ミーナ「アニがこの前話してた人ってかっこいいよね!」(64)


ミーナ「あの人って誰なの?」ネェネェ

アニ「ハァ?いつの話?」

ミーナ「えっとねぇ……よく格闘訓練の時に蹴り飛ばしてる人!」



アニ(この前の格闘訓練の時か、じゃあ多分)



アニ「……もしかしてエレン?」

ミーナ「んー?あの人エレンって言うんだ!かっこいいよね!」キャピキャピ



アニ「……」ニヤ


アニ「そいつがどうかしたのかい?」ニヤニヤ

ミーナ「いや、かっこいいなぁって!」

アニ「あんた……もしかしてあいつのこと好きなの?」

ミーナ「!!!  か、かっこいいと好きとはまた別だよォ……でも仲良くなりたいよね!」

ミーナ「ど、同期なんだし、仕事一緒にするかもしれないし仲良くなっておいて損もないし」ペラペラ




アニ「……素直じゃないね」

ミーナ「だから!変な意味じゃないってば!!!」


アニ「にしてもアンタあんな駆逐野郎が好きとはねぇ」ニヤニヤ


ミーナ「へっ?」

アニ「?」



ミーナ「そっちじゃなくてわたしが言ってるのは金髪で大柄な人の方だよ?」



アニ「ファッ!!?」


ミーナ「駆逐野郎って食堂でジャンと騒いでた男の子でしょ?ちょっと幼稚すぎて私的には無理かなぁ」

アニ「いやいやいやいや、だからって老け顔を選ぶの?」アセ

ミーナ「大人っぽくってかっこいいじゃない」

アニ「」ポカン



アニ「ライナーが大人っぽいって……本気で言ってるの?」

ミーナ「へぇー!あの人ライナーって言うんだ、名前もやっぱりかっこいいなぁ!」キラキラ

アニ(こりゃ駄目だ)


ミーナ「ねぇ!お願い!アニってあの人と仲いいでしょ?今度私を紹介してくれない?」

アニ「仲良くなんかないよ」ハァ

ミーナ「でもよく格闘術の時一緒にやってるじゃん」

アニ「あれは……エレンのついでに相手してるだけだよ」

ミーナ「……!」



ミーナ「ほほぉ、アニの本命はエレンか」ニヤ

アニ「そんなんじゃないって」アセ

ミーナ「……本当にお願い!仲良くはなくても面識はあるんでしょ?ねぇ?」チラ



アニ「……っ」


アニ「……じゃあ、あんたもあいつと格闘術の時組めばいいじゃん」

ミーナ「えっ?無理だよ!」

アニ「何恥ずかしがってんだい、そんなんじゃ仲良くなれるわけ……」

ミーナ「アニみたいにあんな大きな人相手にできないもん!アニみたいに!」



アニ「……そうかい」ハァ


アニ「じゃあ明日あいつを投げられるように格闘術教えてあげるから、今日はもう寝な」

ミーナ「えっ!?ちょ、そういう問題じゃ……っ」

アニ「おーやーすーみー」ガバッ

ミーナ「ちょ、アニってばぁ!!!」ユッサユッサ



ユミル「うるせぇ!てめぇら早く寝ろ!!!」


ミーナ「ご、ごめん……」アセアセ


ユミル「ったく……」



クリスタ「そんなに強く言う必要ないんじゃない?」

ユミル「うるせぇ、アレくらい強く言わないと年頃の女は黙らねぇの」

ユミル「だいたいお前がそんなんだからライナーみたいなやつがすり寄って……」



ミーナ「ライナーぁ!!!?」ガバッ

ユミル「!!!?」ビクッ


ユミル「お前……もうすぐ消灯時間なんだ、いい加減静かにしねぇと教官に怒られるぞ?」

ミーナ「今、今ユミル、ライナーって言わなかった?」ギロッ

ユミル「」ビクッ


ユミル「えっ?あ、あぁ、言ったが……」

ミーナ「!」

ユミル「それがどうした?」


ミーナ「もしかしてライナーと仲がいいの?」

ユミル「はぁ?誰があんな金髪ゴリラなんかと……」

ミーナ「金髪ゴリラって言える仲なのね!!!!」ドンッ!!



ユミル「……お前なんかおかしいぞ?」

クリスタ「ライナーがどうかしたの?」


ミーナ(ユミルは正直信用できないし、こういう話したくないけどアニよりもライナート仲が良さそう!よし、ここは……)

ミーナ「実は……」



ユミル「どした?ライナーにセクハラでも受けてんのか?」ハハハ

クリスタ「ユミル!ミーナが真剣に相談しようとしてるのに……ミーナ?」


ミーナ「ライナーに……セクハラ///」エヘヘ


ユミル「なんか向こうの世界に行っちまってるな」

クリスタ「う、うん」


ミーナ「ハッ!私はなんてことを……っ!!」ガバッ

ユミル「……で?どうしたんだ、話すなら早く話してくれ」イライラ

ミーナ「実は……」


カクカクシカジカ


ユミル「ほぉ」


ユミル「つまりお前はあんな男が好きと?」ニヤ

ミーナ「ち、ちがっ、ただ仲良くなってみたいなみたいな……ほら折角同期なんだし!」アセアセ

ユミル「ダズはどうだ?同じ老け顔だぞwww」

ミーナ「ら、ライナーの方はキリッとした老け顔だよ!」

ミーナ「いきなりこんなこと頼むのもアレだけどお願い!」

ユミル「……」

クリスタ「ユミル、なんとかしてあげようよ!ライナーならよくしゃべってるじゃない」ユッサユッサ


ユミル「……」

ミーナ「お願いします!」ドゲザッ


ユミル「……」

クリスタ「ユミル~」

ユミル「……」ニヤ



ユミル「わかったわかった、そこまで言うならしてやるよ!」

ミーナ「ありがとう!」パァッ


ユミル(まぁ、こいつがライナーにアタックすればライナーはクリスタにしつこくなくなるだろうし、なにより……)

ミーナ「うわぁ、ユミルが味方になってくれるなんて心強いよ!!本当に!」

クリスタ「良かったね!」

ミーナ「うん!」



ユミル「……ww」(あいつがモテているという事実がwwww面白れぇwwww)


ミーナ「で、私どうすればいいのかなぁ?ユミル」

ユミル「そうだなぁ……まずは」



ゴニョゴニョゴニョ



ミーナ「なるほど!」

ユミル「だろ?明日早速試してみ?w」

クリスタ(何言ったんだろう?)


次の日 食堂

ベルトルト「おはようライナー!」

ライナー「うぃー……」ウトウト

ベルトルト「なんか最近朝から元気ないね、どうかしたの?」

ライナー「……いや、大丈夫だ」





ライナー(お前の寝相のせいだよ……とか言えねぇ)


ベルトルト「あんまり無理しない方がいいよ?寝ておけば?」

ライナー「……いや、朝飯くらい食わないと体力持たないしな」モグモグ

ベルトルト「そっかぁ」モグモグ


向かい側のテーブル

ユミル「さて、ライナーはおいておいてベルトルさんが邪魔だな」ヒソヒソ

ミーナ「私あそこの会話に参加できる気がしないよ、どうしたらいいかな?ユミル?」ヒソヒソ

ユミル「んー……そうだなぁ」ヒソヒソ

クリスタ「いつもライナーの隣にいるよねあの人、恋人みたい」モグモグ

ミーナ「」

ユミル「……っwww」

クリスタ「?」


ミーナ「ら、ライナーはホモじゃないんだよ!!!?へ、ッ変なこと言わないでよ!クリスタ!」ボソボソ

クリスタ「えっ?あ、あぁ!ごめん変なこと言っちゃって!」モグモグ

ユミル「wwwwwww」バンバンバン

ミーナ「ユミルも笑ってないで考えてよ!」ヒソヒソ

ユミル「……す、すまないwww」



アニ(……このテーブルうるさい)モグモグ


アニ「……ねぇ」ツンツン

ミーナ「何アニ?いま大切な話し合いの途中なの!」




アニ「私がベルトルトを引きつける」ガタン


―――――――――――――――――――――――――

ベルトルト「……なんだか騒がしいね」モグモグ

ライナー「あぁ、頭ガンガンする」ハァ

ベルトルト「大丈夫?」モグモグ

ライナー「なんとか……ん?」




アニ「……」

ライナー「……アニ?どうした向こうのテーブルで食べてたんじゃないのか?」


アニ「私、さぁ」

ライナー「?」



アニ「ホモ苦手なんだよね」ボソ

ライナー「はぁ!!!?」

ベルトルト「!」



アニ「……じゃあね」




ライナー「お、おい!アニ!それどういう意味……っておいベルトルト何処へ行く!」

ベルトルト「別に君をホモって思っているわけじゃないんだけど万が一のことを考えて……」ブツブツ

ライナー「お前……」

ベルトルト「ごめん、僕には自分の意思がないんだ……」 ガタッ




ライナー「」ポツーン


アニ「これでよし」ガタン

ユミル「よくやったアニ!ベルトルさんがどこかへ行ったぞ!」

クリスタ「ナイスナイス!」



アニ「さぁ、ミーナ、次はあんたの番だよ」グッ

ミーナ「えっ?あ、あぁ……」




ミーナ(……アニ、いつから協力者になったの?)


ライナー(俺、なんかアニに悪いことしたっけか……やべぇ、格闘術の訓練が怖ぇな)モグモグ

ミーナ「ああああぁああああぁぁ……あの……///」ワタワタ

ライナー「!?」ビクッ

ミーナ「ととととっとtt、隣、いいですか?」

ライナー「あ、あぁ、ど、どうぞ」

ミーナ「!ありがとうございます!」パァ




ユミル「緊張しすぎだろwwwwww」バンバンバン

クリスタ「初々しいね!」キラキラ

アニ「何故敬語」


ミーナ(うわぁ!ついに隣座っちゃったよォ!///)ドキドキ

ミーナ「……」チラ

ライナー「……」モッサモッサ

ミーナ(近くで見るとやっぱ大きなぁ…///)




クリスタ「なんかさ、ライナーがご飯食べてるとゴリラの食事をイメージしちゃうよね」ボソ

ユミル「ブフォwwww」

アニ「……カハッ」ゴホゴホ ゲホッ


ミーナ「」ジーッ

ライナー「……」モッサモッサ

ミーナ「」ジーッ

ライナー「……」チラ

ミーナ「……///」サッ




ライナー(なんだこれ)



ライナー(この子いつもアニといる子だよな……?ん?)チラ

前のテーブル

ユミル・アニ・クリスタ「wwwwwwwww」ゲラゲラゲラ


ライナー「……」チラ

ミーナ「……///」

ライナー「……」ハァ


ライナー(あー……コレあれか、この子が罰ゲーム受けて俺のいるテーブル来た感じか)


ライナー(……俺、そこまで女子に嫌われてんのか?)ズーン


ミーナ「……」アセ


ミーナ(ヤバい、緊張して話を切り出せないよぉ、どうしよ折角隣に座れたのに)ズーン

ミーナ(いや、あわてるな私、ここは落ち着いて自己紹介の流れ、そうよ、落ち着いてミーナ・カロライナ!行くわよ!)バッ


ミーナ「あの!」

ライナー(あー……、どうせコレアレだな、多分告白してこいとか言われたんだろうな)

ライナー「なんだ?」

ミーナ「◎○村出身、ミーナ・カロライナでしゅ!」

ライナー「」




ユミル「噛wwwwwwんwwwwwwだwwwwww」ヒーッ

クリスタ「かわいい……」モグモグ


ミーナ「え、あ、よ、よろしくどうぞ――っ」カァ

ミーナ(よろしくどうぞってなんだ私……)

ミーナ「えっと……なんかごめん」ズーン



ライナー「……俺はライナー・ブラウンだ、こちらこそヨロシクな」ニコッ


ミーナ「」ピシッ

ライナー「どした?」

ミーナ「いや!うん!ありがとう!」パァ

ライナー「ありがとう……?」


ミーナ「い、いや、気にしないで!こっちの事情だから!」

ライナー「お、おぅ、そうか」アセ

ミーナ(ライナーの至近距離の笑顔いただきましたッ!!!)グッ




ユミル「オイなんかあいつこっちにガッツポーズ示してるぞ?ww」

アニ「何もまだしてないのにね」

クリスタ「これが恋の力」モグモグ


ミーナ「……///」モジモジ

ライナー「で、ミーナ、俺に何の用だ?」

ミーナ「へっ!?」

ライナー「いや、なんか用があるんじゃないのか?(主に罰ゲーム的な意味で)」

ミーナ「えっ、えっと、その……」アセアセ



ミーナ(そういや私何がしたいんだろう……)


アニ「……ミーナ硬直しちゃったよ?」

ユミル「まぁ突然初対面の奴に自己紹介されたらあぁなるわな」

クリスタ「あ、動いた」モグモグ


ミーナ「あ、あの!実は格闘技の訓練の時に一緒に組んでほしいなぁみたいな!みたいな!」

ライナー「えっ」

ミーナ(うわ、昨日のアニとの会話思い出して変なこと言っちゃったよぉ!撤回しないと!無理無理相手できないって私!)アセアセ


ライナー「なんだそんなことか、別に俺でいいなら構わんぞ?」ハハハ

ミーナ「えっ」

ライナー「ん?」



ミーナ(優しすぎるよライナー!今更訂正できないよ!)


ライナー(罰ゲームの内容がそれなら仕方ない、体格差が心配だがまぁすぐペア交代になるだろ)

ライナー「お、もうこんな時間か、じゃあな」ガタッ

ミーナ「えっ、あっ、ヤバい!私まだおかずしか食べてないよ!」

ライナー「喉詰まらすなよ?」

ミーナ「ムグモグ」グッ

ライナー「ははは……」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年01月02日 (金) 19:35:37   ID: i3cR_KPC

ゴwwwゴリwwラwwのしょwww食事ww

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom