のび太「はぁっはぁっ…しずかちゃんの経血……(ベロベロ)」(184)

コロッ

しずか「あっ」

ヒョイ

のび太「はいしずかちゃん、消しゴム落ちたよ」

しずか「ありがとうのび太さん」

のび太「いやいや…(ありがとうのび太さん、だって…?)」

のび太「(さてはこいつ、僕のこと好きなんだな!!)」

放課後

のび太「しずかちゃん、一緒に帰らない?」

しずか「ごめんなさい、今日は出木杉さんと約束があるの」

のび太「ああそう、じゃあまた今度ね」

しずか「ごめんなさいね、さよならのび太さん」

のび太「(ふふっ…僕をじらすために出木杉と約束だなんてバレバレな嘘を……)」

のび太「(もう完全に惚れてるな!!!!)」

のび太「しずかちゃん、ちょっと待ってよ」

しずか「え?なあにのび太さん」

のび太「チュッ」

しずか「きゃっ!!」

のび太「可愛いね、嘘なんかついちゃって」

しずか「何するのよ!!!!(バチィッ)」

のび太「ひゅぅ~っ痛ってぇ~」

しずか「酷いわのび太さん」

タッタッタッタッ

のび太「ありゃ完全に僕にイカれてんな」

のび太「ただいま」

ドラえもん「おかえりのび太くん」

のび太「今日しずかちゃんとキスしちゃったよ」

ドラえもん「えぇっ!?」

のび太「切ない表情で唇を求めてきたから、天使のキスでこたえてあげたよ」

ドラえもん「やるねぇ!!」

のび太「向こうは僕の肉体を欲してたけど、何とかなだめすかして帰ってきたよ」

次の日

先生「野比、あとで職員室に来なさい」

のび太「はい」

のび太「(ハーバードにでも海外留学を薦める気か?めんどくせぇな)」

コンコン

のび太「失礼します、何の用ですか先生」

先生「源くんに、無理矢理キスをしたそうだね」

のび太「へ?」

先生「源くんが今朝、泣きながら私に相談しに来たよ」

のび太「(なるほど…あの女…相当なジャジャ馬だな…)」

のび太「はっはっはっは!!」

先生「何を笑ってるんだ野比、真面目な話だぞ」

のび太「先生、それは誤解です。無理矢理キスしたなんてありえません」

先生「ありえない?どういうことだ野比」

のび太「実はね、しずかちゃんと僕は付き合ってるんですよ」

先生「そ、そうなのか?」

のび太「ええ」

先生「だが源くんは泣いてたぞ?」

のび太「ああ、昨日ちょっとケンカしちゃいましてね。僕を困らせようとそんなことを言ったんでしょう」

先生「なるほど」

のび太「痴話喧嘩に先生を巻き込むなんて悪い子だ、後でよく注意しておきます」

先生「そうか、頼んだぞ」

のび太「それじゃあ失礼します」

はいはい脳味噌あったかいあったかい

のび太「へい、ムェイエンジョウ(※マイエンジェルをアメリカっぽく発音したもの)」

しずか「きゃあっ!」

のび太「昨日はごめんね、キミの願い、叶えてあげられなくて」

しずか「…願い…?」

のび太「トボけるなよ、小悪魔ちゃん」

のび太はしずかの鼻の頭を指でつついた

のび太「今夜はOKだよベイベッ」

しずか「キモいっ!!」

タッタッタッタッ

のび太「熱い夜になりそうだ」

ムェイエンジョウ

ドラえもん「おかえりのび太くん」

のび太「ただいま。突然だけどドラえもん、今日はどこかホテルにでも泊まってきてくれないか?」

ドラえもん「え?どうして?」

のび太「ヤボなこと聞くなよ、今日はしずかちゃんとこの部屋で……あとは言わなくても分かるだろ?」

ドラえもん「やるねぇ!!」

のび太「そういうわけだドラえもん。これ、少ないけど(クシャッ)」

ドラえもん「へへっ、いつも悪いね」

ピンポーン

のび太「ふふっ、ムェイエンジョウのお出ましだ」

のび太「は~い(ガチャッ)」

出木杉「のび太くん、ちょっと話があるんだけど…いいかな?」

のび太「いや、よくないよ。今日は忙しいから帰ってくれ」

出木杉「しずかちゃんのことなんだけど…」

のび太「しずかと別れる気はない、だからもうしずかに構うな、このストーカー野郎!(バンッ)」

のび太「ふん…哀れなやつだ……」

のび太「しずかちゃん遅いなぁ…電話してみるか」

プルルルップルルルッ…ガチャッ

しずか「はい源です」

のび太「はぁっはぁっ…パンツ…何色……?」

しずか「……っ!!(ガチャッ)」

ツーツー

のび太「んもう、しずかちゃんったら照れちゃって」

のび太「ま、もう少ししたら来るだろ」

チュン……チュンチュン…

のび太「ふぅ…しずかちゃん、すごく良かったよ……(チュッ)」

のび太は先月盗んだしずかちゃんのパンツに熱い口づけをした

のび太「あんまり気持ちいいから僕、5回も射精しちゃったよ…」

パンツ「…………」

のび太「ははっ!!しずかちゃんは8回もイっちゃったのか!本当にエッチだなしずかちゃんは!!」

パンツ「………………」

のび太「はははははははっ!!」

のび太「やあ、おはようジャイアン」

ジャイアン「話しかけるな」

のび太「おはようスネ夫」

スネ夫「消えろ」

のび太「(…何だこいつら?)」

のび太「(さては僕としずかちゃんの関係に嫉妬してるな!?)」

のび太「ふははははっ!!君らもいつか彼女できるよ!せいぜい頑張れや!!(バンバンッ)」

のび太は2人の肩を強く叩いたが、2人はゴミを取るかのように肩を手で払い、行ってしまった

のび太「ぷっ!あいつらだっさ!醜い心まるだし祭りだな!!」

のび太「やあしずかちゃん!昨日は燃えたね!!」

しずか「…(プイッ)」

のび太「おいおい、今更照れるような仲じゃないだろ?昨夜、何度も何度も愛を交わしたじゃないか(サワサワ…)」

のび太はしずかの太ももをいやらしく撫でた

出木杉「やめろのび太!!(ゴッ)」

のび太「ゲフッ!!」

出木杉「しずかちゃんが嫌がってるだろ!!!!」

のび太「またお前かストーカー!!」

出木杉「はぁ…はぁ……」

のび太「あぁ゛っ!!鼻血が出てるじゃないか!!!このドブ野郎っ!!」

出木杉「大丈夫かい?しずかちゃん…」

しずか「ありがとう出木杉さん……(ポロポロ)」

のび太「出木杉ぃっ!!しずかちゃん泣いてんじゃねぇか!離れろっ!!!ストーカー!!おいっ!!」

出木杉「…ストーカーは、君だ!(キッ)」

のび太「はぁっ?」

のび太「(僕がストーカー…?…ヤバいこいつ…頭がイカレてやがる…)」

のび太「…しずかちゃん、こいつは口で言っても無理だ…警察に行こう……(ガタガタ)」

出木杉「何を言ってるんだのび太くん!」

のび太「ごめん出木杉、ストーカーは確かに僕だったよ。だから落ち着いて!(こういうやつは刺激しちゃいけない…慎重に…慎重にだ……)」

のび太「じゃあ僕はこれで!2人ともお幸せに!!(ごめんしずかちゃん…すぐに助けに戻るからね…!!)」

タッタッタッタッ

出木杉「……?」

しずか「出木杉さん、助けてくれてありがとう」

出木杉「いや、当然だよ…だって僕たち……恋人同士じゃないか…(チュッ)」

出木杉はしずかを抱きしめ、額に優しくキスをした

ーそのとき

タッタッタッタッ

のび太「お巡りさん!!こっちです!!!!!!」

お巡りさん「ストーカーというのは君か!!」

出木杉「えぇっ!?」

のび太「そうですお巡りさん!!しかも頭がイカれてて、訳の分からないことを言います!!」

しずか「出木杉さんはストーカーなんかじゃありません!!」

お巡りさん「何だと!?」

しずか「ストーカーは…こいつです!!!(ビシッ)」

しずかはのび太を力強く指さした

のび太「お巡りさん、彼女は脅されています!!」

のび太「出木杉ぃ!!女の子を脅してまで言うことを聞かせるなんて……お前もう終わってるな!!!!!!!!!」

お巡りさん「ううむ……本官にはどっちが嘘をついてるのか分からない…」

のび太「はぁあ!?どうみても出木杉が嘘を……(ハッ!)」

のび太「(いや…落ち着けのび太…!ここで感情的になってしまったら出木杉の思うツボだ…!!…深呼吸…深呼吸……)」

しずか「だから言ってるじゃないですか!ストーカーはこのメガネの方です!!」

出木杉「そうですよ!僕は彼女を脅してなんかいません!!」

のび太「……じゃあ、こうするのはどうかな」

のび太は警官が装備している拳銃を指さして言った

のび太「ロシアンルーレットで、勝った人間の言うことを信じるというのは?」

出木杉「ろ…ロシアンルーレット!?」

のび太「…真実というのはいつも勝者が決めるものだ……世界の歴史は常にそうして紡がれてきた…違うかい?」

しずか「めちゃくちゃだわ!!お巡りさん!このメガネを何とかしてください!!」

お巡りさん「……真実は勝者が決める…か…なるほど、メガネの少年の言うとおりだ」

出木杉「えっ!?お巡りさん!?」

ゴトッ

お巡りさん「この勝負、私が見届けよう」

しずか「そんなことやる必要は無いわ!!出木杉さん、行きましょ!」

出木杉「う、うん…こんなこと馬鹿げてるよ…」

スタスタ

のび太「おい待てよ出木杉。勝負しないってことは、自分がストーカーだと認めたってことだぜ?」

のび太「そうでしょ、お巡りさん」

お巡りさん「その通りだ。この勝負から逃げるというのならば、ストーカーの現行犯で本官が射殺することになる」

出木杉「!!」
しずか「!!」

しずか「そんなのをやる必要は無いわ!!出木杉さん、行きましょ!」

出木杉「う、うん…こんなこと馬鹿げてるよ…」

スタスタ

のび太「おい待てよ出木杉。勝負しないってことは、自分がストーカーだと認めたってことだぜ?」

のび太「そうでしょ、お巡りさん」

お巡りさん「その通りだ。この勝負から逃げるというのならば、ストーカーの現行犯で本官が射殺することになる」

出木杉「!!」

しずか「!!」

のび太「ほら、来いよ出木杉」

出木杉「…………」

しずか「出木杉さん……」

出木杉「大丈夫だよしずかちゃん。絶対に僕が勝ってみせるよ」

のび太「キモッ」

のび太「じゃあお巡りさん、シャッフルをお願いします」

お巡りさん「任せなさい(シュッ)」

カララララララララララララ

シャキンッ

お巡りさん「…ではロシアンルーレットを始める…アーユーレディ?」

のび太「OK」

出木杉「……OK」

パクリっていうか
昔書いたssの誤字とかが気になって直してるだけなんだ
俺の自己満足なのでスルーしてやってください

のび太「ほら、来いよ出木杉」

出木杉「…………」

しずか「出木杉さん……」

出木杉「大丈夫だよしずかちゃん。絶対に僕が勝ってみせるよ!」

のび太「キモッ」

のび太「じゃあお巡りさん、シャッフルをお願いします」

お巡りさん「うむ、任せなさい(シュッ)」

カララララララララララララ

シャキンッ

お巡りさん「…ではロシアンルーレットを始める…アーユーレディ?」

のび太「OK」

出木杉「……OK」

>>84
先に言っておくが最後の姦を完に直したから許してちょは通らないからな

のび太「最初はグー」

のび太「ジャンケン」

出木杉「ポン」

のび太「ポン」

お巡りさん「うむ、メガネの少年の勝ち。イケメンの少年が先に撃ちなさい」

出木杉「遅出しだ!!」

しずか「私も見てたわ!のび太さんは遅出しよ!!」

のび太「はぁ~?言いがかりはやめてくれよ~」

お巡りさん「その通りだ。私にはむしろイケメンの少年の方が遅出しに見えたぞ?」

のび太「この……卑怯者!!!!!!」

出木杉「……僕が…卑怯者………?」

>>101 それは誤字じゃなくてわざとだから直さない

お巡りさん「ほら、グダグダ言わずに早く撃ちなさい」

出木杉「ぐぅっ…(プルプル)」

しずか「ああっ…出木杉さん……」

のび太「はははは!!震えてるぞ!!」

出木杉「うぅっ………!!(グググ…)」


カチンッ


出木杉「…………はぁーっ…はぁーっ…はぁーっ……」

お巡りさん「イケメンの少年、セーフ!!次、メガネの少年!!」

のび太「パス」

お巡りさん「メガネの少年、パス!!!!」

出木杉「パス!?」

しずか「パスって何!?」

お巡りさん「イケメンの少年!早く撃ちたまえ!!」

出木杉「じゃあ僕もパスです!パス!」

のび太「ぷっ!ダサッ!知らずかよ!!」

お巡りさん「ぷぷぷっ……イケメンの少年よ、パスはアガバインスターンにしか使えないんだよ?知らなかったの?」

出木杉「し、知りませんでした…(アガバインスターン?)」

しずか「何そのルール!ふざけてるわ!!アガバインスターンって何よ!!」

のび太「出木杉、早くしろよ。タイムオーバーになれば次もお前の番になるぞ?」

出木杉「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!(ググッ)」


カチンッ


のび太「ヒュゥーッやるねぇ!!」

お巡りさん「イケメンの少年セーフ!!次、メガネの少年!!」

出木杉「はあっ…はあっはあっ…はあっ………」

しずか「出木杉さん!やったわ!!」

のび太「ペルモッセパス」

お巡りさん「メガネの少年ペルモッセパス!!次、イケメンの少年!!3回引き金を引きなさい!!」

出木杉「は…?」

しずか「3回!?」

のび太「ねぇ、早くしてよ」

出木杉「ペルモッセパス!!僕もペルモッセパス!!」

のび太「ふぅっ…やれやれ」

お巡りさん「イケメンの少年よ、それ以上遅延行為を続けるならペナルティーを出すぞ」

しずか「横暴よ!!そのリボルバーには6発しか弾が入らないじゃない!!あと3回引いたら6発中5発も出木杉さんが撃つことになるわ!!!」

のび太「…しずかちゃんは優しいね…ストーカーの命を心配するなんて……」

出木杉「ありがとうしずかちゃん…僕…やるよ…」

しずかちゃん「!!」

出木杉「大丈夫…僕は死なない…(グググ)」


カチンッ


のび太「おぉっ」


カチンッ


しずか「出木杉さん!!」

お巡りさん「おっほぅ!!」

出木杉「しずかちゃん…僕は君を……」

しずか「………?」

出木杉「愛してた…(ググッ……)」



カチンッ

のび太「何いいぃ!!!??」

しずか「で、出来杉さん……!!!」


出来杉「……そして、これからも君を愛し続ける……」

しずか「出木杉さん…私も愛してるわ……(ポロポロ)」

のび太「ありえんありえん!イカサマだよぉ!!」

お巡りさん「うむ、イケメンの少年、ちょっとその拳銃を見せてくれ」

お巡りさん「うーんなるほど…この銃の感じは……ふうむ……(ジロジロ)」

お巡りさん「い、イカサマだあーっ!!!!」

出木杉「!?」

しずか「!?」

のび太「やっぱりか……どこまでもクズだな出木杉ぃ!!」

のび太「もう勝負を続ける必要はありませんね、ストーカーは彼です!!」

お巡りさん「確かに、これでハッキリしたな」

出木杉「待ってください!僕がどんなイカサマをしたっていうんですか!!(ユサユサ)」

お巡りさん「触るなけがらわしい!大人パンチ!!!!(ゴスッ)」

出木杉「ゲブッ」

しずか「酷いわ!!子供に大人パンチをするなんて!!!」

のび太「しずかちゃん安心して、もう出木杉をかばう演技はしなくていいんだよ」

お巡りさん「その通り。この国ではストーカーは重罪。恐らく彼は死刑か終身刑に処せられるだろう」

しずか「そんな………」

出木杉「うぅ…(ピクピク)」

のび太「一件落着……ってやつ?(ニカッ)」

ドラえもん「お帰りのび太くん」

のび太「ふぅっ、何だか疲れちゃったよ」

ドラえもん「しずかちゃんのこと?」

のび太「うん、愛し過ぎて僕を束縛するっていうか…そういうの、わずらわしくって…」

ドラえもん「言うねぇ!!」

のび太「明日、しずかちゃんと別れてくるよ」

翌朝

のび太「うーん良い天気だ」

のび太「おはようジャイアン」

ジャイアン「死ね」

のび太「おはようスネ夫」

スネ夫「地獄で詫びろ」

のび太「(まぁだイジけてんのかこいつら…)」

のび太「んははははっ!!安心しろって!僕はしずかちゃんと別れることにしたから!!今日からお前らと同じフリーだから!!んはははは!!(バシッバシッ)」

のび太は2人の背中を平手で何度も叩いたが、2人はのび太の手が触れた服をすぐに脱ぎ、路上に捨てて行ってしまった

のび太「(はぁ…哀れな童貞くんたちはプレイボーイにジェラシーむき出し祭りか…)」

のび太「恥ずかしいやつらだよまったく…」

先生「出木杉はストーカー罪で捕まり、今日未明、処刑されたそうだ」

しずか「………(ポタポタ)」

のび太「(しずかちゃん泣いてる…ストーカーが死んでよっぽど嬉しかったんだな)」

ジャイアン「うぉー!!出木杉がストーカーなんて嘘だぁ!!」

スネ夫「そうだ!出木杉がそんなことするはすが無い!!うわぁーんあんあん!!!!」

のび太「(ふんっ…悲しきは事実を受け入れられない凡愚どもだな)」

のび太「ふわぁーあっ」

放課後

のび太「しずかちゃん、ちょっといい?」

しずか「悪魔!!」

のび太「最近僕たち、マンネリなんじゃないかな…?デートもセックスも、惰性でやってる感じ…っていうのかな…」

しずか「悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔悪魔ァァ!!!!!!」

のび太「それでさ、このままズルズル付き合ってもさ、僕はキミと結婚する気は無いし、お互いの将来のことも考えて…」

しずか「黙れっっっっっ!!!!!!!!(バチィィッ)」

のび太「バブッ」

しずか「死ねっ!!(タッタッタッタッ)」


のび太「…………」

のび太「…へへっ…別れるときは男が悪者になる……これがしずかちゃんの為なんだ……へへっ……」

のび太「さよなら…しずかちゃん……」

ドラえもん「のび太くん…本当にこれで良かったのかい?」

のび太「ふっ…いいのさ…僕にはダイヤモンドのように輝く綺麗な思い出と…(ゴソゴソ)」

のび太「このしずかちゃん使用済みナプキンがあればそれでいいのさ!」

ドラえもん「やってるねぇ!!」

のび太「はぁっはぁっ…しずかちゃんの経血……(ベロベロ)」

ドラえもん「はぁっはぁっ……(ベロベロベロベロ)」

のび太「おいふぃいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」

ドラえもん「グゥゥゥゥゥゥゥッッッレイトォォォォォォォォッッッッッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、ディオ燃やしたら波紋法、石仮面の話を持ちかけられたのが始まりでした
当初は波紋の心得なかったのですが←
波紋法を無駄無駄無駄無駄にするわけには行かないのでその血の宿命で挑んでみた所存ですw
以下、吸血鬼からみんなへのメッセジをどぞ

ペイジ「俺の名はペイジ!」

プラント「プラント!」

ジョーンズ「ジョーンズ」

ボーンナム「…ボーンナム」ボーンナム

では、

ペイジ、プラント、ジョーンズ、ボーンナム、ストレイツォ「血管針攻撃!!」ヨウシャセン



ペイジ、プラント、ジョーンズ、ボーンナム「って、なんでストレイツォが!?ぐわああああ」ベボォォォ

本当の本当に波紋

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom