真・恋姫無双【凡将伝】その12 (990)

恋姫無双の二次創作SSです。定義的にはFFの方が正しいの。

主人公はオリジナルキャラです。
現代から転生だか憑依だか。
武将的には紀霊です。


※合いの手、感想、長文レス大歓迎です。むしろ求む。
※展開予想とかどんとこい。当たったとしてもどうということはない。
※たまにアンケートとかあるゆるい読者参加型の時もあります。
※残酷描写、性行為的な表現もたまにあります。
※原則毎日更新、ただし日曜はお休みいただいてます。あと、日付変更線越えたら大体寝落ち。
※エロス注意!HP(えっちな文章を書く一ノ瀬に蓄積されたpower)が溜まるとエロスな文章が発生します!
※楽しんでってね!





※いよいよ反董卓連合も大詰めです

■有志の方がまとめを作ってくださいました!感謝!
http://www49.atwiki.jp/bonshoden/

◆三次創作もしくはスピンオフ作品です
【R-18?】真・恋姫無双【凡将伝※三次】
【R-18?】真・恋姫無双【凡将伝※三次】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1343908261/)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1357734744

オリキャラまとめ

紀霊(虚像というか美化されたイメージ映像でお送りします)
         ,.-''::::::::::::::::::::::::::::::::ヾrゝ
      ,.-;:´/、 ::::::::::::::::::::::::::::::r、::ヽ
     /'´/::...::イ:r、:::::::::::::r‐、lヽヽrヽ:'、

       /;;;;;;;;:::l; r!/rj:::::::::ヽハトl:::::::::::::ヽ、
      //;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::l´
      ´!;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::;;::;;;;;;;;;j`゙
      l;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

      j;;l;;;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{,,,.._

      /1;;ハ;;;;;;;;;;ヾ'、;;、;;;;;;;;;;:=;:‐'" ̄ ̄'、
       リ  !;;;;;;;;、;',_、_,.=;:'"´      !
         l::ハ::l `r''/     __,,..-‐''"`''ー—‐-;、
         l´ リ ヽ',ヾ!,.-‐'"´     r—- 、  ハ

            __,.-''"´   ,. -— 、 /    ヽ l|
          r<_     /     ``     ヽヾ;
         ,'   ヽ  /             /ヽノ
          ヽ    \{              ;::::|
          l—-、 ∧ :::.      ....::::::::.   ;::: !
          }{ニ` ノ / `;:::::   .::::::::::::::::::::  ;::  !


cast:シン・アスカ(ガンダム種死)
このスレの一応の主人公。真名の二郎で呼ばれることが多い。字はなし。
前世はリーマン。AAは市中に出回っている怨将軍イメージ画像です。
何の因果か三国志時代に転生だか憑依だか。
ほっとくと死亡確定なので適当な現代知識で頑張った。はず。
精一杯頑張っても凡将どまりっぽい。周りがチートだ諦めろ。
と、思ってたらいつのまにか随分強化されてきました。解せぬ。
黄巾の乱を乗り切り、反董卓連合を率いる。
この先生きのこることができるのか。

陳蘭:イメージAAなし。ご自由に想像ください。
    二郎のお守役。年上の幼馴染。健気ないい子。
    おっぱいはちょっと残念。

沮授

                         ..- 、 , ...———、
                    /::::::::::`:::::::::::::::::::::::`ー、
             ..≦≧{`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

                /´ /::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
               j:::::::::::i:::::::::::`ヽ:::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::..、
                 ' : / ト:l::::::::::::::::::\:::::::::: :l::::::::i::::::::::ヘ::::トヽ
              / /:l:::| ハ:ヽ:\:::::::::::ヽ::::::: :l:::::::|:::i::::: :ハ::l
                /::::l:::|i |  ヽ!\斗≦=-:::::::l::::::lr‐、::ヽ::N
            |: 小::|:lハ‐匕ヽ     x=ミy::: :l:::::lくヽ} ハ!
            |′ハ ! l::ヽァ=ミハ  ´     ヽ:!::::;r '/::i
                    |ハ:|ヘ:ハ.  }        |: /ァ<:ハ{
                   |! ハ 込 ゝ         |//  ハ
                   |!   >‐、‐  ´      / 〉、
                      _rニニ、ヽ_ヽ.._ .イ .イ  /:.| ヽ
                    r' —‐、 } } }  />‐〈.    /:.:.':.:.:.`:...、_
                     l   〉」」‐'7/{':::::∧ /:.:. :/:.:.:.:.:.:.:.:.—丶
                l    }   ハ:/ 〉 イ ∨:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                  j      _ノ:./ /: i   ∧:.:.:.:/:.:.:. :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ


cast:古泉一樹(涼宮ハルヒの憂鬱)
袁家文官のトップな才子。政戦両略な人。
良識人っぽく振舞ってるが、二郎がしでかすアホなことを止めることはない。
むしろアクセルを踏んでいるということに誰か気付け。
梨園の誓いにより二郎の義兄弟となる。この絆を彼が裏切ることはない。
現在袁家の文官のトップとして辣腕を振るっている。今現在は南皮でお留守番。
でも持ってるスキルは戦場向き。師匠が師匠だからなあ……。
スキルに付いてはまとめをご参照ください。

張紘

                /   `ヽ 、
               /        {ハ ′          __
           .′  /\: : : :' ',       ハヽ
.            {   /.: : : : : : :-! }        丿 〉:}
              }   ヽ.: : :/ム-┘└…─-<  (: :|
              ',   ,ノ : :/(           ヽ `'マ/
           ,ゝ \,厶ィ    ─-       '  ハ
           _7'´ ̄.:..:..:.:,:       `丶、 }. /  ,. -‐
          彡ィ .:..:..:.::'     ,.、  __    ′ ',.-─-
          / 爻ァ.:.:.:.:.     _;′`゛ム(;;;ハ     ト、
          _,ハw( イky.:.. :..  ;'      込ryタ      ノ ヽ
        フ^~{    父人ノ{ ':.     `¨~ ゙ ': ..  ':.
       イ.:..:..:..}     ヽ从 ,ゝ         `ヽ;,,:,
      r/…¬{ ,:       ヽ`';..  -‐…r‐- .,     }
.      〉 /ノ)'        'vト、ヽ _,ゝ -‐      )ヘ
       // 厶.ャ'′        〉 >wヘrく /ー-ーrヘ. ',
     「厂  ″       . : .:..:://  弋_ノソく      | |  l
   //          .: .: ..:..:../  rク / l/  ハ     | |  i
  く  {      ..: .: ..:..:..:..:.:.:./  ´ /  《.  リ     ! i
cast:楽俊(十二国記)


    主人公がでっちあげた母流龍九商会を持ち前の能力で見事に経営している。
    紀霊、沮授とよく絡んでるので同一視されるが間違いなく一番生真面目。
    超優秀なので二郎の無茶振りに応えきってしまうのはいいのか悪いのか。
    まあ、本人はそれなりに楽しんでるみたいなのでよしとしよう。うん。
    後方支援の人材としては最高級。政治99は伊達じゃない!
    梨園の誓いにより二郎と義兄弟になる。その絆は彼にとって永遠。
    現在反董卓連合の兵站を切り盛りしてます。女房役ですね。

赤楽(徐庶)

                .ィ::ン: : : ̄ノ: :ノ ̄ `ヽッ:..:..`ヽ:..\
            /((´ : : :/: .: : : : : : : .:}:\:..:..:..',:..:..:..
           ,.:'(;_: : -ヘ '´ ̄ ̄`丶、:.:ノ..:..:..ヽ:..:..!:..:..:.:,
         /(,_/..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.:.\..:..:.-‐彡,:.i.:..:..:.:'.

         r(_//..:..:..:../.: /..:..:..:..:..ヽ:..:..:.:.ヽ:.:..: _;ノハ!:..',:..:..:.
         {レ'/..:..:..: /.:.: {:{:..:..:.ト、:..:.}、:..:..:..:冫:.:.:.:.:.: }:}: ',:.:..:!
          ル'ハ.::.{ :/'|:{:..:|lヘ:..:.:!、:ヽ:| \:..:.ト、\__;ノ;ハ:..}:.:リ:,
        {レ'.:从ハ{ l/ヽ|l \|,.斗|ヒ''{「_,}:.:!:|::|::.:.〃:/.:.;:.:.:.:.'.

.         ':. :{'7 j.ニ.ュミ      'ィ'iねj''ヾ'ノ|::レ' {{::/.::,ハ:.:i:.:.:.:,
       -‐ヘ:ハ く. むタ'        ` ”''′ |::|〈 jj/.::/.:.::.:!.:.:.:.:'.
.      /    {`:.  ´                 |::|j)〃 /.: .::i:|: {.:.:.:.ヽ.
     〈 リ  人ム                 |::|.:/.::/.:{:.:..:!i:.:..',:.:..\\
.       ∨  { 个|'.      ` '        /|::|.{.::ム从.:.:.i:!:.:.: '.:.:.. 、ヽ `
.         `'┐ │|::ト、     -_ー     イl:||::|:ヘ:.V.::..ヽ:!!::.:..:. :.:.:.. \
        〈 // l|::l:| \        / ,L」|::|:..:.):):..:..:..\:..:.:.. ::.:.. :.:.ヽ.
         〈 '  |::l:|ノ  丶.     ,. -‐'   ;:::!:八(:.:.:.:.(:..:.:..ヽ:.:... :..:. :..:..:'.
            } /|::l:!   │ `7彡       .::;'|:..:..ヾ.:、.:.:ヽ:.:乂:..:.:. :.:.. :..:..:,
           V |::|i  / |/´       .::/ |:..:..:..:}:ノ.:..:ノ.:..:..:..`ヽ:.}::..:! l:.i
.            {  |::|!  j{ |          /:/ ハ、:;厶r─- .::..:..:..:.{:{:.. :! |::!
           〉ノ|::|  八 j!        /:/  ̄/        `丶:从: .:! j/
          \;::ル/ ノ/    ,.  ´/:/  /                \リ/
.            .::/r=こ厶 -‐ ´   /:/  /
          //´||/  }       /:/  /                   ,


cast:中嶋陽子(十二国記)

   水害に巻き込まれ張紘に拾われた佳人。最近その素性が明らかになった。
   美人かつ頭もよく腕も立つ。立派に武将くらいこなせるスペックを持ってるがそれを活かす事はなさそうである。
   現在は張紘の護衛兼秘書兼恋人として楽しく生活している。
   水鏡女学院出身だったらしい。
   

魯粛
              (⌒)
              (こ○こ)       ,-、
              (___)       てOう

                 _      ‘ー’   (⌒)
.        ,-、       //⌒   /     (こ○こ)
       てOう      〈.::.{  __, ベ.ー-<   ‘ーヘ_ノ
       ‘ー’      ,ゝ'´.::.::.::.::.::|.::.::.::.::`丶、
              / :.::.::.::.::.::.::.::j.::.::.::.:: く ̄

          {ヽ   ,'.:/.::.::⌒/|.::.::ハ⌒.::.::.:ヽ ハ
          ∨\_ {/.::.::/:./ |::/ ヽ\.::.::|.::V }
.          / / ∨イ.::/≡≡l/  ≡= ハ.:.|ヽ「∨
            ヽ_{     |.:ハ:::::: 、_,、_, ::・{:.� ∨
             \.  |ヘ.::.:l、 _(_ ノ_ イ.::|  /
          /.::.\ ヽ::|   ∨{  / |.:/ .xく
          /:/.::./\ ヾ\ 「] /| ノ'/.::.::l
        /.::./.::./.::.::.: _}   |lヽV/ l|r'´.::.::l.::.|
          l_;斗-く :.::.::. 〈 j   >ω<.| :.::.:: l.::.|
cast:泉こなた(らき☆すた)

ぶっちゃけ、本編に出番はない予定だった。が、動かしやすいので準レギュラーになってしまった。
ものっそい有能だけどクセがある。よね。
洛陽で風ちゃんと一緒に暗躍してます。

虞翻

           , -—/l-//
          ∧: .: .: .: :|: .: : ̄‐-..,
.          < 廴) : .: :イ:∧: i: :ヘ: .: .:\
.       / /.:|: : :|‐-<|:|. ヘ.!_..,:ハ: :lヾ:ハ
       / |: :| :.r--_l:/  _lン、 :ト、 :|
       \イ| :,i.: :ハ'=!   f刋.ト:|:ハ |
.       |: | (.ヘ〈.  __  |:V/V
.        |: :i : ハ:\└‐ ‐゙ _ノ.∨
       |: : V:∧ {  f´\: : .|
.      |: / V:∧、ト-イ|  V:|

.       |l  V:∧〉.- '| ./ !: |
        ||    V∧___!. l. ヽ!
        |〒‐┬V: :!iハ-| |._./:|
      | |:  | V ト.ゝ| ! |:.|

      | |:  |  V| | || ! |.:|
      | l:  l  ゙|ハハ_l. 1 |.:|┘

cast:柊かがみ(らき☆すた)
暴走しがちな魯粛のブレーキ。今は単身江南に出向中。
本編登場への道はものっそい険しい。ちょっとだけ出たんだけど苦労してるみたい。
もちろん実務能力は超有能。生真面目。がんばれ。
江南で黄蓋とガチガチやりあってます。

顧雍

       /:::::ヽ          |::::::::::::/\::::::::::ヽ
     /:::::::::::::∧           |::::::::::/  \::::::::::.\
    /::::::::::::/:::::::∧       |:::::::::′   ` ー--┘

    /:::::::::::::|:::::::::: :i _,ィ'´ ̄i‐|:: ::j:j
   /:::::::::::::ノ_\::::´    l   | 、ゞ  ヽ
  |::::::::://     / } :|   | ∨    \
  {:::/ / /      / /l :|  .ハ  i       ヽ
  V  {! /   :.::. ,イ,,/ l::!  ,' :i. !、 丶 :.::ハ
     i ,!'  ,.- 7´!/   l:!  / `゙ー:i::.:. `、::.∧
     l./  .:::: /,.ィム.  j! /  ヽ:! ::j   ヘ :::}
    / / .:::: /ィ乏下  ,!,/ ィ:弐ミ. l,    ゙}:::リ
   / ,イ.:::::://:ヒ:rトリ i jYl ヒ::c:リト ハ   i l:.::}

   /./ l.::::::ハ Vc::ソ ,f'⌒ト Vx::ソ {::l   /l ::/
   l {  l;:::,'乂 `¨゚  ノ  ゙、 `゚-' ノ:::|  / リ
   ヽ  lヘハ :ヘ` ー ´  , 、 ` ー ‐'/:::;!,イ /
     l j::::! :::` 、   `     .イ/::'イ:l.j
      :j./::::j:. :.::l`i ー - ィ ´:.:}::: /≠= 、
    ,r'  ̄ ノ: ::./ ' r->-、__r' ‐, ::l::::(     ヽ
   ,'    {: : :l  ゝ:::::::::::}n{::::::: } i:. :: '. ,   '.
   l     i:: ハ  `ゝ// '、フ  ) : :.} i   |
   l    j:.:.}           j::::ノ 〈   i
   '.      }:.i       、   彡'    '.  /
  ∧     i/         '.         ヽ'
  /:∧   l             ',       _l
  {:. :.ヘ    l ./lゝ、      l    ,.r:t':::∧
  i:. :. :.',   ∨:::ヽ::::`:::ヽ、_  i ,.r:'´::::::::i::::::::i
  jノ  ハ    '、:::::',:::::::::::::::::>l<::::::::::::::::|:::::::}
     i:. :',.   ゝ:,_',:::::::::::::,:ノ/ゝ::_:::,:::::::::i::::ノ
cast:高良みゆき(らき☆すた)

ぼくらのみwikiさんは今のところ、ぶっちゃけ空気。
如南で地道に頑張ってます。

秦松
          ,. -———-  、
      , -ァ''"::/::/-`-ー"}:::::::::::::丶

     ////::::l__l      !__l::::::i:::::::ヽ
   ,/ , '://:,':/l::::!    |:::ハヽ:!::::::l::::',  _
    /::/::!::l::::::ハ::!     l:/ i:::|:::::::|::;::i´<´
    //1:::!::|::::,', '7,ヽ   ''7ヽ'::|::::::::!:|}:|:::::::::ヽ
    !' !:::|:::l:::l 「:::::!    「::::::::N:::::::::Kく::::::::ヽ、!
      |::::!:::ヽ!弋_リ }−{. 弋_,ク '!:::::::/::::l::::::::::::!
      |::::l::::::{、__ ノ r-丶 __ ,l::::::/ )/l/}:::::/
     l:::ハ::::::i.丶、 丶_,ノ   ,. ,'::::/=' '   l/
     ヽ! ',:::::l   ` r T' ,エ-y:::/
          ヽ::|   /!: V : :,//
        ヽ!,/}: l: /: , ':'": : ヽ

          / / : l/: /: ヽ : : : : i
          ,/_,ノ: :,/: /: :{` !: : : : ,.!

cast:田村ひより(らき☆すた)
母流龍九商会が出版する阿蘇阿蘇担当。
彼女の趣味が広がることはあるのか!いや多分ない!
出番もない!ただし薄い本は出るかもしんない。

韓浩
                      ,. - 、
                /三三 \

                 ,イ三三/三三ヽ
                   ム===Y三三三=\       ,..ィニニ.フ
                  |三三三三ニ\_, イ三三/

                   |三三三三ニ/三三三ニ/  ☆
                     |三三三三三, イ:::i::`:<._   / ゚
                 r‐三三三, イ:::/:::::/|:/::l::マ  / ゚ 。*

                 /三三.,.イ;4ナ7}!::/ +A}:N  / 。 + 。
                 /三三.イl:/,.化=メj/ 行ホノ _/  + ゚ 。
                /三ニイ::::,ヘ|:::::::l 辷リ   マリト、イノ *   ど ゚ +
       ,.、-===-、  ̄   jハ:L_:|:::::::|⊂⊃ _ ⊂小} >   +  ) o ゚
.      ムイ三三三`丶、    >'´N\|三7_ ,.イ|ノ/   ゚。  (
          ヽ三三三_rr<三三三三三7三<ノノ       に
          }三三ニゝLL,.ィ-ァ'`マ=>o<=イ       で
           ヽ三三三 r----ゝ  >}{ハ三|        も
            ∠_:_:_:_:/_|: : : : /ヾ辷≠/三}/        な
                  ヽ: : / : : : ノ三>'"          )
                      ゝL:_:_:_>             (
                  |_|              あ

                       |: : |             れ
                     l.: :|
                     ヽ|

cast:長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)
紀家の軍官僚トップ。指揮だってできる。
現在は公孫賛を補佐し、襄平を守護、というか実務を担っている。頑張りすぎだろ。
地味様からの信頼も厚く、なんかそれなりに信頼関係を結んでいるようである。
反董卓連合の地味様の軍に参加してます。
あと、貧乳。

陳琳
      〈:`ヽ __
       '. : : \: :`ヽ¨¨` : .、

       /:} : : : : : : : : \ : : :\
     . イ : : !: : : :ト、 : : : : : : : : : : \
  ハ/: : { :_:八 : : :{ \`ー-: :ヽ: : : : :ヽ

  { 乂: : :/  、: : :、   ー ミ \: : : :} ー=ミ 、
  ゝ==彡:{≡≡ヽ: :\≡≡`ト: : : ` ー—一’:ノ

  乂/ : ノ/  /  r 、:\i  i|: : :` ー‐ ==彡
  { : {:/: 〈./  /  { ノヽ:}_ i| : : � : : : ハ
  ヽ: ゝ: : ≧ 、r—‐ く ノ:.:.`:ト : : :ゝ==彡’⌒ヽ
   ー=ミ 、 }:.`¨¨¨´:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.\:_:_:_:_:_: : : 、 乂

       ヽ:〉:.:K:.:.∨∨:.:}:.:.:ー-:.:.:.:`¨トミ.:.トミ: }ーヘ
       / ゝ:}:.\:∀:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} | ヾハノ
          |:.:.:.:.ト廴:.:.:.。\、:.:x≪r人:.:/ :、__
          |:.:.:.:.|  ヽ\。:.゚:\、.:.:.:.:.:.:./   }}:.`ヽ
         _.ムミヽ /´ ` ≪:.:.:.:\、::/_ ∠'__`つ
       ‘ー一 `  ー—一 `¨¨¨´

cast:シオニー・レジス(第二次スーパーロボット大戦Z)
陳蘭のどこか残念なお姉ちゃん。
能力はあるんだけど。。。
文家に就職して絶賛苦労中。反董卓連合においては檄文を起草したり、弾劾文を読み上げたりと華々しい活躍が目立つ。
見かけたらどんどこ壁バンしてあげてください。

張合
                   、、
                   \`ー‐- 、 ト.
           < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : ヽ|ハ
     ヽー—‐ ´:::: : : : : : : : : : : : : }

        \:::::::::::: : : : : : : : : : : : : : ー‐ 、
       /::::::: : : : : : : : : : : : : : : : r‐ヽ
     /:::::::::: .: .:: .: : .: .:.| : ハ : : : i : : : \

    /:::::::::::::: .::: .:::: : : .:j: /: /.:.V |:. : i: : : : \
.   /ィ::::::::::::: .::::::.:::::: : .:::/::::':: :/.:.:.:.:V |:::::. ! i: : : ヾ}

     |::::::::::::..:::::ハ:::::ハ : ::/ ':/|::/.:.:.:,:ィlく:|:::::::i::. :!: : : ハ
     |::::::::::::::::::|,_!:::| ‘,:::/ 〃,斗匕´__,l/ l:::::::i:::. !: : : :|
     |::::::::::::::::::|.:.~≧t|/ / 〈:.:.:< {::::ノ l::ハノ::::. :!_: i: :|`
     |:∧::::::::::::!:.<t:::ノ :.|   \:.:.:.:.   リ ∨:l/. V: :|
     |'  �::::::j.:.:.:.:.:.:.:.:.,′          |:/.{ .j: :/:l
       リヽ::|.:.:.:.:.:.:.:〈.......           リ.:/ /.:/ リ
           リ、.:.:.:.:.:.:.:.`.:./          __,ノ: /
             ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.__        / |::::: |
              '.:.:.:.:´.:     ̄      /.:.:|::::. |
               '.:.:.:.:.:.:.:/      /.:./.:.:|/l:::ト、
              ヽ.:.:.:.{      /.:.:.:/ :.:/.:.:!/
                  }__:;.  -‐ ´.:.:.:.:,., -—┴┐
                 |.:.:.:.:,,.:≦///: : : : : : :│
              __,.,.:≦//////: : : : : : : : :.∧

              |////////// : : : : : : : : : : : : ハュ.,_
              |/////////: : : : : : : :> : :´/: : : : >
cast:言峰綺礼(fate/zero)

張家実行部隊をまとめる青年。自称「暗殺専門の飼われ狗」。
張家前当主に教育され、とんでもなく歪んだ破綻者として調整される。
善よりも悪を愛し、他者の苦痛に愉悦を感じる。
雷薄の豪放磊落な人格に影響をうけつつあったが……。
七乃さんより張家の長の座を譲り受け、反董卓連合に参軍している。

李儒

   ヽ::_::::::::::_:::: -‐ '' ¨  ̄        ',
   /   ̄  / /      , ハ  ヽ. !         ',
   ,'     ,' /      ,イ / ',  `i        !
.  ll      i ./ /    // /  ヽ.  l l      l
  lll      !/ /    / / /     ヽ、! !        l
  lll      !.7 ̄ニ≠-、 //_ -__——_-l l   l   .l
  lll   l  l i ''又辷ァ 〃  ´'¨弋辷ァl l    l.   l
  lll   !  l ! ./   ̄ /      `ー−1 .l    !   l
  lll   l   !l ハ    l          l l   l    l
  lll   l  l/ l ',     !        l l.  l   ,'
  lll   .l   l  l l_ヽ、  ` 、___    l l  l   ,'
  ll !   l  l/  ``ヽ 、   ̄    , イ .l  !  .∧
.  ll l  ,, -''´ ,  ̄ l l l lヽ、   / .l l  .l  ,':::::ヽ、
  _.! -''´    /-‐ ィl l l l`l `T´`ー:1 !  ! ,'::::::::::::
 ̄:/      ノ  ''´し'ノノ /):::/O`ヽ ::l l  l ,'::::::::::::::
:::::{       _,, - '' :::::`Y:::::::i: : : : :}:::l l  ! ,'::::::::::::::::
cast;鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)

陰謀家。乱れた今こそ彼女の辣腕の魅せ時。
歩く鬱フラグ。ロクなことはしない。優れた謀将である。

王允

           _, -┬┬ー┬-、 __
         /ヽ,  / / //  二三ミ、
         ,ヘヽ、ヽ,川 〃 / / 二ヾヽ
       / ーヾ、丶ヾレ/ // 〃/三ミ、 ヽ
      ∠二ニニヾ、ヾリルノ/'' '´/ノ ∠ヽヾヾ,'、
      レ'彡三ミヾ``        ´彡ミヾヾ、
      レ彡三             三ミヾヽ
      レ彡イノ              ヘミ、川  ,j^:、
      レソノ彡               ミミ、ヾL_ヽ、::ヾ、
      | イ/彡           _.-−'" ミ三={:::::ヽヽ:::ヽ
      Vリリミ`ー−---、   ∠ヘス;;;;レYf〃}|!!|ヽ:::::::Y::::::〉
      リ 川LトK又;;;;レ^}'Y⌒ヽ、¬¬ノ│フ川 |::ノ:::::::/
      リ 川ゞヽヽ¬¬'¨ ',     ̄   レノ-,!リ/´::::::::/
      ||リト 丶{'ヽ  ̄    !__        少:::/レ::::::::::::/
      リノ リヾヽ○、   __-ー- -'  ,イ/:::/レ:::::::::::::/
      ヾリ!|川 ヽヾ\    二   / /::::::::::::::::::::::::{
    ┌┴-リj」! | 川i',丶 、 __/  /〉、::::::::::::::::::::::〉
    /:::::::::::::::::ヽ ! jリ リ!        ,'///〉、:::::/¨ヽ〉
    /:::::::::::::::::::::ヽ| |川       ,'!川 〃7┘   !

cast:カリファ(ONE PIECE)
皇甫嵩を補佐する有能な政治家。
かつては何進を支えていた。

蔡邑

      /!,.-`ー' ̄ `"``丶、,>ヽ_、               |
      ,ハノ          `ー< >ー、            |
     /{ /             _,...-`='-、` ヽ,、          |ZZ乙`ー-_、
   /ヽノ          ,.-‐'i´:i::::::::::::::i:::;イヾ.rく `ヽ、_      ',   ``ヽ<ニヽ
   ハ_」        ,..:':´::::::::l::::|::::::i::i:::|:::l |:::::|  `ド二ノ`ヽ、_   、      ノ-、)
   トイ         /:::::::i::::::::l::::|::::::l::l :L:」 L__ト、  |j |:「トr<_,ゝ-ニ,-、_ィイ´ソ'′
  ト、」      /:::::::::i::l:::::i:::l | :: l::l :|____ ̄``ヽ、 ` ヾ!||:::::`T='- '---‐'´

   ト{        i:::::::i:::l::l :: l i :| : l:::l :「Vハ ソ 「トヽ_! ヽ   ヽ;:::::|
  (-ヘ     |:::::: l !:l : l ::l::| : ::::l:::| ヾニ∠..._「   | ,∠"マ::::::!
    トコ、      !::: l l l::l:: :::!:::l :|:: ::::l:::|         |「ソ,ケ:/::/
    ヾヽ      !: :l: !:l::l::: ::!::::!:|::i:::::l:::|         ||`´':/::/
    弋ヘ _   l::::!::::l::!::::::!:::::::|:::::::l:::|         || /:/:/
      `ー=Zつz!:::!:::l:::::::::::::::::::|:::::::!::|   __  ` —'ケ:/:/
             |:::::::!::::::::::::::::::::!:::::::::|   `ニ ー` ,イ:/:/
            |::::::!:::::::::::::::::::::|:::::::::ト、    ̄ /:l::/:i
            |:::::::::::::::::::::::::::::ト;:::::::l > .__/:/::l::i::l
             |:::::::::::::::::::::::::::::| ',:::::::l/::::::::::::::〃::::;イ:!
              |::::::::::::::::::::::::::::il ヽ::::l::::::::::::::::i|::::/ |:|
          |:::::i::::::::|::i::::::::|!  \!:::::::::::::l |:::i |:|


cast:ニコ・ロビン(ONE PIECE)

宦官誅滅のために何進に協力していたえらい学者さん。劉璋の師でもある。
何進暗殺の後、軟禁されている。

張燕

               /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            厶ィ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
               /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.: ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
            ':.:./:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:/:./⌒^¨¨⌒i:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.
            i:.:.':.:.:.:. ':.:.:.:./ 》:. イ:./        |:.:.:.:{:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:. i
            |:.i:.:.:.:./:.:.:.:/  // !:′      ト:.:.:.:.、:.:.:.{:.:.:.:.:.: !
            |:.l:.:.:/:.:.:.:/ \〃   |l       {:.:.\:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:l|
            l∧/{:.:.:./ `トミ{'   |! -−───',:.:.:.:.:\>:.:.:.:.:.:.:リ
            {! {! V/   {じ!   l! ____   ',:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
                 }l、≧=イ    ヽ.´ ̄{!じド=ァー}:.:.l:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ
                 イ{   ノ       戈zリ , ∧:.ト、:.:.:.\:.:.:.:.:.\
              イ:.:.∧  丶       丶ー==彡./:.:/ヾ 7、:.:.:》:.:、:.:.:.:.\
           /:.:.:.ォ,イ:.:.:.、   、__ __        /:.:/{!  イ:.:.:\{:.:.:.`ト..:.:.:.\
        ./:.: /// !:.:.:.:.:.:.... `こ_ノ        /:.:.:爪イ:.:!:.:.:.:.:.:、:.:.∧ `:<:.:\
        イ:.:./ 〃 |!:.:.:.:.:.:.:.:\ ___ . -− イ:.:./ }:.}:.!:.:l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:\  `:<\
       /:./   ./   :|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ廴_ /:.:.:.イ=:{:.{《:.:.:ゝ:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\   ヾ:..、
.      /イ   /    |{:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:/ li...イ:.:.:.////:}:.} \:.:.:\:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:\
     //           〕ト:.:.:.:l:.:.:.:.:.厶イ :.:.:/=====;川  丶:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:\
.    /イ               〕ト:.:/:.:.:.:.:./     イ lリ    \:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:\

cast:シーマ・ガラハウ(機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY)
黒山賊をクーデターで掌握した傑物。その兵力は数万にも及ぶ。
二つ名は「飛燕」。
袁家、特に二郎とは因縁があり、不倶戴天の仇敵、ということになっており、反董卓連合の補給路を度々脅かしている。
彼女もまたキープレイヤーである。

皇甫嵩

     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!

       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i      l            |:::/lj/l:!リ
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、   、 __ _ ,    /' !:://
             リl::l゛、           /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/
cast:夜神月(DEATH NOTE)

文武に優れ、清廉な士大夫。
何進が討たれた後の禁軍を掌握し、董卓を援ける。
清流派の頭目でもあり、その政治力、影響力は計り知れない。

劉璋

.     /: : / : : : : / : /´ : : / /: : : : : : 丶: : ヽ: : :.\.:.: : :\|: : : : |: : : : \: : |
     |: : /.: : : : :│:/ : : : /: :l : : : : : : \\: :}: : : : : ヽ: : :.:.|: : : : |: : : : : : \l
     |: :j : : : : : : |│ー 、/: : j{: : : : : : : : :.ヽ∨ヽ: : : : : }: : :.:|: : : : |ヽ、: : : : : :.` 、
     ∨|.: l : : : : |∧: ::/\ ハ: : : : : : : : : :! |: :ハ__: :斗-‐┼: : : :l\:\: : : : : : \
       |.: | : : : : | ヽ_{,_{\{ヽ.: : : : : : : :| j /j___j,,z-/: : : :│: :\:): : : : : : : ヽ
       ∧ | : : : : |  ア/仔≧トkヽ\: `ー-j孑仔f¬「⌒ヾ\: : : : |: : : : `ヽ、: : : : : : :',
.      /: :}人: : : : !、�  {iヘ  jト'  ヽ: : :./ イiヘ  j.|  /: : : :.:/│ : : : : : : }.: : : : : :}
      l : : : : ノ\从ヘ   弋込イ|   ノ / 弋込.イソ ./: : : :.:/: :.|  /⌒V: : : : : : /
      |: : :./\厶: : ハ   ,_ゞ=ー'    ̄     `ー=<_ /: : : :.:/: : ん'´〔  │ : : : : /
      `ーく  /´{∧: : } ////   ,    ///// /: : : :.:/: : ∧ )-〈  :| : : : : {
      ∧/  ヾヘ 八                /: : : :.:/  //   |  l: : : : : :ヽ
       /' |    ∧: :ゝ.、      ヘ      /: : : :.:/: : ∧\   |  /: : : : : : : !
.    ノ{:  |    ト∧: : : :    ,_          ィ/: : : :.:/: : ∧/∨l\/ /: : : : : : : : |
    〃: :\∧    ヾ ヽ: : : : : : ∨>‐--<ヽ〃: : : :./: : :.ハj/⌒)  /: : : : : : : : :.j
   {i: : : :.:ヾヘ    ∨ハ: : : : : : ∨ハ     〃: : : :./: : : :|、/ \/ /: : : : : : : : : /
   ヾ : : : : : : \    ̄{,ヘ : : : : : :∨ハ   :{!: : : : :{: : : :.:l∧_厂  ノ: : : : : : : : : /

cast:ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール(ゼロの使い魔)

道端に落ちてたとこを偶然二郎に拾われる。
洛陽に留学中。短い期間ではあるが蔡邑に師事し、その才能を花開かせようとしていたが今は董卓に軟禁されている。
これからの活躍が期待される。
貧乳。

張魯

       / イ           //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /ハ/  /  ,      //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      レV  /  ィ      / 彡:::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      | {  ./ /  /     /:::::/:::::::::://:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       | ハ .イ   /    / /::/:::::::/ ノ:::://:::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::|
       | i .| /  /i    / /:/i::::::∠-=彡-=ニニK::::イ≦::::::::::::::::::::::::::/
       レ |ハ  i∧    /i/:/::::ハ/ \ ≧ィtjヽ、_ ̄>イ::::::::::::::::::::::::/  i
         | |ハ ./ l    | |:::|::/     \ ヾン_> ≦彡::::r -、::::::レ彡/
        >ハ ;;ヾ:::|  |  ハレ:://      ヾ  ̄     /::::/ r 、}:::::::::イ/ /
      /..:::::::::\:::::ヾ ハ |  /       \      /::::∧  /::::::::::://ノ
       /.:::::::::::::::::::::::::レ:::ヽ|  ヽ_、        }    ./::::/ y./::::::::::::::::::://
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  _        {    廴:/  ノ:::::::::::::::::イ=≦、
   /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::∧   ` ̄ ー-     }    /ー'´::::::::::::::::://::::::::::\
  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::{i:::/ ヽ   ̄        {  / |:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
 ./::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::{i}/  ∧            レ'´   |≧三ニ=:::::::::::::::::::::::::::::
../::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|     L__   - <´   /:: ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::
∧::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::ヽ      <´      ...::: |} ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::

./::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::}        > - 、  ..::.:.: ノ_ X≧=-::::::::::::::::::/

cast:間 黒男(BRACK JACK)

五斗米道(医療)の指導者。
漢中の太守でもある。卓越した医術の腕は死者すら甦らせるとか。
華佗に「太平要術の書」の回収と封印を命じる。
反董卓連合の招きに応じ、参軍している。

韓遂
            ,,.. -rー-- .,

              /  / ,r ''ー _`ヽ
         / _,.. 」 --- ..,_´ `ヽ.\
        / /,. -—‐ ''' ー-``_- 、 ヽ
       l //      ,. -  `ヽヽ. ',
       i l/         /r= 、    ヽ_j
       /  r'"7/´ー'´   \    ',
         !  ィ   ! l       ヽ、   ',
       l  /l  `ヽ    _,__-‐ !'    !
       l  l l‐┬--、  , ィ--‐'  l'´l.   l
       |  ゝ',´  ̄        |リi   |
       | !ヽ ヘ    _ ,.     /.7i |  l
       ',l l l`ーヽ  、`__,.   /|´ 〃 i l
        ヽヽヽ  |ヽ   ''  / !ィ' / ノ
     __,,ゝヽ_ー'r、 `,ー-‐_,. -,'- 1ノ- '´ヽ
    ヽ      `|`ヽl r,ニ ‐'"  l .ノ  /

      ヽ     r.|   l ||     / /!

cast:パプテマス・シロッコ(機動戦士Zガンダム)

馬騰の義兄弟。
その性は叛。十常侍と組み、涼州を内部から揺るがしていた。
反董卓連合とは距離を置き、馬超より涼州を預かる。
機を見るに敏。まさに姦雄である。

劉弁
                        ___

                        /rニー 、` ー、
                         /´/'´ _,. l,.....ヽ  ヽ
                        r''ヘ_ _ ,.r' l  lヽ  .i
                      ,r '´l _. リ !    / l.〉 l,r
                  l   、i(._`    `ー-‐'ヽ./   l`
               ,r::'::::l   !ヽ_`ヽ_,..、     '⌒r_'
    r‐ 、       _  i:::::;::;_;l-'´` ‐ ̄._ l   _,、_'ノ- i、._
    l    `-、..-i' ´  ヽ_,.ゞ- 、      r ' ´ ̄       /:::::::::`ヽ
   !     ,..rー、    ヽ.  ヽ     ./     _,...-::'´:::::::::::::_;/
    ヽ、   /     ,ヽ.    i.   ヽ   -r:::::'::::´:::::::::::;::::-‐::':´::::::)
      `‐/ 、__ ./ヽ,入_,ノ     l  ,r'´ ` ー ::::_::::::::::::::_;:::- ' ´
     _,/     /.  ヽ_   _,.. -ヘ-'         ̄
  r' ´      ヽ       ̄
  ヽ、      _ノ

      ` —— ''´
cast:野比のび太(ドラえもん)

惰弱、意志薄弱。基本的に何進の言いなりであり、何か意思表示をすることはない。士大夫も宦官もその態度を苦々しく思っていた。
袁術を娶ることになっていた。
後ろ盾の何進が死んだことにより一度は就いた皇帝の地位を追われ弘農王となっている。



劉協
     V,,,-‐'''^''"゙''''ーi、、

     ./         `'i、
     l   r‐---,,,,,,_、  `'i、
     l゙  | r'ニミ'   "ニ"'''',!'"
    ゙.l- -,l {.i''rl   |l,!.} j゙l
     .l゙゙li.ゝ ''‐'` .,. ''‐' |,l゙
     ゙'-r、   ,,, _..   ,l゙
       ゙',,,,、  `` ,/
     .,-'''''''|`'二ニ''"ニ、
    ,r"   ゙—'"`-" ゙'、
  .,/`   、       ,!゙l
  ,i´  .,,,i´          | ゙l
  !,   .゙l|           | .|
  \  ゙l_,,,,,,,,,,_ _,._,_l゙ .|

   `r'"` |`  ``  ` │.|
    .|  、l゙       .lヽ"
    | 、 |l゙    .,、  | .|
    .゙'゙ll゙    .|   |,/

      ,}''"゙'''''''|'"'''''''''l゙
      |    .|    |
      |    .|   .|
     .|    .l゙   |
     |    |   ,|

     |,,,,,,,,,,,,,,|,,_,,,,,!
     |    .|   .|
     |__ 、,| __l゙
    ,r"`.''' ̄`'゙l` ''ニ''ヽ,、
    |、     .|    ._/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
cast:出木杉英才(ドラえもん)

異母兄の劉弁とは違い、その英邁さ、明敏さは広く知れ渡っている。漢王朝の心あるものは彼こそが皇位に就くべきと思っている。
そしてついに皇帝となる。
董卓の傀儡と言われているが、皇甫嵩率いる清流派とも近しい彼がその座に甘んじることはないであろう。


集計ー

関羽の人気がすごいww
あと地味様が一番とかこれもう地味じゃなくない?

�割と重要
・関羽 11
・張飛 1
・劉備 0
・御使い 2
・馬超 4
・厳顔 0
・黄忠 1

�お察しください
・姉者 3
・地味様 6
・ネコミミ 4
・はおー 3
・尻様 1
・幼女 0
・鼻血 3

�能力値ボーナス
・武力 1
・統率 4
・知力 1
・政治 13
・魅力 1

前スレが埋まったのでアンケート集計しました。ご確認ください。
アンケート総数は20票でした。

�割と重要
・関羽 11票★
・張飛 1票
・劉備 0票
・天の御使い 2票
・馬超 4票
・厳顔 0票
・黄忠 1票
・投票拒否 1票

�お察しください
・姉者……ちゃんと、しよう 3票
・地味様の憂鬱 6票★
・ネコミミモード 4票
・はおー来襲者 3票
・ちち(穏)しり(蓮華)ふともも(ふんどし)1票
・幼女同盟 0票
・メガネと鼻血 3票

�能力値ボーナス
・武力 1票
・統率 4票
・知力 1票
・政治 13票★
・魅力 1票

1000スレは「二郎の身長が少しだけ伸びる」でした。
……身長伸びる分間合いが広がるから、武力面でも多少プラスになりませんかね?

一ノ瀬様、>>12様。
大変申し訳ありません、またもや集計結果が被ってしまいました。
……空気を読めず申し訳ありません。深くお詫びいたします。

スレ立て乙。
政治も上がったことだし、判定がゆるくなるかも!
ということでこれからドロドロする相手になる清流派頭目さん辺りの能力開示とかありませんか、systemさん?

>身長が少しだけ伸びる

身長が伸びなければ紙一重でかわせたところを、頭頂部1cmほどを恋の方天画戟が掠め取って、
頭蓋と脳をもっていかれるそうな気がするww

>身長が少しだけ伸びる

二郎ちゃんもういい年だろうにまだ背が伸びるのか……
この世界には第三次成長期でもあるというのか?!

少し背が縮むだと足首持って行かれた可能性があるからマシだと考えようw

身長が少し伸びる・・・
三尖刀使用によるデメリット回避の変わりに、アホ毛の芽が・・・とかw
アレ?アホ毛って身長に含んでいいのだろうか???

触手ばりにものを扱える程度のアホ毛なら身体の長さに含めてもいいんじゃないだろうか
よくある感情を表現できる程度だと微妙だな

なんか豆粒兄さんみたいだな

【system】
ステータスを更新します

統率:86(+8)

武力:84(+3)    
知力:80(+4) down!  
政治:82(+8) up! 
魅力:95     

固有技能

【沈着】
撹乱無効

【一級フラグ建築士(β版)】→next 魅力 ???               
・全武将のキャラクリが可能です!                 
・全武将とイベント遭遇率がアップします!

・多様なフラグが立ちます!

・イベント選択時にランダムで該当武将が判明します!     
・鬱フラグを察知することがあります!               
・【system】へのアクセス権限が強化されます!      
・キャラクリ武将に適用される「NTRロック」が強化されます!

※ ロックは一度、いかなる介入も防ぐことができます!
・「NTRロック」の多重展開が可能です!
・他者がキャラクリした武将に、キャラクリを重ねることが可能になります!

【恫喝】
・自勢力より弱い敵対勢力との交渉において発動します。
・交渉時に成功確率   +25%
・交渉時にクリティカル率 +30%
※クリティカル成功で交渉の成果が+30%されます。

所有アイテム
【農徳新書】
・効果:政治+8
・追加効果:所有者は農業技能取得
・特殊効果:所属陣営の収穫+5%

【三尖刀(真)】
・効果:武力+3
・特殊効果:戦闘時、武力+20% 
※特殊効果発動時は武力ボーナスは反映されません
三尖刀(真)の特殊効果持続時間は、素の武力×秒です

特殊効果を発揮すると三日間ほど武力が-50%の補正がかかります! 
特殊効果を発揮すると能力値(ランダム)が1ポイント減少します! 

【孫子の兵法書(真)】
・効果:統率+8、知力+4  up!

・特殊効果:「彼を知り己を知らば百戦危うからず」(二) →next ???  
・自陣営武将の能力値および固有技能を閲覧することができます!   
・自陣営内の謀略を一定確率で看破することができます!

・他陣営武将の固有技能を一定の確率で看破できます!
・地雷選択肢を一定の確率で看破できます!   

前スレ>>1000、どうしよw

>>12
>>14
集計感謝!
関羽の人気は凄いですねえ
そして地味様きたか。

割とこの後のお話が決まってきたような気がしたりする

>>15
きにしなーい

>>18
アイテム加味したら90ですからねえ……

>>19
それ即死やw

>>20
どう処理するか考え中

>>21
その発想、yesだね!

>>22
アホ毛、か……(困惑)

>>24
ミギー的なアホ毛?

>>25-26
牛乳おいしいです






逆に考えるんだ、天辺が駄目なら底を伸ばせばいいと
具体的には足の裏を鍛えまくって皮の厚さを5cmくらいに
やったね二郎ちゃん!釘が刺さっても痛くないよ!キモッ!

wikiのトップページと過去ログ弄っておきました
まだ前スレが過去ログになってないぽいんで過去ログは繋がらないけどその内繋がる・・・筈

>>30
ありがとうございます!ありがとうございます!
ほんと、ありがとうです。嬉しい限りですl

「あたたか、だな……」

胸に当てられた掌からじんわりと熱が伝わってくる。少しずつだが確実に痛みが引いていき、呼吸すら激痛が走っていたのがどんどん楽になっていく。

「そうか、それはよかった。しかし、無茶をする。下手をしていたら死んでいたぞ?」

そう言って文字通り手当てをしてくれているのは華佗。普通骨折とか月単位で治癒に時間が必要だと思うんだが、もう一刻もすれば痛みも完全に消えそうである。曰く、「気のちょっとした応用」だそうである。気、ぱねえ。
これは習得に頑張ってもらわんといかんなと冗談混じりに言ったら凪はえらく深刻な表情で頷いていた。いや、そんなに真に受けられてもアレなんだが……。

……鳴り響いた銅鑼はどうやら退却の合図だったようで、恋も一瞬の隙を突いてその身を翻して戦場から離脱していた。流石に全力で逃げられると星も追撃を諦めないといかんくらいであった。
どうやら真正面でがっぷり四つに組んでいた曹家と孫家の軍が相手を潰走させたらしい。もっと言うとシャオが頑張ったそうなんだが、これには流石孫家の血筋としか言いようがない。末恐ろしいことこの上ないやね。

馬家と公孫家は散々に追撃したらしい。流石白蓮は引き際を心得ていたみたいだが、翠はもう、執念深く深追いしてしたたかに逆撃を喰らったそうな。まあ、想定内ではある。稟ちゃんさんの想定だけどな!

ちょっと心配なのは真桜である。えらい剣幕で俺のとこに来て、顔を見るなり「あほ!」ときたもんだ。それ以来不眠不休で工兵を指揮し自らも攻城兵器の再組立てと調整に奔走しているらしい。いかんよ、きちんと休まんと。

「……いえ、好きなようにやらせてあげてください。私も真桜の気持ちは分かります」

ふむ?そんなもんかね。
と、首を傾げていたら一通り治療が終わったらしい。

「二、三日もすれば違和感もなくなると思う。思うが、余り無茶はするなよ」

そう言って立ち去る姿はマジイケメンである。野郎、凪に気の応用を教えるのはいいが口説いたら許さんからな。
などと小物丸出しの益体もないことを考えていたら音もなく近寄った七乃が耳打ちしてくる。

「そうか、真桜にゃ悪いが攻城兵器の出番はなくなりそうだな」

降伏の使者として張遼自らが訪れたとのことである。
まあ、籠られてもこっちゃ力押しで完勝しちゃうからなあ。妥当な判断だろうて。


「なんや、恋の本気の一撃喰ろうたて聞いたから死んだかと思たらえらい元気そうやないか」

「ご挨拶だな。まあ、こう見えて不死身なもんでね。あれしきの怪我、どうということはないのさ」

「ふうん。別に強がりってわけやなさそやな。ま、ええわ。
 うちは七面倒くさい口上とかは苦手やさかい、単刀直入に用件を言うで」

まあ、用件自体は予想通りである。無条件降伏と言う奴だ。

「勝ち目があらへんからなあ。これ以上ついてきてくれた兵達を犠牲にするわけにもいかんわ。一か八かの博打にも負けてもうたしなあ」 

せやから、と苦い笑みを浮かべながら言葉を繋ぐ。

「これ以上の抵抗は無意味やろ。月と賈駆っちにもまあ、義理は果たしたわ」

いっそさばさばと、淡々と張遼は呟く。そこには深い苦悩の跡が見て取れ、揶揄なぞできようはずもない。

「やからまあ、あんじょう頼むわ」

「おうよ。悪いようにはせん。知らん仲じゃないしな」

「ん、おおきに……」

用は済んだとばかりに去ろうとする俺に、らしくなく弱々しい声が届く。

「なあ、月と賈駆っち。なんとかならんか?」

きっとそれをずっと聞きたかったんだろう。そのために彼女らは必死になっていたんだろうし。だが、その問いに対する答えは決まっている。

「ならんな」

「……そ、か」

最早是非もなし。
ただし、このろくでもない事態を引き起こした奴についてはきっちり落とし前をつけてやる。

らしくなく悄然とした張遼を室に置いたまま俺はぎり、と歯を食いしばる。
虎牢関を落としたことに昂揚なんぞ欠片も感じない。最高にくそったれな気分である。

後は、洛陽をどうするかだけだな。

こっからはマジで慎重にいかんと、なあ。

本日ここまですー

感想とかくだしあー


・・・終わっちゃったなあ。いや、まだ始まってすらいないんだが兎に角終わった
董卓陣はもう仕方ないけど問題は劉協一派。こいつらどうすりゃいいんだろう


勝つことはわかってたからなあ
ここで董卓たちを助けると悪しき前例ができるからなあ
高祖のように切り捨てるしかないのかな
だけど劉協は追放とかできないかねえ
あ、そうか皇甫嵩が劉協を裏切るって可能性もあるのか
私は混乱を避けるためにしかたなくって…

乙乙
そりゃあ大切な人の命掛かってるから凪だって深刻な表情で早期取得目指すわいw
そしてまあ……降伏も仕方ないわな
やはりこの世界では兵士は将にとって拘束具……ガンダムファイターが手加減のためにMFに乗るがごとし

兵がいないほうが脅威なのって恋くらいだろ
三国志で文字通り三国無双やってるっていうレベルなのは

乙でした。

董家軍、奮戦及ばず連合軍に降伏し、怨将軍、動乱の黒幕への鉄槌を期す。

虎牢関陥落。
賭けに敗れた後で即座に無条件降伏を決断したのは、流石張遼と言うべきなのでしょう。
ただ二郎は悪いようにはしないと言いましたが洛陽動乱の実行犯である以上、
恋・音々音・霞の生存の望みはかなり薄いでしょうね。
せいぜい斬首か車裂きである所を将としての自裁が許可される程度で、
死一等を減じる所までには至らないと思います。
当人達もそれを解っていて無条件降伏していると思いますし。

さて次は洛陽ですが、相当に胸糞が悪いであろう結末が二郎を待っていそうです。
私の予想が正しければ、おそらく刃を交えることにはならないでしょうから。
そして、それ故に本当に討つべき黒幕には全く手を出せなくなってしまい、
二郎としては完全な負け戦になってしまうであろうことも。

……マッチポンプもここまで見事に決まれば大したものです。


大きな打撃を受けることなく完封勝利(馬家は喰らってますが)
ここからついに因縁の李儒との闘いになるわけかな?

桃色御一行がここまでやらかしてない分不気味に感じますね
このまま動かないでいてくれ……


おお、ちゃんと降伏するんだ。洛陽まで退避して混乱の中軍自体が離散って形じゃなくて
敗北した部下の扱いまで含めて意思統一がされて使者を出すとか原作とだいぶ違うなあ。
ぶっちゃけ原作だと董卓がどっかに逃げた形だから投降兵がちゃんとした扱いされたのか疑問。
曹操配下になった張遼とその部隊はともかく。

霞も絶対に許されることはないと思っていても月と詠のことを聞いたんだろうなあ。
でも二郎にしたら愛しているからこそ家族とも言える雷簿を殺され、詠を身代わりとか無しで[ピーーー]羽目になったわけで
二重に裏切られたようなもんだし、実は一番この騒動で悲惨だったりする。
ぶっちゃけ罪が重すぎて生かすに足る刑罰が無いというのが正直なところかなあ。
精々月が全部引っ被って命令したとしてかなり酷い拷問をしてから殺してようやく目がでるぐらい?

>>38
兵隊いないなら恋が延々とゲリラ戦すりゃいいですしねえ……
要害の地に兵隊と一緒にいるからどうにもならないという変な話

霞はこうふくしましたか。彼女の処遇ですが難しい問題ですね。下手に除名などしたら翠が黙ってないでしょうし。さらに彼女との仲が悪化しそうですね

恋が別格なだけでそれ以外は単騎無双は無理だろう
原作蜀√で星が黄巾賊に突っ込んだ時に100人ぐらいで限界が見え始めてたからやっぱり兵は必要

二郎ちゃんお疲れ様でした。
あたたかだなって、それ死亡フラグだからダメー!

どうやら風邪っぽいので本日お休み頂きます
あと、皆様のおかげでどうやらお話の行方も決まりそうです

>>35
なんとなしの虚脱感やら、こう、もどかしい感じが出てたらよかったと思います

>>36
色んな選択肢はあると思います。
色んな展開を考えましたがまあ、収まるところに収まると思います

>>37
>そりゃあ大切な人の命掛かってるから凪だって深刻な表情で早期取得目指すわいw
まあ、そういうことですよねw
何気に健気な凪なのです

>やはりこの世界では兵士は将にとって拘束具……ガンダムファイターが手加減のためにMFに乗るがごとし
あれって師匠だけじゃなかったんですか?

>>38
まあ、そうよねw

>>39
>賭けに敗れた後で即座に無条件降伏を決断したのは、流石張遼と言うべきなのでしょう。
聡いので先が見えてしまうのですね

>ただ二郎は悪いようにはしないと言いましたが洛陽動乱の実行犯である以上、恋・音々音・霞の生存の望みはかなり薄いでしょうね。
どうなることやら……

>さて次は洛陽ですが、相当に胸糞が悪いであろう結末が二郎を待っていそうです。
はい

>二郎としては完全な負け戦になってしまうであろうことも。
稟ちゃんさんとメイン軍師に頑張ってほしいところですね

>>40
>ここからついに因縁の李儒との闘いになるわけかな?
李儒だけちゃうでー

桃色さんたちは。大体方針決まりました

>>41
>おお、ちゃんと降伏するんだ。洛陽まで退避して混乱の中軍自体が離散って形じゃなくて
>敗北した部下の扱いまで含めて意思統一がされて使者を出すとか原作とだいぶ違うなあ。
そりゃ、ねえw
兵卒たちに対する責任というのが将にはあるのですよ

董家軍の処分については、大枠で決まっていますが……

>>42
>要害の地に兵隊と一緒にいるからどうにもならないという変な話
釈然としないものを感じてくれたなら嬉しいです

>>43
そこいらへん、ちゃんと回収します

>>44
三万人討ち取ったという公式設定は正直いかがなものかと思いましたw

>>45
ちりばめたネタを拾ってくれてありがとうです
今後もよろしくお願いいたします




さて、前スレ1000をどうするかが決定しました。
上手いことお話造れたらよかったんですが、なーんも浮かばなかったので、ご提案あった魅力upか武力pにしようかと。
そういや前に筋力ボーナスあったなあと思い出しましたので、きっと身体が一回り大きくなったんだろうということで

【system】
前スレ1000の影響で紀霊の武力がupします

【system】
ステータスを更新します

統率:86(+8)

武力:85(+3) up!    
知力:80(+4)   
政治:82(+8)  
魅力:95


     

三国志11 武将能力

劉備 統率75 武力73 知力74 政治78 魅力99 総合399

曹操 統率96 武力72 知力91 政治94 魅力96 総合449

孫策 統率92 武力92 知力69 政治67 魅力92 総合415

孫権 統率93 武力90 知力74 政治73 魅力91 総合421

二郎 統率86 武力85 知力80 政治82 魅力95 総合428
二郎 統率94 武力88 知力84 政治90 魅力95 総合451 ※宝物含め

宝物含めると11の魏呉蜀君主を総合で上回ってるじゃないですか(白目
宝物補正なしでも曹操以外抜いてるじゃないですかー やだー

凡将とは何だったのか(震え声

何を言うか皆の衆!!二郎君は凡将だ!!
それを12スレ立てて皆で育ててきたのではないか!!
忘れるな、今までの努力を!!

>>58
孫権のステータスが違います。表記されているのは父親の孫堅の物です。

孫権 統率76 武力67 知力80 政治89 魅力95 総合407

二郎 統率86 武力85 知力80 政治82 魅力95 総合428
二郎 統率94 武力88 知力84 政治90 魅力95 総合451 ※宝物含め

結論 二郎は素の能力でも十分やっていけます。

……宝物関連で今なら問題ないとは思いますが、実は袁胤と許攸が再起を狙っていた時点において、
キャラクリ済みの典韋こと流琉がいることに関連して二郎と流琉の宝物盗難+紀家への奇襲という、
曹操最大の危機であった宛城イベントと同じものが発生しないかを心配していました。
ここで全宝物喪失+紀家軍壊滅(=流琉、陳蘭、雷薄死亡)→二郎離反という流れになりはしないかと。

まぁそれは流石に考えすぎでしたし、
もし発生していたら凡将伝が怨将伝になっていたとは思いますが。

凡将伝とはなんだったのか
昨日お休みもらったし検証してみませう
いや、ネタですよ?

結論としては三点ほど二郎ちゃんの能力値の優位性について指摘を加えたい

�ゲーム開始時の能力で比較するのは……
�アイテム補正、あるで(みんな)
�覚えていますか:スキル、固有技能

�です。
まず、三国志のステータス。最近のそれは作中で成長するのが楽しい。能力値が成長するのは醍醐味のひとつです。
で、あるならば物語の終盤で成長している二郎ちゃんのステータスで語ってもなんだかなあなのです。
初期ステータスをここで振り返りましょう。

統率:74
武力:72
知力:78
政治:78(+8)
魅力:75

正直、こっからよくあそこまで成長したなあと。
魅力とか20も上昇してるぞ……(戦慄)
>>>60-61の言う通り、皆様のご支援で何か一流っぽいスペックに辿りつきマシた。


他の英傑も成長してるというのは置いといて、それぞれアイテム所持してますから!
孟徳新書とか、孫子の兵法書(真)とか奉天画戟とか青竜偃月刀とか……。
アイテムのブーストは他キャラもありますとだけw


強そうなスキル列挙しときます

呂布
【飛将】
陸上で移動力+50%
自分より武力の低い部隊への攻撃 クリティカル
【万夫不当】
攻撃力 +40%
自部隊奥義発動確率 +40%
一騎打ち発動確率 +30%
敵総攻撃力 -8%
【迅速果断 八】
移動速度 +33%

曹操

馬超
【騎兵大号令(二)】
騎兵攻撃力3倍
【勇猛果敢】(一)
一騎打ち時、武力 +10%
【連戦】
通常攻撃が50%の確率で二回攻撃


賈駆
【四面楚歌】
被攻撃時に歩兵防御力を4倍
自軍奥義発動確率+30%
【混乱誘発 六】
混乱成功 +36%
【妙計】
自分より知力の低い部隊への計略成功時クリティカル
【鬼謀】
計略を仕掛けられる範囲 二倍

はおー
【覇王の力】
総攻撃力 +15%
総防御力 +20%
敵総攻撃力 -8%
武将人数x3%分の攻撃力上昇
伏兵 被攻撃時に歩兵種攻撃力を2倍


何が言いたいかと言うと、固定値は裏切らないからもっと強化せんと普通にバッドエンドあるで、っていう

それと現状の能力値で実際に三国志ならどうするかっちゆうと。
多分、後方で内政させつつ、重税課して叛乱鎮圧させるか、前線に置いといて好き勝手やらせるか、だな。
魅力高いし敵将スカウトするかもしれんし。

ってまんま後者の使い方ですね。

実際、一人で前線にカス武将たくさんつけて突っ込ませるというのがプレイヤー的戦略と思いました

>固定値は裏切らないからもっと強化せんと普通にバッドエンドあるで、っていう

おい。
ここまで来てバッドとかマジやめて…(´Д`)

二郎ちゃんには幸せになる資格があるんや…

>>65
これでも当初予定からしたら相当ヌルゲーになったんやで

>>67
確かに一ノ瀬様がネタばらしした分だけでも、
儒家との暗闘ルート(名士層と対立)、孫家との血戦ルート(死者多数)、
何進との経済戦争ルート(泥沼化したかも)、
果ては袁家謀反の「蒼天已に死す」ルート(黄巾の乱を二郎が誘導)と、
改めて思うと本気でシャレになっていませんね。
何より本来ハードである筈の「蒼天已に死す」が、実はノーマルルートという時点で恐ろしいですが。

中には太史慈みたいに出番を失ったキャラもいますが、
悪鬼戦争英雄譚の第七章でルートによって登場キャラが異なるようなものでしょう。
……ひょっとしてルート選択によって出てくるはずだったキャラが他にもいますか?
できればお教え頂きたいですのですが。

>>68
えー。

じゃあちょっとだけよ。
孔融
                 ,.ィ'´`ヘ‐--.<

             __ノ´'´    i、i/,ゝ‐=゙`ヽ.、
             /'フ'      .メ'ヘiヾ、`ヽ、ヽ .∧
         /" /´  /   ./   ii ヾ、、 ヽ .∧
        /´ ./   /    , /i!   !!  ゞ、ヽ、ヽ.∧
        /"  ∨  /"    //i!   _,.-!!  ;ヾ、ミヽi .i
      /´  /  /      //i! ,./_,,.メィi!  ミ,ゝ-、、i!.i
    '/    /,'  /     //メ '"'弋ノメ.i!  ゙!'、ヽi、.i i
   .//   /.,' ./     メ/i!     ¨` i!   ')〉ノ、ヾi
  /メ   / .i /   /メノ       i!   ,、ィ;´、ヽ∧
  /"   / i /   / /゙i! `ヽ_.    i!  .ノ゙ノ' ノメ、∧
 /    /  i./   //,"'ヘ. '、—`-  i! / /,/ メ、゙ヾ∧
. i′   !  i:i    //イ ノ .メ、. ̄´   i!,.イ_,./"  /人ヾ、.∧
. ii    ! .:::!!   // | ! / ィ〈゙ー‐ィ,‐‐i!'´:ノ,  /'、ヾヽ 、、∧
. i!   .! .:::::i!  //  i ! / メ/ii├‐‐メi!/'´  /ノ`¨==ー、、∧_
 ii   !.:::::::!   ,'/  i ノ/__ィ、ii::ii,.ィ=メ ノ .:;::/`´ ̄ ̄`ー==-ヽ、
. ヘ、 、 .!:::::/!  ,'/__,‐=≠'"^ヽiメ`ヽ、//' ..::::ノ::::::::::::::::::::::::::::,ゝ-—゙-ヽ、
cast:オリヴェエ・ミラ・アームストロング(鋼の錬金術師)



太史慈
Jr_}ゝ ノrミ´    ``ヽ、ゝゞア{}

ヾr'´ /〈 ァ      r   ',ヾr ソ
  ノ ,r、  '`__..  '    ! ,rv
  ヽ =} `  ̄    r⌒ヽゞソ

  ノ '' |__,,, 、      }えノ
  ヽ_ ゝ‐‐'‐--、_')、   ',ri
   (__ノ二ア `ー-' )  l l
   「i  , ---、 .. ノ   ! '、_
   / `  ,         ノ'::´::\
Jr_}\  ヽ    _,-':´::::::::::::::

ヾr'´  ヽ--r_-‐‐'"´::::::::::::::::::::::
     「;;;;;;;;| ヽ',:::::::::::::::::::::://
cast:アレックス・ルイ・アームストロング(鋼の錬金術師)


董承

                   _                   /  /
                , ィ:::::::::::`ヽ.          _   /  /
               ノ:::;ィァ、:::::::::::::::ヽ        ( ∨イ  /
             /イ::/ i{  ̄Yヾ、:::ハ       〉. V | /

            // jイヘ.__ リ   j i lト::::.    _z<//! リ/
            // .{ソ!´⌒ヽヽー/=ュリレl:::i   rィ ヽ ヾ' イj
              /イ  ゞ::lヾ=イj__ト=彡zイソ::ハ 人 ) '   /
             __{::l_/:::::i  ̄ {! ` ー'/::::::_イア/ハ    _/
         /ニハVニr、 ∧ ー-。 - /:::::/)/7rィヽゞ=-'イ

        _ノニニ>=イニニjヽ __ ィソ リ´ ̄ヾ彡_{二ニTュ、
        }ニニニニニニ/ ヽニr'´ /ィ! ヽ`Yニ>-=≦ニ!

        /ニニニニニ'-rイニニヽ_/ ノ ュ__)ニニニニニニ!
       rニニニニニニニ!__Vニr ア   / j-'ニニニoニニニ|
      /ニニニニ=‐≦ニ| i!{ ゝ-r'/ニニニニニニニ!

     /ニニ=‐≦ニニニニハ i>イ/i!ニニニニoニニニ|
    /ニ=-≦ニニニニニニニハ」 / |ニ!ニニニニニニニ!
   r 'ニニニニニニニニoニニj/|" .!ニ!ニニニニニニニ!
   jニニニニニニoニニ=‐´/l//i| j!/ニニニニニニニニi|
   〈ニニニニニニ= ´ /ニ∨//!/ニニニニニニニニニ
   ヾニニニr—´ <ヾ./ニニニ∨/ニニニニニニニニニニ}
cast:リップヴァーン・ウィンクル(hellsing)

あとはー、徐晃とかー、曹仁とかの曹家の宿将とかー
孫乾とか麋竺のような蜀のフォローキャラとかー
馬家の鉄ちゃんとかも用意はしてましたねえ
孫家では徐盛とか?
益州だったら張松とか張嶺とか……

各勢力大盛りでお送りする用意はあった(苦笑)


どうするつもりだったんだという配役

孫乾
         ____

       z≦三三三≧=z.、
    ,z≦三三三三三三三三≧、
_z≦三三三三三三三三三三≧:、

ミ≧三三三彡'゙´ ̄____`゙ヾ三三三!

 `゙Y´ ̄     /.::::::::::ヽ |三三三!
  〃:::::::::.ヽヘソ/.::::/、ヽ::::j |三彡'´ヽ
  ミ:::/´>、::、ノ::://´゚ゝ`゙ ヾ彡'/´ i
  ヾ' i  ゚>ー'´≦ ̄´     }ミiノヽ`リ
  ト} `゙ー「 _ k ヘ     ノ ミj )/ j

  ヾ!  〈  _z=、ソ ノ`゙、  ゙゛f丿〃
   ヾ'  ー'´_>'´>+'´   ト、/゙i

    ヽγ ̄ ̄ ̄       j    ,ト、
     i           シ   //  〉ー-、___
       〉、,_,;_,;;_,_,,_;_;_z≦゙'´ ̄/   ,f-、___
   ,.:</ ヾ=---<    /    /
 ゙̄´/  ヽ  〃'´`y    /     /
  /  /´/.:::::::::.ヾ_彡'´       /

cast:両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)

麋竺

.   / V´ ̄ヽ / /`  、
  /ヽ,{    ト  / / /\
  ヽ,ム`==='゙ < `  、/ /\
  ,ノ'"~ ̄ ~ "'' ミ「ト、 \//

   |`f,≦、--,===弐`'く  ヽ,.
  ノ } 、彑  `厂匁 ゝ、`ヽ r
  { / l  /     ̄  // |`l l`|
  〈_ハ / _      { l トj |
   `い `、____,   い./´,ノ
    _', `ニ"´   ,.イ`l リ /
    {,ハ,______ / ソ ,ル' (ノ

  -‐ァ| |   / /  ゝ,> '
 ニニ/,ハ ', / ,ム-┐ /|

cast:中川圭一(こちら葛飾区亀有公園前派出所)

はい、どうなったか分かったもんじゃないですねw

さて、虎牢関を落としたら次は洛陽なのだが、一旦ここで足踏みである。なんせ董家軍の主力が降伏したんだからこれ以上干戈を交える必要はない。まさかに洛陽に攻め寄せるわけにもいかんからに。
虎牢関を落として一番助かったのは洛陽とのやり取りにかかる時間が大幅に短縮されたことだ。メイン軍師たる風とのやり取りがほんとスムーズにいったのは大きい。これには稟ちゃんさんもにっこりである。
ちなみに使者には毎回張合を派遣している。人材の無駄遣いと言うなかれ。ここのやり取りは本当に重要だから、万が一にも使者が途中でぶっ殺されたり買収されたりするわけにはいかんのである。
これが他の場合であれば何人も色んなルートで書状を送ったりするんだが、張合ならば問題はない。だって多分俺より素で強いし。無論諜報畑だから色んな、俺の知らない機微にも通じているだろうし。うむ、餅は餅屋、である。

「随分と張合君を買ってらっしゃるんですねえ」

「うお!」

気配もなくいきなり耳元でふう、と息を吹きかけつつ囁いてきたのは七乃だ。前張家の当主であり、今も穏然と影響力を持っている。
と思う。
その隠密スキルは大したもんで、ここまで密着されるまでほんと察知できなかった。ガチで。

「脅かすなよ。寿命が縮んだかと思ったっての」

「おやおや。寿命が縮んだのはこっちですよ?まさかほんとにあの、人中の呂布と遣り合うとは思ってませんでしたからね。いいですか?二郎さんは、二郎さんが思っている以上に重要人物なんですよ?死なれたら色々と困るんです」

にこにこしながらしなだれかかってその身体の柔らかさを伝えつつ耳をがじり、と齧るという高等テクニックを駆使しながらそんなことを言う。

「いやいや、俺もこんなところで死ぬつもりは全くなかったし。あれはあれで蓋然性があったし」

「ふうん?本気でそういうこと言ってるあたり救われませんねえ。美羽さまなんて、ほん  
 と、どれだけ枕を涙で濡らされたか。それだけでも万死に値しますよ?」

マジか。これは後でご機嫌伺いに行かんといかんなあ。嫌味混じりでもそういうことをきちんと伝えてくれる七乃にはマジ感謝である。流石袁家の諜報を一手に握っていただけのことはある。そういう機微は超一流だね。いや、そういうのをきっちりしとかんと意外と組織の円滑な運用って難しいのよね。中元歳暮、年末年始の挨拶マジ重要ってなもんである。

「だってさあ、恋を軍で迎え撃ったら見失って本陣への侵入を許したかもしれないじゃん。
 それに、あの子万単位で兵の相手できちゃうからな。常備軍たる袁家の兵卒をそんなとこで使い捨てにはできんて」

徴兵したら揃うってわけじゃあない。時間も金もかけてるのだよ、袁家の兵には。

「六万の兵卒を使い捨てにしてもよかったと思いますけどね。個人的には。
 そこは二郎さんと私の認識の差でしょうね」

「まあ、最悪俺が討死してても袁家勝利は揺るがなかったろうしな。稟も保証してくれたぞ?」

「ほう。あの女狐がそんなこと言って二郎さんをけしかけたのですか。これはいいこと聞いちゃいましたねー」

「え?俺余計なこと言った?」

「いいええ。そんなことはないですよ?ただ、ですねえ。二郎さんの価値について見解の相違があるというだけです。そうです。この戦いだけであればいいでしょうが、二郎さんがいなくなっちゃったら、結構めんどくさいことになるんですよ?」

ああ、そっか。紀家の跡継ぎとかいないしな。そういや文も顔もか。いや、軽挙妄動しちゃったかもわからんね。

「……分かってなさそうですねえ、その顔だと。ま、いいです。所詮些事ですから、貴重なお時間ですものね。失礼しちゃいました!」

いやいやいや。
「いや、ちょうどいい。呼ぼうと思ってたんだ」

「おや?珍しいですねえ。最近はご無沙汰でしたからー。じゃあ、ちょっと失礼して……」

おもむろに服を脱ぎだそうとするのを慌てて止める。

「違う、違うから!いや、別にそれが嬉しくないってわけじゃあないけど、そうじゃなくて!そうじゃなくってだな!本当に相談したかったんだってばよ!」

こっから先について、な。

一応稟ちゃんさんには確認したし、これから風からの添削も来るとは思うが。やはり謀略と言えば七乃である。にこにことしたままの七乃に、俺が思う所を語ったわけである。


短いけど本日ここまですー

明日はメイン軍師が久々登場かも

感想とかくだしあー

>>69-70
無茶な要望にお応え頂き、有難う御座いました。
太史慈より強いであろう孔融姉さんや様々な意味でマミさんの先輩である董承など、
ツッコミどころが満載ですができれば出てきて頂きたかったですね。

ただ、両さんは自由気ままな振る舞いに普段は仕事を怠ける所、
そしてどこか憎めない人柄から、孫乾でなく簡雍の方が向いていそうです。
一方で孫乾の配役は両さんの説教役で部長にすれば良かったような気もします。
ただその場合だと、簡雍が劉備と同郷であることがネックになってしまいそうですね。

……配役の内訳はともかく、
桃香に無茶なお願いされて困っている大金持ちの中川を尻目に、
街で問題を起こした両さんと鈴々が部長と愛紗に揃って説教されている。
そんな光景が割と無理なく想像できるのは、私だけでしょうか?

>>76
ごめん、両さんの役、ぶっちゃけ簡擁のつもりで間違えちゃったw
まあ、どうせ没キャストだし!
許されてくださいw


両さんと中川を投入して愛紗がお説教してたら蜀勢は相当動きそうですよね。
いや、しませんけどもw

……乙です。
タイミングずれのスレをしてしまい、申し訳ありません。

稟と七乃の見解の違い、
それは袁家にとっての二郎の存在価値を正確に理解しているかどうかでしょうね。

袁家に仕えて日の浅い稟にとって、
二郎はあくまで袁家の重臣であり、重要ではあるが代えの効く人材として見ているようです。
だからこそ、三人がかりとはいえ飛将軍と直接戦わせるという判断が出来たのでしょう。

一方、袁家の宿将である七乃は、
二郎が美羽様という代えの効く麗羽様と違ってその死がそのまま袁家の滅亡に繋がりかねない、
正に代えの効かない最重要人物であることを理解しているようです。
最悪の場合、麗羽様を見捨ててでも二郎を生き残らせなければならない。
個人の感情を抜いたとしても七乃はそう考えていそうです。

実際、あの時にもし二郎が討たれていたら袁家は麗羽様と美羽様で二分化し、
やがて立ち行かなくなっていったでしょう。

それを解っていたら、稟も二郎を呂布の前に立たせる真似は決して出来なかったはずです。
目先の戦争の勝利に拘る余りに主家を衰退させた挙句に滅亡させたなど、
軍師としては恥以外の何物でもありませんから。

……今まで二郎との接点が殆どなかった稟は、
袁家の大黒柱が実は二郎であることを余り理解できていないようですね。

「孫乾の馬鹿はどこだ!!」とか言って青龍偃月刀を振り回す愛紗

乙ー。
戦に強い孔融さんとかおかしくねぇかwwwwww
久しぶりに七乃さんだー、腹黒さんだーわーい
ニコニコ笑いながらえげつないことできる女性ってホント素敵です!

乙です。
台詞の端々から七乃さんの二郎君へのLOVEがオーラになって見えそうですな。拗ねたり大胆だったりいつになく積極的。
前からこんなもん?知らん。やっぱり心配してたんだなーかぁわうぃーと言うことにしておきたい。
有益な忠言は流石の鬱ブレイカーさんですが一番最初の台詞も忠告なのか気になりますね。

ところで最近二郎君のニブチン度が上昇してるように思うの。能力値で知力が一番低くなったから?え、前からこ(ry


七乃だーひさしぶりだー
相変わらず、この子と風に任せておけば謀略面は安心だね
稟ちゃんだとまだ麗羽さまからお借りしてる感じがあったからなー
あとは美羽さまのご機嫌取りパートが楽しみだ。しばらく見てないしね

風邪が悪化しまして、本日お休みいただきます
酒呑んで寝れば治るだろ多分

>>79
風ちゃんと稟ちゃんさんと七乃さん、皆スタンスが違うというのを感じてもらえたらなあと思っておりますはい。

>>82
脳内再生余裕でしたw

>>84
地味に七乃さん人気ありますねw

>腹黒さんだーわーい ニコニコ笑いながらえげつないことできる女性ってホント素敵です!
お、おうw

>>86
>台詞の端々から七乃さんの二郎君へのLOVEがオーラになって見えそうですな。拗ねたり大胆だったりいつになく積極的。
なんとも剣呑ではありますが、ラブ回だったのかもしれませんw

>やっぱり心配してたんだなーかぁわうぃーと言うことにしておきたい。
そういうことにしておきましょうw

>ところで最近二郎君のニブチン度が上昇してるように思うの。
前からこんなもんだったんじゃないでしょうか

>>88
>この子と風に任せておけば謀略面は安心だね
基本、にっこり笑って人を刺す子らですから……
手段を選ばないという点で言えば作中でも屈指

>あとは美羽さまのご機嫌取りパートが楽しみだ
お、おう。
どないしょ。

酒と薬を飲むといいぞ(ゲス顔)

>>91
ありがとう、そうする、というか、そうした!
ポカリ我が家に無いから勘弁な

乙です〜

七乃、久しぶりですね〜
なんかもう少し黒い七乃が見たいと思う俺は既に手遅れかもしれないw

風の暗躍?が見られそうですね〜
軍師陣の中でも屈指の腹黒さがどの様に発揮されるのか?w
楽しみにしています〜

風邪大丈夫ですか〜?
酒飲ん暖かくしてお休み下さいませ〜

>>94
>七乃、久しぶりですね〜
>なんかもう少し黒い七乃が見たいと思う俺は既に手遅れかもしれないw
黒い七乃さんが人気で戸惑ってますw
彼女が黒いというのを見せる状況というのは結構追い詰められているか、敵にまわっているかなのでどうだろ。

>風の暗躍?が見られそうですね〜
>軍師陣の中でも屈指の腹黒さがどの様に発揮されるのか?w
腹黒さという面では恋姫の中でも三本の指に入りそうな風ちゃんって凡将伝だけかもしれませんねw
演義に影響されているのでしょうね、きっとw
七乃と風ちゃんと。あと腹黒いの誰だろ。穏かな。

風邪は、一進一退ですねw

「おや、虎牢関が落ちましたか。予想より早かったですねえ。
 しかし、二郎さん自ら矛を交えるというのはいただけませんねえ。これ、誰もお止めしなかったのですか?」

小首を傾げる少女の表情は眠たげであり注意力散漫といった風ではあるが、それが擬態であると張合は認識している。
なんとなれば目前の少女——程立——は単身洛陽に残り後方より董家軍に有形無形の被害を与え続けていたのだから。まあ、その功績はごくごく限られた人物しか知ることはないであろうが。

「ふむ。紀家当主の強い意向とのことだったな。それに文、顔の当主までが賛同したならば否やはないだろう」

うっそりと張合は応える。反対意見も根強くあったが、押し切られたというのが実際のところだ。

「それでは致し方ありませんね〜。まあ、それは置いておきましょう」

そのような綱渡りをさせたのは自分にも責任があると程立は追及の手を緩める。誰よりそのことを悔いているのは自分であるとは思えども色には出さない。

「では参りましょう。護衛の方はお願いしますね?」

「ふむ。それは一向に構わんが……」

この期に及んで誰と会うのだという視線での問いにくふふ、と程立は笑う。

「今日は忙しいですよ〜。まずは賈駆さんのところですねえ。それからはまあ。その後に決めましょうか〜」

ふむ、と張合は頷く。

「もとより異存はない。虎穴に入っても君一人くらいならばなんとでもしてみせよう」

「これは心強いですねえ。そのような事態は起こらないとは思いますが、その時はお願いします〜」

にこやかに笑う程立。その胆力に流石の張合も感嘆の念を惜しまない。
そこいらの自称武人よりもよほど腹が据わっている。

「いえいえ、風は出が庶人ですから〜。この程度の鉄火場は日常茶飯事でしたし〜」

くふふ、と柔らかな笑みを浮かべて言う。

「そう言えば二郎さんと初めてお会いしたのも野盗に襲われて万事休す、という時だったのですよ。ええ。あの頃は毎日が生きるか死ぬかでしたねえ」

程立は刹那どこか遠くを見るような目つきをする。

「ふむ。鉄火場にて狼狽されるよりは余程いいな。では、参ろうか」

彼らが向かう先は紛れもなく戦場。血の一滴流れることもない戦場。だが、その結果いかんでは屍山血河が生じるであろう。

「はいはい、よろしくなのですよ〜」

そのような気負いなぞ一切なく程立は含み笑いを一つ漏らすのみであった。


「……そう、虎牢関が落ちたの」

賈駆は嘆息する。伝令より早くもたらされたその悲報。それが意味するところを解さないほど鈍ってはいない。

「どれだけ袁家の諜報力は凄いのよ。まあ、今更だけどね。虎牢関失陥については今初めて聞いたわよボクは」

その一言でも千金の価値がある。どうやら賈駆はここに至って情報を出し惜しみするつもりはないようであると程立は認識する。
「ではでは、単刀直入にいきましょかね〜。
 董卓さんはご無事ですか〜?」

その言葉に賈駆は僅かに身を震わせながら首を横に振る。

ふむ、とばかりに程立は数瞬瞑目する。
双眸には深く隈が刻まれ、疲労の色がいかに濃くあろうとも賈駆の能力については高く評価しているのだ。
その彼女が、執金吾——洛陽の治安を司る役職である——の権限をもってしてもその足跡が掴めぬというのはどういうことかと。
そして、至る。

「——さて、かしこき方についても?」

その言葉に賈駆はバリ、と頭を掻きむしる。緑の黒髪が乱れるのを惜しいな、とあの青年ならば思うのであろうか。益体もないことを程立は思う。

「——初手でやられたわ。禁軍は皇甫嵩の手の内。禁裏にボクの手は及ばない」

「結構。ではこれにて失礼するのですよ〜」

用は済んだとばかりに程立は室を辞そうとする。

「待って!」

「……何か?」

その、程立の問いに賈駆は口ごもる。

「え、その。ね。あの……」

いっそ優しい貌で程立は応える。

「後はお任せくださいな。ええ、後始末はきっちりと。それはもうきっちりと致しますから。
 ——二郎さんと、お会いする機会も作りましょうからに」

賈駆はその言葉に青ざめる。そしてぎり、と食いしばり、辛うじて言葉を捻りだす。

「月を、よろしく。そして。
——二郎にも、よろしく伝えてちょうだい」

にこり、と無言で程立は踵を返す。ここからは時は千金に値するのだ。寸暇も無駄にできない。

「やれやれ、厄介なことなのですよ」

だがまあ、と思う。洛陽に踏みとどまっていたのは無駄ではなかったと。
矢継ぎ早に指示を出すそんな程立に張合は無言で付き従う。寄り添う影のごとく。

本日ここまでー

感想とかくだしあー

乙でした
風さん悪魔かw

更新乙です。
風邪はとにかく喰って寝たら治るはず!
今日も暖かくして休んでください。

メイン軍師の風が出ただけでなんか安心感を覚えてしまうww

>月を、よろしく。
AAのせいでライトと読んでしまった…
月ちゃんが死んでたら張合が愉悦に目覚めそうだから生きててほしいなぁ


嗚呼、ムゴい。ムゴいとしか言い様がねえ
月をよろしくってのは、どうなるか解ってて言ってるんだろうなあ・・・

乙でしたー

そいや風はいつ程�に改名するんだろう?

おつー
風の腹黒さがたまらん

乙ー。
……緑の黒髪?

おそらくみんなわかってて書き込まないんだろうけど


捕虜っていうか降将に向けるやり場の無い怒りの矛先にされた主人公の胃をキリキリ言わせる馬超さんの活躍がある筈(チラッ
しかしそこまでいくとたんぽぽも流石にマジギレするレベルか。
馬家は割れないような流れだし流石に暴発は……
いや、しかし「復讐は何も産まない(キリ」とかかずぴーにされておとなしくなっている可能性も微レ存……

乙です〜

まあ、非道に見えてかなり温情かけているように見えるんですけどね〜
詠ちゃんは、一応二郎ちゃん関係者って認識なんでしょうけど……


昔の貴族女性は風呂に何日も入れなかったから〜
まあ、その為に髪が…… って説もあったような〜
日本人独特の表現って確かにあるんだよねw

絶賛闘病中
これは今日は無理かも分からんね
ものっそい眠いので日付変更線をご参考ください

>>100
いいえ、ただのメイン軍師です

>>101
>風邪はとにかく喰って寝たら治るはず!
基本それしかないんですよねw
ひたすら眠いです。

>メイン軍師の風が出ただけでなんか安心感を覚えてしまうw
ファミ通の攻略本よりは安心していいかと

>>102
>嗚呼、ムゴい。ムゴいとしか言い様がねえ
メイン軍師はメイン軍師で割と必死なのです
全然そうは見えませんけど

>>103
さあ……


>>104
             o

           , -‐△‐-、
            { 〈〈 | ━ }
          ゝ.._|__ノ

        _, -,-、/_l ,-、lヽ,‐、‐-、
      / /,.-、\. -'/,‐、 \ \

     /-一'/ミミミヽ l-/ .///ヽ ヽ \
    f´    iミ, -————-、 }  }  ヽ
    |    レ',f⌒ヽ  f⌒ヽ∨ /    i
     j    /ニ‐つノ   ゝ'¨‐ニi {      |
.   /   /. __ノ '  ヽ___ヽヽ    |
   /   /`} ┯━┯  ┯━┯ }ハ .   | 
.  /    i ム. ゝ;;;;ノ     ゝ;;;;ノ /  |   |
  {    | | `     ,、,、    イ  |   |
.  ヽ   ヽ \.  `ーr///^h‐'  ノ  /   |
   \   \ >- f ' ' ' ./ |-<,.-‐-、   {
.      ヽ   /_:.:.:.:.|/⌒ヽ./ :.:./ , -、 ヽ  ヽ
      } /:.:.ヽ/:.:.:.:.:.:.:i,.-‐{  し_,ノ i   \
.     | /:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:::::乂__ノ\    \


>>106
皆さまがお答えしてくださったとおりです

>>109
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ!

>>111
>まあ、非道に見えてかなり温情かけているように見えるんですけどね〜
特にいたぶりに行っているというわけではないのです。

>詠ちゃんは、一応二郎ちゃん関係者って認識なんでしょうけど……
ひょっとしたら同僚になっていたかもしれないくらいは思っているかもしれません




>ひょっとしたら同僚になっていたかもしれないくらいは思っているかもしれません
だからといって優しくするかとうかは別問題なのですよ〜


無理せんでいいのよ?

AA糞ワロタ
とりあえずさっさと寝てくれよ(´・ω・`)

>>113
ああ、そういう意味では風は優しくないですねw
同情も共感もするかもしれませんが、それとこれとは別と切り離してしまう人です

>>114
がんばるもん

>>115
>AA糞ワロタ
風ちゃんは悪役もヒロインも、トリックスターもできる万能プレイヤーだなあと思うのです


「なんと、虎牢関がもう陥落したのか」

嘆息交じりに劉協は瞑目する。西の函谷関と並び称され、天下に鳴り響いた要害がこうもあっさりと落とされるものかと。

「まあ、それは気にせぬがよいでしょう。なにせ守護するのが董家軍。かの軍は騎馬を以って敵を討つが本領です。もとより拠点の防御については不得手極まる」

相性が致命的に悪かったと皇甫嵩は首を振る。
彼の後ろに控える王允と李儒は身じろぎひとつせずに皇甫嵩と劉協のやり取りを注視している。
今や賈駆がなりふり構わずただ董卓の行方を追うことに全力を尽くしている現状洛陽に於いて漢朝を動かしているのはこの二人である。政務を劉協が、治安や軍事——と言っても洛陽に限られるが——を皇甫嵩が担っている。
お世辞にも大過なく運営しているとは言い難いがそれでもいいというのが両者の共通した認識である。あくまで董卓が相国として全権を担っている。暴政ならば董卓の責任、うまく回ったら自分たちの尽力の成果ということだ。

「しかし、袁家の怒りは予想以上のようでした」

いささか芝居がかった仕草で皇甫嵩は肩をすくめる。

「む。まあ、無理もないか。当主自らが身の危険を感じての逃避行。聞けばあの豪奢な髪をも自ら切り捨てたとか。いや、もったいないことだ」

劉協はかつて見かけた袁紹の、光輝を背負うが如くに輝いていたその容貌を思い出して惜しむ。

「それだけではありません。董卓の手の者が袁紹殿の逗留地を襲った際にかの匈奴大戦よりの古参の宿将雷薄、更には袁家の幹部候補生が多数討死しております。
あれは、いかにもまずかった」

せめて、やるならばきっちりと袁紹の首級を上げないと。それができないからこうなる。皇甫嵩は刹那忌々しげにその秀麗な顔を歪めるが、気を取り直して言葉を続ける。

「そう、袁家は本気です。勅すら無視するほどに」

「うむ、そのことよ。何進より事前に密勅があったというが真だろうか」

劉協は懸念を口にする。切り札の一つであった勅命。それをすら袁家はものともしない。勅を以って勅を制するなぞ埒外にもほどがある。

「……なんとも言えないですね。ただ、先ほど程立という人物と話しました。かの怨将軍紀霊の腹心です。何とも読めない人物でしたが……」

茫洋と、掴みどころのないその言動には流石の皇甫嵩もその真意を掴むのは容易ではなかった。無論それは意図的なものだ。
こと鉄火場修羅場をくぐるという意味において程立の経験は皇甫嵩を遥かに凌ぐ。火花が散るようなその戦場での一挙手一投足に至るまで細心の計算に基づくものである。例え傍目にはいささか呑気な小娘に見えようとも。
その程立をして最大の警戒を抱かせる皇甫嵩こそ傑物であったろう。失意のどん底にある賈駆から情報を吸い出して尚傍らに張合を控えさせていたのは故あってのことなのだ。
けして程立は相手を甘く見ない。俯瞰し太極から見据えるのが彼女の本領だからして。

「ある程度の流血はやむを得ないでしょうね」

その言に胡乱げに劉協は問う。

「いささか抽象的だな。袁家は何を求めている?まさか帝位なぞということはなかろうな」

「袁家は北方の防壁、そこは揺るぎませんよ。ただ、袁術殿が輿入れする以上、帝位は……」

「劉弁のものとなる、か」

苦さを隠そうともせずに劉弁は口惜しそうに嘆く。あの惰弱、無能、無気力の凡人に帝位を、至尊を与えねばならないのか、と。

「ですが、劉協様におかれましては陳留王の地位を用意する準備があるとのことでした」

隠居隠遁の必要もなしということである。むしろ、これからも漢朝に影響力を保てるということ。

「ふむ、中々に殊勝ではないか。いや、漢朝の行く末を見れば当然の判断か……」

つい先ほどまでは偽帝として討たれる可能性すらあった劉協は安堵する。なかなか袁家も分かっているではないか、と。

「ええ。ですがここは一度お姿を隠すべきかと思います。邪知暴虐の董卓とは無関係であるということを示すためにも。あれと一連托生する気はないのでしょう?」

可笑しげに、唄うような皇甫嵩の言に内心苦々しいモノを感じながらも劉協は頷く。

「そう、だな。一時の雌伏。致し方あるまいて」

返り咲く際には、と劉協は引き下がる。

なに、宮中は如何様にもなる。宦官勢力は曹操が押さえるのであろうが、それはきっと袁家の掣肘により大幅に打撃を受けるだろう。
ならば、地力に勝るであろう自分が主導権を握ることができるはずだ。

同床異夢。ほぼ同じ思惑を抱いているのを知ってか知らずか。皇甫嵩と劉協は比較的穏やかにその場を後にするのであった。

短いけど今日の精一杯です

眠い

感想とかくだしあー


劉協、劉弁は真心とか愛情とか誠意とかならお前よりずっと上等だよ。お前は頭が良いだけの俗物だ
つーか頭の良さすら怪しいな。お前の地力が何処にあるというのだ

乙乙
陰謀家や野心家って、基本的に相手がいるということを忘れがちだなあ
優秀だから仕方ないけれど

乙です。
苦さを隠そうともせずに劉弁は口惜しそうに嘆く。劉協の間違えですね。
頑張ってくれるのは嬉しいですが、どうぞご自愛あれ。

乙です。

>ですが、劉協様におかれましては陳留王の地位を用意する準備があるとのことでした

これは下手に排斥をしてこれ以上漢王朝が弱体化しないためかな?
二郎ちゃんの隠居生活のために柱に縛り付けてでも生かすみたいな。

乙です〜

排斥されないって本気で思っている見たいですね〜
修羅場経験の差ですかね〜

まあ、優等生と言っても所詮は世間知らずというところでしょうか
皇帝が優等生である必要があるかは周りにいる人間によって変ると思うのですがね〜
これからメイン軍師の活躍が増えそうですが、
掌で踊る自称漢を背負う二人が目に見えますね

で、これからの政争で軍師連中の出番が増えそうですが、勿論ネコミミの出番も……w


劉協への陳留王の地位はあるだけの名誉職でしょうね。神輿として担ぎ上げる方が笑い者になるような形骸化した。
或いはその地位は本来は価値があっても今回の内情をそれとなく知らせて劉協だけを狙い撃ちにして貶めるかも。

状況証拠だけでも洛陽を上手く平定しようとした何進と馬騰に袁家を騙し討するような輩を股肱の臣と頼っておきながら、
情勢が悪化すると彼らを見捨て罪を押し付けて尻を捲くって逃げ出した人間ということになりますし。

乙乙。
劉協は自分とのび君を比べて必要以上に己は優秀だと勘違いしてませんかねえ。位で言えばトップ争いですし、つられて頭の方大分盛ってるんでないかいきみー蛙ってるわー

で、こやつの命は周辺ガサ入れして関係者黒幕見付けるまででOK?延命は即偽帝として処理したら黒幕逃げちゃうから?
もうさっさと雷簿さん達にその首捧げたく候

今日お休みいただきます
明日はがんばります

>>119、122、126
ふと思ったんですが、劉皇叔イベント進めても面白い組み合わせになったかもしれませんね
惜しいことをしたのかもしれない

>>120
謀略って仕掛ける側が圧倒的に有利ですからねえ
防諜ができる七乃はマジ大事

>>121
あばばばば
いかんですね。いつか修正します
ご指摘ありがとうございます


>>123
作中対応します

>>124
>まあ、優等生と言っても所詮は世間知らずというところでしょうか
経験を積んだら……っていう。

>皇帝が優等生である必要があるかは周りにいる人間によって変ると思うのですがね〜
周囲にどのような人材を揃えるかということなのですが、現状何進により周りに人がいないのですね

>勿論ネコミミの出番も……w
がんばりますw

>>125
色々と考察ありがとうです。参考になります。
何を言ってもネタバレになるので、作中対応いたします

>>126
>劉協は自分とのび君を比べて必要以上に己は優秀だと勘違いしてませんかねえ。
まあ、比較対象としての劉弁はお世辞にも優秀でも果断でもないですからねえ
とは言え、宮中の英才にも見劣らないだけの才能です
ただし何進はそれを認めていたので徹底的に経験を積ませるような場面を作っていなかったのが……描写不足だw



今帰宅なので今日お休みします
ごめんね

連日ごめんなさい
本格的に体調を崩しました
今日明日養生します
ほんまごめんなさい

はい

「しかしまあなんだね。陳留王とはまた張り込んだねえ」

むしゃむしゃと茶菓子を頬張りながら魯粛は程立に問う。陳留王は権威がありすぎるのではないかと。なんとなれば国政に口を出すことを認めたも同然であるのだ。

「そですか?妥当なところだと思うのですが〜」

くふふ、と陽だまりのような笑みを漏らしながら程立は応える。

「劉協どのを陳留王として封じる。これにより袁家が洛陽に兵を進めても至尊の座に座る彼は命脈を保つことが出来ます。彼が一番懸念していることはまあ、言ってみれば保身に尽きますから、これに否やはないでしょねえ」

「そこだよ。紀霊さんにしては甘っちょろいんじゃない?」

どこか不満げに魯粛は程立にぼやく。魯粛としては地味な後方支援に徹しながら期待していたのだ。苛烈なまでの、怨将軍たる紀霊が本気になって動いた時の酷烈さを。かつて郭図率いる義勇軍を貶め、殲滅せしめたように洛陽の奥底に潜む汚泥をきっと焼き払うと思っていたのだが。いや、その片棒を担いだのは魯粛ではあるのだが。

「とりあえずは慎重にいかないといけないのですよ。洛陽を火の海にするわけにもいきませんしねえ」

やけに主君たるあの青年は洛陽が戦禍に巻き込まれるのを気にしていたのだ。ならばそれに至る可能性を排除するべし。

「ああ、ちらっと聞いたよ。洛陽を焦土として諸侯軍の消耗を図る。更には長安に遷都するって与太話でしょ?正気の沙汰とは思えないね」

やれやれとばかりに魯粛はそれを一笑に付す。

「まあ、正気の沙汰かどうかはさておき、なんとも嫌な一手ではありますね。無論前提として玉体を手にしていないと意味はないのですが」

それもそうかと魯粛は頷く。故に劉協との交渉はこの上なく重要だったのだろう。そして禁軍を掌握する皇甫嵩とも。

「まあ、よかったんじゃない?禁軍は諸侯軍の進駐に対して無血開城するんでしょ?」

「ええ。どだい、正面から禁軍単独では袁家軍単独にすら勝ち目はありません。ですが流石に洛陽を袁家の手で攻め寄せるのはいかにも世間体が悪いですからねえ」

「あれ?勝てばよかろうなのだじゃなかったっけ?」

袁家鉄の掟を思い起こして問いただす魯粛に程立は苦笑して返答する。

「いえいえ、ここに至って勝つのは当然なのですよ。そして当代の袁家当主からは勝ち方についてもご指定頂いていますしね〜」

華麗とか優雅とか雄々しくとか。

「とすれば花の都たる洛陽を灰塵に帰するわけにはいきませんしね」

くふふ、と笑う程立に脱力しながらも魯粛は更に問う。

「でもさ、皇甫嵩にしても劉協にしても傑物なんでしょ?まあ、そんなのが本気で抗戦するよりは取り込む方がいいってのも分かるんだけどさ。実際今の朝廷を牛耳ってる人らでしょ?普通に考えて獅子身中の虫になんない?」

魯粛の問いにごもっともとばかりに程立は深く頷く。

「いやいや、魯粛さんのおっしゃる通りなのですね。だがしかし待ってほしいのですよ。意外と袁家の戦略には合致しやしませんか?」

はあ?と反射的に返し終わる間もなく魯粛はぐぬぬ、と唸っていた。

「なるほどねえ。そういや紀霊さんの戦略というか方針は三竦みだっけか。何進、清流派、そして宦官を率いる曹操さん。何進の位置に劉協殿、曹操さんの立ち位置は変わらずかあ。なるほどね。
ぶれないんだね、紀霊さんの戦略って」

なるほどと魯粛が頷く。揺るがぬその方針。それは簡にして単。故に強固。それが察知されても揺るがぬその重厚さよ。

「まあ、今回の乱で曹操さんの権力基盤になるだろう宦官勢力には掣肘が加わるか。となると、ちょっと三つ巴にするには宦官が弱くない?」

その言ごもっとも。しかし、と程立は苦笑する。

「傍目にはそうなのですがね。如何せん曹操さん、そして側近の力を加味すればそれでも削り足りないのじゃないかと思うのですよ」

「ふうん。私は曹操さんと会ったことないからよくわかんないんだけど、そりゃ厄介だねえ。
でもさ、ちょっと思ったんだけどね。曹操さんの優秀さを置いといたらさ、普通に考えて清流派と劉協さんに組まれたら結構厄介じゃないの?」

「まあ、そこでこれまでの布石が活きてくるのですよ。幾度も上洛して漢朝を欲しいままにする機会あれども袁家は北方の護りに専念してきました。もはや中央に対する権勢欲なぞないと認識されています。つまり」

董卓亡き後の洛陽、ひいては漢朝は文字通り三つ巴に混沌とするであろう。いやさ、なんとなれば曹操がいない今こそが次の漢朝を手にする好機。
漢朝という極上の餌を前に清流派を率いる皇甫嵩と劉協が手を取りあえるものだろうか。

「二虎、相喰らう、ってこと?」

にまり、とした程立の貌に魯粛は苦笑する。

「そっか、そうだよね。そうなってもいいし、三つ巴になってもいい。前提が違うんだ。もう、違っちゃったんだね。袁術様が入内される宮中をそのままに放置するわけがない。その嚆矢でもある、か」

そう。袁家は確かに武門。だがその、二の姫が入内するにあたり権力闘争に無関心ではいられないであろう。そしてそこには張勲が傍らにいるのだ。

「ああ、なるほどねえ。袁家はこれまで通り我関せずと思わせておいて後宮に鬼札を潜ませる、か。いやあ、程立さんも悪だねえ」

「いえいえ、それほどでもないのですよ」

袁家の外において張勲という政治的化け物——張家の力があったにしろ程立と郭嘉の二人が組んでも互角に持ち込めるかどうかという判断を下すほどの——の真価を察していたのは水面下で暗闘を繰り広げていた何進、そして李儒くらいのものだろう。

「まあ、どう転んでもいいようにするのが風達のお仕事ですので〜」

その言葉を合図にやれやれとばかりに魯粛は重い腰を上げる。これからはまた、洛陽に集まり配分される物流を混乱させる簡単なお仕事が待っている。
正直気が滅入るその仕事についてもお役御免となるのは近いうちであろう。

どこかうきうきとして室を辞した魯粛を見送り、程立は顔を引き締める。

「あれで、身内には甘い方ですからねえ、二郎さんは」

それで董卓一派を無罪放免するくらいに公私混同するのならばよかったのだが。
師匠筋の薫陶よろしくむしろ身内には厳しい処断を下すであろう。それはいい。
それはいいのだが。

「あれで、情に脆い方ですからねえ……」

どうせならば情に棹差して流されればいいのにと程立はくしゃり、と顔を顰める。
きっと余計なものを背負ってしまうのだろうなあと思うのである。

「或いはお側に侍っていた方がよかったでしょうか……」

あれで繊細なところもあるのだ。あの青年は苦悩するだろう。そのフォローを郭嘉に求めるのは流石に無理がある。だがまあ、致し方なし。何事も万全で挑めることはないのである。

だから、責は果たした。洛陽進駐に於いて禁軍との武力衝突は避けられた。謀略の種も仕込んでいる。できることはしたはずだ。役割は果たしたはずだ。

それでも内心穏やかでないというのは。

「これが、心の贅肉というやつなのですかねえ」

やれやれ、と程立は肩をすくめる。どうにも仕える主に入れ込み過ぎているのかな、という自問と共に。
そしてその、自らの思いすら秤に乗せて程立は思考を広げる。なんとなれば、離れて尚袁家を引っ張るあの青年の軍師は自分であるのだから、と。

日付変更線を越えるとyはりしんどぃですねえ

本日ここまsで


感想とかくだしあ


しかし去年に終わらすつもりのお話が全然終わらないぞー
明日は主人公的存在とかお尻様
ひょっとしたらネコミミ

ねむい

乙です、

・・・一ノ瀬氏は大丈夫かな??

乙乙
つくづく二郎ちゃんは良い軍師を手に入れたものだ
しかし軍師はみんな情と理性切り離してるなあ……切り離せるのが軍師の資格の一つなのかも知れないけれど


風に私情バリバリに混じって策を立てられるよりも一旦公私を完全に分けて立てておきながら
その後で主君のことを思えばと私の部分で悩ませるのが実にいいですな。
一旦切り離したのなら軍師としての性故と成立した策に関しては割り切って、役割に徹してしまえばいいのに
わざわざやってはいけない私の成分を混ぜた策を省みようとするのが人が人であるが故という感じがします。

乙です。
やっと追いついた……

でも、途中から本編以外飛ばしてきたから更新待ちながらもっかい最初から読み直してきます!
これでもう一回楽しめる!!

>>148
だいじょうぶだもんだいない

>>149
>つくづく二郎ちゃんは良い軍師を手に入れたものだ
メイン軍師、美味しいですw

>しかし軍師はみんな情と理性切り離してるなあ
自然とそういう風になりました。別に我儘勝手に動いてもいいのですが。暴れるのはネコミミくらいかw
ちなみに軍師陣で情に流されるのはめーりんだとおもいます。

>>150
>風に私情バリバリに混じって策を立てられるよりも一旦公私を完全に分けて立てておきながらその後で主君のことを思えばと私の部分で悩ませるのが実にいいですな。
別に公私混同してくれてもよかったのですが、メイン軍師はそんなことしなかったのですた

風ちゃんも好き勝手に動いてくれちゃって難易度だだ下がりだぜい

>>151
ご新規さんいらっしゃい!楽しんでってね!

>でも、途中から本編以外飛ばしてきたから更新待ちながらもっかい最初から読み直してきます!
ち、ちなみにどれくらい時間かかったんでしょうか……

つか、12スレ目なのに読もうと思い、しかも追いついてくれてありがとー

>>152
>ち、ちなみにどれくらい時間かかったんでしょうか……
日数的には5日目です。
時間的には24時間超えたかな?

3スレまでは全部読んでたけど、流石に疲れたから4スレ目からほぼ本編とキャラ紹介だけでした。

>つか、12スレ目なのに読もうと思い、しかも追いついてくれてありがとー
某所で紹介されて。
むしろ12スレもあるなんて一杯読めていいじゃないですか。

なんか体調悪かったり、寝落ちしたりと大変なようですけど体には気をつけてください、と持病持ちが言ってみる

虎牢関を落とした後、反董卓連合は一度その軍勢を集結させていた。その大軍を虎牢関に収容しきることはできず、洛陽まであと二日ほどという地点に拠点を築いている。圧倒的な戦力を背景に無言の圧力を洛陽に加えているが、なぜ攻め寄せないのかという不満が諸侯軍からは寄せられている。
その不満は諸侯軍がこれといった武勲を挙げていないということの裏返しである。董家軍は中華でも屈指の強さを誇る軍勢であるというのは共通認識であり、そのような精強な軍団に手持ちの、さほど練度も高くなく数も多いとはいえない軍勢をぶつけるのに躊躇していたからこそ活躍の機会がなかったのである。
無論諸侯もそれを理解しているのだが。いや、だからこそ残されているであろう、武勲を立てる機会に群がろうとしているわけである。

「つか、皆暇を持て余しているってことだよなあ」

誰にともなく呟いたその言葉に関羽は柳眉を逆立てる。

「ご冗談でもそういうことを口になさらないでください。我らはあくまで後ろ盾すらない義勇軍。つけ入るすきをご主人様自ら作られてどうするのですか」

その言葉に北郷一刀は苦笑する。

「いや、ごめんよ愛紗。そういうつもりはなかったんだ」

そして内心感謝する。
何かと口うるさい彼女がそれでも付き従うのは万が一のことに備えてのこと。常在戦場とはよく言ったもので、彼女は常にその凛とした態度を崩すことはない。
むしろ、もっと楽にしてくれてもいいのになあ、と北郷一刀は思うのである。

「翠のとこに行くんだからそんなに気を張らないでもいいんじゃないの?」

馬家軍は反董卓連合においても有数の武家である。その武力は質も量も袁家をして一目も二目もおかざるを得ないほど。その馬家の本陣に向かうのだから、そんなに気を張る必要はないのに、と。

「いえ、だからこそお傍を離れるわけにはいきません」

その、いかにも暢気で、器の大きさを感じさせる言に関羽は首を横に振る。なんとなれば所詮自分たちは義勇軍。有象無象を束ねている存在である。軽んじられるのは慣れているが、思う所がないわけではない。武門の名家である馬家が相手ならばなおさらのことだ。
舐められて、たまるか。
関羽の心境はこれにつきるのである。

「ああ、一刀か。久しいな。うん」

北郷一刀は馬超のその言葉に、その様子に内心ため息を大きく。もっと、もっとこの子は元気で、全身でその清冽な気を発していたのに。見ていられない。見ていられないほどに鬱屈としているのだ、あの錦馬超が。

「翠、翠だよな?」

「は?あたしはあたしだ。何を言ってんだよ一刀」

その声も弱々しく感じる。北郷一刀の知る馬超ならば、そのような妄言あれば刹那の間もなく鉄拳制裁が来たはずなのだ。だから、らしくない。後ろに控える関羽すら違和感を覚えるほどである。

「無理するなよ」

そして張りつめていた糸はその一言で崩壊する。

「は?あたしがなにを無理してるって?なに?あたしのなにを知ってるのさ。何でそんなことを言うのさ。いい加減なことを言うのだったら、一刀と言えどただじゃおかないぞ……?」

湧き起こる殺気は本気のもの。無言を貫いていた関羽が主を庇うべく前に出ようとするのを制して北郷一刀は言い募る。

「分かりはしない。でもな。翠がそんなんで馬騰さんが喜ぶのかな?」

その言葉に、名前に馬超は激昂する。

「ち、父上のことを!言うな!何も知らないくせに!」

反射的に出た槍を関羽が弾く。
それに一層激昂して言い募る。

「父上が、死んだんだぞ!あの父上が!それでなんの馬家軍だよ!
まだ、もっと!教えてほしいことがたくさんあった!あたしが馬家を継ぐに値するだけの武を持っているって、伝えたかった!全部、伝えられなかった!」

力任せの連撃。関羽は苦虫を噛み潰したような貌でそれを弾いていく。

「それでも、翠は今、生きているだろ!馬騰さんが今の翠を見てどう思うか考えろよ!そんな翠、見てられないよ。なあ。翠……」

「なんだよ!なんなんだよ一刀!お前は一体なんなんだよ!」

手にした愛槍——銀閃を取り落して馬超はこれまで抑え込んでいた悲嘆を吹き出す。嗚咽を、全てを吐き出す。
その馬超に、北郷一刀は優しげに声をかける。

「なあ、翠。馬騰さんは凄い人だった。俺なんかが言っても説得力がないと思うけどさ。そんな俺でも分かるくらいに馬騰さんは凄かった」

その言葉に馬超はこくり、と頷く。

「だからさ、翠。馬騰さんの死にざま、ちゃんと、さ」

思えば、敬愛する父の死にざまを知っていなかったのだと馬超は愕然とする。

「そ、そりゃそうだけど……。でも、張遼は絶対に許さないからな!」

その、抗う声に北郷一刀は苦笑する。そんなこと一言も言っていないのに、と。

「いや、まあ、なんだ。話は聞こうよ、な?」

罵倒さんの最期を看取ったに違いないからさ、という言に馬超は無言で頷くのであった。

本日ここまでー

明日は泣く子も黙る武将と錦が相対する、はず。

感想とかくだしあ


がんばる

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
罵倒さんはないわ……
ちょっと焼酎呑んでくるわ

うわー。うわー。うわー。

というのを毎回繰り返しております
お見捨てなきよう……

乙っす

これ馬超が劉備軍に加入したらたんぽぽさんはどうなるんや…?


・・・主人公補正凄いですね。シビれるなー憧れちゃうなー羨ましー(棒)

乙でやんす。
やりやがったよこのスケコマシ……これが、こんなのが天の種馬の手練手管かァ!!!!

乙。
まあ翠レベルの武将の殺気及び攻撃未遂を受けて、それでも普通に口説きを続けるのは素直に凄いと思った。
補正さんに恐怖心とかオミットされてるんじゃないかろうか。

乙です〜

つ<焼酎>

うん、これは凶悪ですね〜
自分は何もせずに最後の美味しいところだけ持っていくとか
これが主人公補正ってやつですね〜

これって、馬家にとってはシロッコに付け込まれる口実になりそうだな〜
馬家は、軍と翠は分けて翠が個人で一刀くん側に付くほうが良いかもね〜
まあそれだと、軍自体はシロッコが吸収しそうだけどw
ここはたんぽぽの頑張りを期待したいところですね〜

体調整えて頑張って下さいまし〜

久しぶりの御使い登!場!(•♭<)ミ☆

久しぶりの御使い登!場!(•♭<)ミ☆

ち●この言葉が何か薄っぺらく聞こえるのは
二郎ちゃんに比べてち●こが成長(したのかというツッコミはなし)する過程を見てないからなのかな。


んー、『お前本当になんなんだよ』いや、本当に何なんだろ?この人って気が。
翠とは戦場をしばらく一緒に過ごしたってのはあるけど馬騰さんと長らく話したわけでもない一刀が何を言っているのか。
翠も弱ってるとは言っても蒲公英の話は碌に受け入れなかったのに補正と言う名の悍ましい何かでスルッと入り込むのが怖い。
ビジターとか遊星からの物体Xのような表面人間で人間のことも理解できるけど異質な生命体って感じが凄い。

こいつどっかで聞いたような言葉しか言わねえな

原作知らないんだけど主人公は原作でもこんな感じなの?
言動が酷過ぎてキャラディスってるようにすら見えるというかなんというか…言い方悪かったらすんません

うすい・・・なんでかわかんないけどなんかうっすいよ御使いくん・・・
馬騰さんの気持ち考えろとかも、実際そのとおりなんだけどお前の言うことじゃないだろうとか感じるのはどうしてなんだぜ?
たんぽぽあたりが言ったならしっくりくるんだけどなぁ・・・
でもこれたんぽぽだったら場超の怒りもここまでまるく収まらなかったんだろうなぁ
一応憎悪でトラブル起こされる前におさめたってのは功績っちゃ功績か

これ、二郎ちゃんが対応遅いのが不味いわ
なにやってんのよー

ち○この御使い補正でチョロイン化が凄い。
イージーモードおいしすぎです。

眠い注意報
多分今日寝落ちする気がします
日付変更線をご参考ください

>>153
>日数的には5日目です。時間的には24時間超えたかな?
まじっすか。なんともまあ、長くなったものです。
これからもよろしくお願いしますね

>むしろ12スレもあるなんて一杯読めていいじゃないですか。
その発想はなかったw

>なんか体調悪かったり、寝落ちしたりと大変なようですけど体には気をつけてください、と持病持ちが言ってみる
そちらこそご自愛くださいませ

>>159
>これ馬超が劉備軍に加入したらたんぽぽさんはどうなるんや…?
ついてくんじゃない?(てきとう)

>>160
羨ましいですねえ。ほんと。

>>161
>やりやがったよこのスケコマシ……これが、こんなのが天の種馬の手練手管かァ!!!!
なんかワロタw
ご声援ありがとうです

>>162
呉ルートでも思春に殺気ぶつけられても柳に風ですからねえ……

>>163
麦茶に甲類焼酎で安くよっぱらっておりまs

>自分は何もせずに最後の美味しいところだけ持っていくとかこれが主人公補正ってやつですね〜
一刀さんらしいと思うのですが

韓遂については……なにを言ってもネタバレになるのでパスw

蒲公英は、まあ、あんなだからなあ。頑張るのかなあ……w

>>164
なんで二回言うねん

>>166
いいこと言ってるはずなのに……

>>168
>翠も弱ってるとは言っても蒲公英の話は碌に受け入れなかったのに
近しい人の言葉ほどこういう時に聞く耳持たないものなのです
見ず知らずの人の言葉に感銘とか受けたりしますよね

>>169
それだけ陳腐でも普遍的なことを言っている、はず

>>170
今回からはオリジナルの言動ですが、それまでは原作準拠です。原作と乖離した言動はしていない。はず。

>>171
>うすい・・・なんでかわかんないけどなんかうっすいよ御使いくん・・・。馬騰さんの気持ち考えろとかも、実際そのとおりなんだけどお前の言うことじゃないだろうとか感じるのはどうしてなんだぜ?
どもです。なんでなんでしょうねえ。ほんと。難しいですねえ。

>>172
そのころ何をやってたかというのは明日か明後日くらいに

>>173
え、そう?
取り立てて難易度いじってないはずなのになあ……

まあ、俺の嫁が悪いのさ
ぐすんぐすん

大分遅れておーつ
むむむ翠…どうなることやら
まあ翠、二郎君双方にとって事態が好転するよう祈ってます。ナンマダブナンマダブ

ごめんなさい
眠すぎるので今日無理す
明日がんばります


睡眠不足はボディブローのように聞いてくるので日常生活で事故るから気をつけて。

お疲れ様です。ごゆっくりお休みください。

しかし、この外史の発端はやはり無印同様に北郷君なんでしょうか?
今回の錦馬超陥落。
訪れた時期や馬超の心理状態が北郷君にとって余りにも都合が良過ぎます。
もしそうだとすれば、こういった天佑が今後も続いていくのでしょう。
イレギュラーである二郎によって、ある程度天佑が阻害されているようですが。

二郎が今まで時間をかけて捏ねてきた天下泰平という名の餅を、
北郷君が天佑によって横取りしていきそうで凄く不安です。

乙です〜

ひとつ気になったんだけど、馬超って涼州戻るよね?
まさか県令の下に付くとかないよね?

それとも一刀達が押しかけるのか?
県令の仕事を放り出して馬家を表から操るとか平気でやりそうだわ…
実際地味様のところでやってたし。

乙です〜

まあ、眠れる時には良く眠ってくださいまし〜
と、インフルで発熱っぽい俺が言ってみる〜w

>>175
んなこたあない、と思う。
別に桃ちゃんをディスってるつもりはないんだけど、沖縄参的にはどうお感じですか?

>>176
>まあ翠、二郎君双方にとって事態が好転するよう祈ってます。ナンマダブナンマダブ
どうなるんでしょうねえ。。。
筆の滑り次第です

>>179
書いてる文章があまりにもアレで諦めました
今日こそ頑張る

>>181
>しかし、この外史の発端はやはり無印同様に北郷君なんでしょうか?
【system】
アクセス権限が足りません!

>二郎が今まで時間をかけて捏ねてきた天下泰平という名の餅を、北郷君が天佑によって横取りしていきそうで凄く不安です。
未定です

>>182
>ひとつ気になったんだけど、馬超って涼州戻るよね?
はい。多分。

>>184
インフルエンザえすか。
むしろご自愛ください、マジで。

>>185
ディスりにはみえてませんのでご安心を
この作品の桃香は贔屓目に見ても残念な方の嫁
キャラ的にはアニメ版のがまだまし

久々スランプ……っちゅうほどではないけんども。
流石に勢い任せで書いてはまずいなあという感じ
いや、今更それどやねんという話ではあるのですが

納得いかないので明日に持ち越します

乙。体にお気をつけて
煮詰まってるなら息抜きにでも本筋関係ない小ネタとかやってもいいのよ?←無茶振り

乙、難産中のようですな。
翠には一刀君に言われるであろう一緒に万里を駆けよう的な事に反発するくらいの気概を持って欲しいものですなー
と今のうちに釘を刺…え?糠に釘?馬耳東風?馬家だけn

残業でして今日もまたお休みいただきます

ごめんなさい

明日こそは。。。

日付変更線が近づいてきましたね・・・
無理をなさらず好きなペースで執筆をしてください。

昨日はすんませんでした
連日、いかんですね。明日こそ頑張ります

うぃうぃ
気にせずに納得のいくものに仕上げてください

いつも楽しみにしてるぜ

いけるとこまでいくぜー

>>186
安心しました
ほんと、安心しました。
各勢力に対してディスるつもりはないのですよ

>>188
あいrがおうつでをす
こえたhだまたやりあsむあws1


>>189
難産です

>翠には一刀君に言われるであろう一緒に万里を駆けよう的な事に反発するくらいの気概を持って欲しいものですなー
えっ

>>194
お言葉ありがたく、ちょっと死んでました

>>196
ありがとうございます
ほんと、ありがとうございます

>>197
嬉しいこと言ってくれるじゃないの




「一刀、済まなかったな」

「いや、いいんだ。それより、よかったな。霞と翠が仲直りできて、さ」

……一触即発、紆余曲折あったものの、馬超の、張遼との面会は最上の結果であったと言っていいだろう。

「お蔭で、父上の言葉を聞けた。そりゃ、さ。霞には思う所がないわけじゃない。でも、一刀が言った通り、父上はきっとそんなことを望んでないと思うんだ」

——万里を駆けよ。

その、馬騰の遺言はようやく愛娘に伝わったのである。

「一刀が言った、さ。憎しみは何も生まないって、こういうことなのかな。一刀の言う通り、確かに霞が死んでも父上が帰ってくるわけじゃあないし……」

未だ煩悶としている馬超だが、それでいいと北郷一刀は思うのである。だって。

「うん、そうだな。翠はそうやって笑ってる方が可愛いよ」

こんなにも馬超は輝いているのだ。鬱屈としていた先刻とはまるで別人がごとく。

「な、なななな!そ、か、可愛いとか、何を言うんだ!」

慌てふためく馬超を見て北郷一刀は思うのである。馬家軍を率いると言っても、やはりというか、年頃の少女なのだなあ、と。
そして思うのだ。きっと彼女の父たる馬騰もそのように、笑っている姿をこそ願っていたのではないか、と。

色々と抗議の声を上げる馬超と戯れながら、思う。皆がこのように笑えるならば、それはきっと素敵なことだろう、と。

洛陽まであと二日ほど。虎牢関より先は遮るものもない。陣を構えて諸侯軍の集結を待つ。いやさ、流石に今いる兵力で突入というわけにもいかん。洛陽を舞台に手柄争いとかされたらかなわんからな。
専ら最近は逸る諸侯とか春蘭とか春蘭とか春蘭をなだめるのがお仕事なのである。ええい、無思慮に洛陽につっかけて禁軍と遣り合うつもりかよ!

「うし、張合ご苦労さん」

俺は張合が持ち帰った報に胸をなでおろしていた。

「どうやら禁軍と相対することは避けられたようですね」

背後に控えていた稟ちゃんさんの言う通り、風がやってくれました。押し寄せる反董卓連合軍に対して洛陽を、禁裏を守護する禁軍。その兵権を握っている——その兵権のありかは風がつきとめたものである——皇甫嵩と風が極秘裏に会談を行った成果だ。見事無血開城をとりつけてくれた風には流石の一言である。

「禁軍とやりあうつもりはないし、洛陽を攻めて花の都を灰塵とするつもりもないさ」

俺が今一番恐れているのは洛陽が戦場となり、荒廃してしまうことだ。
史実……と言っていいか分からんが、俺の知る歴史では董卓が洛陽を焼き払った。長安への遷都と併せての焦土作戦は見事の一言だ。
荒廃した洛陽の再建は曹操も諦め、許昌に帝を招くこととなった。
だが、と思うのだ。果たして董卓の焦土戦術のみでそんなにも荒廃するものか。と。
そして、反董卓連合は収穫なく洛陽を後にするのだが、それまでの戦費の回収はどうしたのだろうか、と。
ぶっちゃけ、洛陽からの略奪で補填したんじゃないかなあなんて思ったりするわけである。そりゃまあそうであっても史書には残らんさね。歴史は勝者が作るものだから。それはいい。俺の妄想である可能性も高い、が。
既に洛陽近辺に於いて諸侯軍の脱走兵と思われる奴らが略奪暴行をしているという報告も上がっている。そりゃ常備軍として給与が支払われている袁家軍とかと違って徴兵された奴らはなあ。

それはいい。そこいらへんの治安活動は手柄を必死に上げようとしていた義勇軍に任せている。単発で兵卒が起こすそんな事件に対応しきれるならばまあ、たいした求心力である。むしろ義勇軍内部からそういった不逞の輩が出ないかなあなどと思うほどだ。
そんときゃこれ幸いと処分してやるんだがね。

そんな風に暫し思考に耽溺していた俺に張合は、にまり、と口を歪めながらとんでもないことを言ってくる。風の差配らしいのだが。

「まあ、洛陽の内実に関してはお詳しい方から聞くがよかろうと思いますな」

そして張合の手振りでその人物を招き入れる。そして、その名前、その姿に自分の正気を疑う。背後で稟ちゃんの息をのむ音に辛うじてこれが夢ではないのだ、と思い知る。そう、張合が招き入れたその人物———。

「賈駆殿です」

緑の黒髪、狷介そうに見えてたまに見せる柔らかい笑顔を彩る鋭い双眸。董卓軍の軍師たる詠ちゃんその人が、そこに、いた。

張合に招き入れられ、賈駆はその場に身を晒す。
突き刺すような視線は郭嘉のもの。それによって却って賈駆は落ち着きを取り戻す。その顔に微笑みすら浮かべられるほどに。

「——久しぶり、だな」

無表情で、なおかつ鋭い視線を寄越す郭嘉と違って紀霊の言葉には様々な思いが込められている。それを嬉しく感じてしまうのはきっと人として駄目なことなんだろうな、などと賈駆は思う。

「ええ、ほんと。久しぶりね、二郎……」

ややもすると万感の思いを込めそうになるその言を、はたして、無味無臭に自分はできただろうか?
くしゃり、と刹那歪む彼の貌に自分はどう映っているのだろうか?みっともなく、荒れた顔で彼の前には立ちたくなかった。
——正直頬はこけ、目の下にはくっきりと隈が現れている。肌はかさつき、唇はひび割れて。それを補うために慣れない化粧を今日は念入りに仕立て上げている。おつきの女官には保障されているが、佳人に囲まれている男にすれば見え透いているだろう。

漂う沈黙。それに身体の奥底から込み上げる激情に飲まれないよう、賈駆は懐より書を取り出す。

「洛陽、それと禁裏の見取り図、それに警備の配置図よ」

「な——」

絶句する紀霊と言葉を交わさずに畳み掛ける。

「洛陽の門扉を守る兵は皇甫嵩に掌握されてるわ。禁裏は言うに及ばないわね。でも、これがあればある程度渡り合えるはずよ」

その言葉に紀霊は瞑目する。
くすり、と漏れそうになる笑みを噛み殺す。思えば、目の前の青年の浮かべるこの表情が賈駆は嫌いではなかった。自分や、配下の軍師には到底及ばないと苦笑する彼は。それでもこの表情をするたびに、自分では思いつかない案を——突飛過ぎて現実的でない時もままあったが——提示したものだ。そんな彼をからかい、彼と語らう時間は賈駆にとってもかけがえのないものであったはずなのだが。

だから、瞑目している彼に、問うてしまう。

「ねえ、なんで、こうなっちゃったんだろ、ね……」

見開いた紀霊の目。あらゆる負の感情を込め、それでいて悲しい。
だから、甘えてしまう。いつかのように。いつものように。

「ねえ、どうしたらよかったんだろう……」

それを、俺に言うか。今になって俺に言うのか。

そんな心の叫びを感じるくらいに賈駆は紀霊と通じ合っていたのだな、などとぼんやり思う。そして、ひび割れたような、途切れ途切れの叫びに身を引き裂かれる。

「言ってくれりゃ、よかったんだよ!言ってくれれば!なんとでもしたさ!したよ!
なんとでも、したさ……」

激した、或いは悲嘆にくれる紀霊の激情に言葉を喪う。

「言ってくれれば、なんとでもしたさ。例えば、何進に内密に打診すりゃあ、月の参内を命じたろうさ。そうなりゃ、漢朝総出で月の捜索さ。いかに漢朝の闇が深くても、それでも何進はそれをすら制してたんだ。
奴の一言あれば、あの政治的化け物が動けば!」

その叫びは賈駆の全身を打ち据える。

「そっか。そうか……。そうだよね……」

無論、賈駆とてそれは検討した。だが、万が一を考えてできなかった。親友たる董卓の身の安全を思うが故にできなかった。それが正しいと知っていても、できなかったのだ。

「ほんと、ボクって、ほんとに、馬鹿だ……」

その結果がこれだ。

「ボクって、ほんと、馬鹿……」

顔がくしゃりと歪み、嗚咽が湧き出ようとするのを必死に抑えて言葉を継ぐ。せめて、不様は晒したくない、これ以上。

「……執金吾の権でも月の行方は知れなかった。だから、月は、月を浚ったこの度の乱の首謀者は」

畏れ多くもかしこき禁裏に。
それこそが賈駆が自ら足を運んだ理由。せめて、自分たちを陥穽に落とし込んだ首魁くらいは間違えなく伝えたい。

「悔しい。悔しいよ、二郎。月も、ボクも。一生懸命だったのに。頑張ろうとしてたのに。それでもきっとボク達は世紀の謀反人。悪逆非道の佞臣ってなるのが、悔しいよ」

伝えようとしたことを伝え、やはり甘えてしまう。言わずもがなのことをそれでも言ってしまう。そんな自分を馬鹿だなあと思っても、最早止まらない。それでも。

「それでも……好きだった。ううん、好きよ、二郎。
うん。愛してる……」

閨にて、幾度も囁かれた睦言。けして返さなかった男のそれに応え、こらえきれずに双眸から溢れる涙。

「好きよ、二郎」

だから。

ボクのこと、忘れないで……

くしゃり、と精一杯の笑みを浮かべて賈駆はその場を去る。

ただ、賈駆が立ち去った室からはしばし嗚咽が絶えることはなかった。
流石の張合が席を外し、郭嘉は以後、その時について。けして語ることはなかったのである

ほんじつここまで

かんそうとかくだしあー

1/31lはお休みいただく予定です

乙です

ヤバイ泣きそ

乙ー
うん悔しい悔しいよ、だけどジロウ、君はいま立ち止まっちゃいけない
そんな言葉が浮かんだだからこそこの件を起こした奴ら許すまじ

乙です。
北郷君が霞と翠を和解させただけに、詠を救えない二郎の悲哀が際立ちますね。

天佑によって未だ苦汁を舐めたことのない天の御遣いと、
苦難を乗り越え続けても中々天佑を得られない怨将軍。

微笑む相手を天が既に決めてしまっているだけに、二郎にはそれを覆してほしいものです。

翠は和解したけど付き従ってきた兵や涼州に残る将、何よりも蒲公英はこの結果に納得できるのかな?
翠にとっては父だけど、涼州の人間にとっても大きな存在だったろうに。

下手したら割れるし、それを助長した劉備一派は敵と看做され可能性もあるよなぁ…

果たして天佑は本当に一刀にあるのかどうか、私には彼らの未来は詰んでいるようにしか見えないが。
先の展開が気になるなぁ…ww

無想転生が習得できそうだよ!やったね二郎ちゃん!

……やりきれねぇなぁ。くそっ、なんて時代だ

こういう時こそ二郎さんを支え隊の出番だー
麗羽様美羽様陳蘭が王道だけど、最近の傾向を考えると風や春蘭もアリかもしれないね!

乙です〜

切ないですね〜
出来れば詠ちゃん助かってほしいけど…
ここで変に一刀くんが原作的なことやったら余計にやりきれなくなるな〜

その直前に翠のくだりがあるだけに、余計にそう思うですが〜
一刀くんは恵まれているな〜というのが良く分かりますね
これで翠と霞と恋が一刀くん陣営とかになったら殺意を抱くレベルです〜

この二郎ちゃんを慰める役はだれになるのか?
本命は陳蘭ちゃん麗羽さま七乃とか、二枚看板あたりかな〜
風とかもありそうだけど、ここは意表をついて稟ちゃんとかあったりしてw
曹家の姉者やネコミミもありだとは思うけどね〜

翠と霞は和解出来たけど、詠と月は処刑されたら霞も結局後を追うだろうしなぁ
華雄ねーさんの事もあるけど、この先が地獄だな…

死ぬぜ—どんどん死ぬぜー
主人公と主人公になろうとするものが
かち合うとどんどんヒロイン死ぬぜ—

「泣いて月と詠を斬る」かな…
いや、斬るとしても他の諸侯の前で泣くような愚は冒さないか
逆賊を斬るのに涙したら弱みをみせることになるから平然とした顔で命令するんだろうな

それを一刀達が血も涙もないと批判する…
月なんかはもう覚悟を決めているし、詠も今回別れを済ませたんだからある意味的外れ
どころか、余計な口出しは無用なんだろうけど、一刀君の御使い補正で寝取りが成功したら…

考えたくもねぇ!!

乙です。
成る程これが愉えtゲフンゲフンンン゛
あー、辛いだろうがまともに話せずに終わるより大分マシだった筈。二郎君には今回の事をなんとか力に変えて欲しいです。
そしてヒロインの皆様。チャンスですぜ!(ゲス顔

翠は張遼と話して本当に討つべき存在を知れたのですかな。落ち着くのは良いが腑抜けてくれるなよー
しかしアニメでは案外落ち着いた気の利く姉さんだったそうですなーそんな感じに成長して頂きたい


こりゃ次は会うときは死体とご対面だな

一刻も早く、李儒に相応の報いが与えられることを願うよ。
黒幕を日の当たる場所に引きずり出すことで、月詠ちゃんたちの汚名が少しで雪がれればと思わずにはいられない……。

合掌。


けど例え李儒だけでなく劉協まで根絶やしにしたとしても真の元凶の漢王朝は残さざるを得ないんだよなあ
二郎が始皇帝や史実董卓みたいな悪党に成り切れたら、とたまに思う
そして一刀君は翠とキャッキャウフフしてこの先の惨劇から現実逃避してる様にしか見えない

本日レス返しのみです
薬で眠い……
いや、花粉症の薬なんですけどね

>>204
色々と台無しになるネタはありましたが流石に自重しまちた

>>205
>そんな言葉が浮かんだだからこそこの件を起こした奴ら許すまじ
おや、二郎ちゃんの様子が……?

>>206
>北郷君が霞と翠を和解させただけに、詠を救えない二郎の悲哀が際立ちますね。
>苦難を乗り越え続けても中々天佑を得られない怨将軍。
幸せな結末、不幸せな結末。実に対照的です。

>微笑む相手を天が既に決めてしまっているだけに、二郎にはそれを覆してほしいものです。
きっと貴方のその書き込みはこの外史に何らかの影響を与えるでしょう。多分。おそらく。もしかすると。

>>207
>翠は和解したけど付き従ってきた兵や涼州に残る将、何よりも蒲公英はこの結果に納得できるのかな?
書く余裕があれば書きたいところではあります

>先の展開が気になるなぁ…w
混沌としていましたが、そろそろ着地点がいくつかに絞られてきました、というネタバレ
ただしキャラ個別についてはまだなんとも

>>208
>無想転生が習得できそうだよ!やったね二郎ちゃん!
無理w

>>209
>二郎さんを支え隊
なんかワロタw

>>211
>切ないですね〜
こうなってしまいました

>その直前に翠のくだりがあるだけに、余計にそう思うですが、一刀くんは恵まれているな〜というのが良く分かりますね
主人公補正とはこういうことなのかなあ、などと思ったりします。自分で書いといてなんですが、この落差はすごいなあと思ったのです

>この二郎ちゃんを慰める役はだれになるのか?
ヒント:紅(多分嘘)

>>212
>華雄ねーさんの事もあるけど、この先が地獄だな…
ここからが本当の地獄だ……というのは冗談として、これでも人死には随分無くなったなあと思っております

>>213
ぶっちゃけ、生ぬるいお話になってしまったなあと思っております

>>214
>「泣いて月と詠を斬る」かな…いや、斬るとしても他の諸侯の前で泣くような愚は冒さないか
>逆賊を斬るのに涙したら弱みをみせることになるから平然とした顔で命令するんだろうな
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ!

>>215
>成る程これが愉えtゲフンゲフンンン゛
正直、雷薄との絡みがなかったら張合が愉悦に目覚めてました(ネタバレ)
そしてもっとこの場面を台無しにしていたであろう没ネタもありますw

>あー、辛いだろうがまともに話せずに終わるより大分マシだった筈。二郎君には今回の事をなんとか力に変えて欲しいです。
うい

>しかしアニメでは案外落ち着いた気の利く姉さんだったそうですなー
マジで?真ではトイレ近いネタしか残ってないわー

>>216
誰の死体か、によりますね

>>217
>一刻も早く、李儒に相応の報いが与えられることを願うよ。
対峙の時が迫っております

>>218
>例え李儒だけでなく劉協まで根絶やしにしたとしても真の元凶の漢王朝は
元凶とはなんでしょうねえ。
ただ、そこいらへんは作中でも触れるかもしれません

>二郎が始皇帝や史実董卓みたいな悪党に成り切れたら、とたまに思う
むむむ。色々と考えさせられてしまいますね。
二郎ちゃんがどうなるか、どうするか。
いずれにしても反董卓連合編は今月内には決着がつきそう……って本当は去年のうちに終わらせるつもりだったのにい!



花粉症の薬ならアレグラお勧め。アレに変えてから眠くならなくなったわ


そうか、場所によっては花粉がそろそろ来るのか

>>221
アレグラ高いねんw

>>222
花粉に備えて、ということなのらしいです眠い


蜀ルートの一刀さんはご都合主義の塊だから。
現実だと有り得る不幸も認識していなければなかったことになる。少なくとも天下統一までは大丈夫。
でも某ブラックなノリで進む統一後なSSや悲恋姫だとそこらへんがモロに来るんだよなー。
戦争中だから問題視されなかった部分や甘々な上下関係・罰則等。

二郎さんはご都合主義がないからこそ全てに備えるのである程度の対処はできる。
ただ無理を通そうとすればどっかにガタが来るわけで。
どんなに好きな人でもどうしようもなかった部分はあったとしても為政者としての立場から詠を許せない。
なまじ必要ない戦で殺される民や仲間への理不尽も知ってるだけに自分の我が儘を通せないで慟哭する。
将軍や軍師や兵士からすれば二郎が己が心臓を抉り出すような悲しみを抑えても
袁家の為に処断を行ったというのは生涯の忠義を尽くすに値するんじゃなかろうか。



愉悦しとかないと悲しくなるよ……。

そして某ブラックなノリというと、私の直撃世代「おのれクライシス!」とか「ゴルゴムの仕業か!」
というハンサムなお兄さんが初めに思い浮かぶという罠。

今日も眠いけど頑張る
ただし日付変更線は参考ください

>>225
>蜀ルートの一刀さんはご都合主義の塊だから。
人其れを主人公補正と言う。かもしんない。

>二郎さんはご都合主義がないからこそ
優遇され過ぎかなあと個人的には思いますが。
もっと人生ハードでもよかったかもしれないなどと思います

>どんなに好きな人でもどうしようもなかった部分はあったとしても為政者としての立場から
二郎ちゃんの限界でもあるのですががが

>>232
愉悦、します?
今なら、愉悦、できるよ(迫真)

【system】
愉悦希望者はその旨申告ください。
そちらが本流なので比較的簡単に流れを修正できます




愉悦したら張合、半端なく強くなるのに……(ゲス顔)

いや、これ以上は不粋ですね。
愉悦は没にします(苦笑)

だって愉悦したらいつ裏切るか分からないじゃないですかヤダー

饅頭怖いで饅頭を差し出す張合とかは見たかったんだけどな

愉悦されたら全滅√確定やないですか・・・

卒論終わったったので復活

月ちゃんがまだ生きてて嬉しいぞっと
愉悦ってあれでしょ?裸でワイン持って太極の動きでマイムマイムされるあれ

>>235
世界が全体的にハードになるんだったら面白そうですけど、
一刀さんの所だけイージーモードのままなんだったら面白くないですね。

レス返しも無いとなるとお仕事かな?

>>235
二郎君は努力の結果で優位に立っているので優遇とは言わないんじゃないかなと。
それこそ基礎能力は現代知識の下駄があっても習得能力は男であるせいか化け物染みたチートではなかったわけですし。
袁家筆頭という肩書きがあれば享楽的に生きていくことも乱世の中で勝ち組である魏(本来の歴史ではそうですし)に
肩入れすることで悠々と生き延びることもできたはず。
二郎君の為政者としての限界というのは限界ではありますが同時に簡単に超えてはいけないもののような気がします。
為政者としての法を破って詠を生かすことは道理を踏みにじり、雷簿とその部隊の死者と負傷者の価値を減じることではないでしょうか。
逆にこれを行なって簡単に賞賛されたり許されるようだと世界の方を主人公補正の名のもとに捻じ曲げる
マンチの類で人間を物語の人形に貶める行為のように感じられます。

まあ、現実はもっと残酷で、法と道理によってさばいたのに理解されず、セイバーさんみたいな状態になって憎まれた果てに国滅ぶこともあるからねえ

遥か太古から詩人(マスコミ)は数々の英雄や神をも殺してきたからねー

大岡裁き期待するのが民草ってもんさね

昨日は飲み会でした
その影響でものっそい眠いので今日は多分無理と思います

>>248
なに、ちょっと人死にが増えるだけです

>>249


>>250
いえいえ、そこまでは多分。
多分七乃と暗闘になってたかなあ

>>251
卒論お疲れ様でした。

>愉悦ってあれでしょ?裸でワイン持って太極の動きでマイムマイムされるあれ
大体あってるのが笑えるw

>>252
なのでまあ、蛇の誘惑もないということで愉悦は没りました

>>254
半分お仕事の飲み会でした。鯨ベーコンうめえw

>>256
>二郎君は努力の結果で優位に立っているので優遇とは言わないんじゃないかなと。
ちょっとほっとしました

>袁家筆頭という肩書きがあれば享楽的に生きていくことも乱世の中で勝ち組である魏(本来の歴史ではそうですし)に肩入れすることで悠々と生き延びることもできたはず。
本人は未だに楽隠居を目指してますがw

>>257
おまけに虚仮にされますしねw

一ノ瀬氏もたまにはゆっくり休んで英気を養うといいよ!

無理しない程度にね!

本当は去年のうちに反董卓連合を終わらせるつもりだったのになあとふと思いました。
年を跨いでもまあ、一月中旬には終わると思ってました。
これは今年度中に完結は無理かもわからんね。
つか、多分無理ですごめんなさい。と開き直ることにしました。まさかの三年目突入かー。
まさかここまで続くとは思ってなかったですわ。
これも皆様の声援のおかげです。ほんまありがとうございます。
明日はお休み頂きます。ちょっとリフレッシュがてらの小ネタくらいはやるかもしれません。


>>258
げにげに。

>>259
だが残念二郎ちゃんは大岡さんみたいに素晴らしいアイデアが閃いたりしなさそうです。
どっちかってえと一刀さんの方がひらめきそうですね


>>261
ありがとうございます。
ちょっと風邪ぽかったのも早めに寝て昼寝もして回復しそうです。
ありがとうなのですよ。

「愛紗。お疲れ様」

北郷一刀は帰ってきた二人をねぎらう。彼女らは先ほどまで近隣の村落を巡り治安活動に励んできたのである。

「いえ、どうということはありません」

関羽の言は誇張でもなんでもない。あちこちと転戦しているのではあるが疲労の影すらなく平然としている。いや、むしろ兵卒の群れに関羽という豪傑を宛てるというのが贅沢な話であろう。

「しかし、大忙し、だなあ」

彼の言に偽りはない。ここ最近——虎牢関が陥落し、洛陽まであと数日というところまできての足止め。それから劉備率いる義勇軍は東奔西走している。それまでの閑さが嘘のように。

「略奪、暴行。ひどいものです」

関羽は吐き捨てる。彼女の言は嘘ではない。後方にいた諸侯軍が合流してこの方、治安や軍規は乱れる一方なのだ。
そんな彼女に気遣うような視線を送られているのを感じて慌てて取り繕う。

「ご安心ください。彼奴等の性根を叩きなおしてやりましたが……それだけです。命は奪っておりませんし、致命的な怪我も負わせてはおりません」

数日悶絶する打撲くらいのものだ。骨を折ったりまでは及んでいない。言って聞かない相手にその鉄拳を振るうことに関羽は躊躇しなかった。切り捨ててしまいたいところではあったのだが、主たる劉備や、その軍師たる諸葛亮からも人死には避けるように言明されている。
関羽とて諸侯軍との関係を決定的に悪いようにしたい訳ではない。
例え正義がこちらにあろうとも、人死にが出てしまえばそれを口実に自分たちは不味い立場になるだろう。後ろ盾なぞない自分たちなのだ。そして或いはそれをこそ狙っているのではないかというのが諸葛亮の見解だ。故に激発する可能性のある張飛は劉備や北郷一刀という安全弁から離すことは出来ない。
故に関羽のみが劉備一行と離れて行動しているのだが、それが自らに対する信頼の証であると関羽は理解している。
故に、だからこそ軽率なことはできない。例え目の前でどれだけの非道が行われていても、鉄の意志で関羽は激発をすることなく。だが、それでもその憤りは消えることはないのだ。

「どうして、このようなことに……」

関羽には理解できない。どうして同じ漢朝の民にあのようなことができるのか、と。

「——諸侯軍は常備軍ではありません。それが全てです」

静かに諸葛亮は応える。

「——っ。どういうことだ、朱里」

北郷一刀はだから、問う。関羽があのように苦しんでいるのだ。その理由を彼は知らずにはいられない。

「諸侯軍の多くは徴兵された兵です。故に給与は支払われません」

反董卓連合。しかして完全に常備軍なのは袁家くらいのもの。いや、輜重に至るまでにそうである袁家がおかしいのだ。つまり、袁家軍は真に戦うための集団。戦うが生業。よくもそのような集団を限界せしめたものだと諸葛亮は改めて戦慄を禁じ得ない。

「だったら!さっさと洛陽に入るべきだろう!」

諸葛亮の言葉を受けて北郷一刀は苛立ちを覚える。どうしてこのようなところで足踏みをするのかと。

「おそらく、ですがそのための交渉をしているのではないかと」

未だ洛陽には禁軍がある。そして禁軍との交戦は袁家軍としては何としても避けたいはず。

「此度の反董卓連合。袁家は極めて慎重にその歩を進めています。ええ。持っている影響力からすれば臆病と言っていいほどに……。あくまで漢朝の臣として。けしてその矩を越えぬよう。越えてはいないと示しながら手を打っています」

いっそ迂遠なほどである。極端な話ではあるが、袁家単独でも洛陽に迫ることは可能であったろうと諸葛亮は思うし、鳳統も同意している。極めて高度に鍛えられた常備軍と、何より攻城兵器群だ。かつて思った通り、事あらば洛陽、とは言わずとも攻城戦を想定していたとしか思えない。

「じゃあ、あの、何進が下したという勅も本物だって朱里は思ってるのか?」

時系列を考えればあからさまに怪しい勅であるのだが。

「はい。極めて怪しいと言わざるを得ませんが、真であると思われます。あの、紀霊将軍は極めて遵法意識が高いように思われます。彼が手配したならばそうなのでしょう」

諸葛亮としては、その勅が正規の手続きにより下されたとは考えにくいと思っている。だが、何らかの抜け道によりもたらされたのだろうと推測する。
冴えわたるその思考を例えば紀霊その人が知ればさほど秀麗ではないその顔を盛大に引きつらせたであろう。それほどまでにここ数か月で諸葛亮、そして鳳統はその才能を開花させているのだ。

「うーん。いけすかない奴だと思ってたけど、やることはやってるってことか……」

北郷一刀は呟く。好きか嫌いかと言えば嫌いな相手である。が、やっていることは確かなのだな、というのは認めざるをえない。そしてそれは諸葛亮も大いに頷くところである。

「はい。紀霊将軍。恋さんと立ち会ったりと武勇伝には事欠きませんが、真に評価すべきはその卓越した政治力ではないかと」

諸葛亮は確信に至っている。袁家軍、いや、袁家そのものを動かしているのは袁紹ではない、紀霊であると。そしてそう考えるとその手腕は恐るべきもの。彼が武家筆頭となってから袁胤という不穏分子を除き、袁術という不和の種になりかねない人物を見事に駒として活かしている。まさか入内させるとは。袁家の威光はこれまで以上に留まることはないであろう。このままでは、袁家にあらんずば人に非ずというほどに権勢を誇ることすらありえるだろう。

「なるほどなあ。そんなのに董家軍みんなの命を乞う訳か。なかなか大変だ……」

苦笑する北郷一刀に関羽と諸葛亮は肩に入っていた力が抜けるような感覚を覚える。

本日ここまです
一刀さんが頑張るようです

明日はお休みいただくつもりです
もしくは小ネタかアンケート

感想とかくだしあー

乙です。

一刀くんは董家軍の助命嘆願をするみたいだけど、世紀の謀反人ってことになってるからなぁ・・・
よしんば助命嘆願が通ったとしても、恋とか武将は手足の腱を切られてしまいそう。

しかし、二郎が遵法主義と分かりながらも助命嘆願を行う行動力と図太さには感心するね。


しかし一刀君は二郎と自分を比較して思う所が無いのだろうかね
呂布とも立ち会う武勇、政治力は超一流、極めて高い遵法意識と
非の打ち所が無い袁家筆頭相手にどうするつもりなのやら


これだけ能力や実績があっても、二郎ちゃんは御使いにはとどかないんだろうな
主人公とはいかに恵まれた存在であるのか



まあ、北郷的ゲーム主人公感覚からしたら蜀はまだまだこれからですからな
文武も仲悪くはないし、鈴鈴は空気だし明るいのは当然か
別に、月らが助けられなくても印象悪くなろうとも失うものはないみたいな鈴々が空気ですよ
鈴々が空気ですよ?


>>267
アルトリアさんは半分実在・半分伝説に由来する存在らしいので円卓は深く考えてはいかん
実在確定の聖剣一本で余裕とか思えても、幻想種も含めた蛮族の神々も頑張ったんだよ
多方面侵略だと戦線維持できないしさ


ちんこ一味が助命嘆願できるくらいの功績なんて無いだろうに。
ドヤ顔で献策して速攻で却下されまくったのと、補給担当して敵と内通の疑いかけられたくらいしか出番無いぞww

乙乙
まあ、天才軍師二人がきちんと世間を納得させられる素晴らしいアイデアを持ち込めば、二郎ちゃんは
劉備一党に対する感情は別として受け入れるんじゃないかな?
彼にしてみても殺したくないのは確かなんだしね
単にお願いしに行くだけなら、そうしていいなら最初から助け取るわーと内心切れられるだろうがww

二郎ちゃんは一刀と腹割ってしっかりと話すべきやと思うけどなぁ。

御使いだの劉備軍のツートップの片割れだのの肩書きを取ってしまえば、現代日本のアホな高校生の一人でしか無いのだから。
そんなアホな高校生でも法治国家を知っているのだから、しっかりと説明してやれば自分達の言うことやることがオカシイと理解できるんじゃないかな?

はわわ、あわわも含めて二郎ちゃん…というか風・凛辺りがしっかりと現実を見せてあげるべきかと。
県令を放り出して、官庫を空けてしまい農繁期に屯田兵を連れ出した結果をしっかりと見せつけてあげるのも大切かな?

最近劉備陣営は「無視して勝手に動かれる」「厳しく言って反発される」よりも「現実を見せてそれを誇張して精神的に追い詰めて心を折る」そしてそこで「袁家が圧倒的に正しいと洗脳する」が正解な気がしてるww

現実見せて追い詰めて、仲間内で精神的復活を遂げる話会いをさせないまま理路整然と劉備軍の実施した結果と袁家の政策について教え込んでやろうぜ!

乙です

非常に不穏なふいんきが。
二郎ちゃんを正当に評価してるのってはおーさまと亡おっさんず(バトーダイル)と孫家くらいだったから色々とやりやすかったという側面もあったと思うので。
そもそも苦手な劉備がいて本気のちびっ子と交渉となるときつそう。
凛ちゃんさんと風に期待。

劉備陣営はどうやらものの見事に二郎を勘違いしているようですね。

二郎自身はそもそも本来なら英雄達によって退場を強制される凡人でしかありません。
しかし二郎の真価は有能な部下や配下を自由に行動させた上で、
その行動に対する責任をしっかりと背負おうとする真っ当な責任感にあると思っています。
だからこそ、袁家の主要人物は全員彼を信じてついて行きますし、
外からは対立構造が出来ている様に見えて実際は彼を中心として一致団結しているのでしょう。

臥竜鳳雛がそれに気づかないなんて、ある意味では笑い話だと思いますよ。
何故なら二郎を中心として一致団結する袁家の構図は、そのまま自分達にも当てはまることなのですから。

尤も、乱世ありきで行動する彼女達では、
乱世を起こさないように行動する二郎を理解出来ないのかもしれませんね。

それは違う、「乱世」ありきでは無く「劉備(&北郷)」ありきだ
蜀陣営が二郎を嫌う理由は唯一つ、「其処に劉備が居ない」
あんだけ罵倒した二郎の政策でも、一刀の発案なら彼等は諸手で歓迎するよ
それで賞賛を浴びるのは二郎で無く劉備なのだから

いけすかねーのは一刀だ。しね。

これ今後NTRとかあんの?
読者の感想次第ですとか煙にまいてないで、構想にあるなら早めに書いておくべきだと思うよ。
今後NTRがあるなら、もう読んでいても意味ないとか思う人もいるだろうし。
幅広い嗜好の読者をなるべく多く留めておきたいのはわかるけど。

フラグ立ててないの以外は無いのははっきりしてるじゃん
つか、何様や


一刀達は自分達の傲慢さに気付いていないのだろうなあ。
歴史でそうだったから趙雲が仲間にいないとおかしい、勝手に人を引き抜こうとしても当然の権利と思っている。
民の為だからという大義名分さえあればまともに統治を行っている領から横領をしてもいいと思っている。
それを責められていけ好かないというのは何様なのだろう、主人公様なんだろうなあ。
というかここまでの道中でも人死には出ているのに未だに飢えや貧困をちゃんとは認識できてないっぽい。
二郎君が[ピーーー]つもりでボロボロと櫛が抜けるように仲間が死んで立国ができなくなって物語に修正が効かなくなって
フィルターがなくなってようやく……なんだろうか。その時には総てが遅いわけですが。

あー、はおー様の百合いちゃラブシーンが見たいなー。
一ノ瀬氏のHPはまだたまらぬのか!

いやでもここで助命嘆願してくれれば義勇軍と董家をまとめると不穏因子となるー的な感じで
呂夫と張遼の引き入れは阻止できそうじゃね?
下野して蜀勢のとこ行っても強い干渉の大義名分にもなるだろうし。

絶賛弱っております

>>273
>しかし、二郎が遵法主義と分かりながらも助命嘆願を行う行動力と図太さには感心するね。
原作準拠です

>>274
>呂布とも立ち会う武勇、政治力は超一流、極めて高い遵法意識と非の打ち所が無い袁家筆頭
なんだろう、この違和感……w

>>275
まあ、これからですね

>>276
>鈴々が空気ですよ?
すまぬ……すまぬ……!
テコ入れしようか(提案)

ただ、忘れないでね。死亡フラグのこと。

>>277
これからですこれから
まだ三国志は始まったばかりです(横山三国志的に考えて)

>>278
>きちんと世間を納得させられる素晴らしいアイデアを持ち込めば、二郎ちゃんは劉備一党に対する感情は別として受け入れるんじゃないかな?
提案次第ですがね

>単にお願いしに行くだけなら、そうしていいなら最初から助け取るわーと内心切れられるだろうがww
そうでしょうねw

>>279
>二郎ちゃんは一刀と腹割ってしっかりと話すべきやと思うけどなぁ。
ほむ。

>最近劉備陣営は「無視して勝手に動かれる」「厳しく言って反発される」よりも「現実を見せてそれを誇張して精神的に追い詰めて心を折る」そしてそこで「袁家が圧倒的に正しいと洗脳する」が正解な気がしてるww
接触すると結構危険が危ないですがそれも一手ですね。
ただし、二郎ちゃんは劉備という英傑の実績とその過程を非常に評価していますので、関わりたくないというのが本音でしょうね

>>280
>二郎ちゃんを正当に評価してるのってはおーさまと亡おっさんず(バトーダイル)と孫家くらいだったから色々とやりやすかったという側面もあったと思うので。
確かにそうですねえ

>そもそも苦手な劉備がいて本気のちびっ子と交渉となるときつそう。
きついどころかw
さて、どうしたものでしょうね?

>>281
>二郎自身はそもそも本来なら英雄達によって退場を強制される凡人でしかありません。
基本モブ武将ですからねえ

>しかし二郎の真価は有能な部下や配下を自由に行動させた上で
人それを丸投げと言うw

>袁家の主要人物は全員彼を信じてついて行きますし、
能力値にも反映されてますね。魅力が一番高いですから、なんとも象徴的です。

>外からは対立構造が出来ている様に見えて実際は彼を中心として一致団結しているのでしょう
バラバラに見えて実は……というのはお察しの通りある程度意図的です

>臥竜鳳雛がそれに気づかないなんて、ある意味では笑い話だと思いますよ
まあ、実際に接する機会がも少しあれば……っていかんいかん

>>282
なるほどと思いました

>>283
>これ今後NTRとかあんの?
>読者の感想次第ですとか煙にまいてないで、構想にあるなら早めに書いておくべきだと思うよ。
煙にまくとか……
NTRどころか生き死にについても筆の滑りとかなので、なんとも。
即興でキャラが好き勝手しているので。というか、そんなにきっちりプロット立ててないです。
こっからどうなるか教えてほしいくらいですよ(マジ話)

>今後NTRがあるなら、もう読んでいても意味ないとか思う人もいるだろうし。
そういう意見が出たらまた考えます
いるかもしれない、あるかもしれない意見は考慮されません
観測されないものは考慮しません
ですので、観測されない外史にも意味はなく。なのでレスが無くなり次第凡将伝は幕を閉じます
それが恋姫ってもんでしょうと思うのです

>>284
読者様、でしょう。
観測されてこその外史。レスを頂けるだけありがたいものです。
幾度も言っておりますが、レスが無くなり凡将伝は次第幕を引きます

>>285
>一刀達は自分達の傲慢さに気付いていないのだろうなあ。
傲慢さ。なるほど。そういう表現も当てはまるのかな、と。

>フィルターがなくなってようやく……なんだろうか。その時には総てが遅いわけですが。
なるほどなあ、と想いました。いや、参考になります。

>>286
>あー、はおー様の百合いちゃラブシーンが見たいなー。
一ノ瀬も見たい

>一ノ瀬氏のHPはまだたまらぬのか!
はい
いや、濡れ場も近そうなのですが無理そうw
っつか、一ノ瀬の薄い濡れ場にさほど需要はないかとw

>>287
まあ、何も言えないですが、作中対応します

久々筆がのらないので本日お休み頂きます
ちょっと息抜きさせてください
軽くアンケート

�凡将伝でテコ入れ欲しいキャラいたら自由に。その理由とか

�構想だけの次回作。読んでみたいのはどれ?
基本的に主人公最強を次は書いてみたいです

・勇者もの

「ツンデレ王子とヤンデレ勇者(女)」

王子「フン、そんなみすぼらしい装備で魔王討伐に向かわれては我が国の沽券に係わる」

勇者「そ、そんな。だってこれ、代々王家に伝わる伝家の宝刀じゃない。駄目だよ、そんな……」

王子「それとな、貴様満足に路銀も持っていないだろうが。これをくれてやる。この、王家の紋章があればどこで何を買おうとその支払いは王家もちだ」

勇者「王子君……(キュン)」

王子「フン、勘違いするなよ。魔王討伐に送り出す勇者があまりにもみすぼらしいと我が国が困るというのだ」

勇者「王子君……(キュンキュン)」

そんなお話。勇者がチョロイだけという説もある。短編か中編。

・マブラブとのクロス
【あの男がBETAと戦うことになったようです】

第一弾
・アルデバラン(聖闘士星矢)が降臨。黄金聖闘士として人類の為に無双する。武ちゃん弟子入り?短編

第二弾
・ランス(ランスシリーズ。ランスクエスト後)が降臨。生身で無双したりおにゃのこ食い散らかしたり。短編見込み

基本絶望のあの世界の人類は救われます(断言)

・正義のヒーローもの(長編)
変身ヒーローもの(高校生)
ご近所の為に戦う高校生男子。ただし時給は千円。幼馴染のオペレータ。悪の組織の幹部にして主人公の通う高校の生徒会長とかとキャッキャウフフする。
世界観とか未定。多分魔法とか悪の組織とか色々ごちゃまぜになりそう。

・異世界群雄戦記もの(長編)
世界観とかキャラとか煮詰まってない。多分殺伐とする。宮廷の暗闘が多くなりそう

・ガンダム的なロボットのパイロットもの。スペースオペラにはならないと思う。(長編)
世界観とかキャラとかまるで未定。

やる夫スレ

・やる夫は勇者の末裔のようです(短編予定)

勇者の血を引くやる夫。だが、日々ニート生活。退廃的に過ごす日々。だが、ある少女との運命的な出会いがその日常を崩していく

その少女(ポンコツ)

          ::\ー-=ミ
        ::_≧=ミヽハハ\         __::
       ´    `ヽ ー'"´  ̄ ` 、__/厶二}___::

     ::⌒> ´   /`ヽ     ,へ、 寸´.::::::.>く::
     ::〃 /   //         \ ∨爪  ハ::
    ::ノ-‐ァ  //   ィヘ     `ヽ  Vハ:::ハ  |:
     .:'   / / / {  ハハ ハハヘ  レ'}:::::::|   |::
      ::| .イ'  { -{‐从   } }ァ‐-}ュ } ハ ル'ハ:::::{  |::
       ( ′ ハVxぅ示 ノノ テぅミ从ノ{_/,人::{  |:
       ::{  ト 从 Vツ   Vヒツ个 | )  `ヽ |::
        ::八八{ iハ ,, ′  ` ゚^ |  爪{      |::
         c ::| i i^ト  、 , ~゙ ィ / |ハ     | :
          :|イ い:::/` ー=≦=,' /i | j    |:
           ::_/⌒ヽ:人 }::厂 ̄//⌒>く/     |::
       ::∠/   rァ〉 .ィ77h.//:::/:::::::::\    |::
      ::/::::┴‐一'.:厶:;'    }/.:::{>==ニ::>   |::
       ::}:::::::::::::::::::/::::::{   .イ}:::/:.:::::::::::::::::/  |:
     .:ハ::::::::::::::::/,==∧__/.:::レ'.:::::::::::::::::::/   l::

     {::::::::::::::::/《__//∧::::::::::{:::::::::::::::::::;イ    l::
      ::V:::::::::::/|:::::/ {:'::::::::::::::ハ:::::::::::/|    l::
      ::ヽ:::::イ:::|::::j_八:::::::::::::::::::j:::::.イ{  l     l::

だが、彼女には秘密があった……

……そして、世界に魔王が降臨する

まおー(イメージ映像)

        ___
        ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ

      /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{::::::::::::::::::::l
      i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
      レ'VllV≧z   z≦ハ:::イ \::::::::::::|
       ヽ从 “        “.::ノ   |:::::::::|
         (\   ー'   / ̄)   .|:::::::::|
         | ``ー——‐''|  ヽ、 .|::::::::|
         ゝ ノ     ヽ  ノ  .|:::::::l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
基本、キャッキャウフフになるはず





いつもお疲れ様です
�陳蘭
幼馴染イベントというか幼馴染のポジションを生かした話を読んでみたい。
�異世界群雄戦記もの(長編)
この某ゲームで言ったら作業ゲーになってそうな国力なのにこの心労。もっと読んでみたいです。

今日は無いかな。ご自愛を。

レス次第と一ノ瀬氏が言われるけども最近アンケの結果も以前ほど有効でないようだし
マイナス方向(愉悦・鈴々)には割りと簡単に行けそうなのにプラス方向はほとんど動かないようで。
ダイス悪くてどうしようもないのかもしれませんが・・・

というわけであえて主張すると二郎が男なら詠ちゃんをどうにかして助けるべきでしょう。
今の流れで法を順守して月ごと詠ちゃんを処刑してから泣くのはちょっと受け入れがたいです。
いつだか相当前に二郎ちゃんが言ってた俺は愛する人も守れなかった・・・ってのを忘れちゃったのでしょうか。
自分のために頑張るって言ってくれて、愛してるって言った女性を守れなくて国を守れるのかと。

いつだって権力者は法をねじ曲げるなり抜けるなりするものだし、こういう時の権力財力武力なんじゃないかと。
もちろん露骨なのは今後のこと考えるとまずいでしょうが、饅頭に身代わりになってもらうなり
一旦保留にして美羽様入内のときに恩赦を出すなり何かしら方法はないのでしょうか。

皆さんもほんとに死んで欲しいと思ってる人はいないんじゃないでしょうか。
もし観測者の力で少しでも動かせるならと全力でレスしてみました。
まだなんとかなると信じてます。

やる夫スレ(長編)

やる夫は銀河最強のエスパーのようです

銀河連邦特殊部隊に勤めるやる夫。血のつながらない姉(オペレータ)、信頼できる相棒と共に事件を解決していく

血のつながらない姉

| /:./:.:.:.:/:.:.:/:.|:.|:.:.|  ヽヽ::\.:.:.::\:.::.:.:.ヽ.::.:.:.:.ヽ.:.:..|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| |:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|i:.ハハ:.:|   ヽ ャ 廾 十:ト 、.:..ヽ.:.::.:.:.|:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| i:.:|:.:.:.:.|:.:.:.||,|ィ爪「    \\ =≠z.\:`:.|:.:.:.:.:.|:./|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|

i. |:.|:.:.:.:.|:.:.:.|リ レ         / {r':::::::i\ヽ|::.:.::.:.|/ |:.:..:.:i:.:.:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:ハ            レv:::::::ri}/ |:..|:.:.ハ |.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:.ハ. ゞ=r'''"゙      _辷__r,タ  |:.:|/ | .i::.:.:.:.i::.:.:.:.:.:|
 ヽ!N:.:.|:.:.:.:.ハ              :::::::::: /|:.:| / |:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
  ヽ.ヽ:Nヽ:.:ハ :::::::::  ヽ           /.:.|./  i.:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
     \  |:.人    .r 、 -‐'     ,/:.:.:.|.  |:..:.:.:.:i::..:.:.:.:.|
      ヽハ:.:.:| \  | .!      / |:.:.:./   |.:.:.:.:.:i::..:::.:.:.|
       i |:.:.|   ヽl  !  _,. '  ,. |:.:/   .|:.:.:.:.::i::.:.:.:.:..|

        ヽ:|    |  } ´  ,, -=、 /:.ム    |.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:./
         ヽ   イ  .}ーr‐'/  //:./ \  |:.:.:.:.:.i:..:..:./

信頼できる相棒

           / ̄ ̄\
         / _ノ  ヽ、_ \
          . | ( ●)(● ) |
          . |  (__人__)  │
            |   `⌒ ´   |
          .  |           |
         .  ヽ       / 

頼りになる上司

_  -‥—  ¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ オイ
______r・ユニ三三三三三圦
:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/>—=≧三三三及_
:.::.::.::.::_,- 、:.::.::.::.:: ノ::::::::::::::::::::::゛ ̄アテ三亥>
:.::.:: イ   ∨:.:: 彡'- — -、::- ‐‐i!´:ノ
:.::.:: i V⌒yヾヲ      Y 、 ゚ノ:::{
:.::.::∧ヾ〈          ヽ`Y´ ̄{

:.::.::.::∧ `                ヽ,
个r 、_,イ^ー    八       r=  ノ
二 ー=k _     \ ヽ、    Y⌒

:::::::\r  入      `- =—r´
::::::::::::::\N  `ヽ         r'
::::ー:::::::::::\   ー 、  /

:::::::::::::::`ヽ::::`ー 、   `ヽy
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\Y 、廴


様々な事件に関わりながらやる夫は何を思うのか

そして勃発する星間戦争。はたしてやる夫の。仲間たちの運命は——?


やってて思ったけどやる夫スレはあれだ。AA貼ったりするの大変すぎそうね。やってみたいけど。
見てみたいなーとか思うのあれば自由にコメントください。
ちょっと今日は気分転換でした。
明日からは本気出す。

お疲れです。
筆が乗らない時ってありますよね。
ただちょっと心配なのは最近投下が週一ペースになっているっていう…

アンケは
�は姉者 理由は俺が姉者好きだから
�はガンダム的なナニを見てみたいかな

あと前回のアンケはどうなったのかな?
関羽のフラグってもう消化されちゃったのかな?気付かなかったけど。
地味様の憂鬱はまだですよね?

体調悪いようでご自愛を

アンケは
�猪々子 大好きなので
�ツンデレ王子と正義のヒーローもので迷う。どちらかといえば正義のヒーローで

�はおー来訪者→覇道()とワンチャン狙う曹操様ではなく、実直で地道な華凛ちゃま可愛いよ。
            正史の曹操も、漢王朝で辣腕を振るえる機械に恵まれていたら能臣たりえたのだろうか。

�マブラブとのクロス→ランス無双見たいれす^q^
                そして、アルデバランwwww 原作牛公なのか、ロスキャンなのかそれが問題だww


あと、↓の二作品はどこかで見たようなタイトルだったので、最初見た時は一ノ瀬氏がやる夫作品を紹介しているのかと思ったww
なのはさん可愛いよなのはさん^q^

>・やる夫は勇者の末裔のようです(短編予定)
>・やる夫は銀河最強のエスパーのようです

�詠 生存ルートを諦めない
�ランス 説得力のある話になりそうならですけども。違うならロボでお願いします

貴方様の書くガンダムオリ主人公物なんてあったら見たいっすねー原作はなんでもいいので(チラッ)
ちなみに私はXが好きです。私はXが好きです。大事なので2回言いました。

アンケ
�陳蘭とか赤楽とか初期から出てきてるけど影薄い人
理由:幼馴染というどう頑張っても入手不可能なステータスを生かしてあげてください
�異世界群雄戦記もの
宮廷での暗闘とか殺伐とかを全部こっちで引き受けて凡将伝は心が和むような物に仕上げるべきだ!!


あとフェイトちゃんとポンコツ呼ばわりするのだけは赦さない

 インフルがはやってますお体ご自愛ください

 そしてやる夫のエスパー物の設定見て、ジャスティを思い出した俺は
 古すぎるだろうか

 アンケは
 �現状の袁家に対する東方師匠やライカ姉さんの率直な感想及び言いたいことが知りたいけど
 ちょっとテコ入れとは違うなあ
 �アルデバランを活躍させてあげてください グレートホーンは強いんですよ

アンケートですが、
�孫権
そろそろ二郎と本格的に絡んでもいいかと。特に政治に関してはメイン軍師以上に頼りになりますよ?
�変身ヒーローもの
できればメタルヒーロー風味の痛快なヒーロータイムが欲しいところです。

一度やる夫スレの楽さになれると小説書くの大変って聞くなー。
感情とかの表現、アクションとか漫画的にAA使えるから文章で書く必要ないんで、文章での描写力が退化するらしい。

アンケとしては、ドズルの家族(ナデシコ組 とかのテコ入れというか描写がほしい。

�、たんぽぽ。あわよくば蜀勢にとっての身中の虫…ゲフンゲフン、袁家との架け橋になってはくれまいか
�、異世界群雄戦記もの(長編)かなぁ…程よい殺伐さがあるならほかのでもいいけど。あんまりキャッキャウフフだけだとね

乙です〜

まあ、筆が乗らないときは無理に書いてもね〜
結局、書き直したくなったりしますからね〜

で、アンケですね〜

� 迷い無く、ネコミミ一択でw
二郎ちゃんとの毒舌の掛け合いは二郎ちゃんの思考にプラスの影響があると勝手に思っていますw
まあ、曹家との関係も考えると、はおーと一緒に彼女もやっちゃうべきかと←(おい!

� 異世界群雄戦記もの(長編)
一ノ瀬さまの政治的な云々の着眼点と展開は、自分と違う所が多々ありまして
自分の書いている物にも参考になり大変勉強になるのです〜


あ、自分も前回のアンケの愛紗のフラグはどうなったのか気になるところです〜



1.姉者で 原作で文官の姿の立ち絵ってあったかな……。
2.変身ヒーローもの
 メタルヒーロー、すっかり仮面ライダーに吸収されちゃったなあ……。
 ウルトラ・ライダー・戦隊の他に、是非復活して欲しいですね! まあ末期の大砲ばっかはどうかと思うが。
 やっぱ主役が飛び道具っていうのは、ヒーローとしては花がないと思うんだ。

アンケ間に合うかな?
�は地味様で
最近絡んでないし登場してないし

�はマブラブクロスアルデバランもので
生身でベータを駆逐しる牛様無双みたいです

1 たんぽぽ
頑張れ超頑張れ。

2 正義のヒーローもの
時給千円とか裏山

�お尻様
袁家のスタンスと立場が固まった以上、今度は孫家のターンですしおすし。
戦後処理や報酬なんかの処理は一番気を使う所だったはずですし、洛陽をどうするかってのも政治的働きを要求されるので
お尻様の魅せ所ですので。
�ぽんこつで。
アルデバランさんが光速で動き回るだけでBETA余裕でしたになるのはわかっているのでなんとも。
小宇宙で頑張りさえすればまず間違いなくハイブ一撃だからなあ。
不思議な力か小宇宙以外だと防げないし。
むしろ蟹座がアジャパーいいながら冥界波という無機物相手に使いにくい技で頑張るのがみたいw

皆さまアンケート参加ありがとうございました
参考にさせていただきます

そして色々と書き込んでくださってありがとうございます。ほんま心のガソリンやでぇ……
心身の疲労が抜けていくようです。がんばんぞー

次回作については、あれだ。散り過ぎw
マブラブクロスやって勇者王子やってから長編に取り掛かろうかな、と思います。
何にせよ凡将伝終わらせてからですが

レス返しは抜粋です

>>293
オリキャラテコ入れはここまでくると難しい感じです。恋姫優先これ絶対

>この某ゲームで言ったら作業ゲーになってそうな国力なのにこの心労。もっと読んでみたいです
すごく……狙い通りです……w
ありがとう。作業ゲーで楽勝と思った?大丈夫、一ノ瀬のおはなしだよ!

>>294
>レス次第と一ノ瀬氏が言われるけども最近アンケの結果も以前ほど有効でないようだし
川の流れのように、細々とした上流よりは下流の大河は動かしづらいものです。でも影響はあります、とだけ

>マイナス方向(愉悦・鈴々)には割りと簡単に行けそうなのにプラス方向はほとんど動かないようで。
そんなことないですよ、とだけ。

>もし観測者の力で少しでも動かせるならと全力でレスしてみました。まだなんとかなると信じてます。
ご意見ありがたく。ほんとうに長文にてのレスありがとうございます。
意外とここに至っては一ノ瀬としても登場人物を好き勝手に動かすのは無理なので……とだけ。

>>296
>ただちょっと心配なのは最近投下が週一ペースになっているっていう…
まじか。体調の問題あったにしてもそれはひどい。原則毎日更新が売りなのに。頑張ります

※関羽のアレは消化されてないです。というか、大幅な変更点ができてしまい色々調整しております。

>>297
猪々子好き初めて見たきがするw

>>298
アルデバランは勿論原作(含むアニメ)準拠ですよw

やる夫スレに関してはどっかでありそうなお話ですよね。

>>300
>貴方様の書くガンダムオリ主人公物なんてあったら見たいっすねー原作はなんでもいいので(チラッ)
やるなら種と種死でユウナ主人公だな。一ノ瀬が好きそうでしょ?

X……。クロスボーンのことですねわかります。
それともCLAMPのアレですか?

>>301
オリキャラは後回しにする感じです。ごめんなさい



>>302
>そしてやる夫のエスパー物の設定見て、ジャスティを思い出した俺は
 >古すぎるだろうか
ビンゴ!
アスタリスはポンコツで青い魔女は狸な(ネタバレ)

……でもAAちからが足りないから頓挫しそうですw
台本書くから誰かやってくれんだろうかw


>アルデバランを活躍させてあげてください グレートホーンは強いんですよ
謎なアルデバランの支持率w
そうよ、グレートホーンは強いのよ。でも一ノ瀬は双子座な(勝ち組)

>>303
>特に政治に関してはメイン軍師以上に頼りになりますよ?
政治100ですからねえ

>>305
>一度やる夫スレの楽さになれると小説書くの大変って聞くなー。
>感情とかの表現、アクションとか漫画的にAA使えるから文章で書く必要ないんで、文章での描写力が退化するらしい。
つうか、AAいじるのめんどくさくてもう心が折れますたw
シナリオは固まってるんですけどねえ。台本書いたらだれかやってくれんかなあw

>>306
>…程よい殺伐さがあるならほかのでもいいけど。あんまりキャッキャウフフだけだとね
一ノ瀬のことだからどうせキャッキャウフフしてても殺伐すると思うの

>>307
>まあ、筆が乗らないときは無理に書いてもね〜
いや、書いてて吐きそうになりました。流石にあきらめました
歯磨き粉を絞るように責めたてて、酒呑んでトリップしてもそろそろ限界かも、と思ったのでちょっと。

>迷い無く、ネコミミ一択でw
ぶれないっすねw

>一ノ瀬さまの政治的な云々の着眼点と展開は、自分と違う所が多々ありまして
え、恐縮です。マジで。

>自分の書いている物にも参考になり大変勉強になるのです〜
うっわすげえ貴方の書いてるの読みたい。気が向いたらご紹介くださいませ。マジで。

>>311
>あと、恋との一騎討ちによる経験値ボーナスにテコ入れ補正がかかって武の面で他陣営チート共に負けないチート級武将になってくれれば。
あると思います

>凡将伝より女の子成分が少ないのも読んでみたい。
登場人物ほとんどおにゃのこだもんねえ。でも男だらけってどうなのだろうでしょうねえ。でも男子会面白いというのは励みです

>>313
>生身でベータを駆逐しる牛様無双みたいです
書きたいですw

>>314
>時給千円とか裏山
宮崎のコンビニとか600円くらいだった記憶ががが

>>315
>むしろ蟹座がアジャパーいいながら冥界波という無機物相手に使いにくい技で頑張るのがみたいw
蟹座はね、アサシンとして召喚されるというお話を用意してます

ふぁてだと後はワカメ主人公憑依ものの構想はある



ほんま皆さま、ありがとうです。頑張る。




あれ、アルデバラン意外と人気ある?
うけないと思ってたんだけどなあ。
これは、やるしかないか。

凡将伝完結したらまた考えます。

しかし、思ってたけどレスを下さる方の年齢層が高い気がするw

ガンダム種でユウナ主人公でライバル兼親友が盟主王でばカガリにベタ惚れというお話を書きたくなってしまったが自重します。
うん、とりあえず目の前のお話を完結させます。頑張る。

>>321
ユウナが経済面での主人公でカガリにちゃんとした意味で惚れてた+あの強行結婚式はアホカガリを
地位と経済面で守る為のものだったって奴ならX-destinyでありますな。
ただカガリが好きな人はみないほうがいいかと。
盟主王は盟主王自身に現実からの憑依ものが多いです。後は逆シャアクロスものだとかだとアムロのニュータイプっぷりで
コーディネイターへの偏見が薄れてまともになる。

乙乙

双子座とか勝ち組め……(蟹座)
いや、星矢世代じゃないけど一般的にも蟹座の神話とか酷いよね
ワカメ物は多いけど完結率が壊滅してたりするんで見てみたいけど、大丈夫かな
聖杯戦争がよくあるこの板の空気なら平気そうだけど、凡将伝ほど作風がしっかりすると逆に荒れそう

盟友王は悪人で色々おかしくはあったけど正しいのがある意味問題だったね
聖剣さんは運命って言葉が押し出したからあれだけど、夢を追うなら才能か結果が必要なのは現実と変わらんし、そこまで強引でもなかったっぽいね
遺伝子操作できちゃうからカオスだけど
坊ちゃまは死ぬこともなかったかな
逃げられた花嫁は駆け落ち完遂できない始末らしいし

BETAのいる世界なら、アテナは地上の守護者らしく活躍してるのだろうか
いつものように、捕まって死にかけてそうでもあるが

あの人なら意味もなく捕まってゴニョゴニョされてるんじゃね?

ポセイドンの時でさえ捕まる意味がほとんどないし。
ハデスにしても勝利の女神ニケと相手の石化も出来てなんでも防ぐイージスの盾持ってりゃ簡単には捕まらんはずなのに。
BETA時ならこれに加えて聖衣持ってて、アテナの権能自体も戦争の勝利と智慧だからふつーは負けない。

詠ちゃんが去ってから数日。洛陽に進駐するスケジュールは皇甫嵩とやりとりし、あらかた固まってきた。

「明後日だ。明後日。日輪が中天に差し掛かるころに洛陽に入る。そう諸侯軍に伝えろ」

そして、けりを、つけよう。
「諸侯軍には前祝として酒を配れ。秘蔵の火酒、全部配って構わん。ありったけを配れ」

そして。

「張合。配下から選りすぐりをそうだな。百ほど選んどけ」

俺の言葉に張合はニヤリ、と愉快そうに口を歪める。正しく俺の意図を汲んでくれたようだ。

「ほう。張家からということでよろしいのか?髑髏の面を集めなさるか。出立は?」

「払暁前。一番鶏の鳴く前」

俺の言葉に稟ちゃんが問う。

「それで、よろしいのですか。これまでの名声を地に落とされますか」

幾度か話し合ったことではあるのだが、それでも問うてくる。

「くどい。もう決めたことさ」

別に俺が手を下す必要はないというのはその通りだ。でも、さ。
更に言い募ろうとする稟ちゃんをどこか可笑しげに張合は眺める。それに構わずに俺は言葉を続ける。

「殴られっぱなしは性に合わんからな。というよりだ。袁家は武家よ。舐められたままでいられるかよ。このまま矛を収められるものかよ。
——玉無しどもと同じ空気を吸うのもこれまでだ」

そして。

「これは洛陽にて散った者たちの弔い合戦でもある。袁家に仇なすということの意味を教育してやろうじゃあないか」

なに、禁軍とは話が付いている。後宮に残っている男は宦官のみ。ちょっとしたお掃除。それだけのこと。宦官の誰が悪くて誰がもっと悪いなんて知る術もないならばまとめてポイするのが合理的な発想というものさ。

「最優先は弘農王……いやさ正当なる皇帝陛下劉弁様の身柄。そして宦官は殲滅だ」

「降伏か、死か、ということですかな?」

「違うね。逃げる奴は宦官だ。降伏する奴は狡猾な宦官だ。抵抗するのは訓練された宦官だ。悉く、殺せ。宦官は悪だ。そして」

悪、即、斬。

「承知した。なに。禁裏にて血の雨を降らすことに臆するようなものはおりません」

汚れ仕事は張家の誉。故に紀霊の人選は正しい。この上なく正しいと言わんばかりに、恭しく張合は一礼し、その身を闇に同化する。

「何も二郎殿が手を汚すことはないでしょうに」

苦い声に苦笑する。

「怨将軍とか、英雄とか、そういうのは、いいのさ。もとより身の丈に合ってなかったしな。だから、いいのさ。いいんだよ」

それに。

「そろそろ路線変更しようかなと思ってたとこだ。そういうのは、もっとちゃんとした英雄が背負った方がボロが出ない。そして袁家、いやさ紀家には正真正銘の英傑がいるし」

一騎当千、趙子龍。

「天下にその名を轟かせるのは星の方が似つかわしい。そうだろう?」

「——貴方は!」

それでいいのかと。だが、郭嘉という理性の塊は。合理性の塊は。軍師という人種の到達点であろう彼女はそれを口にしない。そのような感傷を口に出すことはない。だが、だからこそ言っておくことがあるとばかりに。

「さて、譲られたその英雄の座。星はどう思うか。そして十全に槍を振るえるとお思いか」

「う……」

それを言われるとなあ。これって半ば俺の私怨と言ってもおかしくないからなあ。そこはまあ、怨将軍だから許してちょんまげとか言ったらこの追及は収まるのかなあとアホなことを思っていたのだが。

「稟よ。主をそう苛めるものではない。主には、いやさ男には譲れぬ思いがあるものだ」

え。

なんで、星がここにいるのさ。

「ふ。そう不可思議な顔をすることもないでしょうに。まあ、種明かしをすると簡単ですがな。張合どのからな。風よりの伝言通り護衛を兼ねて控えさせていただいただけのこと。
まあ、主には言いたいこともあるのですが」

それでも、と。ニヤリ、と。

「天下一を目指すというのはこの身が発した志。そのために主はその身を挺してまでも飛将軍と渡り合う機会を作ってくださった。
——もっとも、それでも。それでも討ち取れなかったわが身には忸怩たる思いがある」

暫し視線を地にやり、改めてこちらを見やる。

「紀家軍の指揮、承りました。下駄をはかせていただいたとは言え、一騎当千のこの身。けして禁裏、いやさ洛陽に余人を近づけませぬとも」

「……すまんな。星」

「何をおっしゃるか。嬉しいのです。主に受けた恩は計り知れない。ようやく。ようやくこの身で、この武で返すことができるのです。喜んで果たしましょうとも。
造られた英雄大いに結構。もとより流浪の、一介の風来坊のこの身。望外の栄光。
見事果たして魅せましょうとも」

そして。

「それに主よ。それがしが聞きたいのはそのような謝罪の言葉ではない。感謝を、鼓舞をほしいものだ。
と、女からここまで言わせる御身は相当に罪作りですぞ?」

艶然と笑む星。強張っていた思考が動き出す。そうだな。悲壮ぶるのは俺らしくない。きっと。

「星、ありがとう。そして何人たりとも洛陽に立ち入らせるな。
——頼りにしてるよ」

「承った。なに、はねっかえりを押さえるだけの簡単なお仕事だろう?」

不敵で無敵。一騎当千な星に何とも肩の力の抜ける思いの俺であった。
あ、微かに。微かに苦笑する稟ちゃんさんを見れたのもすごい収穫だなとかなんとか。

うん、ありがとな二人とも。

それはそれとして。

けじめはつけんとな。

まあ、地雷原での綱渡りではあるのだが、ね。

本日ここまでー

暫くかなーり殺伐とするはず。と思ったのですが、げえ、星ちゃん!

これが世界の選択か……(意味深)

またお話の筋を考えるお仕事が始まるお……(切実)

感想とか下しあー


明日はご声援頂いたあの子が出番を勝ち取った!と思う。

曹家のじじい死んで舞うん?

>>331
もう引退しているか最初からいないか。


世界の選択ならちかたないね

そうれはそうと
敵に捕まるのはアテナの必勝パターンなんだと思ってる


あんまり派手にやっちゃうとはわわあわわの二人につけこまれそうで怖いかも
かずピーもなんか考えてそうだし

乙です

長文打ってる間に一ノ瀬氏のレスがあるという恥ずかしいことになってましたがめげずに。乗り遅れたアンケートは言わずもがなで。

突然の斎藤一の登場に驚きつつ悪くないですね…彼も信念の男でしたから。牙突零式のほうが強いのは納得いかないw
そして星ちゃんええ子や…

 乙でござる
 しかし星はいい女ですなあ
 そしてアテナが捕まらなかったら聖闘士いらないじゃないですかあ

乙ですー
あ、宦官誅滅やるんだ

あと、神話での所業読んでるととてもアテナを信仰しようとは思えなくなるから困る
ぶっちゃけ公平な分、ハデスの方が……

お疲れ様です
名声に傷がついてもいいのなら詠を助けない理由がねぇよ! ねぇよ……

>>317
ユウナ主人公いいですねー国家存続のための努力が一瞬でおじゃんになる様が目に見えるようだ。愉悦。

私<ガンダムX(ボソッ)
一<え?
私<ガンダムXが好きです
一<……

★△

ハートマン軍曹乙

でもやってることは怨将軍的だよね。宦官誅滅って。

御爺様はともかく、曹操が手を入れたり親戚扱いかもしれん宦官をも根絶やしか?
恋するはおーが夜も眠れなくて魔王になって人生五十年踊り出すかもしれんぞ
恐怖の「是非もなし★」10連発

はおー様なら二郎ちゃんのやりそうなことを予測して自派の宦官だけ上手く逃げさせたりしてるよきっと
風や稟のならともかく凡人な二郎ちゃんのアイデアだから英傑なら予測できる可能性は低くないさ

お仕事が忙しかったので本日レス返しだけになりそうな気がします

サッカーも見れなかった。

>>322
>X-destinyでありますな。
未見だったので読んできます
多分一ノ瀬がやるなら種の前から地道にまた色々やると思います

>。後は逆シャアクロスものだとかだとアムロのニュータイプっぷり
side A ですよね
あれって完結したんですか?すげえ好きですわ

>>323
>ワカメ物は多いけど完結率が壊滅してたりするんで見てみたいけど、大丈夫かな
着地点は全く見えてないけど多分完結はさせると思う

>聖杯戦争がよくあるこの板の空気なら平気そうだけど、凡将伝ほど作風がしっかりすると逆に荒れそう
そ、そうなのか

>坊ちゃまは死ぬこともなかったかな
悪手ばかりではなかったし、掘り下げると面白いキャラだと思うの

>>325
ひみちゅ

>>327
あれはまあ、本拠地にカチコミかけるための口実みたいなもんだと思ってますw

>>333
同意

>>334
さてどうなることやら

>>335
>突然の斎藤一の登場に驚きつつ
基本、ネタまみれなもので……

>>336
> しかし星はいい女ですなあ
出すつもりなかったけど何か出番といいとこもってった。まさに外道

>>337
>あ、宦官誅滅やるんだ
やることになっちゃいました

>>338
>名声に傷がついてもいいのなら詠を助けない理由がねぇよ! ねぇよ……
マジレスすると二郎にとってそれは公私混同になってしまうのです
彼の中ではね

ガンダムXは、中盤で脱落してしまいました

>>339
せやな

>>340
>でもやってることは怨将軍的だよね。宦官誅滅って。
らしいと思っていただけたならありがたいです

>>341
>恋するはおーが夜も眠れなくて魔王になって人生五十年踊り出すかもしれんぞ
まさかのはおーが敦盛乱舞とか胸熱w

>>342-343
作中対応しまs

やはり今日は無理っぽいです
明日は頑張る

土曜はお仕事で微妙

一応相当に文章のストックはあるのですが推敲してて違和感あるのでちょっと寝かせてください。
ここまでくると勢いで解き放つわけにもいかなくなってきました。


ワカメもので完結したのってあったら読みたい
まあ、一ノ瀬がワカメもの書くとしたらどうなるかは想像が容易いと思うのですがねえ。

も一つFATE/ZEROでやりたいなあと思うネタがあります

切継「XYZ(後がない……)」

新宿の種馬(全盛期)が本気でマスター連中を殺して回りますというお話。
海坊主もあるよ!みたいな。多分ネタで終わるけど。


なんとか今月中には反董卓連合を終わらせたいという弱気な一ノ瀬でした。

エタらないならそれで良し!

ワカメ物で完結作っていうと、憑依じゃないけど第六次聖杯戦争物があったはず、鯖はランサーで
今理想郷が壊滅しているんで捜索板チェックできないけど。

情報が少ないからバランス悪く見えるけど本編やプロトの五次勢のが本来鬼畜
近代拳法家の頭おかしい暗殺能力は知らぬ

二郎さんはクラスランサーやね(にっこり

乙です〜

ごゆっくりお休み下さい

あ〜、自分のは現在どこにも残っていないはずです
エロ小説はどっかにコピペされてたらしいけどww

スランプ、ではないのだけれどもどうにもキャラが暴走してしまっているのでちょっと懐柔してくる

今日こそは更新したいです。


後10回くらいの更新で反董卓連合は終了するはず

>>355-356
ちょっと見てくる

>>357-358、360、362
二郎ちゃんはランサーかなあ。ほぼ全てのステータスはBランク、まさに凡将!

んで宝具は劣化版王の軍勢と王の財宝みたいなことを夢想しました。
燃費ものっそい悪いやろうから桜ちゃん以外のマスターだと負けるな。

>>363
あー、読めないのですか、残念w


今日は頑張ろう。


ごめんちゃい。眠くて無理す。
明日は微妙なのです。お仕事なのです。でも一応頑張ります。
どうしてこんなに眠いの。



とことん休むか、汗をかくくらい身体を動かすかだ
何も考える必要はない

全部Bとか魔翌力たけえな
父親のパンツマンが奥義のせいで雷神の化身とか言われちゃってそうだし、波才の旦那のせいでキョンシー軍団討伐があるからかな
ただ、マスターは金持ち幼女と考えても日本だとC混じりになるか
(二郎の介入で三国志が日本人好みじゃなくなるという意味で、活躍しても知名度が・・・)

>>1の居ぬ間にぼくのかんがえたサーヴァントごっこ

全部Bだと一見すると上級の英霊とも見えます
ただ、供給過剰で財宝かつ軍勢でも劣化だと一発の決め手にかけますね
でも、ブーストもあっていざというとき判定に強いし、宝具を展開できれば優位には立てるかも
格上には紙一重が超えられずに勝てないけど強い英霊って感じになるのでしょうか
下位の一発逆転には強そうです
実は上位の英霊らしいエミヤさんあたりにも相性悪くないんでは


どうせライダーかキャスターあたりと同盟組もうとか言い出すんでしょ二郎さん?
ハーレム死すべし……

皆よく見るんだ!全ステがBという事は幸運もB、つまり二郎ちゃんは結構幸せになれるんだ!

>>366
ありがとうがんばる

>>367
一応三尖刀使える程度の魔力はあります

>>368
>供給過剰で財宝かつ軍勢でも劣化だと一発の決め手にかけますね
ここらへん、二郎ちゃんっぽくないですかw

>ブーストもあっていざというとき判定に強いし、宝具を展開できれば優位には立てるかも
とっても癖のあるユニットですw

>格上には紙一重が超えられずに勝てないけど強い英霊って感じになるのでしょうか
そこで袁家の財法と凡将の軍勢ですよw
桜ちゃんのように魔力タンクならば多分勝てますw

>実は上位の英霊らしいエミヤさんあたりにも相性悪くないんでは
エミヤさんとはどうだろ。エミヤさんと知ったら同盟まではいかんでも不可侵条約には動きそうですね。
んで、ひたすら外堀を埋めるみたいな

>どうせライダーかキャスターあたりと同盟組もうとか言い出すんでしょ二郎さん?
主従のどちらかが美女か美少女なら積極的に戦闘仕掛けないとかありえますねえw

>>369
そこに気づくとは。やはり天才か。



まじか袁家の財宝って対城ビームとか防いじゃうのかよ
今すぐ倉庫をチェックだ二郎

そもそも英霊になれるほど後世の知名度あるのかな
三国志がそもそも存在しなくなるなら、よほどの歴史マニアしか知らない名前になってそうなんだが

どんな宝具持ってても土地と知名度がなければオミットだからな
こっから中華統一皇帝になったとしても歴史に埋もれて知名度が厳しい
そして、宝具オミットに定評のあるランサークラスェ


ところで、粛清が終わったら北のシロッコさんあたりが袁家のターゲットなのかな
それとも、孫家をはじめ味方勢力を時間かけて盤石にするのが先か?
洛陽に商会を感染させなきゃならないし

宦官粛清。

史実通りと言えばそうなのですが、宮廷におけるはおー様の勢力基盤を根こそぎ潰すことになるので、
今後の対立はまず避けられないでしょうね。
それに宦官を全員粛清する以上、今後は宦官を廃止して宮廷内は女官中心になりますので、
元々あった女尊男卑乃傾向がますます加速しそうです。
二郎は流石にそこまでは考えていなさそうですが。

まあ、曹家派以外の宦官を一掃したら、どこから官僚をもってくるのと云われれば袁家なわけで
ポーズだけでも広く賢者を募った方がいいかもね
袁家官僚一種・二種、袁家役人一種・二種とか新しい試験制度作ってみるのも一興かと
労力?外史なめんな

今日はわずかなりとも投下します
連日すまんです

あと、聖杯戦争は、ネタ未満ですのでw

>>372
>まじか袁家の財宝って対城ビームとか防いじゃうのかよ
脳内では、三国志以前の中華文明圏の宝具が仕舞ってあるみたいな。
きっと袁家の倉庫には色々あるよ!出さないけど!

>>373
>そもそも英霊になれるほど後世の知名度あるのかな
言うてはならんことをw
きっと怨将伝が後世に伝わって……るといいなw

>>374
>そして、宝具オミットに定評のあるランサークラスェ
言うてはならんことをw

>ところで、粛清が終わったら北のシロッコさんあたりが袁家のターゲットなのかな
>それとも、孫家をはじめ味方勢力を時間かけて盤石にするのが先か?
ひみちゅ

>>375
>史実通りと言えばそうなのですが、宮廷におけるはおー様の勢力基盤を根こそぎ潰すことになるので、今後の対立はまず避けられないでしょうね。
流石にコメントできないので作中でw

>二郎は流石にそこまでは考えていなさそうですが。
多分考えてないんじゃないかなあ……

>>376
>まあ、曹家派以外の宦官を一掃したら、どこから官僚をもってくるのと云われれば袁家なわけで
大丈夫、かつて売官全部買い占めてそこのポストにつけるだけの人材はいたということになってるYO!


聖杯無双はおもしろかったな
はおーさまが姉者を召還したりしてたし

風に乗って喧噪が伝わってくる。明日はいよいよ洛陽に向かうとなり、諸侯軍には酒肴を大盤振る舞いしてある。兵卒だけでなく、士官や、ひょっとしたら将軍すら滅多に口にできないような高価なそれは、大いに反董卓連合の有象無象を弛緩させている。

明日、未明に俺は張家の精鋭を率いて禁裏を血に染める。その詳細を知っているのはごくわずか。斗詩や猪々子にも詳細は説明していない。ただ、早起きしとけという伝言のみだ。袁家外では白蓮に同様の伝言を送っているのみ。

まあ、諸侯の反感はあるだろう。洛陽という果実を手にできないと知った諸侯軍と一触即発になるのは必至。
だが、稟ちゃんさんは不敵に笑ったものだ。

「結構なことではないですか。真正面から諸侯軍を討つ機会なぞ中々ありません」

ですから。

「諸侯軍なぞ百害あって一利なし。頭の足りない者が、その手に軍あらば叛するのは必然です。かの何進大将軍は十年かけて徐々に削り取るつもりだったようですし、我々袁家の方針もそうです。ですが、やはり迂遠でもあります。この機会はまさに千載一遇と言うべきもの」

大概俺も好戦的だと思うけど、俺のは単に喧嘩っ早いだけだからなあ。稟ちゃんさんなんて理性的だから困る。反論の余地ないし。いや、むしろ感謝するべきだな。敵にまわってたらと思うとガクブルである。ましてやあの華琳のとこ行ってたらと思うと……。

と、思索にふけると言えば聞こえはいいが、ぼうっとしてた俺に来客が告げられる。む。よほどじゃないと取り次ぐなと言ってたんだが。

「二郎、お邪魔するわよ」

誰だろうなあと推測する間もあらばこそ。俺の目の前に現れたのは孫家の統領。蓮華その人であった。

え。

孫権がその日紀霊を訪ねたのは腹心の陸遜の進言によるものであった。絶大なる信頼を寄せる彼女の進言である。なればこそ孫権はその言に従う。そして陸遜の進言は間違いでなかったな、と小さく笑う。
なんとなれば、普段口にできないような酒肴で盛り上がる諸侯軍と比して袁家軍は静まりかえっている。それはあたかも獲物を狙う猛獣が見せる仕草のよう。

そしてそれは紀霊を見た瞬間に確信に至る。なるほど、と。

「二郎、お邪魔するわよ」

応える紀霊はうっそりと応え、それを取り繕うように酒杯を供してくる。
その杯を舐めながら孫権は腹心たる陸遜の慧眼に間違いはなかったと確信する。
暫し他愛のない雑談に興じる。そして切り込む。

「ねえ、二郎。明日、よね。明日決着はつくのよね」

「ん、まあ、そうだな。そうあって欲しいと思ってはいるが」

歯切れの悪いことだ、と内心孫権は苦笑する。

「でも、大変ね?もし先帝……ううん、今上帝かしら?ややこしいから不敬は堪忍してほしいけど、劉弁殿を他の諸侯に掌握されたらとっても面倒なことになるわね?」

ぎくり、と言った風に紀霊の表情は分かり易く強張る。
あくまで正当なる皇帝である劉弁の復権こそが此度の反董卓連合の目的。だからそれを孫権は見失わない。袁家の国力、地力であったり、呂布の武勇、それに伍した趙雲の武。そのように派手な花火があっても孫権は見失わない。此度の反董卓連合の勝利条件とは、董卓を討つことではない。

漢朝の最高権力者——ということになっている——劉弁の身柄を手中に収めることなのであると。

故に、孫権は紀霊の反応を見て彼が、彼らがその本質を見失っていないということを確信する。なれば、彼女の持つ手札は最高に高く評価されるだろうと。
だから孫権はその手札を惜しげもなく晒す。

「劉弁殿の身柄、それこそが最重要。そして孫家はその身柄、その安全を提供する用意があるわ」

「な!」

びしり、とひきつる紀霊の顔色を見て孫権は満足げに頷く。

「明命を向かわせてあるわ。彼女ならば禁裏といえども容易く侵入できる。そしてその武勇は孫家でも指折りよ」

夜明け前にはその身柄を確保できるはずだ。周泰ならばそれができると孫権は確信している。そしてそのやんごとなき玉体あらば、中華に覇を唱えることすら可能になるだろう。紀霊が皇甫嵩や劉協に大幅な譲歩をしたのもこの点につきる。彼等に暴挙を選ばれてしまうと根底から袁家の戦略が覆ってしまうのである。

「……何が望みだ」

どうやら紀霊は端から腹の探り合いをするつもりはないようで、孫権にしてみれば少し拍子抜けである。とはいえ、悪くない展開である。交渉の余地は大いにありそうだ。

「そうねえ、色々と欲しいものはあるんだけれどもね。何だと思う?」

悪戯っぽく笑いかける。こういう時に自分から手札を晒すのは悪手だ。相手の想定しているレートがこちらの想定するそれより高ければよし、低ければ腕の見せ所であろう。
そんな内心を知ってか知らずか紀霊はぼそり、と呟く。

「シャオの身柄、か?」

それは孫家という虎につけられた首輪である。
孫家三の姫にして絶大なる人気のある孫尚香の身柄は人質として袁家に預けられている。反董卓連合に参加するにあたり、半ばなし崩しのような形で孫家の将として参軍してはいるが、やがてはまた人質として袁家領内に預けられることとなるであろう。いや、その扱いは決して悪いものではないどころか相当に厚遇されている。なんとなれば袁術と真名を交換するほどに袁家首脳に食い込んでいるのだ。狙ってやっているのならば大したものである。

「いえ、違うわ。シャオも随分とよくしてもらっているみたいだし、ね」

そう言えばこの男は妹の幼い肉体を貪ったのだったと孫権はちろり、と視線に冷たいものを含ませる。

「お、おう。シャオの身に何かあったら一大事だからな」

これが程立であればしれっと煙に巻いたであろうし、郭嘉であれば鉄面皮をぴくりともさせずにそれがどうしたと流したであろう。それに比べればこの動揺っぷりはどうだ、と内心孫権は苦笑する。与しやすいとかそういうレベルの話ではない。

「ありがとうね。大事な、たった一人の妹だもの。今後ともよろしくね?」

壊れた人形のようにカクカクと頷く紀霊を見て今度はくすり、と孫権は笑みを浮かべる。……紀霊を追い詰めるのは交渉を有利に進める手段であって目的ではない。面白いように狼狽する彼を見てちょっと興が乗ってしまったなんてことはない。ないったらない。

「まあ、真面目な話、シャオは袁家に預かっててもらった方が都合のいい面もあるのよ。
あの子、とっても人気があるでしょう?だからまあ、善意の後見人には事欠かないのよね」

「あー。そりゃ」

いずこも同じか、と紀霊は天を仰ぐ。
小賢しい孫権よりは幼い孫尚香の方が御しやすいと思うのは必然。そしてそれは事実でもある。

「それに孫家が袁家に叛する気がないっていう一番分かりやすい意思表示にもなるでしょ?」

孫権としては痛くもない腹を探られるような真似はできないのだ。袁家と孫家の結びつきを考えた場合、袁術の親友にして紀霊の愛人という孫尚香の立ち位置はまことに都合がいい。理想的ですらある。余人をもって代えがたいくらいに。

「それって結局人質ってことじゃんか」

「いいえ、袁家と孫家を結ぶ絆、みたいなものよ」

ものは言い様だな、と紀霊は苦笑する。

「んで、話が逸れちまったが本題はなんだい?」

当初と比べて随分と和やかになった空気に孫権は満足し、穏やかな笑みを浮かべたまま応える。

「実はね、荊州が欲しいの」

「そりゃ、また」

それが果たして高いのか安いのか。思考の海に没入しようとする紀霊に孫権は続ける。

「本来荊州牧は袁術殿となるはずだった。でも袁術殿はこの戦いが治まれば入内されるでしょう?劉表は益州に追いやってしまうのだから荊州は空白地となるわ。
未だ荊州は江賊が跋扈する地域も多い。水軍の手練れの当て、他にあって?」

ぐぬぬ、と唸る紀霊に畳み掛ける。

「悪い話じゃないと思うのだけれども?ああ、ほんとは虞翻と顧雍も貰おうって思ってたけどね、二郎のその情けない顔見てたらそれは勘弁してあげる」

「うっせえな地顔だよほっとけよ」

ぼやきながらも紀霊は孫権に諾、と応える。そして言葉を続ける。先ほどまでとはうって違って、鬼気迫るものを感じる。そして紀霊が暫し瞑目した後に放った言葉に数瞬自失する。

「明日未明、禁裏にて弁殿下を救出する。ついでに宦官は悉く誅滅する」

「な——!」

流石の孫権が絶句してしまう。
まさか、という気持ち。なるほど、と思う気持ちの双方がある。諸侯軍と、劉弁の身柄を、その権力の源泉を争うよりはそれが妥当か、と。
これは読めない。例え神算鬼謀の軍師であっても、世の全てを網羅する智謀でも彼がそのような、ある意味暴挙に出るなど。
なんとなればこれまでの紀霊の言動は、破天荒に見えても実に堅実。その彼がなぜ——。

そんな疑問を持ち視線を交わした孫権は不意に納得する。腑に落ちる。
そうか、平静に見える彼はとっくに怒り狂っていたのだ、と。その怒りが一回りして平静に見えるのだと。

だから、その熱にあてられたのだろうか。聞くつもりのなかったことを口にしてしまう。

「二郎、賈駆とは懇ろだったのでしょう?彼女はどうするの?」

目に見えて顔色が変わる。苦しげに、哀しげに、そして持っていきようのない激情に赤く、青く顔が染まる。きっとこの貌を見たならば腹心たる陸遜は悦楽に失神していたかもしれないと思わせるほどに。

「大逆の大罪。是非もなし」

当然だろうと言わんばかりの口調に表情がついていっていないのだ。
だからなのだろうか。孫権はけしてそんなことを口にするつもりはなかったのだ。

「ねえ、二郎。最初ね。私、貴方のことが大っ嫌いだったのよ?」

そんなこと、言うつもりはなかったのだ。

本日ここまでー

お尻様は何度もリテイク要求してくれました。当初案とはかなーり違っちゃったw
これが政治100の力ってやつなんだ……

明日もお尻様です
軽く

感想tおかくだしあー

乙でした。

一州丸ごとお強請りする悪尻じゃなくて悪女な蓮華さんいいねえww
正直、強請る物は「二郎の子種」だと思ってましたww


政治力100の真髄恐るべし・・・
同盟と引き換えなら荊州は安いと言えるか?けど荊揚二州が繋がると鉄壁になっちゃうんだよなあ


この引きはきになるな
続きに期待

おつー
お尻様ぱねえ



真の政治家はプレゼントを欠かさない
イケメンもそうあるべきらしいぞ二郎

天理の網の目を抜け、零れる命を拾えるとすれば政治100しかあるまい
個人的に祈ってる

乙乙
お尻様怖いなあ
何が怖いってこの提案、飲んだ方が色々楽になるのが怖い

お尻様は俺の嫁だから不幸にしたら許さん

天蜀(てんしょく)

北郷トルネード 異分子という意味でGジェネオリジナルに 二郎ちゃん?紀霊として生まれてるから(ry
劉備フリーダム
関羽ジャスティス
張飛ストライクルージュ

覇魏(はぎ)

曹操アストレイGF
夏侯惇アストレイRF
夏侯淵アストレイBF

煌袁(こうえん)

袁紹ザク(ドズル専用機)
  ↓
袁紹ナイチンゲール

袁術ザク(ガルマ専用機)
  ↓
袁術クシャトリア

紀霊インパルス
  ↓
怨将軍紀霊ディスティニー 紀霊インパルスが血の涙を流し怒りによって覚醒した姿
  ↓
縁将軍紀霊Dインパルス 怒りの力を制御し自在に操れる様になった紀霊インパルスの最終形態 弱くなっ(ry

呉(名前思いつかんかった)

孫権GP04
孫策GP02
孫尚香GP01


劉弁ユニコーン
劉協シナンジュ
張燕クロスボーンX2
李儒ギャン

急に電波が降りてきてカッとなってやった
後悔はしている
というかこのネタがわかるやつはおるかー?!

眠い

日付変更線をご参考ください

>>378
ちょっとぐぐってくる

>>384
>一州丸ごとお強請りする悪尻じゃなくて悪女な蓮華さんいいねえww
尻w

>強請る物は「二郎の子種」だと思ってましたw
その路線は拒否されましたw

>>385
>同盟と引き換えなら荊州は安いと言えるか?けど荊揚二州が繋がると鉄壁になっちゃうんだよなあ
今現在孫家は長沙の太守です

>>386
頑張るけど今日は眠い気がします

>>387
何度もリテイク食らいました

>>388
>真の政治家はプレゼントを欠かさない
演説、上手ですよね。麻生さんとか。

>イケメンもそうあるべきらしいぞ二郎
二郎ちゃんがイケメンかどうかは議論の余地があるかとw

>>389
win-winという奴です

>>390
えっ

>>391
がんばる

>>392
麗羽様は百式→アカツキではなかろうか。金ぴか的に考えて


ネタは分からんけどあれかな、今度スパロボに参戦するアレかな?


今日はきりのいいとこまで行かないっぽいのでお休み頂きます

お尻様からのリテイク要求が厳しいお

息抜きにスーパーX2がBETAのレーザー級に無双する作品が書きたい
Gのあれを一万倍にして返せるんだからきっと無双できるはず

空を、駆ける(ただし陸上自衛隊所属)

てーんてーんててててーん♪(すぎやまこういち)

頑張るます

一ノ瀬様。しっかりお休みください。

それと創作意欲を折るようで申し訳ありませんが、そのアイデアは既にお手付きですよ。
因みにゴジラのいる世界の自衛隊がBETA相手に無双、帰ってからのオチまでついていた短編です。

>>396
マジっすか。
いや、書くまでもないなら読みたいです。
ぐぐって読むので何かヒントくださいw
妄想する時間を節約できますのでw


創作意欲というか、スーパーX2が大好きなだけなんですw

ローエングリンでもハイメガ粒子砲でも波動砲でも多分弾き返すぜ!でも流石にトールハンマーは無理だろうなあ。

てーんてーんててててーん♪

ちなみに以前どなたかにご紹介いただいたGX×種死はとても面白く読ませていただいておりますと同時にユウナがかっこいいので満足です。
一ノ瀬が種死ユウナ主人公を書くことは多分ないでしょう

いや、そこいらへんの情報を頂くことができただけでも凡将伝書いててよかったなあと思うのです

あ、今日も地道に頑張ってますよ?

>>397
ヒント:その作品は現在メンテ中で入れない某有名投稿サイトにあります。
サイト内で検索出来ますし、題名も見れば多分一発で解りますと思いますよ。
ですので、サイトが復帰するまでしばらくお待ちください。


おちゃらけた所を見せるけど二郎って基本的にめっちゃくちゃ重くて背負い込む情が深い人なんだよなあと。
恋姫キャラクター故の裏まではあまり考えない周囲の環境がそうしたとも言えますけど。

だからこそ喪失を恐るが故の堅実であり、先手を打って勝ち逃げする為の読めない奇手。
その人間が政治的にも必要であるからと深すぎる私情がありながら、それを押し殺して公人としての決断をできるってのは
政治100の能力がある孫権だからこそ心に響いてポロっといっちゃったくさい。
将としては姉に劣り、英雄の偶像としては妹に劣り、本人の力は結果がでにくく自信になりにくい政治力。
国の為に姉を追い落とすという決断を下さざるを得なかった孫権は二郎と相似形なのかも。

乙です〜
休憩は必要ですので〜


お尻様無双〜
これはあれですね、荊州に孫家で劉備一行が荊州に寄らないフラグですねw
政治100には期待ですね〜

ルイズちゃん実家にも余波がありそうだな……


漢朝建て直し&獅子身中の連中(一部だけど)駆除の行方は?
出来杉君の蠢動はあるのか?
美羽さまの入内は?

楽しみにしています〜

お仕事忙しくなってきました
ちまちま書きますが今日も怪しいです。
最近は瞬発力が息切れなのです
あと眠い

>>400
情報ありがとうです
ちょっと探してみます

>>401
うわあ、だいたいあってるw

>おちゃらけた所を見せるけど二郎って基本的にめっちゃくちゃ重くて背負い込む情が深い人なんだよなあと。
でも基本アホの子ですw

>だからこそ喪失を恐るが故の堅実であり、先手を打って勝ち逃げする為の読めない奇手。
ここへんはその通りですね。奇手については無意識でしょうが

>政治100の能力がある孫権だからこそ心に響いてポロっといっちゃったくさい。
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ!

>将としては姉に劣り、英雄の偶像としては妹に劣り、本人の力は結果がでにくく自信になりにくい政治力。
>国の為に姉を追い落とすという決断を下さざるを得なかった孫権は二郎と相似形なのかも。
こら、ネタバレは駄目って言ったでそ!

>>402
マジしんどいですw
お仕事あるのはありがたいけどw

>これはあれですね、荊州に孫家で劉備一行が荊州に寄らないフラグですねw
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ!って分かりますよねw

>ルイズちゃん実家にも余波がありそうだな…
はい

>漢朝建て直し&獅子身中の連中(一部だけど)駆除の行方は?出来杉君の蠢動はあるのか?美羽さまの入内は?
次回予告の煽り、ありがとうございますw



了解ー
だけどスーパーX2のやつはゴジラとかスーパーxとか書いてないですよ
チラ裏で出身世界とかで検索かけたほうがいいです

>>404
もちっと詳しくお願いします
マジ読みたいのでw


後、今日はもう寝ます。眠い。


あと10-15回の更新で反董卓連合は終わるはずなのになあ

一ノ瀬様にBETAに対するスーパーX2無双の作品の存在をお教えした件ですが、
対象サイトが復活したので確認したところ、詳細な戦闘描写がありませんでした。
スーパーX2を使用して光線級に無双したという描写こそありますが、それもわずかです。
無双シーンの描写をご希望だったようなので、かなり物足りない内容かもしれません。

期待を持たせるようなことを書いてしまって、大変申し訳ありませんでした。

>>410
いえ、ニコニコも含めてかなーりご満悦な一ノ瀬なのです。
そして確信しました。スーパーX2が量産の暁には、BETAなぞ物の数ではないと!

一万倍ですよ、無敵の怪獣王の光線を一万倍にして倍返しできるのですよ!

勝ったな……



でもオチとか色々と思う所はあるので黒木特佐に頑張ってもらうお話を書くべきでしょうか
いや、短編なんで数日で完結しますが

次にアルデバランに無双してもらって、最後がランス君。

ヒロインはマッドな。

ゴジラに思い入れないので黒木っつったら黒りんしか出てこなかったww

ttp://livedoor.blogimg.jp/smbno6/imgs/6/e/6ef29b4e.gif
しゃっとだうんかんりょう!

>>412
噂のヤングエリートを知らんと申したか

スーパーX2がもう一機あるか、ファイヤーミラーの予備があって換装できてたら普通に勝ってたわー
マジで無敵の怪獣王に勝ってたわー
つか普通予備くらいあるだろ……というw

>>413
予備を作ろうとしたら、予算という名の怪獣王よりも強い存在が立ちはだかったのかも知れませんw

>>414
ありそうですなw

でもそれはお金の使いどころを間違えてますなw
戦時国債でもなんでもいいからやっとけば勝てたのに……

ビオランテは知らん

うむ一之瀬様が書かれるのならばMOGERA無双とか書こうとしてたがいらぬな
お待ちしています

>>418
書いてよ!
お願いだよ!
いや、まじでw

「ねえ、二郎。最初ね。私、貴方のことが大っ嫌いだったのよ?」

くすり、と笑う孫権に紀霊は複雑な表情を浮かべる。

「やっぱそうだったんだ。いや、だってあからさまに視線が冷たかったし、なあ」

どうやら紀霊も腹蔵なくぶっちゃけるようである。なんと素直なことだろうかと孫権は思う。歯ごたえがないにもほどがある。だが、それがなぜか心地よく。

「ふふ、今となっては恥ずかしいけどもね。そう。貴方のことが嫌いで仕方なかったのよね……」

どこか遠い目で孫権は述懐する。
そう、孫権は紀霊のことが気に入らなかった。なにもかもが気に入らなかったのだ。
その血筋、集める信望、築き上げた実績、持てる富。なにもかもが気に入らなかった。

「なんで、私たちはあんなに困窮していたのに、ってね。実際、南皮の在り様には驚いたわよ。人も、物もあふれていて。
それで二郎はへらへらしてるんだもの。
うん、今思い出しても腹が立つから一つ殴らせなさいな」

「な、なんでさ」

狼狽える紀霊に孫権はぷ、と吹き出す。

「やあね、冗談よ。うん。冗談。
それに、結局は八つ当たりだったのよ。
何もできない自分へのいら立ちを二郎にぶつけてただけだったのよね……」

孫権は苦笑する。でも、その笑みは透きとおっていて、紀霊は目が釘付けになってしまう。

「あの頃の私は、とっても自分が不幸で、でも頑張っているって思ってたのよ。
ううん、私なりに一生懸命頑張っていた。頑張っていると思っていたわ」

それでも、思い知ったのだ。

「結局ね、私は次代の孫家を継ぐ者として大事にされてたのよね。それはありがたいと今なら思うのだけれども、ね」

何も分かっていなかったのだと孫権は思うのだ。あの頃の自分は。

「俺にゃあ、最初っから蓮華は眩しかったけどな」

ぽつり、と紀霊が呟く。
きっと。いや、間違いなく本音なのだろう。

「ふふ、ありがとうね。でもね、さっきも言ったけどね。結局自分に対する苛立ちを二郎に転嫁していただけなのよね。
それが分かるのが遅いっていう話もあるのだろうけれども、ね」

認めたくない、不都合なそれを真正面から直視したことこそが孫権の大器を証明している。

「思うの。私と貴方は、どこか、似ているって」


「思うの。私と貴方は、どこか、似ているって」

止まらない独白に孫権は内心戸惑いを覚える。そんなこと、誰にも言ったこともなかったのに。

「私は、どうってことのない人間よ。才能も、人望も姉さまに敵わないわ」

いや、それどころか妹にも及ばないであろう。そう、孫権は思うのである。

「身近に、才能の塊がいるって、しんどいわよね。どれだけ頑張っても、及ばないものね」

だから、自分だからこそわかる。自分にしか分からない。輝く才能に嫉妬し、あがき、それでも前を向くこと。歩みを止めないこと。どれだけのことか。
自分が孫策や周瑜。そして孫尚香に感じた劣等感。否応もなく悟る圧倒的な才能。そして華。幾度心が砕けたか。
そんな自分だからこそ、分かるのだ。

袁紹や曹操のような光輝を背負う英傑と渡り合う彼がどれほどの精神力で彼女らに食いついているかということを。
そう、孫権は紀霊がその実凡人であることを看破している。分かってしまっている。だからこそ。
そう、だからこそ。

「ねえ、二郎。私、貴方が、好きよ」

自分だからこそ分かる。自分にしか分からない。そう、直感が告げる。
だからこそ、その言葉を放った。

孫権はその感覚を刹那のうちに幾度も反芻する。
彼女は極めて理性的であり、衝動に身を任せることなどこれまでの人生で数えるほどもあったかどうか。

……そもそも孫家においては孫権のその性質は異端である。

母たる孫堅、姉の孫策、妹の孫尚香。いずれもが勘——内なる衝動、みたいなものと孫策はかつて口にしていた——というよく分からないものに身を、孫家の存亡を委ね、なおかつそれは正しくあったのだ。
そのような第六感、なんとなくのそれ。軍師がその脳髄を絞り上げた献策を無視するそれは、あろうことか最上の結果をもたらすのである。

そして、思う。いや、重ね合わせてしまう。

「貴方と私は、どこか、似ているわ」

大事なものをその手で屠り、なお前を向かねばならない。
そんな、孫権にとってこの感情は何だろう。
同情だろうか、それとも共感?或いは憐憫か。

それとも、これが、恋というものであろうか。

だとすれば何とも苦しく、重く、それでいて甘美なことか。
そしてなんとどす黒いことだろうか。

孫策や孫尚香への劣等感、そして姉の孫策、師であった周瑜を殺害したという業。
愛する者への暗い感情。そして排除したのだ。殺したのだ。
かつて自分が歩んだ修羅の道。それを紀霊は歩もうとしている。だから、自分なら分かる。いや。
自分にしか分からない。自分だからこそ分かるのだ。

なんともいえない顔の紀霊が、だからこんなにも愛おしい。

「ねえ、二郎。私、貴方のことが好きよ」

「ねえ、二郎。私、貴方のことが好きよ」

重ねて、言う。
一体いつからだろう。いつから自分はこの青年に心を奪われていたのだろう。今、この瞬間なのだろうか。彼と自分を重ね合わせた時か。それとも姉とその親友を屠った時か。袁家の内乱に乗じた時だろうか。それとも、出会ったその時からなのだろうか。

「うん、私は、二郎が、好き」

内から沸き起こる衝動。波濤となり押し寄せるそれを感じながら孫権は微笑む。
孫家の女は皆このような激情に囚われているのだな、と苦笑する。
そして、舞い降りるこの天啓はもう二度と自分の人生には訪れないだろうという不思議な確信がある。
なら、きっとこの青年こそが自分にとっての運命。いや、天命か。

「ねえ、二郎。孫家の当主って言ってもね。私、何も持ってないのよね……」

孫家を受け継ぐ証、南海覇王。或いは孫子の兵法書。
いやさ、身に纏う衣服に至るまで自らのものは何もない。
だから。

「だから、ね。
 二郎にあげれるものって、私、持ってないのよ」

ただ、一つを除いて。

「だから、私を、あげるわ。
 それくらいしか、私にはないもの」

だから、泣かないで。だから、そんな顔しないでよ。

重ねた唇は熱く、そこから全身に電流が。そして熱が伝わっていく。
くしゃり、と歪んだ紀霊の表情が官能を呼び起こす。
触れ合う肌からもたらされる熱に酔い、耽溺する。

身体を貫く塊によがり、爪を立て、悦楽に狂う。

染められていく。

何故か、そう、思った。

本日ここまでー

ねじこんできやがったぜ、誰が何をとは言わないがw

明日は一応お休み頂く予定です

ちちしりふとももー!

尻!

おっと間違えた、乙でしたww
そして何という、しりしり、ふとしり!
子種√はないって言ったの嘘じゃないですかヤダー!
Basesonから初代人気No.1キャラ蓮華をフィーチャーした『尻姫†無双』が発売される日も近いな。

乙です。
ああ、なるほど。
嫉妬だったんだ…
うん。なんかストンと落ちた。

乙です
ヤバイわ……引き込まれる

乙です。

とうとう蓮華と結ばれましたか。まぁ好感度で言えばむしろ遅かったくらいですね。
……それにどうやら孫姉妹のコンボは成立しなかったようです。
後の問題は側付きの彼女ですね。鈴を鳴らしてぇ奴がぁ来るぅ〜わけです。
……お後がお寒いようで。


ヤンデレ・・・いや演技か?ともあれ蓮華に攻略されちゃった二郎ちゃん、文字通り尻に敷かれるのでした

乙尻!

逸般人に囲まれる苦労ってあるよねぇ
まぁクリリン(地球人最強)から見るサイヤ人集団
みたいな感じかも試練がww


悲しいけど、彼女は政治100なのよね…



リミットオーバー、ブレイクダウン
どうしようもない蒸熱

そういえば、二郎って胸部装甲には反応するけど、ビキニアーマー的な格好には反応しねえのな

そういやこの人ガチだったね……少なくともできるだけ酒を飲ませないようにしないといろんな意味でアカン。

乙です〜

お尻様って政治100だからね〜
派手さは無くてもね、凡人ではないだろう〜w
まあ、孫家では地味かもしれないけど、地味様よりは…

乙ですよ

あれ…お尻様何しにきたんだっけ…w

まあステータスはうちらしか知らないから明らかに目に見える武とか知とか第六感がないと劣等感抱くのは仕方ないですよね。
しかし呉の主従2人の愛し方はなかなかキテますねえ。
さて二郎ちゃんはどうなることやら。

俺の嫁がぁぁぁぁ

二郎ちゃんもげろ
そして爆ぜろ

飲み会で今帰宅したので今日お休みいただきます

お風呂入って一服して余裕があったらレス返し(多分できない

お尻様については、本当に難産でした。
ぼんにゃりと書いてたら何度もリテイクしてきました
これだから100持ち書くの大変なんだ!特に政治!

さて眠いです(いつもの挨拶)
日付変更線をご参考ください

>>424
>そして何という、しりしり、ふとしり!
だれがふといねんw

>子種√はないって言ったの嘘じゃないですかヤダー!
そんなこと言ったっけ(棒)

>>425
>ああ、なるほど。嫉妬だったんだ…
>うん。なんかストンと落ちた。
納得して頂けたならよかったー
麗羽様ともはおーとも違う、そういう面を描写できていたならば、よかったです

>>426
ありがとう!ありがとう!
珍しく幾度もリテイクしただけに嬉しいです

>>427
>とうとう蓮華と結ばれましたか。まぁ好感度で言えばむしろ遅かったくらいですね。
好感度を高めるまでの過程といい、最難関な恋姫の一人でした
その分丁寧に二人の関係を、周りと含めて描写できたのかなあと思っています。
んで、本当は好感度高くても……という風になりそうだったのですが、驚きの政治力でした
外史の観測者の介入をこれでもかと叩きつけてきたのでこうなりました

>……それにどうやら孫姉妹のコンボは成立しなかったようです。
長女がなー
長女が揃えばコンボでしたが、お尻様関連コンボはまだあります
はい、ちちしりふとももということですね。あと一人、が遠いw
残っているコンボはそんなんばっかw

>後の問題は側付きの彼女ですね。鈴を鳴らしてぇ奴がぁ来るぅ〜わけです。
一応、ふんどしさんについてもお尻さまが相当出番をねじ込もうとしていますがどうなるでしょうねえ

>>428
>ともあれ蓮華に攻略されちゃった二郎ちゃん、文字通り尻に敷かれるのでした
おあとがよろしいようでw
でもまあ、ほんと、長かったなあと思うのですが、どう?

>>429
>逸般人に囲まれる苦労ってあるよねぇ
>まぁクリリン(地球人最強)から見るサイヤ人集団
まさにそんな感じっすねw

>>430-433
政治100、とはいってもそこに至るまでに色々ありました。
政治100というのは、凡将伝において不在の位置でした。ぶっちゃけ誰がそうなるか未定だったのですが……(初期餡でははわわ)
ただ、お尻様は持って生まれた才能というわけではなく色々と作中で成長していきました。それは恋姫本編でもそうだと思うのです
恋姫無双という作品で、作中にて成長というのがきっちりと、魅力的に書かれているのは彼女なんだろうなあと。
なので、はわわとか桃さんとか恋みたいに持って生まれたものではなく。泥臭く積み上げ、挫折も、辛い思いもしながら掴みとったものだと思います

まあ、玉璽持ったら政治100になるけどな!

>>435
>そういえば、二郎って胸部装甲には反応するけど、ビキニアーマー的な格好には反応しねえのな
ビキニの胸部分が……というぼけは置いといて。
おヒップも好きですよ?でもどうしても目を奪われるのは。というお話ですね。気軽に撫でるならお尻なんでしょうけど

>>437


>>438
>お尻様って政治100だからね〜。派手さは無くてもね、凡人ではないだろう〜w
前述しましたが、生まれ持ってのモノではないということでひとつ

>まあ、孫家では地味かもしれないけど、地味様よりは…
言うてはならんことをw

>>439
>あれ…お尻様何しにきたんだっけ…w
ちょっと荊州をおねだりにw

しかし時系列が狂うと台無しだな

>まあステータスはうちらしか知らないから明らかに目に見える武とか知とか第六感がないと劣等感抱くのは仕方ないですよね。
はいw 今回一番その通りです
タイトルもそうですが、メタなこと分かるキャラはほぼいませんw

>しかし呉の主従2人の愛し方はなかなかキテますねえ。
勿論穏も書きたいのですがねw

>>440
久しぶりにもげろ爆ぜろをいただきました。ありがとうです。




今日は多分もちっとちちしりふともも、かな

ちちしりふともも! 代行物

荊州をおねだりでもらっていくとは、なんと言う傾国の美女

渡した方が利になるって辺りが政治100である
困ったお尻様だ

勢力圏を安定化させることで忙しい袁家にとっては皆が欲しがる荊州を自分から手放すっては良策なんだよなあ。
皆が暗躍するそこを政治100で戦争にならないように抑えきる代わりにそこから上がる収益は呉の為にする。
中央の伝手にもなる。良い統治をすることで他所に取られても不満ばかりにする。実にwin-winの関係。

ただまあヤンデレ酒乱でここまで入れ込んでいるお尻様に取って二郎の重さは国よりわずかに軽いぐらいで
それが二郎の手助けになるように動いているのは否定できない。絶対に等しくはならないだろうけど。

孫策「尻一つで荊一州だとぉっ!?」

>>447
その辺は個人の感情と公人としての利益を両立させた政治100の為せる技とか?w

昨日はお察しの通り寝落ちでした
んで、記憶がなく、書いてたはずの文章を保存してなかったんですよ
そしたら、ワードすげえ。
保存してなくても復旧できたので今日は大丈夫(フラグ)


>>444
代行者ということでアンデルセン神父やらシエル先輩を連想しました

>>445
いや、一応高度な政治的取引だし!

>>446
>渡した方が利になるって辺りが政治100である
win-winですよw

>困ったお尻様だ
全く困った感じがしないw

>>447
>勢力圏を安定化させることで忙しい袁家にとっては皆が欲しがる荊州を自分から手放すっては良策なんだよなあ。
そうなんですよねw

>中央の伝手にもなる。良い統治をすることで他所に取られても不満ばかりにする。実にwin-winの関係。
さすがお尻様、ということですね。伊達に初代人気ナンバーワンじゃないぜ

>ただまあヤンデレ酒乱でここまで入れ込んでいるお尻様に取って二郎の重さは国よりわずかに軽いぐらいで
>それが二郎の手助けになるように動いているのは否定できない。絶対に等しくはならないだろうけど。
公私混同はしません。お尻様真面目だから。でも>>449の指摘する通り、両立させようとするんだろうなあ、と

>>448
尻だけちゃうでw


>保存してなくても復旧できた

それはよかったですね。
自分は以前半日かけて書いたレポートが復旧できなかったこともあるので、羨ましい限りです。
ああ、Officeを新しくするべきなのだろうか・・・

陸遜は控え目に言って上機嫌であった。孫権がもたらした情報。それは千金に勝る。
まあ、彼女としては主の不器用なその慕情に進展があればいいなーくらいの軽い気持ちで送り出したのだが、思いもよらない収穫があったのだ。

なんとなれば、紀霊は明日未明に禁裏に——こともあろうに、だ!——討ち入り、宦官を根絶やしにすると言う。

それを聞いた時に陸遜は彼の激情を浴び、達してしまったほどだ。無論本人視点ではおくびにも出さなかったのではあるが。
やはり、いい。彼は、いい。そう彼に言えばぶすりとした、或いは殺伐とした視線をくれるであろう。それを夢想し陸遜はぶるり、と身を震わせる。

無論、目先の悦楽に耽溺なぞしない。それよりも、主の持ち帰った情報を引き出していく。自分が練り上げていた策をそれで補強していく。

「これが、禁裏の見取り図だそうよ。明命、此度の貴方はこれまでになく重要な任を背負うわ。陛下の身柄、きっと守りなさい。いいこと、死守、なさい」

是、と明るく応えて周泰は瞬時にその身を躍らせる。
文字通りその場から消えたように孫権からは見えるほどの穏行の術。それははかの張勲——袁家の闇を一身に背負う張家の最高傑作——をして自分が及ばぬことを認めざるを得ないほどに隔絶したもの。つまり実質中華最高ということである。

「でも、驚いたわ。まさか二郎が、ってね。随分思い切ったものね」

苦笑する孫権にこれまでなかった艶を嗅ぎ取り陸遜はぺろり、と唇を舐める。なるほど、思いを果たされたか、と。無論そのようなことを口にしたりはしない。

「ええ、私もぉ、驚いちゃいましたぁ。やっぱり二郎様は、最高ですぅ」

うっとりとした声色を今は隠そうともしない。その表情は恍惚。しかしてその思考は澄み切っていることを孫権は知っている。この状態の陸遜こそがその本領を発揮するのだ。

そして陸遜は主に問う。そのことを誰が知っているのか、と。

孫権は応える。袁家の他は公孫のみ、と。

「ふふふ。素敵……。二郎様……素敵ですぅ。そんなにも研ぎ澄まされた殺意、確固とした意思。そして、誰でしょうねえ。そこに策を乗せてくるのは……。絡み合う激情と打算……」

ねっとりとした牝の色香。可視化できそうなそれを発しながら陸遜の思考はさらに澄み渡る。

「恐いですねえ、袁家の軍師は」

くすくす、と桃色に白い肌を染め上げながら陸遜は謳うように呟く。

「極端な話、此度の戦は袁家単独でも勝てるものでした」

動員される兵力、それを支える兵站。そして埒外の攻城兵器。

それらを御する頭脳。そして覚悟。

「袁家は、これまで北方の防壁としてひたすらに漢朝を守護してきました」

かつての匈奴戦役に於いては配下の四家の当主三名が討死し、南皮の防壁まで迫った匈奴に対し、袁家当主たる袁逢自らが弓を手に奮戦したのだ。まあ、徒手空拳で匈奴を蹂躙した不敗と異名をとる軍師については置いておくとして、だ。

「ですから、此度の出征は痛恨と言っていいでしょう。
本来、漢朝の中枢に関わる意思はなかったのです。袁家は」

だが、此度は違う。出兵を、関わらざるを得なかった。なんとなれば。

「袁家にとって宝は人。二郎さんはおっしゃっていました。人は城、人は石垣人は堀、と」

だから、その人財を散らした存在を許さないだろう。
だから、その根源を断つのだろう。そして。

「邪魔になるであろう存在も排除してやろうというのは恐らく周囲の思惑でしょうねえ」

程立か、いや、この打ち筋は未知なれば郭嘉か。

「何進大将軍の号令によって諸侯は黄巾討伐の為に私兵を蓄えることを半ば許されました。ですが、漢朝からすればそれは中央集権に打ちこまれた楔のようなもの。
そう、それをいっそこの際に。兵力に自信のある諸侯軍を集めて一網打尽」

なんとまあ、大胆なことか、と陸遜は思う。
ある意味二正面作戦。しかしてその実は各個撃破。

「文家、顔家は諸侯軍の中心を受け持つでしょう。そこからは流動的です。公孫は恐らく馬家当主たる馬超殿が動いた時に対する押さえでしょう」

袁家以外で最も恐るべきは馬家。その涼州騎兵の精強さは語るまでもない。
そして孫家の役割とは。

「曹家軍。宦官勢力を根絶やしにされて困るのは曹操さんですしねえ。そこに対する押さえは我ら孫家軍の役割としては、美味しいですねえ」

にんまり、と肉食獣の笑みで陸遜は呟く。

「そう。きっと私たちが叛しても平然と受け止めて撃滅したのでしょうね。でも、私たち孫家は袁家に、二郎に賭けてるものね。曹家軍を受け持つのは悪くないわ」

そして、と孫権は問う。

「で、曹操に勝てる?」

その問いに陸遜はくすくすと笑う。

「無理ですねぇ。とても勝てません……」

ですが、と。

「勝てないまでも……負ける気はしないですねえ……」

なんとなれば、曹操の打ち筋は先の戦いで味わっている。細かい奇手はあるだろう、それでも大筋は掴んでいる。ならば如何様にも受けきって見せる。

そして、と陸遜は笑う。

「孫家の負けとは何かということですねぇ」

孫権は頷く。
孫家にとって負けの定義とは何か。それは幾度も眼前の腹心と話し合ったことである。
そして、孫権と陸遜がその身を散らしたとしてもそれは孫家の敗北を意味しない。

孫家の当主は孫尚香が、その補佐は黄蓋と呂蒙がこなすであろう。
人財の分厚さこそが孫家の強みなのである。
まあ、孫権も陸遜も曹家軍との戦いでその身を散らすつもりはない。ないのだが。

「思春、頼りにしてるわよ」

視線を向け、死線の頼りとする甘寧が頷く。

甘寧は元江賊である。
そこに後世に語られる大航海時代の海賊のように煌びやかな意味合いは全くない。
ただ、食べるものがないから奪って食いつないだ。其れだけの話である。
勝って生き延び、負ければ縛り首が江賊の運命。

そうして捕えられた自分を孫策はあっさりと解き放った。その方がおもしろそうだと。やる気があるならばその武で孫家に仕えろ、と。
最も、飽きっぽい孫策のこと。数日も経たぬうちに甘寧のことなぞは意識の外においやられていたようであるが。
所詮は江賊と蔑まされるのも想定内。よくて飼い殺しであろうと覚悟していた。

だからこそ、そのような自分に軍功の機会を幾度となく与えてくれた主——孫権——には無私の忠誠を誓っているのだ。

だから、狂えと言われれば狂うし、死ねと言われれば喜んで死ぬ。
なれば、孫家の命運を握るであろう戦場を任されるなぞ望外の喜びだ。
戦場のカリスマたる孫尚香も、孫策からも信頼の篤かった周泰もいない戦場。主とその腹心の寄せる期待と信頼に甘寧は心を燃やす。

「は。一命に代えても」

命のやり取り、潜った修羅場。こと場数において、甘寧は中華でも屈指である。
その用兵のしたたかさは黄蓋が賞賛するほどなのだ。

なに、どうということはない。

孫家が誇る軍師が負けることはないと断言しているのだ。

ならば、と甘寧は怜悧な表情を一層引き締め、意識を研ぎ澄ます。

ちりん。

僅かに身じろぎし、響く鈴の音。
その鈴の音を無駄にはするであろう。

それが、なぜか悲しかった。

おぃぃ、悲しい鈴の音とか糞でっけえ死亡フラグ立てんなよぉ。
鈴の音鳴らして死亡はVガンダムだけでいいんだよぉ。

だから陸遜に経験値を与えるなと……

乙です〜

お尻様の艶…
たまりませんな〜w
元々、経験不足と気負いすぎからの視野の狭さが問題だったけど、玉璽補正が無くても著しく成長しているからね〜
何気に、袁家内のバランス的にも、孫家って二郎ちゃんの嫁候補としては有力な気がw


馬家は、家としてより翠の単独での暴走が怖いですね〜
軍としてはたんぽぽがある程度制御しそうな気はするし
曹家は、はおーが何処に利を見るかでどう動く判らないのや、駒が揃っているだけに馬家よりよっぽど不気味かと〜
それだけに、孫家がそこを上手く抑えると働きは大きいでしょうね〜
しかし、この孫家の働きをある程度読んでいないとこの手は打てないだろうから
そう考えると、稟ちゃんの凄さが判る気がしますね〜

そして、地味様はここでも名前だけの出番で終るのね〜

しかし、最後の盛大なフラグ臭が気になって仕方がないのですが……………

>>451
仕事でのエクセルは無理でしたw
こまめな保存マジ大事ですねえ……

>>454
>おぃぃ、悲しい鈴の音とか糞でっけえ死亡フラグ立てんなよぉ。
そこに気づくとは……やはり天才か
まあ、どうなるかは全く考えてないので。多分はおー次第じゃない(てきとう)

>>455
めきめきと強くなってますw

>>456
>元々、経験不足と気負いすぎからの視野の狭さが問題だったけど、玉璽補正が無くても著しく成長しているからね〜
そうですねえ。まさかこうなるとは。空気で終わるのかなあと思っていたのですが

>何気に、袁家内のバランス的にも、孫家って二郎ちゃんの嫁候補としては有力な気がw
確かにw

>馬家は、家としてより翠の単独での暴走が怖いですね〜
安心の翠の信用の無さw

>曹家は、はおーが何処に利を見るかでどう動く判らないのや、駒が揃っているだけに馬家よりよっぽど不気味かと〜
とりあえず激昂はしそうですがね。どうすんだろう

>稟ちゃんの凄さ
進むも稟ちゃん、退くも稟ちゃんなのです

>そして、地味様はここでも名前だけの出番で終るのね〜
ワリをくってるというのはありますねw
全部書いてたらほんと、終わらないw

>最後の盛大なフラグ臭が
大丈夫、フラグ建築士がいるよ!

うむ、眠いので今日はお休み頂きます
ちまちま書き溜めします

うーす頑張ってくだせえ

おやすみなさいませー

おやすみー。
宦官粛清ははおーの不興を買うのもそうだけど漢王室の式典とか行事関係のノウハウありったけなくなるのは痛いかもしんない。
あとは恋姫のみの問題として数少ない男性の高官への道が減ることかなあ。
明らかに女性武将・軍師へのブーストかかってるし男性武将・軍師は出世しにくいはず。

まあぶっちゃけ高位である袁家とは無理やり作った虚飾の部分以外には然程差があるとも思えないし、
無駄な費用がかからなくていいかもしれませんが。
どーしてもいるのは各地の測量図とか納税の記録とか不正の証拠とかですしねえ。

乙〜。
それでもはおー様なら少ない情報から何だかんだで察して既に手を打ってて孫家の備えを肩透かししてニヤニヤ…出来ませんかねえ?

翠はどう動きますかなー。別に戦後の利益には興味無さそうだし、宦官は悪だと思ってた…っけ?
とにかく人と話す事を覚えたのだから情報収集に動いて欲しいですな丁度白蓮殿の辺りに

>>459
がんばる

>>460
今日もねむいけどがんばうい

>>461
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ!

まあ、そこいらへんはきちんと考えてはいます

>>462
はおーはどう動くかなあ。まだ出番じゃないからなんも考えてないのよねえ
翠は……どうだろな
地味様に活躍してもらいたいけど、翠は単細胞だからして・・・

「なるほど、明日、か」

劉協は嘆息する。
至尊の座に座るのも明日が最後と思えばため息も漏れようというものである。
とはいえ、偽帝として討たれるという心配はない。袁家からは内々に陳留王として政務に携わって欲しいという打診を受けている。
まあ、劉弁は愚鈍にして惰弱。洛陽に攻め寄せたという後ろめたさもあるのであろう。皇族、それも優秀な皇族が支持するというのは袁家にとっても益があるということであろう。そしてそれは目の前で持参した美酒を楽しむ男にもあてはまる。
皇甫嵩。清流派の首魁にして禁軍を掌握する重要人物である。彼が禁軍を握っているからこそ朝廷は平穏を保っていると言ってもいい。

「ま、仕方ないね。想定内の事態ではあるし、ね」

軽く肩をすくめる皇甫嵩。彼も袁家より三公の座を約束されている。戦後は現状よりもその影響力は大きくなるだろう。

悠然と酒杯を干す。その所作に劉協は湧き起こっていた焦燥を噛み殺す。まだ、皇甫嵩と遣り合うには早い。だが。

「陳留王たるわが身、宦官、そして清流派の首魁たる貴殿、か。
天下三分とはよく言ったものだな」

時さえあれば皇族たる自分が敵対する二者を圧倒するのは自明の理。劉協にとって時間は味方なのだ。
それを思えば喉を潤す酒精が甘露に思える。いや、実際に銘酒なのであろうが。

「そうだね、僕もそう思う。なるほど、天下を三分にすれば即ち三竦み。容易に動けるものではない。見事、さ。誰が考えたかは知らないけどね」

ぐびり、と皇甫嵩は杯を干して笑う。

「その一角、宦官は明日未明に誅されるよ」

「な!に……?」

劉協は言葉を喪う。
何を言っているのだ皇甫嵩は。そんなことができるものか。

「どうやら袁家は宦官という存在を許さないみたいだねえ。いや、怖い怖い」

くすくすと笑う皇甫嵩。

「き、聞いてないぞ!朕は聞いてないぞ!皇甫嵩!」

「そりゃそうさ、言ってないからね。そして朕とか言うなよ見苦しい。
君は結局偽帝さ。それを認めるのがそんなに嫌かい?」

劉協は言葉を失う。これまでそのような無礼な言葉を聞いたことはない。なんとも不敬か!

「貴様——あ、ぐ、ぶぼ?」

ごぽり、と湧き出る真紅の塊に劉協は言葉を喪う。物理的に。
これは、なんだ。何故、どうして。どうして赤く、染まっているのか。

「まあ、そういうことさ。天下を分ける必要はない。乱れたその後は余計にね。だから、ゆっくり休んでくれたまえ。そして天下はきちんと僕が預かるからさ」

くそ、総取りかと劉協は血を吐きながら目の前で悠然としている男を睨む。せめて、呪われてあれ、と。

「ふふ、負け犬が吠えることもできずに倒れ伏すのを見るのは中々いいねえ。それも特等席ならなおのこと、ね」

宦官勢力が撃滅されたならば敵対するは劉協。そしてあの何進が恐れた才能とまともに組み合うほど皇甫嵩は愚かではない。そして、天下三分。そのうち二つが失われたならば。

「くく、そうさ。ようやく天は相応しい人物へと転がり込むのさ」

計画通り、とばかりにその秀麗な顔を歪めて皇甫嵩は笑う。

「ただまあ、駒が足りないというのがねえ」

文武共に配下の人材については物足りないというレベルではない。
清流派、とは言え実務に耐えうる人材の少ないことよ。
ことに軍を率いることのできる人材なぞ。

「いいさ、当てはあるしね」

細工は流々。皇甫嵩はにまりと笑い、室を後にする。
残された劉協は虚空を睨み、その無念を全身で表していた。

ものそい眠いので本日ここまでー
感想とかくだしあー


アホだな、偽帝とはいえ帝は帝なんだぞ。自分から大義名分を捨ててどうすんだ
まあこっちとしては皇甫嵩もついでに始末出来るから願ったり叶ったりなんですがね!

乙です

>ようやく天は相応しい人物へと転がり込むのさ
「僕は新世界の神(天)になる」ってことですかね?
これだと皇甫嵩はAAの月と同じような最後を迎えそう

乙ですー。
あれま戦の重要参考人の一人があっさり死んでしまった。劉協さん脇が甘い甘いよチョコレートより。毒殺は警戒せな
前から悠長な思考だとは思ってましたが結局実力を抱え落ちしましたな。勿体ないですなあ一緒に沈んだ情報が

計画通りさんは影武者でも立てるつもりなのですかね。

Lを殺した時の月さんの顔をすっと思い出してついついワロタ

乙です。

……何だか部活で秘密兵器だと言われていたが、結局最後まで試合には使われなかった。
そんなやるせなさを劉協からは感じますね。
それに皇甫嵩についても、鬱メーカーの李儒が用無しと判断して切り捨てそうな気がしますね。
そして全てを二郎に押し付けて、主家である袁家の名声を地の底へと突き落とす。
それくらいは平然と仕掛けてきそうです。


劉協は最初から弟にぶん投げとくべきだったねえ
知恵や才覚いかすにゃご大層な地位より身軽な方が良いのさ
とりあえず合掌

乙です〜

ここでそう来ましたか〜
誅殺あたりでドサクサはあるかな〜と思っていましたが
皇甫嵩ならその責任を袁家に擦り付けるぐらいやるだろうと思ったので〜
しかし、毒殺の漏れ方によっては皇甫嵩が不利になる可能性もある訳で
その辺りが、細工なんだろうね〜

袁家がこの辺りどう読んでいるのか、読んでいないのか
稀代の軍師群なので、何らかの手を打っていないとはずが無いと
二郎ちゃんの専属の黒い軍師とか、禁裏に潜入している猫好き美少女とか居るしね〜

皇甫嵩の駒のあてって、暫く出番の無かった彼女とかですかね〜
あ〜、まさかの彼らご一行とかもあるのか〜
しかし、詠ちゃんの件があっただけに、色々やるせない気分になるな〜

乙です

え、あれそうしちゃうの?ってのが素直な感想です。出木杉君結局見せ場なかったね。あとその三すくみはすごく狭い視点でしょうに…まあもう終わった話
これって明日乗り込んできた袁家がやったってことにしたいんだよねきっと。本来は禅譲とかも考えてたはずだしさてどうする。つーか情報漏らしたの誰や…



別に、キラさんに「天下」とらせてても良くね
あの人、執念がヤバいけど相手より1ミリでも上と思ってれば(他のキャストと比較して)大人しいし
下への統制も強いから、知力同格以上が複数いれば方向修正できなくもなさそう

ヒャッハー根絶やしじゃあ!

二月中に反董卓連合終わらない疑惑浮上
なんというスキャンダル

>>466
これからどうなるか、ねえ

>>467
>「僕は新世界の神(天)になる」ってことですかね?
はいw

>>468
>前から悠長な思考だとは思ってましたが結局実力を抱え落ちしましたな。勿体ないですなあ
もっと活躍するルートもあったんですがねえ・・・
惜しいことしたかもしらんけどしかたないね

>>469
大いに笑ってくださいw


>>470
>……何だか部活で秘密兵器だと言われていたが、結局最後まで試合には使われなかった。そんなやるせなさを劉協からは感じますね。
すごくそんな感じがしますねw
劉協については、劉備勢力と組めばもうちょっと……というか活躍がえらいことになってたはずなんです
惜しいことをしたかもしれないなーなどと思いながら

>>471
>劉協は最初から弟にぶん投げとくべきだったねえ
無能な弟に任せてられない!そういうことですね

>>472
>ここでそう来ましたか〜
そうなってしまいました

>皇甫嵩ならその責任を袁家に擦り付けるぐらいやるだろうと思ったので〜
そりゃそうですよねw

>袁家がこの辺りどう読んでいるのか、読んでいないのか
作中対応できるかなあ

>皇甫嵩の駒のあてって、暫く出番の無かった彼女とかですかね〜
多分あの人です

>しかし、詠ちゃんの件があっただけに、色々やるせない気分になるな〜
そう言っていただけると冥利です
詠ちゃんは、ねえ。。。

>>473
>え、あれそうしちゃうの?ってのが素直な感想です。
ほんとにねえ。もっと色々活躍すると思ってたんですけど……

>その三すくみはすごく狭い視点でしょうに…
結局洛陽の、もっと言えば宮中が天下なのですよね

>>474
>別に、キラさんに「天下」とらせてても良くね
そこに気づくとは、やはり天才か……







ねむいのでごめんして

どうやら今月中に反董卓連合は終わらないようです

今月の頭にあんなフラグを立てるから・・・
いつまでもお待ちするので、一ノ瀬氏に無理のないペースで進めてください。

あれだけ風呂敷を広げればそりゃあ終わらないというか事後処理の時点で
平和を維持するための戦が始まっているようなものですからねえ。

それにしても井の中の蛙大海を知らずしていなくなりにけりって感じでしょうか。
こう秘蔵しすぎてそのまま錆びてしまった中途半端な武器というかなんというか。
世間を知っていればもっと強かになれたんでしょうけど残念無念来世に期待ですね。
さてこれでのび太の方が表に出るようになって、美羽様も表に出る?のかな。

今日は頑張る

>>477
いや、本当は去年中に反董卓連合終わらせるつもりやってんて!
今から思うとどうしてそれができると思っていたのかと

>>478
風呂敷広げたつもりはないですが、お話はきっちり畳まないといかんなあとあれこれ奔走している感じですね
エタルのはなさそうです

>こう秘蔵しすぎてそのまま錆びてしまった中途半端な武器というかなんというか。
あれですね、ラスボス倒してもラストえりくさーとか世界儒のしずくとか残しているよな……

一応エンディングが少しずつ見えてきたような気がします

世界儒のしずく……儒子絞り……最近めっぽう影の薄い儒子軍師二人の雫……まで連想した

「陛下、お目覚め下さい。
 陛下……」

周泰は穏やかで、それでいて目指す相手にしか伝わらないという特殊な発声方法で目の前の、健やかな眠りを貪る少年に声をかける。

「んー、なんだい、もう朝なのかい?もうちょっと寝かせてくれよ、まだ暗いじゃないか」

それに、と。
自分は陛下と呼ばれる立場にないから起きる筋合いはないと軽く主張したと同時に寝息を立て始める。

「ど、どうしましょう……」

禁中の奥の奥。後宮より更に奥にある離れの一室。そこまでの道のり、その厳戒を潜り抜けるよりもこの、今の状況をどうしていいか分からずにあたふたと狼狽える。

「なんだ、僕を殺しにきたのじゃあないのか」

不意に目前で寝息を立てていた少年——劉弁——は声を上げる。

「お、起きていらっしゃったのですか!」

驚くのは周泰である。彼女からしても完全に寝入っていたはず。それが擬態ならば驚くべきものである。

「ううん、寝ていたよ。この上なく安らかにね」

面倒くさげに劉弁はぼそり、と。
曰く、何進が誅されてからこの方、いつ殺されてもおかしくないような空気。その中で過ごしていたというのだ。故に、安らかに眠れたのだ。それら不埒な塵芥を周泰が人知れず駆逐したのを——夜が明けて死体が発見されるまでは露見しないはずであるのだが——この少年はなんとなく感じ取っていたのであろう。
いわば小動物の生存本能にも近しいそれ。だが、それを身に付けてしまうというのがどういう状況下であるのだろうか。
周泰は言葉を失ってしまう。

「で、お姉さん。僕は用無しになって殺されるってわけじゃないんだよね?」

その声に周泰は自失していた意識を引き戻して慌てて応える。

「は、はい!勿論です!陛下の御身を守護するべく使わされて参りました。
 陛下のご宸襟を騒がせ……」

「なら、それでいいよ。それで、僕はどこかに逃げるのかい?」

「いえ、外に出るのは却って危険です。臣がこの身に代えても御身を守護奉ります」

そうかい、と気安く劉弁は頷き。

「なら、もう少し寝かせてもらうよ。どうにも最近は寝たりなくっていけないよ。
 じゃあね、おやすみ」

言い終えるとほぼ同時に湧き起こる健やかな寝息に周泰は目を白黒させる。

周泰は知らない。これが劉弁なりの保身術。それは何進に仕込まれた保身術。
徹底的に無能で、無害であることで魑魅魍魎の跋扈する宮廷をただ、浮揚することで生き残る保身術。それを遣り切る、ある意味での強さ。

そして、日が中天に昇り、すべてが終わり。それでも劉弁は呑気に惰眠を貪っていたのである。

そう、惨劇、阿鼻叫喚。これから起こるそれらを全て認識せず。劉弁はただひたすらに眠るのだった。

見取り図もあったので明命はあっさりと劉弁の身柄を確保したようです
そんでもって、後は無双ですね
明日は多分例のアレ

ちょっと短いけど本日ここまでー

感想とか下しあー

さすがのび太、ゼロコンマ93秒で寝られる能力は伊達じゃないぜ!ww
もうひとつの特技である射撃が生かされる日は・・・・来ないんだろうなぁ・・・

そしてさりげなく俺TUEEしてる明命ちゃんマジかわあああ



マジしんどい

>>480
パタリロでのネタを思い出しm最多

トマジュー→トマトジュース
ミカジュー→みかちゃんのなにかを搾った汁

なんかそんな気持ちです

>>483、484-488.490-491
劉弁の出番少ないのにw

色々ありまして今日がんばります


お風呂壊れたのでその修理の立ち合いでした
優しいお言葉ありがとうございます
でもねむいのもほんとです

どう考えてもきりのいいとこまでいかないので今日はお休み頂きます
ちまちま書き溜めていきまする

んで、明日もお休み頂きます。
ごめんなさい。これもみんな年度末と不況ってやつが悪いんだ。頑張れあべのみくす。

なので、出番優遇のアンケートを久しぶりに。
反映はかなり先になりますが。
ほら、関羽さんもまだその影響が作中に反映されてませんしw
多分反映されるのは次スレくらいになるんじゃないかなあという、根回しというか、仕込みたいなもの?
ほんのりと展開が変わったりすることもあるかもしれません

・元祖おっぱいマウス(ヒント:無印メインヒロイン)
・子連れおっぱい
・ネコミミモード
・はおー来襲者
・メイン軍師来た!これで勝つる!
・鼻血とメガネ
・蝶のように舞う
・地味様の憂鬱
・失禁馬超
・ここにいるぞ!
・幼女同盟
・ちちしりふともも

期限は2/28の15:00まで
ひとこと(でなくてもいいですが)見たいシチュエーションとかあったら臆面もなくいただいたりするかもしれません

なければてきとーに振るうダイス(大理石製)が火を噴きます

2、3週間くらいかかってようやく追いついた。取り敢えず一言。すげー面白いです。そんなわけで一之瀬さん、そしてジローちゃん最後までがんば。

ご自愛を。

大理石製ダイスが気になります。
アンケは蝶のように舞うで!

15:00を経過したのでとりあえず集計
間違ってたらゴメンネ

・元祖おっぱいマウス 4票
・子連れおっぱい 0票
・ネコミミモード 2票
・はおー来襲者 4票
・メイン軍師来た!これで勝つる! 2票
・鼻血とメガネ 2票
・蝶のように舞う 2票
・地味様の憂鬱 2票
・失禁馬超 3票
・ここにいるぞ! 5票
・幼女同盟 1票
・ちちしりふともも 0票

デッドエンドさんが息をしていない件
でも、難易度の修正はせずにいきます
外史の観測者の皆さまが頑張ってぬるげーになったからといってハードル高めるのはフェアじゃないと思うのです

>>502
ご新規さんいらっしゃい!楽しんでってね!
いや、ほんとここまで読み進めてくれてありがとうございまする

中々最近モットーのほぼ毎日更新はできてませんが、物語も後半戦。頑張っていきます。

>>518
大理石ダイスは、山口県にある秋芳洞のおみやげで購入した者です。ほんの20年前くらいにw
ロードス島やアレクラスト大陸で幾多の六ゾロを発生させたチートダイスです。多分重心がおかしいw

>>528
アンケート集計感謝!感激!
いや、ほんと助かってます。
マジで助かってます。

アンケートで書かれてたあれこれは地味に考慮します。
で、アンケート結果が思いもよらぬことに……なんと蒲公英ですか。
追随する面子は結構予想通りだったんですが。

インプットして実装は多分次スレ後半くらいかなあ。
明言はしないですが、ああ、なるほどと思ってくださいね。

そして今日も眠いですが頑張ります。
明日、飲み会(送別会とも言う)があるのでお休みもらう分頑張ります。
一昨日書き溜めてたやつを没にするかどうかで迷っていますが。

筋道はある程度できていて、エンディングも数パターンまで絞り込めてきました。
後は恋姫たちの選択がどうなるのかなーって感じですね。
生死さえ定かではありませんが、今後も凡将伝をよろしくお願いいたします。

皆様の感想が一ノ瀬の心のガソリンです。ほんと。

……外史さん相手に油断すると即死なので気を抜く暇もありゃしない

>>531
当初案はそりゃあ、血で血を洗うみたいな感じでしたからねえ。
主人公即死エンドとか普通でしたのでw
本当に、随分と違う流れになったなあと思うのですよ。マジで。

更新がないけど、主さんどうしたんだろうか・・・

本日もないのかな。
お待ちしてます。

休みなのはいいとして、おとといから音沙汰ないからひとことほしいなぁ・・・

はい、ちょっとバタバタしておりました。
音信不通で申し訳ない。

>>533
寝落ちしてました。そりゃもう見事に。

>>534
本日お休み頂いております。
最近更新頻度が落ちて申し訳ない限り。

>>536-537
ごめんなさいね。
ちょっと納得のいくものが出来上がってこないから珍しく書き直しております。
展開は決まってきたから後は書くだけではあるのですが。



どうにも納得のいく出来にならないのですね
日付変更線をご参考下しあ
その前に諦めたらご連絡します


あれだ、拠点フェイズとか軽い話が最近足りないんだ

乙です〜

拠点フェイズで、軽い話…
あれですね、ここはネコミミとの毒舌漫才の出番ですね!(違うw

納得の出来てからで良いですので
まあ、気長に待ってますので〜

体調にも気を付けて下さいませ〜

今日、残業でした
頑張るけど日付変更線をご参考ください
いかんなあ

>>540
>あれですね、ここはネコミミとの毒舌漫才の出番ですね!(違うw
ネコミミは出たらすごく動いてくれるのですが、二郎ちゃんに自発的に会いに行くことはないみたいなのです
ただ、出番は多分あると思います。多分

>納得の出来てからで良いですのでまあ、気長に待ってますので〜
すまぬ。すまぬ……

ほんと申し訳ない

今年のインフルは熱が出ないので忙しいことから来る体調不良かなとか思ってるとエラいことに。
先は読みたいですがそれで無理はしないようにしてくださいね。
罹患した日から五日間は基本缶詰になるとか連休と重なってなかったら即死でした。

>>ネコミミが自発的に会いに行くことはない
てっきり酷評しておいて今更自分が間違っていたとは言い出せない、せめて実績を上げてからとか思っていたら
さらに突き放されたよオロローンってことかと思ってた。

>>542
>今年のインフルは熱が出ないので忙しいことから来る体調不良かなとか思ってるとエラいことに。
マジっすか

>てっきり酷評しておいて今更自分が間違っていたとは言い出せない、せめて実績を上げてからとか思っていたらさらに突き放されたよオロローンってことかと思ってた。
あの、ネコミミがそんな殊勝な性格でしょうか——

——夜をこめて、鶏の空音は謀るとも よに逢坂の関はゆるさじ

かつて孟嘗君の配下が、虎牢関と並んで難攻不落を誇る函谷関を抜いた時の故事。この時代一般的に門が開くのは夜明けである。そしてそれを示すのは一番鶏の鳴き声であり、孟嘗君の食客の一人が鶏の鳴き真似が上手かったからなんとかなったとかいう逸話である。
それにちなんで、あたしゃ函谷関よりもお安くないのよ、という清少納言のお言葉である。
いや、口説こうとしてこんなこと言われたらひくわー。間違いなくひくわー。
いや、意味は分かるよ?分かるけどどう答えたらいいのさ、という話である。そんな、普通の会話にそんなレベルの知識とそれを応用させての返答とか無理でしょ。
考えたら華琳とかネコミミとかはそこいらへんの要求レベル高そうである。いまいちこう、俺を見る目が冷たいのはそこかなあ、などとぼんやりと考えている目の前で洛陽の門扉は音を立てて開いていく。
払暁にもまだ間がある未明のこと。別に鶏の真似をせんでも根回しさえしとけばこうやって開くということ。そしてここからは速さが勝負。
ちらり、と振り返ると黒装束の軍団が控えている。彼らは張家の精鋭。そしてそれを率いる当主の張合以外は髑髏の仮面。うむ、禍々しい仮面兵団である。

「じゃ、いくか」

それを率いる俺はというと紀家軍の将らしく白装束である。黒を率いる白。うん、なんか小洒落たことを思いつくかなと思ったけどそんなことは全然なかったぜ。

無言で付き従う髑髏の仮面兵団。うむ。呼んどいてなんだがものっそい不気味この上ない。

……率いる俺がそう思うのだからまあ、恐怖というものを振りまくにはちょうどいいであろう。
きっとね。

屍山血河が築かれていく。それは人の手によってもたらされている。その光景は控え目に言って凄惨、無惨と言えるであろう。
命乞いをする宦官。逃げ惑う宦官。立ち向かってくる宦官。そのすべてが数瞬後は物言わぬ骸と化していく。
髑髏の仮面を纏った黒装束の殺戮。もはや虐殺。
それらを睥睨し、ぴくとも表情を変えない紀霊。それをどこか可笑しげに眺めながら張合は報告する。

「知恵の回る宦官は宮中に逃亡した模様です」

ち、と舌打ち一つ。

「いかがなさる?」

「疑わしきは、殺すべし」

逡巡すらせずに、ここで後顧の憂いを断つとばかりに紀霊は命を下す。
にまり、と張合は僅かに唇を歪ませて配下に命じる。

後宮のみならず宮中にも阿鼻叫喚が溢れる。幾多の返り血を浴びても張家の黒装束は其の色を変えない。ただ、死臭を纏うのみ。官吏の幾人もが、ひげが生えていないというだけで冥府へと旅立つ。這い寄る死の気配から逃れるために局部を露わにして命を繋いだなどという話も残されている。

そして。

「な、なによ!私は一介の女官よ。どうして。あ!痛い!放しなさい!」

待ち人、来たる。

「逢いたかったぜ、李儒よ」

ぼそり、と呟く紀霊。そこには万感の思いが込められていても、声は枯れ果てている。
そして深く、ため息を。

その様に李儒は顔色を白くする。悟る。宦官誅滅。それすら欺瞞工作。その真意は宮中の奥にあり、手を出せない自分。それが主眼だと。

「な、なによ。どうするつもり?此度の董卓の暴挙については私のあずかり知らぬことよ。
私を責めるのはお門違いにも……び!ぐ、ふ……」

容赦なく加えられた鉄拳に李儒は反吐を撒き散らす。

「なんだ、中身は思ったより綺麗じゃないか。もっとこう、どす黒いモノが出てくると思ってたんだが」

倒れ伏す李儒に軽く——紀霊主観である——を加えてせせら笑う。

「な、にを。わた、しは。漢朝の、た、めに」

抗う李儒の髪を掴み、倒れ伏していた顔を上に上げる。

「そりゃあ、ご立派なことだな。だがな、そんなことはどうでもいいのさ」

吐き捨てる。

「長かった。長かったぞ。こうして、お前と向き合える場。俺がどれだけ逢いたかったか。少しは分かって欲しいものさ」

くつくつ、と笑う紀霊に不吉なものを感じて李儒は。

「ま、待ちなさい。落ち着きなさい。わ、私を殺しても何も解決しないわよ。そ、それに私は役に立つわよ。ねえ、それに、何でも言うこと聞くから。だから」

必死に媚を売る李儒に、いっそ穏やかと言っていい口調で紀霊は言う。

「何でも、って言ったな」

じゃあ、死ねよ。

「ひ!嫌!死にたくない!逝きたくない!た、助けて!お願い!」

お前が、手にかけた人たちは皆そう思っていたよ。

「光射す世界に、汝の闇黒、棲まう場所無し——
 渇かず、飢えず、無に還れ」

三尖刀、一閃。そしてこの日初めて紀家の白装束が朱く染まる。

「お見事。復讐を果たした気分はいかがかな」

「知るかよ。クソッタレな気分だよ」

だが、それでも。

「姐さんや雷薄。それに気のいいあいつら。みんな、死んだんだ。死んだんだぞ。みんな死んじまったんだぞ!
それなのにさ、のうのうと生きているなんて、おかしいだろう?」

なにより、自分が許せない。

「何か、文句あったら、そうだな。風にでも言っとけ。別にそれでどうこうしねえし、悪いようにはしねえさ」

寛大な言葉に隠された怒りの大きさ。張合は今心から膝を折る。

「いえ、この身、いかようにも使い潰してくだされば、と思いました、が」

フン、と一つ鼻を鳴らして紀霊は歯を食いしばる。

「お前、何か勘違いしとりゃあせんかね?」

紀霊は、笑う。

「この身はとっくに、さ。捧げてるんだよ袁家に。だから、さ」

それでも、割と好き勝手させてもらってるし、害とおもうならば、と紀霊は立ち去る。
その場に残された張合はその場から動くこともなく、先ほどまで目の前に確かにいた青年から与えられた命題と向かい合うのであった。

やっと死んだか
本当色々不幸を振りまいた女だったな

よくある清濁飲み込んでとかいう字面だけで能力があるからと雇っちゃう聖人ロールではなくて
犠牲になった人を偲んで許さず、どこまでも人間らしく、そして自分の手を汚すことを厭わない。
ただ政治には持ち込まないようにする。

ここで見逃したら張合裏切っただろうなあ。そういう聖人ぶった奴の苦悩や裏切られた時の表情が見てみたいと。
今年のインフルは微熱程度しかでないことが多いので判りにくいです。突然の嘔吐なんかに注意。
猫耳さんは殊勝なのではなく、負けてて立場が下なのを認めるのが嫌だから言い返せるだけの発言力を得てから的な。

二郎・インパクト! 昇華!

すかっとしたああああああああああああ

>光射す世界に、汝の闇黒、棲まう場所無し

つまりこういうことか。

小蓮……アル・アジフ
蓮華……瑠璃
穏………ライカ


あっさりすぎるのが気になる
別口の釜口が開いてなきゃいいが

乙乙
まぁでも、今が殺し時だわね
雌鳥の賢しきこと、時を与えずただ追い立て押し包み絞め[ピーーー]べし

あふれ出てくるものを押さえ込み耐えてきたって感じでかっこいいな

今帰宅
ちょっと今日は無理かもしんないです
がんばる

>>547
言い得て妙です。
なかなかに、しぶとかったですが

>>548
>能力があるからと雇っちゃう聖人ロールではなくて
はおーや桃ちんなら登用してた気がしますね。お尻様はわかんねえな

>犠牲になった人を偲んで許さず、どこまでも人間らしく、そして自分の手を汚すことを厭わない。
とても素晴らしい表現をありがとうございます。でも偲ぶって素敵な漢字ですよね。

>ただ政治には持ち込まないようにする。
公私混同は一応、していないことになってますw

>ここで見逃したら張合裏切っただろうなあ。そういう聖人ぶった奴の苦悩や裏切られた時の表情が見てみたいと。
愉悦させた方が物語的には面白いのでしょうけどね……

インフルで微熱とかあるんだ。気をつけます

>>549
ワロタw
ちなみに、UXにまさかの参戦。故に3DSが我が家にやってくることになりました
デモベとシンちゃんとを主戦力にすることは確定的に明らか
しかしアムロさんがいないと、一体誰が個性派集団をまとめるのだらふ

>>550
結構初期から暗躍してましたからねえ
いや、長かった。歩く鬱フラグがようやく片付いたー

>>551
思いの外ぴったりすぎてw
ちなみにライカさんは銀髪の方が好きです。あっちとのエロが欲しかったw

>>552
当初は三倍くらいの分量でしたが、ばっさりカットしました
あまり情念怨念書き連ねてもなあと

>>553
散り際まで派手に。見事な最期だったなあと個人的には34ちゃんにお疲れ様なのです

>>554
ありがとうです。
難産だっただけになんか嬉しいですw

眠くてきりのいいとこまでいきませんでした
本日お休みいただきます
最近稼働率下がってるなあ

でも、tがbなります

最後がんばれてねぇー!(ガビーン)

休む日に休むと報告してくれるのが地味に嬉しいです。お休みなさいませー

遅ればせながら乙です

ここで蹴りを着けれるとは思わなかったけど長かった因縁は短く終焉を迎えましたね。なんとなく筆が進まなかったの分かる気がします。
二郎ちゃんはいつから裏に李儒いるって知ってたんだろ?風が洛陽にいたからかな。七乃かな。

とりあえず3月無事に乗り切れるよう応援はしてます。

乙です。
やっと追いつきました…前から気になってたスレなんですが、読み始めたらそっから三日間ぶっ通しでした
とりあえず鷹野さん退場ですな…
童卓ふくめ敗戦処理が気になりますねぇ
無理せずご自愛下さいっ

先ほど帰宅
あまり期待しないで下しあ

>>557
>最後がんばれてねぇー!(ガビーン)
気合いが足りなかったよ……(ズコー)

>休む日に休むと報告してくれるのが地味に嬉しいです
なるたけ、ご報告は欠かさぬようにしまする……
無い日は寝落ちか、呑み過ぎで記憶がブラックアウトしている感じ

>>558
>長かった因縁は短く終焉を迎えましたね。
あっさり風味でしたね
珍しく幾度も書き直しました
多分また改訂いつかします

>二郎ちゃんはいつから裏に李儒いるって知ってたんだろ?風が洛陽にいたからかな。七乃かな。
あれ、何進に聞いたようなイベントしませんでしたっけか
詳しくはもはや覚えてないから漏れたか?

今月、忙しいです

>>559
ご新規さん。いらっさい!楽しんでってね!”

>前から気になってたスレなんですが
ま、まあ長いことやってますからねw
それでも読んでくれて嬉しい限りなのですよ

>読み始めたらそっから三日間ぶっ通しでした
三日かかりましたか。長いからなあw
好きなエピソードとか、好きなキャラとかあったら教えてくださいな

>敗戦処理が気になりますねぇ
なかなかそこまでいかないw

好きなエピソードだと哀家頭首の断髪でしょうか。
原作未プレイで絵しか見てないのですが、皆さんのレスからすると大分違ったキャラになったのでしょう。
キャラだと七乃ちゃんですねぇ
女郎蜘蛛、嫌いじゃないです。

「……始まったようだね」

風に乗って、喧噪——というには物騒だが——が耳に入る。
皇甫嵩は歩みを速める。起こっているであろう惨劇に巻き込まれてはたまらない。

向かう先は宮中の一角。かつて大将軍として辣腕を振るっていた何進の執務室——私的なものだが——である。そこに、目的の人物はいた。

「ふむ、来客とは珍しい」

毛ほども動揺せずに華雄は皇甫嵩を迎える。
軟禁生活も長いはずだがその顔には生気が満ちて、流石の皇甫嵩が気圧されるほどである。
いや、だからこそだ。
だからこそ、このような逆境においても不屈。実に結構。もとよりその武。そして将としての才は確かなモノ。あの馬家軍と遣り合って一歩も引かなかったのは——数の有利があったにせよ——伊達ではない。

「朝早くから済まないね。まだ寝ているかとも思っていたけども」

なにせまだ日が昇って間もない。軟禁生活であれば惰眠をむさぼっていてもおかしくはない。

「フン、くだらん。あまり眠ると身体が鈍るからな」

事実、華雄はかつて何進に従っていた時と生活リズムを変えていない。そして覚醒しているその時間全てを鍛錬に費やしているのだ。

「まあ、元気そうで何よりさ。あ、これは差し入れさ」

そう言って持参した酒を器に注ぐ。
なみなみと注がれたそれを華雄は一息で飲み干す。

「ふむ、五臓六腑に染み渡るとはこのことよな」

流石に軟禁生活で酒なぞ呑めようはずもない。甘露とばかりに華雄はたちまち三度、杯を干す。なに、毒ならば毒で構うものかとばかりに。

「して、今を時めく清流派の頭が私に何の用だ」

「なに、簡単な話さ。僕に従え。そうしたならば、君のこの境遇は終わる。
 君の武は腐らせるには惜しい。あの何進すら信頼してその背を預けたんだ。
 君も栄耀栄華の中枢にいたんだ。このままで終わるつもりはないだろう?」

「フン、口説き文句としては二流だな。貴様に心中する義理も義務もない」

「あるさ。あるとも。
 何進のような卑賤の輩が大将軍なぞという地位にあったのは間違いなく漢朝の汚点さ。
 だが、それでも彼奴は大したものさ。今この漢朝が乱れているのは彼奴に飼い馴らされた官僚どもが政権運営に協力していないというのが大きい」

皇甫嵩は肩をすくめる。
実際、やりにくいといったらない。

「だから、君を従えるのには意味がある。腹立たしいがね。政治と言う奴さ」

フン、と華雄は一つ鼻を鳴らす。

「知ったことか、と言いたいところだがな。私としてもこの状況は不本意極まりない。
 まあ、それはそれとして、だ。
 貴様が何をどうできるというのだ」

清流派とは言え、実際権力なぞ何もない。だから自分にすら声をかけたのだろうと華雄は指摘する。

「ふ、それは認識が大いに誤っているね。
 聞こえるだろう、あの阿鼻叫喚が。それをもたらしている袁家は実際漢朝の権力に興味がない。そして、袁家の描いた絵図は天下三分。
 即ち陳留王たる劉協、曹操率いる宦官。そして僕が率いる清流派。
 だがね、既に前者二つは亡き者となっているのさ」

つまり。

「僕が、僕こそが新生漢王朝の、担い手となる! 
 まあ、董卓が畏れ多くも相国なんて地位だったからね。
 そうだね。丞相くらいは、妥当だろう」


だから。

「光栄に思っていいんだよ?この僕が直々に声をかけているんだから」

華雄は暫し考え込む。
さて、なんと答えたものか、と。

「なるほど、これよりの漢朝は貴様が動かす。私はその軍事顧問兼護衛となるのだな」

そうだ、と皇甫嵩は厚遇を約束する。

「だが、断る。貴様のような小才子に付き合ってられんさ」

ばっさりと華雄はその誘いを断る。

「なん、だと……?」

理解できぬと言わんばかりの皇甫嵩に苦笑し、続ける。

「一つ、言っておこう。貴様は貴様が謗る何進に遠く及ばんよ」

くつくつ、と笑い、哂う。

「……聞き捨てならないね」

「ああ、分からないだろうな。きっとそれだけ格が違ったのだろうさ。
 皇甫嵩、貴様が逆立ちしても何進には及ばんよ」

なんとなれば、地位や名声なぞあの男は歯牙にもかけていなかった。
いや、この上なく利用していたのだが。
いや、なるほど。

「皇甫嵩よ、貴様は本当に、小賢しいだけさ。国というものを背負う覚悟がない」

思えば、何進はその権力を目的にしたことはなかった。
それは、あくまでも手段であった。そのためであった。

「だから、私は皇甫嵩、貴様に従わん。まあ、分かり易く言うとだ。
 貴様は何進に遠く、及ばんよ——」

その言葉に皇甫嵩は激昂する。

「な!所詮は、先の見えぬ者ということだ。
 新たな漢朝の栄光、それを見ずに果てればいいさ」

吐き捨てる皇甫嵩に、苦笑する。

皇甫嵩がこの先生きのこるには(震え声)

なんとも、陳腐なことよ。

それでいて華雄は四肢に広がる痺れに閉口する。

「今なら、今この僕に忠誠を誓えば」

目の前で囀る馬鹿者。

「ぐ?」

その首を掴む。そしてそのまま締め上げる。


「あ!」

やめないか。やめろ。

とすり、ざくり。
切り裂かれる自分の肉体。

紅く、染められた視界。嗚呼、なるほどと華雄は切り裂かれ、刺されたことを更に認識する。だがその痛みは、衝撃は盛られた毒のお蔭でひどく遠いことのように感じられる。
それでも、一秒ごとに力は抜け、視界は白く染まっていく。
だが、この男は生かしてはおけない。全身でそう思う。

ざくり。

また一つ傷口が増える。視界が白くぼやけていく。

いのちを

もやせ——

「貴様には分かるまい!この私の、力が!貴様みたいな俗物に分かるものか!」

まっかに

もやせ

「ただでは死なん。貴様も連れて行く!貴様のような奴は!」

ごきり、と鈍い音が響き華雄の意識はそこで途絶える。


華雄は五体から血を撒き散らしながらも満足げに笑っていて。

後世に大きな謎を投げかけることとなる。
なぜ皇甫嵩は華雄に殺されたのか。
なぜ華雄は死んだのか。

多くの歴史マニアが様々な推論を立てることになるのだが。
一般的には、紀霊が将来の政敵を始末したというのが通説になることになる。



>>563
一つ感謝を。
二次創作なのに原作未見で読んでいただいたのが嬉しいというかなんだろうこの胸の迸りはー

麗羽様と七乃か^。いあ、参考になりました
麗羽様魔改造は正直やってもうたなあというのはおいらの所見

七乃の出番増やしちゃいます

>>566
ごめん、それ、無理

あ、今日ここまで
感想とかくだしあー

なんか読んでる途中で、こいつ死にそうだな〜と思ってたら、その通りでワロタw

皇甫嵩さん捕虜に殺されるとか無様の極みだな・・・惜しくも無けりゃ意外でも無いが


なんかZ世代はニヤリとする展開wwシロッコもどきな皇甫嵩も片付いた。
これで宮中は袁家一色か?ここからどうなるよ…まあ華琳と七乃が張り合って腹黒大戦するんだろうけどね。
この後は孫呉が荊州に移って動乱の種となりそうなのは涼州と蜀?あと徐州もあったか。
御使い勢が躍進する危険性は潰したいね。

乙です。

華雄さんも死んでしまいましたか・・・
彼女は劉弁の護衛になるのかと考えていたのでちょっと残念。

乙です

こっから先、仮想敵は誰になるのか…

月ちゃん詠ちゃんの処置後、劉備勢を大人しく飼っておければ良いんだろうけど

戦功取らせんかったのはgjと言ったところでしょうか

あ、七乃ちゃんの出番増えるんすか!?(パァアア

皇甫嵩死んだか。
しかし月君が政権を握ったら極端な政治をしそうだよね。
良くなるかもしれないし一気に悪くなるかもしれない。

乙です〜

まあ、大方の予想通りに皇甫嵩も死んだか〜
袁家を甘く見すぎているなと思っていたから、二郎ちゃんの知らないところで
七乃や風が暗躍するかと思っていたので、そこは読み違えたけどw
しかし、かゆうまさんが此処で退場とは〜(泣
うん、他の方も仰っていましたが、某シロッコを彷彿させるなw

さて、今後の漢朝はどうなるのかね〜
二郎ちゃんの事だから、袁家に害が及ばないなら平気ではおーとかに丸投げしそうだけどw(ボソッ

そして、御使い一行が何処で余計な事して乱を招くのかも気になるところ〜
基本は西なんだろうけど、一刀の演義知識基準で徐州とかもあるのか…

そして、その前に戦後処理として月と詠ちゃんの件と、
それを助命嘆願する空気の読めない一刀とかの出番があるんだろうな〜

乙っすなー

いやぁ、物語が進みましたな。
陰でちょろちょろしてた皇甫嵩が片付いたのは良かったけど、華雄さんが道連れとは。
さよならボイン(´;ω;)

え、七乃ちゃんの出番増えるんですか?やったー
二郎ちゃんの前では可愛い女しつつ、陰では張春華よろしく夫の政敵をネズミ呼ばわりしてくびり[ピーーー]んですね(白目)

体調をすごく崩しました
本日お休みいただきます

それと意外と七乃の人気あるのな

>>570
まあ、正直展開に関しては皆予想ついてたと思いますw

>>571
暗躍するかと思いきやかゆうまさんのまさかの暴発でした

>>572
韓遂とキャスト逆でもよかったかもしれませんねw
でも、そうすると初見でどういう役割するかばれるか

Zについては、まあ分かる人だけわかればいいや、といういつものノリです

>これで宮中は袁家一色か?ここからどうなるよ…
一応もちっと事後処理があります

>この後は孫呉が荊州に移って動乱の種となりそうなのは涼州と蜀?あと徐州もあったか。
まあ、ご期待ください

>>573
>華雄さんも死んでしまいましたか・・・
きっと満足はしていたと思います

>>574
>こっから先、仮想敵は誰になるのか…
反董卓連合編、もちっとだけ続くんじゃ

>戦功取らせんかったのはgjと言ったところでしょうか
正直二郎ちゃんは他から見ると異常と思えるくらいに警戒してますからね……

>>576
まあ、権力が目的だったので、普通に政権運営してたような気もしますが

>>577
>まあ、大方の予想通りに皇甫嵩も死んだか〜
ばればれでしたでしょうか。ばればれでしたよね。意表を突くような展開とか書ける人はすごいなあと思うのです

>二郎ちゃんの知らないところで七乃や風が暗躍するかと思っていたので
一ノ瀬もそうだと思ってましたが、かゆうまさんが激発しちゃいました。

>二郎ちゃんの事だから、袁家に害が及ばないなら平気ではおーとかに丸投げしそうだけどw(ボソッ
作中対応しますw 

>そして、御使い一行が何処で余計な事して乱を招くのかも気になるところ〜
いやま、そんなに目新しいことはしないですよ

>それを助命嘆願する空気の読めない一刀とかの出番があるんだろうな〜
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ!

>>578
>いやぁ、物語が進みましたな。
なんかしんどいですね。話を進めると。もっと軽い話が書きたい。キャッキャウフフが書きたい

>さよならボイン(´;ω;)
あれ、かゆうまさんって胸部装甲薄かった気がしたんですが

>え、七乃ちゃんの出番増えるんですか?やったー
オファー出したら難色を示されたのでどうなるかわかんないです

まあ、しばらくは殺伐としてると思います。多分



っ[キュア•ディジーズ]
ご自愛下さいっ

先週初めに見つけて読み始めて数日前にここまでたどり着きました

誰も彼もキャラが立っていて魅力的でした。オリキャラ勢に違和感がないのも凄い。
(というより、元の三国志に恋姫キャラが上手く溶け込んでいるような雰囲気も感じます)
時々挟まる銀英伝ネタとかにもニヤニヤさせられます

今後も御体に気を付けて頑張ってください

余談ですが、2スレの時に一瞬AAが出た韓遂とその後に本格登場した韓遂ではグラフィックが違うのですね……ww

乙です〜

週末はゆっくりお休み下さいませ〜

花粉が厳しい今日この頃ですし…

乙です

李儒と皇甫嵩が死んだから残るは劉備一行になるのかな?

それとも五胡とか異民族が混じり合ってくるのか、とても楽しみです。

鹿島かったからがんばってみる

>>580
がんばる

>>581
>先週初めに見つけて読み始めて数日前にここまでたどり着きました
ご新規さんいらっしゃい!楽しんでってね!

>誰も彼もキャラが立っていて魅力的でした。オリキャラ勢に違和感がないのも凄い。
ありがとうです。
まあ、濃いのをぶち込んでるだけって話もありますがw
ただ、恋姫のメインキャストだけだと三国志を回そうとすると手薄になるとかなんとか(特に袁家

>時々挟まる銀英伝ネタとかにもニヤニヤさせられます
わ、分かる人だけニヤニヤすればいいとおもうんだからね!

>余談ですが
大幅プロット変更によりキャスト変更になりました

>>582
花粉、ひどいっすね
マスク買いました

>>583
だいたいあってます



「やってくれたわね、二郎……」

日輪がその姿を現すかどうか、その未明のことである。
その報せを聞いた曹操はぎり、と歯を噛みしめて呟いた。まさか、という思い。湧き起こる激情。

——時はしばし遡る。



「華琳様!一大事です!」

曹操がこの日目覚めたのは信頼する参謀の、常になく慌てた声であった。

「何だ、騒がしい」

胡乱気に同衾していた夏候惇が寝台より即座に立ち、曹操への道を防ぐように——一糸まとわぬ姿——で応じる。

「あんたはすっこんでなさい!一大事なのよ!」

尚も言い募ろうとする荀�と夏候惇を手早く薄布を纏った曹操が制する。

「いいわ、桂花。貴女が一大事だと言うのだもの。よっぽどのことなのでしょう?」

「はい!」

そしてもたらされた情報は驚くべきものであった。

「なんと、宦官誅滅とは二郎め、思い切ったことをする……」

ふむ、と考え込む夏候惇を糾弾する声が起こる。

「あんた馬鹿?いい?宦官ってね、華琳様の宮中におけるこれから政治的な後援者、後ろ盾になるはずだったのよ!それが誅滅されてしまったらどうなるか!」

なんとなれば、曹操の出自は宦官なのである。その宦官は当然子をなすことが出来ない。そうしてとった養子の子。それが曹操だ。
であるからして、これから漢朝の中枢に食い込むにあたっての足掛かりとして曹操陣営は宦官勢力を見なしていたし。宦官にしても魚心あれば水心。他の勢力に比べれば気心もしれていようものであるからして。

「フン、なにをいまさら。これまでその宦官とやらが我らにどれほどのことをしてくれたというのか。そんなものなくとも華琳さまは飛翔なさる!」

言い争う配下。文武の要の、そのやりとりに曹操はくすり、と笑う。
ともすれば激発しそうな自分がそうならないのは間違いなくこの二人の股肱のお蔭。

「落ち着きなさいな二人とも」

それまでの激しい口論なぞなかったように二人は曹操の言葉に集中する。

「桂花、まずはご苦労様。そして春蘭。貴女の言は薫風が如き。いつも私を楽しませてくれるわ」

有難き幸せと二人は曹操の覇気に自然と膝をつく。

「で、桂花。無論報せはそれだけではないのでしょう?」

「は。袁家の一連の動き。夏侯淵将軍に——」

言い終わらぬうちに青い疾風が吹き込む。

「報告いたします。袁家全軍、および公孫家、孫家既に洛陽の城壁外に布陣を始めております。半刻もすればその陣容は固まるかと!」

怜悧な口調を崩さぬままに要点のみを主君に伝える。緊急と思えばこそ前口上も不要。曹操もそれを褒めこそすれ咎めるなぞしないであろう。それくらいの信頼関係はできている。

「ふむ、抜け駆けもここまでくれば見事なものだ」

「アンタね!何を呑気な!」

「兵は詭道なり。騙される方が悪いと常々言っているのは貴様だろうに」

ギャンギャンと吠える軍師を半ばあきれたように見下ろして夏候惇は不思議そうに言う。

「まあ、姉者の言う通りではある。まだ我らはなにもしていないし、されてもいない。これから如何様にでもなるだろうさ。それはそうと姉者。何か着るべきだと思うが」

ふむ、とばかりに頷き今更ながらに身づくろいを始める夏候惇。その様子にくすり、と笑って曹操は。

「秋蘭、まずはご苦労様。季衣は索敵に残しているようね。まずはその初動はそれでいいわ。
 そして正直一杯喰わされてしまったのも確か」

だが、と曹操は不敵に笑う。

「この程度、窮地でもなんでもないわ。二郎がどのような絵図を描いたとしても私はその上をいきましょう。
 桂花、春蘭、秋蘭。まずは陣構えを!」

応とばかりに散る股肱の臣を満足げに見守り、曹操は誰にともなく呟く。

くすり。

「ええ、二郎。私を蚊帳の外においておくなんて——」

ひどいんだから。

薄闇に差し込む陽光を受け、その笑みはひどく艶然であった。

本日ここまでー

そらはおーが黙ってるはずないよなあというお話でした

明日は日曜なのでお休みいただきます

感想とかくだしあー


次回は……誰が動くかなあ

ふむふむ言ってても思慮深く見えたりはしませんよ春蘭さん

乙です。

この姉者は、武官の頂点が軽々しく動揺してはいけないことを頭でなく心で理解しているようです。
原作の性格のままならば、おそらくは抜け駆けされたと怒り狂っていたと思われますので、
二郎の存在がプラスに働いた証拠みたいでとてもいいですね。

それだけに、一番冷静でなければならない軍師の桂花が一番動揺しているのが少々気になります。
まるで何かに焦って追い詰められている様な……気のせいですかね?

はおー様は姉者とお楽しみであったか…
はおー様もげろ
…もぐのがなかったでござるorz

姉蛇の落ち着きが頼もしい

乙です
今日も百合の花が綺麗に咲いている…
じゃなくて、やっぱゴミ一掃は予想外でしたかー
コレで曹操敵に回す&劉備勢、曹操側に寝返りとかされたら…
とにかくダイス様が荒ぶらないのを願うのみですな
月ちゃんをどうすっかで状況が固まりそうだなぁ


姉者とキャッキャウフフして出遅れちゃう辺り心のどっかで袁家を舐めてたんだろうなあ
>>594
劉備勢の寝返りは多分無い。一番好意的な地味様を捨ててまで仮想敵の曹操にはつかないだろう、多分

>591
それははおー様がえぐれむ…、はっどこかから殺気が。

追いついたー!
1月に読み始めて途中忙しくなって、結局追いつくのに3月までかかったわww
一刀くん勢力は色々策を弄しても結局芽が出なくて人知れずフェードアウトしてほしい。
これが一番両者ともに幸せな道だと思う。
洛陽編で太平への道に至ってほしいな。乱世はいらんよ、平和に行こう。


そして、出てなくても絶賛ディスられる俺の嫁ww
まあ、あんま変なことしないだろうと思いたいなあ
なます切りの未来はみたくねえ

よく考えたら明日飲み会だからお休みになります
三月は稼働率低いなあ

そして黄砂すごかった。花粉もすごかった。
涙が出ちゃう。花粉症だもの。

>>588
どもー

>>589


>>590
>この姉者は、武官の頂点が軽々しく動揺してはいけないことを頭でなく心で理解しているようです。
なんでだろう。もっとおバカなはずだったんだけど、めりめりと成長してしまっております。
それか何か悪いモノ食ったか。

>、一番冷静でなければならない軍師の桂花が一番動揺しているのが少々気になります。
どっちかっつーと現場担当というより事務方なのかな、と彼女は。想定外に弱いというのは彼女の特徴だと思います。
それを風ちゃんと稟ちゃんさんがうまいこと補っていたのではないかなあ、と。

>>591
そっちか!

>>593
※ただし、全裸で

>>594
>ゴミ一掃は予想外でしたかー
そのようです

>ゴミ一掃は予想外でしたかー
こっからの展開はほぼ確定的な感じですが……

>>595
>姉者とキャッキャウフフして出遅れちゃう辺り心のどっかで袁家を舐めてたんだろうなあ
と、言うよりも二郎ちゃんが抜け駆けとかするという発想がなかったのではないかなと。
公明正大正道を行く(少なくとも表面上は)のがこれまでなので。

>>596
それ以上いけないとおもったらもう手遅れだったでござる

>>597
ご新規さん、いらっしゃい!楽しんでってね!
一度中断してからも追いついてくれてありがとうです!

良ければ好きなキャラと好きなシーンを教えてくださいな。参考にします。

>一番両者ともに幸せな道だと思う。
ある意味そうでしょうが、理想をとことん追っかけるのが彼女らの強さではないでしょうか

>>598
>そして、出てなくても絶賛ディスられる俺の嫁w
沖縄さん!沖縄さんじゃないか!
出ても出なくても、ねえ……。何か申し訳ない。



しかし目がかゆい。くそ!ヨーグルトを切らしたせいか。
乳酸菌がたりない!

北海道は花粉症がなくて凄くいいところと引っ越して思う
まあまだ吹雪いたりする魔境ですけどね…
雷雪は初めて経験した

凍頂烏龍茶が効果あるって噂を聞いたけどどうなんです?

>>600
か、雷雪……だと……。流石試される大地……。

>凍頂烏龍茶が効果あるって噂を聞いたけどどうなんです?
それは初耳ですね。
ただ、手に入り辛そうでござる。
知っているのはほかに甜茶、紫蘇ですね。

逆に駄目なのは辛いモノ、です。
辛みというのは味覚でなく痛覚なので、それが内臓の粘膜を刺激、というか攻撃してアレルギー反応の元締めたる免疫機構をハッスルさせるとかなんとか
なのでヨーグルトで内臓の粘膜をフローラルにするのがお勧め、と医療従事者から聞きました。
ちなみに腸に行くまでに胃酸やらで死んでも、その死体だけでも効果があるそうです。

全部伝聞ですけどね!

甜茶のサプリは体質に合わなかったようなので、こうなりましたとさ。

誤爆しました。
誠に申し訳ございません。

>>603
あいよーw
深くは追及せんとくw

問われたならば答えよう。
好きなキャラは、韓浩と地味様のコンビ。
地味様、御立派になられて。
キャラを聞かれたのに何故かコンビを出してしまう。この二人はもはやセットな感じ。
好きなシーンは、美羽さまの窮地に呉勢に啖呵を切ったシャオから親友の無事を喜ぶ抱擁までの流れ一幕。友情っていいよね。
雷薄討ち死にのシーンも捨てがたかったが、こっちを押す。
燃料の様ですから断つことはできないでしょうけどお酒は控えめにして、お体に気をつけてください。

乙です〜

はおーさまの逆襲がはっじまるよ〜!

このSSの姉者は本能で最良な選択をする人だからね〜
激昂するにしても結果オーライになるからなw
ネコミミは基本が軍師ではなくて政略担当の内政官だと思うの〜
軍師としての軍略と謀略は稟ちゃんと風の担当かと

はおーさまの事だから、後々の責任云々とか考えると
袁家と馬鹿正直に正面から刃を交えるとは思えないので〜
他の諸侯とかどっかの御使いとかが責任取らされるとかありそうw

さて、この血の粛清の後処理がどうなるのか楽しみにしています〜


ヨーグルト、うちも切れたねん…
アグレラ高いねん…

>>599
沖縄は花粉症と無縁ですので、その苦しさはよく分かりません
この時期、隣のオバアのお孫さんが花粉避難で来たりするので、さぞや大変だとは察しますが

白蓮伝の人しばらく休止か……残念だ。
漫画が雑誌に載るらしいから頑張って欲しいな。

今帰宅
今日は余り期待しないで下しあ

>>606
>好きなキャラは、韓浩と地味様のコンビ。
おー

>この二人はもはやセットな感じ。
一ノ瀬も意外でした。予想外に噛み合った二人でした。

>好きなシーンは、美羽さまの窮地に呉勢に啖呵を切ったシャオから親友の無事を喜ぶ抱擁までの流れ一幕。友情っていいよね。
世が世なら敵対する二人。うん、自分で言うのもなんだけど二次創作の醍醐味だなあと他人事のように思ってます

>雷薄討ち死にのシーンも捨てがたかったが
美羽様の窮地と並んで当初のプロットにはない場面でしたが、道筋ができてからは書くのが楽しみでしかたなかったシーンです
だが大幅に文章はカットしてしまいました

>燃料の様ですから断つことはできないでしょうけどお酒は控えめにして、お体に気をつけてください。
ありがとうございます。これでも休肝日を造ったんですよ!

>>607
>はおーさまの逆襲がはっじまるよ〜!
劇場版凡将伝「逆襲のはおー」
うん、コメディにしかならんなw

>このSSの姉者は本能で最良な選択をする人だからね〜
多分あのアホ毛で何か電波を受信しているんでしょうw

>ネコミミは基本が軍師ではなくて政略担当の内政官だと思うの〜
>軍師としての軍略と謀略は稟ちゃんと風の担当かと
これはその通りだと思います。戦上手ではないと思いますね

>はおーさまの事だから
安心のはおー。作中対応いたします

>さて、この血の粛清の後処理がどうなるのか楽しみにしています〜
これが中々終わりそうにない。これ反董卓連合今月中に終わるかどうかも怪しくなってきましたよ

>>608
>沖縄は花粉症と無縁ですので、その苦しさはよく分かりません
ぐぬぬ、妬ましい……w
個人差がありますけどね
花粉症もそうですが蕎麦アレルギーが痛恨なんですよね。蕎麦好きなのに。
蕎麦は下手したら死ぬからなあ……

>>609
未見なんで今度チェックしてみます。情報どもです


「ご主人様!桃香様!お目覚め下さい!一大事です!」

日輪が昇り、人が活動を始めるであろう時間帯。確かに日の出と共に起き、日の入りと共に床に就く生活が一般なこの時代——無論、贅沢に照明を使って夜を楽しむ者もいるが——では寝坊と言っていい時間帯である。

「愛紗、なんだ。まだ早いじゃないか。そんなに慌てているからよっぽど寝過ごしちゃったかと思ったろ」

そう、慌てることはない。洛陽に兵を進めるのは日輪が中天に至ってから。大所帯という訳でもないし、最近は随分と統制も取れてきている。精々四半刻もあれば準備は整うであろう。
それに、昨日はまあ、戦勝の前祝ということらしく大盤振る舞いがあった。それまでは散々兵糧の拠出を渋っていた兵站が酒や肴まで、それも兵卒に十分に行き渡るまで、だ!
大いに飲み、食い、騒いだ。そしてまあ、すこしくらいは呑み過ぎてしまったのも確かではあるが。なにせ袁家秘蔵の火酒なるものはそれまでの酒と比べ、明らかに別物といっていいもの。喉を焼く感覚、まさに火酒——。味見程度とはいえ、関羽もそれを味わっていたはずなのだが——。

「それです!洛陽への道がふさがれております!」

「なんだって?もう、敵はいないんじゃなかったのか!」

一体、誰が!
その問いに関羽が応えるより先に口を開くのは諸葛亮。

「袁家、でしょうか。それに追随する軍閥——白蓮さんあたりと見ました」

「そ、その通りだ。其れに付け加えて、孫家、だった」

牙門旗を確認した限りではだが、と関羽は毒気を抜かれたように呟く。

「もし、敵対する勢力であるならば昨夜、或いは日の出と共に私たちを含む反董卓連合はうち滅ぼされていたでしょう。もしくは、袁家が防衛戦を繰り広げていたはず。
 ですから、ことここに至っては袁家のみがそれを可能とするのです」

「え、でもなんでなの?なんで袁紹さんはそんなことするんだろ」

不思議そうに小首を傾げる劉備に諸葛亮は苦笑する。

「勿論、理由はありますし、推論はありますがそれはあやふやなものです。
 ですから、行きましょう。私たちが抱くその疑問は他の諸侯軍も持つものです。
 きっとその応えがあるはずです」

にこり、と笑う諸葛亮に北郷一刀は安堵を覚える。
なに、絶対無敵の軍師がそう言うならばきっとそうなのだろう、と。

「さて、馬家軍か。どうなることやら」

公孫賛は苦笑する。公孫がその軍を展開するのはちょうど馬家軍の正面あたり。
袁家の差配に馬家が不穏な動きあらば抑えるが役割。

「……貧乏くじと思っている?」

すぐそばに控える韓浩が問うてくる。
くすり、と笑みが浮かぶのを制せない。なんとなれば戦場でそのような、彼女のような存在が脇にあったことなぞついぞなかったのだから。

「いや、本懐だな」

感慨深く公孫賛は言う。
それは脇に参謀、或いは副将という存在がいるということだけではない。

「だってそうだろう?洛陽の無辜の民。その安寧を守れるのだろう?
 これほどの喜びがあるもんか」

——公孫賛は北方の弱小軍閥の出である。
常に匈奴の脅威に晒され、抗い、戦ってきた。
その戦いは常に受け身。侵入する匈奴に対する対処に過ぎない。

——天高く、馬肥ゆる秋。
それは公孫賛にとって、北方の漢民族にとっては戦慄の季節。匈奴が長城を越えてやってくる季節のことに他ならない。その文句は間違っても豊穣を祝う意味ではないのだ。

そして訪れる災厄。男は殺され、女子供は犯され、浚われる。
その惨状に幾度無念とわが身の無力を嘆いたか。

替え馬すら満足に用意できず、幾度取り逃がしたか。幾度民の悲鳴を聞き、悲嘆を聴き、怨恨を背負ったか。
騎射という匈奴の技術を公孫が身に付けたのも、そのためだ。戦利品の財貨や女を背負った匈奴ども。その重荷に、地平の彼方にあったその姿はやがては手の届きそうなところまで追いつめても、その、届きそうなところに用意されている替え馬。単純な機動力では敵わない。だから騎射という匈奴の技術を身に付けた。

だからこそ公孫家は、弱小軍閥としてはありえないほどの躍進を遂げたのだ。

そう、こと対騎馬戦においてはかの馬家軍相手でも譲るつもりはない。
今となっては白馬義従が武威により、公孫の牙門旗がある村落には匈奴は近づきもしないのだ!

「それにしてもなんかこう、落ち着かないなあ」

公孫賛は馬上でそう、誰に聞かせるわけでもなく呟く。
その声に韓浩は無感動に応える。

「いい加減、自分の立ち位置というのを認識するべきと思う。
 この戦場において、こと戦闘経験という意味では公孫賛殿はかの馬家軍の令嬢をもはるかに凌ぐ。これは世辞ではない。厳然たる事実。この中華で貴女より歴戦なぞそうはいない。しかも、匈奴相手に、だ」

あくまで淡々と韓浩は呟く。

「お、応」

常になく真正面からのその思いに公孫賛は戸惑い、そして破顔する。

「そうか、そうだな。他でもない韓浩がそうまで言ってくれるならば、白馬義従は無敵さ。そうだろう?」

是、と迷いなく韓浩は頷く。

「なに、母流龍九商会の長弓兵も後詰に来ている。こちらの指示に従ってくれるそうだ。
 ……愛されているようでなにより」

「な!」

かあ、と頬を上気させて公孫賛は目を白黒させる。
からかっているのか、揶揄しているのかと思うも韓浩の鉄面皮はぴくりとも動かない。

どうやら、本心からの言葉だったようである。

……それはそれでなんだかなあ。

何とも言えない表情の公孫賛を韓浩は僅かに首を傾げて怪訝そうにする。

「——何か?」

「いーや、なんでもない!なんでもないったらない!」

まあ、会話が微妙に噛み合わないのはよくあることである。
それでも、確かな絆がそこにはある。これはきっと自分だけの思い込みではないはずだ。

単身で駆けまわっていた頃に比べて、なんと恵まれていることか。

それもこれも。

「結局、二郎のおかげなんだよなあ……」

くす、と薄く笑み、気を引き締める。
絶対に負けられない。彼の為にも。

無論、戦端が開かれるとは決まっていないのだけれども。

地味な話でした

本日ここまでー

感想とかくだしあー

明日は難産の予感

地味様は本当地味に安心感があるよな。


白蓮が地味様から綺麗な公孫瓚に進化してる!韓浩は公私共に最高の参謀やで


地味様がハイパー地味様モードで大舞台の主役にww

地味様>韓浩に比べると一刀>諸葛亮(朱里に非ず)は只の盲信だよなあ
はおーもお尻様も麗羽様も自分の軍師には絶対の信頼を置いてるだろうけど
「絶対無敵」だなんて絶対思ってねえよ

地味様かわいいよ地味様

>>620
>地味様から綺麗な公孫サンに進化してる!
よろしい、ならば戦争だ

地味様ははじめっからきれいだわい!

乙です

もう地味様に韓浩は欠かせないよな、でないと今回みたいな場合に会話文作れなくなっちゃうしww

乙です
地味様に韓浩が付いていると安定感が増しますね。
地味様単独でも以前よりも自信を持って行動しているから安心できますけど、韓浩がつくと更に安心できる。
……でも韓浩はレンタルだからいずれは返さなくちゃいけないんだよな。
この二人の別れのシーンは結構さっぱりしてそうな気がするな。

乙です

・・・コレ、馬家止められんの?

突っ込んでくると決まったわけでなし。
ついでにいうと突っ込む大義名分があるかどうか。
というか全員ぶち殺せる戦力と補給と皇帝握ってるからなんとでもなるしねー。
……普通ならボソリ

乙っすなー。

しかし原典と違ってこの地味様は本当に安定感というか、信頼感がありますな。
演義でも恋姫でも地味様は劉備・曹操の踏み台、かませ犬として
扱われてきたように感じますが、韓浩が言うように匈奴と渡り合ってきてるんですよねー。
この地味様は劉備・曹操と対等な存在であるっつー感がありますね。



>>622
>地味様>韓浩に比べると一刀>諸葛亮(朱里に非ず)は只の盲信だよなあ

御使い()の諸葛への信頼()は何の根拠も実績による信頼関係も無いもんなぁ・・・。
現代知識で有能って聞いたから大丈夫!程度の論拠であって、目の前の朱里を見てないと思うわ。

俺でも諸葛亮が軍師といわれたらヒャッハー最早敵なしと浮かれ騒ぐから一概には責めにくい
人を見る目がないから人事関係はスルー、戦争なら相方の方が頼りになるっぽいんでそっち重視するが
今回は政治のお話のハズだから特にね
ただ、こっち劉備で敵に孫家いるのヤバイマジヤバイ軍師が陸遜とか死亡フラグじゃねぇかとは思うがw

地味様は本当に優秀なお方。
というか地味様が認める誰かからの信頼・援助さえあれば安定するし、内政に手が回るようになるから優秀なのは間違いないわけで。
一騎打ちになりさえしなければ実戦経験だけで馬家を封じ込めることもできるんだよねえ。
突撃馬鹿をいなしつつ逃げながらのパルティアンショットで一方的にボッコボコ。さらに長弓兵の弓は大盾でもヤバイので倍率ドン。
母流龍九商会が援助しているなら鐙ありの涼州並かそれ以上の良馬ありなわけで馬術は総合で馬家とトントンならそうなるはず。
……あれ、強力過ぎね?いやまあ、これだけの力を信頼してるからとは言っても与えちゃう二郎君も脱凡人って気もしますがw

今日は難航しそうな気がします
日付変更線をご参考ください

>>619
地味様はとても普通なので、突拍子もないことするようなトリックスターと比べて動かしやすいです。

>>620
ここまで韓浩の出番が増えると誰が思ったことでしょう。勿論当初から考えられていたわけではありませんでした

>>621
ハイパー言うなw

>>622
>地味様>韓浩に比べると一刀>諸葛亮(朱里に非ず)は只の盲信だよなあ
幸か不幸か、一刀さんとこは死地にあったことも、修羅場をくぐったこともないですからね

>>623
地味様は、書いててこう、イイ!
余りに素直すぎてたまにいじめたくなるけど

>>624
>もう地味様に韓浩は欠かせないよな、でないと今回みたいな場合に会話文作れなくなっちゃうしww
メメタァ

>>625
>地味様に韓浩が付いていると安定感が増しますね。
思いの外相性がよかったみたいです

>……でも韓浩はレンタルだからいずれは返さなくちゃいけないんだよな。
レンタル移籍の期限、迫る?


>>626
さあ、どうなるでyそ

>>627
安定の翠に対する疑念w

そして、作中で書くべきことを先取りされてしまった。
でも厚顔無恥なのでしれっと書きます

>>628
>地味様は劉備・曹操の踏み台、かませ犬として扱われてきたように感じますが、韓浩が言うように匈奴と渡り合ってきてるんですよねー。
しかも、有力な将軍も軍師もなく、です。
そのことを加味すると歴戦の勇将としか言いようがないわけで
ぶっちゃけ洛陽付近にいる恋姫の中では戦闘経験という意味では頭抜けているでしょうね。ここにいない黄蓋くらいか?
でも匪賊と匈奴だと敵としての強さが違うだろうからなあ。
生存キャラで匹敵しそうなのはオリキャラ含めると韓遂、田豊、麹義くらいか。

えっ

>>629
>俺でも諸葛亮が軍師といわれたらヒャッハー最早敵なしと浮かれ騒ぐから一概には責めにくい
いや、実際そうだと思いますよ。ごく普通の反応だと思うのです。

>ただ、こっち劉備で敵に孫家いるのヤバイマジヤバイ軍師が陸遜とか死亡フラグじゃねぇかとは思うがw
メメタァ
まあ、二郎ちゃんに対する鈴々みたいなもんだね(白目

>>630
んー?間違ったか……?

>一騎打ちになりさえしなければ実戦経験だけで馬家を封じ込めることもできるんだよねえ。
はい

>突撃馬鹿をいなしつつ逃げながらのパルティアンショットで一方的にボッコボコ。さらに長弓兵の弓は大盾でもヤバイので倍率ドン。
はい

>母流龍九商会が援助しているなら鐙ありの涼州並かそれ以上の良馬ありなわけで
むしろ良馬の産地となっておりまする

>これだけの力を信頼してるからとは言っても与えちゃう二郎君も脱凡人って気もしますがw
いやいや、普通で、地味な援助を積み重ねただけです
・良馬算出のために援助
・優秀な軍官僚をブレーンとして派遣
・良質な武具を廉価で譲渡
・いざという時の為軍制を袁家と共有化して連携を深める

ほら、ちょっと思いつくだけでこれですが、特別なことは何もしていませんよね

個で軍を吹き飛ばす核兵器たる恋かおらず、お互いの保持する英傑数に絶望的な差はない現状、
何のおもしろみもなく数の暴力によるベタ押しで勝てるからなあ……

ごめ、今日無理
眠いわ

>>632
恋は規格外すぎますねえええええ

>>631
お仕事乙っすなー

>……でも韓浩はレンタルだからいずれは返さなくちゃいけないんだよな。
>レンタル移籍の期限、迫る?
なん、だと・・・地味様と長門のコンビももうすぐ見納めか。少し淋しい気もしますな。

>生存キャラで匹敵しそうなのはオリキャラ含めると韓遂、田豊、麹義くらい

>えっ

えっ

>ただ、こっち劉備で敵に孫家いるのヤバイマジヤバイ軍師が陸遜とか死亡フラグじゃねぇかとは思うがw
メメタァ
>まあ、二郎ちゃんに対する鈴々みたいなもんだね(白目
よし穏をけしかけよう(ゲス顔

>・良馬算出のために援助
>・優秀な軍官僚をブレーンとして派遣
>・良質な武具を廉価で譲渡
>・いざという時の為軍制を袁家と共有化して連携を深める

誰がどう見てもアメリカが本腰入れて同盟国にやってるレベルの立派な軍事支援です本当にありがとうございました。

乙です〜

うん、地味様が立派に育って嬉しいですね〜
元々が高次元での万能型な訳で、一部のチート級の方々を例外とすればね〜
比べる部分と相手を間違えているだけでw
翠あたりと一騎打ちしなければ大丈夫でしょう〜

まあ、たんぽぽもいるから馬家が軍として正面切って突貫するとは思えないけど
翠が一刀の口先一つで個人としての暴走はあり得るか〜
気になるのは翠が暴走した場合に、涼州でのシロッコ暗躍フラグになりそうで…

でも、これって諸侯から洛陽を守る様に陣を配してる訳だし〜
やり方次第では董家軍の将軍も袁家側として使えるんじゃ?
恋と霞が一刀側になるのだけが避けたいし…
問題ははおーさまだと思ったけど、これものび太出せば如何にでもなりそうな?
まあ、これで正面から袁家とぶつかる考え無し諸侯がでるのかで展開も変りそうだがw

乙ですー。
いやー馬家、翠がどうなるか心配で胃が痛くなる思いですな。
ぶっちゅけ戦略的見地なんて解らんので円く治まる事を信じて送りdゲフン…待つのみであります。
そして相変わらず韓浩さんは白蓮さんの可愛いさを上手に引き出してくれる逸材である。
もう固定コンビで良いんじゃないかな

あら復旧してる
でも今日はお休みもらいます
どう考えてもきりのいいとこまでいかない

>>634
>地味様と長門のコンビももうすぐ見納めか。
コンビ甲斐性、いやさ解消。いつかはくるものです

>えっ
ほんと、ふと考えたらえらいことでした
戦闘経験において地味様を上回る恋姫はいません。ガチで。
少なくとも凡将伝では。

>よし穏をけしかけよう(ゲス顔


>>635
>誰がどう見てもアメリカが本腰入れて同盟国にやってるレベルの立派な軍事支援です本当にありがとうございました。
でも最恵国待遇を誰に、と考えたら地味様だよね

>>636
>うん、地味様が立派に育って嬉しいですね〜
いつの間にやら立派になって……w

>元々が高次元での万能型な訳で
そうなのですよね

>まあ、たんぽぽもいるから馬家が軍として正面切って突貫するとは思えないけど

蒲公英に期待ですね

>気になるのは翠が暴走した場合に、涼州でのシロッコ暗躍フラグになりそうで…
韓遂が暗躍するとか、素敵やん?

>やり方次第では董家軍の将軍も袁家側として使えるんじゃ?
ですね。

>恋と霞が一刀側になるのだけが避けたいし…


>問題ははおーさまだと思ったけど、これものび太出せば如何にでもなりそうな?
劉弁なら明命の側で寝てるよw

>まあ、これで正面から袁家とぶつかる考え無し諸侯がでるのかで展開も変りそうだがw
こら、ネタバレは駄目っていったでしょ!

>>637
>いやー馬家、翠がどうなるか心配で胃が痛くなる思いですな。
つ【キャベジン】

>ず韓浩さんは白蓮さんの可愛いさを上手に引き出してくれる逸材である。
うむ!

>もう固定コンビで良いんじゃないかな
まあ、半ば固定となってますよねw
コンビ解消の時には盛大に花火を打ち上げて解散式をしましょう(てきとう)



地味様は味方にして抱き込んで梃子入れしないなら史実同様潰さないと不味い位置
味方以外だといつ背中から刺されるかわからんからな……言いくるめに弱そうなんでw

>>639
>地味様は味方にして抱き込んで梃子入れしないなら史実同様潰さないと不味い位置
これで味方にして抱き込んでテコ入れしていないと申したかw

>……言いくるめに弱そうなんでw
弱いね。弱いよねw




今月中になんとか反董卓連合は終わらせたいとフラグを建ててみる

地味様はハイパー地味様にならない限り耳触りのいい大義名分と雰囲気に流されるから簡単に言いくるめられるよねえ。
桃香の一見すげえ正論に見えるけど結果を見ると酷い、義勇軍という名の働き手略奪もお友達と戦乱を防ぐ為って名目で頷かされてたし。

正直、高性能万能型ってことは状況に合わせて手札を変えられるってことなので伏兵や協力者としては凶悪なわけで。
原作では人手が足りなかったので内政と自衛固定でリソースを全振りしてただけですしおすし。
奇襲・機動・一騎打ち・防衛ができて内政もできて白馬義従って名声もあるし泥臭い実戦経験も敗北と挫折も知っている。
……はおー様より完成度高いかも。

とりあえず何もするな俺の嫁w
どっかに綺麗な嫁のSSありませんか?(ねえよ

>643
つ「陥陣営・高順伝」
凄く綺麗(原作通りな意味で)な桃香さんSSならここに
これ読むと呉√の桃香はまだ可愛げがあったんだとよく解る

>>640
いや、だからきちんと抱き込んでるよねーって話でww
関係ないけど桃香ちゃんはあれですよ、こー、自分のやったことが何の意味もないどころか害悪でしかなかったとか
その手の冷徹な現実を見せつけてへし折りたいタイプ
折れたまま絡め取ると楽しいよねって個人的な性癖は置くとして、理想は一度へし折れて鍛え直さないと結局の所
本物じゃないと思うんだな、うん

どうにも

展開は決定しているけども筆が進まないのです
カレーでも食うか

というわけで今日明日お休みいただくと思います

乙ですー
凡将伝だと地味様と姉者が本当に可愛い。
>韓遂が暗躍するとか、素敵やん?
翆が暴走するようにシロッコが謀るとか楽しそう(チラッ


>>650
別に謝らなくて良いんじゃない?
取り敢えず>>650氏がレビューしてた小説読んで来る

何をやっても裏目に出ると言うことはあるものです

そんなわけで、今日はお休みなのですが、 ねんがんのスパロボUXをてにいれたぞ(意味深)


>>642
>耳触りのいい大義名分と雰囲気に流されるから簡単に言いくるめられるよねえ。
ですねえ。

>正直、高性能万能型ってことは状況に合わせて手札を変えられるってことなので伏兵や協力者としては凶悪なわけで。
まったくですね

>原作では人手が足りなかったので内政と自衛固定でリソースを全振りしてただけですしおすし。
哀しいけどほんと最期まで一人でしたね

>>643
>とりあえず何もするな俺の嫁w
本人がやる気溢れてますw

>>645
>関係ないけど桃香ちゃんはあれですよ、こー、自分のやったことが何の意味もないどころか害悪でしかなかったとかその手の冷徹な現実を見せつけてへし折りたいタイプ
Sや。どSがおるでえ

※よそ様の作品に対する論評は控えます
桃香伝以外は読んでたのでちょっと行ってみる

>>651
>地味様と姉者が本当に可愛い。
地味様はともかく姉者はねえ。いつのまにかこんな感じに。
ネコミミを本当はもっと書きたいんだけど中々表舞台に出ようとしません

乙です〜

>ネコミミを本当はもっと書きたいんだけど中々表舞台に出ようとしません
…………………………(泣

>>655
えー?
自分は桃香ちゃんに優しくしてあげたい善意の第三者ですよ?
優しくするためには必然的に彼女がそれを必要とする状態まで彼女を堕とし込まなければいけないだけで。
他に優しくしそうな人を彼女の周りから一人ずつ刮ぎ落さなければいけないだけで。
責任を持って絡め取るので挫折はよw

スパロボUXプレイ中
サクサクいけていい感じ
サルファ(途中で投げた)時代の死にそうな感じではないなあ
何よりデモンベインですよ、デモンベイン。
ただしネット設定の仕方がまるでわからん


>>656
>…(泣
いや、出しさえすれば動いてくれるのは確定的に明らかなんだけどなかなか……
さきっちょだけだからと拝み倒しても一顧だにしてくれません
次スレくらいで出番が見込める、かな

>>657
愉悦したいのかたらし込みたいのかどっちか真剣に解釈を悩んでおりますw

ざわめきが徐々に、静かに広がっていく。

日輪が昇り切り、前夜の狂騒の残滓を振り払ってのそりと起き出した諸侯軍は端的に言って戸惑っていた。
これよりは洛陽に進軍するのみ。もはや抵抗勢力はなく、進軍するのみ。だのに。
なぜ洛陽への道は既に陣構えを終えた軍勢によって塞がれているのであろうか、と。

「物流に難がある洛陽では反董卓連合の大軍を受け容れる余地がない」

袁家からはそのような事情を説明する書状が回されてくるが、それで納得する諸侯軍ではない。

「なるほど、確かに凄い人数だもんな。そりゃあ混乱するか。でもそれにしたらものものしくないか?」

北郷一刀は浮かんだ疑問を口にする。

「はい。確かにそうです。あれは、断固として通さないという袁家の意思表示がうかがえます」

「でも、何で袁家軍だけじゃなく諸侯軍も殺気立ってるんだ?」

膠着した状況が暫し続き、諸侯軍からは不穏な気配が立ち上る。そう、諸侯軍としてみたら上前をはねられたようなものである。たまったものではない。
そう、たまったものではないのだ。

「それは……」

そして諸葛亮は口ごもる。果たしてそれを聞かせていいものか。

「朱里、分かっているなら教えてくれないか」

そう、言われてしまえば否やはない。

「……諸侯軍は常備軍ではありません。それが最大の理由です」

「どういうことだ?」

首を傾げる北郷一刀と劉備に鳳統が言葉を続ける。

「諸侯軍の兵力。それは正規の兵ではありません。極端な話、そこいらの農民、流民に武器をもたせただけというのが実態です」

まあ、それは自分たち義勇軍も変わらないのではあるが。

「戸籍のしっかりした民を動員すればするほど手元の領内の収入は減ります。そしてそれは動員された兵も同じく、です」

武具、糧食に費やされた軍費。それは諸侯の財政を圧迫する。誰がこのように大規模な出兵——それも長期間の、だ——を想定なぞしていようか。

「ですから、いえ、だからこそ諸侯軍は洛陽への進軍を待ち構えていたのでしょう」

この時代、進軍に伴う略奪は黙認されている。そして貧しい寒村ならばともかく、これから進軍するのは肥え太った洛陽である。どれだけの富が蓄えられていることか!そしてその富を分捕った後は領地に帰るだけなのだ。

「そんな……ひどい……」

劉備の悲しげな言葉にやはり言うべきではなかったか、と諸葛亮は僅かに後悔する。

「でも、じゃあ、どうして袁家は……あれじゃまるで洛陽を守っているみたいじゃないか」

北郷一刀の言は正しい。正しく袁家は洛陽を守護しようとしているのであろう。なぜならば。

「袁術殿が入内されます。故に洛陽が荒れるのは看過できないということでしょう。そして、兵を蓄えた諸侯軍は実に目障り。あわよくばここで誅滅してしまう心づもりでしょう」

「そんな……乱暴な!」

もっとやり様があるだろうにと北郷一刀は憤慨する。
下手をすれば洛陽は火の海になるだろう。彼の知っている歴史と同じく。
その憤懣、或いは悲嘆。
だが、と思い諸葛亮は傍らの親友に問う。

「……雛里ちゃん、あれ、抜ける?」

こと、千変万化たる戦場の機微に関して諸葛亮は鳳統に一歩も二歩も譲るのを自覚している。

「無理だよ、朱里ちゃん。中央に陣取る顔家軍の重厚さ。左右を固める孫家軍と公孫。どっちも陣構えだけでその歴戦が分かるよ。そこに遊軍として紀家軍。決戦勢力として文家軍がいるんだよ?しかも本陣は更に分厚い袁家旗本。
あれを抜くなら、倍は、欲しいな」

実際、反董卓連合と言ってもその内実は袁家軍単独でも成り立つもの。
そしてその威容があるからこそ大多数の諸侯を前にしても袁家軍は揺るがない。質、量ともに恐るべきものである。将帥も、兵卒も。

「うん。私なら三倍は欲しい。雛里ちゃんの言う通りと思う。
 桃香様、ご主人様。恋さんでもいない限り目の前の陣を突破することはまず無理でしょう」

「じゃあ、それが鈴々と愛紗ならどうだろう」

ふと、好奇心で北郷一刀はそう尋ねてみる。

「……何とも言えません。私からはなんとも。雛里ちゃん、どう?」

急に話を振られた鳳統は慌てつつも所見を述べる。

「あわわ……。駄目です。勝ち目はないです。
 まずもってお二人を前線に出したならば、敵はこちらの本陣を急襲してくるでしょう。
 と言って、どちらかお一人ならば星さんに足止めさせられます」

それに、あの呂布に手傷を負わせた顔良もいる。改めて袁家の分厚い陣容を再認識する。個の武勇でどうこうできるものではない。
いや、そもそも一騎打ちの優劣で戦場を語ってはいけない。そのような偶発的な状況を許すほど袁家は甘くないだろう。
少なくとも、自分たちの手持ちの兵力では如何ともしがたい。そう諸葛亮は内心歯噛みする。質も量もまるで足りない。将帥の優秀さあある故にそれが残念でならない。未だ中華に影響を与える打ち手としてはその前提とする力がまるで足りないのだ。
この場で、一石を投じるとすればせめて馬家軍か曹家軍くらいの武威がないことにはお話にならない。

「あ……!」

そしてその、状況を動かすに足る陣営が動く。

「あれは……春蘭?」

北郷一刀の呟き。

そう。
曹家軍きっての猛将夏候惇。それが少数の手勢を率いて、陣取る袁家軍に相対する。
陣頭の夏候惇は高らかに口を開く。

「曹家軍名代夏候惇である!洛陽への道を塞ぐ袁家に問いたいことがある!いざ尋常に応えられたし!」

そして状況を動かすのは曹操。夏候惇の口上を満足げに、不敵に笑いながら見守る。
その根底には怒りがある。

よくも自分をのけものにしてくれたな、と。

本日ここまでー


はおーが来襲しますた
可愛さ余って憎さ百倍、となるかどうか

感想とかくだしあー

3/20はお休みいただきます

>「あれは……春蘭?」
勝手に真名で呼んでんじゃねーよ、デコ助野郎!

…魏蜀大連立結成?

ものすげー朝令暮改というか目先の情報に振り回されてるのが劉備のトップ。
その方針に従った場合の情報収集・判断自体はこの上もなく正しい軍師勢ってのが性質が悪い事この上ない。

洛陽を結果としてとは言っても乗っ取り、皇帝を傀儡とせんがために大将軍とその派閥を闇討ち、袁家の重臣までぶった斬った董卓を排除する。
皇帝と洛陽の民の救済が諸侯軍の目的であり建前。でもって劉備達はそのついでに人柱にされた董卓を救っちゃおう♪ってことだったはず。
でも実際には諸侯軍は時流に乗って旗幟を鮮明にした上で、働いたんだから地位やら報酬寄越せってやってるだけ。
報酬期待出来るほど働いてないから略奪ヒャッハーやろうとして袁家連合体に閉め出されてるわけで。
もちろん宦官誅滅とかが主目的だけど洛陽を荒らされて動乱を巻き起こすのを防ぐってのは大事。

で……、なんでその袁家を「抜けるかな?」とか「そんな……乱暴な!」とかわけわかんないこと言ってるんだろうこの人達。
洛陽で守備してるから戦闘に人々が巻き込まれるってわけじゃなく、洛陽でヒャッハーしようとしてるのが悪いに決まっているのに。

乙ー。
曹操が義勇軍と組むってのはまず無いですかね。関羽絡みなら可能性がないでもないけど、少なくとも今の華琳にはわざわざ二郎と敵対する理由も準備もないことだし。
むしろ最後の『よくも自分をのけ者にしてくれた』という怒り方は、臣官誅滅そのものよりも単に相談してもらえなかった事を拗ねているだけのように見えるというのは考えすぎでしょうか。

さて、誰も予期せぬ洛陽での抜け駆け大乱闘、これに曹操はどんな絵図を描いてくるのやら・・・。

>劉備の悲しげな言葉にやはり言うべきではなかったか、と諸葛亮は僅かに後悔する。
主君の気に入らないことは隠すとか、これ完全に君側の奸の思考だよ!ww
オトフリート一世より酷い

乙でした。
軍師が軍隊見て抜けるかどうか考えてしまうのは職業病&以後の判断材料の一つとしての
戦争を計算に入れられるかどうか確認するのは間違いじゃない。
けど、そこで止まっちゃうんですよねぇ、今の段階のこの二人だと。
本来、洛陽を荒れさせたくないのは劉備たちもおなじこと。
他の方法が存在しない/選択する能力がない以上、この行為を是とした上で劉備サイドとしての
利益を模索するように主に進言しなくちゃいかんわけですが……さてはて。
そういう意味では猫耳さんも軍師向きじゃないんだよなあ、主の気分優先しちゃうきらいあるから。
原作ではそこをフォローしていた二人が二郎ちゃん側にいるというのが皮肉というか。

守護しようとしていることになんで一刀が憤慨しているのかが割と理解できないのだが
何か読み落としているのかね

一ノ瀬さん乙です
しかし、>>661の一刀くんの思考が本気でわからない

洛陽を諸侯から守ってるの?
→多少の思惑はあるけどその通りです
→そんな横暴な!

要約するとこうだよね?
一刀くんは民のために動いてるんだから良しとすべきところなんじゃないの?

乙です〜


一刀が姉者の真名呼んでるが?
やった、これは死亡フラグだねw

まあ、突っ込みはさておき〜

御使い一行の思考が、自分達がよければになってきたな〜
袁家が洛陽の民を守るように布陣しているのが分かっているんだよね〜
洛陽が火の海にならないようにするんなら、協力してでも諸侯が動かないようにする方向に思考が行くはずなのに、
普通に袁家を抜くには云々とか言っちゃってるが、だれもおかしいと思わないんだろうか?

あれかね、手柄立てることが出来なかったから、目的と手段がおかしくなってきたかな〜
こうやってどんどん黒い方向に進んでボスキャラ化として順調に成長していくとかw
特に桃は普通に民が無事なら良いよねとか言いそうなのに〜


そして、姉者が出てきましたが、まあ曹家としても漢の直臣としても二郎ちゃんと張れる立場だもんな〜
はおーの本気が見れそうで楽しみでもあるんだが、本気になればなるほど血の雨が降りそうな気がするんですがw
何気に、孫家VS曹家とか見てみたいけどね〜
はおーさまだと平気で御使い一行も利用しそうだけどw

そして、曹家と同じく名と実力を持ったまま蚊帳の外にされた馬家は如何動くか?
復讐の妄念から解き放たれた翠だけに、ちびっ子軍師達に煽られて二郎憎しになる可能性もありそうだよな〜
まあ、なんとなく事態についていけなくて動かない気もするがw

ああ、キャッキャウフフが書きたい(切実)

>>663-664
・真名の重要性をよくわかっていない
・実は真名を交わしたイベントがあった

どっちにしても描写不足ですね。うん。

>>665
マジで?!

>>668
>ものすげー朝令暮改というか目先の情報に振り回されてるのが劉備のトップ。その方針に従った場合の情報収集・判断自体はこの上もなく正しい軍師勢ってのが性質が悪い事この上ない。
いや、ご指摘の通りですはい
当初の目的が結構あやふやになってますねえ
月や詠ちゃんを救うための手柄が、手柄が目的になりつつあったり。
色々、大変です

>>669
>曹操が義勇軍と組むってのはまず無いですかね。関羽絡みなら可能性がないでもないけど、少なくとも今の華琳にはわざわざ二郎と敵対する理由も準備もないことだし。
そうですねえ。組む、はないかな。踏み台にしたり使い潰す道はあるかもだけど(ネタバレ

>むしろ最後の『よくも自分をのけ者にしてくれた』という怒り方は、臣官誅滅そのものよりも単に相談してもらえなかった事を拗ねているだけのように見えるというのは考えすぎでしょうか。
だいたいあってる

>>670
>主君の気に入らないことは隠すとか、これ完全に君側の奸の思考だよ!w
そこに気づくとは。やはり天才か……

>>671
>軍師が軍隊見て抜けるかどうか考えてしまうのは職業病&以後の判断材料の一つとしての戦争を計算に入れられるかどうか確認するのは間違いじゃない。
これはまあしゃあないっすよね

>けど、そこで止まっちゃうんですよねぇ、今の段階のこの二人だと。
そういうことですね

>劉備サイドとしての利益を模索するように主に進言しなくちゃいかんわけですが……さてはて。
何が最優先なのかをはっきりさせていない、というか全部欲しい、というのがスタンスですからね

>猫耳さんも軍師向きじゃないんだよなあ、主の気分優先しちゃうきらいあるから。
これはその通りですね

>>672
紀霊が気に食わないってのが一番大きいんじゃないですか?(てきとう)

>>673
描写不足ですが、「話せば分かるのに……!」ってのが大きいかと
いつか修正します

>>675
>御使い一行の思考が、自分達がよければになってきたな〜
二兎を追う者は……

>あれかね、手柄立てることが出来なかったから、目的と手段がおかしくなってきたかな〜
そういうことですね。
さて、彼らは月や詠ちゃんを救うことと自陣営の飛躍のどちらを優先するのでしょうね

>そして、姉者が出てきましたが、まあ曹家としても漢の直臣としても二郎ちゃんと張れる立場だもんな〜
名門夏候家は伊達ではありません

>はおーさまだと平気で御使い一行も利用しそうだけどw
それくらいは普通にやるでしょうね

>そして、曹家と同じく名と実力を持ったまま蚊帳の外にされた馬家は如何動くか?
次回か次々回で出番があるはず





ちょうねむいので本日お休みいただきます

明日夜は飲み会なのでお休みいただきます

ねむい


睡眠時間超大事。無理はできてもどっかでブレーカー落ちるし、一旦焼け付くと限界値が一気に低くなるし。

御遣いに関しては変な感じではあるけれどちょっと安心しました。
これまでは無意識フィルターで歪んだ正義でグレーゾーンスレスレを通るのみだったのが、
個人の自己顕示欲や現実感の薄さから来る暴走が入ってきて修正力の玩具ではない感じになったので。
排除か隔離するべき害悪ではあるのだけれど人としての意思すら持ってないのに人間ぽい反応を返すだけの傀儡かどうかはでかい。
薄気味悪いホラー的な終わり方か犠牲を無視した自爆テロによる両者痛み分けとかになりそうで。

う〜ん。天の御遣い降臨以降から見直してみたんですが、
北郷君と姉者の接点は黄巾の時に董卓軍も伴って行動していた時だけ。
しかもその時は桃香以外の真面目に将の務めを果たしながら着実に成長していた面々はともかく、
恋とお昼寝ばかりしていた北郷君に真名を預けるような姉者ではないと思うのですが。
それとも、反董卓連合の時に真名を預けたんでしょうか?

乙ですー
洛陽を野盗から守ってる二郎ちゃん達に憤る野盗の図・・・

拗ねてしまったはおー様が二郎ちゃんに何を要求するか楽しみです。
スーパーお尻様とはおー様の舌戦も見たい気もしますが、馬超の視点も気になります。



ぽんぽんいたい

>>679
>これまでは無意識フィルターで歪んだ正義でグレーゾーンスレスレを通るのみだったのが、個人の自己顕示欲や現実感の薄さから来る暴走が入ってきて修正力の玩具ではない感じになったので。
いよいよ彼らも飛躍するべく動き出します

>排除か隔離するべき害悪ではあるのだけれど人としての意思すら持ってないのに人間ぽい反応を返すだけの傀儡かどうかはでかい。
なるほどですね

>>681
1.真名の重要性を分かっていない→よく分からんままに真名呼んで激怒イベントを経ていない
2.実は描写されていないだけで真名交わすイベントが発生していた

どっちかですね多分
ここはいずれ修正せんといかんですね

>>682
>拗ねてしまったはおー様が二郎ちゃんに何を要求するか楽しみです。
そりゃ、すごいよ!(てきとう

>スーパーお尻様とはおー様の舌戦も見たい気もしますが、馬超の視点も気になります。
ばっちょさんの出番あるよ!

>ぽんぽんいたい
胃が痛いならホットミルクがいいですよ。
腸の調子が悪いなら整腸剤を飲まれることをおすすめします。


まあ、色々覚悟せんとにゃー
さっくり逝けそうもないね、俺の嫁ww

ちまちまと時間を縫って一週間、ようやっと追いつきました
ともすれば簡潔な文章のなかに込められた人物の深い描写、引き込まれる展開には脱帽せずにおれません
一言で言うと、マジすてきー!
二言も言うと、なぜ原作には袁ルートがないのだ!

美羽様+七乃の主従が大好きで、それゆえに己のNTR耐性絶無が祟って美羽様の入内決定のあたりで一度心が折れども読み進め、
個人的には原作蜀陣営最大の癒しであった月・詠の悲惨な末路を前にして今また心が折れそう…
救いの無い破滅的な物語もたしかに好きなのですが、ここまで血反吐を吐いて這い進んできた二郎には是非心穏やかな老後を
生きてもらいたいものです

物語の行く末も気にはなりますが、何卒ご自愛くださいね
べ、別に心配してるわけじゃないんだから! あなたが倒れたら話の続きが読めないからってだけなんだからね!

ちまちま書いてますがぽんぽん痛いので集中できません
今日はお休み頂きます
ごめんね

>>685
>胃が痛いならホットミルクがいいですよ。
冷たい牛乳ならがぶ飲みしました

>腸の調子が悪いなら整腸剤を飲まれることをおすすめします。
とりあえずキャベジン飲みました
不思議なもので、いつもは臭いなあと感じるあの香りが気にならない
身体に必要なものを求める本能的な何かを感じました

>>686
>さっくり逝けそうもないね、俺の嫁w
最期までお付き合いいただけたら、と思います

>>687
ご新規さんいらっしゃい!楽しんでってね!

>ちまちまと時間を縫って一週間、ようやっと追いつきました
いや、クソ長くなってしまいましたがここまで読んでくれてありがとうなのです

>ともすれば簡潔な文章のなかに込められた人物の深い描写、引き込まれる展開には脱帽せずにおれません
て、照れるぜ。

>二言も言うと、なぜ原作には袁ルートがないのだ!
袁家、馬家、公孫家、董家ルートで続編欲しいところですねえ

>美羽様+七乃の主従が大好きで、それゆえに己のNTR耐性絶無が祟って美羽様の入内決定のあたりで一度心が折れども読み進め、
美羽様入内は衝撃ありましたか。よくぞそれでも読み進んでくださいました

>個人的には原作蜀陣営最大の癒しであった月・詠の悲惨な末路を前にして今また心が折れそう…
なかなかうまいこといかんものです

>救いの無い破滅的な物語もたしかに好きなのですが
そういうことにはならないんじゃないかなあ(てきとう

>ここまで血反吐を吐いて這い進んできた二郎には是非心穏やかな老後を生きてもらいたいものです
そう言っていただくと嬉しいですね

>べ、別に心配してるわけじゃないんだから! あなたが倒れたら話の続きが読めないからってだけなんだからね!
ツンデレ乙w

後、好きな場面とかあったら教えてください。参考にしますので




沙和「さっさと休んで明日に備えるのー」
つ【正露丸】

>>688

好きな場面だと、

・七乃の父殺し 「美羽様が本気で嫌がること〜」の台詞が特に
・二郎ちゃん帰参
・何進、馬騰の最期

あたりが特に印象に残ってますね
あと華琳様と麗羽様の絡みが(良い意味で)原作と乖離しまくってて好きです

カッコ悪くても腹巻して、飲み物は暖かいものに限定(水分の吸収率の問題で飲む量が少なくて済む)して寝る。
柔軟程度はして姿勢は正した方がいいかもですけど。
あんまり続くようだと熱が出ないだけのインフルとか風邪を疑ったほうがよかったりしますので医者も考慮に入れるぐらいですか。
……なんか気持ち悪いなーとか思ってたら咳してていきなりもどして、あれ?っと思ったらインフルでした、あっはっは。

お大事にー
好きな場面しか無いんですけど、特にガトー、ドズル、ワニの大往生が好きです。
後、一ノ瀬氏の書く麗羽様と地味様と姉者が好きです。



おっさんたちが人気の恋姫二次創作。
なんじゃそりゃ(挨拶)

今日こそ頑張る(フラグ)

>>689
キャベジン飲んだ

>>690
麗羽様とはおーの掛け合い、実は序盤は意図的にカットしてしまいました。
理由はまあ、お察しください

>>691
熱が出ないインフルもあるらしいですね
昨日のぽんぽんトラブルは多分繊維質摂り過ぎて腸内でガスが大発生したためと思われます
インフル、こわいですねえ

>>692
>麗羽様と地味様と姉者が好きです。
何か凡将伝では印象が違ってしまった双璧ですね。
いや、お気に召したようで何よりです
二人とも今日明日出番あるはずです

「ご報告申し上げます!今上陛下劉弁様ご無事!並びに紀霊将軍は宦官誅滅したとのことです!」

伝令の声に張りつめていた室の空気が僅かに緩む。

「ご苦労様です。下がってよろしい」

平淡な郭嘉の声が盛り上がりかけた場を引き締める。
なんとなれば、まだことが終わったわけではない。この、本営にありて諸侯軍と対峙する彼らにとってはこれからが本番といってもいい。

「ふむ、まずは陛下のご無事を確保できたようですな」

口を開いたのは張魯である。彼が華佗と共にこの本陣にいる意味は極めて大きい。
張魯と華佗以外に袁家以外の人物となると、孫尚香くらいのものである。袁紹と、彼女を補佐する郭嘉。その護衛に楽進。袁術と孫尚香。その二人を典韋が守護している。まあ、袁術と孫尚香については孫家守護獣たる白虎に埋もれて安らかな寝息を立てているのではあるが。
ともかく、この場に五斗米道の二人がいるというのはこの上ない意味を持つ。漢中という要衝に根拠を置く五斗米道。南は劉焉、北は韓遂から狙われているこの地、この勢力。それを袁家が後ろ盾になるという無言の圧力。
まあ、袁家の重要人物が負傷した時の備えという意味もある。なにせ、即死でなければどのような患者であっても治してみせるという、神仙の如き奇跡をもたらす神医なのだ。張魯も華佗も。

「当然ですわ。二郎さんが陣頭指揮されてるんですもの」

くすり、と艶然と笑みを浮かべる袁紹。その背には光輝すら幻視されるほど。

「なるほど。二郎君は随分と信用されているようだ」

あら。これは心外な、と袁紹は異を唱える。

「信頼ですわよ?張魯さん」

「これは一本取られましたな」

ひとしきり苦笑を漏らした後に、問う。

「ここからが難しいところですな。諸侯はいずれも洛陽の財貨を当てにしているのでしょう。
 果たして、退けと言って退くものですかな?」

常に強大な勢力に脅かされてきた張魯としては疑問を呈さざるをえない。なんとなれば、利害、利益というものは道理や倫理を軽く踏みつぶすものだからして。

「郭嘉さん?」

袁紹はくすり、と笑って傍らの軍師に答えさせる。

「は。確かに諸侯軍は収まらないでしょう。ですが、それでも袁家軍と正面切ってまでの覚悟がある諸侯なぞおりません。
 いえ、この戦力差で暴発するような愚物があるのならばこの場で潰してしまうのが最善。
 そう、判断しております」

そう言いながらも郭嘉がその動きを読めないでいるのが曹家と馬家である。
前者はその計り知れない智謀において。後者はその果断なる蛮勇において、だ。もっとも、どのように動いても、必要とあらば叩き潰すだけの準備はしている。
郭嘉としてみればいっそ諸侯とまとめて始末してもいいのではないかとも思うのではあるのではある。あるのではあるが、抵抗勢力、犯行勢力は顕在化させておいた方がいいという張勲の言を紀霊が容れたことによって心ならずも大鉈を振るう機会を逸してしまっている。

それはいい。決まったことである。
与えられた条件下で最善を尽くすのが軍師の役目とばかりに郭嘉は思考を切り替える。
これより先において彼女の出番があるとすれば最悪の事態であろう。
だが、そうはならない。その確信がある。なんとなれば。

「曹家軍に動きあり!陣頭には夏候惇将軍!後詰に夏侯淵将軍!兵力は五百強!」

やはり。状況を動かすのは曹家軍かと郭嘉は深く頷く。

「郭嘉さん?」

袁紹の問いにも臆することなく応える。何を畏れることがあろうか。なんとなれば郭嘉は、考えうる最良の一手を既に打ってある。

「は。ご心配なく。
 なにせ、我が軍には一騎当千たる趙子龍がおります故に」

ちょっと短いけど本日ここまでー

姉者と星の激突とか……素敵やん?

感想とかくだしあー

あげとく

これからカナダ戦見るから

来てた
姉者が来たか。

乙です〜

ついに姉者と星の激突!
見ごたえありそうなんだけど、口達者な星だけにね〜w
まあ、純粋に夏侯姉妹相手で原作より成長していると思われる星が何処まで出来るのかは凄く見てみたい〜
姉妹を圧倒するとか…素敵やん?w

まあ、ここではおーが直接出てこない理由に裏があるのか如何なのか〜?
ちびっこ腹黒軍師も静観したままとかないだろうしね〜

で、その頃の恋と霞が気になりますw

>>698
来ました

>>699
>見ごたえありそうなんだけど、口達者な星だけにね〜w
ぼ、凡将伝の姉者は強化されてるから(震え声)

>まあ、純粋に夏侯姉妹相手で原作より成長していると思われる星が何処まで出来るのかは凄く見てみたい〜
一応、ダイスロールは完了しました。とだけw

>姉妹を圧倒するとか…素敵やん?w
星ちゃんについてはちょっと思う所もあるのですがそれは完結してから語るとします

>まあ、ここではおーが直接出てこない理由に裏があるのか如何なのか〜?
裏というか、どうしましょ。ここで語るか作中で対応するか。

>で、その頃の恋と霞が気になりますw
おりのなかにいる

割と順調。
でもきりのいいとこまでいかないので今日はお休みもらいますね
稼働率下がってるのは、ほんまごめん。


影武者更新きてたよ

今日明日お休みいただきます

い、忙しい・・・
これから風呂敷残業かたづけます

把握した
ところで、脱いだパンツはどうしたらよいのだろうか?

 袁家にはすでにパンツマンがおられるではないか

あの人も、今でこそパラメータはパンツマンでも、昔のコネなんかは問題なく生きてそうだしなぁ

月のスキル「内助の功」とは、言ってみればSRWの極悪技能「極」みたいな物じゃないでしょうか。
敵キャラまたはスポット参戦キャラ専用で自軍では決して利用出来ない技能なので、
月は立ち位置的に北郷君専用の強化パーツみたいなものだったのでしょう。
……結局、月が二郎君の仲間になるルートなんて最初からなかったわけですね。

いやあ、ヨルダンは強敵でしたね

>>702
影武者さんは近年まれに見る、恋姫で更新をしてくれる作品ですねえ。
いや、追えてないわけなのですが。

>>704
なぜ脱いだし

>>710
おったわw

>>711
多分パンツマンが本気で何か言ったら師匠もねーちゃんも後押しするくらいの影響力は残していると思われ

>>713
>SRWの極悪技能「極」みたいな物じゃないでしょうか。
ごめんなさい、それ、知らないわ

>月は立ち位置的に北郷君専用の強化パーツみたいなものだったのでしょう。
ああ、なるほど。そういう解釈もできるわけですね。

>……結局、月が二郎君の仲間になるルートなんて最初からなかったわけですね。
この辺のデリケートなとこは完結してから所感を述べたいと思います。

>>715
「極」は解りやすく言えば、
気力が満ちると良く当て良く躱すようになる上に急所に直撃しやすくなるというものです。
何より最悪なのが、
これを作品によってはラスボスが持っている点です。

>>716
なるほど。脱力さんが超重要になりますねえ
雑魚的を一掃してから脱力祭りがセオリーでせうかね

今日もだめかーこりゃ

昨日は失礼しました
いやあ、記憶がほんとにない

>>718-721
すまぬ……すまぬ!
今日こそ頑張る。

>男坂エンドが見えてきたような気はするけど
マジで?
まあ、最近はちょっとひどいですが大丈夫だと思われますよ。
四月からも仕事量はあんまり変わんないと思うし。

待ってた(・∀・)

最近ちょこーっと暇で1から読み直してるけどさ
最近話がまったく動いてないかなーって思う今日のこの頃

もうぱぱーっと終わらせてHP使いまくろうぜ!

>>723
ある意味すげえプレッシャーw

>>724
>最近話がまったく動いてないかなーって思う今日のこの頃
自覚はしている……
でも、ここらへんは外せないと思うのですよ

>もうぱぱーっと終わらせてHP使いまくろうぜ!
HPが、たりない!


明日は打ち上げがあるからお休み!
だから今日は頑張るよ!がんばるよ!やってやるぜ1

まだ起きてるYO!
今宵(!)は投下します!

とっておきのダンバインとかダンクーガ聞いて頑張ってます!

「な、なんだってんだ……?」

端的に言って馬超は混乱していた。なんとなれば、洛陽を守護するが如く袁家軍は布陣しており戦意も昂揚している。

「お姉さま、本気でそれ言ってる?」

呆れたような馬岱の台詞に馬超は柳眉を逆立てる。

「当たり前だろう!あれじゃあ、喧嘩を売られているようなものじゃないか!」

はあ、と馬岱はこれ見よがしにため息を通常の三倍くらいに増量して吐き出す。

「ええとね、お姉さまが本気でそう言ってるのはたんぽぽも分かったよ。
 うん。流石のたんぽぽもびっくりー。
 だってさ、昨日、張勲さんが来たでしょ?」

じとり、となんとも言えない馬岱の視線にさしもの馬超もたじろぐ。

「そ、それは覚えてるぞ。酒肴をたっぷりと持ってきてくれたことも」

戦場暮らしには慣れているとは言え、袁家秘蔵の火酒に、戦場食とは思えない料理の数々であったと馬超は頷く。

「そだよねー。お姉さま、それで気持ちよく酔っぱらってたもんね。張勲さんの相手とかぜーんぶたんぽぽに押し付けてさ」

「な、なんだよ」

「ほんと、覚えてないんだなあってさ。昨日張勲さんが言ってたじゃない。諸侯軍の不埒な動きに対するために洛陽へは入らせないって。
 それで、お姉さまが漢朝、官軍相対するのはいかがなものかって言ったから馬家軍は静観するって」

「そ、そうだったか?」

「ほんと、気持ちよく酔っぱらってたもんね、お姉さま。流石のたんぽぽも呆れたよ。
 ……って」

「む、曹家軍が動いたか」

若干以上の後ろめたさを隠すように馬超は必要以上に声高に曹家軍の動きを口にする。

「なんだ。五百もいないぞ。だが、率いるのは夏候惇。それに……兵に混じって夏侯淵もいるな」

馬岱は流石の眼力だ、と内心目の前で焦る従姉を賞賛する。
そして張勲の読み通り、場を動かすのは曹家軍だったかと状況を認識し、覚悟する。
なんとなれば、内々に張勲の口から馬家軍は仮想敵として想定されているというロクでもない情報がもたらされているのだ。これを目の前の従姉が知ったならばどうなるか。いや、普通に暴発するだろうなあと馬岱は思う。

「もー、どうにでもなあれ」

馬岱の本音である。が、状況はそれを許さない。

「あれは、趙雲か」

単騎で曹家軍に対峙するのは。

「うん。一騎当千、だね」

ごくり、とさしものの馬岱も生唾を飲み込む。
単騎であの呂布と渡り合い、退かせたのだ。呂布の武勇は涼州にて轡を並べた自分たちが一番よく知っている。あの、呂布だ。呂布なのだ。あの人外の化け物と単騎で打ち合い、退かせたなぞ、ありえない。だから、「一騎当千」と急速に異名が広がる趙雲に対して無関心ではいられない。いられないのである。
その、趙雲に対する思いを清冽な声が引き裂く。

「曹家軍名代夏候惇である!洛陽への道を塞ぐ袁家に問いたいことがある!いざ尋常に応えられたし!」

見事な口上である。なにより見事なのはその声量だ。戦場においては声量というのは馬鹿に出来ない。その指示を行き渡らせるに必須の、或いは将としての素質。

「問おう。何故に洛陽への道を閉ざすのか」

朗々たる夏候惇の声。だが、玲瓏にして響き渡る趙雲の声も負けてはいない。

「おや、曹家には伝わっていなかったか?数万に及ぶ軍勢を容れる準備なぞ洛陽にはない。無用の混乱は求めるところではないだろう?」

その言に夏候惇はにまり、と口をゆがめる。

「笑止!それならばそれで構わんとも!だがな!いささか突出にもほどがあろうよ」

趙雲は、それがどうしたとばかりに。

「は、既に諸侯軍のはねっかえりどもが凶行に及んでいるがな。それを知らぬとでも言うのか」

「知らんな。知っているのはそう、貴殿らがこともあろうに禁中にて血を流したことくらいか。宦官誅滅とはまた思い切ったものだ、な」

「何だって!」

激昂する直前に馬岱は口を挟む。

「そっかー。二郎様ってばようやく仇を討てたんだね。よかったよー」

気勢を逸らされた格好の馬超は馬岱に問いかける。

「ちょっとまて、どういうことだ?」

馬岱は苦笑しつつも言葉を選びつつ宦官と袁家……紀霊との因縁を語る。
それを聞き、馬超はむむむ、と唸る。

「だからね、二郎様は本懐を果たしたんだよ。ようやくね。うん。ようやっと、だね」

「そうか……。そうだな。それは譲れないよな」

自分とて父たる馬騰の復讐に燃えていたのだ。その心根は痛いほどに分かる。
そして、願わくばあの青年が復讐という不毛な感情から解放されて欲しいものだ。馬超は心の底からそう、願う。

自分とて父たる馬騰の復讐に燃えていたのだ。その心根は痛いほどに分かる。
そして、願わくばあの青年が復讐という不毛な感情から解放されて欲しいものだ。

「それはそうとして、曹家は収まらんだろう。いや。だからこそ夏候惇が出たのか」

宦官をその支持基盤とする曹家。宦官を誅滅するということは曹家に喧嘩を売るに等しい。
洛陽という果実を目の前にしてお預けを喰らっている諸侯軍の不穏な空気を背負い、仕掛けるつもりかと馬超は呆れる。仲間内で争っている場合かよと。
……この時馬超にこの場をどうこうしようという発想はない。それを認識して馬岱はほ、と内心安堵する。
そしてこの場を支配する二人がどうこの場を動かすのかと無責任に好奇心を優先させる。

「ほう、曹家には順風耳がいるようだ。そして曹家軍はご不満かね」

あからさまに挑発交じりの趙雲の台詞に夏候惇は答える。

「正直、私個人としてはどうでもいい。主たる華琳様に乞うてまでこの場にいるのはな。
 一騎当千と謳われる貴殿と手合せをしたいからよ。かの万夫不当を単身追い返した貴殿と、な。
 まさか、否とは言わんだろう?」

ちゃきり、と七星餓狼を構える夏候惇。

「曹家の大剣たる貴殿のお誘い。無論受けるとも」

流石の早業で愛槍龍牙を手にして構える。
ざわり、と戸惑う諸侯軍すら魅了せんとばかりに見栄を切る。

「先手は、譲ろう。いざ、尋常に」

「よくぞ言った。では、遠慮せん!」

突風。或いは暴風であろうか。夏候惇の一撃を趙雲は辛うじて躱す。

「おおおおおおおおおおおお!」

雄叫びと共に繰り出される一撃には一見隙がありそうだが。

「ちい!」

必殺の斬撃が迫る。躱せば続いてまた必殺の一撃が襲いかかる。暴風のような連撃はいずれもかするだけで致命傷になりかねない。それを趙雲はそれでも躱す。辛うじて、だ。

「厄介な!」

思わず吐き捨てる。
自分の武が夏候惇に劣るとは思わない。少なくともここまで一方的に攻められるほどには、だ。それを、この趙雲を追い詰めるのは。

「どうしたどうした!」

必殺の一撃。夏候惇は次々と斬撃を繰り出す。

「なんとぉ!」

心ならずも紙一重で躱す。そして僅かな猶予で反撃を図るも。
ぞくり、と背筋に悪寒が走る。

「おおおおおおお!」

硬直した身体を絶妙なタイミングで夏候惇が凪ぐ。

「これは下がって、下がりまくるしかないか……」

誰ともなく趙雲は呟き、巧みな運足でその身を隠す。誰あろう夏侯淵から。
だが、それでも、だ。夏侯淵の視線は明確な殺意をもって趙雲を視線のみで貫く。
一矢一殺。
その妙技も恐るべきものではある。何せ人馬一体となったあの呂布をして愛馬を喪わせたくらいなのだ。そして趙雲は舌打ちを重ねる。
いっそ可視化できるくらいの殺意。全身を貫く射線。瞬き一つのうちに貫かれるという確信。一歩、二歩と技巧の限りを尽くして距離をとるくらいしか対策はない。

一対二とか卑怯な…それが曹家のやり口か!


「正直、たまらんな……」

さしもの趙雲が弱音を吐くほどに、夏候姉妹の連携は完璧であった。これが実戦ならば、と思うとさしもの、不敵で無敵を本領とする趙雲ですら暗鬱とした感情を抱いてしまう。
なるほど。自分の主が曹家をいっそ臆病なほどに警戒していたのもこれならば納得であるな、と趙雲は納得する。確かに、厄介などというレベルではない。

「はっはは!見事。小手調べでは失礼だな!ならば受けよ、必殺の一撃を!」

す、と夏候惇は腕を上げる。
それまで絶えず趙雲を捕捉していた殺気が霧消する。ほ、と息を吐くその瞬間に押し寄せる気迫。

「おおおおおおおおおおお!」

その艶やかな黒髪が逆立つのを幻視すらするほどの気迫。天を衝かんばかりの気迫と共に夏候惇は愛刀である七星餓狼を振りおろす。

「く!」

殺った。その確信をもって振るうその一撃。それを振り下ろそうとするその瞬間に悪寒が背筋を駆けあがる。咄嗟に斬撃の勢いそのままに前方に転げてその悪寒を躱す。

「小癪な!」

再び、必殺の一撃を放とうとするが。

「なんとぉ!」

確かに先手を取ったはずの夏候惇を趙雲の一撃が襲う。無理やりに躱すその動作に頑強な身体が悲鳴を上げる。

「面妖な……」

吐き捨てながらも、夏候惇は沸く。纏わりつく死の気配。ここまでの武芸者に会えたという幸運、更には矛を交えているという僥倖。
ニヤリ、と口角を吊り上げてただ目の前の獲物を屠るために全身全霊を特化していく。
我こそは曹家の大剣。ならば断てぬ者はなし。
乾坤一擲。例えこの身が儚くなろうとも、だ。骨を斬らせて命を絶つ。それこそがこの身の在り方。
趙子龍よ、我が必殺の一撃、受けてみるか。

「姉者!」

そんな夏候惇の思考を断ったのは妹の叫び。窘めるよな、それでいて必死な響きが夏候惇の物騒な思考を遮る。そうだ。そうじゃあなかった。忘れていたわけではないのだが。

「ふ、はは!見事。流石一騎当千の異名は伊達ではないな!本気で貴公と命のやり取りを楽しむ心算であったわ」

「ふむ。ご満足いただけたか?」

「馳走になった。いや、かの万夫不当を単騎で退けた武威、確かなり。
 いやさ。いずれまた手合せ願いたいものだ」

「ご満悦のようだが、それでいいのか?」

むしろ趙雲が訝しげに問う。

「なに、あれこれ能書きを垂れたがな。それもこれも貴公と遣り合っていたらどうでもよくなった。
第一、だ。我が主華琳様は賢明なお方だ。
どうして漢朝に弓引くことあろうか」

呵呵大笑して夏候惇は宣言する。

「これより曹家軍は洛陽の守護者となる。聞いたぞ、知ったぞ!
 無辜なる民を締め上げて私腹を肥やす者ども!この夏候惇の目が黒いうちには好きにはさせんぞ!命が惜しくないならばかかってこい!」

吠える夏候惇の気迫に圧されたのか、集う諸侯から異議が出されることはなかった。

——反董卓連合の、勝利が確定したのはこの時であった。というのが通説である。

はおー様、この状況から無茶苦茶上手くやりやがったww

本日ここまでー

明日はお休み頂きます。年度末なので。年度末なので。

感想が心のガソリンです……
まじで


これからの予定

三、四話かけて後始末

拠点フェイズでキャキャウフフを思う存分書く

そして最終章へ……

感想とかくだしあー

乙でした
一番ははおーさま恐るべしだけど、馬家に対する根回しもすごかったなあ……
しかしたんぽぽの復讐持ち出す機転とか、彼女も猛獣使いとして成長しているw

乙ん
姉者てっきりやること忘れて手合わせに夢中になったと思ったわww
これで劉備陣営打つ手がなくなったね。ワロスワロスwwww
でも一番のGJはたんぽぽ、これは間違いない。


はおーさまとれーはさまが仲良くすることが平和への一番の近道だと思うの

乙です
最終章・・・ああ、ちんこもいでハーレムENDね、了解

たんぽぽはもう本当賢いな。
と言うより姉者もよく抑えれたなwwww

抑えたと言うより、なんとなくこうした方がよさそうだからそうしただけじゃね?
……なんとなくで外交も上手くやってるし、けっこう内政もなんとなくでうまくやってのけそうだな、ここの姉者。

乙乙

たんぽぽマジGJ
これで知力も政治も60より下とかあり得ないでしょ
ステが開示されたのがけっこう前だったから成長したってことかな?

乙です〜

つ【リゲイン】
今週から来週に掛けての自分が愛飲している物w


いや〜、曹家の立場を囲むほうから、守るほうに一気に変えるとか
更に、端から見れば一騎当千と互角に遣り合った姉者の株も上げるとか
今後の後処理での発言力的なことまで考えると、一石何鳥?〜て感じですね〜
流石はおーってところでしょうか〜
しかし、ここの姉者は空気の読める脳筋だと〜

馬家は動かず〜
うん、たんぽぽがテイマーとして成長していると思うと嬉しい限りだが
何気に二郎ちゃんを気遣うあたり、翠も復讐の念から逃れて、上手く成長している感じかな〜
二郎ちゃんと御使いのどちらを取るかで、公私混同しなければ漢朝を支える武家の両翼となれるのか?
まあ、本拠地にシロッコいるけどw
そして、馬家が動かず、地味様の出番も無くw

この後は、後処理と言う事だから、月詠の決着とかですかね〜
そうすると、今回何の活躍もしていないけど空気読めない方のターンかね〜

最終章が近づいている訳だが、その前に拠点でキャラクリしておかんとね〜

乙です

あれなんか俺らの星ちゃんが足台にされてね?気のせい?

鹿島負けたー

>>734
本気で討ち取りに来るならば、と考えたら恐ろしいですねえ

>>736
流石のはおーです

>>738
>一番ははおーさま恐るべしだけど、馬家に対する根回しもすごかったなあ……
いや、その通り。二人の気分しだいで展開は変わってましたね

>>739
>姉者てっきりやること忘れて手合わせに夢中になったと思ったわw
意外とそうなりまsんでいsた

>でも一番のGJはたんぽぽ、これは間違いない。
意外と必死だったんですがそれ、伝わったかなあ


>>740
>はおーさまとれーはさまが仲良くすることが平和への一番の近道だと思うの
無理でしょw
主にはおーが納得しねえw

>>741
はい

>>742
「たんぽぽは賢いな」
くらいな感じですが、よく動いてくれますた

>>743
孫策さんがいなくなって本能の補正をゲットした感

>>744
>これで知力も政治も60より下とかあり得ないでしょ
仕様です。地頭がよくても、その。仕様です

>>746
心に深い傷を負いました。正直しんどいですとかどさくさに紛れて語ってみるw

>今後の後処理での発言力的なことまで考えると、一石何鳥?〜て感じですね〜
はおーならばこれくらいはこなしますよねw

>うん、たんぽぽがテイマーとして成長していると思うと嬉しい限りだが
たんぽぽまじ動いてくれるので貴重です

>そして、馬家が動かず、地味様の出番も無くw
野心ないから、ぽかーんとしている感じですねw

>最終章が近づいている訳だが、その前に拠点でキャラクリしておかんとね〜
推奨:鼻血とメガネ(ネタバレとか拒否したい方は回避推奨


>>748
されてます。
きたないはおーさすがきたない

ごめんなさい、今日寝ます

眠いのもあるし、辛いですね

ごめんなさいね。

いっちゃん、何をそんなに力んどるんや(その目は優しかった)

この>>1そのうちかゆいうまとか言い出しそうで怖いんだが

>>765
もうすでに言ったことあった気がする

そろそろ本当に早寝早起きしらふで執筆したほうがいいのではないか。

あかん。追いついたの2日かかった。

今日は決起大会でした。散々飲まされた(若手の範疇)
まあ、お察しください

>>764
一生懸命生きているんだけども、人生が最近辛くなってきました(ガチ)

>>765
かゆうま

>>766
かゆうま(力説)

>>767
お酒は……手放せない!ある中になるまで!
筆のノリが違うのん

>>768
ご新規さん、いらっしゃい!楽しんでってね!
てか、二日で追いつくとかすごいと思いました。

好きなシーンとかキャラとかいたら教えてくださいな!参考にしますので



乙です〜
つ【うこん】

心の傷
つ【セデスの半分の成分】

アル中を軽く考えてはならない(戒め)

新規で失礼。作者さんの勢いが凄いがやはり驚かされました。12スレまで至るとは…長い道のりでした!賈詡薄幸美人。
外史や影武者など知る名前も度々でたりとコメでもクスリとしたり、しらぬ知識(お勧めラノベ、電波ソング)を得たりと楽しかったです。心理学的にはなりんさんを分析している方もまた成る程と驚嘆させられました。さて魅力は数あれど中でも。生き生きする田豊は初期の魅力の一つだと思います。田豊といえば袁紹陣営の有能な計略家でしたので登場がまず嬉しかったですね。賈詡可愛い。
で、感動とすれば袁術様袁紹様の大成を垣間見れる、袁紹の通達の意味合いの変化。袁胤戦、劉弁との会話になったりします。心の声でこうして成長し正しく根付いたものが花開いたのだなと。賈詡エロい。心から感動しました。他には兵站による恩義の返上もまた好きなシーンの一つであります。賈詡おもちかえりぃぃい!
そして閨のシーンは…。どれも濃く淫猥でした。軽すぎず、下衆すぎず、かと言って官能小説の凄まじさ程ではなくw情に溢れて抜きたい放題でした。賈詡ゥゥ
泣いたシーンでは、梨園の誓いで、心許せる相手ができたこと、姉御の死と星の告白。そして遂に張肱による赤楽への告白。伏線がちゃんと回収され、思いを果たすシーンはどのシーンも大好きです。赤楽の正体は孔明をしてブラック企業に放り込んだ徐庶であったとはwと笑い泣きも入りましたが。賈詡っ!賈詡っ!可愛いっ!
さて長々と皆様大変失礼しました。iPad版恋姫無印をプレイしながら一スレ目から読み返してまいります。
では一ノ瀬さん、どうか息災で。

>>770
どもです。色々気分転換して持ち直しました
ありがとうございますた

>>771
せやな(震え声)

>>772
ご新規さんいらっしゃい!楽しんでってね!
それと詠ちゃんが大好きなのは伝わった(佳人薄命)

>12スレまで至るとは…長い道のりでした!
本当は年末で反董卓連合、三月で完結する見込みだったのにどうしてこうなった
長いのに読んでくれてありがとうです。多分15-6スレくらいで完結する、と思う(フラグ

>外史や影武者など知る名前も度々でたりとコメでもクスリとしたり、しらぬ知識(お勧めラノベ、電波ソング)を得たりと楽しかったです。
レス全部を丁寧に追われているのですねえ。すごい。

>生き生きする田豊は初期の魅力の一つだと思います
そこ!?(驚愕)

>そして閨のシーンは…。
最近HPがたりてないのでごめんなさいね。
でも個人的には薄い描写じゃないかと思っていたので、そこまで言ってくれて嬉しいです。そっか、抜けるのか(自信)

>伏線がちゃんと回収され、思いを果たすシーンはどのシーンも大好きです
ありがとうございます。正直赤楽さんについては予想されてた方もいただろうな、と。いつばらされるかヒヤヒヤしてました。

>iPad版恋姫無印をプレイしながら一スレ目から読み返してまいります。
iPAD版も出てるのですか。全年齢なのかなあと気になったりw

いや、長文感想ありがとうございました。ものっそいモチベーションです。
がんばるぞー



あ、何かエイプリルフールネタやろうと思ってたのに
のに

>>774 (゚◇゚)ガーン

>>775
麗羽様「じ、二郎さんなんて、だ、だいっきらいなんですわ!だい、きら……い」

号泣する麗羽様を慰める二郎ちゃんとかそういうネタを用意はしてましたw

今からでも遅くは無い、やるんだ

>>777
いや、遅いやろw

逆に考えるんだ
エイプリルフールネタを、翌日にやっても構わない
そう考えるんだ

>>779

マジか

袁紹「二郎さんなんて、昔から大嫌いでしたし。目覚めた時に抱っことかされて、不快でしかないですわ。
    ほんと、一日たりとも臥所を共にしたくないですわ」


張勲「やだなー、私がこんなとこで何か言うわけないじゃないですかー。
   ああ、嘘を吐いていいんでしたか。こう言いましょう」

張勲「二郎さん、大好き」

けらけらと笑う七乃さんでした。

袁術「むむむ。二郎に対して思う所の嘘を述べよとな。なるほど、わからん!。
    七乃、教えてたもれ」



こんな感じ

>>776
ちょ、用意してんじゃないすか(゚Д゚;)

>>781
泡沫の夢、というやつです(適当)

>>782
所詮は一夜の夢、か
袁術が通常運転過ぎて(○´∀`○)

さぁそしてここから本編を始めるんだ!!

乙です〜

>>780
同じ「大嫌い」というセリフを
満天の笑みで抱きつく猪々子、赤面しながらおずおずと引っ付く斗詩
という二枚看板を幻視した

妖怪「気が付いたら朝」が久々に出没したようです。マジ記憶ねえ。

>>784-785
すまぬ……すまぬ!

>>786
脳内再生余裕でしたw

日付変更まであと少し…
今日も天狗が悪戯をしているのかな?

>>789
まだだ!まだ終わらんよ!

「はいはい、押さないでくださいねー。商品はたっぷりとありますのでー」

洛陽の市街は、端的に言って大混乱であった。これまでの禁足令が解かれ、これまで欠品続きで開店休業であった商店にも商品が溢れているのである。洛陽の民はここぞとばかりに商店におしかけているのだ。
無論、現在物資が窮乏している。故に不埒な暴利を貪る者や、正規の値で買った商品を転売しようとする者もいる。だがそれも徒花というものであろうと程立は思うのだ。なにせ、どうせ物資はふんだんにあるのだからして、いずれは適正価格に落ち着くであろう。そして、不埒な商売をするような商店はしっぺ返しをくらうものである。とはいえ。

「はいはい、ちゃんと並んでね。並んでねってば。この、この!ええい!」

そのような道理なぞどこ吹く風と、店頭で魯粛に絡むような不埒者も出てくる。矮躯の魯粛を与しやすしと見たか、掴みかかって店頭の商品を掻っ攫おうとする者も出てくる。

「てい、てい!てややー!」

掴みかかる巨漢を魯粛は軽やかに叩きのめす。的確に加えられる打撃は見事なものであり、程立は感嘆の声を漏らしてしまう。

「結構なお点前で〜」

「や、それほどでもあるかなー。まあ、実際これくらいできないと荒れた江南では生きていけなかったからねえ」

感慨深く呟く魯粛。片手間に数人の暴漢を叩きのめす。

「実際、本当に飢えた集団ならこうはいかないからねえ。流石に幾度も組み伏せられたよ。
 女でよかったと思うのはそんな時さ。殺されはしないからね」

きゃらきゃらと笑うその表情に暗さはない。修羅場をくぐるどころか、身を浸していた凄味がそこにはある。

「でもまあ、元気すぎるのも困るなあ」

雲霞の如く湧き出る不埒者にさしもの魯粛も苦笑する。どうしたものか、と。
可愛らしく小首を傾げて程立に視線で問うてくる。とは言え、程立にもここに至って名案なぞなく。

「ぐう」

「寝るなー!」

「おお、寝てました!」

実際どうしようもないのだ。ある程度の混乱は致し方ない。ただ、自分がそこに巻き込まれるのは避けたいのだが。
混乱に立ち向かう魯粛とは違い、逃げるしかないのではあるが。流石に圧倒的な数の暴力にそれも果たせそうにない。文武両道の魯粛と違って正真正銘無力であるので、いささかまずいことになったなあと思っていたのだが。

「噴!」

人とは、空を飛ぶものであったか。

「破!」

また、一人大空に飛び立った。まさか人の手によるものとは誰も思うまい。
その異常事態をもたらした青年に程立は親しげに語りかける。

「いや、助かりました。それともお見事となお点前と言った方がよろしいのでしょうか?」

フン、と鼻で笑い張合は次々と不埒者を叩きのめしていく。その勢いに押されたか暴徒予備軍の不埒者たちは沈静化していく。わざわざ派手に吹き飛ばしたのはこの効果を狙ったものであろう。

「その軽口が叩けるのであれば加勢の必要はなかったか」

「いえいえ、実に助かりました。危機一髪という奴でしたね〜」

呑気な程立の口調に張合は苦笑する。

「ですが、張合さんがここにいるということは」

「うむ。禁裏については片が付いた。万事滞りない」

それはなによりと程立は安堵の息を漏らす。万全たるべく動いてはいたが、実際に事が起こると、何が起こるか分からない。

「では?」

「うむ、張家手勢は洛陽の混乱を収めるために動いている。私がここにいるのもその一環だ」

ふむ、と程立は頷く。恐らく民衆の暴動を防ぐべく、張家は奔走しているのであろう。史書にも記されぬであろう影働きである。程立は彼らにどう報いるべきかと悩むほどにその功績は大きい。

「では、劉弁様はご無事で?」

「うむ。そうだな。だが、予想外の事態に混乱してはいるのだ」

張合が語るそれ。さしもの程立も絶句する。
まさか、劉協と皇甫嵩が死んでいるなどとは。

「ほう、君が主体となっての排除劇ではなかったのか」

僅かに口を歪ませて張合は問う。

「いえいえ。劉協様と皇甫嵩さんの離間工作はそれとなく布石は打ちましたが、まさかに……」

二虎競食の計とか色々考えていたのだが、仕掛ける前に結果が伴うとは。

「なんということでしょね〜」

驚愕の後にくふ、と一声笑って程立は精神を立て直す。軍師たるものいかなる場合でも冷静でなくてはならない。

「洛外については、稟ちゃんが上手くやってくれたようですし、ここからは時間との戦いですかね〜」

実は程立と郭嘉は洛外においての諸侯軍への対応において意見が分かれていた。程立は袁家とその友好軍閥の武威を以って圧倒すべしと主張し、郭嘉はむしろ袁家単独で当たり、軽挙妄動する諸侯を炙り出し、殲滅すべしと主張していた。決を下したのは紀霊である。人死には少ない方がいいというその言に郭嘉は大いに含むところはあったようであるが、一先ずはその方針に沿って動いてくれたようである。

「既に朝廷は紀霊殿が押さえた。軟禁されていた者も解放している」

ふむ、と程立は頷く。そして目線でさらなる報告を促す。

「ああ、無論董卓殿の身柄も確保しているとも」

にまり、と張合は歪んだ笑みを浮かべる。

「健気、であったな。いや、彼女を憐れんでいるのではない。それは彼女に失礼だろう。いや、立派なものであった」

狭い室内に監禁され、疲労の色が濃いながらもその瞳には力が宿って張合を見据えて貫く。静かで、それでいて真摯に響くその声。その声には自然と耳を傾けてしまう。
なるほど、董家は呂布の武威、張遼の神速、郭嘉の神算鬼謀。それらは枝葉末節であったのだと。

「惜しい、と思うのは感傷かな」

くふふ、と程立は笑う。

「まさか張合さんからそのようなお言葉が出るとは、ですね〜。ただまあ、袁家には必要ないかと〜」

穏やかな口調で程立はばさりと切り捨てる。

「それに、二郎さんが決めたことを蒸し返しても致し方ありませんしね〜」

くふ、と軽く、軽く笑って程立は身を翻す。
きっとあの青年はやると決めたことは全部やって、それで勝手に傷ついているに違いない。
泣いているかもしれない。喚いているかもしれない。それでもやらねばならないことはやっているであろう。
だから、自分が。紀霊の軍師たる自分の出番である。そう程立は思う。

「後はお任せしましたので〜」

魯粛に言い捨てて禁裏に向かい歩き出す。

「ほいさ、任されたともー」

軽く応えながら、その責任の大きさ。洛陽内を差配する権限に流石の魯粛がぶる、と身を振るわせる。

「って、張合さんもいっちゃうとか!」

まあ、程立の護衛と考えれば妥当ではある。あるのだが。

「何気にめんどくさいことを押し付けられた気がするなあ」

まあ、信頼の証さとばかりに魯粛は思考を切り替える。

「ま、餅は餅屋と任されたんだから、見事やって見せましょう!ってね」

そう。洛陽の混乱が早期に治まったのは、魯粛の手腕に依るところが大きかったというのは定説であるし、事実でもあった。

本日ここまでー
感想とかくだしあー

明日は、子連れおっぱいの出番かなあ(てきとう)。

明日じゃなくてもサイドポニーおっぱいの出番は担保されております。



あと、金曜日はお休みいただきます。飲み会なのです。

張郃のグラフィックがコトミーだと思うと助けに来たって感じがしない!なんでだろう!
マーボー食べにくるノリで遊びに来たようにしか見えない!

乙したー

コレ、 董卓恩赦パターン?

そろそろ処刑がくるのか
なんか胸にくるものがあるな

乙です
洛陽の混乱終息も魯粛と張家が頑張ったお陰か
仮に董卓一党を恩赦出来るとすれば美羽様が劉弁陛下に嫁ぐぐらい?
まあそれでもその身柄は袁家預かりで北方最前線の兵役だろうけど…少なくとも劉備勢に加勢なんてNG
劉協・皇甫嵩・李儒の罪を暴き立てて全ての責任を擦り付けるという手もあるかもしれませんが

乙です

賽は投げられてそうなので静かに見守るのみ。

乙乙!

ついに月ちゃん達の処分かなぁ
最近大人しい劉備達の動きが気になるけど、大人しくしてろよー

乙です。しかし……

>董家は呂布の武威、張遼の神速、郭嘉の神算鬼謀。
はて、ツンデレさんは一体どちらへ?

乙です〜

うん、まあ江南での経験があればこその今の手際って事なんでしょうけど
それを笑って女であって良かったと言える凄み
そう言う意味では一番経験値が高いのは魯粛達かもしれませんね〜


さて、この後は荊州絡みで、黄忠ですか?
うん、あのおっぱいは確保しても良いかな〜w

そして、担保って事は、愛紗のフラグとかもあるんだろうな〜(チラッw
そうすると、一刀くん暴走とかありそうだなww

ものっそい久し振りに来たはずなのに物語が何故こんなにも進んでいない!(怒)
だからHPたまらないんだよ
「△★○■▽◇☆▲■▼▲◆□◇◆◇□!」

眠いが夜にコーヒーを飲むわけにもいかない
そして、ネタバレは駄目って言ったでしょ!

>>797
>マーボー食べにくるノリで遊びに来たようにしか見えない!
ぜ、zero仕様やし(震え声)

>>798
ないしょ

>>799
まだです

>>800
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ!

>>801
展開予想しても、ええんやで?

>>802
そんなわけがない

>>803
ミスったー!
一文字多かったー!

>>804
>一番経験値が高いのは魯粛達かもしれませんね〜
そうですねえ。色んな意味で。

>さて、この後は荊州絡みで、黄忠ですか?
その予定です

>、愛紗のフラグとかもあるんだろうな〜(チラッw
アンケートでトップだったので勿論です。
色々とこなすべきイベントがまだあるので即反映とはいきませんがw

>>805
お、おう。すまんな




反董卓連合により——正確には紀霊により禁裏が制圧され、「正当なる皇帝」たる劉弁が無事保護されてより二日後。それまでは袁家のみが立ち入りを許されていたのだが、袁家に近しい諸侯も洛陽に入ることが許されている。治安維持が名目であるが、慰撫を兼ねていることは明白である。人数にすれば万に満たないが、彼らは大いに羽を伸ばしている。無論、きちんと治安維持に努める者もいるのだが。

「はいはい、ちゃんと並んでねー。まだまだご飯はあるからねー!」

輝かんばかりの笑顔で声を張るのは劉備。

「あらあら、張りきっちゃって」

「なに、可愛いものじゃろうて」

その様子を温かく見守るのは黄忠と厳顔である。

「でも、中々できることじゃないわよね」

黄忠はそう言って目を細める。なんとなれば、劉備は乱れた洛陽。そこで困窮する民のために炊き出しを行っているのだ。それも、驚くことに自らの兵に宛がわれた兵糧を供出して、だ!

「そうさな。わが身のみを考える者ばかりの世情で、あのような娘もいる。中々に捨てたものではないな」

そしてその劉備の炊き出しに黄忠と厳顔は深く関わっている。黄忠は荊州より運搬してきた糧食の一部を融通し、厳顔は関係各所への根回しと、作業に当たる人員への指示統括で、だ。

「ええ、そうね。ほんと、そう思うわ」

そしてその劉備がご主人様と慕う青年について自然と語り合う。

「不思議な男の子、よね……」

「然り。皆が笑って暮らせる世を、か。劉備にしろ、北郷一刀にしろ、ああまで理想に向かう姿は眩しいものさな」

ふ、と笑い合う。

「禁裏までもが血に染まる。劉姓として思う所もあるでしょうにね……」

「ほう、思う所があるのは貴殿ではないのかな?」

黄忠は厳顔の問いに曖昧な笑みで応える。だが。

「でもね、ああまでまっすぐに求められたら、ちょっとは心が動かない?」

貴女たちの力が必要だと、愚直なほどに。
北郷一刀、そして劉備から誘われたのだ。道を同じくしないか、と。

「まあ、今更地位や名誉を求めようとは思わぬが、な……」

流石に、と言うか、だ。

「せめて太守くらいになってから言ってほしいものだが、な」

恐れを知らぬとはこのことであろう。何となれば黄忠も厳顔も皇族と言っていい程に由緒正しい劉家に仕えているのだからして、と厳顔は苦笑する。

「あら、でも、あの子、ね」

くすり、と黄忠は艶やかに笑う。

「錦馬超にも粉をかけたらしいわよ?」

「なんと!」

厳顔は驚愕する。まさかに、名門馬家の当主に?

……正直その場で切り捨てられてもおかしくはない所業だな、と厳顔は言葉を失う。

「それでね、まんざらでもなかったって話よ?」

「なんと」

わけがわからない。厳顔は内心頭を抱える。馬家を背負う小娘はもっとこう、短慮で狭量であったと思うのだが。だからこそ、韓遂さえいなければ主である劉焉は涼州すら手に収めることも容易であると思っていたのであるが。

「天の御使い、か」

「何、それ?」

かつて主君から聞いたことがある。天に愛され、竜が如く雲を集めるという希代の英雄の相。天運の相であろうと。天の御使いとも呼ばれる時代の寵児となるべき英傑。

「いや、なんでもない。
 ……で、話題の北郷一刀は?」

劉備に給仕なぞさせてどうしているのか。

「さあ?何か気になることがあるとかないとか……」

可愛らしく小首を傾げる黄忠に厳顔は苦笑する。一体世の男どもはどうしてこのように魅力的な女を放っておくのか、と。
……まあ、黄忠がその、厳顔の内心を知れば「お互い様」と苦笑したであろうが。

なんにしてもまあ、世はこともなし。まことに結構なことである。それは二人に共通した思いであった。


「何も皆殺しにすることもないだろうに……」

北郷一刀は、呟く。
諸葛亮がもたらした情報。宦官を誅滅したというそれ。その非道、悪逆に彼は心を痛める。
なにも殺すことはないじゃあないか、と。

諸葛亮にしてみれば、納得ではあるのだが。
様々な逸話から察する紀霊の性質において読み取れるのは激情。そして身内への愛情。
ならば、禁裏において武力を以って何進を排除した宦官。それを紀霊が放置するわけもないのである。
なんとなれば、彼が、否、袁家の幹部が溺愛する袁術が入内するのだ。気に入らぬからといって暗殺に走るような存在をかの怨将軍が許すはずもない。少し考えれば分かることである。まあ、それを進言して主の機嫌を損なう必要もないのだが。これは自分と親友たる鳳統が把握していればいいことである。

そして、その、北郷一刀は何をしているかというと、である。

「鈴々、くれぐれも気を付けてな」

「大丈夫なのだ。お兄ちゃんはどっしりと構えていてくれたらいいのだ」

気になることがあるとばかりに張飛と諸葛亮を引き連れて洛陽を巡ると言うのだ。いや、密かに慕う北郷一刀と触れ合う機会があるのはいいのだが、このタイミングでそれはどうなのだろうと思うのではあるが。あるのだが、自信に満ちた彼の言うことにはなぜか頷いてしまう自分がいるのだ。
ちなみに、この、混乱から立ち直ったばかりの洛陽に彼らが潜り込めたのは公孫賛の力添えあってのこと。袁家の助成にいち早く立ち、ことによれば馬家と矛を交える可能性すら飲み込んで至誠を尽くした彼女の、だ。
洛陽の困窮した民に炊き出しをしたいという劉備の願いは届き、そして。

「いや、確信はないんだけど、さ」

それでも、必要であると断じたのだ。天の御使いたる北郷一刀が。ならば、と諸葛亮は思う。まあ、彼女の叡智をもってしても「涸れ井戸と箪笥は要チェックだもんな」という北郷一刀の本意を把握しているとは言い難いのだが——。

「お兄ちゃん!あったのだ!これだと思うのだ!」


そして北郷一刀は、とある涸れ井戸から玉璽と七星刀を発見する。

そして時代は、加速する。強いられているかのように。

本日ここまでー

感想とかくだしあー

【system】
劉備陣営が【玉璽】【七星刀】を入手しました!

【玉璽】
所有者は政治100になる

【七星刀】
率いる部隊の攻撃力が二倍になる

やだっ…生投下に立ち会っちゃった///


天の知識ずりい・・・適当に井戸漁って政治力100とかあんまりだろ
政治力100が許されるのは姉殺しの哀しみ背負ったお尻様だけだ!

うわああああああああああ(゚Д゚;)

一刀はん覚醒モード入ってもうた


なんというか本当に美味しい所だけ取っていくよね天の御使いさんは。
世の中の辛酸(笑)や不条理(笑)を知って義憤に駆られるって感じなんだろうけど恋姫って
……基本死なないんだよなあヒロイン。一刀にとっての親しい・情を交わした人間は基本死なない。
雪蓮は孫家とヒロインを蓮華が引き継ぐから離別としては若干弱い。
嫁’sが死んでも相手が許せるのか・許す必要性から恨みを飲み込めるのかって重要。
理屈や損得で縛れないすぐ暴走する輩に総てを台無しにされるぐらいなら[ピーーー]って判断を是とするのは
そういう経験からだろうしなあ。

もうあいつら全員打ち首にしようぜ

投下乙、やっぱ皆探しちゃいますよねー、だれだって探す、俺だって探すわ。>>井戸
しかしまぁ度々、経緯飛ばして結果ばかり見せつけられると、曲解誤解にひねくれた?物の見方しちゃいますよね。
いちいち劉家軍に難癖は付けたくないけども…傷つかず皆が納得、満足できる解をしめしても、狂信、妄信などさせない限りどこかで誰かが汚れ仕事を引き受けないとならんのですよね、会えば解決、話せば解決すると思ったのかな?一刀くん?

乙です。
しかし、やっぱり北郷君は現実感を持っていないようですね。
まるで三国志を題材にしたRPGでもやっているかのようです。
これでネコババするようなら、北郷君の三国志知識は大した物じゃありませんね。
忘れていませんか?
玉璽は自分の物にしようとすると、江東の虎ですら逃げられない特大の死亡フラグですよ?

まぁここはあえて史実の小覇王に倣って、
朝廷に献上してその功を以て後に空白地となる荊州を頂くように臥龍鳳雛を仕向けるのでしょうけど。

でもこれ偽帝(死亡)フラグじゃない?
清廉さを売りにしているところが、それを売り飛ばすとか

……それともそれをネタに腹黒ロリ軍師が強請するのかね

Σ (゚Д゚;)待て、忘れがちだがアイテムの効果が解るのは俺等だけだ。彼らにとっては只の(という言い方も変だが)伝国の玉璽でしかない
そんな火種の元を「天の御遣い(笑)」なんて物に持たせておく危険を諸葛亮が犯す筈が無い。恐らく献上品として活用する筈
つまり現皇帝の元に玉璽が戻る訳で、劉備に実績を与えてしまうと言う事を考慮に入れても
のび太君が政治100になるのであれば悪くないのではなかろうか!?

乙です〜

二郎ちゃんがまさかの玉璽放置とか〜
いくらなんでも二郎ちゃんも知っていただろうに〜

まさかこれが主人公補正と言う奴なのか……
いっいやきっとこれは風辺りが仕掛けた罠に違いないw


そして、おっぱいおばけコンビも一刀側か〜
徐々に一刀陣営に人が集まりだしそうだし、本人も覚醒しそうな雰囲気がヒシヒシと……
しかし、ちびっ子軍師の自分達だけ知っていれば良いという考え方は主に対して不遜だけではなく〜
判断を誤らせる(ミスリードとも言う)君側の奸の思考に近いような〜
一応目指すところは大義だとしてもね〜

アカン
袁家滅亡ルートあるで

投下乙です
劉備陣営の現段階の玉璽入手が死亡フラグにしか見えない
ほら七星刀に八つ目の星が見えるんじゃないかな

争いのない世の中は劉備陣営がつくらなくてもいいのよ(震え声)

乙!
そう。普通なら玉璽なんて死亡フラグなんだよ。ふ つ う な ら
天の御遣いが玉璽を持つ。怖いなぁ、超怖い。
御遣い補正がかかってるからねぇ。ある意味催眠にかかっているとも言える二郎関係者以外の諸侯は
もし御遣いである北郷君と劉性を持つ劉備が玉璽を持っていることを知ったら、御遣いか漢室かどちらに従うんでしょうねぇ……

か、一刀さんとの和平交渉案は・・・・・・

無かったな(´・ω・`)

乙。
あれ、劉備(桃香)が炊き出ししてる食料って元々は袁紹領のもので、勝手に持ってきたものだったような…?
それを身を切って、みたいな言い方されてもなぁ。

今までの皇帝がみんな玉璽持って政治100だったならなんで王莽が台頭したりさんざ権力争いが起きたりしたん?(´・ω・`)

>>827
前漢が乗っ取られたのは王莽自身もすっごい有能だったから。皇帝になってからボケたけど
後漢は下のサイト見たらわかるけどガキンチョばっかで外戚に牛耳られたから有能な皇帝は目の敵にされて潰されてしまう
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~f-sinner/3th/001.html

乙です
おいおい一刀さんマジかよ……最悪の地雷に自ら突っ込むとか
袁術の偽帝ルートかそれとも孫策の独立ルートかどちらにしても勢力は一気に拡大しそうですね
まさに最終章、ここからどうなるかとっても気になりますね〜


これこのままネコババしたら終わる厄ネタですよね…ババ抜きのジョーカーって意味で。
井戸に落ちた玉璽って巡りながら持ち主に死をもたらした最高の死亡フラグです。本当にありがとうございましたww
これはどうなるかなぁ?蜀漢建国まで逝くんだろうなぁ…誤字にあらず。


蜀漢とショッカーって響きが似てるよね…
いや、だからどうしたってわけじゃあないけど

軍師組……
ほうれんそうの一部が欠けてるけどそれは臣としてマズいでしょ

そういえば、いつぞやの関羽フラグはどうなったんだっけ?

乙です。
劉備陣営強化フラグktkr!
これは三国プラス地味様で同盟組んで対抗するしかありませんね(チラッ

ワニの形見の七星刀は二郎ちゃんに使って欲しかったorz

いつも思うんだが、ここの軍師さん達って一刀くんのこと内心ですごくバカにしてるってか、見下してないか?
いや自覚はないんだろうけど
そのうち張姉妹と黄巾党みたいな状態になりそうな予感


あー、もうなんでこうなるかなあ
ロリ軍師も御使いもどんだけ俺の嫁の死亡フラグ積むのさ

乙乙
ふつーに漢王朝が元気なんで借りパクはできんからなあww
偶然手に入れましたと差し出してなんかご褒美貰う以外の手を使うと、何でお前隠しもってんのよと
死亡フラグが立ちかねないという。
一刀くんのゲーム感覚だとレアアイテムを手放す気にはなんないだろうなあというのが実に……。

今回の二郎ちゃんのポカはあれかね。
イベント知らなかった、知ってたけど忙しくて忘れていた、手に入れるはずの孫家ゲットしてたから
大丈夫だと思った、これくらいか。
これ以外だと外史ちゃんが隠匿して一刀くんの所にポップさせましたくらいしか思いつかんww

ちんこが活躍すると凄いレスが付くなオイww

あれ、今回参戦してなくてやばそうな人いたっけ
劉備さんを後年担ぎ出す予定の麋竺さんとか

 これ二郎ちゃんのの罠じゃないの

 玉璽、七星刀隠匿すれば処罰、提出すれば褒美の名の下袁家、曹家、孫家に囲まれた領地与えるとかの

>>840
システムがすんなり通してくれるだろうか?

これらを持ち逃げして劉焉の所に逃げ込んで乗っ取りかます腹かも
どうせ徐州に入っても四面楚歌で逃げられないなら初めからあっちに行くだろうよ

後から二郎さんがあれらは真っ赤な偽物、不逞の輩を釣る為の餌にすぎない!と公言したらそれまでだ

乙です、

魅力チートに政治MAX、さらに七星刀・・・
つーかこれじゃ一刀に勝てなくね、

七星刀は単騎戦闘力があがるわけじゃないから何とかなる気がする
あと精鋭部隊x2でもいいけど、どうせなら「戦いは数だよ兄貴!さらに倍プッシュ」の方がみたいなww

劉備陣営にラスボスフラグががががが
魅力と政治力がカンスト、恋が加入しちゃったら武力もカンスト!
恋、この肉まんあげるからコッチ(袁家)においで〜!!!!

つピザまん
触漢陣営の将もなびいている感じだし、早くも次の戦の気配がしてきたね

恋は協調性も政治力も皆無だから引き込んでもなあ。組織の一員という自覚を持てなければ足枷にしかならない
ちんこに落されてるから何時裏切るか解らんし斬るしか無いんだよな

ロリっ子軍師コンビが害悪すぎて悲しい

宮中がゴタゴタしてる時に劉姓が玉璽持ち逃げするとか皇帝僭称するつもりってとられてもしかたないよね
システムに汚染されてるのは捕獲したら即刻斬首だな

そもそも玉璽って一般人が正贋確認できるような代物じゃないだろうし
漢王朝より実力が上になって初めて効果を発揮する代物だと思う。
現に史実の袁術は偽帝扱い。

主君にとって耳当たりのいい進言しかしないってのは、主君を傀儡にしたいのかな?
気分を害したとしても情報がそろってないとちゃんとした判断もできないだろうに・・・

あと、玉璽はともかくなんで七星刀まで同じ涸れ井戸にあったんだ?
一緒に隠した意図がわからん

まあ原作でも朱里&雛里の頭脳的に董卓が悪人じゃない可能性は十分考えてたはずだしな。
蜀攻めだって、力づくで奪われないといけないほどの非のある政治とは思えないし。
そこを一切スルーしてたあたり、最終的に帳尻(理想)があえば経過は汚くてもバレなきゃOKみたいな解釈なんだろう。

 まあまだ隠匿するとも、提出するとも決まったわけでもなし

 両軍師の献策を楽しみに待とうぜ

反董卓連合の後の玉璽発掘と劉備さんの炊き出しは必須イベントと思うのです。
正直予想してた人も多かったんじゃないかな。
そして花粉がやばいので今日もヨーグルトマシマシでお送りいたします


>>811
しょっちゅうやっとるがなw

>>812
夏に利尻島に行こうかと思っています

>>813
はい

>>815
>なんというか本当に美味しい所だけ取っていくよね天の御使いさんは。
関係ないけど効率厨という言葉が浮かびました

>……基本死なないんだよなあヒロイン。一刀にとっての親しい・情を交わした人間は基本死なない。
萌将伝に至っては孫策さんも生存していますからね。これに関する考察はまた完結してからするかもしれません。

>>816
なんでさw

>>817
>やっぱ皆探しちゃいますよねー、だれだって探す、俺だって探すわ。>>井戸
そうだと思いますよ。自分でも探しますよw
マリオが土管潜るくらいに自然に探しますよ

>会えば解決、話せば解決すると思ったのかな?一刀くん?
話せば分かると思いますよ(物理)

>>818
>これでネコババするようなら、北郷君の三国志知識は大した物じゃありませんね。
>忘れていませんか?
>玉璽は自分の物にしようとすると、江東の虎ですら逃げられない特大の死亡フラグですよ?
そういやそうでしたね。
まあ、彼がこれをどう扱うかは……決まっています。
解答は作中にて

>>819
作中対応します

>>820
>彼らにとっては只の(という言い方も変だが)伝国の玉璽でしかない
今回何か一番吹き出しましたw
只の玉璽w 新しいw
まあ、高架については流石に見通すキャラはいませんとだけ

>>821
>二郎ちゃんがまさかの玉璽放置とか〜
>いくらなんでも二郎ちゃんも知っていただろうに〜
お、おう。
作中対応します。

>いっいやきっとこれは風辺りが仕掛けた罠に違いないw
どんだけ万能やねんとw

>>822
はい

>>823
>ほら七星刀に八つ目の星が見えるんじゃないかな
うわ、めっちゃ使いたいかもしれない。見えるだろう、あの星が!”

>>824
>そう。普通なら玉璽なんて死亡フラグなんだよ。ふ つ う な ら
玉璽が死亡フラグと認識されている恋姫SSがかつてあったろうか。少なくとも一ノ瀬は知らない(震え声)

>>825
まだだ、まだ終わらんよ

>>826
>あれ、劉備(桃香)が炊き出ししてる食料って元々は袁紹領のもので、勝手に持ってきたものだったような…?
官軍から拠出されておりますので大正解ですね。一部は荊州から来てますけど。手弁当は荊州からの子連れおぱいくらいかな

>それを身を切って、みたいな言い方されてもなぁ。
原作準拠です

>>829
>袁術の偽帝ルートかそれとも孫策の独立ルートかどちらにしても勢力は一気に拡大しそうですね
一応賽は振られました

>まさに最終章、ここからどうなるかとっても気になりますね〜
最終章に突入するのは多分来月(震え声r)

>>830
>井戸に落ちた玉璽って巡りながら持ち主に死をもたらした最高の死亡フラグです。本当にありがとうございましたw
なんでや玉璽とか普通に道端のツボとかに入ってるやん(無双)
webでは課金したら買えたしな

>>831
>蜀漢とショッカーって響きが似てるよね…
その発想はなかった。

つまり北郷一刀のとこに本郷猛が合流すると……。IQ300だか600だか……。

>>833
>そういえば、いつぞやの関羽フラグはどうなったんだっけ?
まだ反映されてないけど実装されてます。
あだやおろそかにはせんよ

>>834
>ワニの形見の七星刀は二郎ちゃんに使って欲しかったorz
ネタバレ:賽子が……

>>835
旧スタートレックと新スタートレックのメカニックの意識の差、みたいな(鯨)

これで伝わったらすごいなと思いながら

>>836
え?死亡フラグ(真顔)?
大丈夫さー

>>837
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ(震え声)!
あと、外史さんとかいないからw

>>838
激しく同意

>>839
麋竺なんていないよ

>>840
作中対応します

>>841
systemさんはそんな介入できません(マジ話)







展開予想はwelcome

>>842
>これらを持ち逃げして劉焉の所に逃げ込んで乗っ取りかます腹かも
それはそれで面白そうですねえ。

>後から二郎さんがあれらは真っ赤な偽物、不逞の輩を釣る為の餌にすぎない!と公言したらそれまでだ
それくらいは普通にやりますでしょうねえ

>>843
>魅力チートに政治MAX、さらに七星刀・・・
盛り上がってきました?

>>844
>七星刀は単騎戦闘力があがるわけじゃないから何とかなる気がする
うむ!

>>845
>劉備陣営にラスボスフラグががががが
な、なんだってー(棒)

>>846
>触漢陣営の将もなびいている感じだし、早くも次の戦の気配がしてきたね
気配だけ!気配だけだから!

>>847
>恋は協調性も政治力も皆無だから引き込んでもなあ。組織の一員という自覚を持てなければ足枷にしかならない
こら!ネタバレは駄目って言ったでしょ!

>>848
でも能力は確かです

>>849
汚染されてるのはどっちかっつうと……(苦笑)

>>850
お、おう。せやな。

>>851
軍師なんて多かれ少なかれそんなもんと思ってますががが。
はおーがスペック高すぎるだけとw

>>852
>原作でも朱里&雛里の頭脳的に董卓が悪人じゃない可能性は十分考えてたはずだしな。
そういうことですね。意外と原作リスペクトしてるはずなんですががががが

>>853
お楽しみに!
でも展開予測してくれてもいいのよ?



おお天啓キタコレ。

洛陽の混乱に乗じて御使い()と大徳()が盗み出したに違いない!
違うというなら証明してみせよ!とか難癖付けて劉備一行全員を斬首刑にしよう(提案)

>>860
悪魔の証明キタコレ

「こ、これが伝国の玉璽……」

流石の諸葛亮も目にするのは無論初めてである。そしてその重要性を把握しているのはこの場できっと自分だけであろう。四百年にわたって連綿と続く漢朝。その権威を担うのがこの玉璽なのだ。
触れたいような、触れたくないような。その、内心の逡巡を身体は裏切る。気づけば両手を伸ばして。
それを見た張飛が無造作に放り投げる。

「わ、わ!」

取り落しかけて諸葛亮は必死に受け止める。

「ひゃ、ひゃう……。 
 ご、ご主人様。玉璽に七星刀。いずれもお金では買えない、秘宝です。どうするおつもりなのでしゅか……。
 あ、噛んじゃった」

はわわ、と狼狽える諸葛亮の様子に笑みを漏らしながらも北郷一刀は答える。

「そうだな。とんでもないお宝だ。漢朝にとっては特に、さ」

だから、さ、と北郷一刀は笑う。

「きっとさ、これだけの貴重なお宝だ。きっと月と詠を購えると思うんだよ」

「ご主人様……」

「流石お兄ちゃんなのだ!」

諸葛亮と張飛はそれぞれに反応する。そこに含まれる音響には差異があれども、共通するのは主への讃辞。

「早い方がいいでしょう。早速動きます。ええ、董卓さんや賈駆さん達はこのような……、このようなところで喪っていいわけがありません」

救わなくてはいけない。救えるかもしれない。救えるだろう。いや、救うのだ。
董卓を、賈駆を。呂布を、張遼を。

「細かいところは朱里に任せるから、さ」

頼んだ、と頭を下げる北郷一刀に諸葛亮は胸を熱く。

皆が笑える世を、是非に。

「はあ?」

思わず、それがどうしたと答えようとして自重しました。二郎です。皆さまお久しぶりです。やはり原作主人公には人気で及ばないこの身ですが頑張っていこうと思っておりますとか耳に入った情報から逃げたくて仕方ないのですが結局俺が判断せんといかんということで頑張ろうと思います。くすん。

「おや、聞こえませんでしたか?ではもう一度ご報告いたしましょう。玉璽が行方不明とのことです」

淡々と稟ちゃんさんが繰り返す。
漢朝の権威を担保する玉璽。それがないとなれば結構な大ごとではある。あるのだ。稟ちゃんさんがわざわざ俺に報告するほどには、だ。
なんとなれば、勅命を発するにも玉璽がないと話にならない。劉弁様の身柄を確保したアドバンテージが活かせない。

「よく探せとしか言えないんだが」

そう言いつつも、これは見つからないんだろうなあと思う。多分どっかの井戸の奥に沈められてるんだろう。三国志的に考えて、三国志演義的に考えて。とは言え、だ。

「井戸の底を漁れとか言えないし、なあ……」

ぼそり、と呟く声を流石の稟ちゃんさんも聞いてはいないだろう。つうか、洛陽に井戸が何個あると思うか!そんなのの調査とかやってられるかよ!そんな人手があったら七乃に託すわ!つうか怒られるだろうなあ。深く。

うん、怒られるならまだましで、何かこう、俺の想像もつかない手段で精神攻撃をごりごりとしてきそうである。
いや、七乃だけじゃあない。風も稟ちゃんさんも激怒コースだろう。

「まあ、ないなら仕方ないさね。ないモノは造るしかないだろう」

いいさ、と俺は思いきる。

「散逸したと断じるしかないだろう。目端の利いた宦官が持ち逃げしたんだろうさ。
 とは言え、その発見を待ってたら国が動かん。発見者には厚く報いるとしよう」

それでいいか、と視線で問うと稟ちゃんさんは深く頷く。

「せっかく治まったんだ。洛陽の平穏を乱すような要因は潰しておこう」

風が上手くやってくれた。外部から軍が進駐するのだからして相応に混乱やら反発やらがあると想定していたのだが、そのようなものは全くと言っていいほどになかった。
まあ、袁家にたてつく愚昧はこれまでの経緯でつぶされているはずだ。

なにも伊達や見栄で大兵力を動員したのではない。

俺は、本気で袁家単独で董家軍と、そして諸侯軍と遣り合うつもりだったのだ。
それだけの軍勢を動員した。無論それは抑止力を第一としていたのではあるが。それでもやるべきことはやった。と思う。
万が一にも逆らうアホな勢力がいたならば全力で、無慈悲なまでに叩き潰すはずであった。
それを見た諸侯が逆らう気を失くすくらいに苛烈に攻めたてる目論見であったのだ。

それが穏便に済んで、誰より安堵しているのだ。
人死には、嫌だもの、な。

そんな俺に、とある申し出がもたらされる。
誰あろう白蓮からの、だ!

「北郷一刀が、会いたいらしい。なんとかならないか?」

俺は別にというか、会いたくないんだよ。
結構、本気で、だ。

本日ここまでー

感想とかくだしあー



いやあ、面白味のないお話でしたね
劇的な展開とかできる方を尊敬しちゃいます


がんばりぅ

それか——
自分たち軍師以外を見下してる……というかすべて自分たちの掌の上よ!
紀霊? ああ、あの燕雀っぽいやつ?
私たちが本気になって策をたてれば袁家のひとつやふたつ!
でも掛け算する薄い本を発行してる部門は例外ね。
とかいう感じで落ち着いて見えるんだけど。

アチャー (ノ∀`)
最後の最後で詰めを誤る二郎ちゃんorz
歴史の知識が生かされないあたり、玉璽のアイテム効果が早速発揮されたんだろうなぁ。。。

乙です
まさか日付を越えてから更新があるとは・・・

やはり一刀くんは月ちゃんたちを救おうと動き出しましたか。
玉璽の重要性を考えたら恩赦も可能だろうけど、恩赦をしたら治まりかけてた平穏が乱れそう。
反逆の大罪人として裁かないと漢王朝の面子もたたないし・・・


ちんことの面会先延ばしにしてそれっぽいハンコ急いで作って勅命で登録しちまえ

二郎ちゃんもアッテンボローしてらんない大問題
そして引き続き「稟ちゃんさん」とややこしく呼ばれる稟ww

にしてもこのいいところで日曜挟むとかいっちーの鬼!鬼畜!文家先々代!

つか、神の目線だからやってくれたな御使い()なんだけど、外史世界内から見ると意味不明じゃね?

表向きには

・董卓が権力握って好き勝手しました
・皇帝までないがしろにしだしたのでみんなで懲らしめました
・突然配下だった傭兵団が玉璽を持ってきて『これをやるから董卓を許してやってくれ』と言い出します…? ←もうすぐココ!


なあ、こいつら味方のフリしてたけど実際は董卓の手下やったん?
董卓軍と戦ってたのはヤラセか?


ってなんね?

乙したー

ついに直接対決?
和平交渉か、はたまた真っ向勝負か。

玉璽奪った罪と月ちゃん操ってた反逆者の汚名をなすりつけて断罪、ってパターンが一番最良だと思うけど上手くいきそうに無いなぁ・・・

一刀が安々と玉璽出す訳ないし、使い方だってロリ軍師が効率良くやるだろうな

ともかく死亡フラグの塊(一刀には効きそうに無いが)である玉璽をどう突破口にするかが今後を左右するよねー( ・_・)

乙でした

ひさしぶりに張飛が喋っているのだと・・・
目立たないキャラが急に出てくるとそれは何かフラグに違いない(断言)

ところで関羽さんと劉備さんは玉璽のこと知ってるんだろうか・・・

董卓ぬっころしにいこうぜーって集まった諸侯群から
玉璽やるから董卓助けろーってのが出たら
持ち出した(盗み出した)のはお前かー

と普通なるだろう常識的に考えて

ロリ軍師気づいてー超気づいてー

これは諸侯がどよめくだろうなぁ。
だって理解できないもの。玉璽という最高の札を切って最悪のブタ(董卓)を引き入れるとか。華琳や雪蓮でも理解不能レベル。
つーか土地や金や地位貰う方が民や今までついてきてくれた味方のためになるし。お題目的にも沿うんですよね。
この辺、原作の愛紗を渡せないから民を含めた全軍に危険強いるよ!と全く同じだよなぁ。
特定の思い入れのある個人のために、全体を無意識に犠牲にしてる。お前らの言う幸せにしたい皆って誰なんだよと。

でもコレ逆にチャンスなんじゃね?

この場で董卓処刑できなくなるとしても、主な諸侯に相談するとか言って玉璽と董卓交換するよと通達。
劉備達が喜んでいる所で後から適当な罪状でっち上げて劉備ごと董卓誅滅っと。
元大罪人が居る軍勢なんぞ、いくらでも罪状でっち上げ出来るだろう…流石にムリか。

しかし最近劉備の存在がホント空気だなぁ。
劉備軍というよりも一刀軍になってるし、これ実は劉備死んでるのでは…ww

きっと一ノ瀬氏が劉備書くの苦手なだけだろうと思うけどもww

賊と内通しているっつー噂もありますしな。
なんやかんやいって助けられるなら助けたいだろうし、二郎ちゃんとしても悩ましいお話かと
どちらにしろ、また陸遜さんがときめくのうw

後ほら、桃ちゃんは誰ぞの嫁で俺の獲物だから出番のために力を溜めているんだよ……。
異能パワーが無意識発動ポイから変なところで目立つとヤバイってのもあるかも知れないが。

乙です。

しかしこの諸葛亮、本当に為政者を志しているんでしょうか?
厳格な法家であるなら、それが国を治める上でどれだけ悪手か解りそうなものなんですが。
まぁ自分と関わりのない国だからこその判断でしょうね。
何故なら、彼女が二郎と同じ立場に立てば法の順守に則ってその要求を蹴るのは間違いないでしょうから。

情動を法の上に持ってくるのを是として動いてるなら疑問ない行動

しかしこれ、朱里&雛里は天下統一したとして最終的にどういう青写真描いてるんだろう?
首都の政治と大まかな法制定のみ桃香と一刀に好きにやらせて、他の目の届かないところは
桃香&一刀の理想(と朱里&雛里が解釈できる範囲での)独裁政治とか?
…あかん、二代目の資質と教育次第で即戦乱逆戻りコースじゃないか。

これさ、純粋に第三者視点で言わせてもらうけど隠し場所を宦官から聞いてたとしか思えない。
つまり天の御遣いは宦官と共謀して現王朝に対して反旗を翻すつもりだったのだ!
何故知ってた?という疑問に天の知識と答えたならばそれこそ今回の漢王朝の危難を自身らの栄達に利用しようとした卑怯者だ!!と流布できるしね。
相手が補正使ってくるなら徹底的にこき下ろして磨り潰してやろう…後世に汚名だけを残して憤死させてやれ。

探せって命令も出てないのに井戸あさって見つけたってなると
何でそんなことしたんだよってなもんで確かに胡散臭く感じる
原作での助命は周囲にバレずに引き込んだからこそ可能だったわけで
もとより返して当然のもんを返したからって恩赦を引き出せるとも思えないし…
よしんば引き出しても今後の蜀のプラスになるとも思えない
見通しが甘いのか、漢が滅ぶのは彼にとって規定事項なのか、ゲーム感覚が抜けないのか
一刀の最終目標がいまいち分からんね

乙です

どうですかね。表向きの交換条件は別に吹っかけて、荊州あたりくれって言うと思いますよ。これはこれでお尻様とのことがあるからややこしいですが。
あるいは見つけたのを月と詠ちゃんにするかもしれませんね。それならギリギリ死なないように持ってけるかな。
自分達に利益全く無しでって言ってくれば理想に殉じた取引ですけど軍師的には許せないだろうし。
二郎ちゃんというか袁家的に恋が敵になる可能性は排除したいですよね。さあどうするし。



ぶっちゃけ二郎ちゃんに一刀と会う義理ないよね
高々一工場の長が今でいうなら大企業の専務クラスにアポなし面会とか
袁家のメンツ的にも受けれないでしょ
二郎ちゃんの官位はよくわからんけど
太守以上州牧未満ってかんじでしょ、権限的に
一刀は自分は「特別なんだ」って無意識化で思ってるのかね
自覚無い分たち悪いけど

それに一刀白蓮のこと利用しすぎ
洛陽に入るのとか他にもこの連合でいろいろ手助けしてもらってるのに
まだ利用するとか貰ったものを返す気あるの?
なんどもなんども取次させられる白蓮が可哀そう

ギブアンドテイクが成り立ちそうにないんだけど
恩を恩とも思わない恥知らずなのか、こいつ

>あるいは見つけたのを月と詠ちゃんにするかもしれませんね
これやったら余計に罪が重くなるんじゃね?
そもそも玉璽って皇帝とそれを管理する役職の宦官しか持てないはずだし


白蓮さんNoと言えない子だから……
基本的に外史での役割自体「劉備にとって都合のいい子、完!」だし。

どうにも御遣い&劉備関連で白蓮の利敵行為が目立つな。
あまりお痛がすぎるようなら再教育の必要があるかもしれない。

なんか最近ただのメッセンジャーになってるよな
そういえば劉備の宝刀って結局返したんだっけ?
返してないならあれとなんか適当に名前だけの官位あげるとか
さすがに釣り合わないかな?

一応親友のハズの劉備をひょいひょい見捨てる白蓮も見たくないから痛し痒し。
外付けのお断り回路に期待しようw

なんだかなー、とってもなんだかなー。

気を取り直して真面目に考察すると、第三者からすれば色々な疑問点や問題点がずらずらと。
判るはずもない井戸の底にどうしてあると思ったのか。
しかも玉璽だけとかならともかく何進が死ぬ間際まで佩刀していた七星刀まで何故ある?
暗殺実行部隊だったとか何らかのスパイ行為の報酬とか横領か。董卓サイドの疑いあり。

操られていたとは言っても自分達の命惜しさに世の平穏を乱し、忠臣達を殺し、降伏するどころか戦を起こした董卓の助命嘆願。
玉璽は確かに大義名分としてはひっじょーに有用なんですけど名分だけで中身がなかったりする。
後ろ盾として軍事力・経済力がないと意味がないので有象無象が使うならそのまま踏み潰してもいいし、
袁家と他家は圧倒的な差なので無視して新たに玉璽を作っても問題はない。
むしろそれと交換に明らかに罪のある人間を許す方が法と条理を破ることになって問題。
玉璽と交換に皇室に乱をもたらした人間を解き放てというのは釣り合わないわけで。

一番の疑問は明らかに間違っている方針や現実に則していない理想を元に政治100の能力を発揮するとどうなるんだろうということ。
洗脳国家か自己の矛盾を突きつけられて人格崩壊かどっちなのだろうw

乙ですー。

何で貴様ら(野盗)が玉璽と七星刀を持ってるって詰問されたらヤバイんじゃ・・・?
劉備陣営ってあんまり風聞良くないと思うし、この先の展開がとても楽しみですww

中山靖王の末裔(自称)→喪失した玉璽→ニッコリ

(´;ω;`)地味様・・・都合の良い女扱いされとる

というかこれ、主人公からすれば普通に断っていいんじゃね?
案件の都合上「玉璽と七星刀持ってきたから会わせろ」とは一刀は言えない。
で、ある以上用件は「とりあえず顔をあわせてから言う」としか言えないわけで。
なら白蓮からの頼みでも状況的に断る正当な理由になるから、骨は折ったけど無理だったって彼女に言わせれば全部丸く治まる気がする。

乙です〜

あれ?これって〜
袁家のみで宮中に → 宮中にあるはずの玉璽行方不明 → 御使い玉璽持参
今までの、後方で襲撃されなかった事など、色々疑われたいた事もあるし、
二郎ちゃん以外の人から見たら普通に、見使い一行が宮中と繋がっていたと見なされるような〜
ちびっ子軍師がそれに気付かないのだろうか?
玉璽発見で利用価値ばかりに目が行ったかな〜それとも逆転の手でも考え付いたのか〜

地味様はいい加減、一刀との縁は切った方が良いと誰か理解させないとだね〜
多分長門あたりが言ってはいると思うんだけどね〜
まあ、明確に袁家と敵対する事になれば地味様は袁家に付くと思うけど〜

そして、この一刀くんの行動を愛紗とか知っているのかね〜

この席に、はおーとかお尻様とか同席していたら何気に面白い事になるようなw

「恋、昼寝しないか?気分転換も必要だと思うんだ」
「復讐心は悲しみの連鎖を生むだけだよ、翠」
「確かに詠の判断で多くの血は流れた。でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない」
「月と詠を罰する?…でも、それも原因の解決にはなりませんよね?」
「こんなにも蜀とそれ以外で意識の差があると思わなかった…!」
「これじゃ俺、みんなが笑って暮らせる世界を作りたくなくなっちまうよ…」

このスレにおける一刀君へのヘイト溜まりっぷりは
ひょっとしてミストさんに近いものがあるんじゃないかなと思い始めた今日この頃

前に>>1が一刀は普通の高校生で身分への意識が薄いからフラットに付き合えるって言ってたけどさ
さすがに高校生ともなればTPOって言葉は知ってると思うんだよね
体育会系の部活なら先輩後輩っていう身近な上下関係もあるだろうし
まあ原作通りって言われればそれまでなんだけどさ

御使いならば仕方がないって意識は二郎さんが追求することで晴らされるだろうね
原作補正を突き破るのがバグたる二郎さんの本領発揮ですからそこに疑念の種を植えるのが最上
願うならば謁見の間で諸侯環視の中やってほしいわ。二郎さん(+風)の追求でボロが出まくるぞww

まぁどうせ今回もスレの望むような展開にはならず、二郎フルボッコ&一刀大勝利で終わるだろ。

確かに、一貫してカタルシスのない展開が多いよねえ。
読者に特定キャラに対するヘイトや物語そのものへの鬱憤を溜めるだけ貯めこませておいて、
それを発散させる機会を一向に与えてくれないんだから、いい加減うんざりもするし、
「どうせ今回も……」というある種の諦めの境地になる。

春だなあ

劉備陣営が萌芽する段階で叩き潰そうとするとどうしても袁家の大きさが邪魔になるのでしょうがないっちゃしょうがない。
武名がない状態だと世間的には蟻一匹にユニコーンガンダム持ち出すようなものだし。
暗[ピーーー]るには張飛・関羽の武力に邪魔されて桃香に魅了されてミイラ取りがミイラになって帰ってくる可能性が大。
ただ義倉の横領とか礼の国で不敬罪とか色々やらかしてるのに罰せられないのはちときつい。
相手が話を聞く人間的な模倣をするだけで実際にはなんにも反省していないどころか逆恨みするのが余計に。

明日は歓迎会なのでお休みいただきます
今日は微妙。既に眠いす

>>870
まあ、伏竜か鳳雛か。どっちか手に入れたら天下を取れるそうなので

>>871
>アチャー (ノ∀`)
(´д`)

>>872
>まさか日付を越えてから更新があるとは・・・
がんばりました

>やはり一刀くんは月ちゃんたちを救おうと動き出しましたか。
はい。

>反逆の大罪人として裁かないと漢王朝の面子もたたないし・・・
そうですねえ

>>873
名案ですねw

>>875
>「稟ちゃんさん」
なんでこうなったかは語らない>>876


>にしてもこのいいところで日曜挟むとかいっちーの鬼!鬼畜!文家先々代!
少し頭冷やそうか……

>>876
>・董卓が権力握って好き勝手しました
>・皇帝までないがしろにしだしたのでみんなで懲らしめました
>・突然配下だった傭兵団が玉璽を持ってきて『これをやるから董卓を許してやってくれ』と言い出します…? ←もうすぐココ!
公式見解としてはこうなりますね。
二郎ちゃんがどうするかは実は日曜に賽子の女神が降臨しております。明後日くらいまでにはなんとか。

>>877
>ついに直接対決?
もごもご

>ともかく死亡フラグの塊(一刀には効きそうに無いが)である玉璽をどう突破口にするかが今後を左右するよねー( ・_・)
そうなのです……よね……(遠い目

>>879
>目立たないキャラが急に出てくるとそれは何かフラグに違いない(断言)
鈴々の持ってるフラグと言えば……っ!

>>880
はい

>>881
>玉璽という最高の札を切って最悪のブタ(董卓)を引き入れるとか。華琳や雪蓮でも理解不能レベル。
哀しいことですねえ。親しい人を救いたいだけなのにそれが分かってもらえないなんて

>この辺、原作の愛紗を渡せないから民を含めた全軍に危険強いるよ!と全く同じだよなぁ。
あ、はい。
そして続く言葉は結構重要なとこですよね。

>>882
>劉備軍というよりも一刀軍になってるし、これ実は劉備死んでるのでは…ww
書くのが苦手と言うことはないのですが、まあ優先順位というか

>>883
>どちらにしろ、また陸遜さんがときめくのうw
おっぱいVSおっぱいですね

>>884
>厳格な法家であるなら
儒ですね、どっちかと言うと
法家なのははおーですな

>>885
そういうことなのです
それを魅力的に描写できていないのはまあ、筆力ということで

>>886
天下統一もなにも、蒼天に揺るぎはないのですが

>>887
そう決めつけることも可能ですねえ

>>888
>何でそんなことしたんだよってなもんで確かに胡散臭く感じる
二郎ちゃんとしては動くに動けないと言うか、リソースそこに割きはしませんわな

>原作での助命は周囲にバレずに引き込んだからこそ可能だったわけで
顔も知られていないという状況もありましたね

>一刀の最終目標がいまいち分からんね
え。皆が笑って暮らせるように頑張るのですよ

>>889
>表向きの交換条件は別に吹っかけて、荊州あたりくれって言うと思いますよ。
軍師あたりはそこまで視野に入れているかもしれませんが、桃ちゃんと一刀さんは本心から月ちゃんを助けようと頑張っています

>>893
>ぶっちゃけ二郎ちゃんに一刀と会う義理ないよね
義理も義務もないですな
ただし、地味様のお願いを無下にはできないっていう

>白蓮のこと利用しすぎ
ほんとうですよねえ

>恩を恩とも思わない恥知らずなのか
恩と感じているか、というのは検討する価値はあると思いますね。
友達だから助け合うのは当たり前ということで

>>895
>白蓮さんNoと言えない子だから……
>基本的に外史での役割自体「劉備にとって都合のいい子、完!」だし。
はい。
そうなんです。そうなんですよね。
ただし、原作と違う点もあるのですががががが。

>>896
>どうにも御遣い&劉備関連で白蓮の利敵行為が目立つな。
敵なんていないんやで

>>897
>そういえば劉備の宝刀って結局返したんだっけ?
これ多分書けてないですが、靖王伝家は返してなくて、雌雄一対の剣をあげてますという感じで一つ

>>898
>一応親友のハズの劉備をひょいひょい見捨てる白蓮も見たくないから痛し痒し。
ここで劉備さんのお願いを断るなんて地味様じゃないですからねえ

>外付けのお断り回路に期待しようw
           __
        ,..::::´:::::::::::::: :`:ヽ、
      ,r´:::::::::::::::::::::::::: : : : :.
     /::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :',
    了::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : l

      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      lィ::::lヘ:へ::|::::::::::::::::::::::::::::::「
     \ト、(ヽ::::|:::::::::::::::::::::::::::rノ

        ヽ´::::|::::::::::::::::_;、::ル′
         ` ‐lイ::::::::::ヽ
              /⌒ヽ、::::ヽ
           |::::::::::::::`¨´!
           |::::::::::::::::::::::|
           |::::::::::::::::::::::|
            ヽ__;:---─ヘ
           ヽ::::::::;、::::l´

               |:::::| |::::|



>>899
>判るはずもない井戸の底にどうしてあると思ったのか。
これは二郎ちゃんにも当てはまりますがw

>暗殺実行部隊だったとか何らかのスパイ行為の報酬とか横領か。董卓サイドの疑いあり。
そういう考察もできますな

>玉璽は確かに大義名分としてはひっじょーに有用なんですけど名分だけで中身がなかったりする。
少なくとも二郎ちゃんは仰る通り、そう認識しています。不遜ですがね。

>玉璽と交換に皇室に乱をもたらした人間を解き放てというのは釣り合わないわけで。
ほんと、そうですよね。二郎ちゃんもそう認識しております。まあ、濡れ衣ではあるのですが。

>>900
>(´;ω;`)地味様・・・都合の良い女扱いされとる
ほんまやで。でもしゃあないんや。いい人すぎるんや……

>>901
>というかこれ、主人公からすれば普通に断っていいんじゃね?
はい。
ただ地味様経由だから……。流石きたない孔明きたない

>>902
どもです

>二郎ちゃん以外の人から見たら普通に、見使い一行が宮中と繋がっていたと見なされるような〜
そのリスクを負ってでも助けたい。見上げたものじゃあありませんか

>地味様はいい加減、一刀との縁は切った方が良いと誰か理解させないとだね〜
ながもん、頑張れw

>この席に、はおーとかお尻様とか同席していたら何気に面白い事になるようなw
はおーがいたらすごいことになりますなw

>>903
なんだろう。
ほんと、蜀陣営の言動は原作準拠のつもりなんだけど、齟齬あるのかなあ・・・

>>905
>まあ原作通りって言われればそれまでなんだけどさ
原作から解釈した人格が動いていますので・・・

>>906
>御使いならば仕方がないって意識は二郎さんが追求することで晴らされるだろうね
ネタバレ:二郎ちゃんはウイルス(結構今更)

>>910
>二郎フルボッコ&一刀大勝利
それがスレの総意か……
よしきた

>>911
>カタルシスのない展開
がんばる

>>912
花粉が強いぜ

>>913
今回ほぼ満点の回答です。ありがつです。


色々ストレス溜まる展開かもしれませんが、ご容赦願いたいです。

なんかもう、あれですよ。
鰻が食べたいけど中国産ばっかりだから食えない!くやしい!みたいな(なにがなんだか)

【お知らせ】
ねむい

今日の投下はあれです。
いつも通り日付変更線をご参考ください。
やつがくる!来襲する!なむい!
たすけて!でも今からコーヒーとか飲んだらリアルが死亡する1

納得できる出来ではないのでやはり今日はお休み頂きます
ごめんね

明日はお休みいただきます

お疲れ様。無理はされないように

明日に期待してるからな

>>920

>>910
>二郎フルボッコ&一刀大勝利
>それがスレの総意か……
>よしきた
工工エエエエエェェ(´д`)ェェエエエエエ工工
どうしてこうなった。
僕は世間と周りに甘やかされまくった御使い()と桃が世間の荒波にぶち当たって公開処刑され、最終的にはレイプ目になって絶望する展開がいいれす。

プロット(笑)だしな

……下手なことは言わない方が良さそうですね。
何せ賽子の女神がご降臨されたそうですから。
外史は天の御遣いと彼を抱えた勢力の味方。
これで賽子の女神にまで敵に回られたら、二郎の未来は……

なんの音沙汰もないけど、今日もお休みかな?

早く続きは読みたいけれど、拙速な物は読みたくないというこの矛盾

今帰宅
今日はお休みいただきます
そして昨日は久しぶりに吐くまで飲んだ

>>927
まあ、流石にあれは冗談です

>>928
はい

>>929
>これで賽子の女神にまで敵に回られたら、二郎の未来は……
賽子の女神は中立です(力説
一応お話の骨格はできているので後は書くだけー
ルートもそろそろ固まりそうです。とフラグを建ててみる

>>930
本日お休みいただきまs

>>931
が、がんばるけん
ちまちまと書いてはいますが、キリのいいとこまでは到達できそうにありません

戦士一ノ瀬殿に敬礼ィィィッ!!

しっかり休むのだぞ(*・ω・)ノ


深酒は程々に

そういえばもう二年も続いてるんだな
よくここまで続いてるよ

日付変更線に勝った!
第五部完!
あとお茶漬け美味しい。永谷園侮れない。

>>934
休みました

>>935
二次会行ったのも全く覚えていない体たらくw

>>936
ほんと、コメントをくれる方のおかげです。
中々最初のような勢いはなくなってきましたがこの先もお付き合いくださいませ 。
一人でもレスをくれるかたがいる限りは走り続けます。

「なに、こっちはそれどころじゃないってのに」

つい、愚痴が零れる。なにせあれだ。新政権の一角を担うはずだった皇甫嵩と劉協という二大巨頭がいずれも死体で見つかったのだ。大混乱である。主に俺が。
七乃がなんか暗躍したのかとも思ったのだが鼻で笑われてしまった。美羽様の可愛らしさに比べたら路傍の小石に等しいんだってさ。すごいね。
まあ、七乃がやる時は俺に隠し事はしないはずだしなあ。ああ、どうせ禁裏になだれ込んだ俺の所業ってことになっちゃうんだろうなあ。積み上げた名声が台無しである。よかった、星がいてくれて。偶像的な英雄たる怨将軍はこれにてお役御免にするとしよう。

それはそうとしてどうしたものか。白蓮からのお願いとあらば無下にできないのではあるが気が進まないなあ。
つうか用件は何だっつの。それくらいは伝えろよとか色々と悶々としている俺でありました。そんな俺にまた厄介な報せがもたらされる。

「曹操殿がおいでとのことです」

げえ!華琳!

ジャーンジャーンと響き渡る銅鑼の音は幻聴である。多分。

「お忙しいようなら結構とのことですが……」

わざわざ出向いてきた華琳を追い返すとかどんな死亡フラグだよ!

「構わんさ。通してくれ」

気は進まないんだけどね。進まないんだけどね。ほんと。

「あら、二郎。私と会うのがそんなに嫌なのかしら。ひどい顔をしてるわよ?」

「うっせえ、地顔だよ。ほっとけ」

け、と吐き捨てる俺にくす、と華琳が笑う。

「珍しく荒れてるみたいね。でもね。私も荒れてるのよ?
 二郎、やってくれたわね」

にこり、と笑うその華琳が纏うオーラに俺のやさぐれてた気分は一気に霧消する。いっそ可視化したらいいのにと思うほどに何か禍々しいほどに練り上げられた覇気を背負い、華琳はその艶やかな唇を再び開く。

「やってくれたわね。何が、なんて言わないわよ。
 ええ、今更何のことだなんて言わないわよね?」

ゴゴゴ、と背に太字の効果音を背負いながらの華琳のお言葉に思わず俺はへへー、となりそうになる。
あれですよね。あれです。うん。宦官誅滅したことだよね。華琳の地盤となるはずだった宦官をぶち殺したことだよね。いや、怒るだろうなあとは思っていたけれどもいざ華琳を目の前にすると逃げ出したくなるなあ。
とはいえ、だ。

「分かってるさ。華琳」

はあ、とため息を一つ。

「だが、宦官誅滅について異議があるとしてもだ。俺は何度でも繰り返すぜ」

何度同じ状況があっても俺は同じことを繰り返すだろう。宦官を決して許すことはないだろう。

「そのことを以って、不満はあるだろうさ。だがな」

それによって袁家に仇なすならば。全身全霊で叩き潰す。そう、今ならば圧倒的な力でもって叩き潰すことが出来る。例え華琳と言えども、だ。戦いは数なのだよ。
尚も言い募ろうとする俺の機先を制して華琳は鋭く切り込む。

「そういうことじゃないのよ。分かってないの?それとも分かってて言ってるのかしら」

「……何がだ」

「一方的に私の権力の、飛躍の基盤になるはずだった宦官勢力を誅滅したわね?つまりそれは私と敵対するということでしょう?少なくとも世間はそう思うわね」

それで、と。

「本気で私と敵対しようというのかしら?」

まさかね、とあくまで上から目線の華琳。どうやら宦官誅滅そのものについては不問にするというようで。
まあ、あれだ。懐柔するなら受けてやらんこともないということだろう。実利を重視する華琳らしいことである。

「司空を用意している」

三公。漢朝においての最重要な地位。こともあろうに売官のために空白であった地位でもある。そして麗羽様の英断で袁家がそれを購おうとした地位でもある。
司空とは法を司る地位。法家たる華琳には相応しいだろう。

「へえ……」

色々と五月蠅い儒家の相手をさせるということでもある。無論華琳はそれを察したであろう。

「いらんか?」

「まさか」

法を司るということは、様々な案件においてその法的判断をするという地位。言ってみれば事象の正当性を握ったも同然なのだ。その地位を蹴るなぞなはいわな。

「でもね」

にこり、と。

「足りないわ」

な、なんだってー。

「ええ。散々虚仮にされたのですものね。二郎は忘れているのかしら。貴方達が無事洛陽を脱出できたのも私のおかげでしょう?だのに二郎ってば隙あらば私を殺しに来るんだもの」

ちょっとひどいのではなくって?

そう目線だけで問うてくる華琳に何を言えばいいのだろう。
あわよくば、と仕掛けた挑発を逆手にとって今や孫家に続く勢いのお手柄だ。なにせ不穏な動きを見せる諸侯軍を大人しくしやがったからな!さしもの稟ちゃんさんも悔しそうにしてたっけか。

「そう言えば、董家軍はどうなるのかしら。まさかに全軍誅滅なんてことはしないでしょう?」

軽やかに言葉を続ける。

「潔く降伏したものね。あれらも誅滅するのかしら?宦官みたいに」

きり、と心が軋む。ぎり、と歯を食いしばる。

「んなことはしねえよ」

そんなことをしたら自暴自棄になった恋一人でえらい被害が出るわ。
あれと遣り合うとかマジ勘弁願いたい。それに。

詠ちゃんとも約束したから、な。

「そうね。袁術殿入内。恩赦により董卓と賈駆の死罪でもって幕を引くというところかしら」

お察しの通りだ。そうなる。そうするしかない。

「哀れ董卓も賈駆もとことん利用されつくされる、というわけね」

それでも。それでも、だ。董家の将兵を助命するにはこれしかない。詠ちゃんのあの泣き笑いの表情がまた俺を苛む。
それくらいは、したい。それくらいに、したい。

「じゃあ、張遼を頂戴」

「なにい!」

「何よ。どうせ放逐するんでしょうが。だったら引く手数多よ。彼女には既に唾付けてるんだから。それくらいは骨を折りなさいな」

いや、確かに官職には留めておけないけどさあ。先を読み過ぎだろ。
ん?

「恋はいいのん?」

俺の好奇心からの問いに、は、と華琳は一笑する。

「いい?二郎。私はね。将帥が欲しいの。獣が欲しいわけではないのよ」

「お、おう」

果たしてこれが本音なのか、恋を手中に収めることに対しての各方面からの警戒を気にしたのかは俺には分からない。
ただまあ、勢いに押されたわけでもないのだが。放逐された張遼の進路については俺は口を挟まないことを確約させられた。

あれ。これって華琳のボロ勝ちじゃね?

これは。

七乃とか稟ちゃんさんとかメイン軍師にお説教受けるのかなあ。
というか、疲れた。華琳のマジ気迫とサシで向かい合うとかマジ勘弁願いたい。だって役者が違うし。

だから。

俺が申し込まれた面会に条件をつけるのも当たり前田のクラッカーってなもんである。

きっとね。

俺が北郷一刀からの申し出に付けた条件はただ一つ。

関羽のみ、目通りを許すというものである。

べ、別にあわよくばスカウトして華琳にお届けしてご機嫌をとろうとかこれぽっちも思ってないんだからね!

というわけで本日ここまでー

いやあ、まさかのはおー襲来でした

そして色々もってちゃったねえ

そして明日はおっぱいの出番ですよおっぱいですよ

賽子の女神の暗躍の一端を感じてください
更にやってもうたんや


感想とかくだしあー

乙したー

やっぱり星ちゃんはダメかぁ・・・
そしてはおー様のお仕置きタイムがスゲェwww


そうか、その手が有ったか!これで外付け政治100も天然知力100も相手にせずに済むし、
あわよくばヒビが入りかけてる関羽をget出来る可能性が!

しっているか はおーからは にげられない

あれ?この状況で玉璽を愛紗が持ってきたら愛紗の政治力が100になるのん?

乙でした

はおー様が許してあげるからお詫びをよこしなさい
とツンデレ気味におねだりしてるように感じるんですが・・・

はおー様はかわいいなあ

愛紗+眼鏡・・・あると思います!

愛紗→おっぱい→ロケット→北朝鮮→夢の国→お城→ラブホ

つまり次回は北郷君のNTR展開なんだよ!

乙。
勿論一刀もある程度朱里から応答質疑を一通り吹き込まれてから来るんだろうけど…
彼、脊髄反射で喋るところが多いからな。歴史知識を過信しすぎるところもあるし。
愛紗関連における大チャンスではあるな。

太尉が袁紹、司空が曹操。
で、司徒は誰になるんだろう。

乙です。

懐柔策に司空の座を用意していたら、(多分)白蓮の下に就けようとした張遼も取られたでござる。
……二郎をボコにしたのは一刀でなく、はおー様でしたか。
どうやら今回の賽子の女神は、とことん二郎の敵に回ったようで……

激情家の面がある愛紗だけと面会って、自殺志願があるとしか思えないんですが?
制止役がいない状態で宦官虐殺に関する受け答えを誤ると、サクッとヤられる可能性も結構あると思いますよ。
……ここまで二郎を疲労させて判断を鈍らせるとは、流石ははおー様のプレッシャーですね。

司徒については王允が皇甫嵩や李儒に加担していたので対象から外すとなると、
何進側だったことで現在は軟禁されている蔡邑先生が妥当な所じゃないですか?
その場合、十分な指導を受けられないまま師に去られる劉璋が凄く哀れです……


俺の嫁、なます切りどころじゃなくて嬲り殺しルート乗ってねっていうww



そういえば劉璋ちゃんどうなったのかね
もうかえったんだっけ?

乙です〜

はおーらいしゅう〜
じろうちゃんてんぱる
ちょうりょうがつれさられた
じろうちゃんぼこぼこ
ちんぽとだいとくはいや〜
とりあえずおっぱい

流石はおーって事ですかね〜
これで、曹家に騎馬軍団が加わるのか
ハイパー地味様VS神速の張遼
うん、武将の武力対決ではなく騎馬軍団対決なら見てみたいかもw

そして、愛紗だけとの会談で何が起こるのかね〜
二郎ちゃんウイルスによって出来た綻びが如何現れるのか
そのときに御使い&大徳とちびっ子軍師が何を考えるのか
気になりますね〜
特に今のちびっ子軍師は某オーベルシュタインの様な感じがするので
色々楽しみになって来ましたね〜


ダイスの神様が二郎ちゃんに微笑みますように……
そして、放逐された恋が御使いの所に行くのは避けて欲しいなぁ(チラw

はおー来襲のはおーサイド書いてたけど没
なのでネコミミの出番もまた没りました。ごめんね

さて、日付変更線との戦いが始まる……

>>942
>やっぱり星ちゃんはダメかぁ・・・
そんなことないんやで

>そしてはおー様のお仕置きタイムがスゲェwww
お仕置きタイムに爆笑したw

>>943
>これで外付け政治100も天然知力100も相手にせずに済むし、
そこに気づくとは、やはり天才か……

>>944
>しっているか はおーからは にげられない
こら、ネタバレは駄目って言ったでしょ!

>あれ?この状況で玉璽を愛紗が持ってきたら愛紗の政治力が100になるのん?
はい

>>945
>はおー様が許してあげるからお詫びをよこしなさい
>とツンデレ気味におねだりしてるように感じるんですが・・・
ちょっと訓練されすぎじゃないですかねえ・・・

>>946
うむ

>>947
なん……だと……(驚愕)

>>948
>愛紗関連における大チャンスではあるな。
はい

>>949
ひみちゅ
全問正解したら好きなキャラを優遇しましょう

>>950
>懐柔策に司空の座を用意していたら、(多分)白蓮の下に就けようとした張遼も取られたでござる。
まあ、あれですよ。司空という地位ははおーにも意外だったけど初手でそこまで出すのだったらとかっぱぎに入ったはおーが流石というかなんというか

>どうやら今回の賽子の女神は、とことん二郎の敵に回ったようで……
中立ですってw

>激情家の面がある愛紗だけと面会って、
蜀の姉者の役割も担っていますからねえ。無印の愛紗は何処へ行ったw

>流石ははおー様のプレッシャーですね。
ええい、なんだこのプレッシャーは!みたいな

>司徒については王允が皇甫嵩や李儒に加担していたので対象から外すとなると、
>何進側だったことで現在は軟禁されている蔡邑先生が妥当な所じゃないですか?
蔡邑先生を覚えているとは……!

>劉璋が凄く哀れです……
心からお悔やみ申し上げます

>>952
せ、せやろか

>>953
>そういえば劉璋ちゃんどうなったのかね
少女軟禁中

>>954
>はおーらいしゅう〜
以下、だいたいあってるw

>流石はおーって事ですかね〜
ここまで悉く先手を取られてもひっくり返しています。やばいマジはおーやばい

>そして、愛紗だけとの会談で何が起こるのかね〜
あらぶり給へ〜w

劉備たちにもたらされたのは何とも奇妙な報せであった。

「愛紗だけで……か?」

首を傾げるのは北郷一刀だけではない。劉備でも、北郷一刀でもなく関羽単独での面会の許可。それにさしもの諸葛亮と鳳統も整合性を見いだせない。
いや、そこに至った経緯を察するならばそれはすでに人外の域に達しているであろうけれども。

「愛紗ちゃん、お願いね!」

口々に激励の声が響き渡り、関羽は身を引き締める。
なんとなれば単身で敵地と言っていい場所に乗り込み、董卓たちを救わなくてはならないのだから。

「はわわ……。紀霊さんはあれで激情家です。くれぐれも短慮にはお気をつけてくださいね」

「あわ……。お任せいたしました……」

関羽が手にする札は余りにも少ない。い