男「俺はホモ。どこにでもいる普通のホモだ」 (116)

ガチムチ「よう男!おはよう!」

男「ああ、おはよう」

弟「ちょっと兄ちゃん!置いていくなよー!」

男「お前が遅すぎるんだよ」

イケメン「やあ、おはよう男君」

男「おはようイケメン君」

男幼馴染「っとー!あー間に合った間に合った!」

男「やれやれ、相変わらずだな」

男幼馴染「おえ…ソッコーで飯食って走ったから気持ち悪い…」

男「どれどれ」サスリ

男幼馴染「ばっ馬鹿!朝っぱらから何してんだよ!///」

男「背中を擦ってやってるんだろうが」

イケメン「ふふ、仲が良いね」

弟「男幼馴染!兄ちゃんは俺のものだぞー!」

ガチムチ「ハッハッハ!!」

どうしよう、この需要のなさ

男「やべっ!走らないと遅刻すんぞ!」ダッ

男幼馴染「ここからまだ走んのかよー!」

ガチムチ「なら男幼馴染だけ遅刻ってことでいいな!」

弟「おら急げー!」

イケメン「アハハ、ほら男幼馴染君。本当に遅れちゃうよ?」

男幼馴染「しょうがねえなあ…」ダッ

体育教師「…さて、言い訳は?」

男「アリマセン」

イケメン「スミマセン」

男幼馴染「僕無関係ですー!」

ガチムチ「むしろお前が一番の関係者だ」

弟「まったくだな」

体育教師「ようし…さあ!全員服を脱げ!」

男「ごめんよイケメン。お前の白魚のようなケツがまた真っ赤に…」

イケメン「大丈夫、そんなに嫌じゃないからね」

弟「男幼馴染がもっと早く起きないから」

ガチムチ「あと不埒にも男と朝からイチャイチャしてたから」

男幼馴染「しっしてねーよ馬鹿!///」

体育教師「コラコラ、俺を無視して青春を繰り広げるんじゃない」

体育教師「行くぞ!尻竿結合高校名物!イチモツ de ペンペン!」

体育教師「オラオラァ!どうだ!」ペンペンペンペン

男「うっ…!か、チン皮とケツの擦れ具合が心地良いです!」

イケメン「あひぃいいい!!!!!しゅごいにょぉおお!!!!!!!」

男幼馴染「硬くて熱いイチモツがケツという大草原に幸せを咲き誇らせてます!」

体育教師「おっ!なかなか実況センスが上がったじゃないか!」

ガチムチ「なんせ常習犯だからな」

弟「敵わねえぜ…」

体育教師「誰がそんな事を言えと言った!実況を続けろ!」ペンペンペンペン

弟「駄目です先生!未熟な俺にはまだまだ実況なんて…!」

体育教師「むぅ…まあお前はまだ一年生だから仕方あるまい」

体育教師「ガチムチ!手本を見せてやれ!」

ガチムチ「まず特筆すべきは亀頭部分だ」

ガチムチ「決して多すぎず、かと言って少なくもない先走り液が見事なヌメリを生み出している」

ガチムチ「その亀頭がケツに触れる瞬間、先走り液がケツに撒き散らされる」

ガチムチ「それにより滑りの良さが増し、なんとも言えぬ快感が生まれるのだ」

体育教師「エクセレントだ!!!!!!」

男「やるじゃねえか!流石だな!」

体育教師「ふぅ…こんなところでいいだろう」

イケメン「先生、いつもながら素晴らしいご指導感謝しております」

男幼馴染「すげえ、やはりメリハリの良さは校内随一だぜ」

弟「はぁ…みんなすげえなあ…」

ガチムチ「なぁに、お前もすぐに辿り着けるさ」

男「そうだよ、なんせ…」

弟「な、なんだよ」

男「俺の弟だからな」ニコッ

弟「兄ちゃん…///」

男幼馴染「……」ブスー…

イケメン「アハハ」

体育教師「さあ一時間目までまだ時間はあるぞ!」

体育教師「お前ら!全裸のまま校庭を走ってこい!」

男達「はい!!!」

ガチムチ「あ、先生」

体育教師「なんだ?」

ガチムチ「今日も前回と同じように…?」

体育教師「もちろんだ!」

弟「マジか。兄ちゃん!今日は俺とペアな!」

男幼馴染「コラコラ!男は俺とペアになるんだ!年上を敬え!」

イケメン「三人でいいんじゃない。僕はガチムチと組むよ」

ガチムチ「それがいいな」

男「うっ…よっと」ズボッ

男幼馴染「おいおい、今日は俺が突っ込まれる側かよ」

弟「へへっ!兄ちゃんのケツ頂きー!」ズボォ

男「ぬおっ!?弟!またデカくなりやがったな!」

弟「毎日30回オナニーしてるからね」

イケメン「ガチムチ、じゃあお願い」

ガチムチ「ああ…挿れるぞ」ヌボォ…

イケメン「んっ…相変わらず良いカリだね」

ガチムチ「お前の締めも最高だぜ」

体育教師「尻竿結合高校名物、ケツ押し車!」

体育教師「さあ始めろ!」

弟「行くよ二人とも!」

男「おう!」

男幼馴染「来いや!」

弟「えっさ!ほいさ!」グポグポタッタ

男「ふぅ…この振動たまらねえな」

体育教師「(これは三人でやると相当難易度の高いものだが…)」

体育教師「(奴ら、絶妙なチームワークで突き進んで行きやがる)」

体育教師「ふっ、若い頃を思い出すな…」

イケメン「んにゃぁああああ!!!ぎもぢぃいい!!!!!」ブシャァアア

ガチムチ「ぬ゙んっ!!ふんっ!!!」ゴボゴボタッタ

体育教師「(この名物の難易度が上がる要因はもう一つ…)」

体育教師「(それは押してもらう側が射精し、押す側の足元を滑らせること…)」

体育教師「(イケメンの超絶的な射精に立ち向かえるのは…ガチムチしかおらん…)」

体育教師「誇りに思うぞ…!お前らの教師をやれることを…!」

ガチムチ「ハッハッハ!もっと射精していいんだぞイケメン!」

イケメン「ひゃぃいいい!!!!!イギまびゅぅううううう!!!!!!!」ブシャァアアアアアアアアアア

キーンコーンカーンコーン…

体育教師「む…」

体育教師「おいお前ら!宴はお終いだ!教室に行け!」

男「なんだ、もう終わりか」

ガチムチ「ヌルいものだな」

男幼馴染「俺の精液は熱いけどな」

弟「さー行こ行こ」

イケメン「ふふ、僕は面白いと思ったよ男幼馴染君」

男幼馴染「イ、イケメン…」

男幼馴染「お前はホント良い男だぜ!」ギュー

イケメン「ははっそんなに乳首を抓らないでよ」

男「ふー」ガラッ

男友「おーう男!朝からお楽しみだったな!」

男「ばっか全然楽しくねーよ」

男友「まったまたー顔がニヤニヤしてるぜ?」

男友「教えろよ!男幼馴染のケツ穴具合!」

男「そうだなぁ…」

男「こう…腸全体がまるで生きてるかのようにチンコに吸い付くんだ」

男「でも別にキツすぎってわけじゃない」

男「どれだけ締め付ければ最大限の快感が生まれるか、そのギリギリの線を見切った動きだ」

男友「おほっ聞いただけで射精しそうだ」

男「よせよ、お掃除フェラが大変だ」

担任「お前らーそろそろ席につけー!」

男「おっ来たぜ」

男友「ういういっ」

担任「さー出席取るぞー」

担任「赤井!」

赤井「はい!」ドピュッ

担任「岩下!」

岩下「はーい」ドピュッ

担任「川崎!」

川崎「…はい」ピュッ

担任「コラ!返事の射精はもっと大きく!」

川崎「はい!!」ドピュッ!!!!

担任「男!」

男「うっす」ピッ

担任「おい、お前またか」

男「スンマセン!さっきトイレで我慢できずに…」

担任「ったく、お前は!」ヌギッ

担任「ほら!俺の胸筋ズリでさっさとイけ!」ズリズリ

男「あざーっす」ドピュルルルルル!!!!!!!!!!

男友「いいなあ…」

担任「なんだ男友、やって欲しいのか?」

男友「当たり前っすよ!」

担任「お前は正常に射精できるだろう。やってみろ」

男友「ちぇっ」ドピュッ

男「相変わらずノーマルな射精だな」

男友「うるせーお前らがおかしすぎんだよ」

教師「はい、じゃあ4545ページから。男!」

男『彼は僕の胸毛にケツ穴を擦りつけ、こう言った』

男『獰猛な剛毛だね』

男『僕は彼のギャグに7時間ほど笑い転げ、焼死しながら笑死した』

男『彼は笑止…と呟き脱糞しながら部屋を去ったのであった』

教師「よろしい!」

男幼馴染「何度読んでも泣けるぜ」

男友「ああ…」グスッ

体育教師「さあ!お前らお待ちかねの体育だぞ!」

生徒A「ハァハァハァ…先生…早くやりましょうよ…」

生徒B「そっすよ…もうチンコがプルプルしてやがりますよ…」

体育教師「おいおい、休み時間にちゃんと事は済ませろって小学校で習わなかったか?」

男「先生、俺らを舐めてるんすか?」

男幼馴染「休み時間に一度や二度抜いたところで、3秒も経てば復活するんですよ」

ガチムチ「俺は6回抜いたが」

イケメン「僕は13回だよ」

体育教師「ハッハッハ!元気な奴らだな!」

体育教師「さて何をするか」

男「ケツ押し車は無しっすよ」

イケメン「散々やったからね」

体育教師「じゃ、平和にドッジボールでもするか」

男幼馴染「どこが平和だよ…」

ガチムチ「またケツを痛めることになるのか…」

体育教師「決まり!ドッジボールな!」

体育教師「ルールは分かってるなお前ら」

生徒C「いえさっぱり」

男「まったくでございます」

体育教師「このアホ共が…」

体育教師「いいかー使うボールは全面に渡ってゴムのペニスが付いている」

体育教師「ボールを受ける時はケツ穴!ボールを送る時もケツ穴から噴射するんだ!」

体育教師「分かったか野郎共!!!!!!!」

男達「イエッサー!!!!!!!!!」

男「へへ、楽しみだな。ケツが鳴るぜ」

ガチムチ「鳴らすな」

男幼馴染「なんだ、男とガチムチはそっちのチームか」

イケメン「よろしく、男幼馴染君」

体育教師「分かれたな、開始の合図するぞー」

ドピュゥウウウウウ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


男チーム 15人
イケメンチーム 15人

生徒A「ぐあっ!」バシッ

男「はっや!!!!!」

生徒F「もうちょっと気合入れろ馬鹿ー!」

ガチムチ「いかんな…よし、俺に任せろ」ズボッ

ガチムチ「ッッッム゙ンッ!!!!!!!」ドゴォオオオ

生徒B「うわぁ!」バシッ

生徒H「でっ!」ベシッ

男幼馴染「うは、とんでもねえ威力だぜ」

イケメン「じゃ、次は僕が行こうか…」


男チーム 14人
イケメンチーム 13人

イケメン「……」

生徒N「おっおい!何止まってんだよイケメン!」

生徒K「なんだあいつ…?」

男幼馴染「!…なるほど…」

男「へえ…アレをやる気か…」

イケメン「…行くよ」

イケメン「下痢便・乱れ桜」

ブシャァアアビチャグチャコグチョ!!!!!!!!!!

生徒W「ぎゃぁああ!!!」バシッ

生徒L「下痢便だぁあ!!!いでっ!!!」ビシッ

生徒V「ま、マジkぎゃっ!!」ズガッ

ワーギャーベシッ

ヒャーバシッ


男「…おい、嘘だろ。せっかくリードしてたのに」

ガチムチ「残りは俺と男だけ…か」

男幼馴染「まあこっちも残り俺らだけだしな」

イケメン「負けないよ、二人とも」

体育教師「ふ、あんな顔をして恐ろしい奴だ…」

体育教師「人は見かけによらぬとはこの事…」シコシコシコシコ

男「何やってんだあのオッサン」

ガチムチ「ほっておけ」

男チーム 2人
イケメンチーム 2人

男「……」

ガチムチ「結局あっさり当たったな」

男幼馴染「イエー!大勝利ー!」

男「男幼馴染テメー!ほとんど働いてねーだろが!」

男幼馴染「あっこらチンコを弄るな」

男「へへ…負けた腹いせにたっぷりと射精させてy」

体育教師「お前ら、盛るのは放課後にしろ」

イケメン「でも先生さっき抜いてましたよね」

イケメン「…溜まってるんでしょ?」サワッ

体育教師「あっ馬鹿お前///」

イケメン「先生…どうですか?」ジュポッ

体育教師「ああ…なかなかいいぞ」

イケメン「ほら、今度は先生が実況してくださいよ…」

体育教師「お、お前調子に乗りすぎd」

イケメン「そうですか、じゃあもうやめましょうか」ヌポッ

体育教師「あっ…」

イケメン「ふふ、どうしました?オティンティンが切なげに震えてますよ?」

体育教師「う…///」

イケメン「どうして欲しいですか、先・生?」

体育教師「…し、してくれ……」

体育教師「お、お前のケツ穴を!俺にレンタルしてくれぇえええええ!!!!!!!」

イケメン「いいでしょう!延滞料は先生の精子で!!!!!!!」

男「あっちは楽しそうだな」

男幼馴染「男、俺達も…」ヌギッ

男「ああ、ヤろう」ヌギッ

ガチムチ「俺も混ぜろ」ヌギッ

男「おっガチムチもヤるか。じゃあ二本挿しで!」

男幼馴染「いいねえ!」

ガチムチ「ムッ…」ズボォ

男「ぬぐっ…」ヌボォ

男幼馴染「あはぁ…」ピクピク

イケメン「そらそらぁ!ピストンが遅すぎますよ先生!」

体育教師「ぐぅう…目に見えぬケツ振りの速さ…!!」

体育教師「ウチはこんな逸材を眠らせていたのか…!」

体育教師「だ、だが俺もまだまだ若い者には負けん!」

体育教師「ぬぉおおお!!!!!」バコバコバコバコ

イケメン「ひゃぎぃっ!!!」ビグンッ

体育教師「見切ったぞイケメン!ここがお前の感じる場所だな!」

イケメン「ふにゃぁああ…やめれぇえ…」ズボッズボッ

体育教師「ふふ…可愛い奴だ。うなじを舐めてやろう」ペロッ

イケメン「ぶげぇえええ!!!!!ぎもじゅぇええええ!!!!!!!!!」

男幼馴染「クッ…いいぜ…!お前らのチンコは最高だよ…!」

男「お前のケツ穴も大したもんだぜ!」

ガチムチ「ああ!ケツ穴界でも最高クラスの一品だ!!」

男幼馴染「…なあ、二人とも」グポッグポッ

ガチムチ「ん?どうした?」ジュボジュボ

男「なんだよ、真面目な顔して」ズボボボボ

男幼馴染「俺らさ、もう三年なわけじゃん」

男「そうだな」

男幼馴染「卒業したら…離ればなれになるじゃん」

ガチムチ「む…」

男幼馴染「そしたらもう…今みたいな幸せな日々は…」

男「馬鹿野郎!」ゴボォッ!!

男幼馴染「あひぃ!」

ガチムチ「男幼馴染、この学校の校訓を忘れたか?」

男幼馴染「…例え尻竿離れても、心の結合は無くすべからず」

男「そうだ」

男「どれだけ互いの距離が離れても、心のセックスは永遠に続くんだ」

男幼馴染「あ…ああ…」

ガチムチ「人間、どんな時でも繋がってはいられない」

ガチムチ「だが心の中にあるチンコとケツ穴は、永久に繋いでいられる」

男「心でセックスしている限り…俺らの友情はなくならねえよ」

男幼馴染「お前ら…」グスッ

イケメン「二人の言う通りだよ」スッ

体育教師「うむ!」スッ

男幼馴染「イケメン…先生…」

男「男幼馴染、泣いてる暇はねーぞ」

ガチムチ「そうだ、泣くならケツで泣け」

男幼馴染「みんな…ありがとう…っ!」バポッバポッ

男「うぉおおおお!!!!!」ズッゴゴゴゴ!!!!!!!!!!

ガチムチ「グォアアアアア!!!!」ドッゴゴゴゴゴ!!!!!!!!!

男幼馴染「イこう!三人一緒に!」

体育教師「馬鹿野郎!俺も一緒だ!」シコココココ

イケメン「僕もさ!」シコココココ

男「イくぜぇえええええ!!!!!!!」ギュゴゴゴゴ!!!!!!!!!

ドッビュァアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


男幼馴染「あぁ…」

体育教師「これは…」

男「…虹だ……」

ガチムチ「俺達の射精が…虹を生み出した…」

イケメン「先生…これは一体…?」

体育教師「分からん…俺もこんなのは初めてだ…」

男「綺麗だな…」

男幼馴染「ああ…」

ガチムチ「俺達の心の射精が奇跡を生んだのかもしれんな」

男「先生…」

体育教師「うん?」

男「名前を付けてくれませんか、この虹に」

体育教師「ふむ…」

ガチムチ「お願いします」

体育教師「…よし……それでは…」

体育教師「絶頂への架け橋…ってのはどうだ?」

男幼馴染「…良い名前ですね」

男「尻竿結合高校名物…絶頂への架け橋、か」

ガチムチ「最高の思い出となったな」

イケメン「……」スタスタ

ガチムチ「……」スタスタ

男幼馴染「…みんな。また同じ質問をするようで悪いんだけどよ」

男「おう、なんだ?」

男幼馴染「俺達…ずっと…例えジジイになっても…」

男幼馴染「ホモ達だよな?」

ガチムチ「…何も言わんよ」

イケメン「ああ、言う必要はない」

男「そうだ」

男「言いたい事は全て…」


…チンコとケツ穴が語ってくれるさ


Fin

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2018年12月12日 (水) 12:58:07   ID: M7uXvf86

この需要の無さよ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom