このみ「アイドル学園天国、お疲れでした〜」 (27)

このみ「たいしたオモテナシもできませんが、ゆっくりしていってください〜」

莉緒「やっぱ馬場ちゃんち落ち着くわー」

麗花「事務所の人と飲むのはお花見以来かな?」

風花「麗花ちゃん学生だもんね〜」

千鶴「わたくしもこういった合会は久しぶりですわ」

グリP「僕までお邪魔しちゃっていいのかな?」

莉緒「プロデューサーくん緊張してるの?かわいいわね」

グリP「そりゃアイドルの家だから!もう夜も遅いし」

このみ「うふふ、明日まで帰さないわよん」

莉緒「ヘタに出てってカメラに収められたらスキャンダルだから、仕事を失いたくなかったら気をつけてねプロデューサーくん」

グリP「き、肝に銘じておきます」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1366671744

このみ「さあ諸君、貢物を出してもらおうか」

莉緒「私はもちろんお酒だけど。はい日本酒」

風花「同じく、焼酎を少々〜」

グリP「餃子を買って参りました」

麗花「プロデューサーさん、それはちょっと……」

グリP「え?ダメ?!」

莉緒「ちゃんとニンニク抜いてるんでしょうね」

グリP「あ、ああ。……なるほど」

千鶴「まったく、これですから男は」

このみ「え?餃子おいしいじゃん。なんで?」

莉緒「まあ私もあんまり気にするほうじゃないけど」

風花「近頃はハーブニンニクというものがあるそうですよ〜」

麗花「ふっふー、私は変化球でブランデーを」

このみ「ああブランデーはもう買ってあるよ」

麗花「そうなのですか?!」シュン

このみ「いあいあ何本もあって困るもんじゃなし」

麗花「このみさんのキッチン、お酒専用の棚があるんですね」

莉緒「ラインナップも芸術的よ、分かるかしらね」

麗花「す、すいません。お酒はあんまり」

風花「麗花ちゃんはまだ成人したばかりですからね〜」

麗花「風花さんには分かるのですか?」

風花「うふふ、そこそこです」

グリP「僕にもよく分からないです」

千鶴「わ、私もワインだったら詳しいのですけれど」

グリP「で、千鶴はなにを持ってきたんだ?」

麗花「ずいぶんと大荷物ですね」

千鶴「わたくしはキャベツと」ガサッ

このみ「…………」

千鶴「しいたけと」ガサッ

グリP「…………」

千鶴「ほうれん草と」ガサッ

風花「…………」

千鶴「鮭の切り身」ガサッ

麗花「…………」

千鶴「念のため醤油」ガサッ

このみ「醤油ぐらい常備してるわよ」

麗花「千鶴さんって家庭的なんですね」

莉緒「というか、所帯じみてる」

千鶴「なっ、わ、わたくしがそんな!」

このみ「なんかツマミって感じでもないじゃん」

千鶴「み、みなさんお腹すいているかと思って」

グリP「僕はすいてるけど」

風花「じつは私もです〜」

このみ「ちゃんと惣菜は買ってるよ。ツマミも」

莉緒「いいじゃない、せっかくだから作ってもらいましょうよ」

麗花「私にも手伝わせてください、千鶴さん」

千鶴「じゃあキッチン借りますわね」

このみ「つーこってかんぱーい」

グリP「みんな、ドラマ撮影お疲れ様!」

一同「かんぱーい」

グリP「今回のドラマどうだったかな。……アダルト組はみんな教師役だったっけ」

このみ「フンッ」ドカッ

グリP「ゴフッ」

莉緒「馬場ちゃんだけおこちゃまに混じってたわね」

このみ「明らかにキャストミスだわよ!ハゲの校長に頭なでられるわ、成長期言わされるわ、パン食わされるわで毎日ストレスだったんだから」

麗花「いいじゃないですか、このみさんの生徒役。教師サイドは合唱にも参加できなかったんですよ〜」

このみ「おかげでいい子守り役よ、小学生と中学生のキャストをまとめるのがどれだけ大変だったか」

莉緒「みんな馬場ちゃんのこと舐め腐ってるからね」

麗花「そ、そんなことないです!」

風花「このみさんを尊敬している人は多いですよ〜」

このみ「どうだかねー」

グリP「で、でも!口ではそう言いながら、しっかり仕事をこなすあたりはさすが最年長ですっ」

このみ「あ、当たり前じゃない。こっちはプロでアイドルやってるのよ」

グリP「年下の面倒も見てくれて、オトナって感じでしたよ!」

このみ「え?!私オトナっぽかった?セクシーだった?」

グリP「いや、セクシーって話とは違いますけど」

このみ「そこは黙って頷いときゃいいんだよっ」ボコッ

グリP「グハッ」

千鶴「実際、このみさんに助けられた部分は大きいと思いますわよ」

麗花「そうですよね〜。ヤング組はどうしても仕事意識が低くて散漫ですから」

グリP「近場のキャストにオトナが一人いるだけで違いますよね」

風花「プロデューサーも麗花ちゃんも饒舌ですね〜」

莉緒「麗花は意外と肝がすわっているわよ」

麗花「え、そうなのですか?」

莉緒「あんた監督にも遠慮なく文句言って脚本の訂正を求めたでしょ」

麗花「それ、けっこうみんなやってたと思いますけど」

風花「あそこまで監督に向かってはっきり言った人は麗花ちゃんだけかも」

このみ「若い子は次があるから余裕だわよね」

千鶴「わたくしもあそこまで強気には出られませんわ」

麗花「え?……ええ?!」

グリP「でも、どの教師役よりも教師役をまっとうしてたのは麗花だったな」

莉緒「プロデューサーくん、その言い方は酷くないかしら」

風花「私も一所懸命教師を演じましたよ〜」

グリP「あ、いや。フォーマルな教師像に近い教師役って意味で……ゲフンゲフン」

麗花「私は中学時代の憧れの教師を意識して演じましたから」

このみ「ケッ、あたしにゃ関係のない話か」

麗花「でも緊張しっぱなしでー、ぐぬぬ。自分では大満足でしたが」

千鶴「その緊張感もいい方に向かっていましたわよ」

グリP「逆に莉緒に関してはまったく緊張を感じなかったな」

莉緒「あら、そうだったかしら」

グリP「こっちはハラハラでしたけれどね」

千鶴「莉緒さんはもう少しエロスの塩梅を薄められたほうが……」

風花「プロデューサーさんで、いろいろ試されられていましたよね」

莉緒「ドラマってセーフとアウトの境界がよく分からないのよね」

このみ「それはドラマの内容によるでしょー」

莉緒「そうね深夜ドラマだったら全開だったわ」

千鶴「そ、それはそれでアウトっぽいですわね……」

風花「それで、どうやって試されたんですか?」

麗花「うんうん」

グリP「それを聞いちゃうか」

莉緒「まあ実験的に、プロデューサーの前でポーズを取って」

このみ「アウト!セーフ!よよいのよい!」

グリP「僕の判定では半分以上がアウトでした」

莉緒「プロデューサーくんは固すぎるわよ」

グリP「いや、いちおう若者向けのドラマですし」

莉緒「さいきんの若者もあっちには意外と寛大なものよ」

このみ「よよいのよい!」

グリP「このみさん、もう酔いが回ってきてませんか」

このみ「そんなことないよ」

莉緒「グラビアで作るポーズがデフォルトされているから、難しいのよね」

麗花「ところで、風花さんもアウト出されてませんでした?」

風花「うっ……」

グリP「出てましたね。監督からエロを抑えてって」

風花「普通に演技して、普通にふるまっただけなのに……」

このみ「よよいのよい!」

グリP「風花は素が凶悪的ですから」

風花「酷いんですよ、台本で思わせぶりなことをさせておいて。いざ、それをやったら刺激が強すぎるって文句をつけてくるんです」

グリP「風花は訂正が多い方だったな」

風花「シュン……」

グリP「まあダメ出しじゃなくて、医療行為といいますか」

麗花「風花さんはなにも悪くないですね」

莉緒「悪いのはその魔性のボディよね」

風花「うぅー」

このみ「半分よこせオラァ!」グニッ

風花「ひゃあ!」

グリP「このみさん陥落が近いですね」

麗花「はやっ……」

莉緒「身体が小さいと内蔵も小さくなるから、しかたないわよ」

グリP「千鶴はの演技は無難だったな」

莉緒「無難だったわね」

風花「あわわ、身も蓋もない言い方ですね」

千鶴「あんまりですわ!」

麗花「でも私は知ってますよ」

グリP「え?なにを?」

麗花「千鶴さんに『わたくしの功績はあなたの功績』って言われて、そのあと感動してこっそり泣いてるプロデューサーさん」

グリP「ブッ」

莉緒「うひゃー、はずかし〜」

千鶴「な、な、な、な!」

風花「プロデューサーさんも千鶴さんも顔が真っ赤です」

グリP「で、で、でも!スタッフとの信頼関係を一番早く築いたのは千鶴だったよな!」

莉緒「むりやり褒めにきたわね」

千鶴「カァーッ///」

グリP「お世辞じゃないぞ。ちゃんと『衣装さん・メイクさん・小道具さん・カメラさん』の名前を最初に覚えて、彼らと誠実にドラマを作っていたんだよ、千鶴は」

麗花「ぜんぜん無難ではないじゃないですか!」

風花「無難どころか素晴らしいですよね」

千鶴「あ、あ、あれは、わたくしのためにお洋服やお化粧を用意してくれるのが嬉しくて!」

このみ「だてに所帯じみてねぇな!」

千鶴「あわわわわ……」

莉緒「千鶴は褒められることにもう少し慣れた方がいいわ」

風花「プロデューサーさんが普段からちゃんと千鶴さんのことを褒めてあげないからですよ」

グリP「うぅ、反省します」

莉緒「そういう麗花もプロデューサーと仕事終わりにラーメンデートしてなかった?」

麗花「ぎ、ギクッ!」

風花「見た目は完全にカップルでしたよね、教師の役柄上スーツの二人ですし。砕けた雰囲気のラーメン屋ですし」

麗花「み、見てたんですか?!」

このみ「偶然みかけたんだ馬鹿やろー!」

莉緒「さて、どういうことかしらプロデューサーくん」

グリP「お、おおおおおおおお、おおおおおおお」ブルブル

麗花「完全に焦ってるじゃないですか!」

このみ「やましいことがあったんだろ馬鹿やろー!」

グリP「ないです、断じて!」

千鶴「まったく、あいかわらず女っ気が多い人ですわね……」

麗花「そこでケラケラ笑っている風花さんだって、プロデューサーさんにセリフの読み聞かせしてましたよね!」

風花「あうっ!」

莉緒「ん?それは初耳かしら」

麗花「『おはよう、ボーヤたち。今日も特別な授業…してほしい?』って!」

グリP「ゴフッ」

このみ「いかがわしいぞコラァ!」

千鶴「そんなのばっかりですわねプロデューサー、軽蔑しますわ」

このみ「むにゃむにゃ」

グリP「あっ!このみさんがオネムですよ!」

莉緒「ふとんはたしか、あっちの部屋にあったわね」

グリP「さすが飲み仲間……」

莉緒「よいしょ、……ってちょっと」

このみ「ぐがー、ぐがー」

グリP「す、すいません」

麗花「なんかプロデューサーさんのヒザの間に」

風花「すっぽり入っちゃいましたね」

千鶴「まるで親子みたいですわ」

莉緒「せっかく持ってきたのに」

グリP「持ってたなら、布団に移動を」

莉緒「しなくていいわよ。気持ちよさそうに寝ているんだから、そのままにしてあげなさい」

グリP「あはは、娘ができたらこんな感じなんですかね」ポンポン

風花「すっかり身体を預けてますね」

麗花「なんか、風花さんが言うとちょっと……」

莉緒「エロい」

千鶴「プロデューサーの胸の中、気持ちよさそうですわね……」

莉緒「馬場ちゃんって入るのかしらね」

麗花「なにがですか?」

莉緒「男の人の」

麗花「…………」

風花「…………」

千鶴「…………」

グリP「…………」

莉緒「プロデューサーくん、なんか反応してない?」

グリP「しししししししてないです!」

麗花「あっ、あんまり大きな声だすと」

このみ「ぐがー、ぐがー」

風花「起こさないように、ですね」

千鶴「…………カァーッ///」

グリP「千鶴って本当に顔に出るよな」

麗花「プロデューサーさんといい勝負です」

莉緒「ほら、身体が小さいと内蔵も小さくなるから」

風花「その話、続けるんですか?」

千鶴「男の人もいるんですから、お下品な話は」

麗花「止めておきましょうね」

莉緒「このメンツじゃムリかしら」

このみ「がー、がおー」

グリP「このみとはよくそういう話を?」

莉緒「別に、人並みだけど」

麗花「と、ところで。この事務所の打ち上げですけど」

風花「はい」

麗花「プロデューサーさん以外のPさんは来ませんでしたね」

グリP「ああ、みんな忙しいって」

千鶴「それぞれの担当アイドルとのお付き合いがありますからね」

グリP「そうそう。とあるPはエミリーのドラマ鑑賞会に巻き込まれたって」

莉緒「そういえばしきりにドラマDVDを配布して回ってた娘が何人かいたわね」

風花「その鑑賞会って今日やっているんですか?」

グリP「今日でしょうね。じゃなかったら、この打ち上げに来ているでしょうし」

千鶴「それもアイドルの家でかしら?」

グリP「いやー、おそらく事務所でしょう。大きいテレビもスペースもありますし」

麗花「事務所でビデオお泊り会かー、それも楽しそうだなー」

グリP「肝心のPは嫌がってましたけれどねー」

莉緒「ヒマがあったら、茶々入れに行こうかしら」

グリP「事務所まで隣駅ですよね」

莉緒「そうね、自転車で二十分かからないわよ」

グリP「われわれもドラマ見ますか?」

麗花「なにかあるんです?」

グリP「監督から完成したドラマDVD貰ってますよ」

風花「ええー!」

千鶴「そういうことはもっと早く言っていただかないと」

莉緒「これだからプロデューサーくんは威厳を持てないのよ」

麗花「プロデューサーさんって抜けてますよね」

グリP「みんなひどい!」

このみ「ぐがー、ぐがー」

グリP「じゃあ、このDVDセットして下さい。いま僕は動けないので」

このみ「むにゃむにゃ」

麗花「はいはい。セットしますよ〜。スタート!」

莉緒「オープニングもウチの事務所で担当していたのね」

麗花「一人、めっちゃくちゃウマい人と」

風花「一人、めっちゃくちゃヘタな人がいますね」

千鶴「まあ誰とはいいませんけど」

グリP「あはは。このドラマ、よくできてますね」

麗花「よくできてないと困ります」

風花「私たち、あんなに頑張ったんですからね」

莉緒「ああ、やっぱりドラマっていいわね」

グリP「本当、みんなお疲れ様でした」


おわりです。ありがとうございました!

グリマスのイベント『学園天国』お疲れ様でした。
みなさんは満足の結果を得られましたか?
私は屋上の完走を捨てて、エンドレスでHRドロップを狙いましたが結局落ちず。
不完全燃焼気味です。


イベントに関しては千鶴の
『わたくしの功績はすなわち、プロデュ-サ-の功績ですわ。共に胸を張って笑いましょう!』
というセリフに本当に感動しました。

このあとエミリーの鑑賞会SSにつなげようかと思います。
明日またこの板に失礼します。

http://i.imgur.com/shYUep6.jpg
http://i.imgur.com/zSU4Hw6.jpg
馬場このみ(24)

http://i.imgur.com/uYAGXmA.jpg
http://i.imgur.com/Q2kbwe5.jpg
百瀬莉緒(23)

http://i.imgur.com/iLh034e.jpg
http://i.imgur.com/0DfW4GU.jpg
北上麗花(20)

http://i.imgur.com/dmWeudk.jpg
http://i.imgur.com/8CXSpAl.jpg
豊川風花(22)

http://i.imgur.com/ZOH9FCd.jpg
http://i.imgur.com/kFsQ6Kn.jpg
二階堂千鶴(21)

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom