幼馴染「お金貸してくれない?」男「またかよ」(226)

幼馴染「だめ?」

男「………わかったよ………はい」

幼馴染「ありがとう!!じゃあ、またね」タッタッタ

男「あっ、………………つけてみるか……」



幼馴染「ごめんね、待った?」

DQN「いや、ぜんぜん待ってねぇよ」

NTRは胸糞わるい

幼馴染「じゃあ、行っこか」

DQN「おう」

男「おい…………待てよ」

幼馴染「!お、男………なんで……」

男「幼馴染…………誰だよ、そいつ」

DQN「いや、お前こそ誰だよ」

男「俺はこいつの彼氏だけど………」

DQN「はぁ?何いってんの?幼馴染の彼氏は俺なんだけど」

男「!!」

男「な、何いってんだよ………そんなはずないよな、幼馴染?」

幼馴染「………………」

男「おい、何とか言えよ!」ガシッ

幼馴染「っ!………痛い……離して……」

DQN「てめぇ!何やってんだ!!」ドンッ

男「ぐっ……」

男「じゃあ何かしてくれよ」

幼馴染「んー、じゃあヤる?私はいいよ?」

男「あ?いいけどさ、んじゃシャワー浴びてこいよ」

幼馴染「えっ、あっ、うん・・・」


幼馴染「本当は始めてなんだ・・・優しくしてね」

みたいなビッチみたいだけど
本当は純情幼馴染が見たいです

DQN「ちっ、行こうぜ……」

幼馴染「あっ、うん!!」

男「…………くそっ」





男「これは昨日の出来事だ」

友「……………………」

男「ん?どうした」

友「そいつらぶっ○す!!」

男「まぁ、落ち着けよ」

友「落ち着いてられるかよ!」

男「まだ俺の勘違いかも知れんだろ………あっ、幼馴染!おはよう」

幼馴染「………ごめん、もう話しかけないでくれる」

男「ど、どうしたんだよ………俺、なんか悪いことしたか?」

幼馴染「べつに………」

男「な、なら、どうして………」

DQN「よお!幼馴染……………またお前かよ」

男「それはこっちのセリフだ………」

DQN「こんなやつほっといて行こうぜ」

幼馴染「うん……」 

男「待てよ!!」

DQN「なんだよ………めんどくさいやつだな、またボコるぞ?」

男「幼馴染の彼氏は俺なんだよ!!」

DQN「え~、………こういってるけどどうなの?幼馴染」

幼馴染「………………ちがうよ、私が愛してるのはDQNだけだから」

男「っ!ふ、ふざけんな!」

DQN「ああ、もう、うっとおしいな!」バンッ

男「うっ……」

DQN「なんなんだよ、こいつ………マジウザすぎ」

幼馴染「う、うん」

DQN「まさか、ストーカーってやつか?………なら二度と俺たちに近づかないようにしねぇとな」バコッゴキッドクッ

男「ぐっ……うっ、がはっ……」

DQN「おらぁ!!」ガシッ

友「おい、お前いい加減にしとけよ」

DQN「なに?、お前もボコられたいの?」

友「調子にのんなよクズやろうが」

DQN「………ほんと朝からうざいやつばっかだな」

幼馴染「ね、ねぇ、もう行こうよ」

DQN「まあ、待てって………」

友「大丈夫か?男………」

男「うっ………………」

DQN「お前らわかってんだろーな?二度と俺たちに話しかけんじゃねぇぞ」

幼馴染「…………行こっか」

DQN「おう」

DQN「おらぁ!!」ガシッ

俺「待ちたまえ」

DQN「なに?、お前もボコられたいの?」

俺「フンッ!」ドゴォ

DQN「ぐわああああああああああああああ!!!!!」

男「朝からひどいめにあったぜ………」

友「……………………あいつ………三年のやつだったな」

男「……そうか、……まぁ、仕方ないか」

友「おい、それでいいのかよ」

男「いいよ、別に…………」

友「金とかもかしてんだろ?なんなら俺が……」

男「だからもういいって言ってんだろ!!」

友「わ、悪かったよ……………」

男「………いや、俺の方こそ悪かったよ」



幼友「ねぇ、男くんどうしたのかな?顔ちょっと腫れてない?」

幼馴染「さ、さぁ、どうしたんだろう?」

友「男、飯食おうぜ

友「男、飯食おうぜ」

男「おう、…………」

幼馴染「男………ちょっといい?」

友「あ?今更なんのようがあんだよ」

男「いや、いいよ友………」

幼馴染「ありがと、じゃあ、ちょっとこっち来て」

幼馴染「男……………さっきはごめんね」

男「…………話ってなに?」

幼馴染「うん、……………あのね……」

男「金ならもう貸さんぞ………今までのなら返さなくていいから」

幼馴染「ち、ちがうの…………」

男「……………あいつのことか?」

幼馴染「うん………」

男「…………いつから?」

幼馴染「………3ヶ月くらい前から」

男「なんでもっと早く言わなかったんだよ」

幼馴染「…そうだよね………ごめん」

男「……………いいやつなのか?」

幼馴染「うん、………私のことすごく大事にしてくれてるよ……」

男「俺も大事にしてきたつもりだけどな」

幼馴染「………ごめんなさい」

男「もう、いっていい?………見られたら嫌なんだろ?」

幼馴染「うん…………今までありがとう」

男「おう…………」

友「……………………」

放課後

男「よっしゃ!帰ろうぜ友」

友「…………ああ」

男「どうした?元気ないぞ」

「友くんどうしたの?」「男!あんたなんかしたんじゃないでしょうね!?」

「友くん、こんなやつほっといて私と帰ろ」「なにいってるの!?友くんは私とかえるの!」

友「行こうぜ………男」

男「あ、ああ」

男「いいよな、友は、モテモテで」

友「………………………」

男「綺麗な顔してるもんな………髪もさらさらだし………俺がこんなに伸ばしたらとんでもないことになるぞ」

友「……………………」

男「聞いてますか?」

友「ん?ああ、悪い…………」

これは落ちるな

男「…………なんかあったの?」

友「いや…………別に……」

男「そうか、困ったらいつでも言えよ」

友「……………男………幼馴染のことはもういいのか?」

男「……………いいもなにも………振られたんだからしょうがないじゃん」

男「…………俺も新しい人見つけなきゃな……」

友「そ、そうだな!」

男「よし、そうと決まったらさっそく………」

友「?どうした」

男「……………あれって」




幼馴染「あははは、そうなんだ」

DQN「そうそう、それでさぁ………」

男「……………」

友「お、おい男………」

男「…………あいつ………案外いいやつなのかもな」

友「?…………」

男「行こうぜ友」

友「お、おう」


幼馴染「ねぇ、このあとどこいく?」

DQN「ん?そんなの決まってんじゃんwwww」

幼馴染「も、もう、エッチなんだから」

男「じゃあ、俺こっちだから」

友「あ、ああ……………」

男「どうした?言いたいことあるなら言えよ」

友「あ、あのさぁ………」

男「おう」

友「も、もしもだぞ?……もしも俺が………」

男「ああ!!」

友「!!ど、どうした?」

男「と、友、ごめん俺用事思い出した、また明日な」タッタッタ

友「あっ……………いっちゃた」

次の日

男「よお!友、学校行こうぜ」

友「おお、おはよう」


幼馴染「でさぁ~……………」

DQN「どうした?……って、またお前か……いい加減にしとけよ」

男「………別にあんたらに用はない」

幼馴染「ねぇ、あ、あっちから行こうよ」

男「行こうぜ、友」

友「お、おう」

DQN「ちょっと待てよ」

男「なんだよ、話しかけんじゃねぇよ」

DQN「誰もお前に言ってねぇよ、そっちのやつ……ちょっとこい」

友「は?」

DQN「お前さぁ、昨日の俺の腕つかんだよなぁ」

男「ああ、確かに掴んだ」

DQN「お前じゃあねぇって言ってんだろ」

友「………それがどうかしたか?」

DQN「なんて言うかさぁ~、その時すげぇ、いい臭いがしたんだよね」ニヤニヤ

男「…………ああ、確かにするな」クンクン

DQN「そうだろ、しかもこんな綺麗な顔した男いるか?」

お前らはどうしてもホモがいいのか?

DQN「どう考えても女じゃんwwwww」

友「っ!て、てめぇ!」

男「ふざけんじゃねぇぞ!!」

友「!!」

DQN「いやいやwwwwwだってそうだろwwww」

男「黙って聞いてりゃあ調子に乗りやがって」

DQN「いや、ぜんぜん黙ってねぇし」

友「お、おとこ…………」

幼馴染「で、でも確かにおかしいかも………」

DQN「だろ?こんな男絶対いないって」

友「……………………」

男「幼馴染までなに言ってんだよ!!」

幼馴染「だ、だってさぁ…………」

DQN「で、お前女なの?」

友「お、おれは………………」

男「お前ら友をバカにすんな!!ぶっ○すぞ!!」

DQN「おお、こえぇwwwww雑魚がいきがってるよwww」

男「行こうぜ友……………あいつをちょっとでもいいやつだと思った俺がバカだった」

DQN「逃げるんですか?wwwwww」

幼馴染「ちょ、ちょっと…………」

男「うっせぇ!いくぞ友」ギュ

友「あっ………」カァ~

DQN「顔赤くしちゃってるしwwwwやっぱりあいつ女だなwww」

男「ああ、イライラする………なんだよあいつら」

友「……………ごめん」

男「なんでお前があやまるんだよ」

友「だって………俺のせいで…………」

男「…………気にすんな……お前のことはちゃんとわかってるから」

友「え?」

「おはよう友くん!」「男、あんた邪魔よ!」

男「あ~あ、腹減ったなぁ……」

友「な、なぁ、男…………」

男「飯は屋上で食うか」

友「あ、ああ…………」

男「よし、じゃあ、行こうぜ」

男「よかった、人少なくて」

友「お、男…………少し話があるんだ」

男「なんだよ?」

友「お前が朝言ったこと………あれどういう意味なのかなって……」

男「……………ああ、あれね」

男「別にどうでもいいじゃん」

友「いいから言えよ」

男「え~、やだ」

友「言えって!!」パチンッ

男「っ………」

友「あっ………」

男「痛てぇな………」

友「ご、ごめん……だいz

男「手、大丈夫か?」

友「え?………あっ…うん」

男「ほんと?保健室いくか?」

友「いや、大丈夫…………」

男「そうか、よかった」

友「ごめん………」

男「いや、いいよ別に」

友「男………さっきの話の続きだけど……」

男「…………まぁ、なんて言うか………」

友「…………知ってるんだろ?……俺が本当は女だって………」

男「うん…………」

友「なんで黙ってたんだよ…………」

男「………………言っちゃいけないと思って」

友「ふざけんなよ………うっ……」ポロポロ

男「……………ごめん」

友「ひっく…………うっ…」ポロポロ


DQN「やっぱり、女だったかwwwwww」

幼馴染「………………」

男「!!なんでお前らがいんだよ!?」

DQN「だってこんなおもしれぇことねぇじゃんwwwwww」

幼馴染「…………………」

男「お前らこのこと誰にも言うんじゃねぇぞ!!」

DQN「どうしよっかなぁ~」

友「うっ……グスッ……ひっく…」ポロポロ

DQN「号泣じゃんwwww超かわいいwwwwなぁ幼馴染」

幼馴染「え?……ああ、うん…………」

DQN「こうして見るといい女だなwwwなんで男の格好なんてしてんの?wwww」

友「ひっく………お前には………グスッ……関係ない……」ポロポロ

男「お前らいい加減にしろ!さっさと帰れ!!」

DQN「なんだよその言い方?このことみんなばらしてもいいの?」

DQN「もっとちゃんとした言い方があるだろ?」

幼馴染「も、もう、やめようよ………」

男「……………お願いします………このことは誰にも言わないで下さい」

友「うっ………もういいからぁ………やめろよぉ……ひっく」ポロポロ

男「………お願いします」

DQN「やだよwwwwwwww黙っとくわけけないじゃん」

男「な、なんだよそれ…………」

DQN「いや、こんな面白いこと誰かに言わなきゃ損じゃん」

男「ふざけんじゃねぇよ!!………頼むからやめてくれ……」

DQN「断るwwww行こうぜ幼馴染」

幼馴染「………うん」

男「待て!!」

DQN「うるせぇwwww黙ってろ」ドンッ

男「ぐっ」

友「お、おとこぉ……ひっく………グスッ」ポロポロ

男「くそっ…………ふざけやがって」

友「お、男………ひっく……大丈夫?」ポロポロ

男「ああ……………ごめんな……」

友「な、なんでお前が…グスッ……謝るんだよ……ヒック」ポロポロ

男「………ごめん」

友「もういいからぁ……ヒック………あやまんないでよぉぉぉ」ポロポロ

ペース上げた方がいい?

友「…………………」

男「大丈夫か?」

友「もう、………大丈夫」

男「そうか…………」

男「なあ…………よかったら教えてくれないか?………お前が男の格好してる理由」

友「…………………」

男「い、嫌ならいいんだぞ………」

まさかのこの前の男「隣にイケメンが引っ越して来た」と同じ奴じゃねーだろうな

違うにしても理不尽な胸糞悪いSSは流行らねーよ

ごめん、寝てた、もう寝るわ

>>174
ちがうけどあれはあまりにも胸糞悪すぎるだろ

>>180
でもお前も見てて嫌になる文章書いて逃げるんだろ?

目的はなんだよ理不尽系ゴミSS増やしたいのか?ん?

>>182
悪かったよ
でもそれはお前の好みの問題だと思うぞ
おやすみ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年07月23日 (水) 21:17:28   ID: v2Q5CjAW

どこがNTRなのか…

別に読む人の好み嫌みだし わざわざ執筆やめさねくてもよくね?

2 :  SS好きの774さん   2014年07月23日 (水) 21:33:00   ID: sNSRz4Ny

なに?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom