理樹「小毬さんが困り果ててる」(186)

学校・廊下――


小毬「うーん、うーん……」

理樹「小毬さん、どうしたの?」

小毬「ふえ? あ……理樹君」

理樹「困ってるみたいだけど、僕で良かったら手伝うよ」

小毬「ほ、ほんと!? うあーん、助かったよ~」

理樹「あはは……。それで、何でそんなに困り果ててたの?」

小毬「実は……すけるとんうさぎさんシールを落としちゃって~」

理樹(うわぁ、骨が折れそうだなあ)

数分後――


理樹「ん……これかな」

小毬「わあ! それだよー、ありがとう~」

理樹「早く見つけられて良かったよ、はい」

小毬「あ……」

理樹「……?」

小毬「……あ、ありがとう、理樹君……」

小毬「お礼に、今度お菓子持ってくるねっ。それじゃあ……」

理樹「う、うん」

理樹(……何だろう今の間は)

恭介「よう、理樹」

理樹「恭介。また遊びに来たの?」

恭介「そのつもりだったが……」

恭介「理樹、青春してるじゃねえか。隅に置けないな、このこのっ」

理樹「な、何のこと?」

恭介「たった今、小毬と仲良くおてて触れ合ってたじゃねえか」

理樹「ぶっ」

理樹「ご、誤解だよ」

恭介「誤解なもんか。小毬の奴、顔を赤らめてたぞ」

理樹「ええ……ちょっと無神経だったかな」

恭介「それで良いんだよ。ただ、あそこでお前も恥ずかしがってりゃ満点だったが」

理樹「どういう意味だよ」

恭介「そういう意味だ」

理樹「もう……からかわないでよ」

理樹「ほら、もう予鈴も鳴るし早く帰らないと欠席だよ」

恭介「へーへー。んじゃまた放課後な」

恭介(……小毬も、隅に置けないな)

放課後・グラウンド――


恭介「ライトォ!」

葉留佳「はるちんうまいっ!」

恭介「ファースト、能美!」

クド「お任せくださいっ、わふー!」

恭介「よし、ラストだ! 小毬!」

小毬「ふえー……」

恭介「!?」

鈴「こ、こまりちゃんあぶなっ……」

小毬「……え?」

小毬「はうっ!?」

理樹「こ、小毬さんっ!?」

美魚「……大事には至っていませんね」

理樹「顔に思いっきり跡がついてるけどね……」

小毬「うああーん……みんな、心配かけてごめんなさい~」

恭介「頼むからボールから目を離さないでくれよ。危険だからな」

小毬「うん……気をつけます……」

恭介「……」

恭介(ボールが当たる直前……小毬が目を向けていたのは……)

鈴「こまりちゃん、だいじょーぶか?」

小毬「ちょっと痛いけど、なんとか……」

恭介(うーむ……)

恭介「鈴。小毬を部屋まで送って行け」

鈴「分かった。行こう、こまりちゃん」

小毬「あ、ありがとー……」

クド「小毬さん、本当に大丈夫でしょうか……?」

来ヶ谷「問題なかろう。度々、理樹君がボールを直撃させて鍛えられているしな」

美魚「おやつの時間に狙い撃ちですからね」

理樹「う……わ、わざとじゃないんだ……」

理樹「……? 恭介、どうかしたの?」

恭介「ちょっと気になる点がある。理樹、晩飯の後に時間を空けておいてくれ」

夕食後・理樹と真人の部屋――


理樹「恭介、何が引っかかるっていうのさ」

恭介「ああ、小毬についてなんだが」

理樹「今日のエラー? 確かに小毬さんにしては不注意だったけど」

恭介「それもあるが……」

恭介「……様子がおかしいな」

理樹「え……?」

恭介「練習前に、廊下でのやり取りがあっただろ」

理樹「落とし物を拾ったアレ……?」

恭介「ああ。あの時、間近にいた理樹は何か感じなかったか」

理樹「ん……確かに、いつにも増して反応が遅かったというか」

恭介「やっぱりな」

理樹「……何かあったのかな」

恭介「分からんが……その可能性は否定出来ないな」

理樹「うーん……心配になってきた」

恭介(……)

恭介「理樹、ミッションを言い渡す」

理樹「え?」

恭介「『小毬の不調を調査せよ』」

理樹「……!」

恭介「お前には、造作もないミッションかな」

理樹「……そんな簡単にいかないよ」

恭介「ま、妙だったのはこの二件だけだ。俺の思い過ごしという可能性が一番高いだろうが……」

理樹「でも、何かあるかもしれない。でしょ?」

恭介「その通りだ。やはり次期リーダーはお前しかいないな」

理樹「買い被らないでよ。ただ、僕も気になるし調べてみる」

恭介「……ああ。頼んだぞ」

恭介(……小毬が本調子でないとバスターズ全体の士気に関わるしな……)

恭介(……どうなるかな)

翌日・教室――


理樹(他の女の子に、最近の小毬さんの様子を訊いてみようか……)

理樹(……いや、不審に思われて事が大きくなるのはダメかな)

理樹(ここは僕だけで頑張ろう……)

小毬「今日はね、マドレーヌ持って来たんだー」

クド「わふーっ、とても美味しそうなのです!」

理樹(……こうして見るといつも通りの小毬さんにしか見えないけど)

理樹(……うーん)

理樹(そうだ、久しぶりに屋上に行ってみようかな)

昼休み・屋上――


理樹「小毬さーん、いるー?」

小毬「ふえええっ!? こまりはいませええんっ」

理樹「自分で言っちゃダメだよ小毬さん」

小毬「り……理樹君! 先生かと思ったよー……」

理樹「ここに来るのは久しぶりだなぁ、よいしょっと」

小毬「えへへ……そうだねー」

理樹(さりげなく横目でチェック……)

小毬「ふんふんふ~ん、お菓子ー、お菓子はー……」

理樹(……今日のぱんつはチェック……?)

理樹(……って、僕は一体何見てるんだっ)

理樹「いや小毬さん……そんな四つん這いでおしりフリフリしてるとさ」

小毬「ふえ?」

理樹「その……あれが……」

小毬「…………」

小毬「う、うわああーーんっ! ま、また恥ずかしいとこ見られたああーっ!!」

理樹(もう少し、周囲に注意を払ってもらいたいな……)

理樹(いや……それくらい、僕と打ち解けてるってことか?)

理樹(それとも、単に僕が人畜無害な人間と思われてるだけ……?)

理樹(ん……ていうか、これは小毬さんの不調と関連あるのだろうか……)

理樹(分からない……)

理樹「昨日の怪我は大丈夫?」

小毬「怪我? うん、平気だよー」

理樹「それなら良いけど。注意しなきゃダメだよ、心配したんだから」

小毬「ふぇっ」

理樹「え?」

小毬「なな……なんでもない、ですっ」

小毬「……ほわぁん」

理樹(……また反応がおかしくなった)

理樹(今朝から小毬さんを見ていても特に異変はなかった)

理樹(けど、たった今。小毬さんの調子の変化は……)

理樹(……昨日のことも踏まえて原因を考えると)

理樹(……僕、か?)

理樹(恭介が言うには、手を触れたら顔が紅潮したとか……)

理樹「小毬さん、ちょっといいかな」

小毬「ふえ? なに、理樹君」

理樹(ぎゅっと)

小毬「ほわあああああーーーっっ!!?」

小毬「理樹君っ……手に、な、なにかありましたかっ!?」

理樹「いや、何ていうか……握ってみたくなった」

小毬「そ、そっかー。それならしょうがないね……」

小毬「……」

小毬「やっぱりしょうがなくないいぃーーっ!?」

理樹「う……。そうだよね……急にゴメン」

小毬「う、うん……」

小毬「あ、でもちょっと嬉しかったり……」

理樹「え」

小毬「わわっ、そうじゃなくてっ!」

理樹(あまり迷惑がってない……むしろ嬉しがってるとなると)

理樹(……僕に好意を持ってるとか?)

理樹(なんて短絡的過ぎかな。思い上がりも甚だしい、とにかくもう少し探ろう)

小毬「そ、そうだ。昨日のお礼、まだだったから」

理樹「ああ……別にあれくらいいいのに」

小毬「ううん、きちんとお返ししなくちゃめっ! なのです」

理樹「律儀だなあ」

理樹「もぐ……」

小毬「もぐ……ふあ、しあわせー」

理樹(いつもお菓子食べてるけど太らないんだろうか……)

小毬「理樹君、まだまだあるからいっぱい食べてね」

理樹「う、うん。頂きます」

小毬「いただいちゃってください」

小毬「もぐ……おいしーよー」

理樹(……幸せスパイラル、か)

理樹(いつか小毬さんが言った通りだな)

理樹(小毬さんが幸せそうな表情を浮かべると、僕まで幸せな気持ちになってしまう)

理樹(情けは人の為ならずとは良く言ったもんだよ)

小毬「もぐもぐ」

理樹(小毬さん……本当に何か、良くない問題を抱えているのかな)

理樹(幸福に満ち満ちてお菓子を頬張る小毬さん)

理樹(その様子に僕は……)

1.庇護欲が湧いた

2.嗜虐心をそそられた



>>58-62まで多数決。1、2以外は無効
同票の場合、>>63以降最初に出た有効数字で決定

1

ゆいちゃんかわゆい

理樹「……守りたい」

小毬「ふえ?」

理樹「!! い、いや、別に何でも……」

小毬「変な理樹君ー」

理樹(……どうしてか分からないけど)

理樹(小毬さんを守りたい。いっぱい優しくしたい。果てしなくそう思ってしまった……)

理樹(……うわぁ。何ていうか、我ながら恥ずかしい……)

放課後・理樹と真人の部屋――


恭介「よう、理樹。収穫あったかい」

理樹「何でこの部屋の主でもないのに僕より先にいるのさっ!?」

恭介「細かいことは抜きにしようぜ。で、どうだった」

理樹「詳しいことはまだ分からない……けど」

理樹「何となく……原因のようなものは見えてきた。そんな感じかな」

理樹「抽象的でごめん」

恭介「……ふむ」

理樹「恭介」

恭介「何だ?」

理樹「この件は、しばらく僕独りに任せてくれないかな」

恭介「へえ? えらく積極的だな」

恭介「もちろん、構わんさ。初めに、俺がお前に与えたミッションなんだから」

理樹「うん。ありがとう」

恭介(……思い過ごしじゃなかったようだな、こりゃ)

翌日・教室――


理樹「小毬さん。おはよ」

小毬「理樹君おはよー。今朝は早いんだねー」

理樹「あはは、たまにはね」

理樹(そりゃ出来るだけ長く見ていたいからね)

理樹(……って、これじゃまるで変態か)

鈴「……あたしには挨拶なしか」

理樹「え? あ、鈴。おはよう」

鈴「……ふんっ」

真人「理樹、理樹いいいいっっ!!? どこだあああぁぁっ!!?」

理樹「うわ!? 真人、ドアを粉砕しつつリ・ジョンソンを決めないでよ! どうしたの?」

真人「どうしたのじゃねーよ! 理樹が何も言わずに出ていっちまったから捜し回ったんだよっ!!」

真人「会えて良かった……理樹いいいっ!!」

理樹(早起きは失敗だったかな……)

謙吾「理樹いいいいいッ!!? どこにいるんだああああぁぁっ!!?」

理樹「謙吾もっ!?」

鈴「お前ら朝っぱらからうっさいぞ」

昼休み――


理樹「小毬さん、屋上に行こう」

小毬「……え?」

理樹(っと……強引で不自然だったかな)

小毬「も、もちろんおっけーですよー」

理樹「そう? 良かった、断られるんじゃないかって思ったよ」

小毬「そ、そんなことないよー。理樹君から誘ってくれるなんて珍しいと思ったから……」

理樹「あの場所、僕もすっかり好きになっちゃってさ」

小毬「ほんと? うれしーよー」

小毬「えへへ……ほんとうに、うれしいな……」

理樹「……っ!」

理樹(守りたい!!)

屋上――


小毬「よーし、それじゃ理樹君……」

理樹「マドモアゼル、このハンケチをお使い下さい」

小毬「ふ、ふえ?」

理樹「あ、こちらの位置が日当たりも良好ですよ」

小毬「??」

理樹「さて、ランチタイムといきますか」

理樹(小毬さんの笑顔は……僕が守ってみせるっ)

小毬「……」

理樹「もぐ……小毬さんの持ってくるお菓子は本当に美味しいなあ」

小毬「そ、そうかな? 喜んでもらえてうれしいよ」

理樹「僕も小毬さんが嬉しそうにしてるのを見られて嬉しい」

小毬「……」

理樹「もぐもぐ」

小毬(理樹君……昨日から、どうしたんだろ)

小毬(いつも以上に優しくなってる……?)

理樹(異状なし。任務続行……)

理樹「ごちそうさま」

小毬「おそまつさまでしたー」

理樹「……!」

理樹「小毬さん、ちょっと動かないでいてね」

小毬「ふえ?」

理樹「口元に汚れが」

小毬「~~~っ!!?」

小毬(り、理樹君のお顔が、こんなに近くにっっ!?)

理樹(繊細な小毬さんの口元だ。柔らかく、慎重に……)

小毬「あう、あうぅっ……」

理樹(……っ!?)

理樹(い……いけないっ、ぼけっとしてちゃダメだっ)

理樹「……よし。取れたよ」

理樹「……小毬さん?」

小毬「ふぉあ~~……」

理樹(……ふう。思わず見惚れてしまっ……)

理樹(…………)

放課後・理樹と真人の部屋――


恭介「……未だ原因は特定出来ず、か」

理樹「うん……」

恭介「んー……」

恭介(二人きりでいるようだが……踏み止まってんのか)

恭介(……それとも俺が思ってるようなラヴ展開は元々ない……?)

恭介(或いは、既に気付いて……)

真人「筋肉一丁、お待たせしましたーっと」

真人「何だ、恭介来てたのかよ」

恭介「……とりあえずまだ様子見だな」

理樹「そうだね」

理樹(……)

翌日・教室――


理樹(気付いたのは)

小毬「りんちゃん、ホットケーキ焼いてきたよー」

鈴「う……ひ、昼休みに食べたいな」

理樹(小毬さんの不調を調べていたけど)

葉留佳「小毬ちゃん、私にもちょーだい?」

小毬「うん、いいよー。はい、どーぞ」

葉留佳「やったっ、ありがと小毬ちゃん!」

理樹(……いつの間にか、僕も不調になっているような……)

理樹(守りたいという気持ちはある……けど)

理樹(小毬さんを見ると、別の感情が湧いて出てくる……?)

来ヶ谷「何だ少年、黄昏ているな」

理樹「あ……来ヶ谷さん」

来ヶ谷「暗い表情をしていると、福運がするりと逃げてしまうぞ」

理樹「そんな顔してた?」

来ヶ谷「それはもう、この世のあらゆる悪行を力ずくで押し込んだような……」

理樹(どんな顔してたんだ僕……)

来ヶ谷「まあ、そうだな」

来ヶ谷「君は少々、物事を真面目に思い詰める節がある」

来ヶ谷「一旦その問題を忘れ、気分転換を図るのも悪くない」

理樹「来ヶ谷さん……僕のこと、心配して……」

来ヶ谷「というわけで、もう一度私の制服を着てみるというのはどうだろう」

理樹「嫌だよっ!!」

来ヶ谷「……まあ冗談はさておき」

美魚(冗談だったのですか……残念です)

理樹「……何だかやるせない視線を感じて凍えるんだけど」

来ヶ谷「私達はどんな時でも理樹君の味方なんだ」

来ヶ谷「困っているのであれば、遠慮なく私達に相談しろ」

理樹「うん、頼もしいよ。けど、本当に大丈夫だから」

来ヶ谷「ふむ、そうか……」

理樹(……確かめてみよう。僕の気持ちを……)

屋上――


理樹「……小毬さん」

小毬「あ、理樹君。今日も来てくれたんだね」

理樹「会って話がしたかったから」

小毬「……!」

小毬「り、理樹君……わ、私もね……? 訊きたいことがあるんだ……」

小毬「理樹君、一昨日も昨日も、普段よりずっと……」

小毬「ううん、普段もそうだけどっ。それ以上にもっと優しくしてくれて……」

小毬「何かあったのかなって……そう思ってたんだ」

理樹「……小毬さん」

理樹「僕はさ……最初は、小毬さんの方に何かあったんじゃないか」

理樹「そんな風に考えてたんだよ」

小毬「え……?」

理樹「落とし物を拾ったとき、ここでお菓子を食べたとき、口を拭いたとき……」

理樹「小毬さんはいつもと違う表情をしてたから」

小毬「……あっ……あれは、えーと……」

理樹「小毬さんの、その顔を見ていく内に」

理樹「その優しい笑顔を守りたい。そんなどうしようもない思いが芽生えた」

小毬「ままっ……守りたいって……!」

理樹「自分で言ってて、なんてクサいことをほざいてるんだと思うよ」

理樹「けど、そう思ってしまったんだ」

小毬「……」

理樹「今、考えると……やっぱりおかしいよね。手を握ったり口拭いたり」

理樹「けど、小毬さんの幸せスパイラル……あれで僕の心は温かさでいっぱいになった」

理樹「小毬さんに優しく接することで少しでも恩返しになれば」

理樹「そんなことを考えていたんだろうと思う」

理樹「ただ、感謝の気持ちは次第に別のものに変化して……」

理樹「……ここまで言葉を連ねて、ようやく……しっかり、自分の気持ちを理解出来たかな」

理樹「つまり、僕はさ……」

理樹「小毬さんのことが好き……になってしまったんだ」

小毬「……」

理樹「けど……結局分からずじまいだったのが」

理樹「小毬さんの不調……困っていた理由だよ」

理樹「野球練習の時、ボールから目を離して怪我したりさ」

理樹「僕と話してて時々、変になったり」

理樹「多分、僕が原因じゃないかなとは思っていたんだけど……」

小毬「り……理樹君っ……」

理樹「え?」

小毬「ど、ど、どっ、どうしてそこが分からないのかなっ!?」

理樹「!?」

小毬「だ、だって、理樹君と一緒にいると……触れられるとっ」

小毬「嬉しすぎて、もうなんだか分からなくなっちゃうんだよっ……!」

理樹「……!」

理樹(ま、まさかと思ってたけど……本当に、僕に好意があったのか……!)

小毬「ふええぇぇーーんっ、理樹君に好きって言われちゃったよおおぉぉーーっ!!」

小毬「嬉しくて、もう私、困りまくりだよぉっ……!」

理樹「こ……小毬さんっ……!」

理樹(やばい、可愛い、守りたいっ!!)

放課後・中庭――


恭介「ん……よぉ、お前ら」

理樹「きょ、恭介」

小毬「恭介さん……こんにちはー」

恭介「……ほう。今日は一段と、仲がよろしいようで」

理樹「う……まあ、一応ね」

恭介(ミッションコンプリートか。やっぱりラヴだったようだな)

恭介(……鈴が荒れそうだが)

恭介「とりあえず、お疲れさん」

理樹「恭介、実は僕たちさ……」

恭介「ああ、言う必要はない。分かってるよ」

小毬「ふええ……さすが恭介さん」

恭介「誰でも分かるさ。お似合いだぞ、お前ら」

恭介「理樹、しっかり守れよ」

理樹「もちろん。そのために僕は生まれてきたんだ」

小毬「り、理樹君っ……!?」

恭介(くっせえセリフだな、オイ……)

恭介「ま、まあこれからも日常は続いていく。改めてよろしくな」

理樹「うん。恭介、ありがとう」

恭介「……ああ」

翌日・教室――


理樹「さ、小毬さん。教室に着いたよ」

小毬「う、うん」

理樹「あ、待って。今、小毬さんの机とイスを確認するよ。汚れでも付着してたら大変だ」

小毬「……り、理樹君? そんなに心配しなくても……」

理樹「とんでもない! 大事な小毬さんを守るためなんだ、これくらいして当然だよ」

小毬「う、うーん……」

謙吾「何だ……? 神北が困っているぞ」

真人「ああ……小毬が困ってるな」

鈴「こまりちゃんがこまりはててる」

来ヶ谷「うむ。これぞ正に、コマリマックスだな」

小毬「うわああーーーんっ!!」



END

               /     \

              //        ヽ
               | |       ヽ |
              | |     |  | | |
              Ⅵ | |  |  |/リ   じゃ、解散
.      rv^h        ∨ l  l  /
     r.| | | |          ┌∨  |y'┐
     | | | | l_l^l      イー--W--┴..、
     |     |  ,.ィ:'´:::::::::::::::|::::::::::::::::::::`ヽ、
     ヽ     ノ/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ_
     | ̄ ̄∧::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::|

     ├―/::::::',::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::/::::::l
     |:::::::|::::::::::',::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::|
     |:::::::|:::::::::::::',:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::〉
     |:::::/::::::::::::::::/::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::|

     〈:::/::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::||::::::::::::|
     |::::::::::::::::::/  |:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|.|:::::::::::|
     ゝ、::::::::::/   l:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::|

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom