紅蓮の弓矢(33)

サイバタンダビーギニイェーガー

ミカサ「あ、見たことない花踏んだ」

花「」

エレン「なんだろうな。見たことない花だ」


踏まれた花の 名前も知らずに

マアイイヤ、カエロウエレン
アア


鳥(……落ちてもうたわ)

鳥(風吹かへんかな)


地に落ちた鳥は 風を待ちわびる

鳥(……まあ、吹かへんでも飛べるんやけどな。鳥やし)

イェーガー家、ミカサの部屋

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」


祈ったらところで なにも変わらない

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

ミス

イェーガー家、ミカサの部屋

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

祈ったところで なにも変わらない

ミカサ「神様、エレンとセックスできますように」

エレンの部屋

<カミサマ、エレントセックセデキマスヨウニ

エレン「……」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

<カミサマ、エレントセックセデキマスヨウニ

エレン「……」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ

エレン(犯られる前に……)

<カミサマ、エレントセックセデキマスヨウニ

エレン(……殺る……!)

今を変えるのは 戦う覚悟だ

エレン「」

アルミン「ミカサァ!なんでエレンを犯したんだ!」グニッ

アルミン「あ、ごめんエレン踏んじゃった。なんとか言えよミカサァ!」

ミカサ「……」

ミカサ「すごいよかった」

エレン「」

アルミン「ミカサァ!」


屍踏み越えて

アルミン「エレンを……よくもエレンを!」

ミカサ「……」


進む 意志を

アルミン「エレンの仇だああああ!」ダッ

ミカサ「……」


豚「ちょwwwwwwww修羅場キタコレwwwwwwww」

嗤う 豚よ

豚「飽きてきたわ寝よ」

家畜の安寧

リビング

カルラ「でも良かったわ、ミカサとエレンが仲良くなって」

グリシャ「ああ、エレンも気難しい子だから心配していたが……孫を見る日も近いかもな」

カルラ「あらやだあなたったら」クスクス


虚偽の繁栄

鳥(風、吹かんな……)

鳥(まあ飛べるんやけどな……)


狼の霊(腹減りすぎて死んでもうたわ)

狼の霊(でも幽霊やから女風呂覗いたりタダで映画見たりやりたいほうだいやで)


死せる餓狼の 自由を

アルミン「やめてくれえええええ!!」

エレン「」

ミカサ「……」グイグイ

アルミン「そんなとこ拡げないでくれえええええ!!」

ミカサ「逃がさない」ガシッ

アルミン「やめてくれえええええ!!」

エレン「」


囚われた 屈辱は

アルミン「こうなったら偶然持ってた嚆矢でミカサの目を突く!おりゃあ!」

ミカサ「邪魔」パシッ

嚆矢(落ちてもうたわ)

アルミン「ああっ!」

反撃の 嚆矢だ



ザザーン……

ザザーン……

ザザーン……


城壁のその彼方

アルミン「やめてくれえええええ!!」

ミカサ「…フンッ…フンッ……」パンパンパンパン

アルミン「いやああああああ!!」

ミカサ「フンッフンッ…フンッ……」パンパンパンパン

獲物を 屠る

エレン「」

イェーガー

アルミン「あああああ!!」

ミカサ「フンッフンッフンッフンッ…フンッ……」パンパンパンパンパンパンパンパン

アルミン「誰か助けてくれえええええ!!」

ミカサ「フンッフンッフンッ…アルミン!中で出すぞ!!」

アルミン「いやだあああああああ!!」

ミカサ「……ウッ!」ドビュルルルルルル

アルミン「いひゃああああおしりあひゅいのおおおおお!!」


迸る衝動に その身を焼きながら

ミカサ「……」カチッシュボッ

ミカサ「……ッフゥー」

アルミン「ううっ……」

ミカサ「良かったよ、アルミン」

アルミン「ああ……お尻切れちゃってる……血が……」

ミカサ「……」スパー


黄昏に 緋を穿つ

弓「お前赤いな」

矢「お前も赤いな」


紅蓮の弓矢

以上です

ありがとうございました

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年08月24日 (日) 18:58:05   ID: k9shwp_A

くっそわろったwwwwwwwwwwww 特にぐれんのゆみやとイェーガーのところwwwww

2 :  SS好きの774さん   2014年10月06日 (月) 18:06:15   ID: 9Int0-YV

その発想はなかった!!wwwwwwww

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom