まどか「あうあうあーwwwwwwwwwww」ほむら「」(126)

和子「はい、それじゃあ今日は転校生を紹介します!」

ガラガラ

和子「暁美ほむらさんです!」

ほむら「よろしくお願いします」

和子「じゃあ…席は鹿目さんの隣に座ってね?」

ほむら(まどか…まどかの隣…)キョロキョロ

まどか「あうあうあーwwwwwwwwwww」

ほむら「」

ほむら(な、なななななななんでまどかが池沼に!?)

さやか「せんせー!」

和子「なんですか美樹さん」

さやか「『まどかちゃん係』を転校生にやってもらったらいいと思いまーす!」

和子「あら、でも大丈夫かしら…」

さやか「たくさんの人に世話をしてもらった方がまどかも喜ぶと思いまーす!」

和子「そうねえ、障害のある人との交流を深めることはとてもいいことですね!」

ほむら「…」

和子「暁美さん!今日からあなたは『まどかちゃん係』だから、お願いね?」

ほむら(――と、いうわけで、私はまどかのお世話をすることになってしまった)

ほむら(一体どうしてまどかが池沼に…)

まどか「あうあwwっうあwwwwwwウビョビョビョッwwwっうぇwwあwwwwww」

ほむら「」

ほむら(まあでも、見た目はかわいいまどかのままだわ…)ニコニコ

ほむら(でもこれじゃあ『池沼少女まどか☆アホカ』よね…)

ほむら(いえ、やっぱり『阿呆少女』と言うべきかしら…)

まどか「うううあwwwwっわwwwww………!」

ほむら(あら?まどかが大人しくなった…)

まどか「うぁ…ほむらちゃ…おしっこ…」ソワソワ

ほむら「!?」

さやか「…あー転校生、その子って一人じゃトイレもいけないんだわ」

ほむら「そう…なの…」

さやか「だからさ、トイレに連れてってあげてよ。漏らされたらたまらないからさぁ」

くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

さやか「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

京子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ほむら「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

――――

ほむら「…さて、トイレに着いたわよ、まどか。いってらっしゃい」

まどか「うぁ…」プルプル

ショオオオオオオオ

ほむら「!?」

まどか「ほむらちゃ…出ちゃったぁ…」ウルウル

ほむら「!!?」

ほむら(ダメだわかわいすぎて襲いたくなってしまうじゃない)フルフル

まどか「ほむらちゃー…お着替えしてぇ…」

ほむら「!!!?」

ほむら(アカンアカンでこれはアカン////////)

「えっとまずは、保健室に…あ、ここよね確か」

ガラガラ

「大丈夫よまどか、間に合わないことなんか誰にでもあるんだから」

「泣かないの。ね?」

「そうそう、まどかは笑顔が一番よ」

「えーっと…まずは靴を脱いで、ね。あ、靴下も」

「そしたら足から拭いていくから」

「そうそう、大人しいわね。いい子よ」

「…さて、次は…」

「まどか、下着を脱いで頂戴」ホムキリッ

「ああもう、こんなに濡らしちゃって…」

「でもいいのよ。誰にだってあることだって言ってるじゃない」ヨシヨシ

「さあ、脱いで…そうそう」

「この汚れた下着は私が処分しとくわね」

(そして時を止める私。そして盾からジップロック。見事な二重のロックで鮮度を保つ)

「――て、ここも拭かないとね…」

「…恥ずかしい?何言ってるのまどか。拭かないとダメよ?」

「え?自分でできるからいい?え?え?え?え?え?」

ほむら「」

ほむら(まどかのおまんまんを合法的に触れると思ったのにいいいいいいいい)ガリガリボリボリ

まどか「ほむらちゃー?どったのー?」

ほむら「あ、いやなんでもないわよ、大丈夫」

まどか「そっかー!ねえ、ほむらちゃ?」

ほむら「何かしら?」

まどか「ありあとー!」ギュウ

ほむら「!?」

まどか「ほむらちゃーすきー」ギュウギュウ

ほむら(こ、こここここういうのもアリかもしれないわね//////)ホムホンワカ

――――

さやか(はぁ、まどかの世話を転校生に押し付けちゃったよぉ)

さやか(あたしだって別にまどかの世話をするのは嫌いじゃない、だけど)

上条「うぁっwwwwwうぅぁwwwwwwwびゃあああああwwwwwwwwww」

さやか「よしよし恭介、落ち着いて落ち着いて…」

さやか(恭介のお世話でいっぱいいっぱいなんだよね…)

さやか(ああ、まさか恭介が事故で頭をやられるなんて…)グスッ

ガラッ

さやか「!?」

仁美「あら、さやかさん」

さやか「ひ、仁美?どうしたの?」

仁美「どうした、って…上条君のお見舞いですわ」

さやか「ふ、ふーん…」

仁美「ねえさやかさん、さやかさんは上条君のことをどう思っているんですの?」

さやか「え?」

仁美「私は大好きですわ。いくら障害者になっても。いやむしろその方がいいですわ」

さやか「え?え?」

.  |___

. /    (^p^ )  シュエエアィサィwwwww
/    /    \
     | |   | |

___/ /__.| |___

   //   //
   (Ξ´  ‘ミ)
 
 
.   |^ω^ )
.   と ノ
.  | /___

. /    (^  )彡  !?
/    /    \
     / |    , / ))
____/ /| _/ /___

     ̄(⌒__/
       ̄

 
.   |   
.  |彡サッ

.  |__ 
 /  (    )  ターアィーサィ!!!!!
/    γ⌒\

7``)  / /  \
.`ヽヽ / X  ミ ヽ
  ヽ___ノミ\   \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

仁美「障害者なら、浮気もしませんしね」

仁美「ずっと、ずーっと一緒に暮らせますわ」

仁美「…今度、上条君を父が経営している病院に転院させる案がありましてね」

さやか「!?」

仁美「そこで私達はずっと、永遠の愛を誓いますの」

さやか「」

仁美「さやかさん、あなた上条君のことが好きなんでしょう?」

仁美「私は上条君の意思を最優先しますから、もしあなたが上条君と一緒にいたいというなら――」

仁美「――転院はいやだ、と上条君に言わせてみてくださいな。…それじゃあ、また」

カツカツ ウィーン

さやか「どうしよう…このままじゃ恭介が仁美の肉奴隷になっちゃう…」

さやか「でも仁美のパパの病院って障害者向けの施設が整ってるっていうし…」

さやか「恭介がそこに転院するのを拒むなんてできないよぉ…」ポロポロ

さやか「ねぇ恭介…?あたしと仁美どっちが好き…?」

恭介「おギョwwwwwwwwっうぅwwwっわああああああwwwwwww」

さやか「ああ…どっちだかわかんないや…恭介の障害さえ無くなればなぁ…」


???「その祈りは、君の知性を賭けるに足るものかい?」


さやか「!? だ、誰!?」

QB「僕の名前はキュゥべえ。君の願いをなんでも叶えてあげられる」ヒョコ

さやか「え?本当?恭介の障害も無くせるの?」

QB「造作も無いだろうね。…でもその代わり、君は知性を失うだろう」

さやか「どういうことなの…?」

QB「端的に言えば、君が池沼になる」

さやか「!?」

QB「どうする?やめるかい?」

QB「その少年の障害を取り除くには…多分君は重度の障害を背負うことになるよ?」

さやか「いいわ…!やって!あたし一人の犠牲で恭介が助かるなら…!」

QB「…分かった」

――――

和子「今日は皆さんに、悲しいお知らせがあります」

和子「美樹さんが昨日、事故に遭って――」

和子「――重度の障害を持ってしまったそうです…」

ガヤガヤ マタショウガイシャカヨー カナメモイルノニナー  メンドクセー

和子「み な さ ん !!!!!!」

和子「障害のある人を差別してはいけません!!!!!」

和子「彼らは試練に挑戦しているのです!皆さんよりも魂のレベルが高いんですよ!?」

和子「はい中沢君!!!障害のある子供と普通の子供、どっちが欲しいですかっ!?」

中沢「えっとそれは…やっぱり障害の無い普通の子供かなと…」

和子「なんて薄情な!!!!!中沢君!!!貴方には思いやりの心というものがないのですか!?」

中沢「え?え?」

和子「もういいです!!!!!貴方みたいな薄情者はこのクラスにはいりません!!!!!!」

和子「今すぐ出て行きなさい!!!!!!」

中沢「そ、そんなぁ…」

和子「どうしても残りたいのなら!!『さやかちゃん係』で思いやりの心を育んでください!!!分かりましたね!!!!!」

中沢「」

ミサトが池沼になるss書いた人?

和子「はい美樹さん、入ってらっしゃい」

ガラガラ

さやか「うぅーあぁー…」

和子「美樹さんは首から下の脳性マヒ、それから脳への重度の障害」

和子「よって自発呼吸もできず動けないため車椅子での登校になります」

和子「中沢君は今日から美樹さんの送り迎えをしてくださいね!!」

中沢「うぅ…はい…」ボロボロ

――――

マミ「あうぁ…があぁ…」

「おい、巴がまた鳴いてるぞ」ヒソヒソ

「今日の当番誰だっけ…」ヒソヒソ

マミ「うばあああああ!!!!!ピギィイィィィ!!!!!」

「うっわきめえ」

「池沼乙」

マミ(私は発声に障害があるだけなのに…知的障害はないのに…みんな酷いわ…)グスグス

マミさんかわんねえな

(――あああ…あたしなんで池沼なんかに…)

マミ(!?)

マミ(誰かしら…このテレパシーは…)

マミ(阿呆少女のものには違いないけど…佐倉さんなはずないし…)

マミ(ねえ、あなたは誰なの…?)

(――あたしは…)

(美樹、さやか…って言うんだ…)

マミ(…へえ、それであなたは障害者になったのね?)

さやか(うん…おかげで恭介は健常者になったんだけどね…)

さやか(あたしのこと気持ちがるがってさ。もうなんかあたし死にたいよぉ…)

さやか(でも脳性マヒだから死ぬに死ねないもんね…ふふっ…)

マミ(大変だったわねえ…そうだ!)

マミ(…私達、お友達になりましょう?)

さやか(でもあたし…マミさんと違って池沼だし…)

マミ(大丈夫よ美樹さん!誰か一人の阿呆少女に願わせればいいのよ)

マミ(『この世から全ての障害を消し去りたい』って!)

さやか(!)

マミ(そうすれば私達も健常者に戻れるはずでしょう!?)

さやか(そ、そうだ…!まどか!まどかならもしかして…!)

マミ(あら?候補でも見つかったの?)

さやか(まどか!いっつも私が世話をさせられていたまどか!その癖私が障害者になっても助けてはくれない!)

マミ(その子でいきましょう…美樹さん、交渉してくれるかしら…?)

――――

ほむら「ねえ、インキュベーター?」

QB「なんだい?」

ほむら「この世界では願いを叶えると池沼になるシステムを採用してるのね?」

QB「この世界だとか採用だとかよく分からないけど…本筋は合ってるよ」

ほむら「そう」

QB「それにしても君は不思議だ。阿呆少女のようでいて池沼ではない。君は…」

ほむら「イレギュラーなんだそうだわ。昔の貴方曰く」

ほむら「そういえば、佐倉杏子はどうなったの?」

QB「ああ…杏子はね、泥酔した父親に殴られて死んだよ」

ほむら「そう…」

QB「君は杏子とも知り合いなんだね。ますますわけが分からないよ」

ほむら「細かいことは考えないことね」

QB「ふぅーん…そうか…」

ほむら「…もう1つ聞いてもいいかしら?」

QB「なんだい?」

ほむら「現時点で既に池沼の子を阿呆少女にするとしたら…どうなるのかしら?」

QB「僕らはね、池沼が周りの人間に生み出させている憎悪をエネルギーに変えているんだ」

QB「だからおそらく、元来池沼であるということはその憎悪も大きいだろう」

QB「特に鹿目まどか…彼女が阿呆少女になったときのエネルギーの膨大さは想像もできないよ…」

ほむら「…」

QB「もしかして、君はまどかを阿呆少女にしたくないのかい?」

ほむら「…!」

QB「…図星だね」

ほむら「でもあの子は池沼よ!?自らの意思で阿呆少女になるのは難しいんじゃないの…?」

QB「でももし誰かに吹き込まれたら…どうなると思う?」

ほむら「…まさか!」

QB「美樹さやかを阿呆少女にしておいて正解だったよ」

QB「彼女が巴マミと出会うことによって――鹿目まどかは阿呆少女になり得る」

ほむら「美樹さやか…殺すっ!!!!!」ダッシュ

QB「やれやれ…もう遅いんじゃないかなあ…」

(さあまどか、『この世から全ての障害を消し去りたい』って祈って?)

「えーwwっわうwwwwwwww祈るのwwwwwwww?」

(そう、貴方が祈れば…世界中の障害者達が救われるわ)

「分かったwwwwwwマミしゃんwwwwっさやかwwwwっちゃんwwwwwwwwwうぃひwwwww」

「わたしwwwwwこの世からwwwwしょうがいをww消し去りたぁ――」」



「 そ の 必 要 は な い わ 」

マミ「!?」

さやか「転校生!?」

ほむら「貴方たちは…まどか一人を犠牲にしてでも障害を無くしたいの!?」

マミ「そ、それは…」

さやか「健常者のあんたには分からないと思うけどねぇ!!障害のある人がどれだけ辛いか――」

ほむら「だからって!!だからってそれをまどかに押し付けていいって言うの!?」

マミ「…」

さやか「…まどか…ごめん…」

QB「――でも残念だったね。もう後悔しても遅いよ?」

ほむら「!?」

QB「ねえマミ、さやか。…どうして君たちは普通に喋れるんだい?」

マミ「!?」

さやか「ま、まさか…」

QB「そう、既にまどかの願いは叶ったんだ。この世に障害はなくなった」

ほむら「そ、そんな…」

QB「口に出さなくても、想うだけで願いは叶うからね…」

QB「ほら、世界中で障害が無くなっていくよ?これがまどかを犠牲にした結果さ――」

――――

(^p^)「あうあうあーwwぱしへろんだすww」

(^o^)「たかしちゃん、ぱしへろんだすってどういう意味かしら?」

(^p^)「…!?ぱしへろんだす、って何?お母さん」

(^o^)「!?…まさかたかしちゃん!知能が戻ったの!?」

――――

Z武「なんだこれ…!腕が…!」

U太「脚が…!」

Z・U「「生えてきている!!!!!!」」



※このSSはフィクションです。実在の人物とは関係なく、また障害者の方を差別する意図はありません。

ほむら「なんてことなの…」

QB「さて、lこれで世界中の障害は無くなる。でも、まどかはこれから阿呆少女にならねばならない」

ほむら「!?それって…!」

QB「そうさ。まどかは障害が無くなった世界で障害を持たなければならない。それはつまり…」

マミ「自らの祈りで、自らの存在を否定してしまうってこと…よね…」

ほむら「まどかが…消えてしまう…」

さやか「そんな…まどか…!」

QB「さあ、障害の無い新たな世界が完全に構築される様を、見届けようじゃないか――」

――――

ほむら「あうっあうっwwwwwwんひぃwwwwっおごっwwwwwwww」

QB「ねえほむら、前から気になっていたんだけど」

ほむら「…何かしら?」

QB「君はたまに、いやしょっちゅう奇声を上げるよね?何か意味があるのかい?」

ほむら「それはね…とっても大事な人を忘れないように、って思っているからよ」

QB「ふぅん。人間ってのは相変わらずわけが分からないなあ」

ほむら「分からないから面白いのよ。相手がどう考えているか推測するから、面白いの」

QB「へぇ…僕にはよく分からないなあ…」

―Don't forget.
忘れないで

always, somewhere,
いつも、どこかで

someone is passive hell and death for you.
誰かがあなたのためにぱしへろんだすwwwwwwしている事を


―As long as you remember her.
あなたが彼女を忘れない限り

you are not alone.
あなたは一人じゃない

くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、阿呆少女という語感のみに頼ってスレを立てたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので池沼ネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「おぎゃwwwwwっうぇwwwwwwおごごごwwwwwwんひぃwwwwwww」

さやか「うぅ…あぁ…ぐひぃ…」

マミ「あうぅ…ぐがぁ…おっごごごごごごごごぉ!!!!!!」

京子「…」

ほむら「んひwwwwwwwうぃくうぃくwwwwwぱしへろんだすwwwwwww」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「おごっwwwwにっぺりあまぐぇwwwwwwww」



まどか、さやか、マミ、ほむら「って、なんで杏子(死んでる)が!?
もるもっこwwwwwwwwwまんじゅあわーwwwwwwwwwwwwwwwwwぱしへろんだすwwwwwwwwwwww」

本当の本当に終わり

お付き合いいただきありがとうございました
このSSを機に障害のある方々への差別、偏見が少しでも減ればいいと思います
それでは

くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、阿呆少女という語感のみに頼ってスレを立てたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので池沼ネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「おぎゃwwwwwっうぇwwwwwwおごごごwwwwwwんひぃwwwwwww」

さやか「うぅ…あぁ…ぐひぃ…」

マミ「あうぅ…ぐがぁ…おっごごごごごごごごぉ!!!!!!」

京子「…」

ほむら「んひwwwwwwwうぃくうぃくwwwwwぱしへろんだすwwwwwww」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「おごっwwwwにっぺりあまぐぇwwwwwwww」



まどか、さやか、マミ、ほむら「って、なんで杏子(死んでる)が!?
もるもっこwwwwwwwwwまんじゅあわーwwwwwwwwwwwwwwwwwぱしへろんだすwwwwwwwwwwww」

本当の本当に終わり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom