キュアハッピー「みんな仲良しウルトラハッピー!」 (1000)

    みんな笑顔で……            /⌒> '⌒)
                            / //   ノ
                        / / '   くヽ\
   /⌒ヽ.      /⌒\ -——‐- 、 |./ /   ノ  ヽ\
    |/^\’      | ○  ⌒ヽ'⌒\_   �/  _/     `ヽ            _,.   -—= ー 、
    ||   ’.  , -‐ゝ  ,  "´ ̄ ̄`丶}  ‘|  )        l          ,   ´        `ヽ\
\  ||     | / l⌒ /   ヽ      \ 」 ⌒)\         |       /                   、 ヽ
 ⌒丶、 ヽJ /(` 〃       \ _\ ヽ\_ノ  ヽ   、__,ノ     /                 ', ’
丶、  \  ,  〉 /  、 \ __  ∧、` \\\   ',       /    "´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~¨二ニ=-、 | |
   \   \ { / \\ 、\ `ヽ | ≧ミ、 !  ヽ  ∨⌒ヽ   〃 / ,  -—————- 、     | |
    \   丶l|   |X´\\\  ィf _)>、ヾ|\  ヽ  }   }ヘ// /             \     ! !、
  __    ヽ(⌒ ) 八‘. ,ィ=\   \ �_)j!} 炸ハ ヽ ∨       }/                    \  | | \
  \ ̄ ̄ \ニ乂__N〃 _)>、    乂ン’,, !ノ |  ヽ ∨     /                       ヽ| |   丶
    丶、   \\、{j{�_)j!}   ' _,、   |oく   ハ.|   /ーイ                        | |    ヽ
       \     |  ヽヘ乂ン  r'´ _ l   八_,、⊃/`l|-‐'   |                      | l     ',
      /   /   |く\ ノリl ∨   | /ー---‐' _ ノル.ノ 八                     / /       :
       /   /    {_\从ー丶-‐' /|   o○   三彡_ ヽ                   / / !       |
     /   /       〕 ≧ハニ二.._,人ー=个i ヽ \   <´フ 丶            /^L、     / /  |      |
—‐< _,∠ ____  〔_  フ  ミ≦、ノ`Y^フy'"´ ̄`i≦  _]   \       /^つ /`L   / /  |      |
         〕  \   〔__ 彡从(   \〃⌒ヾ     ノ r-┘      丶.    ヽ `ヾ、/_ノ  / /  |      |
        く   / ヽ   {  | ∧   ノヘ⌒^i|   く_」ヽ         `  ー--〉  ノ /  / /     :       |
         ヽヘ,   ∧ ̄`'┘ ∧   八__ノ∠ __」   \          / ヽ._,ノ\/ /    i       |
           く_,ノ^>_/\     }    / \ヘ \ヽ     \      /\_,ィ  /  / /:、   |    ,
                    \   \_,/しイノ⌒i「「  \    \  , く    フ¨´  / /  ヽ   |    /
                    \        |l   l| |     \    >'´   \_/    ' /    ヽ  /    /
                     ヽ.      |l   l| |      丶、      //     //     }     /
      ___        ___  .ノ       〉  〔、\        丶 _,/ /     〃       /     /
    __〕 〔___      .〕   〔                             __ __
   ゙l      /   .___ 二二二   . /'''7'''7       ./''7__(O)         / // /
   ノ  〔 ̄|  |__iーi゙l 〔 |___  |  / /i  |      /  ___/       / // /
     ̄ ̄ ノ  /| || ,レ|  ゙l  .ノ ノ _ノ / i  i__ ロロ/7./ /___ / ̄ ̄ ̄/ /_//_/
       /  / ノノL__ノ| ,|゙ // /__,/  ゝ、__| <ノ i___/  ̄ ̄ ̄ ○ ○
        ̄ ̄ ´    '⌒゙  ̄

キュアベリー「赤色のプリキュアじゃなくてよかった」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1358363526


1スレ目:キュアミューズ「青色のプリキュアじゃなくてよかった」

2スレ目:キュアミューズ「青色のプリキュアが大嫌い」

3スレ目:キュアミューズ「青色のプリキュアなんて……」

4スレ目:キュアミューズ「……ビート、ごめんね」

5スレ目:キュアミューズ「大好きよビート」

6スレ目:キュアピース「なんで私の先輩は子供なんだろう……」

7スレ目:キュアエコー「友達ができない……」

8スレ目:キュアイーグレット「先輩と後輩がおかしすぎてついていけない」

これまでのあらすじ

スイート編

          ,. ::´_: : : : : : : : : : : : : :〈  マ: : :`ヽ
        ,. :´: : : : `>< ̄:.`ヽ: : : ノ 〈: : : : : : ヽ

          /. : : : ,rミミVミミヽ: : : : : ヽ: :ヽ L: : : : : : :.'.
       /: : : :./´  ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : :: ': : :{ニマ: : : : : : : i
       /: : : :./         ヽ: : : : i: : : :`ヽ`ヽ: : : : l
       /: : : :./          i: : : :.|: : ::l: ::::l:!: !: : : :.:!
     |: : : :.:/       、_ __.,l: : : ::|: : :.l: :.:.l:!: l: : : ::.l  なんだかよく分からないけどミューズと
     |: : : :.:i`ニニ´    _二´ l: : : ::|‐、: !: : :l:!: l: : : ::.l  リズムに苛められる……

     |: : : ::.l´V心    イ爪V: :リ.:.::| }: !: : :リ: :!: : ::.:.l  先輩たちともすれ違いが起きるし

     |: : : cっヒツノ     ヒ.:ツcっ: : |丿:.l: : /: : : : : ::.:!  このままじゃ私の居場所がなくなっちゃうしどうしよう……
     |: : : :::l ´ ´  j    ´ ̄   l.::.:.:|::: : l:./: : : : : ::〃!
     |: : : :八           j.:.:.::|::: : l/: : : : : ://::′
     |: : : ::l: :\    __     イ: :.:/: : :/: : :/: ::.//:::′
     |: : : ::l: : : i:>.´  `  イ: :.: :/: : :/: : :/: ::.//:::/
     |: : : /: : : l: : : rく二Y´ ̄/::/: : :/: : :/::/:/:::/

     |: : //´ ̄`ヽ: :い V  //:/: : :/ -─く:::/:::/:l
     |: //   / / ムV  //:/``7´      V:::/.:.l
     |/ ′  /: : : : : `7^7´: : :V      }::/.:.:ノ




・・・・・しばらくして



/     /  ,   /  /       /           ',     ',
     /  /  /  /     \/          ',     ',
     ,'  /  /  /   \_、 / \            ',     ',
/   /   l/^\! .'   ーi{   /^�x\        ',     ',
   /    //\ |/    ハ  il {;;;j| }ヽ \ l  , -—',     ',  こうなったら開き直ってグレてやるわ
  ,'    { {  /       弋 0ノ    / /ィ¬冖yハ      ,  そして復讐よ!
  |   八   |       /`¬=       /i;;} | ノ∧     |  私を苛めてたやつら全員に復讐してやる!!
  |    / \_」       /          l 弋゚ノ _ / |  |  |
  |   ,   /:|      /          | ー='^ ,  |  |  |
  |   /  /:.:|     .'     _           /   !   |  |
  |   /  /.:.:.|      |     `⌒` ー--     /    |  |  |
  |  ,   /.:.:/|    | |       —     /    |  |  |
  | .'  /.:.:/l |     | |            /;     |  |  |
  | l  /.:ノ l |     | |丶         / /    |  |  |
ー‐r'´ ̄\   l |     | |  \      イ:  /    |  |  |
  |      \.l |     | | /:.:.:丶-イ: : :/:  /     ,  ,   /
  |      |ハ    l |∧:.:.:.: : : /: : /:  /     /  /  /
  |      |{ ∧     |))∨:.: : /: : /:  /     /  /  /

       /                       ィ'  ヘ
        .'                   >  ´   |  |
     /                    /      |  |
      l               ∠_、        |  |
      |                 /        -−|   |
      |            x 示ミ�      /     |:  |
      |              /Yjリ | \    /ィ笊示y:   |
      l          /弋_゚ノ          lYjリ l !  |  復讐した今の気分はどう?
     l       |     '           弋.゚ノ |  /
     |   |   |   l           {    / /
     |   |  :/|:   l                /: :/
     |   |: :/: |: : : :l        , −ァ    / : /
     /   l |:/ : :|:l: : :| 丶       `ニ´  /: : /
   /   / ノ' : :N: : :|   \      , イ: :/: /
-−' / /    : : l:|\:|- 、  丶. __/ | j /|: /
ー/ /       : : :|     \ / ̄}: : :  丶ノ' ノ'
  /       : : ヽ 、 ___X_ノ-l:     \
 :/        \ : :\[  { o} ] ノ ノ    ヽ



                     /⌒ヽ
                 __r‐/: : : : ∧
                 , <: : : : : 〉 {: : : : : :∧\
           ∠/ ⌒ \: :L入: : : : : : ∧: ヽ
        /⌒/⌒ \: : : : \:[_∧: : : : : :∧: : ヽ

        //⌒.: :/^\: : : : : : : ヽ: : :ヽ: : : : :.∧: : l
      /: :/: : /^    \: : : : : :ハ: : : |:. : : : : :|: : |
      /: :/: : :'       ヽ: : |: : : :!: : :|:. : : : : :|: : |
      /: :/: : : |        '; l: : : :|へ ! : : : : : |: : |  復讐は何も生みませんでした……
     ,': :/!: : : :|   ` ̄ ̄,斗ャ: : : |/` |:. : : : : :|: : |',
     |: :| |: : : :.Vノ_    ノ弋i} }: : : |丶 ! : : : : : |: : |:.',
     |: :| |: : : : :ャf弋}    =彡.: : ::|_,ノj : : : : : :!: : !: :',
     |: :| |: : : : :lハ 彡ノ    /.: : : : :|/|: |:: : : : : :|: : |: : :',
     |: :| |: : : : :|:∧     /: : : : : / !: ! : : : : : |: : |: : : ',
    Vハ ',: : : : V: :ゝ、ー=7.: : : : ://j:.:j : : : : : ;': : | : : : ',

     ‘ :\ : : : :V:.:.:.:.:>/: : : : :/ヘ |:.:| : : : : /l: : : : : : : ',
       ',\ : : V:.:.:.:/´了\ ̄ ̄ !: | : : : /:.:|: : :.',: : : : ',

        ',: : : : : V:/  /'   ヽ  |: j: : : /: : |: : : :',: : : : ',
        ヽ: : : : :/        |  V: :/:l: : :|: : : : ',: : : : ',
          \: /        ヽ /イ: : : |: : :| : : : : ',: : : : '


                 , -‐===‐- ._
                 /            `ー 、
                 /            } \
           /レ-——−——-   ィ   ヽ

          /     _____ / 卜、   l
          /  .   ´          /   ヽ \ノl
           i/         /      l \ |
            |          /—一'   、_l   ヽ!
            l          :/         |:   |
          l   /    :/、_,`     _   |:   |
            l  /    :/ `冖′   , 、_,l:  / 仕方ないわ
              l:/  |   :/        { `冖イ: /  けどあなたの気持ちも分からなくない
          / :/| : :l           /j: /

         /イ   ! : : |     ∠二フ   //:/
      —≠彡/  ∧ :|     −  /:´/イ
       /: ::/  : ; : :ヘ: !   \__  ィ: : : :  |
        / : / \ : : l: : : N      |:l: : : : : :、
      {: : :{−- ヽ: :\:_{_         !:!: : : : : ∧
     ⊥ -ヘ: :{: : : : :| 8´       _ノ: : ノ: ∠.._l
    //\  \ : : : { 8 ー、    , - ̄8}: : : :  |


          / /l   / l /    l l  l\ \
            / / V/ /l l     l lノ|/ l|\ \
         /ー'  /  イ-—-ト、   /ィ=ャヤ /´! \ ヽー 、
         \ // /_lr===ミ \/仆ィハ ノ l/ l  _,ヘヽ. ',  \    元気出しなさいビート!
           _/__/ /ハハ トぃ}     ゞ'  ljノ//: :| l | \ \   なんとかなるなる〜
      /: : : : :/ /\ム   ゞ'  l1     トク/: : :l l |   \ \
     /ヽ : : : : l /: : : :ヽ、   マ ⌒ヽ   イl/: : : : : l lノ    \ \
    /   l: : : : :| /-‐-:、: : |\  {   ノ/l //|: : : /}  \     \、ヽ
  /     ヽ : : j/: : : : : \|  l:Y⌒ヽイ: : :V  /: :/:/ \ \     \ヽ|
  /  /   \; : : : : : : : :ヽ /:l    \: /  lく: : : :\  ヽ \、    \_
 ,  /   /  l: : : : : : : : : Vz!     l   / \: : : :\  |\|  ̄ ̄ ̄
 l  /  //    l: : : : : : : : : :ヽ|      l /l   \: : : :\_
 | ,' /  l /   /: : : : : : : : : : : l      |ーく    ,! \: : : : :丶
 | /   | /l  /: : : : : : : : : : : : l      |、  |  /| l  ヽ: : : : : \_    ___
 |'     j/ ∨: : : : : : / ̄\::ハ     /イ\! / |ノ  /⌒ヽ: : : : : : : :`:ー': : : : : \
           |:r——イ: : : : : : :l:| 丶   /l   /     /     l>- 、__: : : : : :}二う
         /: : : : :l: : : : : : : : l     |\イ   __/      l        ̄ ̄
         _/l : : : : |: ; -—-、: |丶---‐':|/ |:\ /        /
         /: : | : : : : |/     |: : : : : : |丿:/|      /






               ,  -——‐- 、
               / : : : : : : : : : : : \   +
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         +   l:.:l: : : : : : : : :∧ : : : : : : ',
          |:.:|:: :{: : :{: : :/  ; : :}: :}: : |
          |:.:|: : |\l\:{  }/lノl : ||  +  もう一度やり直そうビート!

          /: :|: : |  \    / | : ||     今度はあたしも力になるよ!
        /: : :|: : l====     ===! : !:、
        / : : : : |: : | | l///////l || : |: :\
      く: : : : : : ::|: : lゝ .j /`ー ァ 」.ノ| : | : : : 〉
         >: : : : :/: :/,≦.T` ┬'.≦´ー| : ',: : :/
       /: : : : :/: :/⌒\)   | (/⌒ヽl: : :\:`フ
       \: : : /{: : {    〉 ̄ }〈   }> : /:)
       \/八 ∧  ノ ', / ハ _ ∧: く \

         // ̄{\_フ^\∨//\__ノ  ̄\ー、
       //     ̄}  ー}ニ}ー {_       |
      |     /{__,ノーヘ. _} \       |
      ヽ _,/ | /   /  ヽ  \  丶----‐'
           /  ̄∨   ∨ ̄


                ((⌒)
          , -‐: :ニ二、\,、_

        /⌒` : :_: : : :\:ゞ)))ー- 、
       〃: :/^´   `ヽ: : :.ヽ: : :\  \
        :': : :/     、__.',: : : : ',: : : :ヽ.  }   先輩……! 私が間違ってました!
       ': : : ;       _ ',: : : : ',: : : :((_X    これからは人を信頼します!
     l: : : :|-‐'    〃⌒tう: : : :ト、: : : l�、  正しく生きていきたいと思います!
     |:|: .:.:|cィ= j:     l:',: : :.:|ハ! : : !|:|: ',

     |:|: .:.:|:! :! ノ       l: ': : ::|ノ: : : !|:| : ',
     |:|: .:.:|:. li  r 7~ヽ  :il |: : :|: : : : :!|: : : :',
     |:|: .:.:|:ゝ’. V   }   jl !: : :!ヽ: : .:!|: : : : :',
     |:|: .:.:|V:.:.>':.丶--' /゚ |: : :|/∧:_:!|:.: : : : :',

     |:|',: :.|∧:.:.:.:゚:≧ァ:く _,ノ|: : :|// |/リ `ヽ: : : ',

     |:l ',:.:', ∧:.:.:.:////>-‐'!: : :!// !/,!   ∨:.:l
     |:l ',:.:',  V:/ ノ//()   |: : ;'\/ /|    V |
      ‘:. ヽ:.',  ',| 7ヽ| ()()(」: / ////∧    V
      ヽ  ヽ:  | ///!\_ノ|/l'/////∧    ‘、
           \| {/l/|\__/|///l ////l\   ヽ、
             | ∨/!    ∨/ !////,|: : \   \





                / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
             / ..::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              / :::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          l :::::::/  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
          | :::::;   |::::::l::::::::l:::::::::\::`ニZ|
          l:l::::l    !::::::',:::::::ヽ::::::::::.\ ノ|
           v:::| 、_ 八::::::ヽ::::::::\‐ァ≦ノ |
           (ヽYrfr刈\:::::>ィケfく__ノ} ]-| そんなにうまくいくかしら
            {ヘ.弋_ンヘ—〈、  ゞ= イノ :|
            ヽ :.  _ノ:.  丶  -‐l/:::::|
                \   }        /:::::::|
                丶 ー -  〃:::::/|

                    、__,//::::::/_,|
                     /...::::::∠  |
                      /::::::/    |
                        /:::/     |
                    /∠ -——‐- |
                      //        |
                 /::|         |
                 /::::|         |

・・・・・またしばらくして

                      , -—‐-——- 、 _/⌒ヽ
                      /:, -‐- 、: :, -‐-、: :ヾi]: : : ',
                   /:/: : : : : : : : : : : : \: ヽ: : : !   _,、_
                    //: : : /'´ ̄`´ ̄`ヽ: : :ヽ: l: : :|  `'´
                     //: : : /          ': : : :':.|: : :| _人_
                //: : : / \       /'; : : :!:!: : :! `Y´
                 //.: : :斗 =ミ\  /ィ=弌y:.:|:|: : :|
                   ,:; : : : : :| {し:}     {し:}|: : :|:|: : :|  色々あってリズム、ミューズの二人と和解することができたわ
    ______       |:|l: : : : :| ^^~   l   ~^^|: : :|:|: : :|  いつの間にかメロディが百合属性になってたけど
  //二二二ヽ\    |:||: : : : :|   、_ _ ,   |: : :|:|: : :|  そんな細かい事はどうでもいい、絆って最高!!
  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|    |:||: : : : :|:\       /:.|: : :|:|: : :|
  |—|————|—|    N:!: : : :.:|: :r > _ <┐:.:|: : ;’!: : :!
  |_|____|_|    |八: : : ::|: 从ヘ  /~从/: :/: :/⌒\|
   \   ̄´  /      ∧ : : |`Yハ V / /´ /: :/    ヽ
      ̄`ヽ.  {       /  ヽ: !´ ̄`广I'´ ̄`//     �
           |  ',   r='^    \ ⌒{__{⌒ /´}!        |
           |  ',   {/    {__// ヽ\__八     _l_」
           |   ',  /\{   /   / / ∨ ヽ ヽ  } \ /   〉
           |    '..人  丶 _ |  / '    l |  � _/  /ヘ、
          !    }  \_/´八 | |   0  | |  /  \_く    \
         、     /    ', ヽ」      l.ノ  /       \,    ヽ
          \__/        |     0    {      /   /



 ,/ /  | |,x '": : : : :/: :lヽ{ {:::::::::::0}}ゞ= | : |: :|: : ヽ

ノ| |   | 〃: : : /:/: :{: : { |ヽヽ _〃 |:ノ: :ノ: :| !:!: :',
 |   x==〃!: : : {: {: : :\ /    ̄  ィf~ヾイレ': |:| ',: ,
 '  {{  {{: |: : : 乂\:,ニ==、     �j| } |: : :|:| ',:l   絆……悪くないわね
/ /八_, ‘〒" : : : |≧オ::卜ハ       弋ソ {| |: :|\||   私も人を信頼してみようかな
イ /: :`¨:.:/|: : : : : :|ー{ �し::リ    、  ' ' || !: :!  !! 、  そうすればビートともっと仲良くなれる気がする
 / : : : : /: |: : .:. :ー|=ヘ ゞ^ン     ゝ  八 |: :|\|| ',

 |: : : :.:/: : |: : : : : :|  ' ' '     _   /: : :|: :|  ||、 ,
 ': : : :/.: .:.:|:| : : : : |、       / ∨ ,.: :|: : |: :|  ||ハ|
/: : : /: : : : |:| : : : : |ノ> . __ ` ニ´/〉|:.|: :〃/  |l ',|

: : : /: : : : 八:',: : : : ',\/≧=== / ̄「 イ/:/: /l/: \;  j
: : /: : : / ハ:',: : : : ',   ̄ ̄ ̄ヽ /| /´イ/:/: : : :/ヽ /
: /: : :〃   ‘ ヽ: : : ',\ー‐ _/\| (   {ハ、: : : : :ハ

/: : :/      \\: :ヽ /^ヽ\ヽ リ _)   }r ]:.: : : : :l|
: : :/         \\: \V^ヽ r=ヘ--、  八{ : : : : : l|
: :/               丶: \/⌒ ノ⌒))/ヽノ: : : : : :リ

              _,/      、   {       ーゝ{:.:.:.:.:.:.:.:.:}    \
        _/⌒/       ト、 l\l\|\ ヽ  l   !-‐ヘ :.:.:.:.:.:八`ヽ    \
       /.:.:.:.:/ / / /\{ }ノ       ヽl\ト. |  /lト-‐く: : ヽ \ |ヽ
       {:.:.:.:ノ| { /レ'         __  V^V /!:.:.!: :!: : : |    | lハ
      ー=≦._」八{        /´     `   V |:.:.|: :|: : :|    | | :.
      /:.ノ八/              -——-   Vハ: |: :|: : :|    ' j  |   なに言っちゃってるんですかミューズ
      {:.:.:.| |  /´        ィ'´if⌒�`ヽノ  Vハj: :|: : : :    ,' ,  |   ミューズは人間性が最低最悪なんですから
      `>小 | /   -—        {{ヘrくハ  }  ノ '⌒ヽ: : :   / /  |   絆なんて芽生えるはずがありません
      / ∧ハ l /, イf⌒�       ゞミ三ノ  /  /⌒ |: :   '     |   このままビートと一緒にいても彼女を傷つけるだけですから
      | ,' ∧:', // {{ヘrくハ        -— ' /   く   |: :  /:     ,    即刻別れてわたしのところに戻ってください
      | |  |:ヾ. {!  ゞミ三ノ           {    ノ /: :  ': :     /   
      l    |: :{ハ`  __ノ 〈、         ヽ /ニ イ: :  /: : '   /
      ',   : :/.ハ                  \ | : |: :  /: : /   '
       ',    l|\ \      r _>        / | |: !: ,: : : /    |
        、  |'丶: :ーゝ.     ー       /  | , | : |: /: : :/    |
        ヽ  \ \: : : :>        /  / V | : |/: : :/       !
           \     丶: : : : : : : :` T"´ _/    Vハ:./: : :/      |
           \    \: : : : : : : :) ̄        ノヘ(: : :/      j





: : : : : :/l: : :',:�:l: : : : : : : : :|: / : : //丶-------○----‐'´: : : : :ヽ

: : : :〃: : |: : : ',: |:|: : : : : : : : :|:;1: : / '      V{  \: :ヽ: : : : : !: : |
: : : / {: : :',: : : : :|:|: : : : : : : : :|l |: :/ |      ‘:.   ヽ: |: |: : :|: :|
V: /  ,: : :ヽ: : :.:|:|: : : : : : :l : |l |`l> 、        \  l |: |: : : :! : :!   くっ……言い返したいけど確かに私って嫌な人間
: V   ヽ:: :.:/⌒|:|: l : : : : :|:N_,.≧二、`>ーノ    _,. -—: : : :| : :|   このままビートと一緒にいても私もビートも苦しむだけ
:.:.|    ヽ//´ |:|: l: : : :ー-ァ7::/~‘.`ヽ`    ,≦ニ=、l/ l:|: : : :| : :|   ならいっそのこと、距離を取った方がいいわね 
ヽ|     {  i|:|: l: : : :///::/;、_ノ|       イ::/~i| Y リ: : : ハ: .:|   けど誰があんたのところに行くかバーカ

: リ     ヽ. l|:|: |: : : : :|:| {.;;;ノ: jl       {: ;;;ノリ ノ/: : : /: }: ;'
ノ         \!:!: !: : : : :!:! V0:::::ノ          V0:ノ  /: : /:.:/:/:
      /⌒ハ�: : : : :|:| `~"^``       `~"`彡 イl: :.:/'´: :

       { _ノ ヽ\: : : |:|              〈    //^Vj: :/: : : :
      /〈     ヾ\:.|:|、                 / ヾ : /: : : : : :/
   _/´\\   {: : :\ \    ⌒ ニ⌒   /   }/: : : : : :/:


                    _ , -—ァ—- 、 __
                     ,/: : : ::`: /: : : : : : \: : : /^ヽ/^ヽ
                .:/: : : ; -‐ 、/ ̄`ヽ: : : : ヽ:_」 Y: : : : : :l

              /'/: : : :/        ',: : : : :l] ノ(:_:: : : : :|

              / //: : : :/_,   丶----: : : : |入_]: : : : : |
            /  //: : : :/__-、    ィナ¬十: : :l:|: : : : :|:: : : : :|  なんだかまたミューズとすれ違い始めたわ
             /  //: : : :.:l〕{;;;:>、   弋;;;ノ|: : :l:|: : : : :|:: : : : :|  しかもプリキュアの寮は統合されて
              /  / l : : : : :| ‘ニ ノ    ー '^| : : : :|: : : : :|:: : : : :|  ムーンライト先輩と同室になるし
          |  / |: : : : :;'           | : : : :|く: :l: :|:: : : : :|  おまけに後輩までできちゃった
          | ,′ |: : : ::;'            | : : : :|) }::|: :|:: : : : :| 
          | /  |: : : ∧    へ         ! : : : :!ノ: |: :|:: : : : :|  他にも色々なことが起きたけど
             从   !: : : !:∧   '      |: : : :!: : :|: :|:: : : : :'  これからも頑張っていこう
           |l` ー|: : : |:l: :.\r 、      /| : : : :|: : :j:.:.|: : : : ;'
           |l   |: : : |:|: : : : l 〉ーr‐    |: : : :/: : : : :j: : : :/
           |l   |: : : |:l: : : :/ /: : ::|      |: : :/: : : : : /: : :/:|
           |l   |: : : |:l: :_,/ /--イ     /|:.:./ー---/: : :/: :|
             ‘、   |: : : lノ /  し'~フ!   //j:./;;;;;;;;;;;;;/: :/ヽ:.|
              \从: :/      /ヽ○.//从;;;;;;;///  /l:!
              | V|     / 丶--‐'///;;;;/ /′  /:从
              |  |    イ     /;;;;/' ;;;;//       /://`\
              |l i|   /::〉  |;;;;;/;;;;;;;;l/      /://
               / {`~´:::/>、   | ;;;;;;;;;;;;;;/     / /: :/
                /  !卞ニ /  \ | ;;;;;;;;;;;/     / /: :/
                 /  |: l_/     \;;;;;;;/     /イ: : :.:/



        /                      ヽ
       /     /  /    l   ヽ   ',  ヽ   ',
       ,'  /   ,'  /       |    l   !   ',    ',
      ,  l    | |       |, -—|- 、|:    |    ,
      l  |    |, T |    l|    |  |   |   |
      |   |  /| |_」.  -〜'" ̄ ̄`丶} ̄ フ!     |  よろしくお願いします、ビート先輩
      |   |    レ'"´      ィ===ミT”´  |    |
      ',  ヽ. イ:,  ,ィ==          |: :  |   |
        ヽ/|: : : ハ〃    j〉         /|: :  |:     |
          |: : : : ハ               レ〜イ: :    l
          |: : : :/ヘ     ー '    /l:. :l : :|: : :   ',
           从イ: : : : : :> .     /  |:_:j. :.:|: : :   ',
          |: : : : : : : : : :r≧ァー '´  _,⊥/: : :|: : : .    ',
          |: : : : : : : : :/   ><´   / : : |: : : :     ',
          |: : : : : : /l|  /    〉  /  : :.:|: : : : :   ',
          |: /}三三.j| /l/\∧ ,:  : : : |三≧xへ、 ,

        , -‐='  V´  |ノ 〈    〉 ∨  : : ::|  /    \i
      /      \    ∧/|  {   : : ::j/      ヽ



スイート編 完

5編

                     ,/\ヘ _
                  //   V´ |      , -—- 、
                    / ハ  _,.斗 ┴‐--- 、�  /ト、 ヽ
                    { レァ'´           \ /  |  l  |
                   _r'7´     -‐       ハ   !  !  !
    --、     __  _   / _/  /     /} 1 V / ハ. fー'  /
  /     ヘvーく./⌒丶. `ヾ. l  /- 、  / /イ !  ! / ! |ー‐ '
  l  /'⌒V        \‐- |  !ー‐≠ /ー|、l  |./ /j ハ     あなたがダークドリーム?
  | l {   /         l V小 | ==ミ     ___ j /ヘイ l」 ハ    わたしドリーム、よろしくね
  V ハ.__i |        l  V ∧ト  ,    ̄ヾリイヘノ l    \
  ゝ _ノ! ! l l     l|  lハ V´|:ト、  ー ァ   r、_イ-、:l  ハ、   \
   / /! !ヽ\\  |l ,ィ圷l |イ| lー\ し'   イ_,.ノナ 厂 ̄}ヘ\
   { {」 l f斗fミ丶.ノ ヘレ1礼ノ: l\ / ̄  / // / ー‐イ \.\

    弋」 |卜 ゞ'  ,.   ""l |フ lハ_\  ,.ィ/ /广f ` _/ノ   \
      v l l厶"" __..ノ  /! :| __l   f¨} l /く.__レ'´/ー'  l  l  l
      V l: r—- 、 __//! :|イ _厂`ヽノー|/ー/   /     }  l  l
      V:ハ.{_   |广¨´:::l !jノ  _」ィ 〉 /   /ー‐┐/  , /
       /r\|ー、`ー'、:::::::::::;|ノーァ/:::::::::}」 /   /     |  / /
      / |::::::::|ハ_j\::::::::::::/{_ハ|:::::::::::::::/ーイ、  ∧、__廴._イ
      / l:::::::::\、  ∨∨  ,./:::::::::::;.イ    》、/ }  /` ー亠--
     / ∧:::::::::::::\.〈ー!'〉./::::::::::::::/ l\iー' / / /
     !  { \::::::::::/ ∧∧ ヽ::::::::::::/   |ー‐ ̄— ' /
    ヽ 、   }:::::::{/:::::::::\}:::::::::イ l  |/⌒\ /





: : : : l: : : : : : : : : : : : : : :| |: :」 ⊥:/- |: : : : : l: :
: : : : ト、: : : : : : : : : : : : : lイ:/  |/  |: : : : : l: :
ト、 : :ハ \ : : : : : : : : : / j/y≠ャキ¬!: : : : : l: :

:', \: ハ /`>、: : : : :/  イi{ __ノハ 小l: : : : l: :
: :ヽ >、:\   \: :/    Vトインノ リ: : : : l: : ドリーム……かっこいい
:l /  y≠ォ=   }/     >'´  /l|: : : l: : わたしもドリームみたいになりたい
::l  yィi{ __ノハ               | l : : : l: : ドリームみたいなかっこいいプリキュアに
: レ〈  Vトイソ        〈、     l| | : : : |: : そして、ドリームと同じ舞台に立ちたい
:↑'`   >'´        〉     /1 | : : : l: :
:|             ---イ   | /:j: : : ::|: : よし、そうと決まったら今すぐ
::卜、       _/   /   /l: :!: : : :jリ プリキュアオーディションに応募よ!

: :V^`>、      ` ー一'     / V: : : : 厂
: : :\  >  _         /  |: : : :/|
: : : : :\ノ___ ≧ー-----‐'´   /1: : :/::|ノ
ヽ: : : : : \      /\ー——一'  」 : /::::::V
: : \ : : : : \   ノ:::::::::\::::::::::::::::::::::リ: /:::::::::7

     lレ!         _ ≧ァ ー-    \
      j     _ 二ニ -‐ ̄`\  ̄ 丶\  /
    ,.イ  ト、 二 -- ̄   , -   \      l
     /  l  \     //_ - 、___l_/⌒ヽ. l
     |  l|      ∠, -', -- 、 V  リ /ヘ ∨l   ごめん、来年の追加メンバーはもう決まってるから
    l   !  __   〈   弋ツノ  }   〈 l  l/
    l| ハ./-;==y'⌒ゝ、 `¨ /   l〈./ /l
     \ V ハrリj|   丶-‐ '´     l_/l l
       `{ヘ `¨ 」              l  v'
        ヾ-‐'´ l _ ,         l   ',
            ヽ     _ノ⌒)     /    ', 、
            \    ̄-     /  l   /´\
              丶、     /  l /    \
                `` ー く   l/      / \
                  厂/ヘ. /     /    l丶--
                , イ //\     /     l




: : : : l: : : : : : : : : : : : : : :| |: :」 ⊥:/- |: : : : : l: :
: : : : ト、: : : : : : : : : : : : : lイ:/  |/  |: : : : : l: :
ト、 : :ハ \ : : : : : : : : : / j/y≠ャキ¬!: : : : : l: :

:', \: ハ /`>、: : : : :/  イi{ __ノハ 小l: : : : l: :
: :ヽ >、:\   \: :/    Vトインノ リ: : : : l: :
:l /  y≠ォ=   }/     >'´  /l|: : : l: :
::l  yィi{ __ノハ               | l : : : l: :  …………
: レ〈  Vトイソ        〈、     l| | : : : |: :
:↑'`   >'´        〉     /1 | : : : l: :
:|             ---イ   | /:j: : : ::|: :
::卜、       _/   /   /l: :!: : : :jリ

: :V^`>、      ` ー一'     / V: : : : 厂
: : :\  >  _         /  |: : : :/|
: : : : :\ノ___ ≧ー-----‐'´   /1: : :/::|ノ
ヽ: : : : : \      /\ー——一'  」 : /::::::V
: : \ : : : : \   ノ:::::::::\::::::::::::::::::::::リ: /:::::::::7


5編 完


GoGo編


           /   -_≧:、ヽ  ノ ,:≦、 \
             /  -‐ァ'´   `¨¨¨´    \‐ ハ
           ー/- /             ヽ l
         / //    __ノ!  ト、_   ト」-—-
         |/ /l  /-—— '  丶—-\ l |     最近アクアのことばかり気になる

         r—ハ./ l  y==      ==、   l イ     アクアのことを考えると胸がドキドキする
      rーL.//⌒lj 7 /しハ      /しハ Y jイ|     どうしたのかしら私……
      _」_ノ l へ  ヘ 弋:::り      弋:::り ノ /_|ハ
   /    八 〈 l   ー‐    l}  ー‐   ムノ \
  li     . : :ゝ二l  ""         "" /イ    \
  |l   . . . : : : : : : 八               八: : .    \
ー‐'  . : : : : : : : : :_/ : :\  (⌒二つ   /: : 丶--、     )
    : : : : : : : ; ┐ ; ┐イ}>   _  ィ: : :l: : : : _: :_ \  (
   : :/⌒/ //// )      /\:」_ノr‐、(_ \:)  \
. : : : :/    |  | / / / / \    /   |  ( \ \\ \   \




           /: : : :/: : : : : : : : : : : : \
         /: : : : _/:_: : : : : : : : : : : : : : ハ

         /: : :´: :〈: : : : : :`丶: : : : : : : : :l
         /: : : /´^ヽ: : : : : : : :\l: : : : : |
          /: : :/     \: : : : : : :/ハ: : : : |
         /:/:/         \: : : : :ハ: l: :l :|  ローズに対するこの気持ちは何なのかしら
       ,: :l/ __  _      \: :/:�: :l :|  友情……いえ、違うわ
      /:/リ   ` ー‐'   __ノ/\:j: :j: : l   もっと深い気持ち
      /: lム ≧、_   `丶-' l  }ノ^!: :l   この気持ちは一体……
       l : l:ゝl  ´ ̄´  !  、 _」.ィ // /: :l
       |: :l: : ハ     ノ   ` ̄| /_/: : :l
       |: :l: : : :\  - 、__ 、   .ィf : : : : :|
     」: :j_: : : : :_j\ ´`  . イ: :|:l: : : : : : l

   / l  〔  ̄/|   ̄   /ト-l-r—‐r、: ',
  /  l  〕  |        / l 〔  / ヽヽ
  /   |  〔  |         /  l  〕 l   |: |

        /       / /           \\
     /      /'´    ,ィ  -、 _   ∧
     ,           //, イ⌒ ' ¬l    l
    ,'         / // ///      l    l
     l l  ,'    /,/_l_」/_j     /l     l
     l l  l   //l 「≧lーl ゝ   / /l   l  間違いない……あの二人、相思相愛だわ
    l: :l  l   l/ァ示ャ、l    <こマl!   l  でも私だってアクアのこと好きだし負けられない
    l: :l: . l . : :l| 込rツ    ィ≠ミ //l:  l

      v:.l:.:.: l.:.:.:.:.ll ""     / 込ツ イ:.l:  /   
-- 、 _Vヘ:.:.l:.:.:..:l l        _」 ""//:./ /   ローズ! 私もアクアのことが好きなの!
    \  ヾ:.:l:.:.:.:l l  ー_ - ´  /.:.:.:.:,.:. /    同時に告白してどっちが付き合うかアクアに決めてもらいましょう!
      ハ   \:.:.:l\      . ィ.:´l:.:.:.:.:.;.: /     これで振られても私は後悔しないわ
      l     l\l ,イ` T ´  jリ/l:.:/.:.:.:./
  l    l    \ /  l    l /イ.:.:/
  \   l\lー-、ハ _ j    l /'´ |
    \ l  |  ー}}- }    l    l



        /: : /     `"´    \: : : ',
         l: :/  _        _  ヽ: : l
      ○   l: :l ´ ⌒ヽ\  _//⌒ヽ l: :l      ○
      o  l: :l   __`┘ `¨´ -— 、j}1: l    o
     _,ノレlー7'´,ィ 1    ´,ィ ハ Y l:_:l\     _    えっ、嫌よ!

  , = ´-—ノ/ヘlー{  レTハ       レTり ノチヘヽ: :`二三:— 、:ヽ   これで万が一私が振られたらどうするの!?
 l {, -=彡: :l 〈l ヘ 'ゞ='  {!   ゞ= '  jノ 人: : : : : : : ̄`l: :|  悪いけど私たちの邪魔しないで!
 レ: : :f: : : : : ゝ l "" /`ー——ヘ、"" !イ: : :ヽ: : : : : : : :/:/  
ノ: : : j: : : : --、:`:ヽ   {/   /´\ノ  /: : : : : : :l: : : : : : :{: {   あっ、うっかりミントのこと殺すところだった
: : :_:_;レ'´     \:/\ 丶- ='´_へ | イl: : :/⌒ヽ: : : : : : : : :`ヽ
: :/          ア`T´ /   \\J<トイ _    \:ー-、: : : :l:l
:┴= 、 ー、   /  l/ _  ̄ト. ヽ lー‐'l | ー'       ヽ: : :ヽ: : リ
ー——ァ7¨ ̄アー'´   /´l | | | | ̄} | lー、       l: : : ノ: ノ
    / /   /    /イj j j j.ノ__ノイ {        |: : f: : {_
    ||   |__/ //{_ノ し'、 == }   丶ー—勹: :ゝ:_: :`ヽ
    l l   」ノ  / /    |\\   {           └i: : : :): : :)



                     // , イ⌒⌒ヽ \
       _ /´ Y⌒l       /     /ニス:::::::::::::l」メ、 ',
     ,/ /l / l 「|      /     /ィ≠ャ::::::;:::::こTl  l
     /l l l | し' `ヽ   ,  ,  l 以ノ::::::::{::::ヒ斗l   l
     { l } し'   ハ |   l  l  l:::::::::::  /  :::::l  l    私の気持ちを踏みにじるなんて、もう許さない
     ヽし'ト---- /└'     l  l  l     --、   /l   l    こうなったら私も手段を選ばないわ、復讐よ!
      /` ー一イ      l  l  l    /    l  /  ,    
       〈      |      \丶 l   {__/  /l /     アクアを何としても私のものにし
      /\__j         l::::`ト、  ー‐  /::l /     そしてローズをこの寮から追い出す!!
     /    |     -- 、   l::r |    -rイ.:::/レ’
     /     l   /    丶イ  \   l/
    /       l / -、     l |    \ ト、
     l       K´   \|   l\  r-、 ヌ、 l\ー- 、
     |       / |     |   l   ヽ|  \_l/_ ヽ  \
    l    /      _.ノ   /     l___」」  |  !   ヽ
    }     _..  -‐'´ ト、       // l \」ーl    }
     ー一 ''´     /  ヽ     / /   l | /〉 l     l
              /      /  /   l l   l    /
                l       {_/    / /   l   /
                 |     /      レ'\  l    {



                  /: : : : : : : -—一ァィl: : : : : \
   (`ヽ           /: : : : >'´ -—一'  |l: : : : : : : ヽ

     \ \     ┐   /lしァ'´__  r-‐',二二ニキV: : : : :l: : :ハ
      \ \ / l     l:{_〃- 、}   ̄ ==ミx l V: : : :l: : Vl
      /⌒ヽ`{   !    l: l =、    fしハ  Y  V : : l: : : :|  やれやれ仕方ないわね、薬を貸してあげる
     / l  ∨}  〉    l:l yfJ}      弋Jソ     Yl: :1: : :ノ!  これで上手くいけばアクアと添い遂げられるかもね
     / ̄`ヽ ',、 |    ムリじノ      ー一'    l:レ— くノ|  ちなみに薬の効果の実験も兼ねてるから随時結果を連絡してね
    レ--、 l | l ヽ   lノ} ー 〈              l:| ィ⌒ l: |
    / 、__ ヽ.ヽ_)   |   V    ,            l:| ) /: :!
    \ とノ^ ┘  j   |   }ア丶         |:lイ_/: : :|
     \    }   /     ヽ    \_ )       /|: l : : : : : l
       \  i  イ      l\           i: |: :l : : : : : l
      _r」    l_       l: : |\ __      |::!: : l: : : : : :l
     />、` ー—’ 〉    l: : l: : : : : : :l      |:l : : |: : : : : :l

     /    ` ー—イ     /: :/!: : : : : :」}    -‐'´ | : : | : : : : : l
    /        |    /: :/ j:r—-ム」メ、 , -—‐i: : : |ト、: : : : l
    /          |  _/: :/ー |    /⌒/     l| : : ||  \: : l
    /            |/  |: : |  /l  ーl   lー一   〈| : : |j   ` ー- 、
   ,          | | j: : j /{    ゝ--ゝ      } : : |

: : : / : /: : : :}レ〜rくi: : : : :/ ゝ====ヘ _,、 Yrfハフ_r〈:!く〜く: : : : : : : : : l:|

: : /: :/: : : :.://.: :l:| |: : : :/       ` ̄ ⌒‘ひ┘ ̄  |ヽ\: :}: : : : : : : : l:|   寮のみんなが裸でいかがわしいことをしてた……
: /: :/: : : : //:|: : : l:| : : : /  , -=ニ二二二ニフノ ノー- 、 |: : \\: : : : : : : :l:|   アクアまでミントと……
:; : /.: : :// : : |: : : | : : : /   ァ'"x予�ミ     ,二≧ヽ.!: : : : \\: : : : : 八
:|: :|:.://: : : : : ',: :, -- 、:;'  ー〈 {{;;;しノ:}      〃_ハ`Y「: : : ::〃:\\: :./ ヽ\ もうこんな寮にはいられない! 
:|: :l:/ /: : : : : : : :.∨   '{   ニヘ 弋ミニン      {{;;しj}ノ厂: : 〃: : : :ヽ ∨: : : : : \私は家賃の安いアパートに引っ越す!!
:|: :/ /: : : : : : : : : :{ /⌒>   , , , ` ー-‐ '    〈: ゞ:ンィ^{: : : /: : : : : : :} }: : : : : : : : \

:|: :{ {: : : : : : : : : 八  {                ノ  ' '  |: : /: : : : : : :./ /: : : : : : : : :.ヽ\
:ヽ:ハ ヽ: : : : : : : /.: :\ ヽ                      /: :/: : : : : : :./ /: : : : : : : : : : : :ヽヽ
: : ヽ:ヽ \: : : ::/: : : : : ヽo u       ∠ニ==-'     /: : l|: : : : : : :/ /: : : : : : : : : : : : : :!:.:|
: : : :l: |:.\\: ;': : : : : : : :ハ  、         -‐     /: : :.:l|: : : :.://: : : : : : : : : : : : : : j: :}
: : : :|: |: : : )ノ): : : : : : : : U  丶.           /U: : : :八: : (ヽ(: : : : : : : : : : : : : : : :./: /
: : : :|: |: //: : : : : : : : : ::|     > .       /:.:|: : : : : {: : ヽ:.:\\:: : : : : : : : : : : ://
: : : :l.//: {: : : : : : : : : : :'        `フニ"´: : : ::|l: : : : :ヽ: : : :\:.ヽ ヽ : : : : : : : //

: : :/{∠:_:/: : : : : : : : :/         ;: : : : : : : : :.|l: : : : : : :\: : : ヽ: } }: : : : : //

 ̄`>、: : : : : :_,x<´           |ヽ、: : : : : : |l: :., < ̄ ̄`\∠イ: : : : : {: :{
     \≦三三\ \          { /≧:.、: : : j/        /: :j|: : : : : :ヽ:ヽ






     /: : : : : : : l /|-—|—-、      , -—-/、 |ハ: :l: : : : : : : : : : l
     ,: : : : : : :l: :l:||  _           /  \! |: l: : : : : : : : : : l
      l: : : : : : :l:/l/_y>≠=、         __   /`l: :l: : : : : : : : : : l
      |: : : : :l: :l:l V´ /{ ∧        =≠=≦x  l: :l: :l : : : : : : : :l
     l: : : : l: :l:ハ   /≧ィチ:}        /{  ∧\Yj: l: :l: :|: : l: : : : l   勝ったッ!!
     l: : : : |: :l:l l   V弋ノV  l     l ≧ィチ::! }Vレ': :l: :l: : l: : : /   GoGo編完!!
    |: : : l: :l:| l  `ゞ='゙   j       V弋ノV   /|: :/: /: :/: : :/
      !: : : :l: :l:l`i         /|       ゞ='゙   /.:/: /: :/: : :/\
      ∧: : : l: :l:l:::',       ヽ}            /.:/: /: :/: :l:/  /
    / ヽ: : ト、:l::::i\    }>—---┐        /.:/.:/: :/: :/'  V
    {  ー\:l ヽlト|、\   ヽ      /     /'/:/.:/: /: :/   /
    |   l ヽ.  ヾl   \  ` ー '     / //.::;:::/: //   /
    /l   ∧    l    ヽ  `´  ,. ィ´    /::://     j
   |\   l    \     `T  ´/    /イ:/l    ヽ./

           /  //    \\      ハ1 ハ
         '  // j|      \\     l|  ',
        l   //      ,    ト---- 、 l|   l
        |  イ  , -—‐ノ     `二二⌒ト、   !
        |  l  /´ ィ 示      トrイ1〉| キj |
        |  l  Y 卜イり     {  弋ム} | レ⌒l  こんな状態じゃもうみんなとは一緒に暮らせないわ
        | /⌒! u   `¨´    l}    , , , !リ⌒ノ  私達、これからはバラバラに暮らしましょう
        | l r、 l  ' ' '        r‐、_    | ) /l  さようならミント
        | l 〈ハ       /´/ / h  ,|イl |
        | l\ ゝヘ    r 、/ / / / |  /| l | |
        | l   `¨´ゝ、 | / / / / ;/: :| l | |
        | l  : : : : : : l l / / / / /l: : : :| : :l |
        | l  : : : : : : |ノ /  {  { / 卜: :|: :l |
        | l  : : : : : : {         { ノ l: :|: : :l |
        | l : : :_/j        l   ヽ:|: : :  |
     /⌒ ー一/    l         l    | \  |
      /     /  | r—‐ 入       / __.  |/  ̄厂 ̄ `ヽ
   /     l  | |    | \    /}    }.ノ|     /     l




                 /: : : /       \: : : : \
    ,  -———-, -— /: : : / -———- 、  ヽ: : : : ヘ
   /      /    /: : : /´: : : : : : : : : : : : : \  ',: : : : l
-‐/      /     /: : : : : : :/: :/:/`ヽ:_: : : : : :ヽ. l: : : : |
 ,′     /  ̄`丶 /:/: : : : :_/:∠l/-     `l: l: : : : ',! : : : |
 |     ,    /イ:/: : : : :/j/ /      V:/| |: : : :| : : : l   …………
 |   r‐┴— /  /:/: : : /:ィ示ミ�      /ヘ !:|: : : : : : : ;'- 、
-‐¬ ¨ ̄         l:/: : : /:/ ゞこン       テ�yリ: : : : : : :/- 、\
ーュ. ___    -—-、 l: | ' ' '       {ヒント。: : : : : : :/-、_ \ ヽ
  / /   / | /    、\ハ    '    , , , ァ: : / : : / / / '-、〉ノ
  / /   / ̄'´  、   } 〉 〉 \丶ーっ __ ノ: : :/: :/`)'{_/_/し'¨
_{ {    {___ r‐' _ノ.ノ∠つ ̄` ー—≧: : : : :ノイ  ̄
  丶----'       ̄               ̄

GoGo編 完

・・・・・数日後

監督「うーん、やっぱりピーチがいないと画にならないなぁ。ここ数日まともに撮影ができない」

スタッフ「と言っても、ピーチさんが復帰するにはまだかかりますからね……」

監督「パッションもどういうわけか不調みたいだしな。これは本格的にまずいぞ」

スタッフ「ベリーさんとパインさん中心に物語を作り直してみます?」

監督「いや、グッズの販促のためにはパッションを主役にせざるを得ない。そのためにピーチにパッションと組んで頑張ってもらうはずだったんだが……」

スタッフ「ですよね……」

監督「このままじゃフレッシュそのものがヤバイことになる。なんとかしないとな」





ピーチ「……」

・・・・・

パッション「はぁ……」

パッション(身体が重い……トレーニングのし過ぎかしら)

パッション(今日も思ったようなアクションができなかったし……。でも私がピーチの分まで頑張らないと)

ベリー「パッション!!」

パッション「!!」ビクッ

ベリー「何なのよ今日の撮影は!! NG何回出せば気が済むのよ!?」

パッション「ご、ごめんなさい……」

ベリー「ここ最近ずっとそう、あんたのせいで全体の進みも遅くなるし最悪! ほんとよくも足引っ張ってくれるわね!!」

パッション「……」

ベリー「あーあ、ほんとヤダヤダ。この後番宣もあるのに、予定が大幅に遅れちゃったじゃない。テレビ局の人全員に迷惑かけてるって分かってる?」

ベリー「分かってたらNGなんて出すわけないと思うけど」

パイン「……」

ピーチ「パ、パッションはパッションなりにがんばって…」

ベリー「元はと言えばあんたが骨折なんてするからこんなことになってるんでしょ!! これから先どうするつもりなのよ!!」

ピーチ「ご…ごめん」

ベリー「ごめんで怪我が治るんだったら苦労しないわよ」

ピーチ「……」

ベリー「……」

コンコンッ

スタッフ「プリキュアのみなさん、おねがいしまーす」

パイン「あ、はーい」

ベリー「……行きましょうか」

ピーチ「あ、あたしも…」

ベリー「あんたはテレビに出ちゃダメに決まってんでしょ。松葉杖ついてる姿を子ども達が見たいとでも思ってるの?」

ピーチ「……」

ベリー「ほら、行くわよ」

パッション「え、ええ……」

・・・・・・

司会「今日はなんと、今活躍中のあのフレッシュプリキュアのみなさんが来てくれています。どうぞ」

パチパチパチパチ!!

ベリー「みなさんこんにちは、キュアベリーです」

パイン「キュアパインです」

パッション「キュアパッションです」

司会「いや〜、プリキュアなだけあってみんなかわいいですね〜。おや? 一人足りないような」

ベリー「ピーチは今日ちょっと体調不良で来れないんです。だから今日は三人だけで」

司会「体調不良? 大丈夫ですか?」

ベリー「はい。ピーチならすぐに元気になって戻ってきます、私信じてる」

パイン「あっ、パインそれ私の台詞よ」

ベリー「なーんちゃって、ふふっ」

司会「仲がいいようで微笑ましいですね〜」

短いけど今日はここまで

28〜32話ぐらいのところです
ちょっと忙しいんで今日は休みます、すみません

明日から再開します
スマイルが始まった頃は最終回にはこんなSSとっくに終わってると思ってました

司会「さてところで、今一番注目されているパッションさんですけど。ここでパッションさんにいくつか質問をさせてもらいます」

パッション「は、はい」

司会「パッションさんはプリキュア史上初の途中から参戦するプリキュアらしいですけど、何か大変なこととかありますか?」

パッション「はい、そうですね……色々と慣れないこともあって大変なんですけど、特に大変なのは、えっと……」

ベリー「まだダンスとか踊れてないわよね」

パッション「え、ええ。ダンスとかがまだちょっと慣れてなくて」

司会「あーなるほど。今年からプリキュアで本格的なダンスがはじまりましたからね。大変でしょう」

パッション「は、はい」

司会「ほかにプレッシャーとかは感じていますか? たぶん今一番子ども達が注目しているでしょうし」

パッション「そ、そうですね。確かに感じてますけど……でも、周りの人たちの支えがあってなんとか頑張れています」

司会「みなさん仲が良いみたいですしね。プリキュアの撮影は和気あいあいとしているんでしょうね」

パッション「は、は…」

ベリー「はい! 私たちプリキュアもスタッフのみなさんもみんな仲良しです!」

ベリー「あたしなんかも特にパッションと仲良しで。ね?」

パッション「そ…そうね」

ベリー「この前も一緒に買い物行ったりご飯食べたりしたんですよ」

司会「プライベートでも遊んでいるんですか。仲いいですね」

パイン「私はパッションのことを特に期待しています。とにかくすごく頑張りやさんで、一緒に仕事してる私たちでも応援したくなるんです」

ベリー「ほんと、しっかりしてて。そんなパッションと一緒にプリキュアをやれるなんてとても誇りに思えます」

パッション「……」

ベリー「これからも頑張っていきましょうね、パッション」

パイン「私たちも、パッションに負けないくらいがんばらないとね。ふふっ」

パッション「ええ、精一杯頑張るわ」

司会「いや〜、仲良しなところを見せ付けてくれますね。ではここで、せっかくなのでプリキュアのみなさんにダンスを踊っていただきたいと思います」

司会「今日は一人欠けてますけど、大丈夫ですか?」

ベリー「問題ないです、あたしたちだけでも大丈夫です」

司会「ではプリキュアのみなさん、よろしくお願いします!」

テッテーテレレレ♪テーッテテテテテテ♪

・・・・・・

ベリー「あー、なんとか終わった」

パイン「ふぅ…」

ピーチ「みんな、お疲れさま!」

ベリー「ピーチ、その怪我そろそろ公表した方がいいわよ。これ以上隠しててもしょうがないでしょ」

ベリー「今日だってピーチはどうしたんだってあちこちから聞かれたんだから」

ピーチ「う、うん……」

パッション「……」

ベリー「パッション!!」

パッション「な…なに?」

ベリー「なにじゃないわよ、何なの今日の質問の受け答え! あんたろくに答えられてないじゃない!!」

ベリー「司会の人が何を聞いても全部『は、はい』なんて、馬鹿じゃないの!?」

パッション「ごめんなさい……」

ベリー「まったく呆れるわよね。あたしとパインがフォローしなかったら危うく放送事故になってたわよ。ね? パイン」

パイン「そうね、もうちょっと頑張ったほうがいいかも」

パッション「……」

ベリー「気の利いたコメントもできないなんて、あんたってほんとつまんない人間よね。プライベートで遊んでくれる友達とかいるの?」

ピーチ「あれ? ベリーこの前パッションと遊んだって言ってなかったっけ?」

ベリー「あんなの嘘に決まってるでしょ。遊んでなくても、テレビの前じゃ仲良しだってアピールしなくちゃいけないの」

ベリー「そうじゃなかったらあんなこと言うわけないじゃない」

パッション「……」

ベリー「はぁ……もう帰りましょう。今日はクタクタだわ」

パイン「じゃあね、また明日」

ベリー「ピーチ、その足のことはちゃんと記者の人たちにも言うのよ」

ピーチ「うん…分かった。また明日ね」

パッション「……」

・・・・・・桃寮

ピーチ「ごめんね、あたしが怪我しちゃったからみんなに迷惑かけちゃって」

パッション「ううん、気にしないで。ピーチは悪くないわ。ピーチがいない穴を埋められない私が悪いの…」

ピーチ「そんなことないよ! パッションは頑張ってるって、あたしが一番知ってるし」

パッション「……」

ピーチ「パッション……」

ピーチ「そうだ! 今度の休みの日にでもどこか遊びに行かない? 気晴らしになるかもしれないよ」

パッション「……そうしたいけど、私にはそんな暇はないわ。やらなきゃいけないことがたくさんあるし」

ピーチ「そっか……」

パッション「……」

ピーチ「……〜〜〜っ!!」

パッション「ど、どうしたのピーチ?」

ピーチ「くやしい!! あたしが不甲斐ないばかりにみんなに迷惑かけちゃって!!」

ピーチ「ほんとに悔しい!!」

パッション「え…ええ?」

ピーチ「あたしって馬鹿! ほんと馬鹿!!」

ピーチ「なんでもっとカルシウムを取らなかったの、あたし!!」

パッション「ピ、ピーチ落ち着いて。今そんなことを言ってもしょうがないわ」

ピーチ「落ち着いていられないよ! なんとかして早くこの怪我を治さないと」

パッション「早くって言っても…どうしようもないわ。安静にする以外、治す方法なんてないんだし」

ピーチ「でも!!」


ブラック「なに騒いでるのよ、ピーチ」

ピーチ「ブラック先輩!」

ブラック「どうしたの?」

パッション「それが、ピーチが怪我を早く治したいって…」

ピーチ「あたし、早く仕事に復帰したいんです! いつまでもじっとしていられません!!」

ピーチ「リーダーのあたしは、これ以上みんなに迷惑をかけられないんです!!」

ブラック「そうは言ってもね…骨折したものは仕方ないし」

ピーチ「でも…でも!!」

ブラック「…あたしもね、骨折は何度かしたことあるよ」

ピーチ「え?」

ブラック「軽いやつだけどね。ピーチみたいに全治一ヶ月ってほどじゃなかったんだけど……まぁ、なんとか仕事はできたかな」

ブラック「とっておきの治療方法があったからね」

ピーチ「と、とっておきの治療方法!?」

ブラック「そう。怪我したときはそれで何度も乗り越えてきたわ」

ピーチ「そんなものがあるんですか!?」

パッション「一体どういう……」

ブラック「知りたい?」

ピーチ「知りたいです!!」

ブラック「でもピーチの場合はちょっと重症だし……上手くいくかどうか」

ピーチ「お願いします! なんでもいいんです、とにかく仕事に戻りたいんです!!」

ブラック「……しょうがない。じゃあ教えてあげよう」

パッション(こ、骨折をすぐに治す治療方法なんて……本当にそんなものがあるっていうの)

ブラック「いい? 右足を骨折をしてしまったらね……」

ピーチ「右足を骨折してしまったら……」

ブラック「右足の痛みを、左足に移せばいいのよ!」

パッション「……えっ」

ブラック「つまり、左足も痛いって思い込めばいいの!」

ブラック「右足の痛みを100とするでしょ? その100から50分の痛みが左足に移ったと思い込めば右足の負担も軽くなるってことよ。分かる?」

パッション「……」

パッション(分からない……何を言ってるのこの人)

ピーチ「なるほど!!」

パッション「!?」

ピーチ「右足の痛みを左足に移せばいいんだ……そっかー、なるほど」

パッション「ピ、ピーチ?」

ブラック「後はテーピングして市販の痛み止めでも飲めば大丈夫よ」

ピーチ「それならいけそうかも!」

ブラック「でしょ?」

パッション「ちょ、ちょっと待ってください!」


ブラック「なに?」

パッション「あ、あの……それ治ってないですよね?」

ピーチ「え?」

ブラック「なにが?」

パッション「骨折…治らないですよ、それじゃあ。まったく意味がないんじゃ…」

ブラック「骨折なんてそのうち治るわよ。ようは気合よ、気合」

パッション「で、でもそれじゃあ絶対悪化しますって! それでピーチの足が治らなくなったりしたら……」

ブラック「あたしは、全然平気だったけど」

パッション「そ…そんなの…!!」

ピーチ「パッション」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「あたしは大丈夫だから。やれるだけのことはやるよ」

パッション「やめて…やれるだけとかそういう問題じゃない。こんなの絶対間違ってる、おかしいわ」

ピーチ「ブラック先輩の言うとおり思い込んでみたら、なんか足が軽くなった気がします! いけるかも!」

パッション「ピーチ!?」

ブラック「ま、無理そうならやめるのよ。パッションの言うことも一理あるんだから」

ピーチ「はい!」

パッション(ピーチ……本気なの? そんなことで仕事に戻れるわけ……)

・・・・・数日後


ピーチ「でやあああああああああ!!」

ビシッ!! バシッ!!




監督「……驚いたな」

スタッフ「は、はい」

監督「前より動きのキレは悪いとはいえ……足動かせてるぞ」

スタッフ「みたいですね……」

監督「本人は本当に治ったっていってるのか?」

スタッフ「ピーチさんは問題ないって言ってましたけど」

監督「……」

スタッフ「どうしますか、監督?」

監督「……本人が大丈夫って言うのなら、このままいこう」

・・・・・

ピーチ「ふぅ、今日はこのぐらいかなー。完全に完治すれば前みたいな動きができるんだけど」

ベリー「……」

パイン「……」

パッション「……」

ピーチ「あれ、どうしたのみんな?」

ベリー「どうしたのって……こっちの台詞よ。あんたの足どうなってんのよ」

ピーチ「たぶん、まだ折れてるかもしれないけど……気合で痛くなくした!」

ベリー「……意味分かんない」

ピーチ「あのね、ブラック先輩に教えてもらったんだけど…」

ベリー(なんなのよこの子……ありえない……本当に人間なの?)

ベリー(こんな子に……勝てるわけがない……。むしろひくわ)

ここまで

パインは表面上は「まぁまぁパッションだって頑張ってるわよ」とフォローしつつ
心の中で「ざまぁww」って思ってるような子だって信じてたのに!

パイン「それ……結局まだ治ってないの?」

ピーチ「大丈夫大丈夫、骨折なんてプリキュアやってれば治るから」

ベリー「……」

パイン「すごいのね……ピーチ。ほんとに、驚いたわ」

ピーチ「そうだ、あたしこれから一応病院に行かなくちゃいけないんだった。じゃあ、お先にねー」

パッション「あっ、ピーチ。私も付き添うわ」

ベリー「……パイン、どう思う?」

パイン「うーん、どうって言われても」

ベリー「あはは、ほんと……ピーチだけまるで別世界の住人みたいだわ。それともなんとかライダーみたいに機械に改造でもされてるわけ?」

パイン「私たちの前の世代から、ピンクに選ばれる人って特別な人を選んでるって聞いたから……やっぱり、ピーチは普通と違って特別なのかもしれないわね」

ベリー「なによそれ……。結局あたしは、はじめからあの子には勝てなかったってことなの……」

パイン「?」

ベリー「そりゃそうよね……最初から特別だったんだから」

ベリー「あたしって一体……」

パイン「ベリー?」

ベリー「……」

・・・・・病院

パッション「あ、どうだったピーチ?」

ピーチ「うん、良くなってるって」

パッション「本当に……!?」

ピーチ「先生も驚いてたよ。やっぱりブラック先輩の言うとおり、大丈夫だったね」

パッション「どうして……」

ピーチ「え?」

パッション「どうしてそこまでして……頑張れるの」

パッション「骨まで折れたのに、どうして……」

ピーチ「うーん……今あたしが休んだら、子どもを裏切るってことになるから」

ピーチ「何があっても諦めないってことは、いつもプリキュアで子ども達に教えてることでしょ?」

パッション「……」

ピーチ「だから、あたしが諦めちゃダメなんだよ。子ども達に諦めちゃいけないって教えるあたしが、簡単に諦めちゃダメなの」

ピーチ「それにあたしの今の立場って、すごく重要なんだと思うんだ」

ピーチ「だってプリキュアってさ、先輩たちが頑張ったおかげで今も続いてるでしょ?」

ピーチ「それをあたし達が引き継ぐって事は、すごくプレッシャーがかかって、簡単に投げ出すことなんてできないの」

ピーチ「特にあたしはリーダーだから……あたしがしっかりしないとパッションにベリーにパイン、それに先輩たちやこの後プリキュアになる子にも迷惑がかかっちゃう」

ピーチ「だから、みんなを引っ張っていくあたしは何があってもくじけちゃいけないの。いつも笑顔で、明るく元気に……それがプリキュアのリーダーの資格だから」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「って、ブラック先輩に教えてもらったの。えへへ。他にも話を聞いたら、ドリーム先輩は二年間もあたしと同じようなことしてたって言うし……」

ピーチ「骨折ぐらいでへこむわけにはいかないよね。あたしも頑張って、先輩たちに追いつけるようにしないと」

パッション「……」

ピーチ「あたし、一生歩けなくなってもいいから……せめて、プリキュアが終わるまこの身体には元気でいて欲しいな」

・・・・・桃寮

ブラック「それで、調子はどう?」

ピーチ「バッチリです!もうすぐ治ります」

ブラック「そっか、よかったよかった」

ルージュ「一体足どうしたのよ……なんで動かせてるわけ?」

ピーチ「気合ですよ、気合」

ルージュ「はぁ?」

ピーチ「気合で治したんです。左足を痛いと思えば、右足は痛くなくなるんです!」

ルージュ「何よそれ……。よく分かんないけど、そんな無茶してたら後でツケが回って来るわよ。大人しくしていた方がいいんじゃない?」

ピーチ「休んでる暇なんてないです! だってあたし、プリキュアだし」

ブラック「おっ、さすが現役プリキュア。頼もしい限りね」

ルージュ「たまに感じるんですけど……あたしここのノリについていけない」

・・・・・トレーニングルーム

パッション「はぁ……はぁ……」

ブルーム「ねーパッション、まだ続けるの?」

パッション「まだ……ノルマが終わってないですから」

ブルーム「偉いねー、こんな遅くなのに。サボっても別に先輩にチクったりしないよ?」

パッション「いえ、やらなきゃいけないことですから……」

ブルーム「そっか。じゃあ頑張ってね、あたしはもう部屋に戻って寝るから」

パッション「シャワーは浴びないんですか?」

ブルーム「え? ああ、いいのいいの。あんまり汗かいてないし大丈夫でしょ。じゃ、おやすみ〜」

パッション「おやすみなさい」

パッション(こんなことでへばっていたら、ピーチについていけない)

パッション(ピーチはあんな状態でも頑張ってるっていうのに、私は……)

パッション「……」

パッション(私……プリキュアとして上手くやっていけてるのかしら。この寮に来てから、まだ実感がない)

パッション(確かに仕事は増えたけど……それはきっと、私の実力じゃないわ。私が新しくプリキュアになったばかりだから、注目されてそれで仕事が増えただけ)

パッション(私の実力は、まだ認められていない。もっと頑張らなきゃ……ピーチみたいにはなれない)

パッション(もっと……もっと……)

・・・・・翌日

パッション「……」ウトウト

パイン「大丈夫?」

パッション「あ……パイン」

パイン「だいぶ疲れてるみたいね。大丈夫?」

パッション「ええ……大丈夫よ」

パイン「……ごめんね、昨日は」

パッション「え?」

パイン「ほら、テレビ番組の撮影が終わった後。私、パッションにきついこと言っちゃったでしょ」

パイン「もうちょっと頑張ったほうがいい、って。パッションは一生懸命やってるのに」

パッション「ううん……昨日は私が悪かったんだし、謝らないで」

パイン「私も悪いわ。パッション……もし私で力になれることがあったら、遠慮なく言ってね」

パッション「ありがとう…」

パイン「いいのよ、私たち仲間でしょ?」

パイン「今は休憩中だし、ゆっくり休みましょ。なにか飲み物でも買ってくる?」

パッション「あ…じゃあお願い」

パイン「ええ。待っててね」

パッション「はぁ……」

パッション(確かに疲れが溜まってるわね……何か疲れがとれるようなものないかしら)

ガチャッ

ベリー「……」

パッション「あ…ベリー」

ベリー「……パインは?」

パッション「今、飲み物買って行ってくれて」

ベリー「あっそう」

パッション「……」

ベリー「……」

パッション「……あ、そ、そうだ。ねえベリー」

ベリー「……なに?」

パッション「なにか、疲れが取れるようなもの知らない?」

ベリー「は?」

パッション「食べ物とか、そういうグッズとか……。そういえば、他にもアロマエステとか色々あるのよね、確か」

パッション「ベリーってそういうの詳しそうだし、何か教えて欲しいと思って」

ベリー「……」

パッション「ベリー……?」

ベリー「なに? 忙しくて疲れてる自慢でもしたいわけ?」

パッション「え?」

ベリー「はっ……馬鹿にして」

パッション「え? あの……」

ベリー「……」

ガチャッ

パイン「おまたせ〜。あっ、ベリー」

ベリー「もう、どこ行ってたのよ。パインがいないからつまんなかったわ」

パッション「……」

パイン「飲み物買ってきたの。パッションに頼まれて」

ベリー「へー、同じプリキュアをこき使うなんてすごく偉い人がいるのね」

パッション「わ、私は別に……」

ベリー「ねえパイン、この雑誌見てよ。この前あたし達が撮影された写真載ってる」

パイン「あっ、本当だ。ベリーの写真うつり良いわね」

ベリー「パインだって中々よ。ふふ」

パッション「……」

ここまで

・・・・・握手会場

ワイワイ ガヤガヤ


ピーチ「わぁー、見てみて。子どもたちいっぱい集まってるね」

ベリー「んー……よかった。今日はあの気持ち悪い大人たちはいないみたいね」

パイン「今日は子ども限定のイベントだしね。あっ、でも来週私とパッションは大人向けのイベントに出るのよね」

パッション「ええ」

ベリー「パインも大変ね。あんなのを相手にしなきゃいけないなんて」

パイン「仕事だし、しょうがないわ」

パッション「……」

パッション(握手会……そういえば初めてね。緊張するわ)

ピーチ「もうすぐ出番だよ。みんな準備しよ」

女性司会「それでは、プリキュアのみんなを呼んでみよう! 大きな声で、せーの…」


「「「プリキュアー!!」」」


ピーチ「はーい!」

ワーワーキャーキャー!!

ベリー「みんな、こんにちはー!」

パイン「こんにちは!」

「プリキュアー!」
「こっちみてー!」

パッション(すごい…子ども達があんなに目を輝かせて)

女性司会「それでは子どもたちも待ちかねているみたいなので、さっそく握手をはじめてもらってもよろしいでしょうか?」

ピーチ「はい!」

女性司会「じゃあみんな、順番にならんでプリキュアと握手しよう!」

ピーチ「はい、こっちへどうぞ」

幼女A「ピーチこんにちは!」

ピーチ「はーい、こんにちは! いつも応援ありがとうね」

幼女A「がんばってね、ピーチ」

ピーチ「ありがとう、これからもがんばる!」

パッション(あんなに喜んでる…やっぱりピーチは人気なのね)

幼女A「ベリーもがんばってね」

ベリー「ふふ、ありがとう」

幼女A「ベリーだいすきです!」

ベリー「あたしも、あなたのこと大好きよ。これからも応援よろしくね」

幼女A「うん!」

パッション(もうすぐ私のところにくる……)

パイン「これからもよろしくね」

幼女A「うん!」

パッション(来た…!)

幼女A「こんにちは!」

パッション「こ、こんにちは」

幼女A「パッションもプリキュアになれてよかったね」

パッション「え? あ、ありがとう」

幼女A「パッションもしあわせになれるといいね!」

パッション「え、ええ、そうね」

幼女A「これからもがんばってね!」

パッション「ありがとう」

パッション(……もうちょっと、何か気の利いたことを言ったほうがいいかしら。って、もう次がくる)

幼女B「パッション!」

パッション「は…はーい、パッションよ」

幼女C「パッションかみフワフワ〜」

パッション「あ、あはは。フワフワ〜」

ピーチ「はーい、次の子どうぞ!」

幼女M「……」

ピーチ「こんにちは!」

幼女M「…こんにちは」

ピーチ「今日は来てくれてありがとう。はい、握手しよ」

幼女M「……」

ピーチ「今日はお母さんと一緒に来たの?」

幼女M「一人……」

ピーチ「へー、一人で来たんだ。すごいね!」

幼女M「別に子どもじゃないし……一人で来れるわ」

ピーチ「でも偉いよ。これからも応援よろしくね」

幼女M「……うん」

ベリー「はーい、こんにちは」

幼女M「……」

ベリー「あら、あなたかわいいわね。もしかしたらプリキュアになれるかもしれないわよ」

幼女M「ど、どうも」

ベリー「ふふ、これからも応援よろしく」

幼女M「……」

パイン「こんにちは。はい、握手しよ」

幼女M「……」

パイン「今日は来てくれてありがとう。あなたに会えて嬉しいわ」

幼女M「……」

パイン「これからも、私たちのことを応援してね」

幼女M「うん……」

パッション「こんにちは」

幼女M「……こんにちは」

パッション「いつも応援ありがとう。あなたが応援してくれるおかげで私も頑張れるわ」

幼女M「……」

パッション「?」

幼女M「プリキュアって……誰でもなれるの?」

パッション「え? そうね……友達を大切にできる子は、誰でもなれるわよ」

幼女M「……そう」

パッション「あなたはプリキュアになりたいの?」

幼女M「……うん」

パッション「がんばってね。信じ続ければきっと夢は叶うわよ」

幼女M「そうだといいけど……」

パッション「あはは…」

パッション(なんか変わった雰囲気の子ね)

パッション「はい、次の子どうぞ」

幼女N「……」

パッション「こんにちは」

幼女N「……」

パッション「?」

幼女N「ひっぐ……うえええええん」

パッション「ど、どうしたの!? どこか痛いの?」

幼女N「こわよー! うえええええええん」

パッション「え? え??」

ベリー「ちょ、ちょっと何があったの」

パッション「わ、私にもよく分からなくて……」

幼女N「ひっぐ……えぐ……」

ベリー「よしよし、大丈夫? どこか痛むの?」

幼女N「こいわの……ぐずっ」

ベリー「こわい?」

幼女N「パッションこわい……」

パッション「え……」

ベリー「パッションがこわい?」

幼女N「ひっぐ……うう……」

パッション「……」

ベリー「泣かない泣かない、大丈夫よ。パッションはあなたを襲ってきたりしないわ」

幼女N「ぐずっ……」

ベリー「よしよし、あたしが元気の出るおまじないかけてあげる」ナデナデ

幼女N「ありがとう……」

ベリー「じゃあこわいならパッションとは握手しなくていいから、先に進んで」

幼女N「うん……」

ベリー「みんな、心配しなくても大丈夫よ。握手会続けましょ」

パッション「……」

パッション(私のことが怖いって……どういうこと……)

ベリー「はーい、いつも応援ありがとうね」

パイン「これからもよろしくね」

パッション(どうして私のことを怖いなんて……)

幼女O「……」

パッション「あ…こ、こんにちは」

幼女O「きらい!」

パッション「え?」

幼女O「だいきらい!!」タタタッ

パッション「あ……ちょ、ちょっと」

パッション(なんで……逃げて……)

幼女P「パッションこんにちは!」

パッション「え…あ…こんにちは」



ベリー「……」

・・・・・

ピーチ「さっきは何があったの?」

パッション「分からない……いきなり子どもが泣き出したと思ったら、次の子には逃げ出されて」

パッション(他にも後から私のこと避けるような子どもがいたし……)

ベリー「あんた、ひょっとして子どもに何かひどいことしたんじゃないでしょうね!?」

パッション「そ、そんなことしてないわ」

ベリー「じゃあなんで泣き出したりしたのよ!」

パッション「それは……」

ガチャッ

スタッフ「あ、パッションさん。さっきは大丈夫でしたか?」

パッション「え? あ、は、はい」

パイン「一体どうしたんですか?」

スタッフ「いやそれが、今日来た子の中にはパッションさんを怖がる子が何人かいまして」

ピーチ「どうしてパッションが?」

スタッフ「それはですね……パッションさんもともと敵側の人間だったじゃないですか。敵だった頃の怖いイメージが残ってる子どもがいるみたいなんですよ」

パイン「それで、いまだにパッションを怖がってるってことですか?」

スタッフ「はい。プリキュアになってもそれが変わらないみたいで」

パッション「そんな……」

ベリー「……プッ」

パッション「……」

スタッフ「けど、怖いイメージなんてそのうち払拭できますよ」

ピーチ「そうだよ! 気にしないでパッション」

パッション「……」

スタッフ「ではこの後も引き続きお願いしますね」

ガチャッ バタン

ここまで

パイン「まぁ……子どもの言うことだし、しょうがないところもあるわよね」

ピーチ「あんまり思いつめないでね、パッション」

パッション「分かってるわ……子ども達には悪意はないもの。気にしてない」

ベリー「当然よ、そんなこといちいち気にしてたらこの業界じゃやっていけないもの…ふふ。子どもっていうのは純粋だから、本当のことをついつい口に出しちゃうだけだしね」スッ…

パイン「その手紙は?」

ベリー「ああ、これ? 子どもたちからもらったの。あたしのために書いてくれたんだって」

パイン「へー、いいなぁ」

ピーチ「あたしも手紙じゃないけどプレゼントもらったよ。ほら、似顔絵だって」

パイン「あっ、かわいい。一生懸命描いてあるわね」

ベリー「こういうの貰うと、なんだかもっと頑張らなくちゃって思えてくるわよね」

ピーチ「うんうん。やる気が上がるよねー」

パッション「……」

パイン「いいなぁ、私も欲しかった」

ベリー「パインだって他の日とかは貰ってるでしょ」

パイン「確かに子どもからも貰うけど……」

ベリー「ああ…そうだったわね。まったく、同情しちゃうわパインには」

パイン「けど二人の気持ちは分かるわ。私も子どもから貰ったプレゼントは大切にしてるもの」

ベリー「そうよねぇ。このために頑張ってる、っていうのもあるしね。……ところで、あんた何か貰えた?」

パッション「わ、私…? 私はまだ……なにも」

ベリー「へぇ〜〜〜…貰えてないんだー、なにも」クスクス

パッション「……」

ピーチ「こういうのは気持ちだし。それにパッションはこれからだよ。ね?」

パッション「そ、そうだといいわ…」

ベリー「ほんと、そうだといいわね」

パッション「……」

・・・・・桃寮

ブルーム「ねー、パッション。マジック興味ある?」

パッション「マジック…手品ですか?」

ブルーム「見たい? 見たい?」

パッション「え……は、はい」

パッション(なぜか分からないけど……マジックがやりたいみたいね、ブルーム先輩は)

ブルーム「よし、じゃあ見せてあげる! 実は今練習中なんだけど、とっておきのやつ見せるね」

パッション「は、はあ」

パッション(練習中って……できれば完成してから見せて欲しいような)

ブルーム「知ってる? 千円札に穴を開けてそれを元に戻すやつ」

パッション「ああ…はい、知ってます」

ブルーム「あれやるからね、あれ。千円貸して」

パッション「……え、私のですか?」

ブルーム「うんっ」

パッション(……逆らうわけにはいかないわよね)

パッション「どうぞ」

ブルーム「ありがと。じゃあ今からやるよ、見ててね」

パッション「……」ジーッ

ブルーム「この千円札を、こうやって穴あけるでしょ? それで、こうやって……こうやって……」

ブルーム「あ……あれ……?」

パッション「どうしたんですか?」

ブルーム「ううん、なんでも。……あれ、おっかしいーな」

パッション「おかしい?」

ブルーム「ううん、大丈夫大丈夫。……あっ」

パッション「え?」

ブルーム「……ごめん、失敗しちゃった。えへへ」

パッション「し、失敗って…」

ブルーム「あたしの計算じゃちゃんと元に戻ってるはずなんだけど……ダメだったね」

パッション「…そうですか。まぁ……しょうがないですよ」

ブルーム「今度は完璧にできるようになったら見せてあげるね! あっ、この千円ありがと。返すね」

パッション「ど、どうも」

ブルーム「うーん、部屋に戻って研究しないと」

パッション「……」

パッション(穴の空いた千円って使えるのかしら……)

パッション「はぁ……」

ドリーム「パッションどうしたのwwww」

パッション「あ…ドリーム先輩。いえ、別に……なんでもないですよ」

ドリーム「wwwwww」

パッション「今日は、体調の方は大丈夫なんですか?」

ドリーム「うんwww大丈夫だよwwww」

パッション「よかったですね」

パッション(そういえば、ローズも大丈夫かしら。最近連絡ないし……元気だといいけど)

ドリーム「ねえパッションwwww」

パッション「なんですか?」

ドリーム「パッション最近暗いよwww笑顔笑顔wwww」

パッション「そ、そうですか? すみません……」

ドリーム「プリキュアはねwww笑顔じゃないとダメなんだよwww」

ドリーム「そうじゃないと子どもに嫌われちゃうんだよwww」

パッション「っ……」

ドリーム「はいっww笑顔笑顔wwww」

パッション「あ…あはは…」

ドリーム「もっと笑顔wwww」

パッション「あははは……」

ドリーム「もっともっと笑顔じゃないとだめだよwwww」

パッション「す、すみません」

ドリーム「それと元気にねwwwパッションってなんかいつも疲れてるよねwwww」

パッション「いえ…そんなことは…」

ドリーム「なんで疲れてるんだろwwwwwwあっww分かったwwww」

ドリーム「幽霊だwww幽霊がいるんだwwww」

パッション「え……?」

ドリーム「パッションの背中にねww幽霊が取り付いてるんだよwwwきっとwwww」

ドリーム「ほらww見えるよ幽霊wwwそこにいるwwww」

パッション「な、なにを言ってるんですかドリーム先輩!?」

ドリーム「えーww見えないの?wwwあたしには見えるよwwww」

パッション「……ドリーム先輩、大丈夫ですか?」

ドリーム「なにが?wwwww」

パッション「いえ、あの……」

ルージュ「あっ、ドリームなにやってるの!」

ドリーム「りんちゃんwwww」

ルージュ「今日は部屋で大人しくするって言ったでしょ。ほら、戻るわよ」

ドリーム「はーいwwww」

パッション「……あの、ルージュ先輩」

ルージュ「ああ、ごめんね。なんかドリームが変なこと言ってた? あんまり気にしないでね」

パッション「……」

パッション(本当に大丈夫かしら…ドリーム先輩)

パッション(あの様子は絶対普通じゃないわよね。たまにああいう時があるけど……やっぱり何かの病気なのかしら)

パッション(プリキュアになる前はすごい人だと思っていたけど、まさかあんな人だったなんて)

パッション(それとも、ああいうのも天才って言うのかしら……)

パッション「……あれ? ピーチ?」

ピーチ「あっ、パッション」

パッション「どうしたの? それ……野球のグローブ?」

ピーチ「うん、今度プロ野球の始球式で投げるの。だから今からピッチングの練習しておこうと思って」

ピーチ「150キロは出したいよね!」

パッション「そ、そう……頑張ってね」

パッション(本当に足大丈夫なの……)

ブラック「パッション、ちょっといい?」

パッション「は、はい」

ブラック「今ヒマ? ヒマだったら一緒にコンビニ行かない?」

パッション「コンビニですか? いいですよ」

・・・・・

ブラック「ふぅ、買った買った」

パッション「飲み物とか日用品とか、一度にこんなに買うんですか?」

ブラック「なくなったときにいちいち買いに行くのめんどうでしょ? まとめて買ったほうが楽じゃない」

パッション「なるほど……。でも、これだとコンビニよりスーパーで買ったほうが安いですよ」

ブラック「えっ、そうなの?」

パッション「はい、私はよく行ってましたから。値段が全然違うんです」

ブラック「んー……でも今スーパー行くのめんどうだしねえ。それにお金持ってるんだから、そんな心配しなくてもいいでしょ」

ブラック「パッションだって結構稼いでるでしょ?」

パッション「え? それは……」

ブラック「ぶっちゃけギャラはどれぐらい貰ってるのよ。ほら、言ってみなさいって」

パッション「そ、そんなことは別に…」


「あのー、すみません」

ブラック「はい?」

「もしかして…プリキュアのお二人ですよね」

ブラック「ええ、はい。そうですけど」

「すごい、こんなところで偶然会えるなんて! あ、すみません。実は娘が大ファンでして……ほら、おいで」

娘「……」

「よかったら、握手してあげてくれないでしょうか?」

ブラック「ああ、はい。いいですよ」

パッション(子ども……)

ブラック「はい、どうぞ。お姉ちゃんのこと知ってる?」

娘「しってる! ぶらっくさんだー!」

ブラック「あっ、ちゃんと知ってるんだ。あたしが現役だったのはもう結構前なのに」

「オールスターズを見て、それでファンになったんです。昔のDVDとかも見ていて、フレッシュと同じくらい好きなんですよ」

ブラック「へー、そうなんですか。オールスターズに出てよかった」

ブラック「ありがとねー、よしよし。あはは、かわいー」

娘「えへへ」

ブラック「はい?」

「もしかして…プリキュアのお二人ですよね」

ブラック「ええ、はい。そうですけど」

「すごい、こんなところで偶然会えるなんて! あ、すみません。実は娘が大ファンでして……ほら、おいで」

娘「……」

「よかったら、握手してあげてくれないでしょうか?」

ブラック「ああ、はい。いいですよ」

パッション(子ども……)

ブラック「はい、どうぞ。お姉ちゃんのこと知ってる?」

娘「しってる! ぶらっくさんだー!」

ブラック「あっ、ちゃんと知ってるんだ。あたしが現役だったのはもう結構前なのに」

「オールスターズを見て、それでファンになったんです。昔のDVDとかも見ていて、フレッシュと同じくらい好きなんですよ」

ブラック「へー、そうなんですか。オールスターズに出てよかった」

ブラック「ありがとねー、よしよし。あはは、かわいー」

娘「えへへ」

ブラック「ほらパッション、あんたも握手してあげて」

パッション「は、はい」

娘「ありがとうございます」

パッション「いいえ、どういたしまして。ふふ」

「よかったな。パッション好きだもんな?」

娘「ピーチのほうがすき」

「あ……」

パッション「あはは……い、いいんですよ別に。これからも応援よろしくね」

娘「うん!」

ブラック「あっ、そうだ。ちょっと待っててください」

パッション「どうしたんですか、ブラック先輩?」

ブラック「ちょっとここにいて。すぐ戻ってくるから」

パッション「?」

ブラック「おまたせ!」

パッション「なにか買ってきたんですか?」

ブラック「コンビニに戻って色紙とペン買ってきたの。待っててくださいね、今サイン書いちゃいますから」

「えっ、いいんですか?」

ブラック「せっかくですし」

「すみません…ありがとうございます!」

ブラック「ほらパッション、あんたも書く」

パッション「あ、は、はい」

ブラック「はい、どうぞ。これからもプリキュアを好きでいてね」

娘「ありがとう!」

パッション「私も、どうぞ」

娘「パッションもいちおうありがとう!」

パッション「あはは…」

「すみません、本当にありがとうございます!」

ブラック「いいんですよ。じゃ、あたし達はこれで」

ブラック「あの子喜んでたねー」

パッション「そうですね」

ブラック「やっぱファンあってのあたし達だしね。ああいう子どもの喜んでる姿みるとこっちも嬉しくなるし」

パッション「はい」

ブラック「けどパッション、あの子の前でちょっと笑顔が引きつってたわよ」

パッション「え…」

ブラック「子どもにピーチの方が好き言われてショックだった? でも笑顔はちゃんとしておかないと」

ブラック「少しでも顔を崩したりしたら、子どもは敏感なんだからすぐに不安がるわよ。ただでさえパッションは最近表情暗いんだし」

ブラック「敵幹部の頃とかだったらいいかもしれないけど、プリキュアになったんだからもう切り替えていかないとダメよ?」

パッション「は、はい……すみません」

ブラック「ま、元気良くいきましょ! 基本はそこから!」

パッション(ブラック先輩はすごい……ああやってサインを書いてあげるような機転の利くこともできてファンも大切にできるし)

パッション(それに比べて私は……はぁ)

パッション(桃寮の人って、みんなすごい人ばかりなのよね。あんなトレーニングもやってプリキュアもやって……)

パッション(私とは考え方から何からが全く違う。まるで別次元の人たちみたい。私は全然ダメ……)

パッション(なんだか、自信がなくなってきたわ……)

ここまで

・・・・・一週間後

パイン「パッションは初めて? こういう大人向けのイベント」

パッション「そうね……。そもそも、大人向けのイベントなんてあるとは思ってなかったわ」

パイン「去年まではなかったんだけど、今年から開催されるようになったらしいわよ。本来の子供向けのイベントよりは規模は小さいけど」

パッション「やっぱり、先週みたいな握手会とは雰囲気が違うの?」

パイン「ええ、全然違うわ。実際に体験してみれば分かると思うけど」

パッション「でも、なんで私たちだけで……」

パイン「スケジュールの都合だし仕方ないわ。ピーチもベリーも他の仕事が入ってるし」

パイン「けどベリーはスケジュールが空いていたとしても、こういうイベントには来たがらないでしょうけどね」

パッション「はぁ……緊張するわ」

パッション(ただでさえ先週は上手くいかなかったのに……今日は大丈夫かしら)

パイン「あっ、そろそろ時間ね。行こっか」

ガヤガヤ ザワザワ

警備「ちゃんと並んでくださーい!」

パッション(思っていたより来てるのね。本当に大人の人ばかり)

パッション(女の人の姿も見えるけど……ほとんど男の人ね)

パッション(なんか……異様な光景だわ)

パッション「……」

パッション(握手が終わったらトークイベントに歌のレッスン。帰ったらトレーニング……)

パッション(本当に毎日ハードだわ。けど……頑張らないとね)



大友A「どもども」

パイン「こんにちは〜。あっ、また来てくれたんですね」

大友A「覚えててくれてた?」

パイン「はい、もちろん!」

大友A「俺ずっとパイン応援してるからマジ頑張ってね。パインなら絶対てっぺん取れるよ」

パイン「ふふ、ありがとうございます」

大友A「またね、パイン。またねー!」

パイン「はーい、ばいば〜い」

大友B「こんにちは」

パイン「こんにちは〜。あっ、その服かっこいい。お洒落ですね」

大友B「この前パインがこういう服好きってテレビで言ってたから」

パイン「ふふ、似合ってますよ。素敵です」

大友B「いつもパインのこと見てます。がんばってください」

パイン「はい、ありがとうございます。ばいば〜い」

大友C「どうも」

パイン「こんにちは」

大友C「パインっていい声だよね」

パイン「本当ですか?」

大友C「すごい好き、癒される」

パイン「ありがとうございます。ばいば〜い」

大友D「はじめまして」

パイン「はじめまして、こんにちは」

大友D「自分みたいなおっさんが来てよかったのかな」

パイン「何でですか? 全然いいですよ、来てくれてすごく嬉しいです」

大友D「よかった。人気投票パインに投票したよ。これからもがんばってね」

パイン「はい、ありがとうございます。ばいば〜い」

パッション(パイン……なんか手馴れてるわね。すごい)

パッション(あっ、私のところにも来る…!)

大友E「こんにちは」

パッション「こ、こんにちは」

大友E「服暑くない?」

パッション「え? 服?」

大友E「服」

パッション「あ…はい。大丈夫です…」

大友E「がんばってね」

パッション「は、はい」

大友F「ども」

パッション「こんにちは」

大友F「イース良かったよ」

パッション「あ、ありがとうございます」

大友F「もうイースには戻らないの?」

パッション「えっと……どうなんでしょう」

大友F「戻ってホシイナー」

パッション「あはは…」

大友F「がんばってね、応援してるから」

パッション「は、はい。ありがとうございます

パッション(ここまで大丈夫かしら…笑顔引きつってないかしら)

大友G「よう、来たよ」

パッション「ど、どうも」

大友G「緊張してる?」

パッション「い、いえ。大丈夫ですよ」

大友G「パッションはもっと輝けるから。期待してるよ」

パッション「あ、ありがとうございます」

大友H「こんにちは!」

パッション「こ、こんにちは」

大友H「幸せゲットだよ!」

パッション「え…あ…は、はあ」

大友H「パッション完璧!」

パッション「ええと……あ、ありがとうございます」

大友I「どうも」

パッション「こんにちは」

大友I「パッションもうちょっと頑張ったほうがいいよ。まだちょっと浮いてる感あるから」

パッション「は、はあ…」

パッション(なんでこんなこと言われなきゃいけないんだろう……)

大友I「じゃ、がんばって」

パッション「あ…ありがとうございます」

パッション(……なんか、手がベトベトする)

・・・・・

パッション「はぁ……」

パイン「お疲れさま」

パッション「お疲れさま……なんか、先週よりも疲れたわ。精神的にすごく」

パイン「あっ、ちゃんと手洗った? よく洗わないとダメよ、汚いから」

パッション「ええ…後で洗うわ。それより、その箱に入ってるのは?」

パイン「これ? ファンの人たちから送られたプレゼントが入ってるの。パッションにも来てるわよ」

パッション「私にも?」

パイン「でも開けちゃダメよ。何が入ってるか分からないから、危険だし」

パッション「そ、そう……」

パイン「じゃあ私先に上がるから。今日はこの後に歌のレッスンだっけ? がんばってね」

パッション「ええ。また明日ね」

パッション(結局イベント中ずっとパインは笑顔を崩さなかった。ファンとのコミュニケーションも上手いし)

パッション(パインって、意外とすごいわ。それに比べて私……まだまだね)

・・・・・桃寮

パッション「はぁ…はぁ…」

パッション(レッスンが遅れたせいで、帰りも遅れちゃった。そのせいでトレーニングの時間もおしちゃったし……)

パッション(ノルマが終わったと思ったらもうこんな時間。早く寝ないと)

パッション(でもその前に……ちょっとリビングに行って飲み物でも飲んでおこう)

パッション「……」フラフラ

ルージュ「ん? パッション、こんな時間に何してるの?」

パッション「あ……ルージュ先輩」

ルージュ「まさかこんな時間までトレーニングルームいたの? もう遅いでしょ」

パッション「いえ……今日のノルマがまだ終わってなくて」

ルージュ「だけど、どう見てもやつれてるわよ。あんたちょっと最近無理しすぎじゃない?」

パッション「だ、大丈夫です。それに私はもっと頑張って他の子に追いつかないといけないですし……」

パッション「頑張らないと、この寮にいられない気がして……」

ルージュ「はぁ……あたしはさ、あんたの真面目なところは好きだけど」

ルージュ「少し真面目すぎるわよ。無理して一番辛いのは、あんたでしょ?」

パッション「無理は……してないです。ピーチは私と同じぐらい……いえ、私よりももっとがんばってるのに……これぐらいで弱音は吐けません」

パッション「ピーチと約束したんです、一緒にがんばるって……。だから、私はピーチみたいになりたいから……」

ルージュ「あんたはよくやってるわよ。この寮の無茶苦茶なやり方にもちゃんとついていってるし」

パッション「……」

ルージュ「ほら、今日は早く寝なさい。身体が資本なんだから、壊したら元も子もないわよ」

パッション「はい……失礼します」

ルージュ「……」

ルージュ(あれじゃ、自分で自分を潰してるようなものね)

ルージュ(いい子なんだけどねぇ……それだけにもったいないわ。この寮にいたらダメになっていく気がする)

ここまで

・・・・・青寮

ベリー「んふふ……」

ベリー(この前のイベント時のパッションの顔……。あのショックを受けた顔を思い出すと今でも笑いがこみ上げてくるわ)

アクア「なにか良いことでもあったの?」

ベリー「え?」

アクア「顔がにやけてるわよ」

ベリー「いえ別に……大したことじゃないですよ。あはは」

アクア「なにか気になるわね。教えてちょうだい」

ベリー「ほんと、大したことじゃないんで。ちょっと思い出し笑いしただけですから」

アクア「仕事のこと?」

ベリー「ええ、まぁ」

アクア「そう……プリキュアの仕事は楽しい?」

ベリー「はい。忙しいですけど、充実してます」

アクア「よかったわ、ベリーがそう思えるのなら。今のところ特に問題はない?」

ベリー「問題?」

アクア「なにか…仕事のことじゃなくて、プライベートでトラブルがあったり」

ベリー「ないですよ。プライベートなんてほとんどないようなものですし、仕事だけで手一杯」

アクア「ならいいわ。その調子で、今の仕事に集中するのよ」

ベリー「はい」

アクア「……」

ベリー「どうしたんですか?」

アクア「え? いえ……ちょっと、自分が現役の頃を思い出してね」

ベリー「つい去年のことじゃないですか。もうそんなに感慨深くなっちゃうんですか?」

アクア「ふふ……まあね。あっという間だわ。自分がこうして後輩と一緒に過ごしてるなんて、去年は考えられなかった」

ベリー「仕事は楽しかったですか? アクア先輩」

アクア「今思えば……もう少し真面目にプリキュアに取り組むべきだったと思うわ。そうすれば、楽しかったかもしれない」

ベリー「えー、なんですかそれ? 真面目じゃなかったって…ひょっとしてアクア先輩って、不良だった?」

アクア「ふふっ。不良じゃないわよ」

ベリー「でも意外ですね、アクアさんってすごい真面目なイメージなのに。自分でそんなこと言うなんて」

アクア「そうでもないわ。私なんて…全然ダメで。あなたはもちろん、真面目にやってるんでしょうけどね」

ベリー「も、もちろんいつでも真剣ですよ、私は」

アクア「これからもがんばるのよ。あなた達の世代から、プリキュアはどんどん変わっていくんだから」

ベリー「うわー、なんかすごいプレッシャー。うふふ」

・・・・・

パッション「……」フラフラ

ピーチ「パッション大丈夫? なんかフラついてるよ」

パッション「大丈夫よ…ピーチ」

ピーチ「本当に? 朝ごはんも全然食べてなかったでしょ」

パッション「食欲があんまりないの……」

ピーチ「あー、あたしもあたしも。今朝もおかわり三杯しか食べなかったし」

パッション「……ねえピーチ」

ピーチ「なに?」

パッション「ピーチは……プレッシャーにどうやって耐えてる?」

ピーチ「え? プレッシャー?」

パッション「最近ね、あちこちから言われるの。『がんばれ』って」

パッション「スタッフの人から、玩具のスポンサー、ファンの人にマスコミの人、他の事務所の人や芸能人からも、みんな私にがんばってくださいって」

パッション「もちろん、応援されることは嫌じゃないの。それはとても嬉しいことだし、幸せなことだって分かってる。けど……私、ちゃんとみんなの期待に応えられているのかしら」

ピーチ「パッション……」

パッション「いくら頑張っても、私は全然応えられていない」

ピーチ「そんなことないよ」

パッション「いいえ……最近仕事をしても、ミスばかりだし。その度に周りの人たちの顔を見ると、私は失望されてるんだって分かって……」

ピーチ「全然そんなことないって。ミスなんて誰でもあるんだし。ほら、あたしだってあるし」

ピーチ「だからそんなことでパッションに失望なんてする人はいないよ」

パッション「……ずっとね、頭から離れないの」

ピーチ「え?」

パッション「握手会で、私のことを怯えた目で見た子供の顔……あれがずっと忘れられないの」

パッション「私、あんなに嫌われていたなんて……」

ピーチ「もうパッションってば、もっと前向きに考えなきゃ!」

ピーチ「この前の子だって、パッションの活躍を見てるうちにいつの間にかパッションのファンになってるかもしれないよ? もしかしたら、もうなってるかも」

パッション「……」

ピーチ「だから、とにかく頑張ればいいんだよ! 信念を貫いて、自分のやるべきことをやれば必ず結果は出る……って、ブラック先輩も言ってたし」

パッション「ええ…そ、そうよね。頑張ればいいのよね」

ピーチ「ほらパッション、笑顔笑顔」

パッション「ごめんねピーチ……ピーチだって大変なのに、私ばかり愚痴言って」

ピーチ「気にしてないよ。気合入れていこう!」

パッション「え、ええ」

ピーチ「あっ、そうだ。あたし監督に呼ばれてるんだった。先に控え室に行ってて」

パッション「分かったわ」

・・・・・

ガチャッ

パッション(まだ、誰もいないみたいね)

パッション「はぁ……」

パッション(ピーチの手前、あんなこと言ったけど……私、本当にこのままで大丈夫なのかしら)

パッション(話に聞いたら、パッションハープもあまり売れてないみたいだし……)

パッション(もし私のせいで売れてないとしたら、私……)




ベリー「えー、本当に?」

パイン「うん。ほんとほんと」




パッション「!!」

パッション(あの声…ベリーたちが来る)

ガチャッ

ベリー「よくやれるわよね、そんなイベント」

パイン「さすがに辛かったわ。あっ、おはようパッション」

パッション「お、おはよう」

ベリー「……でもさー、なんでそんなイベント開こうとするのかしらね」

パッション「っ……」

パイン「え、あ……聞いた話だと、子どものイベントに大人が大勢来て迷惑になるから、その受け皿としてそういうイベントを用意しなくちゃいけなかったんだって」

ベリー「なによそれ、パインは苦労してるっていうのに。ほんと、ああいう気持ち悪いのは全部いなくなっちゃえばいいんだわ。死んじゃえばいいのよ、ああいうのに限ってどうせ無職とかそういうのでしょ?」

ベリー「死んだほうが子ども達のためにもプリキュアのためにも、世界のためにもよくなるわ。あははっ」

パッション「あ……ベ、ベリー」

ベリー「……」

パッション「おはよう…」

ベリー「……ちっ」

パッション「っ……!」

ベリー「ねーパイン、この辛気臭そうな人誰だっけ?」

パイン「え? ええっと……パッション」

ベリー「あーそうだったそうだった。パッションだったわね」

ベリー「おはよう、パッション」

パッション「お…おはよう」

ベリー「パッション様は朝からお疲れみたいですねー。ずぅーっと仕事で大変でしたかぁ?」

ベリー「人気者は辛いですねー。羨ましいわ、大したことできないくせに仕事ばっかりは来るんだもの」

パッション「そ、そんな……」

ベリー「私もパッションみたいに楽して人気者になりたいわ。どうすればいいのかしら? どうすればいいと思う? パイン」

パイン「さ、さぁ」

ベリー「私もあの馬鹿みたいな辛気臭い顔真似てみようかしら。そうすれば人気出るかも」

ベリー「あっ、でもそんな気持ち悪い顔して子どもに嫌われたらしょうがないわよね」

パッション「……」

ベリー「ねーパイン、今度出るクイズ番組だけど勉強とかしてる?」

パイン「え? うーん……ちょっとはね」

ベリー「あたしってさー、ほら、完璧キャラじゃない? どんな問題が出ても一問も外すわけにはいかないのよねー」

ベリー「だから毎日勉強ばっかりで」

パイン「大変ねえ」

ベリー「あっ、そうだ。問題の出し合いっこしましょうよ。今から本番に向けて練習よ」

パイン「ええ、いいわよ」

パッション「……」

パッション(さっきのは……私が悪かったのよね)

パッション(プリキュアなのに、暗い顔してる私が悪いのよ……プロ意識が足りないんだわ)

パッション(ほんと私って、なんでこんなにもダメなの……)

・・・・・病院

医者「どうですか? 最近の調子は?」

ローズ「ええ……まぁ、好調とは言えないですけど、だいぶ落ち着きました」

医者「もう十分回復してきてますね。後しばらくすれば、病院通いもしなくてよくなりますよ」

ローズ「そうですか……」

医者「今回体調を崩されたのは、やはり仕事によるストレスが原因でしょうね。その仕事が終わって開放された後、今まで無理して溜めていたものが押し寄せたんでしょう」

ローズ「……」

医者「やっぱりプリキュアは大変ですか?」

ローズ「え?」

医者「いえ、この前外科のほうにもプリキュアの方が来ていたみたいで。なんでも足を骨折したとかで」

ローズ「こ、骨折?」

医者「撮影中にしたそうですよ。けどなぜかすぐに回復したみたいで。ほんとすごいですね、プリキュアは」

ローズ「……」

医者「ああ、すみません。時間がおしてしまいましたね。では薬はいつもの物をもらってください。お大事に」

ローズ「はい……ありがとうございます」

・・・・・

ローズ(骨折って、誰がやらかしたのよ。まさかイース?)

ローズ(でもすぐに治ったなんて……変な話ね。そんな人間聞いたことないわよ)

ローズ「……」

ローズ(イース、ちゃんとやってるかしら。あれで繊細な子だし、過労とかで倒れてなければいいけど)

ローズ(たまにはメールでも送っておこうかしら)

ローズ「……はぁ」

ローズ(もうすぐ病院通いも終わりそうだし、記念になにか美味しいものでも買って帰ろっと)

ローズ(なに買おうかな……)

アクア「あ……」

ローズ「!!」

アクア「ローズ……」

ローズ(アクア……なんでここに……)

アクア「えっと……その……久しぶりね、こうして会うの」

アクア「オールスターズの撮影以来かしら」

ローズ「……」

アクア「体調は大丈夫? しばらく入院もしてたって聞いたけど……」

ローズ「……」

アクア「お見舞いに行けなくて、ごめんなさい。私……その……」

ローズ「……」

アクア「あっ…待って、ローズ!」

ローズ「……何しに来たのよ」

アクア「え……」

ローズ「プリキュア5は終わったんだから……もう私には関わらないで」

アクア「っ……」

ローズ「滅茶苦茶よ……あなた達のせいで……私は……」

アクア「ローズ……」

ローズ「……さようなら」

アクア「……」

ここまで

・・・・・桃寮

ブラック「あたし午後仕事の打ち合わせだから。帰りどこかで食べていくしあたしの分の夕飯は作んなくていいよ」

ルージュ「はーい。…ブラック先輩、関係ない話なんですけどちょっといいですか」

ブラック「ん?」

ルージュ「パッションのことなんですけど。あの子、最近ちょっと無理してる気がしません?」

ブラック「うーん……そうかもね」

ルージュ「そうかもねって……そうですよ。多忙な仕事の上にここでの生活習慣にまったく慣れてないから、身体も精神もボロボロになってますよ」

ブラック「なにが言いたいのよ」

ルージュ「せめてパッションにトレーニングの量を減らしてあげたりとか、してくださいよ」

ブラック「パッションが減らして欲しいって言ったの?」

ルージュ「いいえ、あの子は真面目だから言われたことはきちんとするし、むしろそれ以上のこともしてますよ」

ルージュ「でも、真面目すぎるんです。先輩が減らしていいよって言わない限り、あの子ずっと今のまま無茶なトレーニングしますよ?」

ブラック「パッションが自分の意思でやってるのならそれは止めないわよ」

ルージュ「でも」

ブラック「それに、トレーニングの量も減らしたりはさせない。ピーチはちゃんとこなしてるわよ」

ルージュ「それはピーチがちょっと……あれなだけですって」

ブラック「仮にドリームやルージュが現役の時に同じことをしてたとしても、続けられてたと思うけど」

ルージュ「だけど現にパッションには無理なんです」

ブラック「特別扱いは、しない。それはこの寮のルールだから。だから誰かを甘えさせたりはしないの」

ルージュ「そんなんじゃ誰もついていけないですよ」

ブラック「そう、普通の子なら絶対に無理。でもプリキュアに選ばれるってことは特別ってことでしょ」

ブラック「そのリーダーっていうのは特別の中の特別なの。これぐらいやってもらわなきゃ、逆に困るわ。あたしが現役の時はホワイトと一緒に今以上のことやってたわよ」

ルージュ「あたしとパッションはそもそもリーダーじゃないっての……」

ブラック「はぁ…ルージュ。心配する気持ちは分かるけどさ、この寮にいるのならそうしてもらわなきゃいけないの。なんていうの……ルールを守らないで秩序が乱れたりすると、だめでしょ?」

ルージュ「……」

ブラック「試練っていうのは、毎日あるものなの。それを乗り越えられるかどうかで成功するか失敗するか決まるわけ」

ブラック「その試練を決めるのは、自分自身。行動するのも自分自身」

ブラック「パッションが今の環境をイヤって言うのなら、しょうがないけど別のところに住んでもらうだけ。けどパッションが今自分自身で試練を選んでるっていうのなら、口は出さない」

ブラック「それがこの寮。分かった?」

ルージュ「……はぁ、じゃあ一つ先輩にも選んで欲しい試練があるんですけど」

ブラック「なに?」

ルージュ「寮を散らかさないこと、寮を掃除すること、あと毎日の料理もあたしばかりに任せないで当番制にして自分たちも作ること!!」

ルージュ「偉そうなこと言ってるんですからできますよね?」

ブラック「それ一つじゃないし……あたしそろそろ仕事だから」

ルージュ「ちょっと待ってくださいよ」

ブラック「分かったわよ! 掃除はともかく……料理作らせるっていうのなら覚悟しなさいよ。あんたあたしやドリームの作った料理食べれるの?」

ルージュ「う……」

ブラック「じゃ、行ってくるから」

ルージュ(はぁ……パッションだけじゃなくて、あたしも限界かも)

ルージュ(どうしよっかなー……この先)

・・・・・

スタッフ「おつかれでしたー」

ピーチ「お疲れさまでーす!」

ベリー「この後は?」

パイン「私、動物番組のゲストに呼ばれてるの」

ベリー「あたしも、今日はこの後ニュース番組の取材。なんか今注目の女性有名人特集とかで」

パイン「へー、すごいのね」

ピーチ「あたし達はこの後久しぶりに休みだよねー」

パッション「そうね…久しぶりだわ、撮影の後に何もないのは」

ベリー「あらあら、そのままずぅっと休んでればいいのに」

パッション「……」

ピーチ「ねえねえ、ずっと休めるとしたらどこ行く? あたしフランスの有名な、なんとか博物館に行きたい!」

ベリー「はぁ? ……それってひょっとして博物館じゃなくて美術館じゃないの。ルーヴル美術館」

ピーチ「それそれ!」

ベリー「冗談よしてよ。あんたがそんな所に行ったって、有名芸術を理解できるわけないでしょ」

ピーチ「できるよ。あたしあれ知ってるもん、裸の像のやつ」

ベリー「名前が出てない時点で知らないでしょ…」

ピーチ「あとあれも見たいなー、ニューヨークでやってる本場のダンス。すごいやつ!」

ベリー「もう分かんないわよあんたの言ってること。仮に海外旅行に行きたいって言うのなら、ちゃんと英語を勉強してから行きなさいよ? そうじゃないとプリキュアの恥さらしになるわよ」

ベリー「ただでさえ同じ日本人でもあんたのこと理解できないときがあるんだから」

ピーチ「じゃあこれから普段は英語でしゃべる。マイネームイズキュアピーチ! ……あれ、ピーチって桃って意味だよね?」

ベリー「あら、よく分かったわね」

ピーチ「じゃあキュアってどういう意味?」

パイン「うーん、どういう意味かしら」

ピーチ「これ分かんなかったらあたしのことバカにできないよ〜」

パッション「あ、私知って……」

ベリー「キュアっていうのは癒しや救済っていう意味よ。そしてプリキュアのプリはプリティーのプリ」

ベリー「つまりプリキュアは可愛く悪事を解決する者って、こと。ま、造語だけどね」

ピーチ「へー、そうなんだ。じゃあ、あたしは……悪事を解決する桃?」

パイン「ベリーは物知りね」

ベリー「ちゃんと毎日勉強してるからね。ふふ」

パッション「す、すごいのね。ベリー…」

ベリー「あっ、もう時間だからあたし先に行くね」

パイン「うん。私もそろそろ行かないと」

ピーチ「ばいばーい、二人とも! また明日ね」

パッション「ばいばい…」

短いけどここまで
フレッシュ編も前半が終わってここから後半です

・・・・・桃寮

ブルーム「じゃあね、次はピーチが歌って」

ピーチ「えー、あたしがですか?」

ブルーム「ほら、早く早く。自分のオープニングの歌詞なんだから歌えるでしょ」

ピーチ「じゃあ…いきまーす! フレッシュ、プ・リ・キュ・ア!」

ドリーム「wwwwwww」

ピーチ「フレー! フレー! フレー! はじーける、勇気はむーてき!」

ピーチ「ふんふんふーんハートで、ピンチにパーンチー!」

ピーチ「プリキュアービートは! 手と手をとって! ひかりつなーいで、みんなで幸せハイ! ゲーットだよー!」

ブルーム「うーん……55点ぐらいかな」

ピーチ「ええっ! そんな低い!?」

ブルーム「だってなんか途中ふんふん言ってたし。歌詞忘れたでしょ?」

パッション「それよりも、ところどころ歌詞が間違っていたような……」

ピーチ「じゃあ次はパッションが歌ってみよう!」

パッション「わ、私は遠慮するわ」

ピーチ「遠慮しないしない」

ブルーム「パッションの歌声が聞きたい人ー!!」

ドリーム「はーいwwwww」

ブルーム「じゃあパッションおねがいしまーす!」

ピーチ「いぇーい!」

パッション「ピ、ピーチ、ほんとこういうの無理だから……」

ルージュ「こら! いつまで騒いでるの!!」

ドリーム「あっwwりんちゃんwww一緒に歌おうよwwww」

ルージュ「歌わない。一体いつまで騒いでんの。特にピーチ、パッション!」

ルージュ「あんたら今日はもうやることないんだったら早く身体を休めなさい。休めるときに休むのも仕事のうちよ」

ピーチ「はーい…」

パッション「ほっ…」

ブルーム「ブラック先輩もいないんだし、今日ぐらい騒いでもいいじゃん」

ルージュ「あのですね、あたしはそのブラック先輩から頼まれているんです。ブルーム先輩が調子に乗らないよう注意しておけって」

ブルーム「げ……ちぇっ」

ルージュ「はいはい、もう部屋戻る。ドリーム、まだ今日の分の薬飲んでないでしょ?」

ドリーム「もう飲まなくても大丈夫wwww」

ルージュ「ダメよ。体調良くならないでしょ」

ドリーム「体調はバッチリだよwwwww」

ルージュ「はぁ……ダメよ、部屋戻って飲みなさい」

パッション「……」

パッション(ドリーム先輩、何の病気なのかしら。普段健康そうに見えるけど……)

ルージュ「あっ、そうだパッション」

パッション「は、はい」

ルージュ「あんまり無理するんじゃないのよ」

パッション「え?」

ルージュ「最近、ほとんど休んでないでしょ。こういう時にちゃんと休んでおきなさい」

パッション「わ、分かりました」

パッション(って、言われても……なにかしていないと不安だわ)

パッション(少しでも実力を認められるようがんばらないといけないのに……そうだ、クイズ番組に向けて勉強しないと)

パッション(ベリーも毎日やってるって言ってたし…私もちゃんと勉強して頭が良くなれば、ベリーも私のことを認めてくれるかも……)

・・・・・パッションの部屋

パッション「……」

パッション(一般常識から時事、芸能……プリキュアについても問題が出されそうね)

パッション(全部覚えきれるかしら。……でも、やらないと)

パッション(頑張らなきゃ……周りの期待を裏切ることになる。ベリーにも嫌われたままになるわ)

パッション「……」

パッション(でもどうしてベリーは、あそこまで私を……)

パッション(私って、よっぽどダメなのかしら……)

コンコンッ

パッション「!」

ブラック「パッション、あたし。入ってもいい?」

パッション(ブラック先輩……!? どうして)

パッション「ど…どうぞ」

ガチャッ

ブラック「いやーごめんね、急に。あっ、ただいま」

パッション「お、おかえりなさい」

ブラック「なにやってんの?」

パッション「その…勉強中です」

ブラック「勉強!? マジで!! なんでまた勉強なんて」

パッション「クイズ番組に出ることになったので、それに向けてちょっと勉強しておこうかなって思って…」

ブラック「へぇー、偉いね。わざわざ勉強するなんて…あたしには無理だよ。あはは」

パッション「と、ところでどうしたんですか? 私の部屋にブラック先輩が来るなんて、すごく珍しいですね」

ブラック「ああ、これ渡そうと思って」

パッション「なんですか…これ?」

ブラック「お土産よ、お土産。お寿司」

パッション「お寿司!?」

ブラック「すっごい高いところのお寿司だよ。今日打ち合わせで行ってきたんだけど、ついでに買ってきちゃった」

パッション「こ、これを私にですか…?」

ブラック「そうよ、そのために買ったんだから。あっ、でも他のみんなにはナイショね。これパッションだけだから」

ブラック「バレたらみんなにせがまれちゃうし」

パッション「そんな…悪いですよ、私だけこんなに…」

ブラック「いいっていいって、受け取りなさいよ。めったに食べれないわよ、こんなの」

パッション「……」

ブラック「どうしたの?」

パッション「なんだか……すみません」

ブラック「なに謝ってるのよ。悪いことしてないんだったら謝んなくてもいいの」

パッション「けど、どうして私だけになんですか?」

ブラック「高級なんだから、みんなの分もかったら金額が馬鹿にならないでしょ」

パッション「いえ……そうじゃなくて、どうして私になのかなって……」

ブラック「それはあれよ、あれ」

パッション「あれ?」

ブラック「パッションがこの寮で一番いい子だからよ。いい子にはご褒美をあげないとね。ま、今日だけ特別にね」

パッション「……」

ブラック「ほら、それ食べて勉強の続きがんばりなさい」

パッション「あ…ありがとうございます、ブラック先輩」

ブラック「ん。それとパッション」

パッション「はい」

ブラック「パッションさ、もう少し我を出していった方がいいよ」

パッション「我…ですか?」

ブラック「そう。わがままなぐらい自己主張が強くないとこの先やっていけないわよ」

ブラック「周りはプリキュアっていうすごい子だらけなんだから。普段から少しでも自分をアピールできるようにしないと、埋もれちゃうわよ?」

ブラック「ま、そのために毎日がんばってるんだろうけど」

パッション「は、はい」

ブラック「ていうか前にピーチにも同じ話したら、あの子『我』を虫の『蛾』と勘違いしちゃって。どっかから捕まえてきた蛾を寮に放しちゃって大変だったのよ。あははっ」

ブラック「って、関係ない話ね。あたしはもう戻るから、勉強頑張ってね」

ブラック「あっ、お寿司のことはほんとにナイショだからね。今ここでした話もよ。分かった?」

パッション「分かりました」

ブラック「よろしい。じゃ、いっぱい食べてがんばるのよ。食事も身体作りに含まれるっていうしね。おやすみ」

ガチャッ、バタン

パッション「……」

パッション(もらったのはいいけど……夕飯食べた後なのに食べきれるかしら)

パッション(ただでさえこの寮の食事量は多いのに……)

パッション(でも、食べなきゃ。せっかくブラック先輩が買ってきてくれたんだし。身体作りにもなるんだから…食べなきゃ)

パッション「うぷ……」

ここまで

・・・・・数日後、クイズ番組

司会「いやー、すごいですね! パッションさん全問正解、パーフェクト達成です!」

パッション「あ、ありがとうございます」

パチパチパチ!!

司会「そして惜しいことにベリーさん、全問正解まであと一問ってところでした」

ベリー「ほんとくやしいです、後ちょっとで完璧だったのに。でもさすがパッションね、全問正解なんてすごいわ。同じプリキュアとして尊敬しちゃう」

パッション(目が笑ってない……)

司会「パインさんも中々の好成績で、ピーチさんは……」

ピーチ「はい!」

司会「一問だけなんとか正解でしたね」

ピーチ「はい、すごくうれしかったです! 次回はパーフェクトマンを目指します!」

司会「パーフェクトマン? えー……はい、ではパッションさんには賞金の一千万が贈られます!」

パチパチパチパチ!!

パッション「ど、どうもありがとうございます」

ベリー「……」

・・・・・・

ピーチ「すごいなーパッション、全問正解だって! しかも一千万ももらえるなんて!」

パイン「本当ね。うらやましいわ」

ピーチ「あたしも全問正解できてたらなー」

パイン「ピーチ、さすがに当たったのが一問だけっていうのはちょっと……」

ピーチ「だってブルーム先輩がこういう番組はカンペで答え教えてくれるって言ってたんだもん」

パイン「この番組、実力勝負がうりだから」

ピーチ「あーん! テレビ見てる人たちにあたしのことバカだって思われちゃうー!」

パイン(ピーチの頭がどの程度かはとっくに知られていると思うけど…)

ピーチ「あれ、そういえばパッションは?」

パイン「ベリーもいないわ……二人ともお手洗いかしら」

ピーチ「この後パッションになにかおごってもらえるかなー。なにか美味しいもの食べたいな」

パイン「あ、それいいかも」

・・・・・トイレ

パッション「はぁ……緊張した」

パッション(でもまさかパーフェクトを取れるなんて思ってなかったわ。運が良かったのかも)

パッション(一千万円……どうしようかしら。そんな大金貰っても、使う暇なんてないのよね。ただでさえプリキュアのギャラも余らせちゃってるし)

パッション(やだ、これって贅沢な悩みかしら。でもあんな大金が急に手に入ったって困るし……募金でもしてみようかしら)

コンコンッ

パッション「あ…入ってます」

パッション「……」

ガサガサ

パッション「……?」

ザバアッ!!

パッション「きゃあ!?」

パッション(つ…冷たっ!? 何これ、なんで上から水が……?)

パッション「っ……」

パッション(なに、何なのこれ……何なのよ、わけが分からない……)

パッション(誰がこんな……)

パッション「……」

パッション(こわい……ど、どうしたらいいの……)

ドンッ!!

パッション「!?」ビクッ

ドンッドンッドンッ!!

パッション(た、助けて誰か……ピーチ、ピーチに電話しないと)






ピーチ「あー、頭使ったら疲れちゃった」

パッション「!!」





パイン「あ、ベリー。お疲れさま」

ベリー「お疲れ、二人とも」

ピーチ「やっぱりトイレにいたんだ。パッションは?」

ベリー「パッション? 見てないわよ、知らない」

ピーチ「あれ、そうなんだ。一緒にいると思ったのに」

ベリー「あっ、でもさっきパッションと話したんだけど、なんか帰りにあたし達におごってくれるそうよ」

ピーチ「えっ、ほんとうに!?」

ベリー「だってあんなにお金もらったんだもの。美味しいイタリアンご馳走してくれるって」

ピーチ「やったー! 楽しみだなぁ〜、パッションってば太っ腹!」

パッション「……」

パッション(ベリー……トイレに最初からいたの?)

パッション(じゃあまさか、さっきの水も……)



ベリー「さ、戻りましょうか。パッションも楽屋で待ってるかもしれないわよ」

パイン「そうね」

ピーチ「イタリアンって何があるんだろう? ピザとか? あんまり食べ過ぎるとパッションに怒られちゃうかなぁ」

ベリー「どれだけ食べたって怒らないわよ。なんせ一千万円も貰ってるんだから、ふふっ」



パッション「……」

パッション(私も…戻らないと)

パッション(でも、こんなに濡れて……どうすれば……)

・・・・・

ピーチ「あれ!? パッションどうしたの!!」

パッション「ピーチ……」

ベリー「ずぶ濡れじゃない!? なにがあったのよ!」

パッション「……」

ピーチ「パッション?」

パッション「その……」

ベリー「なに? なにがあったのよ? はっきり言ってみなさいよ」

パッション「っ……バ、バケツを持った美術のスタッフさんとぶつかっちゃって、それで水がかかちゃったの」

パッション「なんか、撮影に使うための水とかで……えっと……」

ピーチ「そうなんだ……大丈夫? あっ、タオル貸してあげるね」

パッション「あ…ありがとう…」

ピーチ「大変だったねー、パッション。風邪ひかないようにしないとね?」

パッション「え、ええ……」

ベリー「ねーパッション、そういえばさっき言ってたイタリアンのことだけど」

パッション「!!」

ベリー「そんな状態だし、今日は行くのやめにしましょうか?」

パッション「あ…え…」

ベリー「残念だけどしょうがないわ。みんな楽しみにしてたんだけどねー」

パッション「……だ……大丈夫よ。これぐらいなら、全然平気だし」

ベリー「あら、本当に?」

パッション「ええ……」

パイン「濡れたのが衣装でよかったわね。私服の方が濡れてたら、帰りが困っちゃうところだったわ」

ベリー「本当よ。それにしてもパッションったら、気をつけなさいよね? ドジなんだから」

パッション「あはは……こ、これからはちゃんと注意するわ」

ピーチ「でも怪我がなくてよかった!」

パッション「……」

パッション(あの時の……どう考えてもベリーがやったのよね)

パッション(でも、本人の前でそんなこと言えないし……ピーチたちにも言えるわけがない)

パッション(だけど……)

パッション「……?」

パッション(あれ……バッグの中に紙くずが入ってる。なにかしら)

パッション(……なにか書かれてる)

『調子に乗るなブス』

パッション「っ……」

ピーチ「どうしたのパッション?」

パッション「う、ううん、なんでもないわ!」

ピーチ「?」

パッション「そ、それより早く行きましょうかレストラン」

ピーチ「うん!」

パッション(……)

ここまで

・・・・・桃寮

ブラック「ちょっと! チョコレートケーキは!?」

ルージュ「え?」

ブラック「チョコレートケーキ! さっきここにあったのにないじゃん!!」

ルージュ「誰かが食べちゃったんじゃないですか?」

ドリーム「わたしは食べてないですよ」

ブルーム「あ…あたしも知らないなぁ…」

ブラック「冗談じゃないわ! チョコレートケーキが楽しみだからあたしのお金出して買わせたのに!!」

ルージュ「ケーキなんていっぱい買ったんだからいいじゃないですか。ほら、まだたくさん残ってますよ。ショートケーキにチーズケーキに…」

ブラック「あたしはチョコレートケーキが食べたいの!! だいたいなんでチョコレートは一個しか買ってないのよ、おかしいじゃない! 普通多めに買っておくものでしょ!」

ルージュ「も〜……なんだっていいじゃないですか」

ブラック「ブルーム!」

ブルーム「は、はい!?」

ブラック「チョコレートケーキ買ってきて、今すぐ!」

ブルーム「あたしが!?」

ブラック「ほら、早く!!」

ガチャッ

ピーチ「ただいまー!」

ブルーム「ちょうどいいところに…! ピーチ!」

ピーチ「はい?」

ブルーム「今すぐチョコレートケーキを買ってきなさい!」

ピーチ「分かりました! っと、そうだ。その前にすごいんですよ先輩!」

ブルーム「なにが?」

ピーチ「実は、パッションがクイズ番組で全問正解して一千万円もらったんです!」

ブラック「いっ…!?」

ブルーム「せんっ…!?」

ルージュ「まん!?」

ブラック「ほんとパッション!?」

パッション「は、はい。一応…」

ブルーム「すごいすごい!! マジすごい!! 一日でそんな稼いだんでしょ!?」

ブルーム「ていうか一千万ってなに!? えっと…ゼロ何個だっけ!?」

ブラック「たくさんに決まってるじゃない、バカねー!」

ルージュ「落ち着いてくださいよ二人とも…」

ブルーム「ねーパッション、ところでそのお金どうするの?」

パッション「え? 募金でもしようかなって思って……」

ブラック「偉い! ところであたしたちにも募金してくれたりは…」

ルージュ「こらこら! パッションのお金なんですからそんなこと言わないでください」

ブラック「ちぇ…はいはい、冗談よ。あっ、そうだパッション。これパッションに届いてたよ」

パッション「?」

ブラック「はい、子どもたちからのファンレター」

パッション「あ……!!」

ピーチ「わー、結構届いてる。よかったねパッション!」

パッション「これ…全部私にですか?」

ブラック「そうよ」

パッション「……」

ピーチ「どうしたのパッション?」

ルージュ「感動しすぎで開いた口が塞がってないわね」

パッション「わ…私!!」

ブラック「な、なに?」

パッション「トレーニングしてきます! 今日のノルマをこなさないと」

ピーチ「今すぐ? 帰ってきたばかりなのに」

ブルーム「それよりピーチ、チョコレートケーキ買ってきて欲しいんだけど」

パッション「じゃあ私が買ってきます! いってきます!」

ピーチ「あっ、パッション!?」

ルージュ「舞い上がっちゃってるわね……あの子」

パッション(よかった……私のことをちゃんと応援してくれる子がいたんだ)

パッション(うれしい。後で手紙読まなくちゃ)

パッション「……!」

パッション(ここ、おもちゃ屋さんよね。パッションハープは……)

パッション「……」

パッション(結構たくさん売れ残ってる……)

パッション(気にしちゃダメよ。私には、ちゃんと私のことを見ていてくれる子どもたちがいるんだから)

パッション(大丈夫、不安になっちゃダメ)

パッション(早くケーキ買いに行かないと)

・・・・・数日後

ピーチ「もう一度いくよ!」

ベリー「ちょ…ちょっと休憩しましょうよ」

ピーチ「でもまだ…」

ベリー「もう二時間以上ぶっ続けで練習してるのよ!? 身体動かせないわよ……パインだってそうでしょ?」

パイン「う…うん…」

パッション「はぁ…はぁ…」

ピーチ「じゃあ…休憩しよっか。でもこの調子じゃ本番までにグランドフィナーレ完成しないよ」

パイン「もっと四人の息を合わせないと……」

ピーチ「うーん、あたしもうちょっとスピード落とした方がいいかな? あたしだけ一人動きが速すぎる気がするし」

ベリー「そうしてちょうだい……あんたについていけないわ」

ピーチ「おっけー。それと、みんな声小さいよ。もっと気合入れて技名を叫ばないと」

パイン「うん、分かったわ」

ベリー「はぁ…よくそんなに元気が持つわね」

パッション(私もなにか積極的に意見を言ったほうがいいかしら……)

パッション「ねえ、パイン。私がリーフを投げるときもうちょっと後ろに下がっていたほうが…」

ベリー「パイン、飲み物買いに行きましょ。もうなくなったでしょ?」

パイン「あ、うん」

ベリー「ピーチはなに飲みたい?」

ピーチ「あたしのも買ってくれるの? じゃあ炭酸の抜けたコーラ!」

ベリー「そんなの売ってないわよ…コーラでいいのね。行きましょうかパイン」

パッション「あ……」

パッション(言いそびれちゃった……)

ピーチ「うーん、もうちょっとみんなの動きにキレがあればなぁ…どうすればいいかな」

ピーチ「一度フォーメーション変えてみよっか?」

パッション「そうね…試しにやってみましょう」

・・・・・

ベリー「ただいま。はいコーラ」

ピーチ「ありがと〜。炭酸抜けるまで待とっと」

パイン「なんで炭酸抜きなの?」

ピーチ「炭酸抜きだと良いってブラック先輩が言ってた!」

ベリー「なによそれ、まったく」

パッション「……」

パッション(あれ……私の飲み物……)

ピーチ「ねえベリー、さっきフォーメーションを変えてみようって話してたんだけど」

ベリー「はぁ? 今さら変えるの?」

ピーチ「試してみようよ。パッションもそう言ってたし。ね?」

パッション「え、ええ」

ベリー「……」

ピーチ「それで、まずリーフの投げる順番を変えてみようと思うんだけど」

ベリー「あたしはんたーい」

ピーチ「え?」

ベリー「今のままでいいでしょ。下手に変えたらわけ分からなくなるわよ」

パッション「でも…」

ピーチ「ベリー、とりあえず色々試してみよ? それでダメならまた元のフォーメーションでやればいいんだし」

ベリー「……」

ピーチ「よし、じゃあ後十分ぐらい休んだら再開しよっか! 気合入れていくよ〜!」

パッション(喉がかわいた……)

ピーチ「あれ? パッションなにか飲まなくて大丈夫?」

ベリー「パッションなら大丈夫よね? 飲み物を飲むと疲れやすくなるから飲まないってさっき言ってたもの」

パッション「え……」

ピーチ「そうなの? すごいねパッション」

パッション「……」

パッション(なぜだかここ数日、ベリーの私に対する風当たりが強い気がする)

パッション(やっぱり嫌われてるのかしら……確かに私だってダメなところはあるかもしれないけど、なにもあそこまでしなくてもいいのに……)

パッション(それにしても、こんなに汗かいてるのに飲み物も飲めないんじゃさすがに無理だわ……すぐになにか買ってこないと)

ピーチ「ねー、パッション。なにか飲まないとやっぱり身体に悪いよ?」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「はい、あたしのコーラ半分あげる」

パッション「あ、ありがとう」

パッション(余計喉が渇きそうな気もするけど……)

ピーチ「今日中に完成するといいね、グランドフィナーレ」

パッション「そうね。フォーメーションチェンジが上手くいくといいわ」

ピーチ「大丈夫、余裕余裕。あたしとパッションならなんでもできるよ!」

パッション「ピーチはともかく、私は全然よ」

ピーチ「そんなことないって、いつも一緒にトレーニングしてるでしょ? あれだけのことやってるんだから、あたし達にできないことはないよ!」

ピーチ「あたしとパッションは、フレッシュ最強コンビだね!」

パッション「さ、最強なんて大げさよ。…恥ずかしいわ」

ピーチ「えへへ〜」



ベリー「……」

・・・・・

ピーチ「よし、休憩終了! 練習再開するよ!」

ピーチ「フォーメーションはさっき決めた通りね。あとリーフの投げる順番も確認しよっか」

ピーチ「まずあたしが投げて、次にパイン。それで次にベリーで、最後にパッション!」

パイン「分かったわ」

ピーチ「じゃあみんな定位置について」

ベリー「パッション」

パッション「!」

ベリー「あたしちゃんと投げるから、パッションもあたしのリーフしっかり受け止めてね」

パッション「え、ええ」

パッション(ベリー……)

パッション(ベリーも仕事に対しては真剣なんだわ。私も集中しないと)

ピーチ「いくよ! プリキュアフォーメーション、レディーゴー!」

ピーチ「ラブリーリーフ、セット! パイン!」

パイン「プラスワン、プレアーリーフ! ベリー!」

パッション(次はベリーの番ね。その次は私……しっかり取らないと)

ベリー「エスポワールリーフ! パッション!」

パッション(きた! ……えっ)

ピーチ「パッション危ない!!」

ゴッ!!

パッション「っ…!?」ドサッ

ピーチ「パッション!!」

パイン「大変、リーフが頭に当たっちゃったわ!」

パッション「う…うう…」

ピーチ「パッション大丈夫!?」

パッション「だ、大丈夫よ……っ」フラッ

パイン「立っちゃだめよ、パッション」

パッション「うっ……」

パッション(頭が重い……痛い……)

ベリー「あ…ああ…」

ベリー「ごめんなさい……あたし手元が狂って……」

ベリー「ひっぐ……ごめんなさい……あたしが悪いの……」

ベリー「あたしのミスで…パッションが…」

ピーチ「誰のせいでもないよ。とにかく、パッションはじっとしてて」

パッション「へ、平気よ……これぐらい」

ピーチ「本当に? でも一応少し安静にしてないと。それとあとで病院に行こうね? 頭にケガがあったら大変だし」

ベリー「ごめんなさい…えぐっ…ごめんなさいパッション…」

パイン「泣かないで、べりー」

パッション「……」

ここまで

クソ重いフリスビーを使って練習すれば筋力がつくんじゃねというピーチ提案の特訓

・・・・・

ピーチ「お医者さん、なんだって?」

パッション「なにも問題はないそうよ。だから平気だって言ったでしょ?」

ピーチ「よかった〜」

ベリー「ほんと、何事もなくてよかったわ」

パッション「……」

パイン「でも結局完成しなかったわね、グランドフィナーレ」

ベリー「もうすぐ37話の撮影がはじまるっていうのに……間に合うのかしら」

ピーチ「とにかく特訓だよ! 特訓!!」

ピーチ「明日もやるからね!」

ベリー「はぁ……とにかく今日はもう帰りましょうか。さすがに身体を動かしすぎたわ」

パイン「私も、久々にこんなに疲れた」

ピーチ「しっかり休んでねみんな、明日も元気にがんばろー!」

ベリー「まったくあんたの元気が羨ましいわ」

パッション「……ねえ、ベリー。この後空いてる?」

ベリー「……は?」

パッション「少し……付き合ってほしいことがあるんだけど」

ベリー「……」

ピーチ「なになに? どうしたの?」

パッション「ちょっとベリーに大切な話があってね」

ベリー「あたし、すぐ帰りたいんだけど。疲れたし」

パッション「本当に少しだけでいいの。そんなに時間はとらせないわ」

ベリー「……」

ピーチ「じゃああたし達は先に帰ってるね」

パッション「ええ」

パイン「さようなら、二人とも」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー「……」

パッション「その……」

ベリー「頭大丈夫?」

パッション「え?」

ベリー「ぶつけたでしょ? 検査ではなんともなかったそうだけど……痛くないの? たんこぶはできてる?」

パッション「痛いことは痛いけど……こんな痛みはすぐに治まるわ」

ベリー「そう…よかったわ。パッションが無事で」

パッション「っ……」

ベリー「なによその目。なにか言いたいことでもあるの?」

パッション「……これ以上、こんな状態が続くのはよくないと思うからハッキリ言うわ」

パッション「ベリーは、私のどこが嫌いなの?」

ベリー「……」

パッション「嫌いなところがあるなら、全部言ってちょうだい。ベリーが気に食わないと思ってるところ、直すわ」

パッション「だから……」

ベリー「はぁ? なに言ってんの?」

ベリー「あたしがいつ、あんたのこと嫌いだって言ったのよ」

パッション「えっ…」

ベリー「ねえ、あたしがあんたのこと嫌いだなんて言った? ねえ、そんなこといつ言ったのよ」

パッション「い…言わなくたって分かるわ。ここ最近ずっと、ベリーは私に対して……」

ベリー「はぁ!? あんたに何が分かるっていうのよ!!」

ベリー「勝手なこと言ってんじゃないわよ!!」

パッション「っ……」ビクッ

ベリー「なにあんた? 結局なにが言いたいの?」

パッション「だ、だから……」

ベリー「あ〜分かった。あんたあたしのこと嫌いなんでしょ? ねえ、そうなんでしょ?」

ベリー「あたしのこと責めたいわけ? 今日頭をぶつけたことに対して、あたしの責任を問い詰めたいの?」

パッション「そうじゃなくて…」

ベリー「なに目逸らしてるのよ、こっち見なさいよ」

ベリー「もう一度聞くけど、あたしあんたに対していつ嫌いだなんて言った? あたしあんたに対して、何か悪いことでもしたって言うの?」

パッション「……」

ベリー「ほら、言いなさいよ。あたしがあんたに何したって言うのよ」

ベリー「言ってみなさいよ!!」

パッション「っ……」

パッション(証拠はないけど……けど、この前水をかけたのだって、今日頭をぶつけたのだって全部ベリーの仕業だって確信はある)

パッション(ここではっきりさせないと、ずっとこのまま……私はベリーに苛められ続ける……)

パッション「……今日のこと」

ベリー「は?」

パッション「私の頭にリーフをぶつけたこと……」

パッション「あれ……わざとなんでしょ?」

ベリー「……」

パッション「この前、トイレに入ってるとき水をかけたのも。バッグに変な手紙を入れたのも」

パッション「それだけじゃない、ここ最近私の周りで起こったこと……全部ベリーがやったんでしょ?」

パッション「私、本当に分かってるの。ベリーの私に対する態度で……私のこと、嫌ってるんだって」

パッション「べ、別にベリーに謝ってほしいわけじゃない。それに…私にだって非があることは分かってる。私の普段の振る舞いがベリーをイラつかせたことは謝るわ」

パッション「だけど……このままじゃダメだと思うの。これは私たち二人の問題じゃないわ。プリキュア四人としての問題よ」

パッション「今日だってグランドフィナーレが完成しなかったでしょ? その原因はきっと私とベリーにある……私たちの息が一番合ってないのよ」

ベリー「……」

パッション「私たちがこんな調子じゃ、本番までにグランドフィナーレの完成なんてできっこないわ」

パッション「私はベリーに謝って欲しいわけじゃない。ただ……仕事だけは真剣にやってほしいの」

ベリー「っ……」

パッション「ベリーだってプリキュアは大切でしょ? だったら私の言ってることが分かるはずよ」

パッション「子ども達は私たちの活躍を楽しみにしてる。その子ども達のために私たちは毎日がんばってる。そうでしょ?」

パッション「なのに私たちがいつまでもこんなことをしてグランドフィナーレが完成しなかったら、子どもたちを裏切ることになるわ」

パッション「ベリーが私のことをずっと嫌いでいるのならそれでもいいわ。でも、プリキュアをしている間だけはちゃんとしてほしいの。子ども達のために……」

ドンッ!!

パッション「!?」

ベリー「うるさいのよ……さっきから……!!」

パッション「ベ、ベリー……?」

ベリー「そうよ、あたしはあんたのことが気に食わないわ。この世からいなくなっちゃえばいいと思ってる」

ベリー「邪魔なのよ、あんた」

パッション「っ……」

ベリー「いい子ちゃんぶってんじゃないわよこのクソ女。なに? あんたあたしにプロ意識が足りないって説教したいわけ?」

パッション「だ、だから」

ベリー「ふざけたこと言ってんじゃないわよ!! あたしのどこがプロ意識足りないだって!?」

ベリー「あんた何様なのよ!! 偉そうに!!」

パッション「っ……わ、私はベリーともう少し分かり合いたくて」

ベリー「はぁ〜〜〜? あんたつまり、あたしがあんたの頭めがけてぶつけたこと怒ってんでしょ?」

ベリー「あたしがあんたのこと殺そうとしたやったとか、そう思ってるんでしょ?」

パッション「そ、そこまで思ってないわ!」

ベリー「あたしは思ってるわよ……あんたなんて死んじゃえばいいんだわ」

パッション「っ……!?」

ベリー「あたしはね、ピーチのことは認めてるわ。あの子は確かにナンバー1よ。誰もあの子には敵いっこない」

ベリー「けどね、ピーチのすぐ下にはあたしがいるべきなの。ナンバー2はあたしなのよ」

ベリー「それなのにあんたときたら……ピーチの隣に並んだ気になって、まるで自分とピーチがフレッシュの顔だと思ってる」

ベリー「腹が立つのよ。大した実力もないくせに、偉そうにしてる人間見てると」

パッション「わ、私そんなこと思って…」

ベリー「嘘つくんじゃないわよ!! 絶対思ってるでしょ!? あんたは絶対いい気になってる!!」

ベリー「なんの努力もしてないくせに、目立つだけ目立って。あんたなんてしょせん周りから持ち上げられてるだけでしょ!?」

ベリー「それなのに努力してるあたしには何もない!! 全部あんたに取られる!!」

ベリー「仕事も!! プリキュアとしての名誉も!! 何もかも!!」

ベリー「本来はあたしがいるべき位置にあんたがいる!! それが気に食わないのよ!!」

バチンッ!!

パッション「あうっ……!?」

ベリー「はんっ……あんたのことは徹底的に追い詰めてやる」

ベリー「そしてとっとと辞めちゃいなさいよ、プリキュア。あんたがプリキュアやるより他の人で代役した方が何倍もマシだわ」

ベリー「……まぁ、そんなことしなくてもすぐに現実を思い知ることになるわね。あんた、人気ないもの」

パッション「っ……」

ベリー「おもちゃ屋にあんたの玩具、山積みになってたわよ。お店の人が発注しすぎたのか、それともただ売れてないだけか」

ベリー「ま、どっちかなんてすぐ分かるけど」

パッション「……」

ベリー「必要ないのよあんたなんて、はやく辞めなさいよ。今住んでる寮も後腐れないうちにさっさと出て行ったら?」

ベリー「あんたみたいなのと一緒に住んでるブラック先輩たちも、きっと迷惑してるわよ。『なんでこんな才能のかけらもない子がうちに住んでるんだろう……』ってね」

パッション「……」

ベリー「いい? 今度あたしにまた偉そうなこと言ったら容赦…」



ローズ「パッション?」

パッション「!?」

ベリー「っ……!!」

ローズ「あ、やっぱりパッションね」

パッション「ロ、ローズ……どうしてここに」

ローズ「ちょっと病院に用があってね。その帰りの途中にあんたっぽい人影が見えたからもしかしてと思って」

ベリー「……」

ローズ「あんたは確か……」

ベリー「ベリーです。……こんにちはローズ先輩、こんなところで会えるなんて思ってませんでした。オールスターズ以来ですね」

ローズ「……ええ、そうね。いつもテレビで見てるわよ」

ベリー「本当ですか? 光栄です。あたしもローズ先輩の話はアクア先輩からよく聞かされてます」

ローズ「……そう」

ベリー「じゃあパッション、あたしはもう帰るわ。また明日ね」

ベリー「明日こそ絶対グランドフィナーレを完成させましょうね。バイバイ」

パッション「……」

ローズ「……」

パッション「……」

ローズ「…仲良いの? あんた達」

パッション「 ま、まぁ……」

ローズ「そう。仲が良いならそれでいいわ」

パッション「でも本当に驚いたわ……こんなところでローズに会えるなんて」

ローズ「敬語」

パッション「え?」

ローズ「敬語使いなさいよ。あんたがプリキュアになったっていうことは、あたしは正式にあんたの先輩になったってことよ?」

パッション「あっ…え…」

パッション「す……すみませんでした……」

ローズ「ぷっ…あははっ」

パッション「へ?」

ローズ「冗談よ、冗談。敬語なんて使わないで今まで通りでいいわよ。ちょっとからかっただけ」

パッション「も、もう……なによローズってば」

ローズ「いいじゃないこれぐらい、久しぶりに会ったんだし。元気してた?」

パッション「まぁ……まぁまぁよ」

ローズ「なによその答え。歯切れ悪いわね」

パッション「…元気よ。連絡できなくてごめんなさい」

ローズ「いいわよ別に。あたしだって連絡するヒマなかったんだし」

パッション「ダークドリームはどうしてる?」

ローズ「相変わらずよ。むしろ最近どんどん落ちてってる気がするけど」

パッション「ダークドリームにも会ってないのよね。相変わらずならそれでいいけど」

ローズ「なんか…顔つき変わったわね、あんた」

パッション「え…そう?」

ローズ「そうよ。今のパッション……なんか死んだ目してる」

パッション「っ……」

ローズ「なんかあった?」

パッション「……なにもないわ。仕事が忙しくて疲れてるの」

ローズ「まぁ、確かに現役は忙しいわよね。たまには息抜きしなさいよ」

パッション「ええ、そうね」

ローズ「そうだ、久しぶりにうち寄ってく?」

パッション「アパートに?」

ローズ「あんたが顔出せば、みんな喜ぶわよ」

パッション「……」

ローズ「どうしたの?」

パッション「ごめんなさい…今日はまだやることがあって、行けそうにないわ」

ローズ「仕事のこと?」

パッション「ええ……でも、今度絶対に行くから」

ローズ「分かったわ。じゃあがんばるのよパッション」

パッション「がんばるわ……もちろん、精一杯……」

ローズ「……ま、ヒマなときはいつでも来なさいよ。歓迎するわ」

ローズ「じゃあねパッション。また」

パッション「ええ、またね」

ローズ「……」

・・・・・青寮

ベリー(あたしが子どもを裏切るですって……!?)

ベリー(子どもに人気ないくせに!! なによ偉そうに!!)

ベリー(この前のクイズ番組だって、どうせプロデューサーに体でも売って答え教えてもらったんでしょ!?)

ベリー(あの卑怯者ならやりそうなことだわ!!)

ベリー「っ……」

アクア「ベリー」

ベリー「!!」

アクア「あなたにあげたいものがあるの。ちょっと来て」

ベリー「え?」

アクア「はい、これ。疲れの取れるっていうアロマオイルよ。使ってちょうだい」

ベリー「あ、あたしにですか?」

アクア「そう言ったでしょ。ベリーはいつも頑張ってるんですもの。常に最高のコンディションでいられるよう、私もサポートするわ」

アクア「他にもなにかあったら遠慮なく言ってね。なんでも用意するわ」

ベリー「あ…ありがとうございます、アクア先輩」

アクア「気にしないで。あなたは私の大切な後輩なんだから」

ベリー「……」

ベリー(そうよ……あたしはいつも頑張ってる)

ベリー(それも全てはプリキュアのため、子供たちのため。子どもに夢を与えられるような完璧なプリキュアでいられるために、あたしはあらゆる努力をしてきてる)

ベリー(それなのに、なんであんなやつに説教されなきゃいけないのよ……)

ベリー「……」

アクア「どうしたの?」

ベリー「い、いえ別に。……あっ、そうだ。さっきローズ先輩に会いましたよ」

アクア「え…本当に?」

ベリー「はい。病院帰りらしかったんですけど」

アクア「……そう。元気そうだった?」

ベリー「ええ、特になにか体調悪そうでもなかったです」

アクア「よかったわ。本当……よかった」

ベリー「?」

ベリー(ローズ先輩のことになるとなんか様子がおかしくなるわよね、アクア先輩って……)

ベリー(ま、あたしが気にすることでもないか)

ここまで

アクア「あ、そうそう。まだベリーに伝えることがあったんだわ」

アクア「あなたのファンが、あなたと電話したいんですって」

ベリー「電話…? ファンって、子どもですか?」

アクア「そうよ」

ベリー「アクアさんにそう頼んだんですか? 確かにあたしには子どものファンがたくさんいますけど、アクアさんに直接頼むなんて一体どういう子なんです?」

アクア「実はある有名な声優さんの子どもでね、ファンっていうのがその子どもなのよ」

ベリー「声優……ですか?」

アクア「どうしても娘にベリーと話をさせたい、って頼まれたの。お願いできるかしら?」

ベリー「うーん…そこまで言うなら分かりました。でも明日以降でいいですか? 今日はもう休みたいですし」

アクア「ええ、いいわよ。きっとその子も喜ぶわ、ベリーと話しができるんだもの」

ベリー「子どもの夢を壊しちゃいけないから、緊張しますけどね」

・・・・・桃寮

ピーチ「うーん……」

ブラック「あれ? 珍しいじゃない、考え事してるなんて。どうしたの?」

ピーチ「あ、ブラック先輩。実は新しい必殺技が完成しなくて」

ブラック「必殺技?」

ピーチ「なんか四人の動きがバラバラで、もっとこう……シュンッ! ズバッ!って感じでやりたいんですけど」

ブラック「よく分かんないわ、あんたの言ってること。そういうのならドリームにでも相談したら?」

ブラック「あたしよりドリームの方が詳しいだろうし」

ピーチ「そっか、分かりました!」

ブラック「ルージュ、ちょっと来て」

ルージュ「なんですか?」

ブラック「これからピーチがドリームのところに相談に行くんだけど、あんたも一緒についてってあげて」

ルージュ「相談? なんであたしが」

ブラック「二人だけじゃ会話が成立しないでしょ。あんたが仲介しないと」

ルージュ「……はぁ」

・・・・・翌日

パッション(……今日もがんばらなくちゃ)

パッション(ベリーには散々なことを言われたけど、私は私で集中しないと……)

ピーチ「よーし、じゃあ今日こそグランドフィナーレを完成させるよ!」

ベリー「……」

パッション「……」

ピーチ「どうしたの二人とも、元気ないのよ?」

ベリー「別に、あたしは元気あるけど」

パッション「わ、私も大丈夫よ…」

ピーチ「そう? それじゃあ早速はじめよっか」

ピーチ「あっ、それとリーフを投げる順番はパッション、パイン、ベリー、あたしの順番で決まったからね」

ベリー「その順番なら助かるわ」

パッション「……」

ピーチ「いくよ! プリキュアフォーメーション! レディーゴー!」

パッション(まずは私からね…失敗しないようにしないと)

パッション「ハピネスリーフ! セッ……!?」ガクッ

パッション「きゃっ!?」ドサッ

ピーチ「パッション!?」

パッション「っ……」

パッション(転んじゃった…どうして)

ピーチ「大丈夫、パッション?」

ベリー「チッ……いきなりなにやってんのよ」

パッション(あ……ヒールのかかとが折れてる)

ピーチ「わっ!? 靴のかかと折れちゃってるよ!」

パッション「……別のやつに履き替えてくるわ」

ベリー「いきなりこんなんじゃ、この先思いやられるわ」

パッション「……」

パッション(昨日手入れした時は大丈夫だったはずなのに……ありえない、いつの間に……)

パッション「ッ……!!」

パッション(足が痛い……まさか今のでくじいちゃったの?)

ピーチ「パッション? ケガでもした?」

パッション「だ、大丈夫よ…ごめんなさい。履き替えたらすぐに再開しましょ」

ベリー「足引っ張ってんじゃないわよ」ボソッ

パッション「……替えのハイヒールに履き替えたらすぐに戻ってくるから」タタッ

パッション(まさか……これもベリーが)

ベリー「……ふふっ」

ピーチ「ちょっとベリー、そんなこと言っちゃダメだよ」

ベリー「な、なによ」

ピーチ「ミスは誰にでもあるんだから、そういう時はみんなでフォローするものだよ」

ベリー「いきなり何よ。パッションのミスなんて昨日からずっとじゃない、フォローのしようがないわ」

ピーチ「それでもフォローするの! だってあたしたちはチームなんだから」

ピーチ「みんながみんな、それぞれを補い合ってはじめてチームワークが生まれるんだって、ドリーム先輩も言ってたし」

ベリー「はっ…また先輩のありがたいお言葉? はいはい分かったわよ」

ピーチ「……ねえベリー、パッションのこと嫌いなの?」

ベリー「……はぁ?」

ピーチ「だってベリー、パッションに対しては顔つきが変わるし。なんか嫌そうな顔してる…」

ベリー「……」

ピーチ「あたし、二人には仲良くして欲しいな。パッションはね、すっごく真面目なんだよ。ベリーも真面目だから二人ともきっと気が合うよ!」

ベリー「……なに勘違いしてるのよ」

ピーチ「え?」

ベリー「あたしは別にパッションのこと嫌いじゃないわよ。むしろ尊敬してる、あの子はすごいわ」

ベリー「さっきはちょっと…イライラしてただけよ。そういう日もあるって、分かるでしょ?」

ピーチ「そっか……じゃあ嫌いじゃないんだね」

ベリー「そう言ってるじゃない」

ピーチ「よかった!」

パッション「おまたせ…みんな」

ベリー「パッション、おかえり。さぁ、早く始めましょう」

パッション「え…う、うん」

ベリー「さっきの失敗は気にしないで。今日はまだ時間はあるんだから、これからこれから!」

パッション「……」

ピーチ「うんうん、ベリーの言うとおり! じゃあ再開するよ!」

ベリー(なんてこと……ピーチなんかにあたしの本心を見透かされてた。なにも考えてないバカだと思ってたのに……)

ベリー「……」

ここまで
最近休みがちになってましたけど今日からは毎日書くことを目標にします、なるべく

・・・・・

ピーチ「パッション! スタート遅いよ!」

パッション「ご、ごめんなさい」

パイン「パッション、リーフもっとしっかり投げて」

パッション「わ…分かったわ」

パッション(足が痛む……それに普段の疲れが取れてないから身体がすごく重い……)

ベリー「ストップストップストップ! もうこれで何回目よ!? いい加減にしてちょうだい!!」

パッション「っ……」

ベリー「何度ミスすれば気が済むのよ! ねえ!?」

パッション「……」

ベリー「撮影まで時間ないのよ、分かってるの!? 本気で完成させなきゃいけないの!!」

ベリー「ふざけてる場合じゃないのよ!!」

パッション「ふ、ふざけてなんか……」

ピーチ「二人とも落ち着いて。とにかくもう一度……」

パッション「私はふざけてなんかない!!」

ピーチ「パッション…?」

パッション「今日だって……せめて足が万全なら……」

ベリー「はぁ? 足をくじいたのはあんたの不注意のせいでしょ?」

ベリー「普段から真面目にやってないからケガなんてするのよ」

パッション「ッ……!!」

パッション「誰の……誰のせいで……」

ベリー「なによ」

パッション「誰のせいでこんなことに……!」

ベリー「何が言いたいのよ、はっきり言いなさいよ」

ピーチ「パッション、どうしたの?」

パッション「っ……」

パッション(ダメ……落ち着かないと。例えベリーが裏で何かやっていたとしても、それを私のミスの言い訳にしちゃいけない)

パッション(どんなミスでもそれは全て自分の責任。私はプロなんだから……プライドを持ってやらないと)

パッション「……ごめんなさい、私が悪かったわ。次は気をつけるから」

ベリー「はぁ……」

ピーチ「……」

パッション(どんなことがあっても……くじけちゃいけない。頑張り続ければきっと、報われるんだから)

パッション「ピーチ…練習再開、しましょ」

ピーチ「う、うん」

・・・・・

ピーチ「なんとか形にはなってきたけど……」

パイン「完成にはまだまだね」

パッション「……」

ベリー「どうすんの?」

ピーチ「まだ時間はギリギリ残ってるし……明日の撮影が終わったらまた練習しよっか」

ベリー「明日はハードになりそうね。今日完成すれば楽だったんだけど」

パッション「っ……でも、形になってるってことはきっと完成には近づいてるってことよ。諦めずにがんばりましょう」

ベリー「……」

ピーチ「そうだね、パッションの言うとおり! 明日もがんばろう!」

パイン「そうね。がんばりましょう」

パッション「がんばりましょうね、ベリー」

ベリー「え、ええ」

ベリー(なによその笑顔……余裕ってやつ? あたしのこと挑発してるってわけ?)

ベリー(パッションのくせに……)

ベリー「ねえピーチ、この後いい?」

ピーチ「どうしたの?」

ベリー「ちょっとピーチに相談があるの…」

ピーチ「えっ、あたしに?」

ベリー「そうよ、ピーチに。リーダーのピーチにしか相談できないことよ」

ベリー「どこか二人で食事でもしながら話しない?」

ピーチ「うん、分かった! あたしに任せて!」

ベリー「じゃあ、シャワー浴びて着替えたら行きましょうね」

ピーチ「えへへ〜」

ベリー「なに?」

ピーチ「ベリーがはじめてあたしのことをリーダーとして頼ってくれるのがなんか嬉しくて」

ベリー「……」

ピーチ「じゃ、後でね!」

ベリー(馬鹿なくせに……笑顔だけは一丁前なのよね、あの子)

ベリー(なんでいつもあんな顔ができるのかしら……)

短いけどここまで

・・・・・・

ピーチ「おまたせー」

ベリー「それじゃあ、行きましょう」

ピーチ「ねえねえ、どこ食べに行く?」

ベリー「どこでもいいわよ、ピーチに任せるわ」

ピーチ「じゃあねじゃあね……あっ、バイキング行こうよ!」

ベリー「……は?」

ピーチ「近くに新しくできたんだって。食べ放題だからたくさん食べれるよ!」

ベリー「あのね……相談したいことがあるって言ったのよ、私」

ピーチ「うん」

ベリー「バイキングなんて話が出きる雰囲気のお店じゃないでしょ」

ピーチ「えっ、でもたくさんご飯が食べれるんだよ?」

ベリー「あたしの相談とご飯たくさん食べる事どっちが大切なのよ」

ピーチ「う…うーん…」

ベリー「なんで悩むのよ!!」

ピーチ「もちろん、ベリーの方が大切だよ。でもお腹すいちゃったし……」

ベリー「もう…じゃあファミレスとかでいいでしょ。バイキングとか勘弁してよ」

ピーチ「分かった!」

・・・・・ファミレス

ピーチ「えっと、ハンバーグとステーキとサラダとオムライスと…あとオニオンスープください! デザートはイチゴパフェで!」

ピーチ「ベリーはなに食べる?」

ベリー「……あたしサンドイッチでいいです」

ウエイトレス「かしこまりました」

ピーチ「それだけで足りるの? もうちょっと頼んだほうがいいんじゃない?」

ベリー「いらないわよ……あんたの食事量見ただけで食欲が失せたわ」

ベリー「ていうかそんなに頼んでどうするの? 食べきれるの?」

ピーチ「うんっ」

ベリー「おかしい……絶対おかしい。あんたそれで体型維持とかできてるわけ?」

ピーチ「だって、食べた分は動けばいいだけだし。それにうちの寮だとこれぐらい普通に食べるよ?」

ピーチ「先輩たちなんてあたし以上に食べるし」

ベリー「おかしいわよ……ありえない。桃寮どうなってるのよ」

ピーチ「普通だよ」

ベリー「普通じゃないわよ」

ピーチ「いっぱい食べれば、その分強くなれるんだよ」

ベリー「あのね、物事には限度ってものがあるの。あんたの場合何をやるにしても、やりすぎなのよ」

ベリー「そんなんじゃいつか身体にガタが来て倒れちゃうわよ?」

ピーチ「心配してくれてるの? ありがとう!」

ベリー「……ちょっとなに勘違いしてるのよ。あたしは別に心配してるわけじゃ」

ピーチ「でもあたしの場合は、これぐらいやらないとダメだから。限界のギリギリまでいかないと、みんなや先輩についていけないよ」

ベリー「……」

ピーチ「だからベリーもたくさん食べよう!」

ベリー「いいって、いらないっての。そんな食べたら身体壊しちゃうわ」

ベリー(……って、こんな話をしにピーチと二人っきりになったんじゃなかった)

ベリー(ピーチと一緒だと毎回あたしのペースが崩されるわ)

ピーチ「料理まだかなー」

ベリー「…ところでピーチ、本題に入りたいんだけど」

ピーチ「あっ、うん。なになに?」

ベリー「相談したいことっていうのはね、実は…パッションのことなのよ」

ピーチ「パッションがどうかした?」

ベリー「ピーチはパッションのこと、どう思う?」

ピーチ「パッションは優しくて真面目で素直でいい子だよ!」

ピーチ「しかもあたしよりもずっと頭いいし。桃寮で一番頭がいいんじゃないかな? あとね…」

ベリー「そう…ピーチは気づいてないのね」

ベリー「一緒に暮らしてるから本性を隠してるのかしら……実はね、あたしはまだパッションのことが苦手なのよ」

ピーチ「え? でも今日尊敬してるって言ってなかった?」

ベリー「それはプリキュアとしてよ。同じプリキュアとして。プリキュアのパッションは立派だと思うわ」

ベリー「けど彼女の人間性は……好きになれない」

ベリー「気づかない? 彼女が私たちの和を乱してるって」

ピーチ「わ……?」

ベリー「実はね、あたしパッションにいじめられて…」

ピーチ「ごめん、『わ』ってどういう意味? わっかの輪?」

ベリー「……調和の和よ」

ピーチ「ちょうわ……?」

ベリー「……もしかして調和の意味が分からない?」

ピーチ「えっ、えっと……ちょうわ……」

ベリー「本気で言ってんの!?」

ピーチ「ちょうわでしょ、ちょうわ……ちょうわって確か……手話みたいなやつだよね」

ベリー「……」

ウエイトレス「お待たせいたしました」

ピーチ「あっ、来たよ! 食べよ食べよ!」

ベリー「……」

ピーチ「食べないの?」

ベリー「……」

ピーチ「ベリー?」

ベリー「あんたって本当に……!」

ベリー「ピーチ!!」

ピーチ「な、なに?」

ベリー「これ食べ終わったらちょっとあたしについてきなさい!!」

・・・・・

ピーチ「どうしたのベリー? なんで本屋に来たの?」

ベリー「まずこれ、辞書!!」ドサッ

ベリー「それと一般教養の本に漢字の読み書き張、名作小説数冊!!」ドサッ

ベリー「これ全部買ってあげるから全部読みなさい!! 分かった!?」

ピーチ「え…な、なんで?」

ベリー「あのね、リーダーのあんたが常識ないとあたしたちまで馬鹿だと思われるでしょ!」

ベリー「あんたが馬鹿だと恥ずかしいのよ! 少しぐらいは!! 勉強しなさい!!!」

ピーチ「は、はい!」

ベリー「はぁ……ほんと信じられない」

ピーチ「でもベリー、ありがとう。こんなに買ってくれて」

ベリー「……いいからちゃんと読むのよ?」

ピーチ「うん。でもこの辞書結構重いよね。筋トレとかにも使えそう」

ベリー「……」

ピーチ「じゃ、あたしもう帰るね。今日はありがとう、楽しかったよ!」

ピーチ「また明日ねー」

ベリー(はぁ……あれで少しはまともになってくれればいいけど)

ベリー「……」

ベリー(って、違うでしょ!! なんでこんなことになってんのよ!?)

ベリー(本来の目的はピーチにパッションの悪評を流してパッションを追い込む作戦だったのに……)

ベリー(ピーチがバカなせいであたしの予定が狂っちゃったじゃない!!)

ベリー「……はぁ、なにやってんだろあたし。あたしまで間抜けみたい」

ベリー(ピーチのせいであたしはいつもめちゃくちゃよ)

ベリー「……」

ベリー(でも…いつの間にか認めちゃってるのよね、あの子のこと。あの屈託のない笑顔見てる、なんだか嫌なこととかどうでもよくなってくるわ)

ベリー(ほんと、あの笑顔に才能が顕れてるのかもしれないわね……)

ベリー「……」

ベリー(だけどパッションは別。あの子だけは気に食わない)

ベリー(自分でもどうしてここまでむかっ腹が立ってるのか分からないわ……けど、あの子の場合はピーチとは別なのよ)

ベリー(あの子のことを考えると本当にイライラする……)

ここまで

・・・・・翌日

パッション「……」ウトウト

ルージュ「パッション、パッションってば」

パッション「は、はい」

ルージュ「ご飯はやく食べなさいよ。もうすぐ時間でしょ?」

パッション「あ…す、すみません」

ピーチ「おかわり!」

ルージュ「はいはい」

パッション(……ピーチはもう何杯食べてるのかしら)

パッション(私はお椀のご飯半分でも限界だわ……)

ルージュ「パッション、早く食べちゃいなさい。この寮じゃ最低でも二杯食べなきゃいけないって決まりがあるって分かってるでしょ?」

パッション「は、はい。今すぐ食べます…」

ルージュ「……」

・・・・・

ベリー「……ねえ見てよパイン、今日の新聞」

パイン「え?」

ベリー「ほら、ここの記事」

パイン「あっ、私たちの評価が載ってわね」

ベリー「この評論家見る目がないんじゃないの? あたしのことなにか勘違いしたモデル気取りのプリキュアですって。こんなの失礼だわ!」

パイン「私は……最近増えつつあるオタクの人たち向けのプリキュア」

ベリー「ねえパイン、ムカつかない!? こんなの書いたやつの顔を一発殴ってやりたいわ」

パイン「そうね……」

ベリー「なに? ムカつかないの?」

パイン「一応ここに書かれてることは事実だし……あっ、でも私はベリーが勘違いしてるなんて思ってないからね?」

パイン「私に関しては、一応事実ってだけで」

ベリー「あんたそれでいいの? 馬鹿にされてるのよこれ」

パイン「しょうがないわ……私のファンは子どもよりも大人の人の方が多いから」

ベリー「まったくほんといい加減にして欲しいわよね、オタクってやつは。せっかくプリキュアになったのに変な男たちに付きまとわれたら意味ないわ。そんなのただの三流アイドルと変わらないっての」

ベリー「パインだって、嫌なものは嫌ってはっきり言ったら?」

パイン「私は、プリキュアになれただけでも満足だから」

ベリー「もー、向上心を持たなきゃダメじゃない。パインにだって素質は十分あるんだから」

ガチャッ

パッション「お…おはよう、二人とも」ニコッ

ベリー「……パイン、お手洗い行きましょ」

パイン「あ、うん」

パッション「……」

パッション(はぁ……いなくなってくれた方がむしろ楽だわ、一時的にだけど)

パッション(……でも、人に嫌われるのはやっぱり慣れない。まるで自分を全否定されてるような気分)

パッション「……?」

パッション(新聞……こんなところに開いたまま。そういえば寮に引っ越してから新聞なんて読んでなかったわね。あの寮は新聞とってないし)

パッション(何が書いてあるのかしら……)

パッション「……あ」

パッション(私への評価……)


『期待の新人……かと思いきやとんだ期待はずれ。メディアからはプッシュされているが人気の方はイマイチのようだ。
 確かに街の玩具屋を覗いてもパッション関連のグッズは思っていたより売れてはいない。ちなみに私も、キュアパッションには魅力を感じていない。
 そして事実、子ども達の間にも“アンチキュアパッション”は多数いるようだ。その原因はやはりイース時代にあるのではないだろうか。
 イースであった頃の彼女は間違いなく立派な悪役であり、その悪役としてのカリスマ性は視聴者を惹きつけていた。
 しかしプリキュアになってもイース時代の影響は残ってしまい、子どもたちからは彼女がプリキュアになってもいまだにイースの面影が頭から離れず怖がっているのだ。
 おまけにプリキュアとしての実力も疑わしい。 幹部時代の頃はなんとか誤魔化せていたアクションシーンでも、プリキュアになれば話は別だ。
 彼女の動きはプリキュアと呼べるような相応しい動きではまるでない。特に最近の彼女はまるで身体に重りでも身につけているかのように動けていない。
 他にも言いたいことは山ほどあるがあまりに長くなりそうなので割愛しておく。
 しかし聞くところによると、彼女はキュアピーチと同じ寮で暮らしているらしい。そこにはキュアブラック、キュアドリームなど偉大な先輩も一緒に暮らしている。
 なのになぜそのような一流が集まる寮に暮らしていておきながら結果が出せないのか、彼女はそこで何を学んでいるのだろうか。
 私には、ピーチたちと同じ寮で暮らしているパッションの姿は一流のスイーツの中に駄菓子かなにかが混ざっているようなものに思える。
 ひょっとしたらイースのままでいた方がよかったのでは? キュアパッションはプリキュアには向いていない、これだけは断言できる。
 一時は世間の話題を掻っ攫った彼女だが、もはや二度と日の目を見ることはないだろう』

パッション「……」

パッション(なんで……なんでなの……)

パッション(私だって一生懸命頑張ってるのに……なんでこんなこと書かれなきゃいけないの……)

パッション(私のやってきてることは……一体……)

パッション「……」

ガチャッ

ピーチ「みんなおはよー!」

パッション「!!」

ピーチ「って、あれ? パッションだけ?」

パッション「ベ…ベリーとパインならトイレに行ったわ」

ピーチ「なんだ、そうなんだ。……あれ? パッション?」

パッション「なに…?」

ピーチ「泣いてるの? 目赤いよ」

パッション「あ…こ、これは別に…」

ピーチ「なにかあった?」

パッション「違うの、泣いてるわけじゃなくて……」

パッション「花粉が…花粉症だから、目がかゆくて」

ピーチ「パッションって花粉症だったっけ? 大変だね」

パッション「……」

パッション(ピーチには泣いてる理由なんて言えない……こんな新聞も見せられない)

ピーチ「パッション、はいこれ。ハンカチ」

パッション「え……」

ピーチ「なんか涙止まらないみたいだし、一応これ使って」

パッション「あ…ありがとう」

ピーチ「どういたしまして!」

パッション「……」

パッション(本当だったら今すぐピーチに泣きつきたい。けどそんなことしたって、きっとピーチには迷惑よね……ピーチにだって辛いことはあるんだから)

パッション(それに私は、ピーチにみたいになりたいって決めた。ピーチみたいに強く……だからこんなことで挫けちゃいけない)

パッション(挫けちゃ……)

・・・・・

パッション「はぁ…はぁ…」

ピーチ「完成まで、まだあとちょっとかかりそうだね……」

パイン「今日もダメだったわ……」

ベリー「パッション!! あんたいい加減にしなさいよ!?」

ベリー「何度同じミスを繰り返せば気が済むのよ!!」

パッション「っ……」

ピーチ「ベリー、ちょっと落ち着いて」

ベリー「あんたグランドフィナーレの練習だけじゃなくて今日の撮影でも何度もNG出してたわよね!」

ベリー「やる気ないわけ!? ふざけてるんだったら帰りなさいよ!!」

ピーチ「ミスしたのはパッションだけじゃないし、パッションだけを責めるのは…」

ベリー「ピーチもこの子には甘すぎるのよ! いい加減はっきり言ったらどうなの!?」

ベリー「パッションは役立たずのクズだって!!」

パッション「……」

ピーチ「言いすぎだよそれ! 役立たずなんて誰も思ってないよ!」

ベリー「はぁ……イライラしてくる……!」

ピーチ「ベリー、パッションに謝って!」

ベリー「っ……冗談じゃないわ、今ま我慢してきたけどもうやってらんない」

ベリー「あたし帰る」

ピーチ「えっ…ベ、ベリー?」

ベリー「ピーチ、あんたがいつまでたってもパッションを甘やかしてるからはっきり言うけどあたしはその子がプリキュアなんて認めないわ!」

ベリー「この子がここまで愚図だといい加減我慢できないのよ!!」

パッション「……」

ベリー「あたし達の足ばっか引っ張って! 迷惑なの!!」

パッション「……あなただって」

ベリー「はぁ!?」

パッション「あなただって……私に散々嫌がらせしたくせにどうしてそんなこと言えるのよ……」

ベリー「っ……!?」

パッション(あ……しまった……)

パッション「ち、違うわ。その…ベリーのせいにしてるわけじゃなくて…」

ベリー「……ねえ聞いた? 今この子、あたしが嫌がらせしたって言ったわよね」

ベリー「この子今、自分のミスを人のせいにしようとしてるわよ」

パッション「そ、そうじゃなくて……」

ピーチ「嫌がらせって…?」

ベリー「言っておくけど、あたしそんなことしてないから。パイン、あたしパッションに嫌がらせなんかした?」

パイン「え……ううん」

ベリー「そうよね、してないわよね。そんな証拠だってないし。なのにこの子ってきたら……」

ベリー「いくらなんでも、自分のミスを人にせいにするのって最低だと思わないの? パッション、ねえ」

ベリー「ピーチだってそう思うでしょ?」

ピーチ「パッション……ベリーがなにかしたの?」

パッション「……」

ピーチ「正直に言っていいんだよ」

パッション「……」

パッション「なにも……なにもしてないわ……」

パッション「私が悪いの……」

ベリー「ほら見なさい、やっぱりパッションは最低だわ。ありもしない罪をあたしに擦り付けようなんて」

パッション「……」

ベリー「あーあ、ほんとムカツク。傷ついたわ、こんな子と一緒になんかやっていけない」

ベリー「帰る。今日はもう無理」

パッション「……」

ピーチ「パッション……」

パイン「あ…じゃあ私も…」

パッション「……私、しばらく残るわ」

ピーチ「え?」

パッション「一人にさせて……」

ピーチ「……」

・・・・・

パッション「……」

パッション(もう外はすっかり夜……帰ったらトレーニングしなくちゃ)

パッション(今日のミスは私のせい。自分自身への罰として、いつもよりトレーニングの量を増やさないと)

パッション(私が悪いんだから……)

パッション「……」

パッション(がんばってる……私はがんばってる……)

パッション(がんばってるはずよね……)

パッション「あ……」

パッション(ここの玩具屋……)

パッション(パッションハープ……こんなに余ってる)

パッション「っ……」

パッション(なんで売れないの……これも私が悪いの?)

パッション(なんでよ……なんで……)

パッション「……」

パッション(そうだ、子どもからもらったファンレター。バッグに入ってたはず)

パッション(あれを読めば、少しは元気が出る。あれだけが私を勇気付けてくれる)

パッション(子ども達の応援が、私に……)

パッション「……!?」

パッション「あ……ああ……!!」

パッション(手紙……なんでこんなバラバラに破けてるの……)

パッション(嘘よ、こんな……子どもからもらったファンレターが……なんで……)

パッション(なんで……!?)

パッション「いや……いやあああああああああああああああああああ!!」

ここまで
ちなみに私はパッションが子どもに不人気説は嘘だと思ってます
パッションハープを定価で買った幼女の私が言うんですから間違いありません

・・・・・青寮

ベリー(あーあ、ほんと嫌な感じ。パッションのせいでグランドフィナーレ全然完成しないじゃない。残りの日数に余裕ないのに)

ベリー(……ま、かなりへこませたしいっか。あたしの予定してた追い詰め方とは違ってたけど、あの場で小心者のパッションが本当のこと言えるわけないんだし……結果オーライね)

ベリー(トドメはパッションがいつも一人でニヤつきながら読んでいたファンレター、それが破かれたって気づいたら相当落ち込むでしょうね)

ベリー(だいたい気持ち悪いのよ、いつも手紙を読んではニヤニヤして。馬鹿じゃないの。それともあたしにファンレター貰ったの見せびらかしたかった?)

ベリー(残念ね、あたしの方があんたよりたくさんファンレターもらってるのよ。格が違うのよ、格が)

ベリー(ま、破ったファンレターは全部偽物だけどね。さすがに子どもが一生懸命書いた手紙を破くのは気が引けるし)

ベリー(ぷぷ……パッションのことだからそんな事には気づかずに今頃慌ててるでしょうね。本物はこっちにあるのに)

ベリー(いい様よ。あたしのことを舐めてるからあんな目に合うんだわ。自業自得ってやつ)

ベリー「……」

ベリー(……パッションへのファンレターってどんなこと書いてあるのかしら。なんでよりにもよってパッションなんかに)

『パッションへ、いつもがんばってるパッションがすきです。
 パッションがプリキュアになってときはすごくうれしかったです。
 これからもわるいやつにまけないでがんばってください。
 わたしはずっとおうえんしてます」

ベリー「……」

『パッションがイースのときはすきじゃなかったです。だけど、いまはだいすきです。
 パッションはわるいひとだったけど、いまはすごくやさしくてだいすきです。
 わたしもわるいことをしたらはんせいして、パッションみたいにやさしいひとになれるようになりたいです。
 これからもがんばってください』

ベリー「……」

ベリー(やめたやめた、他人のファンレターなんて読んでもつまらないわ)

ベリー(あんな愚図でもプリキュアってだけで応援されるなんて…ほんと、パッションはラッキーね。運だけはいいんだから)




アクア「ベリー、ちょっといい?」

ベリー「は、はい! なんですか?」

アクア「電話、かける時間でしょ」

ベリー「え……?」

アクア「ほら、この前言った声優の」

ベリー「ああ…あれですね、今行きます」

アクア「よろしくね。なんでもすごく楽しみにしているそうだから」

ベリー「それにしてもこんなこと頼めるなんて、ほんとその声優の人すごく有名なんですね。あたし声優とか知らないからよく分からないですけど」

ベリー「えっと、番号は……」ピッピッピ

Trrrr Trrrr

??『もしもし!」

ベリー「もしもーし、こんばんわ。ベリーよ」

??『ほんもの!?』

ベリー「ええ、本物よ。今日電話するって約束したでしょ?」

??『ママー! ほんとうにベリーからでんわきたー!」

ベリー「ふふっ」

??『こんばんわ! ベリー!』

ベリー「はーい、こんばんわ。いつも応援ありがとうね」

??『でんわしてくれてありがとうございます!』

ベリー「どういたしまして。あたしもあなたと話すことができて嬉しいわ」

??『あのねあのね、ベリーにたくさんはなしたいことがあるの!』

ベリー「あら、なにかしら。聞かせてちょうだい」

??『えっとね! えっとね!』

ベリー(これは結構長くなりそうね)

・・・・・桃寮

パッション「……」

ルージュ「あれ、パッション帰ってたの?」

パッション「ルージュ先輩……」

ルージュ「遅かったじゃない、ピーチはとっくに帰ってきてたのに。なにやってたの? 仕事?」

パッション「……は、はい」

ルージュ「ふーん、大変ね。ま、パッションはあちこちから期待されてるしね」

パッション「……」

ルージュ「どうしたの?」

パッション「トレーニング……いってきます」

ルージュ「ああ、そう。でも遅いし今日は休んだら?」

パッション「……」

ルージュ「パッション?」

パッション「すみません……いってきます」

ルージュ「……」

ピーチ「あっ、パッション」

パッション「……」

ピーチ「おかえり、今からトレーニングするの?」

パッション「ええ……」

ピーチ「そっか。あたしはもう終わっちゃったんだけど…」

パッション「……」

ピーチ「…今日のベリー、ちょっとイライラしてただけなの。たぶん、時間がなくて焦ってるだけだったと思うから…」

ピーチ「だから、ベリーの言ったことはあまり気にしないで。ベリーもきっと、悪気があって言ったんじゃないだろうし……」

パッション「……」

ピーチ「あたしは、パッションのことよく知ってるから! だからパッションのことは信じてるよ!」

パッション「……あなたに私のなにが分かるの」

ピーチ「え……」

パッション「……」

ピーチ「パッション……?」

パッション「……」

ピーチ「……」

・・・・・

パッション「はぁ…はぁ…」

パッション(私……さっきピーチになんてことを言ってしまったの…)

パッション(ピーチは心配してくれただけなのに……それなのに私は……)

パッション「うっ…うう…〜〜っ…」

パッション「ひっぐ……ぐず……」

ルージュ「驚いた、まだやってるわけ? あんたいつまでトレーニングしてるのよ」

パッション「!!」

ルージュ「ん……? どうしたの?」

パッション「ル……ルージュ先輩……」

ルージュ「なによ、なんで泣いてるわけ?」

パッション「私……もう無理です……」

ルージュ「え?」

パッション「もう……」ドサッ

ルージュ「パッション!?」

・・・・・パッションの部屋

パッション「う……」

ルージュ「気がついた?」

パッション「ルージュ……先輩……」

パッション「私……は……?」

ルージュ「トレーニング室で倒れちゃったのよ。驚いたわ、いきなり目の前で意識失うんだもん」

パッション「……」

ルージュ「ねえ、あんた体調悪いの?」

パッション「……大丈夫です」

ルージュ「大丈夫なわけないでしょ。明日にでも病院に行って検査してきなさい」

パッション「……」

ルージュ「……まぁ、疲れるのも分かるけどね」

ルージュ「ただでさえ仕事で忙しいのに、ほぼ毎日無茶なトレーニングなんてやってたらね」

ルージュ「おまけにこの寮にいても疲れることばっか。先輩たちは騒ぐし、ろくにこっちの言うことは聞かないし」

ルージュ「肉体的にも精神的にも、疲れるわよね」

パッション「……」

ルージュ「……ねえ、パッション。パッションはパッションのペースでいいのよ?」

ルージュ「無理にあたしたちに合わせる必要ないんだから」

パッション「……私は、ダメな子ですから……」

パッション「人よりも……もっと、もっと努力しないと……一人前になれないんです……」

ルージュ「だからって闇雲にトレーニング量や仕事を増やしたりしても意味ないでしょ」

パッション「じゃあどうすればいいんですか!! どうすれば私は立派なプリキュアになれるんですか!!」

パッション「私は努力してきたんです!! やれることはやってきたんです、この寮の無茶なやり方だってプリキュア以外の仕事だって寝る間も惜しんで全力でやってきたんです!!」

パッション「できることは全部やったのに、なのになんで結果が出ないんですか!! どうやったら結果を出せるんですか!? 教えてくださいよ!!」

ルージュ「……」

パッション「はっ…ひぐっ…ぐずっ…」

パッション「ご……ごめんなさい……私……」

ルージュ「とにかく休みなさい。疲れてるのよ」

パッション「私……私……」

パッション「ピーチにも……ルージュ先輩にもひどいこと言って……」

パッション「私……最低……最低な人間……」

パッション「こんな私がプリキュアなんてやっちゃいけないのよ……最低な……才能もない人間がプリキュアなんか……」

ルージュ「……才能なんて大なり小なりあるだろうけど、プリキュアになれたってことはあんたにもその素質があるってことよ」

ルージュ「確かにドリームやピーチはすごい子かもしれないけど、それはあんたが気にすることじゃないの。パッションはパッションで……」

パッション「私は……もうダメよ……なにをやってもダメなんだわ……」

ルージュ「……ねえパッション。少しは前向きな話をしない?」

パッション「……」

ルージュ「例えば、今のパッションに必要なのはそうね……環境を変えてみるとか?」

パッション「え……?」

ルージュ「あたしと一緒にこの寮出て、二人で暮らさない?」

パッション「ルージュ先輩と……?」

ルージュ「あたしも疲れちゃってさ。だって先輩たちったら、家事を全部あたしに押し付けるし」

ルージュ「何度注意しても寮は散らかすし、ふざけたことばかりしてるし、ちっとも反省しないし」

ルージュ「だからいっそのことここから出て行こうかなって思ってるのよね。もうやってらんないわ」

パッション「……」

ルージュ「アクアさんにね……話してみたら、なんか住む場所提供してくれるらしくて」

ルージュ「ほんとはあたしアクアさんのこと好きじゃないんだけどね、ここだけの話。だけどさ、今のパッション見ててもどうしようもないと思うし……」

ルージュ「あの人に借り作ることになっちゃうけど、引っ越すのも悪くないんじゃないかなって思うのよ」

パッション「……」

ルージュ「あたしとパッションでさ、新しい寮…赤寮に住んでみない? ちょうど二人とも赤いプリキュアだしね」

パッション「赤寮……」

ルージュ「あたしは割と本気だから、考えてみてよ。パッションがその気なら、あたしはいつでもいいわよ。引っ越しましょ」

パッション「……」

ここまで


声優というと実際林原めぐみがキタエリに頼んでキュアベリーの声で娘と電話させたんだっけ

・・・・・翌日

ブラック「引越し〜!?」

ルージュ「昨日パッションにも話したんですけど、そういうことですから」

ブラック「ちょ、ちょっとちょっといきなりなに! マジで!? マジ!?」

ルージュ「マジです。あたしだってもう限界なんですから」

ブラック「そんな〜……ルージュがいなくなったら誰が料理作ったり洗濯したり掃除したりするのよ」

ルージュ「先輩たちが、自分でやってください!」

ブラック「……パッションもここから出て行きたいって?」

ルージュ「まだ何とも言ってないですけど、たぶんパッションも一緒に来てくれます」

ルージュ「パッションの場合、ここの生活には完全に向いてませんから。完全に体力も精神も消耗しきってますよ」

ブラック「うーん……無理にここには留めないけどさ、残念だなぁ」

ルージュ「無理ないですよ。ブラック先輩が無茶なことやらせるから」

ブラック「でもあたしさ、パッションのことは結構好きなんだよね。そりゃピーチと比べたら能力的には劣るかもしれないけどさ。でもさ、あの子すごく真面目なのよ。一つのこと教えたら十やってくるような子」

ブラック「ある意味バカよね、努力バカ。でもそんなひたむきなところとか、すっごく可愛らしくてさ。もうちょっと優しくしてあげればよかったかな……」

ルージュ「……」

ブラック「ま、うちのやり方についていけないならしょうがないわね。パッションのためって考えるなら……パッションと分かれるのは寂しいけど」

ルージュ「あたしも出て行きますけどね、念押しで言っておきますけど」

ブラック「ええ〜……それはちょっと考え直してくれない? ルージュまでいなくなっちゃうとさすがにこの寮やばくなりそうだし」

ルージュ「ダメです」

ブラック「お願いルージュ! ルージュちゃん! ルージュ様!」

ルージュ「ダメなものはダメです。これからは自分たちだけでちゃんと生活してくださいね」




ドリーム「……」

ルージュ「はぁ……まったく。ブラック先輩ったらこういう時だけ調子いいんだから」

ルージュ(でも決めたものは決めたんだし、なに言われても絶対に聞かないんだから)

ドリーム「ルージュ……」

ルージュ「ドリーム? どうしたの、今日は休んでなくていいの?」

ドリーム「ルージュ……ここから出て行っちゃうの?」

ルージュ「えっ、聞いてたの?」

ドリーム「……」

ルージュ「まぁ…そういうことなのよ。新しい寮に住もうかなって思ってね」

ドリーム「……」

ルージュ「あたしがいなくなってもさ、ここには先輩たちもいるし……ドリームにはココもいるでしょ? だから、大丈夫よ」

ドリーム「行っちゃヤだよ……」

ルージュ「ドリーム…」

ドリーム「行かないでルージュ……」

ルージュ「……あっ、そうだ。ならドリームも来ちゃう? 赤寮。ドリームだったら大歓迎よ」

ドリーム「ルージュとここにいたい……」

ルージュ「そう言われてもね…」

ドリーム「行っちゃヤだ……」

ルージュ「……まだ完全には決まったことじゃないから。ほら、部屋戻りな。今日は休んでなくちゃいけないんでしょ?」

ドリーム「……」

ルージュ(参ったわねこりゃ……)

ルージュ(ドリームにはもうあたしがいなくても平気だと思ってたんだけど……)

ドリーム「……」

ルージュ「いいから部屋に戻りなさいって。あたしもついてってあげるから」

ルージュ(やっぱりココじゃ頼りにならないわね……はぁ)

・・・・


パッション「……」

ベリー「それでね、なんか話ししてる間に仲良くなっちゃって友達になっちゃったのよ。また電話するって言っちゃった」

パイン「ふふ、かわいいわね」

ベリー「ほんとよね。あたしも子どもの頃テレビのヒロインとかに憧れてたから、あの子の喜ぶ気持ちがすっごく分かるわ」

ピーチ「……」

パッション「……」

コンコンッ

スタッフ「すみません、そろそろ準備の方をおねがいまーす」

ベリー「はーい。じゃあ行きましょうか」

パイン「ええ」

ピーチ「……よしっ、じゃあみんな! 今日もがんばろー!」

パッション「……」

ベリー「今日も撮影が終わった後は練習しないとね。いい加減どっかの誰かさんにはちゃんとしてほしいけど」

パッション「……」

パイン「今日は元気ないわねピーチ、大丈夫?」

ピーチ「そ、そんなことないよ。あたしはいつも元気元気!」

ベリー「そう? 少しテンション低いわよ」

パッション「……」

ベリー「あっ、分かった。ひょっとしてパッションの陰険な性格が移っちゃった?」

ベリー「そりゃそうよね、同じ寮に暮らしてたら嫌でも一緒にいなくちゃいけないんだもん。辛いわよねー、こんな暗い子と一緒じゃ」

パッション「……」

ピーチ「っ…ベリー!!」

ベリー「な、なによ…」

ピーチ「なんでそんなこと言うの!? ひどいよ!!」

ベリー「な…なに急に怒ってんのよ。意味分かんない」

ピーチ「今の言いすぎだよ!!」

ベリー「ちょっと落ち着きなさいよ、ただの冗談だって。パッションだって分かるでしょ?」

ピーチ「冗談でもひどい!!」

ベリー「なによ一体……今日のピーチどうしたのよ」

ベリー(ちょっと怖いんだけど……)

ピーチ「だって……だって……」

パッション「……」フラフラ

ピーチ「だってパッションは……!!」

パッション「……」ドサッ

ピーチ「パッション!?」

ベリー「!!」

ピーチ「パッションどうしたの!? しっかり! しっかりして!!」

パッション「……」

パイン「大変……意識がないわ」

ピーチ「ど、どうしよう! どうしよう!?」

パイン「落ち着いてピーチ」

ベリー「……」

・・・・・病院

医者「過労による体調不良で倒れてしまったようですね。今日一日は安静にしないといけません。仕事のほうも、最低一週間は様子を見ないとなんとも」

ルージュ「そうですか……」

医者「とりあえず今日はパッションさんには病院で休んでもらいます」

ルージュ「はい…よろしくお願いします。パッションには今会えますか?」

医者「ええ。意識は戻りましたから、起きていれば話すこともできますよ」

ルージュ「ありがとうございます」

ルージュ(よかった……とりあえずはなんともないみたいで。パッションが倒れたって聞いたときは焦ったわ)

ルージュ(やっぱり昨日の時点で休ませるべきだったか……。はぁ……そろそろ限界なんじゃないかとは思ってたけど)

ルージュ(引越しは早めにした方がいいかな……)

・・・・・

パッション「……」

コンコンッ
ガチャッ

ルージュ「パッション、起きてる?」

パッション「……」

ルージュ「目が開いてるってことは…起きてるみたいね」

パッション「ルージュ先輩……」

ルージュ「過労だってさ。やっぱり疲れがたまってたのよ」

パッション「……ピーチたちは?」

ルージュ「ピーチたちは仕事がまだ残ってるんだって。パッションのことは後であたしから伝えておくわ」

パッション「……私も……」

ルージュ「なに?」

パッション「私も……戻らなくちゃ……」

ルージュ「戻るって……仕事に!? バカ言ってんじゃないわよ!」

ルージュ「今どういう状況か分かってんの!」

パッション「私が休んだら…迷惑がかかる…」

パッション「私のせいで撮影が遅れたら……ピーチを、スタッフの人たちを、楽しみにしてくれてる子どもたちを……」

パッション「みんな裏切ることに……」

ルージュ「いい加減にしなさい!!」

パッション「っ……」

ルージュ「……今日は休むの。今日だけじゃない、しばらくは大人しくしてるの」

ルージュ「今のあんたは何もできないわ。余計なことをすればそれだけ周りに迷惑かかる、分かった?」

パッション「……」

ルージュ「……パッション、あんたが唯一間違ってたことといえばそれは自己管理がちゃんとできなかったってことよ」

ルージュ「プロならそれは一番徹底してやらなきゃいけないこと、そうでしょ?」

パッション「……」

ルージュ「……だけどね、あたしはあんたが悪いことをしたとは思ってない。あんたはよく頑張ってるわ、必死にやってる」

ルージュ「もし誰かに非難されても、あたしはあんたのことを責めたりしないわ。非難した奴はあたしがぶん殴ってやる」

ルージュ「あたしはあんたがどんな思いで、どれだけ頑張ってきたか分かるから。だから、あんたは一人で抱え込まなくていいの。自分で自分を責めなくていいの」

ルージュ「パッションがなにをしようと、あたしはあんたを責めたりあんたに失望したりなんかしないわ」

ルージュ「あたしはパッションの味方よ」

パッション「ルージュ…先輩…」

ルージュ「ほら、分かったら今日は休む。完全に回復するまでね」

パッション「ルージュ先輩……私……私っ……」

パッション「もう……無理です……」

パッション「もう疲れて……一歩も動きたくないんです……」

ルージュ「うん、分かってる」

パッション「ひっぐ……もうヤだ……こんなこと……」

パッション「もうヤだ……」

パッション「プリキュアなんかに……ぐずっ……ならなきゃよかった……」

パッション「ぐずっ……ひっぐ……うえええええええええん」

ルージュ「よしよし」

パッション「えぐっ……ふぅぅっ……」

ルージュ「大丈夫よパッション、大丈夫…」

・・・・・

ピーチ「……」

ベリー「……」

パイン「……」

ピーチ「……あっ、メール……ルージュ先輩からだ」

ピーチ「……パッション大丈夫だって! よかった〜」

パイン「よかったわね、ピーチ」

ベリー「……」

ピーチ「過労で倒れちゃったんだって。だからしばらくは休まなくちゃいけないって…」

ベリー「……」

ピーチ「でもほんとよかった…大きな病気とかじゃなくて」

パイン「けど、どうしよう。これじゃあグランドフィナーレも練習できないし……」

ベリー「……」

ピーチ「……ねえ、ベリー」

ベリー「…なによ」

ピーチ「昨日パッションが言っていたけど……べりーがパッションに嫌がらせしたって本当?」

ここまで
>>391
林原さんの娘に送ったのはボイスレターですね
ちなみにこのSSで出た声優さんとは林原さんの声にそっくりの人という設定です

今日はちょっと休みます
ハトはムンライさん中心に考えてます
スマは全員主人公?
ドキは予定なし

ベリー「なによこんな時に」

ピーチ「答えて、ベリー」

ベリー「いきなりなんなのよ」

ピーチ「パッションもいないんだから、正直に答えて」

ベリー「やってないって言ってんでしょ!? なに、アンタあたしのこと疑ってるわけ!?」

ピーチ「じゃあどうしてパッションはあんなことを言ったの!!」

ベリー「知らないわよ! あいつが嘘ついてんでしょ!?」

ピーチ「パッションは……パッションは嘘なんてつかないよ!!」

ピーチ「今日のベリーはちょっとおかしいよ!!」

ベリー「っ……おかしいのはアンタの方でしょ!?」

ベリー「パイン! ちょっとこの子どうにかしてよ!!」

パイン「え…あ…えっと…」

パイン「二人とも落ち着いて……」

ベリー「あたしは、何もしてないって言ってんの!!」

ピーチ「……」

ベリー「ふざけんじゃないわよ! なんであたしが責められなきゃいけないわけ!? ねえ!!」

ピーチ「責めてるつもりじゃなくて……本当のことが知りたくて」

ベリー「あたしは何もやってない!!」

パイン「っ……」ビクッ

ピーチ「……」

ベリー「……なんでアンタがあたしのこと疑うのよ。信じられない……」

ピーチ「……」

ベリー「っ……」

ピーチ「あっ、ベリー…」

ベリー「もう今日は終わりでしょ…帰る」

ベリー「冗談じゃないわやってらんない、こんなこと……。あんたがここまでバカだったなんて、失望したわ。もうついていけない」

ピーチ「……」

・・・・・

ベリー(なんでピーチがあたしのことを疑うのよ……あたしのことは信じてくれると思ってたのに)

ベリー「っ……」

ベリー(……信じるもなにもパッションいじめてたことは事実だけど。なに考えてるのかしらあたし……)

ベリー「……」

ベリー(だけどパッションもパッションよ。倒れるなんて……大げさすぎ)

ベリー(あたしがやってきた事とは関係ないわ。どうせ、ろくに体調管理をしてこなかったパッションの自業自得よ)

ベリー(あたしは関係ないんだから……)

ベリー「……」

ベリー(ピーチだって……)

ベリー(あんなに怒んなくてもいいのに……)

・・・・・病院

ピーチ「パッション!」

パッション「ピーチ……」

パイン「こ、こんばんは」

ルージュ「あんた達、来たの? 大丈夫だってメールしたでしょ」

ピーチ「だってどうしても心配で……大丈夫パッション?」

パッション「ええ……心配してくれてありがとう。ごめんね、迷惑かけちゃって」

ピーチ「迷惑なんて思ってないよ。パッションに何もなくてよかった」

ルージュ「……」

パッション「……まだ一週間ぐらいは様子をみなくちゃいけないんだって」

ピーチ「そんなに!? ……そっか、でもしょうがないよね。今は身体を休めることに専念しないと」

パッション「あ…け、けど一週間以内に……三日ぐらいで戻れるようには」

ルージュ「パッション」

パッション「……ごめんなさい」

ルージュ「今新しい必殺技の練習してるんだっけ? パッションがこんな調子だし……戻るのは遅れちゃうけど、大丈夫そう?」

パイン「えっと……」

ピーチ「大丈夫大丈夫! なんとかなりますって!」

ルージュ「だったらいいけど」

パッション「……」

ルージュ「せっかく来てもらったのに悪いんだけど、パッションももう寝なくちゃいけないし。今日はこの辺でね」

ピーチ「あ…はい。また明日来るね、パッション」

パッション「私には構わないで…ピーチたちは仕事に集中して」

ピーチ「う…うん」

ルージュ「じゃあ帰りましょ。あたしも一緒に……」

パッション「……ピーチ」

ピーチ「なに?」

パッション「今のうちに言っておこうと思うの。私……今の寮から出て行くわ」

ピーチ「え……!?」

パッション「一週間以内には引っ越すつもりよ……」

ピーチ「な、なんで!! どこに!?」

ルージュ「…あたしと一緒に、新しい寮で暮らすの」

ピーチ「ルージュ先輩まで!?」

パッション「……」

ピーチ「パッション……」

パッション「ごめんなさい……私はもうピーチたちについていけないの」

パッション「ピ、ピーチが悪いわけじゃなくて、私が……未熟だから」

パッション「ピーチみたいにはなれないの……ピーチと同じ生活はできない……」

パッション「ごめんなさい……」

ピーチ「……」

ルージュ「誰が悪いってわけじゃなくて、ちゃんと住み分けをしようってことよ。あたしとパッションは元々、プリキュアのリーダー格じゃなかったわけだしね」

ルージュ「これを機にあたし達はあたし達でやっていこうってわけ。これはあくまで前向きな話よ? だからピーチはなにも心配しなくていいの」

ピーチ「……」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「パッションが決めたなら、あたしは何も言わないよ! 新しい寮でもがんばってね!」

ピーチ「なにか困ったことがあればすぐにあたしが駆けつけるから!」

パッション「……」

ピーチ「よし、そろそろ帰らないと。あーお腹すいちゃった」

ルージュ「あたしも帰るわ。じゃあパッション、大人しくするのよ?」

パッション「は…はい…」

ピーチ「じゃあねパッション、しっかり休んでね!」

パイン「さようなら、パッション」

パッション「ええ……」

パッション「……」

・・・・・ファミレス

ピーチ「パインはなに食べる? ルージュ先輩は?」

ルージュ「あたしは適当に」

パイン「私は軽いものでいいわ。ピーチは?」

ピーチ「あたしはね、ハンバーグと……ハンバーグセットだけでいいや」

ルージュ「……」

ピーチ「……」

パイン「あっ、すみません。注文いいですか?」

ウエイトレス「はい、ただいま」

ルージュ「ピーチ、それだけで足りるの?」

ピーチ「え? じゃあ……パンとかも、一緒に……」

ルージュ「……」

ピーチ「あ…あー疲れた。今日もたくさん身体動かしたし」

ピーチ「ご飯いっぱい食べて、体力回復しないと」

パイン「そ、そうね。でもパッション特に大きなケガとかなくてよかったわ」

ピーチ「うんうん。全快のパッションが戻ってくれたら、すぐにでもグランドフィナーレが完成しちゃうよね」

ルージュ「そういえばあの子は?」

ピーチ「え?」

ルージュ「ほら、ベリーよベリー。どうしたの? ここにいないけど」

ピーチ「あ…えっと…」

パイン「それは……」

ルージュ「?」

ピーチ「ベ、ベリーは別の仕事があって……今日は来れなくて……」

ピーチ「本当はパッションのお見舞いに行きたいって言ってたんですけど!! えっと……その……ええっと」

ルージュ「……なに嘘ついてるの」

ピーチ「う!? 嘘ォ!!」ガタッ

ピーチ「や、やだなーもー!! 嘘なんてついてないですよあたし、ルージュ先輩ったらーあはは!! あはははは!!」

パイン「ピーチ……」

ルージュ「あのね……そのリアクション分かりやす過ぎだから」

ピーチ「う……」

ルージュ「どうしたのよ、なにかあった?」

ピーチ「それは…その…」

ルージュ「…まぁ言いたくないならいいわよ。ほら座りなさい」

ピーチ「はい……」

パイン「……」

ピーチ(……そういえば、この前もベリーとここに来たなぁ)

ピーチ(あの時は、二人楽しく食事してたけど……)

ピーチ(ベリー……)

ピーチ「……」

ルージュ「……ピーチ、あんたいつも外じゃそんな顔してるの?」

ピーチ「え?」

ルージュ「そんな暗い顔しちゃってさ。パイン、あんたも何か言ってあげなさいよ」

ルージュ「いつものようにバカみたいに笑ってなさい、とか」

パイン「え、あ…はあ」

ピーチ「……あたしバカじゃないですもん」

ルージュ「そんなこと言って、この前だってあんた外国人を『そとくにじん』って読んでたじゃない。ほんとこの子バカでしょパイン?」

ピーチ「バカじゃないもん……」

ルージュ「…?」

ピーチ「……」

ルージュ「……」

女1「すみませーん、あの……キュアピーチさんとキュアパインさんですよね?」

女2「もしよかったらサインください!」

パイン「あっ、は…はい。いいですよ」

ピーチ「……」

ルージュ「ピーチ、あんたは書いてあげないの?」

ピーチ「あ……はい」

ルージュ「……」

・・・・・

ルージュ「ピーチ、今日は先に帰ってなさい」

ピーチ「え? ルージュ先輩は……?」

ルージュ「すぐに帰るわよ。あたしはちょっと用があるの」

ピーチ「分かりました…じゃあ先に帰ってます」

ルージュ「気をつけるのよ」

パイン「じゃあ、私もこれで。今日はごちそう様でした、ルージュ先…」

ルージュ「待った」

パイン「え?」

ルージュ「すこーしだけあたしと話していかない? パイン」

パイン「え…あ、あの…」

ルージュ「時間はそんなに取らせないから大丈夫よ」

パイン「あの……なんですか?」

ルージュ「ピーチの様子、おかしいでしょ。パッションのことで悩んでるのかもしれないけど……それと他にまだあるんじゃないかと思ってね」

ルージュ「パインは何か心当たりある?」

パイン「わ、私は……なにも」

ルージュ「知らないの?」

パイン「は…はい」

ルージュ「そう……なら仕方ないわね。ごめんね、変なこと聞いて。ちょっとお節介ながら心配しちゃってね……」

ルージュ「何事もないならそれでいいんだけど……」

パイン「……」

ルージュ「……ベリーは?」

パイン「え……」

ルージュ「ベリーはどうしたの」

パイン「ベリーは…仕事…」

ルージュ「それはピーチの嘘でしょ。本当は? はっきり言って」

ルージュ「だいたいおかしいじゃない、パッションのお見舞いにピーチとあなたは来てベリーだけ来ないなんて。ベリーになにかあった?」

パイン「……」

ルージュ「別に嘘ついてることを責めようってわけじゃないの。話してくれてもいいでしょ? それとも……なにか話せない事情でもあるわけ?」

パイン「あ…う…」

ルージュ「……ひょっとしてピーチが元気ないこととなにか関係ある?」

パイン「えっと……」

ルージュ「パイン、どうして隠すのよ。なにかやましい事でもあるの? あのピーチが嘘までつくなんて……ますます怪しいし」

パイン「あ…あの…私はなにも…」

ルージュ「……あなた達のことが心配なのよ。なにか問題でもあったんじゃないかって、あたしの思い過ごしかもしれないけど不安なの」

ルージュ「お願い、正直に話して」

パイン「……」

ここまで

・・・・・翌日

ルージュ「もしもし、アクアさん?」

アクア『あら…どうしたの。 寮のこと? なにか不備でもあった?』

ルージュ「いえ、そうじゃなくて……ちょっと別件で話があって」

アクア『なんの話?』

ルージュ「そっちに、ベリー住んでますよね?」

アクア『ええ』

ルージュ「実はベリーのことでアクアさんに聞いてほしいことがあるんです」

ルージュ「この話は、パインから聞いたんですけど……」


・・・・・

ピーチ「……」

ベリー「……」

パイン「撮影はパッションが戻ってくるまで一旦中止するそうよ。パッションがいないとどうしても撮れないからだって」

ピーチ「そっか……」

ベリー「……」

パイン「スケジュールがめちゃくちゃになっちゃうわね……これからどうなるんだろう」

ピーチ「心配ないよ。きっとなんとかなるって」

ベリー「……なんとかなるって、何がよ」

ピーチ「っ……」

ベリー「……」

ピーチ「……」

ベリー「……」

ピーチ「ベリー……前向きになろうよ! 元気出していこ!」

ベリー「あたしに言いたいことあるならはっきり言えば?」

ピーチ「言いたいことなんてなにも…」

ベリー「昨日はあんなにあたしのこと責めてたくせに…今日になって何よ、急に態度変えて」

ベリー「あからさますぎんのよ。そういうのかなりムカつく」

ピーチ「あたしは別にベリーと喧嘩したいわけじゃないよ!」

ベリー「はじめに喧嘩売ってきたのはあんたからでしょ!?」

ピーチ「だって、ベリーが……!!」

ベリー「あたしがなんなのよ!!」

パイン「ふ…二人とも…」

ベリー「っ……これ以上あんたと一緒にはいらんない。今日仕事がないんだって言うならもうここにいる必要もないし」

ピーチ「……」

ベリー「まったく……散々よ。パッションが愚図なおかげ……」ブツブツ

ピーチ「……!!」

バチンッ!!

ベリー「っ!?」ドサッ

ピーチ「ベリー!!」

ベリー(な……殴られた……?)

ベリー(あたしが……ピーチに……!?)

ピーチ「なんでなのベリー!! なんでそんなこと言うの!?」

ベリー「あ…ぐ…」

ピーチ「あたしが気づかないと思ってた!? あたしだってバカじゃないんだよ!?」

ピーチ「パッションのことだってベリーのことだってよく分かってるよ!」

ピーチ「だって今日までずっと一緒にプリキュアしてきたんだもん! 辛いこととか楽しいことを一緒に分かち合ってきたんだもん!!」

ピーチ「だからパッションの言ってることも、べりーが何か嘘ついてるんじゃないかってだいたい分かるの!!」

ベリー「う…くっ…」

ピーチ「それなのになんで……なんでなの……」

ピーチ「なんで二人とも……あたしに本当のこと言ってくれないの……」

ピーチ「あたしは……二人のことが心配なのに……」


ベリー「ぐ……」

ベリー(た、立てない……強く殴りすぎなのよコイツ……)

ベリー(頭の中が歪んでるみたい……一発叩かれただけなのに気分が悪い……)

ピーチ「ベリー……」

ベリー「はぁ…はぁ…」

ベリー(なによその目……なんなのよその目は……)

ベリー(怒ってんの? それとも哀れんでるの?)

ベリー(やめなさいよ……そんな目で見るんじゃないわよ……!!)

ベリー「く…ぅ…!!」

パイン「ベ、ベリー…大丈夫…?」

ベリー「……ゆ…許さないんだから」

ピーチ「…!!」

ベリー「あたしにこんな事して……絶対に許さない……」

ベリー「あんたはあたしの……親友だと思ってたのに……!!」

ピーチ「あ……ベ、ベリー」

ベリー「許さない……ぐずっ……許さないんだから……絶対……」フラフラ

パイン「ベ、ベリーどこに?」

ベリー「ついて来ないで!!」

ピーチ「……」

・・・・・病院

ウエスター「よお」

パッション「ウエスター…サウラー!?」

サウラー「調子はどうだい、イース」

パッション「ふ、二人ともどうして」

ウエスター「お前が入院したって聞いたから来てやったんだろ。今日は撮影も中止だしな」

サウラー「って…なにやってるんだい?」

パッション「もう帰る準備をしてるのよ」

ウエスター「なに!? 過労なんだろう、まだ休んでなくていいのか?」

パッション「病院にはもういたくないの……」フラッ

サウラー「そう言う割にはちゃんと歩けてないみたいだけど」

パッション「……」

サウラー「ま、それでも前に比べたらタフになったようだね。見違えるよ」

パッション「……来てくれたのはありがたいけど、話ならまた今度にしましょ」

ウエスター「おい、本当に休んでなくていいのか?」

パッション「ここにいると気が滅入るわ……寮で休んでいた方がマシよ」

ウエスター「ダメだ、まだ病院にいろ。こんな状態で動けるわけないだろ」

パッション「昨日よりは…だいぶ楽になったわ」

サウラー「やれやれ、君がこんな無茶をするようなやつだとは思わなかったよ」

パッション「……」

サウラー「送っていこう。ちょうど車で来てるしね」

パッション「サウラー……」

ウエスター「えっ、送るのかよ!?」

サウラー「本人の病院にいたくないって言うしね。それに僕にも分かるんだ、病院にはあまりいたくない。ここにいると、他の人間の病気まで移されそうだ」

パッション「ありがとう…サウラー」

サウラー「礼はいいさ、気にしないでくれ。ついでにウエスターがなにか美味いものでもご馳走してくれるそうだ」

ウエスター「俺かよ!?」

ここまで

すみません休みます
風邪です

・・・・・桃寮

ルージュ「パッション!? なんで帰ってきたのよ!」

ルージュ「病院で休んでなきゃダメでしょ!!」

パッション「す、すみません……でも」

サウラー「彼女を連れ出したのは僕です。責任は僕にあります」

ルージュ(あらやだイケメン……!?)

サウラー「ですから怒るのならイースではなくどうぞこの僕に」

パッション「サ、サウラー、やめてよちょっと」

サウラー「事実だろ? それはともかく君は部屋で休んでいた方がいいんじゃないかい?」

サウラー「イースのこと、よろしくおねがいします」

ルージュ「は、はい!」

ウエスター(すげー、ここがプリキュア寮かぁ……女の子のにおいがする)

ルージュ「ほらパッション、部屋に行くわよ」

パッション「はい……」

ルージュ「あっ、よかったらお二人もどうぞ上がってください。お茶持ってきますから」

ウエスター「えっ、マジですか!」

サウラー「いえ。誘ってもらえるのはありがたいんですけど、いきなり男が二人も押しかけるなんてご迷惑でしょう?」

ルージュ(そういえばプリキュア寮って部外者入れちゃいけないんだっけ……特に男の人とか)

ルージュ(でもちょっとぐらいはいいわよね……他の寮でもやってるって。あっ、でもブラック先輩が今日いるんだった。どうしよう……)

ブラック「なになに、どうしたの」

ルージュ「あ……ブラック先輩」

ブラック「!!」

ブラック(イ…イケメン!! 二人もいる!!)

サウラー「初めまして、キュアブラック。貴女にこうやって直接会えるとは光栄です」

サウラー「僕たちは……」

ブラック「し、知ってます! 毎週放送見てますから!」

サウラー「それはなおさら光栄です」

ブラック「それでどうしてお二人がここに?」

ルージュ「パッションをここまで連れて来てくれたんです」

ブラック「あーなるほど! いやもうほんと、わざわざありがとうございます!」

ブラック「あっ、よかったら上がっていってください。お礼にお茶でもどうぞ」

サウラー「いえ、悪いですよ」

ブラック「まぁまぁそんな固いこと言わずに!」

ブルーム「あっ、イケメン! ちょっとルージュ、お客さん来てるなら言ってよ! 化粧してないのに」

ブラック「さ、どうぞどうぞ」

ウエスター「ど、どうするんだサウラー」

サウラー「いえ、せっかくですけど僕たち今日はこの後用事があるんで」

ウエスター「えっ、そんなのあったっけ?」

サウラー「イースのこともありますし今日はこのまま帰ります。お茶はまた今度ご馳走させていただきます」

ウエスター(帰っちゃうのか……せっかく来たのに)ヒソヒソ

サウラー(イースがあんな状態なのに僕たちだけで楽しくお茶を飲むわけにはいかないだろ、常識的に考えて)

サウラー「では、これで失礼します」

ブラック「ちぇ……残念」

・・・・・パッションの部屋

ルージュ「なんで病院抜け出してきたのよ」

パッション「すみません……でも病院にいるのは落ち着かなくて」

ルージュ「はぁ……とにかく寝なさい。もう動かないでね」

パッション「ルージュ先輩……引越しは」

ルージュ「それはまた後でね。まぁ、パッションの体調が良くなり次第しましょうか」

ガチャッ

ブラック「パッション、大丈夫?」

パッション「ブラック先輩……」

ブラック「その様子だと大丈夫そうね」

ルージュ「どこがですか。すごいぐったりしてるのに」

ブラック「たくさん寝てたくさん食べれば治るでしょ」

パッション「あ、あの……」

ブラック「ん? ああ、引越しのことは聞いたわよ。突然のことで驚いたけど、パッションが決めたことなら文句言わないわ」

ブラック「向こうの寮に行っても、がんばってね」

パッション「は…はい」

ブラック「それとルージュ、ちょっと来て。話したいことあるから」

ルージュ「?」

・・・・・

ルージュ「なんですか、話しって」

ブラック「ドリームのことなんだけどさ、あの子あんたと離れたくないって言ってんのよ」

ルージュ「えっ」

ブラック「それにこの寮からも出たくないって言ってるし」

ルージュ「……」

ブラック「どうすんの、ルージュ?」

ルージュ「どうするって言われても……」

ブラック「正直、あたしもドリームにはルージュがついていないとダメだと思うのよね。あの子の一番の理解者はあんたでしょ?」

ルージュ「……じゃあパッションはどうするんですか」

ブラック「そこなのよねー。一人で別の寮に行かせるのも可哀想だし。どうしたものか……」

ルージュ「……」

ブラック「まぁ…そのことはちゃんと考えておいて。最終的に決めるのはルージュだし」

ブラック「あたしはさっき言ったとおりドリームと一緒のほうがいいと思うけど…」

ルージュ「……はい」

・・・・・青寮

ベリー「っ……」

ベリー(口の中切れてる……あんな馬鹿力で叩かれたら当然よ)

ベリー(ピーチのやつ、あたしにあんなことするなんて……。人を疑うようなことはしないと思ってたのに、あたしの言うことはなんでも信じてくれると思ってたのに)

ベリー(なのにあの子、あたしじゃなくてパッションを……)

ベリー(パインも少しはあたしのこと庇いなさいよ。ほんと使えないんだから)

ベリー「……ぐずっ」

ベリー(なによみんなして……悪いのはパッションの方じゃない)

ベリー(なんであたしが責めれなきゃいけないのよ……あたしは悪くない)

ベリー(そもそもピーチだって絶対勘違いしてるわよ。パッションが過労で倒れことをあたしのせいだと思ってる)

ベリー(そんなのパッションの要領が悪いからに決まってるじゃない。あたしのせいじゃない……)

ベリー(いじめたことだって、別に大したいじめじゃないし……)

ベリー「……」

ベリー(アクアさんは仕事で留守中……誰もいない)

ベリー(もう寝ちゃおう……疲れちゃった……)

・・・・・

ベリー「ん……」

ベリー(今何時かしら……どれくらい寝ちゃったんだろう……)

アクア「あら、起きたのベリー?」

ベリー「……え。ア、アクア先輩!?」

アクア「もう夜よ。今日は仕事もキャンセルだったんでしょ? ずっと寝ていたなんて、日ごろからよっぽど疲れていたのね」

ベリー「ど、どうしてあたしの部屋に……」

アクア「ごめんなさい、勝手に入っちゃって。ベリーの寝顔をちょっと見たかったのよ」

ベリー「なんですかそれ……もう」

アクア「疲れは取れた?」

ベリー「まぁ……少しダルいですけど」

アクア「それぐらいなら大丈夫そうね。夕飯、食べましょうか。起きて」

ベリー「あ、はい」

アクア「そうそう、この前ベリーが電話してあげた子だけど、また頼めるかしら? ベリーと話せたこと、かなり喜んでいたみたいよ」

ベリー「ええ、いいですけど」

アクア「ふふ…やっぱりベリーは優しいわね」

ベリー「え?」

アクア「子どもと話しているときのあなたは、本当にあたたかくて優しい顔をしていたわ」


ここまで

おとなはウソつきではないのです。 まちがいをするだけなのです……。

ベリー「な、なんですか急に」

アクア「あなたはプリキュアに向いている。とても優しい心の持ち主だわ」

アクア「そんなあなたは、今の私にとっては唯一の誇りなの。だから、失望なんてさせないでちょうだいね」

ベリー「……」

アクア「さ、お腹すいたでしょ。ご飯食べましょう」

ベリー(なんなの、今日のアクア先輩……なんか変な感じ)

アクア「ところでベリー、みんなとは仲良くやってる?」

ベリー「え……」

アクア「あなたと一緒にプリキュアをやっている子たちよ。ピーチにパイン、それにパッション」

アクア「みんなとは上手くいってるの?」

ベリー「……いってますよ、当然じゃないですか。どうしてそんなことを聞くんですか?」

アクア「ずっとグランドフィナーレが完成しないって言ってたじゃない。チームワークが取れてるのか気になってね」

ベリー「取れてますよ……もちろん」

アクア「そう、なら心配はいらないわね。グランドフィナーレの完成も間近ってところかしら」

ベリー「……あの、あたし……食欲が」

アクア「ああ、そうそう。そういえばパッションが病院に運ばれたそうね」

ベリー「っ……」

アクア「知り合いから聞いたわ。なんでも体調不良だそうだけど、大丈夫なの?」

ベリー「え、ええ……たぶん」

アクア「ベリーも体調管理には気をつけなさい。あなたまで倒れてしまったら大変だわ」

アクア「今日も疲れて眠っていたみたいだし、ご飯をしっかり食べて休めるときはちゃんと休みなさい」

ベリー「……はい」

アクア「それでいいわ…私に言われるまでもなく分かってるとは思うけどね」

ベリー「……」

アクア「……あなたは誰よりも完璧で、気高い。そして、それ相応のプライドもあなたは持ち合わせているはずよね?」

ベリー「あの……なにが言いたいんですか」

アクア「内面の美しさは外面の美しさと繋がっているっていうことよ。もしあなたがプリキュアとして今以上の自分を望むというのなら、内面を磨きなさい」

アクア「内面というのは、心や物事への考え方のことよ。心を美しくするということは、自分で本当に正しいと思うことすること」

アクア「そして正しいということは、これなら絶対に後悔しないと思える道を選ぶこと。あなたには、自分が正しいと思える道に進んで欲しい」

アクア「私にはできなかったから……あなたにはしてほしいの。期待してるのよ、ベリーのことを……私は」

ベリー「……」

アクア「私は後悔ばかりだわ……いつも正しい道を選べない」

ベリー「あの…それって…」

アクア「でも私はあなたを信じてる。私はベリーが、私よりもずっと素晴らしいプリキュアだと思っているから」

ベリー「……」

アクア「ごめんなさいね、話が長くなっちゃったわ。さ、食べましょう。今日は珍しく私が作ったのよ」

ベリー「……」

アクア「おいしい?」

ベリー「アクア先輩……」

アクア「なに?」

ベリー「お米……ちゃんと研ぎましたか?」

アクア「え? 研ぐってなにが?」

・・・・・二日後

パッション「え……どういうことですかルージュ先輩」

ルージュ「そのさ…パッションとは一緒にいけないのよ」

パッション「な、なんで」

ルージュ「どうしてもここを離れるわけにはいかなくなったの。あたし……ドリームの側にいなくちゃいけなくて」

パッション「……」

ルージュ「ほんとゴメン! あたしから話を持ちかけたのに……勝手なこと言って」

ルージュ「パッションには悪いと思ってる……」

パッション「あの……じゃあ私……」

ルージュ「い、一応さ、赤寮は用意してあるんだけど……パッション一人じゃ心細いでしょ?」

ルージュ「だから、ホワイト先輩かレモネードのところに行ってみない?」

パッション「えっ……」

ルージュ「ホワイト先輩なら優しいし、パッションの面倒もちゃんと見てくれると思うよ」

ルージュ「レモネードのところだったらほら、パインもいるし。仲良くやれるんじゃない?」

パッション「……」

ルージュ「他の寮には、あたしから話をつけておくから……」

パッション「いえ……赤寮でいいです」

ルージュ「えっ、でも」

パッション「せっかく住む場所を用意してもらったのに、悪いですし……」

ルージュ「別に気を使わなくてもいいのよ。どうせアクアさんの所有地なんだし」

パッション「私は大丈夫ですから……一人でも」

パッション「少し一人になりたいんです……」

ルージュ「……」

パッション(それに、今さら他の寮で暮らせるわけがないし。まだ一人の方がマシだわ……)

ルージュ「……パッションがそう言うなら分かったわ」

ルージュ「ごめんね……あたし結局、パッションの力になってあげられなかった」

パッション「い、いえそんな…ルージュ先輩にはとても感謝しています」

ルージュ「なにかあったら、いつでも遠慮なく相談してね。前にも言ったけど…あたしはパッションの味方だから」

パッション「はい」

・・・・・数日後
赤寮

パッション「……」

パッション(今日からここで暮らすことになるのね……私一人で)

パッション(意外と……広いわね。それに物静か)

パッション(ルージュ先輩にはあんなこと言っちゃったけど、私一人で本当に大丈夫かしら……)

パッション「……」

〜♪

パッション(メール……?)

ブラック『パッション、そろそろそっちには到着した? 新しい寮でもがんばってね。なにかあったらすぐ戻ってきてもいいから。それとトレーニングメニューも送っておくので、できたらそれもこなすように。じゃあね!』

パッション「……」

パッション(悪い人じゃないのよね……先輩は。だけど……)

パッション「……はぁ」

パッション(元気出さないと…時間は待ってくれない。もう十分に休んだんだし、すぐに仕事に復帰して遅れた分を取り戻さないと)

短いけどここまで
近いうちに今まで書いた話をちゃんと読み返してきます、正直内容の半分ぐらいを忘れていました

・・・・・青寮

ベリー(アクア先輩のこの前の話……一体なんだったのかしら)

ベリー(言いたいことは分かったけど、どうして急にあんな話を)

ベリー(……内面を磨けって言われてもね。そんなのどうすればいいのよ)

ベリー「……」

ベリー(あ……パッションから取り上げた手紙。そういえばここに置きっぱなしだったっけ)

ベリー(これどうしよう……あたしがこんなものずっと持っててもしょうがないし。かといって子どもが書いたものを捨てるわけにもいかないし)

ベリー(……これだけ応援されてるのに何日も休むなんて、パッションはプロ失格よ。あの子のことを考えるとまたムカムカしてきた)

ベリー(戻ってきたらまたなじってやろうかしら。……って、そうするとピーチが)

ベリー(……そういえば、あれからピーチとまともに話してないわね)

ベリー「……」

ベリー(そうだ、そろそろあの子に電話する時間だった)

Trrrrr Trrrrr

ベリー「あっ、もしもし?」

??「もしもし……」

ベリー「久しぶりー、元気してた? 約束どおりまた電話しにきたわよ」

??「……」

ベリー「どうしたの? もしもし?」

??「ひっぐ……ぐず……」

ベリー「な、泣いてるの!? どうしたの!」

??「えぐっ……あのね、わたしね……」

??「今日ともだちにイジめられたの……」

ベリー「え……」

??「なかよしだと思ってたのに……ともだちだと思ってた子にイジメられたの」

??「わたしのこときらいだって……もうともだちじゃないって……」

ベリー「……」

??「なんできらわれちゃったのかな……ぐずっ」

??「わたし……一人ぼっちになっちゃった……」

ベリー「……」

??「えぐ……ぐすっ……」

ベリー「あ……げ、元気出して。あなたは一人ぼっちなんかじゃないわ、あたしがいるでしょ?」

??「ひっぐ……」

ベリー「あたしはあなたの友達だから。だから心配しないで」

??「ぐず…本当…?」

ベリー「もちろんよ。辛かったでしょうね、そんな酷い目に合うなんて。……イジメなんて最低な行為、絶対に許せないわ」

??「……ひっぐ……」

ベリー「よしよし、大丈夫よ。あたしはあなたの味方だから。安心してちょうだい」

ベリー「大丈夫、泣かないで。あたしがついてるから……」

・・・・・翌日

パッション「長い間休んでしまい申し訳ありませんでした!!」

監督「体調の方はもう大丈夫なのか」

パッション「は、はい……大丈夫です」

監督「ならいい。遅れた分はきっちり取り戻してもらうぞ」

パッション「はい!」

監督「ところで…グランドフィナーレのことだが。まだ完成してないみたいだな」

パッション「っ……」

監督「完成までどれぐらいかかりそうだ? ピーチに聞いても『すぐ』だとか具体的には言わないからな」

監督「身体の方が問題ないなら、あと最低三日以内には完成できるか?」

パッション「えっと……」

監督「それとも、体調以外でまだ他に問題でもあるのか?」

パッション「い、いえ……ありません」

監督「なら任せたぞ。本当なら、もうとっくに完成しててもいい頃なんだからな」

監督「プレッシャーをかけるようだが、プロなんだからこれぐらいの問題は乗り越えてもらわないとこっちも困る」

パッション「……」

・・・・・

ピーチ「あ…パッション」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「…もう大丈夫? 身体の方は、具合悪くない?」

パッション「大丈夫よ…問題ない。それに私のせいで遅れたんだから、これ以上休んでなんかいられないわ」

ピーチ「そっか……でもあんまり無理しないでね。辛くなったら、いつでも言ってね?」

パッション「ええ…」

ベリー「……」

パイン「……」

ピーチ「……」

パッション「……」

パッション(空気が重い……。それに、ベリーとは顔を合わせられないわ)

パッション(ベリーの側にいるだけで、胃が痛くなってくる……)

ここまで

診断やったらマリンだったわ

失敬

ピーチ「……」

ベリー「……」

パイン「……」

パッション「……」

ピーチ「ねえ…パイン」

パイン「なに?」

ピーチ「今度さ、スターバックス? だっけ。そこに行ってみたいんだ」

ピーチ「でもブルーム先輩に聞いたら、注文とかすごく難しいらしくて一人じゃ行けないんだよね。パインは行ったことある?」

パイン「あるわよ」

ピーチ「ほんと? じゃあ今度一緒に行こ、注文の仕方とか教えて」

ピーチ「ベリーとパッションも一緒に行こうよ」

ベリー「……」

パッション「あ…えっと…ええ」

ベリー「……」

ピーチ「ね…ねえベリー…」

ベリー「……」

ピーチ「……」

パッション「?」

パッション(二人ともどうしたのかしら。特にベリー……さっきからずっと黙って)

パッション(私のことはともかく、ピーチのことまで無視してる? 一体何を考えてるの……)

ピーチ「あっ……そろそろ時間だ! よーしみんな、今日もがんばろうね!」

ピーチ「気合入れていこー! えいえい、おー!!」

ベリー「……」

ピーチ「…よしっ、じゃあスタジオへしゅっぱーつ!!」

パッション(……ベリーのことは気になるけども、私も気持ちを切り替えなきゃ。これ以上みんなに迷惑はかけられないし)

・・・・・

ルージュ『パッションは結局、一人で住むそうです。本人がそうしたいって』

アクア「そう……」

ルージュ『……一応アクアさんには寮を用意してもらったりして感謝してますけど。でも、ベリーの件はどうなったんですか?』

アクア「……」

ルージュ『元はと言えば、ベリーがイジメなんてしたからパッションもあんな風に追い込まれちゃったんじゃないんですか? ベリーはなんて言いました?』

アクア「……」

ルージュ『ちょっと、聞いてるんですか。事と次第によっちゃあたしも黙っていませんからね!』

アクア「……私たちが干渉する必要はないわ」

ルージュ『はぁ!?』

アクア「関係ない私たちが首を突っ込んでも、話をややこしくするだけだもの。なるべく本人たちの努力で、問題を解決させるべきだわ」

ルージュ『関係ないことないでしょ!? 自分の後輩なんですよ!?』

ルージュ『アクアさんちゃんとベリーと話したんですか!!』

アクア「直接的にはその話には触れてないわよ。私がベリーを説得したって、意味のないことだし…」

ルージュ『パッションは苦しんでたんですよ! ベリーのせいで苦しんでたんです!』

ルージュ『それなのにベリーのこと放置する気なんですか!? はんっ……どうりで』

アクア「なに?」

ルージュ『アクアさんみたいな人が教育してるから、ベリーも性格が歪むんですよ。自分の後輩の面倒ちゃんとみてるんですか!?』

アクア「……ずいぶんと喧嘩腰なのね」

ルージュ『あなたがしっかりしてないからでしょ!?』

アクア「ベリーのイジメが事実だとして、それだけがパッションの負担になってたの?」

ルージュ『は?』

アクア「ベリーがイジメてた事と、パッションが寮を移ったことは全く関係ないでしょ。パッションが追い込まれてたって言ってたけど、それはベリーのことだけじゃない」

アクア「パッション自身が、なにか別の問題を抱え込んでいたんじゃないの? 例えば、あなた達の寮で何かあったとか」

ルージュ『っ……』

アクア「そっちでは一体どういう教育をしてるのかしらね。とても興味があるわ」

ルージュ『どっちにしろ、ベリーのやったことは事実でしょ! 話そらさないでくださいよ!!』

アクア「この問題は彼女たちの問題だって言ったでしょ。私たちが間に入っても、彼女たちのためにならないわ」

ルージュ『そんなこと言って責任放棄したいだけじゃないの!?』

アクア「……はぁ、まったく話にならないわね。過保護なのもいいけど、少しは落ち着いてみたらどうなの」

アクア「もしあなたがベリーとパッションの間に割って入っても、それで問題は解決しないの」

アクア「ベリーはね、あれで責任感のある子なのよ。過ちに気づけば自分から反省するわ」

ルージュ『それをどうやって気づかせるって言うんですか!』

アクア「そのうち自分で気づくわ」

ルージュ『あのねぇ……!! そんなこと言ってる間に今日もパッションがベリーに何かされてたらどうするんですか!!』

アクア「パッションはどうして引っ越したのかしらね」

ルージュ『またそうやって話を逸らす!!』

アクア「パッションにはベリーにイジメられたことよりも、もっと負担になってたことがあったんじゃないかしら。環境を変えたくなるほどの……」

アクア「それに比べたら、ベリーのイジメなんてほんの些細なことよ」

ルージュ『なっ……!?』

アクア「ともかくルージュ、このことは本人たちに任せましょう。あなたみたいなのが関わると特にややこしくなりそうだし」

アクア「それでもパッションに何かしたいって言うのなら、パッションに助けを求められた時に動けばいいでしょ? パッションに必要とされた時に手を差し伸ばせばいいのよ」

アクア「それ以外はハッキリ言って“余計なお世話”っていうやつよ」

ルージュ『っ……話になんないほんと。もう電話切ります!!』

アクア「……はぁ」

ここまで

すみません、最近忙しくて進められなかったですけど明日から本気出します

・・・・・

パイン「はぁ…はぁ…」

ピーチ「形はできてきてるよね、グランドフィナーレ。でもまだ何か足りないなぁ……」

ベリー「はぁ…はぁ…」

ピーチ「パッション、身体は大丈夫?」

パッション「大丈夫よ。ありがとう」

ピーチ「あんまり無理しないでね、病み上がりなんだし」

パッション「……そうは言っても、無理してでも完成させないと間に合わないわ。監督から、あと三日以内には完成できるようにって言われたし」

ピーチ「うぅーん……。少し休んでから、今日はもうちょっと居残り訓練しよっか」

パッション「そうね」

ピーチ「……」

ベリー「……」

ピーチ「あ…パッション、トイレいこ」

パッション「え? ええ…」

パイン「あっ、私も行く」

ベリー「っ……」

ベリー(なによパインまで……あたしのこと無視しようっていうの……)

ベリー(ふんっ、ピーチも意外と陰湿なところがあるのね。こうやってあたしをハブいて懲らしめたつもりかしら)

ベリー(好きにやればいいわ、あたしは気にしないし。あんなやつら、どうせ仕事だけの付き合いだし……)

ベリー「……」

prrr prrrr

ベリー「!!」ピッ

ベリー「もしもし」

??「もしもし……」

ベリー「どうしたの? こんな時間に電話してくるなんて。…なにかあった?」

??「あのね……ベリーと話したいの。いい?」

ベリー「今?」

??「ダメ……?」

ベリー「……いいわよ。けどちょっとだけね」

・・・・・

ピーチ「あーん、どうしよう。あと三日以内かぁ……」

パイン「一応形はできているのよね。最悪、このままの状態でも本番にはなんとかなりそうな気もするけど……」

ピーチ「でもどうせやるなら完全なものに仕上げたいよ。今のままじゃなんていうか……勢いがないっていうか」

ピーチ「ベリーならこんな時なんて言うんだろ……」

パッション「……」

ピーチ「…とにかくやるしかないね。時間ないんだし。悩んでてもしょうがないや、身体動かさないと」

パイン「今日は何時まで続けるの?」

ピーチ「うーん……あと一時間。いや、二時間。いや……朝までやろっか!」

パイン「朝まで!?」

ピーチ「あ……でもパッションにあまり無理させられないか」

パッション「私のことは気にしないで……。もうなりふりかまっていられないんだし、納得できるまでやりましょう」

ピーチ「そうだよね…! うん!」

パイン「……」

ピーチ「よし、じゃあ戻ろっか」

ベリー「うん……あっ、もう時間だから。ごめんね、切るね。また今度……うん、ばいばい」ピッ

ピーチ「ベリー」

ベリー「……」

ピーチ「今日、朝まで練習しようってことになったから」

ベリー「……あっそ」

ピーチ「……大丈夫だよね?」

ベリー「……」

ピーチ「じゃあ……そういうことだから」

ピーチ「よーしみんな、休憩おわり! 練習再開するよー!!」

パッション(ベリー……やっぱりおかしいわね。今日一日ずっとあんな調子)

パッション(どうしたのかしら。体調が悪いようにも見えないし)

パッション(……でも油断しないようにしておかないと。ベリーのことだから、何をするのか分からない)

パッション(それにこの前の子どもたちから貰った手紙、あの手紙を破ったのがもしベリーだったら……)

パッション(私は……彼女のことを絶対に許せない……)

パッション「……」

パッション(いけないわ。今は仕事に集中しないと)

ここまで

・・・・・

ピーチ「パイン! 出だし早すぎ、もっとタイミング合わせて!」

ピーチ「パッション! 投げるとき腕が下がってるよ、だからコントロールが利かないんだって!」

パッション「ご…ごめんなさい」

ピーチ「ベリー! 声が出てないよ、もっと声だそうよ!」

ベリー「ハァ…ハァ…」

ピーチ「……もっとやる気出してよ」

ベリー「ッ……!!」

ベリー「なによ、自分だけ偉そうに! こっちは真面目にやってんでしょ!?」

ピーチ「だからもっと頑張ろうって…」

ベリー「なにが頑張ろうよ!! あんたの無茶苦茶なやり方にはついていけないの!!」

ベリー「自分一人だけ突っ走って、あんた周りのこと見えてないんじゃないの!?」

ベリー「現に誰もあんたのペースに合わせられていないじゃない!!」

パイン「……」

パッション「……」

ピーチ「そ、そんなこと……」

ベリー「どうせ周りのことを考えないんでしょ!? あんたいつも一人で勝手にやってるだけだものね!」

ベリー「うんざりなのよ、そんなあんたをフォローするの!! 能天気なふりして周りを振り回してばっか、人の話も聞かなきゃ考える頭もない!!」

ベリー「だからあんたのことは大嫌いなのよ!!」

ピーチ「っ……!!」

ベリー「やっぱりあんたがリーダーなんて……認められないわ。やってらんない」

ベリー「フレッシュはあんただけのものじゃないのよ……」

ピーチ「……あたしは……フレッシュは自分のものなんて思ってないもん……」

ピーチ「フレッシュは四人そろってフレッシュだもん……」

ベリー「……」

パイン「……」

パッション「……」

ピーチ「……練習、再開しよ。時間がないよ……」

ベリー「……ッ」

・・・・・

パイン「はぁ…はぁ…っ…」

パイン「もう……朝になっちゃったわね……」

ピーチ「はぁ…はぁ…もうすぐ撮影の時間だし、ここまでにしよっか。完成してないけど、だいぶ良くなったし、今日には完成するよきっと」

ピーチ「シャワー浴びて、ご飯食べよ。みんなおつかれ」

ベリー「……」

ピーチ「あっ……ベリーどこに」

ベリー「もう練習終わったんだったらいいでしょ、あんたの側なんかにいたくないの。あんたなんてプリキュアってだけで友達でもなんでもないんだし……」

ピーチ「っ……」

ベリー「行きましょ、パイン」

パイン「あ…えっと…」

ベリー「……なに?」

パイン「あの……」

ベリー「……ああそう、あんたそっち側につくってわけね……」

パイン「……」

ベリー「……フンッ」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「あ…パッション大丈夫? 体調……徹夜しちゃったけど」

パッション「大丈夫だけど……ベリーはどうしちゃったの?」

ピーチ「なんでもないよパッションは気にしないで。あたしとベリーの問題だし……」

パッション「……」

パイン「はぁ……」

パイン(後で仮眠取らないと……)

パッション「パイン」

パイン「!」

パッション「ねえパイン、ちょっと聞きたいんだけど……私がいない間に、ピーチとベリーに何かあったの?」

パイン「何かって……」

パッション「だって二人とも様子がおかしいじゃない。まさか、ベリーってばピーチに何か変なことしたとか……?」

パイン「え……うーん……」

パイン「ごめんなさい、私にはよく分からないの。二人とも、いつの間にか仲が悪くなってたみたいで」

パッション「そ、そう……」

パイン「困ったわね、二人ともどうしちゃったのかしら。こんな調子じゃグランドフィナーレが完成しないわ」

パッション「……そうね」

・・・・・

ベリー「……」

ベリー(スタジオの廊下で一人……なにやってんのかしら、あたし)

ベリー(これも全部ピーチが悪いのよ。全部ピーチが……)

サウラー「おや」

ベリー「……!」

サウラー「珍しいね、こんな所で一人なんて。なにをしてるんだい」

ベリー「別に……なにも」

サウラー「そうか。調子は? なんだかお疲れみたいだけど」

ベリー「疲れてなんかないわ」

サウラー「地デジは加入した?」

ベリー「…ハァ?」

サウラー「僕はこの前加入したばかりなんだ。テレビも買い換えてね。いやあれは良いよ、映像が鮮やかだ。ドキュメンタリーで見る自然の景色なんかは格別だね」

サウラー「それに人が映った時は特にすごい。なにがすごいって肌のシミまではっきり見えるってところだ」

ベリー「……」

サウラー「君たちも気をつけたほうがいいよ。肌が荒れたって、もう誤魔化せない時代だからね」

ベリー「あのね……なんなのよ、失礼なやつね! 人に会っていきなり肌が荒れてるって言いたいわけ!?」

サウラー「親切心で言っただけだよ、勘違いしないでくれ。それに僕は君に喧嘩を売りに来たんじゃなくて、この自動販売機に飲み物を買いに来たんだ」

ベリー「……だったらさっさと買ってあっち行ってよ」

サウラー「……なあ」

ベリー「なによ」

サウラー「この自動販売機高いと思わないか? 見てみなよ、外で買えば100円の飲み物がここだと130円だ」

ベリー(そんなことどうでもいいし…)

ベリー「じゃあ買わなきゃいいでしょ」

サウラー「君たちからもなんとか言っておいてくれよ、自販機の値段が高いって。僕が言うより君たちが言ってくれたほうが効果的だ」

ベリー「買わないんだったら早くあっち行ってよ!」

サウラー「僕は納得したんだ、この値段に。この値段は、はたしてそれに見合うのかどうか」

ベリー「意味分かんない……なんの話してるのよ……」

サウラー「納得することは大事だっていうことだよ。君には分かってくれると思ったんだけどね」

サウラー「プライドの高い人間は、特に納得することに重きを置くだろう?」

ベリー「知らないわよそんなの……ほんとおかしいわよね、あんた達。普段なんの話してるのよ」

サウラー「あんた“達”って……僕とウエスターのことを言ってるのか?」

サウラー「やめてくれよ、僕とあいつを一緒にしないでくれ。変なのはあいつの方だ。いつも筋肉の話しかしない」

ベリー「あんたも十分おかしい方だから……」

サウラー「そういう君はどうなんだい? 君も変人だろ」

ベリー「ハァ!? なんでそうなるのよ、意味わかんない!」

サウラー「プリキュアに選ばれるぐらいなんだ、普通じゃない。多かれ少なかれ変なところは持ち合わせているだろ? そこを買われてプリキュアになったってこともあるんだろうけど」

サウラー「現にピーチはもっとも変だ。自由奔放って言ったほうがいいのかもしれないけど」

ベリー「あたしとピーチを一緒にしないでよ!」

サウラー「一緒だとは思ってないよ、君はまだまともな方だしね。ところでどれを買おうか」

ベリー「あたしはまともなの、おかしいところなんてない!」

サウラー「そうか……ならそういうところを評価されたのかもね」

サウラー「ピーチがああだから、側に常識人を置いてフォローさせる。ピーチはそのおかげで自由にやれて、自分の力を引き出すことができる。そして君達はそのピーチに引っ張られることで成長する」

ベリー「……」

サウラー「そうかなるほど、お互いの足りないものを補えるような人間をプリキュアに選んでるってこともあるのか。……ん? だとしたら僕とウエスターも互いを補い合ってるっていうことか? なんだか気持ち悪いな……」

ベリー(気持ち悪いのはあんたの方よ……完全に自分の世界に入ってる)

サウラー「まぁとにかく、君たちは良い関係だと思うよ。傍から見てだけど。さてと、どれを買おう」

ベリー「もう外で買いなさいよ……鬱陶しい」

サウラー「納得が大事って言っただろ? 外で買うのは面倒だし、僕はここで買うことに納得したよ」

ベリー「……それって妥協ってことでしょ」

サウラー「言い方の違いさ。気に入らないことでも、一度は受け入れてみたらいいんだ。そうしたら案外上手くいったりする」

サウラー「プライドの高い君には分からないかもしれないけど」

ベリー「……ほんとうに腹立つわね、あんたとの会話。そんな失礼な言い方しかできないから女にモテないのよ!」

ベリー「顔が良くても女にモテないって点で言えば、やっぱりあんたウエスターと一緒だわ!」

サウラー「!!」

ベリー「ふんっ、もうあたし行くわ。付き合っていられない」

サウラー「僕が……ウエスターと一緒……」

サウラー「そんな馬鹿な……」

ベリー(ああもう、どうしてどこ行ってもあたしをイライラさせるのかしら……)

ベリー(最悪だわ……)

ベリー「……」

ベリー(納得……今さら納得なんて……)

・・・・・

監督「はいカット!」

スタッフ「おつかれさまでしたー」


パッション「はぁ……なんとか今日の分は撮り終えたわね」

パイン「もう遅いけど、今日も徹夜で練習するの?」

ピーチ「あたしは大丈夫だけど……二人はどう?」

パイン「……」

パッション「……時間がないのよね、無理しなくちゃいけないぐらい」

パッション(私のせいで……)

ベリー「……」

パッション(最終的にはピーチとベリーが協力的になってくれなきゃグランドフィナーレは完成しない)

パッション(でもどうすればいいの。今のベリーは何を考えているのか分からないし。それにできれば、私は彼女とはあまり関わりたくないし……)

ベリー「……」

trrrr trrrr

ベリー「!!」

ベリー(電話……あの子からね)

ベリー(話してるところ聞かれたくないし……ここから離れないと)

trrrr trrr

ピッ

ベリー「もしもし」

??「もしもしベリー? 今なにやってるの?」

ベリー「今はちょうど仕事が終わったところよ」

??「そうなの? でんわしちゃってだいじょうぶ?」

ベリー「いいのよ、全然。むしろ今はあなたと話せることが楽しみだわ」

ベリー「でもあまり話せる時間はないの、ごめんね。これから、新しい必殺技の練習しなくちゃいけなくて」

??「ほんとう? どういうの?」

ベリー「ふふっ、それは教えられないわよ。テレビを見てからのお楽しみ」

??「いつみれるの?」

ベリー「ん? うーん……近いうちによ。すぐに見れるわ」

??「すごくたのしみ! はやく見たいなー、がんばってね!」

ベリー「う、うん」

ベリー「……」

ここまで

・・・・・

ピーチ「まだまだ!! もう一回やるよ!!」

パッション「わ、分かったわ……もう一回ね」

パイン「その前に……の、飲みもの飲ませて……」

パイン「もう喉からから……」

ピーチ「あ、うん」

ベリー「……」

ベリー(こんな調子じゃ完成なんてしないわ……とてもじゃないけど期限までに間に合わない)

ベリー(なにが悪いかって言えば色々あるし、その一つ一つがどう悪いかもあたしには分かるけど……一番の問題はあたし自身)

ベリー(あたしが指摘しなきゃこの子達絶対気づかない。でも、今のあたしにそんなこと……ただでさえこの中でのけ者にされてるのに)

ベリー「……」

ベリー(あの子が楽しみにして……子供たちがみんなプリキュアを楽しみにしてる。それなのに、あたしがブレーキになるわけにはいかない)

ベリー(納得、か……。今この状況に納得するしかないのね)

ベリー(このままこの状況を拒み続けていたら何もできない。納得しなきゃ前へ進めない、子どもたちを裏切ることになる。だとしたらあたしのやることは……)

パッション「はぁ……はぁっ……」

ベリー「…パッション」

パッション「!!」

ベリー「スタートの時周りよりもワンテンポ早くしなさいよ。出だしのあんたが遅れたらみんなが遅れるんだから」

パッション「え……」

ベリー「パインは逆にテンポをもう半分遅らせて。その方がわざとらしく取りにくそうな動きになるから」

ベリー「それと……ピーチ。全力で走るのは構わないけど、あたしの位置ぐらいちゃんと確認しなさいよ。前ばっか見て走りすぎ」

ピーチ「ベリー……」

ベリー「時間ないのよ、分かってんの! もうなりふり構っていられないんだから……しっかりしなさいよ」

ピーチ「……う、うん!」

ピーチ「よーし、みんなやるよ! 位置について!」

ベリー「……」

ベリー(今だけはこの子達と息を合わせる。今だけは……)

パッション「……」

数十分後

ピーチ「プリキュアフォーメーション! レディーゴー!」

パッション「ハピネスリーフ、セット! パイン!」

パイン「プラスワン、プレアーリーフ! ベリー!」

ベリー「プラスワン、エスポワールリーフ! ピーチ!」

ピーチ「プラスワン! ラブリーリーフ!」

「「「「ラッキークローバー・グランドフィナーレ!」」」」



ピーチ「あ……で、できた! ねえ今できたよね!? ね!!」

パッション「今までで一番良かったわ」

パイン「ほんとうね」

ベリー「ふぅ……」

ピーチ「ベリー……今すごくよかったよ、やったね!」

ベリー「……馴れ馴れしくしないでよ」

ピーチ「ベリー…」

ベリー「完成したのならもういいでしょ、帰らせて。明日完璧に仕上げればいいんだから」

ピーチ「完成したのは、ベリーも一緒にがんばってくれたおかげだよ。……ありがとう」

ベリー「……」

パッション「……」

パイン「私も……もう限界、早く帰って眠りたいわ」

ピーチ「そ、そうだね。じゃあ帰ろ帰ろ! みんなおつかれ!」

ピーチ「パッション、一緒に帰ろ」

パッション「え? 私は……」

ピーチ「……あっ、そっか。寮引っ越しちゃったんだっけ、そっかそっか。あはは、忘れてたよごめん」

ピーチ「よーし、あたしも帰る準備しよっと!」

パッション「……」

パッション(グランドフィナーレが完成したのは嬉しいけど……個人的にはなんだか色々とすっきりしないわ……)

パッション(ベリー……また何か企んでるの?)

・・・・・桃寮

ピーチ「はぁ……」

ブラック「あれ、ピーチ帰ってたんだ。お疲れ、グランドフィナーレ完成した?」

ピーチ「あ……はい」

ブラック「なによ、元気ないわね。さすがのあんたでもバテちゃった?」

ピーチ「あたし……プリキュアのリーダー向いてないかも……」

ブラック「はぁ? どうしたの」

ピーチ「自身がないんです……あたし、なにやってもダメだし……」

ピーチ「こんなあたしがリーダーだから、きっとパッションもあたしのことを嫌いになってここから出ていったんだ……」

ブラック「なによそれ、なんかあった? パッションと喧嘩でもした?」

ピーチ「してないです……」

ブラック「……はぁ。あのね、自信なんてなくて当たり前でしょ。あんたプリキュアになってまだ一年も経ってないのに自信なんて持てるはずないじゃない」

ブラック「自分に自信なんて持たなくてもいいの。その代わり、あんたを見込んでるあたしを信じなさい」

ブラック「あんたは間違いなく才能がある。あんたはあたしの評価が間違ってないことを証明することに、一生懸命になればいいの」

ピーチ「ブラック先輩……」

ブラック「まぁつまり、今までどおりがんばりなさいってこと。ピーチは別に間違ったことしてないでしょ?」

ピーチ「……」

ブラック「それにほら…リーダーとしてはともかくプリキュアとしてはちゃんと成長していると思うよ」

ブラック「アクションの動きなんて初めのころと比べて段違いだし、顔つきも凛々しくなったし」

ブラック「他は…えっと…台本の漢字の読みをあたしに聞かなくなったりしたじゃん! ちゃんとピーチなりに勉強してるのねー、偉い偉い」

ピーチ「それは……ベリーが辞書を買ってくれて、それで調べているんです」

ブラック「ベリーがわざわざ買ってくれたの? へー、優しいじゃない。良い友達ね」

ピーチ「そうなんです、ベリーは優しいんです……」

ピーチ(優しいから……今でもパッションに酷いことをしてたのが信じられない……)

ピーチ(なんであんなことをしたんだろう……あたしには分かんないよ)

ピーチ(ベリーも…パッションも…あたしには本当のことなにも話してくれないし…)

ピーチ(もうなにも分かんない……)

ブラック「ピーチ」

ピーチ「!」

ブラック「落ち込んだってなにも解決しないの、時間の無駄。あんたプリキュアでしょ」

ブラック「何があったかは知らないけど上手くいかないと思うことがあっても、プリキュアなら今の自分に責任を持ってやるべきことをやるの」

ブラック「今の落ち込んでるあんたがリーダーじゃ、ますます誰もついてこないわよ」

ピーチ「……」

ブラック「言ったでしょ、あたしを信じてって。いつも笑顔で元気のいいあんたを信じてるあたしを信じなさい」

ブラック「あんたの元気があれば、人は寄って来るんだから。だから元気出して」

ピーチ「ブラック先輩…あたし…」

ブラック「ま、出せって言ってもすぐ出るわけじゃないわよね」

ブラック「ピーチが元気になるまで側にいてあげる。あんたが悩んでると心配だし、ほっとけないのよね」

ブラック「相談とかしてもしなくてもいいけどさ、あたしの元気を少しわけてあげる」

ブラック「そうだ、少しあたしの思い出話聞く? あたしが現役だった頃にさー、超ウケる話があって」

ピーチ「……あははっ」

・・・・・赤寮

パッション「はぁ……」

パッション(ようやく帰ってこれた……くたくただわ)

パッション「……」

パッション(とても静かね…まるで時間が止まってるみたい。一人暮らしってこんな感じなのかしら)

パッション(グランドフィナーレ、明日には完璧に仕上がっているといいんだけど……)

パッション(でも心配なのはベリーね。まだ何か企んでるんじゃないかって疑ってしまう)

パッション(嫌な子……できれば一緒に仕事なんかしたくない……)

パッション(なにか事故にでもあって出演できなくなったりしないかしら……)

パッション「……」

パッション(そういえば、パッションハープはどうなったんだろう。売れていればいいんだけど……)

パッション(私もアピールをもっとした方がいいかしら。どうやったら子ども達に人気に……)

パッション(ああもう……考え事が止まらない。一人になって余計悩みが増えた感じだわ……)

・・・・・青寮

ベリー「もしもし?」

??『もしもし……』

ベリー「もう、ダメじゃないこんな時間に電話しちゃ。早く寝なさい」

??『ごめんなさい……ベリーももうねるの?』

ベリー「なにか話したいことでもあるの? さっきの続き?」

??『ううん、ちがう。そうじゃないの……』

??『あのね、さっきは言えなかったけど……今日もまたいじめられたの』

ベリー「そう……それは辛かったでしょうね」

??『うん……それにね、一つ分からないことがあるの』

ベリー「なに?」

??『どうしてあの子たちはわたしのことをいじめるんだろう』

??『なんでわたしがいじめられなきゃいけないんだろう……わたし、何もわるいことしてないのに』

??『なんでわたしばっかり……』

ベリー「……」

??『ねえベリー、どうしてわたしがいじめられるの? いじめる子って、なんでそんなことするんだろう』

ベリー「それは……」

??『どうしていじめとかするのかな……ひどいよ……』

ベリー「っ……」

ベリー「……いじめ、って言うのはね……あたしも酷いことだと思うわ」

ベリー「でも、その……なんていうか……」

ベリー「いじめてる側には、自覚がないのよ。そんな悪いことだと、思ってないの」

ベリー「いじめる相手なんて誰でもいいのよ。気に食わなかったら……誰でも……」

ベリー「だからつまり、言いたいことは……その……」

ベリー「あなたが悪いんじゃなくて……あなたをいじめる子が…悪いのよ」

ベリー「だから……あなたはそんなこと気にしないで。イジメなんかに負けちゃダメ、自分を強く持つの」

ベリー「怯えないで堂々としてなさい。いじめっ子が気後れするぐらい胸を張って過ごせばいいの」

??『そんなことできないよ……』

ベリー「大丈夫よ、あなたにはあたしがついているんだから。一人じゃない」

ベリー「それにあなた自身がしっかりすれば、きっと誰かがあなたの助けになってくれる。あなたを支えてくれるわ」

ベリー「だから勇気を出して、悪い奴らなんかに負けちゃダメ。強い心を持った人間だけが必ず幸せになれるんだから」

??『……』

ベリー「大丈夫よ……がんばって」

??『うん……がんばってみる』

ベリー「良かった。ほら、今日はもう寝なさい。夜更かしはお肌の天敵なんだから」

??『うん、おやすみベリー……』

ベリー「おやすみなさい…」

ピッ

ベリー「…………」

ベリー(あたし……なに言っちゃってるんだろ……)

ここまで

おつおつ
>>1は映画見に行く?

>>639
舞台挨拶行ってきます(´・ω・`)

ちょっともう少し休ませてください、すみません

監督「は〜い今回のテーマは『いじめ』でーす」

一同(洒落になってねーよ)

声優「パッションもビートも昔は敵だったけど仲間になったんだ」
パッション&ビート(現実ではいじめられてたのはわたし達なのにまるでこっちが心を入れ替えたみたいな……)

・・・・・数日後

ピーチ「二人とも、撮影前だけどちょっと来て!」

パッション「どうしたの……?」

ピーチ「ベリーも早く来て!」

ベリー「……」

ピーチ「はい、二人とも並んで」

パッション「……ピーチ、これは一体」

ベリー「……」

ピーチ「じゃあ二人とも、握手しよっか」

パッション「!?」

ベリー「は、はぁ!?」

ピーチ「ほら、早く早く」

ベリー「冗談じゃないわ!!」ガッ

パッション「ベリー!」

ベリー「いい気になってんじゃないわよ! 一体どういうつもりよ握手なんて!?」

ベリー「あたしとパッションの仲を取り持つとか言いたいわけ!? ふざけたことばっか言ってんじゃないわよ!!」

パッション「……?」

パッション(どういうこと……ベリーの口ぶりからして、まるでピーチはあたしとベリーの関係を知っているような……)

ピーチ「違うよ、二人は仲直りなんてしなくてもいいの」

ベリー「なっ…」

パッション「……!?」

ピーチ「だけどプリキュアの仕事をしてる時だけは、ちゃんと仲良くして欲しいな」

ピーチ「だって仕事なんだもん。プロは、プライベートで問題があっても仕事の時はそれを顔に出しちゃいけないの」

ベリー「……それもブラック先輩が言ってたこと?」

ピーチ「えへへ、当たり」

ベリー「……」

パッション「……」

ピーチ「だから、誓いの握手。仕事の時だけはケンカしませんって、握手しよ」

ベリー「っ……」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「ほら、早くして。これはリーダーからの命令だよ」

ベリー「……」

パッション「……」

ギュッ

ピーチ「うん、それでオッケー! じゃあ今日も仕事頑張ろうねー!」

ベリー「……」

パッション「ピ、ピーチ」

ピーチ「ん?」

パッション「これって…どういうことなの。どうしてピーチが……」

ピーチ「大丈夫だよパッション」

パッション「え……」

ピーチ「パッションは仕事に集中して。それ以外のことは、なーんにも心配いらないから」

パッション「……」

ピーチ「ごめんねパッション。今まで、あたしパッションになにもしてあげられなかった」

パッション「そ、そんなことないわ。ピーチからはいつも元気をもらって…」

ピーチ「あたしリーダーだから。これからは、自分のことだけじゃなくてみんなのこともしっかり考えるよ」

ピーチ「あたしがしっかりしなきゃ、みんなもしっかりしてくれないもんね」

ピーチ「だからパッションも仕事に集中してね。あたし達は今大切な時期なんだから」

パッション「……」

パッション(ピーチ……なにか吹っ切れたのかしら。そんな顔をしてる)

パッション(……私は、何か変われたのかしら……)

・・・・・

ベリー「はぁ……」

ベリー(なんでよピーチ……なんであんなこと簡単に言えるわけ)

ベリー(あたしとパッションの仲を知ってて、よくあんな簡単に……結局他人事だからかしら)

子どもA「あっ、ベリーだ!」

ベリー「!!」

ベリー(この子達……確かエキストラかなんかの子だっけ)

子どもB「ベリーさん、サインください!」

ベリー「はいはい、後でね。今は仕事中よ」

子どもC「休憩中だよ?」

ベリー「休憩も仕事のうちなの。あとでちゃんとサインしてあげるから、今は勘弁してね」

子どもD「ベリーさんってパッションさんと仲悪いの?」


ベリー「……え? どうして?」

子どもD「だってこの前の放送で仲悪そうだったもん」

ベリー(この前……パッションと二人っきりになった回のやつか)

ベリー「そんなわけないでしょ、仲良しよ。あれは仲悪い演技をしてただけ。本当は仲良いんだから。それにあの話しだって、最後はあたしとパッションもちゃんと仲良くなったでしょ?」

子どもD「そっか」

ベリー(なんて、嘘だけど……パッションと仲良くなんてできるわけないじゃない)

子どもA「プリキュアはみんな仲良しにきまってるじゃん」

子どもB「そうだよ」

ベリー「あはは…」

ベリー(あーもー、子どもの純粋な会話が怖い)

子どもA「ベリーは完璧だもんね」

ベリー「ええ、そうよ」

子どもC「なんで完璧なのに主役になれなかったの?」

ベリー「……」

子どもB「ダメだよそんなこと聞いちゃ。それじゃあ失礼します」

ベリー「あ、あはは……お疲れさま」

ベリー(……しんどい)

・・・・・・

監督「ベリー! パッション! もっと息を合わせろ、動きがバラバラだ!」

ベリー「は、はい!」

パッション「すみません!」

ベリー「……チッ」

パッション「……」

ピーチ「二人とも!!」

ベリー「!!」

ピーチ「元気出していこう、元気! 練習どおりやれば大丈夫!」

ピーチ「次はできるよ!」

パッション「ピーチ……そ、そうね」

ベリー「……」

ピーチ「ほら、二人とももっと距離が近いほうが合わせやすいんじゃない?」グイッ

ベリー「ちょっ……」

ピーチ「よしっ! じゃあ次はよろしく!」

パッション「……」

ベリー「……」

ピーチ「パイン」

パイン「なに?」

ピーチ「できたら、パインもあの二人のことをフォローしてあげてね」

パイン「え…私が?」

ピーチ「うん! みんなでフォローし合うの。あたしたちは、四人でプリキュアなんだから」

パイン「わ、分かったわ……頑張ってみる」

ピーチ「よろしくね。パインは二人と仲いいし、頼りにしてるね」

パイン「……」

ピーチ「あっ、そうだ。今日仕事が終わったら四人で久しぶりにご飯でも食べに行こっか。最近色々あって一緒に食事とかしてなかったもんね」

パイン「そ…そうね。そうしましょう」

ピーチ「よーし、この後も頑張るぞー!」

・・・・・控え室

ベリー「……」

パッション「……」

パイン「……」

ベリー「……ピーチは?」

パイン「打ち合わせがあるって…すぐに戻ってくるそうだけど」

ベリー「そう、ならすぐに帰らないと。戻ってくると鬱陶しいし」

パッション「……」

ベリー「……」

ガチャッ バタン

パイン「あ……」

パイン(どうしよう……食事のこと言いそびれた)

パイン(……でもどうせ、ベリーは一緒に来ないわよね)

パッション「……私も、もう帰るわ」

パイン「あ…うん。お疲れさま」

パッション「お疲れ」

ガチャッ バタン

パイン「……」

パイン「……」

パイン「……」

パイン(私も帰ろう……)

ガチャッ

ピーチ「おまたせー!! ……って、あれ? パインだけ?」

パイン「ピーチ……みんな帰っちゃった」

ピーチ「そうなんだ…せっかくみんなで食べに行こうと思ってたのに。じゃあパインと二人で行こっか」

パイン「……いいけど」

ピーチ「どうしたの?」

パイン「ルージュ先輩とかは……いないわよね?」

ピーチ「いないけど、なんで?」

パイン「ううん、それだったらいいの。なんでもない」

・・・・・玩具屋

パッション(あ……パッションハープ……)

パッション「……」

パッション(まだこんなに売れ残ってる……)

パッション「あの……すいません」

店員「はい?」

パッション「これください……10個」

店員「あ、はい。かしこまりました」

パッション「……」

パッション(なにやってるのかしら、私……)

・・・・・赤寮

パッション「はぁ……こんなに買ったけど、どうしよう」

パッション「……」

テレレレーン♪ ハッピーウラナイ

パッション「……」

テレレーン♪ キョウノ アナタハ ユウジョウウンガ ハッピーダワ

パッション「本当にハッピーだといいんだけど……はぁ」

パッション(なんで私って人気ないのかしら……)

パッション(どうしたら子どもに人気が出るんだろう……)

パッション(私……やっぱり才能がないのかもしれない。私なんかがプリキュアになっちゃいけなかったんだわ……)

パッション(私なんかより、もっとふさわしい子がいたかもしれないのに……)

〜♪

パッション「!」

パッション(メール……)

ピーチ『今日はお疲れさま! 今パインと一緒に食事に来てるよ。パッションももし暇だったら来て来て><
    それと、なにか悩みでもあったらいつでも相談に乗るから遠慮しないでね!』

パッション「……」

パッション(ピーチ……私に気をつかってくれて)

パッション(……それなのに私は、いつもピーチの足を引っ張ってばかり。もうこれ以上ピーチの負担になるようなことはしたくない)

パッション「……」

パッション(私……結局これまでしてきたことは何だったんだろう。ピーチに合わせようと必死に努力したのに結果が出せなくて、こんなところに逃げ込んで)

パッション(挙句の果てにはベリーに……)

パッション(惨めだわ……なんでこんな惨めなんだろう)

パッション(こんなこと、どう相談なんてすればいいのよ……)

パッション「……」

〜♪

パッション(……またピーチからかしら)

ピッ

ダークドリーム『オーディションの一次審査通ったよ! 褒めて褒めて!!』

パッション「ダ……え!?」

パッション(久しぶりにメールが来たと思ったら……いきなり何かしら)

パッション「……」

パッション(……とりあえず返事だけでもしておこう)

パッション『おめでとう。次も頑張ってね!』

〜♪

パッション(返信早いわね)

ダークドリーム『今度わたしのお祝い会するからパッションもアパートおいでよ!久しぶりにイースに会いたいな〜』

パッション「……」

パッション(……そういえば、ずっとみんなに会ってなかったわね)

パッション「……」

パッション『スケジュールが空いてたら行くわ』ピッ

パッション「はぁ……」

パッション(なんだかイースだった頃を思い出しちゃったわ……あの頃はこの業界に入って何も知らない状態だったけど、少なくとも今よりは楽しかったかな……)

パッション「……」

ここまで

・・・・・

あゆみ「一年間っていう撮影期間でもっとも大事なことは精神力なのよ。今はフレッシュも半分過ぎて折り返しているけど、後半になっていくほど初心の気持ちを忘れずに集中することが大事なの」

あゆみ「私もウェディングピーチで色々な経験をしたけど、今が一番辛い時期だったわ。でもそういう時は、一話目から見返して…」

ピーチ「ふむふむ、なるほど!」

パッション「……」

パイン「……」

ベリー「……」

ベリー(なんであたし達……四人揃ってウェディングピーチさんの話を聞かなきゃいけないわけ……)

あゆみ「というわけよ、分かった?」

ピーチ「分かりました! アドバイスありがとうございます!」

あゆみ「私でよければいつでも力になるわ。がんばってね」

ベリー「ど、どうもありがとうございました」

あゆみ「あっ、そうそう。ベリーにパッション、ちょっといいかしら」

パッション「なんですか?」

あゆみ「姪が二人のファンなのよ。それでこの前サインをねだられちゃって。よかったらサインもらえないかしら」

ベリー「なんか……珍しいですね」

あゆみ「え?」

ベリー「だって、あたしとパッションじゃファン層が違うと思ってたのに」

パッション「……」

あゆみ「あら、そんなことないわよ。二人ともかっこよくて素敵だって言ってたわ。私から見ても、二人が並んでると様になってると思うわよ」

ベリー「……」

パッション「……」

あゆみ「サインいい?」

ベリー「あっ…はい。今書きます」

あゆみ「ごめんね、時間とらせちゃって」

パッション「……」

あゆみ「きっと、二人が頑張ってくれたらフレッシュは今よりももっと良い作品になると思うわ」

あゆみ「人が一人でできることには限界があるの。どんなに実力があっても、才能があっても、人は弱い生き物よ。だから助け合うの」

あゆみ「ピーチ一人じゃ限界があるわ。あなた達四人が助け合う必要がある。もちろんあなた達四人を私たちやスタッフの人も助けるわ」

あゆみ「私たちで、フレッシュプリキュアを頑張って良い作品にしましょう」

ベリー「……」

パッション「……」

あゆみ「あっ、サインありがとうね。これで姪も喜ぶわ」

ベリー「……そうだといいですけど」

あゆみ「じゃ、今日の撮影も元気出していきましょうね。また後でね」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー「……早くピーチたちのところに行きなさいよ。目障りよ」

パッション「……」

ベリー(ウェディングピーチさんの手前は黙ってたけど、今さら私たちが助け合いなんてできるわけないじゃない)

ベリー(今さらこんな子たちと……)

パッション「……ピーチは、ピーチは私たちに仲良くして欲しいって言ってたわ」

ベリー「……!!」

パッション「ピーチの言うことなら…私は受け入れるわ」

パッション「でも……」

ベリー「……でもなによ」

パッション「……」

ベリー「言いたいことがあるならハッキリ言えばいいでしょ!?」

パッション「!!」ビクッ

ベリー「っ……ふんっ、ウザイやつ。いつも陰気くさくてムカツクのよ」

パッション「あの手紙……あなたがやったの?」

ベリー「は?」

パッション「私が子どもたちから貰った手紙……あなたが破いたの?」

パッション「だとしたら私は……あなたのことを一生許さない」

ベリー「っ……」

パッション「……」

ここまで

ベリー「ふ……ふふ……許さないから何よ。あんたに何ができるっていうの」

ベリー「愚図で頭の悪いあんたに、なにができるのよ」

パッション「……」

記者「ベリーさん、パッションさん。ちょっと来てもらってもいいですか?」

パッション「あっ、はい。ベリー、行きましょう」

ベリー「……!?」

パッション「ほら、呼んでるんだから早く」グイッ

ベリー「ちょっ……」

パッション「どうしたんですか?」

記者「雑誌に載せるお二人の写真を撮ってもいいでしょうか。普段現場で仲良くしているところを撮るように頼まれていまして、今お時間は空いてますよね?」

パッション「はい、もちろんいいですよ。ベリーもいいわよね」

ベリー「え、ええ……」

記者「すみません、事前に連絡してたとはいえ急な撮影なのに。助かります。では自然体な感じでお願いします、カメラは意識しないで」

パッション「はい」ギュッ

ベリー「っ……」

記者「あ、いいですね。仲良くくっついてる感じで」

パッション「どうしたのベリー…表情が固いわよ。もっと自然に笑わないと」

ベリー(こいつ……!?)

記者「お二人は普段も仲がいいんですか?」

パッション「ええ、よく一緒に遊びに行きます。ねえ、ベリー?」

ベリー「そ…そうそう。最近も一緒にディズニーランドに行ったのよね」

パッション「ねー、あれは楽しかったわ」

ベリー「そうね、うふふ」

パッション「うふふふふ」

ベリー「ふふふふふ」

記者「いやー、本当に仲がいいんですねー」パシャッ

記者「助かりました、ご協力ありがとうございます」

パッション「いえ、お疲れさまです」

ベリー「お疲れさまでした。またよろしくお願いします」

記者「はい。では、失礼します」

パッション「……」

ベリー「……」

パッション「……仕事なんだから、仲良く助け合わないとね」

ベリー「……」

パッション「私は……あなたのことは許せない。でも、だからって何をするわけじゃないわ。私にはなにもできない」

パッション「何もしないわ。もしあなたに復讐なんてことしたら……それはあなたと同じような最低な人間になると思ったのよ。だから何もしない」

ベリー「最低……あたしが!?」

パッション「っ……もう疲れたの、あなたなんかに構っていられない。私にはそんな余裕ないんだから」

パッション「もっと大事なことが……私にはあるの。だからもう私の邪魔はしないで……」

ベリー「!!」

ベリー(なによこいつ……怯えてるくせに。なんでそんなゴミを見るような目であたしを見るのよ……!!)

ベリー「ふざけんじゃ……!!」

パッション「!!」ビクッ


(??『なんでわたしがいじめられなきゃいけないんだろう……わたし、何もわるいことしてないのに』)


ベリー「っ……」

パッション「……?」

ベリー「くっ……!!」タタタッ

パッション「あっ…」

パッション(行っちゃった……)

パッション「……」

パッション(ちゃんと…言えた。怖かったけど、ベリーの前でちゃんと言いたいことを言えた)

パッション(桃寮で暮らしていたおかげで、多少の度胸は身についてたってことかしら……案外、言ってみるものね)

パッション「はぁ……」

パッション(これで少しは私も変わることができるかしら……ピーチみたいに……)

・・・・・

ベリー「はぁ…はぁ…」

ベリー「……」

ベリー(なんであいつなんかから……あたしが逃げなきゃいけないのよ……)

ベリー(あたしは悪くないのに……)

ベリー(あたしは……)

(??『ねえベリー、どうしてわたしがいじめられるの? いじめる子って、なんでそんなことするんだろう』)

(??『どうしていじめとかするのかな……ひどいよ……』)

ベリー「……」

ベリー(いじめてたわけじゃないわよ……あたしは、ただ……)

ベリー(あいつのことが……気に入らなくて……それで)

ベリー「……」

ベリー「……ぐずっ」

ベリー(見せられない……今のあたしのこんな姿)

ベリー(あの子にも、他の子供たちにも、誰にも……)

・・・・・

ピーチ「みんな今日もお疲れー! がんばったね!」

パイン「ピーチもお疲れさま」

ベリー「……」

ピーチ「あっ、ベリー。今日この後ヒマ? 今日は一緒にご飯食べようよ」

ベリー「……」

ピーチ「ほら、行こ行こ」グイッ

ベリー「えっ…ちょ」

ピーチ「パッションも行かない?」

パッション「っ……」

ベリー「……」

パッション「私は……遠慮するわ。また今度一緒に行きましょ」

ピーチ「そっか……」

パッション「じゃあね、また明日」

ピーチ「パインは?」

パイン「え? うーん……今日はいいかな」

ピーチ「そっか。じゃあ今日はベリーと二人っきりだね」

ベリー「っ……行くわけないでしょ! 誰があんたと一緒に食事なんてするのよ!!」

パイン「!?」ビクッ

ピーチ「……」

ベリー「冗談じゃないわ。あたしもう帰る、付き合ってらんない」

ピーチ「ベリー……」

ベリー「鬱陶しいのよ…今さら仲良しごっこなんて。あんたも仕事の時以外は馴れ合わなくていいって言ったでしょ」

ベリー「だったらもう、これ以上は関わらないで。ウザイのよ」

ピーチ「……」

ベリー「……」

パイン「あ……じゃ、じゃあバイバイ二人とも。また明日」

・・・・・赤寮

パッション「はぁ……」

パッション(ピーチとの食事……ベリーがいなければ行ってたのに)

パッション(あれだけはっきり言ったのに、いまだに彼女に怯えてるなんて……情けないわ)

パッション(でも、もう負けたくない……私はプリキュアなんだから、こんなことで負けてなんかいられない)

パッション「……」

パッション(……だからと言って、私の人気が上がるわけじゃないのよね。今日もおもちゃ屋で余ってたパッションハープ買っちゃった……)

パッション(店員さんもどこか可哀想な顔で私を見ていたような……はぁ)

パッション(大丈夫なのかな、私。このままでいいのかな……)

パッション(ベリーのことよりも今は、私のプリキュア生命の方が心配だわ)

パッション(ひょっとして私、子どもたちから必要とされてないんじゃ……)

パッション(だとしたら私、なんのためにプリキュアに……)

パッション(ああもう! なにも考えたくない……なんで悩み事が尽きないのかしら)

パッション「……」

パッション(あ……そういえば、ダークドリームのお祝い会。誘われてたんだっけ)

パッション(……気晴らしになるかもしれないし、行ってみようかしら)

・・・・・

ベリー(ピーチは一体何を考えてるのよ……)

ベリー(なんであんなに馴れ馴れしくしてくるの……いっそのこと、パッションみたいに距離を取ってくれた方がこっちも楽だわ)

ベリー「……」

ガチャッ

ベリー「ただいま……」

アクア「あら、おかえりなさい」

ピーチ「おかえり、ベリー!」

ベリー「はいはいただい……」

ベリー「!?」

ピーチ「もう、遅かったねベリー。どっか寄り道してたの?」


ベリー「なっ……なんであんたが青寮にいるのよ!?」

ピーチ「えへへ、遊びに来ちゃった」

アクア「ベリー、せっかくなんだからピーチと一緒に来ればよかったのに。なにやってたの」

ベリー「な、なにって、あたしは普通に帰ってきただけなのに……なんであんたが先に!?」

ピーチ「ベリーが先に帰っちゃったから、あたしも追いつこうと必死に走ってここまで来たの。そしたらあたしの方が早く到着しちゃったんだね。あはは」

ベリー「……」

アクア「どうしたのベリー、早く席に着いちゃいなさい。ピーチもお腹をすかせてるみたいだし、今日は早めにご飯にしましょう」

ベリー「い…いいんですかこんなこと!?」

アクア「なにが?」

ベリー「だって! 他の寮に住んでるのに、うちでご飯なんて…」

アクア「いいじゃない、せっかく遊びに来てくれたんだし。たまにはね」

アクア「それに今日はちょうどお取り寄せした高級松坂牛があるのよ」

ピーチ「やったー!」

アクア「これは……とりあずどうすればいいのかしら。普段出来合い物ばかりだから、こういうのを調理するのは慣れてないのよね」

ピーチ「たぶん生でも食べれるんじゃないですか?」

ベリー「食べれないわよ!!」

アクア「やっぱり焼いて食べるのよね。ああでも、うちに鉄板なんてあったかしら。どうせ焼くのなら本格的に焼きたいし……なかったら今すぐに注文しましょう」

ピーチ「焼き肉パーティーやるんですか? わーい!」

ベリー「……はぁ」

ここまで

・・・・・

アクア「ごめんねベリー、仕事の後だって言うのに作らせちゃって」

ベリー「いいですよ、別に。アクア先輩はサラダ盛り付けておいてください、野菜切ってお皿に乗せるだけでいいですから」

ピーチ「あたしも何か手伝うよ!」

ベリー「……あんたは何もしなくていいから」

ピーチ「いいからいいから、遠慮しないで! あたしも料理得意だし」

ベリー「ちょっ…!? やめなさいよ鬱陶しい!!」

アクア「ベリー」

ベリー「っ!!」

アクア「ピーチにはステーキのソースを作ってもらえば? 簡単だし」

ピーチ「はーい、分かりました!」

ベリー「……」

ベリー(まったく、何なのよ一体。突然うちに来るなんて……。アクア先輩の前じゃ、簡単には追い出せないし)

ピーチ「あたしの分のお肉もうちょっと大きめの方がいいなぁ〜」

ベリー(図々しいにも程があるでしょこいつ……! どんな神経してるのよ)

アクア「そうね、どうせならこのお肉全部焼いちゃいましょう」

ベリー「えっ……こ、これ全部焼くんですか!? 1キロ以上あるんですよ!」

アクア「ピーチはどれぐらい食べるの?」

ピーチ「1キロなら余裕です!」

ベリー「全部食べようとしてんじゃないわよ!!」

アクア「私とピーチの分は多めにしてちょうだい」

ベリー「ア、アクア先輩がそう言うんだったら……」

ピーチ「ベリー焼くの上手だねー。あたしもお肉焼くの得意なんだよ」

ベリー「……あっそ」

ベリー(こんなの猿でもできるでしょうが)

ピーチ「あれ、なんでこんな所にジュースがあるの?」

ベリー「ちょっと勝手に触んないでよ! しかもこれはジュースじゃなくてワイン!」

ピーチ「えっ!? ワインってお酒だよね、ベリーもお酒飲むの?」

ベリー「飲むわけないでしょ、料理用に決まってるじゃない。あんたじゃないんだから」

アクア「あら、ピーチってお酒飲むの?」

ベリー「そうなんですよアクア先輩。こいつってば未成年の癖にお酒飲んでるんです」

アクア「それはあまり感心しないわね」

ベリー(ざまぁみなさい、怒られちゃえばいいのよ)

ピーチ「もう飲んでないもん。ルージュ先輩にダメって言われたから」

アクア「ルージュは向こうでもちゃんとあなたの指導してるの?」

ピーチ「はい! ルージュ先輩が一番しっかりしてます。毎日朝に起こしてくれるし、ご飯作ってくれるし、掃除もしてくれるし」

アクア「そう……相変わらずなのね。ドリームは?」

ピーチ「ドリーム先輩? うーん……部屋で休んでる時が多いかなぁ。でもよくお喋りしたり一緒にお菓子食べたりしてますよ」

ピーチ「あとブラック先輩はアクションのこととか、プリキュアのこととかたくさん教えてくれるし。ブルーム先輩とはよく一緒に遊んでます」

アクア「上手く暮らしてるみたいね、寮を分けたかいがあったわ」

ベリー「……」

ベリー(怒られると思ったのになんで仲良く話してるのよ……)

アクア「去年まで一緒に暮らしてたのに……こんな話をしてるだけでなんだか懐かしくなってきたわ」

ピーチ「そういえば、どうして寮を分けて暮らし始めたんですか?」

アクア「え?」

ピーチ「ルージュ先輩に聞いても答えてくれないし、ドリーム先輩もよく分かってないみたいだし」

アクア「……ピーチは今の暮らしに不満?」

ピーチ「ううん、不満じゃないです」

アクア「なら、いいじゃない。問題ないのならそれで。先輩が公私共に後輩を指導していくということは、プリキュアの発展にもつながると思うわ」

アクア「ピーチ、あなたが今先輩たちから教わっていることはいずれあなたも後輩に教えることなのよ。そうやってプリキュアは続いていく……あなたも人間的にきっと成長するはずよ。それって素敵なことだと思わない?」

ピーチ「はい!」

ベリー(絶対よく分かってないでしょこいつ……)

アクア「……そういえばピーチ、普段のベリーはどんな感じなの?」

ベリー「えっ」

アクア「仕事してるときのベリーは、あなたの目から見てどう見えてる?」

ベリー「ちょ、ちょっとアクア先輩。なに言ってるんですか…!?」

アクア「いいじゃない、せっかくなんだし色々と聞いておきたいわ」

ピーチ「ベリーですか? ベリーはですね…」

ベリー「ピーチ!!」

ピーチ「ベリーは仕事の時はすごく真面目なんです、プリキュアのことなら誰よりも真剣で。頭もいいし、しかも子どもたちに対してはものすごく優しいし」

ピーチ「時々怒ったり叱ったりするけど、それはきっと誰よりも一番プリキュアのことを大好きだからだと思うし。あたしにない良いところがたくさんあって、尊敬しちゃうな」

ベリー「なっ……」

アクア「ふふ…素直なのね、ピーチって」

ピーチ「けど、もっとあたしの言うことも聞いて欲しいな。あたしがリーダーなんだし」

ベリー「……」

ピーチ「あっ! お肉焦げちゃうよ!!」

ベリー「え……あっ!?」

アクア「あら、大変」

ベリー「あ、あんたのせいよ! 変なことばっか言うから!!」

ピーチ「えー、本当のことなのにー」

・・・・・桃寮

ブラック「ピーチは?」

ルージュ「アクアさんのところでご飯食べてくるって、メールありました」

ブラック「なにそれ、青寮にいるの? 珍しい……まぁいいけど」

ブラック「他の寮行ってるんだ。……うちもたまにはどこかのプリキュア誘ってみる?」

ルージュ「なんですか急に」

ブラック「いやほら、たまにはいいじゃない。楽しそうだし。それにあたしってさ、あんた達以外の後輩ともあんま話したことないし」

ブラック「アクアとかミントとか、ローズとか。ベリーやパインもね」

ルージュ「……」

ブラック「ねえねえ、誰かうちに誘いなよ。ルージュが誘えば5のメンバーなら来るでしょ」

ルージュ「来ないですよ……今さら仕事以外で会ってもしょうがないですし」

ブラック「あれ、ひょっとしてあんた達って仲悪い…?」

ルージュ「別にそういうわけじゃ……」

ブラック「うーん…なんかもうちょっと結束力が必要だよね。オールスターズの時も思ったけど、なんか全体の結束力がまだ足りないんだよねー」

ルージュ「…ブラック先輩だってホワイト先輩とあんまり仲良くないって言ってたじゃないですか」

ブラック「まぁそうだけどさー」

ルージュ「……」

ブラック「一度プリキュアのみんなで旅行とか言ってみたいよね」

ルージュ「はぁ?」

ブラック「年に一度骨休めにさ。よくない?」

ルージュ「……知りませんよそんなの。旅費出さなくていいなら行ってもいいですけど」

ブラック「アクアに出してもらうかなー……さすがにそれは悪いか」

ルージュ「本気で言ってるんですか?」

ブラック「んー……半々ぐらい」

ルージュ「はぁ……あたしは行きませんよ」

ブラック「ドリームが行くって言ったら行くくせに」

ルージュ「もうこの話は終わりにしましょ。おしまいおしまい」

ブラック「どっか行きたいなぁ、たまには」

・・・・・青寮

ピーチ「あーおいしかった!」

アクア「久しぶりにこんなに食べたわね」

ベリー「……」

ピーチ「あっ、お皿洗うの? 手伝うよ」

ベリー「いいわよ……食べたのならとっとと帰りなさいよ」

ピーチ「せっかくご馳走になったんだし、手伝うって」

ベリー「やめなさいって」

アクア「食器なら私が洗うわよ。二人は休んでて」

ピーチ「はーい、ありがとうございます!」

ベリー「……ピーチ、あんたいつまでいる気よ」

ピーチ「うーん、もうちょっとだけ」

ベリー「もうちょっとじゃないわよ…帰りなさいよ。いい加減にしないと」


ガシャーン!!

ベリー「!?」

ピーチ「ど、どうしたんですか!!」

アクア「ああ…ごめんなさい。手が滑ってお皿が落ちちゃったわ」

ベリー「怪我とかはないですか?」

アクア「大丈夫よ。ごめんなさいね、すぐに片付け…」

ガシャーン!!

アクア「あ……」

ベリー「……やっぱりあたしが洗いますから。アクア先輩は休んでてください」

ピーチ「割れたお皿はあたしが片付けておきますね」

アクア「ご、ごめんね二人とも」

ピーチ「いたっ!」

ベリー「なに!?」

ピーチ「破片で手切っちゃった…えへへ」

ベリー「はぁ、もう何やってんのよ……手で直接拾わないの。ほら、絆創膏こっちにあるから使いなさい」

ピーチ「ありがとうベリー」

ベリー「なんであんたは毎回毎回こうやって…」

アクア「…ふふ」

prrrr prrrr

ベリー「!」

ピーチ「あれ? ベリーの電話の着信音じゃない?」

ベリー「……」

ピーチ「どうしたの?」

ベリー「電話…部屋でしてくる」

ピーチ「あ、うん」

ベリー「……」

ピーチ「……あっ、じゃあ今のうちにお皿片付けておきますね」

アクア「手で拾うよりも他のもので片付けた方がいいんじゃないかしら。…そうだ、ちょうどいいものがあるわ。これを使いましょう」

ピーチ「なんですかそれ? ……フリスビー?」

アクア「違うわよ、これは掃除機なの」

ピーチ「ええっ、これが掃除機!? うちにあるやつと違う!」

アクア「ルンバって言ってね、全自動で掃除してくれる掃除機なの。手を動かさなくても勝手に掃除してくれるのよ。見てて」

ウィーン

ピーチ「本当だ、動いた! すごーい! ロボットみたい!!」

アクア「掃除はこれに任せましょう」

ピーチ「うわー、なんかドラえもんの20世紀の道具みたい! かっこいい!」

アクア「今はもう21世紀よ」

ウィーン……ガガガッ、ガガッ、ガッ

アクア「あら?」

ピーチ「あれ、動かなくなりましたよ?」

アクア「お皿は吸えないのかしら……壊れちゃったみたいね。また新しいのを買わないと」

ピーチ「……」

・・・・・

ベリー「もしもし?」

??『もしもし』

ベリー「今日はどうしたの? …あれから大丈夫?」

??『うん。あのね、今日はベリーに伝えたいことがあるの』

ベリー「なに?」

??『あのね、わたし……もういじめられなくなったよ』

ベリー「え……」

??『わたしね、色々とがんばったの。いじめられたのは辛かったけど、何もしないままだともっとつらいと思って』

??『だからなにかしようと思って、勉強や体育をすごくがんばったんだ。わたしがむずかしい問題とくとみんながおどろいたんだよ』

??『それとね、人にやさしくするようになったの。困ってる人を見たらたすけるようにしたんだ』

??『……わたしのことをね、いじめてた子も助けてあげたの』

??『本当はね、すごく嫌だったけど……でも見捨てたりしたら、それはいじめてた子や、わたしがいじめられてるのを見てるだけの子たちと同じだと思ったの』

??『だから、勇気を出してたすけてあげたの……』

ベリー「……」

??『そしたらね、いじめがだんだんなくなってみんなやさしくしてくれるようになったの』

??『今は友達もふえたんだよ』

ベリー「そう……よかったわね」

??『これもぜんぶベリーのおかげだよ。ベリーと話したおかげで、わたしベリーから勇気もらったの』

??『ありがとう、ベリー』

ベリー「……ぐずっ」

??『どうしたのベリー……?』

ベリー「あ…ううん、なんでもないわ」

??『泣いてるの? なにかあったの?』

ベリー「なんでもないわよ……ちょっと鼻が詰まってるだけ。それよりも、本当に良かった。今はもう何事もないのね」

??『うん、毎日楽しいよ』

ベリー「あたしは嬉しいわ……幸せゲットしたのね、ふふ」

ベリー「…そういえば、あなたのことをいじめてた子とは友達になれた? その子のことはもう許してるのよね?」

??『友達にはなれたと思うけど……』

ベリー「?」

??『許してるかって聞かれると……そうでもないかも』

ベリー「え?」

??『わたしがやられたことは、一生わすれないと思うし……すぐには許せないよ』

??『つらい思いはつらいまま……ずっとかかえこむと思う』

ベリー「……」

??『でも、仲良くすることは努力する。もういじめとかイヤだし』

ベリー「そ…そう。きっと仲良くできるわ、頑張ってね」

??『うん。それとね、もうベリーに電話するのはこれでおしまいにする』

ベリー「ど、どうして?」

??『いつまでもベリーに甘えていられないもん。わたしも自分の力でがんばれるような人間なりたい。ベリーみたいになりたいな』

??『それでね…いつかわたしもプリキュアになるの。それでベリーと一緒に映画に出たりするんだ』

??『その時はわたしも、ベリーに胸を張って幸せだよって言えるようになる。だから、成長したときにまたベリーに会いに行くから、その時までまっててね』

ベリー「……ええ、分かったわ。楽しみしてる」

??『じゃあまたね……ベリー。ずっと応援してるよ』

ベリー「うん……またね。あたしも応援してる」

ピッ

ツーツーツ−

ベリー「……」

コンコンッ
ガチャッ

ピーチ「ベリー、ちょっといい?」

ベリー「……」

ピーチ「あたし、そろそろ帰ろうと思って。もう遅くなっちゃうし」

ベリー「……」

ピーチ「ベリー?」

ベリー「……なによ」

ピーチ「……はい、ハンカチ使う? 涙出てるよ」

ベリー「っ……!?」

ピーチ「どうしたの?」

ベリー「……なんっ…でもないわよ。さっさと帰りなさいよ」

ピーチ「……」

ベリー「帰りなさいよ……帰れって言ってんでしょ!! 早くしなさいよ!!」

ベリー「なんなのよあんたは!! 人のことなんでも分かってるような態度とって!!」

ベリー「あたしが優しいですって!? あんたあたしのどこを見てそんなこと言ってんのよ、 あんたにあたしの何が分かるの!?」

ベリー「あたしがあんたのこと嫌いだったことも、パッションのこと苛めてたのもどうせ知らなかったくせに!!」

ベリー「勝手なことばかり言って、ふざけんじゃないわよ!! そういうのが一番ムカつくのよ!!」

ピーチ「……」

ベリー「言いたいことがあるならハッキリ言いなさいよ!! あんたあたしのこと軽蔑してるんでしょ、嫌いなんでしょ!?」

ベリー「だったらそう言えばいいじゃない!! 言いなさいよ!!」

ベリー「早く言え!! 言え!!」

ピーチ「……」

ベリー「はぁっ…はぁっ…」

ピーチ「……あたしはベリーが優しいってことは知ってる。けどそれ以外は分かんない」

ピーチ「だから教えて欲しいな、ベリーはこれからどうしたいの?」

ベリー「っ……」

ピーチ「ベリーのこと、分かんない。何も教えてくれないから。だけど……今は、ベリーが幸せじゃないって事は分かるよ」

ピーチ「あたし、ベリーの力になりたいの。いつもあたしのことを助けてくれたベリーを、今度はあたしが助けたいの」

ピーチ「お願い、ベリーを助けさせて」

ベリー「や……やめてよ……今さら優しくなんてしないでよ……!!」

ベリー「なんなのよ今さら!! どうしてあたしなんかに優しくするのよ!?」

ベリー「悪いのはあたしでしょ!? そう言いなさいよ!!」

ピーチ「……」

ベリー「う…うう…」

ベリー「なんで……言わないのよ……」

ベリー「ひっぐ…うう…うあああああああ」

ピーチ「大丈夫だよ、ベリーのことは見捨てたりしないよ。大丈夫」

ベリー「ひっぐ…ぐずっ…」

ピーチ「大丈夫…大丈夫」






アクア「……」

ここまで

・・・・・アクアの部屋

アクア「もしもし」

??『もしもし』

アクア「手はず通りにやってくれたかしら」

??『はい。言われたとおりの設定で、ちゃんとベリーと最後まで話しました」

アクア「ご苦労様、助かったわ。いえ…正確に言えば、あなたのおかげでベリーは救われた」

??『どうしていじめられてるなんて嘘をついて話さなくちゃいけなかったんですか?』

アクア「嘘は嫌い?」

??『あんまり好きじゃないです』

アクア「なら、悪いことをしちゃったわね。謝るわ。でも今のベリーには必要な嘘だったのよ」

??『?』

アクア「でも、ベリーとたくさん話せて楽しかったでしょ?」

??『うん、楽しかったです! また話したいな』

アクア「ごめんなさいね、ベリーも忙しいのよ。また今度ね」

アクア「それにしても、まだ小さいのに最後までベリーに気づかれないで話し続けることができるなんて…すごい演技力ね。さすが声優の娘さんってところかしら」

??『本当? わたし、将来プリキュアになれますか?』

アクア「演技力だけなら完璧よ、プロに近いものがあるわ。これだけでもあなたは食べていけるんじゃない? 後は容姿と身体能力だけね。自分を磨くことを忘れないでね」

アクア「なんなら、あなたがプリキュアになる時に今の三つの最低条件をクリアできていれば私の方から裏で推薦しておきましょうか? そうすれば、オーディションなんて受けなくてもすぐにプリキュアになれるわ」

??『ううん、わたし嘘とかそういうの嫌いって言いましたよね? だからそういうのはいいんです。自分の力でやります』

アクア「そう、分かったわ。じゃあ頑張ってね」

??『はい! じゃあ失礼しまーす!』

ピッ

アクア「……」

prrrr prrrr

ルージュ『……もしもし?』

アクア「こんばんはルージュ。その後赤寮はどうかしら? パッションは何か言ってた?」

ルージュ『そんなことでわざわざ電話してきたんですか……? メールでいいのに』

アクア「なにか問題はない?」

ルージュ『ないですよ……パッションからは何も聞いてません』

アクア「なら良かったわ。もし欠陥住宅を後輩に与えちゃってたら、私も申し訳ないからね」

ルージュ『……それより、ベリーのことはどうなりました?』

アクア「どうって?」

ルージュ『覚えてないんですか!? ベリーとパッションのことですよ!』

ルージュ『アクアさんこの前なんとかなるとかそんなこと言ってましたけど、今はどうなんですか!』

ルージュ『なんにも変わってないようなら、あたしが直接ベリーに…』

アクア「ああ……そのことね。多分、もうそろそろ解決するんじゃないかしら」

ルージュ『…なにを根拠に言ってるんですか』

アクア「勘よ」

ルージュ『……呆れた。今からそっち行きますから』

アクア「私があなたと違うところはね、ルージュ。冷静に正しい判断ができるってところよ」

ルージュ『勘のどこが冷静で正しい判断なんですか!!』

アクア「勘って言っても私の場合は全ての状況を観察して、判断した結果の上での勘なのよ。ただ闇雲の当てずっぽうで言ってるわけじゃないわ」

アクア「ルージュ、正しいのは私よ。あなたよりもね。私の言うとおりにしなさい」

ルージュ『信用できるわけないっての!!』

アクア「もうイジメなんて起きないわよ。あなたが心配していることはそれでしょ? またパッションがいじめられるんじゃないかって」

アクア「心配しなくても大丈夫よ。来年のオールスターズには、仲良くしてるベリーとパッションの姿をあなたも見ることができるわ」

ルージュ『だから根拠は!?』

アクア「うるさいわね……」

ルージュ『ちゃんとベリーと話したんですか!?』

アクア「もしこれからもいじめが続いたら、私はあなたの言うことをなんでも聞くわ。責任も取る」

アクア「けどもし私が正しければ、今後何かあったときでも私が決める方針に従ってもらうわよ」

ルージュ『ちょっとそれ答えになってないですよ! ていうかなに言ってるんですか!?』

アクア「いいから黙って後輩を見守ってなさい。それとも、信用できないの?」

ルージュ『できないって言ってんでしょ!!』

アクア「私のことじゃないわ、ベリーやパッションのことよ。後輩のことすら信用できないの?」

ルージュ『それは……してますけど、それとこれとは」

アクア「同じことよ。前も言ったけど、当人同士で解決させるのが一番なんだからあなたは黙ってなさい」

アクア「その上で、私が正しいって事を証明してみせるわ」

ルージュ『……なんですか、さっきから私が正しいのなんだのって。あたしと張り合いたいってわけですか?』

アクア「最初に喧嘩腰だったのはあなたのはずだったんだけど。私はそう記憶してるわ」

ルージュ『うわ……今だからもう言っちゃいますけど、昔からそういうところがすっごくウザかったです。子どもじゃないんだから』

アクア「子どもなのはあなたの方でしょ? 感情に身を任せてばっかで……頭を使おうとしない」

アクア「ともかく、もうこの問題はもうおしまいよ。これ以上はあなたが深入りする必要なんてないの」

ルージュ『あっ! ちょっ…』

ピッ

アクア「やれやれね、私は何も間違ったことはしてないのに」

・・・・・アパート

パッション(来ちゃった……久しぶりね、ここに来るのも)

パッション(みんないるかしら。驚かすつもりで黙って来たけど……)

ピンポーン

パッション「……」

ガラッ

ダークミント「はーい」

パッション「あ…」

ダークミント「あら?」

パッション「こ、こんばんは」

ダークミント「あら…あらあらあら! やーん久しぶりー、イースじゃない! どうしたの急に? あっ、ほら上がって上がって」

パッション「久しぶり、ダークミント。…満と薫は?」

ダークミント「二人は今お店の方に行ってるわ。他の子も仕事。今ここにいるのは私とローズだけよ。せっかく来てくれたのにね」

パッション「えっ……」

ローズ「あら…パッションじゃない。なに、どうしたの」

ダークミント「久しぶりに遊びに来てくれたのよねー?」

パッション「だ、ダークドリームは?」

ローズ「は?」

パッション「ダークドリームはいないの? お祝い会あるんじゃ…」

ローズ「何よお祝い会って、何のお祝いよ」

パッション「ダークドリームがプリキュアのオーディションの一次審査に受かったお祝いよ」

ローズ「なんでそんなことであいつを祝わなきゃいけないのよ、バカらしい。しかもあいつなら二次審査のために修行しに行くとかなんとか言って今いないわよ」

パッション「なっ……!? メールにそう書いてあったのに!!」

ローズ「どうせ適当に書いたんでしょ」

パッション「そんな……なんなのよもう」

ダークミント「まぁいいじゃない。まだ時間はあるんでしょ?」

パッション「え、ええ」

ダークミント「じゃあせっかくだしあのお店に行きましょ、満と薫もいるわ。イースは最近行ってないんでしょ? 聞いてるわよ」

パッション「……そうね、せっかくだから行きましょうか」

ダークミント「ローズも行きましょ」

ローズ「私はいいわ、明日朝一で仕事入ってるし…もう寝る」

ダークミント「ちょっとぐらい、いいじゃない」

ローズ「ダメよ。パッションも明日仕事あるんだったらほどほどにしなさいよ?」

パッション「分かってる」

ダークミント「残念……じゃあ行きましょうか、イース」

パッション「ええ」

ダークミント「あっ、そういえば。イースって呼び続けていいの? パッションって呼んだ方がいい?」

パッション「どっちでもいいわ……イースでいいわよ。そっちの方が、なんとなく気持ちも楽になるし」

ダークミント「じゃあ、イースね。ふふ、なんか久しぶりね〜、イースと一緒って」

ローズ「……」

ここまで

・・・・・

ウエスター「俺、放送が終わったらアメリカのゴールドジム行こうと思ってるんですよ。本場は凄いらしいっすね」

キントレスキー「うむ、私も行ったことがあるが向こうのジムはいいぞ。まさに筋肉の天国だ。それに向こうは筋肉に対する意識も高いからな」

ウエスター「やっぱ本場は違いますよねー。日本もちょっと筋肉に対する考え方を変えていったほうがいいと思うんすよ」

キントレスキー「その通りだな」

ウエスター「今の日本男児は筋肉の重要性を全く理解してませんからね。やたら細いやつばっかりで、恐ろしいですよ」

薫「おまたせしました、鳥肉のスキャロピーニです」

ウエスター「そう思わない? やっぱり男は筋肉だろ?」

薫「興味ないわ」

満「異常に身体を鍛えてる男の人ってナルシストっぽいわよね」

薫「キモイ」

ウエスター「ナ、ナルシストっていうのはサウラーみたいなやつのことを言うんだぞ!? 俺は断じて違う、そうですよね!」

キントレスキー「うむ…」

シタターレ「薫、キモイは言いすぎよ。一応客なんだから」

薫「……」

ウエスター「な、なんだ」

薫「なんか臭いわ……汗臭い」

ウエスター「ちゃ、ちゃんとシャワーは浴びたぞ」

薫「見た目が臭い」

ウエスター「見た目!?」

ガラッ

ダークミント「こんばんわー」

シタターレ「あら、いらっしゃい」

イース「あっ、ウエスター」

ウエスター「イース! 来てくれたのか!」

イース「いたんだ」

シタターレ「あれ、久しぶりじゃない」

イース「どうも。最近忙しくて来る暇がなくて」

ウエスター「なぁ聞いてくれよイース、俺とサウラーどっちがナルシストだと思う?」

イース「なにそれ…意味分かんないんだけど」

ウエスター「身体鍛えてるだけでナルシストって言われたんだぞ、酷いと思わないか?」

ダークミント「イース、向こうの席に行きましょうか」

イース「ええ。ウエスター、鍛えすぎて脳みそまで筋肉にならないようにね」

薫「やっぱり臭いわ」

ウエスター「臭くない!」

キントレスキー「まあまあ、女性に筋肉の魅力が分からないのはしょうがないことだ」

シタターレ「どうでもいいけど早く食べちゃいなさいよ……冷めるわよ」

薫「おえっ」

ウエスター「あーんイース! こいつがいじめるー!」

イース「ちょっとうるさいわよ、向こう行ってよ」

満「久しぶりね」

イース「ええ。ずっと仕事ばっかりだったから、なんだか恋しくなって来ちゃった」

満「そういえば今は寮で暮らしてるんでしょ? 夜に勝手に出歩いたりしてもいいの?」

イース「え? ええ……うちはわりと自由だから」

ダークミント「さてと、まずなにを飲もうかしら」

満「今日はお酒全品安くなってるわよ」

ダークミント「やだもー、未成年がお酒なんて飲めるわけないじゃない。ねー?」

イース「そ、そうね」

ダークミント「イースは何にする?」

イース「私は烏龍茶でいいわ」

ダークミント「じゃあ私は……やっぱりチューハイ頼んじゃおうかしら。うふふ」

イース(あっ、結局飲むんだ……)

ダークミント「このことはみんなに秘密よ?」

イース(別に秘密にしなくてもいいと思うけど……)

短いけどここまで

読んでる人はもう薄々気づいていると思いますが
スレタイの人はこのスレ中には出ません

ダークミント「そういえばこの前クイズ番組に出てたわよね? あの賞金って本当にもらえたの?」

イース「もちろん、もらえたわよ」

ダークミント「ほんと? すごーい。一千万でしょ? 使う予定あるの?」

イース「まだ特には……。でも税金やら募金やらでほとんど残らないわよ」

ダークミント「募金なんてしたんだ、偉いわね。でも自己投資にも使わないとダメよ、せっかくのお金なんだから」

イース「自己投資って言っても……服とか買っても、着る暇なんてないし」

ダークミント「とりあえず美味しいものでも食べればいいのよ。美味しいものを食べないと、しみったれた顔になっちゃうわよ?」

ダークミント「すいませーん、注文いい?」

満「はーい」

ダークミント「えっと、牛すじ大根と串焼きと……イースは?」

イース「じゃあ…これとこれで」

満「かしこまりました。ちょっと待ってて」

イース「ところでダークドリームはどうなの? 今年は受かりそう?」

ダークミント「どうかしらね〜。私としては、受かって欲しいんだけど」

ダークミント「実力はあるんだけどね〜。去年は運が悪かったのかしら」

イース「……」

ダークミント「ダークドリームのことそんなに気になる?」

イース「私もダークドリームは受かっててもおかしくないと思うわ。去年も……私が受かるよりダークドリームが受かっていた方がよかったのよ」

ダークミント「なぁにそれ? どうしたのそんなネガティブになって」

イース「私……もうプリキュアとしてやっていく自信がないわ。なにやっても上手くいかないし、もうやめちゃいたい」

ダークミント「あらあら、苦労してるみたいね」

イース「苦労どころじゃないわ…地獄よ。プリキュアになる前は、誰もが憧れるスターになれる思ってたけど……こんなんだったら普通に暮らしていたほうが楽だったかもしれないわ」

ダークミント「ふふ、誰だって一度はそう思うわよ」

イース「そう?」

ダークミント「そうよ。みんな辛い思いをしてるわよ」

イース「確かにみんな楽してるとは思わないけど……」

ダークミント「私だって〜、ほんと今まで散々辛い目にあったんだから〜」ゴクッ

イース(あ…なんか酔ってきてる)

ダークミント「ドラゴンボールって知ってる? ドラゴンボールぅ〜」

イース「え? ええ、知ってるけど」

ダークミント「あれ出てたのよ私! ねえ、知ってた?」

イース「そうなの?」

ダークミント「知らなかったの!? 有名なのに…」

イース「作品の名前は知ってたけど、全部は見たことないし……」

ダークミント「じゃあセーラームーンは? あれも出てたのよ私ぃ〜うふふふ」

イース「す、すごいのね。有名な作品に二つも出演してて」

ダークミント「それがね〜、当時はドラゴンボールとセーラームーンの掛け持ちだったのよ〜」

ダークミント「それの何が大変かって言うと、分かる〜?」

ダークミント「もうほんとね、死ぬかと思ったんだから。朝から晩まで仕事仕事仕事……」

ダークミント「寝る暇だって文字通りなかったんだから。あの時は私も殺されると思ったわ、ドラゴンボールとセーラームーンに」

ダークミント「精神的にも余裕なんてなかったし、食事なんてまともにのどが通らなくて。酷いときなんて幻聴や幻覚なんかも見えたし」

ダークミント「もうあの頃には戻りたくないわ〜……」

イース「……一つ聞きたいんだけど」

ダークミント「なぁに?」

イース「そんなに有名で、実績もあるのに……どうして今のアパートに住んでるわけ?」

ダークミント「あのね! 独身の一人暮らしの辛さって分かる!?」

ダークミント「若いときに仕事ばっかで恋を経験してないツケが今来てるわけよ! 恋人がいたら私だって結婚してたわよ、私の王子様はどこ!?」

イース「た、大変なのね……」

ダークミント「一人で暮らすよりは、若い子と一緒にキャピキャピしたいじゃない?」

イース「キャピキャピ? ……ともかく、そんなに大変だったのによくプリキュアにも出演しようと思ったわね」

ダークミント「当たり前じゃない、私だってまだ若いんだから。その気になれば本物のプリキュアになってブイブイいわせられるわよ! 同い年でしょ!?」

イース「えっと……そうだったわね、確か」

満「おまたせ」

イース「あっ。ありがと」

ダークミント「あ〜あ、私も来年のプリキュアオーディション受けようかしらぁ〜」

イース「……はぁ、今の話を聞いたらなんだか余計自信がなくなったわ」

ダークミント「ん〜? なぁ〜にがよ〜」

イース「だって私よりすごい人がいるって知ると、私の今やってることって何なのかなって考えちゃうし……」

ダークミント「私の言ったこと分かってるぅ? つまり〜、どんなに大変でも今の私みたいになんとかなるのよ〜! 弱音吐いてないで仕事に集中しなさいよ」

イース「……私だって、できるならそうしたいわよ。でも……無理なの」

ダークミント「?」

イース「……」

ダークミント「イース、プリキュアの寮で暮らしてるんでしょ? 先輩にアドバイスとかもらえないの?」

イース「先輩っていっても……気安く私から話しかけられるような相手じゃないし」

イース「ブラック先輩とか、ドリーム先輩とか凄すぎて……ブルーム先輩はアドアイスとかくれない人だし」

ダークミント「ダメじゃない、せっかくいい環境で暮らしてるんだから。自分から聞きにいかないと」

イース「教えられてることはちゃんとやってるわ…」

ダークミント「それだけじゃダメよ。向上心がないわ」

イース「……」

ダークミント「別に説教するつもりじゃないわよ〜? 心配なのよ、上手くやってるの?」

イース「上手く……。ここだけの話、桃寮からは出ていったの」

ダークミント「えっ」

イース「あそこは……私が暮らすには別次元のところだったわ。私みたいな凡人が暮らすには」

イース「今は、別の所で一人で暮らしてるの」

ダークミント「……そうだったの」

イース「……」

ダークミント「……」

イース「……私、子どものころから何を頑張っても一番になれなかったわ。勉強も運動も、私よりできる子がいて羨ましかった」

イース「だからプリキュアになれた時はすごく嬉しかったわ。だって毎年大勢の子がプリキュアを目指してるのに、なれるのは一握りだけ。その一握りに入れたのが、すごく嬉しかった」

イース「だけど……プリキュアになっても、私は結局私のままだった。結果が出せない、何もできない」

イース「プリキュア失格よ……」

ダークミント「要するに、今のイースは自分の支えになるものがハッキリとした形で欲しいわけね」

イース「……」

ダークミント「ねえイース、私だって昔は自分に自信があったわけじゃないのよ?」

ダークミント「色々と悩んだりしたし、上手くいかないこともあった。だけどね、一人で考えててもしょうがないのよ? あなたの悩みは、あなただけのものじゃないわ」

ダークミント「先輩相手で無理なら、一緒にプリキュアやってる子に相談とかしてみたらどう? 一人で考えるよりも、みんなで考えた方がいいわよ」

イース「む、無理よ……そんな」

ダークミント「どうして?」

イース「……ピーチは、私の憧れの人なの。同期だけど、私の憧れなのよ。そんなピーチ相手にこんな相談なんて、できないわ……今さら」

イース「他の子は……他の子にもそんなこと無理」

ダークミント「イース、誰にだって優劣はあるわ。でもあなた達の関係に上下はあるの?」

イース「……」

ダークミント「違うでしょ? あなた達は仲間なんだから。対等な関係なのよ。遠慮なんてしてどうするの」

イース「でも……どうしても自信がないの」

ダークミント「例えばね、個人の実力なんてものはどうでもいいものなのよ。大事なのは、今のプリキュアをどうやって面白くするかってことよ」

ダークミント「そのためには一人一人が考えて、そしてみんなとも一緒に考えて行動するの。あなた一人が悩んでてもしょうがないの」

イース「……」

ダークミント「それとも周りの人は信頼できない?」

イース「っ……」

ダークミント「プリキュアの関係者の人から聞いたけどね、プリキュアに選ばれる基準は容姿や身体能力もあるけど、その中の一つに熱意ってものもあるんだって」

イース「熱意……?」

ダークミント「そうよ、プリキュアに対する熱意。子どもたちを楽しませよう、いい作品を作ろう、ってその人が持ってる熱意を見るそうよ」

ダークミント「あなたにもそういう熱意があったんじゃないの?」

イース「……」

ダークミント「イース以外の子もそうよ。きっとプリキュアに対して熱意を持ってるはず。だとしたら、志は同じになるでしょ?」

ダークミント「志が同じなら、きっと結束できるはずよ」

イース「私……それでもできない。どんなに頑張ったって、悩んだって、今まで何一つ上手くいかなかったんだもの!」

ダークミント「…イース、あなたが真剣にやってるのなら私も真剣に言うわ」

ダークミント「甘えないで。あなたがどんなに嘆いても見てくれてる人には関係ないの。子ども達だってやる気のないあなたの姿なんて見たくないはずよ。プロならやるべきことをやりなさい」

イース「……」

ダークミント「結果を見て落ち込むのはすべてが終わった後にしなさい。…がむしゃらにやればいいのよ、もっと。若いんだから」

ダークミント「イースなら、きっと最後までやり通せるわ」

イース「……」

ダークミント「……」

イース「……ここまで話したのって久しぶりかも。正直……少しだけ、胸がすっとしたわ」

ダークミント「いけそう?」

イース「不安だけど……でも、ダークミントと話してたら気分が楽になった気がする」

イース「本当は私、誰かに本音を聞いてもらいたかっただけなのかも……自分のことを知ってる人に話を聞いてもらいたかった」

イース(私は……ずっと自分のことだけを考えていたのかもしれない)

ダークミント「ここでヘタレちゃったら、ダークドリームがカンカンよ。『わたしを差し置いてプリキュアになったのに何なのそのざまは』って」

イース「ふふ……そうね」

ダークミント「うふふ」

イース「ふふっ」

イース(子どもの人気のためにプリキュアをやってたんじゃない。私は……)

・・・・・翌日
控え室

ベリー「あの子ね、あたしに憧れてるんだって。あたしみたいになりたいって」

ベリー「笑っちゃうわよね。本当のあたしのことなんにも知らないくせに、あたしみたいになりたいだなんて……それで将来プリキュアになってあたしに会いたいんだってさ」

ピーチ「……」

ベリー「……でも、もしあの子が将来本当にプリキュアになって、あたしの前に現れたらさ。その時はあたし……あの子に対して胸を張れるような立派な人間になってるのかなって」

ベリー「そう思うと……なんだか今の自分がとても惨めで」

ベリー「なにやってんのかな、あたし……」

ピーチ「大丈夫! きっとやり直せるよ!」

ベリー「やり直すって言っても……」

ピーチ「まずはパッションに謝ろう!」

ベリー「……」

ピーチ「どうしたの?」

ベリー「どう謝ればいいのよあの子に……あんなことしておいて」

ピーチ「普通に謝ればいいんだよ」

ベリー「普通って……そんなんで許されるわけないじゃない」

ピーチ「パッションは優しいから許してくれるよ」

ベリー「パッションがもし仏なみに優しくたって、あんなことされておいて簡単に許すわけないじゃない」

ベリー「あたしがパッションだったら、絶対に許さないわ。100倍にして仕返ししてやる」

ピーチ「でもベリーはパッションと仲直りしたいんでしょ?」

ベリー「それは……」

ピーチ「あたしがパッションから仲直りしてくれるように言おっか?」

ベリー「……そこまであんたの世話にならないわよ。これはあたしとパッションの問題なんだから、あたしで解決するの」

ピーチ「そっか、分かった」

ガチャッ

パッション「っ……」

ベリー「!!」

ここまで
明日は休みます
フレ編は早ければ今週中に終わらせるつもりです

ピーチ「おはよう、パッション!」

パッション「…おはよう、ピーチ」

ベリー「……」

ピーチ「ほら、ベリーも挨拶しなきゃ。仲直りできないよ?」ヒソヒソ

ベリー(う、うるさいわね)

ベリー「お……おは……おは……」

パッション「……?」

パッション(なに…気味が悪い…)

ベリー「お…お…」

パイン「おはよう、みんな」

ピーチ「あっ、おはよう。パイン」

ベリー「っ……」

ピーチ「みんな揃ったね」

パッション「……」

ピーチ「そういえばもうすぐ映画の撮影が始まるけど、みんな準備はできてる?」

パイン「ええ、一応台本の中身は全部頭の中に入ったけど」

ピーチ「えー、すごーい。あたしなんてこの前ようやく台本の漢字に全部読み仮名入れたばかりなんだよ」

パイン「それ…撮影までに内容覚えられるの?」

ピーチ「任せて、すぐに覚えるから!」

ベリー「……」

ピーチ「ベリーは準備ばっちり?」

ベリー「え? そんなの……映画も普段の撮影も大して変わんないわよ。準備もなにもいつも通りにやってればいいの。……ねえ? パ……」

パッション「……」

ベリー「……パイン?」

パイン「え? うん」

ベリー「でしょー…普通そうよねー」

パッション「……」

ピーチ「パッションは?」

パッション「準備はできてるわ。いつでも大丈夫よ」

ピーチ「じゃあみんなバッチリなんだね。安心安心」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー(うわ……なにこの空気、すっごく微妙。ていうかそう感じてるのはあたしだけ?)

ベリー(なんかパッションはいつもより堂々としてるし。そもそもパッションはあたしのこと今どう思ってんのよ)

ベリー(間違いなく好かれてはないだろうけど……)

パッション「…ベリー」

ベリー「!!」

ベリー(な、なに…)

パッション「私たちの関係についてもう一度確認しておきたいんだけど…」

ベリー「か、関係!?」

パッション「そう…役柄上での関係よ。みんなもそうだけど、個人のキャラだけじゃなくてそれぞれの役の関係性についてもっと理解を深めるべきだと……思うの」

パッション「そうすれば今よりも、もっと演技がし易くなるっていうか……」

ピーチ「……」

パッション「ど…どうかしら…?」

ピーチ「なるほど、分かった!」

ピーチ「つまりえっと……」

パッション「ほら、私は幼馴染三人の中に途中から入ってきたでしょ? 私の中ではきっとまだ、ほんの少しの隔たりを感じてると思うの」

パッション「そういう細かいところにも着目していった方がいいわ」

ベリー「そ…」

パイン「そうね、パッションの言う通りかも」

ベリー「……」

ピーチ「じゃあ、あたし達でもっとそういう話し合いとかしよっか。今まで演技の話とかあんまりしたことないもんね」

パッション「ええ、そうしましょう」

・・・・・

ピーチ「よしっ、じゃあ今日も撮影がんばろう! 気合入れていくよ!」

ピーチ「えいえい、さー!!」

ベリー「さー、ってなによ」

ピーチ「あれ? 言わない?」

ベリー「……もうどうでもいいわ」

パッション「ピーチ、ちょっといい?」

ピーチ「なに?」

パッション「あの…二人だけで話したいのすぐ終わるから」

ピーチ「うん、いいよ。ベリーたちは先行ってて」

ベリー「……」

ピーチ「話って?」

パッション「ピーチ……ピーチには、これからはもっとリーダーらしくしてほしいの」

ピーチ「え?」

パッション「例えば…もっと私に対して厳しくしてもいいのよ? 指摘があるのなら、どんどんして欲しい」

パッション「今はプリキュアの中でピーチだけが頼りだから……こんなこと言える立場じゃないかもしれないけど」

ピーチ「リーダー…らしく」

ピーチ「分かった! もっとみんなを引っ張っていけばいいんだね?」

パッション「う、うん。お願いねピーチ」

ピーチ「うん、オッケー! でも嬉しいなー、パッションからなにか言ってくれるなんて」

パッション(私……ピーチの横に並んで歩けるようになりたい)

パッション(ピーチと一緒に、胸を張ってプリキュアをやれるようになりたい……)

ギュッ

ピーチ「がんばろうね、パッション!」

パッション「う…うん!」

・・・・・アパート

ローズ「なに? 結局朝までパッションここにいたの?」

満「ええ。前まで使ってた部屋にいたわよ」

ローズ「それいいの? 寮に帰らなくて」

満「なんでも、あの子寮から出て行ったそうよ」

ローズ「え……」

満「今は一人で暮らしているんですって」

ローズ「なにかあったの?」

満「詳しい事情は知らないわ」

ローズ「……」

満「どうかしたの?」

ローズ「いいえ。別に」

・・・・・

ピーチ「みんな、お疲れ! この後も頑張ろうね」

パイン「この調子だと、今日は帰れそうにないわね」

ピーチ「ねえみんな、朝やった演技の話の続きしよ。それとまだ他にも色々と話したいこともあるし」

ベリー「話したいことって?」

ピーチ「フォーメーションの話しとか。とにかく色んな意見を交換していこうよ」

ベリー「ど、どうしたのよ急に」

ピーチ「あたし達、今からでも成長できると思うの。だからもっとみんなでどんどん話し合っていこうよ」

ベリー「話し合うって言われても……」

パッション「……ベリーはなにか意見はない?」

ベリー「えっ」

パッション「私に対してでも何でもいいわ。遠慮なく言ってちょうだい」

パッション「私たちは、チームでしょ? お互いの欠点を補う必要があるわ」

ベリー「……」

ピーチ「ベリー?」

ベリー「あ…えっと…そうね…」

ベリー(パッション、なんか……変わった?)


・・・・・

ベリー「……ふぅ」

ベリー(今日一日、パッションと仕事してるけど……今のところあたしに対して不快感みたいなのはあらわにしてないわよね)

ベリー(仕事と私情は、完全に分けているってことかしら……)

ベリー「……」

ベリー(それとも、まさかあたしのことはもう何とも思ってないとか。だとしたらあたしもちょっと楽になるわよね、気を使わなくてもいいし)

ベリー(もしかして…謝ったりしなくても自然と仲直りできたりして。それだったら一番いいんだけど……)

ベリー(だいたいお互いプロなんだからこれ以上プライベートでのくだらない争いを引っ張り続けるわけないわよね。そうに決まってる)

ベリー(この問題はなんとかなりそうかな……)

ベリー「……!」

ベリー(あれは……パッションとピーチ)

ピーチ「今日はなんか充実したって感じだよねー」

パッション「そうね。私たち…もっと良くなると思う」

ピーチ「……ねえパッション」

パッション「なに?」

ピーチ「今日は、ベリーとも仲良くやってたね」

パッション「っ…」

ピーチ「えっと…二人はすごく相性がいいと思うな。なんていうか、似たもの同士だし」

ピーチ「パッションはベリーことどう思う?」

パッション「……」

ピーチ「パッション?」

パッション「ピーチ……もうピーチには隠し事はしないわ、これから何でも素直に話す。ピーチのことを信頼してるから」

ピーチ「うん」

パッション「だから、正直に言えば……あの子ことは嫌いよ」

ピーチ「え……」

パッション「好きになれないの、どうしても……。でも、プリキュアの仕事をやっていく以上は個人的な感情は捨てるようにするわ」

パッション「プリキュアとしては、あの子とはちゃんと付き合っていくつもりよ」

ピーチ「……そっか」

パッション「ええ。だから、ピーチは心配しないで」

ピーチ「う、うん……」





ベリー「……」

ここまで

最後まで一気に書き上げたいので投下がもう少し遅れます
すみません

日曜日に更新します
遅れてすいません

たびたびすいません
今使ってるノートPCが逝きそうなので、まだ最後まで書ききれてないんですが壊れてからだと遅いので途中まで投下しちゃいます
投下は10時過ぎぐらいになると思います

・・・・・数週間後

アナウンサー「今日はもうすぐ劇場化も公開されるフレッシュプリキュアの撮影現場に突撃取材をしてみたいと思います」

アナウンサー「こんにちはー」

ピーチ「はーい、こんにちはー!」

アナウンサー「あっ、元気ですね〜。こちらはリーダーのキュアピーチさんです」

ピーチ「はい! キュアピーチです!」

アナウンサー「撮影の方は順調でしょうか?」

ピーチ「もうバッチリです! ねっ!!」

ベリー「全員で気持ちを一つにして取り組んでいますから。もうみんな盛り上がっちゃってます」

アナウンサー「今回の映画、見所はどういったところにありますか?」

パイン「そうですねー……今回の映画は玩具を取り扱ってて子ども達にもとても親しみが持てる内容だと思います。親御さんの方にも昔の思い出して共感できると思いますし」

パイン「玩具にしても何にしても、今までのお世話になったものへの感謝の気持ちを忘れてはいけない、大事な想いをずっとそのままにしていくことの重要さを考えさせられました」

パイン「全編通して見終わった後はきっと満足できる映画になっていると思います」

パッション「それとアクションには期待していてください。個人で戦う場面があるんですけど、みんなすごくかっこよく出来上がっています」

パイン「ピーチのカンフーとかすごかったわよね」

ピーチ「今回カンフーを初めて挑戦したんですけど、楽しくてはまっちゃいました」

アナウンサー「あははっ」

ベリー「パッションのアクションシーンもかっこよかったわ。あれすごくお気に入り」

パッション「本当? ありがとう」

ピーチ「とにかくすごく良い作品になったと思うんで。、絶対映画館に来てください!」

アナウンサー「ありがとうございます。では最後に画面の向こうのみなさんに挨拶をお願いします」

ピーチ「みなさん、一年間ありがとうございました!」

ベリー「まだ終わってないから!」

・・・・・

ベリー「……」

パッション「……」

ピーチ「今日もようやく終わったね〜。帰ろ帰ろ、疲れちゃった」

パイン「ピーチでも疲れることあるの?」

ピーチ「あるよ! 最近毎日寝る前はヘトヘトだよ〜」

パイン「ずっと色んな仕事が立て込んでいたものね」

ベリー「……」

パッション「……じゃあ私、先に帰るわね」

ピーチ「途中まで一緒に帰ろ」

パッション「ええ」

ベリー「……」

パイン「わたしも帰るわね。バイバイ」

ベリー「……」

ピーチ「もうあと少しで冬になっちゃうんだねー」

パッション「ええ。本当ね…あっという間だわ。ついこの前プリキュアになったばかりだっていうのに」

ピーチ「うーん……」

パッション「どうしたの?」

ピーチ「もうすぐフレッシュも終わるんだなぁって思うと、なんだか寂しくなっちゃって」

パッション「ふふ、まだまだ撮影は残ってるでしょ」

ピーチ「そうだけどさ、こんなに時間が経つのが早いと終わるのもあっという間なんじゃないかなぁ」

パッション「……そうね。そう思うと確かに寂しくなってくるわ」

ピーチ「プリキュア終わったら、あたし達どうなるんだろうね」

パッション「うーん……分からないわ」

ピーチ「悔いがないように終わりたいよね」

パッション「ええ」

ピーチ「…プリキュアが終わっても、仲良くしようね」

パッション「もちろんよ。ピーチとは、ずっと仲良しでいたい」

ピーチ「……うんっ」

・・・・・青寮

ベリー「はぁ〜……」

アクア「見てベリー! 今日の夕飯は私が作ったのよ」

ベリー「……?」

アクア「ほら、伊勢エビのパスタよ」

ベリー「……」

アクア「さっそく食べましょう」

ベリー「エビ……大きすぎますって。しかも丸々一匹そのままパスタの上に乗せるって……ちゃんと火通ってますか?」

アクア「一応麺と一緒にゆでたわよ」

ベリー「い、一緒に!? 」

アクア「その方が調理の効率がいいでしょ?」

ベリー「……これ味見とかしました?」

アクア「してないけどレシピを見て作ったから大丈夫よ」

ベリー(レシピ見て作ったのなら一緒にゆでたりはしないと思うんだけど……)

アクア「どうしたの? 食べないの?」

ベリー「え、ええ……アクア先輩からどうぞ」

アクア「じゃあ、いただきます」パクッ

アクア「あら……不味いわね」

ベリー(やっぱり……)

アクア「これは失敗だわ。捨ててなにか別のものを食べましょう」

ベリー「……なんていうか、アクア先輩って結構さっぱりした性格してますよね」

アクア「え?」

ベリー「すぐに決断して実行に移せるっていうか、物事に執着しないっていうか……羨ましいな、そういう性格」

アクア「そんなことないわよ。私だっていつも迷ってばかりだし…」

アクア「ベリーは今なにか迷っているの?」

ベリー「まぁ……はい」

アクア「よかったら相談に乗るわよ。言ってちょうだい」

ベリー「……」

アクア「どうしたの?」

ベリー「なんて言えばいいかな……相談ってわけじゃないんですけど」

ベリー「アクア先輩って、現役の頃他のプリキュアの人たちと上手くいってましたか?」

アクア「え……そうね……」

アクア「上手くいって……なかったわね」

ベリー「そ、そうなんですか?」

アクア「特に仲が悪かったってわけでもないんだけどね……今思えば良くもなかったかしら」

アクア「でも、ローズとだけはすごく仲が良かったわ」

ベリー「ローズ先輩、ですか?」

アクア「ええ。彼女とは……とても気が合うの。他の誰よりもね」

アクア「私にとってはローズは世界で一番大切な人って言っても過言じゃないわ」

ベリー「そ、そこまで言っちゃいますか……」

ベリー「でも、だったらローズ先輩もここで暮らしちゃえば良かったんじゃないですか? そんなに大切なら、一緒に」

アクア「……」

ベリー(……あたし何か変なこと聞いちゃったかしら)

アクア「そうなってくれたら…一番良かったんだけどね。けど今でも私は、ローズのことは一番大切だと思ってるわ」

ベリー「固い絆で結ばれた友情ってやつですか? いいな、羨ましい」

アクア「友情、ね……ふふ」

アクア「ベリーにはそういう人はいないの?」

ベリー「あたしは……」

アクア「そういえば、ピーチとも仲よかったじゃない」

ベリー「……アクア先輩とローズ先輩ほどじゃないですよ。ただの、普通の友達って感じで……」

ベリー「それ以外の子にはあたし……嫌われてますから」

アクア「嫌われてる? ベリーが? ……どうしたの?」

ベリー「あたしが嫌われるようなことをしちゃったんです……それで、当然のことで……」

ベリー「……あたしが悪いんです」

アクア「……」

ベリー「……」

アクア「ベリーがなにをしたかは知らないけど……その様子だと反省はしているみたいね」

ベリー「……」

アクア「一度失った信用を取り戻すって事は、簡単じゃないわ。下手したら二度と取り戻せないものよ」

アクア「謝るだけじゃ、済まないでしょうね」

ベリー「っ……」

アクア「後悔は、とても辛いことでしょうね……気持ちは分かるわ。けどあなたが正しいことをし続ければきっと誰かが認めてくれるはず」

アクア「誠意は、必ず伝わるはずよ」

ベリー「……本当ですか?」

アクア「証明はできないけど。……けど、そう思わないとやっていけないわ」

アクア「誰にだってやり直せるチャンスはあるはず。どんな聖人にだって過去はあるし、どんな罪人にも未来はあるんだから」

ベリー「……」

アクア「今のあなたは間違ってないわ、ベリー。ちゃんと反省しているんでしょ?」

アクア「なら大丈夫よ。誰もあなたを責めたりはしない」

ベリー「……本当に……あたしにできるのかな」

ベリー「やり直せるのかな……」

アクア「そうしたいんでしょ?」

ベリー「……」

・・・・・ベリーの部屋

ガサゴソ

ベリー「……あった」

ベリー(あたしがパッションから盗んだ手紙……今思えば、どうしてあんなことをしたんだろう)

ベリー(ほんとバカみたい……どうかしてたわ)

ベリー(これを……なんて言って返せばいいんだろう)

ベリー(ごめんなさいだけじゃ足りないわよね……)

ベリー「……」

ベリー(そうだ、あたしも手紙を書こう。パッションに謝罪の手紙を)

ベリー(直接謝るのは……それからでいいわよね)

ベリー(ああでも、手紙はどうやって渡せば……)

ベリー(……こっそりとパッションのカバンの中に入れたらいいかしら。うん、そうしましょう)

・・・・・アパート

イース「なんなのあいつ。今日も私のことジロジロ見てきたりして、ほんとムカつく」

ローズ「だから……そのあいつって誰なのよ」

イース「私の嫌いなやつに決まってるでしょ!」

ローズ「だからその名前を言いなさいよ……」

イース「……あんなやつの名前、口にも出したくないわ」

ローズ「まぁ、あんたがそこまで言うってことはよっぽどなんでしょうね」

イース「……」

ローズ「でもね、私に愚痴られても迷惑なのよ。ダークドリームのところにでも行きなさいよ」

イース「ダークドリームは今日はいないわよ……オーディション、三次まで受かったって言ってその準備しにどこか行ったわ」

イース「それより聞いてよ! あいつってば昨日も…」

ローズ「ねえ、そのあいつって……あんた達四人のプリキュアの中の誰か?」

イース「っ……」

ローズ「はーん……図星ね。喧嘩でもしてんの?」

イース「……」

ローズ「なにか言いなさいよ」

イース「してないわよ…喧嘩なんて」

ローズ「じゃあなんでそんな毛嫌いしてるのよ、その子のこと。ピーチかベリーかパインかは知らないけど」

イース「……」

ローズ「ああもう、なんで黙んのよ!」

イース「嫌いなものは嫌いなの、生理的に無理。ローズにだってそういう人はいないの?」

ローズ「……いるけど」

イース「なら分かるでしょ! 私の気持ち」

ローズ「…はいはい分かったわよ、事情は話したくないのね」

イース「はぁ……本当に毎日辛いわ。嫌いなやつと一緒に仕事するのが、こんなに辛いなんて」

イース「それだけじゃない、プリキュアの仕事そのものが……もう限界」

イース「このアパートにいる時だけが、私にとって心が休まるときなのよ」

イース「プリキュアみたいにいい子ちゃんぶってるより、イースでいる方がずっと楽」

ローズ「基本的にオンとオフの切り替えが下手よね……あんた」

イース「できてるわ。オンがパッションでオフがイースでしょ、それでいいじゃない」

ローズ「……はぁ。それより、もう寮には戻んなくていいの? いつまでここにいるのよ」

イース「赤寮に戻ったって誰もいないんだからいいでしょ。ここにいたいの」

ローズ「なんのために寮を引っ越したのよ…あんた」

イース「それは……成り行きっていうか。本当はルージュ先輩も一緒に来てくれるはずだったんだけど、だめになって」

イース「結局私一人よ……。まるで逃げたみたいに桃寮から出て行ったわ」

ローズ「実際逃げたようなもんでしょ」

イース「しょうがないじゃない。あそこでの暮らしなんてどう考えても無理よ」

ローズ「そこまで言うんだったら……好きにすればいいけど。けど今日はもうあんたの愚痴に付き合ってられないわ。これでお開きよ」

イース「あっ、待って。まだ時間あるんだからいいじゃない…」

ローズ「……嫌いな相手の名前を出さないってことは相手に気を使ってるってこと? 他人に愚痴を吐けるってことは、吐けばそれで不満が解消できるレベルの問題ってこと?」

イース「な、なによ急に…」

ローズ「あんた本当はそいつのことそんなに嫌ってないでしょ」

イース「なっ……そんなわけないでしょ!? 大嫌いよあんなやつ!」

ローズ「あんた根がお人よしだからね、どうかしら」

イース「もういいわ! 話聞いてくれないなら戻る!」

ローズ「パッション……今のままじゃあんた絶対に後悔することになるわよ」

ローズ「そのままその人間関係を引きずってたら……何も残らないわ。あんたが辛くなるだけ」

イース「うるさい! 私に指図するな!」

ローズ(はぁ……変なスイッチ入ってるんだから)

ローズ「別にここにずっといるのは好きにすればいいけど、私はあんたの手助けなんてしないわよ」

ローズ「どうにかするのはあんた自身なんだから」

イース「……こっちこそ、人の人間関係にまで首を突っ込んで欲しくないわ」

ローズ(あんたが愚痴ってきたんでしょうが)

イース「それに私は、プロなんだから。どんな人間関係であろうと……仕事はちゃんとこなすわよ」

ローズ「あっそ。ならもう戻った戻った、寝なさいよ早く。プロなんだから体調管理ぐらいしっかりやりなさい」

イース「……」

ローズ「なに、どうしたの」

イース「ローズは……嫌いな人と今どうしてるの?」

ローズ「……どうって、なにも。なにもしてないわ」

イース「そう……」

ローズ「ただ、普通の人なら嫌いな人間と連絡が断てて清々しい思いをするだろうけど……私は違うわ」

ローズ「後悔ばかりよ、毎日……」

イース「……」

ローズ「……早く戻りなさいよ。明日も仕事でしょ」

イース「ええ……おやすみなさい」

ローズ「おやすみ」

・・・・・桃寮

ピーチ「ブラック先輩」

ブラック「んー?」

ピーチ「ホワイト先輩と喧嘩したことありますか?」

ブラック「なにそれ。……どうしてそんなこと聞くの」

ピーチ「先輩たちって二年間もプリキュアやってたんですよね。その間に喧嘩とかあったのかなって気になって」

ブラック「うーん、そうだねぇ……あったよ、喧嘩。ていうか今普通に喧嘩中だし」

ピーチ「えっ! でもこの前一緒の時は普通じゃなかったですか?」

ブラック「内心はどうだったろうねー。昔喧嘩したっきり、そのまま今日までずっと謝ってないから」

ピーチ「そんな状態でずっとプリキュアの仕事してたんですか…?」

ブラック「前も言ったでしょ? 仕事とプライベートはきっちり分けるって」

ブラック「あたしもホワイトも、私生活で何があろうが仕事だけはちゃんとこなしてたわよ」

ピーチ「……すごいなぁ。あたしにはそういうことできないです」

ブラック「できるでしょ。やろうと思えばできるって」

ピーチ「無理なんです。あたしも先輩に言われたとおりそういう風に考えましたけど……やっぱり無理でした」

ピーチ「だって、いつでも仲良くしてた方がいいじゃないですか。ずっと喧嘩なんて……寂しいですよ」

ブラック「……」

ピーチ「あたし……ブラック先輩みたいにはなれないです。どんなに頑張っても、そんな風に考えることはやっぱり無理でした」

ピーチ「これ以上、友達の辛い顔とか見たくないんです……」

ブラック「じゃあ、それでいいんじゃない?」

ピーチ「え?」

ブラック「あたしみたいにならなくていいのよ。あんたはキュアブラックじゃなくてキュアピーチなんだから」

ピーチ「あたしはあたしらしく……うーん」

ブラック「そんな慣れない頭で考えなくたっていいって……」

ブラック(それにしても、ピーチの事といいパッションの事といい……あたしって先輩としてまだまだかなー)

・・・・・数日後

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー(いまだに手紙を渡せないでいる……どのタイミングで渡せば……)

ベリー(ああもう、こんなのバッグの中にでもすぐ入れればいいだけなのに……)

ピーチ「パッション! ベリー!」

パッション「なに?」

ピーチ「みんなで特訓しよう!!」

ベリー「……は?」

パッション「え?」

ピーチ「今度休みが入るでしょ? その日を使ってみんなでトレーニングしようよ!」

ピーチ「最終回に向けて、気合入れていこう!」

ベリー「ちょ、ちょっとなによそれ……冗談じゃないわよ。久しぶりの休みだっていうのになんでそんなことしなくちゃいけないのよ」

ピーチ「休みの日だからこそ、鍛えるんだよ!」

ベリー「意味分かんないし……」

パッション「……」

ピーチ「というわけだからよろしくね! パインにもこのこと伝えてくる!」タタッ

パッション「あ、ピーチ!」

ベリー「ちょっと待ちなさいよ!」

ベリー(行っちゃった……なに考えてんのよあの子)

パッション「……」

ベリー(……ピーチ追いかけるふりしてここから離れようかな。これ以上パッションといても空気重いし)

ベリー(いやいや、ダメよダメ。パッションにちゃんと謝らなきゃいけないんだから)

ベリー(そのためにあの手紙も持ってきたんだし……土下座だってなんだってする覚悟よ。あたしは……どうしてもこの子に許されたい)

ベリー(あたしがやり直すには、それしかないんだから)

ベリー「……パ、パッション」

パッション「私、ピーチを追いかけるわ」

ベリー「あ……そ、そう」

パッション「ピーチ!」

ピーチ「あれ、どうしたの?」

パッション「どうしたもこうしたも、こっちの台詞よ。どうして急に合同トレーニングなんて」

ピーチ「ダメ?」

パッション「ダメじゃないけど……理由が知りたくて」

ピーチ「なんだかみんな最近悩んでる顔してたから。だからみんなで身体を動かせば難しいことも考えないで楽しくなると思って」

パッション「それでトレーニング…?」

ピーチ「うん!」

パッション「……私は別に、悩み事なんてないわ」

ピーチ「なくてもきっと気分転換にはなるしやろうよ!」

パッション「……」

・・・・・数日後
練習場

ピーチ「みんなで特訓するのって久しぶりだねー」

ベリー「はぁ……」

パイン「ふぁ……」

パッション「……」

ピーチ「どうしたのみんなー! 元気ないぞー!」

ベリー「なんでこんな朝っぱらからトレーニングしなきゃいけないのよ」

ピーチ「時間があるからたっぷり練習できるね!」

パッション「もう…ピーチってば」

ベリー「……」

ベリー(手紙……まだ渡せてない。毎日手元には持ってるけど、いまいちパッションに渡すタイミングがつかめない……はぁ)

ピーチ「まずはウォーミングアップのランニング。グラウンド100周だよ」

ベリー「ひゃっ…!?」

パイン「……帰りたい」ボソッ

ピーチ「プリキュアー! ファイッ、オー! ファイッ、オー!」

ピーチ「プリキュアー! ファイッ、オー! ファイッ、オー!」

ピーチ「みんなも声出して走って!」

ベリー「プリキュア〜……」

パイン「ファイ」

パッション「オー」

ピーチ「声ちっちゃーい! 出さなきゃどんどん周回増やすよー!」

ベリー「っ……プリキュアー!」

パイン「ファイ」

パッション「オー!」

ピーチ「いい感じいい感じ!」

ベリー(こんなことなら仮病で休めばよかった……)

ピーチ「プリキュアー! ファイッ、オー! ファイッ、オー!」

ベリー「はぁ…はぁ…」

ピーチ「ベリー、パイン! ペース遅れてるよ、合わせて!」

ベリー(冗談じゃないって……あんたら二人が速すぎるんでしょ)

パッション「ファイッ、オー! ファイッ、オー!」チラッ

ベリー「……」

ベリー(っ……なによ、こっち見て。遅れなきゃいいんでしょ遅れなきゃ)タタタッ

パイン「ひぃ…ひぃ…」

ベリー「パインも速く走りなさいよ!」

パイン「ま、待ってぇ〜……」

ピーチ「お疲れさま。準備運動も一通り終わったし、次は筋トレだね」

ベリー「そ、その前にちょっと休憩……」

ピーチ「もう5分も休んだでしょ。次の休憩は筋トレが終わってからだよ」

ベリー「……はぁ」

ピーチ「じゃあ二人一組作ろっか。パインはあたしと一緒にね」

パッション「えっ」

ベリー(じゃあまさか……)

ピーチ「パッションはベリーと組んでね」

パッション「……」

ベリー「……」

ベリー(なんなのよピーチ……まさかあたしに気を使ってこんな組み合わせにしたんじゃないでしょうね)

ベリー(だとしたら余計なお世話だっての。こんなことされても……)

パッション「……」

ベリー(どうしろっていうのよ……)

パッション「……とりあえずはじめましょうか」

ベリー「え? ええ……」

パッション「私が先に腹筋やるから……あなたは足を押さえて」

ベリー「……」



ピーチ「腹筋あと950回、まだまだいけるよ! 限界を越えよう!」

パイン「ひぃ〜!!」

パッション「ふっ…ふっ…」

ベリー「58…59…」

ベリー(どうすんのよ……どうすればパッションと……)

パッション「……ちょ、ちょっと」

ベリー「え……な、なに?」

パッション「数…ちゃんと数えて。止まってるわ」

ベリー「あ、ごめん……今何回目だっけ」

パッション「……」

ベリー「えっと……50回ぐらいかしら」

パッション「……」

パッション(またそうやって嫌がらせを……)

ベリー「じゃ、じゃあ……55回ぐらいからで」

パッション「……」

ベリー「……」



ピーチ「あっ、この筋トレ終わったら別のウエイトトレーニングあるからね」

パイン「ええっ!?」

・・・・・

ピーチ「よーし、お昼きゅうけーい!」

パッション「ふぅ……」

ベリー「ぜぇ…ぜぇ…」

パイン「はぁ…はぁ…」

ピーチ「お昼ご飯食べよ! おなかすいたー!」

ベリー(よ、ようやくお昼……ていうかこのままじゃ殺される)

ピーチ「今日はねー、あたしがみんなのお弁当作ってきたんだよー!」

パッション「えっ」

ベリー「あ、あんたの手作り……?」

ピーチ「そうだよ、ルージュ先輩に教わって作ったの。たくさん作ってきたから、いっぱい食べてね!」ドッサリ

ベリー(お、多すぎ……)

ピーチ「ほら、食べよ食べよ」

パッション「……」パクッ

パッション「あ…美味しいかも」

ピーチ「ほんと!?」

パッション「ええ、本当よ」

ベリー「……」パクッ

ベリー(あ、本当だ……意外と食べられる)

パイン「よかった、おいしいわ」

ピーチ「じゃんじゃん食べてね!」

ベリー「……って、この量はさすがに多すぎよ。何人分作ったのよ」

ピーチ「えー、普通にこれぐらい食べない?」

パイン「こんなに食べたら太っちゃうわ」

ピーチ「でも桃寮じゃこれが普通だったよね? パッション」

パッション「え? ええ」

ベリー「もう…あんたとあたしたちじゃ胃の大きさが違うっての。変よ、おかしいわ」

パッション「……」

ピーチ「えー、そんなことないよね?」

パッション「……ちょっと多すぎじゃない?」

ベリー「ほらね」

ベリー(あ…珍しくパッションが同意してくれた)

パッション「でも、これぐらい食べられないとプリキュアとしては一流じゃないわね」

ベリー「えっ」

ピーチ「そうそう! たくさん食べれば身体も強くなるんだし、じゃんじゃん食べよう!」

パッション「……」モグモグ

ベリー(な、なによあんなに食べて……)

パッション「っ…!?」

ピーチ「パッション?」

パッション(た、食べ物が喉に……!!)

パッション「っ〜〜〜!!」

ベリー「も、もしかして喉につまったの!?」

パッション「うぅ〜〜〜っ!!」

ベリー「ほ、ほら水飲みなさい水!!」

パッション「うう……」ゴクッ

パイン「大丈夫?」

パッション「え…ええ…。けほっ、けほっ」

ピーチ「よかった〜」

ベリー「もう、そそっかしいんだから。あんなに口につめこまなくてもいいでしょ」

パッション「はぁ……ご、ごめんなさい。水、ありがとう」

ベリー「どういたしま……あっ」

パッション「あ……」

ピーチ「どうしたの? 二人とも?」

ベリー「べ、別に……」

パッション「……」

ベリー(今、普通に話せたわよね……。いい感じだったわよね、今)

パッション(ついお礼を言っちゃった……嫌なやつなのに)

ベリー「……」

パッション「……」

ピーチ「あれ、パインもういいの?」

パイン「ええ…もうお腹いっぱい」

ベリー「まぁ、普通はそうよね」

パッション「……」モグモグ

ベリー「って、まだ食べるの!? どんだけよ」

パッション「……」モグモグ

ベリー「……」

ベリー(うわ、いい感じだと思ってたのにまた無視されてる……。なによ……こっちから歩み寄ってるっていうのに)

パッション「……」

パッション(なんか、無視するのは悪かったかしら……。一応助けてもらったわけだし)

パッション(でも今さらどうしろっていうのよ)


・・・・・


ピーチ「それじゃあ、次は……」

ベリー「はぁ…はぁ…。こ、これいつまで続くの……」

パイン「わ……分かんない……」

ピーチ「組手やろう! パインはあたしとね。パッションはベリーと」

パッション「ま、また…?」

ベリー「……」

ピーチ「よしっ、じゃあはじめよっかパイン」

パイン「て、手加減してね……」

ピーチ「組手なんだから手加減も何もないよ。あははっ」

パイン「あはは……」

パイン(どういう意味で言ってるんだろう……)

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー「じゃあ……とりあえずやりましょ」

パッション「……ええ」

ベリー(ピーチってば……絶対わざとあたしとパッション組ませてる。こんなことされても逆に良くないっての)

ベリー「……」ビシッ

パッション「……」パシッ

ベリー「……」ビシッ

パッション「……」パシッ

ベリー「……あ」ビシッ

パッション「いたっ!?」

ベリー(や、やばっ……間違ってあたしのキックがパッションの顔にもろ入っちゃった……)

パッション「……」

ベリー「あ……パ、パッション……」

パッション「……」

ベリー「ちょ、ちょっと今のは手違いで……わざとじゃないの」

パッション「いいのよ別に……防げなかった私が悪いんだわ。練習だからっていって気を抜きすぎた」

パッション「組手でもしっかりやらないとね」

ベリー「……?」

パッション「ほら、構えて」

ベリー「え…ええ」

ベリー(パッション……気にしてない? ならいいんだけど……)

パッション「ふんっ!!」ドゴッ!!

ベリー「ッ!?」ドサッ

パッション「どうしたの…? ちゃんと避けるなり防ぐなりしないと。練習だからっていって気を抜いちゃダメよ」

ベリー(う…ぐっ…思いっきり殴られた……)

ベリー「う…うう…」

パッション「立てる? もうやめましょうか? はじまったばかりだけど」

ベリー「っ……」

ベリー(こいつ、絶対わざとやった……さっきの仕返しのつもり……?)

ベリー(こっちはわざとじゃないっていうのに……!!)

パッション「その様子だと無理そうね。ま、あなたなら仕方ないわ」

ベリー「!!」

ベリー「ちょっと……待ちなさいよ。誰が無理なんて言ったのよ」

パッション「……」

ベリー「早く…続きやるわよ」

パッション「……いいわよ」ビシッ

ベリー「……」バシッ

パッション「……」ビシッ

ベリー「ッ!!」ドゴッ!!

パッション「!?」

ベリー「あら…ごめんなさい。つい手が滑っちゃったわ」

パッション「ぐ…ぐっ…」

ベリー(あたしだってね、いい加減我慢の限界きてるんだから……。散々無視されたあげく思いっきり殴られたら黙ってられないわ)

パッション「……手が滑ったのならしょうがないわね。ミスは誰にでもあるもの」

パッション「続き、やりましょ」

ベリー「ええ」

パッション「あっ!!」ドスッ!!

ベリー「がっ…!?」

パッション「ごめんなさい、手が滑っちゃたわ」

ベリー「う…ぐぐ…」

パッション「……」

ベリー「……しょ、しょうがないわ。ミスは誰だって……するもの!!」ドゴッ!!

パッション「ッ!!」パシッ

ベリー(防がれた……!?)

パッション「しょうがないことよね……誰にだってあるんだから!!」ドゴッ

ベリー「このっ……!!」ドスッ!!

パッション「くっ!!」ズバッ!!

ベリー「なによ!!」

パッション「そっちこそ!!」



ピーチ「ん?」

パイン「はぁ……はぁ……」

ベリー「調子のってんじゃないわよ!! こっちが下手に出ればいい気になって!!」バチンッ!!

パッション「そっちこそ!! 今までよくもやってくれたわね!!」バチンッ!!

ベリー「さっきのはわざとじゃないって言ったでしょ!!」バチンッ!!

パッション「散々散々! 私に嫌がらせして!!」バチンッ!!

ベリー「嫌がらせされる方が悪いんでしょ!? あんたの存在そのものが鬱陶しかったのよ!!」バチンッ!!

パッション「っ…ふざけんじゃないわよっ!!」バチンッ!!

ベリー「なによ急にブチギレて!! あんた頭おかしんじゃないの!?」バチンッ!!

パッション「おかしいはお前の方だろ!!」バチンッ!!

ベリー「なによ!! 文句あるなら言ってみなさいよ!!」

パッション「ええ言うわよ、もう私だって我慢の限界よ!! ずっと前から大嫌いだったんだから!!」

ベリー「なんであんたみたいなやつがプリキュアに!!」

パッション「こっちの台詞よ!! 人間として腐ってるくせに!!」

ドガッ バキッ ドゴッ!!

パイン「ど…どうしようピーチ。あれ……」

ピーチ「熱いね!」

パイン「え……そ、そうね」

ベリー「クソッ!! クソッ!! ふざけんなあっ!!」

パッション「うあああああああ!!!」

ピーチ「二人とも、ケガはしないようにね」

・・・・・

ベリー「……」

パッション「……ぐずっ」

ピーチ「よかったよかった、大きなケガなくて。鼻血ならすぐ止まるから大丈夫だよ」

ベリー「……帰る」

パッション「……私も」

ピーチ「ええっ、なんで!」

ベリー「なんでもかんでも……もうやってらんないわよ。こいつと一緒なんて」

パッション「私だって……誰がこんなやつと……」

ピーチ「でもでも! さっきは楽しそうだったじゃん」

ベリー「どこが!!」

パッション「どう見たらそう見えるの!?」

ピーチ「だって、ベリーとパッションがあんなに気持ちをぶつけ合ったところを見たの初めてなんだもん」

ベリー「気持ちをぶつけ合う? ハァ!? こいつが最初に喧嘩売ってきたのよ!!」

パッション「そっちが先じゃない!!」

ピーチ「待って待って、パッション。ベリーはちょっと意地になってるだけなんだって」

パッション「え?」

ピーチ「だってベリーは、パッションと仲直りしたいって言ってたもん」

ベリー「!?」

パッション「え……」

ベリー「ピ、ピーチあんた何を言って…!!」

ピーチ「だってベリーがいつまでたっても言わないんだもん。あたしもう我慢できないよ」

ベリー「だからって何で今このタイミングで言うのよ!!」

パッション「……」

ピーチ「パッション、本当はね…ベリーは謝りたいんだよ。今までやったことは悪かったって思ってるし、仲直りしたいんだって」

パッション「……嘘よ」

ベリー「っ……」

ピーチ「パッション?」

パッション「なによ今さら……そんなの信用できるわけないわ。ふざけないで」

ピーチ「あ、どこ行くの」

パッション「帰る……もうたくさんよ、こんなこと。ピーチまで私のこと馬鹿にする気なの……」

ピーチ「パ、パッション待って!」

ベリー「……」

パイン「……行っちゃったわね」

ピーチ「パッション……」

ベリー「ほんと……よくもやってくれたわね、ピーチ」

ベリー「あんたのせいで滅茶苦茶よ! なんでそんな余計なことするのよ!?」

ピーチ「だって」

ベリー「だってじゃない!!」

ピーチ「早く謝らないと、その分どんどん仲悪くなっていっちゃうよ?」

ベリー「あんたが今あたし達の仲にトドメを刺したんでしょうが!!」

ピーチ「大丈夫!」

ベリー「なにがよ!?」

ピーチ「パッションは優しいから、きっと許してくれるよ」

ベリー「……もう話にならない。あんたがこんなに馬鹿だなんて思わなかったわ」

ベリー「いいえ違う……あんたなんかに相談したあたしが馬鹿だった!!」

ピーチ「あたしのことは許さなくてもいいけど、ベリーはパッションのこと許してあげられるよね?」

ベリー「はぁ!?」

ピーチ「あたしね、ベリーとパッションは似たもの同士だと思うんだ。本当は優しいところとか……二人とも子どもにはすっごく優しいし。子どものこと好きでしょ?」

ピーチ「それに仕事に対しても真剣だし。あたし絶対ベリーとパッションは気が合うと思うんだけどなぁ」

ベリー「っ……適当なこと言わないでよ」

ピーチ「適当じゃないよ! あたしリーダーだもん、誰よりもみんなのこと知ってるつもりだもん」

ベリー「……」

パイン「……」

ピーチ「だから、あたしのこと信じて欲しいな。あたしもベリーとパッションの力になる」

ピーチ「だってこれは二人だけの問題じゃないもん。あたし達四人全員の問題だから」

ピーチ「だよね?」

パイン「え? そ、そうね……そうよ、きっと」

ピーチ「さっきたくさん喧嘩した後だから、後はもう仲直りするだけだよベリー」

ベリー「……」

ここまで
一応日曜日には終わらせるつもりです

遅れましたが今日投下します

・・・・・

パッション「……」

パッション(ベリーが私と和解したいですって……? 今更何を言ってるのよ、信じられない)

パッション(まさかピーチはベリーと組んで私のこと貶めようとしてるんじゃ……)

パッション(……まさかね)

ピーチ「パッション!」

パッション「!!」

ピーチ「良かったぁ……追いついた」

パッション「ピ、ピーチ……」

ピーチ「戻ろうパッション、まだ特訓は残ってるよ。ベリーも待ってるし」

パッション「っ……」

ピーチ「早く早く」

パッション「……いい加減にしてよ」

ピーチ「え?」

パッション「どうしてそんなこと言えるのよ……私がどれだけあいつのこと嫌ってるか分からないの?」

パッション「私はあいつが嫌いなの! 大嫌いなの!」

パッション「あいつのことが憎い、殺したいぐらい憎い。あんなクソみたいな女と一緒の空気を吸ってると思うと虫唾が走るわ。だからこれ以上あいつと一緒にさせないで!!」

ピーチ「……」

パッション「……幻滅したでしょ? 私がこんなこと言うなんて。でもそれぐらい嫌なの……」

ピーチ「ごめんね、あたし余計なことしちゃったかな。でもこれ以上二人のこと見過ごせなかったんだ」

パッション「……もうほっといて。これ以上余計なことしないで」

ピーチ「パッション、あたしは頭悪いからどうすればいいのかいっぱい考えたけど結局分かんなかった」

ピーチ「けど、このままずっと二人の仲が悪いままじゃダメだと思ったの。二人とも仲直りできないままプリキュアが終わっちゃうんじゃないかって……」

ピーチ「あたし、それだけは嫌だから。最後はみんなと笑っていたい」

パッション「……」

ピーチ「それにほら、あれだけ喧嘩したのって初めてでしょ? 少しは胸がスッとしない?」

ピーチ「ベリーも悪いと思ってるし、後はお互いお謝れば…」

パッション「勝手なこと言わないでよ。どうして人の気持ちが分からないの……」

パッション「ピーチはいつもそう……私の気持ちなんて分かってない」

パッション「いつもいつも自分勝手に考えて行動して、私のことは無視してる」

パッション「どうせピーチには私の気持ちなんて分からないんでしょうね……ピーチと私じゃ全然違うもの。プリキュアとしても……人としても……」

ピーチ「う、うーん……反省します」

パッション「……」

ピーチ「反省するから…ベリーとは仲直りしてあげて!」

パッション「……」

ピーチ「お願い!」

パッション「……ピーチはいい人よ。誰にだって優しい、私なんかとは違う」

パッション「私はピーチみたいにはなれない……。無理よ…ベリーと仲直りなんて」

パッション「そんな簡単にできるのなら……今までの受けた仕打ちはなんだったの。私は……なんのために辛い思いをして……」

ピーチ「……それでも、今ベリーを救えるのはパッションだけだから」

パッション「え……?」

ピーチ「ベリーはね、パッションに酷いことをしてすごく後悔してるの。それで悩んで自分を責めて……今もきっと落ち込んでると思う」

ピーチ「あたしじゃどうやってもベリーを元気にさせることなんてできない。パッションが……パッションにしかできないの」

ピーチ「パッションがベリーを許してあげれば、きっとベリーは救われると思うから」

パッション「い…嫌よ。なんで私がベリーを許さなきゃ……」

ピーチ「パッションにしかできないことだから。パッションは納得しないかもしれないけど……あたしはこれが正しいことだと思ってる」

ピーチ「パッションにも、それを分かってほしいの」

パッション「……」

ピーチ「だからお願いパッション!」

パッション「む……無理よ……」

パッション「なんで……私が……」

ピーチ「パッション……」

パッション「……」


・・・・・アパート

イース「……」

イース(許す……許すなんて無理)

イース(どうして今まで憎んでいた相手をそう簡単に許すなんて……)

ローズ「パッション…パッション!」

イース「!!」

ローズ「聞いてるの?」

イース「あ……え、ええ」

ローズ「だったら返事ぐらいしなさいよ」

イース「……」

ローズ「って、また無視してる」

イース「……私、分からない」

ローズ「は?」

イース「どうすればいいのか……分からない」

ローズ「それはこっちのセリフよ。なによ急に」

イース「……」

ローズ「なにか話があるんだったら言ってみなさいよ」

イース「……」

ローズ「まったく、話さないのなら思わせぶりなこと言わないで」

イース「……」

ローズ「……はぁ」

ローズ「……こういう時、前向きに考えることができる人間が羨ましくなるわよね」

ローズ「そうなれたらどれだけ楽なことか」

イース「……なんの話よ」

ローズ「独り言よ。そういう人間になりたいって話」

ローズ「前向きで、いつも人に優しくすることができて……そういう正しい人間が羨ましいわ。なにも悩みがなさそうで」

イース「……なりたいならそういう人間になればいいじゃない」

ローズ「それができたら苦労なんてしないわ。あんたはそういう人間かと思ったけど、違ったのね」

イース「私は……前向きに考えることなんてできない」

ローズ「でも少なくともあんたは優しい方よ。このアパートの中じゃね」

イース「私のなにを知ってるっていうのよ…」

ローズ「知らないわよ、何も。人が褒めてるっていうのになんで怒んのよ」

イース「……怒ってなんかないわ」

ローズ「でも最近変わったわよね、あんた。前まではそんな卑屈じゃなかった」

イース「何が言いたいのよ……!」

ローズ「疲れてるのなら愚痴ればいいでしょ、いつもみたいに。それもしないでそんな暗い顔されてると、こっちもしんどいのよ」

イース「じゃあほっといて……」

ローズ「分かったわ……ならそうするわ」

イース「……待って」

ローズ「……」

イース「ごめんなさい……自分でも頭の中で考えがまとまらなくて……どう話せばいいのか分からないの」

イース「辛いの…もう。限界なの……」

ローズ「……話せななら話さなくてもいいわ。でも側にはいてあげる」

ローズ「ただ…今みたいに素直なパッションに戻りなさいよね」

イース「……」

ローズ「……」


ガチャッ

タタタタッ


ローズ「?」

ガチャッ

ダークドリーム「ただいまー!」

イース「……」

ローズ「……」

ダークドリーム「ねーちょっと聞いてよ。この前オーディションで会った子にすごいムカつくやつがいてね、今日もたまたま会ったのよ」

ダークドリーム「自分はプリキュアに合格していることは確定的だから、この辺で住むところを探してるんだって。なに言ってんだかって感じよねー」

ダークドリーム「あ、焼き鳥買ったんだけど食べる? ていうかダークレモネードたちもいるでしょ、みんなで食べましょうよ」

ローズ「空気読みなさいよ」

ダークドリーム「は?」

ローズ「今焼き鳥食べる気分じゃないの、私たち」

ダークドリーム「なんでよ、美味しいじゃない。ていうかなにやってんの二人で」

ローズ「あんたには関係ないわよ」

ダークドリーム「なによ、二人だけの秘密? ズルイんだけど、イースはわたしの後輩よ」

ローズ「はぁ? パッションは私の後輩に決まってんでしょ」

ダークドリーム「今はイースだもんねー? イースだからわたしの後輩だもん」

ローズ「どういう理屈よ……」

ダークドリーム「こんなノリの悪い奴はほっといて行きましょ、イース」

イース「え……」

ローズ「ちょっと! 今イースはあんたに付き合ってる暇はないの」

ダークドリーム「ローズなんかと一緒にいると偏屈な性格が移っちゃうわよ。わたしといれば、楽しい!」

ローズ「楽しくない、鬱陶しいだけよ」

イース「ふ、二人ともちょっと……」

ダークドリーム「鬱陶しいのはあんたの方でしょうが。イースはわたしと一番仲良しなの」

ローズ「仲良し? どこが。あんたのノリに若干引いてるじゃない」

ダークドリーム「引いてないわよね?」

ローズ「こいつにハッキリ言ってやりなさいよパッション。うざいって」

イース「あのね……」

ダークドリーム「うざいってなによ! うざいのはあんたの方でしょ」

ローズ「私のどこがうざいっていうのよ!」

ダークドリーム「もうなんかそういう、ほら、すぐ怒ったりするところとか。キツい性格とか。あーうざいうざい」

ローズ「なんですって!?」

イース「もうやめなさい二人とも!」

ダークドリーム「イースはどっちの味方なの?」

ローズ「私よね!」

イース「どっちの味方でも、ないわ。騒がしいのは嫌なの」

ダークドリーム「騒がしくしてるのはローズの方よ。いつも声が大きいんだから」

ローズ「無駄話の多いやつに言われたくないわね。少しは口閉じる努力っていうものができないの!」

イース「やめなさいって言ってるでしょ。いつまで言い争ってるの」

ダークドリーム「だって最初に喧嘩売ってきたのはこいつじゃない」

ローズ「あんたが先に偏屈とか難癖つけてきたんでしょ!」

イース「はいはい、どっちが悪いとかそういうのはいいから。もう喧嘩するのはやめなさいって」

ダークドリーム「だってローズがー」

ローズ「こいつが悪いんじゃない」

イース「はぁ……二人とも楽しそうで羨ましいわ」

ローズ「楽しくない!」

ダークドリーム「それより焼き鳥食べましょイース、美味しいわよ。早く食べないと冷めちゃう」

イース「……食欲がないの」

ダークドリーム「なんで、風邪?」

イース「そうじゃないけど……」

ローズ「もういいでしょ。あんたには関係ないの」

ダークドリーム「関係なくないわよ、心配なの。最近元気ないし」

ダークドリーム「イースにはいつも優しくしてもらってるから、イースの役に立てるんだったらわたしは何だってするわよ」

ローズ「だったら少しは黙ってなさいよ」

ダークドリーム「わたしはいつものイースが好きなの。だから早く元気になってほしいのよ」

イース「……」

ダークミント「それに、一人でこんなに焼き鳥食べられないしね」

ローズ「あんたはそれ食べたいだけじゃないの……」

イース「……分かったわよ。一緒に食べましょ」

ローズ「パッション!?」

ダークドリーム「やった! みんなも呼びましょ」

ローズ「こんなやつに無理して付き合う必要ないのよ?」

イース「いいのよ。……ダークドリームと一緒にいると、少なくとも悩んでる暇がなくなるわ」

ダークドリーム「やっぱり、わたしと一緒にいる方が楽しいでしょ?」

ローズ「む……」

イース「ここにいるのが、楽しいの。ダークドリームにローズ……みんなといるのが一番だわ」

イース「みんなから元気をもらってる」

ダークドリーム「元気をもらったのはわたしの方よ。わたしがプリキュアのオーディションに落ちたとき、励ましてくれたのはイースだったしね」

ダークドリーム「最初は受かった子に励まされるのはムカついたけど……でも嬉しかったわ」

ローズ「……」

ダークドリーム「ローズだって、新人のイースにいろいろ気を使わせたでしょ」

ローズ「な、なによ」

ダークドリーム「イースの思いやりがなかったら、みんなダメになってたわ」

イース「私の……思いやり?」

ダークドリーム「そうよ。イースの優しさで結構救われてるんだから」

ダークドリーム「だからみんなイースのこと好きなの」

イース「……」

ダークドリーム「みんなのこと呼んでくるわね」

ローズ「あっ、ちょっと……もう」

イース「……私」

ローズ「なに?」

イース「人に優しくするっていうことを……忘れてたわ」

ローズ「なによ急に。どうしたの」

イース「私はいつの間にか、誰にも優しくしてなかったし人の好意も素直に受け止められなくなっていた」

イース「怖かったのよ……私。人に心を開くのも開かれるのも……」

イース「こんなんじゃ誰も好きになってくれないわよね……」

ローズ「……」

イース「本当は誰も信頼してなかったのかもしれない……。私は……プリキュアの中で誰も」

イース「でも誰かに優しくしてもらえるのって……嬉しいわ。本当に嬉しい」

イース「人に優しくすることって、プリキュアにとっても大切なことよね。 初心を忘れてたわ」

イース「プロだとか仕事に集中とか言う前に、人として……私は未熟者ね」

ローズ「……なに勝手に吹っ切れてるのよ」

イース「なにか……大切なことを思い出せた気がするの」

イース(それで気持ちが割り切れるってわけでもないけど……)

イース(だけど……今よりは前へ進めそうな気がする)

イース「ありがとう、ローズ」

ローズ「なにが?」

イース「あなたが私の先輩でよかったわ」

ローズ「ちょ、ちょっとなによいきなり!? ……恥ずかしいやつね」

イース「いいじゃない……。素直になりたい気分なの」

・・・・・翌日

ベリー「……」

ベリー(終わりよ……もう終わりよ。これからどうパッションと顔を合わせればいいのよ……)

ベリー(今更素直に謝ることなんて……できない)

ガチャッ

パッション「っ……」

ベリー「!!」

ベリー(き、来ちゃった……」

パッション「……」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー「……」

ベリー(む……無理無理無理無理!! こんな空気ぜったい無理!!)

パッション「あの…」

ベリー「!?」

パッション「ピ、ピーチたち……遅いわね」

ベリー「えっ……そ、そうね」

ベリー(あたしとふたりっきりは嫌だって言いたいの? でしょうね、あたしだって分かってるわよ)

パッション「……」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー「……あ、あたし」

パッション「私、飲み物買ってくる。……ベリーもなにか飲む?」

ベリー「え……」

パッション「……」

ベリー「じゃ、じゃあ……適当に」

パッション「……分かった」

ベリー「……」

・・・・・

パッション「はぁ……」

パッション(いきなり上手くコミュニケーションなんて取れないわよね……わざわざ飲みたくもないのに飲み物買うなんて)

サウラー「やあイース」

パッション「!!」

パッション「サウラー……どうしたの」

サウラー「飲み物を買いに来たに決まってるだろ。ここの自動販売機は相変わらず高いね」

パッション「ええ…そうね」

サウラー「最近疲れてるみたいだけど、仕事は忙しいのかい?」

パッション「よく言われるわ、疲れてそうだって。そんな疲れた顔してる?」

サウラー「ああ、見えるね。でも今日はちょっと違うかな。いつもより明るくて美人だよ」

パッション「……本気で言ってるの?」

サウラー「本気で言ってたら、君は僕のことを気が利くいい男だと思うだろ?」

パッション「頭は大丈夫?」

サウラー「半分は社交辞令だよ。今日はいつもより明るいってところは本当さ」

パッション「……それって、美人ではないってこと?」

サウラー「いや、今日は美人に見えるんじゃない。いつも美人に見えるんだ」

パッション「……」

サウラー「どうだい?」

パッション「ちょっと……かっこつけすぎね」

サウラー「ならどうやったらモテるっていうんだ。女の子は注文が多すぎる」

パッション「黙ってればモテるわよ、あなたの場合」

サウラー「ベリーにも似たようなこと言われたよ。向こうはもっときつい言い方だったけど」

サウラー「失礼な言い方しかできないから女にモテないのよ、ってね」

パッション「……フ」

サウラー「何がおかしいんだ」

パッション「確かにその通りだと思ってね」

サウラー「酷いやつらだな、君たちは」

パッション「馬鹿にしてるわけじゃないわよ。私も……ベリーも」

サウラー「だとしても傷つくよ」

パッション「悪かったわよ。これでいい?」

サウラー「ついでにここの飲みもをおごってくれたらもっといいけどね」

パッション「調子に乗らないの」

・・・・・

ベリー「……」

ガチャッ

パッション「……買ってきたわ」

ベリー「あ……ありがとう」

パッション「……」

ベリー「……あ、お金渡すわ」

パッション「え? ええ…」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー(な、なにいきなり……どういうことなのこれは)

パッション(どうしよう……この先なにも考えてないわ)

ガチャッ

ピーチ「おっはよー!」

ベリー「あ…」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「ねえねえ二人とも、いいもの見せてあげる!」

ベリー「え?」

ピーチ「じゃーん! キュアエンジェルの衣装の設定画!」

ピーチ「最終話でこれ着るんだって〜!」

パッション「ヘ、へぇ〜」

ベリー「……」

ベリー(あたしの羽……なにこれ)

ピーチ「ベリーのやつが一番かっこいいよね」

ベリー「かっこよくないわよ!」

ピーチ「ええっ? だって、シャキーンってしてるじゃん」

ベリー「あたしの羽だけみんなと違うじゃない!」

ピーチ「かっこいいよね?」

パッション「え? そ、そうね……」

ベリー「かっこよくない!」

ガチャッ

パイン「おはよ〜」

ピーチ「パイン、見てみて! キュアエンジェルの衣装!」

パイン「わぁ、かわいいわね」

ベリー「まったくもう……」

パッション「……」

ベルー「……」

ピーチ「べりーのやつかっこいいよね?」

パイン「うん、かっこいいと思う」

・・・・・

パッション「ピーチ、ちょっといいかしら?」

ピーチ「なに?」

パッション「ベリーのことで……」

ピーチ「なになに?」

パッション「昨日ピーチが言ったこと…受け入れてみようと思う。まだ完全に許してるわけじゃないけど…」

ピーチ「ベリーと仲直りしてくれるの!?」

パッション「え、ええ……」

ピーチ「じゃあベリー呼んでくる!」

パッション「待ってピーチ! ……自分から話しかけるわ。自分のタイミングで話したいの」

ピーチ「そっか…分かった」

パッション「今すぐっていうのは…ちょっと無理かもしれないけど」

ピーチ「でも嬉しいよ。パッションが考え直してくれて」

パッション「……今のままじゃ私らしくない思ったの」

ピーチ「え?」

パッション「私……本当にピーチを信頼するわ。だからピーチにも、もう一度私を信頼して欲しい」

ピーチ「パッション…もちろん! あたしはずっとパッションのこと信じてるもん!」

パッション「でも、自信がないのが正直な本音……」

ピーチ「あたしがいるよ。パッションのためだったら何だってする」

パッション「ありがとう…ピーチ」

ピーチ「うん!」

スタッフ「お疲れ様でしたー」

ベリー「おつかれさまでーす」

ベリー(はぁ……今日の撮影終わったけど結局パッションとはあの後なにもナシ)

ベリー(朝のあれは一体なんだったのかしら……)

ベリー「……」

ベリー(何を考えてるんだか。今更パッションとどうこうあるわけじゃないのに)

ベリー(ほんと、あたしも馬鹿ね……)

パイン「お疲れ様、ベリー」

ベリー「ああ、うん。お疲れ」

ベリー「……」

ベリー「ね、ねえパイン」

パイン「え?」

ベリー「あんたあたしのことどう思ってるわけ?」

パイン「どうって……」

ベリー「好き? 嫌い?」

パイン「……好きよ?」

ベリー「本音で言ってんの?」

パイン「もちろん。嫌いになる理由がないもの」

ベリー「まぁ……ありがとう」

ベリー「……」

ベリー「じゃあ一つだけちょっと頼みを聞いてくれる?」

パイン「え?」

ベリー「パッションにあたしのことどう思ってるか聞いてきてちょうだい」

パイン「え……」

ベリー「嫌なの?」

パイン「えっと……」

ベリー「嫌ならいいわよ…無理して頼んだりしない

パイン「……」

ベリー「もう行っていいわ」

パイン「う、うん……」

ベリー「……」

ベリー「……パイン」

パイン「?」

ベリー「こんなあたしでも一応好きって言ってくれて……嬉しかったわ」

パイン「……」

ベリー「じゃあね」

ベリー「……」

ベリー(あたしも……そろそろ帰ろうかな)

パッション「あ……」

ベリー「!!」

パッション「……お疲れ様、ベリー」

ベリー「お……お疲れ」

パッション「……」

ベリー「……」

パッション「……まだ、帰ってなかったのね」

ベリー「今帰るところよ……」

パッション「そう……」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー「……ピ、ピーチは?」

パッション「まだ、仕事が残ってるって……」

ベリー「そ、そう……」

パッション「……」

ベリー「……」

パッション「じゃあ…先に帰るわ」

ベリー「え? ええ……」

パッション「……き」

ベリー「?」

パッション「昨日は……ごめんなさい。つい感情的になっちゃったわ……」

パッション「私が悪かった……」

ベリー「え……」

パッション「……じゃあね」

ベリー「……」

ベリー(なに…それ…)

・・・・・青寮

アクア「ベリー、ベリーってば」

ベリー「……」

アクア「ご飯食べないの? もしかして、おいしくない?」

ベリー「……」

アクア「ベリー」

ベリー「あ……な、なんですか?」

アクア「体調でも悪いの?」

ベリー「いえ……」

ベリー「……」

ベリー「もう部屋に戻ります」

アクア「……疲れてるのなら、早く寝るのよ?」

ベリー「はい……」

・・・・ベリーの部屋

ベリー「……もしもし、ピーチ?」

ピーチ『あっ、もしもし。どうしたの?』

ベリー「うん……今時間ある?」

ピーチ『大丈夫だよ。なぁに?』

ベリー「あたしね……今日、パッションに謝られた」

ピーチ『え?』

ベリー「昨日のことで…パッションがあたしに謝ってきたの」

ベリー「……信じられないでしょ」

ピーチ『よかったね、ベリー。ベリーは謝ることできた?』

ベリー「何も言えなかったわ。突然のことだったから……」

ピーチ『そっか…。じゃあ次は、ベリーの番だね』

ベリー「……本当に信じられない。どうしてあんなことができるのかしら」

ピーチ『ベリーと仲直りしたいんじゃないかな』

ベリー「あたしと仲直りしたい理由なんてどこにあるのよ。あたしはあの子のこといじめてたのに……あんなに喧嘩したのに……どうしてあたしなんかと」

ベリー「本来はあたしから謝るべきことなのに、あの子に先に謝られた。それが信じられないの……」

ベリー「どうしてそんなことができるのよ……」

ピーチ『信じられなくても、分かってあげて』

ベリー「え……」

ピーチ『きっと、ベリーにもパッションの気持ちを分かってあげられると思う。パッションは、ベリーのために謝ったと思うから』

ベリー「……」

ベリー(……あたしは、今まで自分のことだけを考えてきた)

ベリー(パッションのことがムカつくから、イジメて。自分が楽になりたから、謝ろうとして)

ベリー(でもパッションは……先に謝ってきた。大嫌いなはずのあたしに……)

ベリー(それなのにあたしのために謝った? 理解できない……)

ベリー「……」

ピーチ『ベリー?』

ベリー「教えて……あたしはどうすればいいの」

ピーチ『ベリーが決めることだよ』

ベリー「……」

ベリー(あたしは……)

ピーチ『……』

ベリー「……」

ベリー「……決めたわ、ピーチ。もうあたしばかりウジウジしていられない」

ベリー「みっともないもの……これ以上。あたしも変わりたい……」

ベリー「変わらなきゃ……誰にも顔向けできない」

・・・・・数日後

スタッフ「それじゃあ飛行アクションの予行練習はじめまーす!」

ピーチ「はーい!」

ピーチ「みんな、怪我がないように気をつけてね」

パッション「……」

ピーチ「高いところ平気?」

パッション「平気よ。……本当はちょっと怖いかも」

ピーチ「みんな一緒だから大丈夫だよ」

スタッフ「それじゃあおねがいしまーす!」

ピーチ「よーし、いくよ!」

パッション「と、飛びながら姿勢を保つのって難しいわね……」

パイン「あっ、でもコツは掴んだかも」

パッション「わ……きゃあっ!?」

ピーチ「パッション!!」

パッション「だ、大丈夫……ひっくり返っただけだから」

ピーチ「慣れるまでまだ時間かかりそうだね」

パッション「ええ……練習しないと」

ピーチ「ベリーの方は大丈夫?」

ベリー「あたしは大丈夫よ、問題ないわ」

ピーチ「パインの方も……うんっ、大丈夫そうだね」

パッション(私だけできてない……)

ベリー「……」

・・・・・

パッション(今日は残って練習したほうがいいわね……。本番で私だけできないなんてこと、あってはいけないもの)

パッション(とりあえず……どうしましょう。ワイヤーアクションって一人じゃできないわよね……)

ベリー「なにやってんの」

パッション「!!」

ベリー「まさか、ワイヤーアクションの練習?」

パッション「え、ええ……」

ベリー「ふーん」

パッション「……なにか」

ベリー「手伝ってあげる」

パッション「え?」

ベリー「一人でできると思ってんの? ワイヤー引っ張れないでしょ。あたしが手を貸すわ」

パッション「……」

ベリー「なによ」

パッション「いえ、あの……本当に?」

ベリー「本当よ、早く準備しなさい。本番までに間に合わなくなるわよ、大事なプリキュアの最終回なのに」

パッション「わ…分かったわ」

ピーチ「パッション! ベリー!」

パッション「!!」

ピーチ「やっぱりここにいたんだ」

ベリー「ピ、ピーチ……なんであんたが」

ピーチ「パッションが練習してると思って手伝いに来たの。でもベリーまでいると思わなかったよ」

ベリー「……」

ピーチ「ベリーも手伝いに来たんだよね? あたしもやるよ!」

パッション「ピーチ……」

ピーチ「がんばろうね!」

ベリー「……」

ピーチ「えへへ」

ベリー「な、なによ」

ピーチ「ベリーも来てくれてよかった」

ベリー「っ……うるさいわね、早く練習するわよ!」

パッション「……」

・・・・・・

パッション「はぁ…はぁ…」

ピーチ「パッション、大丈夫?」

パッション「え…ええ…」

ベリー「少し休憩しましょ。いつの間にか夜中過ぎちゃってるわ」

パッション「……」

ピーチ「もうちょっとでできそうだね、パッション」

パッション「はぁ……」

ベリー「……できるわよ、パッション」

パッション「え……?」

ベリー「もっと自分に自信を持ちなさいよ。あんたは自信を持たないから本来の力が発揮できないの」

ベリー「ミスなんて恐れないで、堂々としなさい」

パッション「……」

ベリー「なによ……聞いてるの?」

パッション「え、ええ……」

パッション(今のって……ひょっとしてアドバイス?)

パッション「……」

ベリー「……」

ピーチ「鳥!」

ベリー「は?」

ピーチ「鳥の気持ちになって飛んでみよう!」

ベリー「なに言ってんのよあんた……」

ピーチ「鳥と同じ気持ちになれば飛べるよ。あたしは飛べたもん」

ベリー「そんなんで飛べるのはあんただけよ……意味わかんないっての」

ピーチ「えー、パッションは分かるよね?」

パッション「う、うーん……分かんない」

ベリー「ほら、みなさい。パッションも分からないじゃない」

ピーチ「鳥の気持ちっていうのはこうだよこう!」

ピーチ「ピヨピヨピヨピヨ」

ベリー「だから意味分かんないっての!」

パッション「ふ…ふふっ」

ピーチ「あはははっ!」

ベリー「もう…ほんと馬鹿みたい。……ふふっ」

「「「あはははっ!」」」

・・・・・

ピーチ「よーし、じゃあもう一回いくよ!」

パッション「ええ、お願い!」

ベリー「せー…のっ!!」

パッション「はぁああああ!!」

ビシッ バシッ

パッション「あ…で、できた。できたわ!」

ピーチ「やったー!!」

ベリー「できた……本当にできたのね」

パッション「やった! やったわ二人とも!」

ベリー「おめでとうパッション!」

ピーチ「やったね! いぇーい!」

ベリー「ふふ、はしゃぎすぎよピーチ」

ピーチ「だって嬉しいんだもん!」

ベリー「……ま、あたしも気持ち分かるけどね」

ピーチ「やった! やった! やったぁー……ZZz」

パッション「ピ、ピーチ?」

ベリー「疲れて寝ちゃったのね。もうとっくに深夜過ぎちゃってるし」

パッション「ピーチには感謝しきれないわ……自分だって忙しいのに、私に付き合ってくれて」

ベリー「お人好しすぎるのよ、この子は」

パッション「……あなたもありがとうね、ベリー」

ベリー「……」

パッション「助かったわ……」

ベリー「頑張ったのはあなたよ……パッション。あたしは、暇だったからちょっと手を貸しただけ」

パッション「……」

ベリー「……」

パッション「あのっ」 ベリー「あのっ」

パッション「あっ、な、なに?」

ベリー「う、ううん。そっちこそ……」

パッション「私は……その……」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー「……ねえ」

パッション「なに?」

ベリー「なんだか……眠くない?」

パッション「そうね……私も疲れちゃったわ」

ベリー「あたしたちも少し寝ましょ。これじゃ身体が持たないわ」

パッション「…そうね」

・・・・・

パイン「あら?」


ピーチ「Zzz……」

ベリー「……」

パッション「すぅ……すぅ……」


パイン(どうしてみんなで寝てるんだろう……)

・・・・・数日後

ベリー「ああもう、年末のスケジュール忙しすぎない!? 休みどころじゃこれじゃ寝る時間もないわ」

パッション「仕方ないわ。本放送も最終回に向かってるし、オールスターズや放送終わったが後の全国ライブも控えているし」

ピーチ「こういう時は気合で乗り越えるんだよ、気合で!」

ベリー「気合で乗り越えられたら苦労しないわよ……ま、やるしかないわよね」

パイン「そういえば、後輩の子がもうそろそろ決まるらしいわよ」

ピーチ「へー、あたしの後輩はどんな子なんだろうなぁ」

ベリー「青いプリキュアは、きっと知的な子なんでしょうね。あたしやアクアさんみたいに」

パイン「新しい子と仲良くなれるといいなぁ」

パッション「私は……そもそも後輩がでいるのかしら」

ピーチ「あっ、みんな。そろそろ時間だよ、行こう」

ベリー「ええ」

・・・・・喫茶店

アクア「はぁ……」

アクア(ローズは今、何をしてるのかしら……)

「相席してもいいかしら?」

アクア「え?」

ミント「こんにちは、アクア」

アクア「!!」

ミント「こうして会うのも、オールスターズの時以来かしら」

アクア「ミ、ミント……」

ミント「最近この喫茶店に来るようになってね……気に入ってるの。アクアも来ていたなんて思わなかったわ」

アクア「……」

ミント「調子はどう? ベリーとはうまくやってる?」

アクア「ええ…それなりにね」

ミント「アクアのことだから、きっとベリーからも尊敬されているんでしょうね」

アクア「……しばらく仕事も休んでいたって聞いたけど」

ミント「ずっと寮にいたの。体調が良くなくてね」

アクア「一人じゃ寂しいでしょ? ホワイト先輩の寮とかに住んでみない?」

ミント「アクアのところじゃダメ?」

アクア「っ……」

ミント「ふふ、冗談よ」

アクア「……」

ミント「……確かに寂しいわ。もう一度、昔の寮で暮らしたいと思う時があるの」

アクア「そう……」

ミント「……」

アクア「……」

・・・・・

ピーチ「おつかれさまー!」

パイン「ええ、お疲れさま」

ピーチ「はぁー、なんだか最近すごい疲れがたまりやすくなっちゃった。今すぐベッドで寝たいなー」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー(まだ……謝れてはいないのよね、あたし。前よりは関係は良くなたけど逆に言い出すタイミングを逃しちゃったというか、忙しすぎてそんな暇ないというか……)

パッション「ベリー、帰りましょ」

ベリー「あ……え、ええ」

ベリー「……」

ベリー「パ、パッション……」

パッション「?」

パイン「ほら行きましょ、二人とも」

パッション「あ、うん」

ベリー「……はぁ」

・・・・・青寮

アクア「来月には、新しい子がここに住み始めるそうよ」

ベリー「え…そうなんですか?」

アクア「ええ。ベリーもそれぐらいの時期に来てたでしょ」

ベリー「……早いですね。もう一年経つんだ」

アクア「ほんと……あっという間だわ」

アクア「ベリーも一年間でずいぶんと変わったわね」

ベリー「え……?」

アクア「いっそう綺麗になったわ」

ベリー「や、やだもー。なに言ってるんですか」

アクア「ふふ…今のベリーは素敵よ。顔つきが前とは全然違う」

ベリー「だとしたら……嬉しいです。ふふっ」

ベリー(でもまだ、あたしにはやらなきゃいけないことが残ってる。パッションに……謝らないと)

・・・・・アパート

ダークミント「あら、おかえりなさいイース」

イース「ただいま。ダークドリームは?」

ダークミント「それが……」

イース「?」

ダークミント「オーディション、今回もダメだったみたいで」

イース「そ、そう……」

ダークミント「ずっと部屋に閉じこもってるわ」

イース「……」

ダークミント「今はそっとしておいてあげましょ」

イース「……そうね」

ダークミント「それより、調子はどう? もう1クールも撮影残ってないでしょ」

イース「順調よ、問題はないわ」

ダークミント「良かったわ。一時期悩んでいたみたいだけどもう平気そうね」

イース「悩みについては……正直まだ自分の中で残ってる」

イース「でも大丈夫。もうみんなに心配をかけたりすることはないわ」

ダークミント「そう。がんばってね」

イース「ええ」

イース(すっきりしないのは……ベリーとの関係)

イース(前よりは良くなったけど、それでも彼女のやってきたことを忘れることはできない)

イース(……でも、今は前だけ見ていよう)

イース(そうすればきっと……)


————————————————————————
————————————————
————————

・・・・・数週間後


ベリー「マリン! いい加減起きなさいよ!」

マリン「あ〜……う〜……」

ベリー「あんた今日仕事があるんでしょ!?」

マリン「うぅ……今日は……休みでいいや」

ベリー「よくないっての!!」

アクア「ほらほら、起きなさい。もう朝ごはんはできてるわよ」

マリン「う〜……? 朝ごはん……アクア先輩が作ったの?」

アクア「ええ。今日はベリーも最終回の撮影で忙しいでしょうしね。私が代わりに作ったわ」

マリン「……うぅ〜余計起きたくないぃ〜」

ベリー「あんたねぇ……はぁ」

・・・・・

マリン「すごい! パンが焦げてない!」

ベリー「あんたね…そういう態度失礼だと思わないの?」

マリン「えっ、だって本当にすごいんだもん。料理上達しましたねアクア先輩」

アクア「ええ、がんばったわ」

ベリー(トースターで焼いただけなんだけど……まぁいいか)

マリン「今日でベリー先輩も引退かぁ。後はあたしに任せてくださいね」

ベリー「まだ引退じゃないわよ、オールスターズも残ってるんだから。……まぁ、でもちょっと寂しいかな」

マリン「ベリー先輩は一年間よくがんばりましたよ! 偉い偉い!」

ベリー「あんた何目線なのよそれ……」

マリン「ん? この手紙なに?」

ベリー「あっ、ちょっと」

マリン「もしかしてファンレターとかですか? へぇ〜、本物初めて見た」

マリン「どういうの書いてあるんですか、ちょっと読ませて」

ベリー「返しなさい、それはあんたが読んでいいものじゃないの」

マリン「え〜、なんで」

ベリー「これは…大切なものなの」

ベリー(今日あたしがケジメをつけるためにも、パッションに返さなきゃいけないもの……)

マリン「ちぇっ、意外とケチなんだから」

ベリー「……どうせファンレターなんてあんたもすぐもらえるようになるわよ」

マリン「ほんと!? 何通ぐらいかなー、10万とか100万通ぐらい来ちゃうかなー」

ベリー「まったく……能天気なんだから」

アクア「ふふっ」

・・・・・

ピーチ「おっはよーみんな! 今日でいよいよ最後だよ、気合入れていこう!!」

パッション「ええ、最高の撮影にしましょう」

ベリー「いよいよ終わるのね……」

パイン「なんだか、まだ実感がわかないな」

ベリー「ほんとよね、ついこの前フレッシュが始まったように思えるわ」

ピーチ「一年間いろいろあったよねー。ほんと……一年間……」

パッション「ピーチ?」

ピーチ「ぐずっ……あ、あれ? なんで涙が出てきちゃうんだろ。おかしいな……あははっ」

ベリー「……まだ終わってないでしょ? 泣かないの」

ピーチ「だって……今日が最後だと思うと……」

ベリー「ピーチ……あんたのおかげで最高の一年だったわ。あんたがあたしたちのリーダーで本当によかった」

ベリー「だからリーダーは最後まで堂々としてて。泣くのは全部終わってからよ」

パッション「私も……そう思う」

ピーチ「う……うんっ」ギュッ

ベリー「ちょっ、ピーチいきなりなに!?」

ピーチ「パッション、パインも来て」

パッション「え?」

ピーチ「あたしが頑張ってこれたのも……みんなのおかげだよ。ありがとう」ギュッ

パッション「ピ、ピーチ…」

ピーチ「だから……最後までみんなで頑張ろうね!」ギュッ

パイン「……うんっ!」

ピーチ「よーしみんな、円陣組むよ!」

ベリー「パッション…」

パッション「なに?」

ベリー「……今日はがんばりましょうね」

パッション「ええ、精一杯頑張るわ」

ピーチ「プリキュアー!! ファイッ!!」

「「「「オー!!」」」」

・・・・・・

ホワイト『そういえば、ブラックがプリキュアのみんなでどこかに行きたいって言ってたわ』

アクア「どこかっていうと?」

ホワイト『みんなでどこか泊まりがけの旅行に行くの。交流を深めるためにね』

ホワイト『スケジュールを調整して、今年本当に行ってみない?』

アクア「……考えておきます」

ホワイト『ええ、お願いね』

ピッ

アクア「旅行、ね……」

アクア「……」

アクア(ローズは来てくれるかしら……)

・・・・・ホテル

ムーンライト「……なんですって?」

フロント係「ですから、お客様が契約した個室の料金は別の方が肩代わりしていまして……」

ムーンライト「そんなはずはないわ、契約したのは確かに私よ。私が払ったことになってるでしょ」

フロント係「ですが、ムーンライト様のご家族の方が支払ったことになっているんです」

ムーンライト「……!?」

ムーンライト「誰が払ったの」

フロント様「ええと……どうやらお姉さまのようですね」

ムーンライト「……今すぐ、契約を解除するわ。部屋からも出て行く」

フロント係「えっ、お、お客様!?」

ムーンライト「……」

・・・・・・

監督「えー……一年間お疲れ様でした。ここまでやり遂げたっていうことは本当に……ぐずっ」

ベリー「うそっ……あの監督が泣いてる」

ピーチ「監督がんばれー!」

監督「やかましいよ……えー、みんなお疲れでした! 本当に最高のチームだった! おめでとう!!」

パチパチパチパチ!!

ウエスター「うおおおおおおお!!」

サウラー「うるさいよ」

ウエスター「これが叫ばずにどうしていられる! うおおおおおおお!!」

ピーチ「うおおおおおおお!! いえーい!!」

サウラー「やれやれ……」

ベリー「すっかり盛り上がっちゃってるわね」

パッション「うふふっ」

監督「よーしみんな! 今日の打ち上げは俺のおごりだ、じゃんじゃん騒いでくれ!!」

ウエスター「イェーイ!! 監督イェーイ!!」バシバシ

ピーチ「イェエエエエエエエイ!!」バシバシ

監督「こらお前ら! 監督を敬え!!」

ピーチ「あははっ!!」

ベリー「もう……これでフレッシュは本当に終わりなのね」

パッション「ええ。無事に終わってよかったわ…」

ベリー「……」

パッション「……」

ベリー「あのっ」 パッション「あっ」

ベリー「な、なに?」

パッション「ううん、そっちこそ」

ベリー「……その」

ベリー「お疲れ様」

パッション「ベリーも、お疲れ様」

ベリー「……あたしね、パッションに言わなきゃいけないことがある」

パッション「……」

ベリー「その前に……これを返しておくわ」

パッション「え……」

ベリー「この手紙……子供たちがパッションのために送った手紙……」

ベリー「あたし……本当に最低なことしたと思ってる」

パッション「破ったんじゃ……」

ベリー「あれは偽物よ。本物は……ずっとあたしが持ってたの」

パッション「……」

ベリー「こんな最低なことして……今更なんだって思うだろうけど」

ベリー「最後に……ケジメはつけさせて」

パッション「……」

ベリー「許せないのなら殴ってくれても構わないわ。望むのなら土下座だってなんだってする」

ベリー「パッション……ごめんなさい!!」

ベリー「今まで……あなたにずっと酷いことをして……」

ベリー「本当に……ごめんなさい」

パッション「……」

ベリー「ごめん…なさい」

パッション「……ピーチの言っていたとおり、ベリーは優しいのね」

ベリー「え……」

パッション「その証拠に、子どもたちからの手紙をちゃんと綺麗にしたまま持っててくれた」

ベリー「……」

パッション「信じてよかったわ……。ピーチのことも、ベリーのことも」

ベリー「……パ、パッション」

パッション「?」

ベリー「こんなことあたしが言うのは厚かましいかもしれないけど……」

ベリー「よかったらあたしと……友達になってほしい」

パッション「……」

ベリー「あなたとの関係を、やり直したいの……」

パッション「……最後の撮影、楽しかったわ。またみんなとプリキュアをやりたいと思えるほど楽しくて……終わってしまうと、寂しい」

パッション「ありがとう、ベリー。ベリーの言葉…とても嬉しいわ」

ベリー「……」

パッション「私の方こそごめんなさい。もっと……あなたとちゃんと向き合えばよかった」

パッション「こんな私でよかったら……ベリーの友達になりたい」

ベリー「……!!」

パッション「私も、もう一度やり直したいわ」

ベリー「パッション…!」

ピーチ「ふったりともー! なーにしてるの!!」

パッション「ピ、ピーチ」

ベリー「もう……いい時に」

ピーチ「?」

ベリー「……まぁ、あんたのおかげでもあるけどね」

ピーチ「よく分かんないけど……早く行こ!!みんな待ってるよ!」

ベリー「行くから、引っ張らないの。まったく……ふふっ」

パッション「待ってピーチ」

ピーチ「ほらほら! 早く早く〜!」

パッション「……ねえピーチ」

ピーチ「なに?」

パッション「あなたに出会えて私……本当によかったわ」

ピーチ「うん! あたしもだよ!」

ベリー「一年間リーダーお疲れ様、ピーチ」

ピーチ「えへへ〜! なんだか照れちゃうな」

パッション「……ありがとう」

ピーチ「え?」

パッション「ううん、なんでもない。行きましょう、ピーチ、ベリー」

ベリー「ええ」

パッション(私……いろいろあったけど、今は不幸だとは思ってない)

パッション(よかったわ、最後はみんなと笑うことができて)

パッション(本当によかった……)

パッション「……」

ベリー「パッション!」

パッション「ベリー」

ベリー「これからもよろしくね」

パッション「……ええ!」

パッション(辛い思い出もあるけど……今だけは忘れよう)

パッション(今だけは、みんなと一緒に……)


おわり

次回からハトプリ編です
前から言ってたようにハトプリ編は短いので今月中にはスマプリ編に入れると思います

新スレです
キュアムーンライト「誰だってみんな嘘をついている」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365601118/)

たぶん今週中にこの板は落ちると思うんで再開は日曜以降になると思います。
このスレの残りも中途半端になてしまったので何か分からないところがあったら適当に受け応えします。
それでもレスが余ったらこのスレは後々AAで埋めちゃいます。

・・・・・・桃寮

           , -— ゝY 二ニ=._
         , '´ ̄` 彡 r'     `ヽ
         /                 \
      /        /          ヽ.
     〃           |          ヘl
     l . : /: :'   /| | |  |      l:l
     |: : : /:/: : ./   l  |  |  | :|: : .  l:|
     レ: : :l/: /:l/⌒ヽl  |  |  |、;|: : :  リ
     /: : ://l: :/    l ヽl\|\レヘ|: : : :/  
     l: : :// /∨  ___ ー   ー'   |: : :/
     レi: |/l/こ.   ̄ ̄    == j/:l
     巛〈: : :人     ,、__'     レリノ  うーむ……
     __// l\ r /  |    ノ:ノ   
    /     /  l  └'´ ̄`T广i⌒ヽ
  /    l |  { ̄ ̄`マー‐Y´ ̄}  ハ
  |      l |  |   ー}   }ー  | /  }




           . <  ̄ `丶. _

            /  、  `ヽ   l|‐ 、\
          /、   \  l  /ー- 、 \
       /ゝ二三ァ' 二ゝ-'ー-、 /l\ハ
      / / / //      咲// ヽl
       l / /\ //    ∠二> V \\__,,.
       | / / l/二>      __  丶\\- '´
      ∨  l /l´  __      〃´ヘ`Y \ \>  なに悩んでるんですかブラック先輩。今日の夕飯のメニュー?
      |/  :|  〃´ヘ      {rイ:}   |ハl\\   あたしハンバーグカレーがいいです!
      /|  :ト、 ヘ {rイ:}     `¨´, , lイ|人ヽ|
       l八  :|ム  `¨´   '  ノ   /リノ  廴_
        ヽ:|ーヘ ' ' 丶 -‐ ´  /イ   /  \
         」从りノ> _    /   |   //  / く
         ∧ ヽ  |、   ̄ ̄   //  /  //  !
         l l   \ヘ 二二二´ イ⌒X_  //  |
         ヽ \ ノ l 〉、____,/  / //    |
          \l\  〉 ̄ ̄ ̄/  /  l'    |




     / l  /      ,   /   | /   /    l
     ,  l  /      /   /    /lハ   ∧  |l 人
     |   |   /   |  '   / l V l l  l  l |
   /,   l  //    | /  /  ̄`ト--イ l  l   l |
  // / !/  _  イ !/  / >==ミ\l/l / /レ′
  |/ /  / ィf  ヘ  / /     /し/ ` /Vイ / |
 /イ   //| / l  r' /イ |     〈rン  / l//
  |  _/_  」ハ∧   V l  !    , ,    \/′
  //   `ヽ l \/   vハ     /\_  ノ   あたしも食べたいけどそれはルージュに頼みなさいよ。
/       V l  |  l \l    /  /┘    そうじゃないくて今はブロッサムのこと考えてたの。
         l l  /\  \  〈./
         l  v'´\._ \   /
         |ー 〉  \l    ̄
   l       / //` /|
   l       /h〉/ ̄ ̄l/
   l    / //     /



                  _, -———- ._
              _,__'´_ヽ、__   i    `ヽ、
        , '´   ,r'-´—‐-\ヽ     ヽ、
       /  ヽ. /'´  ̄ ̄ ̄`¨ヽ、,、_ x:≦`ヽ
        /     ∨  __            ヽトjヘーiヽ
     / /    /|' /__ ヽ.   / ̄ ヽ  ム!]」'´ l |
      / / /  /'//'´    ヽ|   !-—-、ヽ   l/_ l |
     // / イ    ___           `|   l「   ヽi、
     |'l  i /|   , ィi jiヽ      ,.二._、   l    |_ヽ_
     !l  l l::| 、/ |:::こ:|        イi jヽヽ   l:: l i \    ブロッサムがどうかしたんですか?
     |l  l ::lー! ヘ ー‐″       !:こ::::| ∨ !:i::l l:::. ーッ
    l ! :l!:::ト l  ゝ --   、       ー‐″/´ l::ム::i:.\t‐ '´
      l::|l:::i /! / l             ー‐    j/-ヽ:ト 二ニ=‐'
      ヽ!l:| L'、            / l   /') /lヽリ
         '|`ト‐ト、                  /'´_//X|
           ヽ|ヽl:ト、   「〉_     /:T´/´  l
            _/.-'¨´ ̄ _ム、. イ::::::: l \
        rーr/  -‐'´ ̄___ソ  {カ::::ハー‐ァ‐、

  l  /  /-‐十ト、 l | V  l  ',  l  |
  | /  /   l |  ヽ| V l   ', l   l/
  /  /    l|   卜  V l   ', l  /| /
 イ  /       |     | |   ヽ! _,斗 ′l /
/ l  /l      |       八 \    j/   ブロッサムってさぁ
l ! イハ  ー—f===テ—      ーf===テ—  プリキュアとしてまだまだ物足りないと思わない?
|、!/K l      ゞ=彳         ゞ=彳
| トl!二|   - 三      ,       三 -
|ィ||/八             〈!
  V    \
/      \             -、
         l>—/⌒ ー——一'⌒ヽ—<l



    l⊂l|  __     !/    /  ,  `iヽ  l    l
    ! :l!l/ , -ゝ         ト、 ノ┐:i    |
  /| ::l |/ , __          弋::::こ:リ、     !  あー確かに。
  / :! ::i |ヽ/   、           ゝ-‐'´     |  (よく分かんないけど)
  l /|  ::'、 l トぃハ                 /
  |' l  :::::トヘヾじツ/               /'
  l  il  ::::|ハ  ̄ ヽ            /
  ;   l'、 ::l| i       ___              /
     l ヽ :|  ト、     '‐'´_           ,
      l ヾ!  | 丶             /
      |  \    `丶 、___  ィ ´
                       /i   ::::|





   , ゙, ン/    / l l l八 ',ヽ', ゙ヽ_,`丶i, 、`ヽi゙' ヽ

   ,lン゙,,i /,‐7   l l, ', !ヽV'!',、゙'エ\ l │ l   ゙',  ',
  /レ゛ !:゙ /  /l , ', l', ヽ レ ', 丶ヽ  `,i ,l  l   ! l
 /   /"l / /,, /"l i\ `ト、  ヽ ヽ l、l  l   ',  l
 ! /    !,! !,' "i , lヽ ', `'、ミ丶  ヽ ヾ,-从」 i  | ! i
 !,'  !  レ ! ゛ l ' /  丶_ニ= i 、 \ 丶レ'゙了゙l | l   l ! |
. |!  ,'    ! / / ,,r゙~  ヽ  ゙' -、゙'' -ゝ l  l !l  / リ │
 l ,'    i ,' / ''     `'-     ,,=ニ=ミ |!/ / ! /
  l l   | ! ,' /   ,, ',ソニ=- 、    " イ_'i l l / , i ′
  l l l  | ! ! /゙i `'V' / l _ ィ       l-。l | l ! |″
  | l  ,l‐リ /│    |人__,!       、ソ" l〃,/
   i│ !,,-! l, │   、 ゝoノ       、    i ''  素質はあると思うんだよね。
   i| 人 | | │   ` ̄        "    /   潜在能力や爆発力はあるはずなのよ。
    ! l  ヽl |''ヘi                , '    ただイマイチ実力を発揮できてないというか……。
     l ! l  ゙i゙'-久-,,         ⊂'  , ' l    力は持ってるのに、もったいない。
    ヽl { |  l l   ~'' 、,_       / l l
     ヽ| |  ! |  l   ', ~ ゙ '' - イ   / ,/
      ゙i l l、 i   i  l      _l~,'''7 /
       ヾ,!ヽ \ , - "ヽ  ,- ‐''″ ,,ノ' ゙l、
         ' `-,,/,┐  l /,   /   /-,,_
     ,, -- 、 -=<У l ノ,i''_L,,,,,/゛   /     `゙''─-
    / /  l   ~)- - "    フ   /      , '  `'
  / /    !   、,,' / ,     ,ノ   l      /      `、





          _,∠  ̄ ̄ ̄ ̄`> 、
      /   `>——-、  ∧
     / ,ィ≠/, -—‐-、l_/,∠\

     //_/∠ -、      ´'ヽ \l
    /  / / , ィfい   `ニ_⌒7ー‐|l
    /  l /Y 辷り    ffい1Y| l  ゞ==ァ
    |/l j|          辷ン丿l |   \/   ていうかあたしたちとは違う感じの子ですよね。
   |/l/川  ' '    '     , , ハ \  \  いつもおどおどしてるっていうか……
    八|トl\   rァー┐    /lハ\|` ̄  ピンクじゃなくて白キュアっぽい。
      |ートミ   /   |    /l/ノ
    、_ 〉: :\  ̄` ┘  イ:フ´
     `フイ:r- 、:l` ー‐ 〔:_: :└-‐ァ
     / ̄/  /j       l] `ト-、イ
   /⌒l | |l     /|  l  /\
   /    l l  l l    // / /  l
   |   | ヽ  Vlー—/7 / /l   l
   |   l   \/|ー‐/ ∧/ / l / |

     /       /         \
    /       / /    l       l
    | / /     | / !  |  l   |   \
    l/ /   /|/l | 」 ト、 ト、  |   |
   / /   /_|_」 ィf´ ! | | ト !_∧  |

   |  |/ -/ィ=≠ミx \| | j/ j/`¨l  l/
   |/ハ  /   ,ィ ハl  l/  ィ≠ミy| /|
   l/ /l /!   トrィリ     f _ハ  l //
   | /´l ハ.|   ゞン    〈 弋ン /jイ|
   |/ト」'_、  ' '     ノ  , , l/| /  あたしはああいう子も良いとは思うんだけどさ。
   l/ / / /ハ       _    //´   でもプリキュアの仕事にも慣れてもらわないと困るしねー。
     |// ̄| \   イ__」_/      今のままじゃ心配よ。
     l/  V     T/ _\
    /|    l       l V _ l
 / ̄ l   \     /V   |ー 、
/   \ l     \ー—|〈`⌒ヽ/\ハ
|       l   -、  l    \  ノト、| |
|   \」/|  \|    ハ  /: :\ |
|      ヽ|    |ー——j: l /: : : : :\






やっぱりブロッサムにはまず精神を鍛えてもらわないといけないわね。
それと体力も。あの細い身体じゃアクションも軽くなっちゃうし。

           l// / / /      \ \  ヽ _」_
           / / /| /| l     |    ヽ  l /       `ヽ
            l/ | ' ハ| | l  l  l l     | ,/        |
            | ヽ|/ ヽ \ ! /  |   l| /′        ,
            ー|  ノ     l/ | ハ   l/          /
            r- '  ゞ≡=' / ,| /∧ /          /
           |    ' ' / u/l// l/             /
              〈ー┐     / / く/           /
            |l_ノ    /   /        /
        へ、 ヽ         /          /
      /  / ̄ ̄7二二 /  /     /〈
     -{_r/    /  //  /     /  /
  く    ,//   /   / / /    /    /
   V //  {__/__/   l       /    /
  /:Y/レへ、 {       |         /::\
  / /      T \      l         /:::::::::::/




         , - ———— - .、
       , く      ',      )、
      / _, -, -—- 、 i   _ ィ',イ ヽ
      /'   / / ̄ `´` '´`ヽfこハ ',
     , \ / /         ∨ ハ }  ,/
      |  l /_         _ V  ` 二/   えっと……ブロッサムをどうするつもりですか。
      !   |:l`\`ヽ  , '´_ '´   ! 、トイ_
     :|  N  __┘ └ '_    N Vノ ̄
      !l  |i ——     ——‐  !lハ |' ̄` ー 、
     |ト. :N ""       ""  j|イリ   / |
    ‖ ヽlハ. ,、__ ___,、   イ┘./_/     l
     l!   X> ------ <´  |/ヘ ',     |
        |          ヽ/_|  | |    |
        {t—- 、      /イ_〕 ̄ 〉!,.--- 、}


       /´  /          }\
       /´  {  //  l          ',
      / ,  / ヘ l !  |   ',    ',  l|
    l / / /- 、V l  _」_、  !   l  ハ
    | l ,.イ , ≡、V|\ | l` | l l/   |
    � .:r1 ハイ} \ ィ≡ 、l l l   l|

      V:V、必ソ    fトィノ }レ/ / l  l/  そりゃもうトレーニングメニューの改良よ。
      V{"" '__   ゞ'  イ/リ | .:イ  特別メニューを組んで、

        h、 V |   ""  ー' 》':::/   ブロッサムを一から心身ともに鍛え直さないとね。
         l i\ ー'    イ ̄::/:l::/    ついでにあたしたちも鍛え直そうか。
      __ | l:.ノ`T    ト、::::イ.:::/
     イ /\レ' 〉ノ r- ' /\ヘ:ノ
   / l∠.`ヽ.〉 {」_,ノヘ. /  /\_
    l 〈 -、 Vヽ | } ̄ ̄ 〉 ,    -\
    |  l\ `┘ /ー〈   /__」 /   |
  〈j  j/{  l //| \ /\ /      |



              /    , '二二ゝ!___/- _\ヽ
           / \//__     _丶zヘ/ ヽ.l
         /   / /´—、_〉   〈, -- ヽ´ヌ./ l|
          // /l /                  | l |
          // / |'                 ヘ ヽヽ
         // /! | u                | ト. ヽ l
         l | l/´!                  l |ハ l ヽ  (嫌な予感……)
         l l l| ス|   =○        ○=  |l ハ.トトヽ
        l |」ト、 l  ,、,、    i     ,、,、  u l| l}ソ|l \
          !l |l |ヘ                 /l |イ|l |!
        ', l  l ヽ    、       /!7/ 〃/
                /\    ̄ `   /:. | '
              _/_:/:.:.:ト  --  イ:.:.:.:.:', ヽ
            , ィ—-|l:.:i:.:!       !:.:.:.ト:.:l|ヽ!7、
          ///    レ'才     |! ̄´ リ   | l \
        / //      /        /      /|  |



                    . <´ ̄ ̄ ̄`> 、
                   /            丶
                   /                \
                 /     /                ヽ
             /   /                  ,/   l
             .'   /             /〈   l
              |  //       /    > '´   ヽ.   |
              |  //     /  ,  ´    u  |  |  うう……プリキュアの仕事がこんなに大変だなんて。
——————‐/⌒I!i !'     / /             |  |  ここでの生活も辛いし……はぁ。
      _/⌒/⌒\l|    //     /        / / /
    //´ゝ. | ⌒X.八   /  丶--- '  丶- ' / / /

   // / (.人〃   ∧  ┝━━━    ━━━|/ /
  / /  /     〃 、__ \.{_  ニニ    二二ノイli
 ,' /  /       {{   | l\ `  ' ' '            ノ }}
 l |  /      ヾ=-//   \            / 〃




         , -——‐- 、

        /: : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : :\
     /:/ : : : : : : : xく: : : : : : : : :ハ

     l/: : : : : : :/   \: : : : : ヽ |  ……そういえば今日もトレーニングがあるのを思い出しました。
     |: : : :/:/     丶: : : : :l |  毎日あんな厳しいトレーニングをしなきゃいけないなんて。

     |: : :/:/ _」  |__   ヽ: : : lム 今日のメニューは……。
     l: : :l/          l: : :/  )———    . _
      x: :{ ┯┯    ┯┯ ノ: ノナく__):——: : : : : : : :`: . 、
     (  `ゞj |  , ,  」__」≦´∠ __)\: : : : : : : : :\: : : : :\
        /≧ァー|i:ァヘ.\   `ヽ   \: : : : : :丶 \: : : : :\
        /: : : :/: : Ul   \\    |     ヽ: : : : : : \:\: : : : ヽ
     / : : : : /: :/ __|   V\丶--l     : : : : : : : :ヽ: 丶: : : }

      / : : : : /: :/ |/| \ |   ̄ヾ|     l: : : : : : : : l: : :|: : /
    {: : : : :〈: :〈  ヽ.|  丶|     |      |: : : : : : : /: : /: :/
     \: : : : ヽ:ヽ.  l|    |      |     /: : : : : : /: : /:/

         / 二ニ/‐:/     \: : :—:  _ 丶:l
           / /: : ://  l /´ ̄  \: : : : : : : l |:l
          ,' /: : :/厂`      —- 、ヽ|: : : : : | |:|   !?
          l l: : : l/ __      / ⌒>、\|: : : : :/ , |
          l l: : : l/−、     トイjヘ| }|: : : :/ /.ム
        N: : :]l トイj|     弋  ノ リ: :/∠⌒ヾ}/:
           ゝ: : t弋_,ノ ノ     `二 /_彡'´へ \.ノ}}: : :
        〃´≧ト\ー      ' ' ' ´ ̄      / `Y: :
      , {{. :-—人 ' ' r-'⌒\     /{>-イ. --、j ̄
    //:\: : : :/> _\( _.)  /   ゝ /    \
   //: : : : : :/  /´ ̄`¨ TT冖≦    //
  / /: : : : : : :/     |  |   | |  \  ///l


       /    .  -— 、    \\
        /   /      \    ヽ ヽ
      ,   /、_   __,     ヽ.     | |
      |   ,            l   | |   
      l  /‐-    -一=='  |   | /
      ヽ |  o       o      |   //⌒l
       `ト_     __ _,ノ _,ノ^ヽ /⌒l
      /⌒|  ̄      ̄ ̄   ̄ / `メ、   /——
    (   `~ ̄ ̄ ̄ ̄~゙l   /`T¨´ ノー'

      r— 、 ____」  /l>、二´  \
      厂` l| ———‐r≦二´.  ヽ \   \
     〈/^l  |      |   ヽ \  \ \  \
       〈'  |      |   / !  \   l  \
       ゝ/ \_  _V  / |   \ |     |
        〈 //  \::::::| '   |      `|   /|
          `Y      \|/   |     | /


               /: : : : : : :/    ヽ: : : : : : :ヽ
              / : : : :/: :/_/ l__ \: : : : : :l|

               | : : : /∠-- 、    _,,..,,_ ',: : : : :|
               | : : /´     .  /´   `ヽ: : : : !  !?!?!?!?!?
              _∨: {   ゚   } {  ・   }: : : :/  ふっ……腹筋6000回!?
             ( ヘ: t、    ノ  '、    イ: :/)
            /〉{{、`T`ミ≡´/  ̄l `≡彡 イ}} 〈.、

            /: :(__人_≧:.、_ /   | __,. イー'ノ_):\
            /: : : :/: // ||`¬ー] ̄[ーァ一ァ个x:\: : : : :\
       /: : : : :/: : :/| ||   |-  - / 〃/, | \\: : : : :\
       / : : : : : /: : : :l |  lヾ   |ー一/ 〃// |  l: : ヽ: : : : :.\


          /  /   /  ィ   / ,         l
           / / / / / l   / /1 |        ハ
           // / /l_ / l   / / l /|       l
        |// //l / `ト、 /l/  l /|  l  /   |
       /l/ /l    |'   ヽ | |  ィ ´ l\/ /   |
      /  //レ1  、 __   ヽ!   /  / 〃//   /l
       // /ヘ / 〃´ ̄ヽ       _ /イ/   / /
         |∧l 〈 /  ""   l|    〃 ̄`V /  /|/  あっ、ブロッサム。
         |/ト-|  /⌒ヽ   j〉      l| / イ! |  今日のトレーニングメニュー見た?
    /⌒7/ ̄ハ  { \   ` ー——- 、 "" /イ| /
   /  / //  / \\        __」  /ーj ∧
   l   l //  /   l\ \        / /ー/イ |
  /   //l /     |  l> 二二二二´ イ \ / l |
  |  // / 〈  r——く  |_   /ーy—‐┐   〉 l |
 ノ l // /  \ |    \_」_∠ /     |  / /  〉
|  // /   /」    ー}   }ー   / く   |  /l



      / :/:/ . : : : : : : : : : : : : > ´  ヽ: : : : : : : . Vハ
      / :/:/ : : : : : : : :/>'´    ,   \: : : : : : : v|
      | :// : : : : : : //    _」  | 、_  _\: : : : : :l|
      | :|:l : : : : : :// -一〜'´       ̄   V: : : : i
    x:┴:!:!: : : : : /  _....,,_         _,,.. _   l: : : : :|
    {  川: : : : /y' . − 、\     /. − 、`Y!: : : :/  あ、あの……ブラック先輩。
    ゝ,ィ≧ : : : |イ/{_  ィ1        /{_  ィ1 }} : : /   メニュー表の0が一つ多くありませんか?
——/〃l ∧: : : V{叭l⌒ハ}       {叭l⌒ハ} /: : /=x  そうじゃなくてもいつもより回数が多いような……。
: : : :{  l|八  \: :{ ゝt辷ン     {  ゝt辷ン〃:/—l|- 、
: : : : :`ァァ{ 丶二`ト  , , ,         , , , /:イ: : : 〃: : : :丶.
: : : :// \__/  ヽ u   r------┐   /人: : : : : :`丶: : :\
: :// /´ ̄`>、   > . _ ` ̄  ̄´ _,. イ二、 丶: : : : : : : 丶: : :\
: / /      | l\_ノ    ̄厂 ̄ ___/   \ \: : : : : : : \: : :\
'  /          | l       丶—' l |       \ \: : : : : : : \: : :\
 /            | l  ̄`     -—' //        |  丶: : : : : : : :\: : :\
 |         /ヽ\        //\         |    l: : : : : : : : : \: : :\





/: : :/  l:|  l: : :l: : |  l: : : l  \:l: : : : l: : : : : l: :|
: : :,/-—キミ: ヽ: :l: : |  l: : : l -‐キ-、: :l: : : : : l\:!
: : /     l  \\ :| ヽ/!  | l: :ハ: : : : l: : :l
: / -—‐- 、    ヽ|    ヽl -——-l/ l : : /: : :l
/ y==== 、       ,  ====x  l : ∧: : l
     ,ィ  ハ           ,ィ  ハ    j: :/: l: :/   それで合ってるよ?
      {::トイ:::!       {::トイ:::!   /イV: |:/   腹筋6000回。
     Vヒハノ          Vヒハノ    l ) |: リ-、
l  ゝ __          __ ノ  l_/イ  /\
l            |〉           l |/  /   \
ハ                     ハ/  /      l
 ゝ                   ノ /  /       |
⌒ ー——- 、__   (つ _, -——一 ⌒ ー-、    |
 ー——-、__ノ———ゝ __, -———-   \  |

---——‐┘          └——- 、   `  \ リ


           ∩ / / /  /) . <  ̄ ̄ ̄ > 、  /|_
         |l_/ / /_/// : : : : : : : : : : : : : ; :\   ∠ __

         /      / ': : : : : > Tu  ̄ ̄{ : : : ヽ       /
-‐====‐- 〈  — 、 /  |: : : /l / |    /ヽ: : : :|    /
: : : : : : : : : : /  __ \ 八: :/´ ̄`ヽ / l/ l / l: : : |

: : : : : :—:/{_,/: : : :\_)`Y^V! (○) ..::::::.. '´ ̄`Y! : : l    ∩  / )
:/: : : /   /: : : : : : : :l⌒l_ 〈  三 ..::::::::::. (○)  }: : /     | | / /
: : : : く   /> 、 ̄ ̄ ̄` ーf‐八u       ミミ ノ.:∠ -く\__,ノ L/ /_ /)
: : : : : :>x.     >ヤチ  ̄ ̄`ヽ\  /]   u /厂): : : :ヽ 、   〈//> 、
: : : /: :/  ` <  ノ |      |卜]>r-- ┬<ー'_,ノ:_: : : :八 \   ∠_: : : : \
: : /: : :/      `くノ      /\ヽ └ァく  ̄ ̄`ヽ  \: : : ト  r:‐——┘: : : : :.ヽ
: :/: : : :\        \   /  {丶二 イ     h.   \::|  | : \: : : : : : : : : : }
\: : : : : :_:〕         ̄厂    /  \  |     //> .  |、__ |: : : :.\: : : : : : : /
: : :> '"´             |   r‐{__f_う´ \   _//    >|  |: : : : : : ヽ: : : : :/
/                 |   l/    \__/厂`¨^ <.     |): : : : : : :}: : /
                  |         l/ /         > 、_ノ: : : : : : ://

                    -‐- 、 __
             , -─<二_ミ Y∠ニ`ヽ

            / '  ̄, /   ヽ  ̄` ミヽ、
            /, -‐  /〃 / ,、、\    \、
            ノ´   // | / /  ! l  ヽ     |lヽ
          / , / ,/レト、l ||  | |ヽ  l   、l l
          /イ/ ,イ/ l|\l| || ,⊥L」  |   |   |
         l´/ / l 、、=、、 | |l `フ'´ `|ヽl    ! V
         l //_l ´ ;ヘ.)!゛ 、|ヽニテ-、l_ノ l  ハ l | イチローって知ってる? メジャーリーガーの。
         |/| {、|  l 'oj   ヽ バ_)!゙´|/ / l || あの人は腹筋3000回やてるらしいよ。
        ! lハ { ´^ ´<    、!_oノ /' // ノ リ プリキュアがメジャーリーガーに負けるわけにはいかないし

             ヽ    i ァー┐   ̄`//⌒i/!ノ  あたしたちは倍の量をやろう。
             \   、  ノ       ´ノ 丿´
   , -、       /, \  -′  , ィ^ー '´|    6000回もやれば身体も精神も鍛えられそうだしね。
 r‐'´ 、ヽ       YV|∧_T 二´⊥| l ノ!ハ|    大丈夫、あたしたちも一緒にやるよ。6000回。
f´、 \ ヽノヽ   /^\_/´__|/ヽ ,-┴レ‐く `

ハ、_\ )'(_/  〃 f⌒/  /::レ'/:::/:::::::ヽ
r(ゝ- 'フノ!   /::L_ゝ<   /:::::/::::::/:::::::::::::|



                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : ヽ
              // : : : : : : /: : : >—一'´ {: : : : : : : ',
               //: : : : : :/> '´     u l: : : : : : : :|
                l/: : : : : //\_        ヽ: : : : : :l:|
           /⌒]: : : : : /\  └   、_/`\,|: : : : : :||  (お、おかしい……こんなの絶対おかしい。
            { /ハ : : : /   \             |: : : : : :リ    一体この人は何を考えて……)
         /⌒/^'; : : l   ゚       ———‐ | : : : : /
        /{_/八_ N: |7777        ・  /: : : /
       /: : : |ーイ  ̄',`            \   / : /!⌒)
      /: : : : : : :/ 丶--ヘ、          u ∠彡イノ /
    / : : : : : : : /      \-、_     u  /—r |  ): \
    /: : : : : : : : :|       | 丶 `二ニ - イ_廴__./イ: : : : :\
   /: : : : : : : : : |       |    └—/´ /  / `ヽ: : : : : :





       , -、 ノ⌒ヽ    _, -—- 、     /⌒ヽ‐-、
      /    ̄   h  / _  r ニ   \r冖く   \ 廴,
   {ー'       ノ:广}-‐ _  `/⌒ヽ  ヘ ノ }}      -く
    7/      /九ソy'´   |      \八_    } }
    {  / , —-' / | l/   l  l     /    l    }ノ  ノ'
     ゝ{ト{     / !l   /l ムl   厶   l |   j./
          9   k{ l  //∨  \|  \l| |
           , イ{ヘl | ≡≡   ≡≡}  /  あたし最近体調悪いし6000回もできるかなー。
           / {  `Tト ゝ , ,     , , ノ/
          /    \ \\         /´
       /      \ V´> 、 c:ァ/

       /      -‐-、V __   ̄
        /  { /     |´   `ヽ _
     /    V  l     /Vヽ、[`ヽ l|
    /     |  丶  / / └、〕 し’

        -‐'´,  -—‐`= 、

      / '⌒ヾ /     \\
     /   '⌒`   -、    \',
      '  /  / /`ヽト、 l l l:. l \_
    | '   l |「  | リヽト、N:.ヽ丁´
   __,ノl | l从|ヽ     -‐个 |:::|::ゝフ
  、__,ン′:.、l| __ ノ  __ ィレハ:::ノ  冗談じゃないですよ6000回なんて。

   弋_ .:::小 _,.二z   辷ツ Vノ:ノ  お腹ねじ切れるに決まってるじゃないですか。
    弋_ イヘヽ  辷ツ   、   ` リ::j   ダメです、ダメダメ。
      人_ハ ´       __  /ノ
         ̄` -≧:.、_ '三ニ゙イ' ̄
             `ヾ}  , '´\_
        _ //j/   ,/  \

       / /r┴r:r—ァ //      l
        /  l{_{_{_{  /     |
        〈  l l | | l= {    { /
       }  ! l l  l l  ∨     〉


/: : : : / j|  l: :|  V:l: : : : :|: : : |   V: :l: : : : :l: |: : :ート、
: : : : /  {J  V:|   Vl: : : : |: : : |    V::|: : : :/:/: : :l: |  \
: : :∠ _    v!    ヽト : : |\: |     j+-、/:/: : :/:/
/|    ` ー-1 __ヽ\|  ヾ   / レ |: /|/: : :/:/l
: : |    ___    ノ  ゝ ー'´__」/ リ: : :/: :l  えー?

: : |   ー—f テテー      ーf テテ一 /:/: : :∨  大丈夫だよ、あたしたちならやれるって。
V|      ゞ= '          ゞ= '  イ )卜: : :|
ハ|     ´ ̄ ̄`        ´ ̄ ̄`  Vノ トl:|
ーl\   二二        ,    二二  l  | l: l

: : :、                         ∧  l j/
: : : :>、            ⌒)       /: :|
ーく  l>   ____,、 く ___  イ: :N:リ
   \ l     \   /`ー' \  \ ̄`lー—- 、


          .  -——- .
        /: : : : ノ-、: : : : \、
       /: : : : /   \: : : :ヽヽ

        /: :/:/  ノ ○  }: : : : }: |  (よかった、ルージュ先輩だけはまともでいてくれた)
      ,: : :l/ー     , , ノ: : :ノ^',l
      |: : :{○        ̄´  _ノ`Y_
      ヽ: :{_' '       u   /   ノ: : :
      /`T`   「 ヽ    ∠人_ノ: : : :
       {  {> 、_└ '   イ    \: : :
         `て  厂__〕__/\ _  \:
        /.:/⌒ーく ノ\/  `ヽ

       / : :/    ヽ  l |

        / : : {      }   l |
        / : : 八 、, ┴イ  |゚|


     r='イ/   -—- 、   \
     / _」/        \    \
    ハ , ┘ 、 \  ト、  l   \___  ̄ノイ
    |   rヘ l丶|ヽ.l  ヽ|丶 l  _ ノ   イ
   _.」|N  l| l|  |.ィ Tヽ l/! 丶、   /
不、  ト.|      /       l`ト--ゝ  '´l  6000回はダメです。
  >   l  _,ノ     __  ,  l/ イ´ |   /  最悪イチローさんと同じ3000回までにしてください。
  \  ヘ\  _    ===イ    __/ イ
   `ト  〈ヘ==' ,   , --、  / _,/
    ``tー‐ヘ  r┬'     }/l ヘ
\     \ 丶ヽ{___/  jル'

  \ \  l    ̄ `ヾ、_}     ゝ-ァ—-、
    \ ヽ l    / /´/   //     \


::::::::::::::::::::::::::::/::/   l   丶-—       ヽ:::::::::::::}_
::::::::::::::::::::::::::/::/   /               l:::::::::/ \

::::::::::::::::::::::::;'::/  _,/           ヽ l   |::::::/《/´ |
::::::::::::::::::::::::l:/                      ○  |:::/ 1 ⌒メ、
::::::::::::::::::::::::|'                         |/  |  /
::::::::::::::::::::::::|                   l ヽ '   |/ ⌒
::::::::::::::::::::::::|  ヽ l                    u〃
\:::::::::::::::::::',   ○          へ             /
 /\:::::::::::::::'、            l⌒  ヽ   u     /   _
 |   >、:::::::::::\  l ヽ    |      ',       /  /∧
 l   { ー> :::::::::\       ヽ.    |    /-////∧
 丶  ヽ |  \ ̄´ u      \   l  /l ///////∧

     l   l     ト、  \   ト、 ヽ  l  ヽl
      V  l ヽ   ヽ \  l _」L\ l |  \
       l\ ト  \   \ /| リ  ヽ|  |_  l| |
    | |  \_ \ \\ ヽ. l 二二 |  |-∨N |
    | レ'´ ̄\ヽ\ \\ |/ハ __ハ j  l  ||∨  うーん……しょうがない、妥協しよう。
  l  」/l   二二    ̄`ヽ| l:::ヒソ::::l | ハ /l/    じゃあ腹筋3000回ってことで。
  l | !//ハ __ハ     | ゞ≠'´ |/ !/レ|:\
\| l /Y  |:::ヒン::l             l|:|/: : :厂フー
: : ×、|ハ、   ゞ≠'´      ヽ       人|: : : : / /
/  ゝ!/l \           _   /l : : : : : / /
     |`T¬ ゝ        '´" / // : : : : / /
    l l  |: : : `Tァ¬—---‐'´  //: : : : :/ /
       l  |: : : : :l |        //: : : : : :l  |


  , -—-、      , -/         _     \    rく   ノ
  /    \rーt_/ / /         ̄ 丶\ン^'´ ̄`ハ
ー/      ノニ/´ ー|/´           -—-〈 {ニ-‐ }〈 : :
ノ      〈 ニ/⌒ /´ ̄ ̄`     -—‐- 、 -‐しt 、ニニィ┘: :
     . : └//  |              \  : :ハ/´ {: : : : .  . . : : : :
    : : : : :/´    |                    \/.:∧  {: : : : : : : : : : : : :
.   . . : : : :/    ハ                    ∨: ハ 丶---—-、: :}\
: : : : : : : : : |     :|  、       ト 、\         |: / l|         }ノ
/⌒\__:ノ|     :| : :ハ: . 、   ', 、\: \: . |:   |/  |
      ∧ ::|  :ヽ. :{ノ\:\: .  ', \  ̄\|: :   /  o
      o ヽt  : ::{`    `¨\: : ',    ̄  |: : : /}  〈〉  はーい、分かりました……。
     〈〉   \ :.', 三三   丶ゝ 三三 j: / /
              丶:、               /'´_/
             八             / `> .
      .イ⌒i    . イ^ゝ、._   )〜ー(   _,. ィ   〉      \
    /:': :,ァ’  /r_⌒j  〈   ̄厂天´ /  /     / \
   {: ': :,{    l }: `¨}   > |V)-(ヽ/  <       /    ヽ
   .八: :/ )-‐ ': : : :ノ  く    V\∨    >    /       |



        /            _,. く      ヽ
       /       .   ´    \      ',
        /    /  /   /   ハ   \     l
        |   / /  _/    \_   ヽ   |
       !    l/   ̄          ̄  !     |   (わたし……この寮に来たのは間違いだったんでしょうか。
      V  {-┬ T"´     ー┬-=、,,_ |   /   帰りたい、今すぐ家に帰ってお母さんに会いたい。
       }\ t /  |          |  ', /   /    もうヤダこんな生活……)
      /⌒l` 7`  !   __   |   V _,. イ
      l /| /  |  /   |  |  ̄´V⌒Y^Y
     /∧ ヽ   |  /   |  |   / \,| |
      ゝ|   ̄`ゝ、|   ̄ ̄     !  /_,ノl_ノ_
       {     } `ト  _   __  'イ_,ノ 丿)   \
      ∧__ノT¨´r—_|  |へ、    \ー‐'   \\
      /     | / 〈   `Y \_   \       l |
      /     |./   |ー  ー|   / /\  |        |
      /      ∧\ |  ̄ ̄/   / /l  l   |        |








桃寮の日常   おわり。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください