井伊直政「ここを守ってる将、なかなか強いみたいだね。」(16)

本多忠勝「わかった。任せて。」

井伊直政「え?勝ちゃん?」

真田信之「よし、そのまま押し返してやれ。」

本多忠勝「そこの大将、私が相手になる。」

真田信之「む?お、女の子…?」

本多忠勝「いざ、尋常に。」

真田信之「馬鹿な、戦場をなめるな!」

本多忠勝「なめてなんか、いない。」

真田信之「な!?」

本多忠勝「まだ、やる?」

真田信之「つ、強い…。」

本多忠勝「名乗りを忘れた。私は本多忠勝。」

真田信之「と、徳川の守護神!」

本多忠勝「…やっぱり、恐れる。負けを認めて逃げるべき。」

真田信之「あぁ、逃げさせてもらう。いずれ、再戦しよう。」

本多忠勝「え?再戦?」

真田信之「恐れて逃げるんじゃない。負けた以上大人しく引くだけだ。またな。」

本多忠勝「私を、恐れない…?」

井伊直政「あぁ、残念。本隊が退却を開始したよ。ギリギリ落とせたのにね。」

本多忠勝「負けたの。」

井伊直政「うん。真田、とんでもない強さだね。家康様が久しぶりにマジな顔だったよ。」

本多忠勝「…そう。」

真田信之「徳川家康、直々にお出ましとは何の用だ?」

真田信繁「昌兄ぃは体調を崩し寝込んでいる。俺たちが要件を聞くぜ。」

徳川家康「なぁに、別に悪さをしに来た訳じゃない。ほら、勝ちゃん、おいで。」

本多忠勝「…久しぶり。」

真田信之「な!徳川の守護神、本多忠勝!?」

真田信繁「あ、兄貴が負けた相手か!」

真田信之「あぁ。」

徳川家康「実はね、勝ちゃんが君に惚れてしまったらしくてね。」

本多忠勝「うぅ…。」

真田信之「…俺?」

本多忠勝「…!!」

真田信繁「兄貴!」

真田信之「ぐぁ!何故髪を掴む!やめろ!」

本多忠勝「…。いい。」

真田信之「え?」

徳川家康「彼女は戦場での強さから男に恐れられることが多くてね。恐れず向かってきた君が男らしい!と思ったらしいんだ。」

真田信之「は、はぁ。」

徳川家康「ちなみに君以外で勝ちゃんを恐れないのは四天王たちだけ。で、その部下たちは嫌なんだって。」

本多忠勝「元忠はまだマシ…。でも相手がいるし、好きとかはない。康政は気持ち悪い。忠次は影が薄い。」

真田信繁「最後のが気持ち悪いより酷い気がしたぞ。」

徳川家康「ははは。で、告白は受けて貰えるかな?」

本多忠勝「一目惚れ、みたい…。」

真田信之「うーむ…。」

本多忠勝「…ダメ?」

真田信之「かはっ!?」

真田信繁「兄貴!」

真田信之「受けた。」

真田信繁「えぇ!?」

本多忠勝「!?…嬉しい。」

徳川家康「良かったね、勝ちゃん。」

本多忠勝「殿も、良かったね?」

徳川家康「あぁ。真田とは今後敵対したくないからね…。なにせ井伊の赤鬼までもが賞賛した相手だ。断られたらどうしようとあせっていたよ。」

真田昌幸「何を勘違いしている?」

徳川家康「…出たな。」

真田昌幸「お前の味方をするのは真田次男、信之とその部下だけだ。ゴホッ。もしもお前が我々と道を違えた場合、長男昌幸、三男信繁はそれを阻む。」

真田信之「あぁ。俺は彼女の味方をする。兄貴達と戦う覚悟も、決めたぜ?」

徳川家康「はぁ。一筋縄じゃいかないか。」

徳川家康「真田の頭脳と赤き闘志は敵か…。ま、青き闘志を引き抜けただけでもこちらとしてはおいしい。全て揃ったまま、また戦えば二の舞だからね。」

本多忠勝「ごめんなさい。」

真田信之「なんで謝る?」

本多忠勝「殿は、絶対に真田と敵対する…。兄や弟と、戦うことになる。」

真田信之「だろうと思ってたよ。」

本多忠勝「で、でも、私の気持ちは…嘘じゃ、ない。信じて。」

真田信之「信じてるさ。だから、兄貴と敵対するの覚悟で受けたんだ。」

本多忠勝「あ、ありが…とう。」

真田信之「実を言うとな、俺も戦場で会った時に、可愛い子だって…思ったんだよな。」

本多忠勝「え?それは…。」

真田信之「だ、だから油断して負けたってことだ!最初から正体を知ってたら勝ってた!」

本多忠勝「!?そんな訳ない。私は強い。」

真田信之「ほう、ならば、やるか?」

本多忠勝「望むところ。」

真田信之「…。」

本多忠勝「…。」

真田信之「くくっ…。」

本多忠勝「ふふっ…。」

真田信之「はははっ、なんか、俺たち上手くやれそうだ。」

本多忠勝「ふふっ、うん。」

これにて終了

何この設定って思った人は

鳥居元忠「さて、と…。潜伏するならここらがいいはず。」

を見てください


ちなみに第六作目だけど全部評価バラバラだから同一人物とは気づかないかも

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom