球磨川禊『自由性行為許可証……通称・子作り許可証?』(15)

球磨川『おいおい正気かよ』

球磨川『マイナスの僕に、こんな物を渡すなんて』

球磨川『僕は人に言われて従うのは蛇蝎の如く嫌いなんだよ』

球磨川『第一、こんなので女子としてもなんの勝利にもならないんだぜ』

ガラガラガラ

須木奈佐木咲「あ、球磨川くん。先に来てたんだ」

球磨川『咲ちゃん。これを見てくれるかな』

須木奈佐木咲「……え?」

ピッピッピツ

須木奈佐木咲「えっ? えっ? ええええぇぇぇぇ!!」

球磨川『それじゃあ、咲ちゃん。さっそくやろうか』

須木奈佐木咲「いやいや、ちょっと待って本気で待って!」

球磨川『待てないよ。と、言うかさ、しないと黒服の人に施設に連れて行かれちゃうよ?』

須木奈佐木咲「そ、そうだけどっ。で、でも、私は、そ……その、処女だし、初めては、好きな人がいいかなーって」

球磨川『大丈夫だよ咲ちゃん。僕は咲ちゃんの事が好きだから』

球磨川『それに、した後はちゃんと『大嘘憑き』で無かった事にしてあげるからいいだろ』

須木奈佐木咲「……本当に。本当に「大嘘憑き」で無かった事にしてくれる……?」

球磨川『勿論さ』キリ

須木奈佐木咲(球磨川くんがキリッとして言うことほど、うそ臭いことないよね。なんとか――……あれ? 私、どうしたいんだっけ?)

球磨川『『大嘘憑き』。咲ちゃんの逃げる逃げたいって感情を無かった事にした。コレで、ずっと咲ちゃんは逃げる事が出来ない』

球磨川『……さて、咲ちゃん。さっさとしちゃおうか』

須木奈佐木咲「う、うん……」

球磨川『とりあえず、コレに着替えてくれるかな』

須木奈佐木咲「……エプロン?」

球磨川『うん。すべて脱いで、生まれたてたの姿になって、コレを着てくれるかな』

須木奈佐木咲「……」コクン

須木奈佐木咲「く、球磨川くん。これで、いいかな……?」カアァァァ

球磨川『うん。似合ってるよ、咲ちゃん』

球磨川『それじゃ、さっそく壁に手をついてお尻をコッチに向けてくれる?』

須木奈佐木咲「う、うん……」

須木奈佐木咲(球磨川くんに、後ろから、私の大事なところ、見られてる)

球磨川『うわぁ、咲ちゃん。すっごく綺麗だよ。さっそく、挿入するね』

須木奈佐木咲『あ、ああぁぁ、くま、がわくんの、がっ、はいって、ンン、あああ』

球磨川『凄いよ。処女なのに、娼婦のように絡みついてくる……。これが名器ってヤツなのかな』

須木奈佐木咲『球磨川、くん。い、痛みが、あるから、ゆっくり』

球磨川『うん。そう言うなら――激しく動いてあげる』

須木奈佐木咲『え? あ、あああ、んっあ、や、いたい、いたいからぁ!』

球磨川『おいおい、咲ちゃん。上の口で嫌がっても、下の口は正直だぜ』

球磨川『僕のペニスをもっと激しく動かして欲しいって……さ』

須木奈佐木咲「ち、違うからァ、そんな、んぁ、あン、思って、ない――」

球磨川『――ン。そろそろ咲ちゃんの子宮に出すよ』

須木奈佐木咲「や、いやぁ、赤ちゃん、球磨川くんとの、赤ちゃんが、出来ちゃう――」

球磨川『おいおい、そんなに嫌がられると傷ついちゃうぜ』

球磨川『でも、子作り許可証は、膣内射精が絶対だからあきらめて』

球磨川『大丈夫。咲ちゃんなら、きっと可愛らしい赤ちゃんを産めるよ』

須木奈佐木咲「あっ、んぁ、おお、や、やぁ、イク、球磨川くんのに、突き刺されてい――」

球磨川『ほら、咲ちゃんの一番奥に射精するよ!』

須木奈佐木咲「やぁぁぁ。あつのが、あついのが、一番奥に出されてるぅぅ」

須木奈佐木咲「うぅ、ああ――。こんなに、出され、たら、あかちゃん、出来ちゃう」

球磨川『咲ちゃん。とっても気持ちよかったよ。さすが僕の右腕だ』

球磨川『――でも、ちょっと疲れたかな。まさか射精一回で、こんなに疲れるとはね』

球磨川『少し休んだら、コレを使って遊ばしてもらうぜ』

球磨川『とりあえず……殺したほど愛しい安心院さんの端末に相手をしてもらおうかな』


これから三日後。
水槽学園は廃校となることになった……。


終劇

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年06月20日 (月) 16:55:17   ID: ahToK0p7

ここってテメエの嫌いなキャラだからって低評価つけるカスばかりなの?

2 :  SS好きの774さん   2016年06月21日 (火) 21:23:52   ID: zgx6eU04

信者キモいっすね

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom