ドッピオ「ドッピオです」メリー「私、メリーさん」(10)

ドッピオ「とぅるるるるるるるるるるるん」

ドッピオ「おっ?電話が鳴ってるぞ、ボスからかな?」

ドッピオ「とぅるるるるるるるるるるるんるん」

ドッピオ「はいはい、今でますよ」

シャープペン「」ガシッ

ドッピオ「はいィィ~、もしもしドッピオです」

メリー「私、メリーさん」

ドッピオ「はァ?」

メリー「私、今ゴミ捨て場にいるの」

ドッピオ「すみません、多分電話番号間違えてますよ」

メリー「あら?確かに昼間会った女の子の声とは随分違うみたいね」

ドッピオ「ハッハハ、ぼくもよくやりますよ、間違い電話、でもあんまり気にしないほうがいいですよ、誰でもやることだから…」

メリー「でも私は電話番号を間違わないの、間違えないのそういう風に出来てるから」

ドッピオ「? じゃあもしかしたら混線してるのかもしれませんね、ぼくの電話も本来なら『ある人』以外からはかかって来ないはず物ですから」

メリー「…あなた、変わった人ね」

ドッピオ「そうですか?とりあえず用が有るなら早くかけ直したほうがいいと思いますよ」

メリー「……そう、それじゃあ切るわね、じゃあねどこかのドッピオさん」プツンッ

ドッピオ「ボス以外から掛かって来るなんて、珍しいことも有るもんだな」

ドッピオ「とぅるるるるるるるるるるん」

ドッピオ「またか」

ボールペン「」ガシィッ

ドッピオ「もしもし」

ディアボロ『ドッピオよ……さっきの電話の女…次に電話が掛かってきたら用心するんだ』

ドッピオ「えっ?お言葉ですがボス、まだ小さい子供の声でしたよ?」

ディアボロ『その油断が命取りなのだ……お前も知っている通り、私以外の者がこの電話掛けてくることはない、これは絶対だ』

ドッピオ「……」

ディアボロ『奴はその絶対を破って掛けてきた、間違いなくスタンド使いだ……お前は大切な私の部下なんだ、常に警戒を怠るな…』

数日後

ドッピオ「とぅるるるるるるるるるるる」

懐中電灯「」ガシッ

ドッピオ「はい、ドッピオです」

メリー「私、メリーさん」

ドッピオ「…てめー何者だ……オレに何がしてぇんだ…?」

メリー「あら?この前とは別のドッピオさんかしら?」

ドッピオ「ふざけたことヌカすんじゃねェーぜッ!!お前がスタンド使いだと言うことはもう知れてんだぜ!?」

メリー「スタンド?…まあいいわ、質問に答えてあげるわ」

メリー「私はただ電話を掛けてるだけ、あなたに掛けるつもりなんて一切ないわ」

ドッピオ「嘘吐くなッ!!同じ電話、しかもこの電話に二回も混線するわけねェーだろうがッ!」

メリー「私も知らないわ、ただ……」

ドッピオ「?」

メリー「もし私と直接お話がしたいなら会いに行くわよ?」

ドッピオ「…上等だかかって来やがれ……命を失う覚悟があるならなァ…」

メリー「フフフ……じゃあ今からそっちに行くわね」プツンッ

ドッピオ「とぅるるるるるるるるる」

懐中電灯「」スッ

ドッピオ「今の会話は聞いてましたよね?」

ディアボロ『ああ、こちらに来ると言っていたが…好都合だ、私の手で確実に葬れる』

ドッピオ「しかし…奴はどうやって私の居場所を突き止めるつもりなんでしょうか?」

ディアボロ『スタンド能力…としか言いようがないな、なにぶん情報が少なすぎる、部下に命じてできる限り情報を集める、お前は自分の身の心配をしていればいい』

ドッピオ「分かりました」

ディアボロ『一応万が一に備えて今から「キングクリムゾンの腕」と「エピタフ」を貸す…使いどころを誤るなよ』

ドッピオ「了解しました、では…」プツンッ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年03月30日 (月) 00:15:10   ID: uaEw5k7c

とぅるるるるるる♪

2 :  SS好きの774さん   2015年09月06日 (日) 21:58:08   ID: nBlFqT5g

るるるん♪

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom