結衣「ペットが欲しいなぁ」(142)

京子「ペット?」

結衣「うん。ペット」

京子「ここにきゃわいいきゃわいいあたちがいるじゃないか」キラキラ

結衣「うん、そうだねじゃあ京子は今日から私のペットだ」

京子「なんてね!あはは…ってえ?」

結衣「自分で言ったんだからな?」

京子「ちょ、結衣目がマジなんだけど!あはは…え、マジ…?」

結衣「マジ。」

結衣「うーん…京子は動物に例えると…」ブツブツ

京子「あ、あの結衣…さん?」

結衣「猫って感じじゃないしなぁ…よく喋るからインコっていうのもアリかな…」

京子「あ、あはは!お腹!お腹空いたなぁ!結衣様!」

結衣「うん、やっぱり京子は犬って感じだな」

京子「犬…」

結衣「うん。犬。上手く言葉に言い表せないけど京子の小さい頃のあの守りたいけど虐めたい感じもあいまってね」

京子「私そんな目で見られてたの!?」

結衣「ふふ、あの頃の京子の常に何かに怯えてる仔犬みたいな目可愛かったなぁ」

京子「スルー!?」

結衣「犬が立ってるっておかしいよなぁ?」

京子「私の意思その他諸々は全てスルーなの!?」

結衣「ほら、お座り、京子」

京子「う、うぅ…」

結衣「いつもは自分から進んでこういう事するのに今日はどうしたの?」

京子「いや、なんか意識すると恥ずかしいんだよぉ…」

結衣「そっか。じゃあ私に無理矢理命令されて仕方なくって思えば羞恥心も無くなるんじゃない?」

京子「そ、そんなものかなぁ…」

結衣「うん、そうだって。じゃあ京子、お座り」

京子「う、うぅ…///」

京子「改めてやると恥ずかしいな…」チョコン

結衣「あは、本当にやるなんて」

京子「ゆ、結衣がやれって言ったんじゃんかー!」

結衣「どうどう。暴れるなんて悪い子だなぁ。躾が必要かな?」ニッコリ

京子「ちょ、結衣さん目がマジで怖いっすよ…」プルプル

結衣「じゃあとりあえすお手」

京子「へ?」

結衣「お手」ジー

京子「へ、へへそんなに見つめられると恥ずかしい…んだけど…//」

結衣「お手」

京子「うぅ…//」ポン

結衣「よくできました。偉いぞ京子」ナデナデ

京子(な、なんだよなんだよこれー!///)

結衣「さて、ちゃんとご褒美をあげないとな」

京子「ご褒美?」

結衣「うん」チュッ

京子「ふぇっ??」

京子(お、おでこにキキキキキ、キスしやがったああああ///)

結衣「どうしたんだよ京子?いつもはお前からねだってくるのに何恥ずかしがってるの?」

京子「なんか今日の結衣おかしいよ…// 」

結衣「え?そんな事ないよ。それよりご主人様に向かっておかしいだなんてもっと躾がいるのかな」ニッコリ

京子「だ、だから目がマジで怖いって結衣…」

京子(ん…?キッチンに置いてあるあれ…なんか見た事あるな…ってお酒入りのチョコの箱!?)

京子(しかも半分ぐらい無くなってるし…結衣さんや、普通途中で気付かんかね…)

結衣「どうしたの、京子?」ニッコリ

京子「なんでもないよ!!なんでもないですハイ!」

結衣「京子は私だけのペットなんだからご主人様の私だけ見てればいいんだよ」ガシ

京子「ちょ、私の頬捕まえてなにす…んんー!」チュッ

京子「っちょ!ゆ、結衣!んんんー!」

結衣「んっ…っぷはぁ」

京子「ばっ、バカ!いわゆるマウストゥマウスいきなりかますバカがどこにいるんだよー!//」

結衣「だからいつもは自分から迫ってくるくせになんだよ今更」

京子「心の準備とかいるじゃん…」ボソ

結衣「ん?何か言った?」

京子「なんでもないよばーか!結衣のばーか!!」

結衣「…そんな悪い口をきく犬は躾というよりお仕置きが必要かなぁ」ニッコリ

京子「お仕置き…って?」

結衣「うーん…とりあえず首輪しよっか、じゃあ」

京子「首輪かぁ…って首輪!?」

結衣「うん。首輪」

京子「なんで私がそんな犬みたいなことしなくちゃ…」ボソボソ

結衣「んー…確かこの辺に」ガサゴソ

京子「な、なんでナチュラルに首輪とか持ってるのかなぁ…あはは…」

結衣「まりちゃんがたまに家にあるガラクタ持って遊びにくるんだよ。あ、あったあった」

京子「さいですか…」

結衣「ほら、おいで京子」

京子「ちなみに拒否とかは…?」

結衣「ダメ」

京子「ですよねー…」

結衣「よいしょっと」パチン

京子「あはは、犬だ私ー!」

京子(こうなりゃやけくそだー!)

結衣「うん、似合ってるよ京子。本当に可愛い」

京子「ぁう…//」

結衣「さて、どんなお仕置きをしようかな」

京子「あぁ、これから私お仕置きされるんだっけ…」ガク

結衣「とりあえずくすぐりの刑にでも処すかな」

京子「それお仕置きというよりただ結衣のしたい事なんじゃないの!?」

結衣「…」ニッコリ

京子「無言の肯定頂きましたー!」

結衣「ほら京子、お仕置きなんだから観念してこっちおいで」

京子「お仕置きなら仕方ないな…ってなるとでも…?」

結衣「これは使いたくなかったんだけどなぁ…」ジャラッ

京子「てっ、手錠!?なんでそんなものが!?」

結衣「あぁ、おもちゃだけどね。これもまりちゃんが持ってきてくれたんだ」

京子「まりちゃん…恐ろしい子…」

結衣「ほら、手錠かこっち来るかどっちがいいの?」

京子「分かりましたから手錠は勘弁してくだせぇ…」

結衣「うん、いい心がけだよ京子」

京子(はぁ…私くすぐりは本当に弱いのに…)ガチャン

京子「…へ?手錠?」

結衣「京子はくすぐりに弱いから暴れないようにと思ってね」ニッコリ

京子「やっぱ知ってたかー!この鬼!悪魔ー!」

結衣「じゃー早速。」コチョッ

京子「ふ、ふぁっ…」

結衣「まだ首筋撫でただけなのに…どんだけ弱いんだ?京子」

京子「べっ、別になんでも…ないし…んんっ!!」

結衣「ほらほら、まだ首筋なのにそんなに悶えてたら体持たないよ?」サワサワ

京子「…んっ…はぁっ…!」

結衣「じゃあ次はわき腹と脇かなぁ」

京子「うぅぅっ…」

結衣「ほら」コチョ

京子「ひゃぁっ!?」

結衣「…」コチョコチョ

京子「ちょ!たんま結衣!たんま!!あははははは!!」

結衣「…」

京子「結衣!ほんとにお願い!!あははは!!無理!!これ無理!!あはははは!!」

結衣「もっと激しく?」

京子「わ、脇は本当に無理なんだって!!!あはははは!!」

結衣「手錠してても暴れるなぁ…あ、そうだ」ドス

京子「ひゃっ…?お、押し倒すなんて強引だね結衣。そんながっつくと女の子に嫌われちゃうんだぞ!!」

結衣「まだ軽口を叩く余裕があるようで安心したよ。よいしょ」ニッコリ

京子(ちょ、結衣が私に馬乗りに…)

結衣「ほら、ばんざーいしてばんざーい。」

京子「へ!?やだ!絶対やだよ!」

結衣「ま、手錠してるんだから無理矢理私がさせればいいか。ほら」

京子「ちょ、片手で私の両手抑えるとかなかなかワイルドな真似するじゃないか結衣」

結衣「じゃっかん骨は折れそうだけどね。まぁでもおかげで脇ががら空きだよ京子」ニッコリ

京子「う…べ、別にこれぐらいだ、大丈夫…だし…」ボソ

結衣「さて、いつまでその強がりを見せてくれるか楽しみだなぁ」

京子「結衣楽しんでるよね!?私の事虐めてめっちゃ楽しんでるよね!?」

結衣「あは、そんな事ないよ?」

結衣「ほら、いくよ」サワ

京子「ひゃうっ!?!?」ビクン

結衣「あはは、凄い反応だね京子」

京子「ち、違うって…」

結衣「ん?何が?」サワサワ

京子「っっっ!!!」ビクビク

結衣「顔がこころなしか赤くなってるけど」

京子「そ、そんな…はぁっ…!」ビクン

結衣「ふふ、可愛いよ京子」コチョッ

京子「ーーー!!!!」ビク

結衣「ほらほら」コチョコチョ

京子「っ!!!ゆ、結衣!!」ビクビク

結衣「んー?」

京子「ちょっと、ほんとに!!」ビクビク

結衣「ちゃんと言わないと分からないよ」コチョコチョ

京子「ーーーー」

結衣「え?もっとして欲しいだって?しょうがないなぁ」

京子「」ブンブンブン

結衣「そんなに必死に首降っちゃってもう京子は本当にしょうがないな」コチョコチョ

京子「はぁー!はぁーっ…!」ビクンビクン

結衣「どんなに暴れても無駄だよ京子」ニッコリ

京子「はぁっ!はぁっ…い、息が…!」ビクビク

結衣「んー?息がなに?」コチョコチョ

京子「でっ、できっ…!」

結衣「んー?」

京子「ーーーーっああっ!!」ガクンッ

結衣「あれ?京子?どうしたの?一回ストップしてあげる」

京子(ぅ…ぁ…も、もしかしてこれ…)

結衣「京子?」

京子(イ、イ…っ/////)

結衣「もしかして気持ち良かったの?」

京子「はぁっ、はぁっ、ん、んなわけあるかぁ//」

結衣「そうだ、京子やめてほしい?」

京子「!う、うんっ!」

結衣「分かった。じゃあ脇"は"やめてあげる」ニッコリ

京子「…へ?」

結衣「次は足の裏かな」ニッコリ

京子「じ、冗談だよね結衣…あ、あははっ」

結衣「冗談だと思う?」

京子「ね、ねぇ!私ほんとにおかしくなっちゃうよぉ…」

結衣「今は私しかいないんだからなっちゃってもいいんだよ?」ニッコリ

京子「ばかぁっ…!」

結衣「じゃー私の体の向き変えてっと…太もも辺りに座らせてもらおうかな」

京子「…」(涙目)

結衣「じゃあいくよ?」

京子「ぅう…」ピクピク

結衣「…」スーッ

京子「…」ビク

結衣「足の裏なぞっただけだよ?」

京子「そ、そんな事言われても…」ピクピク

結衣「ほんとに京子は全身弱いんだね…」ツーッ

京子「っ…ぁ…!」

結衣「指一本増やしちゃおうかな?」

京子(ただでさえ気がおかしくなりそうなのに…!)

結衣「…」ツツーッ

京子「ーーー」ビクー

結衣「あは、京子、体が海老反りみたいになっちゃってるよ」

京子「!!!」バタバタ

結衣「暴れても無駄だって言ってるのに…」

京子「ゆ…いっ…」ビク

結衣「何?京子」

京子「はぁっ…ぁっ…ぅ…」

結衣「じゃあ爪立ててっと…」

京子「!?」

結衣「ふふ」ツーッ

京子「あああああっっっっっ!!!!!」ビクビク

結衣「爪立てて這わせてるだけなのにどうしたの?」

京子「結衣ちゃん…お願い…許してよぉ…」グス

結衣(昔の京子に一瞬戻った…)ゾクゾク

結衣「…」ツー

京子「はぁっ、はぁっ、っっ!」

結衣「…」

京子「も、もう…ダメ…ぁ、あ、あっ…!」

結衣「…」

京子「ーーーーーーー!!!」ビクー

結衣「京子?」

京子「ぁ…あ、は…は…」ビクビク

結衣「顔真っ赤だよ?大丈夫?」

京子(だ、誰のせいだと…)

京子「っぅう…」グスン

結衣「凄い体が小刻みに震えてるけど…」

京子「なっ!なんでもない!…よ…///」

結衣「じゃあお仕置きはこれぐらいにしてあげる」

京子(やっと終わるんだ…)ハァハァ

結衣「次は>>78をしよう」

1.おしっこの躾
2.食事の躾
3.自由(内容添えて)

1

結衣「じゃあ次はトイレの躾だな」

京子「…へ?」

結衣「流石に大きいほうは恥ずかしいらだろうから小さい方から慣れていこう」

京子「嘘…だよね…結衣?」

結衣「ううん、本気」ニッコリ

京子「それだけは許して結衣…そんなこと
したら私本当に…」

結衣「本当に、なに?」

京子「本当に…」

京子「…ぅう…」グス

結衣「じゃあ私準備してくるからね」

結衣「んー、とりあえず新聞紙引いて洗面器置くだけでいいかなぁ…」

京子「ゆいぃ…」

結衣「はいできた…っと…じゃあ京子ほら、おいで」

京子「…」ブンブン

結衣「悪い子だなぁ…今度は一時間連続でくすぐり続けなきゃ駄目かな?」

京子(そんな事されたら絶対頭おかしくなっちゃうよぉ…)

京子「本気…?」

結衣「さっきから何度も言ってるよ?京子」ニッコリ

京子「わ、分かったよぉ…」グスン

結衣「うん。いい子だね京子」

京子「全然嬉しくないし…」

結衣「じゃあ下脱ごっか?」

京子「やっぱり脱がないと駄目…?」

結衣「脱がないでどうやってするの?まぁそのままして下着とか服濡らしたまま帰るのもいいけどね」

京子「うぅ…//」

結衣「それとも私が脱がせてあげようか?」

京子「いい!大丈夫!大丈夫だからぁ」

結衣「そっか。じゃあ早く脱いで?」

京子(恥ずかしすぎるってぇ!//)

結衣「何を今更恥ずかしがってるの?何度も一緒にお風呂入ってるのに」

京子「それとこれとは訳が違うって…」モジモジ

結衣「もう。私が脱がすよ」

京子「ちょ、まっ!自分で…ぁっ」

結衣「よく考えて見れば手錠ま外してないんだから脱ぎづらいよね。ごめんね京子」

京子「なら手錠外して!自分でやるからっ!」

結衣「ダメ。」

京子「ううぅ…」

結衣「ほら、手どけて」グイ

京子「ぁ…」

結衣「よいしょ」ヌガセ

京子「っっ…///」

結衣「あれ?京子なんか下着濡れてるけどまさかさっきの痙攣って…」

京子「ち、違うって!!別に感じてイっちゃった訳じゃ…ぁ…///」

結衣「…変態」

京子「それを言うなら結衣の方が…」

結衣「なんか言った?」ニッコリ

結衣「じゃあ下着も脱がすよ」スル

京子(恥ずかしくて死にそう…//)

結衣「ふぅ、全部丸見えだよ京子」

京子「いちいち言わなくていいのに…///」

結衣「じゃあ洗面器に跨って」

京子「…//」

結衣「うん。じゃあちゃんと溢さないようにね」

京子「ぁぅぅぅ…//」

結衣「ちゃんと足開かないと足についちゃうよ?ほら」グイ

京子「…//」(涙目)

結衣「はい、もう大丈夫かな。全く京子は
しょうがないなぁ」

京子「で、出ないよ…//」

結衣「さっきあんなにジュース飲んでたのに出ないはずないじゃないか」ニヤ

京子(ゆ、結衣の奴ー!)

結衣「もう結構限界なんじゃない?」

京子「ううぅぅ…ぁ…」

結衣「むしろさっきのくすぐりでよく漏らさなかったねって褒めたあげたいぐらい」
ニヤニヤ

京子「ばっ…ばか!//」

結衣「ほら、はやくしちゃいなよ」ニヤニヤ

京子「くっ…ふぁ…」

結衣「ほら、出しちゃいなよ京子。」

京子「み、見ないでっ…//」

結衣「…」ジー

京子「見ないでってぇ…//ぁっ…」チョロ

京子「うっ…ぁああ//」チョロロ

結衣「おしっこ出ちゃってるね、京子」ニコ

京子「だからいちいち言わないでよぉ…//」チョロロ

結衣「人に見られてる前でこんな事しちゃうなんて恥ずかしいねぇ京子」ニコ

京子「もうやだぁ…」チョロ

結衣「もう全部出ちゃった?」

京子「う、うん…もう下着履いていい…?」

結衣「何言ってるの。拭かないと汚いよ?」

京子「あ、そうだね…紙…」

結衣「私が綺麗にしてあげる」ニコ

京子「えっ!?い、いいよ自分でするから!」アセ

結衣「後片付けも主人の役目でしよ?」ニコ

結衣「じゃあ適当なタオル持ってきてっと…」

京子(くすぐられただけであんな風になっちゃうのに直接触られたら…!)

結衣「はい京子、足開いてねー」グイ

京子「…」

結衣「抵抗しなくなっちゃったね」ニヤニヤ

京子「…うっさい//」

結衣「ちゃんと綺麗にしないとね…」フキフキ

京子「ぅあ…//」

結衣「変な声出さないでよ京子」

京子「出して…ないっ…ぁっ…//」

結衣「…」

京子「はぁっ、はぁっ、っ….//」

結衣「はい、綺麗になった」

京子「…ぅ」

結衣「綺麗になったから終わりね、京子」ニコ

京子「ん…うぅ…」

結衣「どうしたの?まさか変な事考えてるの?」ニヤニヤ

京子「そんな事…ない…し…」

結衣「京子、なんだか発情してる犬みたいな目してるよ」クスクス

京子「っっっ////」

結衣「じゃあ次は>>102をしよっかなぁ」

手綱をつけておさんぽ

結衣「次は散歩してみよっか」ニコ

京子「どうせ普通の散歩じゃないんだろ…」

結衣「うん、ちょっと意匠を凝らしてひもつけて行こうか」

京子「意匠凝らすどころか直球すぎない?」

結衣「こういうオーソドックスなのに触れてこそ見えてくるのもあるかもしれないしな」

京子「そんなの見たくもないし触れたくもないよ…」

結衣「じゃあとりあえず服全部脱いで」

京子「はいはい…って今から私達外に出るんだよね…?」

結衣「そうだよ?」

京子「あぁ…」

結衣「でも今の時期寒いからとりあえず素肌の上にこのコート羽織っておいて」

京子「はいはい…」

結衣「近くの公園に着いたら全部脱いで歩いてみよっか」ニコ

京子「全裸で散歩なのはもう確定なんだね…」

結衣「ちょうど日も落ちてるし人もあまりいないはずだよ」ニコ

京子「そういう問題じゃあないと思うんだよねぇ」

ガチャッ

結衣「じゃあ行こっか」

京子「ねぇ結衣…せめてこの首輪とリードは着いてからじゃ駄目かな…」

結衣「ダメ」ニコ

京子「ですよねー…」

結衣「今日は対して寒く無くて良かったね。京子が風邪引いたら心配するし」

京子「もっと違う所を心配してほしかったかなぁ…」

結衣「ほら、行くよ」グイ

京子「あぅ」


てくてく

あかり「あ、結衣ちゃんと京子ちゃんだ」

ちなつ「結衣先輩ー!と京子先輩、偶然ですね!」

結衣「あぁ、偶然だね。二人ともどうしたの?」

あかり「うん、今日はちなつちゃんと図書館で勉強しててその帰りなんだぁ」

ちなつ(なんなんだろうこの首輪とリード…)チラ

京子(うぅ…絶対ちなつちゃん気付いてるよ…結衣、早く行こうよ)チラ

結衣「へぇ、そうなんだ。二人とも偉いね」ニコ

あかり「えへへ、結衣ちゃん達は何やってたのぉ?」

結衣「だってさ、京子」

京子「っふぇ!?あ、あぁ。今日はふ、普通にいつも通り遊んでただけだよ!」

結衣「…」ニヤニヤ

あかり「へぇー、そうなんだぁその首輪も
何かの遊びなのかなぁ?」

結衣「…」ニヤニヤ

京子「そ、そそそう!!コスプレごっこ!楽しいよ!」アセアセ

あかり「へぇー、楽しそう!ちなつちゃん、今度あかり達もやろうよぉ」

ちなつ「えっ!?あ、あかりちゃん正気!?」

あかり「?あかり何か変な事言ったかなぁ?」

ちなつ「いや、何でもないよ…綺麗なままのあかりちゃんでいてね…」

あかり「??」

結衣「じゃあ私達そろそろ行くね。また明日」

あかり「うん。またねぇー」



結衣「はい到着。」

京子「まさかあの二人に出会うとは…もう疲れたよ…帰ろうよ…」

結衣「ダメだよ」ニコ

京子「というと思ったよ…」

結衣「ほら、コート脱いで京子」

京子「ぅぅう…//」バサ

結衣「あは、写真に撮っておきたいなぁ」

京子「…死にたい…///」

結衣「ほら、行くよ」グイ

京子「んん…//」

結衣「京子?前を手で隠したら意味ないよ」

京子「だ、だってぇ…」

結衣「ほら、手どけて」

京子「…///」

結衣「じゃあ続けようか」ニコ

てくてく

京子「!?ひ、人がくるよ結衣っ!」

結衣「気にしなくていいよ」

京子「するって!主に私が!!」

結衣「いいから」グイ

京子「や、やだぁっ!」

結衣「…ほらっ」グイグイ

京子「う、うぅぅぅ///」


「あれ?ちょっと、あの子…」クスクス

「やだぁ、裸ぁ?」クスクス

京子「 」

結衣「…」ニヤニヤ


てくてく

京子「…もう死ぬ…」

結衣「でもすれ違ったのが女の人で良かったね。男の人だったらと思うとちょっと肝が冷えたよ」ニヤニヤ

京子「全然そんな事思ってないよね!?」

結衣「じゃあ帰ろっか」ニコ

京子「はい…」




京子「はぁ…」バタッ

結衣「今日はお疲れ、京子」

京子「結衣…実はもうとうの昔に酔いなんて抜けてるよね?」

結衣「ん?何言ってるの?私はずっと素面だよ?」

京子「…へ?」

結衣「何を勘違いしてるんだ京子…」

京子「え?だってあのチョコ…」

結衣「??あぁ、あれ?お母さんがうちにお土産で間違って持ってきてお母さんがそのまま食べて持って帰るの忘れていったんだよ」

京子「 」

京子「つまりずっと結衣は正気だったと…」

結衣「随分失礼な事を言うなぁ京子は。私はいつもまともじゃないか」

京子「そ、そうだね…あは、あははは…」

結衣「それに京子もまんざらじゃなさそうだったし」

京子「そ、それは…//」

結衣「と言う訳でこれからも私のペットとして、そばに居てくれるかな?京子」

京子「な、何を綺麗にまとめに入ってるんだよ!!」

結衣「好きだよ、京子」ギユッ

京子「ゆ、結衣…」






京子「って夢を昨日見てさぁ!」

結衣「…なるほどな…それでそのお前が勝手に見た夢の報復で私に今首輪がされてるんだな…」

京子「うん!という訳で今度は私がご主人様ね、結衣っ!」

結衣「…頭痛くなってきた」


おわり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom