レッド「ヤマブキジムのナツメさんに勝てない件」(74)

レッド「これでもうフーディンは終わりだね」

ナツメ「くっ…」

レッド「さぁ次は何を出してくるんですか?」

ナツメ「……」

レッド「ナツメさん?」

ナツメ「…いないわよ」

レッド「なるほど。という事は僕の勝ちですね」

ナツメ「……」

レッド「早くゴールドバッジをくださいよ。敗者のナツメさん」

ナツメ「……」

レッド「さぁ早く」

ナツメ「納得できない」

レッド「はっ?」

ナツメ「私がいつ負けたの?何時何分何秒?地球が何回回ったとき?」

レッド「往生際が悪すぎますよ。それでもジムリーダーですか?」

ナツメ「うるさい!」

ピシャ!!

レッド「!!!」

レッド「あ、危ないじゃないですか…!ムチなんて振り回して…」

ナツメ「うるさいうるさいうるさーい!」

ビュンビュン!

レッド「うわぁぁぁぁ!!この人狂ってる…!」タッタッタ

ナツメ「あっコラ!待ちなさい!」

レッド「この事はポケモンリーグに言いつけてやりますからね!」

ナツメ「できるものならやってごらんなさい…」ゴゴゴ…

レッド「?!」

ナツメ「言ってなかったかしら?私自身もエスパーなの」

レッド「(体が…動かない…)」

ナツメ「ポケモンリーグに言いつけるですって?
    そんな事はさせないわよ…」スルスル

レッド「(縄で…縛られて…!)」

ナツメ「よくも私に恥をかかせてくれたわね。後で十分後悔させてあげるわ」

レッド「恥って…僕は正々堂々と戦ってナツメさんに勝ったんだ!」

ナツメ「だまれぇ!」ピシッ!

レッド「ひぃぃぃぃ!!!」

ナツメ「だって…悪タイプとかズルイわ」

レッド「え」

ナツメ「あなたはピカチュウじゃないの?アニメ見たわよ…」

レッド「そ、そるはぁ…その…」

ナツメ「勝つためにはプライドも捨てるのね…最低」

レッド「……っっ!!」ビクンビクンッ

……

レッド「……」

「レッドさん。レッドさん」

レッド「ん…」

「レッドさん。目を覚ましてください」

レッド「む…ここは……」

「ヤマブキジム内の座敷牢です。そんな事より大丈夫ですか?」

レッド「あぁ…ムチで打たれたところは酷く痛むけど幸い意識はしっかりしてるよ
    君は……誰なんだい?」

「ヤマブキジムのトレーナーです」

カミツレ「ヤマブキジムのナツメさんは何番目にバッジをくれるかな? そう!ななつめだね~」

フウロ「六つ目だよカミツレちゃん」

カミツレ「そんなつめたいこと言わないで~!」

フウロ「寒いのはカミツレちゃんでしょ!」

レッド「ヤマブキジムのトレーナー?なんで君がこんなところに…」

ト「レッドさんと同じですよ。ナツメ様の怒りを買ってしまいましてこのザマです」

レッド「そうなのか…」

レッド「一つ聞きたいんだけど…ナツメは毎回あの調子なのか?」

ト「いえ。気難しいところもありますけれど…普段は面倒見の良いジムリーダーです…ただ…」

レッド「ただ?」

ト「月に一回…とても激情型になられる時がありまして…」

レッド「月に一回…?どういう事だ?」

ト「あのお方は今…生理なのです」

レッド「……」

ト「そう言った意味ではレッドさんはタイミングが悪い時に挑戦されました」

レッド「なにかの間違いじゃないのか?生理くらいで人を監禁するとは」

ト「いいえ間違いありません!私は証拠を見つけてしまったのです!
  それが私がここにいる理由と直結するのですが…」

レッド「詳しく聞かせてくれないか」

ト「今朝の事でした…私はいつも通りジム内のトイレを掃除しておりました」

ト「男子トイレを終わらせ…女子トイレの掃除に取りかかります
  潔癖症のナツメ様の事ですから便器のシミ一つ許されません…
  表面に自分の顔が鮮明に映る程便器を磨き上げておりました」

ト「もちろん個室内のごみ箱を身落とす訳にはいきません
  いつもの様にゴミ箱の中を覗き込んだのですが…私は見つけてしまったのです…」

レッド「……」ゴクリ

ト「ナツメ様の使用済ナプキンを!」

レッド「なんでナツメのものだとわかるんだ?」

ト「律儀にも名前が書いてありましたので」

レッド「……」

ト「とにかく生理中のナツメ様には逆らわないy……!ッッ」

レッド「……ん?どうした?」

ト「あっ…あぁ…」ガタガタ

ナツメ「少々喋りすぎたようねぇ…?」

ト「お、お許しを…」

レッド「(なっ…この女!一瞬で僕達の前に現れたぞ!なにをしたんだ…)」

ナツメ「エスパーだと言った筈よ。レッドくん
    テレポートくらい造作もないわ」

レッド「!!!(心の中も読まれてるのか……)」

ナツメ「ちなみに今のあなた達の会話も全て聞かせてもらったわ
    反省の色が微塵も感じられないわねぇ?」

ト「い、いえ…そんな事はございません…どうか…どうか……」

ナツメ「……」

ト「……」ガクガク

ナツメ「フーディン。そいつをいつもの部屋に連れて来なさい」

フーディン「……」コクリ

ト「ひぃぃぃぃぃ?!?!嫌だぁぁぁぁぁ!!!!!!」

レッド「お、おい!連れてくな!!何をするつもりなんだ!オイ!!」

ナツメ「あなたは大人しくしていなさい!!」

ピシィィィィ!!!

レッド「うわぁぁぁぁ…!!!」

ナツメ「ふふふ……」

……

レッド「(なんだあいつ…自分のところのトレーナーにいったい何を…)」

レッド「(あのトレーナーの恐怖にひきつった顔は尋常じゃなかった…)」

レッド「(普通に考えれば拷問…あのムチでひたすら叩かれるとか…)」

レッド「……」ブルブル

レッド「逃げよう。ここにいたら何をされるかわからない」

レッド「えーと…ボールは……流石に没収済みか…どうする?」

レッド「そういえば最近オーキド博士からもらったものが…」

レッド「確かポケギアとか言ったっけ。面倒臭くてグリーンしか登録してないんだよな」

レッド「ナツメさんは気づかなかったみたいだな。早速使ってみよう」

prr… prr…

レッド「……」

「はい?」

レッド「グリーンか?!助けてくれ!」

「なんだよレッド。おまえポケギアとか使う奴だっけ?」

レッド「そんな事はどうでもいいんだ!とにかくヤマブキジムまで急いで来てくれ!」

「なんで?」

レッド「ナツメさんに監禁されてるんだよ!ここから逃げ出したいんだ!」

「……」

ジジ……ガガ…

レッド「おい?グリーン?」

「ダメだよ…ここから逃げ出そうなんて……」

レッド「?!(な、なんで急に女の声に…)」

ナツメ「レッドくんは私に恥をかかせたんだから…絶対に逃がさないわよ?」

レッド「ひぃぃぃぃぃ?!」

ナツメ「頭悪いわね。あなたの考えている事は私に筒抜けだっていうのに」

レッド「(ま、また突然目の前に現れて……!)」

ナツメ「私がポケギアを見落とすと思った?舐められたものね」

レッド「グリーンは…グリーンは……」

ナツメ「残念だったわね。助けは来ないわ
    あなたのお友達になり済ましてちょっとからかってみただけよ」

レッド「そ、そんな…なんでもありかお前ぇ!」

ナツメ「おまえ……?」

レッド「……」

ナツメ「口の聞き方を知らないようね。またムチで叩かれたいのかしら?」

レッド「うっ…」

ナツメ「レッドくんの顔を見ているとイライラするわ」

レッド「……」

ナツメ「まぁいいわ。それも今日までだし
    待たせて悪かったわね。フーディンいつもの部屋へ」

レッド「!!!」

フーディン「……」コクリ

レッド「ま、待て!離せぇ!!」

ナツメ「なに?またかなしばりにあいたいの?」

レッド「ま、待ってくれ!僕を殺すつもりなんだろう?!そうなんだろう?」

ナツメ「……」クスッ

レッド「な、何を笑って…」

ナツメ「えぇ。殺すわ」

レッド「!!」

ナツメ「私に恥をかかせたんだから当然でしょ?」

レッド「あっ……あぁ……」ガクガク

>>56
そいつはかわいい女の子かい?

>>58
鞭を二本持った巨大な爺さんもいたぞ
どっかの牢獄の獄長だってさ

……

ナツメ「さぁ、着いたわよ」

レッド「(こ、ここは……拷問…部屋…?)」

ナツメ「拷問部屋の方が良かったのかしら?
    女性の部屋に入るのは初めてなの?」

レッド「ナツメさんの…部屋」

ナツメ「そう。ここがあなたの死に場所よ」

レッド「……」ゾクッ

ナツメ「…あら?」

レッド「……」チョロチョロ…

ナツメ「……」

ナツメ「汚らわしいわね…男の癖に……
    せめてもの抵抗のつもりなのかしら」

レッド「そ、そうやってお前は何人も殺してきたんだな!」

ナツメ「……」

レッド「気に入らない人間の命を簡単に奪って…そんな事が許されると思ってるのか!」

ナツメ「レッドくん」

レッド「…?」

ナツメ「……」ゴゴゴ…

レッド「うわぁぁぁ?!(な、なんだ?体が浮いて…地面に叩きつけられ…)」

ガタンッ!

ナツメ「ふふっ、地面に這いつくばる姿が…あなたには一番お似合いだわ」

レッド「くっ…(全然体が動かせない…!)」

ナツメ「また『おまえ』って言ったわねぇ?私に対して」

レッド「……」

ナツメ「私同じことを二度言うのは嫌いなの」スッ

レッド「(ナツメの足が…ま、まさか…!)」

ナツメ「訂正…してもらえないかな?」

げしげし

レッド「(こ、こんな事って…靴で顔を踏まれるなんて……!)」

ナツメ「屈辱だって言いたいのかしら?」

レッド「!!(そ、そうだ…心の中も読まれて…)」

ナツメ「仕方ないわよね?悪いのは口の悪いあなたなんだから」

レッド「(悪いのは…僕…)」

ナツメ「話を戻すけど私がいつ人の命を奪ったの?」

レッド「それは…昨日ジムトレーナーの人を…!」

ナツメ「あぁ…彼ね。いるじゃない」

レッド「はっ?」

ナツメ「目の前に…」

レッド「……」

ユンゲラー「?」

レッド「えっ…」

ユンゲラー「……」

レッド「いや…えっ…」

ナツメ「殺すという事は今までのあなたを今日限りで殺すという事
    命までは奪いはしないわ」

レッド「い、言っている意味が…」

ナツメ「理解できないのかしら?これからあなたにはポケモンになってもらうの」

レッド「……」

ナツメ「私のユンゲラーとしてね」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom