一護「お前って氷雪系最強なんだろ?」 日番谷「おう」(165)

一護「おうじゃねえだろうが。クソガキが」

日番谷「な、なんだよ・・・いきなり」

一護「てめえ勝ったことあんのかよ?あ?」

日番谷「・・・」

一護「てめえがクソすぎてルキアまでバカにされてんだぞ」

ルキア「よ、よさんか一護」

一護「お前は黙ってろよ。どうなんだ冬獅郎言えよ」

日番谷「お、俺だって精一杯やってるんだぜ・・・だって」

一護「隊長格のくせに十刃殺し損ねたらしいな?ちなみに俺は二人倒した」

一護「ただの二人じゃねえぞ十刃でもトップ中のトップだ」

日番谷「くっ・・・」

一護「隊長格のくせによわっちいな。花太郎にも負けるだろお前」

日番谷「ぐぬぬ・・・」

一護「そういや京楽さんと浮竹さんが呼んでたぜ」

日番谷「な、何で」

一護「さあな」

一護「お前クビにでもなるんじゃね?爺さんいねえしさ」

日番谷「そ、そんな」

恋次「アンタみたいなのがいつまでも上に居たんじゃ下が育たねえんだよ」

ルキア「やめんか二人とも」

日番谷「ク、クビ・・・俺が・・・」

一護「情けねえな」

恋次「青ざめてやがるぜ」

日番谷「・・・どうしよう松本」

乱菊「?」

日番谷「お、俺クビになっちまう」

乱菊「へえ」

日番谷「い、いいのかよ俺がクビになっても・・・」

乱菊「クビになっても日番谷隊長は日番谷隊長じゃないですか」

日番谷「そ、そうなのか」

乱菊「そうですよ。どうなるのか私にも解りませんけどね」

日番谷「・・・」ゴクッ

日番谷「・・・俺さ」

雛森「聞いたよクビになるんだってね?」

雛森「才能ないもんねシロちゃんって」

日番谷「でも俺」

雛森「私を護るって言いたいんでしょ?笑わせないでよ」

雛森「今の私には平子隊長が居るのよね」

日番谷「お、俺」

雛森「いつまでもウロウロされちゃ迷惑なの。理解できるよね?」

日番谷「は、はい」

雛森「クビになったら知らせてね笑ってあげるから」

日番谷「はい・・・」

日番谷「は、入るぜ」

京楽「やあ」

日番谷「お、おう・・・俺」

京楽「浮竹言ってあげなよ」

浮竹「お、俺がか?」

日番谷「ク、クビになるのか・・・俺」

京楽「いやクビってわけじゃないんだけどね。その」

浮竹「しばらくの間、日番谷隊長には他の隊士同様に」

京楽「働いてもらおうと思うってるんだよね。様子見ってやつさ」

日番谷「よ、様子見って俺が・・・弱いからか」

浮竹「・・・」

京楽「・・・」

日番谷「そ、そうか・・・クビじゃないんだな。そうかそうか」

京楽「いや君だけじゃないんだよ。ねえ」

浮竹「砕蜂隊長や狛村隊長も同様にね」

日番谷「む、六車もか」

京楽「彼はほら先の戦いで・・・」

日番谷「そうだったな・・・」

浮竹「じゃあ早速十一番隊に」

日番谷「あそこだけはやめてくれ!!頼むよ浮竹!京楽!」

京楽「でもあそこになら狛村隊長も」

日番谷「あそこは地獄だ!頼むよ!!!」

浮竹「わ、わかったから落ち着いて」

日番谷「勘弁してくれ勘弁してくれ」

京楽「じゃあ頼むよ阿散井副隊長」

恋次「へっ。無様だな日番谷隊長・・・チビでいいか」

日番谷「・・・」

一護「格下げかお前情けねえな・・・情けねえの」

日番谷「う、うるせえ」

一護「よお俺は客人なんだぜ?何だよその態度は」

日番谷「そ、砕蜂も居るんだろ」

恋次「あれならあそこで窓磨いてるぜ。見ろよ」

白哉「次は厠だ」

砕蜂「くっ・・・どうして私が」

恋次「ほらてめえもやれよ」

砕蜂「クソ!クソ!」

一護「尻見えてるぜ砕蜂」

砕蜂「なっ」

一護「冗談に決まってるだろ」

恋次「赤くなってやがるぜ」

一護「可愛いなお前」

砕蜂「///」

日番谷「あ、遊んでねえで」

一護「てめえがやれよ。なあ砕蜂」

砕蜂「・・・」チラッ

一護「ちょっと褒めただけで照れてるぜあいつ」

恋次「間違いねえ処女だ」

日番谷「わかったよ。やるよやればいいんだろ・・・畜生」

恋次「手抜いたらぶっ飛ばすぞ」

一角「狛村隊長。茶です」

狛村「うむ」

弓親「大変ですね一時的な降格処分って」

狛村「いやいいんだ儂は無力だからな」

一角「頑張ってるっすよそれなりに」

弓親「そういえば日番谷隊長が一護達に殴り飛ばされてたね」

一角「チビは弱いからいいんだよ。あのカスは」

剣八「おう狛村。やちるが呼んでたぜ」

狛村「行こうか」

一角「日番谷と同列に扱われるなんて気の毒だぜ」

弓親「本当にね」

一護「どうだ白哉」

白哉「まだ埃が」

日番谷「埃ぐらいいいだろ!」

白哉「散れ…」

日番谷「ひっ」

一護「おい白哉やめろよ」

白哉「済まぬ・・・」

弓親「うわぁ・・・酷い有り様だね」

一護「この馬鹿が掃除しねえんだよ弓親」

恋次「何とかならんもんすかね」

弓親「ダメダメ。日番谷隊長はダメ死神だからね」

日番谷「あ、綾瀬川てめえ・・・」

砕蜂「落ち着け。お前じゃこの4人に勝てんだろ」

日番谷「クソ・・・」

雛森「日番谷くん居ますか?」

恋次「おう雛森か」

雛森「どうしてるあの子」

恋次「励んでるぜ」

雛森「へえー」

一護「わざわざ見に来てるんだ」

弓親「優しいね君って」

雛森「心配ですからね(男って本当に騙されやすい生物。フフフ)」

白哉「ここにシミが」

日番谷「お、おっす」

砕蜂「チッ」

雛森「惨めな子・・・」

石川「ええーっ!我らが砕蜂さんとクソチビが格下げにあったのかい!?」

一護「狛村さんも何故かな」

織姫「そうなんだ。大変なんだね」

石川「マユリも格下げに」

一護「あいつは別に」

石川「チッ」

織姫「それで冬獅郎くんと砕蜂さんは」

一護「今日は俺がパシリとして使ってるぜ」

織姫「ふーん」

砕蜂「カレーパン・・・これか」

ルキア「それはコロッケパンです」

日番谷「プッ」

恋次「てめえも笑ってねえでパン買えよ」

恋次「誰だっけか一護と石川と井上と一護のダチの分。さっさとしやがれ」

日番谷「おう・・・いつかぶっ殺してやるからな」

恋次「あ?」

日番谷「な、何でもねえよ・・・」

砕蜂「そもそもカレーとは何なんだ朽木」

ルキア「それはですな・・・」

日番谷「ぶっ殺してやる・・・どいつもこいつも」

一護「カレーパン・・・ちげえだろこれ」

ルキア「いやカレーではないのか」

一護「食ってみろよルキア、砕蜂」

ルキア「・・・」モグモグ

砕蜂「・・・」モグモグ

ルキア「カレーではないか」

一護「おうカレーだろうな」

ルキア「なら何故」

一護「間接キスだ。お前と砕蜂の唇を間接的に奪っちまった」

ルキア「///」

砕蜂「///」

恋次「おい出せよ」

日番谷「死神と関係ねえじゃんか!!!」

恋次「うるせえぞボケ・・・殺すぞマジで」

一護「見ろよ砕蜂」

恋次「随分しおらしくなったな」

一護「俺の勝ちだぜ恋次」

恋次「まだ解らねえだろ」

一護「バカ野郎ルキアですら落とした俺だぜ。砕蜂なんて」

恋次「ガード硬いぜあの女」

一護「俺からすりゃ・・・」チラッ

砕蜂「な、なんだ///」

一護「チョロいチョロい」

京楽「やあ来たね二人とも」

檜佐木「な、なんすか」

浮竹「実は君たち二人にも・・・その」

雛森「こ、降格ですか(ざけんなよ中年コンビ・・・チッ)」

檜佐木「どうして俺まで」

京楽「檜佐木副隊長もさ。ほら」

雛森「わ、私まで・・・どうして」

浮竹「その・・・何ていうかね」

檜佐木「酷すぎる!何で俺が!どうして!!!」

京楽「早速十一番隊に」

檜佐木「それはやめてください。お願いします」

日番谷「なあ前にさデカい奴居たろ?」

一護「デカいやつ?テッサイさんか」

日番谷「ちげーよ」

恋次「その態度どうにかならねえの?殴り飛ばすぞお前」

日番谷「ほら居たろ色黒のデカいの」

一護「井上居たか」

織姫「さあ?」

石川「あれじゃないか黒崎。ほら」

一護「何だあれの事か。あれならどうしたっけ」

石川「いらなくなったから捨てただろ!もう忘れちゃったのかい!?」

一護「それであれに何の用だ冬獅郎」

日番谷「いや・・・あいつになら勝てるし。だろ?」

白哉「兄らもここに」

雛森「本当は来たくなかったんですよね。やだやだ」

白哉「済まぬ・・・」

檜佐木「十一番よりマシなんすけどね。斑目あいつダメ」

檜佐木「ガン飛ばしてくるしもう殴り合いの喧嘩なんです。ハハッ」

白哉「では早速」

雛森「いや今日はちょっと・・・いいですよね?」

白哉「しかし」

雛森「ひ、酷い・・・こんな仕打ちまでされて働かされるなんて」

白哉「済まぬ・・・」

雛森「フッ」

京楽「そういえばどうしてあの二人を」

浮竹「ほら最近草でボーボーだろ」

京楽「・・・それで檜佐木副隊長を」

浮竹「彼の風死にはこういう時に便利だからな」

京楽「雛森副隊長は」

浮竹「彼女はその草を燃やしてもらう役目があるから」

京楽「なるほど」

浮竹「檜佐木くんなら1週間もあれば刈り取れるだろ」

一護「俺の鞄ちゃんと運べよ冬獅郎」

日番谷「クソ・・・」

啓吾「誰だあの子供」

一護「俺のパシリ」

水色「そういえば前のパシリはどうしたっけ」

一護「捨てたじゃん。あいつ」

石川「ほら持つんだ!!!さあ」

織姫「私のもお願いね」

日番谷「耐えるんだ・・・堪え忍んで・・・」

日番谷「黒崎も阿散井も越えてやる・・・絶対に」

檜佐木「ほら見ろよ。こんなに草かれたぜ」

雛森「そんな事に喜びを感じて恥ずかしくないんですか?」

檜佐木「・・・」

雛森「子供じゃあるまいし」

檜佐木「いや俺は別に・・・その」

雛森「童貞ですよね檜佐木さんって」

檜佐木「か、関係ねえだろ」

雛森「顔に書いてあるんですよね。童貞って」

雛森「だからガキは嫌いなんですよ。ね?」

檜佐木「そ、そうだな・・・そうだよな」

一護「お前も情けないやっちゃな。気の毒だぜ」

日番谷「うるせえな・・・別にいいだろ」

一護「幼馴染寝取られてよ。恥ずかしくねえの?」

日番谷「あ、阿散井だって」

恋次「一緒にすんなよ。てめえ何かと」

一護「要するに藍染や平子に勝ちたいんだろお前」

日番谷「お、おう」

一護「じゃあ喧嘩売って来いよ。そうだろうが」

日番谷「か、勝てねえよ」

一護「俺はその勝てそうにない相手を次々と倒したんだぜ」

一護「一角に恋次、剣八、白哉それにグリムジョーとウルキオラ、藍染にもだ」

日番谷「・・・」

一護「度胸よ度胸さえあればかてんだよ。わかるな?」

一護「ほら頑張れよ冬獅郎」

日番谷「クソ!」

ハリベル「おっと」

一護「だらしねえぞ!もっと腋閉めろ馬鹿野郎!!!」

グリムジョー「よく来たな黒崎!俺とケリつけに来たんだろてめえは」

一護「それに比べて砕蜂は十刃の2番を倒したんだろ。よしよし」

砕蜂「や、やめんか///」

日番谷「野郎!てめえに勝たなきゃ俺は俺じゃなくなっちまうんだよ!」

ハリベル「そんな事を言われても困る」

グリムジョー「おいシカトしてんじゃねえぞ!」

一護「また今度勝負してやるよ。都合が悪いんだよ今は」

グリムジョー「チッ」

一護「ちゃんとしろよ!それでも男か冬獅郎!!」

グリムジョー「あのガキが藍染に挑むのかよ」

一護「そうだぜ。あと平子にも」

グリムジョー「知らねえな」

一護「例えるなら冬獅郎が俺、平子がお前、藍染がウルキオラだ」

グリムジョー「絶対にぶっ飛ばさなきゃねらねえライバルって奴か」

一護「おうよ」

グリムジョー「それは倒さなきゃならねえな。ライバルってのはよ」

一護「ところであの色黒美人は・・・どうなんだ」

グリムジョー「怖いぜ」

一護「いい女だよな」

グリムジョー「腐ってんじゃねえのお前の目ん玉。あっちの方がいいじゃん」

一護「ルキアか?ルキアはいいぞ・・・上手いんだ尺八って言うかな」

グリムジョー「おい尺八って何だよ!」

ルキア「///」

一護「後で説明してやるよ」

白哉「藍染惣右介を」

恋次「そうなんすよ」

雛森「そ、そんな・・・(私を巡って三角関係が始まっちゃう)」

雛森「でも私のファンって多いから大変な事になりそう」

檜佐木「どうした雛森」

恋次「出しましょうよ隊長」

白哉「出来ぬ相談だな。下がれ」

恋次「ざけんなよ隊長。たまには役に立ちやがれってんだ!」

恋次「そんなんだからルキアとの距離が縮まらねえんだよ!!」

白哉「済まぬ・・・」

雛森「やだ・・・犯されちゃったらどうしよう。藍染隊長溜まってそうだし」

藍染「そうか私と日番谷隊長を」

恋次「戦えよ。なあ」

藍染「私はいいよ。疲れた」

檜佐木「見ろよネズミに噛まれてるぜ藍染」プッ

恋次「は?ちょっくらボコしてやりゃいいんだよ!できんだろ」

恋次「鏡花水月のねえもんな。能無しバカが」

藍染「・・・」

恋次「考えて見りゃ素手での殴り合いならてめえ程度倒せるぜ俺」

藍染「・・・日番谷冬獅郎」

雛森「は?」

藍染「彼が凍結できるのは物だけだと思うな。阿散井くん」

恋次「寝ぼけてんな。気の毒に」

檜佐木「プッ」

藍染「彼が何故氷雪系最強と呼ばれているか・・・」

恋次「御託はいいから行くぞ。さっさとしろ」

藍染「うっ・・・眩しい」

石川「そんな君に眼鏡をあげよう。はい500円」

藍染「いらん」

弓親「うわ藍染だ・・・」

恋次「今から一騎打ちするんすよ」

弓親「誰と?」

石川「日番谷冬獅郎とさ」

弓親「は?」

檜佐木「じゃあ俺は平子隊長呼んでくるから!」

弓親「?」

雛森「やっぱり藍染隊長はイイ男・・・フフ」

藍染「どうしたんだい雛森くん」

雛森「誘われちゃってるよ私・・・」

京楽「ええーっ!藍染くん出しちゃったのかい!?」

白哉「うむ」

浮竹「それはダメだろ白哉」

白哉「済まぬ・・・」

浮竹「どうして」

白哉「恋次に凄まれてな」

京楽「最近の阿散井くんは鬼気迫るものがあるからね。怖いよね」

浮竹「お、俺は知らんぞどうなっても」

白哉「いざとなれば黒崎一護が居る。あんずるな」

京楽「なるほどね」

一護「立てよ冬獅郎」

ルキア「もう良いだろ一護」

砕蜂「どうしようもない日番谷だけは」

一護「そんなに怒るなよ二人とも。可愛い顔が台無しだぜ」

ルキア「そ、そうか///」

砕蜂「///」

一護「女ってチョロいだろ」

グリムジョー「可愛いって言うだけであのざまかよ。おいハリベル」

ハリベル「何だ」

日番谷「隙だらけだぜ!」

グリムジョー「可愛い」

ハリベル「は?」

日番谷「ぐふっ・・・」

一護「ダメだって言ってるだろうがそれじゃ!もっとさ」

グリムジョー「何だそれムチャクチャじゃねえか」

檜佐木「それでっすね」

平子「何で俺やねん」

平子「俺が日番谷に何かしたんか」

檜佐木「寝取りました」

平子「男と女ならそうなるのが普通やろがせやろ?」

檜佐木「いえ俺一途ですから」

平子「自分もセックスぐらい」

檜佐木「童貞ですから俺」

平子「・・・そういや十番隊の乱菊ちゃんとハゲがしけこむとこみたで俺」

檜佐木「えっ・・・」

平子「あれが健全な男と女っちゅうもんや。だいたい死神も人間も」

檜佐木「・・・ううっ」

藍染「双極の丘・・・懐かしいね」

石川「決戦と言えばここだからな。ほらギャラリーも」

花太郎「・・・」

藍染「彼だけだね」

石川「うるさい!何だ君は!!」

恋次「おい囚人風情が図に乗るなよマジで」

藍染「・・・」

平子「おーい・・・何で自分がおるんじゃ!何考えてんねん!!」

藍染「やあ平子真子。久しぶりだね」

平子「久しぶりもクソもあるかボケ!」

檜佐木「・・・」

弓親「あとは一護と日番谷隊長だけだね」

弓親「みなよ夜になったよ・・・」

石川「仕方がないテントを張ろうか」

檜佐木「何で来ねえんだよ・・・いい加減にしろよ」

雛森「テントって・・・こんなに大勢に男の人に・・・」

雛森「卑猥だなぁ・・・でも藍染隊長と平子隊長二人に」

雛森「やだ!何考えてるんですか檜佐木さんの変態!」

檜佐木「な、なんで」

藍染「もういいだろ阿散井くん」

恋次「待てよ。あんまし黙らねえと一護がキレるぞ」

藍染「・・・」

恋次「何考えてやがんだ一護の野郎は」

一護「例えばネルとかあの姉ちゃんに迫られたらどうする」

グリムジョー「タイプじゃねえ」

一護「お前狂ってんじゃねえの?だいたい男は」

日番谷「氷輪丸!どうにかしてくれよ!!お前はやればできるだろ!」

日番谷「頼むよ氷輪丸・・・俺に力を!」

日番谷「もう俺隊長職追われてもいいからさ!何とか言ってくれよ氷輪丸!!!」

一護「あんな・・・」

グリムジョー「・・・」

日番谷「あれ・・・おーい朽木、砕蜂」

ルキア「・・・」

砕蜂「・・・」

日番谷「ど、どうなってるんだ」

一護「もういいのか」

日番谷「お、おう」

一護「対して強くなってねえのに。死ぬ気かよ」

日番谷「いや・・・大丈夫と思う」

砕蜂「行くぞ」

一護「待てよ砕蜂。ほら手握れよ迷うぞ」

砕蜂「て、手と言われても///」

一護「ほらな」

グリムジョー「ああ。そういう事か」

日番谷「い、行こうぜ」

石川「あーっ!来たぞ」

恋次「何も変わっちゃいねえじゃん」

石川「さあ藍染VS平子VS日番谷。誰が勝つか賭けだ」

檜佐木「藍染」

弓親「藍染」

花太郎「平子隊長で」

恋次「平子隊長」

白哉「私」

雛森「今の男と昔の男とストーカーか・・・迷っちゃうよ」

石川「黒崎たちは」

一護「藍染」

ルキア「私も藍染で」

砕蜂「当然のように藍染」

石川「じゃあ僕も藍染で」

日番谷「ようやく掴んだぜ!俺の氷輪丸の真の力を」

藍染「気がついてしまったようだね日番谷隊長。やはり君は」

一護「ゴチャゴチャ言ってねえでやれよ」

日番谷「氷輪丸!さっきのあれを見せてくれ!!」

一護「ほら花太郎の斬魄刀貸してやるから」

藍染「何だこれはメーターみたいなのが」

花太郎「それはで・・・」

一護「・・・」

日番谷「ハハッ」

日番谷「や、やっぱり気のせいじゃ無かったんだ・・・すげえよ氷輪丸」

日番谷「氷雪系最強だからさ天候だけかと思ってた。でも本当は違うんだな」

藍染「・・・」

平子「・・・」

日番谷「時間そのものを凍結させちまうんだもん。これなら勝てる」

日番谷「・・・終わりだ藍染、平子」

日番谷「」

一護「へえ時間を」

藍染「そう。さすがに私も止められたら終わりだ」

平子「せやけど何で倒せたんや」

藍染「それは日番谷隊長の力がまだまだ」

恋次「何だそりゃ」

石川「帰るとするか」

弓親「そういえばうちで預かってる狛村隊長が大怪我してさ」

檜佐木「何で」

弓親「副隊長に・・・わかるよね」

檜佐木「あー・・・」

白哉「無駄口を叩くな帰るぞ」

一護「仕切んなよ」

白哉「済まぬ・・・」

雛森「ふっ情けないの」

日番谷「み、みんなは」

雛森「帰ったよ」

日番谷「マジかよ・・・」

雛森「シロちゃんにしては頑張った方じゃない。褒めてあげるよ」

日番谷「あ、ありがとうございます・・・」

雛森「可愛いね。ズタズタなのに私には従順でさ」

日番谷「は、はい」

雛森「ウフフ」

一護「それで砕蜂も冬獅郎もまだこき使われてるんだぜ」

石川「ふーん」

織姫「大変だよね」

ルキア「そのうち持ち場に戻れるだろ。そのうちに」

一護「どこにでも役立たずってのがいるんだよな」

石川「その点僕たちの中には一人も居ないんだよな」

一護「そうだよな。俺たち3人で現世護ってるもんだし」

ルキア「これからも頑張るのだぞ3人とも」

一護「ああ」

恋次「可愛いっすね砕蜂隊長」

砕蜂「か、からかうな///」

恋次「ほらチョロいでしょ」

一角「そ、そうだな」

弓親「何ていうか単純って言うか」

檜佐木「処女なのかやはり」

白哉「次はあそこの窓を」

砕蜂「あ、あんなところを」

恋次「危ないっすもんね。可愛い顔に傷でもついたら・・・俺やるっすよ」

砕蜂「い、いや私がするからいい///」

恋次「単純よのう」

雛森「ほら頑張りなよパシリ」

日番谷「クソ・・・クソ・・・」

雛森「しっかりしなさいよ男の子でしょ?」

日番谷「おう・・・」

雛森「隊長に返り咲いたらやらしてあげてもいいんだけどな・・・」

日番谷「マジで」

雛森「奪ってあげるよシロちゃんの童貞」

日番谷「よ、よし!絶対に戻ってやるからな俺」

雛森「もう私は手の届かないところに居るのに・・・健気な子。フフッ」

日番谷「絶対に戻ってやるからな」

日番谷「藍染や平子に勝って今度こそ雛森を寝取り返してやるぜ」

日番谷「覚悟しやがれ」


このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom