クルミ「オーキド博士のポケモン講座!」 (24)

クルミ「はーい!今回はリスナーの方からリクエストがありました!」

オーキド「ふむ。なんじゃ?」

クルミ「え~と、オーキド博士が初めてポケモンバトルをした時を教えてください。だそうです。」

オーキド「う~む。それは、確か、わしが七歳の時じゃな……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401305836

以後オーキドの一人称視点で進みます

わしは、両親の仕事の関係で、別な地方にきていた。

まだ、十歳になっていなかった、わしは、ポケモンを持っていなかった。
しかし、好奇心が強くじっとしておられず、町の外に出てしまったのじゃ

オーキド「すっげー!!カントーじゃ見かけない植物だ!!」

町の風景、植物、ポケモン。目に見えるもの全てが新しかった。

夢中になっていたわしは、いつのまにかくさむらのかなり奥へといってしまったのじゃ。

「~~~」


すると、すぐ近くで呻き声みたいな声が聞こえてきた

わしが何かと思い声のする方へいくと、二匹の♂のホルードがセックスをしていた。

オーキド「!!」

当時、セックスを知らないわしは、プロレスかと思った。
しかし、ペニスを尻に入れているのを見て、いつのまにかわしは、その光景に見入ってしまっていた

ホルードA「掘る~掘る~」

ホルードB「アッー!アッー!」

オーキド「ゴクッ…」パキッ!

オーキド「!?」

ホルード達「!!」

行為を見ることに夢中になり、わしは、いつのまにか近づいていってしまったのじゃ。

二匹のホルードに見つかったわしは、一目散に逃げ出した。
しかし、子供の鈍足の足じゃ、ホルードの高速移動によってすぐ捕まってしまったのじゃ

ホルードB「掘る!!」

オーキド「ングッ!!」

一匹のホルードが、わしの上の口に強引にペニスを入れてきた

ホルードB「掘る!掘る!掘る!」パンパン…

そして、腰を高速移動で振りはじめた

ホルードA「掘る!!」

オーキド「!!」

もう片方は、わしの下の口に穴を掘ってきた

ホルードA「掘る!掘る!掘る!」パンパン

子供を犯すのは、初めてじゃったのじゃろう、二匹は、かなり興奮しとった。

わしは、掘られていくうちに僅かにだが、快感があるのに気づいてきた
それは、掘られていくにつれて増してきた

ホルードB「掘る~」

オーキド「?」

一匹が、わしの上の口からペニスを抜いた。

そして、どこからか、不思議なアメを大量に取り出し、わしに口移しで食わせてきた

ホルードB「掘る!」ブチュウ

オーキド「んん……」

子供のわしは、処女を奪われたことよりも、ファーストキスを奪われたことの方がショックがデカかった。

そして、不思議なアメの効果でわしのペニスがグングンレベルアップして、勃起もできるレベルまで成長していった。

そして……

ホルードB「掘る!」

オーキド「!!」

一匹のホルードがわしのペニスにケツを入れてきた。

そして、生物の本能か、わしは腰を振りはじめてしまった

オーキド「き、きもちいい……」パンパン…

わしの腰振りを見てか、わしを掘っているホルードも負けじと腰を速く振りはじめた

ホルードA「掘る!掘る!」パンパン

わしに余裕が出てきたため、わしは、ふとあたりを見回した。すると、わしより少し上ぐらいの子供が別のポケモンに掘られていた

カイリキー「ハァ…ハァ…」パンパン

わしは、掘られている少年に見覚えがあった。確か、父の尻合いの息子さんだったような…

オーキド「も、もしかして、ナ、ナナカマド君?」

ナナカマド「!!オ、オーキド君?」

そう。カイリキーに掘られていたのは、ナナカマド博士じゃった

ホルードB「………」

カイリキー「………」

わしらが、知人と知ったのに気づいたカイリキーとホルードは、一旦ナナカマド博士の尻からペニスを抜き、ホルードは、わしのペニスから尻を抜いた

オーキドナナカマド「?」
するとカイリキーは、ナナカマド博士を持ち上げてこちらに来て、強引にわしのペニスにナナカマド博士の尻を入れた

オーキド「ウッ!!」

ナナカマド「クッ!!」

後のシンオウの七釜といわれるナナカマド博士の七段締まりは、この時すでに完成されていた。

その締まりは、ホルードに無理矢理成長されたわしのペニスを全て飲み込み、わしのペニスを快感に包んだ。

余談じゃが、わしは、カントーの大子供(オーキッド)と呼ばれるぐらいのペニスがあるぞ

オーキド「ナ、ナナカマド君!ぬ、抜いて~」

ナナカマド「ム、無理だ!完全に入ってる!!」

その光景を見て興奮した、カイリキーがナナカマド博士のペニスに尻を入れた

そして、そのカイリキーのペニスにホルードが尻を入れた

そして、いつのまにか、近くにいた、やまおとこも加わっていて、ホルードのペニスに自分の尻を入れた

後でわかったことじゃが、あの辺はポケモンのハッテン場で有名じゃったらしい。
カイリキー、ホルード、ローブシン、ダグトリオ、やまおとこ、海パン野郎あらゆる♂ポケモンがホモセックスをしているところじゃったのじゃ

最後に、やまおとこのペニスがワシを掘っていたホルードの尻に入れられわしらは、円になり、互いに掘りあった

そう、わしの初めてのポケモンバトルは、人間三人対ポケモン三匹のトリプルバトルじゃった。

数時間後、ホルードとカイリキーとやまおとこがイキわしらは、ようやく解放された

オーキド「はぁ……はぁ………」

ナナカマド「はぁ……はぁ…はぁ…さあ、帰ろう」

オーキド「うん………!?」

わしは、驚くべき光景を見た。

わしらのあえぎ声を聞いたのか、近くにいた♂ポケモンがわしらを取り囲んでいた。

結局、わしらが町に帰れたのは、捜索隊に救出された一週間後じゃった。もちろん、その捜索隊ともやったぞ。






オーキド「………とまあ、これがわしの初めてのポケモンバトルじゃ」

クルミ「なるほど。ポケモンを愛するって大事ですね」

オーキド「うむ。そうじゃのぅ。それじゃあ、ここで一句」

オーキド「ホルードの尻を掘れーるポケパルレ」

オーキド「みんなもポケモンゲットじゃぞ」

これで終わりです

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom