マリオ「最近、テニスやパーティーにゴルフばかりで…何かを忘れているような」 (508)

昼下がりの午後キノコ王国のカフェにて

マリオ「なんだろうな…ひどく大事なことだったと思うのに」


ルイージ「思い出せないならたいしたことじゃないんじゃあ無いかな?」

ルイージ「それより、さ? 早いとこ注文しようよ」

マリオ「あ、ああ」

マリオ(…本当に、そう…だったっけ?)


キノピオ「お客様、ご注文はお決まりですか?」


ルイージ「カメカメティーとカラカラパスタのスパゲッティで」

マリオ「俺もそれで」

キノピオ「お時間少々頂きますが宜しいですか?」

ルイージ「構いませんよ」

キノピオ「では…」

スタスタ…

ルイージ「この店は何が良いって品揃えの良さがウリなんだよね」

ルイージ「カラカラパスタやサムイサムイ村産のさむイモのグラタン」

ルイージ「果てはマメーリア王国の料理やドルピック島風サラダもある」

マリオ「ああ」

ルイージ「毎日テニスやゴルフにお呼ばれされてばかり…」



ルイージ「僕らも もうイイ齢なんだしさ

たまには なーーんにも無い日を のんびりしようじゃないか!」

マリオ(……思い出せない)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396172501

マリオ「また冒険したいからピーチ姫浚ってよ」

クッパ「了解した」


マリオ「なぁ、ここの勘定は」

ルイージ「やだなぁ兄さん、来る時に言ったじゃん
     ここは僕持ちだって」


マリオ「…」






マリオ「払うのは構わないが…払えるのか?」

マリオ(俺達は"しがない配管工"…そんなに収入は無かっ…た?
    気がするんだが)


ルイージ「この前のゴルフ大会での賞金があるじゃないか!」

マリオ「ルイージ」


ルイージ「なんだい兄さん」






マリオ「前にも似たような事を言わなかったか? 三日前ぐらいに」


マリオ「この前はピーチ姫やヨッシーを誘っての登山だったが
    その時も代金はお前持ちだった、その前やもっと前だって…」


マリオ「俺はここ最近"配管工としての仕事"をしてない気がするんだ
    賞金があっても流石におかしいと思うんだ
    そんな収入どこにあったんだ?」


ルイージ「あー、実は兄さんには黙ってたんだけど前に宝くじが
     大当たりしちゃってそれでコインに困ってないんだよ」

マリオ「そうなのか?」

ルイージ「そうだよ」



コトっ


キノピオ「此方、ご注文のメニューになります」


ルイージ「さ、パスタも来たみたいだし、冷めないうちに頂こう」

マリオ(…)



―――
――




カランカラン

キノピオ「またのお越しを」


ルイージ「そうそう、兄さん!実はさぁ今度また新しいテニス大会が
     開かれるんだよ、しかも賞金はなんと500コイン!」

ルイージ「こりゃ出るっきゃないっしょ!」

マリオ「…ん?ああ」


ルイージ「…ふぅ、上の空だね?」

マリオ「すまんな、こうして暇人の俺を誘ってくれたのに」

ルイージ「イイってイイって、我等が英雄スーパーマリオ様を
     お連れして歩いてるんだぜ
     僕だって街の若いお嬢さん方からキャーキャー言われたいさ」

ルイージ「僕は兄さんを利用してる、だからこれでトントンだ
     悪く思う必要性なんて何処にもないね」



マリオ(…えい…ゆう?)



マリオ「なぁ、弟よ」

ルイージ「はいはい?」




マリオ「俺って、さ…いつから英雄になったんだっけ?」




ルイージ「うーん? そんなの決まってんじゃん
     テニスやゴルフで数々のメダルやトロフィーの獲得
     王国に蔓延したウイルスの感染者を治した名医
     あ、あと街で評判のクッキー屋さんも営んでたじゃあないか」


マリオ「…"それだけ"だったか?」


ルイージ「そだよ、そんだけだね!」


「マリオさーん」


マリオ「ん?」

ヨッシー「いやぁ、お久しぶりですねぇ!」

ルイージ「うおっヨッシー!ヨッシーじゃないか!」

ヨッシー「いやぁ、どうもどうも、久しぶりに実家からキノコ王国へ
     遊びに来ましてね、あっ、これお土産のクッキーです」

ルイージ「おぉ、タイムリー! そしてヨッシー、今更だけど僕だけ
     名前呼ばないとかひどいんでない?」

ヨッシー「あっすいません、その、茂みの色と似てて、なんていうか
     マリオさんの姿しか…」

ルイージ「へぇへぇ、僕は緑の人ですよ」

ヨッシー「そういえばルイージさん!新しいカートの発注「ヨッシー!」


マリオ「カートの発注?なんだソレは」

ルイージ「え? あ、あー、実はテニスとは別で
     レーシング大会があるんだよ」


マリオ「それは参加自由なのか?」

ルイージ「まぁ、ね」チラ


ヨッシー「あ、はい…参加はできますよ」


マリオ「俺には黙ってたのか?」

ルイージ「ごめん、僕さ、ホラ、兄さんと比べると影も薄いしさ
     何やっても勝てないからね…たまには人気者になりたいって
     それで兄さんに黙ってたんだよ」

マリオ「お前にはお前でいい所もあるし、お前のファンだっているだろ」

ルイージ「うん、ごめん兄さん」

マリオ「構わんさ、ところで、そのレーシングなんだが


     その…俺も参加しちゃ駄目か?」


ヨッシー ルイージ「えっ!」


マリオ「いや、お前の考えも分からんでもない、嫌なら良いんだ」


マリオ(レーシング大会、それに"出てたような気がする"
    それはすごく刺激的でまるで**してた頃を…)




マリオ(…?
           "**"してた頃? 何をしてたんだ?)


ルイージ「…」

マリオ「駄目か?」


ルイージ「…いーよ、はぁー、僕のカッコいい姿でファンを獲得しよう
     作戦もオジャンか」


マリオ「さっき、カートの発注って言ってたが
    カートは各自で用意するのか?」

ルイージ「うん、手続きとかは城の方でやってるよ」

マリオ「行ってみても良いか?」

ルイージ「どうぞどうぞ!兄さんがやりたいなら僕は止めないからね」

マリオ「すまない」ダッ







ヨッシー「行っちゃいましたね」

ルイージ「ああ、行っちまったな…」


ヨッシー「ごめんなさいルイージさん、僕が軽率な発言したから」

ルイージ「いいさ、遅かれ早かれ、こうなったさ」



ルイージ「…たまには忘れさせてあげたかったなぁ」


キノコ王国城門前にて


キノじい「おお!これはこれはマリオ殿!

マリオ「どうもキノじい」

キノじい「本日はどのようなご用件で?」

マリオ「近々カートによるレーシングが行われるらしいじゃないか
    それの手続きが城でできると聞いてな」


キノじい「…左様ですか、ええ、承っております、案内いたしましょう」



コツコツ…

マリオ(…)

マリオ「なぁ、キノじい」

キノじい「はい?」


マリオ「この城って改装したりってしたか?」

キノじい「ほっほっほ、お分かりですか!」

マリオ「ああ、…なんだか前に来た時と内装が違う気がするんだ」

マリオ(それも"何度も変わった"ような気がする)


キノじい「この城も古くからある城ですからな
     人も建築物も同じですじゃ、時が経てば老いてやがては
     脆くなるのです」


マリオ「そうか」

キノじい「そうです」


ガチャ  ギィ…


キノじい「此方で手続きは行えます、ささ…どうぞ、机とペンを
     お使いくだされ」


マリオ「ああ」


ガチャ   バタン



キノじい「ふぅ…」


「じい…どうでしたか?」


キノじい「いえ、まだ思い出されてはいないようです姫」


ピーチ「そうですか…」

キノじい「また新しい大会やパーティーを企画しましょうか?」

ピーチ「お願いします」

ピーチ「あと、クッパ城にも使いの者を遣わせましょう」

*********************************

  短いけどここまで、基本書き溜めなしのノコノコ更新

          最後までお付き合いを…

*********************************



カラン

ヨッシー「すいませんねぇ奢ってもらっちゃって」チュー

ルイージ「ん、構やしないさ」



ヨッシー「…あれから、もう随分長い時間が経ったものですよね」

ルイージ「ああ、そうだね」







ヨッシー「今でも信じられませんよ
     マリオさんが身体を鍛えるトレーニング中に事故で
     頭を打ったなんて…」


ルイージ「…」





ルイージ「なぁ、ヨッシー
            "僕達は人間だ"」



ルイージ「スーパードラゴンの君やキノピオ達は長生きするだろう?」

ヨッシー「…はい」

ルイージ「でもね? 僕達は違うんだ」

ルイージ「普通に生まれてきて、普通に生きて、そして、老いていく…」


ルイージ「僕達は周りの人よりも生まれつき才能があったさ
     それこそ金メダリストも吃驚なヤツがさ」

ルイージ「テニスやゴルフ、果てはカートが大破するような
     過酷なレースでも堂々トップで
     未知のウイルスを撃退できるカプセルを出せる名医にもなり」

ルイージ「誰からも賞賛されたさ」


ヨッシー「…」


ルイージ「でもね、…やっぱり"人はどこまで行っても人でしかない"
     老いには勝つことができないのさ」

ルイージ「現に兄さんは『俺は以前に比べて衰えた』そう言ってたんだ」

ヨッシー「ええ、それは聴いています、昔は水中に何時間潜水してても
     高い所から落ちても平気だったけど、最近は辛くなったって」


ルイージ「そうだね…確か、"ピーチ姫が絵の中に閉じ込められた時"かな
     あの時ぐらいから兄さんは身体能力が落ちたかもって…」

ルイージ「脳みそにせよ、身体の筋肉にせよ、人体は使わなければ
     廃れていく」





ルイージ「いつしか兄さんは四六時中にトレーニングに励むようになった
     それこそ、碌な食事も睡眠も一切取らないで…」


ルイージ「酷い時は地面に倒れててさ
     顔も蒼白で目の焦点も丸っきり合っちゃいない」

ルイージ「なんで、そこまでするのかも訊いた
     そしたらなんて答えたと思う?」


ヨッシー「『俺がいなくなったら誰が姫を救うんだ?』ですか?」


ルイージ「うん、正確には国民…いや困ってる人なら誰でもだね」




ルイージ「根っからの正義漢だよ、それも頭に馬鹿を幾つ付けたって
     足りっこない、真性の馬鹿だよ」

ヨッシー「オマケに冒険野郎?」


ルイージ「そー、そー、人助けもあるけど、過酷な冒険にチャレンジして
     己の限界を確かめたいor超えたいって考えもあるのさ
     ギネスブックも裸足で逃げ出すレベルの挑戦者だよ」




ルイージ「それでいて致命的なまでに"鈍感"な人だ」


ヨッシー「ええ、分かります」

ヨッシー「僕もルイージさんもキノじい、ピーチ姫…
     皆がマリオさんを心から心配しているというのに」

ルイージ「身近な人…好意を抱いてる人、同じ血を分けた身内
     誰もが英雄を心配してるのに気付かないで
     ひたすら無限の可能性を追い続ける……」

ルイージ「本当にどうしようもないくらい"鈍感"な人だよ」




ルイージ「僕はね、正直言って頭打った兄さんが
     冒険の事をケロッと忘れちゃった事を喜んでるのさ」

ヨッシー「それは、多分ピーチ姫も同じでしょうね」


ルイージ「きっと思い出せば、また無茶をする…
     だから僕に限らず皆が兄さんを休ませたいんだ」

ヨッシー「連日のように多額の賞金付きのスポーツ大会やパーティー
     すごい額の国家予算が使われているんですよね?」

ルイージ「ああ、ピーチ姫には頭が上がらないね、あっ、ウェイターさん
     スッキリドリンクとキノコケーキ追加で」


ルイージ「たった一人の人間の為だけに国家予算がガバガバ使われて
     でも市民は怒りさえしない」

ヨッシー「それだけマリオさんは皆に愛される英雄<ヒーロー>なんですよ」


ルイージ「…弟として鼻が高いよ」


ヨッシー「はっはっは、確かにルイージさん達は
     言葉通り鼻が高いですものね!」

ルイージ「ちょっ、うまいこと言ったつもりかい!?
     もうこれ以上、奢らないよ!?」


―――
――



ゴボゴボ…っ ゴボゴボ…っ


キノピオ「…ふぅ、相変わらず此処は暑いなぁ」



ノコノコ「止まれっ!この先はクッパ大王様の居城であらせられるぞ!」

クリボー「この先を征くは偉大なる帝王に謁見を許されし者のみっ!」

テレサ「ヌシのような下々の者を帝の前にお連れするなど不敬そのものっ
    煮え滾る地獄の業火に身を焼かれたく無ければ早々に
    立ち去るが良いっ!」


       バァーン!





キノピオ「…」

ノコノコ「…」
クリボー「…」
テレサ「…」フフン





キノピオ「…えー、今日もピーチ姫からのお手紙をお届けに来ました」

ノコノコ「あっ、ども、お疲れさんです」

テレサ「ふっ、隣国の遣いよ、よくぞ業火の道を潜りぬけたな
    褒めてつかわそうぞ」
  訳(私達のお城はマグマの中心に建設されてますからね
    辛い暑さの中、遠くから来ていただきありがとうございます!)

クリボー「大した持て成しはできませんが冷水でも飲んできませんか?
     あっ、ウチの実家で取れた くりくりマロン食べます?」


キノピオ「ははは、ありがとうございます
     …あの口上は必ず言わなきゃ駄目なんですか?」



ノコノコ「あー、私共の方も仕事ですからね…」」

クリボー「誰か来るたびにあの長ったらしい台詞言わなきゃならないのは
     辛いッスよねー」


テレサ「我等が主が下した役割、故に真っ当する事こそ生きがいなり」
   (クッパ様が直々に下さったお仕事ですし
    私は特に不満はありませんよ? 今の仕事にやりがいがあって
    誇りも持っていますからね!)


キノピオ「では、此方がピーチ姫からのお手紙になります」


ノコノコ「あいよ、しっかり受け取ったよ」

クリボー「マグマに落としたりしないようにちゃんと届けるよ」

テレサ「天駆ける身を持つ我が行くとしよう、同胞よ!ここで待て」
   (空を飛べる私が届けておきますので、先輩達は引き続き
    門番のお仕事をしててください!)

*********************************

   沢山のレスが付いてて>>1歓喜…っ! 圧倒的歓喜…っ!

   一週間待って、僅か3レスしか進めない…っ!  マジ無念…っ!

*********************************


「むぅ…」

「クッパ様、おやつをお持ちしました!」

クッパ「そこに置いておけ」

カメック「ははぁっ」


ぺらっ ぺらっ


カメック「あのう、クッパ様」

クッパ「なんだ」

カメック「失礼ですが、ここ最近トレーニングをなされておりませんが
     宜しいのですか?」

クッパ「構わん」

カメック「はぁ…現在、キノコ王国とは協定を結んでおります
     今、この瞬間にも身体を鍛えておけばマリオにも――」


      ガ シ ャ ン !


クッパ「その必要は無い!」

カメック「は、はい、申し訳ありませんでしたっ
      失礼致します!」


どたどたどた…バタン


クッパ「…」


クッパ「フン、今の内に身体を鍛えろだと?」

クッパ「マリオが本調子で無い、この間に差をつけろだと?」

クッパ「バカモノめ…っ! ワガハイはクッパ大王だぞ
    誇り高きカメ一族の王だぞ!」



クッパ「…」



クッパ「それでマリオに勝利しても得られるものは栄光ではないのだ」

クッパ「残るものは虚しさだけではないか…」


トントン

クッパ「入れ!」


テレサ「主よ!隣国からの文をお持ちした!」
   (キノコ王国からのお手紙を持ってきました、どうぞ)

クッパ「うむ!確かに受け取った」

クッパ(・・・ふむ、カートレースが予定より早く開催される・・・か)

クッパ「ご苦労だった、戻っても良いぞ」

テレサ「お言葉に甘え戻らせて頂く!主よ
    あまり職務に気を張詰めぬよう懇願いたす」
   (失礼致します、クッパ様、最近、顔色があまり優れませんよ?
    お仕事も大事かもしれませんが無理はなさらないでくださいね)


「クッパ様、クッパ様!」トントン

クッパ「入れ!」


ノコヤン「ははぁ!」

クッパ「ノコヤンか…例の件か?」

ノコヤン「はっ!そうであります!」

クッパ「…今は、誰もおらん、話せ」

ノコヤン「では…兼ねてよりクッパ様が懸念なされていた事態ことですが
     場内に一部、現状に満足しない者達がいます」

ノコヤン「マリオが戦えない今こそ、クッパ軍団が先手を取るべきだと
     主張する過激派が少なからずいる事は間違いありません!」

クッパ「やれやれ、情けないことだ!」

ノコヤン「…かつて我軍の者は皆クッパ様へ
     絶対の忠義を誓っておりました
     ですが、最近の若者は如何せん忠義の足らん者もおり…」

クッパ「そういう事を聴きたいのではない
    ワガハイは今度開催予定のレースでソイツ等が邪魔をしないか
    聴きたいのだ!」

ノコヤン「それは、まだ判りません…クッパ様、恐れながら進言致します
     過激派の一部は顔が割れています
     今からでも罰すべきではないでしょうか?」




クッパ「断る」



クッパ「例え、裏切りを考えようと部下であることに変わりは無い」

ノコヤン「…ふふ、野暮な事をお尋ねしましたな
     このノコヤン、クッパ様へのご理解が足りなかったようです」

クッパ「構わん、それよりも引き続き調査を続けるのだぞ」

ノコヤン「はっ!」

ガチャ…バタン


クッパ「…ふぅ」


クッパ(…部下を纏める事が出来んとはワガハイも衰えたのかもしれんな
        互いに齢は取りたくないものだな、マリオよ!)




―――
――



キノピオ「やっぱりドルピック島のピンナパークで遊んだ事が
     一番の思い出ですかね」

クリボー「自分は家族旅行でゴロツキタウンに行ったことッスよ
     おっかないのに絡まれて、忘れられない思い出だったッス…」

ノコノコ「暗いなぁ、あっ私はマメーリア王国に遊びに行った時ですわ」

テレサ「同胞よ、戻ったぞ…隣国の遣いと何を語り合っているか!」
    (ただいま戻りました~、あれ?皆さん何を話してるんですか)


キノピオ「あっテレサさん、おかえりなさい」

クリボー「おう、今、皆で思い出に残る旅行について語り合ってたんだ」

ノコノコ「有給取れたら、何処かに行ってみようと思うし
     皆の話を参考にしようって事で」

テレサ「旅の思い出語りか、フッ我も僅かならが力添えさせて貰おうか」
   (あっ!それ良いですねぇ~、私もお話して良いでしょうか
    参考になるか分かりませんが)


キノピオ「どうぞ、どうぞ」

テレサ「我の印象に残る景色、それは天高き、雲海の王国也
    宿の寝具は言葉のままに天にも昇る夢心地よ!
    ソナタ等を極楽浄土へ誘う事も違いないだろう」
   (一番、思い出深いのはマシュマロ王国ですね
    あそこの名物は夢枕じゃないでしょうか?
    寝心地も良いですし、おススメですよ)


クリボー「ああ、それ良いかもなぁ」

ノコノコ「ゆったりとした眠りには就きたいですからな」

キノピオ「そうですねぇ、あっ、僕はそろそろ帰りますね」


クリボー「おう、お疲れさん、土産にいくつか饅頭でも持ってきなよ」

キノピオ「何から何まで、すいません」

クリボー「良いってことよ」

テレサ「遣いの者よ、せめてもの情けだ我が道中、付き添おうぞ!」
   (あのう、宜しければ見送り致しましょうか?)

キノピオ「あははは、ありがとうございますテレサさん
     でも大丈夫ですよ、これでもお城勤めですからね
     女の子に送ってもらうなんて悪いですよ」

テレサ「そうか、ならば致し方あるまい」
   (あぅ…、そうですか、道中気をつけてくださいね…)


キノピオ「それでは、さようなら!」




クリボー「おう、また来いよ!」
ノコノコ「お達者で!」

テレサ「…」ショボン



クリボー「しっかし、平和だよなぁ」

ノコノコ「基本、ピーチ姫攫わなきゃ私共も争いなんてしませんからね」


クリボー「…なぁ、不謹慎かもしんねぇけど、その」


クリボー「やっぱ、ルイージさん達にゃあ悪いけどよォ
     マリオさんの記憶は戻らねぇ方が良いんじゃねぇッスか?」

ノコノコ「このまま協定が続くからか?」

クリボー「そりゃあ、闘いは俺達クッパ軍団の"生きがい"だし
     なにより"誇り"でもある」

クリボー「けど、今のままってのも悪くねぇかなって思うんッスよ」

ノコノコ「…私には なんとも言えませんね」

名前を全部モバマスのキャラに変えても違和感無いのですがそれは


ノコノコ「君の主張も分からなくは無い」

ノコノコ「だが私は断然、マリオ殿には記憶を取り戻して欲しいと思う」

クリボー「…そうッスか」

ノコノコ「君も私も…無論クッパ様も
      皆、マリオ殿とは数年来の付き合いだ」

ノコノコ「何度も、拳を交えたからな何となく分かるのだ」

クリボー「拳を交えたって言うか、俺らが一方的に踏みつけられただけ
     だったッスけどね」

ノコノコ「水は射さんでください、…まぁ、マリオ殿は"無限の可能性"を
     求める挑戦者です、クッパ様はクッパ様でそんなマリオ殿を
      ご自分のお力で倒したいとお考えのお方」

クリボー「根っからの武人って奴ッスか」

ノコノコ「私も堂々と正面から闘いたい"好敵手"
     そういう認識である事に変わりはありません」


ノコノコ(ただ…
        だからこそ"英雄"には英気を養って貰いたい
      クッパ様ならそう、お考えになる筈だ)


クリボー「ハァ、お前はマリオさんが記憶を戻す事に"肯定派"なのな」

ノコノコ「君は"否定派"のようですね…勘違いして欲しくありませんが
     私は別に平和が嫌いという訳ではありませんよ?
     マリオ殿の記憶が戻るまではこの平和を楽しみたいソレに
     変わりはありません」

クリボー「ふぅん」









テレサ「隣国の遣いよ…大丈夫なのだろうな」
   (キノピオさん…大丈夫かなぁ)








クリボー「俺、この協定が終わったらキノコを殴ってやろうと思うんだ」

ノコノコ「奇遇ですね、それについては全力で同意します」



―――
――



ヨッシー「ルイージさん、僕は一旦
     カートの調整もありますし島に帰りますね」

ルイージ「うん、船で往復四時間だろ、君も大変だなぁ」

ヨッシー「はっはっは、慣れっこですよ!慣れっこ!」

ルイージ「気をつけて帰るんだよ」

ヨッシー「はい!」

*********************************

   お前らが某アイドルの話ばかりするから>>1の中のテレサが
    熊本弁を使いこなすお淑やかなレサレサお嬢っぽいモノに
   なったじゃないか、どうしてくれるんだッッ!(ありがとう)

    クッパ様の口調が難しくて、それっぽくないかも…




>>40 申し訳ありません、自分はモバマスをやった事が無いんです…
   ごめんなさい…
*********************************

マリオRPGネタを挟むとは>>1は、分かってるな


ルイージ(僕もカートの調整にでも行くかなぁ…ん?)


キノピオ「あっ、ルイージさん!こんにちは」トテトテ

ルイージ「おや、そういう君はよくクッパ城に遣いに行く
     キノピオじゃあないか」

キノピオ「分かりますか! 嬉しいですね、僕達って皆
     似たような顔だから区別が付かないって言われるので」


ルイージ(本当に嬉しそうだね…)


キノピオ「ルイージさん達以外で僕の違いが判るのなんて
     クリボーさん達くらいで」

ルイージ「ああ、クッパ城の門番の人達だね、確かノコノコ君
     それにテレサさんだっけ?」

キノピオ「ええ、…今でも嘘の様に思えますよ、一年近く前まで
     争ってたのに、こうして協定を組んで
     皆で笑いあって…」


ルイージ「そうだねぇ」



ルイージ(兄さんが…"英雄が戦えなくなった事で平和になる"、か
     皮肉っちゃ皮肉だよなぁ)



「…ん   …さん   ……ルイージさん!」


ルイージ「ん!? なんだい?」


キノピオ「どうしたんですか?眉を八の字にして俯いてましたよ?」

ルイージ「あー、あー、あー、ちょっと考え事をしていたんだよ
     そんなことより、盛り上がる話でもしようじゃあないか!」

キノピオ「盛り上がるような話題ですか?」

ルイージ「そ、そ、例えば…そうだな、女の子、女の子の話とかどう!」

キノピオ「女の人ですか? 僕、そういう話題は疎いですし…」

ルイージ「あっはっは、何を馬鹿な事を!
     君、結構モテモテだって噂は聴いてるぞ!
     いやぁ、もう憎いね~このこの!」

キノピオ「ご冗談を!僕みたいな背の小さい奴を好きになる人なんて
     居るわけないじゃないですか!」アハハ


ルイージ「…結構街で働き者だってご婦人の皆様から評判だよ?」

キノピオ「僕なんかより働き者は沢山いますよ?
     たまたま僕が噂の中心になっただけじゃないですか」

ルイージ「此間、若いお嬢さんにお手紙貰ってなかったっけ?
     ハートのシール付きの奴」

キノピオ「ええ、僕みたいなチンチクリンになんて
     罰ゲームは関心しませんよね…」


ルイージ「…クッパ城のテレサさんは?」


キノピオ「…? なんで其処でテレサさんの名前が出るんですか?」

ルイージ「あー、なんかもういいや」


ルイージ(やれやれ…
     君は、もう少し人の考えを読めるようになると良いけどね)

コツコツ…


キノピオ「ここでお別れですね」

ルイージ「うん…そういえば、君はレース大会に出る予定かい?
     テニスには出るらしいけど」


キノピオ「はい!一応キノピオ代表選手として出る事になりました!
      選出方法はくじ引きでしたけどね…」

ルイージ「経緯はともあれ、そうなれば当日はライバル同士って事だね
     お互いにベストを尽くそうじゃあないか!」

キノピオ「もちろんです!」

ルイージ「良い返事だね!それじゃ、僕は元気なライバル達を倒せるよう
     特製のカートの調整に行かせて貰うよ、またね!」

キノピオ「はい!」


コツコツ…


ルイージ(さぁてと…博士に会いに行かなきゃなぁ…)


―――
――


オヤ・マー「来たかね、ルイージくん」


ルイージ「どうも博士、頼んでいたカートの調子はどうですか?」

オヤ・マー「フェッ、フェッ、フェッ!うむ、実に良い出来じゃぞ
      かつて君も使ったオバキュームと同じ動力を
      使っておるでのぅ」

ルイージ「懐かしいですね
     あの時はお化け屋敷とも知らずに
     豪邸が当たったと浮かれたもんですからね」

ルイージ「最終的に、あの時の財宝で念願の豪邸を購入できましたが」

オヤ・マー「しっかし、その屋敷も売り払ってしまったんじゃろう?
      ちと、勿体無い気もするがのう?」

ルイージ「まぁ、別荘はあっても使わなければ
     何の意味もありませんからね」


オヤ・マー「あの豪邸を売り払った金で
      お兄さん達を楽させとるんじゃろう?」

ルイージ「兄さんの為に国家予算が使われるのは嬉しい反面
     申し訳なさもありますからね
     元々、あって無いような別荘です」

ルイージ「有効に活用できた、そう考えれば良いんですよ」

オヤ・マー「確か、登山じゃったり、ちょっとした旅行だったかのう」

ルイージ「ええ、兄さんにはゴルフ大会の賞金だとか宝くじが当たったと
     言ってあるので」

オヤ・マー「ふむ、そうか」

あのテレサってメスだったのか・・・。


オヤ・マー「さて、時にルイージくん、君はお兄さんの記憶が戻る事を
      快くは思っていないのだったね?」

ルイージ「僕に限ったことじゃあありませんよ、大半の人がそうです」


オヤ・マー「"大半"…つまりは少なからず戻ったほうが良いと考える者も
      おるのじゃろうなぁ」


ルイージ「…」

オヤ・マー「のう、ルイージくん、君の一番好きな事はなんじゃ?」

ルイージ「どうしたんですか?突然」


オヤ・マー「わしは当然、お化けの研究や発明じゃな、コレがあってこそ
      わしはわしといえるからのう」フェッ、フェッ




オヤ・マー「…君やピーチ姫達はマリオくんが冒険を
      忘れたままにして、平穏な日々を過ごさせる事が善い…
      そう考えておる」

オヤ・マー「じゃがのう、自分の"生きがい"や"誇り"を忘れて過ごす一生
      果たしてソレは"幸せ"な日々と呼べるか?」




ルイージ「…」




オヤ・マー「君等は"善い"と思う事でもそれが"相手にとっての善い"とは
      限らんのだよ」

オヤ・マー「本当の意味で彼を理解しておるのは
      案外"好敵手"なのかもしれぬ」


ルイージ「…はぁ、クッパですか」


オヤ・マー「わしがお化けや発明を追い求めるのと同じじゃよ
      マリオくんは己の限界を突き破る事を…
      クッパは信念を持ち、マリオくんの打倒を夢見る」

オヤ・マー「老人のお節介かもしれんがのう
      姫様にお伝えなさい、『過保護はあまり良くない』との」

ルイージ「えぇ、伝えときますよ」


オヤ・マー「それと、じゃ」

ルイージ「まだ、何かあるんですか?」


オヤ・マー「さっき、マリオくんの記憶が戻る事を望んでいる者と
      望まぬ者が居ると言ったのう」

オヤ・マー「薄々感付いておるじゃろう、どちらの側にも良からぬ考えの
      者が居る」

ルイージ「今の兄さんは戦えない…それが切欠で協定が結ばれ一時的な
     平和になっている」



オヤ・マー「うむ、"記憶が戻らん間に事を起こそう"と思う者
      逆にこの"平和を永遠に続かせたいと手段を選ばん者"
      …ちと、面倒な話を小耳に挟む、十分に気をつけるのじゃ」

*********************************

マリオRPGはスーファミの神作、異論は認めんッッッ!!

          【ぼくの にっき】
   るいーじまんしょん は よなかに くらいへやでやると
  ちょー こえーよ まじで! なつやすみ とか といれ 
  いけなくなった コワイ。





>>44 そう言って頂けるなんて、恐縮です!

>>49 テレサ(♀)のレサレサ、 クリボー(♀)のクリスチーヌ
  ボム兵(♀)のピンキー、 ニューハーフのビビアンとか居るので
  メスのキャラもいると思われます
*********************************

―――
――


ルイージ(『過保護はあまり良くない』、か…)


ルイージ(僕らやピーチ姫が間違ってるのかな?)






「ガッハッハ!随分としけた面してるじゃあねーか、ルイージ!」





 オヤ・マー博士のラボからの帰り道
豪快な笑い声と共に名を呼ばれ振り向けば、そこには…


ルイージ「暇そうだね…ワリオ」ハァ

ワリオ「オイオイ、俺様の何処見て暇だと思うんだ!」

ルイージ「…じゃ、訊くけどさ、ここで何をしてるんだい?」

ワリオ「アァ~?何ってしてるって? 金儲けだよ!」

ルイージ「両手に持ってるスコップと肥料でかい?」


ワリオ「おおともよ! いいか?今、俺様は非っ常に機嫌が良いからな
    特別教えてやろう」

ワリオ「これはある情報筋から仕入れたんだがよォ!世界のどっかに
    光る地面があんだよ
    そこに金を埋めりゃあ金のなる木ができんだぜ!」



ルイージ(うわぁ、すごくガセっぽい…)


ルイージ「そ、そう、それはすごいねー」

ワリオ「おう!んでよォ、俺様がその情報屋から買い取った地図によれば
    この辺りの筈なんだがよ」

ルイージ「あのさ、他人のやり方に口を挟むのは良かないと思うけど
     言わせて貰って良い?
     そんな事より、真面目に働いたほうが良いと思うよ、僕は…」

ワリオ「ハァ~?何言ってんだ!タダ金を地面に埋めるだけで億万長者だ
    額に汗して働くなんざぁ、やってらんねぇだろォ!」


ルイージ「あー、うん、そうだね、じゃあ僕帰るから、頑張ってね」


ワリオ「待て待て、此処で出会ったのもなんかの縁じゃあないの
    ちょっと手伝ってくんねぇか?
    成功報酬はちゃんと払うからよォ!(儲けの9分の1ぐらい)」

ルイージ「ワルイージでも誘いなよ、僕も忙しいから」



ワリオ「…ケッ、なぁ~にが忙しいだ!
      どうせお兄ちゃんのお世話だろうがよォ!」


ルイージ「…悪いかい?」


ワリオ「俺に言わせりゃあなぁ…
    てめぇ等のやり方なんざぁ"独善"よッ!気にいらねぇぜ!」


ワリオ「あー、どっこいしょっと」ドスッ

ワリオ「ずっと荷物持って歩いてたからな、腰が痛くて堪んねぇぜ」

ルイージ「君の言い方は気に入らないよ
     僕やピーチ姫のやっている事が"独善"だって?」


ワリオ「おう!そうだぜ、つーか独善じゃなきゃ、なんだってんだい?」



ルイージ「僕達は兄さんの為にやってるんだよ!
      今のは訂正してよ、流石の僕だって怒るよ!」







ワリオ「ソレだよ!ソレ! そこんとこが"独善"だっつってんのよ」






ルイージ「どういう意味さ?」


ワリオ「…」ゴソゴソ   キュポンッ

ワリオ「作業の途中で飲もうと思ってた酒だ、ちょいと早いが
    積もる話もするわけだぁ、まっ一杯やろうじゃねーか」トクトクッ

ワリオ「ホレ、結構良い酒だぜ、飲めよ」

ルイージ「僕はお酒は飲まないよ…」

ワリオ「んだよ、つれねー奴だなぁ」グイッ


ルイージ「それで…今のはどういう意味なんだい?」


ワリオ「お前よォ、『兄さんの為にやってるんだよ!』って言ったが
    それは"マリオ本人がお願いしたのか?"」

ワリオ「アイツが事故って頭空っぽになりました、それはわぁってらぁ
    んで、身内のお前やピーチが心配すんのも百歩譲って理解しよう


      だがな、アイツに何も教えず、ただ庇護するってだけなのは
     気に食わねぇな!」

ルイージ「君も『過保護はあまり良くない』って事を言いたいのかい?」

ワリオ「…ヒック、まぁ大雑把にいやぁ、そだな」


ワリオ「お前、…いや、お前だけじゃあねぇな
     ピーチもヨッシーもだ、ドイツもコイツも今のアイツの目を
    よぉーく見てんのか?あぁん?」







ワリオ「あんな…、あんな"死んじまったような目ぇ"したマリオは
     マリオなんかじゃあねぇよ」ヒック


ルイージ「…」


ワリオ「てめぇ等が良かれと思ってやってることは
    マリオ自身の尊厳が無ぇんだよ」

ワリオ「本気でアイツの為を思ってんならよォ、何を忘れているかとか
    それを説明して、その上でアイツがどうしたいのかを訊いてだ
     …まずはそれからだろうがよォ」グビッ


ルイージ「…君の意見は参考までにさせて貰うよ、じゃあね」


ワリオ「おうおう、話はまだ終わってねぇぞ、大体だ、お前はなぁヒック
    いつもオドオドしやがってヒック 周りばっかヒック」



枯れ木に向かって説教するワリオを置いてルイージは帰宅した…
    



―――
――



ルイージ「ただいま、兄さん」

マリオ「ああ」ペラッ


ルイージ「お、今日の朝刊じゃないか!」

マリオ「郵便受けに入っていた、今日はまだ見てなかったからな」

ルイージ「面白そうな記事はあったかい?」


マリオ「んー」



・遭難した考古学者のチャールズ氏、遺跡研究チームのクリスチーヌ氏に
 救助される


・大富豪ブッキー氏がマルガリータ夫人との結婚記念を祝して
 メリー・マリー村で盛大なパーティーを開く模様


・海賊ブラックシュガー団、脱獄!?国内に衝撃走る


・サラサ・ランドのデイジー姫、マメーリア王国へ緊急訪問
 警備体制の強化に付き交通機関に遅れが…?




マリオ「これといって面白そうな記事は無い、な…」

ルイージ「そっかぁ」


マリオ「…」

ルイージ「…」


マリオ「ルイージ、何かあったのか?」


ルイージ「へっ!?」

マリオ「いつもより口数が少ないじゃないか、…どうした?」



ルイージ「あ、あー、今日は少し疲れちゃったかなぁって
     レース用のカートのエンジンの調整が予想以上に大変でさぁ」


マリオ「そうか」ペラッ


ルイージ「そうそう」


マリオ「…」ペラッ

ルイージ「…」

ルイージ「…」チラッ

マリオ「…俺に何か言いたいのか?」

ルイージ「…いや、別にそういうんじゃあないよ」

マリオ「お前が何を思っているかは解らん、だが言いたい事は正直に
    言うべきだと思うぞ」





ルイージ「…その、さ
        兄さんは今の生活ってどう思ってるの」




マリオ「…? 今の生活だと?」


ルイージ「普通に暮らして、たまに配管工としての依頼があって
     そんでその賃金で生活してく今の生活だよ…」


マリオ「別段何も思わないさ、収入は少ないがそれなりに
    充実した毎日だと俺は思う」

マリオ「ただ…」

ルイージ「ただ?」

マリオ「…去年ぐらいか、俺が"下水管の修理中に頭を打った、らしいな"
    その頃からずっと違和感がある」


マリオ「ずっと"大切な物を忘れてる"ような感覚でな、特にそれが最近
    強くて」





マリオ「寝ても覚めて、ソレばかり考えてしまって他の事が頭に入らない
    お前やピーチ姫、ヨッシーと遊びに行ったり
    美味い物を食べたりしてる時だってそうだった」


マリオ「最近、何をやっても満たされない
     何をしても面白いとか楽しいって思えないんだ…」


ルイージ「…」

マリオ「どう言えば良いんだろうな…抜け殻みたいに生きてるような
         "生きてて楽しくない"っていうかな…」


ルイージ「兄さん、それは言いっこ無しだ
      生きてる事をつまらないとか言わないでくれ
     僕やヨッシー、それに姫だって哀しむ」

マリオ「…ああ、すまんな」

*********************************


    マリオの語りから解るか分かりませんがルイージ達は
   トレーニング中の事故ではなく配管の修理中に頭を打った
  そう伝えてあります、当然、マリオは原因も何を忘れてるかも
 知らずに日々(他者は楽しんでると思い込んでる)【無意味な人生】を

     送り続けてます、"幸せの価値観"は人それぞれなのです…





  ほんとうの しあわせは そのひとにしか りかいできない 。






         【どうでもいい話】

どうでもいいけどワリオの声は大塚パパで脳内再生されます、CMのせい
*********************************

味方サイドかライバルサイドかで見事に分かれているな
ドンキーはどっちなんだろうか

クッパといいワリオといいライバル達がカッコいい


ルイージ「…兄さん、あのさ
        兄さんは――」


ルイージ「…」


ルイージ「…ごめん、やっぱさ、なんでもないや」


マリオ「…?」


ルイージ「ちょっと外でラケットの素振りでもやってくるよ!
      テニス大会は明後日だしね!」


マリオ「もう、陽も落ちてしまうぞ」

ルイージ「いいの、いいの!そうでもしなきゃ
     我等がスーパーマリオ様にはとても敵わないからね」ドタドタ


マリオ「…ふぅ、忙しないなぁ…」

マリオ「…」

マリオ(今の生活…、か)

マリオ(どうして、"楽しくない"って感じるのだろうな
    決して悪い物では無い筈なのに)

マリオ(…俺の思い過ごしか? 以前よりルイージやヨッシー、姫達が
    何処か遠くに感じるような気がする)

マリオ(何か、俺に"隠し事"でもしてるような、他所他所しさを感じる)


マリオ(…、いや、止そう
    身内を疑うなんてな、俺も疲れてるのかな?)













        僕はどうしたいんだろうか?

ルイージ「…」


『君等は"善い"と思う事でもそれが
 "相手にとっての善い"とは限らんのだよ』

『てめぇ等のやり方なんざぁ"独善"よッ!気にいらねぇぜ!』

『あんな"死んじまったような目ぇ"したマリオは
   マリオなんかじゃあねぇよ』


ルイージ(僕達のやり方は兄さんの尊厳を無視している…か)

ルイージ(家族として知らせない方が"正しい"僕はそう思ってた)

ルイージ(でも実際は違うのだろうか…)

ルイージ(…)

ルイージ(…決めた、テニス大会だ、大会に日にピーチ姫に相談しよう
     ヨッシーも他の皆も来る筈だ、もう一度皆で話し合おう!)


―――
――

ザアァ… ザアァ…

「ンン~!いいねぇ、この波の音…やっぱ俺達は海に出てこそよ」
「ははは、同感だぜ!」
「おい、静かにしろい、キャプテンが来るぞ・・・!」


「此処だ、此処で良いから降ろしてくれ」

「あら、此処でイイの?」

「構わねぇさ、それより迎えの日は分かってるよな」

「ええ、確かに"明後日"、此処で"あんた等"を迎えに来ればいいのね」

「そうだ…、俺の荷物を寄越してくれ」

「はいはい、お前達、お客さんが下船するよ! 荷物をお返し!」



「…へっへっへ、ありがとよキャプテン・シロップ」

シロップ「にしても、"あんた等"も変な奴等だね、こんな雪山で
     降ろして欲しいだなんてさ、オマケに…
     なんだい、その荷物は?

       アタシにゃ唯の"枕"にしか見えないけどねぇ」


「"枕"が変わるとイイ夢見れないんでね…俺達は」

シロップ「ふぅ~ん、まぁなんでもイイんだけどね」

「"明後日"はちゃんと迎えに来いよ」

シロップ「もちろんさ、"あんた等"を雪山まで送迎する、それっぽっちの
     お駄賃でアタシ等は豚小屋から出れたんだ、喜んでやるわよ」

「何事も、世の中助け合いだからなぁ、ギブ&テイクさ」

シロップ「助け合いねぇ~、これからデカイ事やろうって奴が
     よく言うもんだ」

「はっはっは、じゃあな船長、また明後日に会おうぜ!」



「やっとあの連中ともオサラバですわ」
「キャプテン、これからどうしやすかい?」


シロップ「そうだねぇ、デンプーのランプを探す前に近場の民間船でも
     襲って酒盛りと行こうじゃあないの」ジュルシ


「おおー!流石キャプテン」
「最高ッスよ!」
「酒だ酒だ!」
「金目のモンを奪い盗ってやろうぜ!」


シロップ「うふふ、選り取り見取りと行こうか」


シロップ(ランプを手に入れたら、あのギザヒゲにリベンジを挑むのも
     悪くないわねぇ)





シロップ(にしても…物騒な連中だったわねぇ)

シロップ(アタシ等も人の事言えた義理じゃあないけど、さぁ…)






































シロップ(   流石は"クッパ軍団"と言った所ね

        協定を組んで平和、平和と謳っておきながら

      影で本格的な戦争に向けて再軍備をしてるなんてねぇ)






























*********************************

            今回はここまでです

    実質2レス程度しか投下できませんでしたね…申し訳ない





学生の頃なので記憶がおぼろげですが

確か癌などを患ってしまった患者が『自分が癌であること家族に黙秘』

逆に身内が患者の様態を知り、『医師共々に患者に癌である事を黙る』

そういう知らせない権利っていう物が法律(だったかな?)であったと

ような気がする…


くどいようですが
知ればマリオは前みたいに死ぬかもしれないトレーニングしますし
今の所、全員が身を案じて黙っている方針です



>>67 い、言えない…ドンキーの事、素で忘れてたとか言えない!(震え
   関係ないけどマリオと敵対したのは【若き日のクランキー】で
   裸ネクタイの方のドンキーじゃないんですよね
   故にネクタイのドンキーはマリオファミリーってイメージが強い



>>68 クッパ様とかはマリオの事を一番理解してると個人的に思ってる
   例えるなら【ルパン三世と とっつぁん】の関係です
   相棒のガンマンや侍、下手すると不二子ちゃんより理解してる的な




今回>>67のおかげでドンキーの存在を思い出せました
予定に無かったけどドンキーをこのSSに入れてあげる努力をしましょう

本当にありがとう!
*********************************



出番なしは

ヘイホー
ジュゲム
パックンフラワー
ハンマーブロス
カメック
デイジー
ワンワン
ボムへい

この辺りか?

クッパJrやコクッパ達はどういう立場なんだろ





 テニス大会当日、…TVじゃ降水確率は7割強と報道されたが
気象予報士の予測に反して空は今だに曇り空なだけであった



       スパンッ!



「ゲームセット!勝者【ルイージ選手】」

  ワァー ワァー カッコイイ マリオサーン! キャールイージサーン! エッマリオジャナイノ!?

ルイージ「イエーイ!皆さん、ご声援ありがとうございますっ!」

マリオ「ようルイージ…次で決勝進出だな」

ルイージ「そうだね!しっかし、僕は運がイイねぇ~
      なんてったってくじ引きの結果此処まで兄さんと1戦も
     当たらなかったんだから
     こりゃあ"流れ"が僕に来てますよ」

マリオ「ちっと大袈裟に喜び過ぎじゃないか?」

ルイージ「チッチッチ、僕にとって今大会最大の強敵は
     スーパーマリオって訳でね、大袈裟でもなんでもないさ!」



ルイージ「決勝で叩きのめしてやるから覚悟しなよ…っ!」グッ

マリオ「ふっ…無論だ!俺もハナっから本気で行かせて貰う」


スタスタ…
           スタスタ…


ルイージ「…はぁ~」ドスン

ルイージ「あんな事言ったけど、自身無いねこりゃ…」


ヨッシー「地べたに座り込んでどうしたんですか?」


ルイージ「いやね、これはアレだよアレ、ちゅっと床に座って精神統一を
     してるだけなのさ」

ヨッシー「はいはい」

ヨッシー「それで、最近"流れ"が来てらっしゃるルイージさん
     僕に何の御用ですか?」

ルイージ「なんだい、聴いてたのか」

ヨッシー「チラッとですけどね」


ルイージ「…」


ルイージ「今の兄さんの顔、君には"どんな風に見えた"」


ヨッシー「マリオさんの顔ですか…?」

ヨッシー「……そう、ですね」


ヨッシー「すごく、生き生きとした顔、でしたね」


ヨッシー「まるで冒険してた頃のような
     どんな逆境も勇敢に立ち向かっていく…そんな意思が見える」


ルイージ「ちょっと前にワリオや色んな人に言われた事があってね
     僕は、さ…色々と考えたんだ」

ルイージ「何が兄さんの幸せなのかって事を
     この先、どうしてくのがベストなのかを」

ルイージ「さっきの顔、決勝戦で僕と戦うって時に見せた顔は
     君の言う通りだ、長く見せてくれなかった生き生きとした顔」

ルイージ「きっと、本能みたいなモンなんだろうね
     強敵と闘う感覚…記憶に無くても身体はソレを覚えている」



ルイージ「僕は、…この大会終わったら姫達に相談するんだ
       兄さんに真実を打ち明けるべきなのかもしれないって」



ヨッシー「ルイージさん…」











ヨッシー「自分で自分の事"強敵"とか言っちゃうのはどうかと思います」

ルイージ「ちょ!? そこぉ!? 今、僕シリアスだったよね!?
     思いっきしシリアスな話してたよねぇ!?」


ヨッシー「冗談はさておきルイージさんは
     マリオさんに真実を打ち明けたいんですね?」

ルイージ「あの人は…何時だって僕の目標だった、超えるべき壁だった
     身内として家族には死んで欲しくないって気持ちとは別に
     目標に消えてもらいたくないって考えが少なからずあったさ」

ルイージ「いつかは、日陰者でも永遠の2番手でもない
     本当の意味で追いつきたい追い越したい気持ちがある」


ルイージ「そう考えてたら、なんとなく
      …うん、単に解った気になっただけかもしれないけど
     クッパ達の気持ちが少しだけ分かった気がするんだよ」


ヨッシー「…」

ルイージ「身内だから守りたい、家族だから助けたい」

ルイージ「そう言いつつも、僕は心のどっかじゃあ
     そんな自分勝手なエゴで兄さんを庇護してたんだって思った」


ルイージ「嫌な人間だろう?」


ヨッシー「僕にはなんとも言えませんね」

ヨッシー「人間は感情の生き物です」

ヨッシー「純粋な善意もあればそういう利己的な面のある少し歪な善意も
     あります、"人間ならあって当然"なんですよルイージさん」

ヨッシー「僕は別にルイージさんを軽蔑したりしませんよ?
     むしろ真っ当な人間らしさを見て安心してますもの」

ルイージ「そうかい?」

ヨッシー「そうですよ!ルイージさんは少しネガティブ過ぎるんですよ」


ルイージ「ふふ、君に励まされるとはね」

ヨッシー「ルイージさんが落ち込み過ぎるとネガティブゾーンが
     発動しますからねぇ、皆、ふっとびますよ」

ルイージ「え、酷くね?」

ヨッシー「はっはっは、冗句ですよ冗句!」

ヨッシー「それよりも、もうすぐ試合始まっちゃいますよ?
     行かなくて良いんですか?」

ルイージ「へ?……うおっ!?本当だ!」ダッ


ヨッシー(頑張ってくださいよルイージさん…)




ルイージ「ヨッシー!」クルッ


ヨッシー「?」


ルイージ「そのさ!本当にありがとうね!」クルッ ダッ


ヨッシー(…)

ヨッシー「ふふ、私は外の出店でも回りますかねぇ」トテトテ


―――
――



マリオ「…来たか、ルイージ」

ルイージ「もちのろんだね!あー、あー、おほん
      観客席の皆様ーっ!皆のスーパースタールイージさんの
     ご登場です!!さぁ、さぁ熱いご声援をお掛けくださいィ!」


 ウォー ワァー  ルイ-ジ! ルイージ! ミドリノヒゲ! ルイージ!


ルイージ「ん~!良いね、このファンの声援を受けて僕が兄さんを倒す!
     そして、此処に新たなNEWヒーロー誕生ッ!みたいな感じに
     なっちゃう訳だ、燃えるねぇ~!」

マリオ「おっと、悪いがそういう訳にはいかんぞ?
     俺にも兄としてのプライドがあるんでな、お前には負けんさ」


      ゴゴゴゴゴ…

                ドドドドド…


ルイージ「たまには弟に勝ちを譲ってくれても良いんだぜ?」

マリオ「俺は大人気ないんだよ、諦めろ」


 二人はテニスコートに立つ、丁度ぽつぽつと小さな水滴も濁り空から
 落ち始めましたが、試合をする上での問題は一切ありませんでした


ルイージ(超えるべき人…僕の目標…っ!)

ルイージ「兄さん!勝たせてもらうよ!」

マリオ「来いッ!」

           スパンッッ!!

―――
――


ワアァァァーーー  


ヨッシー「おや? 会場が盛り上がりましたねぇ、始まりましたか」パク

ヨッシー「あ、店員さん、この人形焼おみやげにもう一箱くださいな」

ヘイホー「イイヨー」つ【人形焼ヘイホー(カスタードクリーム)】

ヨッシー「はい、御代です」

ヘイホー「マイドー」

ヨッシー「いやぁ、本当に美味しいですねぇ、粒餡もいいですが
     クリームも美味!ヘイホーそっくりな見た目も
     食欲をそそられますねぇ!」ジュルリ

ヘイホー「ナニ コノ オキャク コワイヨー」ガタガタ

ヨッシー「ん?あれは…」










テレサ「フハハハハ!隣国の遣いよ!中々の健闘ぶりであったぞ!」
   (試合見てましたよキノピオさん!お疲れ様です)


キノピオ「ははは…一回戦目でルイージさんと当たっちゃって
     負けちゃいましたけどね…やっぱり情けないですよね」


テレサ「結果に拘るなどと具の骨頂…結果を求めたという過程こそが
    至高の心理であろう」
    (ううん!そんなことありません!キノピオさんは頑張りました
     勝ち負けなんかより、一生懸命戦った事が大事ですよ)

キノピオ「そういって貰えると嬉しいですね…」

テレサ「時に隣国の遣いよ…」
   (あのう…キノピオさん)

テレサ「我、自らの魔力を以ってして、命への捧げ物を作ったのだが
    今だ、誰の体内へも捧げておらぬ、毒見をする勇気はあるか?
    …無理強いはせぬがな!」
   (今日、お弁当を作ってきたんですけど
    その…私が味見しただけで、誰も食べてないんです
    他人の感想が欲しいので食べてもらえませんか?
    あっ…無理ならいいです!)


キノピオ「へぇ、テレサさん、お弁当を作ったんですか?
     僕なんかで良ければ喜んで食べますよ」ニコ


テレサ「う、うむ!そうか!」
   (あ、あう…///)






【物陰】
 クリボー「裏山死ねッ!!!」


ヨッシー「君は何をやっているんですか?」



クリボー「うおおお!?」ビクゥ

ヨッシー「いやいや、そんな露骨に驚かなくてもいいじゃないですかー」

クリボー「あ、いや、なんつーか俺は基本的にアンタさんには
     良い思い出が無いッスからね・・・」

ヨッシー「大丈夫、大丈夫、食べたりなんてしませんよ!
      ヨッシー ウソ ツカナイ」パクパク

クリボー「ヘイホーにくりそつな人形焼
     食いながら言われても説得力無いッス」

ヨッシー「時にクリボー君はどうして此処に来てるんですか?」

クリボー「ああ、テニス大会の出店の手伝いッスね!
     この辺の屋台なんかはうち等クッパ軍団が経営してるんで」

ヨッシー「おお!そうでしたかぁ!ご馳走様でした!」

クリボー「…その様子だと
     もう何軒か屋台の物を全部食い尽くしたっぽいッスね」

ヨッシー「ボム兵さんトコのたこ焼きやジュゲムさんのわたあめ
     あっ、無論、ハンマーブロスのチョコバナナも頂きました」

クリボー「売れ残りは無さそうッスね!」

ヨッシー「はっはっは、次はパックンフラワーさんトコの…おや?」

クリボー「? どうかしたんですかい?」


ヨッシー「あー、いえね、そういえばクッパ軍団の皆さんって全員此処に
     来てるんですか?」

クリボー「あー、その"予定"でしたわ…」

ヨッシー「"予定"…?」

クリボー「なんか、数名、屋台の手伝いに来れない連中が居るらしくて」

ヨッシー「"来れない"というのは何故ですか?」

クリボー「さぁ? 有給使って旅行って奴や体調不良で来てないのが
     多いって聴いてるッス、俺もサボりてーッス」

ヨッシー「ふぅむ、どうりで屋台の数が少ないと思いましたよ…
      クッパ軍団を全軍総動員させれば飲食店も
     この倍、いや3倍になった筈…ぐぬぬ」

クリボー「食うことしか無いんスか?」

ヨッシー「まぁ、いいでしょう私は引き続き
      出店のはしごをするとしましょう」

クリボー「飲食店以外も見て行って欲しいッス!」

ヨッシー「…じゃあ、ワンワンのケーキ早食いショーでみましょうか?」

クリボー「ワンワンからケーキを取り上げないようにお願いします!」








―――
――


「やっと、掘り当てたな」
「ああ、後は氷を溶かすだけだ」
「お楽しみはこれからだなぁ…ハッハッハ!」


*********************************

           今回はここまで

    眠気に負けそうでヤバイ…もう駄目だぁ、おしまいだぁ

   冗談抜きで後3時間寝たら会社に出勤しなきゃ、ヤバイ







>>76>>80

 いちマリオファンとしては一人でも多くのキャラを出したい
考えでありますが、あまりにも多すぎると>>1自身収集が付かないし
何より、貴重なお時間を割いてまで読んでくださる方を混乱…ひいては
不愉快な思いをさせてしまう危害があるため、勝手ながら彼等の出番は
ほぼ無いモノとさせていただきます
個人的にはマリオ3から付き合いのある子クッパ達も出したかった…

どうか、その点に関してご理解の程をよろしくお願い申し上げます




P・S 今回チラッと出てきたヘイホーの様に
   ちょい役でなら少しは可能です

   みんな! まだ わんちゃん あるでー!

*********************************

乙です

忙しい中、頑張って更新してくれるのはありがたい。ただ一つ指摘を

後書きはもう少し簡潔に書くべきかと思う
個人的には別に気にしないが、中には叩いてくる人もいるかも知れないし
例えば、後書き書く前に*を大量に書いたり…
あとはコメント返しももっと簡潔にした方が良いかと


長々とすまない
ただ個人的にはさほど気にならないし、最終的にどう書いてくかは任せます

そうか、リアルで考えるとヨッシーの捕食ってわりと怖いものだな…ww
リア充カップルは幸せにもげればいいと思うの

後書きは別に神経質にならんでもいいと思うぞ
なんにも書いてないより好きよ


「傷つけん様に気をつけて運べよ?"コイツ等"は大事な戦力になるんだ」

「「了解です!」」




「さて、お前達、よくぞワシについて来てくれた!」

「…かつてワシ等には誇りがあった、栄光のクッパ軍団の一員として
 また、武を重んずる戦士としての誇りがあった!」

「闘いこそが全て、勝利の余韻、戦士を称える名声こそが
 ワシ等の人生そのものと呼べた!」


「…だが、それは過去の話よ!ワシ等の主君クッパ様にはかつての覇気は
 無く、ただ堕ちたとしか言いようが無い!」

「諸君!
  故にこれは決して主君への謀反に非ず!
   かつての…クッパ軍団の輝かしき黄金時代を取り戻す為の行為!」

「我等が主にあるべき姿に戻っていただく為の行為であるッッ!」




「「「「うおおぉぉぉぉっ!」」」」





「全ては主君の為! 全てはクッパ軍団の輝かしき栄光と覇権の為!」


「その為ならば、ワシのような"老兵"であろうと
  この身を粉にしてでも…最後まで闘い抜く事を宣言するッッッ!!」


「クッパ軍団、万歳! クッパ軍団に栄光あれッ!」


ウォー!    ウォー!  ウォー! バンザーイ!


「諸君!、あの忘れえぬ日々を取り戻す為に!
    今一度、諸君の力を貸していただきたい!」




ウオオオォォォォォー!   ウオオオォォォォォー!   ウオオオォォォォォー!



(…これで、ワシの長きに渡る"夢"を取り戻せる…っ!)


(これは決して謀反では無い、ワシの行動は全て名誉の為
  全ては絶対の忠義から来る物、今一度…
 クッパ軍団の力を知らしめて見せましょうぞ!)




―――
――


マリオ「はぁッ!」smash!


      スパンッ!


ルイージ「ぐっ!?」


「ゲームセット!勝者【マリオ選手】」


ルイージ(…っ!負けたか!)


ルイージ「兄さん…!イイ試合だったよ!」

マリオ「それは俺の台詞だ
    さっきのショットは打ち返されたらどうしようと考えた程だ」

ルイージ「そう、言って貰えるとは光栄かな、さて…
     あとは表彰式でカメラマンの前でピースして終わりだね!」

マリオ「そうだな」

ルイージ「はは、まだ時間もあるし、僕はちょっと水でも飲んでくるよ
     喉カラカラじゃあ、インタビューの時に僕の美声を
     聴かせらんないからねぇ!」

マリオ「はっはっは、相変わらずだな!」

ルイージ「そんじゃ僕はちょっと失礼しちゃうよ~!」スタスタ




ルイージ(…)スタスタ

ルイージ(…はぁ、やっぱり遠く及ばないなぁ)


ヨッシー「イイ試合でしたね」サクサク


ルイージ「やぁ、ヨッシー…負けた僕を励ましにでも来たのかい?」

ヨッシー「まぁ、そんなトコですね、あっ、パックンサブレ食べます?」

ルイージ「はは…一枚貰おうかな」サクッ

ヨッシー「どうぞどうぞ」サクサク


ヨッシー「で、どうです?」

ルイージ「え?突然、何?」


ヨッシー「マリオさんですよ、マリオさん
     やっぱり、活き活きとしてましたか?」

ルイージ「ああ、あんな感じで誰かと競ったりしてる時が一番
     輝いて見えるよ、自宅でのんびりしてる時よりも
     姫達と遊びに行くときよりも一番、ね」

ヨッシー「何が正しいかなんて、誰にも分からない
     良かれと思ってやった事が失敗だったり
     やらない事が失敗に繋がりもします」

ヨッシー「"自分が"正しいと思う事が正解なんです
     さっきの試合で本来のマリオさんの生き方に戻す方が良しと
     感じたならそれで"正解"なんですよ」

ルイージ「…そうだね

       …弟として心から家族を心配している、できるなら
     また命に関わる無茶させないのがベストだと考えたさ」

ルイージ「でも…ワリオが言う通りなのかもしれないな
      今の兄さんは本当の意味で生きてないのかもって」

ルイージ「僕が間違ってたのかもしれないってさ」


ヨッシー「…間違ったなら直していけば良いんですよ」

ヨッシー「"違ったなら直す"それが人間ですもの」


ルイージ「やれやれ…なんだか最近、君には色々と愚痴を零したり
     悩みを相談してばかりな気がするよ」

ヨッシー「同じ緑色のよしみって奴ですよ!
     まぁ、そこら辺の茂みの色と同化してしまう程
     緑が似合う、ルイージさんには適いませんけど」

ルイージ「ちょ!それ褒めてるんだよねぇ!?
     貶めてるんじゃなくて!?」

ヨッシー「ルイージさん、そろそろ表彰式じゃないですか?
     こんな床で油なんか売ってて良いんですか?」

ルイージ「へ?あっ、もうこんな時間じゃん!」

ルイージ「なんか釈然としないけど僕は失礼させてもらうよ!」ダッ



ヨッシー「ふぅ…忙しないですねぇ」

ヨッシー「おや?」



チャールズ「――」



ヨッシー「つかぬ事をお伺いしますが考古学者のチャールズさんですか」

チャールズ「うん?そうですが君は…えっと誰でしたかな?」

ヨッシー「初対面で失礼します
     僕はヨースター島から来たヨッシーです」

ヨッシー「マリオさんと面識があるお方と聴いていたものでして
     お声を掛けた次第です」

チャールズ「ああ、そうでしたか」

ヨッシー「チャールズさんもテニス観戦でしょうか?」

チャールズ「ええ、以前雪山で酷い目に遭いましてな
      気分転換も兼ねてのテニス観戦です」

ヨッシー「酷い目?」


チャールズ「はい、私はご存知かもしれませんが考古学を専門としており
      雪山を探索中に遭難してしまったのです」

チャールズ「私はどうにか、ゴロツキタウンから来た遺跡研究チームに
      救助され事なきを得ましたが…いやはや」

ヨッシー「それは災難でしたねぇ…」

チャールズ「はぁ、気分転換も兼ねて大会を見に来たのですが
      どうにも運が無いというか…私が行った食べ物の出店が
      全て売り切れていたり、踏んだり蹴ったりですな」

ヨッシー「それは災難ですね」


チャールズ「この分じゃ、雪山の埋蔵物も誰かに
      発見されてるかもしれません…」

ヨッシー「…?雪山の埋蔵物ですか?」



チャールズ「ええ、科学の進歩と言いますか
      少し前にあの雪山の地中深くに金属が埋まってると
      判明したんですよ」


ヨッシー「金属が埋まっている…というとお宝があるという事ですかね」


チャールズ「それを調べるのが私の仕事ですよ!」キラキラ


ヨッシー「は、はぁ、すごく目を輝かせますね?」

チャールズ「ロマンが埋まってるのです!夢が埋まっているのですよ?」

チャールズ「年甲斐も無く興奮してしまいますよ!」


チャールズ「まぁ、発掘できませんでしたが…」

ヨッシー「ま、まぁまぁ、それで埋まってるお宝が何かとか解ったり
     するんでしょうか?」


チャールズ「…そうですな、調べた情報を元にすると
      山に大昔の王様が埋蔵金を埋めたと言う情報はありませんが
      何十年だか前に空から何かが降ってきたという話があると」


ヨッシー「"何か"ですか?」

チャールズ「ええ、あの雪山はあまり人が寄らない所でして詳しくは
      解りませんが、情報を整理すると宇宙からの鉱物が
      あるのでは言う見方もあります、ロマンに溢れてますな!」

ヨッシー「そ、そうですねぇ」

チャールズ「そう、そうロマンと言えば―――」


      クドクド   アレガ アアデ   スバラシイ ト

ヨッシー(…な、長い!)


チャールズ「という訳です!」


ヨッシー「そ、そうですねぇ~、では僕はこの辺で―」
チャールズ「あー、言い忘れてました!」


ヨッシー「ま、まだあるんですかぁ?」

チャールズ「ええ、これを語らずして何が考古学者と言えましょうか!」

チャールズ「そんな訳で、マリオくんが私にくれたグツグツ火山の―」


ヨッシー(ダレカタスケテェー)


―――
――



「船に発掘した物を積み込む作業完了いたしました!」

シロップ「はぁ…大したもんだよアンタ等」

「キャプテン・シロップもう出航しても構わんよ」

シロップ「アタシ等の船にこんなモン乗せて欲しくは無いんだけどね
     まぁ、良いわ…お前達、船をお出し!」




(ワシ等が発掘した"コイツ等"…以前クッパ城で見たのと同じじゃ
  コイツ等の脅威はワシも知っておる…存分に働いて貰おうか!)






          氷から発掘された"彼等"…

    彼等は"昔"キノコ王国へやって来た事がありました…

"彼等"は災厄でした、"彼等"と"彼等の指導者"は遥か彼方から来たのです

ですが"昔"の英雄<ヒーロー>と"今"の英雄<ヒーロー>の"4人"が災厄から国を救い

      キノコ王国に平和が訪れたと思われました




         これは【過去からの忘れ物】…




"彼等の指導者"を倒し、"鎮魂歌を奏でる姉"をも絶ち、最後は"涙の雨"で

       全てを洗い流し、終わらせた筈でした…



              しかし



まだ、終わってはいなかったのです、"彼等"はまだ"残って"いたのです

     "彼等"は隕石のように地表へ墜ちていきました

  日の光も当たらない凍てつく大地に埋もれるように墜ちました

   洗い流すための"涙の雨"も氷に埋もれた"彼等"までは届かず

          "彼等"は生き永らえたのでした


  そして、時は流れた今、氷に覆われ動けずにいた"彼等"は動き出す

       再び、この国に災厄をばら撒く為に!


      そう、これは【過去からの贈り物】です




    今、災厄達は再びキノコ王国に彼等は姿を現すのでした!



*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

             今回はここまでです

            【"彼等"に関して】
     もう殆どの人が正体を察しているかもしれませんね…
     個人的に最終戦であれだけ機体が墜落してたんだから
     こんな展開アリなんじゃないかって>>1は考えました

     実際、某所で冷凍保存されて生きてましたし(ボソ

>>87>>89

ありがとうございます!
本文と後書きの区別もあるので*はつけたい考えです
ご指摘、感謝致します、もう少しコメントも簡潔にする努力も致します

完結まで何卒しばしのお付き合いを…

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

おつー

まさかの「やつら」か
(名前言っちゃっていいのかな?)

乙です
あいつら が出るソフト
海外版のパッケージカッコいいよね

>>100 名前言っちゃっても良いですよ!

>>101 分かります


「キャプテン、次はこの地点に向かってくれ」

シロップ「んー?、なんだい此処は昔の合戦所じゃないか」

「ああ、此処にはワシ等の"忘れ物"があるんでなソレを取りに行きたい」

シロップ「…言っとくけどこの船にはこれ以上荷物は乗せらんないよ」

「構わん、アレはデカ過ぎて船に乗り切らんさ」

シロップ「まぁ良いわ…地図を見た限り、早くて二日は掛かる良いね?」

「応、ワシ等はちと早いが眠りに就かせてもらうぞ」


ガチャ…ギィ


(さて、今日も良い夢が見れるかのう?この"枕"は手放せんわい)


―――
――



ルイージ「――以上が僕の意見です」


ピーチ「…」
キノじい「…」

ヨッシー「最終的な判断はピーチ姫がお決めになることです
     現状維持か、それとも話してしまうのか」


ピーチ「…」

ピーチ「私に、少しだけ時間をください」

ルイージ「…どうぞ」

ピーチ「ありがとうございます」


ヨッシー「僕とルイージさんは部屋の外でお待ちします
     答えがお決まりになりましたら呼んで下さい」ガチャ




ピーチ「…キノじい」

キノじい「はい」


ピーチ「私は…酷く高慢な女性なのでしょうね」

ピーチ「今まで、マリオを苦しめたくない、そんな私情で国の財を使い」

ピーチ「あまつさえ彼を苦しめていた事にも気付いていなかった」

ピーチ「国の代表ともあろう者がこれでは――」


キノじい「姫」


キノじい「お言葉ですが言わせて頂きます
     姫が今しがた仰る通り、確かに姫の行いは民を導く者として
     善いとは言い難いものです」

ピーチ「そう、ですよね…」

キノじい「国の英雄<ヒーロー>の為、国税を使った
     一見聞こえは良いでしょうが…言い換えれば
     "一人の異性の為に民の血税を使った"とも言えましょう…
     それでは暴君君主と同じ振る舞いです」


ピーチ「…はい」

キノじい「…」


キノじい「姫様、今から言う事は老人の戯言ですじゃ
     聞き流してくれても構いませぬ」

ピーチ「…?」


キノじい「私は姫が生まれた時よりお世話をさせて頂きました」

キノじい「姫は覚えておいででしょうか?その昔、キノコ王国に
     "ゲドンコ"達がやってきた事を?」


ピーチ「ええ」


キノじい「…あれはまるで…悪い夢を見ているようで…
     老いた今でも鮮明に思い出せますぞ」

キノじい「あの時は民は無論、私自身も何度ここまでか…と諦めかけたか
     分かりませぬ、ですが…
     姫だけはこの身に代えてもお守りしようと誓っておりました」



キノじい「妻子を持たない私にとって
     姫は目に入れても痛くない我が娘同然の存在でしたからな」



ピーチ「じい…」


キノじい「姫の行いは確かに国のトップとしてあってはならぬ事
     それを承知の上で私は今日まで黙認致しました…」

キノじい「この国の代表であられる以前に姫は一人の人間…いえ女性です
     ならばこのキノじいに姫の想いを否定できましょうか?」

キノじい「確かに間違ったかもしれませぬ、ならば
     ここからは間違わなければ良いのです」

キノじい「国民も英雄たるマリオ殿を愛し、また姫の事も同じく愛して
     おられます、故に国税が使われる事にも異を唱えませぬ」


キノじい「国民が納得した上での政策ならば、それは暴君の政に非ず
     姫が自身を高慢な女性と思うのは早計ではありませぬかな?」



ピーチ「…ごめんなさい」ポロポロ



キノじい「…涙をお拭きなされ、姫には笑顔が似合います」

ピーチ「…っ、…っ、はい…はい…」ポロポロ



キノじい「ルイージ殿、ヨッシー殿、どうぞ、お入りください!」

ガチャ…

ルイージ「はい」
ヨッシー「お心はお決まりですか?」


ピーチ「…はい」

ピーチ「今度のレース大会終了直後…最後に…
      最後に盛大なパーティーを開き
         …マリオに真実を打ち明けます」


ルイージ「ピーチ姫…申し訳ありませんでした」
ヨッシー「辛い苦悩の末、ご決断感謝いたします…」


ピーチ「マリオは…今マリオはどちらに?」

ルイージ「兄さんは先に家に帰らせています」


ピーチ「そうですか…じい」

キノじい「はい」

ピーチ「テニス大会の後処理があるのは分かります、ですがパーティーの
    手配の方をお願いします」


キノじい「ええ、英雄<ヒーロー>の為…最後の休息
      壮大なパーティーに仕立て上げようではありませんか!」



 この日マリオを除く殆どのキノコ王国国民にパーティーの話
   知らされるのは直ぐの事でした…多くのキノピオ達は
          準備のために大忙しです

 "キノコ王国がクッパ軍団と協定を組んで続いたこの一年近くの平和"

     その最後を締めくくるのは壮大なパーティーです


  英雄<ヒーロー>が全てを思い出せば、再び戦いは始まるのでしょう…
          だからこそのパーティーです


マリオもクッパも キノピオもクリボー達も…ヨッシーやヘイホーだって
皆そうです、"敵味方なんて関係ない"のです

        誰も彼もが争いなんてしない世界
   皆が手を繋いで、笑いあって同じ空間に存在していられる…

     【英雄<マリオ>が大事な事を忘れてしまった世界】
【テニスやゴルフにパーティーばかりで大切な何かを忘れていた世界】

でも…きっと、そう…そんな世界も決して悪いものでは無かったでしょう

 たとえ明日には互いに争いあう世界だとしても
この時間はかけがえの無いものに変わりは無いはずです

 "冒険を思い出す"前に壮大なパーティーにしようではありませんか!

  フィナーレを飾るまで…! 時計の針が0時を過ぎるまでの間…!

 誰一人として笑顔を絶やさない、そんな素敵な魔法の時間を紡ごう!

=================================


キノピオ「というわけで来ていただけますか?」

テレサ「闇を統べる我を誘おうとはな!良かろう!
    同胞達と共に貴様等の宴に参加してやろうではないか!」
    (は、はい、こんな私なんかで良ければパーティーに
     駆けつけます、先輩達も行きますよね?)

クリボー「イイッスね!(この機に俺も彼女作りたい!)」

ノコノコ「ふむ、有給はまだ残ってましたかな…」ウーム


キノピオ「あっ、そういえば皆さん、この辺で良い音楽家に
     心辺りはありませんか?」


クリボー「ん?なんで」

キノピオ「パーティーの準備にあたって最高の音楽家をご招待しようと
     決まりまして」


ノコノコ「最高の音楽家ですか…私はそういうのは疎いものでして」

クリボー「なんかこう、バンドとか良いんじゃないッスか?こうエレキ
     とかドラムでドジャ~ンっ!みたいな?」

テレサ「我は英知を司る仙人の住まう湖にて悩める作曲家を
    推させてもらおうか!彼奴ならば納得のいく音色を奏でる筈」
   (そうですねぇ、ケロケロ湖のキノコフスキー先生なんてどうです
    オーケストラー調の音楽とか雰囲気が出て良いかなーって)


「ガッハッハ、なんだか金の匂いがするじゃねーか!」


「「「「あっ!」」」」


ワリオ「俺だよ!ワリオだよ!」

クリボー「ワリオさんじゃねーッスか」

キノピオ「どうしたんですか?手にスコップと肥料なんか持って?」


ワリオ「…あー、気にすんな、これはちょっと事業に失敗しただけだ」

キノピオ「…?はぁ、分かりました…」

ワリオ「んな事よりよォ、お前等良いバンドメンバー探してんだって?」

ワリオ「実はよ、知ってんだぜ…安い料金でかなりの質の高い公演を
    やってくれるメンバーをよォ!」

キノピオ「えっ、本当ですか!?」


ワリオ「おうおう!本当本当!んでよ、紹介してやっても良いんだが
    紹介料を払って欲しいのよ分かる?」

キノピオ「え、…えぇ、はい、音楽家の方を雇うのに500コインまで
     使って良いと…」

ワリオ「よォ~しなら、話は早い紹介料で50コイン、更に俺がソイツ等に
    話付けてやろう!交渉、その他諸々でプラス300コインだぜ!」

ノコノコ「それは横暴ではないか?」


ワリオ「オイオイ、言っとくがこいつぁかなり良心的な金額だぜ!
    合計350コイン、この国じゃ何処探しても400コインが良いとこ
    こォ~んな最高の取引は早々ねぇぞ!」

キノピオ「う~ん、分かりました…何だかんだでワリオさん人を見る目は
     ありそうですし」

ワリオ「へへ、毎度!」コイーン








ピポパ…とぅるるるるん、とぅるるるるん!


ガチャ

ワリオ「あっ、もしもし、俺俺、俺だよワリオだよ!」

ワリオ「実はいい話があんだよ…」

―――
――




ワリオ「という訳で、この日にパーティーあるからな
    おたくらに来て貰いたいって訳だ」

ワリオ「『ボンゴ』『エレキギター』『サキソホン』『トロンボーン』
    それに『トライアングル』…おたくらのバンドなら最高に舞台を
    盛り上げられるだろ?」

ワリオ「んん?報酬?心配すんなってちゃんと
    良質なバナナ用意しとくから、じゃあな!」



    こうしてパーティーの準備は着々と進んでいくのでした


 誰もが笑い合える世界、魔法の時間が始まるのはもうすぐの事でした





           そしてパーティーの前日…
       つまり、カートレースが開催される一日前



クッパ「全軍!明日一日お前達に暇を出す、城の事は良い
    存分に明日と言う日を楽しめ!」

ノコノコ「ほっ、有給を使わずにパーティーに行けそうですね」

テレサ「…♪」フフーン
   (こっちのリボンをつけて行こうかなぁ)




ワリオ「さぁて、出店はどうすっかなぁ…」

ヨッシー「食べれるお店なら何でもいいですよ!」




ルイージ「兄さん」

マリオ「ああ、エンジンの調整に行くとしようか」

ルイージ(…明日…全部、明日なんだな)




ピーチ(………マリオ)

キノじい「姫様、夜風にあまり当たるの…」


   皆がそれぞれの想いを持ち明日を迎えようとしていたのでした

  夢のような時間…もしかしたら最後かもしれない夢になるかも、と


「…明日だ、ワシ等の悲願達成の為に…!」

「ゲヒャ…」






ゲドンコ星人「ゲヒャヒャヒャヒャヒャ…ッ!」


    …願わくば、最後に見る夢は悪夢でない事を祈りましょう

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

             今回はここまで

        いよいよ、終盤に差し掛かって参りました

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

別スレのスレタイ教えて欲しい


ジュゲム「さぁ皆様!ついにレース大会の日がやって参りましたぁ!」

ジュゲム「実況は私、カメラマン兼司会進行を勤めさせていただく
     ジュゲムでございます!いやぁ、久々のレース実況で
     なにやら気分が高潮する次第です!」


ジュゲム「レース会場周辺の観客席はほぼ満席外には着々と出店の屋台が
     立っていきます!」




カメック「おーい!そっちの機材はこっちだ!」

ハンマーブロスs「「「「うぃーっす!」」」」


   ワッセ ホイサ   ワッセ ホイサ


            エッサ  ホイサ   エッサ ホイサ


       ヘイホー  ヘイホー




ジュゲム「いやぁ、活気に満ちていますねぇ~
     さて、もうじき選手達が来る頃です!
     インタビューの方へ移りましょう!」


―――
――




   「――さて、もうじき選手達が来る頃です!
     インタビューの方へ移りましょう!」




「ねぇねぇ、もうすぐ始まるってよ?」

「僕達も会場の方に行かないの?」

「慌てる出ないわ!…バンドメンバーは最後と決まっておろう!」



「もう…頑固だなぁ、クランキーは」


クランキー・コング「フン、おぬし等若いもんはまるで分かっとらん!」

クランキー「良いか!昔から締めの"おおとり"は
      遅れてやってくるもんじゃ」


「うわぁ、クランキーの長そうな話が始まるよ」ボソボソ

「に、逃げよっか?」ボソボソ



クランキー「これッ!聴いとるのか!馬鹿ザル共!」


「うへっ!やっべぇ…オイラ、こんなトコまで来てお説教は嫌だよ」

「クランキー!ほら、バナナ食べようよ…!船旅で疲れたしさ!」


クランキー「誤魔化すでないわ!…と言いたい所じゃが
      確かに、我々は長旅で疲れとる」


クランキー「今日のライブの為、英気を存分に養うのも良かろう!」



「イエーーーーーイ!」
「やったね!」



クランキー「今夜はこの国の住人をモンキーラップの虜に
      してやろうではないか」


「あっ、クランキー、テレビの音量上げてよ、選手入場が始まるみたい」

クランキー「年寄りにやらせるでないわ!」ピッ

「そう言いつつ、やってくれるクランキー優しいぃっ!」





ジュゲム「えー、画面をご覧の皆様、選手入場です!」


ジュゲム「まず一番手は、クッパ軍団よりドッスン選手です!
     自分の重みに耐えられる専用マシンを使用しており――」

―――
――




【ふるぅつ じゅぅす 屋さん】


ヨッシー「ん~!トロピカルですねぇ」

ワリオ「おい!味わうのは良いけどよ!ちゃんとジュースにしろよ!」

ヨッシー「分かってますよ~もぅっ!」


ワリオ「ったく…」


ヨッシー「ワリオさんは出場しないんですか?」

ワリオ「あぁん?」


ヨッシー「賞金でるんですよ!賞金!」

ワリオ「…けっ!あぁ~んな端金なんぞより、ここでフルーツジュースを
    売った方がコイン稼げると思ったんだよォ!」

ワリオ「最近、暑ぃしよォ、現に客の入りだって良い方だろ」



ヨッシー「この戦いに水を差したくないとかですかね?」



ワリオ「ハァ?」

ヨッシー「今日は、あのルイージを初め
     多くの人がマリオさんに真実を教えようとしている」

ヨッシー「今日くらいは無粋な事せず、純粋に見守りたいとか?」


ワリオ「…ケッ」

ワリオ「マリオの野郎共がどうなろうと俺の知ったこっちゃあねぇよ!」

ワリオ「…」


ワリオ「ただ、周りの人間が一人の野郎中心にアレやこれや
    理由つけて、依存したり…自堕落的だったりよォ」

ワリオ「そういうのは好かねぇんだよ俺は…」

ワリオ「この国の頭、お花畑な住人がどんだけ意識改革できんのか
    見てやろうって気もあんのよ」



ヨッシー「…ふぅ、不っ器用ですねぇ」



ワリオ「あぁ!?」

ヨッシー「ワリオさん、そういうの巷で"つんでれ"って言うんですよ」


ワリオ「ケッ!てめーは食えねぇ野郎だぜ!」


ヨッシー「はっはっは!確かに僕は食べれませんよ!
     むしろ、僕は食べる側ですからねぇ!!」


ワリオ「うるせえ!上手い事言ったつもりか!」



「すいませーん、ドルピック島風トロピカルジュースくださーい!」


ワリオ「あっ、はい!ただいま」ニコニコ


ヨッシー「商売人の鑑だなぁ…」ジュース ジャー



―――
――



【クッパ城…の玉座】


     シーン…


クッパ「…」



クッパ「この城、誰もいないと静かなモノだな…」


 部下は全員、今日のお祭り事へ行かせるため
 門番から…自分のちょっとしたお世話係、小間使い、経理担当から
 次期クッパ軍の長になるであろうクッパJrもカメックババに頼み
 祭りへ行かせた…

 今、誰一人いない城内でクッパは座りなれた椅子に座り

 テレビ中継を通しレース大会の中継を見ていた…


クッパ「…フン、偶には独りも良きもの、か」

 誇り高き城主はただ独り…好敵手<トモ>の姿を見るだけであった…

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

             今回はここまで!

   若き日にオーバーオールのヒゲオヤジと戦った老兵(ゴリラ)

   マリオランド支配から、度々衝突し続けた猛者(ギザヒゲ)

     そして、ただ独り、遠くから全てを見届ける城主(亀)



       個人的に歴代ライバルベスト3ですね!


あっ…あと>>119でヨッシーがルイージの事をさん付けじゃなく
呼び捨てにしてるけど、アレは>>1の間違いです

※決してヨッシーがルイージの事なめてる訳じゃありません、本当だよ!


>>116 自分も此処に来てある程度長いとは思ってますが

    いまいちSS速報のローカルルール(?)的な物が
    ちょっと掴み切れないんですよね…

    マナー違反でないのならスレタイを書いても良いのでしょうか?
*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

過去作書いても問題無いと思うよ 自分は知りたいな

自分から載せるのはあいたた…って感じだけど
聞かれたから載せるのは全然いいと思うよ。俺も気になる

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

乙ー
向こうから聞かれたんなら別に問題はないと思う

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

>>125は間違って書き込みました…



>>123 >>124 >>126

ありがとうございます、興味を持って頂けるとは恐縮です



過去作…というより現在進行中のスレは此方の二つになります



・遊び人「画期的な戦闘方を考える」

勇者魔王系というよりオリジナル入りのDQ3ベースっぽい何か変なの
※ノリと勢いで創りました



・穂乃果「『れんあいげぇむ』」?【コンマ】

【残酷表現注意】…ラブライブに詳しくないけど
心が書きたいと魂の叫びをあげた為、書きました
※ノリと勢いで創りました、後…ラブライブ勉強中です、はい

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *

乙です、ちょっと読みに行ってくる
クランキー達がきたか、
(てっきりワリオが呼んだのはティキ族かと思ってた)

サンクス
遊び人の方は前から興味あったし読んで見る

乙 後で読ませてもらいます

乙!
ナジミさんの人だったのか

まさかラブライブのそのスレの人だったとは…
こっちはグッドエンドで頼むぞ…


ジュゲム「――以上を持ちまして開会式を終了とします」


ジュゲム「それでは選手の皆様行きますよ!!!!!」





               3






「ねぇ、クランキーはやっぱり、マリオが勝つと思う?」

クランキー「そうじゃのう、断言はできんが有力候補じゃろうて」

「TVで見るのも良いけど、オイラは会場に直接行って見たかったなぁ
 …ディクシーを誘ってデートみたいな感じでさ」ボソ








               2






ヨッシー「お、走り出しますねぇ!」

ワリオ「…」


ヨッシー「ワリオさ「ラジオの音量デカくしたけりゃ勝手にしな!」


ヨッシー「なんだかんだで、ワリオさんも興味あるんじゃないですかー」

ワリオ「ケッ!」







              1








クッパ「…」




クッパ「どんな事であろうとお前を倒すのは我輩だ
             ……敗北は許さんぞ、マリオ!」




             GO!!



轟音…っ!


ランプから発せられる光がグリーンからレッドへと移り変わる


           刹那の瞬間ッ!


各選手は各々の愛機に火を点す!
ある者は勝利の栄冠を獲るために、ある者は己の生き様の為
そして、ある者は超えるべき目標を超すために…エンジンに火を点す!

胸の内にある情熱と変わらぬ熱を…っ!

執念の炎を…っ!


乗り手の熱意をそのまま注ぎ込むように選手達は機体のフットペダルと
強く踏み込み、ハンドルを切る

その刻から"唯の無機質な鉄塊"であるマシン達は
"無機質な鉄塊"ではなくなるのだ、情熱と言う名の火は

          愛機へと燃え移るのだから…っ!





 ワアアアアアアアアアアアアァァァァァァ!!!!


ジュゲム「スタートです!
         各選手、一斉にスタートいたしましたァ―ー!」


彼らの熱が会場に伝染する
観客は無論、司会兼進行係であるジュゲムでさえも熱に浮かされるのだ




  BUROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !

―表向きキノコ王国とクッパ軍の協定を記念したレースキノカメ杯…―
―今大会は国が用意したレースを3週した者が栄冠を掴むという到って―
 ―シンプルな大会、道中に選手の行く手を阻む障害があるものの―
―そのどれもが、過去に行われたレースのように機体が大破するような―
―過酷な物ではない、従って【選手の安全は絶対に保障された大会】だ―



ルイージ(なんとか、スタートダッシュは切れたけど…)


ルイージ(…"やっぱり"としか言いようがないね!)キッ!


―サイドミラーを見てルイージは思う、後続には数十台の車両の群れ…―
 ―スタートダッシュ時に一気に群れから飛び出せなかった集団だ―
―レース用の車道故にそれなりに横幅はあるものの、流石に何十台と―
―機体があれば、我先に我先にと道の奪い合い、先に行かせないように―
  ―ワザと後続車両の道を塞ぐような蛇行運転を図る者など…―

―ハッキリ言って、醜い争いの渦中であり、初めの一歩で如何にして―
 ―この集団を抜けられるか…この時点でも勝敗が大きく別れるのだ―



マリオ「…」


  ―サイドミラーではなく、前方を見据える、"やっぱり"居た…―


―ある意味で予想通り、"壁"は…"超えるべき者"は
               ルイージの前を独走するッ!―


ジュゲム「会場の皆様、モニターをご覧ください!」


ピッ!


ジュゲム「えー、現在の上位5位ですがトップは…
     マリオ選手!マリオ選手です!続いてキャサリン選手の機体と
     ワルイージ選手の機体です、丁度並行して走行しておりますが
     僅かにキャサリン選手がリードしております!」


ジュゲム「そして4位は何と以外ッ!!キノピオ選手だァー!」




クリボー「おおぅ!やるじゃねーッスか!」

ノコノコ「ふむ、彼の機体は確か、極限まで邪魔なパーツを取っ払って
     加速性を高めた物でしたね…」

クリボー「あーでも、それって結構ヤバイんじゃね?
      重量が無い分、カーブとか減速しなきゃ事故っちまうかも
     それに、カロンみたいにスッカスッカな骨マシーンなんて
     他の選手に追突でもされたら…なぁ?」







テレサ「フッ!音速の貴公子を極める為には必要な犠牲よ!奴もそれを
    承知した上で奔るのだからな!
    我等は奴の生還を黙って見届ける、ただソレだけよッ!」

   (はわわわ、!た、確かに加速性を高める為には多少の危険は
    あるってキノピオさんも言ってましたけど…
    『僕は絶対に大丈夫だ』っていってました!
    信じましょう!…私達にできるのはそれだけです!)




クリボー「おめぇは一体、何処の味方なんだよ…」(リア充もげろ!)


ノコノコ「愛の力ですなぁ」しみじみ



ジュゲム「上位5名は依然変わらず速度を上げており、後続の集団から
     ますます距離を離して行きます!
     まるでキノコによるブーストでも掛かっているかの如し
     驚きの速度です!」





ピーチ「…」ギュッ

キノじい「…姫、不安なお気持ちは分かりますが今大会は
     マシンが大破するような障害物は無く
     万が一の為にも各地に医療スタッフが派遣されております」

キノじい「ご安心くだされ…」


ピーチ「はい…」


ピーチ(…)

ピーチ(キノじいはこう言っているのに…この胸騒ぎは一体?)ギュッ


―レース開幕から5分が過ぎようとしていた、僅か5分、しかし…
  時速100キロ越えで走る彼らは相当な距離を走行している事になる―



ルイージ「ん?あれは…」



―今大会は障害物がある、選手にはただそれだけを教え、具体的な内容は
一切知らせない、無いようによってはソレを逆手に取られかねないからだ
     


 ―周囲に建築物は一切無く、平坦な道が延々と続くかと思われた―



―しかし! 変化は訪れる…!

―それは【穴】だッ!


―道のど真ん中から、端っこまで幾つもの【穴】が無数に空いている―



   ―こういう時、経験が物を言うとは良く言った物だ…―
―ルイージは【穴】を見てすぐにピンと来た、大きさ、造り…それらが―
    ―あれは【何の穴】であるかすぐに悟らせたのである…―




ルイージ「やれやれ、鬼が出るか蛇が出るか…それとも土竜かな?」


   ―土竜<モグラ>…記憶を失う前の兄と何度も冒険をした…―
―そして、幾度と無く見てきた存在の内の一匹なんだろうとルイージは―
―予見する、穴の大きさ的に車輪を取られ、身動きが取れない事態は―
  ―ない筈である、唯一の心配事はただそれぐらいであった…―







マリオ(…なんだ、この【穴】は…?)


   ―弟と違い、"冒険の記憶"が無いマリオには分からない…―

―それが、何の【穴】であるか、…此処が勝負の分かれ目になるだろう―


マリオ「…単にデコボコで走行し辛い道という訳ではなさそうだな」


―そう言いつつも、速度は決して緩めない…っ!
 警戒はすれど、後ろのライバル達を前に行かせるつもりは微塵も無い―



そして…っ!

            トップは"穴の直前"までたどり着く!



ボコンッ!!


マリオ「!!」


チョロプー「ピィーーーーーー!!」


*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *


     今回はここまで!










>>128 ドンキー達の出番を作りたかったので呼ばせていただきました…

>>129 >>130 ありがとうございます!

>>131 ええ、あっちも近々更新したいです

>>132 基本、ハッピーエンドが好きですから私
   (必ずハッピーで終わらせるとは言ってない)

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *


       ―跳びだしたのはチョロプーだった…っ!―


マリオ「ぐっ!」ギュルルルル!


 ―咄嗟の判断、ハンドルを全力で切り、車体は勢いよくスピンする―

―それによりチョロプーはマリオの顔に跳びつけず
 車体に取り付く事となるのだが…車体全体に掛かる強烈なGと遠心力―


  ―それによって、彼はすぐさま、跳ね飛ばされる結果となる―





ブウウウウゥゥゥンン!!

               ギュウウウウンンン!!!

マリオ「ちぃッ抜かされたかっ!」





―直線上に向かっていた車体の運動エネルギーは回転と共に乱れ…
    結果として後方のライバル達に機会を与えてしまったのだ!―




減速…っ! この僅かな出来事でトップは順位を2つ落とす…っ!

 キャサリン、ワルイージの順にマリオを追い抜きそして…っ!



キノピオ「…!マリオさん」

ルイージ「勝たせてもらうぜ…兄さんっ!」


 加速特化型の機体が英雄の隣に並ぶ!背後にはもう一人の英雄

キノピオ&ルイージ「「うおおおおおお!!」」


―二人は思う、英雄<マリオ>が、決して勝てないと思えた敵が…!
  最大の対戦相手が今!何の幸運か自分達の前に"堕ちて"きたと―



マリオ「…ふぅ」

マリオ「どうも勘違いしてたな
    最大のライバルはお前達四人じゃなかった」

             ―しかし…―








マリオ「俺にとってのライバルとは他でもない"俺"だったな…

            俺の…俺の"慢心"こそが最大の敵だ…っ!」





これは断じて幸運などでは無い…眠れる獅子が目覚める瞬間だったのだ

お久
私情で書けなかったんか?

熱い、熱いぞ!
マリオ目覚めたかー


―穴だらけの道、当然だが先ほどのように穴にはチョロプーが潜む
  ただし、全ての穴という訳ではない、当然ながらダミーの穴もある―


マリオ「フンッ」ガッ


     ―フットペダルを踏み込み速度を上げるマリオ―
―同じくマリオに並び走行していたキノピオもフットペダルを踏み込み―
    ―両者共に機体を加速させるッ!…ルイージを除き―


マリオ「…」
キノピオ「…っ!」



―結果は…

      キノピオの圧勝であった!


 元より彼の機体は不要なパーツを全て抜き取り加速性に特化させた機
 この手のパワー比べならば彼が勝利するのは白明の理であった










…そう、これが"ただの相手"ならば、だ!―



ルイージ(キノピオ、勝ちを焦ったね…)


―遠ざかっていく二人の背を見つめるルイージはキノピオの敗北を思う―


―――
――


キノピオ「…うっ!」グンッ

マリオ「…」


  ―両者は機体の出せる可能な限りの最大加速で道を突っ切る―
―マリオとの差は一向に開いていく、キノピオが前へ、そして段々と―
―豆粒みたいな見えたトップと2位の背が大きくなってくる…しかし!―



キノピオ(…ま、まだだ!相手はマリオさんだぞ!
      此処で速度を緩めれば…きっと抜かれる!!)


彼は知っている、"スーパーマリオ"という人物が今までどれ程の奇跡を
起こしてきたのかを…

 かつて、幾度と無く自国の姫を攫った大王と戦い生還してみせた男
 かつて、"武器世界"より訪れた侵略者達を倒した男

 宇宙人タタンガの撃破、怪力ワリオからマリオランドの奪還
 ドルピック島での事件解決、ゴロツキタウンの地下に眠る"女王"討伐
 マメーリア王国の件、過去から帰れなくなった姫の救出
 …そしてダークスターの事

 例を挙げたら限りが無い…それ程の男なのだ
 "そんな男だと分かっている"だからこそキノピオは速度を緩めない

 否ッッ!緩めなかったのだ!それが敗北に繋がると気付かずに!



     ガコンッ!

キノピオ「!?」


      ―…一瞬、彼は自分の状況が飲み込めなかった―

―身体に衝撃が走り、視界がぶれる、そして感じるのは奇妙な浮遊感―

―それもその筈だ…何せ




       彼の機体は横軸に一回転しながら宙を舞ったのだから…





キノピオ「ぅぁ……
        うわああああああぁぁぁぁぁっっ!!!!」



  ―彼の機体の加速性は余分な重量を取り払った事にもよる―
 ―しかし、その分、操作性の悪い物となっており、カーブの際にも―
     ―早目にハンドルを切る必要があったのだ…―

無論、彼だってこのピーキーな機体に慣れるため練習はしていた
 だが彼は"マリオ"というあまりにも大きな存在のプレッシャーに負けた
速度を緩める事なく、突き進み彼の車輪、車体は"穴の上"を通過した


キノピオもマリオもチョロプーの事を危惧し、可能な限り穴を避けていた

もう一度言うが、キノピオの機体はかなりピーキーな性能
 加速すればするほど、ハンドルを切るタイミングはズレる…
穴の真上を通過していると気付かなくなるほどに…


英雄は素人にはまず不可能な加速をしつつ、穴を見事に避け続け
同じくキノピオもそれを実行してはいた、だが…焦りのあまり彼は
操縦ミスを犯し、よりにもよってチョロプーの潜む穴の上を通った

もしも、これが並みの速度で走る機体ならば、飛び跳ねたチョロプーは
キノピオの顔にでも張り付く程度だっただろう…


だが、チョロプーが地表から飛び出すよりも速く
 通過しようとする加速性だ…堅い地層の岩盤を掘りながら飛び出す程の
彼等の力はそのままキノピオの車体を下から突き上げる形になり…!



キノピオ「―ああああああぁぁぁぁぁ!!」



   ガ シ ャ ァ ア ア ア  ア ア ン !



最低限の重さがあれば、宙を舞うことも無かったろうに…


そのまま横軸回転をしながらスッ飛ぶ時速数百キロの弾丸と化した機体は
トップと2位の付近に墜落、爆散…まるでトゲゾーの甲羅でも投げた様だ

キノピオは幸運にも席から跳ね飛ばされて茂みへ…


ルイージ「…さて、行くか」


遠くで起きた爆発、立ち上る黒煙を確認し、ようやくルイージは
フットペダルを踏み込み加速する…

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *
 

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *
>>135
―そのどれもが、過去に行われたレースのように機体が大破するような―
―過酷な物ではない、従って【選手の安全は絶対に保障された大会】だ―

>安全な大会とは一体なんだったのか…



    本当に僅かばかりですが、今回はここまで

最近ようやく仕事の方が落ち着き始めました…ちょっと忙しい期間に入り

 他のスレを一つだけ進行させるのが限界でした…



  最後に支援してくださった方々、感謝いたします


*   *  *  *  *  *  *  *  *  *   *
>>146 はい、上記でも書きましたが
   空いた時間は別のスレで使ってました、待っていて下さったのに
   申し訳ありません…

>>147 "記憶"は目覚めてません、戦士としての直感的なモノですかね
  長い付き合いだから、キノピオが臆病で、だけど誰よりも勝ちたい
  意思があるのを知ってるから、この策に出たって感じですね

そういえばキノピオさん主人公おめでとう

追いついた。乙
他作品の方も読んでいたからびっくりした……けど、地の文の書き方を見て妙に納得がいった。


【会場・観客席】






     ガ シ ャ ァ ア ア ア  ア ア ン !





ピーチ「じい!早く救護班を!」ガタッ

キノじい「ひ、姫!落ち着いてください」

ピーチ「あのような光景を見たのです、落ち着いてなどいられません!」

キノじい「ただいま、救護班が向かっておられますじゃ!」



ピーチ「…っ」

キノじい「…お気持ちは痛いほど分かります
     今大会は参加者の安全を考えておりました…
     ですが、あれは我々の予想を上回る異例の事態だったのです」


ピーチ「…ごめんなさい」


キノじい「…謝るのはこのじいの方です…」

ピーチ「…」

ピーチ(マリオ…どうかご無事で…)








ジュゲム「あーっと!?キノピオ選手の機体が大破、炎上したァーッ!」



テレサ「隣国の遣い!?」
   (キノピオさん!?)


クリボー「うおぉっ!?リア充爆発しろとは思ってたけど
     こんなんアリかよ!?」オロオロ

ノコノコ「二人とも落ち着きなさい、キノピオ君なら茂みに落ちただろう
     死んではいませんよ」

クリボー「いや、そうだけどよ!気の合うダチ公が
     あんな事になってんスよ!落ち着けってのは無理だってっ!」




  ノコノコ「此処で私達が慌てた所で何か事態が変わりますか?」



クリボー「ぐっ、それ言われちゃ、ぐぅの音も出ないッス…」





テレサ「約束されし時の運は…自らの手で掴み、変え行く物なり」
   (…だったら"行きましょう"、私達が事態を変える為に…)



クリボー「へっ?」

ノコノコ「テレサ君?」







テレサ「此処で大いなる時を無駄にして何となる?
    口論に時を欠くなら、戦友の下へ駆けつけるのが道理だろう?」

  訳(ノコノコ先輩の言う通り、此処で慌ててても何も変わりません
    なら助けに行きましょうよっ!
    クリボー先輩だってなんだかんだでキノピオさんとお友達でしょ
    お喋りしてる暇があるなら、私達がどうにかしましょうよっ!)





ノコノコ「…やれやれ、テレサ君、君は強い女性ですね」

クリボー「確かにそりゃあ、そうだけどよォ
     どうすりゃ良いんだよ…
     こっからかなり距離あんぞ?車でもあれば話は変わっけど…」




















       ヨッシー「お困りのようですねぇ?」ヌッ






クリボー「ギャアアアアアアア!?!?出たああああぁ!?」

テレサ「しょ!?食人蜥蜴ッ!?」
   (ヨ、ヨッシーさん!?いやああぁぁぁっ!卵投げないでぇ!?)



ノコノコ「あっ、どうもヨッシーさん」ペコリッ

ヨッシー「やぁ、ノコノコさん
     この間はカメカメハーブティーのギフトを送ってもらって
     ありがとうございますね」



クリボー「ゼェ…ゼェ… と、突然出てこないでくださいよォ~
     心臓に悪いッスから…」


テレサ「わ、我等を驚愕させようとは新緑の鱗を持つ竜よ…」
   (そ、そうですよヨッシーさぁん…)


クリボー「つーか、あんた等なんか妙に親しげじゃないッスか?」


ノコノコ「ああ、私達はよく文通してますからね」

ヨッシー「ええ、ノコノコさんからはクッキーに合う茶葉を
     頂いてますね、代わりに此方からお菓子や果物を送りますが」

クリボー「えっ?なにその、裏話的な話、初耳なんスけど?」


ノコノコ「まぁ、仕事と関係ないプライベートな話ですし」


テレサ「貴公ッ!何の目論見あって我等に接触したッ!」
   (あのう…私達に何か御用でしょうか?)オドオド



ヨッシー「移動手段が欲しいと言ってましたね?
           よければ私のカートをお貸ししますよ?」


クリボー「えっ、マジで!?」

ヨッシー「はいっ!…本当は私も参加して賞金で世界食べ歩き旅行に
     行こうと思ってましたが」


ヨッシー「この大会は大事な大会ですからね…地味なルイージさん含め
     その他の人に華を持たせようと辞退したんですよ」


ノコノコ「つまり、調整したカートがあるものの、それは手持ち沙汰に
     なっているということですかな?」

ヨッシー「ええ、クリボー君達に特別に貸してあげます!
      ただ、その代わり…」




    ワリオ「オイ、どうだ!売り上げは上がったか?」




ヨッシー「…ウチの商品を大量に買ってくれませんかね?」

ノコノコ「…あー、そういう事ですか」


ヨッシー「フルーツジュースの売り上げが良すぎるもので
     こうして屋台から観客席まで立ち歩きで販売に来てるんですよ
     私のカートをお貸しするので売り上げ向上にご協力を」



クリボー「どんだけ買えばいいんスか?」



ヨッシー「えー、ざっと100名様分買っていただければ…」



クリボー「ちょっ…!」


ヨッシー「確かにアレな交渉だとは思いますよ?
     でも、それだけ払えば私のカートは"無期限"、しかも壊しても
     修理費その他の請求は一切しません」

ヨッシー「まぁ…新車を購入するような物と思っていただければ…」



ノコノコ「…はぁ、分かりました」


ノコノコ「ただし、クレジットでお願いしますよ?」


ヨッシー「…良いんですね?」


ノコノコ「私も、キノピオ君…友達の安否が心配ですからね」ニコ



テレサ「同士よ!」
   (ノコノコ先輩…)

クリボー「…あんた、漢だよ」



―――
――




ヨッシー「此方になります」



  -ヨッシーに案内されついて来たテレサ、クリボー、ノコノコは-
    -友達の下へ行こうとヨッシーのカートを受け取ります…-
 -本来、レース大会に参加する予定だった為、それは会場に納車され-
      -いつでも発進可能な状態になっていました…-




-ヨッシーの卵を連想させる白と緑の水玉模様…ガッチリとした
  やや大型の機体、四輪駆動で見るからにパワー重視といったカート-


-キノピオのカートが加速性に優れた機体なら、これは急斜面の山道
  車輪を取られやすい湿地帯や浜辺の走行に特化したタイプだろう-



クリボー「おおっ!?かっけー!!」


テレサ&ノコノコ「「えっ?」」



-緑と白の水玉模様…お世辞にもお洒落なデザインとは言えない
            どちらかといえばお茶目なデザインである-


ヨッシー「さっすが、クリボー君、センスが分かりますね~」




ノコノコ「…あー、とりあえず行きましょうか?」

100人分か…一人分が1コインだとしたらちょうど1UPだな



ノコノコ「私が運転しますので」


-一人乗りというより、二人乗りが可能な大型車にノコノコ
            後ろにクリボー、テレサがしがみ付く-



-迷わずノコノコが運転席に乗り込んだがこれには理由がある

  まず、このカートはヨッシー専用に調整されており、当然ながら
 シートの位置、ハンドルの高さ、フットペダルの場所もヨッシー専用…


要は、短身のクリボーではアクセル、ブレーキが踏めても
 ハンドルを操作できないわけだ…


テレサに至っては論外、ハンドルは持てても
       脚が無いからアクセルが踏めない
 (念力で動かせる【キングテレサ】という例外もいるが…)


これ等の理由で二人は運転免許が取れない
 体格的にも条件を満たすのはノコノコだけであった…




ノコノコ「行きますよ?」





 BUROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !





 - 今ッ!三匹のクッパ城門番隊が親友の為に会場を飛び立った…!-






―――
――




救護班A「ぅぐ…」ドサッ


救護班B「こ、此方、キノコ王国医療スタッフ…き、緊急じた―」


ゴスッ!     ドサッ…



「おっと…通信はやめてくれよワシ等も事を起こす前に
  面倒な事になるのは嫌じゃからのう?」




ゲドンコ星人「ゲヒャヒャ・・・」

*********************************


          今回はここまで!


>>157 キノピオさんもモブから出世したもんだなぁ…
   彼を操作できるゲームってカートやテニス以外だと…
   USAとかだったかなぁ


>>160 特定されやすい書き方なのかなぁ…

>>165 マリオ世界の物価って作品によって違うから何とも言えませんね
  …関係ないけどあの世界の食べ物はマジで美味しそうだから困る
 【ふっかつドリンク】とか【ヨッシーのクッキー】とか味が気になる
********************************

>ゲドンコ星人「ゲヒャヒャ・・・」

何と無くゲラゲモーナ思い出した

>ゲドンコ星人「ゲヒャヒャ・・・」

何と無くゲラゲモーナ思い出した

バッドエンドは嫌だ
途中で投げ出されて未完で終わるのはもっと嫌だ


ワルイージ「へっ、ようやくチョロプー群を抜けたか!」


熱烈なトップ争いで1位の地位についたのは意外にもワルイージだった


彼とキャサリンはマリオを追い抜いた後、1位の座を賭けて競っていたが
突如、後方より飛んできた来た機体の爆発に巻き込まれた


ワルイージ(まさか、こんな早くに使うとは思わなかったぜ・・・)



彼専用にチェーンアップされた機体の動力部には特注性の仕掛けがある

"一時的にエンジンを暴走寸前までフル稼働させ爆発的な加速力を生む"
そういうギミックがあるのだ!
 その速さは【ダッシュキノコ】三つ分に相当する!



ワルイージ「…チッ、意図的にエンジンを暴走させるから
      あまり使いたくはねぇが無かったが
      アレはしゃーねぇぜ…」


博打好きのワルイージだからこそこんな無理のある装置がつけられている
もっとも・・・今回ばかりは彼の命知らずな性格がつけた機能が
結果的に彼を救ったのだが…



現在トップ争いをするのは3機のマシン・・・



すなわち


1位のワルイージ
2位のマリオ

そして…まだ薄らとしか見えていない緑の影…



キャサリンの機体はキノピオ機の爆発に巻き込まれ炎上
咄嗟の判断で機から降りてリタイアの形となった



マリオ「…次は山道か」


マリオ(…ッ!)ズキッ

マリオ(くそっ!さっきのモグラを見てからまた頭痛がしやがる…)


何処かでアレを見た気がする、だが何処でかが思い出せない

平坦な道から進む度に傾度の増す山道の急カーブも寸分違わない
完璧なコーナーリングで曲がりきる


無駄の無い、僅かな動作で大幅に曲がるでもなく、着実に1位との距離を
埋めていく英雄

彼の機体はキノピオやワルイージ達と違い何の改造も施されていない


つまりッッ!

完全にドライバーの素の技量だけで1位争いの場に居たのだっ!


マリオ「ガードレールがあるから転落の恐れは無いが…
    ここでの障害物は勘弁してほしいな」チラッ

レース用という事もあり少し広めの車道
ガードレールの先は奈落の底である


マリオ「…こんな谷底、マントやしっぽが無けりゃお陀仏…っ!」


不意に声に出した"単語"…




          【マント】?


          【しっぽ】?




自分は何を言っているのだ?


"しっぽ"とは何のことだ?何の動物の尻尾だ?

"マント"だと…?あのヒラヒラした布きれの"マント"?



なぜ、それが無ければお陀仏だというのだ?




マリオ「っ!くそ!俺は一体どうしたって言うんだっ!!」




【最近、テニスやゴルフにパーティーばかりで何かを忘れている】
その忘れている事がすごく大事な事だった

そして、時々頭の中に浮かんでは消えるおぼろげな映像<ヴィジョン>…

喉まで出かかって、もう少しで記憶に掛っている霧が晴れるという所で
消えていくソレ等にマリオは苛立ちを隠し切れないのだ


マリオ「…今は、目の前に集中する、ただそれだけだ」


頭痛と胃の中にあるモヤモヤとした感情と戦いながらも
目の前を走る男を見据える



まだ戦いは終わってなどいないのだからッッ!!







―――
――



ルイージ「見えてきたぞ、兄さんと!…顎長男」

超えるべき目標…と
事あるごとに喧嘩を売って来るうっとおしい男にルイ―ジが声を漏らす


以前からワルイージはルイージ…というよりもマリオブラザーズに対して
対抗心を燃やす男であった

テニス大会G・C杯においても彼は優勝の際、トロフィー片手に
わざわざルイージに自慢しに来たのだ
当のルイージは心底どうでも良いと言った顔で軽くあしらったが…
(マリオもクッパも出場しなかったのだからある意味勝って当然である)



ただ…長い顎と悪人面であることを除けば意外とマメな一面もある男

そんな努力家でもある


ルイージ「あの男の事だ、機体に仕掛けの一つや二つはあっても良い筈」

何にしてもルイージにとってこれは好機だった
1位と2位の差は最初こそ開いていたがドライバーの腕によって
その差はほぼ無いものとされていた

マリオはすぐにワルイージの後ろにつく

だがワルイージも簡単に抜かされる程の間抜けではない



マリオ「もらった!」

ワルイージ「させっかよ!」ギャギャッ!


マリオ(チッ!進路妨害め…!)


英雄は加速させて紫の機を追い抜こうとする

だが相手はそれを見逃さない


相手はハンドルを切り、左右へ動く


マリオの進路を塞ぐようにであるッ!





ハンドルを右へ切って走れば前方の機体も追い抜かれまいと右へ移動
逆に左へ向かえば奴もまた進路を妨害する

牽制…ッ!

フェイントを掛けてもそれを見抜き巧みにマリオをトップへは行かせない


マリオ「やってくれるな!」



仮にマリオが追い抜けたとしてもワルイージには"加速装置"がある
抜かれれば、また抜き返し、道を阻む…!

イタチごっこも良いところである


そんな小競り合いが続けば、トップと2位の速度も落ち
ルイージが彼らに近づけるのもまた必然



ルイージ「利用させてもらうぜ!」


段々と姿が大きく見えてくる2機の機体にルイージは追い上げを掛ける!

*********************************


  失礼、急用が入った為、続きはまた後で書きます…



>>178 途中で投げ出す事だけは絶対にしたくはありませんね…
*********************************


三機の距離差もほぼ無いに等しい状態となった頃、変化は訪れる

マリオ「むっ!」

ワルイージ「あぁん?」

ルイージ「トンネルだね・・・」


暗いトンネルの中へと差し掛かる…!



中はまるで夜中の森のように暗く、明かりはせいぜい頼りなく輝く
非常灯の明かりだけである

元々、誰も使わなかった廃止予定の山道を急遽、改装したような物
今、3人は自機に備え付けられたライトのみが頼るべき"目"である


マリオ(ぬぅ…これでは!)

ワルイージ(チィ・・・!おとなしく安全運転を心がけるか!)


ライトで多少前方が見えはするが、それでも不安定な道先に変わりはなく
マリオも先頭の男を追い抜こうと思えば追い抜ける

…追突が原因で機体が大破する可能性を完全に無視すればの話だが

ワルイージもワルイージで後方よりマリオが追い抜きを掛ける可能性を
考えざるを得ない

後ろからのライトで相手の位置はおぼろげにわかるが…

向こうがライトを消せばどうだ?

完全に位置は解らなくなり

左右どちらから抜けるか分からなくなる



ワルイージにせよ、マリオにせよライト一つ消すか否かで
相手から自分の位置を悟らせにくい状況は作れる






 BUROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !


 BUROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !


 BUROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !


三機のエンジン音が暗闇の中で喚く

依然として動かない順位!

停滞するそれぞれの関係・・・!


ルイージ「…!出口か!」


微かに暗いトンネル内に光が入り込む

ルイージの目先の光景は…
トップを走るワルイージ、そして彼から少し右後方にマリオ…


ルイージ「…!賭けに出るか!」



一か八かの賭け・・・それは…!



ルイージ「はぁあ!」


一気にフットペダルを踏み込み追い上げの加速を行う!


マリオ「なっ!」
ワルイージ「あんだとぉ!?」


ワルイージとマリオ・・・この二人が今やっていることは
"追い抜かれぬように進路を阻む" "前方の相手を追い抜く"この二つ

先程も言ったようにマリオが右側へ寄って走ればワルイージも
追い抜きを阻止すべく右へ

逆に左に行けば奴もまた左側へと沿って走行する






…ならば"両側から攻めれば良いのだ"


ワルイージから見て右側にマリオ!
そして左側からルイージが急加速で追い抜きを仕掛けるッッ!


右か左か進路妨害をしてやれるのは当然一人であり
必然的にマリオかルイージのどちらかはトップへと躍り出る

そしてどちらか一方が前へ出てしまえばいつまでもイタチごっこなど
している場合ではなくなる、何が何でも1位に戻るため
ワルイージはあれやこれやと苦労する事になる

残った双子の片割れを妨害してる暇など無いほどに、だ…



マリオ「…そういうことか!ルイージ!!」


これは一種の賭け、どちらか一人しか進めないなら当然マリオをトップに
戻し、ルイージは3位のままで終わるという
兄に打ち勝とうとする弟にとって皮肉な結末にもなり得る…ッ!


全ては…



ルイージ「奴<ワルイージ>次第だッ!」



ワルイージ「ぐぅっ…っそぉ…」



ワルイージ「くそぉ!くそぉぉ!クソクソぉ!ドクソ野郎がァ!」



ルイージの思惑に気が付きワルイージは吼える


ワルイージ(畜生!どうすりゃあイイってんだ!)


記憶があろうと無かろうと決して変わらないモノは存在する…





        ―双子の英雄<マリオブラザーズ>―



彼らの警戒すべき点はそのコンビネーションにある・・・!

長年の付き合いだからこそ、お互いの思惑が理解できる


かつて大魔王クッパを…!
マメ―リアで暗躍するゲラゲモーナ一味を…!
宇宙から舞い降りてきたゲドンコを打倒した時だってそうだ!

"二人だからできる事"



人はこれを次のように呼んだ・・・ッ!




  【ブラザーアタック】と…ッ!





ルイージ「うおおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!」

マリオ「っっつああああああああああぁぁ!!!」


左から猛接近の弟

右は隙あらばワルイージを追い抜く姿勢の兄!


そこには記憶の有無など関係ないッ!


マクラノ島での【ジェットボード】やクッパの体内を冒険した時の
【はね~るメット】や【ぶんしんタルたいほう】さらに言えば
幾多もの敵を蹴散らした【あちこちウィンドウ】…


今、ここに歴戦の兄弟が牙を向くッ!!


ワルイージ(チィ!どうするよ!?マリオかルイージか…!)


抜かれるのは最早確定的…ならばどちらがトップへ行く事を許すかだ



ルイージ「貰ったァぁぁぁぁぁ!!」

ワルイージ「やらせるわきゃねぇえだろうがぁ!!!」


ギュゥウウウウンン



ワルイージはハンドルを大きく切る





   マリオ「…前へは俺が行かせてもらう・・・」





栄光の1位へ舞い戻ったのは兄であった


ワルイージは(苦肉の策だか)記憶喪失であるマリオを前へ行かせた
本調子でない英雄など恐るるに足らない

いざとなれば加速装置で横に並ぶことはできる…


そこで彼は警戒すべき相手をルイージ一人と定める



ワルイージ「残念だったなァ!緑の弟よォ!!」


ルイージ「ぐっ・・・」


ルイージ(僕は……
        賭けに負けたのか…!)


奴はマリオの先行を許し、ルイージの行く手を阻む…

ルイージにとって皮肉な結末で終わったのだ…





マリオ「むっ!トンネルを抜けるか!」


暗いトンネルを抜け、初めに拝むのは日の光だ…
時間にして7~8分だったのかもしれない
それでも闇に目を慣らしていた彼らの目を眩ませるには十分すぎる

マリオ「…今なら地中から飛び出すモグラが
        サングラスを掛ける理由も頷けるな」


穴だらけの地点で飛び出してきた"チョロプー"達の出で立ちを思い出す
彼らがサングラスを掛ける真の理由が何かは知らないが
マリオはそんな皮肉めいた事を呟き、機体の速度を上げる


此処から先は下り道だ…



―――
――



マリオ等が白熱とした戦いを繰り広げる頃、所変わってチョロプー群…


「あいたた…」ヨロ…


「…僕のマシーン、壊れちゃったなぁ…」


真っ白な頭に赤い斑点模様…機体が爆散する前に投げ飛ばされた
キノピオその人だった…

キノピオ「はぁ~これで、僕もリタイアかぁ…」


「あらぁ…でも、恰好良かったわよん♪」

キノピオ「えへへ、そう言ってもらえるとすごく嬉しい…って!?」



がさっ・・・


茂みの奥から姿を現す声の主

頭に特徴的な大き目のリボン
トカゲ等の爬虫類に見られるような長い尻尾
ピンク…というよりかは小豆色に近い体色に真っ白なお腹
大き目な瞳と大きな口

そして長い睫にアイシャドーを塗った目元がチャームポイント


そう…彼女(?)は!



キノピオ「キャサリンさん!」


キャサリン「あらぁん、キャ・ッ・シ・ーって呼んで♪」


キノピオの機体の爆発に自機を巻き込まれワルイージとのトップ争いから
惜しくも身を引く事を余儀なくされた彼女(・・・彼?)であった


キャサリン「キノちゃんも中々恰好良かったわよ?
       ヨッシーちゃんには劣るけどね」


パチンっ、とウインクをしながらキノピオの健闘ぶりを讃える
キャサリンにキノピオは照れる


キノピオ「あはは…ありがとうございます!」

キャサリン「機体は壊れちゃったけど…お迎えって来るのかしら?」

キノピオ「ええ、こんな事になっちゃったし…たぶん医療スタッフの方も
     一緒に来てくれるとは思うんですけどね…」


ガス欠やタイヤのパンク等でリタイアするしかない参加者が出た時に備え
ある程度、国のスタッフが動けるようにはしている
 機体が爆発するというのは想定外だっただろうが…

まぁ、なんにしても迎えが来るまで二人は此処で
暇を持て余す事になるだろう


キノピオ「そういえばキャサリンさんは
      どうして大会に参加なさったんです?」

キャサリン「いやぁ~ん、それを乙女に訊いちゃう?」クネクネ

彼女(オカマ…?)は体をくねらせて照れくさそうに語ってくれた
優勝は無理でも入賞入りを果たし
その賞金でヨッシーとデートに行こうとしていた、と…

キャサリン「ほらぁ、ヨッシーちゃんってモリモリ食べるじゃない?
      だからお金がたくさん欲しくて…」

キノピオ「はぁ…そうですねぇ」


つまるところ、この恐竜族は思い人(?)とのデートの資金稼ぎの為に
参加していたらしい、そして惚気(?)話を延々と暫く聴かされた後…


キャサリン「・・・あらん?何か聴こえるわね…エンジン音?」



      roooo……


   キノピオ「…!キノコ王国の救護班ですかね!」





        rooooooo………!





   キャサリン「…いえ、ちょっと待ちなさい…これ…」







   キャサリン「普通の車のエンジン音じゃないわよ…」



  恐竜族のキャサリンは自慢の耳で音を聞き分ける

   キャサリンの口調は気づけばゆったりとした物では無くなっていた




    ROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !





    遠い向こうから近づいてくる"車体"が見える…


    そして…その"車体"に掲げられている"旗"をキノピオは見るッ!





   キノピオ「あっ!? あの旗は…! あの"国旗"は…!」



   キャサリン「あれは…!車じゃないわ!あれは…!!」



GOROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !




 キャサリン「あれは…! "戦車" だわッッ!!!」




通常のカートの何倍もの出力を持つエンジンが高らかに轟音を響かせ
【戦争の為の兵器】が地を走って行くッ!




 その機体は…!



          "旧"クッパ帝国軍の国旗を掲げて…ッッ!!

*********************************


  ごめんなさい、あの後、結局大量投下できる機会を失ってしまった

  今回は此処までです…


*********************************

あいよ把握
無理はなんねえ

もう1ヶ月になるな。



キノピオ「せ!?せせせ、戦車!?」


立ち上る土煙、辺りに唸る轟音…遠目に見えていたシルエットは徐々に
近く、大きく、より鮮明に見えてくる

鋼鉄製の車輪…ゴム製の履帯

しかし、装甲の殆どは木材…ベニヤ板のようなモノ
丸太を縄で括りつけて縛ったかのようなモノを使用しており
金属の光沢が目立つのは車両の先端に設備された砲塔を初め
上層部のハッチ等の一部の部分であった





 それは、まるで…"敗戦し大破した戦車"を乏しい資材で辛うじて
走行せきるように応急処置をしたかのような…
 言ってしまえば急ごしらえな見てくれであった




キャサリン「な、なによ!なんなのよアレッ!」



肉眼で捉えられるだけでも10両…小型の戦車が6
残りは砲が2門以上の大型だ



キノピオ「わ、分かりません!!あ、いや、分かりますけど…
     でも理解できません!!」

キャサリン「キノちゃん、どういう事…!」


キノピオ「え、えっと…まず、あの戦車なんですが僕はアレが
     何処の軍のモノなのか分かるんです
        でも、それはありえない事で…」


突然の兵器の登場に驚きを隠せず、同様するキノピオ
彼にキャサリンは落ち着いて説明するように諭す


キノピオ「は、はい…まず、あれは"旧"クッパ軍のモノなんです」

キャサリン「クッパ軍…? じゃあアレってクッパ大王の戦車?
      協定条約はどうなってるのよぉ?」


キノピオ「…  "旧" クッパ軍です…」





 "旧"

 わざわざ、【旧】という所を強調するキノピオは話を続ける


キノピオ「あの武装…あれは今から【10年以上前の武装】なんですよ!」

キャサリン「?…??」

キノピオ「昔…ピーチ姫がクッパに攫われて、マリオさんが
     ルイージさんと共に姫を救出しに向かった時に使われた…

      今はもう、全て廃棄された筈の兵器なんです!」


キノピオ「ありえないんですよ!
     とっくの昔に全部スクラップになった筈なのに…!!」


             …そうです


         これは【過去からの忘れ物】…





「前方に人影を確認ッ!キノコ王国の住人と…?恐竜族でしょうか?
 ピンク色のスーパードラゴンと思わしき者がッ!!」


「……ワシ等の前に現れるとは運がないのう」ハァ…




       かつて、戦う事を誰よりも生きがいとし

      闘争本能を誰よりも誇りとした者達が居た…




「如何いたしますか…?」


「…」



          そう、"彼ら"は帰って来た…




「…」


「ふむ、景気付けにはよいかもしれんのう…」











            「構わん、撃て」












  【過去からの贈り物】は…災厄"達"はキノコ王国に帰って来た…!









  ズ ド オ オ オ オ オ オ ォォ ォ ォ ォ  ォ ォン



―――
――



 BUROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !



クリボー「な、なぁ、…もうちょい詰められないッスかねぇ?」

ノコノコ「無茶言わないでください、これでも詰めている方です」


キノコ王国の城門を抜ける事、数分…
機体から投げ出されたキノピオの元へ向かう3匹は
レースの実況モニターでも見た平坦な道を走っていた…


道中、此処からトップへ躍り出るのは無理だと悟り
リタイアする選手をちらほらと見かける…


最早、他に走る者が居ない車道はただっ広く、それでいて空いている
高速道路となんら変わらない


ノコノコ「元々、2人乗りの機体に無理矢理3人乗ってるんですよ?
     …それにレディに窮屈な思いをさせるのですか?」


テレサ「同士よ…我に気を遣う必要は無いぞ?」
   (あのぅ…私は別に大丈夫ですよ?)


クリボー「ぐっ…それを言われちゃあなぁ…男が廃るっつーか…」


ノコノコ「なら、我慢ですな」


クリボー「…ハァ、そうッスね」








 roooo……




クリボー「あん?」




 rooooooo………!




クリボー「なんか聴こえるような?」


ノコノコ「…?そうですか?私は何も…っ!?」



       キキィィー―――-ッ!!



クリボー「おわああぁぁぁぁー―――っ!?」
テレサ「!?何事!?」



急ブレーキを掛けられた事で慣性の法則に従い乗っていた三匹は身体が
前のめりになり、シートベルトをしていたノコノコはともかく
 彼に捕まっていたクリボー、そしてテレサは
危うく車体から跳ね飛ばされそうになった



クリボー「なにすんスか!?あぶっねぇなぁ・・・」





ノコノコ「・・・」





ノコノコ「クリボー君、私は疲れているのかな?」


クリボー「ハァ?いきなり何を訳わかんない・・・―――」






青ざめた瞳、見つめる先には彼らクッパ軍にとって懐かしいモノがある





クリボー「・・・マジかよオイ」


テレサ「・・・戦車」





【7匹の子クッパ達】


その昔、クッパ帝国軍はピーチ姫を攫った後、子クッパ七人衆
すなわち【ラリー】【モートン】【ウェンディ】【イギー】【ロイ】
【レミー 】【ルドウィッグ】等が世界各国の国王から魔法の杖を奪い
王達の姿を動物に変え政府の動きを止めるなど本格的な世界侵攻を図った


もっともソレはマリオブラザーズの活躍により失敗に終わったのだが…




今、ノコノコ達の眼差しの先にはその時代の産物があるッッ!!



木製の装甲、スパナを投げる【プー】達の潜む鉄製のハッチ
コストパフォーマンスと生産性のみを重視し、旋回しない砲塔を用いた
自走砲に近い創りの戦車等は確かに過去のクッパ軍のモノであった!


クリボー「ど、どどどどいうことッスかぁ~!?」



突如、目の前に現れた過去からの贈り物


さぞ混乱した事だろう、対戦時代の旧式戦車が平和な時代に出現する

戦車がタイムスリップでもしてきたかのようである



キリキリッ  ガシャンッ!


テレサ「! 砲が我等を狙っているぞ!」
    (せ、先輩!!砲門が私達に…っ!)


ノコノコ「ッ!」グッ



GYUROOOOOOOOoooooooo…!!!!!



予測不可能な事態に陥り、呆けていた彼は後輩の声でハッと我に返り
アクセルを強く踏み込む

刹那…! 機体のマフラーは排気ガスを噴出し
車輪は土埃を上げてその場から発つ



クリボー「のわあああああああぁぁぁぁぁぁっ!!!」

ノコノコ「くっ!振り落とされないようにしっかり掴まってください!」

クリボー「む、無茶言うなああああぁぁぁあああぎゃあああああ!?」


テレサ「うっ…」グッ



彼らがその場から直ぐに発った後だった…







 先程までノコノコ達が居た場に砲弾が着弾し
       黒煙立ち上るクレーターを築き上げたのは…



クリボー「うううううう撃ってキタアァァァァ!?」


一発目の砲弾が放たれ、それを合図としたかのように二発目、三発目と
矢継ぎ早に戦車の群れは砲弾を打ち始める



クリボー「何!何!なんなの!なんなワケ!?何で俺等狙われてんの!」

ノコノコ「そんな事、私だって知りませんよ!!」


跳んでくる火薬の塊を避ける為にブレーキ、アクセルを交互に踏み分け
ハンドルを大航海時代の船長が面舵、取り舵と舵を取るように
命一杯に動かしていく…

故に彼らはジェットコースターの比ではない強力なGに晒される



       ズドオオオオオォォォォン!!



クリボー「ぎにゃああああああああぁぁぁぁぁ!? 今当たりかけた!
     死ぬ死ぬ!誰かヘルプウウウウウウゥゥ!?」

ノコノコ「煩いですよ!!黙ってください!」

*********************************



     生存報告を兼ねて、書き溜めちょっと投下だよっ!



  ええー…依然として自宅でPCが使えない状態が続いております

 別スレを進行させつつ、少しづつ書き溜めていたモノを僅かですが
 お送りいたします…




 今回出た【戦車】  【マリオ3】の暗黒の国に登場した戦車ですね…

 自分はファミリーコンピューター時代のソフトは未プレイですが
 SFCのマリオコレクションでなら8面で戦車ステージをやってますね

*********************************
>>212 >>213

長く待たせて置きながらコレだけで申し訳ありません…





     ズドオオオオオォォォォン!!



                ズドオオオオオォォォォン!!




轟音唸り、黒煙が立ち上る大地

自分達目掛けて向こうに敵意があるのは明らかだった




クリボー「どうすんの!?どうするんよコレ!?
      このまんまじゃ俺達いつか吹っ飛ばされるっスよ!!」

ノコノコ「くっ…それは分かりますがっ!」グッ



フットペダルを交互に踏み分けハンドルを切る
この動作のみで飛んでくる砲弾を避け続けるノコノコは友人の言葉に
"この後をどうするか"答えを返せずにいる


向こうは戦闘を想定して創られた兵器

対して此方は非武装の競技用の車両…避ける以外に何ができようか?
こういう時に「ジリ貧」という言葉が浮ぶんだろう



ノコノコ「…相手は事もあろうに旧クッパ軍の戦車を使っています」

ノコノコ「問題は…アレを使っている連中が何者かです」



可能性として考えられるのは3点

・自分達は知らされていないが上層部の判断



 クッパが協定で「お互い仲良くしましょうね」と油断させ
その間にキノコ王国を攻め落とすという策を練っていた


個人的にこれはありえないと彼は考える

まず、ピーチ姫を攫っていない…
彼女を捕らえる前に行動を起こすのはクッパらしくない

マリオブラザーズを頼みの綱とし、国防能力があまり高くは無いとはいえ
そんな事をすれば国が警戒態勢を敷く筈だ

攫う前に姫は厳重警備体制の中へ避難させる
(屈強な兵隊揃いのクッパ軍団ならわけなく蹴散らせるが)そこまで
何も考えない程、彼等の使える主君は無能ではない


クッパは内政はともかく戦<イクサ>に関しては頭が回る御仁だ


それにクッパ軍である自分達を攻撃する意図が掴めない…


とすれば消去法で残り2点である可能性がある

すなわち…







   ノコノコ「…テロリスト、ですかねっ!」キッ!




キノコ王国でもクッパ軍団でも無い全くの第3勢力
それが何処で拾ったかしらないが戦車の残骸を回収して
戦闘行為を行っている…



そう考えたッ!





…いや、そう思いたかった

2点の内、ノコノコは可能性の低い方を選びたかった



―――信じたくなかったんだ…




お互い信頼しあっていたと思っていた同じクッパ軍団の仲間が
謀反を起こし、あまつさえ苦楽を共にした仲間の自分達を
吹っ飛ばそうとしているなどと考えたくなかったのだ…



…テロリストである可能性が低い事には当然理由がある

戦車の残骸はマリオ達と闘争を繰り広げた古戦場にあった残骸
ゴミ捨て場の瓦礫を10年分掘り起こしていくなどすれば幾つかは見つかる



それだけならまだ第3勢力の存在と決め付けられるが
あれを修復したとなれば、"旧クッパ軍"時代から所属している技術士
もしくは設計図等のどちらかが必要だ


少なくとも、あの現役時代から現代までのそのままの状態で来たような
復元を見る限りには…




そして如何に簡単な創りとは言え、運用方法を熟知するとなれば
それなりに訓練期間も要する

戦車等が何年前に復元されたか、はたまた昨日今日で直されたかは
知らないが、砲弾を数発撃てるぐらいには
乗りなれた乗員が乗っているのは間違いない




テレサ「…同士よ、我等は思考を止めるべきにあらず
    我等の前に立ちはだかる者は何人たりても敵である筈なのだが」
    (ノコノコ先輩…考えたくはありませんが
      あの戦車に乗っている人達は…クッパ軍の人なのでは?)


ノコノコ「…」



ノコノコ(分かっていますよ…、分かってはいるんですよ)



ノコノコ「…クリボー君、君とは長い付き合いだから訊いて置きたい」

ノコノコ「私達は今、旧クッパ軍の兵器を使いクッパ様の名誉を
      貶めようとしている"テロリスト"達に狙われています」


ノコノコ「私達の取れる選択は2つ」




―――"テロリスト"
       半ば家族同然のような同胞達が襲ってきたとは言わない




ノコノコ「このまま、砲弾をどうにか避け続け
             この場から撤退…もしくは」






   ドドドドドドドドド…!

             ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…!











   ノコノコ「私達とクッパ様の名誉の為…っ!
                アレを大破する事ですっ!」







クリボー「た、戦うっていうのかよ…ッ!相手は戦車だぜオイ!」


ノコノコ「…君が嫌だというなら私は全力で君達を安全地帯まで逃がす」




ノコノコ「そして、再び戻ってアレを止めます」



クリボー「…ノコノコ」



後輩のテレサ、そして自分と違いサボることなく門番として勤務した
旧知の友を見る…


   ――目には決意の色が見えた

   一度、この目をすると相手がマリオだろうとルイージだろうと
   問題無く吶喊していくのは彼がよく知っていた…



クリボー「…汚ねぇッスよ」



クリボー「あんたぁ、マジに汚ねぇ…」



クリボー「マジで卑怯過ぎッス」



ノコノコ「…」

テレサ「……っ!」オロオロ



クリボー「仲間を逃がして、自分だけ戻って突撃とか…」

クリボー「そんなんモン
      ベタな少年漫画ならそいつぁ死亡フラグじゃねーッスか」




クリボー「俺、自分でも酷いヘタレだって自覚はあるッス」

クリボー「けどよ、そんな事言われて『はい、逃げます』って
      なんつーか、"男が廃る"っつーか…」








クリボー「俺はヘタレッスよ…でもね、ダチ公見捨てて尻尾巻く程
      糞野郎じゃねーッスよ!!!」








ノコノコ「そう言ってくれると思ってました」ニッコリ


クリボー「うわぁ…最高に汚ねぇ…」


ノコノコ「それで、テレサ君、君はどうする?
      レディーは逃げても良いと思いますよ?」



テレサ「わ、我とて誇り高き軍の一員!それに隣国の遣いを見ずに
     帰るなど片腹痛いわ!」
    (わ、私もお手伝いしますっ!キ、キノピオさんだって
      見つけていませんしっ!)




ノコノコ「ふふ、では行きましょうか…!」



 ズ ド オ オ オ オ オ オ ォォ ォ ォ ォ  ォ ォン !



戦車の発砲音を背景に彼等はお互いの顔を見る


ああ、自分達は良い友人に恵まれた…

久しく忘れていた感覚、共に力を合わせ共通の強敵へと立ち向かう感触




    【クッパ軍門番3人衆 VS "旧"クッパ軍】・・・ッ!




ノコノコ「ふんっ!」グッッ!


GYUROOOOOOOOoooooooo…!!!!!



クリボー「ぬおおおおぉぉぉぉっ!?」ガクンッ!


勢いよく踏みつけるアクセル
もう何度体験したか…急加速で身体が後ろへと仰け反りそうになるのを
堪え、3匹の門番を乗せた機体が突っ込んでいく




―ノコノコ『良いですか?作戦は大まかに言ってしまえば
       一台でも構いませんので戦車の無力化、奪取です』


―クリボー『簡単に言ってくれますねぇオイ!?』


―テレサ『…どうするのだ?』


―ノコノコ『知っての通り、あの戦車は【プー】がマリオさんを
       迎撃する為のハッチがついています』


―ノコノコ『あそこから内部へ入り込み一台奪う
       その為にはクリボー君、君が要となります』


―クリボー『のわっ!?あっぶねぇ…!また砲弾が真横に落ちたっ…って
      俺ッスかぁ~!?』


―ノコノコ『ある条件が揃ったらあの戦車のすぐ傍まで接近します
       そしたらこの中で身軽な君が戦車へ飛び乗る事』


―ノコノコ『浮遊が可能なテレサ君は?と考えるかもしれませんが
       君でなければ駄目な理由がある、それは――』






クリボー「マジにこんなん巧くやれるんですかねぇ…」



自他認めるヘタレ筆頭の彼…ノコノコにああは言ったモノの
やはり怖いモノは怖い…


自然と身体は震えだす…


クリボー(今、相当な速度で走ってるよな…)


クリボー(こんで飛び乗るのに失敗したら俺…)…ゴクッ!


母なる大地にその身を打ち、全身打撲程度では
済まない怪我を負うのは間違いない



クリボー「ええいっ!ままよ!!」


涙を堪え、唾を飲み込み覚悟を決める
  腐っても彼はクッパ軍の一員だ…っ!


―――
――


「戦車長!向こう側が此方に突っ込んできます!」

「なんだと…!? おい、指揮官殿はなんと!?」

「少々お待ちください…!……電報が届きました!
  『ワシ等は本隊と合流しキノコ城へ向かう、1両残してはいく
     おぬし等で確実に仕留めよ』との伝令であります!」


「そうか!ならば撃てぃっ!」


「「「「了解<サー! イエッサー!>」」」」


―――
――


  GOROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !



ノコノコ(…! 2両残して殆どが…っ!)


丁度、自分達が目掛けている車両とそのすぐ傍の1両を残し
散開するように道をそれてこの場を離れる戦車部隊

ノコノコ等を無視し、そのまま整備の行き届いた道から王国への突撃
そしてあえて迂回させ、反対側やまた別の方面から国へ攻め込む進み方


一点から攻めるではなく、東西南北あらゆる方面から攻める事で
国民ならびピーチ姫の脱出ルート防ぎつつ四方八方から侵攻するにより
相手国家を混乱させる一種の心理戦である…



キリキリッ  ガシャンッ!


テレサ「せ、先輩!!ノコノコ先輩!砲が!!」


距離を詰め、その状態で砲門が此方を向く
これにはテレサが素を出してしまう程だ




ノコノコ「まだです!まだ!距離を詰めて…っ!」



ノコノコ(後少し…っ!)



小型戦車6両の内の2両が残るハイウェイ…

自軍の兵器だったからこそ欠点は分かる、あの砲門は旋回しない砲塔を
用いた 自走砲に近い創り…

故に戦車には攻撃パターンが2、3点しかない
敵に接近し、そのまま相手を轢殺…
上部ハッチから【プー】がスパナを投げる、砲塔による発砲…


欠点とはすなわち、機体の懐に潜り込む事である…!

履帯で踏み潰される事さえ注意していれば、真正面でなく真横に居れば
然程、脅威でもないし
 その位置でなら砲に狙い撃ちされる事はなく、車両のすぐ下では
【プー】達にとっても死角となり、仮に気付かれていても
スパナを当てづらいのだ


それに…




―――
――


「せ、戦車長殿!奴等、此方に接近してきます!」

「うろたえるな!非武装の機体に何ができる!」

「で、ですがこれ以上接近されては同士も援護ができなくなります!」

「ぐ、ならば早く撃て!この距離では外すまい!」

―――
――


それに…

    懐に接近すればもう1両の戦車に撃たれる事もなくなる
 同士討ちで戦車を破壊してしまう事になりえるからだ




  ズ ド オ オ オ オ オ オ ォォ ォ ォ ォ  ォ ォン !








   ノコノコ「来たッ!今です!テレサ君!」



     テレサ「…っ!はぁあっ!!!」




 放たれた砲弾は真っ直ぐノコノコたちへと向かっていく、そう!
この至近距離では外しようが無い!直撃は確実であったァ!!!


  だが…!




   スウゥゥゥゥ…・ ・ ―― ‐












「せ、戦車長!あ、相手が…!」



「き、き、き…」パクパク…











  「 消 え た だ と お お おお オォ ォォ!?!?」





【アイテム:テレサ】

 一定時間、ライバルに姿を認識できなくさせ、なおかつ
 緑甲羅、赤甲羅、バナナの皮、その他の攻撃を受け付けない




  ドオオオオオオオォォォォォン!!

放たれた砲弾は門番3人衆に直撃する筈だった…ッ!!


しかし、直撃の寸前で3人は姿を消す…否ッッッ!




  テレサの念力により彼等のに当たる筈だった砲弾は透過したのだッ!

後方で黒煙を上げ地にクレーターを創る!しかし門番3人衆は生きている

 姿は見えずともエンジン音が聞こえるのだッ!



「お、落ち着け!テレサだ!テレサの力を使っているだけに過ぎん!
  砲弾を用意しろ!奴等が現れたらぶち込め!」

「せ、戦車長!砲弾が1つ無くなってます!」

「な、なにィ!?」



【アイテム:テレサ】

 追加効果としてライバルの持っているアイテムを奪う効果がある



テレサ「…ぁ、ぅ」グッタリ
ノコノコ「…お疲れ様です、後は彼に任せましょう…」


ノコノコは友人を見据える、今、敵から奪った
     火薬の塊を持ち飛び移らんとする勇姿を…ッ!

*********************************


         今回は此処まで!続きはまた明日



>懐に入れば大丈夫
戦車は実際車輪に触れててもダメージを受けませんからね…
横スクロールのステージだから放置してればゲームオーバー(轢殺)
それを注意すれば真っ直ぐにしか飛ばない砲弾や【プー】は脅威じゃない

精々、たまに戦車から飛び出すボム兵くらいですね…あのステージ






  マリオカートで赤甲羅3つをテレサに奪われた時の悔しさは異常
*********************************



徐々に3人の乗った機体は戦車へと近づく

この時、既にノコノコの策通り戦車からの砲撃は無くなっていた!



唯でさえ姿を認識できなくなった3人(仮に位置を特定できても


*********************************

徐々に3人の乗った機体は戦車へと近づく

この時、既にノコノコの策通り戦車からの砲撃は無くなっていた!



唯でさえ姿を認識できなくなった3人(仮に位置を特定できても透過…)
姿を現した頃には相手の懐に飛び込んだ状態、同士討ちを恐れ
もう1両からの援護射撃は来ないだろう






   クリボー「…つ、ついに来ちまった…」ゴクッ




生唾を飲み込む

武者震いが止らない

冷汗が滝のように流れ出す





ノコノコ「クリボー君!飛び移るんだ!」

テレサ「せ、せんぱい…」コホッ



クリボー「…っ! う、うおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!」ダッ!



かつてクッパ軍団がある男に乗っ取られた事があった
【マメーリア王国】で暗躍し、後に姿を眩ませていた人物
自称天才科学者【ゲラコビッツ】の手によって…


その時にクリボーも捕らえられ【エクボンの森】の牢へ幽閉された



クリボー(やってやる!俺だってクッパ軍なんだ!)


半ば野ざらし、誰の目にも止らぬ森の奥深くで救いを待った時に
主君が解放してくれた事、共に戦った日々は今だって忘れない…そう!


     あの時のように!彼は機体から跳んだッ!




クリボー「うああああああぁぁぁぁ!やっぱ怖えええぇぇぇぇぇ!!」



以前ならば主君が発破をかける為に背中に火炎を吹きかけた事だろう
あの時は本当によく跳んだ…



       ヒュウウゥゥゥ…

            ガ ン  ッッ  !!




クリボー「あでっ!?」


クリボー「いっつ~…でも、なんとか飛び乗れたッス」

敵から奪った火薬の塊も落としてはいない
彼の姿はテレサの効力でまだ敵には見えない…きっと戦車内部では
見えない何かが降ってきたと騒いでいるだろう




―――
――


「なんだ!今の音は!」

「て、敵です!敵が飛び乗ってきました!」


「総員!武器を持――」



戦車長が乗組員に指示を出した頃にはもう遅い
上部ハッチが開かれクリボーが突入する!

ご丁重に火気厳禁の砲弾まで抱え込んで――




クリボー「動くんじゃねーッスよ!!
      動いたらコイツをブン投げる!っしたらドカンだぞ!」





「ぐっ…!」



クリボー「っ…あんた…!」



乗員を彼は当然見た、どれも全て見知った顔だった…
そして彼等を指揮する【戦車長】の顔を見る



クリボー「どういうことだよ?なんでこんな事すんだよ!」



クリボー「【ブーメランブロス】…!」



ブーメランブロス「…」


クリボー「おい!黙んなよ!なんだってこんなワケわかんねぇ事…!」



ブーメランブロス「栄光のクッパ軍を再興するためだ!」

クリボー「ハァ!?再興!?お前何言ってんだよ!」



ブーメランブロス「我々は覇気を失くしてしまわれた
          クッパ様の目を覚ます為に"指揮官殿"に従った!」


ブーメランブロス「全ては栄光を取り戻す為だ!」


ブーメランブロス「なぁ!お前だって同じクッパ軍団なら分かるだろ!」


ブーメランブロス「かつてマリオ達と戦っていた俺達は輝いていた!」


ブーメランブロス「なのにッ!…なのに、だ…ッ!」


彼は…過ぎ去った栄光を思い出しながら唇を噛み締める
そしてクリボーへ言うのだった


ブーメランブロス「時が経つにつれて、俺達は…戦場へ出なくなった」


ブーメランブロス「俺だけじゃないッ!俺の仲間も!みんな、みんな!
          戦いを誇りに想い、日々闘争していた俺達がだ!」



ある時は雪と氷に覆われた地で
  ある時は照り付く太陽の下、砂漠のど真ん中でだって戦った


互いに傷つけあい、痛み、苦しみもした



だが…そんなモノは後になって良い思い出だと笑い飛ばせる程に
その"瞬間が誇らしかった"…

 自分達は尊敬すべき漢の為に戦い、好敵手と呼べる強者と戦った

そんな誇りを持っていた…




ブーメランブロス「俺が最後に戦ったのが何時だか分かるか?」


ブーメランブロス「ルドウィック様達と共に各国を攻めた時を最後に
          俺は戦場から姿を消した…」



ブーメランブロス「兵舎の隅で新人達に在りし日の武勇伝を語り
          またいつかクッパ様の為に戦える、そう信じて
          長い月日を待ち続けて!」








ブーメランブロス「気付けば俺はいい歳したジジイだ…
           自慢の武器はカビ臭い武器庫で埃にまみれ…」







ブーメランブロス「俺は!俺達は"埃"にまみれたかったんじゃない!
           "誇り"の中で生きて居たかったんだ!」

ブーメランブロス「お前なら分かるだろ!?なぁ!?」




クリボー「…わかんねぇッスよ」


初めてクリボーが戦場に出た時は青臭い小僧と周りに言われた
中でも目の前のブーメランブロスは自分の何倍も生きてた年長者で
自分が馬鹿やるたびに自分を叱ってくれた


ある種の親心みたいなモノだったのかもしれない…


他の兵もいい歳したオッサンばっかで
 青二才だった彼は同僚のノコノコとくだらない話をしてよく笑っていた


クリボー「俺よォ、いつも説教ばっかのあんた等は好きじゃなかったッス
     けど…"いつかはこうなりてぇ"って思える男だと思ってた」


クリボー「矛盾してんのはわぁってる
      先輩面して聴く方にしちゃ迷惑な…でもちゃんと後輩の事
      考えてくれるオッサンになりてぇって…」



クリボー「それが…なんでこんなテロ紛いな事すんだよ…」




クリボー「栄光? 誇り? そりゃ確かに良いもんだよ…
     けど、こんな風に今の平和をぶっ壊してまで欲しいのかよ…」



ブーメランブロス「…俺にとっては今の世界は生き辛いんだ」





ブーメランブロス「毎日、テニスやゴルフにパーティばかり…          
         ああ、そうさ!誰もが手を繋いで平和を謳歌する!」


ブーメランブロス「そりゃ、最高に幸せだろうよ、誰一人傷つかないんだ
          でも…そんな世界がやって来て
          暗い物陰の隅に押しやられる奴等はどうだ?」



ブーメランブロス「初めは【アイツは強かった】と敵の心に
         印象を残せる程、華々しく戦った
         だが、時代が流れてしだいに誰からも忘れ去られて」




ブーメランブロス「俺は…そんなの嫌だ、誰だって良いから
          俺達が居た事を記録して欲しいんだ
          俺達の名前を覚えていて欲しいんだよ!」





なんとも言えない気持ちだった…


目の前の口うるさい年上は、クリボーの憧れだ

…確かに気持ちは分からなくなかった、時が経つにつれて彼等が
前線に立たされなくなって、落ちぶれていく姿

もし自分がそんな立場なら認められただろうか?


ブーメランブロス達の"指揮官殿"とやらが
何を考えて行動しているかは分からない…その指揮官も同じなのだろうか

*********************************


        短いけど此処まで!

【補足】
クリボーが戦車内部に入った辺りでテレサの効力は消えたという事で…



 【ブーメランブロス】…マリオ3以降はほぼ登場しなくなった人
 ペーパーマリオ最後に見かけくらいです…

 多分殆どの人が彼等の存在を忘れてる…
 時々で良いから思い出してあげてください…
*********************************

茶々入れるようで悪いんだけどブーメランブロスって結構最近のにも出てないか……?
少なくともDSのニューマリでは見かけた気がする

>>254 あっ…ごめんなさい…ニュー系統は見プレイなんです…
    ギャラクシーとかベースボールには居たのを見かけましたが
    一時期はあまり登場しない時期がありまして…

れんあいげぇむの人か!今一気読みして「似てる……」と思ってたら案の定
初代スレから読んでたからすごい>>1の文章好きです頑張ってください(小声)

黒幕になるに相応しい理由があれば納得できるけどもともと善人のキャラが悪党になってたりとかだとちょっと抵抗あるかな…



クリボー「おっさん…もうやめようぜ」



ブーメランブロス「…」



クリボー「こいつぁ…この戦車はまだ何処も襲ってないわけじゃん?
      いや、確かに俺らに向かって発砲はしたけどよォ」


クリボー「でもよ、まだキノコ王国には侵攻してねぇじゃんか!
      まだ引き返せるッスよ!!」




彼が目の前の元上司…そしてどれもこれも見知った顔ばかりの乗組員を
見渡しながら言う


クリボー「今なら!今ならまだ引き返せる!俺らだって
      此処であった事を黙ってっから!
       無かった事にすっから!だからさァ!」






 「クリボー君、それは流石に厳しいかと思いますよ」カンカン…





クリボー「…ノコノコ」




ノコノコ「…っと、ご無沙汰しておりますブーメランブロス教官殿」



戦車のハッチが開き、鉄梯子を降りてくる友人は次のように口を開く



ノコノコ「…仮に我々が口を閉じていても
      "指揮官殿"とやらが教官殿達が今作戦に参加していたと
      口を開けば懲罰は免れません…」


ブーメランブロス「あぁ…わかってるよ」


ノコノコ「このままでは、どうあがいても何かしらの罰は免れません」



ノコノコ「…そこで私からある提案、いえ交渉をしたいのです」



ブーメランブロス「言ってみろ」










ノコノコ「今作戦の最大責任者たる"指揮官殿"とやらが
      どのような人物なのか」


ノコノコ「私たちに"その情報を売って"いただけませんか?」


クリボー「おいおい…」
ブーメランブロス「…ほう」


  ザワザワ…
               オイオイ…



ノコノコ「先も申し上げたように…どの道、教官殿
     ひいてはこの車両の乗組員皆さんの罰は免れません…」


ノコノコ「ですが、此処で起死回生の策です」




ノコノコ「簡単に言ってしまえば…」



・ クッパ軍内部に元から怪しい動きを働く一派が居た

・ "クッパに誰よりも誠実な忠臣"であるブーメランブロス等が気付く

・ 反クッパ勢力のテロリストに"加入するフリ"をして情報を探っていた


と、言う筋書きを作ってしまえば良いとの事だった




初めからクーデターなど起こす気は更々無く、むしろ阻止すべく動いた
という事にして自分達はそれを裏付ける証人になれば良いと

相手が何か喚きだしたり証拠を突きつけようとも
全ては欺く為の発言でした!とか言って後は知らぬ存ぜぬを通せば良い



ノコノコ「悪くない提案だと思いますが?
       元より、軍内部の不審な動きは噂されてましたし
      その一派を見破ったと言っても多少は信憑性もあるかと」



クッパ軍内部に不審な動きがあるという噂は以前からあった
 事実としてクッパがノコヤン等、信頼の置ける腹心達に動きを探らせ
疑わしきを見張るように指示を出していた程だ

 尤も…時代が進むに連れ、人員の増加に伴い
最古参から新人兵までの生活の保障など

気がつけばクッパ一個人だけでは
手に余る程の軍勢に"なり過ぎて"しまったが故に
全員の動きまでは把握しきれなかった

(今でこそエリート3人組と呼ばれる親衛隊も
   過去にゲラコビッツに寝返る事態があった程だ…)






ノコノコ「…教官殿自身は良いかもしれません、ですが」




ノコノコ「この車両の乗組員はどうなさるおつもりで?」




「せ、戦車長」
「…ぅ、うぁ…」
「っ!」
「…お、俺たちの処遇…!!」





ノコノコ「人質を取るような形で卑怯とは分っていますが
               その上で言わせていただきます」


ノコノコ「教官殿の個人的なご意見で部下を危険に晒しますか?」






ノコノコ「貴方の仰る【"栄光"のクッパ軍団】とは
              このような軍隊でしたか?」




ノコノコ「それが貴方の"誇り"だと言いますか…!」





ブーメランブロス「…ぐっ」











クリボー「おっさん…俺からの頼む」


クリボー「おっさん達はまだ誰も傷つけてねーじゃん
            だからよォ…まだやり直せるッス」





クリボー「頼むから…こんなこと、もう止めよう?な?」


それは心からの訴えだった


人一倍ヘタレと自負し、戦<イクサ>になることを嫌って
マリオの記憶が戻らなければ良いとさえ言うクリボーの本心







クリボー「俺よ、アンタみてーに誇りとかねぇし
       ノコノコみてーに頭も良くねぇ…
      なんかテレサみたいなスゲェ力もねぇ弱いやつだから」



クリボー「だから戦いなんかやってるより、皆でワイワイ集まって
     パーティーやってるような今が良いって思うのかもしんねぇ」


クリボー「でも、こんだけは言える
      誰も傷つかねーなら、それが一番良い事だ」




クリボー「俺のこの考え、これだけは絶っ対に間違ってないッス」




ノコノコ「…教官殿、お願いします」
クリボー「おっさん、マジ頼む」



ブーメランブロス「…俺に"指揮官殿"を
          今の俺たちを導いてくれる人を売れと言うのか?」





ブーメランブロス「…」




【戦車長は】周りを見た…

再びあの戦地へ…

まるで長年夢にまで見た愛人に逢いに行くが如く恋焦がれた輝かしい戦場



その地を今一度、踏みしめたい、手に汗を握らざるを得ないあの熱を
もう一度だけ掴みたい…ッ!


そんな個人的な感情で動いた自分に
黙ってついてきてくれた【愛すべき乗組員達を】彼は見た






     ブーメランブロス「…お前達の要求は呑めん」






クリボー「…っ、んでだよ!」

ノコノコ「左様ですか…」



 ブーメランブロス「お前達に指揮官殿を売ることはできんっ!
            そして!貴様等に言うことがある!」









 ブーメランブロス「…此処に居る、搭乗員は…
          こいつ等は全員【俺に脅されて仕方なくやった】」






「せ、戦車長!!」「まっ、待ってくだせぇ!!」「違う!俺達は!」






 ブーメランブロス「こいつ等は俺に脅されて強制的に働かされた!
                  罰を受けるのは俺だけだッ!!」




俺がやった…ッ!と主張する戦車長

一方で違うと言い張る乗組員達…



どちらの言い分が事実かは最早言うまい



ノコノコ「…分りました、この件はそう報告させていただきます」



ブーメランブロス「…恩に着る」



一人の兵として、一人の"漢"として導いてくれた人は売りたくなかった
そして、忠義を誓うべきクッパへの謀反でもあると心のどこかで
理解し切っている…だから罰も甘んじて受ける



だが…ッ!



部下だけは…ッ! 部下だけは巻き込まない…ッ!





クリボー「…こっからどうすんだよ」


ノコノコ「まずは…キノコ王国とクッパ様…
         そしてマリオ殿に事を伝えます」



ノコノコ「このような事態ではレース大会も何も
            あったもんじゃありませんからね」



 身柄を拘束させて貰いますと…ノコノコが戦車長の身動きを
取れぬようにする、同じように他の乗組員も…


ノコノコ「さ、もう一両の車両も動きを封じましょう?
      外で見張って貰ってるテレサさんにも悪いですしお早めに」




彼等にとって優に10年以上前の懐かしの車両
当時自分達も乗り組んだ戦車の動力キーを外し、完全に無力化した車両を
二人は後にしようとする…





ブーメランブロス「おい」



そして、呼び止められる


ブーメランブロス「ちょっと見ない内に成長したなお前ら」


ノコノコ「お褒めの言葉として頂きます」

クリボー「おっさん…部下想いな所とか変わってなくてよォ
     やっぱアンタかっけぇって思ったわ」


ブーメランブロス「…ふん」

*********************************


           【今回は此処まで】


  思いの他、予定が空き少し早めに書かせていただきました…

  なお次は21日のお昼を予定します…




 ほとんど出番の無いマリオェ…



>>274 ま、まさか…初代からお付き合いしてくれている方とは
    ありがとうございます!!


>>276 あまりネタバレになるから深くは言えませんが
    元から善人ではないですね…



    ※最大のヒント

    とある『スーパーマリオくん』ネタを入れます
    そうでなければ出てこれない存在だから
    
*********************************

乙ー
本当の意味で出番の無かったレッキングクルーのブラッキーおじさんは出番無いのかな
マリオくんのノリを考えるならそもそもあのマンガにおいて絶対の悪なんていないしな…

今回も乙
SSでキャラを動かすとなるとキャラが作者の脚本(時には外野)に都合のいいように動かされる人形になってしまいがち(原作では起こり得ない事を描こうとすると特に)だが、
この話では主人公のマリオに深い関わりのあるルイージやヨッシーにピーチ、宿敵のクッパはもちろん部下の三人や今回の敵勢力の者達に部外者のワリオですら明確に自分の意思を持って行動してると感じられるからすごい生き生きしてる印象を受ける


クッパ城の門番3人衆が戦車部隊と戦う少し前に時間は戻る…









  ズ ド オ オ オ オ オ オ ォォ ォ ォ ォ  ォ ォン






キノピオ「う、うわあああああぁぁぁ!?」




突如として現れた10年も昔の兵器そして、放たれた弾頭
後、数刻もしない内に自分は爆炎に巻き込まれ焼けてしまうかと覚悟した




 しかし…ッ!!






キャサリン「ふんっっ!」ボンッッ






 キノピオのすぐ近くで【何か】が風を切る音がした


そしてその【何か】は…っ!
 戦車隊とキノピオ等を結ぶ中心線上で弾頭と衝突し
大気を震わせて爆散したッッ!!




キャサリン「…ったく、どこの誰だか知んないけど
           ちょぉっと物騒なんじゃあな~い?」




キノコ王国の住人はほとんどが戦いを経験した事がない


が…


このキノピオは別である…

彼はかつてマリオ、ルイージ、そして自国の姫と共に
【夢の世界】を冒険した事があった



そして今のはその時の冒険で幾度となく目にしたもの…
キャサリンの【タマゴ】砲撃である!!



キャサリン「キノちゃん、立てる?」

キノピオ「は、はい…なんとか」




キャサリン「それじゃあさ、ちょっと悪いんだけどお願いがあるのよね」



キャサリンは空を…目を細め、遠い向こうの先にある場所を見据える



キャサリン「なぁ~んか緊急事態みたいだし、ヨッシーちゃん達に
       この事を知らせてほしいのよ」


キノピオ「知らせる…どうやってですか?」





目の前の軍機は明らかに攻撃の意志を持っている
向こうは乗り物、此方は徒歩…

亀とチーターを同時によーいどん!で走らせたらどちらが早いかは明確で
まだ多少距離があろうとも逃げ切れるか否かと言えば…それは…



キャサリン「んもぅ!やぁね!忘れちゃったの?」


キャサリンがそんなキノピオの考えに気が付いたのか次のように言うのだ





キャサリン「思い出して?彼方達が私と戦った時の事を…」



キノピオ「…!!まさか!」


キャサリン「そっ!その、ま・さ・か!彼方くらいの子なら小さいから
      よーく飛んでいくはよ?」クスッ




キノピオ「で、でもそしたらキャサリンさ――」



キャサリン「良いから、行きなさい、ちょっと気になる事があるのよ」




キノピオ「……わかりました、でも無事で居てくださいね?」


―――
――


「?なんじゃ、あいつ等はなにをしとるんじゃ?」

「…!? ま、まずいぜ!おい指揮官さんよォ!早いとこアイツ等
  ふっ飛ばしちまわないと不味いぜ!キノコ王国まで高跳びされちまう!」

「なにぃ?それはどういう事じゃ?」

―――
――



キャサリン「風よおーし、距離よおーし、方向よおーし
       キノちゃん!準備良いわね?」

キノピオ「はいっ!」


キャサリンの頭部の上にキノピオが乗っていた…

戦車に搭乗していた"旧"クッパ軍の指揮官はそれを見て
何が狙いかと訝しむ


そして、指揮官に協力する一人の男が相手の思惑に気が付くのだ!



キャサリン「ふんッッッッッ!!!」




大きく息を吸い込んだ後に吐き出すブレスのように
筒状の大きな口から複数の卵を吐き出す!

瞬きすら惜しい一瞬の間に打ち出された卵<ダンガン>の数は優に7つ!
戦車砲と同等の威力を持つソレは放たれたァ…ッ!!



―――
――


「彼奴等がなにを企んでおるかは知らぬだが
  数の上ではワシ等が有利じゃ、撃ち落とせぃ!」

「はっ!!」

―――
――



  戦争が始まった!

まるでそうとしか言いようの無い光景
方や飛ばすものはタマゴ、もう片方は無機質な火薬の塊

 それはSF映画のように全弾空中で衝突しあい
辺り一面を爆炎と薬莢の匂いに包ませる
赤黒い煙がお互いの姿を見せなくさせ、狙いも次第に定まらなくなる




それこそがキャサリンの狙いだった!!



キャサリン「げほっ…あー、久しぶりにやったから結構キツイわねコレ」

キャサリン「タマゴ連射内なんて…これ以上できないかも」
/
キノピオ「キャサリンさん…」

キャサリン「大丈夫よぉ、ちゃーんと最後の一発分は残してるから」



キャサリン「しっかり頼むわよ!」

キノピオ「…ご無事で!」



煙でお互いの姿が見えにくいこの状況で最後に打ち出すタマゴ
それは…!!





   キャサリン「キノコ王国上空行~発射しまぁす!!」




キノピオをタマゴの上に乗せての砲撃!
【確実】にこの事態を報告できる人物を逃す最後の一手であった!!

*********************************

        僅か3レスだけど此処まで…


 マリオUSAの仕様的にプレイヤーキャラで歩行速度最速なのは
 キノピオなんですよね…あと、キャサリンの卵は凄い

 何がすごいって画面外まで高度が落ちる事なく飛んでくから凄い
 まるでドラゴンボールの桃白白の柱投げみたいな移動ができそう…

長文失礼…



>>284 マリオくんは絶対の悪が居ないから良いんだと思う

>>285 そ、そこまで言ってくださるとは…ありがとうございます…

*********************************

きのぴーの加速と姫の浮翌遊と弟の大ジャンプ考えると
兄が地味になってしまうUSA

キノピオはジャンプ力がポンコツだから使いにくかったな

あと引き抜き速度も最速なんだっけ

マリオくん…
つまり今回の黒幕は最終的にダルマさんがころんだをしたあとに一ページ丸々使って土下座して降参するんですね

さっき見つけて一気に読んだけどすげえおもしれえな
ルイージの台詞がちょいちょい泣かせにかかってきてやばい



キノピオ「うぐぅっ!?」


 撃ち出された卵には小さな少年、彼は数年前の出来事を思い出す
マリオブラザーズと姫…その護衛としてピクニックへ行き
見知らぬ洞窟の奥にある扉を開けた事


そして夢の世界"サブコン"へ誘われた日の事を…



キノピオ(…ははっ、そういえばあの時もこんな感じでしたっけね!)



背後からは激しい轟音と煙が絶え間なく上がり続ける…
あれはもう戦争と呼んでも差し支えない戦闘と化していた




キノピオ(…キャサリンさん、必ず王国に事の次第をお伝えしますっ
      どうかご無事で!)


風を切る音と大気の中を突っ切りながらも彼は振り返る
己を命掛けで逃してくれた恩人が居た地を‥っ!



もう…戦車の影すら豆粒のように見えてしまう程
              遠ざかっていくというのに









 さて、読者諸氏よッッッ!!

キノピオは…キャサリンの無事を強く祈った…っ!


先も述べた通り、彼は多くのキノコ王国国民の中で最も"戦闘"を経験した
住民であり、その初陣とも言うべき舞台が夢の国サブコンであり

そして初めて苦戦した相手もまたキャサリンであった…っ!


ゆえに彼女(オカマ?)の実力の程は嫌という程に理解している


 そう…


 あっけなく…あまりにもあっさり敗北するはずが無いと信じているのだ





「…ちと早いが…造ったブツを使うとするかのう」

「…まさか、アレがオリジナルとはなぁ…確かに見れば面影あるな…」




 だが…






  そんなキノピオの予感は…  あっさりと崩れ去る…



キャサリン「ん、んん?」



ぱたり、と鳴り止んだ砲撃…
 未だ黒煙に覆われた視界はお互いの姿を認識させず
何がどうなっているのか理解させてはくれない

これにキャサリンは首を傾げた




キャサリン(…変ね?砲撃が止んだ?)


キャサリン「もしかして私を狙うのを諦めちゃったのぉ?」


一人に構ってられないと判断し
戦闘の中断、本来の目的通り王都へ侵攻を再開したか、はたまた
闇雲に撃った卵が幸運にも命中し沈黙させたのか?



キャサリン「けほっ…けほっ…どっちにしても私も早いとこ
       此処から逃げた方が良いかしらね…」



キノピオの前で強がりはしたものの…状況は著しく良くない
長年平和という名のぬるま湯に浸かり鈍った身体
本調子とは言い難いコンディションで卵の連射を繰り出した身だ

 芝や地表の焼け焦げた匂い…チリチリと身を焦がす熱気と舞う火の粉
人より頑丈なドラゴンの身とはいえそれは厳しいモノであった







                        キュルキュル…







キャサリン「っ!」ピクッ



キャサリン(違うッ!まだ健在だわ!)バッ



直ぐに身構え機械音のする方角目掛けて渾身の一撃を放つ…だがっ!







      ゴ オオ オ オ ォォ ッ!


                      べしゃっ!!!!



キャサリン「な、に!?」


自分が撃ち出した卵が何かに衝突し砕ける音がしたそして煙のベールを
突き破り自分に飛んでくるのは…【巨大な卵】であった


   キュロキュロ…キュルキュル‥‥




 【巨大な卵】が煙のカーテンを突き破りできたのぞき穴から見えた
メタリックなボディー…まだ塗装はされていない肉体は地面でパチパチと
燃え盛る炎に照らされていて、"ソレ"の回りを踊るように火の粉が舞う


無機質な鉄の塊…そして命の光を灯さない不気味な信号を発する目玉
恐らくあの砲塔が二門の大型戦車の中にでも収納されてたのだろう

自分がドンパチしてた戦車よりかは一回り小さめな
だが大の大人の3~4人分はある背丈…



 塗装されていない敵側のその"新兵器"とやらはキュルキュルと車輪を
動かしながらそのシルエットを露わにするのだ…っ!




キャサリン「…何の冗談かしら?笑えないわね」






 そいつの…全容が明らかになり、キャサリンはキノピオに言った
 【気になる事】が確信へ変わる事を悟る…





















       メカキャサリン「…ガガッ ――ピピッ」キュルキュル










自分の撃ち出した卵を粉みじんに粉砕したのは紛れも無くヤツだッッッ!!


無機質な目は命ある此方の姿を認識するや否や紅く輝く…
あたかも『お前の身体も自身の血で紅く染めてやろう』と言うように
 機械の瞳は狂気の紅を彩らせた……ッッ!!




      【 キャサリン  VS メカキャサリン !!!】



          戦  闘  開  始  !!


*********************************

>>292 マ、マリオはバランス型だから(震え)

>>295 慣れれば最速プレイ用のキャラですね

>>299 (めっさ…懐かしい、当時リアルタイムで読んでたわ…)




>>303 ありがたい…でも殆ど更新できないのが辛いです…

*********************************



  夢の国サブコンを支配しようとしたモノが居た


多くの配下を従え、次々と世界を侵攻していく軍勢…
連中は文字通り夢の世界の住人で、夢の世界でしか活動はできなかった…



 が…



例外はあった、侵攻を受ける住人が現実の世界から4人の男女に救援を
求めたように侵略者達も現実世界から『儂と共に来い』と

所謂スカウトというモノだ…

その呼びかけに応じたのがキャサリン含めヘイホー達だった…





そして…









    メカキャサリン「… ――ピピッ」キュルキュル…





   メカキャサリン「… ギイイイイイイイイィィィ」ギュンッッッッ!!!!







キャサリン「来たッ!」





自分を模した鉄屑はその世界で創られたモノ
キャサリンが"気になっていた事"というのは……




    "火薬の匂い"だった…





人間ではなくドラゴン族である彼女(彼?)は鼻が人一倍利く
だから"懐かしい火薬の匂い"をずっと感じていた


あの戦車の撃ち出す砲弾が爆散する度に立ち込める焦げ臭さから


   
   メカキャサリン「… ッッッ」ボゥッ‼


今度はタマゴじゃない、真っ黒な砲弾それも
クッパ軍の【マグナムキラー】級のモノが撃ち出される



キャサリン「ぅ、うわああああぁぁぁぁぁ!!」


"本来なら【キラー】を打ち出すなんて機能はついていない"兵器からの
想定外の攻撃、当然それに対抗すべく全力で迎撃を図るモノの…




  ズ ド オ オ オ オ オ オ ォォ ォ ォ ォ  ォ ォン






キャサリン「――――――ッ」




【キラー】砲の中でも【マグナムキラー】は元々拠点攻撃用として
開発された超弩級の火力を誇る、それをいともたやすく落せるのは精々
マリオブラザースくらいが良い所で…面白いくらいに当たる卵の弾雨で
 多少、速力は落ちたもの勢いを完全に殺す事はできなかった




結果はご覧のありさま…真っ赤なリボン諸共に黒コゲになったドラゴンが
一匹宙に舞う結果となった…





キャサリン「ぅぐッ――――かはっ!」



投げ出されるように宙を舞った身体は固い地面に打ち付けられ
バスケットボールのように2、3回バウンドする…






――眩暈がする、吐き気もする、脚に立ち上がれるだけの力が入らない



キャサリン(…っ、ったく身体中の骨にヒビでも入ったんじゃないのぉ‥
        もうちょっと筋トレでもしとくんだったかしらねぇ)




「よう、カマ野郎!久しぶりだな!」


キャサリン「…」


「んだよ、俺の顔忘れたのか?それとも何か?今のでお陀仏か?」


キャサリン「っさいわねぇ、クソ鼠」




瞼を開くのも正直しんどいわぁ…、っと内心で愚痴を零しながら
薄らと…今回のクーデター騒動に加担した男を

そして、メカキャサリンの製作に関わったソイツを見て
"気になっていた火薬の匂い"は揺るぎない確信になった



キャサリン「いつから、クッパ軍に就職したのよ
                 ドン・チュルゲ……!」



サブコンの侵略者達がキャサリンやヘイホー達に呼びかけ、そして
同じように現実の世界から導かれた男


灰色の体毛と大きな丸い耳、ミミズの様にうねる尻尾
紫色のグローブをはめた手でサングラスをクイッと上に少しあげて
ソイツはキャサリンを見下ろす…



チュルゲ「別にクッパ軍に就職した訳じゃねーよ
      ここ数年、俺は一度も可愛い息子共を使ってねぇ」


チュルゲ「それがもう…退屈で退屈でよぉ
               死にそうなくらいだったんだぜ」チュッ



手に持った可愛い可愛い息子は日光に照らされて鈍い輝きを放つ
丸くて黒い鉄の塊に一本の長い導火線…実にシンプルなデザインだ




キャサリン「知ったこっちゃないわよ…で、その可愛い可愛いガラクタを
      世間様に自慢したいからテロ紛いな事でもやってんの?」




チュルゲ「だな、丁度暇してた時に面白い話を小耳に挟んだ
       んで俺は"指揮官さん"に雇ってもらったつー訳だ」



チュルゲ「良い経験だったぜ?クッパ軍の【キラー】とか
      設計図見せてもらったり、戦車砲に火薬つめたり…」


チュルゲ「俺の理想の生活って奴さ」


チュルゲ「それはそうとあのチビをよくも高跳びさせやがったなオイ」


チュルゲ「面倒な事させやがって…平和ボケした連中が驚く顔見れっと
      思ったのによォ、あ~ちくしょう」グイッ



キャサリン「…レディーの肩掴んでどうする気よ変態」


チュルゲ「変態はテメェだ、テメェは此処に放置してても構わねぇが
     念の為に連れてくぜ、いざとなりゃ人質にゃあ使えっからな」



キャサリン「クソ鼠」ボソ

チュルゲ「うるせぇカマ野郎」






      【 キャサリン  VS メカキャサリン 】


 全く想定外かつ、キャサリン以上の火力を持つ武装での攻撃に屈し…

  キャサリンの敗北…






キャサリン(…キノちゃん…ヨッシーちゃん達に伝えて頂戴ね…)

―――
――

【キノコ王国 ~国道~】


ブロロロロロ…

…十数年前はコンクリートで舗装された車道と言う物は存在しなかった
 だが、時代が進むにつれて近代化は進み、キノコ王国でも
ガソリンエンジンを搭載した機械が道を走るようになった

 カートレースという催し、娯楽が世に広く出回った事もあり
比較的裕福な市民層は貯蓄をはたいて車を購入するようになった

さて、此処で実際に運転を試みた多くの国民が
『でこぼこだらけの砂砂利の上は走りにくい』と王国政府に要望を出した

 国の代表として何度かカートレースに参加した経験を持つピーチ姫は
国民の声を聴いて、確かに…と納得し



  道路の舗装工事、今までなかった"国道"という政策を実地した‥



市民の不満の声の解消もさることながら、流通や国営バスなどの運営面を
考えればやって損のある政策ではないと説き、政治家達を納得させた




こうして、誕生したのがこの国道である



ヨッシー「いやぁ~、わざわざすいませんねぇワリオさん」

ワリオ「へっ!早い完売だったからな急ぎで原料を仕入れるだけだ」




レース会場として工事された道とは違う車道
中央分離帯には紫陽花が植えられていて、梅雨の時期にバスの窓から
それを見るのを楽しむ老人には人気であるそうな…


さて、そんな国道の右車線を一大のバイクが走り抜ける


イエローの塗装に全長2.7m、チタンレスのマフラーは豪快な音をたて
搭乗者はゴーグル付きのヘルメット着用でワイドハンドルを握り
お世辞にも長いと言えない脚をペダルに乗せて走るのであった


ヨッシー「今さらですけど僕達交通違反じゃないですかねー」


ワリオ「あぁん?良いんだよッ!
     どうせニケツなんざ誰だってやってんだろうしよォ」


ワリオ「それより事故らねぇように捕まってろよ!」

ヨッシー「はいはい」



フルーツジュースを販売していた彼らは
原料となる果樹の買い出しに向かっていた、本日は雲一つ無い日本晴れ
降り注ぐ日光はさながら真夏日の酷暑に匹敵する暑さで思いのほか
バカ売れしたという訳だ


ヨッシー「しっかし、やっぱりワリオさんはツンデレですねぇ
     原料の買い出しと称して交通事故にあったキノピオ君の無事を
      確認しようとするんですもん」


ワリオ「うるせー!そんなじゃねぇっつってんだろォ!!!」

ヨッシー「はいはい…――おや?」



ワリオ「ったく…国道の途中から車線変更すりゃ近道になる…
     たまたまだ、偶然此処を通るから
        様子見ついでにからかってやろうとだな…」





ヨッシー「何か聴こえませんか?」






ワリオ「あぁ?」







―――――――ン







ヨッシー「何か…こう、風を切るような音…いや、これは…」










―――――――――ゥゥゥゥゥゥン…






      ヨッシー「これは…"落下音"ですかね?」






―――――ヒュウウウウウウウウウウゥゥゥゥン!





ワリオ「!?!?ななななな、なんだありゃあっ!?
                なんか落ちてくるぞオイ!?」
















キノピオ(onタマゴ)「ワリオさーーーん!!ヨッシーさぁぁぁん!!」

*********************************


           今回は此処まで!



 どうでもいい補足:【ワリオバイク】

 メイドインワリオに出て来るあのバイク、スマブラでも乗ってたりする
 任天堂ホームページで調べて見ましたが製作者曰く
 ワリオは短足で腕も長くないから身体のサイズに合わせた
 バイクを創るのが非常に難しかったとかなんとか…

*********************************



 僅かな…本当に僅かな"刻"が過ぎ去っていった
彼らが機体の心臓部に熱を灯し走り出しどれ程経っただろうか

 開幕当時は満載だった化石燃料もその減り具合から
どれだけの排出量で走り続けたか、長距離運転手なら想像に難しくない





マリオ「…?きのせいか?」チラッ



岩、岩、岩…見渡す限りが全て無骨と言って世界
峠のトンネルから飛び出したトップの視界はずっと草木一本生えない
峡谷<キャニオン>を走り続けていた


人工的に拓かれた道、アスファルトの黒と中央に見える一本の白線
それ以外は焦げ茶色の無機質な岩、後は精々空の青さくらいが見えるモノ



 人工的な建物は全く無く、あえて言うなら
今彼らの走る道そのものが人工物と呼べる
それ以外は自然が創造した芸術的な岩の表面だ
 長い年月を雨風が砂塵の一粒一粒を削った至高の一品









マリオが視線を周囲にちらつかせたのは何も
        芸術を堪能したいと思ったからではない







"英雄"の…彼の潜在的に"眠りつづけている"超人的な身体能力が…っ!

彼の聴覚が遠くで"爆発音"のようなモノを感じ取ったからである!





マリオ「…いかんいかん、集中せねば!」グッ



つい先ほども慢心こそが最大の敵だと彼は思い出した
此処で如何に2位、3位と距離を離したとて顔を背けるのは
 今戦っている相手への不敬でもある、そう思いハンドルを強く握る








ワルイージ (ッん畜生がッ!!本当に何の仕掛けもねぇのかよ!!
          あのマシンはよォ!!!!!)



紫のイメージカラーは前方を走る、赤を見つめて心中で悪態つく
彼は虎の子である加速装置を使うタイミングを見計らっていたが‥


ワルイージ(…野郎、まるで隙を見せやがらねェ…!)



先述した通り、ワルイージが特注でチェーンナップした加速装置は
【ダッシュキノコ】3つ分に相当する超加速を発揮する…ッ!


 だが…これは一時的にエンジンを暴走させる諸刃の剣

 この曲がりくねった道で後先も考えずに使おうモノなら
1位の横をぶち抜けるどころかガードレールをぶち抜けて谷底行きだ

如何に命知らずな彼とてそんなアホはやらかさない

彼の夢は対抗心を燃やすマリオブラザーズに自身の優位性を見せつける事




表彰台の天辺で自分より低い位置で悔しそうな顔する兄弟を見下しながら
金ぴかトロフィーに口づけする事…



粉々になった機体の残骸に埋もれながら硬い地面とキスする事では無い…




ワルイージ(しかも、【ダッシュキノコ】を普通に使うよりも燃費が悪ぃ
       通常の4倍は燃料を消費しちまう…)



何度も連続して使用して、エンジンがお釈迦にならずとも
この一台だけが燃料切れでゴールテープを切れませんでした!なんて事も
有り得るのだ…




だからこそ、十二分に性能を発揮できるタイミングを計りたいのだが

目の前の"赤"は見事な走行テクニックでそれを阻止する…!



相手は此方の切り札が加速装置とは知らないだろうが
もしかしたら何処かで予測…あるいは直感的に感じ取っているのだろう

だから直線状の道に出られそうな時でさえ
ワルイージの加速が殺されるような走り方をするのだ…ッ!







日進月歩、そんなやり取りをする"赤"と"紫"を…"緑"は不快に思った



そのやり取りは正しく"真のライバル"と呼べる漢同士の戦い‥ッ



英雄…マリオとその位置で戦うべきは顎長男ではなく自分だっただろう!
そんな怒りを3位のルイージは思わされた



ルイージ「…くっ!僕じゃ足元にすら及ばないっていうのかッ!」


ご自慢の機体はマフラーからCO2と僅かな水を排出する…
まるで彼の悔恨の情を代弁し涙するようにも思えてくる



ルイージ「…情けないのはドライバーの腕そのもの、か…っ!」


オヤ・マー博士…が特別に造った機体を生かせぬまま、終わるのか?
それを想い、ネガティブな彼が口からポツリと出した言葉







 オヤ・マー『フェッ、フェッ、フェッ!
         しかし君はいつだって謙虚じゃのう?』




  ルイージ『謙虚?僕がですか?』




 オヤ・マー『そうじゃ、君は自分を過少評価し過ぎ取る…』フム



 オヤ・マー『君はいつだって【永遠の2番手】【緑の日陰者】
        そう呼ばれても怒る事無く、それを甘んじておる』



  ルイージ『はははっ、まぁ事実ですよ…!
            実際僕ぁ兄さんと比べれば――』


























        オヤ・マー『それじゃよ…』









 オヤ・マー『何が "兄さんと比べれば" なんじゃ?ん?』




 オヤ・マー『…わしはのぅ、ご覧のとおり研究第一の学者馬鹿じゃ』


オヤ・マー『じゃから、君とあのお化け騒動で初めて出会うまで
      君ら"英雄兄弟"の活躍を知らんかったわい!』フェッフェッフェッ!


 オヤ・マー『新聞も読まずに日々研究じゃからなぁ!』



 オヤ・マー『…じゃからの、わしは
          "捕まった兄を助けに来た勇敢な君"しか知らん』




 オヤ・マー『世間一般ではお兄さんの方が取り上げられとるよ』



 オヤ・マー『新聞の一面で写真に大きく映るのはいつも赤い帽子の彼』


 オヤ・マー『君はいつだってその隣で小さく映る、目立たないような』






 オヤ・マー『陰口のようで言いたくないが‥国民の評判も
         お兄さんと比べれば"頼りない"、"影が薄い"と言う』


 オヤ・マー『じゃから思うのじゃよ…皆
         本当に君を理解しとるか?とのぅ…』フェッフェッフェッ!





  ルイージ『…博士』




 オヤ・マー『マリオくんがキングテレサに捕まり
         絵の中に閉じ込められた、あの事件を知る人物は』

 オヤ・マー『わしと君、そして当のマリオくん…
          あ、後キノピオ君じゃな、あの女の子にモテとる』





 オヤ・マー『…"無敵の英雄"を救った、"それ以上の英雄"…
          新聞にもニュースでも報道されない
         わしが初めて出会った"英雄兄弟"は君じゃ』













 オヤ・マー『本当の君はお兄さんより劣った人間なんかじゃない』

 オヤ・マー『君は "強く勇敢で優しい人間" なんじゃよ』

 オヤ・マー『本当なら一対一で戦えば十分お兄さんと互角…
        いや、もしかしたらそれ以上かもしれんのじゃ』




  ルイージ『買いかぶりすぎですよ…』



 オヤ・マー『…君が、そういうのなら多くは言わん
         じゃが君は心の中で思うとるじゃろう?
        いつかは兄さんを越えたい、強くなりたい、と…』






 オヤ・マー『自信を持て、君は勝てる人間なんだ』



BUROOOOOOOOOOO O O !  !  !   !



渓谷<キャニオン>に3台のエンジン音が響く…

ルイージは…今、自分が搭乗している機体を
手掛けてくれた老人の激励を思い出していた




ルイージ「…博士、僕は…」




――フェッフェッフェッ!
    君の機体にはあのバキューム同様の特別機能がある…!



―――バキューム…の事は君がよく知っとるじゃろう?
            じゃから、使い方はあえて言わん
                さぁ!今日はレース開催日じゃ!






―――存分に暴れて行け!









ルイージ「……ごめん」



ルイージ「どうも僕はネガティブで
      いつも悪い方悪い方に考えちゃうんだ」







ルイージ「こんなにも最高の機体に乗ってるのに…
      なのにドライバーの僕がこれじゃあ、悪いよな…っ!!」









 ルイージ「博士…僕は…あえて!あえて!
       あなたの特別機能は使いません!実力で倒しますッ!」






このレースでは…!この試合では決して兄に特別な何かでは勝たないッ!

本当の自分だけで勝負するんだ!!

ルイージは消えかけた闘志を再び燃やしだしたッ!


















          ウィン…!  …ウィン!









――それは過去からの贈り物だった









マリオ(…ん?)

ワルイージ(あん?なんだぁ、突然空が暗くなりやがったぞ?)


ルイージ(?今日の天気予報じゃ雨は降らない筈…?)




走路が濡れているか乾いているか、それもドライバーとして
重要な判断基準だ

故に彼ら3人は当然テレビの前で降水確率は確認していた

全国的な晴れ模様…、多少外れることはあろうと
空気に湿った匂いも混じらず、雲の流れも悪くない

そんな天候だった





ワルイージ「!?!?!?!お、オイ!ありゃあ何の冗談だっ!?」




 日光を遮るのは白雲では無かった
人工物など一切無い、無骨な岩の芸術品しかない世界
 そこで見たメタリックな人工物が…青空を切り裂くように飛んでいたのだ











      ゲドンコ星人「「「ゲヒャヒャヒャヒャヒャ…ッ!」」」



*********************************


            今回は此処まで!


 ルイージはもっと評価されても良いと思うの…

 真面目な話【ルイージマンション】で初対面のオヤ・マー博士から見て
 捕まったマリオより、それを難なく救助したルイージの方が凄い"漢"と
 思ってるんじゃないだろうか… 


 ※【マリオ&ルイージRPG2】で会ってるけど出会いを忘れてる模様

*********************************



 それを見て真っ先に叫んだのはワルイージだった

"何の冗談だ?"まさしく言い得て妙である



既製の航空技術を何世紀分も飛び越した科学技術だ
プロペラ機だとかジェットエンジン、そんなレベルじゃない

レトロなSF映画でお決まりのように宇宙人が乗ってる"空飛ぶ円盤"
それに使われているような反重力装置と言っていいだろう



ルイージ「な、な…なっ!」パクパク




 思わずハンドルを握る手が震えた
唐突に飛来して来た"空飛ぶ円盤"

 これといって彼らは歴史のお勉強は大好きという訳ではない
あくまで世間一般レベルの常識さえ学べば良いだけであって
それ以上の知識を求むのは考古学者志望くらいのモノである


今、目にしてるものはそんな世間一般レベルで学べるモノだ
ハイスクールの教科書にそのシルエットはデカデカと記載されている

十数年前、過去のキノコ王国にやって来た"災厄達"であるッ!!




まるで理解が追い付かないッ!!とでも言ったようにワルイージは呆然と
そして…それ以上の衝撃を受けるルイージ!







ルイージ「ば、馬鹿な…!あり得ない!アイツ等は過去の世界で
                    僕達が倒した筈だっ!!!」








かつて…!【ゲドンコ姫】と【ゲドンコ姫の姉】が住みやすい惑星を求め
遠い宇宙の彼方からキノコ王国へとやって来たのだ

首都や近辺の村、非武装の民間施設、軍事施設問わずに侵攻を初め
一般市民を捕まえては生命力を奪い取り兵器群のエネルギーにするなど

言って見れば旧世紀の非人道的な植民地支配と似たような事を始めた訳だ


決して風化させてはならない恐怖の時代として義務教育で習う歴史の一頁
その象徴が目の前を我が物顔で飛んでいるのだ…冗談にしては度が過ぎる











        マリオ「ぅぁ…あ、頭が…ッ!?」ズキッ






ルイージ「ハッ!に、兄さんッ!」バッ!



まるで自分達を見下すかのように平行して
3人の頭上を飛ぶ忌々しいフォルムから視線を外す…!



あまりにも突飛した出来事…ッ!

故に反応が遅れた…ッ!





マリオ「あ」

















マリオ「うおあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁァァァ――」










ルイージ(っ!な、なんてこった!!)




今の今まで彼らはマリオには事実を隠し続けていた
直ぐに記憶を戻してやるべきだ、戻さない方が良い

これは賛否評論だ

元からルイージ等は命に関わる程の無理をしてほしくないという事も
確かにあった、それに記憶喪失には様々な種類がある

一例だが本人が自身を護る為、無意識に事故に遭った記憶に蓋をする
解離性健忘の場合など
無理に思い出させる事で脳に大きな負担が掛かる場合がある


戻してやるにしてもゆっくりと時間を掛けて戻すように便宜を図るのが
正しいのだ、あのクッパでさえ思い出して欲しいという本心を抑え
好敵手の完全復活の為、協定を結んでいたくらいだ…




だが、これで今までの苦労も水の泡…




キイイイイイイィィ―――ッ ギャギャギャッ!!


ワルイージ「オイオイ!!マリオの野郎…!
        ガードレールに擦りながら走ってやがんぞオイ!」



―――いつだったか誰かが言ってた気がする



悪い事というモノは一度起きてしまえば
     ドミノ倒しのように立て続けに起きる、と






ルイージ(…なんだよコレ)




刹那、ルイージの目には世界が白黒<モノクロ>に映った



友人のヨッシーと自宅のソファーに座って
世間話でもしながらプレイするゲームボーイの画面のように…


世界が白と黒だけで構築されたように思えた






時が長い







一分一秒が長い、永い




音が聴こえない








よく自分達兄弟をライバル視する顎長男が兄に向って何か叫んでる

でも内容が聴こえない




兄が…ハンドルから手を離して頭を抱えている
        目の前の道なんて一切見やしない、手放し運転





兄のカートが真っ白なガードレールに擦る度に火花が出ていく




音は聴こえない、でも"何か"が見ろと叫んでいる気がした


ゆっくりと上空の円盤に視線を向けようとする…

思考回路は通常の速度なのに、首…いや、身体の動きがスローだ


揺れ動く視界もスローだった








































           ゲドンコ星人「…ゲヒャッ」ニタァ…


























 毒々しい紫色キノコに手足が生えたような
一度見たら、忘れたくても忘れられない気色悪い生物が
開かれたハッチから顔を覗かせていた


八重歯のような二本の歯と笑みを浮かべるように歪んだ赤紫色の目

奴は…枯れ木みたいな細長い腕に銃を構えていて…


その銃口は地上に向けられていた


射線の先は僕でも、顎長男でもない…ずっとずっとその先…


  今、一番狙いやすい標的と化した人だった





       ルイージ「止めろおおおおおおおおおぉぉぉッ!!!」









――僕が声を発したと同時だったッ!



奴の手に持つ光線銃が地上目掛けて熱線を放ったのは…っ!





ジイィィィ――――ッ! ジュウウウウゥゥ…!



文字通り、光の速さで降り注いだレーザー光線はいともたやすく
                兄さんの機体の前半分を"溶断"した


熱線で溶断された機体の前半分はそのまま後方へ吹っ飛び
高温で真っ赤になった断面図を見せつけながら走行する僕らの後ろへ
ド派手な音を立てながらこの下り坂を豪快に転げ落ちていく








前輪が無くなった事で嫌な音を立てて前のめりになる機体と
むき出しになった動力部…











奴はそこに無慈悲にも2発目をぶち当てたッッ!














ワルイージ「……マリオの機体が…」

ルイージ「…」





ワルイージ「…粉々にぶっ飛んじまった」


その日、渓谷にガソリンエンジンの爆発による黒煙が立ち上った




キキッーッ!




ルイージ「…」スタッ



ワルイージ「んなっ!?お、オイ!何、カートから降りてんだよォ!?」






ルイージ「」チラッ





【炎上したマリオの機体】ボォォォォォ…!




ブレーキを掛けて、機体を停めて彼は大地の上に降り立つ
逃げるように走行を続ける顎長男がルイージに向かって叫ぶ


が、無視する








ワルイージ「っ…!そ、そりゃあよォ!!

        【マリオが"ぶっ殺されんだ"!】

           動揺すんのはわかっけど逃げねぇと―!」









この時、彼は見た…ッ!



遠い向こうから…更に飛んでくる数機の円盤をッ!


さしずめ、"援軍"という奴なのだろう



ワルイージ「じょ、冗談じゃねぇぞ!
          …死んじまったら元も子もねぇ…っ!」




ワルイージ「お、オイ!!言っとくが俺は警告したかんなっ!!!
          わりぃ事言わねぇからテメェも早く逃げやがれ!」





別に彼、ワルイージを非難するつもりはない

彼の行動は"人間"として正しい




『死んじまったら元も子もない』その通りである



彼は努力家にして慎重な男だ

 英雄兄弟よりも自分が優れた人間だと世間にアピールしたい
そういう願望を持ちながらも彼がマリオ達と競うのは
『テニス大会』や『サイコロを振るパーティ』…といった具合の
本気で命を賭けない闘いだ


必要最低限、本当に"ヤバい橋を渡る"事だけは避けるのだ!


人間なら自分の命を誰よりも大切に想う、当たり前の感情だ

 此処で彼が逃げたとして誰も咎められないし
むしろ賢明な判断と評価できよう








もしも、此処で彼が逃げてなかったとしよう…








それならば彼は間違いなく…





          "叩きのめされた"だろう…ッッッ!














         ルイージ「…」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…!





英雄兄弟<マリオブラザーズ>の片割れ…ッ!


その闘いはまさしく鬼神の如しッ!!

見てしまえば彼は叩きのめされた…ッ!


そう…決して努力だけでは勝てない…っ! 圧倒的才能…っ!


 英雄達を越えたいッ!そんな彼の夢、目標は粉々になっただろうッ!




  ゲドンコ星人A「ゲーヒャヒャッwwww!」

  ゲドンコ星人B「ζ†ζΘ§ζ――!!」ゲラゲラ

  ゲドンコ星人C「ケケッ!!」ビシッ!



醜いエイリアン共が母星の語源で何かを言い合っている

 一匹は腹を抱えて大笑い、別の円盤から此方を見る奴も
同じように大口開けて嘲笑う

 そして、先程熱線を命中させた奴は恐らく上官と
思われる奴に何か言われてるのだろう…地上からでは見え辛いが
宇宙船内部に居る何者かに敬礼のポーズをしている


だがッ!そんな事はどうだって良い!!!




  ルイージ「ふぅ…いつだって勝てなかったなぁ」スタスタ

  ルイージ「永遠の2番手、日陰者…」スタスタ


  ルイージ「僕だって人間さ、そうだよ"欲望"はあった」スタスタ



  ルイージ「いつか"勝ちたい"、追い抜きたい目標だった」スクッ




  ルイージ「僕も…あの顎長男と同じで勝ちたいって夢があったさ」





  ルイージ「……僕の、いつか乗り越えてゆく真の目標でもあった」スッ




ルイージは上空に見える円盤目掛けてゆっくりと歩み出す手には今拾った
人間の拳程度の大きさの石ころを抱えて…



奴らが何を話そうがどうでも良い…っ!

連中が何を想おうとどうだって良い…っ!


何故ならばッ!



ゲドンコ星人D「ケヒャ?」ユビサシ


ゲドンコ星人「「「イーーーッ!!!」」」ゲラゲラ!



一匹の宇宙人が歩み寄るルイージに気が付き指を射す
多くの同胞がそれを見て大笑いだ

そして一匹が先ほど、マリオの機体を壊した銃口を向けてッ!





           ゲドンコ星人C「キイイィィツ!!!」ガチャ!

























           ブ ン ッ ッ ッ ッ‼!!





                     ――――ゴスッ!!






















  ゲドンコ星人「「「「ケケケケケケケ!!………ケ ケッ…?」」」」







   ゲドンコ星人C「…ケ、ヒャ?」チラッ

















ゲドンコ星人の宇宙船は地上に居るマリオ等を的確に撃つべく
可能な限りの低空飛行を試みていた






   円盤と地表との距離…高さにしておおよそ20m<メートル>ッッッ!!
           (※約マンション6~7階建てに相当)







ゲドンコ星人が熱線を放つ事は無かった…

引鉄を引く前に自分の真横を何がすっ飛んできたからだ



渓谷のゴツゴツとした岩肌にもその音が反響するかのようだった

目にもとまらぬ速さですっ飛んできたそれは…











  ゲドンコ星人C「!!!!!キ、キイイイイイイイイ!?!?!?!?!」







彼らの宇宙船に大穴をブチ開けていたのだからなッ!!




高さ20m<メートル>も離れた地表からプロ野球選手が全力のストレートを
ブチ込んだ時と同じ態勢のルイージが宇宙船を睨みつけていた…ッッ!!




ルイージ「…うん、兄さんの【ハンマー ナゲール】だったら
               宇宙船の装甲を余裕で貫通してたなぁ」



開かれたハッチのすぐ横…にデカデカと開いた大穴からは
すぐさま火が噴き出す、その後は…簡単だ




 ゲドンコ星人「「「ΣζΠζΠ△▼Θ!!!!」」」



 制御不能となった機体はすぐさま、煙を巻き上げながらゴツゴツとした
岩肌にぶつかりながら谷底へ滑り落ちていく


煙をあげて墜落していく宇宙船
その様は…かつて【ゲドンコ姫の姉】との最終決戦で
                    見た光景を思い出させる






――――奴らが何を話そうがどうでも良い…っ!



―――――連中が何を想おうとどうだって良い…っ!








――――――――何故ならばッ!









  ルイージ「さて…正直、自分で言うのもなんだけど
                 僕はあんま怒らないタチさ」




  ルイージ「…キミ達が一体どうして蘇っただとか
                  何を考えてるだとか」


  ルイージ「そんなモンはどうだって良いさ…重要な事は、そうだね」
















   ルイージ「キミ達は僕に"もう一度倒される"、ただそれだけだよ」




         ルイージ「掛かって来い…ッ!」






………数分後、数機の宇宙船の残骸とクレーターが渓谷にできたそうだ


―――――――――
――――――
――――



 ヒュウウウゥゥゥゥ…




 ― ……ッ!! うぉ…、身体…痛い、な… ―




           キョロキョロ…




 ― 俺…どう なったんだ? 死んだのか どこ見ても真っ暗だ ―




  ― 俺は たしか … … っ 頭 が 痛いっ …ぐっ ―





― た しか   空に 変なのが 飛んできて 光が 俺の機体 ―






 ― ……そう、だ  爆発して 俺の身体は 谷底に 落ちて行って―





 ― っ、身体中 あちこち 痛い  …? 『痛い』? ―


 ―痛み を感じる…? まだ 死んでない? ―




   『ヘイ!そろそろ夢から目を覚ましたらどうだい?』


           ―…だ れだ? ―


   『やれやれ…僕達を忘れちゃったのかい?酷いなぁ…
        キミの取り柄は身体の頑丈さだけじゃないだろう?』


      ― 俺 が 知ってる 奴 な、のか?  …


 『そうさ! 僕、いや、僕だけじゃない…
           キミの中に居るたくさんの人さ!』



        ― "俺の中のたくさんの人?" ―




『そうさ……おっと、手は貸さないよ? "自分の力"思い出すんだ!』



 『ずっと忘れられてまんまじゃ僕もフカフカ君も寂しいからね!』



********************************


          今回は此処まで!



  いつも保守してくださっている方…ありがとうございます!





あ、それと訂正です…



×『ずっと忘れられてまんまじゃ僕もフカフカ君も寂しいからね!』


○『ずっと忘れられてたまんまじゃ僕もフカフカ君も寂しいからね!』



 『た』が抜けてましたね…

********************************






           声の主は誰かわからない

       懸命に記憶を辿ろうとするも顔が分からない



  頭の中に靄が掛かったようにその"誰か"を思い出す事ができない
















             だけど…





      ― 俺は…お前を知っている…気がする ―







   胸の奥で熱く、何かが込み上げ来る、何かが叫びをあげる




『焦る必要はないさ!キミは…そうだな少し頑張り過ぎただけなんだ』

『たまには落ち着いてよーく周りを見る事だって大切なんだぜ?』





  『だから焦らないで思い出すんだ…キミならできるんだ』







 涙が出そうだった…年甲斐もなく

 いい歳した男が大粒の涙を流しそうになる…


 理由も何も分かりはしない…だが
    思い出してやれない事が無性に悔しく思えた




 遠い昔に忘れてきた大切な何か…


 平和を謳歌する世界の何処かで見失った"落とし物"…







[もう大丈夫です すみません う~ん!泣いた後って すっきり!]



           - っ!  -



 靄が掛かった記憶の片隅に一瞬誰かの姿が見えた気がした…

 見慣れた王国で自分が一人の少年と出会っている






 [キミが助けてくれたのかい! ありがとう!助かったよ!]

 [キミの噂は天空まで届いているよ]



 深い森の奥で自分が一本の弓矢を叩き落とし誰かを救っている


   - …あ、あぁ…お、俺は…!!俺は…!! ―






 靄は次々と消え去り…彼は声の主達の顔を思い出していく…っ!










  - お、俺は…   お前たちを 知っているッ! -










 『…フフッ、やっと思い出してくれたのかい?やれやれだよ…』


 『ぼく達だけじゃないですよ…
   もっと もーっとたくさんの人が貴方の中に居るんです!』


 『キミの強さは…人と人との繋がりさ!
   キミが誰かを護ろうとする想い、そして
         皆が心からキミの事を覚えていようとする想い』



 『昔は小さな子供、今は大きくなってもう大人かもしれないよ』


 『けどね…"皆"は大人になった今も子供の頃
    強く憧れたスーパーヒーローを今だって覚えてるんだ』


 『誰かを想うからこそ、逆にキミ自身も誰かに強く想われている…』


 『それこそがキミ自身の"誰かの為に頑張ろう"っていう
              力強い意志の源…そうだろう?』



『今は大人で、かつて子供だった…そんなたくさんの"誰か"達』



 『キミと一緒に胸躍る大冒険を夢見た子供たちは
     キミの勇姿を決して忘れてなんかいないんだよ』



 - …なのに、俺が忘れてたら、恰好つかないよな…すまん -



 『…さぁ、もう夢から醒める時間だ、行くんだっ!』


 『皆が貴方の帰りを待ってるんですよ!行きましょう!』




 - …! 待ってくれ!!!『---』『--』! -





  記憶の奥に掛かっていた霧は今っ!散り散りになって消えたッ!

 それと同時に声の主は彼の見える所から消えていく…




 ようやく顔を思い出せたのに…



 『うふふ!あの二人だけじゃないわよ!英雄さん!』


           - !! -


 『くすっ!貴方…ちゃんと自分の名前を言えるかしら?』




      - ああ…言えるさ…俺は…っ! -





 マリオ「俺はマリオ…いやッ "スーパーマリオ"なんだ…!」



『…うふっ!安心したわよ?…マリオ、帰り道分かる?
 もしも分からなかったら私が杖で叩いて誘導してあげちゃうわよ♪』



マリオ「…大丈夫だ、昔みたいにバケツを頭から被ってないからな」ニィ



『そっ!安心したわ!なら早く帰りなさい、ルイージ君が一人寂しく
 ゴールで待ってるわよ?』


 真っ暗な世界…見渡す限り闇しかない空間で目の前の人物が
 指し示す方角は光り輝いていていた、そして…


『マリオ!』『マリオさん!』『頑張れ!マリオ』『マリオ、サン!』



 彼の思い出の中に居るたくさんの人が道を切り拓いていく…



一歩、彼は歩み出す


白いグローブをはめた手で帽子の鍔を摘まむように持ち、少しだけ
深く被りなおす



 『たまには会いに来いよ!』
 『僕らのトコに時々で良いから顔を見せなよ!』



二歩目を踏み出す

焦げ茶色の年季の入ったブーツ、すり減った厚底が靴音を鳴らし
彼の身体を光の方へと進ませる



 『マリオサン!もし疲れたらまたバカンスにでも来てくだサイ!』
 『私の所にも遊びに来てよねっ!待ってるんだから!』



ゆったりと歩き出した初歩から少し早めの駆け足気味に

3歩目、4歩目…5歩、6歩、次々とペースを速めていく



 『おーい!オイラ達だっているんだぜ!』
 『ゴンザレス!また闘技場に来い!今度こそ俺が勝ってやるからな』



歩く速度から駆け足に、そして彼は走り出す


何物にも代えることのできない友人達の顔を見渡しながら…


 『アニキ!頑張れよ!』
 『マリオちん!がんばるでしゅ!』


 『マリオ!』
 『マリオさん!』
 『マリオ!!』
 『マリオくん!!』


 誰も彼もがその顔に微笑みを浮かべる


 長らく待ちわびた英雄の帰還を…っ!


 記憶の中の存在である彼等はマリオに次々と激励の言葉を掛け
 腕を伸ばし、勇気を分け与えるかの様に
 ハイタッチをしようとする者も居た


 思い出の彼等に触れる事はできない、その腕は全てすり抜けてしまう


 だが…




     マリオ「ああ、行ってくるさ…っ!」


 決して触れる事は叶わなくとも、"燃え上がるような熱き何か"が
 彼には伝わって来るような気がした




 それが…今は何よりも誇らしかった

―――
――



【渓谷:奈落の底】



…パチッ




マリオ「……」ムクッ



彼は長い眠りから目を醒まし、ゆっくりと身体を起こす



マリオ「…いっ…あたた…落ちた時に腰を思いっ切り打ったか…?」

マリオ「…歳は取りたくないもんだなぁ…」チラッ




        ヒュウウウウゥゥ…




上を見上げる、光はほんの小さな一点のみ、それほどまでに空は遠く
如何に今居る場所が地上からほど遠い場所かを思い知らされる




マリオ「…ゲドンコ星人か…やれやれ
     なんでこの時代に連中が居るんだか…」フゥ…



自機の爆破で奈落の底へと投げ飛ばされ、高さにして
おおよそ高層ビル15階からの飛び降自殺のようなモノだった

常人なら"腰が痛い"程度で済むレベルでは無い




マリオ「ふぅ…マントや尻尾で空飛んでた時は彼方上空から落下しても
    ビクともしなかったがな…足腰が弱るとコレだもんな」


さも何事でも無いかのように軽い屈伸運動を済ませ、数歩後ずさる




そしてそこから助走をつけて…っ!







  マリオ「…フンッ!」






  彼は…"飛んだ"


  もはや"跳んだ"ではない、"飛んだ"のだ…ッッッ!!

―――
――


ワルイージ「ひ、ひぃぃぃ…!!!た、たすけてくれぇ!!!」


  ゲドンコ星人「「「ギィィィィ!!!」」」



ワルイージ「ち、ぢぐじょうううう!!なんで俺を追ってくんだよォ」


自慢の【ダッシュキノコ】3つ分相当の加速が可能なエンジンを
フル活用して彼は上空から今も執拗に追い続ける異星人から逃れようと
必死で車体を走らせていた


ワルイージ「クソ!クソ!クソォ!!俺が何したってんだよ!!」


ただカートレースに出てただけなのにこの理不尽なアクシデント
どうこうなる訳でも無いのに叫ばずには居られなかった



ジイィィィ――――ッ! ジュウウウウゥゥ…!


ワルイージ「う、うわぁっ!…あ、あぶねぇ…ッ!」


すぐ真横でアスファルトが煙を発し液状化する…
上空の空飛ぶ円盤から放たれる凶悪な熱線がいつ己の身を焼き滅ぼすか

彼はそれを想像するだけで今にも泣き出してしまいそうだった…


ワルイージ「あぁ!神様でも悪魔でも何でも
           良いから誰か助けてくれぇぃ!!」


マリオ「よっ!ワルイージ、随分困ってそうだな?」シュタッ


ワルイージ「はぁああん!?………っ!?で、でたァ!?」


マリオ「わっ!…っとと、前見て運転しろよ」グラッ


ワルイージ「ま、マリオのお化けがががが…!」ガクガクガク

マリオ「…あー、気持ちは分かるが俺は死んでない
       ほら見ろ、脚だってちゃんとあるだろ?」


ワルイージ「ほ、ほほほ、本当にマリオか!?生きてんのかよォ!?」

マリオ「ああ…壁キックなんて久しぶりにやったよ」


今しがたほぼ垂直な絶壁と言っても差し支えない岩肌を昇り切り
丁度目の前を走ってた彼のマシンへと飛び乗った自慢の剛脚を指さす


マリオ「なぁ、ワルイージ…お前はまだ死にたかないよな?」

ワルイージ「んなモンあたりめーだろボケッ!」



マリオ「…ならこの機体を俺にくれ
     コイツで俺が後ろのアレ潰して来てやるぜ」ニィ

久しく忘れていた闘志が彼の中を血液のように廻っていく…


 最近、テニスやゴルフにパーティばかりで忘れていた彼の生きがい…



         冒険の始まりだ…っ!

********************************

          今回は此処まで!



         マリオついに覚醒ッ!!


    プロのロッククライマーでも登れない絶壁を
 平然と壁キックで1分も掛けずに登って来るマリオさんマジ異常


 ※普通の人間なら高層ビル15階程度の高さから落ちたら死にます

  が……しっぽマリオやらマントやら風船やらで普通に
  雲より上ぐらいまで飛んで落下しても死なないのがマリオですね

 なお3D系からはちょっとライフが減る程度で済む模様(即死しない)


********************************



ワルイージ「ハァ!?俺のマシンを寄越せだとォ!?」

マリオ「ああ、頼む」





ワルイージ「ぐっ…こ、この野郎…こいつは特注製なんだぞ
            滅多糞に金が掛かったってのにィ~!」

マリオ「金じゃ命は買えないだろう?」ニィ


ワルイージ「そ、そりゃあ、そうだが…」




"金じゃ命は買えない"

 全くのド正論だが、この男がそう言うと何故か
説得力が欠けるように思えるので不思議である
  命知らずの冒険野郎がッ!と彼は内心で悪態を吐いた



ワルイージ「良いかッ!"貸すだけ"だからな!!壊すんじゃねぇぞ!」

マリオ「ああ、十分さ!」




―――
――






ゲドンコ星人D「ギッ?」





一匹の異星人は奇妙なモノを見た

彼等が乗り込んだ機体は未だ"狩り"の真っ最中だった



空想物語によくありがちなシンプルな形状の飛行物体は
依然変わらず高度20m<メートル>を維持、速度は地表を走る自動車に合せる

 航空機特有の翼に掛かる揚力もプロペラも何もあったもんじゃない
現代航空工学を完全に無視したソレに乗り込んでいたパイロット達も
その奇妙なモノに首を傾げた



ゲドンコ星人E「ギギィ?」

ゲドンコ星人F「ウケキャ!!」


 空飛ぶ円盤内部は人間が見れば思わず目を背けたくなるような
毒々しい色合いの電子光で彩られていた


我々、人類が…脳が生理的に嫌悪する、否定したくなるような心理の色

異星人たる彼等には心落ち着くような色合いなのだろうが…


さて、そんな異色な色彩を放つ計器達
【高度計】から【磁気コンパス】…etc、その中で人類が未だ見る事の
叶わないだろう未知の測定器もある

そして…その一つ、テレビ画面のような小さな画面を彼等は凝視する


 小さな窓枠のような正方形のモニタリング
そこから溢れだす色合いだけは人類にとって救いであり
彼等にとっては"ゲドンコ流のテラフォーミング"したくて堪らない光景


愛すべきこの惑星の景色が映し出されていた…



ゲドンコ星人F「ギィィ?」チラッ

ゲドンコ星人E「!…!ケヒャッ!」


ゲドンコ星人F「!!…キヒャヒャッ」ニタァ



モニターに映し出されたのは母なる大地
そして先程まで彼等が執拗に追い回していた一台の"原始的な乗り物"


技術の発達した彼等から見て、あの乗り物は"原始的"なモノだ
そう結論付け、見下していた

その様を象徴するかのように上空から…!



そうッ!まるで…!無邪気な子供が道端で蟻の巣を見つけ
   "お遊び感覚"で潰してやろうとでも言うかのようにッッ!!





 追い回す円盤とそれに乗り込む仲間達と通信機で話していた
誰が一番にアレを壊せるか遊ぼうぜ、っと…



もう一度言う、彼等は正しく"狩り"の真っ最中だった





"狩り"の対象は車輪を停め、その場に留まった

それを画面越しに見て彼らは仲間の顔を見やり笑った




  『ああ、ついにコイツは観念したんだな』っと






ゲドンコ星人F「キッキッ!」ゲラゲラ

ゲドンコ星人E「キャキャキャ!」ゲラゲラ





ゲドンコ星人たちは高らかに笑い、そして獲物を嗤った
低速飛行ゆえに風圧を物ともせず開いたハッチから顔を覗かせていた
同胞に戻って来いと合図を送り…、そして



 ゲドンコ星人D「キーッ!キキキッ!」

 ゲドンコ星人「「「キキッー!」」」


 絶望し、諦めたのであろう相手を完膚無きまでに蹂躙し尽くしてやる
そう考えた残虐な異星人共はあえて破壊力の高い機体に備え付けらえた
熱線銃の方を使い盛大な花火にしてやろうとコンソールを弄る















    読者諸氏よッッッ!!!あえてもう一度言おうッッ!!



 彼等、ゲドンコ星人は……まさしく"狩り"の真っ最中だったッ!








  そう…! "狩り"の真っ最中…『だった』…ッ!























           バシュンッ!ジイィィィ――――ッ!


           ギュィイィィィ――――ッ!










―――指先に掛けられた引鉄は引かれた

―――破滅への光は放たれた



―――フットペダルは強く踏みつけられた

―――急停止からの急加速、エンジンの魂は勢いよく燃え始めた




  ―――――光は放たれ、熱線は砂利をガラス状にするほどに焼き
              地表は爆炎と赤黒い煙を天へと昇らせる


破滅への光は放たれた、そして今ッ!
       "彼等"を殲滅せんとする序章の狼煙が上がったのだッ!


ワルイージ「ぎにゃああああああああああああ!?!?!?」ガクンッ!


【ダッシュキノコ】3つ分相当の超加速に加え背後で起きた爆風を
推力にした常識外れな機動


言葉通り"爆発的な"加速を見せたそれは一気に彼等との距離を稼いだ



元より円盤とワルイージのカートは相当距離を詰められており
遅かれ早かれ、あの状態ではいつ追いつかれてもおかしくなかった

 いくらドライバーの運転テクニックが良かろうと機体性能に差が
有り過ぎるのだ、向こうは障害物もコーナーサイトも無視した
航空機、こっちはそれらを無視できない四輪車









 そこで運転を変わった英雄は特注製のエンジンを最大限に
生かす方法を瞬時に察したのだ

機体性能の特徴を簡潔に言われた彼は考えた

エンジンを意図的に暴走させる急加速も一度使えば暫くの間
クールタイムが必要となる

更に先述の通り、敵は障害物も何も関係なく飛んでくるのだ


このままいけばジリ貧なのは分かり切っていた





だから"一度の加速"で数回分の差を開くことにしたのだッ!




 GYUROOOOOOOOoooooooo―――-!!!!!


どの道追いつかれる程に詰められた距離を逆に利用する

 マリオはワザと機体を停車させ、相手が打ち込んでくる事を狙った
何度も戦い抜いた相手ゆえ諦めた素振りを見せればタチの悪い彼等は
最大火力で殺しにかかって来ると分かっていた


彼等をギリギリの位置まで引きつけ、打ち込んでくる武装の火力による
爆風すらも推進剤の代わりにしてぶっ飛ばすッ!


・停車した事で慢心した敵方は的中させるべく減速する

・宇宙船の主砲を避ける為の急加速で距離を開く

・それに付け加え、背後で起きるであろう爆風でぶっ飛ぶ


通常の【ダッシュキノコ】一回では不可能な距離の取り方が完成である




……当たり前の事だが、ビーム砲は"光の速さ"で跳んでくるのだ
      ちょっとでも加速のタイミングが遅れれば機体は爆散

コンマ0.1秒の遅れも許さない機械のような精密性が必要とされる作業



この赤い帽子の男……ブランクがあるだろうに平然とやってのけた…!



ワルイージ「ヒッ、ヒィィィィ!!ばっきゃろォ!!!
       こんなとこでそんなん使ったらァぁぁあああ!!!!」


曲がりくねった道の多い渓谷の車道

ワルイージも逃れる為とはいえ、ほぼ直進しかない場面でしか
加速装置を使用しなかったのだが…






ワルイージ「あばばばばばば!ぶつかるゥゥゥ!?」

マリオ「大丈夫だ、人間この程度じゃ死なんさ!」ギュィィン!!


そう言って更にペダルを踏みしめ速度を上げる命知らず馬鹿



ワルイージは…、今にも失神しそうな彼は薄れゆく意識の中で思った



   ‐ワルイージ『あぁ!神様でも悪魔でも何でも
              良いから誰か助けてくれぇぃ!!』‐



 …確かに神様でも悪魔でも何でも良いから助けろと叫びはしたが

 何故よりによって命知らずな冒険馬鹿野郎に縋ったのか…

 過去に戻れるなら数刻前の自分をぶん殴ってやりたい、と思った

















  マリオ「…すまんな、壊しはせんが傷は付きそうだ
            心配するな、修理費は俺持ちだから、な?」




 申し訳なさそうに言う英雄の言葉が耳から入り

 集中線が見えるような気のする視界が前方に白いガードレール

 そして…その先に広がる青空とゴツゴツの岩肌、谷底の奈落




  ワルイージは思った


 「あっ、オレ、これ死んだわ」



 ズバッ、ベキャッ、ゴシャバキィィィ―――ッ!



 赤い帽子の英は大空を飛ぶ鳥の気持ちになった
 顎長男は目を剥いて精神が大空を飛んでいった




ゲドンコ星人はその有様を見て硬直した




彼等は残虐非道な宇宙生物である




が、…同時に彼等にも【感情】と呼べるモノはある


指導者の名の元に結託し合い、同胞が倒されれば怒り狂う事もあるし

余りにも強大な敵を前にすれば怯える事も無くは無い




今、彼等が抱いた感情は呆れとも、驚愕とも言えない



四輪車が空を飛んだのだ、しかも…










ダンッ‼! ダダンッ!! ―――ズドンッ!ギャギャギャッ!ギュルッ!


BUROOOOOOOOoooooooo…!!



子供がよく河原で遊ぶ際に水切りと呼ばれる遊びがある

 拾った小石を水面に回転を掛けながら投げる遊びで
小石が遠心力によって如何に遠く、何回飛んでいけるかを競うお遊戯



 ガードレールをぶち破った鉄の塊はそのまま奈落の底から
突き出るように生えたタケノコ岩を踏み台にしてバウンド…




かつて…英雄兄弟<マリオ・ブラザーズ>達が【レインボーロード】で
幾度となく魅せ続けてきた大ジャンプであった…




ズドンッ!と一際大きな音を渓谷中に響かせ、"向こう側"の車道に着地

着地と同時横滑りしながらスピンした機体を何処にもぶつけることなく
平然とした態度でマシンは走り出した




   ゲドンコ星人F「ヽ§ヽΘζ…」



   ――――冗談だろ…おい‥


語源は誰にも理解できないが、恐らくそう言ったのだろうな…




マリオ「ふぅ…!いやぁ…!久しぶりにやったなぁ!」ハッハッハ!


マリオ「…あー、やっぱり機体に傷ついちまったか…
     すまんな、…事が終わったらちゃんと修理費は―」クルッ









ワルイージ「」ブクブクブクブク




マリオ「……」


マリオ「……これからはもうちょい安全運転をすべきか…」ポリポリ



口から泡を吹いて気絶している彼を見て
後ろ頭をポリポリとかくマリオ…





  ズドォォォォン!!!




マリオ「むっ!」バッ!



遠くで爆発音、そして黒煙が上がるを見て何事かと身構えた
だが、その正体がなんであるか彼は察した



マリオ「……そうか、あっち側には確かルイージが居たんだったな」


 ズドォォォン!!  ドガシャァァァァン!!  ゴォォォォ…!



岩肌が赤い閃光に照らされ、一瞬、焦げ茶色に見えてる

 鳴り止まない破壊音、上がる黒煙
遠目にチラッと見える火を噴きながらどうにか逃げようとジグザグに
飛行し…あと一歩の所で最終的に地表からすっ飛んできた投石で
撃沈される宇宙船の影


今頃、向こう側はクレーターと残骸だらけなんだろうな…




マリオ「…さて、コイツも此処まで避難させとけば安全だろう」


目を醒ます様子が一向に見受けられない気絶者に背を向け

マリオはサンセット色に染まる向こう側へと歩き出した



彼は…『完全に記憶を取り戻した』のだッ!


********************************

          今回は此処まで!





ワルイージ「良いかッ!"貸すだけ"だからな!!壊すんじゃねぇぞ!」

マリオ「ああ、十分さ!」
   (※壊しはしないが、傷は付けないとは言ってない )



 オーバーホールしても走行不可能レベルのスクラップじゃなきゃ
 壊れてはないからな!きっと大丈夫さ!(錯乱)



 ※レインボーロードとか、あの高さからショートカットしても
   車体がイカレないからね……うん…

********************************



ボコンッ!!


革靴の底が叩き出したのは金属がめり込んだ音

立ち昇るのは黒煙と聴きなれない言語と金切声

天へ昇る悲鳴と煙とは裏腹に地の底へ堕ち征くは歪んだ円盤だ







―――チュドオオオオオオオォォォン!



墜落と同時それらから噴き出していた焔は更に勢いをあげ
終いには機体そのモノが一つの火球と化す



     「ギィィィイイイイイii」「アギィィィャァァaa――」ボジュゥ…



 パチパチと焚き木が出す音のようなソレと金属製の塊が崩れ落ちる音
そしてド派手な爆発音のハーモニーの中に紛れる生き物のような声は
炎に包まれかき消される…




一匹のゲドンコ星人が機体の窓からソレを見て2頭身を震わせる


異星人の目には空を駆ける一人の悪魔…否ッ!死神の姿が目に映るッ!








   ルイージ「ッらああああぁぁぁ!!」メシャァアアアアッッ!





猛々しく咆えた漢はまたひとつ…!またひとつ!と強靭な足腰で
外来の科学技術を鉄屑へと変えていくッ!

鼯鼠<ムササビ>が木から木へと飛び移るように彼は跳ぶのだ


文字通り鉄骨並み…いや、それ以上の規格外骨格と
超人の域である筋力が円盤のウイング部に当たる部分を踏み抜く





…脆い

なんと脆いものか…っ!


それを比喩するならば正しく
『冬の初め頃にできたちっぽけな
 凍った水溜りを長靴の子供がお遊び感覚で踏んで砕く』それに等しい




外宇宙からやって来た金属は薄い氷の膜のようにぶち割られる…




"普段、温和な人間ほどキレた時の恐ろしさは破格である"


現代人なら誰しもが一度は小耳に挟むこの思想を説いたの人物は
どのような実体験からそう言い広めたのやら…



頼りない髭、永遠の2番手、気苦労の絶えない凡夫…




前線で戦う彼の姿を見ぬ一般人の率直な感想だ



今の姿を見ればその認識は上書きされるだろう…


次々と鉄屑に変わる宇宙船と業火の渦に悲鳴諸共飲まれ炭化する同胞
窓から空と地獄絵図に変わる地を交互に見て居たゲドンコは…
思わず悲鳴を上げた



…? 何故悲鳴をあげたかって? 理由は至って単純だ…

















           "次は自分達の番だから"









シュタッ! ボコンッッッ




飛来してきた"人間兵器"

直後、安定性抜群の機体が大きく傾き
異常を知らせるアラームのけたたましさが彼等の命運を物語る


幼子を護る揺り籠のような優しい揺れは嵐に遭い転覆寸前の船を…
けたたましさは搭乗員の命のリミットを…

それぞれよく表現していた…



【窓ガラスの向こうに映るルイージ】「…」ギロッ


ゲドンコ星人「キ キィィィィ!!!!!!! ! ! ! ! 」ビクッ


兄を殺された

その感情を持って飛来してきた漢と目が逢った…
異星人はその瞳に確かに鎌を持った髑髏が映るように錯覚する


ゲドンコ星人の宇宙船は実に頑丈な創りであった

窓ガラスはクッパ軍の【キラー】砲ですら傷一つつかない程の物質で
出来ている…この星の強化硝子なんぞとは強度が段違いだ


彼等の星の光線銃でさえ、防ぎきる



【窓ガラスの向こうに映るルイージ】「…」グググッ!


握り拳を創った白いグローブを彼はこれ見よがしに見せつける
腕を思いっ切り引き延ばし、一発の右ストレートを繰り出す




瞬間ッッッ!拳は音速を超えたッ!!



強化硝子をぶち抜き、金縛りにあったゲドンコの鼻先で
寸止めされた握り拳と割れた硝子の音に搭乗員は一斉に見る




ゆっくりと…



ゆっくりと……



ゆっくりと………っ




ゆっくりと……………ッッッ!




ビデオテープに録画された植物の蕾が花を咲かせるまでを
早送り再生で見せるように…握り拳は開かれる…




――――――――ポゥ…




 パーの状態になった掌中心部に緑色の粒子のような何かが集まる!




 目と鼻の先で開かれた白いグローブ付きの手に集まる美しい緑の輝き

それは…翡翠<ヒスイ>の如し美しさ…彼は畏怖の念を忘れ、思わず見惚れ







          ルイージ「【ファイアボール】」




―――ジュウゥゥゥ!!!!

彼は世を去った




後方へと仰向けになるように倒れ込む姿は実にスローモーションだった


倒れ込む同胞の顔が見え始めて彼等は絶句する


焼け爛れた顔、眼球も唇も2本だけの歯も何もかも…紫色の肌も
こんがりウェルダン状態だ


キノコステーキの芳ばしい香りが船室に漂う




…ドサッ!



1、2回床にバウンドした時彼等は漸く我に返る





何を呆けているのだッッッッ!!!



次は誰の番だ!?次は"自分"なのだぞッッ!!




「「「―――――――――ッッッ!!」」」



恐怖の波は彼等の心のダムを決壊させる

完全に恐慌状態に陥り、反撃も動くことも忘れ竦みあがる


次は誰だ…ッ!

自分なのか…ッ!それとも隣の仲間か!?後ろの仲間なのか!?


緑の悪魔が次に指先を向けるのは"誰"なのか、僅かな寿命と
隙さえあらば逃れられるか、という淡い希望を抱く
彼等の予測はどれでも外れだ






ジュボォォォオオオ!!


生命活動を終え、大の字で倒れた仲間の身体全身が二度目の火球で
完全に燃え上がり炎の塊と化す



ルイージ「たあああああぁぁ―――ッ」ゲシャッッ‼



彼は力の限り右脚を使って緑炎の塊を蹴り飛ばした

燃える塊からゲシャッ!と体内の骨が砕け散る音が聴こえたが
 それはどうでも良い、ボウリング場で
ストライクを取った時のような爽快感…燃える焼死体は
残りのピンを巻き込んで宇宙船内のメインコンピューターに突っ込む


"誰が"…次に死ぬか、ではない、彼等の予測は全て大外れ


正解は"全員"が命を落とす、である




―――チュドオオオオオオオォォォン!



…こうして、また一機、黒煙を上げて墜落していく

墜落の間際に鼯鼠<ムササビ>のように他の機体に飛び移る姿が
また別の誰かの目に止まっていく




―――ドオオオオオオオォォォン!

――――――ドゴシャアアアアァァァン!!


<ギッ! ギィィィ―――!
<アギャアアアアアァァ!!



―――バッグオォォォォン!!

―――――ズガシャァァァン!!



 ズドォォォン!!  ドガシャァァァァン!!  ゴォォォォ…!







渓谷にクレーターと宇宙船の残骸が幾つも積み重なる
大穴が空いた地面、それを埋め尽くし新たな山を築く鋼鉄製のガラクタ





ルイージ「もう終わりかい…?」シュタッ





 ゴゴゴゴゴゴゴ…!


  ドドドドドドド…!






ルイージ「キミ達は僕の兄さん、越えるべき壁を壊した強敵だ」


ルイージ「誰もが認める英雄を倒した強者なんだ」





ルイージ「そんな強敵が"僕如き"に
           あっさり負けるのかい?」ゴゴゴ…!


ルイージ「そんなんじゃあ、僕の気が収まらないよ」ゴゴゴ…!

ルイージ「その程度じゃないだろうッ!
        掛かって来いッッッッ!!!!!!」ゴゴゴ…!




       「…その辺にしとけよ、ルイージ」シュタッ!

********************************


          今回は此処まで!


********************************



ルイージは思わず息を飲んだ


 まだ目前には浮遊する異星の兵器達がある、が…そんなことさえも
忘れてしまう程に彼は眼を見開いて、背後を振り返る



「らしくないぞ、お前がそんなに青筋立ててキレるなんて」



ルイージ「…っ!…!」パクパク



金魚の物真似か?と目の前の男は声も出せない彼を見て肩を竦める


トレードマークの赤い帽子にオーバーオールと白いグローブ…
年季の入った革靴で砂埃舞う渓谷の地を踏みしめる姿







ルイージ「にい…さん…!」

マリオ「おっと、ワルイージにも言ったが俺は幽霊じゃあないぞ?
    この通り脚だってある」ポンポン



ほら、見て見ろよ?と右手で片足を叩くリアクションを見せる




ルイージ「っ…な、なんだよ…心配、させやがって!!」

ルイージ「本気で死んだかと…思ったじゃんかよっ!」



――生きていた、"生きててくれた"

―――声は震えてたし、涙は無意識に流れる


かつて、キングテレサに囚われていたマリオを救い出した時と
同じように彼は身内の無事に心から涙した…!



マリオ「ははっ!まさか!俺の不死身さはお前が一番知ってるだろう」

マリオ「ルイージ…」フッ…



彼は此方に歩み寄り、小さく握り拳を創る、そして…





  マリオ「オラァッ!」バキィィ

 ルイージ「ぶべらっ!?」ベキョッ




思いっ切り弟の顔面をぶん殴った



ルイージ「ぐ…あ、あがが…な、なにふふんだひょ!!」
   訳(ぐ…あ、あがが…な、何するんだよ!!」



マリオ「ふぅーっ」コキコキ!


手首を鳴らして、彼は一呼吸、そして弟に言い放つ


マリオ「今、なんで俺がぶん殴ったか分かるか?ルイージ」


ルイージ「いっつぅ~…なんでだよ」ヒリヒリ






マリオ「…この一年近く、俺に記憶の事を
            黙ってた事今の一発はソレな」



記憶喪失のマリオに要らんお節介を焼いた事での一撃



ルイージ「そ、それは…!」


マリオ「で、だ!」グッ


再び拳を創る英雄……その強靭たる肉体の鉄拳は…ッ!



              バキィィ!!!



ルイージ「に、兄さん!?」

マリオ「っ…ったた…結構痛いもんだな、コレ」





今、弟の顔面を殴りつけた拳はそれ以上の強さで
マリオ自身を殴りつけた…


これには弟も困惑した、兄は何を考えたのか?やはり頭か何処か
後遺症でも残っているのでは!?と


マリオ「おう…今、失礼な事でも考えなかったか?」


ルイージ「(ギクッ)ま、まっさかぁ~…」




マリオ「…」

マリオ「今の一発は……」




マリオ「お前やヨッシー…姫…それに国の色んな人達に
      心配ばっか掛けた自分勝手な修行馬鹿への怒りだ」



マリオ「今の今まで…お前たちの僅かな気遣いや、何が何でも
    俺に過度なトレーニングをさせないために色々してきた事…」

マリオ「色々と、な…思い出すと
      同時に客観的にも視えるようになったからな」

マリオ「…すまん、今までお前にも迷惑を掛けた」







――――…渓谷は静まり返っていた、ただただ…そこには静寂があった





いや、厳密に言えば廃材と化した宇宙船が燃える音や未だ浮かぶ
ゲドンコ星人の機体の浮遊音もあっただろう




だが…この兄弟の周囲には入り込める音など無かった…



片や、思いっ切り腫れた頬を抑え
片や血が滲み出ている口元なんて気にせず頭<コウベ>を垂れる







…今、ルイージの目の前にはマリオが居る…


そう…かつて、幾多モノ"冒険"を経験した真の英雄が帰って来た






 -今、実に1年振りに"本当の意味で"この兄弟は…邂逅できたのだ-




 悟られぬ為に…そんな想いからの真の意味で本心を語らず、明かさず
血の繋がった兄弟だというにも関わらずどことなく余所余所しい


見ようによっては上辺っ面だけの家族関係
そんな冷めた見方にもなり得るモノとは違う…


おおよそ365日近く間の開いた本音の同士の語り合い…ッ!それが!
目の前に在るのだッ!





マリオ「…本当に大事なモノを俺は見失ってたさ」





『焦る必要はないさ!キミは…そうだな少し頑張り過ぎただけなんだ』

『たまには落ち着いてよーく周りを見る事だって大切なんだぜ?』





マリオ「夢ん中で…友達に教えられたよ」


マリオ「…英雄<ヒーロー>たるモノが
      こんな大事なモン見落としてたんだ、笑っちまうぜ」


ルイージ「…兄さん…」


 マリオは天を仰ぐように…そして遠い何処かに居る友人の姿を視る
かつて【カジオー軍団】との闘いで、共に在りし日を駆け抜けた友を…




 マリオ(今ならお前たちの名前を呼んでも良いだろう…?
                 なぁ、"ジーノ"…"マロ"…)






 マリオ「俺を殴れ、ルイージ、今まで姫や国民…そして―――」



 ―――そして…俺の好敵手<ライバル>達に





マリオ「―――…色んな人に迷惑を掛けたこの俺をッ!!」

マリオ「童話の走れメロスのラストシーンみたいに思いっ切り
     音が出るくらいぶん殴れッ!」






ルイージ「…っぷ!」

ルイージ「ぷっはははははははっ!」



ルイージ「ようやく記憶が戻ったと思えば…くっく…!」

ルイージ「弟を思いっ切りぶん殴ってしまいにゃ
      次に自分も殴れ、か…やっぱり変わらないな…」



ああ、これだ

これでこそ、あの"英雄"なんだ
自分が憧れ、そしていつの日にか追い抜くべき高み…っ!





ルイージ「オーケーだ!歯ぁ食いしばりなよッ!
      さっきの仕返し込みで喝を入れるからさッ!」グッ!



―――――ベキィィ!!



マリオ「おごッ!?…」ヨロッ


マリオ「…なんだよ、俺が筋トレを怠けてた間に鍛えてたのか?」


ルイージ「ふふんっ!これがスーパールイージさんの実力さ!」





マリオ・ルイージ「「…」」


     「「…っぷ! あっはっはっは!!!!」」




マリオ「は、はは…あっ!、久しぶりに大笑いしたから
                   くく!腹が痛いな」



ルイージ「本当だよね、…僕等がどんだけ兄さんを遊びに連れてっても
      此処まで笑ってくんなかったのにさ~」




マリオ「俺には…やはりこの生き方が性に合ってるようなんでな」スッ

ルイージ「そっか…それが兄さんに
       とって幸せな人生なら…仕方ない、か」スッ




邂逅の末に大笑いした英雄兄弟は…ゆっくりと同じ方角を見据えて
目つきを細めた



マリオ「久しぶりに勝負しないか?」


ルイージ「勝負だって?奇遇だね、僕も記憶が戻った記念で
      ちょいとばかし兄さんと競いたい事があったんだよ」



マリオ「そりゃ奇遇だ…なら勝負事の内容はこんなのはどうだ?」



マリオ「今、現在進行形でキノコ王国内に現れたゲドンコの宇宙船を
     どっちが多くぶっ潰すか?」






2人は同じ方角を見る、同じ空の同じ空間の同じ機体共を



ルイージ「なら、この事態の引鉄は何か?黒幕は居るのか?何者か?
      それも調べ上げて事件を解決したらボーナス得点付きに
      しようぜ、その方が燃えるだろ?」



マリオ「分かってるじゃないか」


ルイージ「伊達にアンタの弟やってないからね」ニィ!





マリオ「…ド派手に…」

ルイージ「やってやろうぜ…!」











    -  英雄兄弟<マリオブラザーズ>の復活だッ!   -



―――
――



渓谷にて紅と碧が天を駈け始めるとほぼ同時刻…




         【キノコ王国 ~城下町~】




「うわああぁぁ!!!テロだァ!!テロリストが攻めて来るぞッ!」

「は、早く逃がして!!!」

「うぇ~ん!ママ~!」



        ワー! ワー! キャー! キャー!



ヨッシー「はいはい!そこの人!ちゃんと避難指示を出してる方に
      従ってくださいね~!」

ワリオ「おうコラ!!そこのアンタ!列を乱してじゃあねぇぞ!」



キノピオ「こっちです!皆さん!指示に従って避難施設へ!」







ワリオ「チッ!こいつぁ不味ぃぞ!
         …どいつもこいつもパニックってらぁ」

ヨッシー「そりゃそうですよ、此処長い事平和が続いてたって時に
      突然『戦車に搭乗した武装テロリストが攻めて来た』!
      なんて報告が来れば国内大騒ぎですよ」



キノピオ「すいませんっ!お二人共、お手伝い頂いて」


ワリオ「へっ!とんだゴタゴタに巻き込まれたモンだがよォ~!
     ちゃんとお国から謝礼金っつーモンが貰えんだろォ!」


ワリオ「期待しとくからな!…おい!そこの老夫婦!
        早く避難所へ…あぁん!?孫が居ねぇだァ!?」





<クソガ!ショーガネー オレガサガシテキテヤルゼ!





ヨッシー「見て分かると思いますけどワリオさんのアレ
                     建前ですからね」


キノピオ「はい、知ってます」


ヨッシー「にしても…"旧クッパ軍"の…ですか」

キノピオ「はい…この目で見たんです!間違いありません!」



ヨッシー(ふむ…クッパ軍団の人員が今回のお祭り屋台に
                全員出払ってたわけでない)

ヨッシー(…クリボーくん言ってましたねぇ…なるほど…
         クッパ軍全員ではなく…一部の人員ですか)

ヨッシー(ノコノコさんとはよく文通してましたし…大体
      キナ臭い話も小耳に挟みはするんですよね、私)




ヨッシー「もうそろそろ、この辺りの避難は
        完了と言ったところでしょうね」


キノピオ「はいっ!」







ヨッシー「…ワリオさんが戻って来次第、私は
      この非常識なお客様方を見てきますね」


キノピオ「そ、それって…」



ヨッシー「折角のお祭りで、マリオさんとルイージさんの一騎打ちが
     見れそうだったのに、それが台無しですよ?」


ヨッシー「この有事が臨時ニュースで国内に報道
      おかげでレース中継も屋台のご馳走もおじゃんです」


ヨッシー「怒ってますよ?私」



ペロン…っ!と舌を出す仕草を見せる緑の友達に
キノピオは何と声を掛けていいか分からない


あえて言うなら…





キノピオ「あのぅ…できれば穏便に…」



ヨッシー「…まぁ、手加減はしますよ?多分ですけど」トテトテ…





そういう彼の手にはタマゴがしっかりと抱えられていた…






その昔、コウノトリが落とした双子の赤子を守り抜いたという
伝説的な卵の狙撃手の腕は未だ健在である…



ズルズル…


トテトテと靴を履いたトカゲが歩いて征く、その背を5個の卵が
追いかけて行く…ッ!

********************************


            ここまで!




       『ヨッシーの小ネタ』


    某ヨッシーアイランドの漫画だと
    ヨッシーは酢を飲むと身体が柔らかくなって
    モーフィング変身ができる!

********************************


 キノコ王国はピーチ姫の代から急速な発展を遂げた国家である
特筆すべきは先述の通りガソリンエンジン式の乗用車と国道関連だ


それ以前の交通機関と言えば、先々代の時代より建設されたキノコ鉄道
港にある昔ながらの帆船であった


 国内南部に位置する港も時代の変化に伴い変わっていく
かつて大海原へ風力と潮、漢達の直感だけを頼りに航海した船は
機械的なモノへと姿を変え、名残のあるモノは今や少ない





そんな港湾はすぐ近場に飛行場<エアポート>も備わっており
諸外国へ旅立つ者ならば誰しもが訪れるであろう場所となった














  王国でテロが起きた時ッ!友好国からの援軍が来ると
           すれば間違いなく此処に到達するのだ…ッ!






彼奴等が此処を放置しておくはずがないッ!








キュルキュル…!

ドドドドドドド…ッ!




港にそびえ立つ古ぼけた灯台にて羽を休めていた鴎は異常を察し
飛び立った、それは憩いの場が戦火に包まれると本能で察したが故か

 設立記念公園の中央にある日時計周辺のパンジーは不安げに揺れ
威風堂々とした佇まいで正午過ぎを示していた晷針もまた
招かれざる客人の行進曲にその身を震わす




ノコノコ達を素通りし、幾つかの部隊に別れた戦車隊

その一端が我が物顔で地響きをあげる、我、此処に行進ス…!





「あーあー、聴こえっか?
  これから予定通り俺らは空港を占拠すっぞ」




先頭の車両から後続へと指示が飛ぶ



「あぁ~、青い海、白い雲
    んでもって清々しい波音…くぅ!良いねぇ」





一両の戦車が向きを変える
波止場から少し右方面…そびえ立つは真っ白な灯台



「こう天気が良くて思わず欠伸が出ちまいそうな
             ポカポカした日にゃあよォ~」






















  ドン・チュルゲ「打ち上げ花火<センカ>が
                みたくなるよなァ~!」チュウッ!










そしてッ!一発の凶弾は放たれるッ!


グローブを嵌めた手はサングラスをほんの少しだけ上げて
 破壊衝動を秘めた眼光を覗かせる、fireの合図と共に火を噴く砲身

チュルゲ自慢の火薬を詰め込んだ鉛玉は大気を震わせ
時化の日も船乗りを救ってきた白い灯台に着弾する



まだ夕暮れには早すぎる時刻、時間にして1秒にも満たない僅かな合間

港はセピア色に包まれる…それは一日の終わりを振り返る色とは違う
かつての美しい光景に"さよなら"を告げる始まりの色なのだろう





光に遅れて耳を劈くような爆音が港全体を震撼させた

それは古き時代から憩いの場であった港の悲鳴なのかもしれない


立ち昇る黒煙、炎上しながら灯台"だったモノ"は黒ずんだ瓦礫を落す

 吹っ飛ばされた灯台の破片は爆発と同時に流星の如く流れ
近場の船乗りご用達のバーから倉庫、記念公園の建物に落ち…

それは新たな火種となる…


チュルゲ「ンン~!良いねぇ!スカッとするぜ!」チュッ!




"耳を劈くような音"…当然ながら搭乗員の多くは眉を顰め
一部の者は耳を塞いだ




―――チュドオオオオオオオォォォン!


――ドゴォォォン!




一発の砲撃から生まれた二次災害、灯台の破片が落ちた倉庫群の中には
火気厳禁の物資が保管されていたコンテナもあったし

船乗りが酒を煽るバーに至っては酒蔵目掛けてピンポイントだ


このネズミ男がそこまで計算してやったかどうかは乗り組み員の誰にも
識別できないでいた、ただ…


 優雅なクラッシック音楽でも聴いているかのように
悦に浸った顔の爆弾魔が末恐ろしき人物であるという認識だけは増した





キャサリン「……アンタって本当、サイっっテー…」


チュルゲ「あ゙?なんか言ったかカマ野郎」





キャサリン「言ったわよクソネズミ、こっちはロープで
       身体グルグル巻きなのよ?おかげで騒音が耳を直撃よ」



あー、やだやだ、と悪態つく元同僚にネズミ男は振り向きもせずに
「おー、そうかい、そうかい、堪能できてよかったじゃねーか」と告げ



チュルゲ「うっし!おめーらのボスも言ってたろ?此処の現場担当は
      全部俺に一任するってよ!
       俺の言う通りバリバリ働いてもらうぜ!」



と、爽快に笑う…今のドン・チュルゲは頗る機嫌が良い
後ろでキャサリンがどれだけ罵倒しようがどこ吹く風と言った所なのだ




チュルゲ「海面にぷかぷか浮いてるお舟も飛行場の航空機も動く奴ぁ
      全部まとめてボン!だ」

チュルゲ「船着き場も滑走路さえも跡形もなく吹っ飛ばす」









チュルゲ「何者もこの国から逃げられねぇ、誰もこの国に来させねぇ」

チュルゲ「平和ボケした、餓鬼どもによォ…
             戦争ってのを教えてやるのさ」ニタァ


朝風「朝だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

川内「夜戦終わっちゃんった」(´・ω・`)ショボーン

京太郎「柚子シリーズを娘転生の為にスコーンした禿カッスを許すな」

照「朝が来るのもアークファイブの性」

菫「京君を私に取られた程度で騒ぐな雑種」

淡「照に厳しいですね弘世菫様」【調教済】

誠子「あっはっは尭深ちゃん自分の御金で艦これとワールドウィッチーズとけものフレンズ特集の雑誌買って来てよ」

尭深「実写金魂のオリキャラ何でコンプエースの表紙飾ってるの誠子ちゃんにまた麻雀で虐められるじゃないの」憤怒

『古本屋』


とりあえず何が起こってるのかわからないけど
こんな風に念のために両方のスレに書き込むのは連続安価と同じ行為にならないか心配ではある

>>492
ご安心を、以降は此方は使わない予定なので…

喧嘩も何も>>492>>493は余所のスレの安価をここでやってるって事っぽいんだけど

このレス最後のURLがここのスレのURL

26 ◆u5jU/0ZJi2 saga 2017/07/26(水) 00:35:42.10 ID:gMeeR8/B0
▽西へ移動! 『K-8』から【J-8】へ!

□AB-cD-eF-GH-I-J-KL-MNO-PQ-R-S-TU-VWXY
01□■□■□■□■□■□■熱熱熱火火■□■□■□■□
02氷□■□■□■□■□■□熱□熱熱火□■□■□■□■
03氷■17■雪森□森原①熱■熱熱熱■火火□■□■□■□
04氷□■□雪原森原原原熱□熱熱■□■火■□■□■□■
05氷氷□■雪③□■森森森■熱■□■熱熱□■□■□■□
06氷氷雪雪雪□■□→→→□→↓森森森□■□■□砂□■
07氷■□■□雪原↑街街⑦街街↓森■森13□■19砂砂砂□
08氷②氷氷雪雪⑤↑⑥☆⑧街街□■□森□■□■□砂□■
09氷■□■□雪原↑街街街■□↓原12原■□■□■□■□
10氷□18□■□森↑←←←←←←原原原原荒荒荒砂砂砂■
11氷■□■□■□⑭森森湖⑮□■□原荒■丘丘□■砂⑪□
12氷□■□■□■□湖□■船■□■原森□■丘■□■□■
13□■□■□0-湖■□■湖■□■□森森■□■□■□■□
14■氷■□■雪湖湖■□湖湖■湖④森森16■丘茨21■□■
15雪氷氷■□■湖■□⑳原湖□■□■□森□■丘■□■□
16■雪■□■□■□■□■□■□■□■湖森森森荒砂砂砂


▽『…!不思議な街!』時間を10分消費『8時30分』





▽煙に巻かれ、風に吹かれ、歩き続ける先には―――




希「あらま…本屋さんと……なんていうか、画廊?」


絵里「個展会場じゃない?やたら小さいけど…」



にこ「変な所に出たわね、まぁ拠点がこっから見える位置にあるから帰る分には困らないけど」

にこ「相変らず迷路みたいな街ね…何時まで経っても慣れやしない…」


『アイテム』
『その場で休む』留まる
『古本屋』
『適当な民家から物色』
『MAP<アーツ>』

『拠点へ』

『移動』



1マス先
▽南は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない
▽北は大規模な街が広がっている!…人が生きていくには十分かもしれない
▽西は華々しい通りがあり、見て居るだけで心が弾むようだ!
▽東は和風の物件があり、煙が立ち上る



マリオ「最近、テニスやパーティーにゴルフばかりで…何かを忘れているような」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396172501/)
直下

20 ◆u5jU/0ZJi2 saga 2017/07/25(火) 23:44:38.17 ID:GGspJtja0



安価コンマ募集用スレにずーっと引っ切り無しに張り付く必要は無し


ただ、こっちの本筋のみを更新して、それで採用が出たらすかさずリンク先へ飛ぶ、書き込む





以上の動作で終了です




安価&コンマ募集用スレが仮に埋められたとしましょう



 "おかわり"を用意する、そんで終わり


おかわりが潰れたら?わんこ蕎麦みたいに延々とおかわりをあげれば良いだけの話です









 そうそう、募集用のスレですが何も私が必ず立てる必要は無い





 …この意味がお分かりで?





 まぁ、基本は>>1が行うのでお手を煩わせませんが…







           1日(24時間)で一人の人間が幾つのスレを埋められるか


           1時間(60分)で>>1+不特定多数の方々は幾つ安価募集用スレを立て直せるか?








    いやー 24時間で ""100スレ埋められる程、気力と根性と生活環境の整った方なら負けちゃうだろうなー""

         ""そこまでされたら流石に勝てないだろうなー、【是非、遊んであげたい】ですね!""










やろうと思えばいつでも気分1つで実装できた

それこそ最初に言ってた段階から、ただ面倒だったから放置していたにすぎない

うちのスレの安価募集に他人のスレ使いますよってどうなの

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年07月13日 (日) 07:13:54   ID: BW4BYeLs

なに、これクッパかっこいい

2 :  SS好きの774さん   2014年08月06日 (水) 00:39:25   ID: Df6YWqwi

是非続きを!

3 :  SS好きの774さん   2014年10月09日 (木) 14:36:44   ID: 77R3K6fs

全体的に皆カッコいいですw
続きを期待してみます

4 :  SS好きの774さん   2014年10月27日 (月) 21:09:30   ID: d2jGzy7S

続き!

5 :  SS好きの774さん   2014年11月14日 (金) 20:57:41   ID: rT_b-Ohp

>>40 お前俺かよwwww

6 :  SS好きの774さん   2015年06月05日 (金) 22:48:19   ID: uV3uYZXI

続き!続き!

7 :  SS好きの774さん   2017年03月25日 (土) 18:28:35   ID: ZJMMG1Xd

マンマミーア

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom