サクラ「あんたと付き合ってあげてもいいわよ!」ナルト「……」(154)

ナルト「いきなりなんだってばよ」

サクラ「だって昔からあんた、私のこと好きだったみたいだし?」

サクラ「まぁぶっちゃけあんたって昔は落ちこぼれのドベだったから嫌だったけどさ」

サクラ「最近のあんたはまぁまぁ頑張ってるじゃない?だから付き合ってあげてもいいかなって」

ナルト「……」

ナルト「なんだそれ…」

サクラ「え?なんか言った?」

ナルト「昔は見向きもしなかったくせに…」

サクラ「いや昔は昔でしょ?実際あんたって顔もそんなに良くはないし実力もなかったし」

ナルト「…ウザいとか言ったくせによ」

サクラ「そりゃ実際ウザかったし。言われても仕方ないんじゃない?」

ナルト「……なんだよそれ」

ナルト「たしかに俺は弱かったし落ちこぼれだったよ。でもだからって今になってから手のひら返すのかよ」

サクラ「なにいってんの?当たり前じゃない」

ナルト「…なに?」

サクラ「今のあんたはもう里の中では英雄扱いだし、あんたと付き合ったら私だってもてはやされるだろうしさ」

ナルト「……」

ナルト「ふざけんなよ…俺はブランド物かなんかかよ?」

サクラ「じゃなきゃあんたみたいなのと付き合ったりしないわよ」

ナルト「……!」

サクラ「よかったわね強くなれて。念願の私と付き合えるのよ?」

ナルト「…そんなことのために強くなったんじゃねぇ」

サクラ「理由なんてどうでもいいのよ。私が付き合ってあげるって言ってんだからもっと馬鹿みたいに喜びなさいよ」

ナルト「なんだと…」

ナルト「大体サクラちゃんが好きなのはサスケだろ!なんで俺と付き合おうなんて…!」

サクラ「だってサスケ君帰ってこないじゃない。誰かさんのせいで」

ナルト「俺のせいだって…言いたいのかよ…」

サクラ「べっつにー?ただサスケ君を連れ戻すとか言ってるくせにいつまでたっても連れ戻さないじゃない」

サクラ「だからもうあんたで我慢しようかなって」

ナルト「俺はサスケの代わりだってのか」

サクラ「まぁいつになるかはわからないけど、サスケ君が帰ってくるまであんたにいい思いさせてあげよっかなってねー」

ナルト「……」

サクラ「だからあんたで妥協してあげるってわけ。嬉しいでしょ?昔から私にゾッコンだったもんねー」

ナルト「……断る」

サクラ「は?」

ナルト「見損なった。もう俺に話しかけんな」

サクラ「ちょっと…あんたなに言ってるかわかってんの?」

ナルト「話しかけんなって言っただろ」

サクラ「私が付き合ってあげるっていってんのよ?相変わらず馬鹿ね。チャンスじゃないのよ」

ナルト「自意識過剰なんだよ」

サクラ「はぁ!?私のこと好きなくせになに生意気いってんのよ!」

ナルト「好きじゃねーよ。むしろ嫌いだ」

サクラ「嘘つけ!昔から馬鹿みたいにあたしにちょっかいかけてたくせに!」

ナルト「…俺が好きだったのは今のサクラちゃんじゃねぇ」

サクラ「意味わかんない!今の私がなんだってのよナルトォ!」

ナルト「もうしゃべんなってばよ…もうサクラちゃんの言葉は聞きたくねぇ…」

ナルト「サクラちゃんには…サスケへの想いだけは捨てて欲しくなかったぜ…あの頃と同じままにな…」

ナルト「俺が好きだったのは…一途にサスケを想ってたサクラちゃんだ。真のある女の子だと思ったから好きになったんだよ!」

ナルト「冗談でも他の男に付き合ってやるとか言うサクラちゃんじゃねぇ!」

サクラ「はっ…これだから男ってのは馬鹿なのよ。つまり尻軽女だって言いたいの?」

ナルト「そうだろ…本気で好きでもねぇ男にこんなこと言うなんてよ」

サクラ「あーあーめんどくさい奴。どうせあんたって童貞でしょ?」

ナルト「なっ…」

童貞でも里の英雄だし自分を心底好きでいてくれてる女の子いるし勝ち組だよね

ナルト「ど、童貞だよ!」

サクラ「はっ、やっぱりね。童貞はこれだからめんどくさいのよ…」

ナルト「なんとでも言えよ。尻軽よりマシだ」

サクラ「あんたみたいな夢見がちな童貞がモテるとでも思ってんの?私を逃したらもう一生女なんてできないわよ?」

ナルト「お前と付き合うくらいなら一生独り身のほうがマシだってんだよ!」

サクラ「この…!」

サクラ「ナルトのくせに口答えしてんじゃないわよっ!!」ゴッ!

ナルト「うおっ!?」

サクラ「落ちこぼれだったくせに!私に向かって生意気なのよ!」

ナルト「影分身の術!」ボン!

サクラ「ぐっ…!?離せコラァッ!!」

ナルト「暴れんじゃねーってばよ馬鹿力の怪力女…」

シカマル「おいお前ら!一体なんの騒ぎだ!?」

ナルト「シカマル!」

シカマル「なんだナルトじゃねーか…あとサクラ…?」

ナルト「こいつが暴れんだよ。なんとかしてくれねーか?」

サクラ「ふざけんなナルト!ぶっ殺してやる!」

シカマル「……事情は呑み込めねぇが…とりあえずサクラをどうにかしたほうがよさそうだな…」

ナルト「頼む」

サクラ「糞…ナルトの奴…私に恥をかかせやがって…」

サクラ「私の方から付き合ってやるって言ってやったのに礼の一つも言わずにあまつさえ断りやがった…」

サクラ「調子に乗りやがって落ちこぼれの糞童貞がぁ…!」




ナルト「…ってわけだ」

シカマル「…大体の事情はわかった。サクラを止めてくれてありがとうな」

ナルト「…………」

シカマル「まぁ…痴話喧嘩はほどほどにしとけや。俺は上に報告なんで行くぜ」

ナルト「…あぁ」

いの「サクラー…あんたどうしたのよー?」

サクラ「……いの」

いの「なんだかすごく荒れてたらしいじゃなーい?」

サクラ「…ナルトの奴が悪いのよ」

いの「?」

サクラ「ナルトの馬鹿がいつまでもウジウジ私にアピールしてっから私の方から歩み寄ってやったってのに…!」

いの「そりゃそんな態度取ったらいくらナルトでもおこるわよー」

サクラ「はぁ…!?」

サクラ「なに?あんたナルトの奴に気があんの?」

いの「馬鹿言わないでよー。私はいつだってサスケ君一筋よ」

サクラ「ぷっ…夢見る童貞もめんどくさいけど夢見る行き遅れ処女も同じくらい見苦しいわね」

いの「…なんか言った?」

サクラ「いつまでもサスケ君サスケ君って純情ぶってんじゃないわよこの豚が!」

いの「…あんた言っていいことと悪いことがあんじゃないの?」

サクラ「あんたみたいな豚、サスケ君どころか誰も好きになるわけないじゃない。夢見るのも大概にしなさいよ」

いの「言わせておけば…!」

サクラ「処女の雌豚のくせに私に意見しないでくれる?臭すぎて鼻曲がるんだけど」

いの「…っ!この…!」

サクラ「なに殴りかかろうとしてん…だっ!」ドゴッ!

いの「うぐっ…!」

サクラ「三忍の弟子に勝てるとおもってんの?粉々にするわよ?」

いの「い、いや…やめて…!」

サクラ「そういえばさぁ…あんた髪のびたよね?」

いの「……え?」

サクラ「豚がおしゃれなんてしていいと思ってる?ねぇ?」

いの「…や、やめてよ…本気なの…?」

サクラ「そー…らっ!」ブチブチィ!

いの「ひ、ぎゃぁぁっ!!」

サクラ「あは、あはは!若いうちからハゲができて大変ねいの!これじゃあ同じ豚からもモテなくなっちゃうわね!」

いの「髪が…私の髪がぁ…」ポロポロ

サクラ「これに懲りたら私に逆らうんじゃないわよ。昔みたいに対等だなんて付け上がらないようにね」

いの「…………っ!」ギロッ

サクラ「得意技の心転身でもする気?あれ私に効かないって忘れたの?」ゴッ!

いの「あがはぁっ…!」

サクラ「髪だけじゃなくて印を結べないように腕もいっとこうか?」

いの「ご、ごめんなさいっ!もうしませんから許してください…!」

あのときは気持ちが高ぶってて跳ね返せただけやろw

サクラ「じゃああんたは下僕になりたい?」

いの「……え…」

サクラ「なりたくないの?なら腕引きちぎろうか」

いの「な、なりますっ!あなたの下僕になります!」

サクラ「…『なります』…?」

いの「い、いえ…下僕にしてください!あなたの下僕になりたいです!お願いします…!」

サクラ「あっそー?なりたいんだ?ぷっ!気持ち悪!…まぁいいや。しょうがないから下僕にしてあげる」

いの「あ…ありがとう…ございます…」

ナルト「……」

ネジ「…ん?どうしたんだナルト」

ナルト「ネジか…よう…」

ネジ「なにやら元気がないな。お前らしくもない」

ナルト「いや…なんか信じてた奴が変わっちまってよ…もう女なんて信用できそうにないってばよ…」

ネジ「はは。お前でもそういうのがあるのか」

ナルト「…これから先…俺は彼女とか作れるようになんのかな…」

圧倒的に早さが足りない

ネジ「…んんっ!ゴホン!」

ナルト「?」

ネジ「まぁなんだ…悲観するほど絶望的でもないんじゃないか?」

ナルト「…ネジにはわかんねぇよ。お前モテるだろうし…」

ネジ「何を言う。お前だってモテるじゃないか」

ナルト「モテねぇよばーか…一緒にすんじゃねぇってばよ」

ネジ「いや…確かに俺の身近にお前のことが好きな女の子がいるんだがな」

ナルト「え?」

ナルト「マジで?」

ネジ「ああ」

ナルト「…でもその女だって陰でなにを思ってるか…」

ネジ「」ピクッ

ナルト「口ではどうとでもいえっからな…心のなかでは落ちこぼれだとかぼっちだとかブサメンだとか思ってるかもしれねぇし…」

ネジ「あの方を悪く言うなぁーっ!!!!」

ナルト「!?」

ネジ「あ…いや、すまん」

バレますがな(笑)

ネジ「あのなナルト。その人は決してお前のことを悪く思ったりしないぞ」

ナルト「そうかな…」

ネジ「あぁ。だが普通はお前に欠点なんてそう見つからないと思うが…」

ナルト「んなことねーよ!」

ネジ「お前は強いし格好いいし里の英雄だろう!実力も実績もあるし顔だって悪くないぞ!むしろ可愛い顔をしてると俺は思う!」

ナルト「…ネジ…お前…」

ネジ「…い、いや…別に他意はない…勘違いするな…」

俺「…」(ちんちんが勃起する音)

このあとネジとくっついたりヒナタがレイプされたりキバが解説したりしてハッピーエンドになります
ID変わるし寝ます
おやすみ

ヒナタ「ナルト君!」

ナルト「おう、ヒナタか・・・」

ヒナタ「ネジ兄さん、里の端の森でリーさんが呼んでましたよ。」ゴゴゴ

ネジ「そ、そうですか。ありがとうございます。」

ヒナタ「ナルト君って一楽の常連なんだよね?」

ナルト「おう!任務が無いときは毎日行くし、任務から帰ったらまず一楽のラーメンだってばよ!」

ヒナタ「私ね、一楽まだ行ったことないの。ナルト君連れて行ってくれない?女の子が一人で初ラーメンって恥ずかしくって・・・」

ナルト「いいってばよ!きっとヒナタも気に入るってばよ!」

オヤジ「ラッシャイ!おっ今日は女連れか。ついに彼女が出来たのかぁ。」ニヤニヤ

ナルト「そんなんじゃないってばよ。おっちゃん、醤油2つ!ヒナタも初めてならとりあえず醤油でいいよな?」

ヒナタ「うん。ナルト君に任せるよ。(さっきのサクラとのやり取りからいって今日は露骨に攻めるのは得策じゃないけど、サクラの好感度が下った今は私の好感度をあげるチャンス!頑張らなきゃ。)」

ナルト「ヒナタも早く座るってばよ!」

ヒナタ「うん。」ポヨン

ナルト「(オッパイがカウンターに乗ってるってばよ。こんなの綱手のばーちゃん以外はじめて見たな。)」

ヒナタ「ナルト君?」

ナルト「なんだってばよ?」

ヒナタ「醤油ラーメン頼んでたけど、一番好きなの?」

ナルト「ラーメンは全部好きだってばよ!でも野菜あんまり好きじゃないから野菜ラーメンよりはチャーシューメンが好きだな。」

ヒナタ「野菜も食べなきゃダメだよ。」

せめてサクラさんていってほしかった

おぉ書き手がかわっとる

オヤジ「へい、おまち。」㌧

ナルト「うひょー!相変わらずうまそうだってばよ。」

ヒナタ「わぁ。美味しそう。頂きます。」ペコリ

ナルト「ヒナタは礼儀正しいなぁ。(すすった麺の先が胸に当たりそうだってばよ。)」

ヒナタ「お、美味しい!」チュルチュル

ナルト「だろ。一楽のラーメンは最高だってばよ!」

>>110
原作でさん付けじゃないと思ったけど・・・

ナルト「オッチャン、ご馳走様!」チャリン

ヒナタ「あ、ナルト君。自分の分は払うよ。」

親父「嬢ちゃん、こういう時は男に払わせてやんな。」

ナルト「気にすんなって。俺ってば無駄遣いしないから結構御大臣だってばよ。」

ヒナタ「あ、ありがとう。」

ナルト「おう!じゃあな!」

ヒナタ「(え?まだ何もしてないよ!今日からは小悪魔系の攻める私になるって決めたのに!)」

ヒナタ「ちょっとまって!」

ナルト「ん?なんだってばよ。」

ヒナタ「ラーメンのお礼にデザートご馳走様したいんだけど・・・」

ナルト「おー!ありがとうってばよ。実はまだ食べ足りなくてさ。」

ヒナタ「お店で買って家で食べよう。」

ナルト「おじゃまするってばよ!」

スイーツ嬢「いらっしゃいませ。」

ヒナタ「ここ新しい店で美味しいって評判なんだ。ナルト君、何がいい?」

ナルト「あんまり甘くないのがいいなぁ。あと酸っぱくないの。」

ヒナタ「じゃあオペラと紅茶のシフォンをテイクアウトで。」

??「おい。ナルトじゃないか!」

ナルト「綱手のばーちゃん!」

綱手「なんだか似合わないとこにいるね。ってヒナタも一緒か。デートかい?」

ナルト「そんなんじゃないってばよ。ばーちゃんは一人?」

綱手「ちょいと休憩しにね。執務室じゃ休んだ気がしないし。」

ナルト「まさかサボりじゃ・・・」

綱手「・・・奢ってやるからシズネには・・・」

ナルト「わかったってばよ。良かったな。ヒナタ!」

ヒナタ「(そんな・・・)」ガーン

綱手「私はトリプルベリーのスペシャルミルフィーユで。あとアールグレイをポットで。」

ナルト「ばーちゃん似合わないってばよ。」

綱手「失礼な私だってまだまだ女子なんだぞ。」ゴツン

ナルト「どっちかというと酒の方似合うってばよ。」

綱手「それは否定出来んな。」ワハハ

ヒナタ「(大丈夫、むしろ家で二人きりより落ち着いてナルト君と話せるかも。)」

スイーツ嬢「それでは席の方でお待ちください。」

スイーツ嬢「おまたせしました。」

ナルト「この黒いのって食えるのか?なんかテカテカしてつくり物っぽいってばよ。こっちはなんかクリームとかついてなくて地味だし。ばーちゃんのはスゲーな。」

ヒナタ「この黒いのチョコレートだから食べれるよ。こっちはナルト君があんまり甘くない方がいいって言ってたらか選んだんだけど、ごめんね。」シュン

ナルト「気にすんなってばよ!食べれば一緒だし。」パク

ナルト「うぉぉぉぉぉ!なんだってばよ!なんかこれ雲みたいにフワフワで旨いってばよ!」

ヒナタ「シフォンケーキって言うの。自分で作ると上手く膨らまなくて大変なんだよ。」

綱手「あんたちょっと騒ぎ過ぎだよ。全く。」ザクザク

ナルト「オレってばケーキなんかクリスマスとかの白いのしか食ったことねーから感動したってばよ。」パクパク

ヒナタ「そうなんだ。こっちも食べてみる?」

ナルト「いいのか?」

ヒナタ「どうぞ(え?あーんしたりして私ったらもう立派な小悪魔系・・・)」

ナルト「な、なんだこれ。チョコなのに柔らかくてチョコよりチョコっぽい味がしてるってばよ!」

ヒナタ「もっと食べる?」

ナルト「ヒナタの分がなくなっちゃうってばよ。」

ヒナタ「じゃあもう一口だけ。私食べ過ぎると太っちゃうから協力して。」

ナルト「そう言う事なら喜んで。(太ってるのは明らかに胸だってばよ。)」

綱手「あーあー見せつけてくれちゃって」ザクザク

ヒナタ「そんな事///」

ナルト「っていうかばーちゃんこぼしてるってばよ。」

綱手「ミルフィーユってのはこういうもんなんだよ。これさえ無きゃもっと良いんだけどね。」ゴソゴソ

ナルト「(食べカスが胸にかかったり、谷間に入ってるってばよ。ばーちゃんだってわかってるのに食べカスを取るのから目がはなせねぇ。)」

ヒナタ「(流石綱手様!小悪魔を超えて悪魔の様な方だわ。)」

綱手「まだ谷間に欠片が入ってるような気がするな。まぁいい。急がないとシズネがキレるからな。土産も買ったし大丈夫だといいが。」

ナルト「シズネネーチャン意外と単純だから大丈夫だってばよ。」

ヒナタ「ご馳走様でした。」ペコリ

綱手「気をつけて帰れよ。ヤルならゴムはしとけ。」

ナルト「??」

ヒナタ「///」

ナルト「ばーちゃんはよく分かんねーな。じゃあな!」シュパッ

ヒナタ「・・・あっ。行っちゃった。」

ヒナタ「でも今日の私はかなり攻めてる小悪魔系だったよね。明日からも頑張らなきゃ。」

ナルト「ネジが言う事も最もだよな。ヒナタは恥ずかしがり屋だけどいい奴だし、ばーちゃんは思ったことバンバン言っちゃうしな。」

ナルト「ん?あれはサクラちゃんといの?」

-----------------------------------------

サクラ「アタシの下僕が醜いと不愉快だから頭皮は治してやるわ。感謝しなさい。」

いの「元はといえばアンタの・・・」

サクラ「あん?」

いの「いえ、ありがとうございます。」

サクラ「チッ、なんかムシャクシャするからホテルまで付き合いなさいよ。」

いの「え?」

サクラ「一応女同士の房中術教わってるから試してみたいのよね。アンタの処女貰ってやるから感謝しなさいよ。」

いの「そんな・・・」

サクラ「返事ぃ!」

いの「はい・・・ありがとうございます・・・」

ナルト「何言ってるから分からないけど、二人でキラキラした建物に入っていくってばよ。なんか楽しそうな建物だし、サクラちゃんには関わりたくないからほっとこ。」

ナルト「帰ってヒナタとばーちゃんのオッパイでシコらなきゃ。」

みてるぞ

ぶん投げやがった

くぅ~疲れましたwこれにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

さやか「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

京子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ほむら「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

数日後
サクラ「おいイノブタ、なんか面白い事やれ。」

いの「・・・貞子。」バサァ

サクラ「古い。ツマラン。罰として二穴フィストオナニーな。」

いの「そ、それは・・・」

サクラ「ヤラねーとラフレシアマンコに足切って突っ込むぞ。」

いの「はいぃ。やります。」

サクラ「おっ、すっかりこのくらいなら余裕じゃねーか。ビッチが。」

いの「はぃぃ。あふっ」クチュクチュ

サクラ「出来上がってんじゃねーよ変態が!」ガスッ

いの「ありがとうございます!」ビクン

サクラ「ちっ蹴られて逝きやがった。変態が。」

いの「サクラさまぁ。」クチュクチュ

サクラ「ウゼーよ。オメーんち花屋だよな?明日ケツとマンコに花生けてこい。それがいい出来ならご褒美やるよ。」

いの「ありがとうございます。頑張りますぅ。」クチュクチュ

数週間後
ナルト「最近はヒナタでばっかり抜いてる気がするってばよ。」シコシコ

ナルト「ばーちゃんは流石に使い過ぎると萎えるし、かといってエロ本買ったり見ようとするとヒナタが現れるんだよな。」シコシコ

ナルト「だからヒナタで抜いてもしょうがないってばよ。」ドビュ

ナルト「はぁ・・・今日も天使で抜いちまった・・・ヒナタは落ちこぼれの頃から優しくしてくれて、最近も何度も命がけで助けてくれたのに。」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年01月21日 (水) 00:43:44   ID: Kua4KoGO

続きは………?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom