.// /::/::/:ハヘ:.八
                 .:´:.:.:.:.:.:.:.イ:.:/:へ/::/:/"`V .:.:`ヽ
               /:.:.:.:.:.//!/i:.从ィ芝ト㍉   Ⅵ:.:.:.リ
                リ:.:.:. /イ⌒レ' ハリ┴┴  xイハハノ   ・・・お前達が聖杯戦争の覇者になるとはな
            ヽ:.:.:〈て( ヾ:        ヾソノリ
             八:.:!ヽつ   :. 、_   イ       正直予想もしていなかったが、見事だ
          -=彡:.:.イj:.:ハ:        ` ー/       
              イノ:.:.:イ八:.:.ヘ 、    `"/i
           イ:.イ:.:.:.i:.:.:.: ミ彡 ` ー - 〈:::ト、      ―――では、これを受け取ると良い
           从リ:.:ハ!:.:.:ヽ\ー―v「 ̄`ヾミ
            Ⅵ ̄ ̄ ̄ ̄|:i:i:i:i|:i:__rヘミ=ー

             __ ...r┘、 :::::──L:i:i:i|:i:_::|:::|、
     . . ..:.:.:.::::::::::::::::::::::\:::::::: |::::|:i:i:i:i:i:i:i:::i:::`:::.....、__
    . . ..:.:.:.:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|::::|:i:i:i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::::\

      . . ..:.:.:.:::::::::/::::::::::::::::::::::::::i::::iヽ:i:i:i:i:i:i ハ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . . .:.:.:.:::/:::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:\i:/:i: ヘ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . .:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:i:i:i「i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::.:.:.:....





              __r;;v;;;;;;、r;;;;、___
         _ ,r;==―.:.:.};:;;;;;;;;;;;;;。;;;;;r;;;:;:;{==ミ、
       ,.ィ.:f;;:;;{≦:.:.:.:.:.:.{;:;:;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;:;;:;:;:|:.≧、ヽt;、
       ,〃.イjj;:;゚;}:.:.    j;:;:;;;;;;;;;;;;;。;;;:;:;:;:;;;} .:.:.ヾ.:.|;;;`┐
      i:;イ:;l !;:;;;;;i:.     !;:;:;;;;;;;。;;゚:;;;:;;;:;;:;;;;} .:.:::::|;;;:;:゚|
      ;:! {;{:.};゚;:;;;|    {;:;:;;;;;;;;(;;;゚。;:;:;;;;:;;;;{  .:.:::|;;:;:;イ     これを持ってエリア10に行くのだ

      i;ト、};:;;;(;;;;;}  ,.=v|:;:;;;;;;;;;;;。゚;;:;:;;;;;;;;;;;| ..:.:::::|;;:;;;リ、
       {;! j;:;;{;:;゚;;;;|、.,イ{}{斗:;;;:;;;;;:;;:;:;;゚:;;:;;;;;。;;| .:.:、:::::!;;;;;;|;;}
      };! };:;:゚:;;:;;;;トV,イ〃{;;;:;;;:;:;;。;(;;。;;;:;;;;;:;;;|Y辷个!;;;:;;|:;!     ―――そうすれば大聖杯が起動する
      |;l j:;:;0:;:;;;;|斗仝刈;;;;;;;;;;;;;゚;;);:;;;;:;;;;;;;;|乞圦|::|;;:;;;l;{
        }!{;:;:;;。;;:;;:斥夊くXl;:;;;:;;;;;:{:;゚:;:;:;;;;;;;;;;;l≧く.:lノ|;:;;:;|;;}
        i; };:;;;:;;:;:;;|≦≧≠i:;:;;:;;:;;;ゞ:;;:;:;;;;;;;;;;;|ヾ㌦;;:||;:;;;;|;;i
        |!{;;:;;r;;;;;;|\″.:.:.|;:;:;;:;;;;;:;:;;;:;;;;;;:;;;;:;|  /:;||;;;:;;|;;{
      ;! |;:;:;;:;;;;;|;:;;:|>x:.|;;:;;:;:;;;:;;゚;;;;:;;;:;;;;:;;;|イ:;;;;;;;||:;;;:;|;;|



【エリア10】


                 …━、、

                〃 )} 圦ヽ
                 【⌒}{ 八 】
                   ヽ笊__彡’



            ,=、.  ,=、  ,=、   ,=、  .,=、
              |::::|  |::::|  |::::|  l:::::|  |::::|
              |::::|  |::::|  |::::|  |:::::|  |::::|
              |::::|  |::::|  |::::|  |:::::|  |::::|
              |::::`ー':::::`ー'::::::`ー'::::::`ー'::::::!
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    やあ、君が聖杯戦争の覇者かな
              l:::::::::●::::::::::::::::::::::::::●::::::::!
             l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    それなら僕は、君の望みを叶えよう―――――
            |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              八:::::::::::::{ ̄ ̄ ̄ ̄}::::::::::::八
               ヽ:::::::::ヘ       ノ::::::::ノ
            /:::::::::::::|i     il|:::::::::::::\
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
           l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l    O
.     ゚ ○    l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::::::::::l
.       ∩     l:::::::::::::::::::|i     il|:::::::::::,=、::l  ○  ∩
        | |    l:::::::::::::::::::|i  ∩ il|::::::::::|::::|:::!  。   | |

―――――あの後の話をしよう。

   /:.:.,./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.\
 /:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:ヽ:.:\:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:\:.:.ヽハ
/:.:./ /:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:|:i:.:.:.:.:..i:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.|:|
|:.:/ /:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:/|:.:/|:.:!:.:.:.:.:.:.|_,.ィTト、 ̄`ヽ:.:.:.:.:.:.:V:.!:|

|/  !:.:.:/:.:.:.:./:.,.イ´ j/`ヽト、:.:.:.:.ト、:.j-Vヽ:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:V:.:|   只今帰りました!
   |:.:.:|:.:.:.:.:レ':.:./  __ |:! \:.:.| 斗==ミxト、:.:.!:.:!:.:.:.:∧
   |:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:| 〃 ̄`ヾ   ヽ|     `ヾ:.:.:./:./- 、ト、:\
   |:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:ハ     r    !      |:.:./:./ィ´ }\\!
   |:.:/|:.:.:.:.:|:.:.:|:.:|      r―- 、     jイ:.:/ノ  八:.:ト、 \
   |:.:! |:.:.:.:.:|:.:.:|:.:|       |: : : : :|      /:/_,. イ:.| ヽ!
   ヽ! ヽ:.:.:|ヽ.|:人    ヽ: : : ノ      //:.:.:.:.:.:.:.:|   \
      \!  |:.:|:.:` .、    こ´      /:′:.:.:.:.:.|人
            |:.:|\|ヽ!ヽ      ,. イ |:.:.:.:|:.:.|\!
.            ヽ!   j,ハ∧ ―<   _j:.∧!ヽ!
                   rく}-====≦彡イ「\
             _// \_> '´   |   |ヽ __
    ___,. -=≦/ :/  /V ヽ    ,|  |      ̄ ≧=- 、
  /        /  / / 〉―〈 \ //  |            \



           ハ  ___   ∧
        <ヽ!/;;;;;;;;;;;;;;`ヽ_ノ 〉‐-、

        <ニヽ〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;f´``Y゙ ̄`
         <:::;;`''ー──‐( ,)ノ__>
  (( ,ヘ,   ,' ,ヒナλナイテンシλ/ | ))

     '、 '、 iルLi ○   ○ λ/ /    あ、やっと帰ってきた
      ヽ、ソ,'ハル""r-‐¬""イ::::::7
       ゞ:::/ソ|,:ゝヽ、__,ノノ/::::::.'     おかえりなさい、昴ー

        r:::,::::i.r'./ }><{ ./::::::::::::)
         弋:!i. |}::{  ノ!i.-ノ
          ヾ从 }::{  λi从
           / `― ‐´ヽ:
         /(¨ ) ¨ノ   ト,
         <ァ、_¨) (¨  /:::::`:、


ランサーの願いを叶えて貰って、それから私は少し悩んだ後、聖杯の破壊を願った。
そして家に帰って、あの聖杯戦争に参加した事が嘘だったかの様に私は普通の日常生活に戻る事になる。
でも、まだ聖杯戦争の参加者との交流は続いている。
あの人達はあの後どうしたのか。


       ._ _............._
     ,ィシン''"  ¨¨ ヽ、ヽ、
     〈;;メ´  ,,. ィ j!  ヽ__,>、
     / i .i ./| .f.j .ji .|i レ//|
     ! .i k‐トLj〈 ム-ヒ_.jV//j
     ト| | i「じ>: : :.く.じ.' リレ′  今日の運勢は最高だな!
. ヾ、   八.  t‐‐ィ rツ′

.   \、_ {{ >-.`.-.'.<!      天気も良いし、元気に外で遊んでおいで!
    ゞ!i:ト、__ノノ::ノ凡f::'.;:';ヽ
     l l:l:::::::::::.(!::::!::::i;ハ';';::j、
     ヾヾ:::::::::ノi:::i::::儿_〉:::::ヘ、
      ヾ y'´::〈;:ィ:、ィ:乂;::::::::::ハ
      ./::;;:::::::,i::i::.i、ヾ`トャ=彳

      /:'´::::,,ノ.ハヾヽヾヽヾハ
     j゙,r:::::ノノ"::::',::ヘ::ゝヾヽ.ハ
    ノノ::,、シ::::;、:::::`:、`ー、ヽ、八
  ,.イ:::::彡"`''´::::`ー´"~ヘ、`ー.ニ\
   ゙''''''"ー---‐--‐--ー‐ ー.=---‐′


リディアさんは、普通の占い師に戻った。
良く当たると評判の占い師で、お偉いさんからも占いの依頼が来るのだという。

あとそれから、リディアさんとは友達になった。
偶に仕事の暇を見つけては、私の家に遊びに来てくれるのだ。



                    i、  /ヽ ,,/ l   ., 〟
                 !ヽ  .l゛ \/  ∨ ヽ .l、,./ .l .,/'l  .、
            |\.  l  .7┤  .ヽ /   l./ !  .ノ´  !″.!
       、,,,、 ! .i-ミ‐''!  ,! ヽ   . ′ ./   !      .|>";!  ._,,,,..、
     .、  ヽ.,./ │ .`'-、,!   ヽ    ./    |    ./   ;!'''"゛  ./
     ヽ .` ー │   .′ ... _.,,,、y、、、 ._、 |     _,,.. ,|...-‐''1/―ゥ
   ヾ  ̄ヽ    `    ,,;;.''゛゛″         ´゛~゛l、  .-'"゛  ./    /.l, /
    _;;、.,.゛  ._;、,   .i'′            、  ゛ッ     /    .`.'''¨゛゛゛゛フ
   .,゛;;;″ ,,;l゛゛゛ .ヽ.,、′              ゝ .゛;i,_    ‘       /
  .ヽ, 、 ./     ゛             _   `'..`''゛ミ_    ̄ ̄ ̄/ '゛.!,_
  .ぐ″ .〃                ,..-'"    ._ /  .;l'       / ...,,,  >   うーむ、中々上手くいかないな
   \.|             /    ._,..-'゛./    ;!    ヾ   ./ィ \
    .l|            '゛  .,..-‐"_.. -゛    !    广''ヽ". `゛'' 、

     .!           ,i  , ‐'´, -''"゛           l   ...〃 /./  .,/
    │      l.    ! ./ .,-'ン‐'"三 ̄"ゝ、_   .! /".../ '''く,,メ^ヽ ゛ 、
     ゛ '''゛,゛,゛ニニ;;;; ヽ   ' / ン''″ l〈;;;;;;!.| __./     .! / / ⌒゛ |,  .,,`l'"
    .゛'广 .,...... --ニラ     ‐''''''''''' ''  ̄      ,,|/ 〈'" ゛゛゛〉  メ‐'ト' >
      \ .!  !'(;;;;l〉,!                 /:.!  /  /  r‐┴,,rく、
       l`'‐ -゛‐' /                 /::  ."_,,....,,,,-{__,  / ,/
        !    /                  "  i "   ,:'''、,r二"!゛
        !   く                       l .,..、.く、 .゛l.、 .!  _.. -┐
           l    .`ー  . ̄                  ! く  ゛V,゛_./  ヽ|‘゛´;;;;;;;:! .\
            l                       ! l"! _..′     \ ;;;;;;|  .ヾ
            !       _,,,.. -―''''''         / . `''"        / ;;;;;!   l.
          ヽ   .‐‘゛              /    !      ,r'~;;;;;;;;;;;;l゛  ./
              ヽ     ィ‐''"            /:    .!    ,r“;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  ./
               \                /::::     i   ,./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! ./
             ヽ,           ,./ :::::::     | ,./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! ./
                 ヽ        /::::::::          / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!'"
                  ヽ    _,,,/::::::::::        / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
                 `゛゛゛ ̄´ 、゛l::::::::           / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




クリュサオルさんは、礼装を壊された事によって目的を達成する事が出来なかったという反省から、
壊れない礼装の研究を始めたという。
偶に、私の家にやってきて、破壊できるかどうかの実験を持ちかけてくる。
未だに壊れなかった礼装は無い。



                            ______
                            \:.:.:.:.:.:`ヽ
                       、 -‐…‐-\:.:.:.:.:.:.Vヽ/\
                 ____\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.,

                    >‐-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                ,.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:./、

                 ,____,:.:.:.:.:.:|:./‐ヽ .:.:.:. |-\,メハ:.:.:.:.:.>
                    /:.:.:.:.:.:.:|/-=ニ\:.:.:|=/⌒ヽ|:.:.:.:}:.\
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/⌒ヽ \| /ヽ   :.:.::/:.厂
                   ̄ ̄/:.:、:.:.:|′ /ヽ     __   ! イ^Y
                  |::/i^ヽ|  __   ,         , ) ;
                  |/..| ,ヽ   __ ` -‐   ヲ //
                        人___、  辷_,,.. -‐ ´ ,.:'\
                    ∠个:...        イハ厂
                     ___从/ | `¨¨   |========┐
                        |「 ̄   ,|      `|    .0 ||
                        || 0  .′         |  -=≦_ _______
              _,.  -‐ _」L,,,,,  /‐-      -‐ |     7/   ¶    \
.              /.   ¶  |} ̄ ̄ /‐- ..,,___,,... -‐,   //   :|}    }.. \
             /  {  .:|}   |}   /             V  ′___|}____ /    \
.            /   ',.____|}_..|}  ./              ∨ {|      /.′      .\
.           , 仁二_∧  ̄ ̄ :|} /             ∨:|   o   / ;        \
         /      }  o  :|} .′               }.:| ` T T ´  |__
        /         }\___/|} i                | |   | |   :| \


ウォルターさんは、ダイコーシャの仕事を続けているという。良く判らないけど。
時たまセイバーの事を思い出しては、もう守れない物が無い様にと自分を奮い立たせているとか。
因みに彼女募集中らしい。私は立候補しないけど。


      _____
       、___>  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       _..:::彡⌒.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __
   ー ≦、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
   <:::::::::__: ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ.

     > /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/彡イ气:::::::::::::::ヘ.
   /:/:::::::::::::::::::///;イ:////:/´     `ミ::::::::::ヘ
   /___::ノ:::::::://77メく_/ //:/    _  ミ:::::::::::::l
     /クハ::://///_,,/≧/´/ ..,≦´  `ヽミ::::::::::::!

.      / 〉!/ハ! イ'ひゾ /: / / イろ心、  ハ::::::::/  今日は何処から取って来るかねぇ・・・
        //ル !  ` ̄'/       ゞー"ノ  ハ:::::/
        ヾ に!        };.       ムわ/
         ヽい         ´:ソ       /ノ:/′
           ー',       _____       んソ
           ヽ   ´     `    :/´
          __|\   `"     /
.          /  |  :ヽ        .イ:!`ヽ
.       , イ   .:.j  : : : :ー: ´:.:.:.:.:.:! / |
      / __ ..:/イ         /  |
    /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
     ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、    ̄ ̄
  ., < >イ :/:.:.:.:.:.l:__    / :/ .:i  /  / ̄`ヽ、
<::>"´  .,.:/_ :.:.:.:.l   ヽ .:./ :/ .:/| :/  /:.:.:. . .  ` ー
"´     .:/  !\ :.:.l    / // :|/  /:.:.:. . . . .
      ..:/   :!:.:.:!\ヽ / // /
     .:/    !/!__ :/://  /
   . .:/    . ィ´  ∨:.:/   :/
   .:/   ノ  ヽーく_:./     :/ r――<___
      /   、___j:.:.:.. .   ├─<_____|
.     /    、__j:.:.:.. . .   |    :      |
    /         j:.:.. . .     |    :      |



フェリックスさんはお宝を探して各地を飛び回っているそうだ。
危険な所もあえて飛び込みスリルを楽しんでいると言うが、いつか絶対事故に会うと思う。
そうならない様に願おう。


               _ryr≦二二二≧vrvx
             /≦廴廴廴廴<//≧x. \
             /::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ-廴寸/\_ゝ
         ___/::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::..に∨∧_ゝ

         r:!:!:!:::::::::::::::/V::::::::::::::::::::::::::::::::::にV,∧_)
         Y:!:l|:::::::::::Y「沁|:::::::::::::::/::::::::::::::::::にl/,|_)|
         }:!:!从:::爪 以l从::::/_彡::、::::::::::: にl/,|_)|
         ゝ彡}:::::| ヽ -=彡 "气斥x':::ヽ::::::::に}∨_)   はあ、やっぱり時間がかかるか・・・
.         /:!:!:!:ノ::::::!   '     夂沙::::::::::::::〃'/ソ__
       /⌒/:::::::::::ハ   ,     __彡::::::::::::::Y/./≦:!:!:!:!:!) 聖杯が有ればなあ・・・
    / ̄:::::::::::::::::/: ∧  `  __彡:::::::::::::::::/{:!:!:!:!:!:!:!:!:!\
   /::::::::::::/:::::::ノ::::::::介 z..≦:::::::::::::::::::::/{:!|ゞ):!:!:!:!:!:!:!:!:ノ
  /::::::__彡::::::::::/:::::::Y__У:::::::::::::::::::::::::/:!{:!:Y:!:!|:!:!:!:!:/´
. {:::::/ {::::::::/::::イニ.!/:::::::::::::::::::::::/:!:!人:!:!:!:!:|:!:!:!:{

. 乂{ _.|::: -====--/_。r≦ニ=- '':!:!:!:!:!{v:!「 ̄}:!∧¨´
  /⌒(:!:(__彡イハYニニ=/:!:!:イ:!:!:!:!ハ:!:!|:!:!:!|:!:!∧
  , - 'r/'。 〃/||ニ||ニニニニ.人:!/:::::`¨:::::::ノ:!:!:!∧
 / {ry/。-= .{{イr.||ニ||ニニニニ=/::::::::::::::::::::(:!:!:!ノ::从≧ー‐‐‐
. , ヽ r<.:/_彡' .r||ニ||ニニニニ/:::/}:::::::::::::::::::::`¨´:::::::::\ニニ ノ
. !  r{ ミ{ ソ    .)ゞイニニニニ/イV .:::::|:::::{::::::::::::::::::::::::::::::\/
八 .rV。{ソ=-_  r l=||ニニニニニ {:::|ニ|:::::|ヽ::::::::::::::::::::::::\:::\
  \ゞ} .{ソ     r V.|ニニニニニ.从!八::::{ニ.\:::::::::::::::从 \:::::.、
   Y_Vゞ) ____彡}llニニニニニ=====\ヽニ.):::::::::::::::::.ヾ __}::::::)
.   |ゝ} )r) 辷彡'{込ニニニ=≦ニニニ≧=-≦\::::::::::\_从:/__
.   |ニ=≧zzzzz≦r Y.}}ニニニニニニニニニニニニ\::::::::::\/ニニ
.   |ニ={><}ニニ} .}ノ'ニニニニニニニニニニニニニ.ヽ:::::::::::ヽニニ
    Vニ.{><}ニニゝ寸ニニニニニニニニニニニニニニ)::::::::::::Vニ
    Vニ.{><}ニニ廴寸ニニニニニニニニニニニニ= /::::::::::::::ノニ

.     Vニ.{><}ニニ廴寸ニニニニニニニニニニニ彡.:::::::::: /ニニ
       }={¨}><}ニニニ廴寸ニニニニニニニ--=≦::::::::::. /ニニニ
      ゞ' .|}><}ニニニ 廴寸ニニニニニニニニニY:::/ニニニニ



マーイさんは一族の森の復興を目指しているという。
中々順調には進まない様で、聖杯が有ればとぼやいている様だ。
何だか悪い事したかな・・・。

           ,.‐- 、___

         ,. ''"i       ̄ `ヽ、_
       , '"   |        γiヽ__
     /7´  , .  i    i    ヽゝ[7ーr、
    〈_イ   i i   !    i  i   Y」 し'
    ゝ.| i  i、ハ   ',    i  ハ  i ヽ!_!イ
     .| |  i -‐!- ハ   ハ/- !--ハ  i |
      | |   | rr--!、ヘ  / ,.r--'t、! ハ.ノ§|   胸が欲しい
      Y、 ゝ! ヒ_,.リ V  ' ヒ__,.リイ 、i § |
       ハYヽ.!"        "ノ_ノ| § |  誰にも負けぬ、大きい胸が
      /§ !.ヘ、    ー     ,.ィ´  |. § |
      ,' .§/ /.i`>r--,r=< i    | §. |
     i.  §_,.r‐rイ`ー◎-‐'"7`ーr、__! § .|
     .|  §K  !へ L!7_,.へ/ ̄o  〉. § |
    |  |. 〈、_ イ  Yij/  ミ7ヽY> §  |
    |  i  7⌒ト、 人  r、._/ヘ   \!  |
     .|  !/  〉/ Y \__,.イ ハ    \.i
     |rく__、. /    |    Yヽ. | ,ヘ     /」
     |/ し</iヽ、  |  __,.イ .〉 !  ハ、_,/、 `ヽ.
      i、_ン´ .|.\!∧!,.へ∧/| | ハ| `i'ー' ̄´
         |ハ/i :   |V|:    :i .レ'  レ'
             |.:  |  | :.  |
        .........ト、_,.イ......ト、.___」........
   ......::::::::::::::::::,|、__,イ::::::::|、___,:!::::::::::::::::::::........

     ::::::::::::::::L___,/::::::::::'、___」:::::::::::::::::


塔ヶ崎さんは、実は妖怪ぬりかべとの混血なんだそうで、その血により大きくならない自分の胸が悩みらしい。
私には応援する事しか出来ないけど、頑張って欲しい。いつかきっと大きくなるよ。うん。


                 //
                 i:.:i
        ―― 、  |:.:.| ,  ――――  、
           _\:.ヽ:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.; ―、:.:.:.:.:.:.`ヽ、

       , イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ

   /:.:. ―/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:',
  / ´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:i
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.}
    /:.:.:. /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:i

    /:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:/!:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.}
   i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:⊥:.:./!:.:i |:.:.:.:.:.:. |ヽ:.:.:|ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:.|、:.:',i
   |:.:.:.:/|:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:´:.|:.:/`ヽ廴 !:.:.:.:.:.: ! i斗丁|´:.:.:|:.:.:.|:.\',
   |:.:./ |:.:.:.:|:.:.:!:.:.:.:.:/|,イう≧、 ',:.:.:.:.:.:| ,イテ芋圷、:.|:.:.:.|:.、ヽ\

   |:./.  !:.:.:.:!:.∧:.:.:./ヽ {::::::::ら  \:.:.:.| {:::::: ら /:.!、:.:.l:.ヽ\
   リ   ',:.:.:.:|/:.:.|:.:.,'   辷zシ    \|  辷zシ  リ:.',:. |:.:.:\
         i:.:.:{||:.:.:!:.:i.∧            \     /:/ヽ| `―‐
       !:.:.| !:.:|:.|:. ∧       j         /|/:.! |
         .',:.:|  |:.|リ }:.:.:ヘ      ―     イ:.:.|:.:.:{
        .リ  リ /:./|:.:.:.:>.         <:.,、:.| `ヾ、
            /  |/}/ヽ:| > _  <.|:.:./ヾ、`
                  /. /  /、      /|
                r/  `ヽ _r‐ ´  l‐、
               /: :!   / ヽ   /:ヽ、

              ,、r ´ i: : ',  //⌒ヽ、  /: : :|:::::`ヽ、
        ,、 r::´:::::::::::::|: : : iヽ/ ヽ__/ ヽ/: : : :|::::::::::::::`ヽ、
     ,、r::´:::::::::::::::::::::::::: |: : : :|  /  ヽ / : : : :|::::::::::::::::::::::::`ヽ、


私はこの聖杯戦争で、掛け替えの無い物を沢山得た気がする。
6人の友人と、数々の経験、そして―――ランサーとの思い出。

     ヽ:{:/:.:.:.:.:.:l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:`ヽミ、
    / ̄/:.:.:.:/:.l:.l:.:.:.l:.:\:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ \
.   /:./:.l:.:/:.:.l:.:|i:.l:.:.:..',-‐弋:.:.ヽ:.:.:.`丶、:\:.:\
  /:./:.:.l:.:l:.:.:ハ:.|iハヽ:.:', '´,.x=z、\:.:ヽ:.:\:.:\:.:ヽ

  !:/l:.:.:!:.:l:./ハ|i. ヽ \ ヘt匂j リlヽ:.:l^ヽ:\:.乂ミ  
.  l/ l:.:.:l:.:.l/:.l,ィf乏t.      ゞ'´ '":Viヽl/ノ:.\\
.  l l:.:.:l:.:ハ:.:lハ弋ツ   、     :::Vi:ハl':トi从ヾ
.  l l:.:.:l从ヽlハ'"       __   .::::l:.l:.ヽlハ
  l ヽ:.N ヽ:l:.:.:.     '´    .::::/l:.lVi、ゝ
     ヽ   ヽ:.:. ト       ..:/:::l:.l/iハl
           ヽ:l:.:.:.:>   _/,. zァリヽ _
            _ヽ/:.:.: ⊥zZ彡'´  /  ヽ __
         /7ミ、 / li ,<X>、v' /    :|::::.......
          /「」::}}/l |/〈_/  \/     .:|::::::::::::
         ,. -‐‐¬Vi | ハit--.....、     .::|::::::::::::
    ィ 7  ー─ ミVi | l::::!`丶、::::::>  .::::::|ヽ::::::::
   /::/ /   ` ー 、:ヽN L⊥/     ..::::/:::::ヽ::::

ランサーはこの空の上で元気に過ごしているのだろうか――――

┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓

┃|                                            |┃
┃|              No.1 空の下で                   . |┃
┃|                                            |┃
┃|                                            |┃
┃|                True end.                   |┃

┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛

やっと終わった!!
判定に協力して下さった皆さん、本当にありがとうございました!

しかし、どっと力が抜けるな

完走おめでとう!今回の鯖鱒の詳しい情報載せてくれるとありがたい

【貫きの拳を使った回数、7回】
【身体判定で負けた回数、1回】

しかしクリア出来た要因は何だろう
◆『あゝ堕天(ムーブサポートメテオ)』 だろうか

とりあえず次に使えそうな鯖鱒あるか見て来ます

>>157
アーチャーとフェリックスはとある事情で載せられないけど、他なら

あ、レビューが有ったな
ありきたりの事しか言えないけど、書いて見るか

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
【真名】: アマノウズメ
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:キャスター            【属性】:混沌・善                  
┣━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┫
   【筋】:E(10)         【耐】:E(10)        【敏】:D(20)          【魔】:A(50)          【幸運】:C(30)         【宝具】:EX   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  HP(60/60) 魔力(250/250) コスト40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
         ,/:::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::\Y´ Oヽ:::::::::::::::ヽ
        _..イ::::::::::::::::::::::::::;:::':::::::::::::::;::::::;ヘ O 互:::::::::::::::::.
       ̄フ:::::::::;::::::::::;::'::::::;:::::::::;:'ノ:::::ハ::゛ー'::::::::::::::::::::::::::.
       /:::::::;:'::::::::;:':::::::::;'::::::;:';:::::/ ヤ:::::::::::::::::::::::::::::::::,

       ,':::::::;'::::::::;:':::::::/!::::/´u     ゛i::::::::;:::::::;:::::::::::::::::,
      /:::::::;:':::::::;:'::::::;-‐十:::l     _..予:::::t}:::::::;:::::::::::::::::,
      ノ:::::;:'::::::::::';;::r' 、._ヤ::廴     ノツレ',, !::::::';::::::::::::::::;
    /:::;::':::;:;::::::'::::::ャ汽丈匁y、 :.    ,.ィァ弌テ汽;::::::;::::::::::::::::i  完了しました、これで通る事が出来る筈です
  _..ィ少;ィ:":::::::::::;:::::::ゝ. 辷少゛   :.    辷少゛ ,イ:::::::;:::::::::::::::::!
    r'イ::::i!::::::::::;::::::::予      :       矛:::::::;:::::::::::::::::::゛:
    {! l::::!i::::::::::::;゛::、:::廴_,     .       u /:::::::;'::::::::::::::::::::::i  
      人代::ト、::::;::::::゛::ャ"               /::::::;:':::::::::::::::::::ry' 
       ` ゛ `"!::i、:::::\   ゛ー―'   /::::;::'::::::::::::::::::::/
              !:i ヾ;::::;ト ..     イ::::::::::r-‐' ̄フ::/
            ゞ  ノノ l  ` ー '"  代r~゛   "´
                    ┝━━━━┥
             _ -‐´l       fヘ、

    ァ-―、ー "T ̄    {         /  `ー-.._  _
   /       |       l      /      / ̄    ̄`ヽ
  /         l      ',   u  /     /        ゛,
 ,'          l     ',   /       /         i
V            l       ヽ/      /            l
/            l     /       /                l
AAキャラ名(作品名)      漆原るか

【おっと、台詞消し忘れてたか】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
◆陣地作成:D  (分類:任意 タイプ:常時)
魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
本来が踊り子であるキャスターは、自らの踊り場を作成する事でスキル:舞踏の効果を高める事が出来る。
【効果:陣地作成の度、その地のMP回復を10上げる】
【効果:その地にスキル◆舞踏のコンマ判定に+補正を与える効果を付与する。】


◆道具作成:-  (分類:- タイプ:-)
本来が踊り子である為、使用は不可となっている。
【効果:-】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
 ◆舞踏:A++  (分類:任意 タイプ:常時)
神技にまで昇華された踊りの技術。
格闘技とは似て非なる類稀な体捌き。
戦闘時、敵サーヴァントからのダメージ判定を判定で無効化する。
【効果:ダメージ判定時に30%のコンマ判定を行い、ダメージを回避出来る】
 ◆神性:C  (分類:常時 タイプ:常時)
神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
アマノウズメは日本最古の踊り子であり、芸能の女神でもある為高ランクの神性を持つ。
同ランクの魅了と直感を併せ持つ複合スキル。
【効果:同ランクの魅了と直感を得る】
【魅了:同じ男性に一度だけ使用できる。30%の確率で状態魅了にする。】
【状態異常「魅了」:相手の筋力を4ランク下げる。】
【直感:同戦闘中一回だけ使用でき、30%の確率で死に至る攻撃を回避する。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】
◆『トビラヒラクトキ』(タイプ:任意・消費魔力:30×舞踏期間)
ランク:D 種別:結界解除 レンジ:- 最大捕捉:-
「天岩戸を開いた」という事実のみに着目した逸話の具現。
舞踏を行う事で、あらゆる結界を解除しその陣地効果を無効化する。
ただし強力な結界である程、解除に要する舞踏は長くなる。
【効果:結界付近で舞踏を行う事でその結界を解除し、陣地効果を無効化する】
【条件:舞踏を行う。結界が強力である程、舞踏の時間は長くなる】
【行き止まりとなった道を開く事も可能】

◆『ココロヒラクトキ』(タイプ:任意・消費魔力:70)
ランク:A 種別:魅了 レンジ:1-5 最大捕捉:1-5人
「天照大神を魅了し天岩戸を開かせた」という事実のみに着目した逸話の具現。
舞踏を行う事で、相手サーヴァントを状態異常:魅了とする。
これは非常に凶悪な呪いであり、キャスター自身の舞踏技術と相まって擬似的な令呪としてすら作用する。
また、強制的に敵マトリクスを開示させる。
【効果:魅了判定を行い、判定に成功すれば相手に状態異常:魅了を与える。
スキル:舞踏の成功数だけ魅了判定に+補正を加える。
また、陣地作成スキルの効果も+補正に加えられる】
【敵の来歴、性格、行動指針を除くマトリクスを入手できる】

◆『スベテヒラクトキ』(タイプ:任意・消費魔力:150)
ランク:Ex 種別:開示 レンジ:0-99999 最大捕捉:0-99999
「天岩戸を開き地上に光を取り戻した」という事実のみに着目した逸話の具現。
全てを白日に晒すその陽光は、残存する全てのサーヴァントのマトリクスを全陣営で共有させる。
また、他陣営全てのサーヴァントのパラメータに敗北したサーヴァント×10のマイナス補正を与える。
なお、この宝具を使用後キャスターは令呪を使用しない限り消滅し、使用した場合でも1日間行動不能となる。
ただし、キャスター自身はこの宝具を使用する事を非常に嫌っており(男の娘なのがバレる為)、使用には令呪による強制かマスターとの深い絆が必要となる。
【効果:全ての陣営は、他陣営のサーヴァントの来歴、性格、行動指針を除くマトリクスを全て入手する】
【自陣営以外の敵サーヴァントのパラメータに、敗北したサーヴァント×10のマイナス補正を与える】
【条件:使用後キャスターは令呪を使用しない限り消滅し、使用した場合でも1日間行動不能となる】
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
己の女体化。
せめて自分が女であれば、舞踏の大役に自信を持って臨め、古事記にも自分自身に自信をもって載せられた為。
また、自身が男である為、「女であるアマノウズメが天照大神を天岩戸から誘い出した」と信じる後世の日本人を裏切っていると考えている。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
礼儀正しくたおやかな大和撫子。だが男だ。
マスターに逆らう事はほとんど無いが、一般的な良識を持っている為悪辣な手段には拒否感を示す。
踊りが好きな為、放っておくとフラフラクルクル踊り回っていて可愛い。
本来サーヴァントは己の真名を隠したがるが、彼は男の娘がバレるのを嫌い度をこして秘密にしたがる。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【行動指針】
・真名は極力明かさない
・基本移動しないで、くるくる踊りまわる
・奇襲、マスター殺しを行わない
・上記に反しなければ、マスターに基本逆らわない
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

フェリックス別の所にいたけどもしかしてここが製作?

>>162
>>1が作った訳でなく違う人
向こうで採用されたらこっちでも採用されたらしい

【レビュー】
キャスターは後述の塔ヶ崎を見て、採用を決めました。
性格的には扱いやすく、性能も可愛げがある物だと思って居ましたが最後に粘りに粘ってくれて参った参った。
シュタゲは一応知っているからAA元キャラの影響出しちゃったかな・・・と言うのが>>1の後悔している所。

また出るとすれば、取り敢えず舞踏は調整します。

【ついでにフェリックスのレビュー】
採用したものの、彼らしさというものを表現しきれなかったな・・・とちょっと後悔。個人的な不憫枠。

能力は極端。そして性格がキャスターと合わなかったせいで、まともに行動出来なかった人。
本来の彼はもっと活動的ですよ!

某所での活躍に期待です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪真名≫:クヌム・クフ・ウイ
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【クラス】ライダー              【属性】:混沌・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
【筋力】:A(50)   【耐久】:A+(60)  【敏捷】:C(30)   【魔力】:A(50)  【幸運】:B(40) .【宝具】:EX
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
HP(110/110) 魔力(250/250) コスト50
 ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                     / /      l                          }
                    / / _ -─  ̄`ヽl                _ <三三≧ノ
..                  / / /       l               / 三三三 /
                   |/ ./, -──-.._ ヽ  l             / ̄ヽ三三/      ――――最後に、悪あがきをして見せる事が出来た
                  __|l //:::__:::::::::::::`丶、l           /l    l|`ヽ/   
                 (。、ヽl/‐-、::\/ ̄ ̄             /\l      ハ      我は――――満足だ!
                  ¬l |ア、ヽ:::ヘ:::/`l:::l           /   ヽ         ム
                   ゝ皿, l`ヽl/ /l/             /      ',         ム    
                  γ´〉-/l/ / 弋         /      l       |
                  / .∠_/./_, イ r=-、 `ー- 、__./        l        |i    
               _.,,ノ.    ///  {l 、 ノ      /:::::l                 |i   
               {      /_ノ -‐┐l|     _/::::::::\_              乂     
                \/ ̄ ̄`丶、 ̄ l|  _r─、_ .:::::::::::::\___            ヽ
             / ̄ ̄\/      \l|/`マ三三三\........./      `丶、           l   
             l   / ̄ `丶、__ イ  \ニニ\ニ( )ニム≦          丶、────〈
            /\l      /       \ニニヘニニニム              ヽ     }   
            /  /丶、   ./        .:ムニニ|lニニニム ──  ̄ ̄ ̄     ヘ.     l
           l\/   ` ー/            | |ニニ|lニ( )ニニ|l              l    /
           | |\.    /          | |ニニ|lニニニニ|l              l__/
     __r‐┐   l、 |  \_/            lニニ|lニニニニ|l               l
    / l  |.r‐=ニl \    .l            /ニニ|lニ( )ニニ|l ___        _ ─'
.  / l, ─廴l `ヽ:::ヽ |. \  l           /ニニ/ニニニニ/           _ <
  { /l    lヽ-∨:::\   ̄l           /ニニ/ニ( )ニ/─- _____ <
  ∨ ∧ ̄ ̄ヽ } .l::::l:::::\_l     __ イ_/__/........l...............ヘ..............ヘ
  ∨ ヽ _ ─-l、 l::::l::::::::::l  `ー─二ニ......../......l:::|_r‐,_|:::|............l.................ヘ..............ヘ
    ∨ / \_/丿/::/::::::::/──彡 ̄ /......./...........|ー‐|::::|‐┘..........l....................ヘ..............ヘ
    \  /_, イ/_/      /......../..............|┌|::::|┐.............l......................ヘ..............ヘ

【また台詞が・・・まあいいか】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【保有スキル】
  ◆陣地作成:EX
  種別:魔術/シナリオ タイプ:自動
   魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
   最高ランクの地上建造物である「メル」の建築を可能とする。

   【魔術スキル。自動発動、「ピラミッド(メル)」完成まで7日必要。この効果は中断しない】
   【七日目終了時に完成。ピラミッドが完成した場合、ライダーは全能力を常時5ランク、HPを50、魔力量を100上昇させる。】

  ◆神性:A
  種別:異能 タイプ:常時
   神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
   エジプトの主神ラーの息子たるファラオの中でも、
   旧き者の一人たるライダーは最高クラスの神霊 適正を有す 。

  ◆カリスマ:B
  種別:異能 タイプ:常時
   軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において、自軍の能力を向上させる。
   カリスマは稀有な才能で、一国の王としてはBランクで十分と言える。
   【自分以外の味方のステータスを1ランク上昇させる。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

             __
            //:\
           / /::::::::\
          /  /:::::::::::::::\
        /  . /:::::::::::::::::::::::\
      /     /::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /     . /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
/       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 .   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】
  ◆『約束されし勝利(アケト・クフ)』
  ランク:EX 種別:対陣宝具 レンジ:- 最大補足:- 現在5日経過

   ライダーの現界と共に自動展開される侵食固有結界「メル」。
   太陽が昇ると共に建築を開始。完成まで凡そ7日を必要とする。
   この宝具が完成した時、もはや何者もライダーを打ち破ることはできないだろう。

   【上書き、破壊、無効化不可。七日経過にてライダーのステータスが常時5ランク、HPが50、魔力量が100上昇する。】
   【上の効果は情報を持ってない陣営がいても、五日目終了時点に自動公開される(魔力の気配で察知とかで)】
   【五日目終了時点で、他マスター、サーヴァントにライダー打倒の行動指針が付く】
   【一方地元のエジプトで召還された場合、既 にギザのピラミッドは完成しているので現界した瞬間ステータスが5ランク、HPが50、魔力量が100上昇する】

  ◆『燃ゆる業火の 太陽船(イアー ルト)』
  ランク:A+ 種別:対軍宝具・騎乗物 レンジ:2~50 最大捕捉:300人 

   クフ王第一の船。日中に航行する太陽の火を纏う黄金船。
   解放する事であらゆる不浄を焼き払う太陽の業火を船体から放ち、敵を焼き滅ぼす。
   日中限定の宝具であるが、真名解放に魔力を消費しないという利点が存在し、
   その性質を最大限に活かすことで、本来は有り得ない「宝具の連続解放」という荒業すら可能である。

   【朝・昼は一切の魔力消費無し。夜は使用不可。その場に居る全サーヴァントに40ダメージを与える。】

  ◆『凍える零下の日蝕船(アポペ)』
  ランク:A+ 種別:対軍宝具・騎乗物 レンジ:2~50 最大 捕捉:500人 追記:騎乗できる

   クフ王第二の船。夜間に航行する闇の冷気を纏う黒帆船。
   解放することで周囲の生物・無生物・土地関係なく、強制的に魔力を吸い上げる。
   神霊の特権を用いた徴収命令であり、人の手による無効化手段は存在しない。
   夜間、または日食時限定の宝具。ちなみに太陽船や日蝕船は普通の船のように水上を移動することも可能。

   【夜間限定。周囲の全サーヴァントから魔力を吸い上げ、全ステータスを3ランク低下させる】
   【毎ターン周囲の全サーヴァントの魔力を10吸収し、ライダーに付与する】
   【また土地からも吸い上げることで、「ピラミッド」を除く全陣地効果を封印する】

┣━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


               {`ヽ|\          /ヽ/`,
               r‐i  |   \      /    |  l-┐
             _ ‐ヽl  l     \-─-./    /  l ./`丶、
      _ -─- _/   l_l -‐=ヽ   ヘ  /  / ̄`丶、l    _>─‐- _
/ ̄7ー≦      `丶/      \  l l /       丶、≦       `ー-r‐
  /         / -─=ニ=ー 、 ', l..l /  _ .-‐... ̄...‐-..._\          l
  l          `丶、::::::_ -─- _\l l_l l/_ -─=-.. _:::::::::/           l
.  l            l ̄:::::::::::_ -‐r、 { ワ }´:_ -. _::::::::::::::ヽ/           /
、  \_         l:::::::::::/:::::::::|「`',l l/´7l:::::::::::ヽ::::::::::::l         _/
. \__ ̄ ` <     l::::::::/::::::_ -‐ ', iiYiii /-‐- 、:::::',:::::::::l    _ -‐  ̄  __/
   /  > 、  ` <_ -∨:/:::/、  `ーヽ^^_/‐''"  \:',:::::/ー-=≦  _ ‐  ̄ ヽ
.  /     > 、__ -─∨:/   ー- __.|ニ|l   -‐ " ',:l::/‐- 、___ <   \ ヘ_
/、  _/    /l  | ∨         |__|  ̄       ∨ .l  l \   `丶、 ヽ_ -
   `ヽ    _, イ  ∨ l  (⌒ヽ    ヽー/     γ⌒) / /  丶、    /
 ヽ  .ハ ̄ ̄      ゝ \  \  <二ニ ニ二>  /  ./_/       ̄ /
.  l   .}          ヽ ─-、\  /::::ヘ   // ̄  /         .|  l l
  l  .l          { ̄ ̄`ヽ{.  ̄ \/ ̄ ヽ ̄ ̄`ーノ          l  l l
.  l  /           ヽ-─-弋   ∧   ノ-─= ノ           l l l
  _ -‐ヽ           〉─  ̄{ ̄ ̄`Y´  ̄ }ー─-〈           /_l
./::::○::::ヘ          /    lゝ   人  ノl     ヘ         /::::○: ̄
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【来歴】
   古王国時代のエジプトのファラオ。その名は『クヌム神に護られしもの』に由来し、略して「クフ」と呼ばれる。
   最大のピラミッド「クフ王のピラミッド」の建設者である事で知られるが、それ以外についてはよくわかっていない。
   生没年も不詳であるが、在位は紀元前2589年から紀元前2566年頃と考えられている。
   大規模な土木事業を繰り返して国民を苦しめた暴君とされるが、一種の公共事業であったともいわれる。
   また、神になる儀式について書かれた聖なる本を自ら記したともいわれるが、これもま た詳細不明。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【性格】
   一人称「我」。威厳を讃えた言葉遣いで、ピラミッドの建設に全身全霊を注ぐファラオ。
   ピラミッド以外にもデカイ工事は大好きらしく、国民の苦しみも顧みずことあるごとに
   大規模な土木事業を繰り返していた(無論ナイル川の氾濫で職を失った農民のための失業対策でもあったが)。
   聖杯戦争を含めた現世の事柄にはほとんど(※大規模土木工事以外に)興味を示さないが、
   ピラミッド完成を邪魔しようという輩は全力で以て排除に掛かる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【聖杯に掛ける願い】
   聖杯を必要とする願いはないが、現世に新たなピラミッドを建てるため召還に応じる。
   彼の目的はとにかく自身の象徴たるピラミッドを 建設することなのだ。
   敢えて言えば、ピラミッドを建設した結果として聖杯戦争に優勝する・・・・というところだろう。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【行動方針】
・動かずピラミッドを建設する。
・ピラミッド建設を邪魔する相手には容赦をしない。
・ピラミッド完成後はマスターに従う
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【ライダーのレビュー】
今回の鯖鱒選びの戦犯。
最初送られた時、宝具の効果がピラミッド完成で確定勝利だったので「なんだこのチートは!ボツだボツ!」
と思ったのですが、送られてきた鯖や鱒を見て「調整次第で行けるんじゃね?」となり採用された鯖。

何だか威厳というものを表現できたか判らない、出来て無かったらゴメン。
結果的には良い感じに話の方向が進んだので、参加させて正解だったかな、と。

┣━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【名前】:塔ヶ崎 澪羅        【属性】:秩序・善                 
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━┫  
 【身体】:2    【精神】:6   【魔力】:7(100/150)  【実力】:2       
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━┫

シュレリア(アルトネリコ)

                              __
                         _,-一'    `ー、、
                     、     //   /        ヽヽ
                  ll`ー一'/    l    .!     \〉-┬<
                   || | i ./   .!  .l l   .! l   | ̄|.! ||
                   `</.! l  l   | |   .,'! ! | .! ヽ.ノ>'
                      / .! | l ', | .! .!ヘ   / ! / .! ,' .l i´ ∧
                   /  ヽト、 ヘ lVV ヘ / l/ l/ .//ノノ   ' ,
                  / ,   /lヘ ゛=='   `=='l//ヽ )   、 \
                 / /  //ヽ、ヘl    '    /イ ノ`リ     \ \
           / /  -、/ソ   l`.\   О   / l  ソ,-、   \ \
          / /    >、ノ`ヽ、   ,> _ <     ./ゝヘ      \
          / /  _/     >‐、‐ヘヽ ___//`ヽ-/      ヽ、.      \
     ,> '´__∠ -一'´ \\/ヽ !  `>ヾ 、V{ ,-、.}V /ノ   l /ヽ// ̄`ー-、_ヽ、
_, -<一'´          〉 〉、/| ./  ̄lヽヽゝ='ノ//     |ヽ,〈 〈         `ー---、 _
                   //  |/  ./ニヽゝ|.|.|ノニ\   ∨  \\
   __, -――一'ソ ̄ ̄ ̄` ̄V//、∧ヽ|.|.|/ヽ/\__/! ̄` ̄ ̄`弋ー―-、____

一'´        ,ニソ /      l//〉   | | |   〈\\!       弋l、
         ,ニソ /    /   .{=◎/__   ヘ{}/  _`◎=|        、`弋l       _
 ̄/     ,ニソ  /   ,イ   / V◎一' ノゝ--'ヽ`ー◎ニ/ ヽ   ヽ   ヘ 弋l        \
/     ,ニソ  ./   /./   /l  lゞ◎二〉  ||  〈二◎イ  | 、  ヘヽ  ヘ  弋l、      ヽ
    , ニソ   /   / ,'  ./.! !  |       ||       |   ! |\ ヘ ∨  ',  弋l、
  , ニソ,イ  .イ  ./ .,'  / | !  .l        ||       !   | |  ',  ', ∨   l∨  ',弋l、
. ,ニソ/ |   / !  /  ! /   ! .|   |       .||     .|   | |  V ', V   ! V  ',\弋l、
ソ  /   l  ,' | .,'   ! .,'   .! |   /       ||       ∨ .! |   V | .V  | V  ! \弋l
  /   .! .,'  .! i   .! ,'   ヘ.! /        .||         V .| ,'   i .!  |  .!  ', .!   \
. /     | .!   ! |  | i      ヘ.,'          ||         ',/ノ     .| |  .!  |   l |
/     .! |  | |  | |     ,'          ||          ',     .l |  .!  |   | |
      | |  | |  | |  l\ .!____      .||       __」  /l  | .!   ! ,'  | .,'
      | l  .! .|  .!.!、 .l ` l、   V      ||      ./  .!/  !  | |  | /   l/
.       |.!  .| .!  .!|、\ |  | \.  V    .||     /  ./!  .,' ,イ!  l/   /
.      |l   .! !   |! V \ |  \ V  ,.⊥、  ./ ./  .|  // ,'l|  ./
.          |!    |  V  `|、    ヽ \/   ヽ//   ,! ' ´  / .!
                   V   .| \   ヽ .', ̄ ̄,'/   /    /

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】

  ◆ ぬりかべ
妖怪ぬりかべとの混血の力の行使。
通路を一時的に異界化させ行き止まりを作れる。
【魔力を50消費する事によって、一日一部のエリア移動を出来なくする。】
◆貧乳
 妖怪との混血として纏う神秘により、いかなる豊胸手段を無効化する。
 あと若干精神干渉に耐性をもつ。
 【いかなる手段でも豊胸は出来ない。】
 【精神スキル判定に多少有利になる。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】考えるのが難しい場合書かなくてもOK、その場合コンマや安価で決めます。
 妖怪ぬりかべの血を引く家系に生まれる。
聖杯の存在をしり豊胸のために聖杯戦争に参加。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】
豊胸。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】貧乳コンプレックス。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】 ・死なない事を優先する。・殺さない事を優先する。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【塔ヶ崎のレビュー】
貧乳コンプレックスの女の子って良いよね!

はい、採用した理由はライダーの能力とかみ合っているなと思ったからです。
そしてぬりかべの能力を見て、【エリア10に引き籠ったら詰むな】と考えキャスターを投入。
ある意味今回の聖杯戦争の流れを決めた一人だと思います。

┣━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━┓

 【名前】:リディア・バラン      【属性】:秩序・中立                
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━┫  
 【身体】:4    【精神】:5     【魔力】:5(0/110)    【実力】:6      
┣━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━┫

      _____   _, ----- 、
       r‐-r/  /- '",, `゛''" '''''  ` ヽ、
       ノヽ / ). ∧/       ヽ    `ヽ,
      (_  >ノノ ./     l l   }     ヽ
      <__/ ./{ `/   /   ! !  } }   }  ハ
      /__ {/./   l l.   l l ___}_,}____ }   }
      ゝ }-- {.  l  l l, '"´ ̄     .__ヽ、 ノ
.      / ヽ  {  l/----- 、   r'"二,,_ .l {´    ほう、セイバーか
      ゝ__ {  > ./ .,xr‐‐、、    /{___jノ .l {
       }、_{   _{  ゝゝ-‐'"         }.ハ    私にとって優位な相手だな
       ヽ ゝ. /rz{         }    } {{

        ヽ{.ヽヽハ        ____,,   ./ }}
         `¨¨`ゝ.ヽ.      ̄    ノ  ノ
             ヽ `ヽ 、 _     , イ
                ノ-、 . `゛ '''''"  .l
            , - 、__,ノ‐、_`''‐-- ,,__,ノ{ __
      , --、'"´- ,r-、\  ` ‐ 、______ノ、_  `ヽ、 _
      ヽ_,,ノ'''"`‐' ¨-、` \          ` ‐ヽヽ'"ヽ
.     /::::::/::::::/::::::ヽ `ヽ\           l }‐ }_
    /:::::::/::::::::::/::::::::::::`'ヘ_r‐、`- ,,,,_,,,,,,,,,_    j-‐‐{ヽヽ
.   /::::://:::::::::::://::::::::i i::::::::::" -^- '''''ヽ   \ _,/ __,,,,_}::ヽ:ヽ
.   {::::::! !:::::::::::://::::::::://::::::::::::/::::i i::::::ヽ ‐'''''‐ゝノ/__  l、:::::l:::ハ
   ゞ、:ヽヽ::::::://::::::::://:::::::::::/::::::::::l l:::::::::ヽ ‐'''"l:::ハ ` ‐'ヽ、::::;;l

   / `‐-- 、,,,__:::::::/::::::::::::::{::::::::::::l l::::::::::::"---、}:::ヽ -‐'::::::}::ヽ:ヽ
  /:::::::::::::::::::/:::::ヽ-----'":::{:::::::::::::l l::::::::::::::::://::::::::::::::::l l::::}::::l l:::ヽ
  {::::::::::::::::::/:::::::::::::::}:::::::::::::::::::\:::::::l l::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::ノ:::::l l:::::}
AAキャラ名(作品名) 特に希望なし魔女っぽいキャラならなんでも ベアトリーチェに決定

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】
  ◆商売道具・魔女衣装
  魔女っぽい怪しい雰囲気の漂う服装、魔術的な匂いや印象に手を加えており、
  ちらっと見ただけでも魔女と認識してしまう
  【サーヴァントのクラスをキャスターに偽装できる】
  【ただし交戦した場合偽装ははがれる】

  ◆現在に生きる魔女(職業)
  ルーマニアに生きる現在の魔女、ちゃんと所得税も払っている。
  さまざまな方法を用いて占いや呪詛、祈祷を行っている。
  その中でも彼女はよく当たると評判である。
  【情報収集においてファンブルや失敗したとしても不利な効果にはならない】

  ◆加害魔術「マレフィキウム」
  彼女らが使う魔術の総称、他者に害を与える魔術を手広く扱っている。
   彼女が得意とするのは天候の祈祷、準備すれば有利なフィールドを用意する
  くらいはできる。
  【拠点行動時使用可能、次のターンより先の好きな場所の天候を指定できる】
  【天気によって左右される能力に影響を与えたり、天気と生前の逸話等の相性によってステータスに補正】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】
魔術師を先祖に持つ一般人と魔術師との中間の位置に生きる女性。
もともとはただの一般人で、特に生まれ持って魔術の研究をしたわけではないが、
倉庫に埋もれていた魔術資料などを独自研究し、派手になりすぎないレベルで民間で商売している。
魔術教会に狙われそうな事をしているが、公的に仕事として認められた存在な上、一般人が目で
分かるような魔術は使用しないため、討伐を免れている。
非常によく当たる占い師で、政府からも依頼が来るほどに有名。
今回はこんな本格的に魔術の枠に踏み込んだ内容と占いとはかけ離れた仕事内容に困惑しているが
報酬も良かったし若干の無理をして戦いに挑む。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】仕事で頼まれたためなし、ルーマニア政府に渡す。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】
利害関係の整理が上手なしたたかな女性。落ち着いてしゃべり、説得力を持たせるように
順序だてて喋る。
交渉や話術が上手で、相手が話そうとしている事以上に話させたりする占い師としての技能を
上手く使って生きている。
無茶は嫌いな堅実派で、ギャンブルになる戦いに挑むくらいなら引いて次の機会をうかがう。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】自分の命を守る事を最優先にできれば聖杯を取る。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【リディアのレビュー】
個人的な不憫枠その2。
スキルを全く生かしてやる事が出来なかった。

そして話術が得意と言うのも表現できなかったな、と後悔。
ほら、>>1って語彙に乏しいから…。
スキルを使って「キャスターです」「お前の様なキャスターが居るか!」とかやりたかったけど流れにより没。
残念無念。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【真名】:ヴェスヴィオ山
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【クラス】:バーサーカー          【属性】:混沌:中立                  
┣━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━┫
 【筋】:B(40)       【耐】:A+(60)      【敏】:D(20)        【魔】:B(40)       【幸運】:C(30)      【宝具】:A++   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 HP(5/110) 魔力(15/200) コスト40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

        |     i!   ___|:.|_ |:.|___  /     |
        |    f‐ ̄ ̄ ∧  「 ̄)) || __ __ __ ̄゛i     {
       /{.     | .|ト、,イ!./=ヘ. |i ̄ヘ .!! |ト、 || || ̄l! |    }\
      /  i'    | .||`´||/  ヘ ||   ヘ.!l |l\|| ||=l! |    イ::::::\
    /    {、 `ヾ...| .||  || _,―= ̄=―,、 ¨.||_i! |   ,メ:::::  \  そうだな
  /    _|ミヽ.  ,!-‐  ̄´      三=_   `ヽ、__.!  /l!-、::    \
../       /ハヾミト、´      ,.ィ====、      `ヽ,/彡!´` i:.       \
´      { ゝ゛j |ミ 、\___,ィ<、__ヽ゛:::::::!".::`>,、___/,," iミi{-= ,}::.      \

        .:∨(〉|ミ 冫,゛‐==ェェ=ァヾノ,:::::ト、_ノ-==ェェ==‐、< ミヽ:;//::::::.
      .::::ヘ 、>ミヽ、' `ヽ、......::::::-"`、:::::}::::゛`ヾ、::........,. '"` ,..,ミノ'/.::::::::::.

      .::::::::∧`} `゛i|    ̄    l::::|:"   ` ̄   /イ ,_/.:\::::::::::::.
     .:::::::/":::`ヘ  !     __,ィ  l:::l ヽ、      ,'", {::::::::  ゛\::::::::.
     .::::::/  ::::::::l! ヽ !   , -‐'  `ヽ_, '´ ′ヽ、   ,' / ,':::::::    ,\::::.
    .:::::/   ::::::::| ヽl /  _,ィ-====-====-、__ `ヽ !,′/.::::::        \:.
    .::::/    :::::.\ ヽ L {ニニニニニニニニニニニニニニ} j'//.:::::::     __ \
   .:::/      ::::::::.\゛    、           ,    /イ.:::::::::     メ:. :. :. :.`、 \ 

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【クラススキル】
  ◆狂化:(E+)
  パラメーターを上昇させ、理性を奪われる。
  しかし、彼の場合は特殊でこのスキルの効果を受けていない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【スキル】
  ◆対陣地:A+
   彼は形成された陣地や工房、神殿といった場所に攻撃を仕掛ける際大幅な補正を受ける。
   これは彼が過去に起こした行為を再現したスキルである。
   【陣地、工房、神殿に攻撃を仕掛けた場合、戦闘第一ターン、彼の全てのステータスをA +にする。】

  ◆原初の炎:Ex
   地球から授かった最初の火を持つ証。
   全ての火に関 わるスキル、宝具の効果を受けない。
  【火に関わるスキル、宝具の効果を無効化する。】
  ◆矛盾の家:B
   自身以外のマスター及びサーヴァントと共闘している場合に発動出来る。
   仲間が受けるダメージを肩代わりしステータスを上昇させる。
   何者も受け付けない彼だが人はそれ故にだろうか時として彼に助けを求める。
  【他陣営と共戦時、仲間が受ける全てのダメージを彼が肩代わり出来る。肩代わりした場合全ステータスを1ランク上昇させる。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【宝具】
  ◆『されど人の繁栄を』(オーバードリーム)
  ランク:C    種別:対国 宝具   レンジ:1~  最大捕捉:1~人
  彼の願いを宝具としたもの。
  人の営みを見守り、豊穣と繁栄を与えたいという彼自身の純粋な願い。
  しかし、それは彼自身の性質によ って叶うことはない……
  【効果】
   【この宝具を発動したターン魔力を20消費し仲間のステータスを一段階アップさせる】
   【この宝具は魔力を払うことによって継続して展開できる】
   【この宝具は最大3ターンしか展開できない】

  ◆『さらば人の栄光よ』(グッバイライフ)
  ランク:A++    種別:対国宝具  レンジ:1~  最大捕捉:1~人
  彼の本質を宝具としたもの。
  全てを破壊し飲み込み無に返すという本質を。
  悲しき彼は涙を流し己が本質を呪う……
  【効果】
   【この宝具は『されど人の繁栄を』を3ターン発動したターンの終わりに魔力を50消費し、強制的に発動する】
   【この宝具が発動した場所の効果はな くなる】
   【この宝具は自身以外その場にいる全てのサーヴァントに10ダメージを与える】

  ◆『しかし人の営みは』(カムバックヒューマン)
  ランク:B    種別:対国宝具  レンジ:1~  最大捕捉:1~人
  火山は全てを無に帰す。
  しかし、本当にそうだろうか?
  降り積もる灰は新たな植物を育み、地下深くより押し出された金属は人の生活になくてはならない。
  そう、たとえ無に帰ったとしてもそこからは有が生まれるのだ。
  【効果】
   【この宝具は『さらば人の栄光よ』を発動した場所でのみ使用できる】
   【その場所を魔力回復+50&HP回復+50の霊脈に改造することができる】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】
   かつてポンペイの町を飲み込んだ火砕流の源。
  彼はその源であるヴェスヴィオ山の妖精である。
  記憶はおぼろげだがはるか昔ヴェスヴィオ山ができたときから存在していた。
  意識がはっきりとし始めたのはポンペイの町ができてからである。
  一種の信仰の対象であったヴェスヴィオ山。そのためかだんだんと意識ができ始め実体化もできるようになる。
  その姿を人間を見られたことによってヴェスヴィオ山の精としてより一層信仰を集める。
  
  彼は人間が好きだった。
  争いはするし自分から石を持っていくがそれでも好きだった。
  人間の姿を真似て町に入り子供と遊び大人と混じり葡萄酒を飲む。
  そんな生活を続けていた。しかし、それは長く は続かなかった。
  自身の中からあふれ出る良くわからない衝動、はじめは気のせいだと思うことにしたしかしそれは無視できないまでに膨らみ……

  西暦79年8月24日、それはとうとう爆発した。
  一気に開放される感覚と共にヴェスヴィオ山から吹き出る熔岩。
  それが全てを飲み込む様子をみて彼は『笑って』いた。
  自分でそれに気づいた彼は懺悔した。
  自ら神として崇められていたにもかかわらず神に許しを乞うた。
  されどその衝動は収まらなかった……

  時は経ち彼はとうとう動き始めた。
  長かった座にアクセスし自身をサーヴァントとするなど様々なことをやった。
  聖杯はそこに、もう人を傷つけないために願おう……
┣━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】
  自身の火山活動の抑制
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】
  強面で口数は少ないが人を思っている優しい性格。
  そのため、人間を助けるためにマスターの指示を無視する場合もある。

  花、木、動物などが好きだがパソコンなどの利器は知識があっても苦手。

  一人称はわし、二人称はあんた
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】
  マスターの指示に従うが人殺しや魂食いは嫌 悪している。
  人助けをついしてしまう。
  サーヴァントには容赦ない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【バーサーカーのレビュー】
良いキャラだった。無口な優しい大男系は好みだ。
そして長い来歴を書いて下さって、こいつはちゃんと書いてやらなくてはと思い、結構気合い入れました。
同じAAばかりなのは、余り表情変えない印象だったから。何だか申し訳ない。

結構書いてるうちに性格変わっちゃったなと。
あと採用した理由は、ライダーの宝具のメタ役。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【名前】:マーイ                    【属性】:中立・悪
┣━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
  【身体】:5       【精神】:7      【魔力】:7(90/150)     【実力】:8
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━┫

               (_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒(ソ(nい(
.              {/::::::::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`しヘ{
                _/ ::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::∨i}
.            /.':::::::::::::::::::::::∧|:::::::::::::::::::::::|:::::|::::::::::::::::::::::∨_
.         /: : | :::::::::::i::::::/l′li::::::::,:::::::::::::ハ::::|:::::::::::::::::::::::::'; : : `:、

           {_: : | :::::::::::|:::;'__{_ ,ハ:::::{:::::::::l/ ';::ト:::::::::::::::::::::::::|___丿
.          弋~¨|:!:|::::::::|:::|  `ヽⅣ::゛:::::/}!―|/-l:::::::::::::::::::::::|: : : {
              }::|:!:|::::::::|从`=--ミ }::::;/丿 / イ:::::l::::::::::::::::八 ̄__)  貴方の様な凡人には判らないと思うわ
.           ` f从ハ:!:::::::|l )    イ::,:、{  ^=―‐|l::::|!::::::j:::::/__У|\
           /| :.:.:.l乂::::|{:、   |/  \    八::|!:::::i|::/|: : : : :/:_ノ  ただ簡潔に述べるなら、一族を再興させる事。
         〈 : : `フ´|::::jハ人.\  {ヽ      /^}::::|l:::/j/: |: : :":{: :\
           \/: : :| :::::: ∨\   ー:_:--     ハ八{:::|:::::|___ノ\/^
              {___|::::::::::::∨J\       ...<,イ::::::::::: ∨:|: : : : :.:.:〉
.             |::::::::::::: ∨ニi介ー=≦r{Y二|::::::::::::::::ヾ!___/

              斗| :::::::::::::: ∨__,辷{   i辷{ニ八::::::::::::::::::∨::: |     その為にわざわざ魔術協会と付き合ったりして聖杯戦争への参加権を手に入れたのよ
        , :‐≦ニニニ|::::::::::::::::::::∨_辷{ O i辷{,ニハ::::::::::::::::::∨::|_
.     /ヘニ、‘ニニ八:::::::::::::::::::::∨`<__j_ノニニ∧::::::::::::::::::∨ニ\

      ////,∨ニ、‘,ニニハ:::::::::::::::::::::i>彡{_}=ミ、ニニニニ,::::::::::::::: Ⅵ .ニ’,
.     //////,∨ニ、‘,ニニ∧ :::::::::::::::::|///~ヾN)}ニニニi::::::::::::::::::::|ニ :ニi∧
   ////////}ニニ: ニニニ}:::::::::::::::::|_,//ニニ},}∧ニニニニi::::::::::::::::::::|ニ :ニ|/∧


AAキャラ名(作品名) エイプリル(コヨーテラグタイムショー)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
 ◆ ウィッチクラフト (種別:魔術 タイプ:任意)
   スラヴ地方の魔女、バーバ・ヤガーを始祖とする黒魔術。
   自らの血液を封入した銃弾を触媒とし、一工程(シングルアクション)での詠唱を得意とする。
   主な効果は呪詛によるステータス低下、状態異常、行動不能/即死判定など。
   対魔力で軽減可能。
   【戦闘時、魔力を10消費して発動。サーヴァントのステータス低下、状態異常、行動不能の内から一つの効果を与える】
   【対魔力D以上、または呪詛に耐性を持つ事で無効化】
   【対魔力Eで軽減】

 ◆ 森の魔女 (種別:魔術 タイプ:任意)
   バーバ・ヤガーの森の守護者としての側面を受け継いでいる。
   詠唱と共に大地に銃弾を撃ち込み、大地を支配下に置くことで一帯の植物を自在に操作する。
   単純な敵の束縛(筋力/敏捷低下)や継続的な物理ダメージの他、薬草生産や短期間での工房作成等応用力が高い。
   植物を触媒とする物理的干渉のため、対魔力貫通。
   但し、森や林のフィールドでなければ使用できず、既に魔術師が陣地作成を行っている場所では使えない。
   【密林で使用可能。魔力20消費で発動。その地のHP、魔力回復を+10する。】
   【戦闘時に使用した場合、魔力30消費し、その後毎ターン魔力を10消費する】
   【戦闘時に使用した場合、相手サーヴァントの筋力、敏捷を2段階低下させる。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【来歴】スラヴ神話に登場する魔女バーバ・ヤガーの末裔で、スラヴの大家『森の十二姉妹』の当主。

      長らく外界と交流を閉ざしていたが、時計塔の怪物と称される「獣(ベースティア)の少女」の襲撃を受け、
      多数の魔術資料を簒奪された挙句、管理下の森の七割が消滅。一族は壊滅状態に追い込まれる。
      一族復興の為、仕方なく魔術協会の門を叩き、聖杯戦争への参加権を手に入れる。
      名前はロシア語で「四月」の意味。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【聖杯への願い】消失した森を復活させ、一族を再興させる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】普段は外見通りのお嬢様であり、冷静沈着な態度で敵を挑発するが、

      予想外の事態(特殊判定とか)になるとブチギレて逆上する。
      本来の激情的な性格が剥き出しになるだけだが、知らない人から見るとただの豹変にしか見えない。
      一度やられたことは根に持つタイプ。可愛くみれば負けず嫌い、か。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【行動指針】 自分が得意とするフィールド(森林)を中心に行動し、積極的に敵を狩りに行く性格。
         ただ状況次第で同盟や一時休戦といった策にも応じる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【マーイのレビュー】
この人を使っていて思ったのは>>1ってマスターの扱い下手ね。という事。

個人的に来歴とか読んで愛着の沸いたキャラ。
だがやはり色々表現出来なくて残念だったなと思う。
そして彼女が可愛らしくて豹変させられなかった、ゴメン。

採用した理由は、枠が空いていたから。
そして残っている中で一番しっかりとした出来のキャラクターだったから。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
【真名】:ヘンゼルとグレーテル
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:アサシン             【属性】:中立・悪                  
┣━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  【筋】:D(20)       【耐】:E(10)       【敏】:D(20)      【魔】:C(30)       【幸運】:A(50)       【宝具】:C   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 HP(0/60) 魔力(150/150) コスト30
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

      / i//      :// ./ :i.i ',. ヽ \
      :/ i/     ./:/ / l  :| ! l.i ヘ
..   /i/:/   :/ :/:/  :/  l  | | :i:.l  i
..   / ///  // :/:/  i  i  l :| :|i |  l
  / / i/  .i/  :i-i‐= 7 ̄/ヽ i :i  :i :i  |    ざまあない事
 / :/,イ | i| :i :|´ ̄  ̄ ` -∨/  //  l i
  .;// |i:i|i :i:| ハi ィ' て_)`ヽ、ヽ ` v/_,./ :/    そして――――

  :ハ,i 'ヘ|.i:.i|.i |   `ト、:::::ソ `    =`ヽ∧/
 .:/ ヽ く:iハ:.i: i|     `´     .ィ=ミ、 `.ヘ´
..//  :ハ、_ ヘ',            、トイハ /
//  /  .i:i|  ヘ    ヘ、      〈 ` く '/´/
/  /  /ハ      ` v 、   ´  /イ /
  /  i:.i  ゝ       ` 、ン    ,.イ | /
    ki   :\      ヽ    / i |/
.  ,. イ Vヘ  .:\      ,. イ   :i /
..´  ト、  ∨i   ` .r.-‐ ´  :i   :i/
.   ト、:\  `´V.i  //ハ:.:.:i  :i   /   r 、
.   | \::\   ∨,.イ \! :i  /  r、ゝ



                     , -===-. 、
                , ´ ̄     \  ミミx、

              /.   /    i.  i ヽ ヽ. ミ==x、
             /.  l.  | !  |.  |  ', ',  ミ==x
             ,'   |.  | |  |.  | ', ',.. !. l\`ヽミx、
              l    {i  | i.', | |. |. |.. l..::!:.!.| }. |ゝニ=x、
               {   ||..斗--|:.:!:i :.| |-|.十-、. |. |..|. ヽ ',ヽ、. ,,
              |  ', . ',ヽ ハ」`ハ!」:! :.|」ijハ」ト| : /.i::,':::}、:: ',.|ゝ彡'   ―――頂戴するよ、君の大事な物
             |   ',...ヘィヒニテソ  \i..x=ニミソ/,'/ノ::::|:::|:: {|、
.               ',..ヽ \ヽ、     、    ノノノ.|::: ,':: |ヽニ=-
             ',. |::\`ー`   ___    ソノ.,':: /ハ |
                  ヽ',: :、:ト、`  `. __ノ   イ:: ノ_/{|:: `
           , -'": :\ \:ヽ       イ. ,'ノ:: |::: |
          /: : :.,,,,;;;;;;'"\ \`≧=≦i!i!i!i!/ヽ、ヽ、.',
          /.: : : :.;;;;;;;''\.  |  >∧ V ∧/. |\  ̄
       / : : : : ;'': : /`、 ヽ∧/l..( ハ ヽ/.  |
.         ,': : :./.: :. .:./ー、ヽ.」 : \l. ヽヽヽヽ,-┘
.         l: : :/: /: :r ― -\:.: : : :. 、l. \`、`ミ二ニ=-
.     / | . ,': / . '/ ̄ ̄`ヽ.: : :. : :,l l. ` ミニ=-

     ; : | /../: :,'   ,. /.. 、-、. : ::.',l l l ゛|:
     | : ',' / . ノ . ノ;;ノ__.(`ヽ ',ヽ. : ',l l l |.:
     |.: :.i: : :.(. ノ..   ̄.i i} . i. |}. : ',l l l. |.:

.       |: :....ヽ|: : :.ヽ.  Y. ,' ,' ,'ノ'..: :.',l l l |: :
.     |.: : :. :.`l: : : `-、_   ノ_ノ: : :...: :.',l l l.|.:
      |: : : : : :| : : : : : :. ̄: :..: : : :..: :.: ',l l. l.|.

AAキャラ名(作品名)ブラックラグーン ヘンゼルとグレーテル
(兄と妹みたいな関係ならなんでもいい)     

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
 ◆気配遮断:D+
    サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。
    完全に気配を断てば発見する事は難しい。
    ただし彼(彼女)は殺意を隠す能力が高く、攻撃姿勢に移っても気配遮断のランクは落ちない。
    【奇襲時、失敗しても相手に気が付かれない。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
  ◆二身一対:B
   彼(彼女)は2人で1つの英霊である。
   霊格を完全に共有しており、片方が消滅すればもう片方も消滅する。
   【同じ場所で行う判定に限り2回行うことができる】
   【任意で1ターンの間に2回攻撃可能】
   【2人だが1キャラクターとしてシステム上扱う】

  ◆魔女殺し:B
   行った偉業によって得たスキル、魔女に対して有利な判定を得る。
   【魔力B以上の女サーヴァントと戦う場合、与えるダメージに+20が付く】

  ◆魔術:D
   物語の改変により身についたスキル、魔女由来の魔術が使える。
   しかし改変により身についたスキルのせいかあまり使いこなせていない。
   ちなみに女性のほうしか使う事ができない。
   【女性の方の攻撃ターン、魔力を選択された時+10の得点】
  ◆強奪:B
   敗北者から物を奪い取るスキル
   一人倒しただけで幸せに暮らしていけるほどの物品を奪い取った彼(彼女)らは
   この聖杯戦争でも良い物を手に入れられるだろう
   【サーヴァントを消滅させた場合、相手マスターから礼装、令呪などを奪い取れる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】
   ◆『燃え盛る魔女窯(ウィッチ キルン)』
   ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1
   彼(彼女)らが行った唯一の偉業。
   魔女を窯に蹴落とし焼き殺した窯を召喚する。その窯は相手が魔女に近しいほど
   その身を焼く神秘を増した炎を吐き出す。
   しかし相手が魔女まったく魔女とかけ離れた存在であれば、出る炎は何の神秘も無い窯と同じで
   サーヴァントにはなんの傷も与えられないだろう
   【魔力を10消費し、ダメージ0のダメージを敵サーヴァントに与える、ダメージは以下の条件にしたがって上昇する】
   【対象の魔力値の高さにしたがって上昇、例えば魔力A(50)なら20ダメージ、Bなら15、Cなら10、Dは5、Eは0】
   【対象が女性である場合+20】

  ◆『応報の死(ディア マザー)』
   ランク:E 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1
   彼(彼女)らの物語の結末。
   彼(彼女)らを口減らししようとした母は死んでしまった、
   それは彼ら以外にはなぜかわからない不思議な死。しかし
   それは彼(彼女)らからしたら当然の報いなのだ。
   彼(彼女)らを排斥しようとするならば報復の呪いを覚悟しなければならない。

   【自陣営が交戦後撤退した場合、撤退時に敵に10のダメージを与える】

┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【聖杯への願い】
自らの物語の改変
彼(彼女)らは自らの物語の自分達以外が嫌いで仕方ない、自分達だけがずっと幸せに暮らしたという話にしたい。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
 よくも悪くも自己(2人)中心的な性格で、自分達以外が酷い目に合おうともあまり気にしない。
 基本的にはマスターには従順で指示には従う。
 2人とも成人以上の女性が嫌いであまり信用しない。知恵は働くほうでとっさのトラブルに強い。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【行動指針】 マスターの支持に従いつつ勝ち残る。
基本的には従順だがそれは忠義を持ってるわけじゃないのでより勝ち残れるならば裏切りも視野にいれる。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【アサシンのレビュー】
主人公の鯖にしようか迷ったキャラ。
しかしライダー相手が完全に他人任せになるのと、バッドエンド臭がしたので見送りました。

さくっとやられてしまったけど、ランサーの下位互換みたいな事が出来る鯖。
ある意味セイバーが早々に焼き払ったのは良かったかもしれない。
最初マスターと仲悪そうに表現したけど、結局なあなあになってしまったな、と。

採用した理由は、アサシンの枠がこの鯖と・・・という感じだったので。
アサシン人気無いのね。

【事情によりこの部分しか載せられないよ】

┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:アーチャー                  【属性】:秩序・中庸                  
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━╋━━━━━━━┫
   【筋】: B(40)        【耐】:C(30)        【敏】:B(40)         【魔】:C(30)          【幸運】:E(10)         【宝具】:A   
HP(70/80) 魔力(50/150) コスト20 状態:信頼

┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━┫
       丶 、、
   _ー::::::::''"::ヾ:::ヽ }ヽ
=ニ::ー:::::::::::::::::::::::::,,::ヾ::}
::::::::::::::::::::::::::ー::::::::::::ノi;;" ̄=‐_
::::::::::::/ ̄:::::::::::::::::::::::ノ::::`‐}、`::.、 `
::::::/:::::::::/:::::::::::::::/:::::::::ハ::::ソ
/::ノ::::/:::::/:::::://:::.::::〃ヾ::::、
::::::::/::/:/:::::/::::/.:.:.:.:/ハ::::::::i:,
://::::/::::/:::;,仆、イ.:.:.:.:/kャ, ;::::::i::ト'、
 /::::/::::/:/ '尓ケ,|::/"!/ェツ i::リ::l'"

_//:ィ::::/レ.  亠" l/' "、  i "'    これで状況は互角、逃げずに戦うというのは褒めてやりますが――
::::、、i::/          ;, ,'    
:::i;ハ;ヾ         ' /

..、_ヽ \      ' ニ"/ roーii___                              r―rr                  「「!
ー-、_>-、_,. -─-く _r}───┴─‐┬──⇔──┬────────‐┴―!L_r─n___r‐n____j ll____

     /^´     `ヾ「 ̄ ̄ ̄ ̄\l二二二二二二!/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i^Y^i^Vヽ!{__{  { (___{ (____{ {(__{}
    ./       、 、_\                               l l l、ヽ \_〕__,}{     ヒY      ヒj「
    ./      、  `_ ` `ヽ、___________/二二二二フ ー〉 〉、_ヽ ヽ{_{_{二二(コ!
    .!、    、 `  ヽ`ヽ、 ノノ} ̄`¬ー─┬┬┬┬──‐/  l   ´ / / /_,/
    l⌒>- 、`ヽ、 `ヽ、 _) ヽニ-───-! ! ! !   /     ヾー- 、_,、 - ' "´
., > l /_/ヽ ノ`ー'⌒ヽ\          ! ! ! ! __, ! l      !   / |
."   _/                       ! ! ! !  ヽヽ     ヽ /  /
.=^ ̄                           ! ! ! !  ヽヽ      `ニ/
                                ` ̄ ̄´   ヽヽ   ///

聖杯安価スレやってればいやでも人物描写上手くなるだろうから期待しとるで~>マスターの扱い
不満点なんだけど戦闘開始前には相手陣営だけじゃなくて自陣営のすでに発覚しているスキル宝具とか面倒かもしれないけど毎回まとめて出して欲しいなって
あと残存魔翌力が地味に大切みたいだから体力記載の時についでにたまに書いておいてくれるとありがたいかも。
とはいえ対セイバー見る限りここの戦闘計算処理くっそ面倒だから負担になるようならスルーでおねげぇします

別場所じゃアサシン飽和してた気もするし
たんに最初の1回だから片寄っただけじゃないかな

キャスターとアサシンの来歴も見たいー

【アーチャーのレビュー】
性格から敬語キャラにしたけど、AA元はもっと熱いキャラな様で。

彼は主にマスターを狙うのが得意で、>>1が本腰を入れて居たら昴の命が幾つあっても足りなかったかもしれません。
もっと活躍させて挙げられたら良かったな。

採用した理由は、兎に角キャラが良かったからですね。
ライダーのせいではありません。

最初に脱落したけど、彼はもっとスキル沢山ありますよ!使い方によっては普通に強いんですよ!

>>204
な、なるべく頑張る!

>>205
あれ?そうなのか
取り敢えず次のアサシンは何となく決まって居るし大丈夫だけどやはり数少ないなって思ったが…。

>>206
元々無いんだ、ゴメン

┣━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【名前】:クリュサオル         【属性】:秩序・中庸 (善)                
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━┫  
 【身体】:9     【精神】:8   【魔力】:3(70/70)   【実力】:4       
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━┫

ジール・ボーイ(マテリアル・パズル)

                    i、  /ヽ ,,/ l   ., 〟
                 !ヽ  .l゛ \/  ∨ ヽ .l、,./ .l .,/'l  .、
            |\.  l  .7┤  .ヽ /   l./ !  .ノ´  !″.!
       、,,,、 ! .i-ミ‐''!  ,! ヽ   . ′ ./   !      .|>";!  ._,,,,..、
     .、  ヽ.,./ │ .`'-、,!   ヽ    ./    |    ./   ;!'''"゛  ./
     ヽ .` ー │   .′ ... _.,,,、y、、、 ._、 |     _,,.. ,|...-‐''1/―ゥ
   ヾ  ̄ヽ    `    ,,;;.''゛゛″         ´゛~゛l、  .-'"゛  ./    /.l, /
    _;;、.,.゛  ._;、,   .i'′        u   、  ゛ッ     /    .`.'''¨゛゛゛゛フ
   .,゛;;;″ ,,;l゛゛゛ .ヽ.,、′              ゝ .゛;i,_    ‘       /
  .ヽ, 、 ./     ゛             _   `'..`''゛ミ_    ̄ ̄ ̄/ '゛.!,_
  .ぐ″ .〃  u              ,..-'"    ._ /  .;l'       / ...,,,  >
   \.|             /    ._,..-'゛./    ;!    ヾ   ./ィ \
    .l|            '゛  .,..-‐"_.. -゛    !    广''ヽ". `゛'' 、   目は覚めたぜ昴、どぎついのかましやがって

     .!           ,i  , ‐'´, -''"゛           l   ...〃 /./  .,/
    │      l.    ! ./ .,-'ン‐'"三 ̄"ゝ、_   .! /".../ '''く,,メ^ヽ ゛ 、   
     ゛ '''゛,゛,゛ニニ;;;; ヽ   ' / ン''″ l〈;;;;;;!.| __./     .! / / ⌒゛ |,  .,,`l'"    ―――取り敢えず、マスターを殺してまでサーヴァントを奪うのは辞めにするよ
    .゛'广 .,...... --ニラ     ‐''''''''''' ''  ̄      ,,|/ 〈'" ゛゛゛〉  メ‐'ト' > 
      \ .!  !'(;;;;l〉,!                 /:.!  /  /  r‐┴,,rく、      当主の頼み事も一つだけ叶えりゃ十分だよな
       l`'‐ -゛‐' /                 /::  ."_,,....,,,,-{__,  / ,/
        !    /             u     "  i "   ,:'''、,r二"!゛
        !   く                       l .,..、.く、 .゛l.、 .!  _.. -┐
           l    .`ー  . ̄                  ! く  ゛V,゛_./  ヽ|‘゛´;;;;;;;:! .\
            l                       ! l"! _..′     \ ;;;;;;|  .ヾ
            !       _,,,.. -―''''''         / . `''"        / ;;;;;!   l.
          ヽ   .‐‘゛              /    !      ,r'~;;;;;;;;;;;;l゛  ./
              ヽ     ィ‐''"            /:    .!    ,r“;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  ./
               \                /::::     i   ,./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! ./
             ヽ,           ,./ :::::::   u  | ,./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! ./
                 ヽ        /::::::::          / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!'"
                  ヽ    _,,,/::::::::::        / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
                 `゛゛゛ ̄´ 、゛l::::::::           / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】

  ◆魔獣剣
 種類:剣法
 クリュサオル家が伝える幻想種の力を模した剣法。
 対処するには人よりも獣に対する技術が重要。
【身体判定に成功する事により、魔力を5消費しサーヴァントに5ダメージを与える。】
【獣を退治した逸話、経験のあるサーヴァントは筋力判定により対処が出来る。】

◆黄金剣
 種類:礼装 状態:ケルベロス・オルトロス破壊
クリュサオル家の秘技が記録された礼装。
それぞれ違う秘技が記録された礼装、
高速突撃「オルトロス」全方位反撃「ケルベロス」広範囲斬撃「ラドン」の三つ所持している。
【黄金剣・オルトロスの詠唱により、魔力を10消費し、身体判定VS相手の敏捷判定に勝つ事で20ダメージを与える。】
 【攻撃を受けた直後、黄金剣・ケルベロスの詠唱により、魔力を20消費し、その場に居る認識しているサーヴァント全員に20ダメージを与える。】
 【黄金剣・ラドンの詠唱に、魔力を30消費し、その場にいるサーヴァント全員に30ダメージを与える。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】
 幻想種の力を模した剣法を伝える家系クリュサオルに生まれ、戦士として育つ。
頭首からの命でクリュサオル家の秘技が神話の存在に有効か試しに聖杯戦争に参加。
ついでに英霊みてみたいから連れて帰ってこい、とも言われている。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】
サーヴァントを家に持ち帰る。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】常識人。戦士として人を殺すことをためらわない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】 1黄金剣を奪われない。2生きて帰る3黄金剣を試す。4サーヴァントを連れて帰る。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【クリュサオルのレビュー】
今回の主人公の被害者。それに尽きる。

彼、普通に今回のマスターでは強い方なんだけど、全く活躍させられなかったキャラ。
多分礼装破壊のスキルを主人公が持った時点で彼の運命は決まって居たんだ。

あと、魔獣剣を使ってやれなかったのは完全に>>1の不手際。
申し訳ない。
次出番あったら活躍できるかなぁ・・・。

採用した理由は、能力を見て今回の最強のマスターとして扱おうと思って居たから。
けど結果は・・・ゴメン。

┣━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【名前】:ウォルター・ルールエル         【属性】:中立・悪                 
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━┫  
 【身体】:9     【精神】:2     【魔力】:5(15/110)     【実力】:8       
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━┫

                            ______
                            \:.:.:.:.:.:`ヽ
                       、 -‐…‐-\:.:.:.:.:.:.Vヽ/\
                 ____\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.,

                    >‐-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                ,.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:./、

                 ,____,:.:.:.:.:.:|:./‐ヽ .:.:.:. |-\,メハ:.:.:.:.:.>
                    /:.:.:.:.:.:.:|/-=ニ\:.:.:|=/⌒ヽ|:.:.:.:}:.\
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/⌒ヽ \| /ヽ   :.:.::/:.厂
                   ̄ ̄/:.:、:.:.:|′ /ヽ     __   ! イ^Y
                  |::/i^ヽ|  __   ,         , ) ;   
                  |/..| ,ヽ   __ ` -‐   ヲ //
                        人___、  辷_,,.. -‐ ´ ,.:'\
                    ∠个:...        イハ厂
                     ___从/ | `¨¨   |========┐
                        |「 ̄   ,|      `|    .0 ||
                        || 0  .′         |  -=≦_ _______
              _,.  -‐ _」L,,,,,  /‐-      -‐ |     7/   ¶    \
.              /.   ¶  |} ̄ ̄ /‐- ..,,___,,... -‐,   //   :|}    }.. \
             /  {  .:|}   |}   /             V  ′___|}____ /    \
.            /   ',.____|}_..|}  ./              ∨ {|      /.′      .\
.           , 仁二_∧  ̄ ̄ :|} /             ∨:|   o   / ;        \
         /      }  o  :|} .′               }.:| ` T T ´  |__
        /         }\___/|} i                | |   | |   :| \
AAキャラ名(作品名) AA:横島忠夫(作品名:GS美神 極楽大作戦!!)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】

  ◆代行者:C
人の身にて神の代行として魔を滅す戦闘信徒。
悪魔祓いではなく悪魔殺しであり、異端たるモノを殺す技術に長けている。
ただ、彼の場合技術は一流にも関わらず生来の気質が邪魔しトドメを刺しきれない事がある為ランクダウンしている。
【人間に対して+10、人間以外に対して+30の補正を受ける】
【魔力を10消費し、サーヴァント相手と防御時のステータス判定を行う事が出来る。幸運B、他能力Dとして扱うが、相手が人外の場合全能力をBとして扱う。】
【サーヴァント相手の場合HP45として扱う】
【ただし、相手の姿形が女子供であった場合この補正は受けられない】
  ◆幸運:A
不思議と運がいい。
危険な任務においてヘタレである己の性質から死にかける事が多々あるが、危機一髪で生き延びる。
人間の「運」とは本来鍛えようの無い運命そのものであり、人外女子が彼に惹かれるのも生物としての
彼の非凡かつ強固な運命力を本能的に感じ取っているからかもしれない。
【死亡に値する攻撃を受けた際に判定を行い、成功すれば運良くそれを回避する事が出来る】
【また、劣勢であればある程、自身に優位な判定が出やすくなる】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【来歴】
聖堂教会の代行者。
恵まれた身体能力と魔力を持つが、根がヘタレゆえ実力を発揮出来ていない。
本来代行者は異端を狩る事が目的であるが、彼の場合生来の優しい性格が邪魔をして情けをかけてしまい、死にかけた事が1度や2度ではない。
しかし、それに惹かれ彼に懐く人外も多く、それを拒否する事も出来ず周りの代行者からは睨まれている。
実力はある故、上層部からは「性格さえ直れば…」と一応期待はかけられているようだが、一部の過激派からは抹殺すべきとの声も上がっており割と紙一重の人生。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】
危険な魔術師の手に聖杯が渡る事の阻止。
聖堂教会での聖杯管理。
…ちらっとだけ彼女欲しいなーとか思っている。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】
ヘタレ。
普段はエロトークばかりしている彼女募集中のダメ男だが、実は童貞であり実際に女性に迫られると脂汗を流して逃げ出す。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】
オーソドックスに情報収集、撃破の流れを守る慎重派。
ただ、根が女好きかつ優しい性格をしているので、女子供の危機には飛び出してしまう。
一応聖堂教会所属の代行者なので正義感はあるのだ。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【ウォルターのレビュー】
途中主人公っぽくなっていたキャラ。
とりあえず爆発しろ。
なお、このキャラクターの作者はヘタレキャラが覚醒して頼もしくなる様な感じ(違ったかな)が好みな様だったのでその様に描写しようと思いましたが…。

因みに、このキャラのせいでセイバーがあの子に決まってしまいました。
相性的に合わせるしか無いと思ってしまったので・・・。

採用した理由は、やはり性格上の扱いやすさに尽きる。
もし昴が危険な目にあった時に、お助けキャラとして使おうと思って居ました。
結果は強敵になってしまったけど。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
≪真名≫:フェンリル
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
【クラス】:セイバー             【属性】:混沌・悪  【特徴】:反英霊(怪物)
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
【筋】:C+(30、コンマぞろ目で60)     【耐】:B(40)       【敏】:E(10)   【魔】:C(30)  【幸運】:E(10)  【宝具】:A+
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
HP(45/65)   魔力(30/150) コスト0(50)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
                    ____     ノ
           ___,. : : : :´ ̄\: : : : : : : i:><

         /  (/-―==: : : : : : : : -― : : ̄\\
        /   (ア: : : : /: : : : : : : : : : : : : : \ : : \-:、
          {  (7: ー―/: : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : \\
.        八_(7: :/: / : : : /.: : : : : :/ヽ: : : : : : : : \ : : `、\
        /|: /: : :.′ : : ′/: : ://   ',:.|: : : :.:|: : : :ヽ: : ‘,:.',
.       /i |/: : : :i: : : : |: /:_厶ィ  |∧: |: :.|: : : : :‘, : : i:', i    何を言ってるんですか、当たり前の事ですよね?

.         〈i:i/: : : : :|: : : : |/|: : //    :l: |`ト-l--: :l : i: : :.l: ',|
.         У: : : : : |: : : : | xf禾芍ミ     禾芍ミ',: :| : |i: :.:|: :.\
      _/ : : : : : : | : : l: |{{ ト{_ノ |     ト{_ノ| }} i: | : |i: :.:|:_彡'  生前私は、主人に見捨てられたんです
      \__彡ィ| : 八:| 乂_,ソ      乂ソ /l/|: :ハ: : |乂
.       /i:|ノ_乂ィ从: : : :\ ''''       ,  '''' ィ: :ノイ|_|: /|/    ――――あんなのはもう、嫌
      |:i:i|i:i:i:i:| |:i:i:i, : : : :⌒             /: : : :li| |/
      |:i:i|\i:i| |i:i:i:i:,: : : :ト .    ⊂つ   ,.イ: : : :/i:iノ|
        ヽ|  ヽ  ̄ __,: : : :V> .,_  _,.ィ_:i| : : 厶i:i:i」
.               , ′ ∨: ∧≧=- 二/     |            だから、見捨てられない様に私はマスターの全てを受け入れますし
              /     ∨: ∧:::\_::|||:>...._,′/          見捨てるというなら、見捨てられない様にするだけです
                   \ : \:::::::八:::::::::/: / ̄\
.            |         \___>′ ヽ //V   ‘,
           i| `、       ∨人___ノ:::::::::::{     ‘,
           i|,   、   =-―┴ミ::::::|i::::::::::::`、_,. _廴
           |:i\ \rく     \ ヽ::|i:::::::::__V   ヽ \
【代理AA】ミルヒオーレ・F・ビスコッティ(DOG DAYS)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
◆対魔力:A
  A以下の魔術は全てキャンセル。
  事実上、現代の魔術師ではセイバーに傷をつけられない。
 【防御側での魔術判定時、ダメージを30軽減する。】

◆騎乗:E
  騎乗の才能。大抵の乗り物なら何とか乗りこなせる。
 【騎乗できる物があれば騎乗する事が出来る。騎乗時敏捷を1ランク上昇させる。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【保有スキル】
◆怪力:A
  一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特 性。
  使用する事で筋力をワンランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。
 【戦闘時に一度だけ使用できる。三ターン筋力を1ランク上昇させる。】

◆野性:B
  自然の中に溶け込める性質。
  発達した五感を持ち、獣の言葉を解する。
  また自らに対する害意に対して非常に敏感に反応する。
  主に嗅覚による気配察知。
【奇襲を100%防ぐ】
【動物会話を行う事が出来る。情報を入手する事が可能】
【戦闘時、相手のスキル、宝具を何れか1つ看破】
【採取した物の名前看破】

◆魔力放出(炎):B-
 武器ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
 セイバーの場合、燃え盛る炎が魔力となって自身の肉体に宿る。
 ……この炎は、セイバー自身をも焼き焦がす。
【セイバーが攻撃を行うたび、セイバー自身に5のダメージ。但しこのダメージではHPは0以下にならない。】
【攻撃時、全ステータスを一時的に一 ランク上昇させる。】
【このスキルは強制発動。】
【発動に必要な魔力は『咆熱封剣(ヴァナルガンド)』から賄われるので計算しない。】

※魔力放出(炎):-
 武器ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
 セイバーの場合、燃え盛る炎が魔力となって自身の肉体に宿る。
 『咆熱封剣』が体外に取り出されたため失われている。
※『咆熱封剣(ヴァナルガンド)』解放中は、こちらの文面に変更。

◆神殺:A
  主神殺しの魔狼としての特性。
  神性を持つものに威圧を与え、更に与えるダメージを二倍として計算する。
  宝具による拘束によりランクが低下している。
【相手の神性スキルのランクに応じて、相手のステータス をダウンさせる。例えば神性Aなら3ランクダウン。】
【自分が神性 スキルを持つ相手に与えるダメージを2倍にする。】

※神殺:EX
  主神殺しの魔狼としての特性。
  神性を持つものに威圧を与え、防御を打ち破り致命傷を与える。
【相手の神性スキルのランクに応じて、相手のステータスをダウンさせる。】
【神の力や加護に由来する防御を無効化し、与えるダメージを2倍にする。】
※『咆熱封剣(ヴァナルガンド)』解放中は、こちらの文面に変更。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【宝具】
◆『先触三寒(フィンブルウェド)』
ランク:C~B 種別:対軍宝具 レンジ:1~30 最大捕捉:200人
  ラグナロクの到来、フェンリルの解放を予 兆する三度の冬。
  『咆熱封剣』と『幻想六枷』による拘束により、普段は第一結界"風の冬"しか使用できない。
  "風の冬"はセイバーの身を覆う凍嵐の結界であり、触れた者を凍結させる。
  真名解放により局地的な猛吹雪を巻き起こし、範囲内の熱を奪い取る。
  『咆熱封剣』を引き抜いたセイバーが第二結界"剣の冬"を展開した場合、
  -150度以下の凍気で範囲内の全てを凍結させ、微塵に粉砕する。

<通常・真名解放時>
【使用した場合、魔力を70消費し自分を除く敵味方全員の敏捷と幸運をターン毎に減少させる。】
【使用したその戦闘で、セイバーが防御に成功した際、一定確率で相手に凍結の状態異常を付与する。】

【凍結:攻撃不可。】
【敏捷が減少し、 撤退の成功 率が減少する。】
【被ダメージが1.5倍に。】
【炎属性の行動を行うか行われるか、1~2ターン経過で解除される。】

<『咆熱封剣(ヴァナルガンド)』解放中>
【Bランクに上昇。魔力を70消費し自分以外全員の敏捷と幸運をターン毎に半減(端数切捨て)させる。】
【敵全員に一定確率で凍結の状態異常を付与する。】

◆『咆熱封剣(ヴァナルガンド)』
ランク:A+ 種別:対軍宝具 レンジ:1~50 最大捕捉:300人
  フェンリルの両顎をこじ開けるように、口の中に突き立てられた灼熱の剣。
  セイバーの体内に存在するこの剣は炎属性の魔力炉として機能しており、
  セイバーに魔力を供給すると同時に、セイバー本来の特性である氷の属性と相殺しあっている。
  マスター が令呪を用いて拘束を緩めると宣言することで、剣を体内から取り出すことができる。
  『咆熱封剣』から解放されたセイバーは纏う凍気を一層強め、
  セイバーという氷の鞘から抜かれた炎剣は、常に炎を噴出して直線状の敵を焼き払う。

(通常時)
【セイバーのHP回復量減少。】
【MP自動回復。実質的には行動での魔力消費を0。】
【セイバーに魔力放出(炎)スキルを与える。】
【令呪1画を使用することで、『咆熱封剣(ヴァナルガンド)』を解放できる。】

(『咆熱封剣(ヴァナルガンド)』解放中)
【筋力・敏捷・魔力を2ランク上昇させる。】
【魔力放出(炎)スキルを消去。】
【神殺スキルのランクをAからEXに。そして神の力や加護に由来する防御を無効化するように。 】
【『先触三雪(フィンブルウェド)』を強化。】
【炎属性の対軍規模攻撃を毎ターン発動できる。相手全員に60ダメージを与える。】
【MP自動回復が無くなるので、魔力消費が大幅増加。】
【剣を飲み込むことで、『咆熱封剣』の解放を終了する。】

◆『幻想六枷(グレイプニル)』
 ランク:EX 種別:対獣宝具 レンジ:0 最大捕捉:1匹
  フェンリルを縛り付ける、今は無き六つの素材で創られた紐。
  神霊に比する魔獣であるフェンリルを、サーヴァントの枠に納まる域まで弱体化させている。
  ラグナロクが訪れるまで、この枷が外れることは無い。
【この宝具による封印は、万能の願望器によ ってのみ解除可能。】
【この宝具が解除された時、ラグナロクが開始される。BADEND。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【あっ、八百万さん来てるじゃないか】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
北欧神話に登場する狼の姿をした巨大な怪物。
ロキが女巨人アングルボザとの間にもうけた、またはその心臓を食べて産んだ三兄妹の長子。
彼女の次にヨルムンガンドが、三人目にヘルが生まれた。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
愛されたい。
自分を愛してくれる人が見つかった場合は、
受肉してその人とずっと一緒にいることを願 う。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
けなげに頑張って褒めてもらおうとする子犬。但し狂暴。
強迫観念のような強い依存心を持ち、自分を見捨てないよう懇願する。
そしてどのような形であれ愛されることを望む。
わんこ属性で被虐趣味でヤンデレビッチ。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【行動指針】
・愛されたい。
・自分を愛してくれる人に忠実。(マスターが自分を道具のように扱う場合は、他に靡くことが有り得る。)
・愛してくれる人が逃げていくのが嫌なので 、単独行動を嫌がる。
・セイバー自身が考える場合、基本的に解決策は暴力的な手段しか思いつかない。
・嫌われるのが嫌なので、真名は教えたがらない。正直バレバレな気もするが。
・一度は自分を愛してくれた人が逃げて行く場合、食い殺してでも一緒に居ようとする。
・ライダーの打倒
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【セイバーのレビュー】
主人公鯖候補その2。
主にライダー相手の突破口になってもらう予定でした。
あの槍に神性付いて無ければ強敵にならずに済んだんじゃ・・・。

そして終盤の凍結、あれは苦戦させられた。色んな意味で。
あの凍結っぷりはまるでセイバーの執念を現したかの様でした。
後多分宝具のせいで幸せになれない。かわいそう。

採用した理由はウォルターとの相性が良さそうだったからです。
後性格が判り易く、動かしやすいというのも要因の一つでしょうか。

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
真名:ランス・オブ・ロンギヌス、ホーリーランス
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
【クラス】:ランサー  【属性】:秩序・中庸                  
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┫
 【筋】:A(50)    【耐】:A(50)    【敏】:B(40)    【魔】:B(40)     【幸運】:E(10)  【宝具】:A   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 HP40/100 魔力160/200 コスト5
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

  
                              ,.',
                            ,.'::/

                              /::/ __人_
                           /、/  `Y´ 
                          ミソ

                             //
                         //
                          ,イタ
                       ,イタ
                           ,イタ
                         ,イタ
                      ,イタ
                   ,イタ

                     ,イタ
                   ,イタ
                     ,イタ
                  ,イタ
                ,イタ
                   ,イタ
                 ,イタ
              ,イタ
            ,イタ
.            ,イタ
            ,イタ
         ,〈タ

          //
.          //
.       //
      〃

       ′

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
 ◆対魔力:A
 A以下の魔術は全てキャンセル。
 事実上、現代の魔術師ではランサーに傷をつけられない。
【魔力判定の際、ダメージを20減らす】
【Aランクに満たない魔術を無効化する】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【保有スキル】
 ◆神性:E
 神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
 天使だが、堕天したうえ加工されている為、ランクが下がっている。

 ◆過剰反応:A
 特定の状態や行為、物に対したさい起こる過剰な反応。
 自らの一族を護る武器として加工されたランサーのもつ攻性。
 ランサーまたはランサーの所有者その身内に対して敵意、悪意、害意をもつ者に対して
ランサーの感情は殺意に固定され、ランサーの耐久を4ランク下げ筋力、敏捷、幸運を1ランク上げ、Aランクの先制攻撃スキルを得る。
【マスターに敵意を持っているとランサーが判断した場合に発動。ランサーの耐久を4段階下げ、筋力、敏捷、、幸運を1ランク上昇させ、先制確定】

◆効果:A
 道具としてもつ効果。
 所有者にこのスキルと同ランクのカリスマ、直感どちらかのスキルを与える。
【マスターにカリスマA、もしくは直感Bを付与する。】

 ◆対神性:A
 キリストを刺した逸話から。
 神性を持つ相手に大幅な優位を持てる。
 【神性を持つ相手に効果を発揮する。相手の神性のランクが高ければ高い程自分のステータスランクを上昇させる。例えば、神性A相手なら五ランク上昇する。】
 【神性持ちの宝具の効果、ダメージを軽減する。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【宝具】
 ◆『人の罪(ブラッティーコート)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
 人類の原罪を背負い贄として処刑されたイエス・キリストの血。
 これにより罪と汚れを吸い取ることができ、また与えるダメージは罪となり償われるか赦されないかぎり回復しない。
【ランサーが筋力判定で与えたダメージは回復しない】

◆『あゝ堕天(ムーブサポートメテオ)』
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:3~99 最大捕捉:1人
堕天の再現。神の加護による目的地への直線高速移動。
 この宝具で、ランサーの到来を望む者のもとへ直線高速移動した。
 ランサーと目的地の間にある物に対してダメージを与える副作用がある。
【魔力を40消費する事で発動、目的のエリアへ瞬時に移動できる】
 【移動前のエリアに居たサーヴァント一人に10ダメージ】
 【撤退時使用する事で、撤退に100%成功する】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【来歴】
  聖槍。
 カインの血を引く鍛冶師のトバルが神に「自らの一族を護る武器を与えてください」と願ったさい神が落とした星を鍛え作られた槍。
 ローマ兵の手に渡りキリストを刺しその血に触れ聖遺物となる。
 その後は所有する者に世界を制する力を与えるとされ様々な者が求めた。
 神の落とした星から堕天使とする。

┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【聖杯への願い】
 天国帰る
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【性格】
 マスターに忠実。但し基本、本人は働きたくないと思っている。
 サーヴァントとして召喚され自分で動ける様になり、それなりに嬉しい。
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【行動指針】 ・マスターに忠実。但し文句は言う。
・ライダーの打倒
┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【ランサーのレビュー】
今回クリア出来た要因第一位。
逃走100%はデカいよね。

採用した理由は、対ライダーの切り札要員。
主人公鯖になったけどAAに迷う必要が無くて扱いやすい事ったらない。

そして、な?槍だろ?

┣━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【名前】:千流寺 昴(せんりゅうじ すばる)      【属性】:中立・善             性別:女    
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━┫  
 【身体】:0     【精神】:0     【魔力】:1(10/30)     【実力】:3  【魔術属性】水   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━┫

                //

                  {.:.:{   ,、_ヘ
            _,,イ⌒ 弋 |/ ヽ/  ゝ ` 丶、
          ´  , <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.\.:.\
              /.:.:/ /.:.:.//.:.:.l.:.:.:.:.\.:.:.:.:.\.:.`廴_,
            /.:./η, / _,,..⊥|.:.:.:.hハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:\
         // .〃//イ"/ .ヽ|`.:.:.:! 弋l ̄`ヽ、.:.:.:.:.:.__\ ヽ

            ′ /, '.´|.:|:,ィ.弍㍉\:|彳弍㍉ ∨.:.:.:.:.丶、 `
         ///γ |イb:::::::l ヽ b::::::::} 》 .|.:.:|.:.l.l‐--

         / ,イ .//ト.:.|弋辷ノ   弋少'  /|:|人从
        /   . ゛´.ハ| |;ハ    '         /.|:|    \/
       ./  i  ノ  .|:|ヽ   v ̄,'   .ノ.:.:|人 ,,-''""入
        /  ノ_,ノ      ゛、 ゝ  ゛- ′ , イ.:.:.メ _∥__/
      ⊥,,__,,,┤   ___ _ミ 彡  ト-‐'',"
    ∠├‐---┤  /::::::::::::::::⊿  ハ 〓 __メ、
    .|      .| ./::::::::::::://`フ弋フ ̄ ./::::::::::::::゛`>:、
    ト、__.., ィ _/::ヘ:::::::| ./  ,>''"_,,.-‐'':::::::::::::/:::::::::::|
    个ー-‐‐''/  ./   \l | / ,,., <--‐‐‐‐‐‐:::::::::::::::::|
   .|     | ,イ   .>┤!',ィ''"           ∨::::::::::::|
   |     | l    \ `´/           ∨:::::::::::|
   .|     |  Ⅶ      \       ,       ∨:::::::::|
   |       ∨     'i.  ‐--‐'''"        \_|
   .\   ,/  i      'i.        /∨    ∧
   . \/   |  ο  ο'i.       ./   ∨    .∧
           !         |      /.     ∨    ∧
              キ      .i        |     ∨    ∧
           キ      .i      \.      ∨    ∧
          / ο  ο /          \     ∨    ∧
            /        /       >.  \   ∨    ∧
代理AA スバル・ナカジマ(魔法少女リリカルなのは)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】
◆貫きの拳 7
種類:格闘
貫通力のある拳を放つ事が出来る。
【相手マスターとの接触時、使用する事が出来る。】
【身体判定に勝つ事により、相手の礼装を一つ破壊可能。】

◆高貴さは義務を強制する(ノブレス・オブリージュ)
種類:精神
その身を縛る一種の呪い。
悪行に身を染める事が出来ない。
【奇襲、マスター殺しを行う事が出来ない。】
◆改心の拳
種類:格闘
相手を改心させる拳。その鍛え上げられた情熱の拳は、相手の属性すら変えてしまう。
【スキルを使用する事により、身体判定、または筋力判定(その場合此方は筋力E)に勝てば相手の属性を善に変える。】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】
魔術とはなんの関係もない、元華族の由緒正しい家系に生まれた日本の高校生。
幼い頃から英才教育を受け、厳しくも暖かく育てられてきた。
幼少期に、祖父の友人の古武術家に出会い、その才能を見出され弟子となる。
彼女自身もその武術にのめり込み、高校生となる現在で既に師匠には及ばないまでも、師匠に次ぐ腕前とまで言われている。
学校は規律正しいお嬢様学校に通っており、成績優秀の優等生。生徒会長をしており、後輩からは憧れの先輩として見られている。
が、街に迷惑をかける不良やチンピラ達を成敗していたりと行き過ぎる一面も持つ。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】破壊を目的とする為、無し
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】
心優しき誇り高きお嬢様。
誰に対しても優しい貴女だが、芯はしっかりしており自分が正しいと思った事は最後まで貫き通す意志の強さを持っている。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】
・聖杯戦争での犠牲をなるべく出さず、戦争を終わらせる
・とりあえずなぐり合って(相手を負かせば)理解し合える! 全員を改心させ聖杯は破壊
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【昴のレビュー】
魔術属性が水だって事覚えてる人は居たのだろうか。

成績優秀な子な筈なのになー。
何で脳筋おバカちゃんになったんだろう。わからない。
でも性格的に凄く動かしやすかった。無駄なマスター殺しもしないし。
今回何だかんだで平和に終わったのは◆高貴さは義務を強制する(ノブレス・オブリージュ)のおかげ。

案出してくれた人ありがとう。
物凄く動かしやすかった。

【以上、レビュー完】

乙、次はキャラメイクか次の参加者発表かな?

大分些末なことなんだけど、
ランサーのAAがイタだったりイタだったりするのは
元々そういうものなのかしら

脳筋になったのは確実に行動指針のせい
でも行動指針を最初に決めてたおかげで、主人公も自分が投稿した鯖もあまりぶれない感じで良かったかな
何はともあれ乙


次回参加者はもう集まった?
というか鯖鱒何人くらい着てるの?

中々興味深かった。

システムの見直しとかはする?

【他のスレのコンマ取りに参加してるからトリ外してるけど>>1だよ】

>>238
どうだろうね…参加者自体は主人公によりけりにしてるけど先に決めた方が良い物か

>>239
ん?変わってる事があるのか
一応やる夫AA録さんからのAAを貼ってるよ

>>240
行動指針が無ければぶれっぶれだっただろうね…

>>241
今日になってからいきなり沢山来た
ある程度は先に着た方優先したりするけど、後から来た奴も使わないって訳ではないから送っても大丈夫よ

>>242
したい、多分する

>>229>>133見比べれば地味に違うからさ
あーしかしなるほど、AA録?の時点で違うのかしら

行動方針やら分かりやすい目的ないと多人数で動かす以上絶対にぶれるから
今回みたいな脳筋肉体派ノブレス・オブリージュみたいなのはブレなくて良いわ

今日新主人公キャラメイクある?

>>245
あー、何となく原因は判った
合成したせいだな

>>246
宣言できればしたいけど、ちょっと鯖鱒見てからにしたいし今日か明日か判らない
取り敢えず23時まではやらないと思う、八百万さんの所も見てるし

【オマケ】
【途中からつけてた行動表】

12 昼
剣 移動から戦闘
狂 情報収集から戦闘→エリア3
魔 工房(エリア5)
12 夜
剣 休息
狂 休息(エリア3)
魔 礼装(魔翌力)
13 朝
剣 休息、昴と会う(エリア9)
狂 休息、昴と宝具で出会う(エリア3)
魔 工房、昴と出会う(エリア5)
13 昼
剣 休息(エリア9)
狂 休息(エリア3)
魔 工房(エリア5) 魔翌力+40 HP回復+40 スキル+4
13 夜
剣 休息(エリア9)
狂 エリア9へ情報収集(エリア3)
魔 礼装(エリア5)(魔翌力)
14 朝
剣 エリア3へ移動→狂と戦闘
狂 エリア3で礼装→撤退(エリア4)
魔 エリア5で礼装(魔翌力)
14 昼
剣 休息(全快)
狂 撤退で消費
魔 情報収集(エリア6へ)
14 夜
剣 礼装(魔翌力の結晶)
狂 休息(全快)→昴と同盟
魔 礼装(魔翌力)
15 朝
剣 礼装(回復の結晶)
狂 礼装(回復の結晶)
魔 礼装(魔翌力)
15 昼
剣 休憩(全快)
狂 情報収集(エリア3)
魔 休憩(全快)
15 夜
剣 礼装(回復の結晶)
狂 休憩
魔 礼装(魔翌力)

16 朝
剣 休憩(全快)→戦闘→脱落
狂 昴と移動→脱落
魔 礼装(魔翌力)
16 昼
魔 休憩
16 夜
魔 礼装(魔翌力)
17 朝
魔 礼装(魔翌力)
17 昼
魔 休憩(全快)→戦闘
17 夜
魔 礼装(魔翌力)
18 朝
魔 礼装(魔翌力)
18 昼
魔 休憩(全快)
18 夜
魔 休憩(全快)
19 朝
魔 礼装(魔翌力)
19 昼
魔 礼装(魔翌力)
19 夜
魔 休息 戦闘
20 朝 HP(30/60) 魔翌力(60/250) コスト40
魔 休息HP全快 魔翌力120

20 昼 魔翌力180
魔 休憩
20 夜
魔 休憩 240

21 フェ魔30
魔 礼装(魔翌力)

【採取の礼装変化後】

◆木の棒
何の変哲もない木の棒。
【礼装作成に使用出来る。】

◆木刀
魔翌力の通った木刀。使用する事で相手に与えるダメージを+5する。
【一度だけ使用出来る。使用する事でそのターン、相手に与えるダメージを+5する。】
◆錆びついたフライパン 種類:金物
錆びついたフライパン。穴が開いていてとても調理には使えない。
【礼装作成に使用出来る】

◆金属製の盾 種類:礼装
金属製の魔翌力の通った盾。使用する事で、1ターンのダメージをマイナス10する事が出来る。
【一度しか使用できない。1ターンの間受けるダメージを10軽減する事が出来る。】

◆ダンボール箱
何の変哲もないダンボール箱。
【礼装作成に使用出来る。】

◆強固なダンボール箱
強化されたダンボール箱。
使用する事で、情報収集時に何故か相手に気が付かれなくなる。
【一回だけ使用出来る。情報収集時、相手に気が付かれない。】

今気が付いた
ランサー候補一人しか居ない

今バーサーカー送りましたー

ところでなんでsage進行?

>>252
見ました
ただ気になるのですが、ステは狂化込ですか?
真名的には妥当、バーサーカー的には低いかと思いますが

>>255
他のスレにトリップとか外して遊びに行っていたからな
トリップは気付いたが、sageはさっきまで気が付かなかった

>>256
狂化はなし、全ての補正がない状態の素のステータスです。

>>258
了解ですー

>>259
ひとつだけお願いしたいのですが備考に食事が好きを追加してくださると……

>>260
了解です
存外次想定しているシステムと噛み合いそうだから困る
使うかどうかは判りませんけど

【現状報告】
他は候補は大体2択位までは決まった、ランサーは現状一択だが
後八百万さんの展開が面白くて作業が捗らない

>>1のリスペクトっぷりに八百万さんに興味が湧くぜ。
途中からだから躊躇してたけど見てみようかな。

一時期安価参加するのやめたり途中から安価参戦だと流れわからなくなるから参加しにくいよなー
安価スレ読むの時間かかるしな…過去スレ話題になるから読まないとなんかもったいないし

>>263
あの人は面白い
あれが目標だったりする

>>264
ああ、わかる
特に安価で内容指定の時とかは、流れが判ってないと頓珍漢な内容になってしまうしなあ・・・

結構八百万さんの読者さんもいるようで

ふむ、仮に今主人公制作を始めるとしたら人はどれくらいいるかね?
もっとも、まだ次回のシステムもまとまっては居ないんだけどね

とりあえずエリア閉鎖、空腹度起用とか敵と遭遇しやすいシステムを考えてる
悩むのが戦闘時の処理とかかな、今候補に挙がってるのはやっぱり処理多い奴ばかりだし

あ、候補に挙がっているというのは鯖の話
そして鱒の候補はまだ決まって無いんだよね・・・

穀物、野菜、肉の3種を摂取しないといけないようにして
ポイント毎に採取出来るのが別で移動もしくは他のマスターと接触し交換して揃えるみたいな

そういえば既存鯖をセイバー?だけこのスレシステム用に初期に作ってた気がするけど他のクラスって作りますた?

ふむ、色々途中だが始めるか
時間が時間だし人は少なかろうが

但し不意打ちと言うのもなんなので、10分から始めるよ

>>274
そこまでしたら>>1がバーサーカーのマスターになる

>>275
いや、セイバーだけでストップした
セイバー強いわ、普通に前回の聖杯戦争で勝てる

2択候補から決まらないならいっそ特徴とか大雑把なこういう鯖みたいなのちょっぴり書いて投票とかどうよ

>>279
決まらんのは戦闘、鯖は何とか一択に絞った
しかし今回のステータス平均が前回と比べて低い低い

【始めるよ、振りなおしは1回まで】

【身体】
主に身体を使いそうな判定の時に使用するよ

1 病弱
23 ニート
45 一般人
67 全国大会出場レベル
89 世界大会出場レベル
0 超人

【精神】
主に行動、精神的な判定の時に使用するよ

1 表にも出たく無い
23 ヘタレ
45 普通
67 気が強い
89 肝っ玉が据わっている
0 精神異常者

【魔力量】
主に魔力量に使用するよ

1  少ない   30
23 少し少なめ 50~70
45 普通  90~110
67 少し多め  130~150
89 多い     170~190
0  大量    250

【実力】
どれだけ強力な魔術を使用出来るかの指標にするよ
魔術の成功率にも影響するよ

1 まず使えない
23 例えるならメラ位なら使える
45 メラミ位なら使える
67 メラゾーマ位なら使える
89 メラガイアー位なら使える
0 マダンテ

コンマ判定
魔力量はコンマぞろ目だと数値化される時に+10されるよ
↓1 身体
↓2 精神
↓3 魔力
↓4 実力

また随分魔術特化だな
【身体】:4 一般人
【精神】:1 表にも出たくない
【魔力】:9 多い(190)
【実力】:8 メラガイアー位なら・・・

精神とか振りなおしはするかい?先に2票

身体降り直し

【おk振りなおしだ】

振りなおし箇所は何処にする?先に二票 
1:身体
2:精神
3:魔力
4:実力

【よし、精神を振りなおそう】
↓1 精神

ティッシュからコピー用紙に変わったぜ!

【ニートからヘタレに昇格しました】
前回のウォルターさんも精神2だったんだ、次行くぞ

属性安価↓3 混沌・悪とかそんなのだよ

混沌悪

【ヘタレな混沌・悪とか新しいな】

魔術属性↓1

12 火
34 水
56 地
78 風
9 空
0 特殊判定

奴は四天王でも最弱…

【魔術属性・地】

ん?【属性】変える?
一回なら大丈夫だけど 先に二票
1:変える
2:変えない

【変えない】
さて、次だ

【性格】を決めます

考える時間が必要かもしれないので、今から5分間性格案を受け付けます
その後こっちで纏めて5分間の投票タイム

ごめん、大切な事を忘れていた
受け付けるのを性別決定後、更に5分伸ばす

性別だ
奇数で男
偶数で女

↓1

【女】

ああ、来歴の方先が良いのか
来歴先に決める?
1:はい
2:いいえ

先に二票ね

めんどくさいしちゃっちゃと性格決めてしまおう

とりあえず出てる性格使って先に性格決めたらどうだろう

>>354 >>355
了解
では性格決めてしまおう

>>1は主人公作成時はぐだるなあ…

投票のお時間、2つまで投票可能

票数が多い3つを組み合わせて決める、但し矛盾した場合は票数高い物を優先する
そして矛盾するもう片方を4番目、5番目の矛盾しないものに変えます

1:高慢お嬢様
 S気味で脳内お話畑
 ヘタレると尽くす系

2:挫折する度にすごい勢いで逃げるヘタレ
 何かにのめりこみ、すごい勢いで覚え、学習し、マスターしかかるが
 困難にぶつかると辞めて違う分野に逃げる

3:ヘタレの小悪党
所詮は序盤のボス的な性格なので場合によっては改心する

4:強きを挫き、弱きも挫くヘタレ系魔術師。
弱気な癖に無意識に全方位に喧嘩を売る為、やたらトラブルに巻き込まれる性格。

5:一言で言えばネガティブ
上手くいかないのではという不安感が常に心の奥底にある

6:対人恐怖症。他人が何考えてるか分かんないから怖い。人と関わりたくない近付きたくない。

7:恋愛はもちろん勉学の分野においても惚れやすく飽きっぽい
 その素質のおかげであっという間に極めてあっさりとゴミのように捨てる
 ただし強気に出られるとヘタレる

8:決め事は全てサイコロやタロットなどを用いて運任せで生きてきた
 自分の意志で決めたことはなく、決め事から逃げてきた

9:使えるものは何でも使う

10:能力は高いので傲岸不遜
 ただしはっきり正論言われるとすぐ動揺する

11:使えないものも使おうとする
  そして失敗して凹む

このレスから5分間投票受付です

あ、8は来歴っぽいこと書いてしまう例えか
すまぬ

自分のへの投票はNGだよね?

>>373
1つ位なら別に構わんよ、その為の2票でもあるし
ただ2票全て自分のというのは勘弁

1、3

3 , 6

45分48秒までなので>>383まで

1:高慢お嬢様
 S気味で脳内お話畑
 ヘタレると尽くす系  5

3:ヘタレの小悪党
所詮は序盤のボス的な性格なので場合によっては改心する 5

までは決定

4:強きを挫き、弱きも挫くヘタレ系魔術師。
弱気な癖に無意識に全方位に喧嘩を売る為、やたらトラブルに巻き込まれる性格。 4

7:恋愛はもちろん勉学の分野においても惚れやすく飽きっぽい
 その素質のおかげであっという間に極めてあっさりとゴミのように捨てる
 ただし強気に出られるとヘタレる  4

の二つが同率なので5分の再投票
4か7か、一人1票まで

4

54分02秒までで>>396まで

1:高慢お嬢様
 S気味で脳内お話畑
 ヘタレると尽くす系  

3:ヘタレの小悪党
所詮は序盤のボス的な性格なので場合によっては改心する 

4:強きを挫き、弱きも挫くヘタレ系魔術師。
弱気な癖に無意識に全方位に喧嘩を売る為、やたらトラブルに巻き込まれる性格。

纏めるとこんな感じ
 【性格】
一言で表すなら高慢お嬢様 。またはヘタレの小悪党。
強きを挫き、弱きも挫く。
S気味で脳内お話畑だがヘタレると相手に尽くす。
弱気な癖に無意識に全方位に喧嘩を売る為、やたらトラブルに巻き込まれる。

【そのくせ能力が有るから厄介だ、まんま敵役だな】

次に来歴を決めよう
このレスから10分間案を集めます

その後>>1が纏めたり、継ぎ合わせたりして案として提出し5分の投票。

ひ・み・つ

良い家生まれ良い教育育ち、特に劇的な事件なく育ち、そして甘やかされてる
家は実力あればなんでもいいと考えており、今現在も絶賛甘やかし中

聖杯戦争には当然自前のクルーザーで行く予定

完成度の高い芸術的犯罪計画を練ったり大量殺傷魔術礼装を作ることができるものの
いざ実行に移すとなると、そのメンタルの弱さ故に
結局行動に移せない、というのがいつもの事というヘタレ

実力だけはあるので今のところ喧嘩を売って負けたことはない
ただ強いやつと当たらなかっただけかもしれないが

何不自由なく甘やかされてきた一人娘
土いじりが好きで心を許せるお友達は土で作った土人形。下は親指王子から上は等身大王子まで。素材にもこだわってます

母親の推薦の末年齢一桁で家長になった
他の候補の親族が不審死してるのはお察し
甘やかされた母親の傀儡
それがコンプレックスで戦争に参加

「力こそが正義」という家訓の元
親からの甘く、厳しくもない修行をおっかなびっくり続けていたらなぜか能力がめきめき伸びてしまった
天賦の才がある事を自覚した彼女は当初それをしっかりと鼻にかけていた
しかし思いがけず鼻っ柱を折られる事件があり、それ以来若干弱気

(脳内お話畑じゃなくて脳内お「花」畑だよね?一応)

どこかの財閥の一人娘であり
自分こそは世界の王だと信じて疑わなかったがある日魔術事件に巻き込まれ
世間の怖さを知ることになった

それなりの家柄に生まれた魔術師。
実力はあるが家では長女の予備扱いされ大分抑圧されており、自身の魔術の力量への信頼と合わせ、「ヘタレかつ自信家」というややこしい人間に育つ。
聖杯戦争へは死んでもいいからという理由で当主の指示により参加。

くっ、まともに纏まらぬ・・・

1:ひ・み・つ(はあと)
>>405

2:良い家生まれ良い教育育ち、特に劇的な事件なく育ち、そして甘やかされてる
家は実力あればなんでもいいと考えており、今現在も絶賛甘やかし中
聖杯戦争には当然自前のクルーザーで行く予定
>>406


3:完成度の高い芸術的犯罪計画を練ったり大量殺傷魔術礼装を作ることができるものの
 いざ実行に移すとなると、そのメンタルの弱さ故に
 結局行動に移せない、というのがいつもの事というヘタレ
>>408

4:実力だけはあるので今のところ喧嘩を売って負けたことはない
 ただ強いやつと当たらなかっただけかもしれないが
>>409

5:良い家生まれ良い教育育ち、特に劇的な事件なく育ち、そして甘やかされている
 家は実力があればなんでもいいと考えており、今現在も絶賛甘やかし中
 土いじりが好きで心を許せるお友達は土で作った土人形。
 下は親指王子から上は等身大王子まで。素材にもこだわってます

 聖杯戦争には当然自前のクルーザーで行く予定
 >>406 >>410

6:母親の推薦の末年齢一桁で家長になった
 他の候補の親族が不審死してるのはお察し
 甘やかされた母親の傀儡
 それがコンプレックスで戦争に参加
>>411

7:「力こそが正義」という家訓の元 、親からの甘く、厳しくもない修行をおっかなびっくり続けていたらなぜか能力がめきめき伸びてしまった
 天賦の才がある事を自覚した彼女は当初それをしっかりと鼻にかけていた
 しかし思いがけず鼻っ柱を折られる事件があり、それ以来若干弱気
>>412

8:どこかの財閥の一人娘であり
 自分こそは世界の王だと信じて疑わなかったがある日魔術事件に巻き込まれ
 世間の怖さを知ることになった
>>413

9: それなりの家柄に生まれた魔術師。
実力はあるが家では長女の予備扱いされ大分抑圧されており、自身の魔術の力量への信頼と合わせ、「ヘタレかつ自信家」というややこしい人間に育つ。
聖杯戦争へは死んでもいいからという理由で当主の指示により参加。
>>414


このレスから5分間投票受付
一人一票、一票なので自分の案には投票しないで下さい

もっとまとめてもいいのよw

>>418
元々が良く感じられて下手に合わせると駄目になってしまいそうでな

ある程度被ったのは混ぜちゃって候補絞っていいと思わなくもない

23分47秒までで>>425まで

7:「力こそが正義」という家訓の元 、親からの甘く、厳しくもない修行をおっかなびっくり続けていたらなぜか能力がめきめき伸びてしまった
 天賦の才がある事を自覚した彼女は当初それをしっかりと鼻にかけていた
 しかし思いがけず鼻っ柱を折られる事件があり、それ以来若干弱気

に決定

次は【スキル】を決めます
このレスから10分案を受け付けます
その後纏めて5分位の投票で

>>429
ああ、確かにそうだな
失敗した

全身硬化

とりあえず>>451募集終了
くっ、多すぎて説明文つけるのにすら時間がかかりそうだ

いっそ説明無しで投票やっちゃえば

>>454
・・・そうするか、ただ大半説明付けちゃったがまあそれも除こう
ちょっと用意する

1:◆再生魔術 種類:魔術
2:◆収束魔術 種類:魔術
3:◆ギャグ補正  種類:精神
4:◆法則の固定による神秘の否定 種類:魔術
5:◆復元魔術  種類:魔術
6:◆ミスミスミスタードリドリラー  種類:魔術?
7:◆霊脈支配 種類:魔術
8:◆荊舞う檻(プリズンオブローズ) 種類:魔術
9:◆大地の開拓者
10:◆状況の再現による行動の確定
11:◆挑発 種類:精神
12:◆多重詠唱ノタリコン
13:◆砂漠の支配者
14:◆トラップ作成(落とし穴)
15:◆薔薇庭園
16:◆魅了
17:◆アースゴーレム 種類:礼装
18:◆全身硬化


さあ、このレスから5分間の投票だ

二つまで投票可、二つまで決める
場合によっては挑発、魅了辺りは3つ目に入れるかも

投票で5分間って処理大変になる上にID変え横行しそうだよね

5、17

8 17

>>463
それは短いという事か?長いという事か?
まあ確かにID変えが横行はしそうだが

>>468まで
17:◆アースゴーレム 種類:礼装 6
8:◆荊舞う檻(プリズンオブローズ) 種類:魔術 4

に決定、魅了か挑発は付ける?
先に二票
1:つける
2:つけない

短いと思って居たが長いのか、了解
ならばもっと短くする

【つける】
1:挑発
2:魅了

二分間(こんなものか?)の投票を受け付けます
勿論1票までですよ

自分のだけど有効なら2

挑発

スキルの募集は時間範囲じゃなくてレス範囲でいいんじゃないか

>>481
二択なら仕方ない

挑発に決定

次は聖杯への願いを↓5まで受け付けます

【このレス数に含めず】
>>488
レス範囲か・・・うん、数多くて参ったし次からそうするよ

無敵の力を得る

【レス範囲制いいな、時間取られない】

1:折れないハート
2:無敵の力を得る
3:砕けない魂
4:もう鼻っ柱を折られないだけの力を
5:素敵な旦那様

一人一票の投票をこのレスから2分間受け付けます

5

17分39秒までで>>502まで

なんだ、ツンデレ気質あるな
5:素敵な旦那様 4
に決定

次は行動指針を受け付けます
↓5まで

男を見つけたらロックオン(異性として)

1:基本的に穴熊
2:お嬢様モード:イケイケガンガン
 ヘタレモード:尽くす相手しだい
3:狡くても勝利は勝利。手段は選びませんわ!
4:男を見つけたらロックオン(異性として)
5:命あってのモノダネ

基本的に可愛げがあるのな、この子
早くも愛着沸いてきた

一人2票の投票をこのレスから2分間行います
二つ選びますよ

2:お嬢様モード:イケイケガンガン  5
 ヘタレモード:尽くす相手しだい
3:狡くても勝利は勝利。手段は選びませんわ! 4

に決定

次AAな訳だが、考える時間要る?
先に二票
1:いる
2:いらない

【居る】
じゃあ5分後、案をレス範囲指定で求めるよ

現状はこちら
┣━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓

 【名前】:                  【属性】:混沌・悪            性別:女    
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━┫  
 【身体】:4     【精神】:2     【魔力】:9     【実力】:8  【魔術属性】地   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━┫


AAキャラ名(作品名)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】
◆荊舞う檻(プリズンオブローズ) 種類:魔術
魔翌力消費してエリア内にいる敵の敏捷を下げる。

◆アースゴーレム 種類:礼装 

◆挑発

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】

 「力こそが正義」という家訓の元 、親からの甘く、厳しくもない修行をおっかなびっくり続けていたらなぜか能力がめきめき伸びてしまった
 天賦の才がある事を自覚した彼女は当初それをしっかりと鼻にかけていた
 しかし思いがけず鼻っ柱を折られる事件があり、それ以来若干弱気
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】  素敵な旦那様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】
一言で表すなら高慢お嬢様 。またはヘタレの小悪党。
強きを挫き、弱きも挫く。
S気味で脳内お花畑だがヘタレると相手に尽くす。
弱気な癖に無意識に全方位に喧嘩を売る為、やたらトラブルに巻き込まれる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】
お嬢様モード:イケイケガンガン
ヘタレモード:尽くす相手しだい
狡くても勝利は勝利。手段は選びませんわ!

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

なんとなく整形。余計な真似だったらスマン

┣━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【名前】:                【属性】:混沌・悪          性別:女  
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━╋━━━━━━┫
 【身体】:4     【精神】:2    【魔翌力】:9     【実力】:8   【魔術属性】地 
┣━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━┻━━━━━━┫

そろそろ良いかな?
ではAA案を求めます

↓7まで

【このレスは数に含みません】
>>529
グッジョブ、正直助かる

【あと一つ枠空いてるよ】

ルイズ(ゼロの使い魔)

ああ、>>1枠としては水銀燈・・・と思ったらもう出たみたいね
一応数の確認はしてくる

>>1枠も加えちまいなYO

よし、お言葉に甘えて水銀燈もいれる

1:天王州アテネ(ハヤテのごとく)  問題なし
2:メノリ・ヴィスコンティ(無人惑星サヴァイヴ)  問題なし
3:時崎狂三(デート・ア・ライブ)  問題なし
4:完全者(アカツキ電光戦記)  問題なし
5:月読ジゼル(金田一少年の事件簿)  上記に比べれば少ないが全然問題なし
6:ドロンジョ(ヤッターマン)  何処かで見た事が、問題なし
7:ルイズ(ゼロの使い魔)  調べんでもどうせあるだろ
8:水銀燈  >>1

1分後投票開始するよ

1:天王州アテネ(ハヤテのごとく)  問題なし
2:メノリ・ヴィスコンティ(無人惑星サヴァイヴ)  問題なし
3:時崎狂三(デート・ア・ライブ)  問題なし
4:完全者(アカツキ電光戦記)  問題なし
5:月読ジゼル(金田一少年の事件簿)  上記に比べれば少ないが全然問題なし
6:ドロンジョ(ヤッターマン)  何処かで見た事が、問題なし
7:ルイズ(ゼロの使い魔)  調べんでもどうせあるだろ
8:水銀燈  >>1

さあ、投票だ
一人一票、このレスから2分間の投票を行います
勿論選ぶのは1人だよ

圧倒的3率、元キャラ知らないけどきっとぴったしなキャラなのだろう
と言う訳で3:時崎狂三(デート・ア・ライブ)  問題なしに決定

最後に名前だ
↓7まで求める、関係無さそうなのは勝手に安価↓にするから安心すればいいと思う

辺田 霊嬢(へた れじょう)

よ、読めんのがいくつかあるのだが
ググったが狂三でくるみて・・・

1:辺田 霊嬢(へた れじょう)
2: 朱鷺くるみ (あかさぎ?)
3:茅ヶ崎 響花(ちがさき きょうか)
4:狂三・クッキーハート (くるみ?)
5:刻ノ宮 胡桃 (きざのみや?こくのみや?くるみ)
6:ムーンローズ 
7:丹宮 繰魅  (たんみや くみ?)

ああ、大体わかった

1:辺田 霊嬢  (へた れじょう)
2: 朱鷺くるみ (とき くるみ)
3:茅ヶ崎 響花(ちがさき きょうか)
4:狂三・クッキーハート (くるみ)
5:刻ノ宮 胡桃 (きざのみや?こくのみや?くるみ)
6:ムーンローズ 
7:丹宮 繰魅  (あかみや くるみ)

こうか
では投票を行うよ、一人一票2分間

1:辺田 霊嬢(へた れじょう)
2: 朱鷺くるみ 1
3:茅ヶ崎 響花(ちがさき きょうか) 1
4:狂三・クッキーハート 2
5:刻ノ宮 胡桃
6:ムーンローズ
7:丹宮繰魅

と言う訳で狂三・クッキーハートに決定

【まとめ】
┣━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【名前】:狂三・クッキーハート     【属性】:混沌・悪          性別:女  
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━╋━━━━━━┫
 【身体】:4     【精神】:2    【魔翌力】:9(190)     【実力】:8   【魔術属性】地 
┣━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━┻━━━━━━┫

                            r―、___
                       _ノ>''" ̄ ̄`ヘ_二二≧x_
                    _〔:.:>":::::::::/:::::::::::::::::::`へ`く二>、:^Z_,.  --  .,
                ,, '"´:rア::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::} `《二ム:::::}:::::::::::::::::::::` .,
             ,,'":::::::::::::rア:::::/:::::::::::::i::::::::::::{::::::::::::::::::`^ヘ.Ⅵ二ハ::{::::::::::::::::::::::::::::::` .,

            ,,":::::::::::::::::::;:'::::::::;':::::::::{:::::{:::::::{::: {ィ::: ̄ ̄:::::::::乂アアミx、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::` .,
         ,,'::::::::::::::::::::::::イ::::::::::{::::::-┼-i'.:::::{Ⅵ 斗==ミ、__::::::7/{{_㍉㍉≧=- ,:::::::\::::::::::::::\

        /::::::::::::::::::::;,'" ,{::::::::::∧:::::/.L::l  ̄   ,L└_リ:、::: {{::ヽヽヾ_ノ_  ` .,::::::\:::::::::::::
       '::::::::::::::::::;,'"  〈:i::::::::i:::∧::《丁才     : : : ノヾ:::::乂二}」   ̄ ̄     `、::::::\:::::::
      ./:::::::::::::::/      |:::::::{::::::∧{: : : ′     /:::::::}::::::::l,ノ/`ミx、       \::::::\::
     /::::::::::::/       |::::::;{:::::::::i{    _  _-=-'   ア::::::::::::::::}.イ  `''ミx、         \:::::`
     .':::/:::/          .|:::::;‘,:::::::圦、   ̄     /::::::::::::/:}リ       ̄ ̄       \::
     .'::/:::;:'     _r~z、 .|_,、 '.>''",ノ 、      /:::::::::::; 'イ/
    .'::;::::;:'    r=≦二二ミx>''"  イ::'.  ヽ、  _ /::::::; "
    i:::i::/    〈廴二二二二Ⅵ二 -―--ァ 丁ハ彡:::::イ^{    
    |:::{;'     V二二二二{:.‘,ー-`'< {__ノ-=≦冖ー-ァァ   ̄    、
    |::::'.      _}三ミx二二^!::}二==-`孑" /L_ノ    //
.   ,',::::',     /二≧x、Ⅵ二{_ノ    rノ  //     //         ` .
.    {::'、::',    /二ニ∧7⌒ア    ,ィ:'"   `      //           ` .,
.   l:::{ヽ:\ ./二ニ7=7 /_r―z>'"    y  r―<ニミx   - _          `
    Ⅵ   /二二7=7   寸二二≧、 ./_r<ニ>――<乂_  /⌒-_        `


AAキャラ名(作品名) 時崎狂三(デート・ア・ライブ)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】
◆荊舞う檻(プリズンオブローズ) 種類:魔術
魔力消費してエリア内にいる敵の敏捷を下げる。
【魔力を20消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を1ランク下げる。】

◆アースゴーレム 種類:礼装 
土で出来た人形兵器。
自分の意のままに動かす事が出来る。
【戦闘時、アースゴーレムを使役して戦闘を行う事が出来る。】

◆挑発
相手に取る挑発的な態度がスキルとなったもの。
相手に与える印象を悪くする。
【相手との遭遇で、友好的な判定(同盟など)に-1の補正を与える。】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】
 「力こそが正義」という家訓の元 、親からの甘く、厳しくもない修行をおっかなびっくり続けていたらなぜか能力がめきめき伸びてしまった
 天賦の才がある事を自覚した彼女は当初それをしっかりと鼻にかけていた
 しかし思いがけず鼻っ柱を折られる事件があり、それ以来若干弱気
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】 素敵な旦那様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】
一言で表すなら高慢お嬢様 。またはヘタレの小悪党。
強きを挫き、弱きも挫く。
S気味で脳内お花畑だがヘタレると相手に尽くす。
弱気な癖に無意識に全方位に喧嘩を売る為、やたらトラブルに巻き込まれる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】
お嬢様モード:イケイケガンガン
ヘタレモード:尽くす相手しだい
狡くても勝利は勝利。手段は選びませんわ!

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

大体こんな所、スキルの効果は変える可能性あり

皆寝たかと思って、ぷらずまさんの所読んでた

こんなものならどうかね?
◆荊舞う檻(プリズンオブローズ) 種類:魔術
魔力消費してエリア内にいる敵の敏捷を下げる。
【1段階:魔力を20消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を1ランク下げる。】
【2段階:魔力を50消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を2ランク下げる。】
【3段階:魔力を80消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を3ランク下げ、逃走率を-20する。】

なるほど、任意で選べる仕様かな?

ていうかスマン
自分がsagaしてなかった所為でステータスが魔翌力になってた。改訂版

┣━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【名前】:狂三・クッキーハート    【属性】:混沌・悪           性別:女  
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━╋━━━━━┫
 【身体】:4     【精神】:2    【魔力】:9(190)  【実力】:8   【魔術属性】地 
┣━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫

コスパか・・・
◆荊舞う檻(プリズンオブローズ) 種類:魔術
魔力消費してエリア内にいる敵の敏捷を下げる。
【1段階:魔力を10消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を1ランク下げる。】
【2段階:魔力を30消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を2ランク下げる。】
【3段階:魔力を60消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を3ランク下げ、逃走率を-20する。】

こんな物かね
後、今回このままだと敏捷A居ないわ

>>584
おお、だいぶスリムになった

┣━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【名前】:狂三・クッキーハート    【属性】:混沌・悪           性別:女  
┣━━━━━━╋━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━╋━━━━━┫
 【身体】:4     【精神】:2    【魔力】:9(190)  【実力】:8   【魔術属性】地 
┣━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┫

                            r―、___
                       _ノ>''" ̄ ̄`ヘ_二二≧x_
                    _〔:.:>":::::::::/:::::::::::::::::::`へ`く二>、:^Z_,.  --  .,
                ,, '"´:rア::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::} `《二ム:::::}:::::::::::::::::::::` .,
             ,,'":::::::::::::rア:::::/:::::::::::::i::::::::::::{::::::::::::::::::`^ヘ.Ⅵ二ハ::{::::::::::::::::::::::::::::::` .,

            ,,":::::::::::::::::::;:'::::::::;':::::::::{:::::{:::::::{::: {ィ::: ̄ ̄:::::::::乂アアミx、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::` .,
         ,,'::::::::::::::::::::::::イ::::::::::{::::::-┼-i'.:::::{Ⅵ 斗==ミ、__::::::7/{{_㍉㍉≧=- ,:::::::\::::::::::::::\

        /::::::::::::::::::::;,'" ,{::::::::::∧:::::/.L::l  ̄   ,L└_リ:、::: {{::ヽヽヾ_ノ_  ` .,::::::\:::::::::::::
       '::::::::::::::::::;,'"  〈:i::::::::i:::∧::《丁才     : : : ノヾ:::::乂二}」   ̄ ̄     `、::::::\:::::::
      ./:::::::::::::::/      |:::::::{::::::∧{: : : ′     /:::::::}::::::::l,ノ/`ミx、       \::::::\::
     /::::::::::::/       |::::::;{:::::::::i{    _  _-=-'   ア::::::::::::::::}.イ  `''ミx、         \:::::`
     .':::/:::/          .|:::::;‘,:::::::圦、   ̄     /::::::::::::/:}リ       ̄ ̄       \::
     .'::/:::;:'     _r~z、 .|_,、 '.>''",ノ 、      /:::::::::::; 'イ/
    .'::;::::;:'    r=≦二二ミx>''"  イ::'.  ヽ、  _ /::::::; "
    i:::i::/    〈廴二二二二Ⅵ二 -―--ァ 丁ハ彡:::::イ^{    
    |:::{;'     V二二二二{:.‘,ー-`'< {__ノ-=≦冖ー-ァァ   ̄    、
    |::::'.      _}三ミx二二^!::}二==-`孑" /L_ノ    //
.   ,',::::',     /二≧x、Ⅵ二{_ノ    rノ  //     //         ` .
.    {::'、::',    /二ニ∧7⌒ア    ,ィ:'"   `      //           ` .,
.   l:::{ヽ:\ ./二ニ7=7 /_r―z>'"    y  r―<ニミx   - _          `
    Ⅵ   /二二7=7   寸二二≧、 ./_r<ニ>――<乂_  /⌒-_        `
AAキャラ名(作品名) 時崎狂三(デート・ア・ライブ)

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】
◆荊舞う檻(プリズンオブローズ) 種類:魔術
魔力消費してエリア内にいる敵の敏捷を下げる。
【1段階:魔力を10消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を1ランク下げる。】
【2段階:魔力を30消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を2ランク下げる。】
【3段階:魔力を60消費して、エリア内に居るサーヴァントの敏捷を3ランク下げ、逃走率を-20する。】

◆アースゴーレム 種類:礼装 
土で出来た人形兵器。
自分の意のままに動かす事が出来る。
【戦闘時、アースゴーレムを使役して戦闘を行う事が出来る。】

◆挑発
相手に取る挑発的な態度がスキルとなったもの。
相手に与える印象を悪くする。
【相手との遭遇で、友好的な判定(同盟など)に-1の補正を与える。】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【来歴】
 「力こそが正義」という家訓の元 、親からの甘く、厳しくもない修行をおっかなびっくり続けていたらなぜか能力がめきめき伸びてしまった
 天賦の才がある事を自覚した彼女は当初それをしっかりと鼻にかけていた
 しかし思いがけず鼻っ柱を折られる事件があり、それ以来若干弱気
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【聖杯への願い】  素敵な旦那様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【性格】
一言で表すなら高慢お嬢様 。またはヘタレの小悪党。
強きを挫き、弱きも挫く。
S気味で脳内お花畑だがヘタレると相手に尽くす。
弱気な癖に無意識に全方位に喧嘩を売る為、やたらトラブルに巻き込まれる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
 【行動指針】
お嬢様モード:イケイケガンガン
ヘタレモード:尽くす相手しだい
狡くても勝利は勝利。手段は選びませんわ!

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

あと魔術属性って地じゃなくて土表記が正しいんじゃない?
確かケリィの属性が火と土とかだったし

>>587
本当だ、直しておく

鯖はもう決まったのかな?
それなら自鯖まで決めちゃったら

鯖は大体決まって居るが鱒がまだなんだよな
鱒見て最終決定をしたい

数自体は有るんだ
問題は質なんだ・・・死なないチートとか明らかに元ネタをそのままキャラにしたような奴とか
まともに使える子が少なすぎる

と思ったらかき集めたら5人は揃う

ただ、
【たぬき】
◆地元民
ジモティーだよ。抜け道とかしってるよ。
【来歴】たぬきだよ。魔術とか聖杯戦争とかわかんないよ。
【性格】 たぬきだよ。
【行動指針】 普段通り生活するよ。

どうしろと・・・と頭を抱えております

一応異形系統もそろえて6人は揃った、揃ったが…

欲しいのは混血でも異形でもない普通の人間で男なんだ
前回で言うウォルターやクリュサオル、フェリックス枠
深刻な男性不足です

了解っす作ってみます

>>596
ありがとう、本当に普通のマスターが主人公除くと女一人男一人しか居ないのよ
後は異形なり混血なり動物なり

まあ、これはこれで面白いんだけどね

そう言えば、鯖鱒の組み合わせはランダムで決めた方が良いかな?
今回はそんなに相性気にせず入れたし、ランダムでも一向に構わないけど

鯖鱒wikiから持ってくりゃいいんじゃね?
未出で使われてない子まだいるで

今回の主人公が死ぬとしたら、主に精神関係になるな

>>600
そんなのが有るのか
まあ今回は作って貰える一人で枠が埋まるから何とかなるけど、次困ったら使ってみる

完璧のマスター届いてますよね?

>>604
届いて居ますよ
文字通り完璧でした

一応この主人公で裏切りそうなのは二人位だけどね
その内一人は余程酷くないと裏切らないだろうし

ただヘタレなせいで一人相性最悪な奴は居るが、七分の一だしどうせ当たらんだろう

熱血歌男だったりゴツい女送ったりしたけど届いた?
まだマスターのストックいくつかあるんだけどじゃんじゃん送ったほうがいい?

>>608
届いた、貴重なマスター分だったよ
勿論送ってくれた方がありがたいが、もう一人は一応頼んでいるので多分もう使わないかと

あー...元ネタそのままの鱒に心当たりあるから後で改訂番送ります、みすも有りましたし

>>610
了解ですー

当たらんだろうって慢心はやめとけ
当たったあと舵取り効かないから

ところで直す際に何処まで原作寄りならOKです?

>>612
慢心せずして何が書き手か、と言おうと思ったが気を付けよう
一応当たっても即裏切ったりはしないから展開次第ではどうにかなる・・・
やり直しも考えては置くけどね

>>613
貴方の匙加減次第といった所だけど
とりあえずオイっと思ったのはAA元キャラと全く名前が同じだった事、能力自体は問題は無い
強キャラだけど

AA元と名前が同じだとなんでだめなん?
名前考えるの苦手だから、原作の名前そのまんま使い回してるんだけど

>>616
どうも元キャラに添わなければいけない気がしてね・・・

・・・ところで、元キャラとAA被ってる奴は一つしか無いと思って居たんだけど
二つあるのか?

今送りました、これはどうでしょう?

>>618
見た所問題ありません
お手数おかけして申し訳ない

一応、一部名前一致は全然ok
フルネーム完全一致だとちょっと困るなってだけで

だからスバル・ナカジマが昴になったり、時崎狂三が狂三・クッキーハートになるのは全然問題ない
ただ博麗霊夢のAAの奴の名前が博麗霊夢だったりするとイメージ固定化されるのでやり辛いってだけで

こちらこそお手数かけて申し訳ない...自分だけだったのか...

>>621
そんなに気にしないで下さい
所詮>>1の我儘なので

貧乏巫女とか原作にない設定つけられてんだよね、二次創作だと>霊夢
やる夫界隈だと水銀燈とかほぼ別キャラと化してるし
口調とか一人称以外はそんな気にしなくてもいいんじゃね

>>623
まあそうだよね
水銀燈はI megu daisuki.とか言うアホの子キャラになったりもしてるし
余り気にしなくていいのかな

あれから朝まで起きてたのか(驚愕)
wktkして待っとこう

すみません遅れましたが二つほど男鱒データ送りました
ご確認ください

瞬きしたら一時間経ってるほどには>>1は人間だ


>>627
確認した、が十一はちょっと今回参加するにはちょっと強いな
Mさんはちょっと弄るけどどうにかなりそう

何とかバランスが崩れない程度には鯖鱒表完成しました
人は居るだろうか?

いるぜえ!

始めればある程度は集まると踏んで始めますね

取り敢えずおまけ程度のプロローグから


                                   ,./
          _          !          _,._ィ/
        '´¬‐、`ヽ       |l        ,. '',~‐ァ゙´`
   i       _┌───┐  l::l  r┐  ./::/:/_         i
    l'、   ,.:':´:::::::::`ヽ 「`ヽ│   l:::l l | /;゙::,'´::::::::::::::`ヽ    ,.'!
   ';::':、 /:::::;‐'"´ ̄`| | _ l_| _ノ::::乂 |_:_::|::::r'"´ ̄`ヽ;:::`, ,、'::/

    ヽ;:::`:::::/  ,. -.. 、| |丿|. / r、 ヽ`┐┌〃´_`ヽ,.. ‐ 、 ゙;::::'´::; '゙
      `ヽ:::{ /'´ ̄ヽ| _  !_{  }:| |;;;゙| |.イ f;;;;i i'´ ̄ヽ }:::/´
       ヽ;'、     | |`; |'゙冫'´, |;;;゙| |`| ┌─┘     /,:'
          `'ー   | |:::l」イ / l |/ | | _i !   _   ‐''´
                __j 〔_:{  じ 「八 `人 `ー'/
            └ァ‐n‐┘フー'^ー{ _cケ´ r iー'n_
            fr、}f トr<ャvァ::rニ、「lr‐ャ| |‐< r′

           /ト''_)!_7c゙{ ヽ∧j_l:l_|j_|〉,くj_|゙l_{_ソ
          /:/      ̄(_ソ  ';:::;'
         //             V
      ノ/


           【無人の戦場で聖杯戦争が行われる様です】








――――――私は大体何でも出来た

     __   rJ x≦_「二≧ト-< ア≧x く_:::::::::` 、
   /::::::::::::::>J>"⌒>ー-'::::::`ー⌒'-'::⌒L {>、 }::::::::::::\
   /:::::::::::::::[ >"厂 ̄:::::i|:::::::::::::::::::、::::::::::::::::::`く ) 廴:::::::::::::}
  .'::::::::::::_「ア _ノ::::::::::::::!|:::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::L≧x 」>'二ヌ
  i:::::::::::[-7  |::::::::::::::::::i |::::::::::::::::{、::::::、::::::::::::::::::}l、Ⅵ^V::::/∧
  |:::::::::::> >'' ̄`ー┐i::::::::{ l:::::::::::::::::', ィ  ̄ ̄`:::r<≧=-く:::::{{、:::、    こんなの出来ない方がおかしいのよ
r-┴―-ミ/ / ̄´::::|ィ丁「l::::i,:::::、:::::'. `、{ `、::::(`ー----ミ`寸_)):::::、
乂〔 ̄心、{ /:::::::i:::/| |/}/ Ll‘.:::‘、:::‘. .斗===ミ、ー---、  Vイミx:、
./ハ Ⅵ:::::,j {:::::::::l:::{::::|斗===x   ̄ L_、"7 ∟ヽ }}>''" ̄`ー Ⅵ:::{{::::::、

'::::::} .}// ‘、::::::Ⅳィ'"r':::::::t_       ┴―- (_.. ィミ、   { `Ⅵ:::::::::、  出来ない奴は人間じゃないんじゃない?
:r'^L_! /    、::::::{{ }ァ'"´    i     : : :   |:::::`㍉:`、   Ⅵ }:::::::::::
ニ=-  "    /`、::'、: : : :              ,|:::::::::::::| ̄   `'<::::::::::
        /ィ::::\:、      _,.. -ァ       /.|:::::::::::::|       `''<
       ./:::}:::::{:/`、     `¨¨´      . ' |:::::::::::::|

_...  -=≦ /イ} }::::{   ` .,      ~    /  .|::::::::::::i|≧-
≦_::/ /   } l:::::{    ≧__      イ  -=:|::::::::: |リ    `  .,
     ̄/ ̄ 「^!:::::`、__(( ̄ ̄ }`  -- ´  {''" ̄  |:::::::::リ     `、:::::` .,
          l::::::l`\ ̄ ̄ア       `≧x、_|:::::::::/-―------≠--
          l/}N  /'" --、    , --㍉ |:::::::/




運動面は人並みだったけれど、魔術面はトップクラス。
私から話しかけなくても、男共は蜜に群がる蜂のようにちやほやとしてくれた。
こんな私に、出来ない事は無いと思って居た―――


                          ∧ _ /l ,  , -=んふ /ヽフ
                          人//メ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾフ:.:.:.:.:.}
      、                  /r=ゝ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ん///:.:.:.:.:.:.|

        ト、 /                /:.:.`ん/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ん/:.:.:.:.:.:.:.|
     ) ノ ∨l               /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
      |:リ:.:.:.|: |             ノ:.:.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     |:{.:.:.:.∨ヽ           .,;;z=≦ニニ≧=≦´:._:.:.:彡´:.:.:.:.:.:.:.:.:イ
      叉==ニミミ≧ュ.._   __ ,ィ彡/:.:.:.:.:.:≦彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡´:.:.:.:ノ:.:l
    γ´  ゝ-=≧ュ:.:.:.:..:`:´:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:/:;;..:≦:.:.:.:.:.::.:.__.:.;.:.:.:.:.:ィ-イ:.:.:.ノ
    { ィ彡:.:.:.:.:.-=--ュ、:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:X:.:.:.リ:.:-=ーラテ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:}
   .イ:.:.:.γ´=-‐:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.;イ:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/

  ,r'ニ=‐-ノ乂-==≧-:.:.:.:.:.:.:.ヽミ≧=:|:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:: /≧-
  リ´      ` ̄ ゛`ヾ:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.ヽ:.:.:..=≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:./: : : : : 冫、
             ノ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:又:.゛.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.ノ: : : : : :/: : :l
      弋ミ=--≦´:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧´:.:.:.:.:.:.:.::/: : :l : : ./: : :.::|
       `廴:.:.::.:.:.:.:.:;:≧-'..ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:≧==≦´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ: : : : l: :./: : ヽ: |

        ,,夂:_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: : : : : :.∨: : : : :.〈
       γ=ニ≧;.:.ヽ:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.>.´: : : : :ヽ: : : : :ヽ: : : :.:.}

             `≧=‐-‐=≦´  `≧=‐-‐=ト´: /: : : : : : : : ヽ: : : | : : : : |
                          |: : : : ::| ∨: : : : : : : : : : :.ヽ:.:|: : : : ::|
                           |: : : : ::| /: ; ; ;≦; ; ; : : : : :.ヽ| : : : : |
                            |: : : : :.| }: ´: : : :.:`. .ー=- : : :| : : : : |
                             レ : : : ::/ : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : :.}
                           / : :.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : ::|: : : : ∧
                        {: : : : 人: : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : :}
                       /__ ////≧ュェ; ; ; ; ; ; ; ,ェュ≦∧: : : : : |
                     チ´ /./////./////////|///|;∧ : : : : }



―――あの赤い悪魔が来るまでは

                         ..-――-...,        __
                        -‐<::::Υ⌒`"ヽ:::>―- v―く=-|
                _∠У:::::::::ミ:::::ィ、::::::::::::::::::\ニ=-〉:::::::\ノ

                  r≦-=ニ/::::::::::::/ハ//ハ::|::::::|::i:::::::>‐〈:::::::::::::::ト
               \ニ=-/::::/::::l:::|``'"´´|::|::::::|::|::::く=-イ:::::::::::::::|=〉
                <-‐ニi::::/:::l:::l::|     |::|::::::|::|:|:::::〉ニノハ:::::::::::::V
                Χ -|:イ:::::|:::ハ|   斗七Z}厶V`ζー‐|:::|::::::::::|
                 \ニ八-‐十___    〃了r圷ヽ 彡イ!:::|::::::::::|
                |::::::::::ハ rf了坏     Vfツ ′⌒^l::::|::::::::::|

                |:::l::::::::::.  Vツ      ´´    ノー|::::|::::::::::|
                |::l::::::::::ヘ ´´ ノ         r ノ|::::|:::::::::ハ

                |:l:::::::::::::込、 ` __  一     イ`´::::|:::l::::::::::|::i
                |l::::::::::::::|::::::\        / ;|::::::::::|::l:::::::::::|八
                l!::::::::::::::|::::::::::::`ヽ 、   /  ;|::::::::::|:l::::::::::::|::::::\
                  -ノ::::/:::::::::|:::::::::::::_ト- ‐<  ̄ ̄ ̄|:::::::リ::::::::::::|::::::::::::
              //::/::::::::::ノー―〈ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人/::::::::::::/:::::::::::::
             r― /:::::::::::::::::/:.:.:_.:.:.O:.:/ 〉:.:ー―=ニ彡/:::::::::::::::人:::::::::::::
        __/:.:/:::::::::::::::::/:.:.:.└- =-/ /:.O:.-=ニ.:.:/:::::::::::::::/:.:.:.ヽ::::::::
       /:.:.:.:.:.:/:::: /::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://‐=ニフ:./:::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:ハ::::::
     /:.:.:.:.:.:.:.:.{::::/::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈/:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::: イ:.:.:.:.ミ:.:.:.:.:.:.:|:::::
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨::::::(ヒz_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::彡'´:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:\ :.:.:.|:::::
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:::::::: ハ=‐z_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::/:.:.:.\.:.: {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ::::::::::ノ二ニニ=―z_:.:.:.:.:.:.:{::::V:.:.:.:.:\.:.ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉::

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.イ:.:.:ー=ミ:.:辷二ニ=―ヽ::ハ:.:.:.:.:イ:>〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::
:.:.\:.:.:.:.:.:.:/(/レ'Vソ::.:.:.:.:.:.:.:. ⌒ヽ -=ニ二}:::::ゝ彡/.:.:.:イ\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::
:.:.:.―=<       ノ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:-=ニノ:::::::::):.:.:.:.:./:::|:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:::



アイツは私のやる事なす事全てを凌駕し、完全なる差を見せつけてきた。
無論男共は彼女に目を向けるようになり、いつしか私は友達すら居なくなっていた。


     /::::::>彡''":;.:.:._,、:.:.:.:_:.:.:.:.`''<二二>、; へ、
   /::::/L_>''":::::::: ̄:.::::::: ̄`''<_}:.`'<ニハ::::::::
  /::く::::::::ア::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L_:.:.`くrへ:::
/:::::::::::>ア:::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::`/^}:ト::::
::::::::::::く/::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::l:::::::::i::::L「\
:::::::::::;::':::::::::{::::_:/斗'’:::::::::::::::::::.::`メ、_:::::::: l::::::::l:::::::::l:::::
::::::::/:::::::::::::{::::/  .Ll::::::::::::::::::/:::/::::/`::、∧:::::::l::::::::}:::::
:::; '}:::::::/::::::L/___ l::::i::::::i:::/__:::::::::/:::::::::::{::::::::}:::::
/ }::::/Ⅳ::::斧ヤ..ニ:7L_L__|/'"| ̄l ̄ミ、::::::::::、::::,::::::}::::::  あ、あの・・・一緒にお茶してやっても・・・
 .ノイ ノ:‘、::::', .之:ン       、__ア./:::::::::::;へ:'.::::}::::::
  /::::::::ヾ',:'、///、/////  /::::::::::::'::::::::\':::::::  え、邪魔?そう・・・

. , '::::::::::::::::}:ヾ゛\          /::::::::::::/.._イ {:::::::::
/:::::::::::::::::::;::::;'` .,  rー-、     /:::::::/:::/    }:::::::::
::::::::::::::__:::::::/.   ` .     . ./:::::::/:::/     .{:::::::::
:::::::::::〔_`'< ̄` .,_) ー<  /:::::::/:::/   ̄ ̄`く::::/
::<_¨ ―- _>- フつ二ニア::::::; ':::/        V
:::::::≧=--、__> ア`''<ニニア:::; ' /::/         }
と '' ―-<___.ィ    `'く:::; ' /::/          ;
  ≧=-_..  --┐     `< /::/  ,ノ
.r――  --=ニ二       `< _ /      /
_≧=---  _         _r'":.:.:.:.}、     /
二>ミx   `   .,_  rイ:.:.:l:.:.:.:.:/_/_    /
イ二二ニ>、/ _x≦二{:.:.:.:.:.:.:.,ィ≦二ニ7   /

>^く二二ニ≦二二ニム:.___イ:二二ニイ   ./
:.:.:.:.:.:.`1二二二,、>1ニ}二二二二二ニ!   /
:.:.:.:.:.:.:.:.`⌒^´ ̄:.:.:.:.}二!}二二二二二j  /




男共に自分から話しかけてもまるで返答してくれない。
こんな経験は初めてだった。
私のプライドはあの赤い悪魔によって、まるで握りつぶされたクッキーの様に粉々にされたのだ。

                                  _ ノ⌒V ̄ ̄ ̄Lr-

                           ,,   ̄ア   {   _____
                         ,, '":::::::::::::r'⌒  ,.>≦二二二二≧
                     ,, '"::::::::::::::::::::_{   イ二二二>'⌒ー<ニ
                   /::::::::::::::::::::::::::r'  ,ア二>ー[.ィ^L_>⌒廴__.へ
                  /:::::::::::::::::::::::::::::ノ r^>'"_/^ー'::::::::::::::::::::::::::::::::
                . ':::::::::::::::::::::::::::::>"アア _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                /::::::::::::::::::::::;,'"ィ .//、ン」:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               ノ::::::::::::::::::; ' イノ.//:::} }::::::::/:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /::::::::::::::::/ /::/. '/:::/ /::::::/::::::::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::;

            /::イ ::::::::::; ' /:/ , ' ./..イ_/:::::/:::::/::::::/:::::://:::::::::::::::::; '   (旦那様が欲しい!白馬の王子でいいわ!)

            // ,':::::::/:/ イ/ ./ ,/:::::::l l::::::/::/―---彡 /:::::::::::/:::/  /
           .// .,'::::: /:::{  ' _//::/ {::::::::l l:::/,ィ抖z芋ミx、 /::::/__/}_/  ./::
           }/ ,'::::::/:::/ア /ノ} |:::::::| |:::/℃ 乂:r沙^`,  ̄      /ィ::
             |::::/// / /L..二二」/o"   ̄゜          乂 }/
             |:/>"_.. イ . イ::::::::::::::::::`7        :..,,      ,, `メ、
             | ̄   / /- l:::::::::::::::::::::; 。        '",」,,    斧ミx
               ∠ イ  l::::i:::::::::::::: i        ,_  /    〔`ヘ ノ
               '      '.:::|::::::::::i::::l ,  ̄`ヽ  ,j       `'乂__,
                :      Ⅵ:::::::::l:::ハ {     ` .,          "。
               :,         !::::::::l::;' ‘.`ー-- .,  `ー- 、
                  :,       l∧:::l;'  ヾ、   、 丶    }     _.ィ:
   ____  ___‘.        Ⅵ    ヾx、 `  ヽ   ノ   ,,'"/::;
x≦二二二二二≧二二二.ハ       { ゛{}    / ミ x.,__ ̄...  イ  /イ
二二二二二二二二二二ン:.:l       l  }}   ./:.:.:./:、:'.     /      ,
二二二二二ニ>''" ̄ ̄:.:.:.:.:l       | ノ^L、 /:.:.::/:.:∧:'.     /     /"



ろくに同級生との交流も取れなくなっていった私は、次第に人肌恋しくなっていた。
――――そんな時、聖杯戦争の話を耳にしたのだ。



                     r--< ̄ア---、__
                . --、 /-=≦二二ニ≧x、 _ノ
             ,,'"::::::_;ィニr―-、_二二二ニ>x>へ. -―-ミ

          r-<::_r<- _≧=--<__)L,へ、二ニ心 ム_:::::::::`
          //㍉〔___/::::::::::::::::::::::: ̄`''< ハ二二厶、   }:::::::::::::ヽ
        . '.{{__/⌒ ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`く_]、二ニ',ー<::::::::::::::::`、
       . r=≧=_} 7::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ {、二二!ー-}:::::::::::::::::::::`、
      . '::{{___{__7::::::::::::;:::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.^_7二7>'"二ニ`!::::::::::::::
     . ':::::{_..=≦^! 7::::::::::::メ、::i'.:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ、:rく_7____}:!::::::::::::::
    ィ:::::::く/:://::L{:::::::::L_j |ヽl. '.::::::l::::i::::::::::i::::::::::::::::Ⅶニト、\ ノ::::::::::::::::::::::::::
   , ':::/:::::::::::::://:::/::i::::::::::i zx、^` L__}::_lイ::::::i:::::::::::i:::::{_{__} }\\}∧:::::::::::::::::::  なあんだ、聖杯に願えばいいじゃない
. . ':; '/::::::::::::::〈/::::/:::;l::::::::::l {{f泌 : : :  ̄孑ア^㍉::::::::::::::{-、:} }ハ \\'.::::::::::::::::::

. '::; ' /:::::::::::::::::::::::/:::/.!::::::::::l: :.ゞ' : : : : : : : :.{└`マ:::::::i::::{^!::} }  、 _/\:::::::::::::::
::; ' .':::::::::::::::::/:::/:::/ l::::::::∧   '   : : : :`¨´ :}、:::::l:::::{イ} }     \:.\::::::::: 待ってなさいよ聖杯―――すぐ私が取りに行ってやるわ
'  ,::::::::::::::::/:::/,'::;'   l::::::::::::::、  、_    ,,  l:::\l::::'. { {     l:::\/::::::::
  '::::::::::::: /::::/.'::;'   '.::::::::::::i丶 丶_ニイ  , .l:::::l:::\:'.       l:::l:'.:::::::::::
  '::::::::::::::;;':::/ .':::'    '.::::::::::l|` .,     イ ,._リ:::ハ:;' \      l:::l.‘,:::::::::  きひひっ
 .| :::::::::::;;':::;' {:::'     ',::::::::N     `´{-=≦:7:::;'::};'           l:::l. ‘,:::::::
 .! :::::::::;'.i:::'  Ⅵ     '、::: {    -―-ミ--7:::;'-}/         l::::! ‘,:::::
 | ::::::::;' .l::'   ゛{        '.:::{  ;      `マ::;'>'{`乂        .l::::!  ‘,:::
 | ::::::;' .l:'           '.:{  .{      ,'::/、 L」 /ミ 、       l::::l  ‘,:
 |::::::;'  .l'             /{     ./:イ ヾ   .}}  ,      l::::l.  ‘;
 !::::;'  .l          __ /. ‘.    /   ヾ ,"  }     .l:::;'

. l :::'             }ニ{_rヘ  :,      ;   ル"  ,      ,':/
. !:::'           r_く二二(.  :,     i  ィ"}}  /       ,'/
..l:::'           /⌒L、二_]  :,     { ィ" {{  /      /'
..!:'           .{7:.:.:.:.:.`1二L ‘       V   }} ./     /
ノ'            {:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ{L_ハ     :,   }}/



そしてすぐさま行動を起こし、能力を認められていた私は楽々聖杯戦争への参加権を得たのだった。


【プロローグ終了】
【船上】



                  >─-  _  -─‐<
               . :                   、
              /          ヾ         \
            /                     ヽ
           V                    ヽ.  ’,
           V     /  / /   .∧   V    ’,   ',   V
            .′  V  ./ / l  ! } !  :.  V  ',  :.  :.   初めまして、狂三さん
            .′ l V   ,′.:: |||||  l:.  ',  ::.  ',   l
          .:   | l | !  λ | |. |l|  } !  l i |!.  :.  l
.            l   l  Ⅵ l、 l.∧ l', | .| ハ 八 ,' }: 八  l.  !   今回聖杯戦争の監督者を務めます、言峰カレンと申します
          |  !  八 |∧|‐ヘ l ヽ レ | /‐ l/-从レ'  | |
.           ',  |    |`                  |    | |  代行者見習いの身ではありますが、精一杯監督役を務めますのでどうかよろしくお願いしますね
.          ハ |   !、 r≠-ミ       r≠-ミ }    !  |
           l .:    .| ', ::::::::::.       .:::::::::: /l    :. V
.           ,'ノ    |.∧        '        /.┤   |  V
          /イ   Ⅵ  ヽ      r 、     イ  j    |  ’,
            //|     ',    丶   `´   イ   ,′    |     ヽ
          , '/ }     V  __|  > - < l _  V       l V   :.
        /    l       V j   ̄ .T   ̄ {_V      从 ヽ.   ',
      /   _ノ∧      lゝ   __.人 、  .イ .:      .∧<  ハ  l
      .′ /    ∧     .|  / / ̄_丶、 .|    ∧    \}  八
.     l ./        }.     ,' /  ´ x≦ _` ) 八    {        V/
.     从/      八  ./ .′    r≦  T  入    V        ',
.      V      /  l. /  |    | .r=-‐┤    V   Y      l
    V       {   V  |   .├-t´ ̄|     /   .从     l
    .:       人.   ’,  |     !¨ ノ ̄|  /   ./        .|
    l        .ハ    V j    .|`〈-== {  ./    ,′         l
    |           }    V ≧=-人.-==≦V ′   {           |



                            r―、___
                       _ノ>''" ̄ ̄`ヘ_二二≧x_
                    _〔:.:>":::::::::/:::::::::::::::::::`へ`く二>、:^Z_,.  --  .,
                ,, '"´:rア::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::} `《二ム:::::}:::::::::::::::::::::` .,
             ,,'":::::::::::::rア:::::/:::::::::::::i::::::::::::{::::::::::::::::::`^ヘ.Ⅵ二ハ::{::::::::::::::::::::::::::::::` .,    ええ、よろしくお願いするわね監督者見習いさん

            ,,":::::::::::::::::::;:'::::::::;':::::::::{:::::{:::::::{::: {ィ::: ̄ ̄:::::::::乂アアミx、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::` .,
         ,,'::::::::::::::::::::::::イ::::::::::{::::::-┼-i'.:::::{Ⅵ 斗==ミ、__::::::7/{{_㍉㍉≧=- ,:::::::\::::::::::::::\

        /::::::::::::::::::::;,'" ,{::::::::::∧:::::/.L::l  ̄   ,L└_リ:、::: {{::ヽヽヾ_ノ_  ` .,::::::\:::::::::::::  
       '::::::::::::::::::;,'"  〈:i::::::::i:::∧::《丁才     : : : ノヾ:::::乂二}」   ̄ ̄     `、::::::\:::::::
      ./:::::::::::::::/      |:::::::{::::::∧{: : : ′     /:::::::}::::::::l,ノ/`ミx、       \::::::\::
     /::::::::::::/       |::::::;{:::::::::i{    _  _-=-'   ア::::::::::::::::}.イ  `''ミx、         \:::::`
     .':::/:::/          .|:::::;‘,:::::::圦、   ̄     /::::::::::::/:}リ       ̄ ̄       \:: まあ精々頑張って頂戴?
     .'::/:::;:'     _r~z、 .|_,、 '.>''",ノ 、      /:::::::::::; 'イ/
    .'::;::::;:'    r=≦二二ミx>''"  イ::'.  ヽ、  _ /::::::; "
    i:::i::/    〈廴二二二二Ⅵ二 -―--ァ 丁ハ彡:::::イ^{    
    |:::{;'     V二二二二{:.‘,ー-`'< {__ノ-=≦冖ー-ァァ   ̄    、
    |::::'.      _}三ミx二二^!::}二==-`孑" /L_ノ    //
.   ,',::::',     /二≧x、Ⅵ二{_ノ    rノ  //     //         ` .
.    {::'、::',    /二ニ∧7⌒ア    ,ィ:'"   `      //           ` .,
.   l:::{ヽ:\ ./二ニ7=7 /_r―z>'"    y  r―<ニミx   - _          `
    Ⅵ   /二二7=7   寸二二≧、 ./_r<ニ>――<乂_  /⌒-_        `



                           . - ─ - 、, -- 、
                            /:.      ⌒ヾ:.  `: .、
                          /:.   :/     ̄`:.  : .、
                        .:′.:/  /    .:/ .:/  .:⌒ヾ
                            i  :i:i .:;′  .:./ .:/:/ .:ハ  :i ヘ
                            l  :l:| .:l   :从.:/:イ .:/ } :l! : }
                        ;  :从 :l    :|ィ㍉ム/! /i:. :iⅣリ  ―――ぽるかみぜーりあ
                         / ://  !  :i |んソ`ヾリ 厶イノⅣ
                     / ://   .!  :l |`¨´   んネ:.i|'′
                    .:′://   :/|  :l |     ゝ从 i|
                      /   //   :/ :|  :l |  -‐ ィ :.:.:.i|
                       ;′ .://   :/ : :|  :l |ゝ、_/:.:| : :.:.i|
                   乂 .:./   :/:_人i!:.  `㍉:.:.:!|:.:.:.| : :.从
                       У    .:/'´   \:.   :Y:.:!i :.:.|i:.:.:.:.:.:',
                  {:.   ,.:′      Y :人:.:.';.: |:!:.:.:.:.:.:.i
                     从:   :イ        ノ :{  ヽi|:.从:.:.:.:.:.リ
                 / :Y i:.:i         (:.   `:、 \:.:.:.:.:.((
                   /  .:.i! Ⅵ       \:.  .:ヽ  \:.:.:.: Y
                     {   :j!  }:!            ))  .:)   Y :ソ
                     _ ソ /:  .;イ        (:. ((:.    K´
                γ´  :/:.   .:/ :|           Y   :Y    ! :\
                  {イハ// i:   .:{:.:.:|_______リ八 リ   | :ヘヾ
                ハハリ:从小/:.|三三三三三三三三三三ニ|ハ八リ
                     乂从УΝ三三三三三=/三三三三j
                      l三二二==く三三三三ニ{

                      l三三三三三三ヽ三三三三i

                          Ⅵ三三三三三三> .三三i、、
                          Ⅵニ三三三三三三三> ..ミ>へ
                         \,三三三三三三三三三/⌒ 、` 、
                         \ニ三三三三三三ニ/     /_/_
                          /_\三三三三三ニ/     /   \
                           /三三\,三三三三/     /     У〉

        _ ィ二x≦二二≧xー⌒L
    --ミx≦二二二二二ニ=--ニ二ニ≧x| ̄`!/` 、
  /::::::::::{:.{二>''"´r~へ_r―ミ、__r、`<二心:.:.L:::::::::\
  /:::::::ノアー''"⌒ー':::::::::::::::::::{、:::斗:::::Ⅵ`<二}:.:.`!::::::::::::
. /::::::///:::::::::::::::∧::::::::{`、:::::::/`、:::::::::::L_`.」:.:.:.{::::::::::::
.,'::::::///:::::::::::::::/、 ‘,::::::'.‘.:::/:::l ‘、:::::::::::::::;乂_[_㍉、::::::

':::::::{//:::::::::::::i/  \Ⅵ∧‘.:::::::::::;,x''"、::}、:::::::::::::{{^!l\:::
:::::::://:/},::::::::l =zz_. Ⅴ:ハ ‘.:::x'"   ヽ} ヽl:::::::::::}}::{{::::::::  (この人、口悪っ!)
:::::/,i:{::' Ⅵ::::l      ̄   ̄___  l::::::::::::ヾヾ::::::

:::::Ll|」'  }:::::::l ==       ̄ ̄ ̄  .l:::::::::::::::ヾ、jミ

:/:::::::l   .l::::::::'.              U l:::::::::::イ、}}::::
'.:::::::::l   .|:::::::::'.     _..  -、       l::::::::::::l Ⅵ:::
‘.::::::::,  |::::::::l' .   {     ',     . l:::/:::::::l  `、::
 '.:::::::,  .|::::::::::{ `  ., ヽ.   }   イ .l/:::::::::l   ‘,
  、::::,  |∧:::::',    ≧===≦イ^L___}::::::::;'
   \'.  , -:、::'. ̄77  `'<「`!>'" l:l:{ 7:::::::;' ̄` 、
    \ /  \ {{  // /7「ヽヽ }:l:! /::::::/    ‘.
        i   、 {{  .{{__// {L__} } {:l:/ イ      ‘
        |    V .}:}  `ー' .lト--'  .} ̄、
        |    ん≧x   }}  {{ 斗≦二ハ





                  >─-  _  -─‐<
               . :                   、
              /          ヾ         \
            /                     ヽ
           V                    ヽ.  ’,
           V     /  / /   .∧   V    ’,   ',   V
            .′  V  ./ / l  ! } !  :.  V  ',  :.  :.
            .′ l V   ,′.:: |||||  l:.  ',  ::.  ',   l
          .:   | l | !  λ | |. |l|  } !  l i |!.  :.  l  ・・・ところで、サーヴァントを召喚しなくても宜しいのですか?
.            l   l  Ⅵ l、 l.∧ l', | .| ハ 八 ,' }: 八  l.  !
          |  !  八 |∧|‐ヘ l ヽ レ | /‐ l/-从レ'  | |  別にマスター見習いさんがサーヴァント無しで戦場で散っても監督者見習いは一向に構いませんが
.           ',  |    |`ィfテ仡       行テ心|    | |
.          ハ |   !、 乂z込      .込z乂 }    !  |
           l .:    .| ',               /l    :. V  あと、不手際で事故が起きてしまったらごめんなさいね
.           ,'ノ    |.∧        '        /.┤   |  V
          /イ   Ⅵ  ヽ    ー一     イ  j   |  ’,
            //|     ',    丶         イ   ,′    |     ヽ
          , '/ }     V  __|  > - < l _  V       l V   :.
        /    l       V j   ̄ .T   ̄ {_V      从 ヽ.   ',
      /   _ノ∧      lゝ   __.人 、  .イ .:      .∧<  ハ  l
      .′ /    ∧     .|  / / ̄_丶、 .|    ∧    \}  八
.     l ./        }.     ,' /  ´ x≦ _` ) 八    {        V/
.     从/      八  ./ .′    r≦  T  入    V        ',
.      V      /  l. /  |    | .r=-‐┤    V   Y      l
    V       {   V  |   .├-t´ ̄|     /   .从     l
    .:       人.   ’,  |     !¨ ノ ̄|  /   ./        .|
    l        .ハ    V j    .|`〈-== {  ./    ,′         l
    |           }    V ≧=-人.-==≦V ′   {           |

     /::::::>彡''":;.:.:._,、:.:.:.:_:.:.:.:.`''<二二>、; へ、
   /::::/L_>''":::::::: ̄:.::::::: ̄`''<_}:.`'<ニハ::::::::
  /::く::::::::ア::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L_:.:.`くrへ:::
/:::::::::::>ア:::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::`/^}:ト::::
::::::::::::く/::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::l:::::::::i::::L「\
:::::::::::;::':::::::::{::::_:/斗'’:::::::::::::::::::.::`メ、_:::::::: l::::::::l:::::::::l:::::
::::::::/:::::::::::::{::::/  .Ll::::::::::::::::::/:::/::::/`::、∧:::::::l::::::::}:::::
:::; '}:::::::/::::::L/___ l::::i::::::i:::/__:::::::::/:::::::::::{::::::::}:::::
/ }::::/Ⅳ::::斧ヤ..ニ:7L_L__|/'"| ̄l ̄ミ、::::::::::、::::,::::::}::::::  あ・・・えと、そうね
 .ノイ ノ:‘、::::', .之:ン       、__ア./:::::::::::;へ:'.::::}::::::   (この人何でこんなに刺々しいのよ・・・)
  /::::::::ヾ',:'、///、/////  /::::::::::::'::::::::\':::::::

. , '::::::::::::::::}:ヾ゛\          /::::::::::::/.._イ {:::::::::
/:::::::::::::::::::;::::;'` .,  rー-、     /:::::::/:::/    }:::::::::
::::::::::::::__:::::::/.   ` .     . ./:::::::/:::/     .{:::::::::
:::::::::::〔_`'< ̄` .,_) ー<  /:::::::/:::/   ̄ ̄`く::::/
::<_¨ ―- _>- フつ二ニア::::::; ':::/        V
:::::::≧=--、__> ア`''<ニニア:::; ' /::/         }
と '' ―-<___.ィ    `'く:::; ' /::/          ;
  ≧=-_..  --┐     `< /::/  ,ノ
.r――  --=ニ二       `< _ /      /
_≧=---  _         _r'":.:.:.:.}、     /
二>ミx   `   .,_  rイ:.:.:l:.:.:.:.:/_/_    /
イ二二ニ>、/ _x≦二{:.:.:.:.:.:.:.,ィ≦二ニ7   /

>^く二二ニ≦二二ニム:.___イ:二二ニイ   ./
:.:.:.:.:.:.`1二二二,、>1ニ}二二二二二ニ!   /
:.:.:.:.:.:.:.:.`⌒^´ ̄:.:.:.:.}二!}二二二二二j  /


【サーヴァントの召喚を行います】
【一応やり直しは1度まで】
【トリップ判定を行います(1~7)】直下

#魔・剣・槍・狂・騎・暗・弓

【ランサー】

                         _,,_
                     ...::'"::::::::::::`:丶、

                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                     ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 ,′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :ハ
                j :: :. : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . :...:.:i:\__

                ハ !    i  {: ! :、:{:ヽ:ヽ::ヽ::. ヽ:、::}::`ヽ、
              /:::八j_{ i !  {| ト、\ヽ N::j::::j::}ノ:::\-ヘ
             -‐フ:::ハ::::::`辷'__-__∟ゝヽ_,>'_ニ丁´::::::、:::::ヽ
            ⌒¨ ̄}i::::ヽ:::::下ヘ之メ`‐バィZフノ^ハ:::::::::::ヽ⌒

                  ハ::N:ト、::::>     ,    ム::j~ぐ⌒ヽ
                     Nヘ}Y{ヾ⌒     .,}    ,.ヘ父、
                   Nハ  ト 、 -==' /  弋,ハ
                     Yス ∧ `::..、_ .イ{       ヽト、
                     VV:::ぃ   ::::::::::!|:ヽ     ヽヘ
                 _,.-‐7::::::ヽヽ    ,,}|::::iゝ、__   ヌ>、
              ,. '" ̄ `7::::::::::::ヽヽー 'フj:::::ヽ  `¨¨ ヽjx!
             /        /:::::n:::::::::', ヽ/ /:/}:::::',      ヽ
             /   ..::  /::::::::| !::::::::::゛、/ ,':::j/:::::::ヽ  :::.....  ゛、
            ,   .::::  /::::::::|}:::::::::::::∨:::::!::/}:::::::ヽ ,.- ::::::::.. ',
             {  .:::: `ヽ l:::::::::::::U::::::::::::::::::::::::::{ノ::::::::::::ij、ヽ、  ヽ
             }      ::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ ::..   ト、
            ノ    .:: i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ヽ__:::.. ノ::::ヽ
           ト、   .::: j!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   \ ̄::::::::::::::ヽ
            |:::::: ̄ ̄: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    \::::::::::::::::::ヽ
             !:::::::::::::::::l  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       \::::::::::::::::ヽ
           l:::::::::::::::::,′ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i         \:::::::::::::::`ヽ
            j:::::::::::::::;!   ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           Y:::::::::::::::::::::丶    ´"'' ,,::::::...
            !:::::::::::::;′   ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{           ヽ、::::::::::::::::::::\      \::::..
           丨::::::::::::!    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                丶、:::::::::::::::::\       \::::..


【このサーヴァントで始めますか?】先に二票
1:はい
2:いいえ

>>1のオススメ度が聞きたい

>>650
【性格の相性:少し良くない 性能:良】

>>1的にこのマスターと相性いいのってどれ?

ランサーは一回呼んだしチェンジ

>>652
性能的に一番合うのは騎
性格的に問題が無いのは魔・狂
性格的に危険なのは暗・剣

【再判定を行います】
【やり直しは出来ません】
【順番変えてトリップ判定(1~7)直下】

1

#剣・槍・魔・暗・狂・騎・弓
【なんでや】
【ランサー】

                         _,,_
                     ...::'"::::::::::::`:丶、

                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                     ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 ,′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :ハ
                j :: :. : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . :...:.:i:\__

                ハ !    i  {: ! :、:{:ヽ:ヽ::ヽ::. ヽ:、::}::`ヽ、
              /:::八j_{ i !  {| ト、\ヽ N::j::::j::}ノ:::\-ヘ
             -‐フ:::ハ::::::`辷'__-__∟ゝヽ_,>'_ニ丁´::::::、:::::ヽ
            ⌒¨ ̄}i::::ヽ:::::下ヘ之メ`‐バィZフノ^ハ:::::::::::ヽ⌒

                  ハ::N:ト、::::>     ,    ム::j~ぐ⌒ヽ
                     Nヘ}Y{ヾ⌒     .,}    ,.ヘ父、
                   Nハ  ト 、 -==' /  弋,ハ
                     Yス ∧ `::..、_ .イ{       ヽト、
                     VV:::ぃ   ::::::::::!|:ヽ     ヽヘ
                 _,.-‐7::::::ヽヽ    ,,}|::::iゝ、__   ヌ>、
              ,. '" ̄ `7::::::::::::ヽヽー 'フj:::::ヽ  `¨¨ ヽjx!
             /        /:::::n:::::::::', ヽ/ /:/}:::::',      ヽ
             /   ..::  /::::::::| !::::::::::゛、/ ,':::j/:::::::ヽ  :::.....  ゛、
            ,   .::::  /::::::::|}:::::::::::::∨:::::!::/}:::::::ヽ ,.- ::::::::.. ',
             {  .:::: `ヽ l:::::::::::::U::::::::::::::::::::::::::{ノ::::::::::::ij、ヽ、  ヽ
             }      ::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ ::..   ト、
            ノ    .:: i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ヽ__:::.. ノ::::ヽ
           ト、   .::: j!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   \ ̄::::::::::::::ヽ
            |:::::: ̄ ̄: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    \::::::::::::::::::ヽ
             !:::::::::::::::::l  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       \::::::::::::::::ヽ
           l:::::::::::::::::,′ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i         \:::::::::::::::`ヽ



・・・うん、相性召喚する? 先に二票
1:はい
2:いいえ

ランサーの呪い怖い

【相性召喚を行います】コンマ直下
奇数でバーサーカー
偶数でキャスター

【キャスターで始めます】

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,イ心     リ,イ弐心:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ∨ソ      ∨::::〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; ¨  ,    ¨¨ ./: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込.   ,. 、   イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、
     ,..イ ̄\   \::/:::/:.:八:.:.:∨     /  ∧l     .| :/ : : / ノ: : ノ}: : }
   /: : 〃/: /\ 〃//:.:.:\/   /   |: :|    ∨ /.://: /./:./
  〃{ : : 乂: :/   .X::/::ノ:.::.:.:.:.〈/  /    l : |.     ∨./: : / 〃
  {{ .乂: : : :/  /::::/::}::::::::::::::: ;′/      /|:: |       ∨: :/   {{
  ヾ.  ヽ: ;′ /:/|乂::::::::::::::::| ./        ∧:.|       ∨:{
     .}:| /://ノ::::::::::::::::::::::|/   |   ,′ ヾ       }八_ノ
      八/::::/::{'ト、::::::::::::::::::::〈   /|      |        ト、 ̄
 ゞ=彡: /|::/:::/:::::\:::::::::::::::::ヾ ./ i|   ./  .i|        |: : ≧=一
    // .|'|/ヽ::::::::::::\::::::::::::::::}/  |  /     l        人: : : :≧=一


                       _

                 ...... , - Y '   ゝ- - 、 ,.::、
               ,:::::::::yY 彡=->< ̄ \ >、::::ヽ、
               /::::::7 / -=_ r:::::y  ト、\LV::::::ヽ
             /:::::::/ //ィ:::::::::::::::::::::::::::::::i ゞ' _)ヽ:::::::::::.

            r===z } // 7::::::::::/i::::::::l:::i::::::::::::ヽ) Y====x:::.、
            スV:::/>/r::::::l::i-:i-i::::::::i i厶i-:::::::Yjミ--、//::::;,:、汝三大の言霊を纏う七天、抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ―――!
           ..:::///イ:::::::::i l::::l-il:::::::i iィ_i::lヾ:::::i-ヘ\\::::::::iヽ

           /::::7ヘ/  l::::::从ト込ソヾ:::i 弋゛_ノイハ:i  liト /:::::::::::. :;,
             /::::// l;;l  i::::::::トヾ¨´  、     l:::::::ト、il lヘ>:i:::::::::i ::.
         //l::ヽ:| i;;!  l:::::::iヘ    、  ,  /イ:::::l  li  l:::::i i:::i::::i il
           // l::::::::i Li   i::::::i  `ト  _  .イ /:::::l  li   l::::i i:::i:::::V::i
        i:l  li l:i i     iハ::i  {;ト-i_z=-7 //l::i    i::::l l::::li::::::i:::i
        l:i  li l::i i      ヾ_,<ニ{ニ}ニニ彡 / i::i    .;:::::i l::::l i:::::l:::l
        l:i  l i::l i  ./ ̄/ ‐ -ゞニ=ニソ¨´il l/ ヽ  i::::/ i::::l i:::::l:::i
        l:i    \  ./   /         li /   i l:::/ i::::i i:::::i::/i
        ヾ:.     ,  y/         li /   l // /:::7 .:::/:/::l
         ヾ      r;;;;〈_ ,  ヽ , ' _,,,,,;;;;;;,,, i    // /:::::  l:/:/::::l
               l ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;, i i;;;;/;;;;;;Yハ   / /::://  //:::::::l
               { i;;i ゞヘ;;;;;;;;;;/;;;;;jイ;;i7;A  /  /:::/  /:/:::::ii::l
              l  ゞ、 _> 木</ // ノYl   l//  // l:::::i i:l
                 l i/ /∧ \≧ ´ / .i   i   ./ /:::::l li

              i    l ト / Xヽ\ >  /     l  /  /:::::.' il
                 l i  l X ト\      l    ,    /:::::/  il
           /-= ミ   i i  i X i ヽ > ヽ _ r ィ//ト/7 /::::/  /
         ////r;;;;;;j;;;;;y,,,, l X i _,,,,,;;;;;;;;;;;;; マ/=----/ __:/  /

        //////l      / ̄7    ̄ 7 ム ∨///∧ 7/
       //////li i,,,,,,;;;;;''''''''{ _|''''''';;;;;;;;;;;;///// ∨/ゝ='\
    //////   .〉    イ X ゝ、    {///// ∨//X
  ≪/////〉    マ;;| ィjイ个Y_Y个k _ //////∧∨/∧

 フ//////ハ    ///ハ7- i7 l l  〉i l i ;;,>////////∨/∧
ゝ7 - 'Li |//∧ ///r / //  l)   〉} l i   ;;,/////// ム//.ム
  l l_ノ l iニ='  ////ノ;/ //  /ノ   { i ゝヽ  ;;;,///////〉//// 、
  i _ノノ-'   /////};;/ //  /ノ   } l  } ヽ ;;;,,,//// ////////>

ひゃっはー篭りプレイだー

  .l.    ..l      !     !   .|   .l   │  |   .!    l   .l   !     !      ./    ./
   l    l      !     .l   !   l   │  |   |    l   .|   .l     !      ./    /
   l    l      .l     .l   .l   .l    l   |   !   .|   ,!   |     .l゛     ./    ./
   ..l,    .l     │    .!  │  │   .l   !   .|   .l   ,!   l     .l゛     ./    /
、   . l    l      !     l   .!   !   .!  ,!  │   .!   !   l     /     /    /
ヽ    .l.   ..l     .l     |  │   l   .!  |   .!   l   l   l゛    /     /    /    ,>
. ゛l,    .l    .l     .!    .l   !   !   .,!  !   l   ,!   .l   |     !     ./    /    ,/
  ゛l,   ..l,    l     l    .l   !   !   .|  |   l   l   l   !    .!     ./   ./    /
  .ヽ   .l,    l     .l    .!  .!   .|   .,!  .|   !   .|   !  l    /     /   ./   ./
   ヽ   . l.   .l.     l    l  .!   .|   .|  .,!  .!  │  .l  /    !     /   /   ./
ヽ   l    l.   .l     |    l  .!   .!  │ :!  .!   |   .|  ,!    .l゛    /   ./   /    ..
. ヽ   l    l   .l,    .!    .l  l   .}  .|  :!  l   .|   .!  !    /    /   ./    /   /
  ヽ   l   .l    !    . !    .!  !  │  !  |  l  │  ,!  .l゛    l゛    l   ./   ./    /
   ヽ   .l   . l   .l    l.    l  !  │  .} :!  !  .l   .!  .l    /    l   /   /   /  ./
   .ヽ  ..l,   ヽ   l    !    !  .l..........!  .! : l゛  .|.-....,!   | .._.l    /    /   /   ./   /  /
    .ヽ  .l,   .l  ,., !    .l´´― l  .l‘゛゛゛ l  .厂]  .!`´ ,!   ! ''┤   .il;;―-..,/   ./   ./   /  /
ヽ    ヽ  ...l   .l,゛ -‐' l    ∟.._,.|  .!."." l  テ‐}  |.‐゛"l   l゛‐ /   /  .゛"/   ./-..,、/  ./  /   .,.
 ヽ    .゛ッ.lニ. l   .l. ii..│   |.lyi │ }ニir !  .'l!リ  .!ニニ|   l: -.!   ilvニ;;-./   .iニ=../   ,i′ /   ./
  ヽ    . l´'' l  ..l / . l   .l''"´ .! .| -‐l  lヤ} .|、' ┤  .l゛ .l   il \ .゛/   ./._..;;〃  ./ ゛' /   ./
   .Λ    ヽ ...l,  .l /..l   .l,,..,ニた l ..、. |  .∟|  |...".l   !.コ7   .i" ゛'ッ,./   .i{, ゛く./  ./ .ヽ/  ./
   .! ヽ   .ヽl゛ . l   ll .{、.l   l/゛ー ! .!.ノソ|  .| ! .|  'l   !.、.l   l゛  /   / ! ./  ./  ./   l゛
   l  .|ュ   ゛!l、 ゛゛、  .'ヒ、.゛!iリ、  l.lii、、l. |.'" l  .| イ .l'/^l  .|.'‐l   !._..;;//   / ./ /  ,i′ /   ./
    \. `!.   ゛.l'-..l、 .l,`'ー⊥  .l,,. >| .!‐.i、|  ,!..| .l.ニi|  .!勹   ,llr''彡′ ./‐゛,,./  /  ./   /
     `'-、,    ヽ ヽ  .lー- l   リ「、_:.l |  . |  | :! l.│  ,!.│  i!",゛,../   /'" /  /_..-'^_ /
        .`''ー ..,_.ゝ ..|, . l.`゛''''.l  .|'‐; "} .l.....、.! .|│ l´...!  l ,゛l   ,!´.''''/  ./ .,,,/ ._,゛ .'''´
            `"ヽ゛- ...゛‐'‐ λ  l _、.l !゛゛ゞ.| .| | l;;iネ  ! .l゛  / : -/ ._,....ニ.‐‐'"´

                    ` ." '"丶~!-ゞ゛´゛". ニゝ:!`゛! .--´゛! ‥‘ " ゛゛

                  _r‐ 、 ,r‐.、
            . .-‐f⌒)<.r=くノ-く}ーァ-、
           /:(⌒ノ/: :l|: : : \: :\_ノ-.、
         / : : r》/: : : : :l{: : : : : : : : : ヽ.ノ

         .′: :.У: : : : : :ハ: : : : : {: :、: : :.ヽ
        .′: : /: : : : : : ′V : : : ハ: :.Y: : :}ハ
        {: :/{: : : : : {: { ̄ ∨ : :{´∨:| : : トハ
        |://:《: : { : : |.ィ≠ミ ヽ: :|ィ.圷、: }: }ヾ}

          /::{: : ト:八: : 《 V:rリ  ヾ.しリj: /: :!
         .{:_::二リ: }: :\ハ       '  〃: :ノ
          /::::/:ノ:{: : :{ヾ{.   -=_ イ: :{´   ―――性欲を持て余す
       ./::/::/ー:八: 从> /´   ∧-.、
      /::/}:/}: : :_} : ヽ八ー∨ _  / ∧} }
           /..<:|: : : :V::}::/´ `ヽ/__∨ヽ、
        /{:::::::::::::l: : : : }/     }__ノ   Vヽ
        ./:r|‐-::、:::|: : : :/       ∨   }: : :\
      .′八::::::::V: : :/  { .{.      '.    l|: : : : ハ
      {:八. \: :{: :/   ヽハ     }   .ハ: : : } :}
        V: {ヽ  ヽ/     .ィ}    .′  { V: :|ノ
       Y:|  \ /     / リ    {   |  V八
        }ハ  /      ./} /    ./|       V:}≧=-
       ノ: :} /      ./:.リ′   .{ |       }リ
       /:イ:.ハ      /: /{       .|       |
      ⌒{: : : ヽ_    .イ:./ .|      .ノ、___ j



        _ ィ二x≦二二≧xー⌒L
    --ミx≦二二二二二ニ=--ニ二ニ≧x| ̄`!/` 、
  /::::::::::{:.{二>''"´r~へ_r―ミ、__r、`<二心:.:.L:::::::::\
  /:::::::ノアー''"⌒ー':::::::::::::::::::{、:::斗:::::Ⅵ`<二}:.:.`!::::::::::::
. /::::::///:::::::::::::::∧::::::::{`、:::::::/`、:::::::::::L_`.」:.:.:.{::::::::::::
.,'::::::///:::::::::::::::/、 ‘,::::::'.‘.:::/:::l ‘、:::::::::::::::;乂_[_㍉、::::::

':::::::{//:::::::::::::i/  \Ⅵ∧‘.:::::::::::;,x''"、::}、:::::::::::::{{^!l\:::  はっ!?
:::::::://:/},::::::::l =zz_. Ⅴ:ハ ‘.:::x'"   ヽ} ヽl:::::::::::}}::{{::::::::
:::::/,i:{::' Ⅵ::::l      ̄   ̄___  l::::::::::::ヾヾ::::::

:::::Ll|」'  }:::::::l ==       ̄ ̄ ̄  .l:::::::::::::::ヾ、jミ

:/:::::::l   .l::::::::'.              U l:::::::::::イ、}}::::
'.:::::::::l   .|:::::::::'.     _..  -、       l::::::::::::l Ⅵ:::
‘.::::::::,  |::::::::l' .   {     ',     . l:::/:::::::l  `、::
 '.:::::::,  .|::::::::::{ `  ., ヽ.   }   イ .l/:::::::::l   ‘,
  、::::,  |∧:::::',    ≧===≦イ^L___}::::::::;'
   \'.  , -:、::'. ̄77  `'<「`!>'" l:l:{ 7:::::::;' ̄` 、
    \ /  \ {{  // /7「ヽヽ }:l:! /::::::/    ‘.
        i   、 {{  .{{__// {L__} } {:l:/ イ      ‘
        |    V .}:}  `ー' .lト--'  .} ̄、
        |    ん≧x   }}  {{ 斗≦二ハ

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂    私はキャスターとして現界したようだな
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ   ―――問おう、お前が私のマスターか?
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /ト、. ヾ.  }: ィ:\\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,ィ=、     リ ,≠=、: :\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ∨;;〉    "∨;;〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;. ¨  ,    ¨¨ /: :/: |: ト、:::/
              /: : : :込.   、_ .,   イ: :.八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、




     /::::::>彡''":;.:.:._,、:.:.:.:_:.:.:.:.`''<二二>、; へ、
   /::::/L_>''":::::::: ̄:.::::::: ̄`''<_}:.`'<ニハ::::::::
  /::く::::::::ア::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L_:.:.`くrへ:::
/:::::::::::>ア:::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::`/^}:ト::::
::::::::::::く/::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::l:::::::::i::::L「\
:::::::::::;::':::::::::{::::_:/斗'’:::::::::::::::::::.::`メ、_:::::::: l::::::::l:::::::::l:::::

::::::::/:::::::::::::{::::/  .Ll::::::::::::::::::/:::/::::/`::、∧:::::::l::::::::}:::::  あ、はい多分そうです
:::; '}:::::::/::::::L/___ l::::i::::::i:::/__:::::::::/:::::::::::{::::::::}:::::  
/ }::::/Ⅳ::::斧ヤ..ニ:7L_L__|/'"| ̄l ̄ミ、::::::::::、::::,::::::}::::::  (さっきのは気のせい・・・?)

 .ノイ ノ:‘、::::', .之:ン       、__ア./:::::::::::;へ:'.::::}::::::
  /::::::::ヾ',:'、///、/////  /::::::::::::'::::::::\':::::::

. , '::::::::::::::::}:ヾ゙\          /::::::::::::/.._イ {:::::::::
/:::::::::::::::::::;::::;'` .,  rー-、     /:::::::/:::/    }:::::::::
::::::::::::::__:::::::/.   ` .     . ./:::::::/:::/     .{:::::::::
:::::::::::〔_`'< ̄` .,_) ー<  /:::::::/:::/   ̄ ̄`く::::/
::<_¨ ―- _>- フつ二ニア::::::; ':::/        V
:::::::≧=--、__> ア`''<ニニア:::; ' /::/         }
と '' ―-<___.ィ    `'く:::; ' /::/          ;
  ≧=-_..  --┐     `< /::/  ,ノ
.r――  --=ニ二       `< _ /      /
_≧=---  _         _r'":.:.:.:.}、     /
二>ミx   `   .,_  rイ:.:.:l:.:.:.:.:/_/_    /
イ二二ニ>、/ _x≦二{:.:.:.:.:.:.:.,ィ≦二ニ7   /

>^く二二ニ≦二二ニム:.___イ:二二ニイ   ./
:.:.:.:.:.:.`1二二二,、>1ニ}二二二二二ニ!   /
:.:.:.:.:.:.:.:.`⌒^´ ̄:.:.:.:.}二!}二二二二二j  /



                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;    よし!よろしく頼むぞマスター!
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、




                            r―、___
                       _ノ>''" ̄ ̄`ヘ_二二≧x_        うん、よろしくね
                    _〔:.:>":::::::::/:::::::::::::::::::`へ`く二>、:^Z_,.  --  .,
                ,, '"´:rア::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::} `《二ム:::::}:::::::::::::::::::::` .,  私の下僕として頑張って頂戴?
             ,,'":::::::::::::rア:::::/:::::::::::::i::::::::::::{::::::::::::::::::`^ヘ.Ⅵ二ハ::{::::::::::::::::::::::::::::::` .,

            ,,":::::::::::::::::::;:'::::::::;':::::::::{:::::{:::::::{::: {ィ::: ̄ ̄:::::::::乂アアミx、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::` .,
         ,,'::::::::::::::::::::::::イ::::::::::{::::::-┼-i'.:::::{Ⅵ 斗==ミ、__::::::7/{{_㍉㍉≧=- ,:::::::\::::::::::::::\

        /::::::::::::::::::::;,'" ,{::::::::::∧:::::/.L::l  ̄   ,L└_リ:、::: {{::ヽヽヾ_ノ_  ` .,::::::\:::::::::::::
       '::::::::::::::::::;,'"  〈:i::::::::i:::∧::《丁才     : : : ノヾ:::::乂二}」   ̄ ̄     `、::::::\:::::::
      ./:::::::::::::::/      |:::::::{::::::∧{: : : ′     /:::::::}::::::::l,ノ/`ミx、       \::::::\::
     /::::::::::::/       |::::::;{:::::::::i{    _  _-=-'   ア::::::::::::::::}.イ  `''ミx、         \:::::`
     .':::/:::/          .|:::::;‘,:::::::圦、   ̄     /::::::::::::/:}リ       ̄ ̄       \::
     .'::/:::;:'     _r~z、 .|_,、 '.>''",ノ 、      /:::::::::::; 'イ/
    .'::;::::;:'    r=≦二二ミx>''"  イ::'.  ヽ、  _ /::::::; "
    i:::i::/    〈廴二二二二Ⅵ二 -―--ァ 丁ハ彡:::::イ^{    
    |:::{;'     V二二二二{:.‘,ー-`'< {__ノ-=≦冖ー-ァァ   ̄    、
    |::::'.      _}三ミx二二^!::}二==-`孑" /L_ノ    //
.   ,',::::',     /二≧x、Ⅵ二{_ノ    rノ  //     //         ` .
.    {::'、::',    /二ニ∧7⌒ア    ,ィ:'"   `      //           ` .,
.   l:::{ヽ:\ ./二ニ7=7 /_r―z>'"    y  r―<ニミx   - _          `
    Ⅵ   /二二7=7   寸二二≧、 ./_r<ニ>――<乂_  /⌒-_        `

                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ   ―――下僕か、うむまあそうだな
                ,〃.: :.、〃 |:{ \: \ : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{_ ノヾ  }ト≧\_\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ _    リ _ __、: :\:l:ヾ. \\  頑張らせて貰うとしよう
               \{/|∧:《∨r:}    代:::rリ》 : 〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;.  ¨  ,     ¨¨ /: :/: |: ト、::::/
             /: : : :込.   、 ,   イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : :.\
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、





                  >─-  _  -─‐<
               . :                   、
              /          ヾ         \
            /                     ヽ
           V                    ヽ.  ’,
           V     /  / /   .∧   V    ’,   ',   V
            .′  V  ./ / l  ! } !  :.  V  ',  :.  :.
            .′ l V   ,′.:: |||||  l:.  ',  ::.  ',   l  召喚は終わりましたか、ではこれが地図です
          .:   | l | !  λ | |. |l|  } !  l i |!.  :.  l
.            l   l  Ⅵ l、 l.∧ l', | .| ハ 八 ,' }: 八  l.  !  時間経過毎にエリアを封鎖しますので気を付けて下さいね
          |  !  八 |∧|‐ヘ l ヽ レ | /‐ l/-从レ'  | |
.           ',  |    |`ィfテ仡       行テ心|    | |  マスター見習いさん
.          ハ |   !、 乂z込      .込z乂 }    !  |
           l .:    .| ',               /l    :. V
.           ,'ノ    |.∧        '        /.┤   |  V
          /イ   Ⅵ  ヽ    ー一     イ  j   |  ’,
            //|     ',    丶         イ   ,′    |     ヽ
          , '/ }     V  __|  > - < l _  V       l V   :.
        /    l       V j   ̄ .T   ̄ {_V      从 ヽ.   ',
      /   _ノ∧      lゝ   __.人 、  .イ .:      .∧<  ハ  l
      .′ /    ∧     .|  / / ̄_丶、 .|    ∧    \}  八
.     l ./        }.     ,' /  ´ x≦ _` ) 八    {        V/
.     从/      八  ./ .′    r≦  T  入    V        ',
.      V      /  l. /  |    | .r=-‐┤    V   Y      l
    V       {   V  |   .├-t´ ̄|     /   .从     l
    .:       人.   ’,  |     !¨ ノ ̄|  /   ./        .|
    l        .ハ    V j    .|`〈-== {  ./    ,′         l
    |           }    V ≧=-人.-==≦V ′   {           |


【地図】

                ┌──┐
                    │ 10 │
                    └┬─┘
                      |
     ┌ - - - - - - -..| ̄3. ̄|_______________
     i     ┌ - - -┴┬─┴ - ┐ ┌┴┐
   ┌┤     i     :┌┤   ┌┤ │ 2 │
..   |.4| ┌─┤     . |.8|  ┌.┤│ ├─┤
   ├┘ | .7 │   ..└┤   i  |.9|  i   .i
.     i   ├─┼ - - - -. i -.┘.└┤  i   .i
.    i   i   i     .┌┴┐     .i  i   .i
.    i   i   └.<<.---|__6__| ._____ i ____i   i
.    i   i             i .i  └.-┐  i
.    i   └ - - - - -.┬─┴┤    ├─┤
.    i    ┌──┬-|_5__|       .|__1__|
.    i__________|.キャンプ|____________________________i
             ̄ ̄ ̄

キャンプ…全陣営の休憩場。この場では戦闘を行ってはならないが、戦闘を申し立てる事は出来、それに断ってはならない。HP回復+20。
1、2、4 平地 特に影響なし。
3、9 密林 隠れるのに適し、宝具回避を行える。その場合敏捷or幸運でコンマ判定を行う。
5 高台 キャンプに居る陣営の様子を窺える。休息時にキャンプに居る陣営のステータス情報を入手できる。
      また、アーチャーはエリア移動を行わずにキャンプに居る陣営に奇襲コマンドを行える。
6 高台2 7に居る陣営を窺える。休息時に7に居る陣営ステータス情報を入手できる。
      また、アーチャーはエリア移動を行わず7に居る陣営に奇襲コマンドを行える。
7、8 洞窟 空を飛ぶ系統の宝具やスキルを使用出来ない。HP回復+10
10…霊脈地。MP回復+30。
5→1…ダメージ判定
6→7…基本一方通行、及びダメージ判定



二日ごとに封鎖
3日目朝 エリア10封鎖
5日目朝 エリア4封鎖
7日目朝 エリア9封鎖
9日目朝 エリア3封鎖
11日目朝 エリア8封鎖
13日目朝 エリア6封鎖
15日目朝 エリア7封鎖
最終的に残るエリアはキャンプ、エリア1、エリア2、エリア5



よし5行こう5!
篭ろうぜ


                  >─-  _  -─‐<
               . :                   、
              /          ヾ         \
            /                     ヽ
           V                    ヽ.  ’,
           V     /  / /   .∧   V    ’,   ',   V
            .′  V  ./ / l  ! } !  :.  V  ',  :.  :.
            .′ l V   ,′.:: |||||  l:.  ',  ::.  ',   l   船が到着するまであと少し時間があります
          .:   | l | !  λ | |. |l|  } !  l i |!.  :.  l
.            l   l  Ⅵ l、 l.∧ l', | .| ハ 八 ,' }: 八  l.  !   ―――コミュニケーションを取っては如何です?
          |  !  八 |∧|‐ヘ l ヽ レ | /‐ l/-从レ'  | |
.           ',  |    |`ィfテ仡       行テ心|    | |
.          ハ |   !、 乂z込      .込z乂 }    !  |
           l .:    .| ',               /l    :. V
.           ,'ノ    |.∧        '        /.┤   |  V
          /イ   Ⅵ  ヽ    ー一     イ  j   |  ’,
            //|     ',    丶         イ   ,′    |     ヽ
          , '/ }     V  __|  > - < l _  V       l V   :.
        /    l       V j   ̄ .T   ̄ {_V      从 ヽ.   ',
      /   _ノ∧      lゝ   __.人 、  .イ .:      .∧<  ハ  l
      .′ /    ∧     .|  / / ̄_丶、 .|    ∧    \}  八
.     l ./        }.     ,' /  ´ x≦ _` ) 八    {        V/
.     从/      八  ./ .′    r≦  T  入    V        ',
.      V      /  l. /  |    | .r=-‐┤    V   Y      l
    V       {   V  |   .├-t´ ̄|     /   .从     l
    .:       人.   ’,  |     !¨ ノ ̄|  /   ./        .|
    l        .ハ    V j    .|`〈-== {  ./    ,′         l
    |           }    V ≧=-人.-==≦V ′   {           |



         /:::::::::::::::::::::::::く く,ノ::::::::: /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::Ⅵ  `7::::::::::::::`、
       ./::::::::::::::::::::::::イ/`¨´:::::::::/::::::::::; './::::::::::::::::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::::}  [/_::::::::::::::::::::、
      /:::::::::::::;,'"/ /:::::::::::::::::/ ̄:::メ、/:::::::/:::::::::::::/ {::::::::::::::::::::::::::::::「 { _]::::::::::::::::::::、

       /:::::::::::r' / /イ:::::::::::::::/:::/イ /\::/:::::::::/::.' {:::::::::i::::::::::::::::::::L.  ヤ:::::::::::::::::::::::::、
      ':::::::::/∨/ / /::::::::::i:/ィ≦三ミx/::::/{:::::::::i{斗-――|!::::::::::::::::::::::{(⌒㍉:::::::::::::::::::::、   んー、そうねえ・・・
    ,'::::::/:/`{ /==//:::::::::l'`{ ら:.L::::'_ラ∨ {::i:::::i  l  Ⅵ::::!l:::::::::: {:::::::::l_)、 ヽ:::::::::::::::::::、
    .':::// /:/>_乂.,/l::::,::::::::{  ` ― '^   .{_|:::::l ィz==x、 l::::::::::{::::::::l7  { マ、‘、::::::::::::::::、
   ,';:':イ::' /:/ / ^l l/^l:::l :::::::l          ヽ{ r'  / ㍉!::::::::: {::::::リ, ,.ハ ‘.‘. ‘.::::::::::::::::、
   〃:::/:::{ .':/ / l l  l:::::::::::::l         '’    `ヽ` ,ノ}}.l:、::::::{、::/.' .i l ! 廴:} .}:::::::::::::::::、
  /::::イ::::::l {/ ./  l l  l::::::::i::::l     、_         `^ ” l∧:::::{:\l .l l } l二ノ:::::::::::::::::::、
  /::/ .l::::: l〈 /   l l  l::::::::l!:::l: 、    ` 、         , l:::∧::::Ⅵリ{ { { } } l:::::::::::::::::::::::::::,
. /:::/ .l::::::l 「7    .L! .l::::::::!l:::l二>、   「`! `´      ∠. l::::::::::、:::V、、乂ノ .ノ l::::::::::::::::::::::::::::,
/:::/  l::::::l ‘j      Ⅵ:::l !Ⅵ二ニ>、  ' l       / /7,':::::::::::::\、 /丁T } .l:::::::::::::::::::::::::::::,
:::/   .l:::::::{. .l     、 }ハ{/ ^2二ニ>ノ .廴..  -=≦ /7 ':::::::::::::::::/ \ l }/ l::::::::::::::::::::::::::::::,
:/    l:::::::'、;      `> /:/    ̄寸'  /二{二>⌒  {-!/イ::::::::::::/ / 」!    l:::::::::::::::::::::::::::::::,
'     ‘,:::::::;         ' /:/      /  / ̄ __      }-!  }:::::::::::/ /イ ,'   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::,
      '.:::;     _r-く/     _ノ_..   ̄ヽ )     ,り  }/!::::::/    .'   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        ∨   ノ^!二二l≧x _,/   ____{'     /7   }::::/    .'   /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::,
       ./    寸二二二二/{       _)、  __ /7  r  }:::/    .{   /::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::,
     /     .ィ升二二二ニ| `、    '´   Y二二}7心{  .}:/     l ./::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::,



【キャスターに聞きたい内容 ↓1から↓3まで】

行動方針は?

                     r--< ̄ア---、__
                . --、 /-=≦二二ニ≧x、 _ノ
             ,,'"::::::_;ィニr―-、_二二二ニ>x>へ. -―-ミ

          r-<::_r<- _≧=--<__)L,へ、二ニ心 ム_:::::::::`
          //㍉〔___/::::::::::::::::::::::: ̄`''< ハ二二厶、   }:::::::::::::ヽ
        . '.{{__/⌒ ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`く_]、二ニ',ー<::::::::::::::::`、    貴方って何が出来るの?お遊戯?
       . r=≧=_} 7::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ {、二二!ー-}:::::::::::::::::::::`、
      . '::{{___{__7::::::::::::;:::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.^_7二7>'"二ニ`!::::::::::::::
     . ':::::{_..=≦^! 7::::::::::::メ、::i'.:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ、:rく_7____}:!::::::::::::::
    ィ:::::::く/:://::L{:::::::::L_j |ヽl. '.::::::l::::i::::::::::i::::::::::::::::Ⅶニト、\ ノ::::::::::::::::::::::::::
   , ':::/:::::::::::::://:::/::i::::::::::i zx、^` L__}::_lイ::::::i:::::::::::i:::::{_{__} }\\}∧:::::::::::::::::::
. . ':; '/::::::::::::::〈/::::/:::;l::::::::::l {{f泌 : : :  ̄孑ア^㍉::::::::::::::{-、:} }ハ \\'.::::::::::::::::::

. '::; ' /:::::::::::::::::::::::/:::/.!::::::::::l: :.ゞ' : : : : : : : :.{└`マ:::::::i::::{^!::} }  、 _/\:::::::::::::::
::; ' .':::::::::::::::::/:::/:::/ l::::::::∧   '   : : : :`¨´ :}、:::::l:::::{イ} }     \:.\:::::::::
'  ,::::::::::::::::/:::/,'::;'   l::::::::::::::、  、_    ,,  l:::\l::::'. { {     l:::\/::::::::
  '::::::::::::: /::::/.'::;'   '.::::::::::::i丶 丶_ニイ  , .l:::::l:::\:'.       l:::l:'.:::::::::::
  '::::::::::::::;;':::/ .':::'    '.::::::::::l|` .,     イ ,._リ:::ハ:;' \      l:::l.‘,:::::::::
 .| :::::::::::;;':::;' {:::'     ',::::::::N     `´{-=≦:7:::;'::};'           l:::l. ‘,:::::::
 .! :::::::::;'.i:::'  Ⅵ     '、::: {    -―-ミ--7:::;'-}/         l::::! ‘,:::::
 | ::::::::;' .l::'   ゙{        '.:::{  ;      `マ::;'>'{`乂        .l::::!  ‘,:::
 | ::::::;' .l:'           '.:{  .{      ,'::/、 L」 /ミ 、       l::::l  ‘,:
 |::::::;'  .l'             /{     ./:イ ヾ   .}}  ,      l::::l.  ‘;
 !::::;'  .l          __ /. ‘.    /   ヾ ,"  }     .l:::;'

. l :::'             }ニ{_rヘ  :,      ;   ル"  ,      ,':/
. !:::'           r_く二二(.  :,     i  ィ"}}  /       ,'/
..l:::'           /⌒L、二_]  :,     { ィ" {{  /      /'
..!:'           .{7:.:.:.:.:.`1二L ‘       V   }} ./     /
ノ'            {:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ{L_ハ     :,   }}/





                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}     ナニがデキる?
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,f≧.、   リ,.ィ≦_: :\:l:ヾ. \\  ふむ、私が出来る事か・・・
               \{/|∧:l ∨ソ      ∨し〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; ¨  ,    ¨¨ ./: :/: |: ト、::::/
            /: : : :込.   r 、    .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> ゞ '   ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、

                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}    マスターの補佐が出来るぞ!
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉 
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、





                     r--< ̄ア---、__
                . --、 /-=≦二二ニ≧x、 _ノ
             ,,'"::::::_;ィニr―-、_二二二ニ>x>へ. -―-ミ

          r-<::_r<- _≧=--<__)L,へ、二ニ心 ム_:::::::::`
          //㍉〔___/::::::::::::::::::::::: ̄`''< ハ二二厶、   }:::::::::::::ヽ
        . '.{{__/⌒ ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`く_]、二ニ',ー<::::::::::::::::`、    そうなの、じゃあちゃんとやってね
       . r=≧=_} 7::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ {、二二!ー-}:::::::::::::::::::::`、
      . '::{{___{__7::::::::::::;:::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.^_7二7>'"二ニ`!::::::::::::::
     . ':::::{_..=≦^! 7::::::::::::メ、::i'.:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ、:rく_7____}:!::::::::::::::
    ィ:::::::く/:://::L{:::::::::L_j |ヽl. '.::::::l::::i::::::::::i::::::::::::::::Ⅶニト、\ ノ::::::::::::::::::::::::::    そう言えば貴方の真名って何かしら?
   , ':::/:::::::::::::://:::/::i::::::::::i zx、^` L__}::_lイ::::::i:::::::::::i:::::{_{__} }\\}∧:::::::::::::::::::
. . ':; '/::::::::::::::〈/::::/:::;l::::::::::l {{f泌 : : :  ̄孑ア^㍉::::::::::::::{-、:} }ハ \\'.::::::::::::::::::    触媒も何も使ってないから判らないのよねー

. '::; ' /:::::::::::::::::::::::/:::/.!::::::::::l: :.ゞ' : : : : : : : :.{└`マ:::::::i::::{^!::} }  、 _/\:::::::::::::::
::; ' .':::::::::::::::::/:::/:::/ l::::::::∧   '   : : : :`¨´ :}、:::::l:::::{イ} }     \:.\:::::::::
'  ,::::::::::::::::/:::/,'::;'   l::::::::::::::、  、_    ,,  l:::\l::::'. { {     l:::\/::::::::
  '::::::::::::: /::::/.'::;'   '.::::::::::::i丶 丶_ニイ  , .l:::::l:::\:'.       l:::l:'.:::::::::::
  '::::::::::::::;;':::/ .':::'    '.::::::::::l|` .,     イ ,._リ:::ハ:;' \      l:::l.‘,:::::::::
 .| :::::::::::;;':::;' {:::'     ',::::::::N     `´{-=≦:7:::;'::};'           l:::l. ‘,:::::::
 .! :::::::::;'.i:::'  Ⅵ     '、::: {    -―-ミ--7:::;'-}/         l::::! ‘,:::::
 | ::::::::;' .l::'   ゙{        '.:::{  ;      `マ::;'>'{`乂        .l::::!  ‘,:::
 | ::::::;' .l:'           '.:{  .{      ,'::/、 L」 /ミ 、       l::::l  ‘,:
 |::::::;'  .l'             /{     ./:イ ヾ   .}}  ,      l::::l.  ‘;
 !::::;'  .l          __ /. ‘.    /   ヾ ,"  }     .l:::;'

. l :::'             }ニ{_rヘ  :,      ;   ル"  ,      ,':/
. !:::'           r_く二二(.  :,     i  ィ"}}  /       ,'/
..l:::'           /⌒L、二_]  :,     { ィ" {{  /      /'
..!:'           .{7:.:.:.:.:.`1二L ‘       V   }} ./     /
ノ'            {:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ{L_ハ     :,   }}/

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}    私の真名か―――
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,f≧.、   リ,.ィ≦_: :\:l:ヾ. \\  
               \{/|∧:l ∨ソ      ∨し〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; ¨  ,    ¨¨ ./: :/: |: ト、::::/
            /: : : :込.   r 、    .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> ゞ '   ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、

コンマ直下 挑発により-1
123 うむ、マスターには秘密だ!
456 ふむ、ヒントをやろう
789 私の真名は――

00

【私の真名は】

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}    私の真名は【フルカネルリ】という
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,f≧.、   リ,.ィ≦_: :\:l:ヾ. \\  結構有名な錬金術師だと自負しているが、マスターは知っているかな?
               \{/|∧:l ∨ソ      ∨し〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; ¨  ,    ¨¨ ./: :/: |: ト、::::/
            /: : : :込.   r 、    .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> ゞ '   ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、




         /:::::/::::::::::::>,,,,,r-'::::::::::::::::::::::/ /:::::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i,,,,,,, ノ::::::::::::::::ヽ
      /:::::/:::::::::/,,,,,/::::::::::::::/:::/// /:::::/i::::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::::},,,,,,,ゝ:::::::::::::::

      /::::/:::::;//,,,/::::::::::::::/:::///\::::/ i::::::::/::/ i:::::::il:::::::::::::::::└;,,,,r':::::::::::::::::
     ./::::/::::::::∨,,,/:::::::::::::::l:iィfzzミ_ li i::i l::::::::i l:i i:::::::l l:::::::::::::::::::::},,,,,,,,、::::::::::::
    /:::://// /,/-i::i:::::::::::イli っ.いハト,l::l l::::::::l ll ̄l::::::l i\:::::::::::::i,,,,,ノ,,,\::::::::   ん?フルカネルリ?

   /:/:// ///,,i,,,,,i:/l::::::::::l li ゞ-==゚'   l:i::::::l _i,ィz_l::::l ',:::::::::::::::::l,,,,,∧l\ヽ:::::
   ...::/:::::/ i::l/,,//,,i::l-l::::::::::i l         ヾ:.l i イr.7i::l  ,::::::::::::::::i/;;;;;ヘ,,i::ヽ,,i:::
  l::/:::::::l  /.../´i;;;ili i::::::::::::.       '     ヽ.:ヽ从 i 〉:::::::::::::: i,,,,,l i;;i:::::i;;}::
  /:/l::::::l /,,,/  i;;;l l l::::::i::::::,     _         ` ='゙ イ::::::::::::::i l;;;;;;l i;;;i;;;;/
 /:::i i:::::;l ヽ,'  l;;i i l:::::::i i:i ヘ    v_ `  、_      / .::::::::::::::i l;;;;;i l;;;i:::::::::
/::::::i l::::::i l:::i      i:i :::i i::i//\  lj ト- '       /- 'i::::::::::::::l\ >;;;,,;;イ l:::::i::
:::/i::l l:::::::i i:i      i:. ::.,/∧///\,l |    _  イ // l::::::::::::::i  v;;i l;;i l::::::lヽ
/ l:i i::::::::i i'     '、 //  ゞ//// .i-= ≦//ノ  // /::::::::::::::   i;ト   i::::::i
  li l::::::::V      〉//ヾ:.、   ./ .,'-==ゞ'    liii /::/i:::::::::i  /' l   i:::::::l
  li l::::::iv      / //  ヽ  / ./--、-,     lii // il:::::::::     i   i::::::::l
  il  \/     _r;;;;;;Y;;;,,、   -  _ l /     li / i i::::::/       i::::::::l
   l,  /    <>,,--;;;;;;;;;;;>./      _l      // / i:::::/    l   l::::::::i
     /     ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l....ヽ        ヽ,,,;;;;;;;;//;;,,/ l:::/    i   /::::::/



【知っているか判定、知って居た場合宝具が判明します】
コンマ直下
奇数 知っている
偶数 知らない

【知っている】

                       _

                 ...... , - Y '   ゝ- - 、 ,.::、
               ,:::::::::yY 彡=->< ̄ \ >、::::ヽ、
               /::::::7 / -=_ r:::::y  ト、\LV::::::ヽ
             /:::::::/ //ィ:::::::::::::::::::::::::::::::i ゞ' _)ヽ:::::::::::.

            r===z } // 7::::::::::/i::::::::l:::i::::::::::::ヽ) Y====x:::.、
            スV:::/>/r::::::l::i-:i-i::::::::i i厶i-:::::::Yjミ--、//::::;,:、   知ってるわよ、賢者の石を発見し不老不死になったという錬金術師でしょ?
           ..:::///イ:::::::::i l::::l-il:::::::i iィ_i::lヾ:::::i-ヘ\\::::::::iヽ

           /::::7ヘ/  l::::::从ト込ソヾ:::i 弋゙_ノイハ:i  liト /:::::::::::. :;,
             /::::// l;;l  i::::::::トヾ¨´  、     l:::::::ト、il lヘ>:i:::::::::i ::.   確か核関係の書物出そうとして結局出せなかったんだっけ?
         //l::ヽ:| i;;!  l:::::::iヘ    、  ,  /イ:::::l  li  l:::::i i:::i::::i il
           // l::::::::i Li   i::::::i  `ト  _  .イ /:::::l  li   l::::i i:::i:::::V::i
        i:l  li l:i i     iハ::i  {;ト-i_z=-7 //l::i    i::::l l::::li::::::i:::i
        l:i  li l::i i      ヾ_,<ニ{ニ}ニニ彡 / i::i    .;:::::i l::::l i:::::l:::l
        l:i  l i::l i  ./ ̄/ ‐ -ゞニ=ニソ¨´il l/ ヽ  i::::/ i::::l i:::::l:::i
        l:i    \  ./   /         li /   i l:::/ i::::i i:::::i::/i
        ヾ:.     ,  y/         li /   l // /:::7 .:::/:/::l
         ヾ      r;;;;〈_ ,  ヽ , ' _,,,,,;;;;;;,,, i    // /:::::  l:/:/::::l
               l ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;, i i;;;;/;;;;;;Yハ   / /::://  //:::::::l
               { i;;i ゞヘ;;;;;;;;;;/;;;;;jイ;;i7;A  /  /:::/  /:/:::::ii::l
              l  ゞ、 _> 木</ // ノYl   l//  // l:::::i i:l
                 l i/ /∧ \≧ ´ / .i   i   ./ /:::::l li

              i    l ト / Xヽ\ >  /     l  /  /:::::.' il
                 l i  l X ト\      l    ,    /:::::/  il
           /-= ミ   i i  i X i ヽ > ヽ _ r ィ//ト/7 /::::/  /
         ////r;;;;;;j;;;;;y,,,, l X i _,,,,,;;;;;;;;;;;;; マ/=----/ __:/  /

        //////l      / ̄7    ̄ 7 ム ∨///∧ 7/
       //////li i,,,,,,;;;;;''''''''{ _|''''''';;;;;;;;;;;;///// ∨/ゝ='\
    //////   .〉    イ X ゝ、    {///// ∨//X
  ≪/////〉    マ;;| ィjイ个Y_Y个k _ //////∧∨/∧

 フ//////ハ    ///ハ7- i7 l l  〉i l i ;;,>////////∨/∧
ゝ7 - 'Li |//∧ ///r / //  l)   〉} l i   ;;,/////// ム//.ム
  l l_ノ l iニ='  ////ノ;/ //  /ノ   { i ゝヽ  ;;;,///////〉//// 、
  i _ノノ-'   /////};;/ //  /ノ   } l  } ヽ ;;;,,,//// ////////>



                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ    そうか、知っていたか!私は嬉しい!
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}   
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉 私の宝具と言うのも実はその書物の内容が関連した物となっているんだ
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|   ◆『世の栄光の終わり(Finis Gloriae Mundi)と言ってな―――
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、



【宝具】
   ◆『世の栄光の終わり(Finis Gloriae Mundi)』
  ランク:B++ 種別:対国宝具 レンジ:0~99 最大捕捉:1000人

   錬金術を用いた核爆発の生成。魔術により強制的に核分裂連鎖反応を発生させる。
   この核爆発は宝具にまで昇華された現象であり、霊体にも通常の物理現象と同様の影響を与える。
   キャスターは最も危険な科学として原子核物理学の存在を警告しており、
   彼女(彼)自身も余程の状況以外は(少なくとも自分の生死程度では)使用することはない。
   しかし令呪の補助があれば、精密な制御も不可能ではない。
   ちなみに『Finis Gloriae Mundi』は、彼女(彼)が出版予定だった三作目の書籍名である。

   【魔力を200消費】
   【全てのエリアを核爆発で薙ぎ払う。エリア内の全ユニット消滅+エリア効果をすべて破棄し『不毛の大地』へ変更する】
   【その後、発動エリアを魔力付帯効果を帯びた放射能で汚染する】
   【これらの効果は令呪にて範囲などを制限可能】


                     r--< ̄ア---、__
                . --、 /-=≦二二ニ≧x、 _ノ
             ,,'"::::::_;ィニr―-、_二二二ニ>x>へ. -―-ミ

          r-<::_r<- _≧=--<__)L,へ、二ニ心 ム_:::::::::`
          //㍉〔___/::::::::::::::::::::::: ̄`''< ハ二二厶、   }:::::::::::::ヽ
        . '.{{__/⌒ ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`く_]、二ニ',ー<::::::::::::::::`、    ・・・凄いわね、貴方の宝具
       . r=≧=_} 7::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ {、二二!ー-}:::::::::::::::::::::`、    (うわ、これ軽々しく使っちゃダメじゃない!どうしよう・・・)
      . '::{{___{__7::::::::::::;:::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.^_7二7>'"二ニ`!::::::::::::::
     . ':::::{_..=≦^! 7::::::::::::メ、::i'.:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ、:rく_7____}:!::::::::::::::   そういえば、貴方に何か行動の指針とかってある?

    ィ:::::::く/:://::L{:::::::::L_j |ヽl. '.::::::l::::i::::::::::i::::::::::::::::Ⅶニト、\ ノ::::::::::::::::::::::::::    
   , ':::/:::::::::::::://:::/::i::::::::::i zx、^` L__}::_lイ::::::i:::::::::::i:::::{_{__} }\\}∧:::::::::::::::::::
. . ':; '/::::::::::::::〈/::::/:::;l::::::::::l {{f泌 : : :  ̄孑ア^㍉::::::::::::::{-、:} }ハ \\'.::::::::::::::::::    
. '::; ' /:::::::::::::::::::::::/:::/.!::::::::::l: :.ゞ' : : : : : : : :.{└`マ:::::::i::::{^!::} }  、 _/\:::::::::::::::
::; ' .':::::::::::::::::/:::/:::/ l::::::::∧   '   : : : :`¨´ :}、:::::l:::::{イ} }     \:.\:::::::::
'  ,::::::::::::::::/:::/,'::;'   l::::::::::::::、  、_    ,,  l:::\l::::'. { {     l:::\/::::::::
  '::::::::::::: /::::/.'::;'   '.::::::::::::i丶 丶_ニイ  , .l:::::l:::\:'.       l:::l:'.:::::::::::
  '::::::::::::::;;':::/ .':::'    '.::::::::::l|` .,     イ ,._リ:::ハ:;' \      l:::l.‘,:::::::::
 .| :::::::::::;;':::;' {:::'     ',::::::::N     `´{-=≦:7:::;'::};'           l:::l. ‘,:::::::
 .! :::::::::;'.i:::'  Ⅵ     '、::: {    -―-ミ--7:::;'-}/         l::::! ‘,:::::
 | ::::::::;' .l::'   ゙{        '.:::{  ;      `マ::;'>'{`乂        .l::::!  ‘,:::
 | ::::::;' .l:'           '.:{  .{      ,'::/、 L」 /ミ 、       l::::l  ‘,:
 |::::::;'  .l'             /{     ./:イ ヾ   .}}  ,      l::::l.  ‘;
 !::::;'  .l          __ /. ‘.    /   ヾ ,"  }     .l:::;'

. l :::'             }ニ{_rヘ  :,      ;   ル"  ,      ,':/
. !:::'           r_く二二(.  :,     i  ィ"}}  /       ,'/
..l:::'           /⌒L、二_]  :,     { ィ" {{  /      /'
..!:'           .{7:.:.:.:.:.`1二L ‘       V   }} ./     /
ノ'            {:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ{L_ハ     :,   }}/




                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ    
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}   特にない!マスターに従うぞ!
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉 
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|   
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、

                       _

                 ...... , - Y '   ゝ- - 、 ,.::、
               ,:::::::::yY 彡=->< ̄ \ >、::::ヽ、
               /::::::7 / -=_ r:::::y  ト、\LV::::::ヽ
             /:::::::/ //ィ:::::::::::::::::::::::::::::::i ゞ' _)ヽ:::::::::::.

            r===z } // 7::::::::::/i::::::::l:::i::::::::::::ヽ) Y====x:::.、
            スV:::/>/r::::::l::i-:i-i::::::::i i厶i-:::::::Yjミ--、//::::;,:、 ――――そう、ならいいわ
           ..:::///イ:::::::::i l::::l-il:::::::i iィ_i::lヾ:::::i-ヘ\\::::::::iヽ

           /::::7ヘ/  l::::::从ト込ソヾ:::i 弋゙_ノイハ:i  liト /:::::::::::. :;,
             /::::// l;;l  i::::::::トヾ¨´  、     l:::::::ト、il lヘ>:i:::::::::i ::.
         //l::ヽ:| i;;!  l:::::::iヘ    、  ,  /イ:::::l  li  l:::::i i:::i::::i il  よろしくね、キャスター
           // l::::::::i Li   i::::::i  `ト  _  .イ /:::::l  li   l::::i i:::i:::::V::i
        i:l  li l:i i     iハ::i  {;ト-i_z=-7 //l::i    i::::l l::::li::::::i:::i
        l:i  li l::i i      ヾ_,<ニ{ニ}ニニ彡 / i::i    .;:::::i l::::l i:::::l:::l
        l:i  l i::l i  ./ ̄/ ‐ -ゞニ=ニソ¨´il l/ ヽ  i::::/ i::::l i:::::l:::i
        l:i    \  ./   /         li /   i l:::/ i::::i i:::::i::/i
        ヾ:.     ,  y/         li /   l // /:::7 .:::/:/::l
         ヾ      r;;;;〈_ ,  ヽ , ' _,,,,,;;;;;;,,, i    // /:::::  l:/:/::::l
               l ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;, i i;;;;/;;;;;;Yハ   / /::://  //:::::::l
               { i;;i ゞヘ;;;;;;;;;;/;;;;;jイ;;i7;A  /  /:::/  /:/:::::ii::l
              l  ゞ、 _> 木</ // ノYl   l//  // l:::::i i:l
                 l i/ /∧ \≧ ´ / .i   i   ./ /:::::l li

              i    l ト / Xヽ\ >  /     l  /  /:::::.' il
                 l i  l X ト\      l    ,    /:::::/  il
           /-= ミ   i i  i X i ヽ > ヽ _ r ィ//ト/7 /::::/  /
         ////r;;;;;;j;;;;;y,,,, l X i _,,,,,;;;;;;;;;;;;; マ/=----/ __:/  /

        //////l      / ̄7    ̄ 7 ム ∨///∧ 7/
       //////li i,,,,,,;;;;;''''''''{ _|''''''';;;;;;;;;;;;///// ∨/ゝ='\




                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ    
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}   うむ!
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\ 共に聖杯戦争を勝ち残ろうぞ!
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉 
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|   
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


                  >─-  _  -─‐<
               . :                   、
              /          ヾ         \
            /                     ヽ
           V                    ヽ.  ’,
           V     /  / /   .∧   V    ’,   ',   V
            .′  V  ./ / l  ! } !  :.  V  ',  :.  :.    さて、まもなく到着しますが忘れ物の無い様に
            .′ l V   ,′.:: |||||  l:.  ',  ::.  ',   l
          .:   | l | !  λ | |. |l|  } !  l i |!.  :.  l    
.            l   l  Ⅵ l、 l.∧ l', | .| ハ 八 ,' }: 八  l.  !
          |  !  八 |∧|‐ヘ l ヽ レ | /‐ l/-从レ'  | |   あ、そうだ
.           ',  |    |`ィfテ仡       行テ心|    | |   そういえばエリア7に古に住んでいた竜の素材が発見されたようですよ
.          ハ |   !、 乂z込      .込z乂 }    !  |
           l .:    .| ',               /l    :. V    それが何の意味があるかは見習いには判りませんが・・・
.           ,'ノ    |.∧        '        /.┤   |  V
          /イ   Ⅵ  ヽ    ー一     イ  j   |  ’,
            //|     ',    丶         イ   ,′    |     ヽ
          , '/ }     V  __|  > - < l _  V       l V   :.
        /    l       V j   ̄ .T   ̄ {_V      从 ヽ.   ',
      /   _ノ∧      lゝ   __.人 、  .イ .:      .∧<  ハ  l
      .′ /    ∧     .|  / / ̄_丶、 .|    ∧    \}  八
.     l ./        }.     ,' /  ´ x≦ _` ) 八    {        V/
.     从/      八  ./ .′    r≦  T  入    V        ',
.      V      /  l. /  |    | .r=-‐┤    V   Y      l
    V       {   V  |   .├-t´ ̄|     /   .从     l
    .:       人.   ’,  |     !¨ ノ ̄|  /   ./        .|
    l        .ハ    V j    .|`〈-== {  ./    ,′         l
    |           }    V ≧=-人.-==≦V ′   {           |





                     r--< ̄ア---、__
                . --、 /-=≦二二ニ≧x、 _ノ
             ,,'"::::::_;ィニr―-、_二二二ニ>x>へ. -―-ミ

          r-<::_r<- _≧=--<__)L,へ、二ニ心 ム_:::::::::`
          //㍉〔___/::::::::::::::::::::::: ̄`''< ハ二二厶、   }:::::::::::::ヽ
        . '.{{__/⌒ ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`く_]、二ニ',ー<::::::::::::::::`、    どうでも良いわよ、そんなの
       . r=≧=_} 7::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ {、二二!ー-}:::::::::::::::::::::`、    
      . '::{{___{__7::::::::::::;:::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.^_7二7>'"二ニ`!::::::::::::::
     . ':::::{_..=≦^! 7::::::::::::メ、::i'.:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ、:rく_7____}:!::::::::::::::   さて、降りる準備っと

    ィ:::::::く/:://::L{:::::::::L_j |ヽl. '.::::::l::::i::::::::::i::::::::::::::::Ⅶニト、\ ノ::::::::::::::::::::::::::    
   , ':::/:::::::::::::://:::/::i::::::::::i zx、^` L__}::_lイ::::::i:::::::::::i:::::{_{__} }\\}∧:::::::::::::::::::
. . ':; '/::::::::::::::〈/::::/:::;l::::::::::l {{f泌 : : :  ̄孑ア^㍉::::::::::::::{-、:} }ハ \\'.::::::::::::::::::    
. '::; ' /:::::::::::::::::::::::/:::/.!::::::::::l: :.ゞ' : : : : : : : :.{└`マ:::::::i::::{^!::} }  、 _/\:::::::::::::::
::; ' .':::::::::::::::::/:::/:::/ l::::::::∧   '   : : : :`¨´ :}、:::::l:::::{イ} }     \:.\:::::::::
'  ,::::::::::::::::/:::/,'::;'   l::::::::::::::、  、_    ,,  l:::\l::::'. { {     l:::\/::::::::
  '::::::::::::: /::::/.'::;'   '.::::::::::::i丶 丶_ニイ  , .l:::::l:::\:'.       l:::l:'.:::::::::::
  '::::::::::::::;;':::/ .':::'    '.::::::::::l|` .,     イ ,._リ:::ハ:;' \      l:::l.‘,:::::::::
 .| :::::::::::;;':::;' {:::'     ',::::::::N     `´{-=≦:7:::;'::};'           l:::l. ‘,:::::::
 .! :::::::::;'.i:::'  Ⅵ     '、::: {    -―-ミ--7:::;'-}/         l::::! ‘,:::::
 | ::::::::;' .l::'   ゙{        '.:::{  ;      `マ::;'>'{`乂        .l::::!  ‘,:::
 | ::::::;' .l:'           '.:{  .{      ,'::/、 L」 /ミ 、       l::::l  ‘,:
 |::::::;'  .l'             /{     ./:イ ヾ   .}}  ,      l::::l.  ‘;
 !::::;'  .l          __ /. ‘.    /   ヾ ,"  }     .l:::;'

. l :::'             }ニ{_rヘ  :,      ;   ル"  ,      ,':/
. !:::'           r_く二二(.  :,     i  ィ"}}  /       ,'/
..l:::'           /⌒L、二_]  :,     { ィ" {{  /      /'
..!:'           .{7:.:.:.:.:.`1二L ‘       V   }} ./     /
ノ'            {:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ{L_ハ     :,   }}/



        __ __,,...ノ⌒`ー==-- ..,,__
    ─=≡_三≡ニ二三 三 三二 ニ≡人__         __f≡二ー'二⌒ヽ
         `~^^''ー--==≡三三≡‐'''"" ̄  ̄ ̄      ̄`''(三三ノ⌒ヾ≡三ソ

                               __             _____
                          ,イ´ヾ、: : ̄`ー-、     /_ _        `ー┬- 、
                      _/ |: : 〉、 : : : :\,........,/: : `ヽ        |!  \      _,,..
       _,,.. -‐──-  ..,,_     /|! l  |: :/ : \ : : : i: : : :|: : : : :ト、          ∧,,..-‐''":.::.::
    _,,..-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'''ー┤.!    i. : : : : : : : : | : : :l!: : : : /  \       / iト、:.:.:.:.:.:.::..:
,,.‐''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  \  .l: : : : / : 丶:  : |:l : : |: : : /             ヾ;;\:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._」    |  |!: : //_: : : 〉: : |:|: :! |: :  〃    l!     〈   |_;;;;;;\:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._l  ヽ .l! . |!、 : : :| : : 〃 : :|: :|:! | : /.{       :        lヾ、  ヾ、;;;;;\
:.:.:.:.:.:.:.:.,i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ     .ヾ\: : : :∧: : |: :|:! |/   、   / \     ,!   、_∧;;;;;;;
:.:.:.:.:.:.:.彡ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,〈     / l    、 ` 、:/ l: : |: n.〃    ヾ       ,ゝ   \     } ヾ;;;;
:.:.:.:.:.彡三ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//   /   _!.从   `┬‐ 、: :  : |: l !|L     _ソ   《       从     \
:.:.:.:.彡三三ミ.:.:.:.:.:.:.., 、:/;;;,i!   ,..、   / .彡ミ.    !|   从 : :.|: l〃 \  , 、    ,i!   ,、     彡ミ.
:.:.:.:.彡三三ミミ:.:.:..彡ミ´;;;;;彡ミ 彡ミ 从 .彡ミミ   ,、 ,!::::::ヾ,,,,l/     .}.彡ミ  彡ミ 彡ミ 从 .彡ミミ   ,、
.:.:.彡彡三三ミミ:.:.彡::ミ;;;;;彡::ミ, 三 彡ミ 彡,il、ミ 彡ミ {!:::::::::l!   ,、    .彡::ミ  彡::ミ, 三 彡ミ 彡,il、ミ 彡ミ
:.:.彡彡三三ミミミ:.彡三ミl彡三ミ ::: 彡::ミ .彡ミ  彡::ミ ゞ;;;;:ソ .彡ミ   彡三ミ 彡三ミ ::: 彡::ミ .彡ミ  彡::::ミ
彡彡三三三ミミミ. |li|.从从|li|W |i|.. |i| 彡三ミ.  |i| 从 |il| 从彡::ミ.,.,,.,.W |li|.从从|li|  |i|  |i| 彡三ミ.,  |i|
.: .ミ彡:.:.|!|l| ミ彡w、w|w,, .,, |li|., ..w,,...,|,r':":ゞ:ミヾ,....,,.Ww,,,...Ww..从从从 、 w|w,, 从, |li|从从 .,|r':":ゞ:ミヾ,....,,..Ww

: :从从.,|! f''≡ー‐-、 r''゛ゞ彡ミヾゞ ..., ゞミヾ彡ソ....,.,.,   .............,,,,  ...,.,.,.,               ゞミヾ彡ソ.
ww,,,..... | 《:彡:三:ミ:Y^彡巛ヾミミ》  """"      ,,,,....,.,..,,,    .,,,,,,,、Ww.,,    www,,,....... ....,.,  ,,,,....,.,..
    ノ,! ゞw、ww,,.W,,,,,,...Ww,,,.ww、ww,,.,,,,    ,....,,.ww,,,...w       _____         ____
..,.,.,.,.,.....     www,,,.......          _____,,,...--─''''""´ ̄: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : : : :
──----  ....,,,,,,___,,.. --──''''""´ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ~: : :~ : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : :~ : : : : : : : : : : : : : : : :~~ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :~~~ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : ~~: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ~: :~ : : : : ~: : : :
: : : : : :~: :~ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :~~~~ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



                  _ -y-┘ ^Y⌒Y^Y⌒Yゝ - 、

               _,,.-'':::::/Y / ィ < ̄>-k _  ヽ:::::.....
            _..-''"::::::::::::{  r '/</   /\  \/\ヽ ゝy:::::\:::....、
         _..::'´:/.::::::::/ ///  / \> ==-=≦ \ Xヽ ヽ:::::::::\` ::::...
       ...::::::://:::::::::::>  { /V\//-' ^Y⌒Y^ -y≧X/i i <::::::::::::::::\\::\
     ..:: イ:://::::r=======iv// ノ/  <::::::ゝ-- ':::::::::ゝ_\i l > 彡ヘ::::::::\::::::::ヽ
      .:::/.:イ::::::::::ii  </イ/.l-   ノ:::::::::/:::::::::::::i::::::::::::\ヾレ彡イ  l ト::::::\::\    やっと着いたわね!
     /://:::::::::::/ゞニ彡ゝ// ii_ノ -'i:::::\::/i:::::i:::::::::li:::::::::::::::l lK\- ≦zz==彡\:\

    /   i:::::::::/r /  ///:::l l:::::::::::l::::::ィ/\:::l i::::::::lム斗匕::ゝl i \\   \::::::::\:\
  //    i:::::::/ lム   </ ゝ=='l::::::::::::iイ岑ミx li::l l:::i:::::l ',::::::::::::::::L\\ >    \::::::. \   さっさと勝って終わらせるわよ!
   /   i::::::/ l ム   ヾヽ ヽ l:::::::::::弋_ソ     >:i-yヘ::::::::::l::::i         ヽ::::::. \
   {    V:::{       \\ l::i:::::从       弋フノハ:::::::::l:::::i          ' .:::::..
   ヽ   lVi           ii ,:::::l ヽ    、   /  l::::::::l:::::l    j⌒_ ,Y ヽ_ V::::.,
       i ゞ::、     _ ..  _ l,, i:::::ト  `  -  , イ ´ リ:::l i::::::l─   ̄    ヽ::::::i ヽ::::,
  _ ,   l ヾ:::.....、-       l;; ',:::::i i> 、r、≦ i;,   /ノ.i l::::il        ノ::::/  i:::.
. ノ  =- `  i  \=--'      .l;; ヽ:::,lニl;;;l=ミ\ \>     i::i l       イ/ \   l::::i
> y ´                 .l;;  ヾ::. l;;;l;, ヽ > <l;;i   /_-l:i i-  7:::::/::lL: l \ >  l:::i
{ ;ム     _  _   - -、  l;i  └─┘l     l;;;  //     /:::::/X::/ L ヘ   /::/
ゝ  ゝ-===::::::::::\        ヽ l;;i      l;;l     l;;i / l    r:::::::::/X/       //
k/∧\=zx::::::::::::::\        〉lイ         _r:::::'::::::::> r'::::::k:::::::ヘ/_
 /∧ヘ  <>_k:::::::::::::....     ヽ:::::::::::Y:::y._ ,' ..r:':::::_,,::-‐'} /:::::::::::::::--=::::::l
</        <=k::::::::::::::y-=. {:::::::::::::....Y::::::.lj:::::::/::::::::::ィj,lヽ:::::::::::::::::::::::::::/、

            <:::::/::::::::八TYヽ _::::::/木\::::::イ::| 丿< ゞ:::_::::,、:::f _ ノ
             /:::::::::::::::::::::rゝ、  / / i ∧\ > イ/ .| ゝt _y-_ノ マ⌒マ⌒^ゝ _, - 、/

            /::::::::::::::::::::ノ <ヽ  ̄ V /i l<l Y l::i,   ヽ _  / }_, - ,,,,ノ::::===--- 、:::::::::=-、
            <> --' `-イ  /  >、l:::i  l i <li \ 7    l::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::ト
            ゝ -- _ノ⌒iゝ  /  ゞヽ \\ i  l:::}    il:::::::::k:O::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::7
                   ` =´    l;;i =======ニニニニ==|:::::::::l::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::l
                 /::::i:::::l:::{  ィ彡   l  |ミx     /:::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::ゝ




【さて、ここで他の陣営について色々決めます】

まず、他の陣営は>>1が割り振りますか?
それともランダムで決めますか?

先に二票
1:>>1が割り振る
2:ランダム、つまり判定だ

2

>>1が割り振る】
【ではちょっと割り振って来る、因みに今回特に相性とかは考えて無い】

後、主人公の動かし方あれでいいのかな?
どうもまだキャラが掴めぬ・・・

いいんじゃないかな、全員で終わったら後で全員のAA元張れる?

>>714
出来るよ
もっともAAを変えた奴が一つあるから、あれ?となる可能性があるけど



とりあえず組み合わせは完了した



AA元貼る?

後、他の陣営が何日前に来たか判定をしたいが人は居るかな?

いるよ

了解、では判定を行うよ
眠くなってるから色々荒いがすまぬ

123 二日前
456 一日前
789 実は同船
0  やべえ、遅刻だ

↓1 セイバー陣営
↓2 ライダー陣営
↓3 アーチャー陣営
↓4 ランサー陣営
↓5 バーサーカー陣営
↓6 アサシン陣営

00

続けて

連投あり?

にかいめおけ?

>>725 >>727
人が足らない時は全然問題ない


バランス良いな
セイバー陣営  二日前
ライダー陣営  二日前
アーチャー陣営  一日前
ランサー陣営  一日前
バーサーカー陣営  実は同船
アサシン陣営   実は同船

ではキャンプでバーサーカー陣営とアサシン陣営に多分会うね

【キャンプ】
【アサシン陣営とバーサーカー陣営に遭遇】



       ∧    __, .          /  ::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::...
     ミx _./_.ム--≦        .∧/  :::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  . ..
   「>ミ` --r/            / ,   :::::::::::::l:: /::::::::::::::::::::::::::、:::::::,.:::..:::.. ::.
    マ   ,>"          ヽ...._/ノ  :::::::::::::::l::イ:::::::::::::l :: lヽ, > i: :i、: :i l: :ヽ  ヽ   おや?君達も同じ船に乗って居たのか
     マ, イ/    / i.. ..     /イ ,  :::::::::::: i i! i: :i .i :: l!: :,ン,ヽ_i>x==i! ト N、 l :: 、. :|、
    / V      ,  ∧    .ト、.´  .レイ  :::::l ::: l :::i ! .l: :i!: :∨iレン/弋::ソi! i∨,.ヽl :: N,.| l 、
  /  / /   ./ / ,  イ.!斗─ / ,i l. :i l: :」-十Nヽ_ミ、ヽ: :r''‐    _j: :ii,ハiヽ,: :l ヽ :: l、  初めまして
-イ,  / /    /. ,x芹 マ.  ハi  x_´  l l.l  l:::i! ヽl、i!_,rx=、,rミ,⌒ヽ..-‐'' | .i .i :: ヽ∨ヽ i、: :lヽ
¨/  / ,.イ    .!イ/ ,x=ミ! / } " ,} >x.i! l、 l: :i!: :lヽi¨ヽ` ,ノヽヽ      i!|、|: :ト :::: 〉 .i! |ヽ|
/  ./,イ .i      ! ,x"}∧!/    | .し .}...l  l l.ヽ N、lヽミ¨¨´ ヽ .    ノ  /i!ヽi | l: :〈i!∨i!
 /   {  i   !. ∥r'Uム     弋 _ソ ! V i! ヽl .lヽlヽ     _ -‐'´ ./ソ i: :lヽiイ,ハi!__   _
,イ  ,イ ! 入  ト. ヾ弋_ソ   ,    ""/ /. .l   i l i 、> 、 .,_    ノ:::/: : :ノi_i!i!|二 /: :..
..| ./ ! .!/  マ !ム""       ,  /,.イ /"   .レl .lヽN、ミ 、ミ>`ヽ'1:::::; :./i ¨ヽミ/: : : :.    .i 二
.."   .|  ,イ/ V ム     `─   " ! /.    ノ  i!. ヽ, ヽ, ヽ.ソ/i:::::|/: :i! i¨/: : : : :.:   ./
    レ!イ  !イ ! .}≧‐   __  イ  !/.       |    ヽ/:/;:ノ.ソ,へ、i!/ : : : : : : :   /
        ノ ∨!/    ∠!___,.-┴.Y               ,r' : :/'´.〉': :| i!// ̄.: : : : :./: : : : .._/
              _  |   |.| |  └ -─- ミ__.      / .: :.i!/ _|/ /: : : : : : :./: : : :,.-'"
          ,z─ Y >"--ミ .}.}.}‐ニ ‐‐─ ┐ ム..  /〈: : : :./| ̄: :r': :/.: : : : : : ;.:/: : : :/      . . . . .   ,__,
         /|   〈     _|⌒|, --    }..   / : :l.:.:.:./: :|: :l / /:.: : : : : .//: : /    . . : : : :      ζ
         イ.    マ   ,x .7__/ヽ     / ! /  〉ー .: :.|: /.: : :|.:.: : : : : : : : :.:´_/: : /   .: : : : : :.        /
.       イ 人 !  ゝ     イ ! i\、    }‐!./. <, ヽ: :.iへ.,_.,_ 〉i!:.:. : : : : : :.://: : : : :.: : : : : : : :.         /_
      {\   V 八   / /─‐! \X、 ./ !   <_   〉´ '´ ̄`/`ン=‐ニ 二ミ(: : : : : : : : : : : : : :         ,.|'´
       \    |   `-イ /  x─.__} `"  マ.../ .ソ:.: : : : : :.:l:.: : : : /:.: : : : :.ヽi、: : : : : : :..         /
        \  !   / ./ / /"      }. ヽ. r': : : : : : : : : : : //__.: : :// `i: : : : : : : : :         /
                                 ,.l:.:.: : : : : : : : :./'´ ./ ̄`ヽニ /: : : : :           ___ヽ_
                                  i'´ソ.:.:.: : : : : : ://   /.:.: : : : : <、: : ,: :.             _) `ヽ
                                l ./: : : : : :.:.:/´ l   /.:.: : : : : : : >'´: :.:


                                 _ _   _
                                  \  /\:::::`ヽ
                                 __ヽ.i::::::::\:::::::\
                               ....‘:::::::::::´: ̄:ァ:、ヽ::::::::\
                            ,.:'_::::::―::<::::::::∠::::!::}_::::\:::::ヽ
                          /:::::::、:::::::::::::::: ̄::::::::::::`:.::フ::::\:::‘.  ああ、初めましてだな

                         /::/::i:i!::::ヽ::::::::::::::::\-―一'::::::::::::::\:‘.
                        /::ィ::::!:::i!i!\::\:::__:::::::\:ァ´:i::::::::::::::::::::`ヽ、 ・・・いきなり会うとどう行動すれば判らなくなるな、バーサーカー
                        ,:::/:i::::|:::| ! ヽ\/ヽ' ヽ:/::!::_:::!:::::::::::::::::::::::‘.  
                        i:イ:::|::::\ヽ-     ,ィ芯、i::::::::|' .Y\:::::::::::::::::::::‘.
                        |:i|::::i::::∧芹、   '  r':::}〉::::::i_ノ  \::::::::::::::::::‘.
                       !{ \{`ヽ:ハ r'}     ゝ' !::::::::!、_ ,   \::_::::::‘.
                               /::∧ `  _    '|::::::,' _ ,. -―'´\:::_`>::‘.
                           /::::/≧ 、_ ィ  }::::/´  ヽ.ー-'  ̄\:::::::::‘.
                             /::,ィ -―‐ -- 、}  i:::,'      、     丶:::::::‘.
                         /:,:'  ̄二ニ,=-'´ ,.!::i        ヽー―- 、ヽ:::::::‘.
                           /:/  / r':/   r':! !::| , - 、    ‘.  _ \::::::::‘.
                        ,.':/   i /7´_,- 'ヾ、|::i   〉.    ∨´  \ \:::::ヽ__
                         /:.'   / ̄ `  /   i::{  / ヽ   ‘.    ヽ‘ ̄:::\   `ヽ
                      ,.':/   /  -=  /      !::{ \'   ヽ.   ‘.    \::::::::::\   \
                       /.'    {      i _   / ヽ\'     ヽ   ‘.      \:::::::::ヽ   ` ー ― 、
                     i:;'    ヽ _-―二ニ=-'、  >、ヽ.     ヽ,   ‘.     !::\:::::‘.



                _    _
             , -‐: : : : : : : : : :`丶、
           , イ : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        ,:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
      _ノィ'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ

       /: : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : :ハ
       ,': : : : : :/: : : : : / : : : : : : イ: : : : : : : :,イ : : : :}   ああ、そうだね
.      { : : : : : !: : : : : : : : : : : : :/ ! : : : : : : /__! : : : i
       i: : : : : :!: : : ,: : : : : : : :ナ 十: : : : : /_ _ i: : : :,'   取り敢えずお話すればいいんじゃないか?
       、 : : : :i : : i: : : : : : :∠._  ! : : : : /イ ::i`! : :/
       `i!: : :i : : i: : : : : :/:::リ ` i: : : :j/. 弋丿'j :/

         jヽ: : : : i: : : : :/`‐'  j : /     /:i'
          \ : :!: : : :,'    ./' ´      ´ !
              ヽ i : : i u         ′ .,'
              /`!ヽi ` 、      _ __ ,  /
           /i::::i `ヽ. 丶、       /ー- 、
          /:::i::::i    \  `, ‐- '::::::::::::::::::i
         /:::::::::`i::!     i' r‐f、j i:::i:ヽ::::::::::::::i


                       _

                 ...... , - Y '   ゝ- - 、 ,.::、
               ,:::::::::yY 彡=->< ̄ \ >、::::ヽ、
               /::::::7 / -=_ r:::::y  ト、\LV::::::ヽ
             /:::::::/ //ィ:::::::::::::::::::::::::::::::i ゞ' _)ヽ:::::::::::.

            r===z } // 7::::::::::/i::::::::l:::i::::::::::::ヽ) Y====x:::.、  (最初が大事!ここでしっかりと決めるわ!)
            スV:::/>/r::::::l::i-:i-i::::::::i i厶i-:::::::Yjミ--、//::::;,:、
           ..:::///イ:::::::::i l::::l-il:::::::i iィ_i::lヾ:::::i-ヘ\\::::::::iヽ

           /::::7ヘ/  l::::::从ト込ソヾ:::i 弋゙_ノイハ:i  liト /:::::::::::. :;,  
             /::::// l;;l  i::::::::トヾ¨´  、     l:::::::ト、il lヘ>:i:::::::::i ::.
         //l::ヽ:| i;;!  l:::::::iヘ    、  ,  /イ:::::l  li  l:::::i i:::i::::i il
           // l::::::::i Li   i::::::i  `ト  _  .イ /:::::l  li   l::::i i:::i:::::V::i
        i:l  li l:i i     iハ::i  {;ト-i_z=-7 //l::i    i::::l l::::li::::::i:::i
        l:i  li l::i i      ヾ_,<ニ{ニ}ニニ彡 / i::i    .;:::::i l::::l i:::::l:::l
        l:i  l i::l i  ./ ̄/ ‐ -ゞニ=ニソ¨´il l/ ヽ  i::::/ i::::l i:::::l:::i
        l:i    \  ./   /         li /   i l:::/ i::::i i:::::i::/i
        ヾ:.     ,  y/         li /   l // /:::7 .:::/:/::l
         ヾ      r;;;;〈_ ,  ヽ , ' _,,,,,;;;;;;,,, i    // /:::::  l:/:/::::l
               l ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;, i i;;;;/;;;;;;Yハ   / /::://  //:::::::l
               { i;;i ゞヘ;;;;;;;;;;/;;;;;jイ;;i7;A  /  /:::/  /:/:::::ii::l
              l  ゞ、 _> 木</ // ノYl   l//  // l:::::i i:l
                 l i/ /∧ \≧ ´ / .i   i   ./ /:::::l li

              i    l ト / Xヽ\ >  /     l  /  /:::::.' il
                 l i  l X ト\      l    ,    /:::::/  il
           /-= ミ   i i  i X i ヽ > ヽ _ r ィ//ト/7 /::::/  /
         ////r;;;;;;j;;;;;y,,,, l X i _,,,,,;;;;;;;;;;;;; マ/=----/ __:/  /

        //////l      / ̄7    ̄ 7 ム ∨///∧ 7/


コンマ直下 挑発-1

123 どいつもこいつも雑魚じゃない
456 初めまして
789 初めまして、敵同士になるけどよろしく頼むわね

00

                       _

                 ...... , - Y '   ゝ- - 、 ,.::、
               ,:::::::::yY 彡=->< ̄ \ >、::::ヽ、
               /::::::7 / -=_ r:::::y  ト、\LV::::::ヽ
             /:::::::/ //ィ:::::::::::::::::::::::::::::::i ゞ' _)ヽ:::::::::::.

            r===z } // 7::::::::::/i::::::::l:::i::::::::::::ヽ) Y====x:::.、
            スV:::/>/r::::::l::i-:i-i::::::::i i厶i-:::::::Yjミ--、//::::;,:、
           ..:::///イ:::::::::i l::::l-il:::::::i iィ_i::lヾ:::::i-ヘ\\::::::::iヽ   初めまして

           /::::7ヘ/  l::::::从ト込ソヾ:::i 弋゙_ノイハ:i  liト /:::::::::::. :;,
             /::::// l;;l  i::::::::トヾ¨´  、     l:::::::ト、il lヘ>:i:::::::::i ::.
         //l::ヽ:| i;;!  l:::::::iヘ    、  ,  /イ:::::l  li  l:::::i i:::i::::i il
           // l::::::::i Li   i::::::i  `ト  _  .イ /:::::l  li   l::::i i:::i:::::V::i
        i:l  li l:i i     iハ::i  {;ト-i_z=-7 //l::i    i::::l l::::li::::::i:::i
        l:i  li l::i i      ヾ_,<ニ{ニ}ニニ彡 / i::i    .;:::::i l::::l i:::::l:::l
        l:i  l i::l i  ./ ̄/ ‐ -ゞニ=ニソ¨´il l/ ヽ  i::::/ i::::l i:::::l:::i
        l:i    \  ./   /         li /   i l:::/ i::::i i:::::i::/i
        ヾ:.     ,  y/         li /   l // /:::7 .:::/:/::l
         ヾ      r;;;;〈_ ,  ヽ , ' _,,,,,;;;;;;,,, i    // /:::::  l:/:/::::l
               l ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;, i i;;;;/;;;;;;Yハ   / /::://  //:::::::l
               { i;;i ゞヘ;;;;;;;;;;/;;;;;jイ;;i7;A  /  /:::/  /:/:::::ii::l
              l  ゞ、 _> 木</ // ノYl   l//  // l:::::i i:l
                 l i/ /∧ \≧ ´ / .i   i   ./ /:::::l li

              i    l ト / Xヽ\ >  /     l  /  /:::::.' il
                 l i  l X ト\      l    ,    /:::::/  il
           /-= ミ   i i  i X i ヽ > ヽ _ r ィ//ト/7 /::::/  /
         ////r;;;;;;j;;;;;y,,,, l X i _,,,,,;;;;;;;;;;;;; マ/=----/ __:/  /




                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}   うむ、初めましてだ
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\  
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/  ・・・ところで、取り敢えず皆どうするのだ?
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|  まさかここでいきなり戦闘を始めたりはしまいな?
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


【相手の反応コンマ判定】特に影響無し
奇数で戦意有り
偶数で戦意無し

↓1 アサシン陣営
↓2 バーサーカー陣営

【アサシン陣営、戦意有り】
【バーサーカー陣営、戦意無し】


       r:、   /ハ          {ミ:、
        j:{\、{{ }:}_     _ j} }:} , イ}
      . {:にニン'´. . . .`/´. . . . .`ヽ}//ニ}:}、

    /. . .,ゝ'´. . . /. . . . . . . . . . . . \.// .\
   /. -=彡./. . /. . . . l. . . . . . . . . . . . ヽ. . . . \
 // . . . .//. . . . . . . . . .|. . . |. . . . ヽ. . . . .',ヽ. \ー-
.  / /. /.〃. . /. . / . /_./!{. . .! __ . . . . . i. . .}. . . . .ヽ   いきなりも何もないよ
 / イ../| .{. . .| ./. '.イ ∧| ' . j \`ヽ| . |.j .ハ.¦ . . ,

 l/ | . .| . . . . l . {. ./ィァミ   V ィァミ:、.| . |、/. . .|. .i .| 敵と出会ったら戦う、そうでしょ?アサシン
   |. . l. .j. . .∧ .Vノ し     )しハ|. ij }、 . .} | . !|.リ
    . . .ハ . ハ|. ヾ ゝ ′     ゝ ' /|. レi ハ. .ハj . |j/
   ' . / V l. .| 、 ""  ′   "" ,|./ j' V  ∨
    V    ヽ| `  ._ ` ´ _. イ/j′     /
                ┌<}  ̄ {>┐
        ィー…Tl´\ `T´ /lT…‐ 、
       / {  r ''´ ̄二T^Tニ⌒ヽ   ヽ
        { :、 ∨:::::::`¨ソ、_ノ、 ::::::::ノ /   }
     /   ヽ ヽ:::://__i__l\::::/ /     \
    {        }´/:/ ̄ ̄|::| ` i/      }
      ヽ    `ヽ ノ/ /    |::| :、/ /'     /




                /ア>ー-
            /〉 .//==ー-x、
            ( (,イ /<_ー---  `ー ア
           ア爪Yー- x  ̄`ヽ    ミx                 __
          / / { V Vー- \       二ニ=-             /ミ_ヽ  別に戦う必要は無いが

          ///}  ヘ \    `丶   \ メ、              /:::::::ヾ
         ./ }  ハ}、 \ \    \     \             ./:::::::::::  
        イ /} {  \へー--     ヽ     ,X    x==x     /::::::::::::/  ―――小手調べをするのは悪くは無いだろう
         `} ,l '.    `ヾ\      \  ト、}    ///^ヾヽ   /::::::::::::/
         / ハ '. ト、  ト、><ィ \、 .V  !     ///  V:}  /:::::::::::::∧
         }イ }  三zx\. V ィヱツX 人ト、}  {   ///   }:::} /:::::::::::::∧/!
        /^l |   `'ヲア^}、< ̄ ,レイ } ト、  {   ///    リイ/:::::::::::::/ }/}
        .| !. h _// ,.イ        .|  ル }ミ}  ///   /, ./:::::::::::::/  .}/}
         } V∠/ / .ゝ      j ./  }    }.}:}  ///::::::::::::::/  .}/}
        ∠/__∠_ \ー こ´ /|イ  > イ>-」⌒>--/:::::::::::::/   }/}
       /:::::/   、_,. V ヽ__./ ,斗 < <ア斗 '´: : : /=x::::::::Z三三彡'
x  '⌒ヽ/::::::/    ‘ー<!Xヾトーイ<^二 -イ//: : : : : : /   ヾ/
  L - ':::::::::/   , ィ ⌒7T イ {_}::::/--壬_> ///ミ=--<_⌒ヽ /:ヽ
  }:::::::::::::::::ゝ,イ /::::::::::/ア/ト、_/: > <: ,,イ//:\ ` ''=寺\V: : : '.

  |:::::::; イ:::::::::}/!:::/:::::lァ / }:::://>- ´: :/: :}/ト-、 ヽ/二_ヽ:\,\: : : :ヽ

  ヽ'´  l::::::::::!/レ':::::::レ./: :|:/: : :\\: : /: : :|/}   Y´    `ヽ\.\: : : \
   }   ハ::::::|:/::::::::/ーイ/:>--壬__ツ/: : : : : }/! /`ー^ーr 、 /一゛'´: : : : : \
   | /::::::\/::::::::::}///` <>x: : /: : : : : :「 ̄`¨´`ヽ:,イ   ,′: : : : : : : : : :

                _    _
             , -‐: : : : : : : : : :`丶、
           , イ : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        ,:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
      _ノィ'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ

       /: : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : :ハ
       ,': : : : : :/: : : : : / : : : : : : イ: : : : : : : :,イ : : : :}   いきなり戦うのか・・・なるべくなら最初位仲良くしたいんだけど
.      { : : : : : !: : : : : : : : : : : : :/ ! : : : : : : /__! : : : i
       i: : : : : :!: : : ,: : : : : : : :ナ 十: : : : : /_ _ i: : : :,'   
       、 : : : :i : : i: : : : : : :∠._  ! : : : : /イ ::i`! : :/
       `i!: : :i : : i: : : : : :/:::リ ` i: : : :j/. 弋丿'j :/

         jヽ: : : : i: : : : :/`‐'  j : /     /:i'
          \ : :!: : : :,'    ./' ´      ´ !
              ヽ i : : i u         ′ .,'
              /`!ヽi ` 、      _ __ ,  /
           /i::::i `ヽ. 丶、       /ー- 、
          /:::i::::i    \  `, ‐- '::::::::::::::::::i
         /:::::::::`i::!     i' r‐f、j i:::i:ヽ::::::::::::::i




                     ,-==-  _
                     ((, - '  ̄   ̄ ` ヽ 、
                    /ヾ           ヽ、

                    /    /    ヽ  、  ヽ、
                   /    ,'     ハ  i    ヾ
                   /    ハ     /│  i    │
                  ノ/     i∧    / │ ∧   │  この聖杯戦争において情報は重要だからね
                 〈│   ├.ヘ   /.─│ノ、i   │
                  ヾi ∧.  ├―\/┌‐‐i/‐│∧ ゝ   やはりこちらとしては情報を得たい
                   i∧ \./    i∽i,r    // ヘ〈
                  `│ ヽゝ─-,.  -─‐.i∧  iヾ、    
                    ∧ ∧"         ハ  │
                  _ i∧ ハ> 、 ―   / ∧  │_    僕達が情報を得ておきたいのは―――
                 《\\i∧ヘソ、 i>-<i  ∧∧ i,' / 》
                ┌\\\∨へソ───ヘへ 、∧././ /_-_┐

                 i 「_><ソ.\\___//>.><_//
                <ヘ__/i i::\>\\:::::://> /i i ヘ_/>

                /:::::::::::i i::::::::\ <\.//< ./  i i.   │
                /:::::::::: i i:::::: ::::::::\ //> /   i i   │
               │::::::::::i i:::::::::::::::::::/ /<  /     .i i    │
               /::::::::::::i.i::::::::::::::::/./ > /     .i/    │

               〈:::::::::::::::i::::::::::::::// <  ./       .ヾ ___.〉
               │ ̄ ̄ヽ:::::::// > /        │::::::::::::::::i
               / ̄ ̄ヽ.i:::/──┬─┬─<    .∧--─丶
              .│::::::::::::│/ ___│ (│__  \  │ /  .│
              .>::::::::::::│< │  . ̄ ̄ │ >-ヽ、//    │

    __    .__ /::::::\::::::ヽ--───────- 、ヾ..i      │
    (_. ヽ、_(へ  \:::::::::::ヽ││            │ │     .│
     ヽ、    丶  丶:::::::::::: i=i.             i=i      .│
    / \─-. │  │::::::::::│ │ o    _    o. │ │      .│
   /    `ヽ  ハ   │::::::::::│.│======[   ]===== │ │      ノ
  (_.// .ハ    /│  .│::::::::::/>i       ̄     .i <ヽ    ./


【コンマ直下判定】
奇数 バーサーカー、君だよ
偶数 キャスター、君だよ

00

                 /    l  ヽ    \     ハ
              ,  /  / ハ  ヘ    ヘ     ハ
           (  /   | /  l  ヽ、  ヘ      ハ
            ヽ, l  ! |   ヽ  ヽ\ ヘ   l  ハ  ―――バーサーカー、君だよ
             ,. |  lリ ̄`-ト、  l_ ,.X ト;   ! l l !!
             | ハ l|ィtテォ、iヽ\ f ィテ-ェ i, | !j/}|   君はバーサーカーの癖にどうも狂化をしていない様に感じる

     ,r‐、       | ト、! ,li、  ̄ ,l´⌒`i、_  ̄ ,|l ,' /)}、 !
    (く|l ))  _ - ´i ヘ! l .|   ̄   l      ̄  !'/イ ` tー 、       r 、  こちらとしては君の能力の奥底を見ておきたい
    ヾf i/-´:::::::::::::i   ヘ .',       !      //イハ  l   ` ー 、   //))ゝ
      /fi::::::::::::::::::::::|    トt、   -― -、   イ/. /' ハ  i        \i l//
    /::::`i::::::::::::::::::::::i, - 、リ_!_> ---、ニ_ //' !  _  l          /)
   /:::::::::::l、:::::::::::/      く, -ニ二´、__ `Yニ´ ̄  `ヽ、        f/ハ
  {::::::::::::::::::::l /^\      亡r-- 、_   ー′        >ヘ    //  ヽ
   >:::::::::::::::く    \       , -、_`ヽ、        /  ⌒ゝ、/    ム
   〉:::::::/ ヽ     Y`ー― 、_,/ , 、‐'ー '┬--─ 、/    /::::` 、  /
  く二/     丶    ヽ    ト-::´:`ト _ >::::::,'      ,'    /::::::::::::::::`、ゝ、
 /   /      ヽ   ´、    ヘ:::::::::::::::::::::::/       /    /:::::::::::::::::::::::::`\




                _    _
             , -‐: : : : : : : : : :`丶、
           , イ : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        ,:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
      _ノィ'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ

       /: : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : :ハ
       ,': : : : : :/: : : : : / : : : : : : イ: : : : : : : :,イ : : : :}   参ったな・・・マスター、どうする?
.      { : : : : : !: : : : : : : : : : : : :/ ! : : : : : : /__! : : : i
       i: : : : : :!: : : ,: : : : : : : :ナ 十: : : : : /_ _ i: : : :,'   
       、 : : : :i : : i: : : : : : :∠._  ! : : : : /イ ::i`! : :/
       `i!: : :i : : i: : : : : :/:::リ ` i: : : :j/. 弋丿'j :/

         jヽ: : : : i: : : : :/`‐'  j : /     /:i'
          \ : :!: : : :,'    ./' ´      ´ !
              ヽ i : : i u         ′ .,'
              /`!ヽi ` 、      _ __ ,  /
           /i::::i `ヽ. 丶、       /ー- 、
          /:::i::::i    \  `, ‐- '::::::::::::::::::i
         /:::::::::`i::!     i' r‐f、j i:::i:ヽ::::::::::::::i

                     ,. --- v ‐、
                      /:.:.:.>:.ヘ /
                     /:.:.:./:.:.:_,.-∨ー-....,_
                 /:.:/ム_r_ヽ_,. > ― -、ヽ

                   //:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               ,イ´:.:.:.:.:.:.:..i\:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./!i:.:.:.:.ヽ、  どうしようもこうしようも無い

              //:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ,、:.\>vく_:.ノノji:.:i:.:.:.:ハヽ
              / /:.:.:.:.:.:.:.:/ !f |:.:.:kf:::ぅ、  _ナ7:.リ:.ハ:i }  申し込まれたら断れないんだ、受けるしかないだろう
              /   /:.:.:..:.:.:/  ゝィ:.:.! `'    ムノkィレ' リノ
            /    /:.:.:.< ̄`ー-、  j:.:.!、  _  `/:.:ヽ '    ―――それに、英霊同士の戦いというのも見てみたいしな
         /   /:.:.:.:./  ̄ `7 ̄ ヽ:ハ r-  ´ ヽ:.:ハ
.        /   /:.:.:.:./    ,イ     i:.}, ゝ=ニニ>、:ヘ
          ,'    /:.:.:.:./   //   , へ!:.ハ'、 ゝぅ ヽ ':.',
         ,   /:.:.:.:./ ,ィ'´ 7  人   j:.レ' ̄`ー'=='、  ';.',
.      -f―‐'7:. ̄7´/  /  / ∨7:.ノ   ヽ _   ヽ ';.',
       i  /:.:.:.://  . /  /   ∨∧: : : :_ i : : : : : }  ';,
       ', /:.:.,才    /  、'    /:∧: ィ:ニ > = = {   '}
         ∨´:.:.:f    ヽ   ヽ  //'  ヽ: : : :      `,   リ
       //:.:.:.:.:.:!     ` 、  v'/    ∨:ヽ: ._ ,.   ハ  j
.        /:.:.:.:.:.:.:i        ゝ  `ゝv、_,.j-へ 二 ー- ィヽノ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.!         ハ!`f//::::::::二ニミ、 ― ‐'ハ
      f:.:.:.:.:.:.:.:.:!|         Ⅵ `^>ー-`:., `^´ ー ' i ハ
     !:.:.:.:.:.:.:.:.i!|            '! /     `       !  i\
      |:.:.:.:.i|:.:.:.!i|            jr'             }  |, ヽ




                              ( く
                             , -ゝ`ー '' ¨`丶 、

                           /´            `ヽ、   _
                          /         ヽ  \    `て、
                       、 _,イ            ', , ヽ 丶 _ ヾ`ー-
                              / ,    ,    、、 l l :.  ̄   ハ
                             ノiイ  、  、   、ヽヽ,/  ヽ、 、`ー L_
                          ∥  ! i、ヽ i lヽ Vi    ヽ` _、ヽi、'、   そう言って貰えれば話が早い
                        ∥l ヽ ト込_ヽハ lz=≠ヾ`,  V, ヽリ,!`ヾ

                         《 !ヽ ir- -マiヽlr‐ レ‐、l i,、 }` /ハ i    それでは、場所を移して戦闘だ
                             八 \― ゙¨ヾ`ー‐' レiハ ゙く/ ヾ
                           ヽ `ヽ 、 _      ' /lヽト                                ,ィ
                            \ヽ、_        / .l゛ `        _                      , イ /
                            、 )ヾ  二´  /   !          / ヽ                   , ´:ノ /
                          / l,rニi \ _ ,, '     l,z-.、      !   i  _ -┐           , ィ:升:'" ,/
                           | /l  l_ ,!     /イl`、\   |___ ヒ -‐十  ̄ ̄`ーzュ、,.ィ:升㌢ > ´
                         __ゝ'ニ≦フ"/iz--‐ '/r- _ l l i>>ヽ<´ヽ 〃   ノ     ,. ィ:升㌢ ,z '´
                         _,,,r‐`〃:::::/ Zテ「~`ヽ/<i l l` ー-/    >ミヒZ=ニ´__,ィ≠㌻" >´`ヾ
                          j:::::::::!::∥::::::/∠ 廴,,/_ヽ`)l l▽/    〃   > 、  , ィ:升 "´>'  γ、
                     l:::::::::l::∥::::::j7∥i!l;;;/△!r`―'/    〃  /  , ィ::升 " ,> ´     ヽ \
                     r':::::::::l:∥:::::::!∠_ lV __l i▽'      ∥ /, ィ:升 "´,イ´  _    l,ヽ 〉 〉
                   ,ィ'::::::::ヾ;l∥:::::::l ッ∥/ ヽr―┘'      V/, ィ::升 ",> ´  /  〈´`ヽ.   ゝ、`ヾ
                __ ,ノ~/厂ス;:::::::ll::::::::::l / レ △ l i▽/      , ィ::升'" ,> ´    く    ヽ 'ヽ_ 八` ー、!
              , -' :ー::::`ヽ,/  ヾ:::l:::::::::::l~∥i ̄二 」 /  ,. ィ::升::",> '     _rf´¨i丁了h    ヽ   :. `i_!
            , ィ-―‐-z- __::ヽ,  'i::::::::::::V△ヽヽ ,,ィ:升: ",> ´   ll  ィ ´ lヤ。 _l_L⊥ll__     l、   廴_ `i
           /´/:::/´ /,㌘`'ゞイ三ミ、::::::∥,,:::升'"´,> '       l/   zヘィ'´  l::::::::ム    Vi:、   ヾ´ l
             /r'::::::/´  / '´  ∥マイ, z-='升" _,.>:.:´:.:.:.:.:.`_:ー.、     l  /       ~t::::::ヽ__,,イヾ::\   _ト 、

【ここで狂三が見ていた彼らのステータスを表示します】

┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:アサシン              【属性】:秩序・悪               
┣━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  【筋】:D(20)       【耐】:D(20)       【敏】:D(20)       【魔】:D(20)       【幸運】:A(50)      【宝具】:B  
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫


                /ア>ー-
            /〉 .//==ー-x、
            ( (,イ /<_ー---  `ー ア
           ア爪Yー- x  ̄`ヽ    ミx                 __

          / / { V Vー- \       二ニ=-             /ミ_ヽ  
          ///}  ヘ \    `丶   \ メ、              /:::::::ヾ
         ./ }  ハ}、 \ \    \     \             ./:::::::::::  
        イ /} {  \へー--     ヽ     ,X    x==x     /::::::::::::/ 
         `} ,l '.    `ヾ\      \  ト、}    ///^ヾヽ   /::::::::::::/
         / ハ '. ト、  ト、><ィ \、 .V  !     ///  V:}  /:::::::::::::∧
         }イ }  三zx\. V ィヱツX 人ト、}  {   ///   }:::} /:::::::::::::∧/!
        /^l |   `'ヲア^}、< ̄ ,レイ } ト、  {   ///    リイ/:::::::::::::/ }/}
        .| !. h _// ,.イ        .|  ル }ミ}  ///   /, ./:::::::::::::/  .}/}
         } V∠/ / .ゝ      j ./  }    }.}:}  ///::::::::::::::/  .}/}
        ∠/__∠_ \ー こ´ /|イ  > イ>-」⌒>--/:::::::::::::/   }/}
       /:::::/   、_,. V ヽ__./ ,斗 < <ア斗 '´: : : /=x::::::::Z三三彡'
x  '⌒ヽ/::::::/    ‘ー<!Xヾトーイ<^二 -イ//: : : : : : /   ヾ/
  L - ':::::::::/   , ィ ⌒7T イ {_}::::/--壬_> ///ミ=--<_⌒ヽ /:ヽ
  }:::::::::::::::::ゝ,イ /::::::::::/ア/ト、_/: > <: ,,イ//:\ ` ''=寺\V: : : '.

  |:::::::; イ:::::::::}/!:::/:::::lァ / }:::://>- ´: :/: :}/ト-、 ヽ/二_ヽ:\,\: : : :ヽ

  ヽ'´  l::::::::::!/レ':::::::レ./: :|:/: : :\\: : /: : :|/}   Y´    `ヽ\.\: : : \
   }   ハ::::::|:/::::::::/ーイ/:>--壬__ツ/: : : : : }/! /`ー^ーr 、 /一゛'´: : : : : \
   | /::::::\/::::::::::}///` <>x: : /: : : : : :「 ̄`¨´`ヽ:,イ   ,′: : : : : : : : : :

┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【クラス】:バーサーカー          【属性】:中庸:善                  
┣━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┓
 【筋】:D(20)       【耐】:C(30)       【敏】:C(30)       【魔】:E(10)       【幸運】:B(40)      【宝具】:C   
┣━━━━━━━┻━━━━ ━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫



                    /: : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,
             ,.: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

             /: : : / : : : :./.: : : : : : ; : : : : : :/: : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : :!
              /: : : : : : : / : ; : : : : : /: : : : :/ : : : : /: : : : :/: : ; : : : : : : : : :|
           ,: : : : : : :/ : : /: : : : : :/: : : /: : : : : /: : : : :/: : /: : : : : : : : : :i

            /: : : : : ィ: /: : /: : :/ : :/: : : : : : : : ::/: : : : :/; : /: : : :/: : : : : : :}
             ''⌒^´ /:/: : / : : /: : /: : : : : : : :/: : : : :/ .///: :/:: : : : : : : ;
              /:/ : /: : : /: : /: : : : : : :/: : : : / -/-‐//j: : : : : : : : : ′

              ノイ: : ; : : :/: : :/: : : : : /: /: : /   ' 二二__/: : / : : : : : /
               |: : j: : /: : :/: : : : /: : /: /     ´乂_ツ ア: /: : : : : : /
               j: :ハ: :': : :/: : : :/^j/レj/〃            /: :/ : : : ;
                 ,:/ j/i : :}: :/jハ' /             /: /: : :/レ
                    ノハ:j:.ハ           j      '⌒イ: : :/
                          jト.                 /:./j:/
                           iハヽ     _ _      .イハ{
                       ri \   ー-     /ノ}
                         〃 ヽ. \      イ/ !
                     //    \ ≧==≦ ./   iト、
                    /:::::ハ     >=、 ,=<    /}:::::ヽ
                >.:´::::::::::{ ,      /=元=ヽ   / i!::::::::',`:.<
             >.:´::::/:::::::::::::::! ',    ./ /::ri:::} ',   /  !::::::::::';::::::::`:.<
          >.:´::::::::::::/::::::::::::::::::|  ',   / /::::{ |:::!  ', /  .|::::::::::::';:::::::::::::::::`:.<

何この低ステ二人

【また、アサシンのマスターの見た目の情報を入手】
・アサシンのマスターの四肢は明らかに機械染みたものである

             _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂    バーサーカーもアサシンも中々に良い外見をしているな、私の好みだ
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}   ところで喜べ、マスター
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\  どうやら私達は狙われないようだ
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/  
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||     ・・・付いて行って私達も情報を入手した方が良いと思うんだがどうかな?
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|  
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


【狂三の行動判定】 先に二票
1:付いて行く
2:付いて行かない



        /::::::://::::::/  ノ///≧=-厶-----ミ二二二心  L、::::::::::::::::\_
      /:::::; '.イ:::::::/} /二二二二>''" ̄ ̄⌒`く二二二>、 `L;:::::::::::::::::::\::≧=-
    /::::/:::::::::::::::斗===ミ、二二>「 r'⌒廴__r-}`へ二二}> 二`!::::::::::斗┐::::::::::::::` 、

   /アイ::::::::::::::/{{  >彡}「!イ  _ノ::::::::/::::::::::::::::::`ーく`くニハ===彡>''"_ -┘::::::、:::::::::::::::、  アンタに言われなくたって勿論付いて行くわよ
   >''"イ7::::::::/イ ミ彡>//} }ノ^V:::::::::::::/::::::::::::::i::::::::::::::::`く^寸≧=---<::::::::::::::::::::::、:::::::::::::`
 /イ"  /:::::::/ // ///:://::::::::{::::::/、/l:::::: i::::::::l、:::::::::::::::::`ハ`、`、   ‘、::::::::::::::::::::::::::::::::::::  潰し合ってくれたらもっと最高ね!
ノ'"    .':::::::/ 「{  ./ (/二}/!:::::::Ⅵ/:::/\::::i|:::::::;l斗:::::::::i:::::::`^l`ミン    ‘、::::::::::::::::::::、:::::::::::
      |::::::;' L__! { {  ̄Ⅳ:::::::::V≧x、L__l !:::::':l__‘.:::::: l::::::::::::l^ヽ.`ー-、_  :、:::::::::::::::::::::::::::::::
      l::::::{    ‘、 ‘、  {::::i::::i::::l、__ラ    ̄孑<爪:::::l:::::::::::::l   ̄ ̄`┘   、:::::::::::::::,、::::::::
      Ⅵ::{     \/  l::::l::::l::::l ,,      ゞ-'^ /Ⅵ::::::::::::::l         ‘,::::::::::::::::, \:::
      ヾ::{、         Ⅳl::::!:::l     '    '' '  }::::/::::::::l           ‘,:::::::、:::{  `
       \\        }ハ:::,:::l、   ヽ _   ノ_  ,::/lハ::::i::l  _r~^ヽ、  ‘.::::::Ⅵ{
            、::`  .,_,,   ̄` l-!:::,:::'. > ._..  <T   `//ー}::::N!-┴―- ミ}心l、 ‘::::::, }!
  r~へ___,.......\::_>    l-l‘.::、:'.ミ} }彡、く` ミ、  '´  .}:::Ⅳ      }二7  l::::::l !
 [  >''"      \>     l-l ヾ、::'.//l、 \ニイ       l:;'       ノ}ニ7   l::::::i
  > {            、  .l-l   `\^! '.   .l-l  / _/_  ..-=<イく(   .l::::::l
 乂 > .,__  -=   ̄\ .l-l     .l .l    l-l /了 /   ./二≧`l`、`>`>  .l:::::l
[二≧-<寸ニニ心、      _}j-{、    L」    l-lく .'      /二/>/Ll`''く>  l::::l
  ./ /L! 寸二二二>、     }:l:l:l:l心、   ,  _r~ く}{    _,/二/</  l l    l:::l    ./
 ⌒´    `<二二ニ>、    {二≧x:l:心、 {_r~>'" ̄`!   _「二ニく___, '   .L!   l:::l    /::
           `'く二ノ^ ̄}--Ⅵ二`''<≧ハ<イ イ「  , _r/   `('<く        l::l   /:::::
           `ァ  ノ   乂| >' /}、 ㍉__}レ'"{/ {  i | V \}       .l::l:  /:::::/
            ⌒V    r^!  ̄く  ノ{ニ>、/{{ / l /    l  ` 、 ,>     .l::l   /::/



【一日目朝の行動を情報収集で終了します】

【エリア1】

【アサシン、バーサーカー陣営にばれるか判定】
3以下でばれる

↓1 アサシン陣営
↓2 バーサーカー陣営

                                 _ _   _
                                  \  /\:::::`ヽ
                                 __ヽ.i::::::::\:::::::\
                               ....‘:::::::::::´: ̄:ァ:、ヽ::::::::\
                            ,.:'_::::::―::<::::::::∠::::!::}_::::\:::::ヽ
                          /:::::::、:::::::::::::::: ̄::::::::::::`:.::フ::::\:::‘.  (ふむ、どうやらキャスターが付いてきてるな)

                         /::/::i:i!::::ヽ::::::::::::::::\-―一'::::::::::::::\:‘.
                        /::ィ::::!:::i!i!\::\:::__:::::::\:ァ´:i::::::::::::::::::::`ヽ、  
                        ,:::/:i::::|:::| ! ヽ\/ヽ' ヽ:/::!::_:::!:::::::::::::::::::::::‘.  
                        i:イ:::|::::\ヽ-     ,ィ芯、i::::::::|' .Y\:::::::::::::::::::::‘.
                        |:i|::::i::::∧芹、   '  r':::}〉::::::i_ノ  \::::::::::::::::::‘.
                       !{ \{`ヽ:ハ r'}     ゝ' !::::::::!、_ ,   \::_::::::‘.
                               /::∧ `  _    '|::::::,' _ ,. -―'´\:::_`>::‘.
                           /::::/≧ 、_ ィ  }::::/´  ヽ.ー-'  ̄\:::::::::‘.
                             /::,ィ -―‐ -- 、}  i:::,'      、     丶:::::::‘.
                         /:,:'  ̄二ニ,=-'´ ,.!::i        ヽー―- 、ヽ:::::::‘.
                           /:/  / r':/   r':! !::| , - 、    ‘.  _ \::::::::‘.
                        ,.':/   i /7´_,- 'ヾ、|::i   〉.    ∨´  \ \:::::ヽ__
                         /:.'   / ̄ `  /   i::{  / ヽ   ‘.    ヽ‘ ̄:::\   `ヽ
                      ,.':/   /  -=  /      !::{ \'   ヽ.   ‘.    \::::::::::\   \
                       /.'    {      i _   / ヽ\'     ヽ   ‘.      \:::::::::ヽ   ` ー ― 、
                     i:;'    ヽ _-―二ニ=-'、  >、ヽ.     ヽ,   ‘.     !::\:::::‘.
                     !i    /´   ̄    7´=-/´ ヽ:\   /    ,.'     |::::::::\::‘.
                      i:!     ,'       /  /    }:/ /   /       i::::::::::::::\
                     i:!   /, =ニニ=- .、 ,.'   /     .i:{/   .´          !:::::::::::::::::‘.、
                     ヾ、 .r' _ - ―――_/´三ヽ_,<\ ´  , <_          |:::::::::::::::::::‘. ` ー- 、
                       ,イ\ ___ r'_/三三三ニヽニヽ/ `ヽ:!            |::::::::::::::::::::::‘.      \
                      / !      r'_/_ニニ、三三ニ〉-'     i:!         !:::::::::::::::::::::::::!
                       /  |       /‘´ r- 'ニ=-'、     /,:!         |:::::!::::::|:::::::::::i
                    /!  :|     /     ̄´    \   // |         |::::i!::::::i!::::::::::|
                   / ,   ! _ ,  ´            ` 、 ,.':/ /            |:i::i!::::::ii::::::::::|




                         ,,.. -―- ..,,__     }'、
                       ,,. ''´       `´ヽ/__〉
                     /            ',`ヽ

                    /         /  /    ヽ ヽ
                  ∠、_ノ    /   / l }    ', '、
                         {∠ノ /   l /r=、lヽl/      } ヽ   さて、では戦闘を始めよう
                   ヽノ/|ノ  ̄l /';弋r/ヽ'l  /从/   |
                     } { 从  l//`ヽ、 /l /-‐/ } l |   君の能力をどこまで引き出せるか、「僕達」の腕の見せ所だな
                    ∧ ヽ,l  /     `''⌒/テヽ';/  l:l
            ,. -、_     _,,..ゝ∧l ./  ヽ、     }ヽ、/l/ //'}
        /´ ヽ/`l''ーv' ´   /l/ l/ヽ、  `ヽ ´´ ,.ノ l/l/  
         〈ヽ    l ヘ   l l〉〉 {\\   \_  ,,.. ィ´ | / 
        } \  l  ∧  l 〈 〈l l  ヽ, ' ..,,_/\´  /l  //
      //   ヽ | ,/ }  l  〉  ',、 ヽ`''ー// 〉ヽ、/ノ/´
.     /_ノ    ヽ ´   |  l l  <lヽ`'   / 〈 / `ヽ,_
     l l ゞ   ';   /  ヽ \  ヽ  / 〈 /  //l l `ヽ
     //''‐-、-、  l,  /    ヽ  >   ∨´  </  /// l   |
    l`'''- ..,/`ヽ、ヽ,/ノ __,,.ゝ-\   ', </   { v /,   ヽ
    / /  `'' ..,,`v、''´ ー- --  `ヽ、_,,..ノ    ` ´l   /ノ/、
  /  l      ,>' >ー----‐'''´ ̄ ̄`''ヽ ''´`ヽ   /' / /  ヽ
. /  l _、_   / / ,l_ノ ̄,____ `'l'ヽ`ヽ、 `ヽ// /    `l
. /   ,l   ,..,_ヽ{  l_ノ_ソ,'´ l;.;.;.;.;.;.;.;. ̄`'ー-、., ヽミ 〉 /   ,. -'´';
// {/   `ヽ、} || ||_|;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.`ヽ、{`ヽ  /ヽヽ/ヽ

l  / \     \ || |/|| |ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ ''ヽ/___ ,/ / \
{ '    `        \| ,'| l  `ヽ__;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.}  <,..  / /     ヽ
\      ヽ    _ゝ-----、;.;.;.;.;.;.;`'''ー----t´    ヽ  /  /  \


【戦闘を開始します】

┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:アサシン              【属性】:秩序・悪               
┣━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  【筋】:D(20)       【耐】:D(20)       【敏】:D(20)       【魔】:D(20)       【幸運】:A(50)      【宝具】:B  
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  HP 70/70 魔力(100/100) コスト10
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                /ア>ー-
            /〉 .//==ー-x、
            ( (,イ /<_ー---  `ー ア
           ア爪Yー- x  ̄`ヽ    ミx                 __
          / / { V Vー- \       二ニ=-             /ミ_ヽ  まずは僕が相手をしよう

          ///}  ヘ \    `丶   \ メ、              /:::::::ヾ
         ./ }  ハ}、 \ \    \     \             ./:::::::::::  
        イ /} {  \へー--     ヽ     ,X    x==x     /::::::::::::/ 
         `} ,l '.    `ヾ\      \  ト、}    ///^ヾヽ   /::::::::::::/
         / ハ '. ト、  ト、><ィ \、 .V  !     ///  V:}  /:::::::::::::∧
         }イ }  三zx\. V ィヱツX 人ト、}  {   ///   }:::} /:::::::::::::∧/!
        /^l |   `'ヲア^}、< ̄ ,レイ } ト、  {   ///    リイ/:::::::::::::/ }/}
        .| !. h _// ,.イ        .|  ル }ミ}  ///   /, ./:::::::::::::/  .}/}
         } V∠/ / .ゝ      j ./  }    }.}:}  ///::::::::::::::/  .}/}
        ∠/__∠_ \ー こ´ /|イ  > イ>-」⌒>--/:::::::::::::/   }/}
       /:::::/   、_,. V ヽ__./ ,斗 < <ア斗 '´: : : /=x::::::::Z三三彡'
x  '⌒ヽ/::::::/    ‘ー<!Xヾトーイ<^二 -イ//: : : : : : /   ヾ/
  L - ':::::::::/   , ィ ⌒7T イ {_}::::/--壬_> ///ミ=--<_⌒ヽ /:ヽ
  }:::::::::::::::::ゝ,イ /::::::::::/ア/ト、_/: > <: ,,イ//:\ ` ''=寺\V: : : '.

  |:::::::; イ:::::::::}/!:::/:::::lァ / }:::://>- ´: :/: :}/ト-、 ヽ/二_ヽ:\,\: : : :ヽ

  ヽ'´  l::::::::::!/レ':::::::レ./: :|:/: : :\\: : /: : :|/}   Y´    `ヽ\.\: : : \
   }   ハ::::::|:/::::::::/ーイ/:>--壬__ツ/: : : : : }/! /`ー^ーr 、 /一゛'´: : : : : \
   | /::::::\/::::::::::}///` <>x: : /: : : : : :「 ̄`¨´`ヽ:,イ   ,′: : : : : : : : : :

まさかこいつも複数いるタイプか?

【スキル反映後】

┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【クラス】:バーサーカー          【属性】:中庸:善                  
┣━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┓
 【筋】:B(40)       【耐】:A(50)       【敏】:A(50)       【魔】:C(30)       【幸運】:A+(60)      【宝具】:C   
┣━━━━━━━┻━━━━ ━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  HP(80/80)  魔力(50/50) コスト10(狂化時30)
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                    /: : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,
             ,.: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

             /: : : / : : : :./.: : : : : : ; : : : : : :/: : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : :!
              /: : : : : : : / : ; : : : : : /: : : : :/ : : : : /: : : : :/: : ; : : : : : : : : :|
           ,: : : : : : :/ : : /: : : : : :/: : : /: : : : : /: : : : :/: : /: : : : : : : : : :i

            /: : : : : ィ: /: : /: : :/ : :/: : : : : : : : ::/: : : : :/; : /: : : :/: : : : : : :}  ―――君は統治者だったんだね
             ''⌒^´ /:/: : / : : /: : /: : : : : : : :/: : : : :/ .///: :/:: : : : : : : ;
              /:/ : /: : : /: : /: : : : : : :/: : : : / -/-‐//j: : : : : : : : : ′   僕の宝具が反応しているよ

              ノイ: : ; : : :/: : :/: : : : : /: /: : /   ' 二二__/: : / : : : : : /
               |: : j: : /: : :/: : : : /: : /: /     ´乂_ツ ア: /: : : : : : /
               j: :ハ: :': : :/: : : :/^j/レj/〃            /: :/ : : : ;
                 ,:/ j/i : :}: :/jハ' /             /: /: : :/レ
                    ノハ:j:.ハ           j      '⌒イ: : :/
                          jト.                 /:./j:/
                           iハヽ     _ _      .イハ{
                       ri \   ー-     /ノ}
                         〃 ヽ. \      イ/ !
                     //    \ ≧==≦ ./   iト、
                    /:::::ハ     >=、 ,=<    /}:::::ヽ
                >.:´::::::::::{ ,      /=元=ヽ   / i!::::::::',`:.<
             >.:´::::/:::::::::::::::! ',    ./ /::ri:::} ',   /  !::::::::::';::::::::`:.<
          >.:´::::::::::::/::::::::::::::::::|  ',   / /::::{ |:::!  ', /  .|::::::::::::';:::::::::::::::::`:.<

【狂化せず】

  ◆時代の反乱者:Ex
   彼が敵国で受けている負の感情をスキルとしたもの。
   彼は敵国では「反乱」者だ。

   ②全てのステータスを1ランクアップする
   ④王、統治者との戦闘時全てのステータスをさらに1ランクアップする。


【あ、戦闘システム両方攻撃の試しますよ】

【バーサーカーの宝具使用】
____________________
───────────────
                 ──===二二二,゙
                     ̄´,゙二 --ー'''"゙´  . _,,...
              _,,,,.. -ー''''"゙´    ._,,,.. -‐''"´
      _,,,.. -ー'''''"´       _,,.. -‐''゙,゙.. -'''".,

 -ー'''"゙´         _,,.. -‐'''"゛     ._,, -'"゛              /
           _,,, -‐''"´       _.. -'"゛  _..-';;. .、   .,.. / ´        / /             ┐ヽ,.
   _,,.. -‐'''"゛              彡‐ ._..-'',゙xr'',゙ ‐'´  .,/ン"., ‐     ./  /               ヽ .`
'''"゛                _.. ;;メ!~_.. ‐'',゙ ‐'二./ ゛   ._/ / .../       ./  ./      、            、.ヽ ―――◆『開放の襲撃』(ホープブリッツ)
               _.. ‐'彡彡-''゙ / ´ メ'" ,..-,,..,/ / ., / |ゞ,     /   /       !            / !、  
        ,.. -''゙´,,,iッ゙‐'゙゙,..-'"゛    .,/゙./,/ / .,y!'".///   /   ./        l|  |    L   ヽ
    _.. -''″  .-゙~゙.,..-'"゛    ._..<‐ン'ン'゛,/ .,ノ“ /// .,/ ./   ./ i' 、    .j.|,! | .! .l,  .リ、   ヽ
._.. ‐''″     _..-'"゛     ,..-'゙-'゙, 彡'´ / .,/ ./〃 /  ,ノ/ /   .,// / / .i|   !l゙,! .ili .! |}   .lヽ..l、 .ヽ
      ._..-'"゛      .,/´  _ /r'" /   ゛ .,/ 〃./.、 ./ /./    /./ / .l゙./.| ;; .il゙.!l゙.| !.! .! !.!   l,.ヽ.l<
   _..-'"゛         _/´  .,xツ" ...‐゛    ./  ゛../ ./ ,ノ゛ /   ./ / / ././│|| l,!il,!│.! l .l|.| l ...i .l リiヽ
.-'"゛       , /    .,y!″ /     . /    ./ / /  ./    / ./ ./ l/ /l゙/.ゞl.l|l !│.! |.!| .!.l.l 'lL .l .゙ミ、
          ,/´    ,/゛ ./゛    /    ./ ./ .,ノ゛ /     / ./ ./ 〃 l l |  |,!l" ,!.l .!.! !| .}|..l,.lヽ !
     .,/゛    ./  /      /     ./ ./ . /   /     ./ / ./ / .l. l !  |l゙l゙ ,!,! .!l゙ || l.| . l.!..l..l
  _/゛        ,/     . /      /   ゛ /   ./     /  ゛ /  ゙  ! .l/  iリ.! ,!|  .l| ll .l| . ゙ll、..l.l
./ ゛        . /      /     /   /   ./     ,/   /   / .|.! ,.ll ゛.| :l!  .'l  l  |l ! ゝ .゙ト
        ,/      ./      ,./    ./   .,// ̄/-/ /    /    ! テ .! .l!  ! .}  } " 、.ト .l  !
      . /       ,/      ./   . /   /      i/     /    .l゙   l l゙  l }  .!   ! .l  !  l
    . /       .,/       /     /   ///    /     /    .l゙  ││ l  !   |   .! .l  |  l
  . /       /       ./    ./   ./   // ./     /    l   !   ,! :!  │  .!   .l  l
./       ./       /    ./    //    // /     /    l   l    !  !   .|   !   !
       ,/        /    /     .|      /     /     !   !    !  |   !   !   .!
     .,/        . /     /      .,!    . ,,ノ     ./     l   ,!    !  :!   .,!   .!   .l
   /         /    ./       弋__,,,-'´       /     ,!   l    .!  .|   ,!   .l    .!




  ◆『開放の襲撃』(ホープブリッツ)
  ランク:C    種別:対人宝具  レンジ:1~100  最大捕捉:1人
  彼が行った反乱の再現。
  三発の弾丸は王へと届く。
  それは開放だったのかそれとも……
   【効果】
   【魔力を消費せず、20ダメージの攻撃を三回行う。】
   【この宝具は王もしくは統治者にしか使用できない。】

          ヽV  /  !Ⅵ  { \  \ ヽ   \ 、  ∨     V
         /  /   | ⅵ :  :.   ヽ  \ :.    \\ ∨     V
        :  .ィ    | ⅵ V :   \ ,,.ヾ}斗 '" ヽ \:}\     ト、   l
          : //   ハ!  ⅵ ゝ 、 __,.ィ'´     `ヽ__   \   i \  l
       /´  ′  .! l|   v   `\-  ,,rf也゙¨¨¨}ア ̄  ==\ l_  \i  ふむ、【三発の弾丸】か・・・
         //|  |_リ,,..  ‘:,  /   〃{: t:刈}   ′       lヾ      |
.        '  |∧:ハ   -- ,,=={┐   ∨少 ´ /           i       |
             .li .ィⅵ'"芹ハ}    ゞヽ       /          l       |
.          ノ {__}弋:/         ̄ ̄              |       |
.           i ゝ -l--/                      l       i
             |    | /                        i       l
.           l     〈                        |       i
.             l    | ヽ  `                    l       |
.             |    |                       ,イ      l
          ノィ                          ーィ    ′  '
.            V   :.  -‐   ̄ ̄ `                j   /   '
.             V イ  :.  __ ...                  / イ   ヘ
.             V i   :.                   /´ |  /  ヾ
.               |    :.                  ´    レ _,,.. -‐
                  レ    :.           ,. . : :´  _,,.. -‐::::::::::::::::::::::::::



 ◆六韜:B
 太公望に起源を発すると言われる中国の兵法書。アサシンは諳んじる程に熟達している。
 効果:政治と戦争、その両面で役立つスキル。常に先の一手を読み打つことができる。
 【???】
 【戦闘時、アサシン陣営は初見の相手の宝具でも回避判定を行える。】

【アサシンの回避判定】
3以下で回避成功
↓1 一発目
↓2 二発目
↓3 三発目

00

【40ダメージ(残り30)】
                / /  _,,.. -‐  ̄ ̄ ‐ _

                l .l  ´           > 、
               /ゝ                ヽ
              /            `    、   ヘ
             / ./ ,        ヽ     ヽ ヘ   ヘ
            / / /      ヽ   \     ヽヘ   ヘ
        ,..-‐ニ/_」 l /   l、  ト    ヽ     i lヽ 、 ヘ
      ._/二-‐ - 、.l i i    l.l .i ヽ   ヘ    .l .l  ヽミヽ、_
     r< /  _ ィ-、 ヽ,'l l li    i l .l  丶 」_l_ _  l .i  .i l`   不味いな、まさかここまで相性が悪い相手だとは思わなかった
    /l '   / l  l`T7 li__ll    i _i,,l -‐ヽ l i l   l i l  ト l
   /::/    l .i ハ il  i l l`丶 l l i ´____ヽ_l l  l i リ  .i , l   マスター、どうする?
  l::::i     r l l l N l、==、=、' i j7`ミ三ヲゝi l i  li N l ハl

 rj::::l     ノ j l´ l .j ト r、  ー'r‐- l     ノ イ.l  .il .il li /        / \=_ ,
  i::::弋  / ./ヘi  i ハl、 .ー l弋 ' l   `  ̄ ̄ .レi .l  ノ li N       // ゝ ヘl l
  .l:::::::ヽ_//   l  N N 、 l.∧  ヽ     u ' l j /  リ       / / // / j i l
  ヘ:::::::::/       l 'ハ `Ni l`>   __   ィ/ /'  ..-‐ ;〉     i ( .l l /∠/'
   .l:::::/i       人`-r l Ki .l >   `<_,,..レ-‐´:::::::/'ヘヽ `l´弋_ヾlrK<ニ彡
   ∨ l  _,,......-..´:::::::`i r7--ー::´:^7,.`ー ´ l.ト、:::::::::;;::-‐ フ /、ヽヽ.l    .ヾ, i, l  .l
    l ir:::::::::::::::::::::::::::::::l i./::::::::::::::::::.l\\`'l.lヽ  ̄´ ‐'''7',..-‐ニ- /     l Vj  ,i
    .i .l:::::::::::::::::::::::::::::::::i li::::::::::::::::::::::i l>\\il_    /' l .「 r , /      i lj   l
    .l j:::::::::::::::::::::::::::::::::l li::::::::::::::::::::::::l // li:::::´ ̄7'  l i ' /       l ij   ヘ
    il:::::::::::::::::::::::::::::::::j il::::::::::::::::::::::::.|< < <l l.i:::::::〃  /、.l ', ./       l i    ヘ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l |i::::::::::::::::::::::::.l .\\ i.l::::〃_,,..‐´_,,.. '/        l i      \
   ./ ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::.l〈l::::::::::::::::::::::::::i l> > > l V 「 r  _  /       .//       \
   j  ヘ:::::::::::::::::::::::::::.ヘ l::::::::::::::::::::::::.l // ,У' ヽヽヽ/ ./       i/' ./        .〉
  ハ   l:::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::i< < <l/ /  ,、ヽヽ /        l/ /        /
  l:::::i  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l \У/   >- ' ', /        .ij/       l  .〈
 ,-':::::l  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i l>// r ,.. -‐ ´/  /   /   i /      l /ト、
 ー-‐'-‐‐'_ , - - _ ´⌒>::::::::::::::::::::::::::l .//  ヽヽ ヽl / /  _ <   ir       j/::::ノ \
              弋ニ二>ヽ、 j //  ___,,..ヘヘ‐  ]_,,..-‐´   二< 7      _/:::::/
               j__7イ'イ、ェゞ'ー-ー-->-r,<r /7K)、、-―--‐7、_..-‐::´:::::::::::-,

               t::´7/j l ii l ‐ミ ..===.. 彡 ´ 7 /7/l l弋i===-イ  f::`::::-::::´:::::`ヽ
                .l::::' '::l i::l::| l::::::::::::::::::::::::::::::::::://::/l::::l il::::ll:::::::::::::li  ヘ::::::::::::::::::::::::::l



       ∧    __,  --- X \  /   |
     ミx _./_.ム--≦        .∧`ヽY⌒⌒`ヽ
   「>ミ` --r/            ∧. |

    マ   ,>"          ヽ  ヽ∧ i
     マ, イ/    / i     |  ハ     V
    / V      ,  ∧    .ト、  ,  / /  /   んー、仕方ないから逃げよう!
  /  / /   ./ / ,  イ.!斗─ト、/ .イ    /
-イ,  / /    /. ,x芹 マ.  ハi  x__! マ!イ i   /
¨/  / ,.イ    .!イ/ ,x=ミ! / } " ,} >x V   /     ここで脱落したら洒落にならないしね
/  ./,イ .i      ! ,x"}∧!/    | .し .}.ト !  / i   /
 /   {  i   !. ∥r'Uム     弋 _ソ ! V レ.! /|
,イ  ,イ ! 入  ト. ヾ弋_ソ   ,    ""/ / /, ィV !
..| ./ ! .!/  マ !ム""       ,  /,.イ /"   .レ

.."   .|  ,イ/ V ム     `─   " ! /.    ノ
    レ!イ  !イ ! .}≧‐   __  イ  !/
        ノ ∨!/    ∠!___,.-┴.Y

              _  |   |.| |  └ -─- ミ__
          ,z─ Y >"--ミ .}.}.}‐ニ ‐‐─ ┐ ム
         /|   〈     _|⌒|, --    }
         イ.    マ   ,x .7__/ヽ     / ! /
.       イ 人 !  ゝ     イ ! i\、    }‐!./
      {\   V 八   / /─‐! \X、 ./ !
       \    |   `-イ /  x─.__} `"  マ
        \  !   / ./ / /"      } く



                / /  _,,.. -‐  ̄ ̄ ‐ _

                l .l  ´           > 、
               /ゝ                ヽ
              /            `    、   ヘ
             / ./ ,        ヽ     ヽ ヘ   ヘ
            / / /      ヽ   \     ヽヘ   ヘ
        ,..-‐ニ/_」 l /   l、  ト    ヽ     i lヽ 、 ヘ
      ._/二-‐ - 、.l i i    l.l .i ヽ   ヘ    .l .l  ヽミヽ、_
     r< /  _ ィ-、 ヽ,'l l li    i l .l  丶 」_l_ _  l .i  .i l`   面目無い
    /l '   / l  l`T7 li__ll    i _i,,l -‐ヽ l i l   l i l  ト l
   /::/    l .i ハ il  i l l`丶 l l i ´____ヽ_l l  l i リ  .i , l   
  l::::i     r l l l N l、==、=、' i j7`ミ三ヲゝi l i  li N l ハl

 rj::::l     ノ j l´ l .j ト r、  ー'r‐- l     ノ イ.l  .il .il li /        / \=_ ,
  i::::弋  / ./ヘi  i ハl、 .ー l弋 ' l   `  ̄ ̄ .レi .l  ノ li N       // ゝ ヘl l
  .l:::::::ヽ_//   l  N N 、 l.∧  ヽ     u ' l j /  リ       / / // / j i l
  ヘ:::::::::/       l 'ハ `Ni l`>   __   ィ/ /'  ..-‐ ;〉     i ( .l l /∠/'
   .l:::::/i       人`-r l Ki .l >   `<_,,..レ-‐´:::::::/'ヘヽ `l´弋_ヾlrK<ニ彡
   ∨ l  _,,......-..´:::::::`i r7--ー::´:^7,.`ー ´ l.ト、:::::::::;;::-‐ フ /、ヽヽ.l    .ヾ, i, l  .l
    l ir:::::::::::::::::::::::::::::::l i./::::::::::::::::::.l\\`'l.lヽ  ̄´ ‐'''7',..-‐ニ- /     l Vj  ,i
    .i .l:::::::::::::::::::::::::::::::::i li::::::::::::::::::::::i l>\\il_    /' l .「 r , /      i lj   l
    .l j:::::::::::::::::::::::::::::::::l li::::::::::::::::::::::::l // li:::::´ ̄7'  l i ' /       l ij   ヘ
    il:::::::::::::::::::::::::::::::::j il::::::::::::::::::::::::.|< < <l l.i:::::::〃  /、.l ', ./       l i    ヘ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l |i::::::::::::::::::::::::.l .\\ i.l::::〃_,,..‐´_,,.. '/        l i      \
   ./ ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::.l〈l::::::::::::::::::::::::::i l> > > l V 「 r  _  /       .//       \
   j  ヘ:::::::::::::::::::::::::::.ヘ l::::::::::::::::::::::::.l // ,У' ヽヽヽ/ ./       i/' ./        .〉
  ハ   l:::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::i< < <l/ /  ,、ヽヽ /        l/ /        /
  l:::::i  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l \У/   >- ' ', /        .ij/       l  .〈


【令呪二画を消費してアサシン陣営が撤退しました(残り令呪1)】

最序盤でwww

【バーサーカー対アサシン戦終了】

                                 _ _   _
                                  \  /\:::::`ヽ
                                 __ヽ.i::::::::\:::::::\
                               ....‘:::::::::::´: ̄:ァ:、ヽ::::::::\
                            ,.:'_::::::―::<::::::::∠::::!::}_::::\:::::ヽ
                          /:::::::、:::::::::::::::: ̄::::::::::::`:.::フ::::\:::‘.  (アサシンは撤退したか、さてと)

                         /::/::i:i!::::ヽ::::::::::::::::\-―一'::::::::::::::\:‘.
                        /::ィ::::!:::i!i!\::\:::__:::::::\:ァ´:i::::::::::::::::::::`ヽ、  キャスター!そこにいるだろう!
                        ,:::/:i::::|:::| ! ヽ\/ヽ' ヽ:/::!::_:::!:::::::::::::::::::::::‘.  
                        i:イ:::|::::\ヽ-     ,ィ芯、i::::::::|' .Y\:::::::::::::::::::::‘.  正々堂々勝負しろ!
                        |:i|::::i::::∧芹、   '  r':::}〉::::::i_ノ  \::::::::::::::::::‘.
                       !{ \{`ヽ:ハ r'}     ゝ' !::::::::!、_ ,   \::_::::::‘.
                               /::∧ `  _    '|::::::,' _ ,. -―'´\:::_`>::‘.
                           /::::/≧ 、_ ィ  }::::/´  ヽ.ー-'  ̄\:::::::::‘.
                             /::,ィ -―‐ -- 、}  i:::,'      、     丶:::::::‘.
                         /:,:'  ̄二ニ,=-'´ ,.!::i        ヽー―- 、ヽ:::::::‘.
                           /:/  / r':/   r':! !::| , - 、    ‘.  _ \::::::::‘.
                        ,.':/   i /7´_,- 'ヾ、|::i   〉.    ∨´  \ \:::::ヽ__
                         /:.'   / ̄ `  /   i::{  / ヽ   ‘.    ヽ‘ ̄:::\   `ヽ
                      ,.':/   /  -=  /      !::{ \'   ヽ.   ‘.    \::::::::::\   \
                       /.'    {      i _   / ヽ\'     ヽ   ‘.      \:::::::::ヽ   ` ー ― 、
                     i:;'    ヽ _-―二ニ=-'、  >、ヽ.     ヽ,   ‘.     !::\:::::‘.
                     !i    /´   ̄    7´=-/´ ヽ:\   /    ,.'     |::::::::\::‘.
                      i:!     ,'       /  /    }:/ /   /       i::::::::::::::\
                     i:!   /, =ニニ=- .、 ,.'   /     .i:{/   .´          !:::::::::::::::::‘.、




                         _ へノ⌒V ̄ ̄L
                      -‐''":::ア  >''" ̄ ̄ミx
                  ,,''"::::::::::::r'_>''"二>--へー<

                 /:::::::::::::::::r'^}ノ>(_r~^Lノ^L.へ
                . '::::::::::::::::::__Lンニフ⌒::::::::::::::::::::::::::::::
                 ,:::::::::::::::; ,ィ//} 「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /::::::::::// //://:::/::::::/::::::::::::::::::::::::::  ひっ!どうしてバレてるの!?

             ./:::::::/イア //://::::/:::イメ、/://::::::::; '::

             /:::::::/ 」イ/} }:::{{:::/斗zx,、 `ー'/::::://  /
            .'::::::::/ー//{ {__k l' c乂_ツ`  ̄ `   /
            |::::::/ ///L__」 "´ ゚̄ぅ      ,\

            }:::/∠ / /.l::::::::::::::7 l!      .:.{   ミx、
            l:/ _ノイ l::::::::::::::l j       '   tっ `
            |'  l    Ⅵ:::::::i:ハ r'  ̄ヽ、        `¨
              :,     }:::::::{ ‘. _    ー-、
                :,    .}ハ:::{  ヽ  `ヽ   }   /
    斗≦二二≧x-===ハ     Ⅵ   ` .,_  ー '_.. イ::/
  ィ二二二二二二二ン^l     i }}  //ハ{ ̄ ̄ /   }/ /


【逃げるか戦うかコンマ判定】 精神値により-2
12345 逃げる(距離分考慮して逃走判定+20)(逃走に失敗した場合相手先攻)
7890  戦う

【あ、>>771から直下ね】【このレス含まず】

【今気が付いた、戦うに6がない】

        _ ィ二x≦二二≧xー⌒L
    --ミx≦二二二二二ニ=--ニ二ニ≧x| ̄`!/` 、
  /::::::::::{:.{二>''"´r~へ_r―ミ、__r、`<二心:.:.L:::::::::\
  /:::::::ノアー''"⌒ー':::::::::::::::::::{、:::斗:::::Ⅵ`<二}:.:.`!::::::::::::
. /::::::///:::::::::::::::∧::::::::{`、:::::::/`、:::::::::::L_`.」:.:.:.{::::::::::::
.,'::::::///:::::::::::::::/、 ‘,::::::'.‘.:::/:::l ‘、:::::::::::::::;乂_[_㍉、::::::

':::::::{//:::::::::::::i/  \Ⅵ∧‘.:::::::::::;,x''"、::}、:::::::::::::{{^!l\:::  に、に、逃げるわよ!キャスター!
:::::::://:/},::::::::l =zz_. Ⅴ:ハ ‘.:::x'"   ヽ} ヽl:::::::::::}}::{{::::::::
:::::/,i:{::' Ⅵ::::l      ̄   ̄___  l::::::::::::ヾヾ::::::

:::::Ll|」'  }:::::::l ==       ̄ ̄ ̄  .l:::::::::::::::ヾ、jミ

:/:::::::l   .l::::::::'.              U l:::::::::::イ、}}::::
'.:::::::::l   .|:::::::::'.     _..  -、       l::::::::::::l Ⅵ:::
‘.::::::::,  |::::::::l' .   {     ',     . l:::/:::::::l  `、::
 '.:::::::,  .|::::::::::{ `  ., ヽ.   }   イ .l/:::::::::l   ‘,
  、::::,  |∧:::::',    ≧===≦イ^L___}::::::::;'
   \'.  , -:、::'. ̄77  `'<「`!>'" l:l:{ 7:::::::;' ̄` 、
    \ /  \ {{  // /7「ヽヽ }:l:! /::::::/    ‘.
        i   、 {{  .{{__// {L__} } {:l:/ イ      ‘
        |    V .}:}  `ー' .lト--'  .} ̄、
        |    ん≧x   }}  {{ 斗≦二ハ



                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}    う、うむ!
               //: /: :/ _.ノ ヾ   ヾ.=\-\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从  __     リ_ `Y:\:l:ヾ. \\  戦っても良かったとは思うがな・・・
               \{/|∧:l. '⌒      ´ ̄ヽ .}: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;     ,        ./: :/: |: ト、::::/
              /: : : :込.   、_ .,   イ: :.八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


【キャスターの逃走判定】
【逃走率30%+20%=50%】
奇数で逃走成功
偶数で逃走失敗

00

【・・・またやらかしたよ、>>774から直下で>>775
【逃走成功】
【キャンプ】

     /::::::>彡''":;.:.:._,、:.:.:.:_:.:.:.:.`''<二二>、; へ、
   /::::/L_>''":::::::: ̄:.::::::: ̄`''<_}:.`'<ニハ::::::::
  /::く::::::::ア::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L_:.:.`くrへ:::
/:::::::::::>ア:::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::`/^}:ト::::
::::::::::::く/::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::l:::::::::i::::L「\
:::::::::::;::':::::::::{::::_:/斗'’:::::::::::::::::::.::`メ、_:::::::: l::::::::l:::::::::l:::::
::::::::/:::::::::::::{::::/  .Ll::::::::::::::::::/:::/::::/`::、∧:::::::l::::::::}:::::
:::; '}:::::::/::::::L/___ l::::i::::::i:::/__:::::::::/:::::::::::{::::::::}:::::  ど、どうにか、逃げ切ったわね・・・
/ }::::/Ⅳ::::斧ヤ..ニ:7L_L__|/'"| ̄l ̄ミ、::::::::::、::::,::::::}::::::
 .ノイ ノ:‘、::::', .之:ン       、__ア./:::::::::::;へ:'.::::}::::::
  /::::::::ヾ',:'、///、/////  /::::::::::::'::::::::\':::::::

. , '::::::::::::::::}:ヾ゙\          /::::::::::::/.._イ {:::::::::
/:::::::::::::::::::;::::;'` .,  rー-、     /:::::::/:::/    }:::::::::
::::::::::::::__:::::::/.   ` .     . ./:::::::/:::/     .{:::::::::
:::::::::::〔_`'< ̄` .,_) ー<  /:::::::/:::/   ̄ ̄`く::::/
::<_¨ ―- _>- フつ二ニア::::::; ':::/        V
:::::::≧=--、__> ア`''<ニニア:::; ' /::/         }
と '' ―-<___.ィ    `'く:::; ' /::/          ;
  ≧=-_..  --┐     `< /::/  ,ノ
.r――  --=ニ二       `< _ /      /
_≧=---  _         _r'":.:.:.:.}、     /
二>ミx   `   .,_  rイ:.:.:l:.:.:.:.:/_/_    /
イ二二ニ>、/ _x≦二{:.:.:.:.:.:.:.,ィ≦二ニ7   /

>^く二二ニ≦二二ニム:.___イ:二二ニイ   ./
:.:.:.:.:.:.`1二二二,、>1ニ}二二二二二ニ!   /
:.:.:.:.:.:.:.:.`⌒^´ ̄:.:.:.:.}二!}二二二二二j  /



                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : 斗\: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\   そうだな!我ながら上手く逃げ果せたと思う
            〈 〃リ从ノ,        リ   `Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ィ=ミ    ィ≠ミ }: : :〉: :.l:\_〉::〉 
               八ノ ;    、      /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   {l ̄ |  .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> V ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|   ・・・マスター、艶っぽいな
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |    いつもその顔をしていれば良いのだが

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、

        _ ィ二x≦二二≧xー⌒L
    --ミx≦二二二二二ニ=--ニ二ニ≧x| ̄`!/` 、
  /::::::::::{:.{二>''"´r~へ_r―ミ、__r、`<二心:.:.L:::::::::\
  /:::::::ノアー''"⌒ー':::::::::::::::::::{、:::斗:::::Ⅵ`<二}:.:.`!::::::::::::
. /::::::///:::::::::::::::∧::::::::{`、:::::::/`、:::::::::::L_`.」:.:.:.{::::::::::::
.,'::::::///:::::::::::::::/、 ‘,::::::'.‘.:::/:::l ‘、:::::::::::::::;乂_[_㍉、::::::  はあ!?

':::::::{//:::::::::::::i/  \Ⅵ∧‘.:::::::::::;,x''"、::}、:::::::::::::{{^!l\:::
:::::::://:/},::::::::l =zz_. Ⅴ:ハ ‘.:::x'"   ヽ} ヽl:::::::::::}}::{{::::::::   お断りよ!
:::::/,i:{::' Ⅵ::::l      ̄   ̄___  l::::::::::::ヾヾ::::::

:::::Ll|」'  }:::::::l ==       ̄ ̄ ̄  .l:::::::::::::::ヾ、jミ

:/:::::::l   .l::::::::'.              U l:::::::::::イ、}}::::
'.:::::::::l   .|:::::::::'.     _..  -、       l::::::::::::l Ⅵ:::
‘.::::::::,  |::::::::l' .   {     ',     . l:::/:::::::l  `、::
 '.:::::::,  .|::::::::::{ `  ., ヽ.   }   イ .l/:::::::::l   ‘,
  、::::,  |∧:::::',    ≧===≦イ^L___}::::::::;'
   \'.  , -:、::'. ̄77  `'<「`!>'" l:l:{ 7:::::::;' ̄` 、
    \ /  \ {{  // /7「ヽヽ }:l:! /::::::/    ‘.
        i   、 {{  .{{__// {L__} } {:l:/ イ      ‘
        |    V .}:}  `ー' .lト--'  .} ̄、
        |    ん≧x   }}  {{ 斗≦二ハ



                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ   そ、そうか・・・それは、残念だ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \: \ : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{_ ノヾ  }ト≧\_\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ _    リ _ __、: :\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:《∨r:}    代:::rリ》 : 〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;.  ¨  ,     ¨¨ /: :/: |: ト、::::/
             /: : : :込.    _ _   .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : :.\
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


【エリア移動(逃走)で、一日目の昼が終了しました】

【他の陣営を描写】
【トリップ判定(1~6)直下】

#剣・槍・暗・狂・騎・弓
【ランサー】

【???】

                  ____
               , ィ '" ´,,,,,,,,,,,,¨゛r=ェ、‐、
      、    _, ィ'",ャ彡'゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛'、  ゛´"ヾ、_   エリア10はどうせ封鎖されるし
       ヾ、",゛ィ ォイ"7- , , /i、゛;- 、 \   z、)ミ゛=-'
        / ム゛ 7゛",彡,ノ ,、 ,i ___.,,,,ヽ, ヾr'"ヾzx、_ヽ

          / // / / /i ,ム,-'"  ヾ、 iヽ ゛i  ゛、ヽ`ゞミ、    どこを拠点にした方が良いのかしらね?
       / , i /  i   _レ'  ゛' ,   __゛z,l i゛  i゛゛'i"゛li ゛;ヾz
      / , / i _, -‐'"゛゛      'ィ'7参テ" |    i ;  i ', ゛'=z  
   ∠゛ィ''゛7 i ゛i i、、゛; ,ュェ='   `゛゛    レi  /  / / lヽ、_ ゛i、
       l i l   ゛l'゛ンf漠'"゛  r-      / ,イ  / / ,l    ゛il;
       ゛li 'i   i ゛i"‐'"    `      レ'i   ゛i; i /     'li;
       i  ,ヽ ゛;ヾ゛、           /i゛i、 l x、l /       |il
       //l ゛iー、'iz、ゝ    ´ `   〃゛l i〉、//,゛'f゛'      li;
       "  ゛i ,、 ヾ、`ゝ、      , イ/ i,  //ヾ         ;i:;
         ヽヾ、  ヽ    `l ー "/  i//"         ∥
           ゛ ヾ、  ィ、 , ,」____/    レi゛ヽ三ミ、、     〃
              ヽ,ノ レ ゛7シ       /   fil ゛i l ゛l ィ7i"
    r- 、___       ,ィ'>ャi'" i'      ../   ゛''' /゛i l゛'ー- 、
    ゛i ゛,'ー- ミニニz 、, i i '"  i      .::/    i>'/r=+,   /i、
     ヽヽ     , >'゛= i r7   ゛i     :/     r''ン ゛i__/  / _,キ==z、
      `ゝ) , ィ "   ゛i l lレ'   ゛トz、 :/     ゛k'xzェキュミ゛V /'/ ゛i、 il
      f"ィ゛  ゛i    {=キ r7   ゛i-zx/ f゛ミャ、,ィ::::::::::::::..  `:ヽ、   V/
     l゛ i'   f゛ ヽ  / l i::l  ,ィ-<ミ/ニ>、゛i l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛、  ヽ
     ゛'i=z、__/  ヽ、~f-| ゛",ィi   `'´   `/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;_,ィャ"
     /   ヽ   ヽi__i /l ゛、.       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}i
   ,ィ-ヾ     I   ゛t,ィ゛ ゛lzi  ゝ、  ,ィ'゛'゛i::::ミ、`ー弋覚ブ'" ´7::::l
   i゛       i    /   ゛i ゛l   ~   ゛::::::::ヽ  ゛ー‐'゛  ,ィ:::::::;゛i
    ゛ゝ、_  _ノ   /     ヽヽ      \:::::::`::'ー- ‐匕::::::::ノヽ゛、
        ̄            ヽヽ       ゞ、:::::::::::::::::::::::::/   ヾ、




                         _,,_
                     ...::'"::::::::::::`:丶、

                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                     ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 ,′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :ハ     
                j :: :. : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . :...:.:i:\__

                ハ !    i  {: ! :、:{:ヽ:ヽ::ヽ::. ヽ:、::}::`ヽ、  そうだな、エリア5というのがやはり最善だろう
              /:::八j_{ i !  {| ト、\ヽ N::j::::j::}ノ:::\-ヘ
             -‐フ:::ハ::::::`辷'__-__∟ゝヽ_,>'_ニ丁´::::::、:::::ヽ   最後まで残るエリア、そして地の利がある
            ⌒¨ ̄}i::::ヽ:::::下ヘ之メ`‐バィZフノ^ハ:::::::::::ヽ⌒

                  ハ::N:ト、::::>     ,    ム::j~ぐ⌒ヽ  だが当然そこを狙う陣営も居るだろう、一戦交えるのは避けられないな
                     Nヘ}Y{ヾ⌒     .,}    ,.ヘ父、
                   Nハ  ト 、 -==' /  弋,ハ
                     Yス ∧ `::..、_ .イ{       ヽト、
                     VV:::ぃ   ::::::::::!|:ヽ     ヽヘ     あ、マスター殿、これをどうぞ
                 _,.-‐7::::::ヽヽ    ,,}|::::iゝ、__   ヌ>、
              ,. '" ̄ `7::::::::::::ヽヽー 'フj:::::ヽ  `¨¨ ヽjx!
             /        /:::::n:::::::::', ヽ/ /:/}:::::',      ヽ
             /   ..::  /::::::::| !::::::::::゛、/ ,':::j/:::::::ヽ  :::.....  ゛、
            ,   .::::  /::::::::|}:::::::::::::∨:::::!::/}:::::::ヽ ,.- ::::::::.. ',
             {  .:::: `ヽ l:::::::::::::U::::::::::::::::::::::::::{ノ::::::::::::ij、ヽ、  ヽ
             }      ::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ ::..   ト、
            ノ    .:: i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ヽ__:::.. ノ::::ヽ
           ト、   .::: j!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   \ ̄::::::::::::::ヽ
            |:::::: ̄ ̄: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!    \::::::::::::::::::ヽ
             !:::::::::::::::::l  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       \::::::::::::::::ヽ
           l:::::::::::::::::,′ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i         \:::::::::::::::`ヽ
            j:::::::::::::::;!   ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           Y:::::::::::::::::::::丶    ´"'' ,,::::::...
            !:::::::::::::;′   ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{           ヽ、::::::::::::::::::::\      \::::..
           丨::::::::::::!    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                丶、:::::::::::::::::\       \::::..
           /:::::::::::::{    /:::::_;:: -----──--_,.:::_〉             `丶、::::::::::::::丶、     ヽ:::.
         /::::::::::::::::i    てニ=ー一ニ三≦三ニ=〈                 丶、::::::::::::`ヽ     〉::
        ,′::::::::::::::!    厶-一ニ-‐ ̄-r┐…'¨ ̄ ̄|                    `丶、::::::::::>.、__j__
        !:::::::::::::::::;'      ) ニ ̄二 ̄=|n| ニニー-ヘ._                    \__;::::::::::::::::::::::::::}
         |:::::::::::::::/     r'ニ=ー二二二|UL二二._ニY                       └i:ー-、::::::::::::::ノー┐
         !:::::::::::::;'     ァ'7´ ̄:::::::::::::::::::::Eヨ::::::::::::::::::::`Tマ                       ヽ___〉ー-‐'_ノ^ー'
         }::::::::::::l     _/_/ :::::::::::::::::::::::::::::Eヨ:::::::::::::::::::::::::! ヽ                       `ァ'´ ̄ヽヽ ヽ



             ノ∟, -─-- .、   /|
           ,/         `\| |_

          / _,, --──-- ,,_   ∠
         / ./_, - " ̄ ̄"" ─-7⌒-、ヽ
        i./´  /|   |\ \ |___ノ ヽ

        // / | | .i    .|. \-.ト.  \ヽ .|      / ̄ ̄\
         / .| .|  |.|__\. |  \!\   ヽ| |    /      |  あら、いつもありがとう
      /  |  | ./|'    \,! -rテ‐r .|   \|    |      /
     ノ´| ,ハ  | |   __    ! rり .!    ハ\_|   __/
       i/ | , | | `ー-'  ,  `"´ /  |  /"´   | ̄ ̄
  _     /| /  | ""  ___   ""|   | /    /         ・・・いつも何処から礼装を出しているの?
 (  \  / .ハ'  !\  ヽ--'  //  /ノ    /
  \   \ |/ ,|  |-─|T ー "「ノ|´  |/     /
   \   \{´ |\ | i. | ' ヽ  /  \ | ̄}_ /
     \ / ,i,__|  `ヽ| ヽ   / / | ヽ' |=| ヽ、      / ̄ ̄\
      /\,{.  | |   ヾ ヽ___/ ノ /  | |  }   ヽ  /      |
      |   i=|       ∨ '      |=i´    / /        |
      .|   {_| |   /ヽ,|/\    | ./ ,}   _/        /
      !  .i  |_,, -"`(⌒⌒) ヽ- 、_,/ ̄/ / /        /
      ヽ  ヽ´    |.  \/    ´/ヽノ/  /        /
  / ̄ ̄\_!       .|   |\, '´ `/`ー´   /       /
  \     |       |  (') |<O/     ./      /




           /ィ::/:/ .:::::l|:::::!..::::l:::ハ:! ヽ:::::::::! .:::!:.:::::.! ::::::::.::::::::::::::l
         〃 !:::/.::::::/!|_:::::::l!:l l|   ',:|l::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        / /::::::::::::j_、 、ヽ:ハ! {   !| !|l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!

         /イ::::::::: ハ {\ヽV  /  l| l| l:::::::::」:::::::::::::::::::::::::::::::',   それは企業秘密という奴だな

          / !:i:::: ト{   ` ‐ヘ   i{ー‐<二レへ !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          i:ハ::::{ !           、_ ̄亡フヽ,  !:::::::!::::::::::::::::::::::::「´  いいから黙ってお受け取りになればいいのだ
          |! 入ト、     /          ̄  !:::::ハ::::::::::;r'⌒ヽ!
           /{ ,ハ     〈             ムく ソヽ- '
          ノ オ フへ  \_ `        , ':::: ヽ>-、}\
           /ソ /   ヽ   ´ ' ー一   ,. イへト 、{  \二}ヽ
       ,.イ- '´      ハ    _,... - '": : :カ   ) ヽ  \`ート、
       /ンー─- 、___//| `¬"´: : : : : : :.://L           \ヽハ
     /      ヽ/:::::! |   : : : : : : : ://:::::::::7ー ' ´ ̄´ ヽ \ソl
    /       /:::::::::::! |     : : : : ://:::::::/          \ヽ!、

                  ____
               , ィ '" ´,,,,,,,,,,,,¨゙r=ェ、‐、
      、    _, ィ'",ャ彡'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'、  ゙´"ヾ、_
       ヾ、",゙ィ ォイ"7- , , /i、゙;- 、 \   z、)ミ゙=-'
        / ム゙ 7゙",彡,ノ ,、 ,i ___.,,,,ヽ, ヾr'"ヾzx、_ヽ

          / // / / /i ,ム,-'"  ヾ、 iヽ ゙i  ゙、ヽ`ゞミ、    ふーん、まあ良いけどね
       / , i /  i   _レ'  ゙' ,   __゙z,l i゙  i゙゙'i"゙li ゙;ヾz
      / , / i _, -‐'"゙゙      'ィ'7参テ" |    i ;  i ', ゙'=z  作らなくとも所持礼装が溜まって行くし
   ∠゙ィ''゙7 i ゙i i、、゙; ,ュェ='   `゙゙    レi  /  / / lヽ、_ ゙i、
       l i l   ゙l'゙ンf漠'"゙  r-      / ,イ  / / ,l    ゙il;
       ゙li 'i   i ゙i"‐'"    `      レ'i   ゙i; i /     'li;
       i  ,ヽ ゙;ヾ゙、           /i゙i、 l x、l /       |il  貴方は羽音さえ無ければ当たりのサーヴァントだわ
       //l ゙iー、'iz、ゝ    ´ `   〃゙l i〉、//,゙'f゙'      li;
       "  ゙i ,、 ヾ、`ゝ、      , イ/ i,  //ヾ         ;i:;
         ヽヾ、  ヽ    `l ー "/  i//"         ∥
           ゙ ヾ、  ィ、 , ,」____/    レi゙ヽ三ミ、、     〃
              ヽ,ノ レ ゙7シ       /   fil ゙i l ゙l ィ7i"
    r- 、___       ,ィ'>ャi'" i'      ../   ゙''' /゙i l゙'ー- 、
    ゙i ゙,'ー- ミニニz 、, i i '"  i      .::/    i>'/r=+,   /i、
     ヽヽ     , >'゙= i r7   ゙i     :/     r''ン ゙i__/  / _,キ==z、
      `ゝ) , ィ "   ゙i l lレ'   ゙トz、 :/     ゙k'xzェキュミ゙V /'/ ゙i、 il
      f"ィ゙  ゙i    {=キ r7   ゙i-zx/ f゙ミャ、,ィ::::::::::::::..  `:ヽ、   V/
     l゙ i'   f゙ ヽ  / l i::l  ,ィ-<ミ/ニ>、゙i l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、  ヽ
     ゙'i=z、__/  ヽ、~f-| ゙",ィi   `'´   `/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;_,ィャ"
     /   ヽ   ヽi__i /l ゙、.       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}i
   ,ィ-ヾ     I   ゙t,ィ゙ ゙lzi  ゝ、  ,ィ'゙'゙i::::ミ、`ー弋覚ブ'" ´7::::l
   i゙       i    /   ゙i ゙l   ~   ゙::::::::ヽ  ゙ー‐'゙  ,ィ:::::::;゙i
    ゙ゝ、_  _ノ   /     ヽヽ      \:::::::`::'ー- ‐匕::::::::ノヾ、
        ̄            ヽヽ       ゞ、:::::::::::::::::::::::::/   ヾ、




           /ィ::/:/ .:::::l|:::::!..::::l:::ハ:! ヽ:::::::::! .:::!:.:::::.! ::::::::.::::::::::::::l
         〃 !:::/.::::::/!|_:::::::l!:l l|   ',:|l::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        / /::::::::::::j_、 、ヽ:ハ! {   !| !|l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!

         /イ::::::::: ハ {\ヽV  /  l| l| l:::::::::」:::::::::::::::::::::::::::::::',   そういうマスターも私にとっては当たりだな

          / !:i:::: ト{   ` ‐ヘ   i{ー‐<二レへ !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          i:ハ::::{ !           、_ ̄亡フヽ,  !:::::::!::::::::::::::::::::::::「´  
          |! 入ト、     /          ̄  !:::::ハ::::::::::;r'⌒ヽ!   ちゃんと私の主張を聞いて動いてくれる
           /{ ,ハ     〈             ムく ソヽ- '
          ノ オ フへ  \_ `        , ':::: ヽ>-、}\
           /ソ /   ヽ   ´ ' ー一   ,. イへト 、{  \二}ヽ
       ,.イ- '´      ハ    _,... - '": : :カ   ) ヽ  \`ート、   それでこそ信頼関係が結べるというものだ
       /ンー─- 、___//| `¬"´: : : : : : :.://L           \ヽハ
     /      ヽ/:::::! |   : : : : : : : ://:::::::::7ー ' ´ ̄´ ヽ \ソl
    /       /:::::::::::! |     : : : : ://:::::::/          \ヽ!、



             ノ∟, -─-- .、   /|
           ,/         `\| |_

          / _,, --──-- ,,_   ∠
         / ./_, - " ̄ ̄"" ─-7⌒-、ヽ
        i./´  /|   |\ \ |___ノ ヽ

        // / | | .i    .|. \-.ト.  \ヽ .|      / ̄ ̄\
         / .| .|  |.|__\. |  \!\   ヽ| |    /      |  褒めても、何も出ないわよ
      /  |  | ./|'    \,! -rテ‐r .|   \|    |      /
     ノ´| ,ハ  | |   __    ! rり .!    ハ\_|   __/
       i/ | , | | `ー-'  ,  `"´ /  |  /"´   | ̄ ̄    ―――取り敢えず、エリア5に拠点を築く事を目指しましょうか
  _     /| /  | ""  ___   ""|   | /    /         
 (  \  / .ハ'  !\  ヽ--'  //  /ノ    /
  \   \ |/ ,|  |-─|T ー "「ノ|´  |/     /
   \   \{´ |\ | i. | ' ヽ  /  \ | ̄}_ /
     \ / ,i,__|  `ヽ| ヽ   / / | ヽ' |=| ヽ、      / ̄ ̄\
      /\,{.  | |   ヾ ヽ___/ ノ /  | |  }   ヽ  /      |
      |   i=|       ∨ '      |=i´    / /        |
      .|   {_| |   /ヽ,|/\    | ./ ,}   _/        /
      !  .i  |_,, -"`(⌒⌒) ヽ- 、_,/ ̄/ / /        /
      ヽ  ヽ´    |.  \/    ´/ヽノ/  /        /
  / ̄ ̄\_!       .|   |\, '´ `/`ー´   /       /
  \     |       |  (') |<O/     ./      /



                     _, --
                  ,rイ::/::::::ヽ::`:..、_
                 /:::::{:::i:::::::::、ハ::ヽ:弋
                  ∧:::::l:::k奔ミく└┤:::::〉
               イ:::厶:::!N「`¨^ 守!::イ   了解だ
              ∠ ィプ-`ヾ  _' ' ハ:N
              ∠フ レ'カ \  ` ’ィiyリ
              ∠Z__ノ^ヽ  `rf´ト{
              ∠/    }::::::\ ト、L!
         ∠フ/  ノ´ !:::::::::ヽ》:メミ

         ∠ブ / ‐ /ヾi、亅:::::::::::ヽ}::ヽヽ
        ∠ブ  /   ∧ヽ '{ }::::::::::::::::::::::V
      ∠ブ   ム--、/ ヽ  `y:::::::::::::::::::::::::ト
   ∠ブ   /:::::::::/    、 /:::::::::::::::::::::::::::迅
   ムフ゛   /:::::::::/    ∨:::::::_:::::::::::::::::h込
  ノソ     /::::::::     厶<==三≧= 、!| ㌧、
 〃     !:::::::::亅   〝丁 ̄ _ -=ニ二]:! ㌧、
 「!      |::::::::i     厶=孑¬ー-ミーニぃ   ㌧、
 |:!       !:::::::     〃 _」::::::::::::::::::::::`::-ヘ:、  ㌧、
 l:!       f气:::!   ∠==‐J:::::::::::::::::::::::::::::::::い   ㌧、
ヽ!|       /ペヾ{   //    亅::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::!、  ㌧、 〃
\L,    Yヘ\) //    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::!、   ㌦y〈


【ランサー陣営の描写を終了します】

【忘れていたけど、狂三はキャスターの能力見えているので貼ります】

┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【クラス】:キャスター            【コスト】:10        【属性】:中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋力】:E(10)  【耐久】:E(10)   【敏捷】:C(30)   【魔力】:A(50)   【幸運】:A(50)  【宝具】:B
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(錬金術師)   HP(60/60)  魔力(250/250)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【人居ないかね?】

                       _

                 ...... , - Y '   ゝ- - 、 ,.::、
               ,:::::::::yY 彡=->< ̄ \ >、::::ヽ、
               /::::::7 / -=_ r:::::y  ト、\LV::::::ヽ
             /:::::::/ //ィ:::::::::::::::::::::::::::::::i ゞ' _)ヽ:::::::::::.

            r===z } // 7::::::::::/i::::::::l:::i::::::::::::ヽ) Y====x:::.、
            スV:::/>/r::::::l::i-:i-i::::::::i i厶i-:::::::Yjミ--、//::::;,:、
           ..:::///イ:::::::::i l::::l-il:::::::i iィ_i::lヾ:::::i-ヘ\\::::::::iヽ   さて、どう行動しようかしらね

           /::::7ヘ/  l::::::从ト込ソヾ:::i 弋゙_ノイハ:i  liト /:::::::::::. :;,
             /::::// l;;l  i::::::::トヾ¨´  、     l:::::::ト、il lヘ>:i:::::::::i ::.
         //l::ヽ:| i;;!  l:::::::iヘ    、  ,  /イ:::::l  li  l:::::i i:::i::::i il
           // l::::::::i Li   i::::::i  `ト  _  .イ /:::::l  li   l::::i i:::i:::::V::i
        i:l  li l:i i     iハ::i  {;ト-i_z=-7 //l::i    i::::l l::::li::::::i:::i
        l:i  li l::i i      ヾ_,<ニ{ニ}ニニ彡 / i::i    .;:::::i l::::l i:::::l:::l
        l:i  l i::l i  ./ ̄/ ‐ -ゞニ=ニソ¨´il l/ ヽ  i::::/ i::::l i:::::l:::i
        l:i    \  ./   /         li /   i l:::/ i::::i i:::::i::/i
        ヾ:.     ,  y/         li /   l // /:::7 .:::/:/::l
         ヾ      r;;;;〈_ ,  ヽ , ' _,,,,,;;;;;;,,, i    // /:::::  l:/:/::::l
               l ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;, i i;;;;/;;;;;;Yハ   / /::://  //:::::::l
               { i;;i ゞヘ;;;;;;;;;;/;;;;;jイ;;i7;A  /  /:::/  /:/:::::ii::l
              l  ゞ、 _> 木</ // ノYl   l//  // l:::::i i:l
                 l i/ /∧ \≧ ´ / .i   i   ./ /:::::l li

              i    l ト / Xヽ\ >  /     l  /  /:::::.' il
                 l i  l X ト\      l    ,    /:::::/  il
           /-= ミ   i i  i X i ヽ > ヽ _ r ィ//ト/7 /::::/  /
         ////r;;;;;;j;;;;;y,,,, l X i _,,,,,;;;;;;;;;;;;; マ/=----/ __:/  /


【一日目】【夜】【魔力】【現在地:キャンプ】【現在の狂三の魔力 190】 先に二票
・礼装作成 魔力を消費して礼装をコンマ判定で一つ作成する。 魔力20消費
・情報収集 安価で場所を指定して情報収集をする。成功率は鯖の敏捷+幸運で判定予定。 今回はコスト10なので魔力10消費。
・工房作成 魔力を消費してその場所の魔力回復、HP回復をそれぞれ+10する。一か所に付き三回まで。 魔力20消費
・奇襲 安価で隣接する場所を指定して、他の陣営が居た場合奇襲が出来る。 魔力20消費
・移動 場所を移動できる。他の陣営が居た場合場合、戦闘、またはコミュニケーションが出来る。 魔力10消費
・休息 その場に留まって休む。魔力を消費しない。HP、魔力を+20、+その場の効果分回復する。
・採取 木の棒等を採取できる。採取した者は礼装作成等で使用可能。 魔力10消費

キャンプ地で陣地作成っていいんだ...
とりあえず礼装制作

>>791 良いよ、結構他陣営に利用されると思うけど】
【あと、ゴメン。前回の行動までで狂三の魔力170だ】

【情報収集】




                ┌──┐
                    │ 10 │
                    └┬─┘
                      |
     ┌ - - - - - - -..| ̄3. ̄|_______________
     i     ┌ - - -┴┬─┴ - ┐ ┌┴┐
   ┌┤     i     :┌┤   ┌┤ │ 2 │
..   |.4| ┌─┤     . |.8|  ┌.┤│ ├─┤
   ├┘ | .7 │   ..└┤   i  |.9|  i   .i
.     i   ├─┼ - - - -. i -.┘.└┤  i   .i
.    i   i   i     .┌┴┐     .i  i   .i
.    i   i   └.<<.---|__6__| ._____ i ____i   i
.    i   i             i .i  └.-┐  i
.    i   └ - - - - -.┬─┴┤    ├─┤
.    i    ┌──┬-|_5__|       .|__1__|
.    i__________|.キャンプ|____________________________i
             ̄ ̄ ̄

キャンプ…全陣営の休憩場。この場では戦闘を行ってはならないが、戦闘を申し立てる事は出来、それに断ってはならない。HP回復+20。
1、2、4 平地 特に影響なし。
3、9 密林 隠れるのに適し、宝具回避を行える。その場合敏捷or幸運でコンマ判定を行う。
5 高台 キャンプに居る陣営の様子を窺える。休息時にキャンプに居る陣営のステータス情報を入手できる。
      また、アーチャーはエリア移動を行わずにキャンプに居る陣営に奇襲コマンドを行える。
6 高台2 7に居る陣営を窺える。休息時に7に居る陣営ステータス情報を入手できる。
      また、アーチャーはエリア移動を行わず7に居る陣営に奇襲コマンドを行える。
7、8 洞窟 空を飛ぶ系統の宝具を使用出来ない。HP回復+10
10…霊脈地。MP回復+30。
5→1…ダメージ判定
6→7…基本一方通行、及びダメージ判定

【情報収集先】安価↓

【エリア5へ情報収集】

         /:::::::::::::::::::::::::く く,ノ::::::::: /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::Ⅵ  `7::::::::::::::`、
       ./::::::::::::::::::::::::イ/`¨´:::::::::/::::::::::; './::::::::::::::::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::::}  [/_::::::::::::::::::::、
      /:::::::::::::;,'"/ /:::::::::::::::::/ ̄:::メ、/:::::::/:::::::::::::/ {::::::::::::::::::::::::::::::「 { _]::::::::::::::::::::、

       /:::::::::::r' / /イ:::::::::::::::/:::/イ /\::/:::::::::/::.' {:::::::::i::::::::::::::::::::L.  ヤ:::::::::::::::::::::::::、
      ':::::::::/∨/ / /::::::::::i:/ィ≦三ミx/::::/{:::::::::i{斗-――|!::::::::::::::::::::::{(⌒㍉:::::::::::::::::::::、  キャスター、エリア5の情報収集してきなさい
    ,'::::::/:/`{ /==//:::::::::l'`{ ら:.L::::'_ラ∨ {::i:::::i  l  Ⅵ::::!l:::::::::: {:::::::::l_)、 ヽ:::::::::::::::::::、
    .':::// /:/>_乂.,/l::::,::::::::{  ` ― '^   .{_|:::::l ィz==x、 l::::::::::{::::::::l7  { マ、‘、::::::::::::::::、
   ,';:':イ::' /:/ / ^l l/^l:::l :::::::l          ヽ{ r'  / ㍉!::::::::: {::::::リ, ,.ハ ‘.‘. ‘.::::::::::::::::、
   〃:::/:::{ .':/ / l l  l:::::::::::::l         '’    `ヽ` ,ノ}}.l:、::::::{、::/.' .i l ! 廴:} .}:::::::::::::::::、
  /::::イ::::::l {/ ./  l l  l::::::::i::::l     、_         `^ ” l∧:::::{:\l .l l } l二ノ:::::::::::::::::::、
  /::/ .l::::: l〈 /   l l  l::::::::l!:::l: 、    ` 、         , l:::∧::::Ⅵリ{ { { } } l:::::::::::::::::::::::::::,
. /:::/ .l::::::l 「7    .L! .l::::::::!l:::l二>、   「`! `´      ∠. l::::::::::、:::V、、乂ノ .ノ l::::::::::::::::::::::::::::,
/:::/  l::::::l ‘j      Ⅵ:::l !Ⅵ二ニ>、  ' l       / /7,':::::::::::::\、 /丁T } .l:::::::::::::::::::::::::::::,
:::/   .l:::::::{. .l     、 }ハ{/ ^2二ニ>ノ .廴..  -=≦ /7 ':::::::::::::::::/ \ l }/ l::::::::::::::::::::::::::::::,
:/    l:::::::'、;      `> /:/    ̄寸'  /二{二>⌒  {-!/イ::::::::::::/ / 」!    l:::::::::::::::::::::::::::::::,
'     ‘,:::::::;         ' /:/      /  / ̄ __      }-!  }:::::::::::/ /イ ,'   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::,
      '.:::;     _r-く/     _ノ_..   ̄ヽ )     ,り  }/!::::::/    .'   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        ∨   ノ^!二二l≧x _,/   ____{'     /7   }::::/    .'   /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::,
       ./    寸二二二二/{       _)、  __ /7  r  }:::/    .{   /::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::,
     /     .ィ升二二二ニ| `、    '´   Y二二}7心{  .}:/     l ./::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::,


                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}   了解だ!
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:У:.\: :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ,f≧.、   リイx≦、 \:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l ∨ソ      代:::rリ} : : 〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; ¨  、     `¨ /: :/: |: ト、::::/
            /: : : :込   f⌒ヽ   イ : 八:.|: |ノ¨||

          `ー彡:/ : {:从 : :> '.  ノ  ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、

【エリア5】

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ    あのマスターを攻略するには、まず役目をちゃんとこなし―――!?
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : : : \: l::ト、}
               //: /: :/\ ヾ  ヾ:| >、\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从 __ ヽ    'リ´__.Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:代rヲ`    弋rソ 》: : :〉: :.l:\_〉::〉  
               八ノ ; `´  ,     ̄ /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   _ _    イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

え!?

【キャスターに20ダメージ(端数切捨て)】

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : ; : \: l::ト、}
               //: /: : /{\ ヾ  ヾィ:\:\: :从:lヾ\   だ、誰だ、こんな所にトラップ仕掛けたのは・・・
            〈 〃リ从ノ/⌒ヽ    /⌒ヽ心:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:l.乂_.ノ   乂_.ノ〃: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ;.    ,       ./: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込.  r―┐  イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :> .!____j  .ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


【何者かによるスキル】
◆破壊工作:C
戦闘を行う前、準備段階で相手の戦力をそぎ落とす才能。トラップの名手。
罠をエリア内に仕掛け、そこに移動・奇襲・情報収集を行ったキャラクターに損害を与える。
ただし、このスキルが高ければ高いほど、英雄としての霊格は低下していく。
【効果:指定した隣接エリア内にトラップを仕掛ける事が出来る】
【効果:そのエリアに他陣営が移動・奇襲・情報収集を行った場合、相手の最大HPの30%のダメージを与える】


                 _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ    不味い、今ので居場所が―――誰も居ないのか
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : : : \: l::ト、}
               //: /: :/\ ヾ  ヾ:| >、\ :从:lヾ\   この地は確実に抑えておくべき場所だ、それを抑えていないとは・・・
            〈 〃リ从 __ ヽ    'リ´__.Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:代rヲ`    弋rソ 》: : :〉: :.l:\_〉::〉  やはりこのトラップのせいだろうか、設置する時を抑えられたら良いのだが
               八ノ ; `´  ,     ̄ /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   _ _    イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|    
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


【その場に残って情報収集を続けますか?】先に2票
1:続ける
2:戻る

【戻る】

                  _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \: \ : ; : \: l::ト、}    不首尾だが戻ろう、ダメージも癒さなくては
               //: /: : /{_ ノヾ  }ト≧\_\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ _    リ _ __、: :\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:《∨r:}    代:::rリ》 : 〉: :.l:\_〉::〉 ――――マスターに怒られるだろうな
               八ノ ;.  ¨  ,     ¨¨ /: :/: |: ト、::::/
             /: : : :込.    _ _   .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : :.\
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、

【キャンプに戻ります】

今回魔術師だし使い魔無いのかな

         /:::::/::::::::::::>,,,,,r-'::::::::::::::::::::::/ /:::::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i,,,,,,, ノ::::::::::::::::ヽ
      /:::::/:::::::::/,,,,,/::::::::::::::/:::/// /:::::/i::::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::::},,,,,,,ゝ:::::::::::::::

      /::::/:::::;//,,,/::::::::::::::/:::///\::::/ i::::::::/::/ i:::::::il:::::::::::::::::└;,,,,r':::::::::::::::::
     ./::::/::::::::∨,,,/:::::::::::::::l:iィfzzミ_ li i::i l::::::::i l:i i:::::::l l:::::::::::::::::::::},,,,,,,,、::::::::::::  あ、戻ってきた
    /:::://// /,/-i::i:::::::::::イli っ.いハト,l::l l::::::::l ll ̄l::::::l i\:::::::::::::i,,,,,ノ,,,\::::::::

   /:/:// ///,,i,,,,,i:/l::::::::::l li ゞ-==゚'   l:i::::::l _i,ィz_l::::l ',:::::::::::::::::l,,,,,∧l\ヽ:::::
   ...::/:::::/ i::l/,,//,,i::l-l::::::::::i l         ヾ:.l i イr.7i::l  ,::::::::::::::::i/;;;;;ヘ,,i::ヽ,,i:::   キャスター、どうだった?
  l::/:::::::l  /.../´i;;;ili i::::::::::::.       '     ヽ.:ヽ从 i 〉:::::::::::::: i,,,,,l i;;i:::::i;;}::
  /:/l::::::l /,,,/  i;;;l l l::::::i::::::,     _         ` ='゙ イ::::::::::::::i l;;;;;;l i;;;i;;;;/
 /:::i i:::::;l ヽ,'  l;;i i l:::::::i i:i ヘ    v_ `  、_      / .::::::::::::::i l;;;;;i l;;;i:::::::::
/::::::i l::::::i l:::i      i:i :::i i::i//\  lj ト- '       /- 'i::::::::::::::l\ >;;;,,;;イ l:::::i::
:::/i::l l:::::::i i:i      i:. ::.,/∧///\,l |    _  イ // l::::::::::::::i  v;;i l;;i l::::::lヽ
/ l:i i::::::::i i'     '、 //  ゞ//// .i-= ≦//ノ  // /::::::::::::::   i;ト   i::::::i
  li l::::::::V      〉//ヾ:.、   ./ .,'-==ゞ'    liii /::/i:::::::::i  /' l   i:::::::l
  li l::::::iv      / //  ヽ  / ./--、-,     lii // il:::::::::     i   i::::::::l
  il  \/     _r;;;;;;Y;;;,,、   -  _ l /     li / i i::::::/       i::::::::l
   l,  /    <>,,--;;;;;;;;;;;>./      _l      // / i:::::/    l   l::::::::i
     /     ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l....ヽ        ヽ,,,;;;;;;;;//;;,,/ l:::/    i   /::::::/



                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ
                ,〃.: :.、〃 |:{ \: \ : ; : \: l::ト、}    それがトラップに嵌ってダメージを負ってしまった、済まない
               //: /: : /{_ ノヾ  }ト≧\_\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从ノ _    リ _ __、: :\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:《∨r:}    代:::rリ》 : 〉: :.l:\_〉::〉 とりあえず、エリア5には誰も居なかった
               八ノ ;.  ¨  ,     ¨¨ /: :/: |: ト、::::/
             /: : : :込.    _ _   .イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : :.\
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、

【あ、ゴメン 使い魔は礼装作成 昴じゃないから普通に作れる】
【そしてこのキャスターは使い魔作れるのかしら・・・】



        /::::::://::::::/  ノ///≧=-厶-----ミ二二二心  L、::::::::::::::::\_
      /:::::; '.イ:::::::/} /二二二二>''" ̄ ̄⌒`く二二二>、 `L;:::::::::::::::::::\::≧=-
    /::::/:::::::::::::::斗===ミ、二二>「 r'⌒廴__r-}`へ二二}> 二`!::::::::::斗┐::::::::::::::` 、

   /アイ::::::::::::::/{{  >彡}「!イ  _ノ::::::::/::::::::::::::::::`ーく`くニハ===彡>''"_ -┘::::::、:::::::::::::::、
   >''"イ7::::::::/イ ミ彡>//} }ノ^V:::::::::::::/::::::::::::::i::::::::::::::::`く^寸≧=---<::::::::::::::::::::::、:::::::::::::`  そう、お疲れ様
 /イ"  /:::::::/ // ///:://::::::::{::::::/、/l:::::: i::::::::l、:::::::::::::::::`ハ`、`、   ‘、::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ノ'"    .':::::::/ 「{  ./ (/二}/!:::::::Ⅵ/:::/\::::i|:::::::;l斗:::::::::i:::::::`^l`ミン    ‘、::::::::::::::::::::、:::::::::::  しかしトラップとは厄介ね、貴方を偵察に向わせない方が良かったわ
      |::::::;' L__! { {  ̄Ⅳ:::::::::V≧x、L__l !:::::':l__‘.:::::: l::::::::::::l^ヽ.`ー-、_  :、:::::::::::::::::::::::::::::::
      l::::::{    ‘、 ‘、  {::::i::::i::::l、__ラ    ̄孑<爪:::::l:::::::::::::l   ̄ ̄`┘   、:::::::::::::::,、::::::::
      Ⅵ::{     \/  l::::l::::l::::l ,,      ゞ-'^ /Ⅵ::::::::::::::l         ‘,::::::::::::::::, \:::
      ヾ::{、         Ⅳl::::!:::l     '    '' '  }::::/::::::::l           ‘,:::::::、:::{  `
       \\        }ハ:::,:::l、   ヽ _   ノ_  ,::/lハ::::i::l  _r~^ヽ、  ‘.::::::Ⅵ{
            、::`  .,_,,   ̄` l-!:::,:::'. > ._..  <T   `//ー}::::N!-┴―- ミ}心l、 ‘::::::, }!
  r~へ___,.......\::_>    l-l‘.::、:'.ミ} }彡、く` ミ、  '´  .}:::Ⅳ      }二7  l::::::l !
 [  >''"      \>     l-l ヾ、::'.//l、 \ニイ       l:;'       ノ}ニ7   l::::::i
  > {            、  .l-l   `\^! '.   .l-l  / _/_  ..-=<イく(   .l::::::l
 乂 > .,__  -=   ̄\ .l-l     .l .l    l-l /了 /   ./二≧`l`、`>`>  .l:::::l
[二≧-<寸ニニ心、      _}j-{、    L」    l-lく .'      /二/>/Ll`''く>  l::::l
  ./ /L! 寸二二二>、     }:l:l:l:l心、   ,  _r~ く}{    _,/二/</  l l    l:::l    ./
 ⌒´    `<二二ニ>、    {二≧x:l:心、 {_r~>'" ̄`!   _「二ニく___, '   .L!   l:::l    /::
           `'く二ノ^ ̄}--Ⅵ二`''<≧ハ<イ イ「  , _r/   `('<く        l::l   /:::::
           `ァ  ノ   乂| >' /}、 ㍉__}レ'"{/ {  i | V \}       .l::l:  /:::::/
            ⌒V    r^!  ̄く  ノ{ニ>、/{{ / l /    l  ` 、 ,>     .l::l   /::/



【そりゃ公開されていないが、スキル欄ってマスターから見れたっけか?】

                    _
                   _(⌒{`j人〉ヾf¨ヾーr‐、
              /⌒ゝイ¨r:、: :、ー':\_ノヘ::マ、

              r</.: : :. :| : : : \: \:¨匕、乂
                  Y: /.: :. :./| : : : : : \: ∨: ゞ::Y;
                j:/: : : :/ .l:ハ:\: : : : \l : : }::Ⅸ   (・・・次こそはもっと頑張らなくては)
                ,〃.: :.、〃 |:{ \:.\: : : : \: l::ト、}
               //: /: :/\ ヾ  ヾ:| >、\ :从:lヾ\
            〈 〃リ从 __ ヽ    'リ´__.Y:\:l:ヾ. \\
               \{/|∧:代rヲ`    弋rソ 》: : :〉: :.l:\_〉::〉
               八ノ ; `´  ,     ̄ /: :/: |: ト、::::/
              / : : : 込   _ _    イ : 八:.|: |ノ¨||
          `ー彡:/ : {:从 : :>     ィ: | :(: : :ノ: l{:::::l|
           /:/|:.j八 : ヾ: : : fゝ=≦..ィト、〉: :/: :八::::l|
            {ノ .|/: : :}/\/ノ:::{{:::::::|:::::〉'/: :/: : ∨{
           /:>f―/´/:::f⌒}::::l/: : ;.<: : : : : |

          /: :/:::r'ー.〈 }_::::人.ノ:::/: : 〃 |   `ヽ: :.l
         / 从/::::::〉ー/ /ヾ  ト'\{: :{:(  .l     Ⅵ、
        { : : ゞ〈:::::::fー〈 ./    /,_rハ\\|  /   .l : \
          ヽ: :/}:::::::ゞニヾ  , x≦r"./ノ:ノ  | ./    | : : : \
            }イ .{.j:::::::|::::ヾ:〉/イゞfヾ./ l\___|//   .|: : : : : : \
          / .|. 〈::::::: l:::::;イY>::::::::::::/  \ /〃    |. : : : : : : : \
    ({__.イ=ァ. V .〉::::::|:::ゞ川::::::::::::/     〃 ,イ     l: : : : :\: : }: :\
      `ーイ   ∨:::::::j:::::/ l ト、::::::/    / \ |    | : : : : : 八ノ: : : : 、


【1日目夜の行動を終了】

確かアポクリファだと宝具は実際見ないとデータ化されないけどクラス別と保有スキルは見る事が出来ますよ

>>810
えっ、マジか
見れない物だと思ってたが…staynight以外も見たりやらなきゃダメだな

とりあえずスキル引っ張ってくる
相手の鯖のスキルも見れたりする?

一体どれが正しいのだ・・・ググるか
とりあえずキャスターのクラススキル位は確実にわかるのか?

そういえばここ真名看破とかないの?

>>818
現在時点で無いよ、需要が有るなら機会は作るが

軽くググったが、とりあえず自鯖のクラススキルまでは見えるっぽいな
ただ凛がセイバーに宝石魔術使って、効かないのを驚いたとかあるから相手のは判らん

という事でクラススキルだけ載せる

  【クラス別スキル】
  ◆陣地作成:B
  種別:魔術 タイプ:任意
   魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
   内部の環境条件を自在に設定できる“実験場”の作成が可能。

  【エリアに実験場を作る事が可能】
  ◆実験場 種類:施設
  【この場での礼装作成時、礼装作成個数+1】

  ◆道具作成:A
  種別:魔術 タイプ:任意
   魔力を帯びた器具を作成できる。
   特に彼女(彼)の場合、生物学的検地に則った医学薬学および
   原子変換や構造変化による物質の変成を得意とする。

   【薬を作り出す事が可能。】
   【礼装を他の礼装に作り替える事が可能。】

この手のスレだと相手の鯖でもクラススキルまでは所見で分かるイメージだな

礼装の作り変えって礼装を材料に違う礼装を作るって事?

>>820
んー…まあそれなら見せても良いかな

そう言う事、需要は多分無い

【ぐだらせてすまぬ、すまぬ・・・】

とりあえず会った鯖のクラススキル

【バーサーカー】
 【クラススキル】
  ◆狂化:(A)
  パラメーターを上昇させ、理性を奪われる。
  彼はこのスキルを任意で使用、停止できる。
  【使用した時、理性を失い宝具を使えなくなる代わりに全パラメータを2段階上昇させる。】

【アサシン】
【クラススキル】
 ◆気配遮断:C
 サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。
 完全に気配を断てば発見する事は難しい。
 【情報収集時、相手に気が付かれない。】
 【奇襲時、有利な補正が付く。】

【そしてぐだったけど、最後にこの行動の処理をして終了】

【二日目】【朝】【現在地:キャンプ】【現在の狂三の魔力 160】【キャスターのHP40】 先に二票
1:礼装作成 魔力を消費して礼装、使い魔を一つ作成する。 魔力20消費
2:情報収集 場所を指定して、サーヴァントか使い魔を使い情報収集をする。成功率は鯖の場合敏捷+幸運で判定予定。 今回はコスト10なので魔力10消費。
3:工房作成 魔力を消費してその場所の魔力回復、HP回復をそれぞれ+10する。一か所に付き三回まで。 魔力20消費
4:奇襲 安価で隣接する場所を指定して、他の陣営が居た場合奇襲が出来る。 魔力20消費
5:移動 場所を移動できる。他の陣営が居た場合場合、戦闘、またはコミュニケーションが出来る。 魔力10消費
6:休息 その場に留まって休む。魔力を消費しない。HP、魔力を+20、+その場の効果分回復する。
7:採取 木の棒等を採取できる。採取した者は礼装作成等で使用可能。 魔力10消費

【あ、因みに色々おかしいと思った所は説明文変えたよ】

1

【礼装作成】
         /:::::/::::::::::::>,,,,,r-'::::::::::::::::::::::/ /:::::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i,,,,,,, ノ::::::::::::::::ヽ
      /:::::/:::::::::/,,,,,/::::::::::::::/:::/// /:::::/i::::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::::},,,,,,,ゝ:::::::::::::::

      /::::/:::::;//,,,/::::::::::::::/:::///\::::/ i::::::::/::/ i:::::::il:::::::::::::::::└;,,,,r':::::::::::::::::
     ./::::/::::::::∨,,,/:::::::::::::::l:iィfzzミ_ li i::i l::::::::i l:i i:::::::l l:::::::::::::::::::::},,,,,,,,、::::::::::::
    /:::://// /,/-i::i:::::::::::イli っ.いハト,l::l l::::::::l ll ̄l::::::l i\:::::::::::::i,,,,,ノ,,,\::::::::  さーて、何を作ろうかしらね

   /:/:// ///,,i,,,,,i:/l::::::::::l li ゞ-==゚'   l:i::::::l _i,ィz_l::::l ',:::::::::::::::::l,,,,,∧l\ヽ:::::
   ...::/:::::/ i::l/,,//,,i::l-l::::::::::i l         ヾ:.l i イr.7i::l  ,::::::::::::::::i/;;;;;ヘ,,i::ヽ,,i:::
  l::/:::::::l  /.../´i;;;ili i::::::::::::.       '     ヽ.:ヽ从 i 〉:::::::::::::: i,,,,,l i;;i:::::i;;}::
  /:/l::::::l /,,,/  i;;;l l l::::::i::::::,     _         ` ='゙ イ::::::::::::::i l;;;;;;l i;;;i;;;;/
 /:::i i:::::;l ヽ,'  l;;i i l:::::::i i:i ヘ    v_ `  、_      / .::::::::::::::i l;;;;;i l;;;i:::::::::
/::::::i l::::::i l:::i      i:i :::i i::i//\  lj ト- '       /- 'i::::::::::::::l\ >;;;,,;;イ l:::::i::
:::/i::l l:::::::i i:i      i:. ::.,/∧///\,l |    _  イ // l::::::::::::::i  v;;i l;;i l::::::lヽ
/ l:i i::::::::i i'     '、 //  ゞ//// .i-= ≦//ノ  // /::::::::::::::   i;ト   i::::::i
  li l::::::::V      〉//ヾ:.、   ./ .,'-==ゞ'    liii /::/i:::::::::i  /' l   i:::::::l
  li l::::::iv      / //  ヽ  / ./--、-,     lii // il:::::::::     i   i::::::::l
  il  \/     _r;;;;;;Y;;;,,、   -  _ l /     li / i i::::::/       i::::::::l
   l,  /    <>,,--;;;;;;;;;;;>./      _l      // / i:::::/    l   l::::::::i
     /     ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l....ヽ        ヽ,,,;;;;;;;;//;;,,/ l:::/    i   /::::::/

【作成出来る物一覧】先に二票
1:回復の結晶
2:魔力の結晶
3:探索用使い魔
4:騎乗用使い魔


3

【探索用使い魔を作成しました】【魔力20消費(残り140)】

◆探索用使い魔
小動物の死骸などに魔力を通し、使い魔にしたもの。
探索時に利用できる。
【探索時に一回だけ使用する事が出来る。サーヴァントの代わりに情報収集をする事が出来る。】



そして終了
【次は二日目の昼の狂三の魔力140、キャスターのHP40】から

いやあ参った参った
一回睡眠取った後、もう一度システムとか見直すわ
初期に作った物だから粗が多すぎる



AA元発表はまた後かな?



真名云々のシステムはもしやるなら調整気をつけたほうがいい
真名解読得意なやつはほどほどの知名度の鯖は1回のコミュで見抜いてくるぞ

>>831
あ、ちょっと待ってね



>>832
余所のスレだけどステとクラスだけで当ててるの見た時は恐怖を感じた

>>832
>>835
・・・マジか、やめとこう


こんな所だね、主人公は除いてるよ
【セイバー】フェイスレス(からくりサーカス)
【剣鱒】松岡修三(実在人物)

【アサシン】森近霖之助(東方project/
【暗鱒】鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)&まどかタイタス

【ライダー】ヒュンケル(ダイの大冒険)
【騎鱒】ムスカ(天空の城ラピュタ)

【アーチャー】黒木智子(作品名:私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!)
【弓鱒】 クラフト・ロレンス

【バーサーカー】主人公(ペルソナ3)
【狂鱒】湊斗光(装甲悪鬼村正)

【ランサー】砕蜂(BLEACH)
【槍鱒】古明地さとり(東方project/

【需要のあるか判らないオマケなので、sage進行でこっそりと】

【オマケ・出られなかった者達の紹介】

                  _

                    /   ,.ィ
                  ,.イ  ...<_/__
               l l:.|./:.:.'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>.、
              ヽ}:/ィニ=――-ミ:l:.:.:∨.:.>..、
               //l{、.:. ̄.:`.:.:.、.:.:.:.:.:l.:.:.:';\.:.:.:.二ニ=
            ,'.:,','.:.|l.:',ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ_」.:.:.:.',.ヘ\:.\

               ;.:.:.i.:.li.:.:ハ._, -‐=ニ二.:`|l.:.:.:l.:ハ.∧ー`
                l.:.:.l.:.l入:.:∧ヽ, -__ヽ. l:|.:i.:.|lヘ:|V∧
              ';.:.:.';.:lヘ `ヽ:ヘ./以=''``.|:|:.|.:リ〈.ヘ ';.∧   やあ、皆さんおはこんばんにちは
              V.:..';lィミ}. `ヽ     ノ'|人ハ|イノ, -ハ
               }、.:.:N! |         |/  .rfヘl′     僕は矢上 有里だ、覚えておいてくれ
              リヘ.:.人  `    ,     .从:∧.   ,ィ
                }ヘ∧.  ,        .イ :';ヘ.〉 ./|
                      ヽ.         / |  :',__./  ,!, -―ァ 今回は僕を含めて採用されなかった者達を完璧に紹介しようと思う
                        丶    ...::   l__r┴'   /  _ /- 、
                         ` -‐ヘ   r<:,ィl 〈  ー'  ´ ――'` 、
                     / レ<―¨:} ,.-、|/_..,  ___二て` ー―ベ´
                   ; /.::::;::__-:リ′ У、_>、__ヽ:∨  〉‐tく`ヽ
                 __l 〈< / ヽ′ /.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.:\__l`iノヽヽ::|__
               ',  .: :〉,へ、/  イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.::.::.::弋ゝ-' ノ;、!-ミコ
                    ノz<:/ `ヽ`´,〈.::.:/.::.::.::.::.::.::.::;.::.::.::.::.::.::.::.::.:. ̄iヘ.:ヘヽ、
             _...イ.:;'.::.::,'   ,'_/_.:∨-n‐Л===:iヘ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽヽ| `´
            i.::.::.::.:i.::.::;′  ; Tニコ.::.::.|.|.::|_|.::.::.:.:Vヘ.::.::.::.::.:.:.::.::.::.::.:.:`く
            |.::.::.::;'::.::,′  ,' !.::.::.::.::.::..U.::.リ.::.::.::.::l:::`ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.冫
             〈.::.::.::j.::.::′  :; ._l_:_:_.::.::.::.::.::./.::.::.::.::.::}:::::::::.\.::.::.::.::.::.ィニリ
            〉.::.:ノ.::.;′   ' ゝ―'.::.::.::.::.::.i|.::.::.::.::.::.リ::::::::::::〈.::.::.::.::.::.::.::.〈!
            (.:.::/.::.:;′  ;  ,|.::.::.::.::.::.::.::.l|.::.::.::.::.:/.::::::::::::::λ.::.::.::.::.::.::.::l
            }.:l.::.::.;!N  :! l.|.::.::.::.::.::.::.::.|l::.::.::.::/.:::::::::::::::/ V..::.::.::.::.::..::

            |.:|.::.l:{Zj__ | ll:|.::.::.::.::.::.::.::.||l:.::.::/.:::::::::::::::/  .';.::.::.::.::.::.::.:;

            |:.|:.::rj ;ヘ.    ,' |―┐.::.::.::.:lll::.:/.:::::::::::::::/    V.::.::.::.::.::.::l
                ,'.:l.:.:j´ !    ,′! ̄:.:il.::.::.::.:l|l:./.::::::::::::/      :';.::.::.::.::.::.::|

                    ___

                 ,  .....:.:.:.:.:.、:.:.:.:....、
                」:|:.:.:.:.:.:.:.:\:.\:.:.:.:、\
                ∠:.:.|:.:\r‐z:.:.:ヽ:.:.\:.:.\
              /:.:.ト、:.:.:.:く^\}ハ:.:.:.:.}:.:.:.:ト、    まずは僕だ!
.             ′:.レヘ:.:.:.:..r=ミ }:.:.:/⌒i:.\

             |:.:.:.:|{ ,z }/ハ  " j// し'/「 ̄    ,.   ァ   僕はズバリ、完璧すぎて今回の戦争に向かなかった
             |八:.:〈   __,,、   /〈/`ハ v/  /
               \:.、 {: /⌒i   ,: Ⅳ /  '′ ー-  ミ
             __,,  }\へ、- '′/i.//八        /  こいつが居ればどうにかなるんじゃね?という状態になるからだそうだ
.            \   ////>-r rー{//√} n   \=≦
.            /    {//√/ ノ ___}__/{ /ニニ二{r=ミ
             ア   ., ハ._/ r 〔ニ7:i:\7ニニニニニ= 寸7  なお、僕を見てポケモンのNと言うキャラクターを思い浮かべたんだってさ
               ー=彡/ニニ Y Y人ニ=‐:i:i:ハ=- ニニニニニ=-
                   {ニニニ   ^Yヘニ=--.}ニニニニニニニニハ
.               }ニニ   }  「 ̄≧=ァ'ニニニニニニニニニ} あ、因みに僕は死なないよ
.               }〉ニニ  {   」ニニニ=‐-  ニニニニニニ7
.               }ニニ  }  |ニニニニニ/     ̄ ̄ ̄

                    /ニニ.  {  「ニニニニ7
           _ -=ニニ}ニ   }  |ニニニニ7
        __ -=ニニニニニ}ニ   }  |ニニニニ{
   T:i:i:iニ=- ニニニニニニアニ  {  「ニニニニニ

  /ニアニニハ ニニニ=-   }ニ  {   ニニニニニ__


                    { {:::::::ヽ、
                    ∧ ヽ:::::::ヾ≧x、
                  .イ::/}` 、 ‘.::::::::`! }ヽ、
                 ィ{::::{ {:::::::} ノ:::::::::} j::::::ヽ
                ん Ⅵ、';::::〃::::::::ノ.イ::::::::ハ
                Ⅵ:ヽヽ:ヾx:{':::::/´::::::::_::::::_!

                 {≧f^~`'<ミ{::ァ''^'´_! W:チ    次は彼だ!
                rミ:{ .._    ヾ'"  「r'斗:.7、
                Vハ {{`モ_ァr、 ーr:t_チ リ}/ }    彼はスキルが強いせいで今回は参加できなかった一人だ

                ハ、 ‘, `¨¨´ }   `Π´.ん, '
               /:.:r升ヘ.    ′ 厂 /:.く_
             /:.:.ィ{:.:Θ:.ヽ_ - -   . イ:.:.:.:} `ヽ、  彼が出る時はバランス取りの為に僕も出るから、その時の聖杯戦争は凄い事になりそうだね
            /:.:r彡 }`㍉、:.:.:.:.:.:.:二二:._:.:イ^L、ヘ、
           ノ:.:.:ノ}! ‘ヲ、:.:.:≧=-------=≦:.:/:.:.:}.//
         />'":.:.:.}!__,从:.`:.:.:.:.:.:.:.__r----":.:./`く/_
        ./"´:._,x≦ニ>`ト、≧==-----<__:.イ:./\≧=- .
        ,ノ:.:.:イ二二く::::::::::{ {`ー--、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._.. イ::::::/ニニニ心
      /:.:.:.:イ二二ニハ:::::::::{ ∨ / 7≧=---イ/} /::::::イ二二二二∧

      .':.:.:.:爪二二二∧::::::',、.∨ V:.:.:/:.:.:.:./:.:}.イ /:::::/二二二ニニニ∧
      }:.:.:.:|ニⅥ二二二、::::::', `'く!:.:.:.:.:.:.:/:.:./ 7::::::/二二二二二二,ハ
     ノ:.:.:.」二二二{ニニニ、::::::、 /:.:.:.: /:.:./!Ⅳ:::::/二二二{二二ニ/ニl

     ,':.:.;{二二二二j二二心:::::W:.:.:./:.:.:. / l 7::::/-‐ニ百|ニj二二ニニハ
     j/:.:>、二二二,!二二二>、:゛!:.:.:.:.:.:.:.: / l {:::/二=-ニTニ{ニニニニ∧
   _,ノ:.:.:./二二二ニハ二二二ニ`j:.:.:.:.:.:.: /: : :! l::{.|ニニ|ニニ|ニハ二二二二ハ、

  /:.:.:.:.:.:.ノ二二ニニア }V二二二7:.:/:.:./ :  ‘,Ⅵ.lニニ|ニニ|リ Ⅵニニニニ∧
  .':.:.:.:.:.:.r'二二二ニj  .{二二ニ(_jノ'":.:.:.:./ : :.  ‘,∨L二斗7  } 二ニニニ∧
  }:.:.:.:.:.:ハ二二二ア  ハ二}ニ>'":.:.:.:.:.:.:/ : :   .} ∨ニニ∧ 〈ニニニニニニ}
 .':.:.:.:.:O二二二ニ{   {二>'":.:.:.:.:.:.:.:.:, ' : : :  ,」 l二二二ハ. `ト二二二二心
 }:.:.:.:.ノ二二二二j  「>'":.:.:.:.:.:.:.:.:./   : :   l l二二二∧  `Lニ「ト--「lー「ト、
ノ:.:.:.:O二二二二ノ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ/⌒` : :    .l .l二二ニニ∧  / l」  l」. └' }




                                          _,、_,、_       tvクt=、/ /' /
                                             / \;;;;;ヽ≧=----vィ ソし'/〉、′′
                                       /    |;;;;;;|____、-= /^′/

                                    ノィイ、  / ̄    ∨⌒′       \(_ィ/ /  次は彼だ!
                             イレ/'´/从< ̄    : /        丿"ノ / /
                     t_-、         丿!′/   Ⅵィ`ヽ   ,'/___       /〃/ / 〃
                       ∧\     \)入/≦z_ー=、`'斗ァ、  !f'′/     / ,ノ /  ′′
                     |  \     /;トヽ、く、≦\ 7イ/;;;;;;;;> ,ノ (_       / / / ,/     彼はランサーのサーヴァントで、採用できなかったのは今回のメンバーでは宝具の真価を発揮できそうに無いからだそうだ
                     |  ハr' _,/;;;ゞヽミ`゛^ヾヘ㍉Ⅴ;;;/ ./  /     / / / 7
                   ノ  /,//;;;;;≧ミハftz、j_リノァラ{、;;|!,イ  /      / / / /
                  /  /,ノ´ |;;;;;;;;;;T ヽ゛≧匁 |f´/\|,′ /     ,ノ / '′/
                    |   〃/__  |;;;;;;;;;;;∨|I}Ⅷ===イ′ 人__/     / 〃 / ,/
                    |  ノ'/´  ヽ|;;;;ゝ、;;;|、`~ヾミ=彳  /        /~ ,ノ / /      強いサーヴァントが出てきた時に登場するかもね
                __ノ/〃    T´  `} ̄``゛ ̄ /    ,イ /し',イノ / /

                〕  /     i:,   /   儿イ!     } | } ,/,′ / /

                 /   /     i ∨゛ / /__/ ノ イ′   ,1 ,イ し{_,/ しw′/
                 {  Γ     {ー`´ /  _, 斗イ个i  | し |  /   _,/′
                } /   __ /Υ´   ´_,ィ,ィヘ{ヘl人 ノ  ,ノ  /   /
                  { / -‐=ミ__〉 ,イ  i   ノ /三ハ/,;;;〕〕  / ト'^′  /
                / ´ /,;;;;;ヽ};;!  !  〉__ゝ''/,;;;;;;;;;;{} ト' ノ     /´
               { 〃/,;;;;;;;;;;;;;;;;>\j__l_/,;;;;;;;;;/丿 ノ ノ_,ィく⌒′

                `¬_|;;;;;;;;;;/`\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ノ_j -、 、/ ̄ ̄ ̄`ー-=._
                 └、;;;;;;{_゛゛   `<;;;;;;;;;;;;/^=≦二二\\>           ̄二ヽ
                     ̄/ ¨ニ=- ..` ー≦ ̄ ̄ \) ̄`^´               \
                   r< ̄-‐===‐-`ー、__,\)′二ニ=-- . ____          \

                                   ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
                              ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
                           iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_

                           l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
                           iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
                         .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ    次は彼だ
                       、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゛ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
                         _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
                  ____ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"   彼はセイバーのクラスで、召喚されなかった理由は今回出たら彼が優勝するのがほぼ確定してしまうからだそうだ
                  ',` 、  ___ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
                  ', `./ヽ ___|;!'、  '、/;i ."'゜./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
                     .', ./ ./`、  ! \.ヽ `:::、               ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/  なおこのサーヴァントと全く同じ真名のサーヴァントを>>1は作った事が有るらしい
                   '/ /   ヽ. ` .゛i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
                    __ヽ,, ' 、-‐、 \  `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
-、,r―、     _ ,,   -‐ '' "`  `  `、 `  ヽ  \_.、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
  .i.(~ `ヾ、''i´ ',  ',  ',     !   !   ! .!  i   / \. `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:   
.__ .|._ヽ、,  `i  !  .!   !   ノ  " __ノ_'__.ノ. /   `>.-―‐ `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
i__iノ'i__'/‐-、.| __' ,, " -‐   '''   " ̄   .\. /   //' , ̄ ̄  ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
., '"  ー--、|                   ヽ.    //  ヽ    ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.
゛ _,,,, 、   ,'                    \ ./ ' 、   ',  __, ',,_:.:.:.:.:.:.:.:.:., ":.:.:/:.:.:.:.:.:/
,"   `ヽ、/                        ゛ ̄ ,` 、 .'、/:.:.:.i !:.:.:.,  '":.:.:.:, ':.:.:.:.:.:/
.- -、 /                       ,ノ:: ̄:::::/ l `/:.:.:.:.l !/:.:.:.:.:., '":.:.:.:.:.:.,'
- -ー‐ヽ                         , " ._,,   '" ヾ{二ニ ,,_| -ー '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ

                  ,....-へ-. .、
                 ,. :'´: : :/: : :.ヽ: : :`: .、
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : :\

.             , :" : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : :.゜.、
            /: : : :/: :.l:/.l:|: : :.l: ト、: : : ヽ: : : : ゜,   次は彼だ
              {:.: : :.:{:.,'_」l斗ト; : :|: }弋.‐-: :',: : : : ゜,
              |:.: : : :.:!r==ミヾ.゜,: :トノ.r==ミ }: : : : : : }   彼はランサーのサーヴァントで、やはり並外れて強力だったから参加できなかったらしい
              |: ; : : :.{乂ヒリ.  ヾ{ .ヒリ少.|:.: : : : :l:|
              |ノ| : : l:|           |: :| : :l:从   しかしバランスのいい能力、良い宝具、キャラクター性とスペックは高い
              |ハ: 从     !:.       |: :l : ル′
             ゜;小            .从:}:/     主人公鯖候補にもなり得る存在だったりするね
              ∨ト、.   ー_¬  , イ:.:/ ′
             r―‐--┴――-、_,.イ.__レ'___
           /  > . - ―一 ´ ̄    ∧
          __/      > . __       / .〉
      ___f´  > .        `ヽ.      ∧
     f´         `> .- ――…―.--/ ノ\
     { , .- ――――≠ .._ `≧――一 ´一′ _>―┐
. >ii´ニニニニニニニニOニ人    > ._______> '' ´  .} .}.\
../二||ニニニニニニニニニニ/.  \ー―一/ |ニニ\ー-ミ__/一′ニ\

.iニニ.||二ニニニニニニ二/    ヽ┬ ´   |ニニニ ー―一 ´ニニニニニニヽ 

                          >-V:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー-:.:.:.:.:.:...

       -                 /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:.\
     (    \                //:/:.:.:.:.:.:.:.:.:r―- 、:.:x:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.
        \   }.            /:/:. :.:.:.!i:.:.:.:.:.,  /\:i:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.::.   と言う訳で今日の紹介はここまでだ
.        i   !|            ':/: :.:!:.:.八:.:.:.:.:'., / x-.,j「Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.        |::>'^ {\.          l:i:.:.:.:.レ十ー- 、:.:.:.,  辿炒'^j:.:.:.:.:.:.:._:.:..   因みに僕が出る時は能力的に[ピーーー]るようにはするらしい
       /{.    ヽ            |ハ:.:.:.:,:.:i ,ィ豺 } ー-     /}:.:.:.:.:..ハ }:.\_,
      /::::::::::ー今'¨⌒ヽ       ト、j }: :.:. :.V炒' ′     厶-‐1ム/{⌒  済まないね、僕の作成主よ
..   /∨:::ー::'::::::::{   _j    ト、  }, \V/i:.:.(_,         /   _nイ ̄`
    /:. :|::::::::::_::::::-‐:「   Y-―-ミ     \}:.:rァ' 1 _   -‐     /:.:ハ
    }:.:.:.i ::::::::: ::::::::::::|   __j           V^  |  __      / |/      /{    -‐ァ
   ー-:.\:::::::::ー::‐:::「   L.,   -----} ̄\    レ7//\,   /  |      /  } /   {
    /≧}\:::: :::::::::|__ ィ^ /    r‐┤_    ///////ハ /   |   __ jL  レ    /
   /ニニ/:.:\:`::::::::::ア::::::iうく   /ニニニニニ==ニマ ^ー'"  }-―‐- _ >‐≪//////\    /ーァ-―
.  /ニニ/:.:.:.:.:.:.:.ー====彡'^^/  /,ニニニニニニニニニム     /    /    武^V///ハ
ニ7ニニニ二二二ニニニニニfニ二二ニニニニニニニニニニニニ }ー三≦   /      人 }  ̄ ̄/
,/ニニニニニ◯ニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニ=-`     _/  }ー==く
ニニニニ,〇ニニニニニ/{{ニニニニニニニニニニニニニニニニニ7ニニニニニニニニム   「   /ニニニ八    {__
ニニニ〇ニニニニニ/ニニ{{ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニム   i   /ニニニニニ\  ト、
ニニニニニニニ/ニニニニ\ニニニニニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニム |  \ニニニニニニ\_{ニ\

ニニニニニニ/ニニニニニニニニニニ三三三ニニ二ニニニニニニニニニニニニニニニニム |     \ニニニニニニニニニニム

【と言う訳で自己満足のオマケ・完】

1:礼装作成 魔翌力を消費して礼装、使い魔を一つ作成する。 魔翌力20消費
2:情報収集 場所を指定して、サーヴァントか使い魔を使い情報収集をする。 今回はコスト10なので魔翌力10消費。
3:工房作成 魔翌力を消費してその場所の魔翌力回復、HP回復をそれぞれ+10する。一か所に付き三回まで。 魔翌力20消費
4:奇襲 隣接する場所を指定して、他の陣営が居た場合奇襲が出来る。 魔翌力20消費
5:移動 場所を移動できる。他の陣営が居た場合場合、戦闘、またはコミュニケーションが出来る。 魔翌力10消費
6:休息 その場に留まって休む。魔翌力を消費しない。HP、魔翌力を+20、+その場の効果分回復する。
7:採取 木の棒等を採取できる。採取した者は礼装作成等で使用可能。 魔翌力10消費


休憩の回復量を魔翌力の割合で決めた方が良いのかなと迷う
このままだと少ない魔翌力のキャラが簡単に全快してしまうし

あ、なお鯖鱒の使用AAの表は>>836

そして寝ます

完璧落ちたか今回の主人公との絡みが見たかったが残念。


こういうの好きよ

ちょっと質問なんだけど、不採用キャラはこれで全部?
あとどうせ上限が少ないんだから全快早くてもいいと思う

【まだ起きてるのかと突っ込まれそうだが目に留まったので】

>>846
彼の能力値が今回の平均値をとうに超えて高すぎた
そして死なぬというのが一番のネックだった
無敵とかそういうのは結構採用しにくかったりする

>>847
自己満足だが、そう言って貰えると嬉しい

いや、まだまだ居るよ
前回に紹介した奴とか、後はこれはちょっと…って思ったのも居る
後は面白い発想なんだが>>1の手に負えそうにない、収集が付かなくなるという奴もいる

一応、魔力は休憩一回で最大値の50%回復とか考えてみたりしてる



そして今度こそ寝る、これからのレスは返すのは明日になると思う

>>848
死なない……?
殺せないじゃ……

やっぱり落ちたか、自分でも作ってて「あれ、強すぎたか?」って思ったもの

>>848
返事は明日で全然問題ないけれどもう一つだけ質問

自分のが「これはちょっと……」で今後も採用が難しい感じなら教えて欲しい
ポケモンAAのアーチャーです

ダメだ、出られなかった奴らのAAもわからん
後、明確化されてない2番の鱒の強さがわからん、前と今の鱒全員と1VS1で戦ったら負けないとかそういうレベル?

随分変な時間に起きた

>>849
あ、それが正しいね
そこは訂正する

しかし問題だったのは【マスターどころかこの人が使うサーヴァント】すら殺せない所
優勝確定じゃないかという

>>850
うむ、申し訳ない
今回の選んだテーマが【ステータス上強くは無いけど個性派】だから・・・

>>851
あの鯖が中々採用に踏み切れないのは宝具の効果を中々決められないから
まず全員HP共有なのか、別々に持つのかでかなりその宝具の強さが変わってくる
発想自体は寧ろ面白いし、初見が宝具さえ見なければ誰だかわからないんじゃないかな

>>853
前回のピラミッド強化後ライダーより少し格が落ちるなって位
AA元で自分が送った鯖かを知りたいんじゃなくて、まずAA元が何かそれ自体を知りたいのか
勘違いしてた

・・・>>851に送った後もう一度見直したら【別々って書いてあった件】
やらかした

再開しても良いし昼間から始めても良いし
ただ、再開するにしても飯を食いたい

あー…ちょっと出られなかった方々の強さを知れる様に考えてみようかな

色々用意してたら凄い重要な事に気が付いた、矢上さんチートじゃなくて心優しい方だった
効果を勘違いしてたね、これなら今回参加しても良かったかもしれん

【オマケ2】
【戦闘あるから判定とか参加して貰えると嬉しい、まあ人が居ない場合自分でやる事になるが】

                  _

                    /   ,.ィ
                  ,.イ  ...<_/__
               l l:.|./:.:.'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>.、
              ヽ}:/ィニ=――-ミ:l:.:.:∨.:.>..、
               //l{、.:. ̄.:`.:.:.、.:.:.:.:.:l.:.:.:';\.:.:.:.二ニ=
            ,'.:,','.:.|l.:',ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ_」.:.:.:.',.ヘ\:.\

               ;.:.:.i.:.li.:.:ハ._, -‐=ニ二.:`|l.:.:.:l.:ハ.∧ー`
                l.:.:.l.:.l入:.:∧ヽ, -__ヽ. l:|.:i.:.|lヘ:|V∧   いきなりだが、山岸君
              ';.:.:.';.:lヘ `ヽ:ヘ./以=''``.|:|:.|.:リ〈.ヘ ';.∧
              V.:..';lィミ}. `ヽ     ノ'|人ハ|イノ, -ハ  勝負をしないかい?
               }、.:.:N! |         |/  .rfヘl′
              リヘ.:.人  `    ,     .从:∧.   ,ィ
                }ヘ∧.  ,        .イ :';ヘ.〉 ./|    本当は僕は自分から相手と敵対出来ないんだけどね
                      ヽ.         / |  :',__./  ,!, -―ァ
                        丶    ...::   l__r┴'   /  _ /- 、
                         ` -‐ヘ   r<:,ィl 〈  ー'  ´ ――'` 、
                     / レ<―¨:} ,.-、|/_..,  ___二て` ー―ベ´
                   ; /.::::;::__-:リ′ У、_>、__ヽ:∨  〉‐tく`ヽ
                 __l 〈< / ヽ′ /.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.:\__l`iノヽヽ::|__
               ',  .: :〉,へ、/  イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.::.::.::弋ゝ-' ノ;、!-ミコ
                    ノz<:/ `ヽ`´,〈.::.:/.::.::.::.::.::.::.::;.::.::.::.::.::.::.::.::.:. ̄iヘ.:ヘヽ、
             _...イ.:;'.::.::,'   ,'_/_.:∨-n‐Л===:iヘ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽヽ| `´
            i.::.::.::.:i.::.::;′  ; Tニコ.::.::.|.|.::|_|.::.::.:.:Vヘ.::.::.::.::.:.:.::.::.::.::.:.:`く
            |.::.::.::;'::.::,′  ,' !.::.::.::.::.::..U.::.リ.::.::.::.::l:::`ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.冫
             〈.::.::.::j.::.::′  :; ._l_:_:_.::.::.::.::.::./.::.::.::.::.::}:::::::::.\.::.::.::.::.::.ィニリ
            〉.::.:ノ.::.;′   ' ゝ―'.::.::.::.::.::.i|.::.::.::.::.::.リ::::::::::::〈.::.::.::.::.::.::.::.〈!
            (.:.::/.::.:;′  ;  ,|.::.::.::.::.::.::.::.l|.::.::.::.::.:/.::::::::::::::λ.::.::.::.::.::.::.::l
            }.:l.::.::.;!N  :! l.|.::.::.::.::.::.::.::.|l::.::.::.::/.:::::::::::::::/ V..::.::.::.::.::..::

            |.:|.::.l:{Zj__ | ll:|.::.::.::.::.::.::.::.||l:.::.::/.:::::::::::::::/  .';.::.::.::.::.::.::.:;

            |:.|:.::rj ;ヘ.    ,' |―┐.::.::.::.:lll::.:/.:::::::::::::::/    V.::.::.::.::.::.::l
                ,'.:l.:.:j´ !    ,′! ̄:.:il.::.::.::.:l|l:./.::::::::::::/      :';.::.::.::.::.::.::|


                    \::::::\:.、、 __

                           } }::::::}:::| 「:::::>....
                         /::::::::/::::}/:/::::::::-=ミ
.                   / /:::::::::::/::::://:::-‐=::.

                   イ {:::::: //::::://::::::/:':':':':.   どうしたいきなり
                      /::} }::::/ /::::://:::/:':':':':':':':':
                  {::〈 /::://}/´ く/:':':':':':':':':':':'|    俺は動物たちと遊んでいるんだ、後にしてくれ
                    \}/  ノ〉   ∨:':':' -、:':':':':|
                   |    |l イ  ∨//^i|:':':':/
                    、`ーtチ_ノ   l」V^7}:':'/
                    /  _}/       ノ∨〉|-- 、
                        -ト、 {/    __厂-=ニ∧  ∧
                     /{-{二ニ===ニ二二二二/ / l/::::|
                   -=⊂| 〈二ニ====ニ二二/二/ /::::::::::|
                   /ニニ⊂|_人\二二二ニニニニニ/ |:<>:::/\
              /ニ/::::/ ̄ 〈\\ニ三三三ニニニニ|::::/::::::::::>‐-..、
              /ニニ/:::::::\ 0  \\二二二二| ̄ ̄::::/:::/:::/::::---、::〉
             /ニニニ/::::::::::}::::∨   ∧二二ニニニニ|::::::::::::/:::/:::/:::::::::::::::::::::{
         /ニニニ/:::\::::|::::l::∨ { `7二二}二/|::::::/}::::{:::/::::/::::::::::::::|

        /二二/::: \:Ⅵ:: |::::∨ \/ニニニ/ニ/'┤:::{::::::\:/:/::::::::::::::::::八
.       /二二/:::::::::::::::: |::/:::::::∨ /ニニニ/ニ/ /::::::|::::::::::/::::::/::::::::::/



                           _
                           ,:;:;_`::、
                          l:/  `ヾ;
                      |:{   .: :. ゙i,
.              γ::;ニ:; 、  ,  -┴'ー- ...,,λ
             l::/  `:;>'´::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ.
             ゙;{ .: : ,j':::::::::::::::::::::::::, - 7::::::::゙:,
.            ヾ ,;:゛:::::::::r‐- 、::::::L fえフ:::rv゙,

                 У::::::::::::::`rュ、」:::::::::::::;;:::::::i  i
             ,'::::::::::::::;;;:^ー''¨:へ;::::;;i _``′ !   まあ戦えばええねん山岸はん
             }i;::::::::{`⌒ヾ:シ′ γ、´r:} f {

.             jji;;::::::ヽ,      `''_ェ´-ィ λ   どうせ暇なんやろ?
              リi;;;:::::::::"'::, 、`ー ''¨ _,. ノ  彡
.             、≫:;;_::::::::::',  ` ̄ "゙  ,.:ミ:::',
                 ミ:. :. : "''>:>;リハj,.,,、ゝ<_;:-ri、",,
                ミ::. ..... :.:::::::::::::::::::::>- 、_7厂_`}l ';,
              ミ´:::`:'::::.,.::;::.,;:、、、;;::::::::::::: ̄l[_riリ、:':,
                ミ::::::::::::::::;::;;:;:_"'::;..,_,.ゝ‐- 、:::: ̄ヾェリ、:',
.       __  ミ::::::-:,,''´、,.,. ,.>'´      \:::::::::::`lL_:,
.        /   ̄ ̄ミ:::::::::::::_,.-=´,... ::'';      \;:::::〈く,)}',
        /       ミ;::::::, '´:::::::::::::::;.:.:':' .,.'´ ̄¨¨'' ━- ::__`《::ヽ.
     └r-  __.};:;:;::::::::::::::::::;.:.:':.:,.'’            ̄¨¨''
.      /       ソ:!;::::::::::::;:':':.:.,∠_
     /      ヾ;:;::,:;.:'::,.' ´     ̄¨¨'' ―-  _
.    /         ー ´                 ̄¨'' ―-
..   /       r- 」7_ O
...  /      /7¨7 r-.」     _ノ7

.... /      └' く_」 [」    r- ユ匚       , ‐、  __
. /                   ¨フ r‐┘    {   У  j


                    { {:::::::ヽ、
                    ∧ ヽ:::::::ヾ≧x、
                  .イ::/}` 、 ‘.::::::::`! }ヽ、
                 ィ{::::{ {:::::::} ノ:::::::::} j::::::ヽ
                ん Ⅵ、';::::〃::::::::ノ.イ::::::::ハ
                Ⅵ:ヽヽ:ヾx:{':::::/´::::::::_::::::_!

                 {≧f^~`'<ミ{::ァ''^'´_! W:チ
                rミ:{ .._    ヾ'"  「r'斗:.7、
                Vハ {{`モ_ァr、 ーr:t_チ リ}/ }   まあお前が言うなら仕方ないな

                ハ、 ‘, `¨¨´ }   `Π´.ん, '
               /:.:r升ヘ.    ′ 厂 /:.く_     体もなまって居る事だし相手をしてやろう
             /:.:.ィ{:.:Θ:.ヽ_ - -   . イ:.:.:.:} `ヽ、
            /:.:r彡 }`㍉、:.:.:.:.:.:.:二二:._:.:イ^L、ヘ、   ある意味出られなかった仲間だしな
           ノ:.:.:ノ}! ‘ヲ、:.:.:≧=-------=≦:.:/:.:.:}.//
         />'":.:.:.}!__,从:.`:.:.:.:.:.:.:.__r----":.:./`く/_
        ./"´:._,x≦ニ>`ト、≧==-----<__:.イ:./\≧=- .
        ,ノ:.:.:イ二二く::::::::::{ {`ー--、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._.. イ::::::/ニニニ心
      /:.:.:.:イ二二ニハ:::::::::{ ∨ / 7≧=---イ/} /::::::イ二二二二∧

      .':.:.:.:爪二二二∧::::::',、.∨ V:.:.:/:.:.:.:./:.:}.イ /:::::/二二二ニニニ∧
      }:.:.:.:|ニⅥ二二二、::::::', `'く!:.:.:.:.:.:.:/:.:./ 7::::::/二二二二二二,ハ
     ノ:.:.:.」二二二{ニニニ、::::::、 /:.:.:.: /:.:./!Ⅳ:::::/二二二{二二ニ/ニl

     ,':.:.;{二二二二j二二心:::::W:.:.:./:.:.:. / l 7::::/-‐ニ百|ニj二二ニニハ
     j/:.:>、二二二,!二二二>、:゙!:.:.:.:.:.:.:.: / l {:::/二=-ニTニ{ニニニニ∧
   _,ノ:.:.:./二二二ニハ二二二ニ`j:.:.:.:.:.:.: /: : :! l::{.|ニニ|ニニ|ニハ二二二二ハ、

  /:.:.:.:.:.:.ノ二二ニニア }V二二二7:.:/:.:./ :  ‘,Ⅵ.lニニ|ニニ|リ Ⅵニニニニ∧
  .':.:.:.:.:.:.r'二二二ニj  .{二二ニ(_jノ'":.:.:.:./ : :.  ‘,∨L二斗7  } 二ニニニ∧
  }:.:.:.:.:.:ハ二二二ア  ハ二}ニ>'":.:.:.:.:.:.:/ : :   .} ∨ニニ∧ 〈ニニニニニニ}
 .':.:.:.:.:O二二二ニ{   {二>'":.:.:.:.:.:.:.:.:, ' : : :  ,」 l二二二ハ. `ト二二二二心
 }:.:.:.:.ノ二二二二j  「>'":.:.:.:.:.:.:.:.:./   : :   l l二二二∧  `Lニ「ト--「lー「ト、
ノ:.:.:.:O二二二二ノ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ/⌒` : :    .l .l二二ニニ∧  / l」  l」. └' }




                /:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            /:/:../:.:.:.:/{:.:.:.:.:.{\:.:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.
              /:/:.:/:.:.:.:/ ;.:.:.:.:.:.:, \:.:.;.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:,ヽ!    そう言って貰えると助かるよ!
           i:.ハ:.:i:.:.:.:.;'-‐ヘ:.:.:.:.:.:|  ̄\{\:|:.:.:.:.:.:.:.:.:{ }
           |ハ:.:!:.:.:.:{   j:.:.:.:.:.:!  __ ヾ j|:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、      ところで、君の腕を見てごらん
           {  ;.:i:.:.:.:{ r==八:.:.′r=ミx  |:.:.:.:.:.:.:.:.{ ∧
      __     」{_;|:.:.:.:ハ   / jV      ^ |:.:.:.:.:.ハN{ /  :.    __   ご都合主義の塊が付いてるよ
     \    {   くj{ :,       _    j/^Y'/  /   :, / /
.        \       y^ヘ    Vニ二!   /}Jニ=ァ    Y  厶--―--
  -‐==・・・=- 、       \  }  ノ  /  Уニ{      }/
^\              >'ニニニx   /    /ニニ{     /     ー=≦
   \     __     /ニニニ>'" コ「      /ニニ7ハ           \
    \ /          {ニニ{    jレ'´   {ニニ{  }              \



                            /ハ

                            / ハ
                              {  V::`ヽ
                          /入 . `ヽ:::::}ヽ` 、
                         /::::/|:::` 、 }:::::} }:::::ヽ
                         ./::ト、| {:::::/ ./:::::/ /:::::::::ヽ
                         {:::::| ヽ\| {:::::/ /::::::::ハ:|
                       |`Y´ `'、ヽ |::::|/,::/ヽ.:.:.}   何で令呪が有るんだ!?

                       以 ,>、 ` Ⅴ/  「|, |.:.:.|
                       {  |! i:l´oヽ_, 、_, o´ヽ .レ‐、
                       ヽ | ` - ´ ,  `.,- ´ .|  |   
                        Φ、 u.   ,!   .{/  //
                      , -=} 入.  r‐== 、   /`ヽ、
                     / 。 /\ \ ` ─ ´ // /、` 、
                  ___}  /\ ` - `二 二´- ´ / }  `,
               / ̄;;;;;;;;;|, イ\ > 、_  _, < /}  /
              /;;;;;;;;;;;;._>、 .\ \     ̄    //\/_
           , ´;;;;;;;;;;;;/´乂>≦=-┐  ` ─ ‐ ─´/ ./.:.:.`> ̄;;` 、

         , <;;;;;;;;;;;;;;;;;./    以.二..⊃.  ̄/ 二   ̄  /.:.:.:.:.:/;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ
     , .≦´;;_;;;;- =._/    --┬ヘ/  / /  //  /.:.:.:.:/;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;}
  , -<;;;;;;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;/f/     ,ィ=:'/ .:.:|  / / / /   /.:.:.:/;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;/{
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{..乂__ -ァf:.;;/;;;;;;;;ヽ.:.:| / / /  /.  /.:.:.:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;/;;;`、
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;ヽV´   }/;;;;;;;;;;;;;;ⅣV / /  /  ./.:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;/;;;;;;;;;;;{
 ヽ;;;;;;;;;o;;o o;;;;;゚;;;;;;;;;;;/    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V  /  /  //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;{
   ` ─ -- ─ ´




        ト 、\ヽ 、ヾヾ.、 l! |〃! 〃//,  ,,   /,′
       j!゙ \、\、ヽ、、ミ、 、ヘ / |/,′/,/ィ〃/  ' {イ
       ト!   ヾヽミゞ\゙ヾド| ! | ∨'/〃イ彡イ〃, /レ′
      、}ヽ\、ヽド       | |! ト.Υ"    ,/彡〃{ィ,、    つまりそれは―――
    / ヾミ、\、ミミ }       |!ハ! lト.lト.     !/,′ノ/  \
 ..ィ^´  _/∧ゞミゞド !__\ l!|、{!|}}!l|ノ_. -‐‐_,"イ〃7____>―--

___..=-―//;;;;;トミミハヾt-キ=ニ,ミ、j!|_>ソⅦィrキテラ" }〃∧、
    //;;;;;;;;;,、゙、| ゙、``ニ`='≦` !" 7!||ニ三´  〃イ;;;;㍉

.    //;;;;;;;;;;;;;;;;;;ドトバー-、.     !  i !リ     /イ;;;;;;;;;;;;;゙.、
   //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! VYハハ,、ヾニ!     |:      / |;;;;;;;;;;;;;;;;}V
.  // ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!く__WYVヘハイ  ヽ _ノ:′    ,::′,!;;;;;;;;;;;;;;;;;}∨
 //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヘ `VVVV!_≧=-‐=‐- /.: /:!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}∨
.//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!、 :::.\VV!ハ!ヽニニニ´‐ /.::::/./.::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

エラッタ完璧、新マスター二人、鯖一人送りました。

こちらこそわかりにくい文章ですいませんでした。


                                   ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
                              ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
                           iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_

                           l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (   俺達の仮のマスターになったという事だ
                           iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
                         .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
                       、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
                         _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ    ―――始めるぞ
                  ____ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"
                  ',` 、  ___ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
                  ', `./ヽ ___|;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
                     .', ./ ./`、  ! \.ヽ `:::、               ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
                   '/ /   ヽ. ` .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
                    __ヽ,, ' 、-‐、 \  `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
-、,r―、     _ ,,   -‐ '' "`  `  `、 `  ヽ  \_.、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
  .i.(~ `ヾ、''i´ ',  ',  ',     !   !   ! .!  i   / \. `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
.__ .|._ヽ、,  `i  !  .!   !   ノ  " __ノ_'__.ノ. /   `>.-―‐ `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
i__iノ'i__'/‐-、.| __' ,, " -‐   '''   " ̄   .\. /   //' , ̄ ̄  ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
., '"  ー--、|                   ヽ.    //  ヽ    ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.
゛ _,,,, 、   ,'                    \ ./ ' 、   ',  __, ',,_:.:.:.:.:.:.:.:.:., ":.:.:/:.:.:.:.:.:/
,"   `ヽ、/                        ゛ ̄ ,` 、 .'、/:.:.:.i !:.:.:.,  '":.:.:.:, ':.:.:.:.:.:/
.- -、 /                       ,ノ:: ̄:::::/ l `/:.:.:.:.l !/:.:.:.:.:., '":.:.:.:.:.:.,'
- -ー‐ヽ                         , " ._,,   '" ヾ{二ニ ,,_| -ー '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ

【戦闘を開始します】


>>866
了解です!いやはや申し訳ない


┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:セイバー              【属性】:中立・善                  
┣━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┫
   【筋】:A(50)     【耐】:B(40)        【敏】:B(40)      【魔】:C(30)      【幸運】:B(40)     【宝具】:A+   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 HP90/90 魔力150/150
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫



                                   ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
                              ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
                           iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_

                           l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
                           iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
                         .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ   ふん・・・見た所の強さは俺より下だが
                       、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
                         _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
                  ____ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"   矢上、適切な指示を頼む
                  ',` 、  ___ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.
                  ', `./ヽ ___|;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
                     .', ./ ./`、  ! \.ヽ `:::、               ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
                   '/ /   ヽ. ` .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
                    __ヽ,, ' 、-‐、 \  `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
-、,r―、     _ ,,   -‐ '' "`  `  `、 `  ヽ  \_.、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
  .i.(~ `ヾ、''i´ ',  ',  ',     !   !   ! .!  i   / \. `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
.__ .|._ヽ、,  `i  !  .!   !   ノ  " __ノ_'__.ノ. /   `>.-―‐ `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
i__iノ'i__'/‐-、.| __' ,, " -‐   '''   " ̄   .\. /   //' , ̄ ̄  ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
., '"  ー--、|                   ヽ.    //  ヽ    ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.
゛ _,,,, 、   ,'                    \ ./ ' 、   ',  __, ',,_:.:.:.:.:.:.:.:.:., ":.:.:/:.:.:.:.:.:/
,"   `ヽ、/                        ゛ ̄ ,` 、 .'、/:.:.:.i !:.:.:.,  '":.:.:.:, ':.:.:.:.:.:/
.- -、 /                       ,ノ:: ̄:::::/ l `/:.:.:.:.l !/:.:.:.:.:., '":.:.:.:.:.:.,'
- -ー‐ヽ                         , " ._,,   '" ヾ{二ニ ,,_| -ー '":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ




 ◆勇猛:A-
 種別:特殊 タイプ:常時
  威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
  また、格闘ダメージを向上させる効果もある。
  ただこの勇猛さは彼にとっては欠点でもあり、時折冷静な判断が下せなくなってしまう。
  【筋力判定時与えるダメージ+10】
  【行動を行う度に、40%の確率でそれを無視して自ら情報収集に出掛けてしまう】

【宝具】

【見せられないよ!】

【効果】

 【相手と味方がお互い一騎ずつでの戦闘で自動発動。全てのステータスが1ランク上昇し、】
 【また自ら撤退する事が出来ない】

により

┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:セイバー              【属性】:中立・善                  
┣━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┫
   【筋】:A(60)     【耐】:A(50)        【敏】:A(50)      【魔】:B(40)      【幸運】:A(50)     【宝具】:A+   
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 HP90/90 魔力150/150
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                  _

                    /   ,.ィ
                  ,.イ  ...<_/__
               l l:.|./:.:.'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>.、
              ヽ}:/ィニ=――-ミ:l:.:.:∨.:.>..、
               //l{、.:. ̄.:`.:.:.、.:.:.:.:.:l.:.:.:';\.:.:.:.二ニ=
            ,'.:,','.:.|l.:',ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ_」.:.:.:.',.ヘ\:.\

               ;.:.:.i.:.li.:.:ハ._, -‐=ニ二.:`|l.:.:.:l.:ハ.∧ー`  ああ、任せてくれ
                l.:.:.l.:.l入:.:∧ヽ, -__ヽ. l:|.:i.:.|lヘ:|V∧
              ';.:.:.';.:lヘ `ヽ:ヘ./以=''``.|:|:.|.:リ〈.ヘ ';.∧   完璧が僕の・・・取り柄だからね
              V.:..';lィミ}. `ヽ     ノ'|人ハ|イノ, -ハ
               }、.:.:N! |         |/  .rfヘl′
              リヘ.:.人  `    ,     .从:∧.   ,ィ
                }ヘ∧.  ,        .イ :';ヘ.〉 ./|
                      ヽ.         / |  :',__./  ,!, -―ァ
                        丶    ...::   l__r┴'   /  _ /- 、
                         ` -‐ヘ   r<:,ィl 〈  ー'  ´ ――'` 、
                     / レ<―¨:} ,.-、|/_..,  ___二て` ー―ベ´
                   ; /.::::;::__-:リ′ У、_>、__ヽ:∨  〉‐tく`ヽ
                 __l 〈< / ヽ′ /.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.:\__l`iノヽヽ::|__
               ',  .: :〉,へ、/  イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.::.::.::弋ゝ-' ノ;、!-ミコ
                    ノz<:/ `ヽ`´,〈.::.:/.::.::.::.::.::.::.::;.::.::.::.::.::.::.::.::.:. ̄iヘ.:ヘヽ、
             _...イ.:;'.::.::,'   ,'_/_.:∨-n‐Л===:iヘ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽヽ| `´
            i.::.::.::.:i.::.::;′  ; Tニコ.::.::.|.|.::|_|.::.::.:.:Vヘ.::.::.::.::.:.:.::.::.::.::.:.:`く
            |.::.::.::;'::.::,′  ,' !.::.::.::.::.::..U.::.リ.::.::.::.::l:::`ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.冫
             〈.::.::.::j.::.::′  :; ._l_:_:_.::.::.::.::.::./.::.::.::.::.::}:::::::::.\.::.::.::.::.::.ィニリ
            〉.::.:ノ.::.;′   ' ゝ―'.::.::.::.::.::.i|.::.::.::.::.::.リ::::::::::::〈.::.::.::.::.::.::.::.〈!
            (.:.::/.::.:;′  ;  ,|.::.::.::.::.::.::.::.l|.::.::.::.::.:/.::::::::::::::λ.::.::.::.::.::.::.::l
            }.:l.::.::.;!N  :! l.|.::.::.::.::.::.::.::.|l::.::.::.::/.:::::::::::::::/ V..::.::.::.::.::..::

            |.:|.::.l:{Zj__ | ll:|.::.::.::.::.::.::.::.||l:.::.::/.:::::::::::::::/  .';.::.::.::.::.::.::.:;

            |:.|:.::rj ;ヘ.    ,' |―┐.::.::.::.:lll::.:/.:::::::::::::::/    V.::.::.::.::.::.::l
                ,'.:l.:.:j´ !    ,′! ̄:.:il.::.::.::.:l|l:./.::::::::::::/      :';.::.::.::.::.::.::|




                            /ハ

                            / ハ
                              {  V::`ヽ
                          /入 . `ヽ:::::}ヽ` 、
                         /::::/|:::` 、 }:::::} }:::::ヽ
                         ./::ト、| {:::::/ ./:::::/ /:::::::::ヽ
                         {:::::| ヽ\| {:::::/ /::::::::ハ:|   何だ?あの化け物・・・
                       |`Y´ `'、ヽ |::::|/,::/ヽ.:.:.}

                       以 ,>、 ` Ⅴ/  「|, |.:.:.|
                       {  |! i:l´oヽ_, 、_, o´ヽ .レ‐、
                       ヽ | ` - ´ ,  `.,- ´ .|  |
                        Φ、 u.   ,!   .{/  //
                      , -=} 入.  r‐== 、   /`ヽ、
                     / 。 /\ \ ` ─ ´ // /、` 、
                  ___}  /\ ` - `二 二´- ´ / }  `,
               / ̄;;;;;;;;;|, イ\ > 、_  _, < /}  /
              /;;;;;;;;;;;;._>、 .\ \     ̄    //\/_
           , ´;;;;;;;;;;;;/´乂>≦=-┐  ` ─ ‐ ─´/ ./.:.:.`> ̄;;` 、

         , <;;;;;;;;;;;;;;;;;./    以.二..⊃.  ̄/ 二   ̄  /.:.:.:.:.:/;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ
     , .≦´;;_;;;;- =._/    --┬ヘ/  / /  //  /.:.:.:.:/;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;}
  , -<;;;;;;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;/f/     ,ィ=:'/ .:.:|  / / / /   /.:.:.:/;;;;;;;;;;;;;;;;;};;;;;;;;;/{
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{..乂__ -ァf:.;;/;;;;;;;;ヽ.:.:| / / /  /.  /.:.:.:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;/;;;`、
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;ヽV´   }/;;;;;;;;;;;;;;ⅣV / /  /  ./.:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;/;;;;;;;;;;;{
 ヽ;;;;;;;;;o;;o o;;;;;゚;;;;;;;;;;;/    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;V  /  /  //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;{
   ` ─ -- ─ ´

┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラス】:ランサー             【属性】:中立・悪               
┣━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━╋━━━━━━━┫
  【筋】:B(40)    【耐】:B(40)     【敏】:B(40)     【魔】:C(30)     【幸運】:C(30)   【宝具】:C  
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

 HP90/90 魔力150

┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫


                      } i |从

                      丿 ノ 乂 乂、、
                 , ///    Y`ヾ \/{
                  i  }//' , /  .:     {  i:|  { :. }
               i|∨ _彡′, / :.   ヽ,从 丿乂 ,}
             `Y{ ,/ , __彡′.: ` ー=ミ、}} } }/イ
            乂乂,/// :/ /  へ⌒ヽj∨ /ノイ从
            `Yヘ、{ {{  {.:{;ハ.:|ハj :} }} } ィ彡 //
            \、`Yヘ\∨Иi.:|/∧ノノノノイ彡イノ

              \、ヾミ  ``|i/Ⅵ.!|"ヽ|''"´ 彡イ イ    あれより強い鯖も普通に居るらしいがな
                `Y`ヾj    i || ||  i|    くー≠彡
                У{、 __| || ||: /||___  斥≦、    とりあえず格上相手は得意分野だ
             く 人ヽ=ェッ`|K,||/ィ|ェッ=ノ }K⌒`

                 Yy、  ̄`Y   |:\      /彡ヽ
                冫从从圦,  |:.:..    ,小ヽ\      足引っ張らない様に頼むぜ、山岸
                /:::/  YYY{/  、|/     .イリハ::.:.:.ヽ
          /.:.:.:.ヽ-=x `ヾ{{ -――- /:.:|::::::::::::.:.:.:.:.\

          / .:.:.:.:::::::::::::: |、 Y、     /.:.:.:.:.|::::::::::::::::::.:.:.:.:.\、
.       /.:.:.:.:.::::::::::::::::: /| ヽ_jj  ー.:.:.:.:.:.:.:.ハヽ :::::::::::::::.:.:.:.:.:. \ー  --  ...
  _   -/.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::/丿   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ∨∨::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.`  、      `ヽ
´    ,,   ⌒ヽ::::::::::::::::::/     .:.:.:.:.:.:.:.:.:/      ∨::::::::/    ̄ ̄`ヽ      i
    /      \:::::::::厶       |  ,.:′     Ⅳ/}                 !  |
           `ヽ::j>`ー――へ} /::j-――<:::|:|  :i              ,  |
  .;               }:}         `Y.:/       `|:|  :|                 ′ |
  :|           |:|         i./__      |:| 丿        ;    /    i
  :|           |:|          j:´         |:|             /   /  ,   |
  :|           |:|        ::.           |:|       i  ,    '  /   !
\:|           |:|        ヾ:/´         |:|       | ;  / .:/   :!
  ヽ          |:|       ::i            |:|       l i   i ://    ヽ
   !             |:|       ::l            |:|       l l   ://      \
   '..            |:|       人:..          |:|       | ! :.://        .:/
   i            |:|  _ ......彡'´  `ヾミ::::::::::.:.:...... |:|     、\Ⅵ ;//          Y
   |             |:|:::::彡'´     .:j      ̄`ヾミ:::|:|       \,Y//           |


 ◆蛮勇:B
 無謀な勇気。
 同ランクの勇猛効果に加え、格闘ダメージを大幅に向上させるが、
 視野が狭まり冷静さ・大局的な判断力がダウンする。
 【筋力判定時与えるダメージ+20】
 【撤退判定時、逃走率-20】

【宝具】

【見せられないよ!】

【効果】

【相手が自分より高い能力を持つ程効果を発揮する。1つある度に攻撃力を+5する。】

つまり現状ランサーの攻撃力はは+25される。


【優勢判定】

筋力 セイバー+2
耐久 セイバー+1
敏捷 セイバー+1
魔力 セイバー+1
幸運 セイバー+2


【戦闘システム(仮)】

最低保障ダメージ(10ダメージ保障)を仮撤廃します
攻撃力と攻撃力で競い、低い方が低い分のダメージを受けます。
(例 ランサーの攻撃力30 セイバーの攻撃力50だった場合ランサーに20ダメージ)
攻撃力換算は(コンマ+優位分)÷2
(コンマ9で90+優位+1で10=100、そこから÷2で最終的に50の攻撃力になる)
(÷2をするのはダメージ量の調節の為です)

                              /:::\
                         /V:::Vム

                         / }:::::}:::}
                       ,.ィ  ,':::::/:∧
                     /{//  ;::::/::∧::\、     まあいいさ
                    ,イ/ ,ィ;'  /::/:::∥l:}::i:::!::ヽ
                      ,';':'i! {:::! ,'::;:'::/:;' ,':::/::;'::::i::}.    俺の力を見るが良い!