ひろし「おーいしんのすけー」(165)

しんのすけ「……」

ひろし「おーい、返事ぐらいしろよー」

しんのすけ「……」

ひろし「みさえー、酒とってくれ」

みさえ「……」

ひろし「ひまちゃんかわいいでしゅねーよしよし」

ひま「……」

ひろし「ったく、みんなどうしちまったんだよ」

ひろし「まぁしかたねえな!俺が殺したんだもんな!」

ひまわり「たぁい!」

しんのすけ「とーちゃんただいまだぞー」

みさえ「もう、あなたったらお酒飲み過ぎよー」

ひろし「あはは、あははは」



ひろし「あははは……夢か」

みさえ「あなた!お酒はやめてっていってるでしょ!」

ひろし「うっせえなぁ、たりねえんだよ」

みさえ「貴方が会社をリストラされてからうちの家計は大変なのよ!」

ひろし「はいはいわかってまーす。仕事すればいいんだろ仕事」

みさえ「……今日こそは言おうと思ってたけど」

みさえ「今日限りでこの家を出させてもらいます」

ひろし「あぁ?」

ひろし「てめえ誰に向かって口聞いてんだよ」

みさえ「いや!離して!」

ボゴォ

みさえ「うぐっ!」

ひろし「黙って聞いてりゃ好き放題いいやがって!」ドゴォ!

みさえ「あ、あなた……」

ひろし「おら!クソアマが!」ドス!ドス!

みさえ「」

ひろし「あぁ?死んだか」

ひろし「ったく面倒くせえなぁ。このまま放置でいいか」

しんのすけ「ただいまだぞー」

しんのすけ「おつや……とうちゃん、かあちゃんどうしたんだぞ」

ひろし「ちっ、うっせえのが帰ってきやがった」

しんのすけ「かあちゃんをどうしたんだぞ!」

ひろし「たった今殺したのよぉ、俺様に逆らったからな」

しんのすけ「かあちゃんが……」

ひろし「おめえもこうなりたくないよなぁ?」

しんのすけ「とうちゃん、オラをどうするんだぞ!」

ひろし「おめえは黙ってればいいんだよ」

ひまわり「うぅぅ、たぁーい!」

ひろし「ちっ、邪魔だな。そうだしんのすけ、サッカーしよう」ドゴォ

ひまわり「だぁい!!」

しんのすけ「ひまー!!とうちゃんなにするんだぞ!」

ひろし「なにって、サッカーだよサッカー。お前もボールになりたいのか」ドゴォ

しんのすけ「うわぁっ!」

ひろし「ははは、楽しいなぁ」どごぉ、どごぉ

ひまわり「た……ぁい……」

しんのすけ「とーちゃん……やめるんだぞ……」

ひろし「うっせえ」ゲシッゲシッ

ひまわり「」

しんのすけ「」

ひろし「ははっ、本物のサッカーボールに
なってら」

むさえ「義兄さん……なにやってんの」

ひろし「なにって、サッカーだよサッカー」

むさえ「ひっひぃいいあああ!!!」

ひろし「おい逃げんなよ」ガシッ

むさえ「いだい!離して!」

ひろし「お前いい女だよなぁ……」

むさえ「ひどごろし!はなぜ!」

ひろし「俺のしんのすけがたまんねーのよ」ビンビン

ひろし「まずはキスからだ、舌噛むなよ……」

むさえ「んぐぅ!!んんん!!!」

アクション仮面「しんのすけ君!死、死んでる…」

ひろし「死んでるのすけ君www」

ひろし「ん、ん、ちゅっ、ちゅぱ」

むさえ「んん!んんん……ん……」ちゅーちゅー

ひろし「ぷはぁ、やっぱ若い肉体ってたまんねーな!」

むさえ「義兄さん……やめでぇ」

ひろし「義兄さん?やめてくれ、今日から夫婦みたいなもんじゃないか」

むさえ「いゃぁぁ」

ひろし「さてと……」べろん

むさえ「やだぁ、やめでぇ!」

ひろし「むさえちゃんのおまんまん拝見ー……おぉ!まだ純真無垢な処女まんこ!」

ひろし「しっかり濡れてるな。やっぱむさえちゃんもこれが欲しいのか」

むさえ「やだぁ、ちがうのぉ」

ひろし「じゃあしっかり味わえよ!」ずぶぶ

むさえ「んんぐぅ!いやぁぁああああ!」

ひろし「しっかり感じてるじゃないか、むさえちゃん意外と淫乱?」じゅぽ!じゅぽ!

むさえ「ひっ、いやっ、いやだ」じゅっぷじゅっぷ

ひろし「むさえちゃんのGスポット当ててやるよ。おらここだ!」グイグイ

むさえ「んはぁぁ!やなのぉ!感じでないのぉ」びくんびくん

ひろし「うーん、キツキツおまんこが最高だな!」じゅぽじゅぽ

むさえ「いやぁぁぁ、はやぐぬいでえ」じゅっぷじゅっぷ

ひろし「そんなこといって本当はもっと俺のちんぽで掻き乱して欲しいんだろ!」じゅっぷじゅっぷ

むさえ「そーなのぉ!義兄さんのちんぽが欲しくて欲しくてたまらないのぉ!」ちゅぷちゅぷ

ひろし「淫乱雌豚め!しっかり孕めよ!」じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽ

むさえ「イグゥっ!いっぢゃうぅぅ!」

ひろし「中に出すぞぉおおお!」ビュルルビュルルー!

むさえ「あはぁああああ義兄さんのものになっちゃったぁああああああ」びくんびくん

むさえ「義兄さんのぉ、精子がぁ、しきゅーにたっぷりぃ」

ひろし「元気な子ができるといいな!」

むさえ「あはぁ、義兄さんだいすきぃ」

>>1に至る

むさえ「義兄さん、買ってきたよ」

オイルガスボンベその他諸々

ひろし「よしよし、お前はいい子だ」

むさえ「えへへ、義兄さん好きぃ」

ひろし「ほら、ご褒美のチュウ」

むさえ「んん……」

ひろし「ん」ちゅっぱちゅっぱ

むさえ「義兄さん……もっとちょうだい」

ひろし「よし、じゃあこの家を爆破してからな!」

しんのすけ「」

ひまわり「」

みさえ「」

バゴォオオオオオン!!うーうーうーうー

ひろし「その後、俺たちはみさえ達の保険金で暮らし始めた」

ひろし「俺は再就職し今は課長」

ひろし「むさえちゃんはしっかり俺の妻という自覚を持ち始めた」

ひろし「むさえ、お前はかわいいなぁ」

むさえ「えへへ、あなたにそう言ってもらえるとうれしい」

ひろし「あぁ、これからはずっと一緒だ!」

むさえ「それでね、あなた。わたしのお腹にね……」



グッドエンド

俺「ありがとおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

そんな事言ったって自分の欲望に素直になっただけだし

むさえちゃんが幸せになればいいなーって思って書き始めたので

ここからはクレヨンしんちゃんエロ画像スレな
はよくれ

クレヨンしんちゃん Zero
第一話

ひろし「俺は家族を・・・みさえたちを殺した」


=半年前=

みさえ「あなた~ しんのすけが帰ってこないのー」

ひろし「え?しんのすけが?どうせそこらで道草くってんだろー」

その頃・・・

園児A「てめー前から思ってたけど、きめーんだよ」

園児B「あれ、なんだっけ?ケツだけ星人?あれなにが面白いわけ?さっむwwww」

園児A「そういやこいつのカーチャン浮気してるらしいぜwwwww」

園児B「うっわwwwマジかよwww子も子なら親も最低だなwwwwww」

しんのすけ「・・・だゾ」

園児A「はぁ?」

園児B「なんだって?」

しんのすけ「オラは・・・みんなを楽しませたかっただけだゾ!!」

しんのすけ「爺ちゃんが・・・カーチャンやトーチャンが辛い時は、おまえが助けてやれって・・・」

しんのすけ「だからオラは・・・ふざけてたら、みんなもいつか笑ってくれると思ったんだゾ!」

園児A「はぁ?超いてえわこいつwwww死ねwwwwwオラァ!」

ドゴォ!

しんのすけ「ゲボォ・・・・う・・・」

=その頃=

ひろし「おいクソ女!さっさと飯作れって言ってんだろうが!!!」バァーン!

みさえ「キャッやめてよ・・・やめてよ・・・っ!」

ひま「うぇえええええええええ」

しんのすけ「おかえり・・・だゾ」

みさえ「あ・・・帰ったの 帰るの遅いから晩御飯は抜きね」

しんのすけ「え・・・」

みさえ「さっさと寝ろ クソガキ あんたがいるから・・・わたしは・・・わたしたちは・・・」

しんのすけ「・・・」

ひろし「おいクソババア!はやく酒もってこいよぉ!!」

みさえ「ッチ・・・・」

しんのすけ(オラ・・・もう・・・)


=翌朝=

みさえ「あたし・・・もう耐えられない・・・」

ひまわり「たぁい・・・」

みさえ「うるせえ!!このクソガキがっ!おまえなんか作らなきゃさっさと離婚できたのに!!!」

ボコォ!

ひまわりギャっ・・・ぇ・・・うぇえ・・・」

みさえ「まだ泣くか・・・この肉団子が!!!」(ガッ

ドスッ ザシュッ

ひまわり「い”っ・・・う”ぇっ・・・・ぇええ・・・がぁっ・・・」

ドスッ ドスッ ズブッ ザシュッ ドスッ ドスッ!!!!

ひまわり「」

最終話「さようなら」
ちゃぶ台返しに焦る勇次郎にバキは「親父・・・救われたなァ・・・」と意味深な言葉を放つ
勇次郎は味噌汁がショッパイのを認めるのが嫌で誤魔化すために嘘をついていたのだ
親父の動揺を察したバキはちゃぶ台返しで親父を救っていた(よくわからん理屈だ・・・)
以下勇次郎の独白

強さの最小単位とは“我が儘を通す力”“意志を通す力”
貴様はこの俺を 地上最強を炊事場へ立たせた 我が儘というならこれ以上はあるまい
ここに・・・・・地上最強を名乗れ


ついに勇次郎が地上最強を手放した!・・・だが鼓膜が破れているバキにはこの言葉は届かず
バキは見下ろしている者こそが勝利者という勇次郎の持論を展開し自らの敗北を認めるのだった
最強を手放した父、勝利を手放した息子 各々が自己にとっての最大を差し出したことで地上最強の親子喧嘩はここに終了する
「勝負ありっっ」戦いの終わりを告げる光成の内臓を見つめる勇次郎は病気が治っていることに気付き範馬親子が握手をしたシーンで完結
次週は板垣先生がロングインタビューでバキシリーズ、今後の執筆活動のことを全て語り尽くすッッ!!
チャンピオンでの次回作は作者の陸上自衛隊時代を描く自伝的作品になる模様
巻末コメント「カメラさァ~ん、いったん現場離れまァ~す」
烈ボクシング編や栗谷川が光成に持ち込んだ話など伏線なんか知るかッッ!という最終回でした
ttp://up3.viploader.net/ippan/src/vlippan288269.jpg

しんのすけ「なにしてるんだゾ!カーチャン!!!!」

しんのすけ「ひ・・・ひま!!!」

みさえ「ひ・・・ひひ・・・」

しんのすけ「!?」

みさえ「あぁ、しんのすけ?あんたも・・・死になさい・・・」(カチャ

しんのすけ「いやだゾ・・・カーチャン・・・もとのカーチャンに戻ってほしいゾ!!」

みさえ「ごめんねしんのすけ・・・もう・・・無理よ・・・」

みさえ「あたしもすぐに行くから・・・ね」

ドシュッ! ブチブチブチッ ザシュッ!

しんのすけ「がぁ・・・う”ぁ!・・・い”い”・・・」

しんのすけ「カーチャン・・・おら・・・みん・・なに・・・・幸せになって・・・・ほし・・・く・・て・・・」

みさえ「・・・」

しんのすけ「ご・・め・・・ゾ」

しんのすけ「じいちゃ・・・や・・・くそく・・・守れ・・・な・・くて・・・」

しんのすけ「」

みさえ「・・・・」

ひろし「ッチ・・朝から何騒いでやがんだ!はぁーあ・・・朝飯まだかぁー?」

ヌルッ

ひろし「・・?」

ひろし「」

ひろし「」

ひろし「あ・・・」

ひろし「う・・・わ」

ひろし「あぁああああああああああああああああああああああ!!!!」

ひろし「うわぁあがあああああぁっああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

バタッ


目が覚めた時、俺は病院のベッドにいた

俺の叫び声を聞いたお隣さんがすぐに消防と警察に連絡したようだが

しんのすけ、みさえ、ひまわりは処置が間に合わず、まもなく息を引き取ったそうだ・・・

=退院当日=

ひろし「久々の我が家だ・・・帰ったら、みさえたち驚くぞー」

ひろし「そうだ!退院祝いにケーキでも買って帰ってやるか!」

ひろし「しんのすけが欲しがってたジャンボチョコビも買っておこう!」

ガチャッ

ひろし「ただいまー!」

みさえ「あら?今日退院だったの?だったら言ってよー迎えに行ったのにー!」

ひろし「ははは・・・驚かせようと思ってな!」

しんのすけ「あ!とーちゃんだ!!!」

ひまわり「たぁーい!!!」

ひろし「ははは おまえら相変わらず元気だなぁー」



そう、俺はおかしくなっていた

本当は誰もいないはずの家

みさえも、しんのすけも、ひまも、もうこの世にはいない

それでも、俺は現実を受け入れられなかったのだ・・・



やり直そう・・・
たとえこれが妄想でも
俺がこいつらを幸せにしなきゃ・・・


クレヨンしんちゃん Zero
=完=

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年11月12日 (水) 18:44:40   ID: 5KlhaJcz

私エロ嫌い

2 :  SS好きの774さんだよー   2014年11月25日 (火) 17:51:46   ID: OJjkyy6M

同じでーす

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom