上条当麻「俺が生えてきた!?」インデックス「栄養生殖かも」 (31)



上条当麻「すき焼きを食べるために右腕を切り落として熟成させてたら」


全裸上条「」(-.-)zzZ


上条当麻「俺が生えただと・・・」


インデックス「とうまーとうまー、とうまの右腕すき焼き風はまだかな――って、とうまが二人いるんだよ!」

上条当麻「なんか右腕を放置してたら生えた」

インデックス「信じられないんだよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394982798


インデックス「むかごみたいなんだよ」

上条当麻「むかご?」

インデックス「あるいは球根かも――どっちにしろ栄養生殖なんだよ!」

上条当麻「栄養生殖?」

インデックス「とうま、ちゃんと生物の勉強はすべきなんだよ」












全裸上条「ぴゃーい!」パリーン



上条当麻「あ、俺が逃げた」

インデックス「ほっとくんだよ、それよりとうまは生物の復習が必要かも」

上条当麻「くっ」



公園

全裸上条「ぴゃーい!」

御坂美琴「何であんた全裸なのよ!」

全裸上条「ぴゃ?」

御坂美琴「」ムカッ

全裸上条「ピャビャイ?」カチン

全裸上条「ぴゃーい!」チンコスリスリ

御坂美琴「」ブチン








御坂美琴「こんの――ド変態がぁぁぁっ!」


全裸上条「ぴゃーいっ!」ジュッ

御坂美琴「うそ・・・・・・右腕意外・・・・・・蒸発した?」

御坂美琴「」ウルウル

御坂美琴「嘘でしょう?」ウルウル

御坂美琴「うわーん、あいつが死んじゃったぁぁぁぁぁっ!」ブエーン



御坂美琴「右腕・・・持って帰るっ」ウルウル


上条の右腕「」チーン



その頃の上条家


上条当麻「いくぞ、インデックス」

インデックス「大丈夫なんだよ!」



上条当麻「せいやっ」ザクッ


インデックス「当麻の右腕が収穫できたんだよ!」

上条当麻「そいやっ」ムギュルブチュ

インデックス「いつみてもとうまの右腕のはえっぷりはすごいかも」

上条当麻「これ見て真似するステイルのようなバカがでないことを祈るよ」

インデックス「すているはヤニ臭くて不味かったんだよ」

上条当麻「灰汁抜きしてもあれだったからな」



話は再び御坂美琴へ


御坂美琴「ううっ、あいつの右腕・・・右腕?」

御坂美琴「そうだ!」


御坂美琴「」バンツズリッ



御坂美琴「あいつの右腕で自分を慰めるわ!」



上条の右腕「」


御坂美琴「えいっ」サワッ

御坂美琴「あふん」ゾクッ

御坂美琴「ちょっと・・・もうちょっと」サワワッ

御坂美琴「――っ!」ジワッ



御坂美琴「――これ、最高!」

御坂美琴「えいっ」ズポッ


上条当麻の右腕「」テクビマデシキュウノナカニズポッ


御坂美琴「あああああああああっ!いいいいいいいいいっ!これいいいいいいいいいいいいっ!」ズボッヌチュズボッヌチュズボッヌチュズボッヌチュズボッヌチュ


御坂美琴「らめぇぇぇぇぇっ!とうまらめえぇえっ!んぉほぉぉぉぉっ!んはっ!らいいしゅきいぃぃぃっ!」プシャー












白井黒子(なんなんですの。なんなんですのぉぉぉぉっ!おねえさまから何か生えてるんですのぉぉぉぉっ!)




御坂美琴「しゅごいぃのぉおおよぉぉぉ!んぎも゛ぢいぃ゛いぃ゛い゛っ!」





御坂美琴「」ビクンビクン

白井黒子「一体おねえさまの秘部から生えてるこれはなんですの?」


白井黒子「えいっ」ズボッ

御坂美琴「」ビクビクン

白井黒子「うわっ、おねぇさまの下のお口から血がだくだくとでているんですの」

御坂美琴「」ドクドク

白井黒子「」ゴクリ













御坂美琴「」ドクドクビクビクン






白井黒子「んほおぉぉっ!おねえさまから出てる血が美味しいてすのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!」ベチャペチャズルズルズズズズズ



上条当麻の右腕「」ピクン





次の日


初春「佐天さん、大変です!」
佐天「初春どうしたの?」

初春「御坂さんが子宮破裂で死亡、容疑者として白井さんが逮捕されました」

佐天「」

初春「風紀委員に入ってきた情報によると、白井さんは御坂さんの子宮に異物を挿入して殺害後、御坂さんの死体を凌辱したとの事です」

佐天「嘘よ!白井さんは無実だよね、初春!?」

初春「何者かが御坂さんの死体を死姦した罪を白井さんに被せた可能性もありますね」

佐天「許さない、犯人は許さない!」



寮監「御坂の部屋に右腕?」

寮監「まさか、御坂が殺人を?」

寮監「だから御坂は殺されたのか?」

寮監「御坂の名誉のために、この右腕は捨てるか」


寮監「ぬぅん!」


上条当麻の右腕「」キラーン



あわきん「なんで右腕がここに?」

あわきん「なんでだろう、すごくエロい臭いがする右腕ね」

あわきん「右腕型のおもちゃかしら」

あわきん「そういえば、小萌がおもちゃが欲しいって言っていたわね」

あわきん「持って帰りましょう」



小萌ハウス

あわきん「小萌は今日飲み会で帰りが遅い、か」

あわきん「この右腕はベランダで干しときましょう」

上条当麻の右腕「」ピラーン


あわきん「さて、ショタ観察にでも行きましょうっと!」




上条当麻の右腕「」ムクッ

上条当麻の右腕「」ムリムリッ


上条当麻の右腕「」メリメリメリッ




全裸上条「ピャーィ」フッルチーン



全裸上条「ピャビャイ?」キョロキョロ


全裸上条「ピャビャッピャーイ」バッ



全裸上条「ピャイ」スタコラサッサ




その頃の上条家

上条当麻「やっぱり前日からの右腕は最高だ!」

インデックス「美味しいんだよ!」

上条当麻「しばらくは右腕で食いつなげるな!」

インデックス「うん!」




同時刻

警察官「さて、御坂美鈴さんが御坂美琴さんのご遺体と面会するから、死体を安置室に移さないと」


ギィィーッ



白井黒子「おねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさまおねえさま」ガツガツ


警察官「ひぃっ!遺体を食ってる!」

白井黒子「おねえさま美味しいですのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!」


警察官「」バタン





次の日


佐天「白井さんが御坂さんを食べたーうへへへへ」ジョロジョロジョロ


初春「先生、佐天さんはまともになるんですか?」

リアルゲコタ「わからない、ただ最善は尽くそう」

初春「お願いします」


同時刻


御坂妹「お姉様が死んだ、とミサカはショックを受けます」

御坂妹「ん?」

全裸上条「ウピャイ?」


御坂妹「まさか、誘っているのですか?」


全裸上条「ウピ?」

御坂妹「」ハァハァ





御坂妹「ウヒョウ!」ルパンダイブ


全裸上条「ピャビャイ!?」




ピャビャイ!?

オラッ タタセヤガレトミサカハケモノニナリマス

ピー!?

ナエテンジャネーヨ タテヨタチヤガレヨ とミサカハイカリヲアラワニシマス


パャーィ


コイヨカミジョウトウマ ハジナンテステテカカッテコイ トミサカハチョウハツシマス

ビピッ


アーッ コレハキモチヨスギテイキマストミサカハカカイラクノウズヘミヲマカセマス!


ビッ



アーッ モットモットオチンポミルクヲミサカニクダサイ アファーン!





御坂妹「ふぅ」艶々

全裸上条「」チーン


御坂妹「まさか服上死してしまうとは、流石に10時間はやり過ぎましたとミサカは反省します」

御坂妹「とりあえず死体を放置も気が滅入るので、今日はお姉様の告別式兼上条当麻で鍋パですね、とミサカは予定を組みます」


御坂妹「」ジュルリ




その日の夜


カミジョウトウマウマスギワロタトミサカハカンゲキシマス

ヤバイコレハウマイトミサカハナミダヲウカベマス

マツサカウシニカッテンジャネーカ トミサカハシンケンニソウオモイマス

ヤベェクセニナリマス トミサカハシンケンニカンジマシタ

ウマイトミサカハシタツヅミヲウチマス





そして次の日


御坂妹「すいません、右腕をください、とミサカは頭を下げます!」

上条当麻「いいぜ、右腕くらいならいつでもやるぜ」

インデックス「私もとうまの右腕食べたいかも」

上条当麻「じゃあ今日は右腕パーティーだな!」

御坂妹「わくわく」
インデックス「わーい」


こうして今日も学園都市は平和であった




後、上条さんの右腕を食べる権利を巡って第四次世界対戦が起きるのはまた別のお話



おしまい




オマケ 上条当麻の右腕を食べた皆さんの反応




一方通行「ウメェ!?この旨さはなンなンだァ!?」


佐天さん「美味しいです!」


青ピ「これはパンに合いそうやね」


神裂「ぬほぉぉっ!美味しいですぅぅぅぅぅ!」


☆「美味だな」


五和「」ビクンビクン


エイワス「ヘッダ★足りなwjagdjaのぉぉmjatjmka.mぉぉぉぉぉっ!」


麦野「おかわりだっ!」















山岡「この上条当麻の右腕は出来損ないだ。明日ここに来て下さい――本物の上条当麻の右腕を食べさせてあげますよ」






オマケ おしまい



このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom