リト「おーい、ララー」ボーボボ「どうしたの!?どうしたの、リト!?」(126)

結城家 リトの部屋

リト「うぅん……。ふわぁ……朝か……」

リト「よっと」

ボーボボ「あ、おはよう。リト!」

リト「うーん。今日は美柑が起こしに来るよりも早く起きれたみたいだな」

ボーボボ「美柑ならもう朝ごはんの準備してるよ!」

リト「おーい、ララー」

ボーボボ「どうしたの!?どうしたの、リト!?」

リト「起きてるかー、ララー?」スタスタ

ボーボボ「……」

ボーボボ(ララ、無視されるぅー!!!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371795025

リト「おーい。ララー?おかしいな。いつもなら、飛んでくるはずなのに……」

「きゃー!!!やめてー!!!」

リト「今の悲鳴は!?」

ボーボボ「チワワの悲鳴だ!!」

リト「美柑!!!」ダダダッ

リト「――美柑!!どうした!?」

美柑「やめて!!やめて!!」

首領パッチ「いいじゃねーかよぉ!!!減るもんじゃねえだろ!!!コーラの一杯や二杯ぐらいでガタガタ抜かすなぁ」

美柑「減るから!!そのコーラはリトのなの!!」

首領パッチ「知るかよ!!これはコーラの神がこの冷蔵庫の中に入れたものだろうがよぉ!!!」

美柑「それ、私が買って入れてきたんだけど?」

首領パッチ「それとこれとなんか関係あるわけぇ!?!」

美柑「もー!!!返して!返して!!」ガンッ!!!ガンッ!!!

首領パッチ「いでっ!?!あだっ!?!!フライパンハンマーはやめてぇ!!!」

リト「美柑!!大丈夫か!!!」

美柑「あ、リト」

首領パッチ「お兄ちゃん!!!きいてよぉ!!この愚妹が私の頭を鈍器で叩くのよ!?どうおもう!?」

リト「怪我はないか?」

美柑「うん、大丈夫」

首領パッチ「……」

首領パッチ(美柑、無視されてるぅー!!!!)

ボーボボ「もう!リトったら、どうして私と美柑を無視するの!?酷いわ!!!酷過ぎて……私……酷過ぎて……!!」

ボーボボ「羽生名人と対局しちゃうんだからぁ!!!!」

首領パッチ「はい、王手」パチッ

ボーボボ「それ、二歩」

首領パッチ「わぁお。イッツ、ファンタスティック!」

リト「よかった。とりあえず朝飯にしようぜ」

美柑「あ、うん……」

ボーボボ「いつまでララを無視するつもりですかぁー?」

首領パッチ「そろそろ美柑もキレ気味、みたいなぁー?」

リト「今日の朝飯は?」

美柑「えーと」

ボーボボ「煮豆だけど?」

リト「……美柑、ララを見なかったか?」

首領パッチ「ここにいるじゃん」

ボーボボ「ララだよーっ」

リト「お前ら!!!誰だよ!!!!ララでも美柑でもないだろ!!!!」

ボーボボ「いーや、ララだ」

リト「全然違う!!!」

ボーボボ「いーや!!!オレはララだ!!!ラララーラ・ラーララ・デビルークだ!!!!」

リト「ラーララ!?!」

ボーボボ「ララがいっぱいで嬉しいだろ?」

リト「意味がわからない!!!」

ボーボボ「どうして!?!一緒に暮らしてきたのに!!!」

リト「お前がララじゃないからだ!!!!」

首領パッチ「まぁ、落ち着けてってお兄ちゃん。今は煮豆を食おうぜ」

美柑「こら、勝手に食べないで。頂きますが先でしょ?」

首領パッチ「はぁぁ!?!いただきますっ!!!!」

美柑「食べて、よしっ」

首領パッチ「やっふぅー!!!煮豆うめぇー!!!!」

リト「ララはどこだ!!!」

ボーボボ「ここにいるだろ。ナイスガイが」

リト「ララはナイスガイなんかじゃないぞ!!!もっと可愛い!!!」

ボーボボ「てめぇ。オレが可愛くないって言いたいのか?」

リト「誰がどうみても可愛いなんて感想出てこないだろ!!!」

ボーボボ「ふんっ。ならば、思い知らせてやろう」ニュルルル

リト(鼻毛でたーっ!!!)

ボーボボ「鼻毛真拳奥義!!!!『キューティクルボーボボ!!!』」

ボーボボ「うきゅぅ?」

リト(うぜぇー!!!)

ボーボボ「どうだ?」

リト「どうだも何も、可愛くないって言ってるだろ!!!」

ボーボボ「そんな態度をとっていていいのか?」

リト「な、なに……?」

ボーボボ「貴様の大事な妹がどうなってもいいんだな……?」

リト「美柑!?」

ボーボボ「後ろを見てみるがいい!!!」

リト「なんだと!?」バッ!!!

美柑「……」

首領パッチ「はぁー。やっぱり、梅雨はコタツに美柑だなぁー」

美柑「あの……」

首領パッチ「コタツの上に美柑がないと、どうにもなぁー」

ボーボボ「良い眺めですなぁー。やっぱり、コタツの上に美柑は風流ですなぁー」

美柑「流石にコタツは季節はずれかなって思うんだけど……」

リト「美柑!!何やってるんだ!!行儀悪いから降りろ!!」

首領パッチ「風流を乱すとは、不貞な輩だ。ボーボボさん、やっちまってください」

ボーボボ「任せておけ……」ニュルルル

リト「何をするつもりだ!?」

ボーボボ「鼻毛真拳奥義!!!『忍び寄る鼻毛!!!』」ニュルルル

リト「な……!!鼻毛が体に巻きついて……!!!」

ボーボボ「くくく……」

リト「あっ……そこはっ……はぁ……」ビクッ

美柑「やめてぇー!!!!」ガンッ!!!!ガンッ!!!!

ボーボボ「ごへっ!?!?!」

首領パッチ「でたぁー!!美柑のフライパンハンマーだー!!!」

美柑「ついでに、えいっ!!」ガンッ!!!

首領パッチ「ごぱぁ!!!!」

リト「はぁ……助かった……。ありがとう、美柑」

ボーボボ「どういたしまして、お兄ちゃんっ」

美柑(台詞、とられたっ!?)

リト「で、おまえ達は何者なんだ!?」

ボーボボ「そうよ!!はっきり答えてよね!!!」

美柑「一体何が目的なの!?」

首領パッチ「……」

ボーボボ「黙ってたら、わかんないでしょ!?」

首領パッチ「てめぇはこっちサイドの人間だろうがぁ!!!!!」グイッ!!!

美柑「あれ?そうだっけ?」

首領パッチ「あとで、ちゃんとDS貸してやるから」

美柑「約束だからね」

首領パッチ「任せろ」

美柑「私たちがここへ来た理由はー」

リト「美柑!!!ふざけるな!!!違うだろ!?」

ボーボボ(やだ、美柑ちゃんってもっと真面目だと思ってたのに、案外のってくれる)

首領パッチ(美柑ちゃん、優しい子……母さん、嬉しい……)

美柑「ごめん、リト。でも、これララさんの発明品かなにかじゃないの?」

リト「え?」

美柑「新しい玩具かなって思ってたんだけど……」

首領パッチ「オレたちをおもちゃ扱い!?!!」

ボーボボ「怖い!!美柑、怖い!!」

美柑「違うんだ。ということは、モモさんやナナさんの仕業ってわけでもないのかな」

リト「そういえばその三人はどうしたんだ?これだけ騒いでも降りてこないなんて……」

美柑「ちょっと見てくる」テテテッ

リト「早く頼むぞ」

ボーボボ「あー。味噌汁おかわりー」

首領パッチ「はぁーい、ただいまぁー。おらぁ!!!!味噌汁一丁!!!!」バシャァ!!!!

ボーボボ「ぎゃぁー!!!!あっちぃー!!!!!わかめがうまーい!!!」

首領パッチ「たかが朝食、されど朝食。気を抜くと死ぬぞ。覚えておけ」

天の助「リトー、ララさんたちいなかったぁー」テテテッ

リト「誰だ!?!?」

天の助「誰だって……。ところ天の助に決まってるじゃないか」

リト「しらねーよ!!!」

美柑「ごめん、リト。ララさんの部屋にララさんいなかった。代わりにところ天の助さんが……」

リト「な、なんだと……?」

ボーボボ「これでわかっただろ?」

リト「なにが?」

ボーボボ「ラララーラ・ラーララ・デビルーク!!!」

首領パッチ「首領ナナッチ!!!」

天の助「ところモモの助!!!」

ボーボボ・首領パッチ・天の助「「我等、木更津デビルークガールズ!!!」」バーンッ!!!

美柑「おーっ」パチパチ

リト「だから、誰だよ!!!なんで木更津なんだよ!!!」

美柑「それ、私も思った」

ボーボボ「あぁー?木更津、いいところだろうがよぉ」

リト「知るかぁ!!!」

ボーボボ「ったく。色々面倒な奴だな」

リト「いいから説明してくれ。おまえ達がどうしてここにいるのかを。あと、ララたちはどこだ?」

首領パッチ「ふわり!どんぱっち!第二巻がもうすぐ発売!」

天の助「さぁな。オレたちはただ頼まれてここに来ただけだからな」

リト「頼まれてって、誰に?」

首領パッチ「ふわり!どんぱっち!」

ボーボボ「それを知ってどうする?」

リト「どうするって、なぁ?」

美柑「この状況を説明してくれないと……」

首領パッチ「ふわり!どんぱっち!第二巻はもうすぐ発売!」

美柑「……それ、面白いの?」

首領パッチ「うん!どーぞ!!」

美柑「どれどれ……ほぉー」

ボーボボ「そりゃステマかーっ!!!!」ドゴォ!!!!

首領パッチ「バレたぁー!!!!」

ボーボボ「とにかく、お前は普段通りの生活をしてくれていればいい」

リト「待ってくれ!!ララたちはどこに……!!」

ボーボボ「オレをララだと思えばいい」

リト「無茶だろ!?」

首領パッチ「あぁーはいはい。分かった、分かった。エロガッパさんよぉ」

リト「エロガッパ!?」

首領パッチ「女の子成分が不足して、イライラしてんだろ?」

美柑「え……」

リト「そんなことない!!!」

ボーボボ「なるほど。流石は楽園に住まう男。妹だけでは満足しないということか」

リト「ち、違うっていってるだろ!!!」

ボーボボ「皆まで言うな。今、とびっきりの美少女を呼んでやる」

リト「天の助か?」

ボーボボ「……」

リト「……」

首領パッチ「どうすんだよぉ!!バレてるぞ!!」

ボーボボ「もう天の助は着替え済んでるのに……!!!」

天の助「もう出てもいいー?」

ボーボボ「もう少しお色直ししてろ」

天の助「えー?もうメイクもすんで――」

首領パッチ「おらぁ!!!!」ドゴォ!!!!

天の助「ぷごぉ!?!」

首領パッチ「メイクが乱れたな。ほら、直して来い」

天の助「うん……」

首領パッチ「ボーボボ。あのクソガキ、結構察しがいいじゃねーか。どうする?」

ボーボボ「仕方ない。リトを油断させるためにビュティも呼ぶしかない」

天の助「できたよー」

ボーボボ「空気よめっ!!!!」ドゴォ!!!!

天の助「またぁ!?!ぐぼぉ!?!」

リト(何やってんだ……あいつら……)

美柑「リト、そろそろ学校行かないと。今日、日直って言ってなかった?」

リト「あ、いっけね。そうだった。そろそろ行かないと」

美柑「はい。お弁当」

リト「サンキュ」

首領パッチ「はい、ベン・ハー」

ボーボボ「212分もどこで暇を潰せっていうんじゃー!!!!」

首領パッチ「いいじゃない!!!こっそり視聴覚室使えばいいじゃない!!!」

リト「お前、ついてくるつもりか!?」

ボーボボ「当然だ」

リト「目的があるんだろ?言ってくれ」

ボーボボ「そうだな。お前の調査に来た。それだけ言っておこう」

リト「調査……!!」

首領パッチ「超長!?一体、どんな長なの!?超町長なの!?」

天の助「ホッホッホッホ、私はまだ3回、長を残していますよ」

美柑「村長、町長、番長?」

リト(でも、こいつはオレの傍にいるっていうなら、少なくとも美柑の心配はしなくて済むし……。でも、学校には春菜ちゃんも……)

美柑「リトー、遅刻ー」

リト「あぁ!!もう!!勝手にしろ!!!」

ボーボボ「うんっ!するっ!」

首領パッチ「それじゃあ、言ってくるぜ!!」

美柑「いってらっしゃーい」

天の助「オレもいこ――あ、あれれ?上手く歩けないぞ?」

セリーヌ「まうまう」モグモグ

天の助「……」

セリーヌ「まうー……」モグモグ

天の助「うわぁぁぁぁぁ!!!!!!!オレ、食べられてるー!!!!!うわぁぁぁぁぁ!!!!!!」

美柑「美味しい?」

セリーヌ「まうっ!」

美柑「ダメだよ。こんなの食べたらお腹壊すから」

天の助(え……。オレ、そんなに見た目グロテスク……?)

通学路

リト「はぁ……」

ボーボボ「きゃー!!!やだぁー!!!転校初日なのに寝坊しちゃったー!!!」ダダダダッ

首領パッチ「ふんふふーん」

ボーボボ「いやぁー!!どいてくださぁーい!!!」

首領パッチ「な……!?!」

ボーボボ「ぶつかるぅー!!!!」

首領パッチ「緊急回避!!!」ササッ

ボーボボ「無駄だ」

首領パッチ「なに……!?」

ボーボボ「だって、追跡しちゃう。ホーミング女の子だもんっ!!」ドガッ!!!

首領パッチ「ぶばぁ!!!!」

リト「……」

春菜「あ、結城くん。おはよう」

リト「あぁ!春――西連寺、おはよう!!ささっ、一緒に学校行こうぜ!!」

春菜「今日はララさんたちと一緒じゃないの?」

リト「ああ!!うん、実はそうなんだ!!」

ボーボボ「ララはここにいるよー、はるなー」

春菜「え?」

リト「おい!!お前……!!!」

ボーボボ「ねえねえ、今日はテストあるでしょー?勉強してきたぁー?」

春菜「うん、してきたけど……」

ボーボボ「私は全然、してないの!!もうね!!ちょーやばーってかんじー?でも、そのお陰で23時間は寝ちゃったー」

春菜「そうなんだ。でも、23時間も寝ちゃうと逆に疲れない?」

リト「おい!!西連寺には近づくな!!!!」

ボーボボ「ちっ。お前、今までの嬉し恥ずかしハプニングの数々は誰のお陰だと思ってんだ?」

リト「どういうことだ!?」

ボーボボ「てめえ、自分の力だけで不自然に転んで、女の子に接触してきたとおもってないだろうな?」

リト「いや、あれは全部偶然で……」

首領パッチ「この世に偶然なんてない。あるのは必然だけなんだぜ?ボウヤ?」

リト「どういう意味だ!?」

ボーボボ「今までお前がいい感じに転んできたのも、全部、オレの鼻毛によるものだー!!!!」ニュルルル

首領パッチ「えぇー!?!!そうなのー!?!」

春菜「どういうことですか?」

ボーボボ「よく分かる解説をしてやろう」

首領パッチ「あー。今日も女の子の胸に飛び込みたいなー。でへへへへへ」

リト「オレ、そんなこと一度も思ったことないから!!!!」

ボーボボ「そんなエロガッパの近くに美少女が通りかかる」

春菜「えーと……」オロオロ

ボーボボ「うん、お前」

春菜「……ゆ、ゆうきくーん」テテテッ

リト(春菜ちゃんが餌食にー!!!!)

首領パッチ「うっひょひょっひょ!!!!今日の生贄はおまえかぁー!!!!」

春菜「きゃ、きゃー」

リト「趣旨が変わってるだろ!!!!」

ボーボボ「春菜ちゃぁーん!!!!!」ガシッ!!!

首領パッチ「え!?なになに!?!」

ボーボボ「春菜ちゃんを脅かす者は、お天道様が許してもこの結城リトが許しはしねぇ!!!!!」

首領パッチ「やめてぇ!!!!やめてぇ!!!!投げないでぇ!!!!」

ボーボボ「コンクリで頭冷やしてこいやぁ!!!!!」ブゥン!!!!

首領パッチ「いやぁぁぁ!!!ぐばぁ!!!!!」

リト(頭がかち割れたー!!!!冷やすどころじゃねー!!!)

ボーボボ「大丈夫か、春菜?」

春菜「あの……あなたは……?」

ボーボボ「名乗るほどのもんじゃない……。だが、これだけは言っておこう。俺の名は、ボボボーボ・ボーボボだ」

春菜「ボーボボさん……。いつも私を助けてくれていたのは……」

ボーボボ「オレだぁー!!!!」

リト(自己主張はげしぃー!!!!)

春菜「……」ポッ

リト「西連寺!?!何で頬染めてるんだ!?!」

ボーボボ「と、いうわけだ」

首領パッチ「よく分かっただろ?」

リト「わかんねえよ!!!そもそもそんな展開になったことないから!!!」

春菜「そうだったんだ」

リト「納得してるし!!!」

ボーボボ「物分りが早くて助かる。さてと、行くか。遅刻するぞ」

春菜「はい。結城くんもいこ」

リト「西連寺、どうしてこんなやつのいうことを信じるんだ?」

春菜「え?結城くんの知り合いなら、悪い人じゃないかなって……」

リト「西連寺……」ドキッ

首領パッチ「この、胸のドキドキは……一体……なに……?」

ボーボボ「……これだ」ペラッ

首領パッチ「それは……!!デスノート……!!!!」

ボーボボ「えーと、首領パッチは胸がドキドキして死ぬっと」カキカキ

首領パッチ「いやぁぁぁぁぁ!!!!!!ドキドキして死んじゃう!!!ドキドキして死んじゃう!!!!いやぁぁぁぁ!!!!」

ボーボボ「黒鼻毛危機一髪でドキドキするしかないな」

首領パッチ「やめろ!!!これ以上、ドキドキしたら、オレ死んじまうだろ!!!」

ボーボボ「何いってんだ?これはゲームだ。ほら、好きな鼻毛を抜け」ニュルル

首領パッチ「本当に死なないんだな?」

ボーボボ「ああ。心配するな」

首領パッチ「じゃあ、これ」ブチッ

ボーボボ「いってぇなぁ!!!!なにすんじゃ、ワレぇ!!!!!」ドゴッ!!!!!

首領パッチ「げへぇ!?!」

春菜「楽しそう……」

リト「西連寺、行こう。あいつらに付き合ってたら本当に遅刻するから」

春菜「うん」

ボーボボ「……」

首領パッチ「やっぱり……死ぬんじゃねえかぁ……」

ボーボボ「生ゴミ!!!結城リトを追うぞ!!!!」ゲシッ!!!!

首領パッチ「ぎゃぁ!?!」

学校

リト(はぁ……ララのやつ……一体どこに……。とりあえず説明してほしい……)

春菜「結城君、元気ないね。ララさんが居ない所為だったり……」

リト「そんなことないって!!」

ボーボボ「本当にそうなのか?」

リト「なに!?」

首領パッチ「知ってるんだぜ、オレたち。お前の秘密を」

リト「秘密……!?」

春菜(結城くんの秘密……!!)ドキドキ

ボーボボ「風呂に入るたびに洗面器を被っては屯田兵だって言い張ってることはなぁー!!!」

リト「そんなことするかぁー!!!」

首領パッチ「はぁ?じゃあ、ベッドの下に隠してある屯田兵グッズはなんだよぉ!?あぁん?夢か幻かぁ!?」

リト「そんなものない!!!!」

春菜「ふんふん……」メモメモ

リト「西連寺、何メモしてるんだ!?!」

ヤミ「朝から騒々しいですね、結城リト」

リト「ヤミ!!丁度良かった!!助けてくれ!!」

ヤミ「それは依頼ですか?なら、依頼料はスイス銀行のほうに……」

リト「いつからそんな料金徴収を始めたんだよ!?」

ヤミ「先週からですが」

ボーボボ「お前は……」

ヤミ「……あなたは」

ボーボボ・ヤミ「「誰!?」」

リト「なんだよ、そのリアクション!?!知ってるんじゃないのか!?」

ヤミ「私は金色の闇」

ボーボボ「奇遇だな。オレもだ」

リト「お前、ボーボボだろ!!!さっき言ってたじゃないか!!!」

ボーボボ「はぁ?お前、頭おかしいんじゃねえの?オレ、金色の闇だし。ほら、髪の毛、金色に輝いてるだろ?」

リト「結局、お前はなんなんだ!?!」

ヤミ「同業者ですか。貴方のターゲットも結城リトなのですか?」

ボーボボ「うんっ。そうだよ?」

ヤミ「ならば。私の敵、ということになりますね」シャキン

首領パッチ「てめぇ……!!!」

春菜「ヤミちゃん!!」

リト「ヤミ!!ほどほどでいいからな!!!なんか、ララも関わってるっぽいから!!」

ヤミ「プリンセスも?分かりました。ほどほどにします」

ボーボボ「おもしれぇ。手加減して、この金色の鼻毛に勝てると思ってんのか?」ニュルリン

ヤミ「金色の鼻毛……!?」

リト(だから、お前は何者なんだよー!!!?)

ボーボボ「いくぞぉぉぉぉ!!!!!!」

ヤミ「やー」ズバッ!!!ザンッ!!!バシュッ!!!

ボーボボ「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!!!」

リト(全然、てかげんしてねー!!!!掛け声がゆるいだけだぁー!!!!)

首領パッチ「お前もトランス能力をもってんのか?」

ヤミ「お前もということは……あなたも?」

首領パッチ「ああ。ま、てめえのより数倍精度は高いけどな」

ヤミ「聞き捨てなりませんね」

リト「ヤミ!!手加減!!手加減だからな!!」

首領パッチ「よっしゃぁ!!!なら、トランス勝負といくぜぇ!!!!おい、春菜ぁ!!!!お題だせ!!!お題!!!」

春菜「え!?お、お題!?」

首領パッチ「何に変身して勝負するのか、お題をくれっていってんだよぉ!!!」

春菜「えーと……えーと……。あ、アメ、とか?」

首領パッチ「アメ!?はっはぁー!!!オレの十八番だぁ!!!!」

ヤミ「アメにトランス、ですか?」

首領パッチ「まずはオレからだ!!!――トランスフォーム!!!アメ!!!!!」

春菜「わぁ、すごい」

首領パッチ「ほぁら、みろ!!!この完璧なトランス!!!ガキには無理だろ!!!!あっはっはっはっはっは!!!!!」

ヤミ「トランス、ハンマー」プチッ!!

首領パッチ「ぺちゃぁ!!!」

リト「ヤミぃぃ!!!!」

ヤミ「なんですか?」

リト「いや!!手加減してくれっていったじゃないか!!!」

ヤミ「している、つもりです」

リト「つもりじゃ困るんだって!!!」

首領パッチ「ぐぐっ……やるじゃねえか……!!」

ボーボボ「油断したぜ……。顔が可愛いから」

ヤミ「結城リト。下がってください」

リト「ヤミ……!!」

春菜「結城くん、日直の仕事はいいの?」

首領パッチ「もう勘弁ならねえ!!!ボーボボ!!!やっちまうぞ!!!!」

ボーボボ「一人でいけ」ゲシッ

首領パッチ「え――」

ヤミ「参ります」ザンッ!!!

首領パッチ「ぎょぇぇぇぇ!!!!!」

ボーボボ「首領パッチぃぃぃぃ!!!!!!」

ボーボボ「ぐぐ……!!金色の闇……まさか、これほどとは……はぁ……はぁ……」

首領パッチ「ボーボボ!!くそぉ!!!ボーボボがここまでの深手をおうとは……!!!」

リト「うそだろ!?今攻撃されたの、首領パッチだっただろ!!!」

首領パッチ「ゆるせねえ……。金色の闇……!!!――こいつで、ケリつけてやるぜぇ!!!!この剣でなぁ!!!」シャキン!!!

リト(ネギだぁー!!!)

ヤミ「それは……!!!ドンパッチソード……!!」

リト「知ってるのか、ヤミ!?!」

首領パッチ「おらぁぁぁ!!!!友の仇ぃぃ!!!!」ダダダッ

ヤミ「くっ……!!なんてプレッシャー……!!」

リト「ただのネギだぞ!?!」

首領パッチ「くたばれやぁ!!!!!」

ヤミ「そうはいきません。必殺――」

ボーボボ・ヤミ「「金色の二重殺!!!!」」バーンッ!!!!

首領パッチ「ぐわぁぁぁぁぁ!!!!」

リト(あの二人、息が合ってるー!!!!)

首領パッチ「ぐぇ」ドサッ

ボーボボ「常夜が金色に輝くとき……」

ヤミ「魂は眠る」キリッ

リト(決め台詞まで!?!)

春菜「結城くん、日直の仕事どうするの?」

リト「え!?ああ、でも、それどころじゃ……」

ボーボボ「ばかやろぉ!!!日直を甘く見るなぁぁぁ!!!!!」

リト「な、なんだよ!?」

ボーボボ「早く行かないと、花が枯れるだろうがぁ!!!!」

リト「……わかった。行ってくる」

春菜「あ、私も行く」テテテッ

ヤミ「……ところで、貴方達とプリンセス・ララとの関係は?」

ボーボボ「そうだな。分かりやすくいうなら、掃除機のコードを絡ませて一度では巻き戻らないようなものだ」

ヤミ「複雑、ということですか。どちらにせよ、結城リトには手出し無用です」

ボーボボ「それはできない相談だな。だって、私、結城くんのこと……好きになっちゃったんだもんっ」モジモジ

教室

リト「はぁー……疲れた……」

春菜「ボーボボさんはララさんと知り合いなの?」

リト「多分。ララがいないからなんともいえないけど、ララと入れ替わりで来たみたいだから少なくとも無関係じゃないと思う」

春菜「そうなんだ」

リト「早く帰ってきてほしいよ……」

ボーボボ「それってララさんのことが好きってこと?」

リト「なっ!?」

首領パッチ「はっきり言えば、そうなる」

ボーボボ「やだ!!やだやだ!!!ララさんのことばかり見てないで、西連寺春菜のこともみてー!!!」

首領パッチ「春菜ちゃん……。じゃあ、穴が開くほどみてあげる」ジーッ

ボーボボ「やだぁ!!結城くんっ、そんなに見つめたら……見つめたら……!!!!」

首領パッチ「ほら、もうすぐ穴があくぞぉ?」

ボーボボ「ぎゃぁぁぁぁ!!!!!胸に穴がぁぁぁぁ!!!!このままじゃ虚になっちゃうぅぅ!!!!!」

リト「お前ら!!うるさい!!!教室の外にいろよ!!!」

ボーボボ「虚閃!!!」ドォォォン

首領パッチ「ぎゃばぁ!!!!」

リト「もう知るか!!」

春菜「結城くん、落ち着いて、ね?」

ボーボボ「ちっ。仕方ねえ。行くぞ」

首領パッチ「おう」

春菜「はい」

リト「西連寺は居てくれ!!!」

春菜「え……?そ、それって……」モジモジ

リト「いや、えっと……そう言う意味じゃなくて……!!」

ボーボボ「ヒューヒュー!!あついねえ!!!」

首領パッチ「プロポーズ!!プロポーズ!!!」

ボーボボ「羨ましい過ぎて殺意わくっ!!!!」ドゴォ!!!!

首領パッチ「オウ!!シットッ!!!!」

リト「黙っててくれぇぇ!!!!」

リト「はぁ……もういやだ……」

春菜「あはは……」

唯「ちょっと。結城くん?」

リト「古手川。おはよう」

唯「廊下の人、結城くんの知り合い?」

リト「え?ああ、なんていうか、ララの知り合いだと思う」

唯「どっちでもいいけど、どうにかしてほしいんだけど」

リト「え?なにかしてるのか!?」

唯「バケツを頭に被って屯田兵がどうのこうって叫んでるけど?」

リト「あのバカ……!!」ダダダッ

唯「あ、ちょっと!もう……」

春菜「おはよう、古手川さん」

唯「なにかったの?結城くん、やつれてるけど」

春菜「ちょっと、忙しいみたい」

唯「ふぅん……」

ボーボボ「屯田兵ー!!!機内に屯田兵のかたはいらっしゃいませんかぁー!!!!」

首領パッチ「オレだ」ガタッ

ボーボボ「早く開拓してください!!新しいラーメン屋を開拓してください!!!」

首領パッチ「まかせろ」

リト「お前ら!!!何やってんだよ!!!!」

ボーボボ「見ての通りだが?」

リト「見て分からないから聞いてるんだろ!?!」

首領パッチ「はぁぁ?どうみてもラーメン屋ルポライター屯田兵だろ?」

リト「意味わかんねえよ!!!いいから大人しくしててくれないか!?!」

ボーボボ「何をそんなにカリカリしている?」

首領パッチ「美少女成分がなさ過ぎて、禁断症状が出てるんだろ?」

ボーボボ「エロガッパ。いや、もうお前はカッパだ」

リト「カッパじゃない!!!」

首領パッチ「雨合羽か」

リト「レインコートでもない!!!オレは人間だ!!!」

春菜「結城くん、大丈夫?」

リト「西連寺……!」

ボーボボ「いまだ……!!」シュルルル

リト「え!?」

ボーボボ「鼻毛真拳奥義!『ラッキースケベ体験!!』」

リト「わわっ!!引っ張られる!!!」

ドンッ!!!

リト「いつつつ……」ムニョッ

「あんっ」

リト「この感触は……?」ムニッムニッ

首領パッチ「やめてぇ……オレのトゲを揉まないでぇ」

リト「……ふんっ!!」ドゴォ!!!

首領パッチ「あばぁ!!!」

春菜(結城くんがついに怒ったぁー!!!)

ボーボボ(怖いよー!!)

リト「何が目的なんだ!!はっきりしろ!!オレの調査ならオレだけに迷惑をかけろ!!!西連寺やヤミを巻き込むな!!!」

春菜「結城くん……」

ボーボボ「そうも行かない」

リト「なんだと!?」

ボーボボ「こちらにも事情があるからな」

リト「だから、その理由を――」

ララ「リトー!!!」ヒューン!!!

リト「ララ!?」

ララ「クロスチョップ!」ドガッ!!!

リト「がはっ!!!」

春菜「ララさん!?!?」

ララ「大丈夫!?リト!?」

リト「あ……あぁ……」

首領パッチ「ついに現れたな、ボーボボ!!!」

リト「いや、これはララだから!!!間違いなく!!!」

ララ「やっぱり来てたんだ、ボーボボ」

ボーボボ「久しぶりだな。ラララーラ・ラーララ」

ララ「その名前で呼ばれるのは本当に久しぶり」

リト「そうなのか!?!」

ララ「ボーボボ。もう帰っていいよ」

ボーボボ「なに?」

ララ「パパに言われて来たんでしょ?」

リト(パパって……!!)

ボーボボ「……」

ララ「そういうことはしないでって、言っておいたはずだけど」

ボーボボ「オレは頼まれたことをしているに過ぎない」

ララ「だったら、もういいから。パパにも言っておいたし」

ボーボボ「ほう?だが、オレは一度やると決めたことは最後まで貫き通す主義だからな」

ララ「それって、リトの調査を続行するってこと?」

首領パッチ「ちょっと!!!針に糸が通らないけど!?早く貫いてよ!!!じゃないと傷口が縫えないじゃない!!!」

春菜「よっと。はい、通ったよ?」

首領パッチ「あんた……天使か……!?」

春菜「ううん、春菜です」

首領パッチ「春巻き!?あんた、春巻きなの!?!」

ボーボボ「そうなるな」

首領パッチ「えぇぇー!?!?春巻きがヒロインってどんな世界なの!?」

リト「オレの調査って、そういうことか……」

ララ「リト、ごめんね。また私の所為で……」

リト「いや、それはいいんだけど……」

ボーボボ「本当に結城リトがボボボーボ・ボーボボの婿に相応しいかどうか、ラーララが見極める!!!」

リト「違うだろ!?逆だろ!?」

ララ「なら、力尽くでもボーボボを……」

リト「ララ!!おい!!」

ボーボボ「ふんっ。いいだろう。ただし、容赦はしないぞ」

ララ「しなくていいよ。こっちも本気でいくから」

ボーボボ「行くぞ!!!ボーボボ!!!鼻毛真拳奥義!!!!『鼻毛激烈拳!!!!』」バシンッ!!!!バシンッ!!!!

ララ「くっ!流石、ララ。手ごわい」

リト「何いってんだよ!?ララはお前だろ!?」

ララ「そーなの!?」

リト「今更!?」

ララ「冗談、冗談。もー、リトったらー」

ボーボボ「余所見とは良い度胸だな!!!くらえぇぇー!!!!!」

ララ「む!――ペケシールド!!!」

ボーボボ「おらおらおらおらおらおら!!!!!!」ドドドドドドド!!!!

ペケ「うぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぁぁぁぁ!!!!!!!!」

リト「うわぁぁぁ!!!!ペケー!!!!!」

ララ「ふぅ。危なかった」

ボーボボ「さすがだな」

リト「ペケ!!しっかりしろ!!!ペケ!!!」

ペケ「リト殿……これが……私の役目……です……」

ララ「次はこっちから!!!」ヒューン!!!

ボーボボ「む!!――首領パッチガード」

首領パッチ「うわっ!!!なにすんだ!!!」

ララ「でやぁー!!!」

首領パッチ「やめろぉぉぉぉぉ!!!!!」

ボーボボ「がはははははは!!!!死ね!!!首領パッチ、死ねぇ!!!!」

首領パッチ「――窮鼠猫を噛む!!!」サッ!!!

ボーボボ「ぬぉ!?」

首領パッチ「いつまでもオレが盾役に興じると思うなよ!!!!」

ボーボボ「くそぉぉぉ!!!!」

ララ「ほっ!!はっ!!やっ!!!」ドゴォ!バキィ!!グシャ!!!

首領パッチ「ぐぼぇ!?おぼぉ!?ばはぁ!?!!?」

ララ「トドメー!!!」ドガッ!!!

首領パッチ「なぜだぁぁぁ……!!!!」

ボーボボ「そこに首領パッチがいるから……」

ララ「つっ……!!流石……!!」

ボーボボ「ララ・デビルーク……!!!噂に違わぬ実力だな……!!」

首領パッチ「ぐはっ」ドサッ

リト「お、おい……大丈夫か?」

首領パッチ「見せもんじゃねぇぞ!!!!!」

春菜「ごめんなさいっ!!」

リト「なんで、西連寺が謝るんだ!?」

ララ「ボーボボ。私、本気だよ?リトの傍にずっと居るって決めたの」

ボーボボ「あっそ」

リト(なんで興味なさそうなんだ!?!)

ララ「私がそう決めたの!!!だから、リトを調べる必要なんてないっ!!!」

ボーボボ「鼻毛真拳奥義!!!『エロガッパシールド』!!!」シュルルル

リト「うわぁ!!!」

ララ「きゃっ!?リト!?」

ボーボボ「これで攻撃できまい!!!ララ・サタリン・デビルーク!!!」

ララ「リト、ごめん!!!」ドガッ!!!!

リト「ふばっ!?!?」

ボーボボ「うそーん!?!」

ララ「パーンチ!!!!」ドゴォ!!!!

ボーボボ「ごへっ!?!?!」

ドォォォォン!!!!

ララ「……おっす!」

リト「おっすじゃねえ!!!ララぁ!!!痛いだろ!!!!」

ララ「でも、ああするしかなくて……」オロオロ

ボーボボ「くっ……まさか……エロガッパシールドを突破されるとは……!!」

ララ「もういいでしょ、ボーボボ。早く帰って」

首領パッチ「そうよ!!みんな迷惑してるのよ!?」

ボーボボ「じゃかましぃ!!!!」ゲシッ!!!!

首領パッチ「オレばっかぁー!!!」

ボーボボ「この程度でオレが引き下がると思ってるのか?」

ララ「どういうこと!?」

リト「お前の負けだろ!?」

ボーボボ「それはどうかな?――はい」サッ

ララ「それは……!!」

春菜「たい焼き……!?」

リト「だから、なんだよ?」

ボーボボ「まだ、分からないのか?」

ヤミ「たいやきっ」パクッ

リト(ヤミが餌付けされたー!!?!)

ヤミ「はむっ……はむっ……」モグモグ

ボーボボ「さぁ、続きを始めようか?」

首領パッチ「結城リトの調査は終わってねえんだ。ララ様には少しの間、大人しくしててもらわないとなぁ」

春菜「そんな……!」

ララ「ヤミちゃんを……卑怯ものー!!」

リト「ヤミ!!!もどってこい!!!」

ヤミ「正式に依頼を受理しました」

リト(いつからたい焼き一匹で引き受けるようになったんだぁー!?!)

春菜「ヤミちゃん、口元、アンコついてる」

ヤミ「プリンセス。安心してください。殺しはしませんので」ペロッ

ララ「もう……!!」

ボーボボ「これで3対3。良い勝負ができそうだな!!!」

リト「なんで西連寺まで頭数に入ってんだよ!?!」

ボーボボ「戦場に女も男もねえ!!!!」

リト「正論言ったつもりか!?」

春菜「こいっ!」

リト(春菜ちゃん、やる気まんまんだー!!!)

首領パッチ「ん~……ファイッ!!!」

ボーボボ「死ねおらぁぁぁ!!!!」ドゴォッ!!!

ララ「わからずやー!!!!」バキィ!!!!

首領パッチ「ぶへぇ!?」

ボーボボ「首領パッチ!!!おのれぇ……!!よくも首領パッチをぉ……!!!」

ヤミ「やりますね」

ララ「首領パッチ!!大丈夫!?」

春菜「首領パッチくん、しっかり!!」

首領パッチ「てめえら……いつか殺す……」

ボーボボ「フリーキック!!!」ゲシッ!!!!

首領パッチ「あばぁ!?!」

ヤミ「ボレーシュート」バキィッ

首領パッチ「はいっ!ゴミ箱へ!!」スポーンッ

リト(ゴミ箱にはいったぁー!!!)

ボーボボ「おてんばも行き過ぎると、傍迷惑だな」

ララ「せいっ!!」

ボーボボ「甘い!!何度も同じ手は通用しないぞ!!!!」サッ!!

春菜「キック!」ドゴォ!!

ボーボボ「想定外ィィ!!!!ぐばぁ!!!」

リト「西連寺!!!なにやってるんだ!?」

春菜「あ、見えちゃった……?」モジモジ

リト「そんなこと気にしなくていいから!!!」

ヤミ「全く。何をやっているのですか?」

ボーボボ「くそ……。まさかの戦闘力だ……」

ヤミ「春菜は私が取り押さえておきます」シュルル

春菜「え!?ちょっと……!!」

ヤミ「逃げられませんよ?」

春菜「そんな……くっ……!」

ララ「春菜!!」

ボーボボ「春菜を返して欲しければ、大人しくいうことをきけぇ!!!」

ララ「春菜をかえしてぇ!!!」ドゴォッ!!!

ボーボボ「ごほぉ!?!」

リト(人質意味ねぇー!!!)

ヤミ「プリンセス。落ち着いてください」

ララ「でも……!!」

ヤミ「結城リトの調査をさせてみてはどうですか?」

ララ「え……?」

ヤミ「確かに調査されるというのは気分の良いものではありません。ですが、何も不安がないのなら、堂々としているほうが楽だと思います」

ララ「それは……」

春菜(ヤミちゃん……もしかして……。結城くんのことを信頼しているからこそ……?)

ヤミ「もうなんか、めんっどちぃのでそれで手を打ちませんか?」

春菜(違った!!!)

ララ「うぅ……」

ボーボボ「いたい……おなかいたい……びぇぇぇん……!!」

ララ「そうだよね。リトは私が選んだ相手だもん。調査されても問題ないよ」

リト「ララ!!お前!!」

ララ「だってそうでしょ?リトに恥ずかしいところなんて一つもないもん」

リト「そ、そんな恥ずかしいこと、真顔で言うなよ……まったく……」

ララ「じゃあ、ドヤ顔でいう!――リトに恥ずかしいところなんて一つもないもんっ」ドヤァッ

リト「……はいはい」

ヤミ「ボーボボもこれなら満足でしょう?」

ボーボボ「いいや!!!満足できねええ!!!!」

リト「なんだと!?」

首領パッチ「まずは払うもん払ってからにしてもらいまひょか?」

春菜「何を払えっていうんですか?」

首領パッチ「んなもん、一つに決まってるやろがい!!!!あぁ!!!社会舐めてたら怖いでぇ!?」

春菜「……足払いっ」バシッ

首領パッチ「ごふっ!?」ゴンッ!!

リト(いつから格闘少女になったんだー、春菜ちゃん!?)

春菜「これでいいよね?」

首領パッチ「うんっ」

リト「別にいいけど、調査するときはオレ以外の人には迷惑かけないようにしてくれよ」

ボーボボ「いいだろう」

ララ「ごめんね、リト」ギュッ

リト「もう別にいいよ。こういうことには慣れた」

ボーボボ「……さてと。では、さっそく」

ボーボボ「結城リト!!!第1関門だ!!!!」

リト「なんだよ!?」

ボーボボ「オレを倒せ!!!!これはお前の力を見るものだ!!!!」

リト「……ヤミ」

ヤミ「なんですか?」

リト「んっ」ポイッ

ヤミ「たいやきっ」パクッ

リト「よろしく」

ヤミ「――トランス、ハンマー」ドガァ

ボーボボ「はいっ!!!クリアァァァ!!!!!」

ララ「リト、すごーい」

リト「いや、そうでもないよ」

教室

唯「ちょっと!!あなた、一体誰なの!?」

リト「古手川?どうしたんだ?」

唯「結城くん!!この人……なのかどうか分からない生物が結城くんの席を占領してて……」

リト「なに……?」

首領パッチ「よう。結城リトぉ。この席は居心地がいいから、占領させてもらってるぜぇ?」

リト「なんでそんなことするんだ?」

首領パッチ「これが第二関門。自分の居場所を取り戻せ、だからだよぉ!!!!」

リト「……ララ」

ララ「なぁーに、リトー?」

リト「首領パッチをどかしてくれ。オレが座れないから」

ララ「わかったー。よいしょ」グイッ

首領パッチ「……やるじゃねえか。だがぁ!!これでクリアと思うなよぉ!!!!」

ララ「キン肉バスター」ドンッ!

首領パッチ「ごばぁ!!!」

ボーボボ「大丈夫か!!!首領パッチ!!!」

首領パッチ「ボーボボ……」

ボーボボ・ヤミ「「マッスルドッキング!!!」」

首領パッチ「なぜ!?ぐばぁ!!!」

リト(ヤミがドッキングした意味がなーい!!!)

ボーボボ「結城リト。貴様、先ほどから女の手を借りっぱなしだな。男としてそれでいいのか?」

リト「……」

ボーボボ「お前は女に守られなければ何もできない男か?」

リト「なんだと……!!!」

春菜「結城くん……!!」

ボーボボ「女に囲まれて……幸せものがぁ!!!!」

首領パッチ「オレたちにもその幸せをわけてくださいっ!!!」

唯「ただの僻みじゃない」

ボーボボ「僻むわぁ!!!そりゃ、僻むだろぉ!!!こんだけモテてたらよぉ!!!!」ダンッ!!ダンッ!!!

ヤミ「貴方も人並みにそういうことは思うのですね」

ボーボボ「ヤミちゃん……。たい焼きあげるから、オレの彼女になって」

ヤミ「それはできません」

ボーボボ「いいのか?このたい焼き、普通じゃないぜ?」

ヤミ「え……?」

ボーボボ「泳ぐたい焼きだ」

ヤミ「お、およ、およぐ……!?」

ボーボボ「いけ!!泳ぐたい焼きくん!!」

首領パッチ「自分、泳ぎますからぁー!!!自分、泳ぎますからぁー!!!!」

ヤミ「これは……!!」

首領パッチ「空中遊泳とか、できますからぁー!!!!!」

ボーボボ「どうだ?彼女になりたくなっただろ?」

ヤミ「いえ、全く」

ボーボボ・首領パッチ「「!?」」

リト「そうだな……確かにそうかもな……」

春菜「結城くん?どうしたの?」

リト「オレはいつもみんなに守られてばかりだ……」

ボーボボ「そんなことはない。人は常に誰かを守り、守られているものだ」

リト「さっきと言ってることが違うだろ!!!」

首領パッチ「いーや。こいつは一人じゃなにもできねえ、腰抜けだ」

唯「ちょっと、何を根拠にそんなこというの?」

首領パッチ「よく見てろ!!!――トランスフォーム!!!トゲボール!!!!」

リト「なっ!?」

首領パッチ「おらぁー!!!この状況をどうにかしてみろー!!!おらぁー!!!!うぉぉぉお!!!!!」

春菜「……」

ララ「……」

リト「……」

首領パッチ「おぉぉぉ!!!!ぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」

ボーボボ「お前、一人でなにやってんだ?」

首領パッチ「――なんで、誰で投げないの!?なんで投げてくれないの!?おかしいよ!!!こんなのってないよ!!!!」

唯「……仕方ないわね」

首領パッチ「おぉ!!ここにも天使がいたか!!!」

唯「よいしょ」ガシッ

首領パッチ「よっしゃぁ!!!コテ川ぁ!!!やっちまえぇ!!!」

唯「せーのっ」

首領パッチ「首領古手川合体技ぁ!!!!!」

唯「鬼は外」ポイッ

首領パッチ「……もやっと」

リト(外に投げ捨てたぁー!!!?)

ボーボボ「首領パッチ……。永久に眠れ」

リト「でも、考えてみたら本当にオレはいつでもララやモモに守られてばかりだもんな」

ララ「そんなことないよ!」

春菜「うん。結城くんは頼りになるよ」

リト「……」

ララ「(ボーボボ!!リトが落ち込んじゃったけど!?)」

ボーボボ「オレはわるくねえ!!!」

ララ「ボーボボの所為でしょ!」ドゴォ!!!

ボーボボ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ

ボーボボ「――そのまま責任転嫁ぁ!!!!」ドゴォ!!!

ペケ「すいませぐぁー!!!!」

リト「……」

春菜「結城くん……」

首領パッチ「ねえねえ、結城のやつ、どうしちゃったわけぇ?超暗くねえ?根暗?」

春菜「きっとボーボボさんに言われたことを気にしてるんだと思う」

首領パッチ「マジで?結城ってヘタレじゃん。ぎゃっはっはっはっは!!」

春菜「……え?」

首領パッチ「あ、ごめん。殴らないで……」

唯「結城くん、とりあえずもうすぐ授業も始まるし、この人たちをどうにかしてほしいんだけど」

ボーボボ「銅にしてほしいだと?」

首領パッチ「金がいいですぅ!めっちゃくやしいぃ!金がいいですぅ!!」

ヤミ「私が闇に葬りましょう」シャキン

放課後

リト「さてと、帰るか」

ララ「リトー、かえろー」

リト「そういえばモモとナナはどうしたんだ?朝は居なかったみたいだけど」

ララ「ボーボボのことでちょっとね」

リト「やっぱりアイツがらみか」

ボーボボ「ちょっと!!首領パッチの給食費が盗まれました!!!怒らないから正直に手をあげなさい!!!」

首領パッチ「給食費がぁ~ボクの給食費がぁ~」

唯「この学校、給食出ないけど?」

ボーボボ「首領パッチは特別なんです!!!!」

首領パッチ「委員長崩れはだまってろよぉ!!!!」

唯「誰が委員長崩れよ!!!」

春菜「……」ゴソゴソ

春菜「……!」

春菜(私の鞄に給食費が……!?)

首領パッチ「あぁぁ!?あぁぁぁぁ!!!あああのあぁ!!!!」

春菜「きゃっ!?」

ボーボボ「どうした、パチソン助手」

首領パッチ「ボーロック・ボームズ探偵。私、犯人が分かった気がします」

ボーボボ「言ってみなさい」

首領パッチ「給食費が盗まれたということは、犯人は今もなおその給食費を持っているということになります」

ボーボボ「確かに……」

首領パッチ「つまり!!!給食費を持っている者が犯人ということになります!!!!」

ボーボボ「そりゃそうだ!!!!」

首領パッチ「で、その給食費を持っているのが……」

春菜「……古手川さん!!これ!!読んでください!!!」サッ

唯「え?この封筒は……?」

春菜「それじゃあ!!」ダダダダッ

唯「……給食費!?」

春菜「冤罪なんですー!」

首領パッチ「なんだ!?コテ川ぁ!!!おまえかぁ!!!」

唯「はいっ。読んでください」

ボーボボ「え……。古手川……」キュン

唯「か、勘違いしないで!別にあなたのためとかじゃ、ないんだからねっ!」プイッ

ボーボボ「うわぁ!!かわいぃー!!!――さぁてと、ラブレターを……これ、給食費だぁぁぁ!!!!!うわぁぁぁぁぁ!!!!!!」

唯「だから言ったでしょ?貴方のためじゃないって。全部、自分のためなの」

ボーボボ(この女……魔女か……!!!)

首領パッチ「犯人はてめぇじゃねえかぁぁ!!!!!」バキィ!!!!

ボーボボ「まばぁ!!!!」

唯「全く。付き合いきれないわ」

ララ「ゆいも一緒にかえろー」

唯「ええ、良いわよ」

リト「悪いな、古手川。面倒かけて」

唯「胃に穴が開いたら結城くんの所為だからね」

首領パッチ「コテ川の胃がオカリナみたいになるってこと!?」

結城宅

リト「ただいまぁー」

美柑「おかえりー。今日のご飯はところ天の助盛り合わせだよー」

天の助「さあ、お食べなさい」

リト「ふーん。着替えてくる」

美柑「……」

天の助「おらぁ!!美柑!!!完全に無視じゃねえかぁ!!!!どこがリトが喜ぶから、皿に乗ってよぉ。だぁ!!!恥かいただけじゃねえか!!!!」

美柑「ちょっと黙ってて」ガンッ!!!

天の助「ごふっ!!!」

ララ「ただいまー」

美柑「ララさん。リトのやつ、様子がおかしくない?」

ララ「学校で少しね」

美柑「……」ガンッ!!!!

首領パッチ「あだぁ!?!?!なんでなぐるんじゃ!!!!ボケぇ!!」

美柑「原因はあんたしか考えられないからでしょ」

セリーヌ「まうまうー」テテテッ

首領パッチ「あぁ!?なんだよ!?うっとしいぞ、ごらぁ!!!」

セリーヌ「まうー」

美柑「朝から首領パッチとしりとりしたいってずっと言ってたんだ」

首領パッチ「はぁ!?クソガキとしりとりなんて誰がするかよぉ!!!ざっけんな!!」

セリーヌ「まうっ!」

首領パッチ「う……うま!!」

セリーヌ「まう!」

首領パッチ「う……うばぐるま!!!」

セリーヌ「まう!」

首領パッチ「う……うちばかま!!!」

セリーヌ「まう!」

首領パッチ「また『う』かよぉ!!!ずるくねえ!?う……うきぬま!!!」

セリーヌ「まう!」

美柑(こんなに高度なしりとりは初めて見た……)ゴクリッ

ララ「セリーヌちゃんと首領パッチくんって仲良いんだぁー」

ボーボボ「さてと、美柑をコタツの上にのせてっと」スッ

美柑「あ、こら」

ララ「ところでボーボボ。リトにちゃんと謝ってね」

ボーボボ「お琴割り!!!」バキィッ!!!

首領パッチ「あぁぁ!!!オレのお琴がぁ!!!」

ララ「どうして!?」

ボーボボ「オレは間違ったことはしていない。事実を語ったに過ぎない」

ララ「もー!!」

ボーボボ「それより小野妹子。メシはまだか?」

美柑「まだ4時前でしょ?」

天の助「おやつなら、ここにあるぞ」

ボーボボ「お琴割りだぁ!!!!」バキィ!!!!

首領パッチ「あぁぁぁ!!!!二代目までぇぇぇ!!!」

ララ「ちょっとリトの様子みてくる」テテテッ

リトの部屋

ララ「リトー!元気ー!」ガチャ

リト「ノックしてくれよ」

ララ「もしもーし」コンコン

リト「遅いだろ!?!」

ララ「リト、元気でた?」

リト「……ありがとう、ララ。別に気にしてないから」

ララ「あのね、リトは地球人だし、私たちと比べて非力なのは仕方ないことなんだよ」

リト「そんなことは分かってるし、きちんと割り切ってるから」

ララ「でも、リトだってかっこいいところはたっくさんあるよ?ほら、春菜が襲われたときだって、私がピンチになったときだってリトは体を張って助けてくれたじゃない」

リト「そうだけど。あれも結局はモモやララがいたからだろ?オレだけじゃなにもできなかった」

ララ「リト……」

リト「ごめん。メシが出来たら読んでくれるか?それまで課題やっとくから」

ララ「……うん」

リト「悪いな」

ララ「クロスチョップ!」ドガッ!!!

ボーボボ「ぐぼぉ!!!」

美柑「ララさん!?どうしたの!?!」

ララ「ボーボボの所為!」

ボーボボ「――ならば!!!これは天の助の分!!!」ブゥン

天の助「……ふっ」ヒラリッ

ボーボボ「なに!?」

天の助「プルプル真拳美柑直伝奥義!!!!『ところフライパンハンマー!!!』」プルンプルン

ボーボボ「まるできかねぇ!!!!」ドゴォ!!!!

天の助「さべすっ!!!!」

首領パッチ「どうしたんだよ、ララ姫。ゴキゲン斜めだな」

ララ「だって……だって……」

ボーボボ「豚って意外と筋肉質なんだものぉー!!!!!」

美柑「体脂肪14%!!」

首領パッチ「ビンビンマッチョでオーエーオーエー!!」

天の助「オェェェ……」

首領パッチ(ところてんを吐いた!?)

ララ「違うよ!!リトが落ち込んでるの!!」

美柑「何か言ったの?」

ボーボボ「玉無し糞野郎って言ってやった」

美柑「なんでそんなこと言ったの!?なんでいったの!?」ガンッ!!ガンッ!!

ボーボボ「ごへっ!?がふっ!?」

首領パッチ「おちつけや、美柑!!それしかないのか、お前はぁ!!」

美柑「ならミキサーを使うしか……」スッ

首領パッチ(純粋な子ほど残酷って噂は本当だったか……!!!)

美柑「ミキサーハンマー!ミキサーハンマー!!」ガンッ!!ガンッ!!!

ボーボボ「げふっ!あぼっ!?」

首領パッチ(結局殴るだけかぁー!!!!!)

ララ「はぁ……リト、元気付けてあげたいなぁ……」

ボーボボ「現実を直視できない男にデビルーク王の後釜は相応しいと思わないがな」

ララ「……む」カチーン

天の助「え!?なんの音!?なんか凍った音!?」

セリーヌ「まうまう!」

天の助「え?足下……?」

首領パッチ「液体窒素とところてんの親和性を調べる実験中です」

天の助「やめてぇ!!やめてぇ!!凍ったら足が粉々になっちゃうからぁ!!!」

首領パッチ「でも、凍ったところてん、うまいぞ?な、セリーヌ?」

セリーヌ「まうっ!」

天の助「え!?マジで!?冷凍ところてんの時代がきたか!?」

首領パッチ「うそっ」

天の助「……」

首領パッチ「冷凍するのはミカンだけでいいんだよ、ばぁーか」

天の助「……!!」

美柑「……」カチーン

天の助(おのれぇ……冷凍美柑めぇぇ……!!!!!)

モモ「ただいまもどりましたー」

ナナ「ただいまー」

ララ「モモ!ナナ!」

美柑「お帰りなさい」

首領パッチ「どこ行ってたの!?心配したんだからね!!!心配し過ぎてセリーヌがマドレーヌになっちゃったじゃない!!!」

ナナ「なにぃ!?!?セリーヌ!!!!」ダダダッ

天の助「このマドレーヌうめぇ」モグモグ

ナナ「人殺しぃ!!!!」ドゴォ!!!!

天の助「突然の暴力ゥゥ!!!!!」ズサァァァ!!!

ナナ「セリーヌ……お菓子になるなんて……ごめんな……ごめんな……」モグモグ

天の助(たべとるぅー!!!!)

モモ「ボーボボさんはいらっしゃいますか?」

ボーボボ「いるよー」ピョコン

ビュティ「いた」

ボーボボ「げぇ!!!ビュビュビュビュ!!!!ビュティさん!!!!!」

ビュティ「もう!!どうして勝手に行っちゃうの!?デビルーク王とモモさんたちに怒られたの私なんだからね!!!」グイッ

ボーボボ「すいません!!すいません!!!」

ララ「モモ、もしかしてビュティを連れて来たの?」

モモ「はい。ボーボボさんは銀河の中でも厄介な人なので扱いなれている人に連れて帰ってもらったほうがいいと思いまして」

ビュティ「本当にごめんなさい。迷惑をかけてしまったみたいで」

ララ「うん、本当に」

首領パッチ「ビュッティじゃん!?なにしてんの!?もしかして、お城の舞踏会に呼ばれたの!?」

ボーボボ「なら末っ子のビュティデレラはお留守番ね」

ビュティ「舞踏会なんてないよ!!!」

天の助「おーい。ぬの馬車がきたぞー」

ビュティ「何呼んでんの!?!?」

首領パッチ「セリーヌのパヴァーヌで王子様のハートをがっちり鷲掴みよぉ!!!」

セリーヌ「まま、まう~♪」クルクル

ビュティ「なんか可愛い子がレコード盤の上で回ってるー!!!!!」

美柑(ビュティさんか……苦労してそう……)

ビュティ「ほら!もうふざけてないで帰るよ!」

首領パッチ「断ると言ったら?」

ビュティ「おやつ抜き」

首領パッチ「は?あーっはっはっはっはっは!!!そんな子どもみてーな脅しに屈するやつなんざいないぜぇ!!!なぁ!!お前らぁ!!!」

ボーボボ「当然だろ?」

天の助「全くだ」

ビュティ「一日じゃなくて一生だよ?」

ボーボボ「な、なにぃ!?!一生だと!?!!?」

首領パッチ「オ、オレの平均寿命が8000万年だとすると……えーと……単純計算で600億枚のポテチを食い損なう計算じゃねーか!?!!?」

天の助「ところてんがあるじゃん。それでいいじゃん」

ボーボボ「ところてんなんているかぁー!!!!」ドゴォ!!!!

ペケ「なぜぇ!?!?ぐばぁ!?!」

天の助(やだ……どうして殴られなかったら少し寂しいって思っちゃうの……)

首領パッチ「それがTo Loveる」

天の助「そうだったのね!」

モモ「あのー。そろそろ帰っていただけないですか?」

ビュティ「はい。ほら、ボーボボも謝罪して」

ボーボボ「……ゴットマンをネイティブな発音で早く言ったら、ゴメンに聞こえたりしないか?」

ビュティ「早く謝りなよ!!!」

首領パッチ「ゴッメーン。ほんだ!!聞こえる!!聞こえる!!!」

天の助「だーいはっけん!だーいはっけん!!」

ナナ「何いってんだよ……バカか……」

首領パッチ「騙されたと思ってナナっぺも言ってみろよ!!マジで聞こえるから!!!マジで!!!」

ナナ「言わないって!!」

天の助「いいじゃん。これ、めちゃくちゃ良くできた空耳だから!!試す価値あるって!!」

ナナ「ホ、ホントか?」

首領パッチ「ホントに決まってるだろ!!!ほらほら!!!一緒に!!ゴッメーン!!」

ナナ「ゴッメーン」

首領パッチ「なにこいつ。ゴッメーンだって」

天の助「ふふっ。滑稽ザマス」

ナナ「モモ!!!」

モモ「うんっ!!」

首領パッチ「な、なにするつもりだぁ!?」

天の助「わかったぞ!!!姉妹マッスルドッキングだな!!!!」

首領パッチ「なるほど!!だが!!オレにはその技は通じないぜ!!!!」

モモ「――出でよ。オジギソウ」

ゴゴゴゴ……!!!!

オジギソウ「キシャァァァァァ!!!!!!」

ビュティ(マジもんだぁー!!!!!)

天の助「きゃぁぁぁぁぁ!!!!」

首領パッチ「なんだ!!ただの草だろうが!!こんな雑草に負けるかぁ!!!」ダダダッ

モモ「気をつけてくださいね?魔界のオジギソウは気性が荒いですから」

オジギソウ「キシャァァァァァ!!!!!!」ガブッ!!!!

首領パッチ・天の助「「微笑みのばくだーん!!!!ぐばぁ!!!!」」

ナナ「よし」

美柑「それじゃあ、バイバイ」

ビュティ「もう来ませんので」

首領パッチ「だれか!!!このオジギソウとって!!!おしりかじり草状態だから!!!この子!!!」

オジギソウ「……」モグモグ

天の助「ヤダ!オジギソウがオシリソウになってる!!!エロい!!」

ボーボボ「ララ・ラーララ・ラララララ・ラーラ」

ララ「なに?」

ビュティ「そんな名前じゃないでしょ!?もう何が言いたいのかわかんないよ!?」

ボーボボ「まだ結城リトには突破してもらわなければならない最終関門が残っている」

ララ「え……?」

ビュティ「もう!!ボーボボ!!リトさんの調査は終了するように言われたんだから!!!」

ボーボボ「まだだ!!!まだ終わっちゃいねぇ!!!!!」

天の助「野球は9回裏2ストライク3ボール2アウトからっていうもんね!!!」

首領パッチ「じゃあ、ビリヤードは?」

美柑「9番ボールを落とした人が勝ち」

モモ「まだリトさんに何かをするつもりですか?」

ナナ「あんまり調子にのってると怖いぞ。モモが」

首領パッチ「モモ缶がぁ!?」

ボーボボ「風邪を引いたときだけの特別なモモ缶」

首領パッチ「そうそう。缶をあけると、中からモモが飛び出してくる……」

天の助「やぁ」

ボーボボ「ところてんの缶詰だぁー!!!!!」

首領パッチ「犬もくわねえ!!!!缶の蓋で胴体切断して死ね!!!」ザンッ!!!!

天の助「キレアジバツグーン」

ビュティ「遊ばないでよ!!!」

ララ「ボーボボ……何をするつもりなの?」

ボーボボ「美柑」

美柑「は、はい」

ボーボボ「可愛いな」

美柑「ありがとうございます」

ボーボボ「美柑。今日の朝、ところ天の助はどこにいたか、覚えているか?」

美柑「え?えーと……ララさんの部屋だけど?」

ララ「私の!?」

ボーボボ「そう。そして、ララの部屋には何があるのか……」

ナナ「わかった!!教科書だ!!!」

首領パッチ「正解!!はい、黄金のドンパッチハンマーあげる!!!」

ナナ「やったー!!!」

ビュティ「うれしいの!?!それ嬉しいの!?」

ナナ「うん」

ビュティ(即答!?)

ボーボボ「天の助に頼んでとある機械を弄ってもらっておいた」

モモ「なんですって……!?」

ボーボボ「天の助!!!やれぇ!!!!」

天の助「はっはー!!!見ておどろけぇ!!!!!これが最終関門!!!!男の戦いだぁぁ!!!!!」ポチッ

ララ「一体、なにを……!?」

リトの部屋

ゴゴゴゴゴ……!!

リト「ん?なんだ?晩御飯できたのか?」

セリーヌ「まうまうー!!!」テテテッ

リト「セリーヌ!?どうしたんだ!?」

セリーヌ「まう!まうまう!!」

リト「なんかヤバいことが起こってるんだな!?」

セリーヌ「まうぅー!!!」フルフル

リト「違うのか!?」

セリーヌ「まう、ままうー」フリフリ

リト(躍り出したぁー!?!)

セリーヌ「なかう」

リト「なか卯!?」

セリーヌ「まうー!!!」テテテッ

リト「あ!!まて!!セリーヌ!!今、喋っただろ!?割とはっきり喋っただろ!?」

美柑「きゃぁー!!!」

リト「美柑!!どうした!?」

美柑「あ、リト!!外!!」

リト「外って……!!――なっ!?!」

天の助「やべぇぇぇ!!!!ところてん無限製造機が故障しちゃったぁぁ!!!」オロオロ

首領パッチ「ところてんに押しつぶされるゥゥゥ!!!!!」

ビュティ「何やってんの!?!」

ララ「たいへんだねー?」パタパタ

ナナ「そーだなー」パタパタ

モモ「私たちは空を飛べるからいいものの」パタパタ

リト「なんの騒ぎだ!!!」

ボーボボ「出てきたな!?食らえ!!!鼻毛真拳『鼻毛触手!!!』」シュルルル

ララ「キャ!?」

リト「なにするんだ!!!」

ボーボボ「今から、ララえもんをとろこてんの海に沈めます」

リト「なんだと!?」

ララ「リトー!!!」

ボーボボ「がっはっはっはっは!!!」

リト「なんでそんなことをするんだ!!!」

ボーボボ「貴様が本当にデビルーク王に相応しい男ならば、この戦いも制することができるはずだ」

リト「な……!!」

ナナ「姉上を離せぇー!!!!」

モモ「お姉さまになんてことを!!!」

天の助「おっと!!ナナっペの相手はオレだぜ?」

首領パッチ「モモの助の相手は某が努めよう」

ナナ・モモ「「マッスルドッキング!!!!」」グキッ!!!

首領パッチ・天の助「「パネぇ!!!!ばはぁ!!!」」

ビュティ「あの姉妹すげー!!!」

ボーボボ「さーてと、ところてんでも窒息はするからな」

ララ「や、やめ……!!」

リト「やめろぉ!!!!」ダダダッ!!!

ボーボボ「来るか。非力な男め」

リト「ララをはなせぇ!!!!」ブゥン!!!

ボーボボ「なんだそのパンチは!!!ハエも止まるぞ!!!」

ハエ「ふぅ、一休みしよっと」ピトッ

首領パッチ「天の助。頭にハエとまってるぞ」

天の助「え!?ぎゃぁぁぁぁ!!!!!食品にあるまじき光景ぇ!!!!!!」

ビュティ「見慣れてるよ?」

天の助(オレ、そんなにヤバいのか……)

リト「ララは関係ないだろ!!!!」

ボーボボ「関係ない?何を言っている。貴様の妃となるのに、関係ないわけがない。いや、一周回って関係がないかもしれないが」

ララ「もが……もがっ……!!」

美柑「ララさん!!大丈夫!?」

ララ「みかーん!!おしょうゆとってー!!」

ビュティ「緊張感の欠片もない!!!」

モモ「今助けます!!!」

首領パッチ「いかせるかぁ!!!」

モモ「どいて!!!」シュッ!!

首領パッチ「ふっ」パシッ

モモ(私のパンチを……!!)

首領パッチ「なめんなよ?小娘?オレだって本気だせば、自転車の手放し運転ぐらいよゆーだっつーの!!!!だっつーの!!!」

ナナ「マジかよ!?」

モモ「くっ……。流石はあのボーボボさんの従者……一筋縄ではいきませんか……」

ビュティ「さっきまで圧倒してじゃん!!!」

リト「どうしてこんなことをするんだ!!!オレの調査なんだろ!?」

ボーボボ「デビルークの姫ともなれば、強者が命を狙うこともある。そんな場面に出くわして、お前はただ指を咥えてみているだけか?」

リト「……っ」

首領パッチ「チュパチュパ。ねえねえ、ママぁ?あの人たち、なにしてるの?」

美柑「指を咥えてみてようね」チュパチュパ

ビュティ(美柑さんまで指咥えてるー!?!?)

リト「ララ……!!」

ララ「ふぅー。ところてんばっかり、飽きちゃった」

ボーボボ「さあ、どうする?こんな場面すらお前は突破できないのか!!!!」

リト「くっ……そ……」

美柑「負けないで!!リト!!!」

リト「美柑……?」

モモ「リトさんならやれます!!」

ナナ「しっかりしろ!!!仮にも姉上が選んだ男なんだぞ!!!」

天の助「そんなアフログラサンなんてお前の敵じゃねえ!!!顔面偏差値も90ぐらいの差がある!!!」

首領パッチ「お兄ちゃん!!!戦って!!!お兄ちゃん!!!!美柑のために!!!!」

セリーヌ「なかうっ」

リト「みんな……!!」

ボーボボ「オレの味方はないしかぁ!!!!!ふざけんなああぁぁぁぁ!!!!!!はぁぁぁぁ!!!!!」

ララ「がんばれー、ボーボボ」

ボーボボ「同情すんなぁぁ!!!!!」

リト(そうだ……。いつだって、守られてるだけじゃ……オレは……!!!)

ボーボボ「くそぉぉぉ!!!!!イケメンは皆殺しじゃぁぁぁぁぁ!!!!!!」

ビュティ(嫉妬が渦巻いてるー!!!)

リト「オレはお前を倒して、ララを救う!!!」

ボーボボ「やれるもんならやってみろぉぉ!!!!鼻毛真拳奥義!!!!『エロガッパの終末!!!!』」ニュルルル

リト「また、鼻毛が……!!!」

ボーボボ「ここがいいんだろ?正直になれよ?」ニュルル

リト「くやしい……でもっ……」ビクッビクッ

ビュティ(作品の毛色が変わったぁー!!!!)

美柑「やめて!!!」ガンッ!!!!

ボーボボ「ぐほぉ!?!?」

モモ「リトさんになんてことを!!!それをしていいのは私だけです!!!」ドガァ!!!!

ボーボボ「ぎゃばぁ!!!」

ナナ「変態がー!!!!」ゲシッ!!!!

ビュティ(そしてリンチだー!!!!当然だけどー!!!)

ボーボボ「ちっ!!やるじゃねえか……!!」

リト「まだやるか!!」

ビュティ(あっれー!?リトさん、なにもしてなくないー!?)

ボーボボ「天の助!!最終兵器を出せぇ!!!」

天の助「わかったー!!!!特殊コマンド入力だ、首領パッチ!!!!」

首領パッチ「あれだな!!よっしゃぁ!!!――B!A!K!A!SURVIVOR!!!!上上下下左右左右BA!!!」

天の助「カカカカロットー」

ビュティ(なんのコマンドだぁー!?!?)

首領パッチ「できたぁー!!オプションがいっぱいついたよー!!」

天の助「きたかー!!!これで余裕でクリアーだな!!!」

モモ「2コンでの裏技もあるんですよ?ナナ、お願い」

ナナ「任せろ!あーっ!!!あーっ!!!!」

ビュティ「なんで遊んでるの!?!そんな場合なの!!?」

セリーヌ「まうまううー♪」クルクル

ビュティ(この子に至ってはなにがしたいのか不明瞭ー!!!!)

ボーボボ「さぁ!!こい!!!究極兵器!!!ハナゲーボアーマー!!!」

リト「な、なに!?」

首領パッチ「ハナゲーボアーマー……。装着者の身体能力を50倍にしてくれるかわりに装着時即死するという禁断の鎧か……」

ビュティ「着る意味無いじゃん!?!?」

ララ「……なにもこないね」

ボーボボ「……」

天の助「まだ、出来てません。テヘペロっ」

ボーボボ「萌えるっ!!!!」ドゴォ!!!!!

天の助「過激な愛情げぇぇん!!!!」

リト「もういいな?」

ボーボボ「まだだ!!!まだ終わってねえ!!!!」

リト「いくぞ――」

ララ・美柑・モモ・ナナ・セリーヌ「「これが楽園計画だー(まうー)!!!!」」バーンッ!!!!

ボーボボ「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!!!」

ビュティ「リトさん以外がやっちゃったー!!!」

ボーボボ「ぐほっ!!」ドサッ

リト「オレでも戦える力はある。みんなを守れるんだ」キリッ

ビュティ「いやいや!!キリッ!じゃなくて!!なんか間違ってますよ!?!」

首領パッチ「ふっ。オレたちの負けだな……」

天の助「ああ。もう十分だろ、ボーボボ?」

ボーボボ「……そうだな。結城リトの力を認めざるを得ないな」

ララ「だから言ったでしょ。リトを調べる必要なんてなかったの」

美柑「でも、よかった。みんな怪我一つ無くて」

モモ「ホントですね」

ナナ「ったく、疲れたー」

セリーヌ「まうー」

ボーボボ「結城リト。試すようなことをして悪かったな」

リト「いや。オレも色々考えなきゃいけないことがあった。それを気づかせてくれたボーボボには感謝もしないと」

ボーボボ「そうか。だが、もう一つだけやっておかなきゃならないことがある」

リト「なんだ?まだあるのか?」

ボーボボ「大事なことだ」

ビュティ「ちょっと、ボーボボ。これ以上は……」

ボーボボ「ララ。いいか?」

ララ「どうぞ」

ボーボボ「すまない」

モモ「もしかして……」

美柑「ボーボボさん」

首領パッチ「お前……!!」

天の助「これで締めにしようぜ」

ナナ「よーし!!パーッとやろうぜ!!」

リト「頼む!!!ボーボボ!!」

ボーボボ「おう!!!任せておけ!!!!」ニュルルル

ボーボボ「――ペケだけは許さない!!!!」バーンッ!!!!

ペケ「はべぁぁ!!!!!」

ビュティ「今回、一番無害な子がやられたぁー!!!!!」

ペケ「ぐへ」ドサッ

ボーボボ「これでよし」

ビュティ「どうしてだよ!?ペケが可哀相じゃん!!!」

ボーボボ「どうしても許せなかった……!!!」

ボーボボ「可愛い女の子にいつも密着しているペケだけは許せなかったんだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

ビュティ「えぇー!?」

ペケ「デュフフフ」

ビュティ(今更変な笑い声だした!?!?)

ボーボボ「させと、そろそろ惑星『尻毛』に戻るか」

リト「そんな星からきてたのか!?」

ボーボボ「結城リト?」

リト「なんだ?」

ボーボボ「また会おう」

リト「悪い。もうこりごりだ」

ビュティ(断られたー!!!自業自得だけどもー!!)

美柑「行っちゃったね」

モモ「庭がところてんだからですし、片付けないと……」

ララ「それなら大丈夫!!私のドンドンばきゅーむくんで吸い取っちゃうから!!!」

ナナ「大丈夫か、姉上?」

ララ「心配ないから!!よっと!!」カチッ

ララ「ほらほら、吸い込んでる、吸い込んでるー!」ゴォォォォ

セリーヌ「まううぅぅぅぅぅぅ!!!!!!」

モモ「セリーヌちゃんまで!!!!」

ナナ「姉上ー!!!とめろー!!!」

ララ「えー?なにー?きこえなーい」

モモ・ナナ「「クロスチョップ!!」」ドガッ!!

ララ「きゃぁ!?!?」

美柑「リト、私たちも片付け手伝おう」

リト「ああ、そうだな」

リト(ボーボボか。オレ、ララと結婚したらあんなやつからも命狙われることもあるのかぁ……?まいったなぁ……)

ララ「いたたた……。リト。どうしたの?」

リト「え?」

ララ「なんだか、嬉しそう」

リト「そりゃ、面倒ごとが片付いたからな」

ララ「私も嬉しいよ」

リト「え……?」

ララ「リトはやっぱり、すっごくカッコいい!」

リト「な……!!お、おい!!ララ!!」

ララ「私の王子様だから、当然だけど」ギュッ

リト「あのなぁ……」

ナナ「こらぁー!!!ケダモノー!!!姉上からはなれろー!!!!」

モモ「私もリトさんにスリスリしたい……」

リト「わぁー!!まて!!まてぇー!!!」

ララ「リト、だーいすきっ!」

美柑「……何やってんだか」

宇宙船 『腋毛号』

ボーボボ「今回は色々と収穫があったな」

ビュティ「そうなの?」

天の助「みてくれよー!!女の子たちの生写真だぁ!!」

首領パッチ「地球はレベルたけーな!!!」

ボーボボ「オ、オレ……この、籾岡さんの……しゃ、しゃしん……ください……」

首領パッチ「ボ、ボボ、ボクはぁ……このティアーユせんしぇえのをください……フヒヒ」

ビュティ「なにやってのー!!!!」ズサァァァァ!!!!

天の助「ぎゃぁぁ!!!ビュティがご乱心だー!!!」

ビュティ「真面目にしないと嫌いになるからねっ!!!」

首領パッチ「仕方ねえな。嫌いになられたら、ビュティと目を合わせる時間がなくなっちまう……。真面目にやるか」

ビュティ「首領パッチくん……。もう、ちゃんとしてよね」

首領パッチ「はいはい。お姫様っ」キリッ


             END




ボーボボ「なんだこのオチはぁー!!!!!」ドガァ!!!!

首領パッチ「ぶへぇ!!!!」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年08月13日 (木) 01:24:13   ID: rk1XDlYi

おもしろすぎるwww

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom