たまこ「みどりちゃんのバトン……」(182)

バトン部・練習中

みどり「……」クルクルクルッ

たまこ「……」クルクルクルッ

たまこ「……ん?」クンクン

たまこ「ねえ、みどりちゃん」

みどり「何? たまこ」

たまこ「何かみどりちゃんのバトンからいい匂いがするんだけど」

みどり「え!?」

たまこ「ちょっと嗅がして?」

みどり「だ、駄目だよ! きっと気のせいだと思うよ?」

たまこ「そうかな? でもみどりちゃんのバトンが回転するたびにふわっと来るんだけど」

みどり「そんな事無いって!くんくん……ほーら、何の匂いもしない」

たまこ「そんな事言われたら余計嗅ぎたくなっちゃうなぁ……」

たまこ「というか、何の匂いもしないなら嗅いでもいいでしょ?」

はよ

みどり「いやいや、本当に」

たまこ「本当にいい匂いなのに……」

みどり「はいはい。もうこの話終わりね。はい、練習練習」

たまこ「はーい……」

みどり「……」クルクル

たまこ「それ!」パシッ

みどり「あぁっ! ちょっとたまこ」

たまこ「くんくん……」

みどり「あぁぁぁぁ」

たまこ「ほら! やっぱりすっごいいい匂いがする!」

みどり「え……マジで言ってんの……?」

たまこ「マジもマジだよ」

たまこ「くんくん……はぁ……癖になりそう」

みどり「えぇ~……」///

 
かんな「どしたの?」

たまこ「あのね、みどりちゃんのバトンからすっごいいい匂いがするの!」

みどり「ちょっ、たまこ!」

史織「へぇ~」

みどり「あ、史織まで!」

たまこ「ほら、どうぞ」

かんな・史織「くんくん……」

みどり「あぁっ」

史織「……本当! すっごいいい匂い」

かんな「一体何の匂いなんでしょうか」

たまこ「だよね! 何か香水でもつけてるの?」

みどり「えっ……? えっと、秘密かな……」

たまこ「えー! ずるい!」

かんな「ヒントは?」

みどり「え? う~ん……香水ではない、かな」

史織「何だろう……」

かんな「みどちゃんこんないい匂いを独り占めとは……」

みどり「独り占めって言われても」

かんな「いつか匂いでも下克上してやる」

みどり「下克上って……」

かんな「……ん? みどちゃんちょっといい?」

みどり「な、何?」

かんな「くんくん……」

みどり「えっ」

かんな「やっぱり。二人ともー、みどちゃんからあの匂いがしますよ」

みどり「えぇっ、嘘っ!?」

たまこ「本当に!?」

たまこ・史織「くんくん……」

たまこ「バトンの匂いだよ!」

史織「バトンの匂いをもっとやわらかくした感じ」

かんな「いやいや、バトンの匂いじゃなくて、みどちゃんの匂いがバトンに移ったんでしょう」

たまこ「あ、そっか」

史織「でも羨ましい……。汗かいてるはずなのにこんなにいい匂いがするなんて」

みどり「ちょっと皆!もう、私の体をそんなに嗅がないでよ……」

たまこ「どうして?」

みどり「どうしてって……恥ずかしいからに決まってるじゃん」

かんな「もっと誇ってもいいと思いますよ」

史織「うん。こんなにいい匂い生まれて初めて嗅いだかも」

みどり「史織ってば大げさ過ぎだよ」

たまこ「私もこんなにいい匂いは生まれて初めてだよ!」

みどり「いやいや……たまこもかんなも史織も今日ちょっとおかしいよ?」

かんな「別に普通ですけど。むしろおかしいのはみどちゃんの匂い」

たまこ「うんうん」

みどり「でももう嗅いじゃ駄目! それにそろそろ部活の時間も終わっちゃうし」

みどり「1年生に号令もかけないといけないから……皆離してくれると嬉しいんだけど」

たまこ「やだ」

かんな「無理だね」

史織「うんうん」

みどり「嬉しいんだけど、皆に抱きつかれて顔うずめられると苦しいから……!」

たまこ「じゃあもうちょっと軽くするね?」

みどり「そういう問題じゃなくて……」

みどり「あぁー! もういいや。おーい1年生ー」

ガチレズ大喚起

1年「「はーい」」

1年A「……あれ? 先輩達、どうしたんですか?」

1年B「皆で抱き合っちゃってなんだか可愛いですね!」

みどり「深くは聞かないで……」

かんな「1年生もどう?」

みどり「こら! かんな駄目!」

かんな「はいはい」

 
――――――――――――――――――――――――――――
 
帰り道

みどり「あの……3人とも? そろそろ離して貰えないかなーなんて……」

たまこ「もっと嗅いでたいのにー」

みどり「でもさ……周りの人達の視線が痛いから……」

史織「それは確かに……」

かんな「じゃあ、明日の部活の時間はしっかり堪能させていただきます」

みどり「えぇっ!? ちゃんと練習してよ……」

たまこ「ちゃんと練習したら嗅いでもいいでしょ?」

みどり「それはまあ……いいけど」

たまこ「やったぁー! 明日は頑張ろうね。かんなちゃん」

かんな「もちろんですよ」

史織「じゃあ私もバドミントン頑張って早く終わらせなきゃ」

みどり「何もそこまでしなくても……後で自分が困るよ?」

かんな「大丈夫ですよ。みどちゃんの匂いは正義ですから」

――――――――――――――――――――――――――――

たまこの部屋

たまこ「はぁ……」

たまこ(どうしよう、みどりちゃんの匂いが頭から離れない……)

たまこ(嗅ぎたい……嗅ぎたい……)

――――――――――――――――――――――――――――

かんなの部屋

かんな「あぁ、また釘刺すの失敗しちゃった」

かんな(今日は何だか調子が良くない……)

かんな(やはりみどちゃんの匂いが足りないせいで……)

――――――――――――――――――――――――――――

史織の部屋

史織(みどりの匂い、いい匂いだったなぁ……結局何の匂いだったんだろう)

史織(気になる……)

史織(おまけに匂いが忘れられなくて勉強がはかどらない……)

――――――――――――――――――――――――――――

みどりの部屋

みどり「はぁ……今日は大変だった……」

みどり「たまこはまだしも、かんなや史織まで嗅いでくるなんて」

みどり「くんくん……」

みどり「別に、普通の匂いだよね……」

みどり「というか、バトンも体もきちんと洗ったはずなのに……」

みどり「残ってたのかなぁ……自分じゃ気付きにくいって言うし」

みどり「よし、今日はもっと丁寧に洗うか!」

みどり「と、その前に……」

――――――――――――――――――――――――――――
翌日・学校

みどり「おはよ~」

たまこ・かんな・史織「!」

みどり「……?」

たまこ「みどりちゃーん!」ギューッ

みどり「えっ、な、何!?」

かんな「みどちゃん……」クンクン

史織「ずっと待ってたの」クンクン

みどり「えぇっ!? もしかしてまだ残ってる……?」

史織「むしろ昨日より強くなってる気がする」

みどり「そんな……。いつもより丁寧に洗ったのに……」

たまこ「駄目だよ! 丁寧に洗ったらただの石鹸の匂いになっちゃうでしょ?」

みどり「そうしないと皆私の匂いを嗅いでくるし……」

かんな「誰が誰の匂いを嗅いでもいいんだよ」

みどり「いやいや」

みどり「流石に良くないって! ちょっと周りもざわついてるし」

みどり「それに、私もう教室戻らなきゃ! じゃあね!」

史織「あぁっ」

たまこ「相変わらずいい匂いだったね~」

かんな「何だか気分もすっきりしますね」

史織「うんうん。でもこれでまた放課後までおあずけかぁ……」

たまこ「だねえ……」

――――――――――――――――――――――――――――

放課後

みどり「よっしゃ部活だーっ! ……皆待ち構えてたりして」ガラガラッ

史織「来た!」

たまこ「みどりちゃーん!」

みどり「あぁ、やっぱり……」

たまこ「やっぱりいい匂いだなぁ」クンクン

かんな「もうこの匂い嗅がないとやってられませんね」

史織「この匂いを嗅ぐために頑張ってる気がする」

みどり「ほらほら、部活終わったら嗅がせてあげるから」

たまこ「えぇ~……。一生のお願いだから!」

みどり「だーめ! さ、練習するよ」

みどり「よっと」パシッ

かんな「あれっ」スルッ

みどり「……? かんな調子悪いね」

かんな「うん……上手く手に力が入らなくて」

かんな「みどちゃんの匂いを嗅げば治りそうなんだけど……」

みどり「あはは、冗談でしょ?」

かんな「本気です」

みどり「えぇ?」

みどり「……じゃ、じゃあ一度だけね」

かんな「……!」クンクン

みどり「ど、どう……?」

かんな「何だか元気が湧いてきましたよ……!」クルクルクルッ

みどり「バトン捌きがさっきと比べて格段に上手になってる……」

たまこ「みどりちゃん……」

みどり「え?」

たまこ「私達も嗅がせて貰っていい……?」

史織「私も調子出なくて、ずっと空振りしちゃって……」

みどり「ま、まあいいけど」

たまこ・史織「……」クンクン スーハースーハー

たまこ「あぁ~、体が軽くなりそう」

史織「疲れがふっ飛んじゃった! まだまだ頑張れそう。ありがとうみどり」

みどり「え? う、うん……」

 
――――――――――――――――――――――――――――
翌日・授業中

みどり「……」

先生「で、ここの公式を使って……」

ガラガラッ

たまこ「みどりちゃん!」
かんな「みどちゃん!」
史織「みどり!」

みどり「えっ!?」

たまこ「匂い嗅ぎに来たよ!」

ザワザワ...

みどり「ちょっ」

かんな「もうみどちゃんを嗅ぎたくて嗅ぎたくて授業が全く手につかなくなりましてね」

みどり「えぇ……」

先生「……常盤、後で職員室で説明しろ」

みどり「はい……」

史織「生き返る……」クンクン

たまこ「すぅぅはぁぁぁ」

かんな「たまちゃんがっつき過ぎ」

たまこ「しょうがないよ。あんまりいい匂いなんだから」

かんな「ま、それは一理あるね」

みどり「3人とも、授業の迷惑だから……ってか見られてるから!」

たまこ「あっ、ごめんね? もう居ても立ってもいられなくて……」

かんな「私達はもう十分に堪能させてもらいましたし、帰りましょうかね」

史織「だね」ガラガラッ

みどり(何だったの……)

もち蔵(何だあれ……)

キーンコーンカーンコーン

もち蔵「常盤」

みどり「あ、大路」

もち蔵「さっきの事なんだけど……」

みどり「あ、あぁ……」

もち蔵「お前ってそんなにいい匂いすんの……?」

みどり「は、はぁ!?」

みどり「まさかあんたまで嗅がせてなんて言わないよね?」

もち蔵「……ごめんなさい。言うつもりでした」

みどり「馬鹿でしょ……。大体女同士だからまだしも、あんたがやったら誤解されかねないじゃん」

もち蔵「ま、それもそうか。たまこがあんなに好きになる匂いを一度嗅いでみたかったんだよ」

みどり「自分じゃ分かんないんだけどね」

もち蔵「えっ、香水かなんかじゃないのか?」

みどり「違う」

もち蔵「そうなのか……体臭か?」

みどり「そうかも……」

もち蔵「でも常盤にとっちゃ、棚からぼた餅なんじゃないのか? たまこに抱きつかれるなんて」

みどり「大路じゃあるまいし」

もち蔵「でも嬉しいだろ?」

みどり「ま、まあ嬉しいか嬉しくないかで言えば嬉しいかな……」

もち蔵「やっぱり嬉しいんじゃん」

みどり「う、うるさい!」

――――――――――――――――――――――――――――

放課後

みどり「……あのさ」

たまこ「どうしたの?」クンクン

みどり「大事な話があるんだけど」

かんな「ふむふむ」クンクン

みどり「もうこれから私の匂い嗅ぐのやめない?」

史織「えっ」クンクン

みどり「なんか噂になり始めてるらしいし……」

みどり「それに今日授業中入って来たので、怒られたの私なんだからね?」

たまこ「それは悪いと思ってるけど……」クンクン

みどり「皆そろそろ嗅ぐのやめて」

かんな「おおう……これはみどちゃん本気だ」

みどり「最初っから本気だよ……」

史織「でも、私みどりの匂いを定期的に嗅がないと、なんだか頭がぼーっとして……」

たまこ「あ、それ分かる! テンションも上がらなくなるよね」

みどり「ええ……それってやばいんじゃない?」

たまこ「そう、やばいんだよ! だからまた明日も」

みどり「それはそれ、これはこれ。そんなに嗅ぎたくなっちゃうなら尚更離れないと」

たまこ「ええー……わかったよ……」

――――――――――――――――――――――――――――

翌日・放課後

みどり「今日は嗅ぎに来なかったなぁ……いい兆候かな」ガラガラッ

たまこ・かんな・史織「……」

みどり(暗っ……しかも顔色悪っ)

みどり「よ、よーっす」

たまこ・かんな・史織「……!」ギラッ

みどり「……!?」

たまこ「み、みどりちゃん……私達、もう限界」

史織「昨日の学校からずっと嗅いでないから、手、手が震えてラケットも持てないよ……」

かんな「後生だから嗅がせて……」

みどり「ねえ、本当に大丈夫……?」

たまこ「ごめんっ、みどりちゃん」ガバッ

みどり「えっ!?」ドサッ

史織「すぅぅ……はぁぁ……」

みどり(……っ!押さえつけられて手も足も動けない)

かんな「くんくん……あっ!」

かんな「み、みどちゃんの服越しじゃなくて、直に嗅いだら……」

みどり「え!? ちょっとかんな、駄目だって!」

たまこ「みどりちゃんいい匂いだよ……」クンクン

かんな「さ、流石に脱がせられないから、せめてお腹だけでも……」サワサワ

みどり「……!?」

かんな「じ、直に嗅がせていただきます」クンクン

たまこ「あぁっ、かんなちゃんずるい!」クンクン

史織「わ、私も!」クンクン

みどり「――っ」///

まさか…


ガチレズ大喚起!!!!

 
――――――――――――――――――――――――――――


みどり「……正座」

たまこ・かんな・史織「……はい」

みどり「私すっごい恥ずかしかったんだけど……」

たまこ「ご、ごめん……」

みどり「体育館なんだよ? 1年生にも見られるわ、果ては男子にまで! 変な誤解されたらどうするの?」

かんな「……はい」

みどり「もうあんな事しないなら許すけど」

史織「ええっ」

みどり「『ええっ』じゃないよ……軽く嗅がれる位ならまだ我慢出来たのに……」

たまこ「じゃあ目立たない所でするから……」

みどり「駄目、しばらく反省して」

たまこ「そんなぁ……」

 
――――――――――――――――――――――――――――

みどり(3人とも帰りは意気消沈してたなぁ……ちょっと言い過ぎちゃった?)

デラ「おや」

みどり「あ、デラちゃん」

デラ「どうした? 何やら浮かない顔をしておる……ん!?」

みどり「えっ、どうしたの?」

デラ「す、すさまじいフェロモンを感じるぞ!?」

みどり「……フェロモン?」

デラ「そうか……。娘がやたら嗅ぎたい嗅ぎたいと呟いておったのはこの事だったのか」

みどり「えっ、たまこが?」

デラ「とんでもないぞこれは……何をしたらこんなにフェロモンが出るのだ」

みどり「さ、さぁ……私にも身に覚えが無くて」

デラ「そうなのか。しかし、何か自分のした行動が要因になっているのは間違いないだろう」

みどり「そうなの?」

デラ「そういうものだ。こんなのを嗅ぎ続けたらああなるのも仕方あるまい」

デラ「事の発端はどうだったのだ?」

みどり「えっと……たまこが突然私のバトンからいい匂いがするって……あっ」

デラ「お? 何やら気付く事でもあったか?」

みどり「な、なんでもない!」///

みどり「ご、ごめん! 私もう帰るから!」///

デラ「……何なんだあの娘は」

 
――――――――――――――――――――――――――――
 
みどりの部屋

みどり「あぁ……恥ずかしい」

みどり「……でも、私のせいだったんだよね」

みどり「はぁ……」

みどり「もういいや」

こうして、意を決したみどりちゃんは、私達にいつでもどこでもされるがままに嗅がれたりされる生活を送っています。
……そういえば、みどりちゃんはこの匂いが出る原因が分かったみたいだけど、一体何だったのかな?
それはさておき、最近はみどりちゃんの匂いだけじゃなくて、みどりちゃん自体が頭から離れなくなってきちゃった。
まあいいよね?

     \ヽ, ,、
      `''|/ノ
       .|
   _   |
   \`ヽ、|
    \, V                            ィ
       `L,,_                   ´ ̄ ̄ ̄`   、 /:.´ ̄ ̄)
       |ヽ、          ,.  ´             ∨ / ̄ヽ`ヽ
      /            /                 〈   ノ:.ノ
     /         .,.                      ,    
    |        .´                      ′
    |     / r―v―y- 、             ⌒',   }   
    |.    .;  }: : : : : : : : :.ン                 ′ ;      
    ヽ、   .|       ´                | /   
      ヽ_{__.x                 /        }′   
      :..,  {                 ′         、
     <二二..,               {        `¨¨¨¨¨¨¨二ヽ
           、  、           :,         ー :.:¨¨¨¨ヽ .┼ヽ  -|r‐、. レ |
           \...}            入        :.:.:.ー< ̄ `  d⌒) ./| _ノ  __ノ
           {厂⌒¨¨ヽ         ,.  ´  \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ   ...───────
      __//   {ノ―‐ゝ-- ⌒¨¨¨´        丶:.;,___ヽ        

たまこ「ねえ、みどりちゃん」

みどり「なによ、たまこ」

たまこ「今度の休みにさ、うちに遊びに来ないかなー?なんて…」

みどり「いいけれど、匂い嗅ぐのはダメだからね」

たまこ「う…ヒュイーヒュイー」

みどり「誤魔化してもだーめ!じゃあ行かない」

たまこ「う…ね、ねえどうしてもダメかな?みどりちゃんを独り占めしたいんだよ」

みどり「え…ドキッ」

たまこ「みどりちゃん、お願いっ!」キラキラ

みどり「…そんなに言うならいいよ、私だっt」

たまこ「え?なんだって?」

みどり「なんでもないっ!じゃ、休みに行くね!」

たまこ「あんこ姫ー」

あんこ「ん?なあに?たまちゃん」

たまこ「今度のお休みなんだけれど、デラちゃん連れてお買い物頼まれてくれないかね?」

あんこ「えー、あんこも遊びに行きたいもんっ!」

たまこ「そっか!それならいいよ、大丈夫だからっ!」

あんこ「変なたまちゃん?」

たまこ「いらっしゃい、みどりちゃん」

みどり「おじゃましまーす、って誰もいないの?」

たまこ「キョ!キョウハみんな出かけてるんだなこれが

みどり「そ、そうなんだ?(チャ、チャンス??)」

たまこ「じゃあ、こちらウェルカムおもちでございます」

みどり「うむ、苦しゅうない」「いただきますっ!」

みどり「チラッ…(窓から丸見えだし…)ねえ、たまこ、アタシさ、花粉症がひどくてさ、窓、閉めてもいいかな?」

たまこ「?そうだったけ?うん、じゃあ閉めるね、あっ、おーいもちぞーd バンッ

たまこ「…みどりちゃん?

みどり「あ、、ご、ごめんねちがうの、、別になんでもないんだけれど

たまこ「…?ふふっ、おかしなみどりちゃん」

みどり「(あいつには負けない…)

タブレット打ちづらい、端末変えるか

みどり「ん~、さすがおもちおいしいね」

たまこ「たまや自慢のおもちですからっ!」

みどり「それで、今日はどうして呼んでくれたの?」シレッ

たまこ「え゛?ヒューヒュー」

みどり(分かりやすい…)

たまこ「こ、こないだのね、お化け屋敷の写真とかできてさ、一緒に見ようかなって」

みどり「あ、見たいみたいっ!」

たまこ「ほら、このみどりちゃんかわいいっ!」

みどり「かわいくないからっ!やめてよ!あ、こっちのたまこの写真かわいい!ちょうだいっ!」

たまこ「えー?これ怖がらせてるんだよ」(みどりちゃん…いい匂い…)

みどり「このときのかんなの表情すごいね」(たまこ…近いな…てか、窓閉めたから…)

たまこ「みどりちゃん?ちょっと汗かいてる」ピトッ

みどり(ドキッ)「ち、、ちょっと暑くなっちゃったかな…?ちょっと上着脱ぐね」(た、たまこが触って///)

たまこ「え?う、うん。。せ、扇風機、、もってくるね」(いい匂いが充満してきて、、倒れそう…)

たまこ「せんぷうきー、はどこかなー?」(みどりちゃん、今日はいつもよりすごくいい匂い…)

たまこ(独り占めできるなんて幸せ…)

みどり(きょ、今日は…チャンス!)

たまこ「扇風機もってきたよー」

みどり「ありがと、ごめんね手間かけさせちゃって」

たまこ「いえいえ、お安い御用ですよ」

あたりー、寝てやるですってなんだよかわいいじゃねーかしね




みどり「あー、涼しい!」

たまこ「扇風機も久しぶりだねえ」

たまこ「ねえ、みどりちゃん」

みどり(ドキッ)「な、なによ?たまこ」

たまこ「ごめんね、みどりちゃん、わたしもう我慢できないよ…その、か、嗅いでも…いいかな?」

みどり「…ダメっ!」

たまこ「えーっ?お願い!なんでもするからさ」

みどり(ん?いま)「ダメって言ったはずでしょ!…てゆうか、その、た、たまこばっかりでずるいよ」ボソッ

たまこ「え?なんだって?」

WBCだからしょうがないわ

最高だな支援

みどり「だからっ!…たまこばっかりアタシの匂いかいでずるいって言ったの!」

みどり「アタシにも嗅がせてよ!」

たまこ「え?みどりちゃん??」

みどり「…それなら、嗅いでもいいよ…」

たまこ「…うん、いいよ、ほら」

みどり(ドキドキドキ)「髪、触るね?」

たまこ「う、うん…」(ドキドキドキ)

みどり(たまこの髪…サラサラ…)

たまこ(…さ、触られるのってこんな…)

みどり(クンカクンカ)「たまこ、いい匂い…」

たまこ「そ、そう?シャンプーだよう」テレテレ

みどり「ううん、そうじゃない、たまこの匂いがする…」クンクン

たまこ「み、みどりちゃん…なんか恥ずかしい…」

みどり「アタシの気持ちがわかった?」ニコッ

たまこ「ひ、ひぃー。。ごめんなさいでした///」

みどり「…でも、こっちがわも、いいね」

たまこ「…う、うん」

たまこ「みどりちゃん、そろそr…」

みどり「だーめ、まだ全然足りないよ」

たまこ「ひ、ひえー」

みどり「ちょっと近づいていい?」ズイッ

たまこ(ドキッ)「えっ?う、うん…」

みどり「たまこも、少し汗かいてるよ、首元」ドキドキ

たまこ「そ、そうだね、ちょっと暑いかなー?」

みどり「…ちょっと髪上げるね」パサッ

たまこ「う、うん」(ドキドキ)

みどり(…たまこの…首元)クンクン

みどり(たまこ…いい匂い…)クンカクンカ

たまこ「ぅ…み、みどりちゃん…こ、こそばゆうです」

みどり「…」ギュッ

たまこ「?み、みどりちゃん?」(だ、抱きしめられてるっっ)ドキドキ

みどり「…ねえたまこ」

たまこ「は、ひぃ。。」

みどり「このあいださ、直に嗅いだよね?」

たまこ「う…う…は、はい、」

みどり「あれわたしもやりやい」

たまこ「!?さ、さすがにちょっt」

みどり「たまこ、脱いでよ」

たまこ「み、、みどりちゃん?」

みどり「わたしも…脱ぐからさ…」

たまこ(ドキッ、み、みどりちゃんの匂いが…)「ちょ、ちょっとみどりちゃん」

みどり「たまこはずるいよ」ボソッ

たまこ「え?なんだって?」

さるとあたりーのダブルパンチくらってるしね




みどり「たまこはずるい」

たまこ「え??え?」

みどり(ヌギッ)

みどり「…いいよ、嗅いでも」

たまこ(みどりちゃん、すごい…)フラフラ

みどり「たまこも脱いだらね」

たまこ「…うん…わかったよ…」フラフラ

みどり(たまこたまこたまこたまこ…)

たまこ(ヌギヌギ)

たまこ「き、キャミソールでもなんだか、恥ずかしいね…」テレテレ

みどり(たまこ…)クンクン

たまこ「んー、みどりちゃんばっかりずるいよ、私にも嗅がせてよ」クンクン

みどり「うん…」(クンクン…)

たまこ(クンクン…)

みどり「ねえ、たまこ…」

たまこ「なんに?みどりちゃん」

みどり「ギュッてしても…いい?」

たまこ「うん、いいよ。。」

みどり(ギュッ)「たまこ、いい匂い…」

たまこ「えへへー、なんだかうれしいな」

みどり「えっ?」ドキッ

たまこ「いい香りに包まれてギュッとしてもらって…」

みどり「……うん。」

たまこ(スー…ハー…)

みどり「ふふっ、たまこ、嗅ぎすぎ!」

たまこ(クンクンクンクン)「んー、だってぇ、頭がぽわ~んとしてくる…」

みどり「…」チュッ…

たまこ「!?ひっ、ひゃあ!!」

みどり「嗅ぎすぎだからっ!おしおきっ!」

たまこ「むー、みどりちゃんずるいよ、私もするもんっ」チュッ

みどり(ドキッッ)「ち、ちょっとたまこってば」

たまこ「みどりちゃん、ごめんね、ちょっと失礼するね」ヌガシッ

みどり「ちょ、ちょっと、たまこそれ以上はっ!」

たまこ「えへ?ちょっとだけだよぅ」クンクン

みどり「は…恥ずかしい…」///

たまこ(!?やっぱり、下のほうが匂いが強い?)クンクンクンクン

みどり「た、たまこっ!嗅ぎすぎだよっ!」///

たまこ「もうちょっとだけ、もうちょっとだけ」ズリズリ

みどり「ひっ、ひゃあ!たまこそれはダメっ!」

たまこ(ポワーン)「んえ~?っちょっとらけえだよぉ~」クンクンクンカクン

みどり(ちょ、ちょっと、それ以上脱がされたら///)

たまこ「んー?さすがみどりちゃん、パンツも大人だねー」

みどり「た、たまこっ!ダメだってばっ!」(今日…いけるっ!??)



ガラッ

あんこ「たまちゃーん、ただいm…」

あんこ「…」

たまこ「」

みどり「」

あんこ「…」

たまこ「」

みどり「」

あんこ「…」ピシャ…タタタタ

たまこ「」

みどり「」

かんな・史織「」

たまこ「あ、あんこ姫、お帰り!どこに行ってたの?」

あんこ「んー?もっちーのトコ、みどりちゃんもう帰ったの?」

たまこ「う、うん」

あんこ「もー、半分はアタシの部屋なんだからね」

たまこ「ご、ごめんね」

あんこ「…もっちーかわいそう」ボソッ

たまこ「え?なんだって?」

あんこ「なんでもないよ。デラはどこ?」

たまこ「そういえばどこだろう?…」





(押入れ)デラ(おおおおおおおおなごがー、オナゴ同士でー)ハナジダラダラ


その後、みどりとたまこは付き合って、モチゾウはあんこと結ばれましたとさ
おしまい

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom