シャア「アムロ。買い物に付き合え」(151)

アムロ「唐突だな」

シャア「実はな。ナナイに頼まれて買い物に行く羽目になったのだ」

アムロ「あの男に行かせればいいじゃないか」

シャア「ギュネイか。彼はまだ若い」

アムロ「で、何を任されたんだ?」

シャア「>>3>>5>>7だ」

iroha

すきやきの用意

シャア「女とだな」

アムロ「待て」

シャア「irohaとだな」

アムロ「待てと言っているだろ」

シャア「すきやきの用意をしろと」

アムロ「お前・・・合コンでもやるつもりか?」

シャア「そんなわけなかろう。ナナイの奴考えたな」

アムロ(紅い彗星も地に落ちたものだな)

シャア「女は適当に探せるであろう。後すきやきもだ」

シャア「だが・・・irohaとは一体どういうものなのだ?」

アムロ「自分で調べろ!俺は行くからな!」ダッ

シャア「待てアムロ!」


シャア「」ポツーン

シャア「しかし・・・irohaとは何なんだ」

シャア「ナナイが頼むもの・・・女性用か!?」キュルリーン

シャア(なんだ・・・!?この感覚は!?)



バナージ「待ってよオードリー!」

オードリー「バナージ。次は焼きそばよ!」



シャア「ほぅ・・・ミネバ嬢とバナージ君か。聞いてみるか」

バナージ「オードリー・・・もう何件目だよ・・・」ハアハア

オードリー「ここの焼きそばはもっさりしているわね」モグモグ


シャア「ご無沙汰です。ミネバ様」

オードリー「焼きそば食べているの。後にして」モグモグ



シャア「」

バナージ「あ・・・あの・・・?」

シャア「バナージ君 助かった」ガシッ

バナージ「痛ててて!いきなり肩を掴まないでください!」

シャア「すまなかった 無性にイライラしていたものでな」

バナージ(あっ・・・この人。結構メンタル弱いんだな)

バナージ「ところで・・・シャア・アズナブルが何の用なんですか?」

シャア「ああ。それでなかくかくしかじかで・・・」



バナージ「アムロさんには逃げられて、オードリーには無視されて・・・」

シャア「そうなのだ」

バナージ「それで買い物リストで分からないものって?」

シャア「irohaというものなのだが」

バナージ「ええっと・・・iroha?」

シャア「知っているのか?」

バナージ「い・・・いや!わか!わかりません!」(知っているとは言えない)

シャア「そうか・・・それではミネバ様にも聞いてくるとする・・・」ガシッ

バナージ「それだけはやめてください」

シャア「何故だ?」

バナージ「ええっと・・・それはその・・・」

シャア(何か隠し事をしているな・・・?)



オードリー「次はアイスクリームよ!バナージ!」ガッ

バナージ「ま!待ってよ!オードリー!」ダッ



シャア(また一人になってしまった・・・)ポツーン

シャア「ん?あそこにいるのは>>29?」

クワトロ

シャア「よく見たらガラスに映っている私であった>>35

降るフロンタル

フロンタル「シャア・アズナブル」

シャア「フル・・・・フロンタルか」

フロンタル「元気だったかね」

シャア「ああ しかし何故君はここにいるのかね」

フロンタル「ああ>>40にお使いを頼まれてね」

赤い彗星

シャア「私が使いなど頼んだ覚えはないが」

フロンタル「確かに貴公の命だと聞いたが」

シャア「相手はどんな奴だった」

フロンタル「女だったな・・・」

シャア(ナナイか!)ピキューン

シャア「それで何を頼まれたのかね」ドキドキ

フロンタル「これに書いてある」ピッ

シャア「紙媒体に書くとは。用意周到な事だ」ピラッ


買い物リスト
・にんじん
・だいこん
・じゃがいも
・LO
・Vジャンプ
・GUNDAM A


シャア(確かに今月号買っていないが・・・LO買っている事なんてわからないはず・・・)

シャア(まさか・・・部屋に!?)

シャア「忍ばれたか!」

フロンタル「どうしたのかね」

シャア「ナナイめ!」

シャア「何かの間違いだ!」プルルルル

フロンタル(電話か・・・)

シャア「おい!ナナイ!私はLOなんて・・・え・・・?ハマーン?」

ハマーン「突然電話して怒鳴ることはないだろう」ドキドキ

シャア「間違い電話だ。切らせてもらう」

ハマーン「待て!シャア!」

シャア「何だ。私は忙しいのだ」

ハマーン「LOとはなんだ?」ニヤニヤ

ハマーン「LOを至急調べろ!」コソッ 一般兵「ハッ!」

シャア「LOというのはな・・・」

ハマーン「どうした?言葉が詰まっているぞ?」

フロンタル「お困りのようだな」

シャア(こいつに変わって逃げよう!)

シャア「私の代役となってくれ」コソッ

フロンタル「貴方が望めば私はシャ・・・」

シャア「」ダッ

フロンタル(逃げたな。紅い彗星も・・・)

ハマーン「シャア?どうした」ニヤニヤ

フロンタル「ああ。少し考え事をしていてな」

ハマーン「」ピキーン

ハマーン(シャアのように聞こえるが・・・なんだこの気持ち悪さは・・・)

ハマーン「貴様は誰だ?」

フロンタル「私はシャア・アズナブルだ」

ハマーン「そうか。シャアか」ニヤッ

ハマーン「それでは質問に答えてもらおうか」

フロンタル「構わん」

ハマーン「ミネバ様の愛用されていた靴の色は?」

フロンタル「そんなことを何故聞くのだ」

ハマーン「シャアならすぐに答えられるはずなのだがな」ニヤ




シャア「・・・逃げてきたのはいいが・・・」

シャア「irohaって何なのだろうか・・・」

シャア「>>60か?あいつは」

リィナ

シャア(美しい・・・)



リィナ「お兄ちゃん・・・あの人怖い」

ジュドー「あの人・・・?」

プル「ジュドー早くいこーよー!」

ルー「次はこっちでしょ!」


ビーチャ&モンド「俺たちは荷物持ちかよ・・・」

意外と持ってるかもな

シャア(だが・・・あの隣の少年。何かを感じる・・・)

ジュドー「なんか悪い感じがする・・・ここからは早く逃げたほうがいいかもしれない」

リィナ「お兄ちゃん?」

ジュドー「大丈夫。お兄ちゃんが守ってやるからさ!」ドンッ

プル「私はー?」

ジュドー「ああ、守ってやるさ」



シャア「すまないが少年。そこの少女に聞きたいことがあるのだが」

ジュドー(来た・・・!)

ジュドー「俺が聞くよ」

シャア「すまないが、ある女性から使いを頼まれていてだな。一つだけ分からないものがある。多分女性用品であろう」

シャア「そのため、女性に聞きたいのだが」

ルー「私が聞いてあげるわよ?」

シャア「そこの御嬢さん」


ルー「私を無視するの!?」

シャア「irohaというものなのだが」

リィナ「iroha?」

ルー「」カァ・・・

プル「んー?」

ジュドー「ルー。顔赤いぞ?風邪でも引いたのか?」

ルー「な!なんでもない!」(聞き間違いよね・・・)

シャア「iroha」

リィズ「すみません・・・わかりません」

シャア「そうか。時間を取らせてしまったな、すまない」

リィナ「大丈夫ですよ」ニカッ

シャア「」(胸に響くこれは何だ!)

プル「あの人・・・気持ち悪い」

ルー「ええ・・・そうね」


ジュドー「どうした?」

ルー「ジュドーの馬鹿!」ベシッ

ジュドー「なんで俺が!?」

ルー「デリカシーのかけらもない!」ドゴッ

ジュドー「俺は何も言っていないだろ!」




シャア「またiroha探しの旅に出るのか・・・」

シャア「すきやきの具材は最後でいいだろう。女・・・そう言えば女も探さないといけないな」

シャア「女・・・女・・・・」キョロキョロ


リィズ「お兄ちゃん、あの人怖い」

シーブック「近寄らないほうがいいよ」

キラ「昼間から赤い人が居るけどザフトではなさそうだね」

ラクス「ええ。そのようですわ」

刹那「ガンダムガンダムガンダム」ブツブツブツ


シャア「あれは>>62か・・・声を掛けてみるか」(女キャラでお願い)

安価ミス>>73

kskst

シャア「あまり好ましくないが・・・取りあえず女性だ。声を掛けよう」

スメラギ「ええ。そうしたらねビリーが」

シャア「すまないご婦人」

スメラギ「ご婦人って歳かしらね」

シャア「すまない。貴女を買いたい」

スメラギ「な、何を言っているの?」

カティ「貴様!何を言っているのか分かっているのか?」

シャア「知らんな。私はただ欲しいと言っているだけだ」

スメラギ(私も予報できないなんて・・・!この人!)



カタギリ「おや、あれはクジョウじゃないか」

グラハム「何やらピンチらしい」

カタギリ「そのようだね あの赤いのは君に任せるよ」

グラハム「ああ。わかった」

シャア「さあ。いくらだ」ズイ

スメラギ「こういう男は嫌われるわよ?」

シャア「構わん」


カタギリ「彼女、嫌がっているじゃないか」

シャア「君は?」

カタギリ「僕は、彼女の同級生だ」

グラハム「私は、グラハム・エーカーだ」

カティ(いや、貴様には聞いていないだろう)

グラハム「嫌がっているじゃないか。私はそういう外道な事は好まないのでね」

シャア「すまんが、何か落ちたぞ?」ヒョイ

グラハム「そ、それは!」

シャア「これは・・・」

グラハム(ぐはっ!私としたことが先日貰ったキャバクラの名刺をうっかりポケットに入れたままだったあああ!)

シャア「どうしたのだ?」ニヤッ

グラハム「・・・私は曲がったことは嫌いだが、無茶をする男でもある」

シャア(一人沈んだな・・・)

シャア「それでは、ついてきてくれ」

スメラギ「嫌よ」

カタギリ「嫌がっているじゃないか」

シャア「君は彼女の何なのかね」

カタギリ「ぼ、僕は・・・彼女の同級生だ!」

シャア「なら関係ないな。連れて行くとしよう」

カタギリ「彼女とは同棲した仲だ!」ドンッ

カタギリ(言っちゃった・・・)

スメラギ「ビリー…」

シャア「そうか。フィアンセと言うわけか」

カタギリ「フィ・・・フィアンセ!?そ、そうだよ!」

カティ(無茶をするな・・・)

シャア「なら手出しをしないでおこう」

カタギリ「本当かい?」ホッ

シャア「その代り聞きたいことがある」

カタギリ「なんだい?仮にも僕は知識だけはあるほうなんでね」

シャア「irohaというものなのだが・・・」

カタギリ「」

シャア「その顔。知っているのか?」

カタギリ(死んでも言えない・・・クジョウが後ろにいるんだ・・・)

シャア「分からないか・・・すまなかったな」

カタギリ「こちらこそ、力に慣れなくて申し訳ない」(助かった・・・)

シャア「では、後ろの婦人方にも聞くこととしよう」

カタギリ「それは待ってください・・・!」

シャア「女性から頼まれたものでな。女性に聞いたほうが早いであろう」

カタギリ「待ってくださいってば!分かりました!教えます!教えますから!」

シャア「そうか。助かる。」

カタギリ「irohaと言うのは、女性の性玩具だ」ボソッ

シャア「良く聞こえないが・・・もう少し大きな声で言ってくれないか」

カタギリ「つまり、女性の快楽のために作られた玩具のことだよ」

シャア「つまり、女性の快楽のために作られた玩具・・・興味深い 助かったよありがとう」

カタギリ「ああ。」


カタギリ「ふう・・・疲れた」

スメラギ「ちょっとビリー」

カタギリ「なんだい?」

スメラギ「irohaって何よ」

カタギリ「」



グラハム(今日久々に遊びに行こう・・・)

シャア「iroha・・・なかなか興味深い・・・」

シャア「あれはアムロ!?」




チェーン「アムロー!次はこっち!」

アムロ「荷物持ちも大変な仕事なんだぞ・・・」



シャア「アムロめ。どこか行ったかと思うと・・・」ppppppp

シャア「電話か」ピッ


ナナイ「大佐。遅いですよ」

シャア「すまない。irohaについて調べていたところだ」

ナナイ「私はそんなもの頼んだ覚えは・・・」

シャア「確かにメモにはそう書いてあったが・・・」

ナナイ「しかし、大佐、irohaとは・・・」

シャア「確かにそう書いてある」

ナナイ「では・・・誰が」

シャア「このメモ、いつ書いたのかね」

ナナイ「確か、2時間前だったと思います」

シャア「その間にメモは?」

ナナイ「テーブルの上において・・・」

シャア「それで?」

ナナイ「十分ほど席を外しました」

シャア「多分その時だ」

ナナイ「では、この辺りの監視カメラを解析します」

シャア「頼んだ」ピッ


シャア「一体誰がこんな悪ふざけを・・・」

シャア「解析結果が出るまで少し散歩でもしておこう」

シャア「あれは>>95じゃないか」

ヒリング

シャア「ヒリングか」

ヒリング「やあ。確かシャア・アズナブルだっけ?」

シャア「そうだ」

ヒリング「あれ?今日はリボンズ声の彼はいないの?」

シャア「アムロの事か」

ヒリング「そうそう。そのアムロって人」

シャア「逃げられたさ」

ヒリング「あはは!それおもしろーい!」

シャア「ところでヒリングは今何をしているのだ?」

ヒリング「ああ>>100の途中でさ」

ノーパン健康法

ヒリング「なんでもノーパンで外歩くと健康になるんだって」

シャア「」

ヒリング「そうだよ?穿いていないけど見る?」

シャア「大丈夫だ」

ヒリング「なぁんだ、つまんないの」

リボンズ「やあ、ヒリング」

ヒリング「リボンズー!」

シャア(リボンズ・アルマークか・・・)

リボンズ「シャア・アズナブルか。懐かしいな」

シャア「こちらこそ」

リボンズ「ただ今イノベイドは真の革新、ノーパン健康法を取り入れているのでね・・・多少可笑しいと思うがね」

シャア(かなりおかしいと思うが)

リボンズ「それはそうと、アムロ・レイに逃げられたとかなんとか」

シャア「そうなのだ」

リボンズ「それは困ったね・・・じゃあ僕の友人の>>106を紹介するよ」

kskst

リボンズ「プルツー・・・僕だ」

プルツー「うっ・・・頭が!」

プル12「ん?」

プルツー「リボンズ・・・?」

リボンズ「やあ。突然の頼みだが、少し来てくれないか?」

プルツー「今ババ抜き中なんだ・・・」

プル12「次姉さんの番」ヒョイ


リボンズ「残念だ。すまなかったね。ありがとう」

プルツー「・・・・ふぅ」ヒョイ

プルツー「うああああああああ!」(ババ引いたあああ!)



リボンズ「残念だが都合がつかなかったらしい」

シャア「残念だ」pppppp

シャア「電話が入った。これにて失礼する」

リボンズ「何かあったら呼んでくれ」ザッ

シャア「ナナイか?」

ナナイ「大佐。犯人が分かりました>>113です」

サーシェス

ナナイ「アリー・アル・サーシェス。傭兵です」

シャア「簡単に侵入を許すとは・・・」

ナナイ「しかし、大佐」

シャア「何だ?」

ナナイ「その可笑しな注文以外は買ってきてくださいね」

シャア「女も可笑しいと思わないかね」

ナナイ「私はすきやきですよ?」

シャア(女も奴か!)

ヒロシ「やーといっさと」ドッコイ

ヒロシ「適当に落書きしといて正解だったなぁ・・・鬱憤晴らしには持って来いだ」

ヤザン「アンタも人が悪いねぇ」

ヒロシ「アンタの貸があったからさ」

ヤザン「言ってくれる」ハハハハハ

ヒロシ「そして>>120もな」

グエン

グエン「私もこういうのをやってみたかったのでね」

ヒロシ「さっすが、坊ちゃんは言うことが違うぜ!」

ヤザン「まあ、コイツのお蔭もあったってことで!」アハハハ

グエン「ああ。」



シャア「どこだ!?あの男は!」

シャア「居た!」



ヒロシ「んあ?」

シャア「勝手に屋敷に忍び込んで、落書きを残したのは貴様か」

ヒロシ「あー?そうだけど?」

シャア「迷惑しているのだ」

シャア「誤ってもらおう」

ヒロシ「まちがっているのはてめえだろうが!」

シャア「私が何を間違えたと!」

ヒロシ「まずその服。なんだその赤は」

ヤザン「それに肩パット」

グエン「そしてロリコン癖」


ヒロシ「お前、人として間違っているんじゃないか?」

シャア「」グサッ

シャア(何も言えない・・・!)

寝ていい?

シャア「しかし、貴様らだって!テロリストとホモじゃないか!」

グエン「私はバイセクシャルだ」

シャア「そんなのは聞いていない!」

シャア「そして貴様はテロリスト!」

ヤザン「俺は一介の軍人だぜ?」

ヒロシ「俺だって傭兵だ」

ヒロシ「地球に隕石を落としたお前のほうがテロリストだろーが」

シャア(言い返す言葉がない・・・っ!)

ヒロシ「それはそうと、探すの手伝ってやろうか?」

シャア「何がだ!?」

ヒロシ「女だよ、女」

ヤザン「あはっ!それはおもしれ―!」

グエン「私はローラのような・・・」

ヒロシ「ちょうど向こうに>>143がいる」

ヒロシ「そいつに声を掛けてこいよ」

ガロード

シャア「彼は男だぞ?」

グエン「ご存じないでしょうが、彼の魅力は」

シャア「ホモはご遠慮いただこう」

グエン「バイセクシャルだ」

シャア「どっちでもよかろう」

グエン「貴公はジェイデッカーという作品をご存知かね」

シャア「知らないがそれがどうしたのだ」

グエン「彼、ガロードとそっくりな主人公が出るのだ」

シャア「ほう」

グエン「その子が女装をする回がある。とても美しかった」

シャア「つまり、彼も女装させると美しくなると」

グエン「察しが早くて何よりです」

僕高校生だから寝るね!ばいばいー

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの7氏   2013年12月28日 (土) 08:22:43   ID: KPeSeDKv

クソワロタ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom