ほむら「時間遡行にQBがついてきた」 (512)

 
ほむら「どうして……何度やっても、あいつに……」

キュゥべえ「最強の魔女、ワルプルギスの夜。君一人では太刀打ちできないことくらい、十分予想できただろう?」

ほむら「…………」

キュゥべえ「さあ、これから君はどうするんだい?」

キュゥべえ「その魂たるソウルジェムを濁らせ、君自身も災厄を撒き散らす存在となるか」

キュゥべえ「或いは、最強の魔法少女になるであろう鹿目まどかに助けを求めるか」

キュゥべえ「僕としては、どちらに転んでも有益な展開になり得るんだけどね」

ほむら「……あなたたちの思い通りになんて、させないわ」

キュゥべえ「…………」

ほむら「私にできることはたった一つ……やり直すことだけよ」

キュゥべえ「なるほど。君が時間遡行者であることは仮説に過ぎなかったけど、どうやら間違いではなかったようだね」

ほむら「…………」



ほむら(繰り返す……私は、何度でも繰り返す)

ほむら(まどかを絶望の運命から救うまで、何度でも……)


ほむら「…………!?」




ガシャン!!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399672951







ほむら「っ!!」 ガバッ

ほむら(……一ヶ月前……何度目もやり直してきた、繰り返しの起点)

ほむら(でも、何かしら……さっき、時間を遡る瞬間)

ほむら(何かが飛びついてきたような……)



キュゥべえ「なるほど、確かに一ヶ月という時間を遡っている」

ほむら「!?」

キュゥべえ「まさか本当に時間を超越するとは驚きだ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「他者を巻き込んでの時間遡行、これはあくまでも仮説に過ぎなかったけど」

ほむら「…………」 シュンッ

キュゥべえ「? どうしたんだい、こんなところで変身するなんて」

ほむら「……許せないわ」

キュゥべえ「?」

ほむら「……この力は、この魔法は、私の……まどかのためだけのもの」

ほむら「それを、あなたたちインキュベーターが、土足で踏みにじるようなこと……」

ほむら「絶対に、許さない……!」

キュゥべえ「!!」

ほむら「…………」 ジャキッ

キュゥべえ「うわあっ!!」 バッ

ほむら「…………えっ」

キュゥべえ「…………!!」 モゾモゾ

ほむら「…………」

キュゥべえ「…………!!」 モゾモゾ

ほむら「……あ、あなた、何をしているの?」

キュゥべえ「決まってるじゃないか!隠れているんだよ!」

ほむら「……頭しか隠れていないわよ」

キュゥべえ「!?」 モゾモゾ

ほむら「あなたのサイズでも、枕の下に隠れられるわけがないでしょう」


ガシッ


キュゥべえ「うわあっ!」

ほむら「…………」

キュゥべえ「尻尾を掴んで持ち上げるなんてひどいよ!下ろして!」 プラーン

ほむら「…………」

キュゥべえ「やめてよ!下ろしてよ!」





ほむら「あなた……本当にインキュベーター?」

キュゥべえ「?」


ほむら「…………」

キュゥべえ「君の目には、何か違うものに見えているのかい?」 プラーン

ほむら「インキュベーターにしか見えないから、聞いてるのよ……」

キュゥべえ「それなら僕は間違いなく、インキュベーターそのものだよ?」

ほむら(……おかしい)

ほむら(何なのかしら、この違和感は)

ほむら(私の知っているインキュベーターは、こんな……)

キュゥべえ「ねえ、そろそろ下ろしてくれないかな?」

ほむら「それは私が決めることよ」

キュゥべえ「でも僕としては、こう、ずっと逆さまにされているっていうのは」



コンコン



キュゥべえ「!! ほら、誰か来たよ!だから早く僕を下ろそう!」

ほむら「…………」 ポイッ

キュゥべえ「わぷっ!?」

ほむら(とりあえず今は、変身を解除しておかないと……) シュンッ

ほむら「……どうぞ」


ガチャッ


主治医「失礼します……今、大丈夫?」

ほむら「はい」

主治医「…………」 キョロキョロ

ほむら「何か?」

主治医「あ、ううん。誰かとお話してたのかな、って」

キュゥべえ「!!」

ほむら「それは……自己紹介の練習を」

主治医「ああ、そっか……うん。暁美さん、やっと退院できるんだものね」

ほむら「はい」

主治医「本当におめでとう。学校生活、楽しみね」

ほむら「……そう、ですね」

主治医「でも一応、退院の前にいくつか検査をしておかなければいけないの」

ほむら「ええ、わかっています」

主治医「とは言っても、念のための軽い検査だけどね」

ほむら(……知っているわ、何度も受けた検査だもの)

主治医「まず明日は午前中に、心電図と運動負荷検査を……」

ほむら「…………」 チラッ

キュゥべえ「…………」 カチーン

ほむら『ちょっと』

キュゥべえ『うわっ!いきなりテレパシーを飛ばさないでよ、びっくりするじゃないか』

ほむら『……なにをしているの』

キュゥべえ『ぬいぐるみのふりだよ!』

ほむら『……そんなことをしなくても、そもそもあなたの姿は見えないと思うのだけど』

キュゥべえ『……それもそうだね!』

ほむら(……このインキュベーター、やっぱり……)

主治医「あの、暁美さん?聞いてる?」

ほむら「はい、明日の午前中に心電図と負荷検査、明後日の午前中に心エコーと……」

主治医「あ、う、うん……一応、予定表は渡しておくわね」

ほむら(繰り返すたびに同じ検査、嫌でも覚えてしまうわ)

主治医「とりあえず、これを伝えに来ただけだから……より良い学校生活のためにも、今はゆっくり休んでね」

ほむら「ありがとうございます」

主治医「何かあったら、いつでも相談してね?先生はあなたの味方だから」

ほむら「……はい」

主治医「それじゃ、また明日ね」



バタン



キュゥべえ「今の人が君を診ているお医者さんかい?」

ほむら「…………」

キュゥべえ「医者という職に就いている人は何人も見てきたけど、ずいぶん若くて奇麗な人だったね!」

ほむら「…………」

キュゥべえ「きっと頑張って勉強したんだろうね!」

ほむら(何だか頭が痛いわ……)

キュゥべえ「どうしたんだい?眉間にシワが寄っているよ」

ほむら「……話を整理しましょう」

キュゥべえ「?」

ほむら「あなたは、私が……時間を遡る前に話していたインキュベーターね?」

キュゥべえ「そうだよ」

ほむら「そして私が時間を遡る時に、一緒についてきたということ?」

キュゥべえ「ああ、上手く行くかどうかは実行してみなければわからなかったけど」

ほむら「私以外の誰かも一緒に遡れるなんて、聞いていないわ」

キュゥべえ「僕だって、本当に可能かどうかわかっていたわけじゃない」

ほむら「…………」

キュゥべえ「僕だけが弾き飛ばされるか、或いは魔法そのものが発動しないか」

ほむら「でも、可能かもしれないと思うだけの何かはあったわけでしょう」

キュゥべえ「そうだね」

キュゥべえ「君は知っているかもしれないけど、僕たちインキュベーターというものに個という概念は存在しない」

キュゥべえ「それぞれ個体は独立して行動できるけど、同時に全ての個体が情報や記憶を共有している」

キュゥべえ「インキュベーターというものは個体の総称ではなく、僕たち全てがインキュベーターという一つの存在なんだ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「そして僕たちは有史以前から、君たち人類と共にこの星に存在してきた」

キュゥべえ「君は契約によって時間を超越した存在になったけど」

キュゥべえ「ありとあらゆる時間軸に偏在している僕たちもまた、時間を超越した存在と言える」

ほむら「それで、試してみたということ?」

キュゥべえ「そうだね、そもそも僕たちには時間なんていう……」

ほむら「…………」

キュゥべえ「…………」

ほむら「?」

キュゥべえ「一気にたくさん喋ったら喉が渇いたよ、何か飲みたいな」

ほむら「!?」

キュゥべえ「水やお茶でもいいけど、ジュースを貰えると僕は喜ぶよ!」

ほむら(やっぱりおかしい)

まどマギSS初挑戦なんだけど、もしかして過去のSSとネタが丸被りなの?

スレタイが紛らわしいんだったら立て直した方がいいのかな

ほむら「やっぱり、おかしいわ」

キュゥべえ「何がだい?」

ほむら「私の知っているインキュベーターと、あなた」

ほむら「遡る前に話をしていたインキュベーターと、あなた」

ほむら「とても、同じ存在だとは思えない」

キュゥべえ「そんなことを言われても困るよ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「僕は確かにインキュベーターだし、さっきまでの時間軸で君と話をしていたのも僕だよ」

ほむら「それにしては、何か……」

キュゥべえ「何かおかしいかい?」

ほむら「そうね、強いて言えば」

キュゥべえ「うん」

ほむら「…………」

キュゥべえ「…………」

ほむら「だいぶバカっぽいわ」

キュゥべえ「!?」

ほむら「すごく、ものすごく、頭が悪そう」

キュゥべえ「ひどい!その言い方はひどいよ!」

ほむら「そうかしら」

キュゥべえ「いきなりバカっぽいとか、頭が悪そうとか!」

ほむら「…………」

キュゥべえ「僕は傷ついたよ!怒ったよ!」

ほむら「あら、そうなの?」

キュゥべえ「そうだよ!感情が無い僕だって怒るんだよ!」

ほむら「…………」

キュゥべえ「いくら何でもバカはないよ!ひどいよ!」

ほむら「怒ってるじゃない」

キュゥべえ「そうだよ!怒ってるよ!」

ほむら「感情が無いはずの、あなたが」

キュゥべえ「そうだよ……えっ?」

ほむら「感情が無いインキュベーターが、怒っているじゃない」

キュゥべえ「…………」

ほむら「…………」

キュゥべえ「ほんとだ!」

ほむら(……それとも、本当にバカになったのかしら)

キュゥべえ「どういうことだろう?」

ほむら「私に聞かれても困るわ」

キュゥべえ「これも、極めて稀な精神疾患の一つなのかな……いや、でも……うーん」

ほむら「…………」

キュゥべえ「まあいいや。ところで、僕は喉が渇いたんだけど」

ほむら「頭から水を浴びせてあげましょうか」

キュゥべえ「さすがにそこまで干乾びてはいないよ!」



ほむら(……どういうことなのかしら……)

ほむら(今まで、どの時間にも、こんなインキュベーターは存在しなかった)

ほむら(そもそも、時間遡行にインキュベーターが付いて来るなんて……)

ほむら(まさか、それが原因だと言うの……?)

キュゥべえ「この事態が何を意味するのか、解明するには情報が少なすぎる」

ほむら「……そうね」

キュゥべえ「だから今はひとまず、僕に飲み物を与えてみるというのはどうかな?」

ほむら「…………」

キュゥべえ「ジュースとか、牛乳だと僕はとても喜ぶかもしれない」

ほむら「……水しか無いから、これを飲んでいなさい……」

キュゥべえ「この際、贅沢は言わないことにするよ」

ほむら(何なの、このインキュベーターは……)

キュゥべえ「…………」

ほむら(何故かこっちの調子が狂うわね……)

キュゥべえ「ねえ」

ほむら「……何よ」

キュゥべえ「ペットボトルのままだと飲めないよ、お皿は無いのかな」

ほむら「……今借りてくるわ……」 

キュゥべえ「ありがとう!」

ほむら(……本当にやり辛いわ)

 
 
 
 
キュゥべえ「…………」 ゴッキュイゴッキュイ


ほむら「改めて、聞きたいことがあるのだけど」

キュゥべえ「何だい?」

ほむら「あなた、これからどうする気なの」

キュゥべえ「どうする気、と言われてもね」

ほむら「…………」

キュゥべえ「どの時間軸においても僕は僕だ、やることに変わりは無い……と、言いたいところだけど」

ほむら「何よ」

キュゥべえ「さっき、僕たちは記憶も情報も共有していると言ったよね?」

ほむら「ええ」

キュゥべえ「どうもこの時間軸に来てから、そこにノイズのようなものが混じっているんだ」

ほむら「ノイズ……?」

キュゥべえ「わかりやすく言うなら、他の個体と上手く同期できないと言ったところかな」

ほむら「どういうこと?」

キュゥべえ「それは僕にもわからない。過去にも、実際に時間を遡った個体は僕以外にいないからね」

ほむら「…………」

キュゥべえ「つまりこの現象は、僕にとってもまったく未知のものだ」

キュゥべえ「まずはこれを解明しないと、僕としても動きようがない」

キュゥべえ「まるでインキュベーターという存在から僕だけが弾き出されたような気分だ、訳がわからないよ」

ほむら「一つ、いいかしら」

キュゥべえ「何だい?」

ほむら「人のベッドの上でゴロゴロしないでくれる?」

キュゥべえ「ふかふかのベッドというものは実にいいね、僕から見れば超キングサイズだよ」

ほむら(蹴り飛ばしてやろうかしら)

キュゥべえ「まあ僕としては、しばらく君と行動を共にしたいんだけど」

ほむら「…………」



ほむら(インキュベーターと行動を共にするなんて、虫唾が走るけれど)

ほむら(これは、一つのチャンスかもしれない)

ほむら(今までの繰り返しで失敗した原因は、主に二つ……)

ほむら(一つは、桁外れの強さを持ったワルプルギスの夜)

ほむら(そしてもう一つは、インキュベーター……奴らの行動を妨げられなかったこと)

ほむら(その個体の一つを、駒として手元に置いておく……)

ほむら(……上手くやれば、これは私にとっても有利に働くかもしれない)




キュゥべえ「どうかな?」

ほむら「……一つ条件があるわ。私と行動を共にする以上、魔法少女の勧誘はしないこと」

キュゥべえ「いいとも、それは他の僕たちでもできることだからね」

ほむら(例え個体の一部だとしても、この約束を取り付けただけでも僥倖かしらね……)

キュゥべえ「それじゃあよろしくね、ほむら!」

ほむら「……ええ」




ほむら(せいぜい利用させてもらうわよ、インキュベーター……!)

上の方でも書いたけど、まどマギSSは初挑戦なんだ
もしかしたら過去のSSとネタが丸被りなのかもしれない、紛らわしかったら申し訳ない


─退院当日─


ほむら「……お世話になりました」

主治医「ううん……本当に良かったね、暁美さん」

ほむら「……はい」

主治医「体に気をつけてね?もし何か不安なことがあったら、すぐに病院に来るのよ?」

ほむら「はい」

主治医「ちょっとした違和感とか、何でもいいんだからね?」

ほむら「はい」

主治医「学校生活を楽しむのもいいけど、あまり不規則な生活はしちゃ駄目よ?」

ほむら「はい」

主治医「それと、適度な運動くらいならむしろ健康のために……」

キュゥべえ『ほむら』

ほむら『何?』

キュゥべえ『この先生、話が長いね』

ほむら『……そうね、でも最後まで聞くわ』

キュゥべえ『そっか、じゃあ僕も待つよ』

ほむら「…………」






主治医「寝る時はお腹を冷やさないようにね、あと枕は自分の体に合ったものを」

看護士「あの、先生……次の患者さんが待ってますから」

主治医「あら、もうそんな時間?」

ほむら「……私のことは気にせず行ってください、大丈夫ですから」

主治医「そう……それじゃあ暁美さん、元気でね」

ほむら「はい。お世話になりました」 ペコッ




キュゥべえ『……ようやく解放されたね、ほむら』

ほむら『私を心配してくれたのよ、その言い方は失礼だわ』

キュゥべえ『そういうものかい?』

ほむら『そういうものよ……もう行くわ』

キュゥべえ『優しい先生だったんだね』

ほむら『…………』

 
キュゥべえ「さて、それじゃあほむらの家に向かうとしようか」

ほむら「いえ、寄って行く所があるわ」

キュゥべえ「? 何か買うものでもあるのかい?」

ほむら「まずは武器を補充しないと」

キュゥべえ「ほむら、君は今退院したばかりなんだよ?」

ほむら「時間は有限よ。転入までに出来るだけの準備はしておかないと」

キュゥべえ「ほむらは働き者なんだね!」

ほむら(誰のせいだと思っているのかしら、忌々しい)

キュゥべえ「それにしても、退院したその足で武器の調達とはね」

ほむら「消耗した分だけでも補充しておかないと、後でジリ貧になりかねないわ」

キュゥべえ「なるほどね、それじゃあ行こうか」

ほむら「…………」

キュゥべえ「どうしたんだい?早く行こうよ」

ほむら「くれぐれも、足は引っ張らないで」

キュゥべえ「ひどいなあ、忍び込むのはインキュベーターの得意分野なのに」

 
─怖いおじさんたちの事務所─



ほむら「私から離れないで、離れればあなたの時間も止まってしまうわ」

キュゥべえ「わかった、ほむらの肩から降りなければいいんだね」

ほむら「それと、絶対に周囲の人に触らないように……」

キュゥべえ「この人の腕にあるのは刺青って言うんだよね、実物は初めて見るよ!ほむら、これ!」

ほむら「…………」 グイッ

キュゥべえ「ぎゅっぷい」

ほむら「あなたは何も触らないで、とにかく大人しくしていて」

キュゥべえ「わかった、そうするよ」



ガチャッ



ほむら「はぁ……手早く済ませましょう」

キュゥべえ「ふむ、沢山あるね」

ほむら(拳銃弾と、これは閃光手榴弾ね……魔女相手には通用しないでしょうけど、持っておいて損は無さそう) スッ

キュゥべえ「ほむら、ほむら!」

ほむら「今度は何?」

キュゥべえ「すごいね、君は怪盗みたいだ!」

ほむら「……そう」

キュゥべえ「ほむら三世って呼んでもいいかい?」

ほむら「首から上を吹き飛ばされても構わないのなら呼べばいいわ」

キュゥべえ「……ほむら、僕は大人しくしておくよ」

ほむら「懸命ね」




ほむら(気が散って仕方ないわ、もう置いて帰りたい……)

キュゥべえ「それにしても、君の盾は便利だね」

ほむら「この収納機能が無ければ、まともに戦えないもの」

キュゥべえ「退院した君が手ぶらだったのも、その盾のおかげかい?」

ほむら「……もともと荷物は少なかったから、配達を手配しただけよ」

キュゥべえ「なるほど」

ほむら「……さあ、そろそろ出ましょう」

キュゥべえ「わかったよ!」 ピョン

ほむら「!?」

キュゥべえ「さあはやk……

ほむら「…………」

キュゥべえ「」

ほむら「…………」

キュゥべえ「」

ほむら「……やっぱりバカなんじゃないかしら、この個体……」





キュゥべえ「大漁だったね、首尾は上々と言ったところかな!」

ほむら(何であなたが自慢げなのよ)

キュゥべえ「それで、これからどうするんだい?」

ほむら「……そうね、もう少し補充しておきたいところだけど」 ジッ

キュゥべえ「?」

ほむら「……何だか疲れたから、今日はこの辺にしておくわ」

キュゥべえ「退院初日だからね、疲れるのも無理はないよ」

ほむら(主にあなたのせいよ……)

キュゥべえ「それじゃあ改めて、ほむらの家に向かうとしよう」

ほむら「そうね……あっ、でも」

キュゥべえ「?」

ほむら「食事も済ませて帰ろうかしら……正直、今日はもう自炊する気力が残っていないわ」

キュゥべえ「そんなに疲れているのかい?今日はゆっくり休まないとね!」

ほむら(だからあなたのせいなんだけど)

 
キュゥべえ「ほむら、ほむら!」

ほむら「肩の上で大声を出さないで、聞こえているわよ」

キュゥべえ「あそこにクレープの屋台があるよ!」

ほむら「?……ええ、そうね」

キュゥべえ「あのお店なんてどうだろう?」

ほむら「……クレープは食事と言うよりおやつでしょう」

キュゥべえ「なるほど、それもそうだね」

ほむら「…………」

キュゥべえ「ほむら!」

ほむら「……何?」

キュゥべえ「クレープにはね、ツナサラダとか、軽食として食べられるものもあるんだよ!」

ほむら「そうなの、もう行くわよ」

キュゥべえ「うん……」

ほむら「…………」

キュゥべえ「ほむら、ほむら!」

ほむら「…………」

キュゥべえ「クレープはね、歩きながら食べられるという点でもとても効率が」

ほむら「ああもう、食べたいのなら食べたいと言えばいいじゃない……」

店員「いらっしゃいませー」

キュゥべえ『ほむら!僕はね』

ほむら「ツナサラダを一つ」

店員「かしこまりましたー」

キュゥべえ『ほむら!?ほむら、僕まだ決めてないよ!』

ほむら「…………」

キュゥべえ『決めたよほむら!僕はダブルクリームのチョコバナナだよ!』

ほむら「…………」

キュゥべえ『ほむら!僕の分も注文してよ!ほむら!』

ほむら「…………」

キュゥべえ『ほむら!ねえ!ほむら!』 グイグイ

ほむら「すみません、あとチョコバナナも一つ」

店員「はい、チョコバナナお一つですねー」

キュゥべえ『ダブルクリーム!』

ほむら「ダブルクリームで」

店員「かしこまりましたー」

キュゥべえ『ねえ、ほむらは僕を虐めているのかい?』

ほむら「……さあ、どうかしら?」

キュゥべえ「…………」 モッキュモッキュ

ほむら(……まさかインキュベーターに、食べ物の好みがあるなんて) モグモグ

キュゥべえ「キュップイ!」

ほむら(……それ以前に、味覚があったのね)

キュゥべえ「ご馳走様、ほむら」

ほむら「……せいぜい感謝しなさい」

キュゥべえ「そこは『お粗末様』と返すのが、この国の社交辞令というものじゃないのかな」

ほむら「今後、あなたの食事は乾パンと水だけにしましょうか」

キュゥべえ「うーん本当に美味しかったよ感謝の言葉も無いくらいだ本当にね」

ほむら(……インキュベーターを餌付けする日が来るとは予想外だったわ)

キュゥべえ「ところでほむら、そのツナサラダは美味しいかい?」

ほむら「ええ」

キュゥべえ「ほむらは食べるのがゆっくりだね」

ほむら「……ええ」

キュゥべえ「もしかしてお腹がいっぱいなのかい?」

ほむら「あげないわよ」

キュゥべえ「一口」

ほむら「あげない」

キュゥべえ「ほむら、君は少し食い意地が張っているんじゃないかな」

ほむら「……どの口が言うのかしら」

キュゥべえ「もしお腹がいっぱいになったら、いつでも声をかけて。待ってるからね!」

ほむら「そんな小さい体で丸ごと一つ平らげておいて、まだ足りないの?」

キュゥべえ「君たち少女もよく言うじゃないか、甘い物は別腹だって」

ほむら「…………」

キュゥべえ「…………」

ほむら「異星人がそれを言うと、物理的にあり得そうだわ」

キュゥべえ「それは僕も思った」

ほむら「そもそもあなた、満腹になるということはあるの?」

キュゥべえ「どういうことだい?」

ほむら「以前あなたをぶちまけた時、胃袋のような物は無かった気がするのだけど」

キュゥべえ「本人を前にしてそういうことは言わないでよ!複雑じゃないか!」

ほむら(……一度インキュベーターのX線写真を見てみたいわね)

キュゥべえ「まあ僕たちインキュベーターは、君たちのように経口摂取による栄養補給がなくても」

キュゥべえ「肉体を維持することはできるんだけどね」

ほむら「そう」

キュゥべえ「どうだい、すごく進化的な肉体だと思わないかい?」 ドヤァ

ほむら(インキュベーターのドヤ顔って初めて見たわ)

キュゥべえ「僕たちインキュベーターは、とても効率的な進化を遂げたからね!」 ドヤァ

ほむら「そうなの」

キュゥべえ「うん!」

ほむら「じゃあ今後、あなたの食事は用意しなくてもいいということね」

キュゥべえ「それとこれとは話が別だよ!」

ほむら「必要ないんでしょう?」

キュゥべえ「美味しいご飯は日々の潤いだよ、生きる活力だよ!」

ほむら(……やっぱり味覚はあるのね)

ほむら「インキュベーターに活力も何も無いと思うわ」

キュゥべえ「ひどい!」

ほむら「そもそも、食事を用意するのにもお金と手間がかかるのよ」

キュゥべえ「?」

ほむら「あなた、穀潰しって知ってる?」

キュゥべえ「定職も持たずに遊び暮らす、無為徒食の人を罵る言葉だね」

ほむら「ええ」

キュゥべえ「……?」

ほむら「…………」

キュゥべえ「!!僕は穀潰しじゃないよ!」

ほむら(やっと会話の意味を理解したのね)

キュゥべえ「ほむらは随分と僕に冷たく当たるね」

ほむら「そうかもしれないわね」

キュゥべえ「もしかして、僕のことが嫌いなのかい?」

ほむら「当然よ」

キュゥべえ「クレープ美味しかったね、ほむら!」

ほむら(あのインキュベーターが現実逃避したわ)

酉つけときます

 
─ほむホーム─


ガチャッ

ほむら(……退院初日にこれほど疲れたのは初めてだわ)

キュゥべえ「…………」 コソコソ

ほむら「だから、あなたは普通の人には見えないんだから隠れなくてもいいでしょう」

キュゥべえ「それはそうなんだけど、気分的にね」

ほむら「心配しなくても、この家には私しかいないわ」

キュゥべえ「君もマミのように一人暮らしなのかい?」

ほむら「……そうよ」

キュゥべえ「退院早々に一人暮らしは大変じゃないかい?家族の人は?」

ほむら「……インキュベーター」

キュゥべえ「?」

ほむら「人間と一緒に暮らすのなら、あまり踏み込んだ質問はしないことね」

キュゥべえ「?よくわからないけど、そうするよ」

ほむら(やっぱりこのインキュベーターには、感情のようなものが芽生え始めている)

ほむら(とはいえインキュベーターはインキュベーターね、用心しないと)

キュゥべえ「でも大丈夫だよ、ほむら!」

ほむら「何が大丈夫なの?」

キュゥべえ「僕がついているからね!心配ないよ!」

ほむら「…………」

キュゥべえ「僕がいるということは、もう一人暮らしじゃないってことだよね!」

ほむら「私の中では、あなたは一人じゃなく一匹としてカウントされているわ」

キュゥべえ「!?」

ほむら「さてと、荷物の整理をしておきましょう」

キュゥべえ「ひどいなぁ」

ほむら(……何だか、本当に、やりにくいわ)

キュゥべえ「それで、僕の寝床はどこなのかな?」

ほむら「貰ってきた段ボールがあるから、今から作るわ」

キュゥべえ「地味にひどい扱いだね、さすがの僕も落ち込むよ?」

ほむら「そもそもあなた、寝るの?」

キュゥべえ「どういうことだい?」

ほむら「本来は食事も必要ないんでしょう?」

キュゥべえ「そうだね、僕たちインキュベーターは君たち人間と違って」

キュゥべえ「食事、睡眠、排泄などを行わなくても肉体を維持できるよ」

ほむら「それなら寝床もいらないんじゃないかしら」

キュゥべえ「でも、以前マミにね」

キュゥべえ「寝ている時に部屋の中をうろうろされると落ち着かないって言われたんだ」

ほむら「……確かに、そうかもね」

キュゥべえ「だから、正確には眠るというわけじゃないけど」

ほむら「?」

キュゥべえ「こう、プチッと、シャットダウンのように」

ほむら「便利なんだか不便なんだかわからないわね」

キュゥべえ「スリープモードと言った方がわかりやすいかな」

ほむら「……というか、あなた」

キュゥべえ「?」

ほむら「巴マミと暮らしていたの?」

キュゥべえ「前の時間軸でマミと同居していたのは、僕という個体ではないけどね」

ほむら「……ああ、そういうこと」

ほむら(やけに甘党だったりするのは、彼女の影響なのかしら)

キュゥべえ「ちなみに、鹿目まどかの家に泊まったことならあるよ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「その時はベッドで寝させてもらったんだけど、ほむらの家では」

ほむら「床ね」

キュゥべえ「えっ」

ほむら「床で寝なさい」

キュゥべえ「何故だい、訳がわからないよ!」




ほむら(まどかの家にお泊りなんて、私もしたことがないのに)

ほむら(インキュベーターの分際で生意気だわ)



ほむら(……羨ましい!) ギリギリ





キュゥべえ「ほむら、ほむら」

ほむら「……何」

キュゥべえ「床が冷たいよ」

ほむら「……これでも使いなさい」 ポイ

キュゥべえ「タオルケット……まあいいけどね」

ほむら「文句があるなら返しなさい」

キュゥべえ「ありがたく使わせてもらうよ」

ほむら「はぁ……じゃあ、もう寝るから」

キュゥべえ「わかった。ほむら」

ほむら「?」

キュゥべえ「おやすみ、また明日ね!」

ほむら「……ええ」 プイッ

キュゥべえ「ひどいなあ、おやすみくらい言ってくれてもいいじゃないか」

 
─転向初日、朝─

キュゥべえ「さあ、ついに学校だね!」

ほむら「……あなた、本当に来るつもり?」

キュゥべえ「君と行動を共にすると言ったじゃないか」

ほむら「現時点で、あなたに学校をうろつかれるのは困るのだけど」

キュゥべえ「どうしてだい?」

ほむら「ほとんどの生徒にはあなたが見えない。でも、まどかと美樹さやかは別なのよ」

キュゥべえ「なるほどね、急に僕が現れたら二人ともびっくりするだろうね」

ほむら「そういうことよ」

キュゥべえ「わかった、その辺はちゃんとやるよ」

ほむら「どうするつもり?」

キュゥべえ「ちゃんと自己紹介をするよ!」


バタン


キュゥべえ「!?」

キュゥべえ「ひどいよほむら!置いて行かないでよ!」 カリカリ





和子「おはよう、暁美さん。ずいぶん早いのね」

ほむら「転入初日ですから」

和子「私が担任の早乙女和子です。困ったことがあったら何でも言ってね」

ほむら「はい」

和子「とりあえず、鞄だけでもロッカーに入れてきたら?教室まで案内してあげるから」

ほむら「結構です、場所はわかりますから」

和子「……?そ、それならいいんだけど」

ほむら「それでは、失礼します」



キュゥべえ『話は終わったかい?もう顔を出してもいいかな?』

ほむら『まだダメよ』

キュゥべえ『でも、鞄の中は暗いし息苦しいよ』

ほむら『黙ってなさい』

キュゥべえ『あっ、これはお弁当かな?』

ほむら『……手をつけたら後で木っ端微塵にするわよ』

キュゥべえ『じゃあ早く出しておくれよ』

ほむら「……もういいわよ」

キュゥべえ「よいしょっと……ふぅ、苦しかった」

ほむら「あなた、呼吸しているの?」

キュゥべえ「気分の問題だよ」

ほむら「……あなたって、本当に面倒ね」

キュゥべえ「あっ、ほむら!」

ほむら「何?」

キュゥべえ「部員募集のポスターがあるよ、どの部活にしようか」

ほむら「……魔法少女に、そんな余裕があるわけないでしょう」

キュゥべえ「じゃあ同好会にしておくかい?」

ほむら「人の話を聞いてるのかしら」

キュゥべえ「?」

ほむら「…………」 イラッ

 
ほむら「もういいわ」


ガチャッ


ほむら「あなたはこの中で」


スッ


ほむら「大人しくしていなさい」


バタン!


キュゥべえ『!?』

ほむら「ようやく落ち着けたわ」

キュゥべえ『鞄から出られたと思ったら、今度はロッカーの中かい!?』

ほむら『放課後には出してあげるわ』

キュゥべえ『ほむら!ここも狭くて暗いよ!』

ほむら『中の物には触らないで、触ったら木っ端微塵よ』

キュゥべえ『ひどい!』





ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」

和子「暁美さんは心臓の病気でずっと入院していたの。久しぶりの学校だから……



まどか(……!?あの子……)


ほむら「…………」 チラッ

まどか「えっ……?」

ほむら(……まどか)

ほむら(たった一人の、私の友達……)

ほむら(あなたを救うためなら……私は永遠の迷路に閉じ込められても、構わない……!)

ほむら(例えあなたに嫌われても、怖がられても……)



まどか「…………」 ジッ


ほむら(…………)

ほむら(おかしいわね)

ほむら(こんなに興味津々で見つめ返されるのは予想外だわ)

和子「それじゃあ席は、中沢くんの隣が空いているわね」

ほむら「…………」

和子「暁美さん?」

ほむら「えっ?あ、はい……わかりました」


まどか「…………」 ジッ


ほむら(見られてる……)

ほむら(私、何かしたかしら……) オロオロ

ほむら(もしかして、私に睨まれたと思って)

ほむら(いえ、まどかはそんなことで睨み返すような子じゃないわ)

ほむら(じゃあどうして……)


和子「それじゃあ、HRを終わります」

ほむら(まどかぁー……)

和子(暁美さん緊張してたのかしら、さっきから机に伏せたままだけど……)

モブA「暁美さんって、前はどこの学校だったの?」

ほむら「東京の……あれよ、そういう感じの……」

モブB「前は部活とかやってた?運動系?文化系?」

ほむら「いいえ、特にそういうのは……」

モブC「すごい奇麗な髪だよねー!シャンプーは何使ってるの?」

ほむら「まあ色々よ、色々……」

モブABC「「「……そ、そっかー……」」」

ほむら(……まどかぁー……)




仁美「不思議な雰囲気の人ですよね、暁美さん……何と言うか、上の空と言うか」

さやか「ねえまどか、あの子知り合い?」

まどか「えっ?」

さやか「なんかさっき、思いっきりガン飛ばされてなかった?」

まどか「いや、えっと……」

ほむら(ダメよ、ダメよほむら)

ほむら(まずはまどかとコンタクトを取らないと)

ほむら(まずはいつもの忠告をやらないと……!)

ほむら「……ごめんなさい、何だか緊張し過ぎたみたいで……ちょっと気分が」

ほむら「保健室に行かせてもらえるかしら」

モブA「あっ、じゃあ私が案内してあげるよ!」

モブB「じゃあ私も」

ほむら「いえ、お構いなく……係の人にお願いしますから」 スッ

ほむら(大丈夫よほむら、もう何度もやってきたことじゃない……そう、何度も同じことを)



まどか「……あっ」

さやか「…………」

ほむら「……鹿目まどかさん。あなたがこのクラスの保健係よね」

まどか「えっ?う、うん……」

ほむら「連れて行ってもらえる?保健室」

まどか「!!」

ほむら(忠告するためとはいえ、厳しいことを言うためとはいえ……)

ほむら(やっぱりまどかに怯えた表情で見られると、心が……)

まどか「ほ、保健室だね!わかった!」 ガタッ

ほむら「えっ」

まどか「じゃあさやかちゃん、ちょっと行ってくるね!」

さやか「えっ?あ、ああ、うん……私も行こうか?」

まどか「ほ、保健室に行くだけだから大丈夫だよ!ねっ?」

ほむら「え?そ、そうね」

まどか「えっと……こ、こっちだよ、暁美さん!」



ほむら(……何かしら、この反応)

ほむら(今まで何度もやり直してきたことなのに、これは予想外だわ……)



仁美「どうしたんでしょう、まどかさん」

さやか「さあ……なんか緊張してるって言うか、舞い上がってるって言うか」

まどか「それにしても、私が保健係ってよくわかったね……えっと、暁美さん?」

ほむら「先生から聞いていたの……それと、ほむらでいいわ」

まどか「あっ……うん、ほむらちゃん」

ほむら「…………」

まどか「あのね、私もほむらちゃんに聞きたいことが……」



キュゥべえ『今日のほむらのお弁当は……牛乳とカロリーメイト?』


ほむら「!?」

まどか「あれ?何か聞こえたような……」


キュゥべえ『育ち盛りなのに、こんなお昼ご飯はよくないよ!』

キュゥべえ『まったく仕方ないなぁ、ここは僕がちゃんと面倒を見てあげないと』

キュゥべえ『ほむらは本当に世話が焼ける子だね!』


ほむら「ごめんなさい、ちょっと待っててもらえるかしら」 

まどか「えっ?う、うん」

まどか(ほむらちゃん、何で怒ってるんだろう)

ガチャッ


キュゥべえ『やあほむら!もうお昼の時間かい?』


ベシッ


キュゥべえ『いたい!』

ほむら『ロッカーの中で独り言はやめなさい』

キュゥべえ『喋ってないよ!』

ほむら『独りテレパシーもやめなさい!』

キュゥべえ『普通の人には聞こえないんだからいいじゃないか!』

ほむら『まどかや美樹さやかには微妙に聞こえてるのよ!』

キュゥべえ『えっ……じゃあさっきまで歌ってたのも聞こえていたのかい?それは恥ずかしいな」

ほむら『いえ、前を通りかかった時に聞こえたから、多分ある程度近づかないと……』

ほむら『というか歌って何よ、インキュベーターが歌ってどういうことよ!』

キュゥべえ『喋ることができるんだから歌だって歌えるよ、当然じゃないか!』





まどか「ほむらちゃん、ロッカーを開けて何してるんだろう……?」

ほむら『とにかく、ロッカーの中では大人しくしていて』

キュゥべえ『やれやれ、束の間の自由も許されないのかい?』

ほむら『もし同じことをやったら、あなたの食事は三食ホウ酸団子よ』

キュゥべえ『つまり死刑ということだね、大人しくしているよ』



バタン!



ほむら「待たせてしまってごめんなさい」

まどか「ううん、気にしなくていいよ!」

ほむら(まどか……本当に優しい子)

ほむら(だからこそ、まどかは私が守らないと)

ほむら(全ての魔女から……そして、インキュベーターから……!)

まどか「えっと、保健室だよね?こっちだよ!」

ほむら「……ところで、鹿目まどか」

まどか「ティヒヒ、まどかでいいよ!」

ほむら「……まどか、さっき私に聞きたいことがあるって」

まどか「あっ、うん……あのね?」

ほむら「?」

まどか「えっと……いきなり、変な質問かもしれないけど」

ほむら「…………」

ほむら(この様子、まさか)

ほむら(魔法少女のことについて、何かを察している……?)

まどか「えっと、初めて会った人に、こういうことを聞くのは変かもしれないけど」

ほむら(その可能性はある……)

ほむら(まどかが契約してしまう場合、そのタイミングには毎回誤差がある)

ほむら(最後の最後で契約する場合もあれば、私が転入してきた時点で既に契約していたことも……)

まどか「あのね、ほむらちゃん」

ほむら(……まさか……!)




まどか「ほむらちゃん、ぬいぐるみ好き?」

ほむら「」



ほむら「えっ?」

まどか「あ、あのね?私ほむらちゃんと、どこかで会った、ような気がして」

ほむら「……え、ええ」

まどか「ほむらちゃん、昨日商店街にいたよね?駅前の」

ほむら(……まさか)

まどか「ほむらちゃん、バッグの中に白いぬいぐるみを入れて歩いてて」

まどか「私、すっごく可愛いなって思ったの!」

ほむら「!?」

まどか「私もね、ぬいぐるみとか大好きで」

まどか「でも、もう中学生なのに子供っぽいかな、とも思って」

まどか「だから、もし同じ趣味の友達ができたら」

まどか「それは、とっても嬉しいなって」

ほむら「まどかちょっとここで待っててすぐ戻るわごめんなさい」 ダッ

まどか「ほむらちゃん!?」




バタバタバタ

ガチャッ


キュゥべえ『やあほむら!もうお昼k


ベシッ


キュゥべえ『いたい!』






ほむら「ごめんなさい、待たせてしまったわね」 ファサッ

まどか「う、ううん、気にしないで」

ほむら(それにしても、参ったわね……まさかまどかにインキュベーターを目撃されたなんて)

ほむら(それもこれも、バッグの中は嫌だと駄々をこねるあいつのせいだわ)

まどか「ねえ、ほむらちゃん?」

ほむら「な、何かしら」

ほむら(このままでは私がぬいぐるみ好きというキャラにされて、せっかくのクールなイメージが)

ほむら(いえそんなことより、インキュベーターに対する警戒心が薄れてしまう可能性が……!)

まどか「あの白いぬいぐるみ、とっても可愛かったよ!」

ほむら「まどか……!」 ガシッ

まどか「えっ?」

ほむら「あいつは、そんな可愛いものではないわ」

ほむら「目的のためなら手段を選ばない、効率主義の手先のようなものよ」

ほむら「決して心を許しては駄目」

ほむら「あいつの言うことに、耳を貸しては、駄目……!」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「…………」

まどか「……うん、わかるよ」

ほむら「わかってくれるの?」

まどか「うん……私も」

ほむら「…………」

まどか「ぬいぐるみに名前をつけたりしてたから!」

ほむら「……えっ」

まどか「でも、ほむらちゃんほど凝った設定は考えなかったなぁ」

ほむら「いえ、これは」

まどか「ほむらちゃん、小説家とか向いてるかもね!ティヒヒ!」

ほむら(違う、違うのよまどか!設定とかじゃないの!)

まどか「ほむらちゃん、あの子の名前は?」

ほむら「あっ、キュゥべえよ」

まどか「設定はかっこいいけど、名前は可愛いんだね!」

ほむら(あああああああどんどんドツボにはまっていくわ!)

まどか「今度ほむらちゃんと、ぬいぐるみについてゆっくりお喋りしたいなぁ」

ほむら「そ、そうね……」

まどか「あのね、ほむらちゃん。もし良かったら」

ほむら「?」

まどか「今度、私のお家に遊びに来ない?」

ほむら「!?」

まどか「私の部屋にもね、ぬいぐるみがたくさんあって」

まどか「同じ趣味の人に、みんなを見てもらいたいなって……」

ほむら(趣味じゃないけど……全然趣味じゃないけど)

ほむら(まどかの家にお呼ばれなんて、そんな……)

まどか「だ、ダメかな?いきなり馴れ馴れしいかな?」

ほむら「そんなことないわ!」

まどか「!」

ほむら(……つい思いっ切り否定してしまったわ)

ほむら(でも、いいのかしら)

ほむら(私はまどかのために、まどかを救うために、まどかとは距離を置くべきなのに……)

まどか「えへへっ、嬉しいな」

ほむら「……まどか」

まどか「私ね、こんな性格だから」

まどか「初めて会った人と、上手にお喋りできないし……」

まどか「本当はね、自分からほむらちゃんに話しかける勇気も、無かったの」

ほむら「…………」

まどか「だけどほむらちゃんとお話したら、何だか初めて会った気がしなくって」

まどか「こんなに早くほむらちゃんとお友達になれるなんて、思ってなかったから」

まどか「私、すっごく嬉しいの!」

ほむら(……友達)

ほむら(まどかと私が、友達)

まどか「? ほむらちゃん?」



ほむら(最後にまどかに友達と言ってもらったのは、もういつだったか思い出せない)

ほむら(あなたを救うために、とっくの昔に、諦めたはずの関係なのに)

ほむら(やっぱり、私は……まどかと……)

まどか「ほ、ほむらちゃんっ!」

ほむら「あっ……ごめんなさい、ぼーっとしてしまって」

まどか「で、でもほむらちゃん、泣いちゃいそうだよ?」

ほむら「…………」

まどか「ご、ごめんね、やっぱり馴れ馴れしかったかな……?」

ほむら「……ううん、違うの」

ほむら「私もね、こんな性格だから」

ほむら「もう『友達』なんて、諦めてたの」

まどか「……そうなんだ」

ほむら(そう、私はまどかと友達になることなんて、もう諦めていた)

ほむら(それがまどかのためと言いながら、本心は……自分が一番、傷つかない方法を探していた)

ほむら(でも、やっぱり私にとって、まどかは……)

ほむら「だからね」

まどか「う、うん……」

ほむら「私も、まどかのような友達がいてくれて、本当に嬉しい」

まどか「!」



ほむら(やっぱり私、弱いわね……)

ほむら(まどかに手を差し出されると、どうしてもそれに縋ってしまう)

キーーンコーーンカーーンコーーーン


まどか「あっ……予鈴、鳴っちゃった」

ほむら「そうね」

まどか「保健室はあっちだよ、急ごう」

ほむら「別に、次の休み時間でもいいわよ」

まどか「ダメだよほむらちゃん、気分が悪いなら我慢しない方がいいよ」

ほむら「……それなら、私一人で行くから」

まどか「もうっ、連れて行ってってお願いしてきたのはほむらちゃんだよ?」

ほむら「それは……そ、そうだけど」

まどか「それに私も、もうちょっとほむらちゃんとお話したいし」

ほむら「……まどかったら、そっちが本音なのかしら?」

まどか「ほむらちゃんを心配してるのも、もっとお話したいのも、どっちも本音だよ!」

ほむら「……ふふっ」

まどか「それじゃあ改めて、よろしくね!ほむらちゃん!」



ほむら(やっぱり、まどかは優しいわ……)

まどか(ほむらちゃんってクールに見えるけど、笑った顔も可愛いんだなぁ……)

ほむら(まさかインキュベーターがきっかけで、まどかに友達と呼んでもらえることになるなんて……)

ほむら(…………)

ほむら(もちろん感謝なんてしないわよ)


ガチャッ


キュゥべえ『やあほむら!もうお昼かい?』

ほむら『あなたの体内時計はどうなっているのよ、教科書を取りに来ただけ』

キュゥべえ『そうかい』

ほむら『あと、これ』 ポイッ

キュゥべえ『?』

ほむら『大人しくしていて、あと絶対に食べカスを落とさないで』

キュゥべえ『いちごロッキーじゃないか!ありがとう、ほむら!これは一度食べてみたk



バタン!



ほむら(よく考えたらまどかとの関係がこじれたのだって、インキュベーターが原因のようなものだもの)

ほむら(つまり感謝する必要なんて全く無いのよ)

ほむら(あれはあくまでも諸悪の根源なのよ)

 
─放課後─


まどか「ほむらちゃーん!」

ほむら「な、何かしら、まどか」

まどか「あのね、今日さやかちゃんと仁美ちゃんと一緒に、ショッピングモールに行くんだけど」

ほむら「え、ええ……」

まどか「ほむらちゃんも一緒に、どうかな?」

ほむら(何が何でも一緒に行きたい……ところだけど)

ほむら「ごめんなさい、今日はちょっと用事があるの」 ファサッ

まどか「あっ……そ、そうだよね、転向初日だから忙しいよね」

ほむら「…………」

まどか「私こそ、急に誘っちゃってごめんね?」

ほむら(そんなに落ち込まないで、まどかが謝ることなんて無いのに……)

ほむら「今度」

まどか「えっ?」

ほむら「また今度、誘ってもらえるかしら」

まどか「あ……う、うん!もちろんだよ!」

まどか「ほむらちゃんに、二人を紹介したいし……二人にも、ほむらちゃんを紹介するね!」

ほむら「……ええ、そうね。楽しみだわ」 チラッ



さやか「…………」 ヤッホー

仁美「…………」 ニコニコ


ほむら「……二人にも謝っておいてくれるかしら」

まどか「うん、じゃあまた今度ね!ほむらちゃん!」

ほむら「ええ、また」





ほむら(本当は一緒に行きたいところだけど……仕方ないわ)

ほむら(そう、まどかは私の友達……まどかも、私を友達だと言ってくれた)

ほむら(私がここにいる理由、全てはまどかのため)

ほむら(まどかは絶対に、私が守る……!)

 

ガチャッ


キュゥべえ『やあ、やっと放課後かい?』

ほむら『ええ、ショッピングモールに行くわよ』

キュゥべえ『なるほどね!早く行こう!』

ほむら『……どうして微妙にテンションが上がってるのかしら』

キュゥべえ『あそこには美味しいクレープ屋さんがね』

ほむら『寄らないわよ』

キュゥべえ『まだ何も言ってないじゃないか』

ほむら『遊びに行くわけじゃないの、まどかたちの先回りをしないと』

キュゥべえ『そういえば、前の時間軸でもまどかたちはショッピングモールにいたね』

ほむら『そうよ』

キュゥべえ『そこで僕たちは、最初にほむらと会って……挨拶したら』

ほむら『…………』

キュゥべえ『えーっと、急に撃たれて、追いかけられて……ボロ雑巾に……』

ほむら『…………』

キュゥべえ『僕、まだ何もやってないからね?何もしないからね?』

ほむら『そうね、その方が懸命ね』

キュゥべえ『でも、ほむら』

ほむら『?』

キュゥべえ『まどかの契約を阻止するなら、彼女と一緒に行動した方が良いんじゃないかい?』

ほむら『もちろん、あなたたちとの契約も阻止するわ……だけど、問題は他にもある』

キュゥべえ『……なるほど、魔女だね』

ほむら『そう、これから行くショッピングモールの一角に、魔女が出現する可能性が高い』

キュゥべえ『過去の統計によるものかい?』

ほむら『ええ……それにまどかが巻き込まれる、その事態は何としても避けたい』

キュゥべえ『だとしたら尚更、鹿目まどかに同行するべきじゃないのかな』

ほむら『本来なら……まどかにも、美樹さやかにも、魔法少女なんていう存在を知らないまま過ごしてもらうのが理想なのよ』

キュゥべえ『なるほどね。確かに二人の契約を阻止するには、それが最も確実だ』

ほむら『だからインキュベーターも、全ての魔女も……私が片付ける』

キュゥべえ『君一人で、かい?』

ほむら『……何が言いたいの』

キュゥべえ『僕たちインキュベーターは、数え切れないほど多くの魔法少女を見てきた』

キュゥべえ『だからこそ、率直な意見を言わせてもらうよ』

ほむら『…………』

キュゥべえ『時間を遡ることができる魔法少女。君は確かに、飛びきりのイレギュラーだ』

キュゥべえ『でも君自身の資質は、突出して高いと言うほどではない』

キュゥべえ『時間遡行。その大きすぎる力に、その資質の殆どを費やしているのではないかい?』

ほむら『…………』

ほむら『……そうね、確かにその通りよ』

ほむら『巴マミのように、数多くの魔法を習得できているわけでもない』

ほむら『武器だって、魔法で作り出すことはできない』

ほむら『私が操ることができる時間も、あくまでも限定的なものだわ』

キュゥべえ『やっぱりね。時間への干渉、魔法少女一人が使うわりには大き過ぎる力だ』

ほむら『確かに私の資質は……そうね、美樹さやかにも及ばないかもしれないわ』

ほむら『それがあなたに、何の関係があると言うの?』

キュゥべえ『単純な話さ』

キュゥべえ『全てのインキュベーターの行動を妨害しながら、魔女と戦い続ける』

キュゥべえ『君一人には、あまりに荷が重過ぎると思うよ』

ほむら『……他に道は無いわ』

キュゥべえ『僕が知っている時間軸では、マミの他に佐倉杏子もいた』

キュゥべえ『彼女たちと共闘すれば、事態はよりスムーズに運ぶんじゃないかい?』

ほむら『…………』

キュゥべえ『ほむら?』

ほむら『……知ったような口を聞かないで』

キュゥべえ『…………』

ほむら『あなたに、あなたたちインキュベーターに……何がわかると言うの』

ほむら『私は見てきたのよ、巴マミも、佐倉杏子も……どういう結果を迎えたのか、何度も、何度も』

ほむら『だから私は、誰にも頼らない。誰にわかってもらう必要も、無い』

キュゥべえ『そうか……確かに彼女たちと過ごした時間は、僕よりも君の方がはるかに長い』

ほむら『……わかればいいのよ、今後は私のやり方に口を挟まないで』

キュゥべえ『わかった。余計なことを言ってごめんよ、ほむら』

ほむら『!!』

ほむら『…………理解できたのなら、それでいいわ』





さやか「それで、転校生の子は何だって?」

まどか「ほむらちゃんだよ、さやかちゃん……うん、今日は用事があるんだって」

仁美「転入の初日ですし……色々と忙しいのかもしれませんわ」

まどか「うん……だから、二人にも謝っておいてって」

さやか「あらら、随分な気遣いさんだね」

まどか「うん!ほむらちゃん、すっごく優しい子だよ!」

仁美「まどかさんったら、会った初日なのにすっかりお気に入りですのね」

さやか「まあ、クールでかっこいい感じの子だしねぇ……まどかったら、まさか一目惚れか!運命の出会いなのか!」

まどか「な、何言ってるのさやかちゃん!」

さやか「なーんてね、冗談だよー冗談」

まどか「ほむらちゃん、すっごく可愛いんだよ!」

さやか「……あらま」

仁美「あらあら」

さやか「まどかったら、すっかり転校生……ほむらがお気に入りだねぇ」

まどか「う、うん……まだ会ったばかりなんだけど、何だかね」

仁美「波長が合う、というものでしょうか」

まどか「難しいことはわからないけど……なんだかほむらちゃん、初めてお話したって感じがしなくって」

さやか「へえー……もしかしたら、向こうも同じかもね」

まどか「えっ?」

さやか「ほらあの子、自己紹介して早々にまどかのこと見てたでしょ?」

まどか「う、うん」

さやか「あの子にとってもまどかは、初めて会ったように思えなかったんじゃない?」

仁美「うふふっ、まるで前世からの運命のようですわね」

さやか「なんてね、それはちょっとメルヘンすぎるかな」

まどか「そ、そうだね……でも」

さやか「うん?」

まどか「もしも、ほむらちゃんもそう思ってくれていたら……とっても嬉しいな、って」

さやか「……まどかが初対面の人にそこまで言うなんて、もしかしたら本当にそうかもね」

仁美「いいですわ、素晴らしいですわ」 ニコニコ

まどか「も、もう二人とも、からかわないでよ!」

さやか「いやあ、わりと本気で言ってるんだけどねー」

仁美「さやかさんったら……あらごめんなさい、私はそろそろ」

まどか「仁美ちゃん、今日も習い事?」

さやか「仁美も大変だねー、毎日毎日さ」

仁美「ええ、残念ですけど……まどかさん!」 ガシッ

まどか「えっ?」

仁美「今度是非、ほむらさんとのお話を聞かせていただけませんか!?もっと深いところまでを!」

まどか「う、うん、わかった……えっ、深いところ?」

仁美「楽しみですわ!それではお二人とも、ご機嫌よう!」

さやか「うん、また明日!ごきげんようですわー」 オホホ

まどか「ま、またねー……あの、さやかちゃん」

さやか「うん?」

まどか「深いところって、どういうところかな?」

さやか「うーん、まどかにはまだ早いね」

まどか「え、えっ?」

さやか「さて、私CD見て行きたいんだよね!まどかも付き合ってくれる?」

まどか「それは別にいいけど、あの、深いところって……さやかちゃーん?」






コツ、コツ、コツ……


ほむら「そういえば」

キュゥべえ「何だい?」

ほむら「この前の時は、あなたを追いかけていたらまどかが来たのよね」

キュゥべえ「そういえばそうだったね」

ほむら「なら、あなたが健在ならまどかが魔女と遭遇する可能性も減るのかしら」

キュゥべえ「それはどうだろう」

ほむら「…………」

キュゥべえ「僕たちなら、そういった事態を意図的に作り上げることくらい造作も無い」

ほむら「……そうね、あなたたちはそういう存在よね」

キュゥべえ「あの時は、君の行動をたまたま利用しただけだろうね」

ほむら「…………」 イラッ

キュゥべえ「だから君のせいで鹿目まどかが巻き込まれたわけじゃない、気にすることはないよ!」

ほむら「まったくフォローされている気にならないわ」

キュゥべえ「もちろん、ほむらはそれを未然に防ぐつもりなんだろう?」

ほむら「当然よ」

ほむら「まどかたちが遭遇する前に、あの魔女を撃退すればいいだけのこと」

キュゥべえ「じゃあ早く魔女退治を済ませてクレープを食べよう!」

ほむら「そんな予定は無いわ」

キュゥべえ「そうかい?自分へのご褒美は必要だと思うよ?」

ほむら「だから、私は別に食べたいと思っていないのよ」

キュゥべえ「どうしてだい?クレープだよ、クレープ」

ほむら「黙ってついて来なさい」

キュゥべえ「じゃあケーキにしよう!ほむらはケーキが好きかい?」

ほむら「黙れと言ったのが聞こえないのかしら?」

キュゥべえ「軽いお喋りくらいいいじゃないか」

ほむら「補充したばかりの弾薬をいたずらに消費したくはないのだけど」 ジャキッ

キュゥべえ「わかった黙るよ静かにするよ」

ほむら「懸命ね」

キュゥべえ「…………」

ほむら「確かこの辺りだったはずだけど……魔翌力の反応は無いわね」

キュゥべえ「…………」

ほむら「アテが外れたかしら……いえ、微かだけど反応があるわ」

キュゥべえ「…………」

ほむら「こっちね、少しずつ反応が近くなる」

キュゥべえ「…………」 グイグイ

ほむら「……何?」

キュゥべえ「…………」 チョイチョイ

ほむら「喋ってもいいかと聞いているのかしら」

キュゥべえ「…………」 コクコク

ほむら「いいけど、無駄口を叩けばまた黙らせるわよ」

キュゥべえ「ふぅ、ようやく話せるよ!」

ほむら「それで、要件は何かしら?」

キュゥべえ「どうも、僕とは別の個体が近くにいるみたいなんだけど」

ほむら「それを早く言いなさい!!」

キュゥべえ「ひどいなぁ、ほむらが黙ってろって言ったんじゃないか」

ほむら「それで、その個体はどこにいるの?まどかの近く?」

キュゥべえ「まだ完全に同期できていないから、断片的な情報になるけど」

ほむら「それでもいいわ、早く教えなさい」

キュゥべえ「鹿目まどか、美樹さやか、どちらとも離れた場所にいるみたいだ」

ほむら「そう……それならいいわ」

キュゥべえ「うーん……ただ、少し変なんだ」

ほむら「変?どういうこと?」

キュゥべえ「どうも、その個体はやけに弱っているみたいなんだ。得られる情報にノイズが多いのもそのせいかもしれない」

ほむら「弱っている?私以外にインキュベーターを攻撃する存在なんか……!?」

キュゥべえ「どうしたんだい、ほむら?」

ほむら「……嫌な予感がするわ」

キュゥべえ「?」

ほむら「あなた、その個体のいる場所はわかる?」

キュゥべえ「はっきりとはわからないけど、大まかな方向ならナビゲートできるよ」

ほむら「案内しなさい!」

キュゥべえ「わかったよ!やっと僕も役に立てる時が来たんだね!」

ほむら「いいから早く!」





さやか「それじゃまどか、ちゃちゃっと選んでくるから」

まどか「急がなくてもいいよ、私も見たいCDとかあるし」

さやか「そう?じゃ、終わったら呼びに来るね」

まどか「うん!」

まどか「~♪」



まどか(……ほむらちゃんは、どういう音楽を聞くのかな)

まどか(そういえば私、まだほむらちゃんのこと、何も知らないんだ)

まどか(……ううん、まだお友達になれたばかりだもん」)

まどか(これから知っていけばいいんだよね!)

まどか(明日もほむらちゃんと、いっぱいお喋りできたらいいなぁ……)







『……すけ……て』

まどか「っ!?」

まどか(な、何……?今、何か)



『……すけ……て、まど……』



まどか(や、やっぱり、気のせいじゃない……?)



『……たすけて、まどか……』

『……僕を……たすけて……!』


まどか(この声、頭の中に……)

まどか(私を、呼んでるの……?)



『……たすけて……!』



まどか(…………) フラッ

『……たすけて……まどか……』


まどか「……だ、誰……?どこにいるの?」



『……まどか、たすけて……!」



まどか「私を、呼んでるん……だよね?」

まどか「あ、あなたは、どこにいるの?」



『……僕を、たすけて……』



まどか(……こっち……?)

まどか(立ち入り禁止、って書いてあるけど……)

まどか(でも……でも、無視なんてできないよ……!)

まどか(この声は、私に助けて欲しいって……)



ガチャッ

ギィイ……

『……まどか、早く……たすけて……!』


まどか(この声、だんだん近くなってるような……)

まどか「い、今行くよ……ど、どこにいるの?」



バタン!



まどか「ひゃあっ!?」

さやか「はぁ、はぁ……あっぶない、見失うとこだった……」 ゼェゼェ

まどか「さ、さやかちゃん!?どうして、こんなところに……」

さやか「それはこっちの台詞!まどかったら、急にふらっと店を出て行ったと思ったら」

さやか「あっちに行ったりこっちに行ったり、急に見えなくなったと思ったらこんなところに入ってたり!」

さやか「このさやかちゃんが心配して駆けつけるのも当然でしょーが!」

まどか「あっ……そ、そうだよね……ごめん」

さやか「まあ、別にいいんだけどさ……それより、どうしたの?ここ立ち入り禁止だよ?」

まどか「え、えっとね……変なこと言ってるって、思うかもしれないけど」

さやか「何何?さやかちゃんは、ちょっとやそっとじゃ驚きませんよ!」

まどか「……えっとね……呼ばれた気がしたの」

さやか「呼ばれたって、誰に?」

まどか「わからないけど……声がして、私に、助けてって」

さやか「…………」

まどか「へ、変だよね?うん、よく考えたら私も、おかしいこと言ってると思うし……」

さやか「う、ううん!別におかしいとは思ってないけどさ、その……まどかって、さ」

まどか「?」

さやか「れ、霊感とか、あったり……しないよね?」

まどか「えっ?」

さやか「だ、だってさ!急に助けを求める声が聞こえたりとかさ!それに呼ばれるようにふらふらーっとかさ!」

さやか「なんだかそういうの想像しちゃうでしょ!?」

まどか「た、多分そういうのじゃない、と思うけど……」

さやか「……そ、そうなの?」

まどか「う、うん……」

さやか「えーっと……それで、その声は、まだ聞こえるの?」

まどか「ううん、さやかちゃんが来たあたりからは……」

さやか「と、とりあえず、一回戻ろう?なんか寒気がしてきちゃった」

まどか「そ、そうだね」



……Das sind mir unbekannte Blumen. 



さやか「っ!?」

まどか「えっ……?」

さやか「ま、まどか……今、何か聞こえた?」

まどか「う、うん、何か……歌、みたいな……?」




……Ja, sie sind mir auch unbekannt. 



さやか「ひいいっ!?き、気のせいじゃない、気のせいじゃないよね!?」

まどか「わ、私にも聞こえたから……」

さやか「ここここれはアレだよね、早く戻ろうまどか!」

まどか「う、うん!」

 

 

 

……Schneiden wir sie ab.




さやか「あ、あれ……で、出口は!?」

まどか「し、知らないよこんな道、さっきまで無かったよ!」

さやか「何なの……何なのよ、これ!何で私たちの周りが……」

まどか「さ、さやかちゃん、これって一体……」





……Ja schneiden doch sie ab.




さやか「な、何……何なの!?」

まどか「さ、さやかちゃん、あそこに何かいる……!」





……Die Rosen schenken wir unserer Konigin!






タッタッタッ……!



ほむら「……!魔女の結界、こっちね……!」

キュゥべえ「間違いないよ、別の個体もそこにいる!」

ほむら「結界に入るわ、振り落とされても拾わないわよ!」

キュゥべえ「わかった!どんと行ってくれ、ほむら!」


ほむら(インキュベーター……まさか、自ら自分を餌にするなんて……)

ほむら(まどかの優しさを利用するような行為……絶対に許さない!)


キュゥべえ「どうやら、もう少し奥みたいだね!」

ほむら「わかっているわ!」


ほむら(それにしても)

ほむら(……こうして)

ほむら(誰かと一緒に結界に入るなんて、久しぶりだわ……)

 

 

 

 
「Das sind mir unbekannte Blumen.」 (あの花は我々の知らないものだ)

「Ja, sie sind mir auch unbekannt.」 (そうだ、あの花は我々の知らないものだ)



さやか「な、何よこれ……わ、私夢を見てるんだよね?今、悪い夢でも見てるんだよね?」

まどか「さ、さやかちゃん……!!」 ギュウ



「Schneiden wir sie ab.」 (では切ってしまおう)

「Ja schneiden doch sie ab.」 (そうだ、切ってしまおう)



さやか「う、嘘でしょ、こんな訳のわかんないところで、こんな年で死んじゃうっての!?」

まどか「ご、ごめんねさやかちゃん、私のせいで、こんな……」




「Die Rosen schenken wir unserer Konigin.」 (切って、あの薔薇を女王に捧げよう)



さやか「……っ……!!」

まどか「ひっ……!!」

 
 
 
 

カシャンッ

 
 
 

ほむら「待たせてしまってごめんなさい、まどか」

まどか「えっ……」

さやか「あ、あれ?」

ほむら「また今度と言ったはずなのに、結局こんなことになるなんてね」

まどか「ほ、ほむら……ちゃん?」

さやか「な、なんでこんな所に……しかも、その格好って」

キュゥべえ「仕方ないね、ほむら。非常時には非常時の対処があるということだよ」

まどか「そ、その声、あなた……」

キュゥべえ「正確には僕であって僕ではない。説明は

ほむら「説明は後よ、二人とも……ここを動かないで」

キュゥべえ「話を遮られるのは残念だけど、これも仕方ないか」

まどか「ほ、ほむらちゃん……!?」

タンッ……!



ほむら「……数は多いけれど、この使い魔たちは攻撃そのものが不得手のはず」

キュゥべえ「そういえばさっきから造園の仕事ばかりだね、あまり攻撃してこないみたいだ」

ほむら「あなたは、あの二人から目を離さないで……!」

キュゥべえ「わかった、任せてよ!」

ほむら「……っ……!!」



ドドドドドンッ!!!!



キュゥべえ「うわあっ!?撃つ時は最初に言ってよ、びっくりするじゃないか!」

ほむら「無駄口を叩かないで、どうせここからはほとんど撃ちっ放しよ!」

キュゥべえ「やれやれ、見ているだけというのも楽じゃないね」

ほむら「肩に乗っているだけのくせに……!」



ドンッドンッドドドドドドドンッ!!!!



さやか「」 ポカーン

まどか「」 ポカーン

さやか「ね、ねえ、まどか」

まどか「な、何……?さやかちゃん」

さやか「転校生……ほむらが、さ」

まどか「うん」

さやか「よくわかんない世界で、コスプレして、でっかいマシンガンをぶっ放してるんだけど」

まどか「うん……」

さやか「あと、さっきから瞬間移動したりしてさ」

まどか「そうだね……」

さやか「……私、まだ夢を見てるのかな……」

まどか「わかんないけど、私も夢を見てるのかも……」




ほむら「……くっ、次から次へと……!」 パァンッ!

キュゥべえ「早々に補充しておいて正解だったね、ほむら!」

ほむら「補充が済んでいるのは半分ほどよ、重火器はまだ……くっ!」 ダダダッ!

キュゥべえ「なるほど、一網打尽にできないのはそれが理由かい?」

ほむら「いいからあなたは二人を……!」

キュゥべえ「!!ほむら、あっちに使い魔が!」

ほむら「っ!?」



さやか「わ、私たち、見てるだけでいいのかな……」

まどか「ど、どうすればいいんだろう……」



ほむら「気付いてない……!?二人とも、そこから……!!」

キュゥべえ「今からじゃ間に合わない、こっちから行かないと!ほむら!」

ほむら「くっ……時間を止めるわ、掴まって!」

キュゥべえ「わかった!」





ズドォンッ!!!!!!!!




ほむら「っ!?」

キュゥべえ「うわあっ!」


まどか「きゃあっ!?」

さやか「ひゃあっ!!」

 
パラパラパラ……



キュゥべえ「ほむら」

ほむら「何かしら」

キュゥべえ「あの爆発は、君の仕業かい?」

ほむら「……生憎だけど」

ほむら「私が今持っている武器とは、火力が桁違いだわ」

キュゥべえ「なるほど、じゃあやっぱり」

ほむら「……あなたは隠れていて。今の彼女にあなたを見られると、話がこじれるわ」

キュゥべえ「隠れると言っても、どこにだい?あいにく周りは使い魔が」

ほむら「…………」 ガシッ

キュゥべえ「えっ」


ほむら「…………」 

キュゥべえ「ねえほむら、冗談だろう?一応、僕だって生きてるんだよ?」

ほむら「…………」 グイッ

キュゥべえ「あの、仮にも生き物をだね、その盾に押し込むってのは、ちょっ、待っ



ほむら「…………」

ほむら「あれだけの火力、二人に被害が及ばない正確性……そして何より、このタイミングで現れる、見滝原の魔法少女」

ほむら「間違いない」




マミ「…………」 スタッ

マミ「あなたたち、大丈夫だった?」 ニコッ

さやか「えっ……」

まどか「あ、あの……?」



ほむら(巴マミ……!)

ほむら(……今回は、これが初対面ね)



キュゥべえ『うわっ!何この不思議空間!』

ほむら『黙ってなさい!!』

マミ「魔女の気配を追って結界に入ったら、まさか先客がいたなんてね」

さやか「わ、私たちは、その!」

まどか「た、立ち入り禁止って書いてあったのに、勝手に入っちゃったのは私なんです!さやかちゃんは私を……」

マミ「ふふっ、別に二人を叱っているわけじゃないの」

マミ「魔女の結界に迷い込んだ人を助けるのも、魔法少女の務めだもの」

まどか「ま、魔法……少女?」

マミ「今は、それよりも……」 チラッ

ほむら「…………」

マミ「ねえ、そこのあなた」

ほむら「……何かしら」

マミ「色々と聞きたいことはあるのだけど……」

ほむら「…………」

マミ「先に一仕事、片付けるとしましょうか」

ほむら「……好きにすればいいわ。私は、私の務めを果たすだけ」

マミ「……あら、そう」





マミ「……あっさりと片付いたのはいいけれど……魔女は逃げたわ、追いかける?」

ほむら「あなたに譲ってあげてもいいわ……私は、あの二人の保護を優先する」

マミ「…………」

ほむら「…………」

マミ(この子も魔法少女ということは間違いないけれど……この街に、一体いつの間に現れたのかしら)

ほむら(やはり精神的な危うさを差し引いても、巴マミの能力は脅威的だわ……できることなら、正面から対峙したくはない)

マミ(キュゥべえが言っていたイレギュラーが、この子だとしたら……迂闊に気を許すわけにもいかないわね)

ほむら(でも、まどかを救うための障害になるのなら……私は……)

マミ「…………」

ほむら「…………」


まどか「ほ、ほむらちゃんっ!!」

ほむら「?まどっ……!?」

まどか「ほ、ほむらちゃん、怪我は無い?どうしてこんな所にいるの?大丈夫?け、怪我とかしてないよね?その格好、ほむらちゃんって」 ギュウ

さやか「ま、まどか落ち着きなって!そんなにいっぺんに聞いても答えられないでしょ!」

まどか「あっ、そ、そうだよね……」

ほむら「……私は大丈夫よ、まどかが無事でいてくれれば、それで十分」

まどか「ほむらちゃん……ありがとう、助けてくれたんだね」

さやか「なーんか私はついでみたいな扱いなんだけど」

マミ「……三人は、知り合いなのかしら?」

まどか「は、はい……ほむらちゃん、私のクラスメイトで」

さやか「まあ、私はまだそんなに親しいわけじゃないんですけど……」

マミ「そう……結界の中にいたのに、やけに落ち着いているのはそのせいなのね」

さやか「い、いやーその……恥ずかしいんですけど」

マミ「?」

さやか「ひ、膝、さっきからガクガク言いっぱなしで……頭の中も、ずっとこんがらがったままだし」

さやか「こうやって空元気でいないと、すぐ腰が抜けちゃいそうで……あ、あはは」

マミ「……もう大丈夫よ、二人とも。安心して」

まどか「は、はい……」

さやか「ありがとうございます……」

まどか「」 ヘナヘナ

さやか「」 ペタン

マミ「……ところで……ほむら、さん?」

ほむら「暁美ほむらよ」

マミ(気安く呼ぶな、ってことね……)

マミ「それじゃあ、暁美さん。私は巴マミ、この見滝原の魔法少女よ」

ほむら「そう……それで、何かしら」

マミ「単刀直入に聞くわ。あなたはいつ、どこから来たの?」

ほむら「……あなたが考えているより、ずっと遠くからよ」

マミ「……あなたの目的は何?」

ほむら「魔女と戦い、倒すこと。魔法少女にとって、それ以外の目的が必要かしら」

マミ「…………」

ほむら「…………」

マミ「……そう、もういいわ」

ほむら「……ええ」

マミ「二人とも、少しは落ち着いた?」

まどか「は、はいっ」

さやか「な、何とか……」

マミ「そう、良かった……私は巴マミ。あなたたちと同じ、見滝原中の3年よ」

まどか「鹿目まどかです……あ、あの、どうして私たちが」

さやか「そりゃ制服を見ればわかるでしょ、まどか……美樹さやかです、まどかとは昔からの友達で」

マミ「そうなの……ところで、あなたたち」

まどか「な、何ですか?」

マミ「見たところ、魔女に魅入られたような痕は無いけれど……どうして結界の中に?」

まどか「ま、魔女?魅入られ?」

さやか「えっと……そ、そうそう!まどかが、急に何かに呼ばれたって言い出して!」

まどか「!!そ、そうなんです!私、誰かに呼ばれて、気付いたら……」

マミ「呼ばれた……?」 チラッ

ほむら(…………)

マミ(この子が、人を使い魔の餌にするために……?)

マミ(いえ……もしそうなら、この子が使い魔と戦っていたのは不自然ね)

マミ(だとすれば、一体誰が……)

 

 

 
「きっとそれは、僕の声だろうね」




ほむら「!!」 バッ

まどか「えっ……」

さやか「!?」



QB「やあ。鹿目まどか、美樹さやか」

マミ「キュゥべえ!?あなた、ボロボロじゃない!」

QB「実は、運悪く僕だけが魔女の結界に巻き込まれてしまってね」

QB「近くに魔法少女候補の気配があったから、思わず助けを求めてしまったんだ」

マミ「そんなの、私を呼べばいいじゃない!」

QB「その時、マミとは距離があり過ぎてね。テレパシーだって、無限の距離を飛ばせるわけじゃない」



ほむら(……白々しい)

ほむら(自らを餌にしてまどかの優しさに付け入り、コンタクトを取ろうとする……)

ほむら(いくらでも身代わりのいる、インキュベーターらしい考えだわ……!) ギリッ

マミ「早く手当てをしないと!」

QB「表面が汚れているだけで、傷自体は大したことはない。僕自身の力で直せる範囲だ」

まどか「あ、あなたは、確か……」

QB「君とは初対面のはずだよ、鹿目まどか」

まどか「えっ……さっき、私とお話したよね?ほむらちゃんと、一緒にいた……」

QB「ほむら?」 チラッ

ほむら「…………」 キッ

QB「……なるほど、君のことだね」

まどか「え?あの、どういう」

QB「さっきも言ったけど、僕と君とは初対面だ。彼女と行動を共にした記憶もない」

まどか「え?えっ?」

さやか「あーもう、また頭が混乱してきた……」

マミ「二人もキュゥべえも、一体何を言ってるの……?」

QB「どうやら僕と君たちの認識に齟齬があるようだね」

さやか「何この子、見た目のわりに難しい言葉ばっかりなんですけど……」

QB「とりあえず、まどか。そしてさやか。僕の声を聞いてくれてありがとう」

まどか「う、ううん……」

さやか「いやー、私はまどかについて来ただけなんだけどね……」

まどか「!!……そういえば、さっき……魔法少女、候補って」

QB「そうだね。実は君たちに、大事な話があるんだ」

ほむら「……!!」

まどか「大事な話……?」



ほむら(今ここで、このインキュベーターを撃ち殺せば)

ほむら(間違いなく、巴マミは私を敵と見なして……戦うことになるわね)

ほむら(さすがに二人を巻き込むことはしないでしょうけど……)



マミ「キュゥべえ、どういうこと?」

QB「さっき言っただろう、近くに僕のテレパシーを受信することができる存在がいたということだよ」



ほむら(まだ魔力にも、残弾にも余裕はある……)

ほむら(巴マミと戦うことになっても、この場は凌げるはずよ)

ほむら(……でも、体が動かない)

ほむら(インキュベーターへの情け?……いいえ、違うわ)

ほむら(……まどか)

ほむら(まどかの目の前で、インキュベーターを、殺す……)



マミ「それって、つまり……」

QB「そうだね、優れた資質を感知したと言い換えることもできる」



ほむら(まどかに、また友達と呼んでもらえる……そのことに、未練を感じているというの)

ほむら(……私は……)

ほむら(まどかに嫌悪されても、恐れられても、私は……)



QB「まどか、そしてさやか」



ほむら(……そう、私は決心したはず)

ほむら(まどかを救うことができるなら……私は)

ほむら(例えまどかに嫌われても……悪魔と罵られても……)

ほむら(構わない……!!)

 
 
QB「僕と契約して、魔法少女になってよ!」


まどか「……えっ?」

ほむら「っ……!!」 ギリッ



ほむら(……もう、躊躇わない!!)



ほむら「まどか、そいつから離れなさい!!」 バッ

マミ「暁美さん!?」

まどか「ほ、ほむらちゃん!?」



ほむら「…………」

ほむら(今、この場で……穴だらけにしてやるわ!!インキュベーター!!)



ジャキッ!!

 
 
 

キュゥべえ「…………」 プラーーン

まどか「…………」

さやか「…………」

QB「…………」

マミ「…………」

ほむら「……えっ」

キュゥべえ「…………」 プラーーン






キュゥべえ「あっ」

ほむら「……なんであなたが出てくるのよ!!」

 
キュゥべえ「ち、違うんだよ、ほむら」

ほむら「何が違うのよ!!」

キュゥべえ「こう、真っ白の不思議な空間を漂っていたらね」

キュゥべえ「急に、君の手が僕の方に伸びてきたんだ」

キュゥべえ「やっと外に出られる!と思ったのも束の間、その手は僕の横にあった拳銃に伸びた」

ほむら「そうよ、私が掴もうとしたのは拳銃よ!」

キュゥべえ「だから僕はすかさず、その拳銃と僕の頭の位置を」

キュゥべえ「すり替えておいたのさ!」 ドヤァ

ほむら「…………」 ギリギリギリ

キュゥべえ「いたい!指が食い込んでる!痛いよほむら!」


まどか「な、何?何なの?」

さやか「懐から何かを取り出したと思ったらドツキ漫才が……」



ほむら「……あっ」

 
マミ「えっ……え?」

ほむら(……しまった)

マミ「あっちにもキュゥべえで、ここにもキュゥべえ……?」

マミ「こ、これって、どういう……」

ほむら(……こんな所で絶望されたら、まどかたちも危険だわ)

ほむら(インキュベーターが……いえ、こっちの方じゃなくあっちの方の)

ほむら(ややこしいわね、とにかく巴マミのインキュベーターが余計なことを言う前に)

ほむら(何とか誤魔化さないと……!)

マミ「一体、何がどうなっているの……?」

ほむら「と、巴マミ」

マミ「……な、何かしら、暁美さん」

ほむら「そ、その……」



ほむら「あ、あなたの家のキュゥべえは、大人しいのね」

マミ「……えっ?」

ほむら「ほ、ほら、魔法少女は世界中にいるじゃない?」

ほむら「だから……き、キュゥべえが一人しかいないわけがないでしょう」

マミ「そ、そういう……ものなの?」

QB「……否定するほど間違ってはいないね」

ほむら(……当然よ、嘘は吐いていないもの)

マミ「じゃあ、キュゥべえは同じような仲間がたくさんいるということ?」

QB「そう考えてもらって構わない」

マミ「そ、そんなこと、今まで一度も言わなかったじゃない」

QB「聞かれなかったからね」



ほむら(とりあえず、これで……二体のインキュベーターが同時に存在することは、納得させられたかしら)



マミ「と、ところで……暁美さん?」

ほむら「な、何かしら?」

マミ「その子のことなんだけど」

ほむら「……?」

 
キュゥべえ「ほむら、ほむら」 ブラン

ほむら「……何」

キュゥべえ「これを開けてくれないかい?」

ほむら「……さっきあげたイチゴロッキー、どうしてまだ持っているのよ」

キュゥべえ「これをもらって、食べようとした時に気がついたんだ」

キュゥべえ「僕一人では、お菓子の箱を開けられない」

キュゥべえ「おかげで僕は、一度食べてみたかったお菓子を目の前にして食べられないという事態に!」

キュゥべえ「くやしいから、ずっと隠し持っていたんだ」

ほむら「どこに隠してたのよ!」

キュゥべえ「頼むよほむら、開けてくれ」



マミ「えっと……キュゥべえが、たくさんの魔法少女のところにいるというのは、理解できたけど」

ほむら(……理解してくれたのね、今回の巴マミはやけに柔軟だわ)

マミ「あの……その子と、私のところのキュゥべえ……何だか、ちょっと違わないかしら?」

ほむら「…………」 ギクッ

ほむら「そ、そう?私はあまり変わらないと思うけど……」

マミ「そうかしら、その割には……」

キュゥべえ「ほむら、ほむら」 グイグイ

ほむら「ああもう、開けたら静かにしていてくれる?」

キュゥべえ「約束するよ!」

ほむら「……わかったわよ、はい」 ガサガサ

キュゥべえ「ありがとう、ほむら!」

ほむら「はぁ……それで、何かしら」

マミ「やっぱり、その子とうちのキュゥべえは少し違うわね」

ほむら「……な、何が違うと言うの」

マミ「うちのキュゥべえは大人しくて静かだけど、その子は……何と言うか」 チラッ

ほむら「…………」 チラッ


キュゥべえ「…………」 ポリポリポリポリ


マミ「少し、テンションが高いと言うか……」

ほむら(何一心不乱に食べてるのよ……)

キュゥべえ「キュップイ!」

ほむら「それは、その……仕方ないのよ」

マミ「仕方ない?」

ほむら「このインキュ……キュゥべえは、その」

マミ「?」

ほむら「…………」


ほむら「……まだ、子供なの」

キュゥべえ「!?」

マミ「なるほどね、そう言われてみれば確かに」

キュゥべえ「!?」

ほむら「だからちょっと頭が悪いのよ」

キュゥべえ「ひどいよ!その言い方はあんまりだよ!」

ほむら「事実じゃない」

キュゥべえ「ひどい!マミ、ほむらが僕を子供扱いするんだよ!」

マミ「あらあら、暁美さんは意地悪ね」 ナデナデ

キュゥべえ「ほんとだよ!」

キュゥべえ「…………」

キュゥべえ「!?……マミも僕を子供扱いしていないかい!?」

マミ「気のせいじゃないかしら、ふふっ」

ほむら(やっぱり頭は悪いわね)

ほむら「全ての原因は自分にあると知りなさい」 ヒョイッ

キュゥべえ「ねえほむら、首元を掴んで持ち上げるのはやめておくれよ。僕は猫じゃないんだよ」

ほむら「そう、じゃあその無駄に長い耳を掴むことにしようかしら」

キュゥべえ「あんまりな扱いだよ!厳重に抗議するよ!」

まどか「……あ、あの、ほむらちゃん?」

ほむら「?何かしら、まどか」

まどか「その子……キュゥべえと、仲良しなんだね」

ほむら「……私が?これと?」 ブランブラン

キュゥべえ「やめてほむら!持ち上げたまま揺らさないで!」

まどか「う、うん……なんだかじゃれあってるみたい」

ほむら「それは有り得ないわよ、まどか。私とこれが仲良くだなんて」

キュゥべえ「ほむらはね、僕にクレープを買ってくれたよ!」

まどか「そうなの?良かったね!」

ほむら「違うのよまどか、あんまり煩いから黙らせるために買い与えただけ」

さやか「素直じゃないなぁ」

ほむら(何ならあなたにあげるわよ、美樹さやか……とは行かないわね、何があるかわかったものじゃないわ)



マミ「……あの、暁美さん」

ほむら「……何かしら?これの処遇に不満でもある?」 ブラン

キュゥべえ「あんまり振り回さないでよ」

マミ「……いえ、そういうわけじゃないわ。その子、あなたといると楽しそうだし」

ほむら「あなたの目は節穴なの?」

キュゥべえ「僕は、ほむらと一緒にいるのは嫌いじゃないよ」

ほむら「何その上から目線、何だか腹が立つわね」 ブランブラン

キュゥべえ「ぐえっ」

マミ「……こんなに表情が豊かなキュゥべえもいるのね、何だか新鮮だわ」

ほむら「……まあ、まだ子供だもの」

キュゥべえ「僕は子供じゃないよ!」



QB「…………」

マミ「……ふふっ、別にあなたを悪く言っているわけじゃないのよ?」

QB「? 僕は別に気にしていないよ?」

マミ「本当?実はやきもちを妬いてるんじゃない?」 

QB「まさか」



ほむら(……インキュベーターに、そんな高尚な感情があるわけないわ)

マミ「ところで、二人とも」

まどか「は、はいっ!」

さやか「な、何ですか?」

マミ「この後、時間はあるかしら?色々と、説明しておかなければいけないし」

ほむら「…………」

ほむら(また今回も、魔法少女に勧誘するつもり……?)

ほむら(そうなら、私は絶対に……)

マミ「…………」

マミ「暁美さん、あなたもどう?」

ほむら「!?……どういう風の吹き回しかしら」

マミ「魔法少女同士、色々と話をしておきたいの」

ほむら「……会って間もない魔法少女を家に上げるなんて、無用心にも程があるわね」

マミ「本当に何かしでかすつもりなら、自分からそんなことは言わないんじゃないかしら?」

ほむら「…………」

マミ「……それに、その子がそんなに懐いているんだもの」

キュゥべえ「?」

マミ「お互い、無用の衝突を避けるためにも……話くらいしておいても、損は無いと思うわ」

ほむら「……あなたが私を警戒していなくても、私は別よ」

まどか「ほ、ほむらちゃん……」

さやか「ま、まあまあ!あんたも、マミさんも、私たちを助けてくれたんでしょ!?」

ほむら「…………」

さやか「だったら、そんな二人がいがみ合う必要なんて無いじゃない!」

ほむら(確かに、勧誘を阻止するなら……同行するのも決して悪い手ではない)

ほむら(この巴マミは、まだ私の手の内を知らないわけだし……)

ほむら(釘を刺すという意味でも、ここは話しに乗っておくべきかしら)

マミ「それに、同じキュゥべえの家族同士だもの!きっと話が合うんじゃないかしら!」

ほむら「無理ね絶対に無理、これの話なんてこれっぽっちもしたくないわ」 ブラブラ

マミ「……そう」 シュン

キュゥべえ「ほむら、マミが可哀想だよ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「それと、そろそろ降ろしてくれないかな?」

ほむら「……はぁ……これの話はしたくないけど、私もご一緒させてもらうわ」

マミ「そ、そう?良かった、少しはお互いに歩み寄れるといいのだけど」

キュゥべえ「降ろしてくれないかな?」

マミ「あなたたちも、大丈夫?」

まどか「は、はい!ぜひ!」

さやか「むしろこのまま解散だったら、混乱したまんまで眠れそうにないですし!」

マミ「それじゃあ、私の家に案内するわね」

ほむら「…………」

マミ「ほら、暁美さんも」

ほむら「……ええ」

マミ「それにキュゥべえ同士も、仲良くお話したいこともあるんじゃないかしら?」

QB「…………」

キュゥべえ「…………」

ほむら「…………」 チラッ

QB「そうだね。僕もゆっくり話をしておきたいな」

キュゥべえ「マミ、僕の分のケーキもあるかい?」

マミ「もちろんよ、ちゃんと用意するわ」

キュゥべえ「やった!」

マミ「それじゃあ、行きましょうか」

ほむら「…………」



キュゥべえ『ほむら、ほむら』

ほむら『……何?』

キュゥべえ『こういう内緒話をする時、テレパシーって便利だよね』

ほむら『前置きはいいわ、本題は何?』

キュゥべえ『マミのことだよ』

ほむら『…………』

キュゥべえ『ほむらは、マミが二人を魔法少女に勧誘するんじゃないかと心配なんだろう?』

ほむら『……ええ、当然よ』

キュゥべえ『きっとマミは、一緒に戦ってくれる仲間が欲しいんだよ』

ほむら『随分と知ったような口ね』

キュゥべえ『実際、この前の時間軸でもそうだったからね』

ほむら『…………』

キュゥべえ『それ以前のマミも、そうだったんじゃないかい?』

ほむら『……そうね。巴マミは、そういう人よ』

キュゥべえ『マミは寂しがりやだからね』

ほむら『……それで?何が言いたいの?』

キュゥべえ『簡単なことだよ、ほむらがマミの仲間になってあげればいい』

ほむら『…………』

キュゥべえ『ほむらもマミと同じくらい、いやそれ以上のベテランだ』

キュゥべえ『そんなほむらが仲間になってくれれば、マミだって心強いよ』

キュゥべえ『それに、君という仲間がいれば』

キュゥべえ『マミだって、これ以上誰かを勧誘しようとはしないんじゃないかい?』

ほむら『……はぁ、やっぱりあなたってバカね』

キュゥべえ『ひどいよ!』

キュゥべえ『ほむらにとってもマミにとっても、悪くない話だと思うけどなぁ』

ほむら『そんな単純な話で済むなら、何度もやり直すようなことにはならなかったわ』

キュゥべえ『そうなのかい?』

ほむら『そのくらい、私でも考えたことはあるわ……いえ、実際に何度もやった』

キュゥべえ『上手くいかなかった、ということだね?』

ほむら『……ええ』

ほむら『巴マミが二人を勧誘しなくなったとはいえ、インキュベーターの行動が変化するわけではないもの』

キュゥべえ『……なるほどね』

ほむら『インキュベーターが二人に……まどかに接触し、契約を結ぼうとする限り』

ほむら『私は何があっても阻止する。それこそ、実力行使でね』

キュゥべえ『それはわかるよ、身をもって知っているからね』

ほむら『巴マミは、インキュベーターの正体を知らない』

ほむら『あなたたちを狩り続ければ、いずれ気付かれる』

キュゥべえ『それはマミもショックだろうね』

ほむら『彼女に、迂闊に歩み寄れば……それこそ、下心を持った状態で、安易に仲間になれば』

ほむら『いつか巴マミを、最悪の形で裏切ることになるわ』

ほむら『かといって、真実を話せば巴マミの精神は耐えられない』

ほむら『これ以上距離を詰めるのは、お互いに危険な領域なのよ』

キュゥべえ『なるほど、なかなか上手くいかないものだね』

ほむら『それもこれも、あなたたちインキュベーターが原因なのだけど』

キュゥべえ『そ、それを僕に言われても困るよ……』

ほむら『……そういうことよ、巴マミと手を組むつもりはないわ』

キュゥべえ『それじゃあほむらは、どうするんだい?』

ほむら『巴マミと距離を置きつつ、インキュベーターの企みを阻止しながら、まどかが契約しないようにするだけよ』

キュゥべえ『簡単に言うけど、それってものすごく難しいんじゃないかな』

ほむら『…………』

キュゥべえ『?』

ほむら『そうよ……だから何度も、やり直しているの』

キュゥべえ『……そっか、失言だったよ。ごめんね』



マミ「……さん?……暁美さん?」

ほむら「……えっ?」

マミ「さっきから話しかけているのだけど……どうしたの?」

ほむら(テレパシーに集中していて気が付かなかったわ……)

ほむら「ごめんなさい、ちょっと考え事を」

マミ「気にしないで。ところで暁美さん、紅茶は好きかしら?この前ね、とても美味しい紅茶が手に入ったの」

ほむら「私は紅茶よりコーヒー派よ」 ファサッ

マミ「あっ……そう、なの」 シュン

ほむら「で、でも今日は紅茶の気分ね。楽しみだわ」

マミ「!……ふふっ、腕によりをかけるわね!」

キュゥべえ(……距離を置くんじゃなかったのかい、ほむら)

 
─マミホーム─


まどか「…………」

さやか「…………」

マミ「どうしても長い話になるけど、そう固くならなくてもいいのよ?」

まどか「は、はい……」

マミ「美味しいケーキがあるの。食べながら、ゆっくりお話しましょう」

キュゥべえ「マミ!僕の分もあるんだよね!」

マミ「もちろんよ……ふふっ、キュゥべえちゃんは食いしん坊なのね」

キュゥべえ「?」 チラッ

QB「今のは僕じゃなくて君のことだよ」

キュゥべえ「僕をそんな呼び方で呼ぶなんて、訳がわからない」

マミ「どっちも同じ『キュゥべえ』だったらややこしいじゃない?」

キュゥべえ「だからってちゃん付けはないんじゃないかな」

「キュゥべえちゃん」は言いづらいな
「キュゥちゃん」か「べぇやん」でええやん>マミさん

「キュゥべえちゃん」は言いづらいな
「キュゥちゃん」か「べぇやん」でええやん>マミさん

「キュゥべえちゃん」は言いづらいな
「キュゥちゃん」か「べぇやん」でええやん>マミさん

「キュゥべえちゃん」は言いづらいな
「キュゥちゃん」か「べぇやん」でええやん>マミさん

マミ「だって……ねえ?」

まどか「はい」

さやか「うん、キュゥべえちゃんって感じ」

キュゥべえ「不服だよ!意義を申し立てるよ!」

マミ「まあまあキュゥべえちゃん、一番大きいケーキをあげるから。ね?」

キュゥべえ「本当かい?ありがとうマミ!」

ほむら(……いくらなんでも単純過ぎるわよ)

QB「マミ、僕たちは隣の部屋で食べてもいいかな?」

マミ「どうして?みんなで一緒に食べればいいじゃない」

QB「同じ種族同士で話したいこともあるし、マミたちもマミたちだけで話したいこともあるんじゃないかい?」

マミ「私は同席でも構わないけど……あなたたちだけで話したいことがあるなら、仕方ないわね」

ほむら(……このインキュベーター、何を企んでいるのかしら)

マミ「それじゃ、ケーキは私が運んであげるわ」

キュゥべえ「ありがとう、マミ」



ほむら(止めなければまずい……けど、その理由が思いつかない)

ほむら(もし私の目的が……いえ、前の時間であった出来事をバラされたら)

ほむら(……その時は、2体まとめて処理するしかないわね)

まどか「ほむらちゃん?どうしたの?」

ほむら「……何でもないわ」

さやか「その割りには、なんか落ち着かないみたいだけど」

ほむら「早く話を終わらせて帰りたいだけよ」

さやか「……なんか、やけにマミさんに冷たくない?」

ほむら「……そう見える?」

さやか「転校してきたばっかなのに、過去に何かあったとも思えないしさ」

ほむら(何かあったから、私は何度も転入し続けているのだけど)

ほむら「……勘違いしないで。魔法少女同士、本来はそういうものなの」

さやか「なんで?あんたもマミさんも同じ……えっと、魔法少女なんでしょ?」

ほむら「そうよ」

さやか「で、あのよくわかんないのが敵なわけで……なのに、魔法少女同士も敵対するわけ?」

ほむら「……それは、これからの話でわかることよ」

まどか「ほむらちゃんは……マミさんの、敵なの?」

ほむら「……敵になりたいわけではないけど、相容れない存在ということは確かね」

 
─マミホーム、隣の部屋─


マミ「私は隣に戻るけど、ケーキをカーペットに落とさないでね?」

キュゥべえ「だってさ、気をつけようね」

QB「今の言葉は、主に君に向けてのものだと思うよ」

キュゥべえ「僕はそんなことはしないよ」

マミ「ふふっ……それじゃ二人とも、ごゆっくり」



バタン



キュゥべえ「…………」

QB「…………」

キュゥべえ「どうしてわざわざ違う部屋に移動したんだい?テレパシーを使えばいいじゃないか」

QB「それは僕も思ったんだけどね、念のためさ」

キュゥべえ「念のため?」

QB「いくらテレパシーで会話していても、君は思ったことがすぐ顔に出そうだからね」

キュゥべえ「まさか、ありえないよ」

QB「君は自分で気付いていないのかい?」

キュゥべえ「?」

QB「君はインキュベーターでありながら、驚くほど多様に表情を変化させているよ」

キュゥべえ「…………」

QB「よほど驚いているんだね、文字通り目が点になるといった表情だ」

キュゥべえ「まったく気付いていなかったよ」

QB「……さて、本題に入ろう」

キュゥべえ「そんなことより、今はケーキだよ!」

QB「…………」

 
QB「つくづく、君という存在はイレギュラーだね」

キュゥべえ「そうかな?」

QB「そもそも僕が君に説明を求めること自体、前代未聞の事態だとは思わないかい?」

キュゥべえ「なるほどね、確かにそれは異常だ」

QB「僕たちインキュベーターはあくまでも一つの存在であり、インキュベーターという一つの生命体だ」

キュゥべえ「同じ存在であるなら、本来は説明の必要すら無いわけだからね」

QB「しかし僕には、君が置かれている状況も、君の思考パターンも、全く理解できない」

キュゥべえ「…………」

QB「君はインキュベーターでありながら、僕たちインキュベーターとはまた違う存在になりつつある」

キュゥべえ「それは何だか、寂しいような気もするね」

QB「一体君は何者なのか、絶えず精神疾患に犯されながら、何故その個体を維持しているのか」

キュゥべえ「…………」

QB「僕としては、実に興味深い」

キュゥべえ「残念だけど、それは説明できないよ」

QB「どうしてだい?」

キュゥべえ「うーん……多分、ほむらに怒られるからね」

QB「暁美ほむら……彼女もまたイレギュラーな存在だったね」

キュゥべえ「そうだよ、僕を掴んで持ち上げたり振り回したりするんだよ!」

QB「僕が言っているのはそういうことじゃないよ」

キュゥべえ「魔法少女にあるまじき行為だとは思わないのかい?」

QB「君が何か怒らせるようなことをしたんだろう?」

キュゥべえ「僕はちゃんと良い子にしてたよ!」

QB「……どうも、君とは話が噛み合わないことが多いね」

キュゥべえ「そうかな?ところで、ケーキは食べないのかい?」

QB「食べるよ。その前に、一つ確認しておきたいんだ」

キュゥべえ「何かな?僕ならまだまだ食べられるよ?」

QB「彼女たちとの契約」

キュゥべえ「…………」

QB「君は、彼女たちと契約を結ぶつもりはあるのかい?」

キュゥべえ「君はおかしなことを聞くね。僕が契約しても君が契約しても、それは同じことじゃないか」

QB「その通りだね。それで、君は彼女たちの願いを叶えるつもりはあるのかい?」

キュゥべえ「…………」

QB「これは、君という一個体に対する質問だよ」

キュゥべえ「僕は」

QB「…………」

キュゥべえ「正直、わからないな」

QB「自分のことなのにかい?」

キュゥべえ「確かに僕もインキュベーターで、彼女たちの願いを叶える奇跡を起こす存在だよ」

キュゥべえ「そして彼女たちはその代償として、戦いの運命を課せられ、やがては魔女になることでその存在を全うする」

キュゥべえ「僕たちは奇跡を起こした対価として、その際のエネルギーを回収し、宇宙を延命させる」

QB「そこまで理解しているのに、何がわからないんだい?」

キュゥべえ「自分でもわからないけど、何故か気が進まないんだ」

QB「…………」

キュゥべえ「それが僕たちの役目であり、存在意義なのにね。何なんだろう、本当にわからないよ」

QB「わかった。では彼女たちを魔法少女へ勧誘するのは、僕たちの仕事だね」

キュゥべえ「僕は何もしなくてもいい、ということかい?」

QB「……まあ、君は思ったことがすぐ顔に出るからね」

QB「僕たちインキュベーターは契約の際、嘘を吐かないというのが最低限のルールだけど」

QB「話さずに済むものはそのまま伏せておきたいというのも、それもまた事実だ」

QB「その点を考えると、君は些かその仕事には不適格だね」

キュゥべえ「なんだかひどい言われ様じゃないかな」

QB「真実をありのままに言っているだけだよ」

キュゥべえ「……君は、警戒しないのかい?」

QB「何をだい?」

キュゥべえ「もし僕が、鹿目まどかや美樹さやかに真実を話したら」

キュゥべえ「二人は契約しようとはしないんじゃないかな?」

QB「君は話さないだろうね」

キュゥべえ「どうして?」

QB「二人に真実を話せば、それはいずれマミの耳にも入る」

QB「そうすれば恐らくマミは、誰でもない君自身の言葉で絶望し、魔女へと変わるだろうね」

キュゥべえ「…………」

QB「だから君は誰にも真実を話さないだろうね、その点は警戒するに値しない」

キュゥべえ「何故だろう?同じインキュベーターの言葉なのに、妙に受け入れ難いよ」






マミ「……魔法少女の説明としては、こんなところかしら」

まどか「…………」

さやか「…………」

マミ「突然こんな話、信じられないかもしれないけど……」

さやか「し、信じますよ!実際、二人が戦うところを見たわけですし!」

まどか「わ、私も信じます……ちょっと、びっくりしましたけど」

マミ「そう……それでね、二人にお願いがあるの」

さやまど「?」

ほむら「…………」

マミ「まず、私……それと、暁美さんが魔法少女ということは、他言しないでほしいの」

ほむら「……まあ他言したところで、真に受ける人はいないでしょうけど」

マミ「私もそう思うけど……後、もう一つ」

ほむら(……巴マミ、やっぱりあなた……) ジッ 

マミ「連絡先、交換してもいいかしら?」

ほむら「……えっ?」

マミ「ほら、二人にはグリーフシードが見えるみたいだし……」

マミ「それに、もし魔女に魅入られた人を見つけたり」

マミ「二人以外の誰かが、魔女の被害に遭いそうになったりした時のために」

さやか「その時は、マミさんを呼べばいいんですか?」

マミ「もちろん、急いで駆けつけるわよ」

さやか「わあー……なんか、かっこいいなぁ」

まどか「ヒーローみたいだよね」

マミ「そんな良いものじゃないわよ……お願い、できる?」

さやか「もっちろんですよ!ねっ、まどか!」

まどか「うん!私たちで良かったら!」

マミ「ふふっ、ありがとう」

ほむら「…………」

さやか「あ、あのー、マミさん?」

マミ「何かしら?」

さやか「これって、魔女に関すること以外で連絡してもいいんですか?」

マミ「……えっと、例えば?」

さやか「えーっと……また一緒にケーキが食べたいなー、とか」

まどか「……あと、もし迷惑じゃなかったら、ですけど」

マミ「…………」

まどか「勉強でわからないところがあったら、相談に乗ってほしい、とか……ダメですか?」

マミ「……ふふっ、ダメなわけないじゃない」

さやか「やったー!今日の紅茶とケーキ、すっごく美味しかったです!」

まどか「さやかちゃんったら、もう……」

ほむら「…………」


ほむら(……どういうこと?)

ほむら(巴マミは、二人に魔法少女の資質があることを知っている)

ほむら(それなのに、ただ連絡先を交換するだけ……?)

ほむら(私が知っている巴マミなら、それよりも先に……)


マミ「ほら、暁美さんも」

ほむら「……え?」

マミ「いざという時、連絡が取り合える方が便利だと思わない?」

ほむら「……必要ないわ」

まどか「……えっ……」

ほむら「あっ……」

まどか「…………」 シュン

ほむら「まどか、これが私の連絡先と住所と血液型と星座と靴のサイズよ」

まどか「!?」

さやか「いや、誰もそこまで教えろなんて言ってないでしょ」

まどか「あ、ありがとうほむらちゃん!」

ほむら「礼には及ばないわ」

まどか「ティヒヒッ、ほむらちゃんって足ちっちゃいんだね!」

さやか「いや、まどかも何で喜んでるわけ?」

マミ「はい暁美さん、これが私の連絡先よ」

ほむら「私が交換するのはまどかだけよ」

マミ「……えっ……」 シュン

ほむら「……わかったわよ、必要ならまどかから聞いて」

マミ「ありがとう、暁美さん!」

ほむら(こんなにやりにくいパターン、今まで無かったわ……)

何なんだよ、セって一体何なんだ

さやか「んじゃ、これがあたしのね!」

ほむら「……ええ」 グシャッ

さやか「ちょっと!」

ほむら「何?」

さやか「今グシャッとしたでしょ!グシャッって!」

ほむら「してないわ」

さやか「したでしょ!」

ほむら「グシャッとしてポケットに入れただけよ」

さやか「やっぱりしてるじゃん!まどか、ほむらがひどい!」

まどか「もうっ、ほむらちゃん!さやかちゃんがかわいそうだよ!」

ほむら「ごめんなさい、まどか」

さやか「謝るのはこっちにでしょー!」

マミ「あらあら、ふふっ」




ほむら(……ハッ!)

ほむら(何ちょっと馴染んでるの、私!?)

さやか「って、もうこんな時間かー……」

まどか「私も、そろそろ帰らないと」

マミ「そうね、お家の人を心配させちゃうし」

さやか「……マミさん、また来てもいいですか?」

マミ「あら、私がダメだなんて言うと思う?」

さやか「あははっ、ですよね!」

まどか「楽しみにしてますね、マミさん」

マミ「ええ……暁美さんは、どうするの?」

ほむら「……できれば、もう少し話をしておきたいことがあるわ」

マミ「私は別に構わないけど、お家の人に連絡はしておいた方がいいわよ?」

ほむら「お気遣いなく、私も一人暮らしよ」

マミ「あら、そう……」

ほむら「…………」 チラッ

さやか「うん?……ああ。心配しなくても、まどかはちゃーんと送って行くって!」

ほむら「別に、そういうつもりは……」

まどか「それじゃ、ほむらちゃん!また明日ね!」

ほむら「……ええ、また明日」

さやか「またねー、ほむら!」

ほむら「…………」

さやか「無視ですか!?」

ほむら「ええ、また明日」

さやか「うわーん、まどかー!ほむらがあたしに冷たいんだよー!」

まどか「ま、まあまあ、さやかちゃん……」



バタン



ほむら「…………」

マミ「……それで、話って何かしら?」

ほむら「少し、長くなるわ」

マミ「別に構わないわよ……ちょっと待ってて」

ほむら「?」

マミ「長くなるなら、お茶のお代わりを持ってくるわね」 パタパタ

ほむら「別にその必要は……はぁ」

 
キュゥべえ「あれ?まどかたちは?」

ほむら「あなたたちが長話をしている間に、もう帰ったわ」

キュゥべえ「そっか」

QB「…………」

ほむら「何の話をしていたのか……聞いても答えないでしょうね」

QB「そう思うかい?」

ほむら「ええ」

キュゥべえ「…………」

ほむら「……別に構わないわ、粗方のことは見当がつくしね」

QB「なるほど、やはり君は僕たちのことをよく知っているみたいだ」

キュゥべえ「……ねえほむら、マミは?」

ほむら「今はお茶を淹れに行っているわ、私も彼女に確認しておきたいことがあるの」

キュゥべえ「それは、僕は席を外しておいた方がいいかい?」

ほむら「あなたに任せるわ」

QB「いない方がいいと思うけどなぁ、君は」

キュゥべえ「君が席を外すと言うなら、僕もそうするよ」

ガチャッ


マミ「あら?二人とも、戻ってたの」

QB「うん、ついさっきね」

ほむら(インキュベーターが「二人」って、巴マミの中ではどういうカテゴリなのかしら……どうでもいいけど)

キュゥべえ「マミ、それはお茶のお代わりかい?」

マミ「ええ、そうよ」

キュゥべえ「つまり、お菓子のお代わりもあるってことかい?」

マミ「あらキュゥべえちゃん、お腹が空いたの?」

ほむら「……真面目な話をしたいの、静かにしていて」

キュゥべえ「ほむらがそう言うならそうするよ」

マミ「はい、暁美さんの分……真面目な話、なのね」

ほむら「ええ」

マミ「わかったわ、私もそのつもりで聞くわよ」

ほむら「では、単刀直入に聞くわ……巴マミ、あなたは」

マミ「ストップ」

ほむら「……まだ何も言ってないのだけど」

マミ「その前にね、暁美さん」

ほむら「……?」

マミ「私、これでも一応先輩なのよ?」

ほむら「…………」

マミ「…………」 ジッ

ほむら「…………」

マミ「ふふっ、暁美さん?」

ほむら「……呼び方なんてどうでもいいでしょう」

マミ「学年以前に、フルネームで呼び捨てなんて……あんまり良いものじゃないわよ?」

ほむら「うっ……は、話を進めるわよ、巴マミ」

マミ「…………」

ほむら「ちょっと」

マミ「…………」 ジッ

ほむら「……わかったわよ……巴、さん」

マミ「ふふっ、何かしら?暁美さん」 ニコニコ

ほむら(やりづらい……)

ほむら(でも、敬語を使えと言わないあたり……)

ほむら(上下関係とかではなく、単純に親しみを込めて呼んで欲しいってことでしょうね……)

ほむら(……こっちとしては、それほど親しくなるつもりは無いのだけど)

ほむら「では、単刀直入に聞くわ……巴さん」

マミ「何かしら」

ほむら「あの二人を、どうするつもり?」

マミ「……どうする、って?」

ほむら「魔法少女にするべきか、どうかよ」

マミ「するべきか、って聞かれても……」 チラッ

QB「…………」

マミ「確かにキュゥべえの話だと、あの二人にも魔法少女になる資格はあるようだけど」

ほむら「……ええ」

マミ「でも、なるかどうかを決めるのは……やっぱり、あの子たちだと思うし」

ほむら「では、質問を変えるわ」

マミ「?」

ほむら「あなたは、あの二人に、魔法少女になってほしい?」

マミ「…………」

ほむら「…………」

マミ「……ふふっ、なんだか暁美さんには隠し事ができない気がするわ」

ほむら「……じゃあ、やっぱり」

マミ「そうね……私の、素直な考えを言わせてもらうと」

ほむら「…………」

マミ「一緒に……私と一緒に戦ってくれる人、仲間が欲しい、誰かに側にいてほしい。それが私の、正直な気持ちよ」

ほむら「……そう」

マミ「でもあの子たちに、私のようになって欲しくない……それも、正直な気持ちなの」

ほむら「…………」

マミ「願いのためとはいえ、ずっと魔女と戦い続ける運命なんて……やっぱり、女の子には重過ぎるもの」

ほむら「……だから、あの子たちが決めることだと?」

マミ「そうね……もし、あの子たちに、そうしてまで叶えたい願いがあるとすれば」

マミ「私に、それを止める権利なんて無いものね」

ほむら「…………」

マミ「もちろん、そんな願いが無いと言う子を、無理に魔法少女にするなんて……絶対に、許されることじゃないわ」

マミ「だからそれは、あの子たち次第……じゃないかしら」

ほむら「……意外だわ」

マミ「何がかしら?」

ほむら「気を悪くしないでほしいのだけど……そこまであの子たちの判断に委ねるとは、思わなかったから」

マミ「……そうね」

マミ「きっと以前の私なら……ううん、昨日までの私なら、違ったかもしれないわ」

ほむら「……どういうこと?」

マミ「あの二人に任せると言いながら、あの二人が魔法少女に憧れるように……もっと、いろいろ構っていたかも」

ほむら(そういえば、前の世界では……魔法少女見学コース、なんてやっていたわね)

マミ「でも、願いがあるかどうかもはっきりしてない子に、それは……ちょっと、ずるいじゃない?」

ほむら「……そうかもしれないわね」

マミ「でも、今は落ち着いて考えられるの。少なくとも、あの子たちの心が決まるまで、本人に任せるべきだって」

ほむら「どうして?」

マミ「?」

ほむら「昨日までのあなたと、今日のあなた。何が違うと言うの?」

マミ「うーん……そうね」

ほむら「正直に言って欲しいわ」

マミ「……少し、恥ずかしい話なんだけど」

ほむら「……?」

マミ「私ね、今まで、色んな魔法少女と会ったわ」

マミ「でも、わかりあえるような人はいなかった……最初は、仲良くやれていた子もいたけど」

マミ「魔法の使い道とか、考え方とか……そういうので衝突しちゃって」

マミ「だから結局、やっぱり私は一人ぼっちなんだな、って……」

ほむら(……彼女のことね)

マミ「でもね、暁美さん」

ほむら「何かしら」

マミ「今日の暁美さんを見て、わかったの」

マミ「きっと私は、一人ぼっちじゃないって」

ほむら「……巴マミ……いえ、巴さん」

マミ「…………」

ほむら「私は……あなたとは……」

ほむら「…………」

ほむら(……仲間になるつもりは無い。そう、突き放さなければいけないのに)

ほむら(……そう、言わなければならないのに……)

マミ「ふふっ、わかってるわ」

ほむら「……っ?」

マミ「私と手を組むつもりは無い、そう言いたいのよね?」

ほむら「……わかっているなら、どうして」

マミ「だって私は、それでもいいと思ったもの」

ほむら「…………」

マミ「私が結界に入る前から……いえ、入った後も。暁美さんは、あの二人を守るために戦っていたわ」

マミ「そして私が来た後も、ずっとあの二人を気にしながら戦っていたもの」

マミ「自分だけのためじゃない、他の誰かのために戦う魔法少女を見た時に、ね」

マミ「私と同じ考えの人が、他にもいるんだと思って……とても、嬉しかったの」

ほむら「……あなたの思い違いかもしれないわよ」

マミ「そうかしら?」

ほむら「あくまでも、グリーフシードを手に入れるため。そのために戦っていたとは考えないの?」

マミ「そんなの、あなたの戦い方を見ればわかるわ。これでも一応、ベテランって言われるくらいなのよ?」

ほむら「…………」

マミ「それに、もし本当に魔女を狩るために戦っていただけなら」

マミ「魔女が逃げた後にそれを追いかけないで、二人に付き添ったりはしないでしょう?」

ほむら「……自分の内面を見透かされるのは、好きじゃないわ」

マミ「ごめんなさい……でもね、暁美さん」

ほむら「…………」

マミ「隣に並んで、一緒に戦ってくれなくてもいい」

マミ「背中を預けるような間柄になれなくてもいい」

マミ「考え方が似ている魔法少女が、同じ見滝原にいてくれる……」

マミ「私は、それだけで十分、嬉しいの」

ほむら「……似ていると解釈するのは、あなたの勝手よ」

マミ「でも、否定はしないのね?」

ほむら「っ……とにかく、あなたは」

マミ「?」

ほむら「あの二人を、自分から魔法少女に勧誘しない……その確認はできたわ」

マミ「暁美さんがしたかった真面目な話って、そのことだったの?」

ほむら「……ええ。私にとっては、重要なことよ」

マミ「そう……それなら、私からも質問」

ほむら「……何かしら」

マミ「あなたは、あの二人に、魔法少女になってほしいの?なってほしくないの?」

ほむら「…………」

マミ「私だって正直に答えたんだから、暁美さんも正直に答えてくれないかしら」

ほむら「……そうね。私だけ隠すのは、卑怯だものね」

マミ「…………」

ほむら「私は、まどかに……いえ、あの二人を、魔法少女にはしたくない」

マミ「……そう」

ほむら「あの二人には、魔法少女以外の道を選んでほしい……それが私の、本音」

マミ「暁美さんがそこまで言うんだもの……きっと、何か理由があるのね」

ほむら「……そこまで答えるつもりは無いわ」

マミ「いいわよ、私は暁美さんの気持ちが知りたかっただけ」

ほむら「…………」

マミ「……紅茶、冷めちゃったわね。淹れなおしましょうか」

ほむら「……いいわ、もったいないもの」

マミ「ふふっ、そう?」

ほむら「…………」

マミ「ねえ、暁美さん」

ほむら「……何?」

マミ「私たち、仲間って呼べるほどの関係ではないけど」

ほむら「…………」

マミ「少なくとも、敵として対立しなきゃいけないことには……ならない、わよね?」

ほむら「……そうね」

ほむら「あなたのようなベテランと対立するのは、私としても避けたいし」

マミ「そう……暁美さんも、なかなかのベテランのように思えるけど」

ほむら「…………」

マミ「そこまで詮索はしないわ。魔法少女だもの……言いたくないことも、色々あるでしょうし」

ほむら「……長居をしてごめんなさい、そろそろ帰るわ」

マミ「そう?私は別に構わないけど……」

ほむら「……巴さん」

マミ「?」

ほむら「その……紅茶とケーキ……ご馳走様でした」

マミ「!……ふふっ、お粗末様でした」

ほむら「……あなた、随分と大人しかったのね」

キュゥべえ「ほむらが黙ってろって言ったんじゃないか」

ほむら「そうだったかしら……帰るわよ」

キュゥべえ「ずいぶんな扱いだね、僕だって傷つくよ」

マミ「それじゃ暁美さん、気をつけてね?」

ほむら「……ええ」

マミ「……あっ、それと」 ピラッ

ほむら「?」

マミ「また美味しい紅茶が手に入ったら、声をかけてもいいかしら?」

ほむら「…………私、普段は忙しいの」

マミ「……そう」

ほむら「……だから……それは、あなたの判断に任せるわ」

マミ「……ふふっ、そうね。そうさせてもらうわ」

キュゥべえ「マミ、その時は美味しいケーキも忘れずにね」

マミ「はいはい」

ほむら「あなたはどこまで図々しいのかしら……行くわよ」

マミ「おやすみなさい、暁美さん」

ほむら「……ええ」



バタン



QB「…………」

 
─ほむホーム─


キュゥべえ「ほむら、ねえほむら」

ほむら「…………」

キュゥべえ「帰ってくるなり、ずっとベッドに突っ伏して……どうしたんだい?」

ほむら「…………」

キュゥべえ「マミとはあまり親しくならないように、かといって敵対もしないようにしたい」

キュゥべえ「君のその目的は、ある程度は達成できたじゃないか」

ほむら「…………」

キュゥべえ「それなのに、どうしてほむらはそんなに落ち込んでいるんだい?」

ほむら「……うるさいわ。黙ってて」

キュゥべえ「…………」

ほむら「…………」

キュゥべえ「僕は感情のようなものが芽生えたとはいえ、まだまだ人類の感情は複雑過ぎる」

キュゥべえ「今の僕がほむらの心情を察するのは、難しそうだね」

ほむら「……だったら」

キュゥべえ「うん、静かにしていることにするよ」

ほむら「…………」

 
 
マミ『自分だけのためじゃない、他の誰かのために戦う魔法少女を見た時に、ね』




ほむら「…………」



ほむら(……違うわ、巴さん)

ほむら(私はただ、そうしたいだけ……まどかのために、私がそうしたいだけ)

ほむら(全てはまどかのためだけど、それは私のためでもある)

ほむら(……まどかを救うことが、私にとっての救いなのよ)




マミ『考え方が似ている魔法少女が、同じ見滝原にいてくれる……私は、それだけで十分、嬉しいの』



ほむら(だから私は……あなたとは違う)

ほむら(あなたが考えているような、人のために戦う魔法少女なんかじゃない)

ほむら(だって、私は)

ほむら(私にとっての、あなたは)

 
 

ほむら(私は、まどかのためになら)

ほむら(あなたのことだって、切り捨てようと思ってたんだから)



ほむら「……結局、私は今でも」

ほむら「巴さんのことを、裏切っているのよね」



キュゥべえ「……落ち着いたかい?ほむら」

ほむら「……随分と静かだったのね」

キュゥべえ「黙っていろと言ったのはほむらじゃないか」

ほむら「…………」

キュゥべえ「僕にはまだ、複雑な感情は理解できないけど」

ほむら「…………」

キュゥべえ「ほむらがそんな顔をしていると、僕も心配になるよ」

ほむら「……あなたに心配されるほど、落ちぶれてないわ」

キュゥべえ「そうだね、僕もその方がうれしい」

ほむら「……自己嫌悪に浸るのは、とっくの昔に終わりにしたつもりだったのだけど」

キュゥべえ「誰だって、自分が嫌になることはあるよ」

ほむら「インキュベーターの言葉とは思えないわね」

キュゥべえ「自己を否定するなんて、本来のインキュベーターには有り得ない思考だからね」

ほむら「……今のあなたは、違うのかしら」

キュゥべえ「そこは、まだ僕にも理解し切れていないよ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「希望と絶望の相転移、感情エネルギーの回収、宇宙の延命」

キュゥべえ「それがこの宇宙に必要不可欠だということは、今でも理解しているよ」

ほむら「……そう」

キュゥべえ「でも、そうだね……例えば、もし今まどかやさやかが」

キュゥべえ「美味しいケーキが食べたいから魔法少女にして、なんて言ってきたら」

ほむら「契約しないとでも言うつもり?」

キュゥべえ「うーん……」

ほむら「…………」

キュゥべえ「もう一晩考えておいで、くらいは言うかもね」

ほむら「……本当に、インキュベーターの言葉とは思えないわ」

キュゥべえ「うん、僕もそう思う」

ほむら「……まあ、あなたがまどかたちを勧誘しようとしない限りは」

キュゥべえ「?」

ほむら「少なくとも、あなたの身をどうこうするつもりは無いわ」

キュゥべえ「良かった、それは安心だ」

ほむら「もちろん、信用したわけではないけど」

キュゥべえ「それでもいいよ、いつ銃口を向けられるかわからないよりはずっといい」

ほむら「……そう」

キュゥべえ「……ほむら、食事はまだかい?」

ほむら「さっき食べたでしょう」

キュゥべえ「食べてないよ、そんな誤魔化しは通用しないよ」

ほむら「そうだったかしら」

キュゥべえ「僕をボケたおじいちゃん扱いするのはやめてくれないかな」

ほむら「おじいちゃん……あなた、性別なんかあるの?」

キュゥべえ「もしあったら大変だよ、マミはああ見えて潔癖なところもあるんだ」

ほむら「同じ寝室で寝るなんて、許してくれないかもしれないわね」

キュゥべえ「ほむらは、僕がオスだったらどうするんだい?」

ほむら「当然、叩き出すわ」

キュゥべえ「……うん、僕は性別不明ってことでいいよ」

ほむら「私もその方が気が楽よ」

キュゥべえ「……何の話をしてたんだっけ」

ほむら「食事の話でしょう」

キュゥべえ「そうだよ、それだよほむら。食事はまだかい?」

ほむら「さっき食べたじゃない」

キュゥべえ「僕をボケたおじいちゃんのように言わないでよ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「ああ、これは同じ話を繰り返すパターンになりそうだね」

ほむら「はぁ……わかったわよ、食事でしょう」

キュゥべえ「うん!」

ほむら「食べなくても生きられると言ったくせに、やけに食欲旺盛だわ」

キュゥべえ「食べたくないのと、食べなくてもいいっていうのは違うんだよ」

ほむら「食べた分の働きはしてもらうわよ……はい」

キュゥべえ「?ほむら、これは?」

ほむら「食事だけど」

キュゥべえ「…………」

ほむら「チョコかフルーツかは選ばせてあげるわ」

キュゥべえ「ねえ、ほむら」

ほむら「メープル味は数が少ないからダメよ」

キュゥべえ「そうじゃないんだよ」

ほむら「チーズ味はあまり好きじゃないから買ってないわ」

キュゥべえ「だから、そうじゃないんだよ」

ほむら「まさか、不満だと言うの?」

キュゥべえ「カロリーメイトだけじゃダメだよ、体に悪いよ」

ほむら「あなたに栄養バランスなんて関係ないでしょう」

キュゥべえ「僕には無くても、ほむらにはあるだろう?」

ほむら「魔法少女にそんなものが必要かしら?」

キュゥべえ「とにかくダメだよ、ちゃんとしたご飯にしようよ」

ほむら「でもこれは、仮にもバランス栄養食なのよ」

キュゥべえ「ダメと言ったらダメだよ」

ほむら「……家事もしないくせに、言うことは一人前なのね」

キュゥべえ「同じ一人暮らしでも、マミとは大違いだね」

ほむら「……一つ、言っておくわ」

キュゥべえ「何だい?」

ほむら「私は自炊ができないわけではないの、できるけどしないだけよ」

キュゥべえ「なるほどね」

ほむら「…………」

キュゥべえ「それって、余計にダメなんじゃないかな」

ほむら「黙りなさい」

キュゥべえ「僕だって、何も一から全部作った方がいいとは言わないよ?でもね」

ほむら「…………」

キュゥべえ「お惣菜とか、せめてお弁当とか」

ほむら(何故インキュベーターに家事のダメ出しをされなければならないのかしら……)

キュゥべえ「せめて温かいご飯が食べたいよ、僕は」

ほむら「結局あなたの好みじゃない」

ほむら「……別に、作ってもいいけど」

キュゥべえ「本当かい?」

ほむら「今更買い出しに行く気はないから、買い置きのもので済ませるわよ」

キュゥべえ「それでもいいよ、僕としては大満足だよ」

ほむら「……なんで私が、インキュベーターの食事の世話なんか……」

キュゥべえ「そんな冷たいことを言わないでよ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「僕たちは一緒に住んでるわけだし、家族みたいなものじゃないか」

ほむら「…………」

キュゥべえ「?」

ほむら「……次、そんなふざけたことを言ったら……警告なしで撃つわ」

キュゥべえ「わかった、気をつけるよ」

ほむら「わかればいいのよ」

キュゥべえ「何が君の気に障るかわからないから、発言は慎重にした方がよさそうだ」

ほむら「もっと早く気づいて欲しかったわね」






ほむら「……いただきます」

キュゥべえ「ちょっと」

ほむら「何?」

キュゥべえ「僕の分は?」

ほむら「……食べるの?」

キュゥべえ「最初にそう言ったじゃないか」

ほむら「……はぁ、面倒ね」

キュゥべえ「同居人に食事を与えないのは虐待だよ?」

ほむら「カロリーメイトじゃ満足できないなんて贅沢を言ったのは誰よ……はい、あなたの分」

キュゥべえ「ありがとう、いただくよ」

ほむら(妙に偉そうなのが気に食わないわ……) モグモグ

キュゥべえ「…………」 モグモグ

ほむら「…………」 モグモグ

キュゥべえ「…………」 モグ・・・

ほむら「…………」 モグモグ

キュゥべえ「あの……ほむら?」

ほむら「何」

キュゥべえ「これ、僕の分だけ味付けが違ったりするのかい?」

ほむら「私がそんな面倒なことをすると思う?」

キュゥべえ「うん、しないだろうね……」

ほむら「何か文句でもあるのかしら」

キュゥべえ「文句じゃないけど、ほむらが作る料理はいつもこんな味付けなのかな?」

ほむら「どういうこと?」

キュゥべえ「……うーん、何と表現すれば怒られないだろう」

ほむら「怒らないからはっきり言いなさい」

キュゥべえ「撃たない?」

ほむら「多分ね」

キュゥべえ「そこは断言して欲しいな」

ほむら「冗談よ、言いたいことがあるなら言いなさい」

キュゥべえ「うん……あのね、ほむら」

ほむら「何?」

キュゥべえ「この料理、味がしないんだけど」

ほむら「…………」

キュゥべえ「不味いと言ってるわけじゃないよ?」

ほむら「素材の味を活かしている、と言って欲しいわね」

キュゥべえ「それにしても味付けが薄過ぎじゃないかい?」

ほむら「あなたの舌がバカなんじゃないかしら」

キュゥべえ「確かに僕たちインキュベーターの味覚は、人類ほど繊細にはできていないよ」

ほむら「やっぱりそうなのね」

キュゥべえ「それを差し引いても、これは味付けが薄すぎるよ」

ほむら「あなたの舌がバカなだけよ」

キュゥべえ「ほむらが飲んでるお味噌汁なんて、ほとんど透明じゃないか」

ほむら「お味噌汁ってこういうものでしょう」

キュゥべえ「普通のお味噌汁は味噌の色が出てるものだよ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「……あっ、別に料理に文句を言ってるわけじゃないよ?」

ほむら「…………」

キュゥべえ「ただ、ちょっと疑問に思っただけなんだ。本当だよ」

ほむら「…………」

キュゥべえ「だから取り上げたりはしないで欲しいな」

ほむら「……そう言われてみると、味付けは薄めかもしれないわね」

キュゥべえ「きっと僕の気のせい……あれ?」

ほむら「病院食が長すぎたせいかもしれないわ」

キュゥべえ「……ああ、そういえばほむらは心臓の病気で入院していたんだよね」

ほむら「基本的に、食事は塩分控えめが常識だったから……」

キュゥべえ「なるほど、ほむら自身の味覚が慣れてしまっているんだね」

ほむら「でも、私としてはこのくらいが調度いいのよ」

キュゥべえ「それなら仕方ないよ。家主の君に合わせるさ」

ほむら「……まあ、あなたの味覚に合わせるつもりは無いのだけど」 モグモグ

キュゥべえ「ひどいなぁ」 モグモグ





ほむら「……ごちそうさま」

キュゥべえ「ご馳走様」

ほむら「しばらくは忙しくなるから、今のうちに休んでおかないと……」

キュゥべえ「そうなのかい?」

ほむら「魔女退治をしつつ武器を調達するというだけでも大変なのよ」

キュゥべえ「なるほどね、調達し続けなければ武器は減っていく一方だ」

ほむら「満足に眠れない日もあるけど、サボるのは許さないわよ」

キュゥべえ「時間を止めたまま眠ればいいんじゃないかい?」

ほむら「……あなた、やっぱりバカでしょう」

キュゥべえ「名案だと思うけどなぁ」

ほむら「睡眠は休息するためのもの。そのために魔力を消費していたら元も子もないわ」

キュゥべえ「それもそうか」

ほむら「うっかり寝過ごしてソウルジェムが真っ黒になったら洒落にならないでしょう」

キュゥべえ「寝坊が原因で魔女になりかけるなんて、ドジという領域を超えているね」

ほむら「一度試してみたけど、案の定失敗だったわ」

キュゥべえ「あ、一応は試したんだね」

ほむら「枕元にグリーフシードを置いていなかったら危なかったわ」

キュゥべえ「むしろ、よくグリーフシードを枕元に置いて寝てたね」

ほむら「……とにかく、今日はもう休みましょう」

キュゥべえ「そうだね」

ほむら「お風呂の準備もしないと……」

キュゥべえ「ねえ、ほむら」

ほむら「何?」

キュゥべえ「念のために聞きたいんだけど、僕のお風呂って」

ほむら「はい」 スッ

キュゥべえ「……うん、まあ、わかってはいたんだけど」

ほむら「サイズが小さかったかしら」

キュゥべえ「うん、その洗面器はちょっと」

ほむら「タライを用意するわ」

キュゥべえ「頑なに浴室には入れないんだね」

ほむら「洗面所の流し台で我慢しろと言われないだけ、ありがたいと思いなさい」

キュゥべえ「手厳しいなぁ……」

ほむら「勘違いしないで、あなたとは利害の一致で行動を共にしているだけ」

ほむら「私があなたに気を許すなんて思わないことね」

キュゥべえ「まあ、冷水を浴びせられなかっただけマシだと思うことにするよ」

ほむら「……えっ、お湯を使うつもりなの?」

キュゥべえ「……えっ、水しか使わせないつもりかい?」

ほむら「…………」

キュゥべえ「…………」

ほむら「……まあ、お湯くらいは許してあげるわ」

キュゥべえ「よかった、さすがの僕でも冷水はきつい」

ほむら「風邪を引かれても迷惑だし」

キュゥべえ「風邪、引くのかなぁ」

─翌日、朝─


ほむら「…………」

ほむら(今日は武器の調達……の前に、巴マミの様子を一度見ておくべきかしら)

ほむら(例の魔法少女体験ツアーが無くなったとはいえ、彼女が置かれている状況に変化があったわけではないし……)

ほむら(その後に周囲を見回って、その後……)

ほむら(……今日からは忙しくなりそうね……)



まどか「あっ」

ほむら「……はぁ……」

まどか「おはよう、ほむらちゃん!」

ほむら「!?」 ビクッ

まどか「?」

ほむら「…………」

まどか「ほむらちゃん?どうしたの?」

ほむら「……えっ、あ、いえ……な、何でもないわ」

まどか「そう?」

ほむら「え、ええ……お、おは、おはよう、まどか」

まどか「うんっ、おはよう!」

ほむら(……まどかに、おはようって挨拶されるなんて……いつぶりだろう)

ほむら(しばらくはずっと、突き放すようにして距離を置いてたから……)

さやか「おやおやー、クールな転校生も朝は寝ぼけちゃったりするのかな?」

ほむら「……ああ、あなたもいたの」 ファサッ

さやか「ちょっ、あたしの顔を見ていきなりクールに戻るのやめてくんない?」

まどか「ま、まあまあ二人とも……」

さやか「ちょっとした冗談なのにさー……それはともかく、おはよ!」

ほむら「…………」

さやか「んん?どしたの?ほむら、おはようってば!」

ほむら「え、ええ……おはよう」

さやか「なんか朝からぼーっとしてない?ほむらって、朝が苦手だったりする?」

ほむら「……そう、ね。寝起きはそんなに良くないわ」

さやか「へぇー、意外だなー。なんか、目覚ましが鳴ったら一瞬で起きそうなタイプなのに」

まどか「さやかちゃんは、逆に寝起きが良い方だもんね」

さやか「朝は、バーンと布団を蹴っ飛ばして飛び起きるくらいじゃないとね!スタートダッシュは大事ですよ!」

ほむら(どういうことかしら)

ほむら(美樹さやかが、こんなに親しげに話しかけてくるなんて……)

ほむら(ずっと以前……私が眼鏡をかけていた頃は、こんな感じだった気もする)

ほむら(そんなの、何度目の繰り返しの時だったか、もう思い出せないけど……)



ほむら「…………」

さやか「なんか、本当に元気無いっぽい?大丈夫?」

まどか「ほむらちゃん、具合が悪いの?」

ほむら「……い、いえ、大丈夫よ……大丈夫」

まどか「それならいいけど……無理しちゃダメだよ?」

さやか「まああたしとしては、クールなほむらのびっくりした顔を見れて思わぬ収穫だったけどね!」

まどか「もう、さやかちゃんったら……」

ほむら「…………」

さやか「でもまあ、もし具合が悪いんだったらさ。仲良しの保健委員さんに、ちゃんと言いなよ?」

ほむら「……そうね、そうするわ」

まどか「あれ?そういえば……」

さやか「あの子は?えーっと、キューちゃんだっけ」

ほむら「九官鳥じゃないんだから……アレなら」

キュゥべえ『僕はここだよ!』

まどか「!?」

さやか「えっ、今のどこから聞こえてきたの?」

キュゥべえ『ここだよ!』

ほむら「うるさいわよ」

キュゥべえ『大丈夫だよ、テレパシーなら他の人には聞こえないからね!』

ほむら「聞こえている私がうるさいと言ってるのだけど」

まどか「えっと……ほむらちゃん、その鞄って」

ほむら「……はぁ」



カパッ



キュゥべえ『やあ』 ポリポリ

まどか「…………」

さやか「…………」

ほむら「ちょっ、お菓子はロッカーの中で食べるように言ったじゃない!」

キュゥべえ「? ちゃんとロッカーの中で食べる分は残してあるよ?」

ほむら「そういうことじゃないの、鞄の中に食べカスが落ちるでしょう!」

キュゥべえ「失礼だなぁ、僕はそんなに行儀悪くないよ」

ほむら「鞄の中で寝転がってお菓子を食べながら言っても説得力が無いわ!」

キュゥべえ「ロッカーの中ならいいのかい?」

ほむら「まったく、ああ言えばこう言う……!」

さやか「あ、あはは……」

まどか「な、仲が良いんだね……」

ほむら「誤解よ、まどか。私とこれが仲良くなるなんて有り得ないわ」

さやか「どう見ても仲良しに見えるけどねぇ」

ほむら「もし利害が一致していなければ、この場で穴だらけにするところよ」

キュゥべえ「うん、利害が一致してて良かったよ本当に」

さやか「でも、一緒に登校するような仲だもんねー」

まどか「うん、仲良しに見えるけど……」

ほむら「誤解よまどか、本当に誤解なの、誤解よ」

キュゥべえ「そこまで頑なに否定されると僕も傷つくんだけどなぁ」

ほむら「あくまでも私は、これを監視するために行動を共にしているだけよ」

まどか「監視?」

ほむら「ええ」

さやか「なんで?」

ほむら「それは……」

まどか「……?」

ほむら「……ま、まだ子供だからよ」

まどか「そっか、キュゥべえちゃんはまだ小さいもんね」

さやか「それってやっぱり仲良しってことじゃないの?」

ほむら「違うわ、全然違うわ」

キュゥべえ「それより、どうして子供だからという理由であっさり納得するんだい?」





キュゥべえ『ねえ、ほむら!』

ほむら『…………』

キュゥべえ『この中は暗いから、今度から何か明かりになるものを持ち込んd


バタン!


ほむら「はぁ……」

さやか「あれ?ほむら、あの子は?」

ほむら「?」

さやか「だから、キュゥべえちゃんはどうしたの?」

ほむら「どうしたのって、しまったわよ」

さやか「しまった、って……」

ほむら「やっと静かになったわ」

 
さやか「いやいやいやいや!まずいんじゃないの!?」

ほむら「何が?」

さやか「いや、だって、ほら、こう……何て言うんだっけ、息苦しくなるの」

ほむら「酸欠ね」

さやか「そう!酸欠とかになっちゃうんじゃないの!?」

ほむら(インキュベーターが酸欠……?)

さやか「一応換気用の穴は空いてるけど、やっぱりまずいんじゃ」

ほむら「そもそも、息をしているのかしら」

さやか「してなかったらまずいでしょ!?」

ほむら「ほら、何だか呼吸しなくても大丈夫そうな顔じゃない」

さやか「そんな……ことは……うーん」

ほむら「だから大丈夫よ、きっと酸素なんていらないわ」

さやか「いやいやいや!騙されませんよさやかちゃんは!」

ほむら(あなたの方がよっぽど過保護じゃない、美樹さやか……)

さやか「とにかく出してあげなよ、可哀想だよ」

ほむら「本人はなかなか気に入ってるみたいだけど」

さやか「えー……おーい、そうなの?」 ガンガン

ほむら「人のロッカーにノックしながら話しかけないで」

キュゥべえ『そんなに居心地は悪くないよ、さやか!』

さやか「うわっびっくりした」

キュゥべえ『さやかから話しかけたんじゃないか』

さやか『いやぁ、まだ頭の中に直接ってのに慣れてないからさ』

ほむら「はぁ……だからここにしまったままでいいのよ、わかったかしら」

さやか「ちぇー……授業中の癒しになると思ったのになぁ」

まどか「あれ?二人とも、どうしたの?」

さやか「いや、ロッカーの中のキュゥべえちゃんについて、ちょっとね」

まどか「えっ、ロッカーに入ってるの?」

さやか「うん、まあ色々あってさ……」

まどか「そ、それはちょっと可哀想じゃないかな……ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「まどかがそう言うなら」 ガチャ

さやか「ちょっ!?」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年02月12日 (木) 23:22:30   ID: wIm9RIcJ

未完なのがおしまれるなぁ…
キュゥべえちゃん語呂はわるいけどキャラはいいから

あと、ほむほむのまどさやに対するダブルスタンダードもこっからもっと、って感じなのにね、もったいないね

2 :  SS好きの774さん   2017年08月28日 (月) 02:05:26   ID: MK_lSqk9

続きが見たい…!!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom