シンジ「A.T.フィールドは心の壁なんですか?」ミサト「そうよ」(1000)

格納庫

ミサト「そのA.T.フィールドが貴方を守ってくれるわ」

シンジ「それは使徒にもあるんですか?」

ミサト「ええ。だから、エヴァで使徒のA.T.フィールドを中和しないとダメなの」

シンジ「A.T.フィールドを中和……?つまり、心の壁を排除するってことですか?」

ミサト「まあ、端的に言えばね。正確に言えば少し違うけど。とにかく攻撃するためにはA.T.フィールドを中和しないとだめなの」

シンジ「わかりました……やってみます……自信はありませんが……」

ミサト「使徒は目前まで来ているわ。お願いね、シンジくん」

シンジ「はい……」

シンジ「A.T.フィールドを中和……する……僕にできるかな……」

サキエル「……」ズンズン

シンジ『あれが……使徒……』

ミサト『シンジくん、まずは中和よ』

シンジ『はい……がんばります』ズンズン

サキエル「……」ズンズン

初号機「……」ズンズン

サキエル「……」

初号機「……あの、こんにちは。あ、いや、こんばんは」

サキエル「……?」

初号機「今日は良い天気だね」


ミサト「シンジくん……?」

リツコ「何をやっているの、あの子?」

サキエル「……」

初号機「えっと……僕は碇シンジです。き、君は?」

サキエル「……」グワッ

初号機「うわ!?」ガキィィン

サキエル「……」グググッ

初号機「やめてよ!!どうしてだよ!!!」

ミサト『シンジくん!!攻撃して!!』

初号機「うおぉ!!」ギィィン

サキエル「……」

マヤ『使徒、A.T.フィールドを展開!!』

初号機「まだ……心の壁をなくしてくれないんだね……」

サキエル「……」ググッ

初号機「き、君はどこに行こうとしているの?」

サキエル「……?」

でも心の壁がなくなったらLCL化するんだよな

初号機「ごめん……驚いて、攻撃なんてして。僕は君を傷つけるつもりなんてないんだ」

サキエル「……」

ミサト『シンジくん!!何を勝手なことを言っているの?!』

初号機「君と……仲良くなりたいんだよ……」

サキエル「……」

初号機「本当……なんだ……」

サキエル「……」ガンガンガン!!!!

初号機「やめてよ!!!どうして殴るんだよ!!」

マヤ『初号機、頭部にダメージ!!』

サキエル「……」ガンガンガン!!!!

初号機「……寂しいの?」

サキエル「……」ピタッ

マヤ『使徒の動きが止まりました!!』

ミサト『シンジくん!!いまよ!!』

初号機「僕と友達になろうよ」

サキエル「……」

初号機「僕も今日、こっちに来たばかりで友達がいないんだ」

サキエル「……?」

初号機「だから……友達になってくれたら……嬉しい……」

サキエル「……」モジモジ

初号機「こ、怖がらなくてもいいよ……ぼ、僕もこういうふうに友達を作るの初めてで……」

サキエル「……」ホント?

初号機「ホントだよ。そもそも、僕、友達作るの、苦手なんだ」

サキエル「……」

初号機「あ、立ってるのもなんだし、座る?」

サキエル「……」コクッ

マヤ『エヴァ初号機及び使徒、その場に座りました!!』

ミサト『見れば分かるわ』

リツコ『何が始まるの……?』

このサキエルなら抱ける

初号機「なんていうかな……僕、あまり進んで人と接することができないんだ」

サキエル「……?」

初号機「だって、ほら、他人って怖いから」

サキエル「……」

初号機「自分のことをどう思っているんだろうって考えると、気になったりしない?」

サキエル「……」コクコク

初号機「それに……僕は嫌われたくないんだ……」

サキエル「……」

初号機「誰からも好かれていたい……そう思うのって……変かな?」

サキエル「……」フルフル

初号機「変じゃない?」

サキエル「……」コクッ

初号機「ありがとう」

サキエル「……」

初号機「なんだか、君と話してると落ち着くよ」

サキエル「……」

初号機「あの……友達になってくれる?」

サキエル「……」モジモジ

初号機「いやなの……?」

サキエル「……」

初号機「……」

サキエル「……」スッ

初号機「え……握手?」

サキエル「……」コクッ

初号機「これから、友達だね」ギュッ

サキエル「……♪」ギュッ

マヤ『エヴァと使徒に友情が芽生えました!!』

冬月『勝ったな』

ゲンドウ『ああ』

ミサト『シンジくん!!今よ!!!』

初号機「―――うわぁぁぁぁぁ!!!!!!」

サキエル「?!」

初号機「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」ギィィィィン!!!!!

サキエル「……」イタイヨイタイヨ

初号機「くぅぅぅ……!!!!」ギィィィン!!!!

サキエル「……」モウヤメテ

初号機「くっ……」ガクッ

サキエル「……」

ミサト『シンジくん!?』

初号機「できません……」

ミサト『え?』

初号機「僕には友達を殺すことなんて、できません!!!!」

ゲンドウ『使徒は人類の敵だ。やれ』

初号機「できるわけないよ!!」

サキエル「……」

初号機「ごめん……本当は君を倒すために仲良くなろうとしたんだ……」

サキエル「……」

初号機「ごめん……」

サキエル「……?」

初号機「え……?」

サキエル「……」

初号機「……笑えばいいと思うよ?」

サキエル「……」

初号機「……」

サキエル「……」バイバイ

初号機「あ……」

マヤ『使徒!!来た道を戻っていきます!!』

ミサト『シンジくん!!追って!!』

初号機「さよなら……僕の友達……」

その後サキエルは裏切り者扱いされました

格納庫

ミサト「どうして使徒を逃したの?!あれは人類の敵なのよ!?もう一度来たらどうするの!?」

シンジ「僕に……友達を殺させるんですか?」

ミサト「あれは友達じゃない。敵なの!!絶対に相容れない敵!!」

シンジ「でも、使徒は僕の気持ちを察してくれました!!握手までしてくれるなんて……」

ミサト「……」

ゲンドウ「シンジ」

シンジ「父さん……」

ミサト「司令……」

ゲンドウ「どうして命令に従わなかった」

シンジ「友達を殺すことなんて、できません」

ゲンドウ「ならば、エヴァから降りろ」

シンジ「……嫌です」

ミサト「え!?」

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「なぜだ?」

シンジ「あの使徒がまた来たら、きっと父さんたちは殺そうとするんでしょ?」

ミサト「それは……」

ゲンドウ「当然だ。使徒は倒すべき敵だ」

シンジ「心の壁があるからそう思うだけです!!」

ゲンドウ「使徒と人間は分かり合えない」

シンジ「分かり合えます」

ゲンドウ「……」

シンジ「僕はエヴァに乗ります。使徒を守るために」

ミサト「人類も守ってほしいけど……」

シンジ「人類も守ります」

ゲンドウ「やれるのか?」

シンジ「やります」

ゲンドウ「……いいだろう。ただし、失敗は許さん」

ミサト「司令!!」

ゲンドウ何か企んでるな

シンジ「はい」

ゲンドウ「……」スタスタ

ミサト「いいのですか!?」

ゲンドウ「構わん。要は使徒をここへ近づかせなければいいだけの話だからな」

ミサト「それは、そうですけど……」

ゲンドウ「話し合いで解決できるのなら、町を破壊することもなければ、エヴァの修繕費も掛からない。メリットは多い」

ミサト「は、はぁ……」

ゲンドウ「今度は使徒殲滅作戦を改め、使徒友情作戦にプランを変更しておけ」

ミサト「そ、そのようなプランはないのですが……」

ゲンドウ「無いなら作れ」

ミサト「えぇ……」

ゲンドウ「あと、シンジの世話は君に一任する」

ミサト「世話!?」

ゲンドウ「期待している」

ミサト「わ、分かりました……」

葛城宅

ミサト「はい、ここが今日からシンジくんの家よ」

シンジ「お、お邪魔します」

ミサト「違うでしょ?」

シンジ「あ……た、ただいま」

ミサト「はい。おかえりなさい」

シンジ「これもA.T.フィールドの中和なんでしょうか?」

ミサト「え……?ふふ、そうかもね」

シンジ「ミサトさん」

ミサト「なに?」

シンジ「よろしく、お願いします」

ミサト「ええ。こちらこそ」

シンジ「でも、とりあえず、部屋の掃除ですね」

ミサト「あー、そう?」

シンジ「はい」

数日後 ネルフ本部

マヤ「パターン青!!使徒です!!!」

日向「たった数日でお出ましですか」

ミサト「モニターを」

青葉「はい」

シャムシエル『……』ニョロニョロ

サキエル『……』ズンズン

ミサト「え!?」

マヤ「し、使徒は二体います!!!」

冬月「同時に来るのか……」

ゲンドウ「……」

ミサト「零号機は!?」

リツコ「まだ無理ね」

ミサト「じゃあ、初号機だけで二体の使徒を相手にしなきゃいけないの……?」

サキエル「お友達連れてきたよー」

初号機「……」

ミサト『シンジくん……大丈夫?』

シンジ『はい……大丈夫です』

リツコ『訓練通りにやれば問題はないわ』

シンジ『はい』

シャムシエル「……」ニョロニョロ

サキエル「……」ズンズン

初号機「……」ズンズン

シャムシエル「……」

サキエル「……」

初号機「ま、また、会ったね……」

サキエル「……」

初号機「この前のことはごめん!!あの……僕も命令されて……仕方なく……」

サキエル「……」

シャムシエル「……」ニョロニョロ

初号機「また、会えてうれし―――」

シャムシエル「……」パシンッ!!!!

初号機「うわぁぁ!?」

マヤ『初号機、頭部側面を損傷!!』

ミサト『やっぱり怒ってるの!?』

初号機「ぐっ……」

シャムシエル「……」ニョロニョロ

サキエル「……」ガシッ!!

シャムシエル「……!!」

マヤ『使徒!使徒を捕縛!!』

サキエル「……」フルフル

シャムシエル「……」ニョロニョロ

初号機「あの……ごめん……許してもらえるなんて、思ってないよ。でも、謝りたかったんだ……ちゃんと……謝りたかった……」

サキエル「……」

シャムシエル「……」ニョロニョロ

このままいくと18体同時にくる訳だが

初号機「僕は友達を傷つけたから……だから……」

サキエル「……」

初号機「え……?」

サキエル「……」コクコク

初号機「許して……くれるの?」

シャムシエル「……」プイッ

初号機「ありがとう……でも、どうして……?」

サキエル「……」オロオロ

マヤ『使徒、狼狽しています』

ミサト『どういうこと?』

リツコ『何かを伝えようとしているのかしら』

初号機「そうだ。向こうに山があるから、そこに何か書いてよ」

サキエル「……」コクコク

シャムシエル「……」ニョロニョロ

初号機「何を言いたいんだろう……」

サキエル「……」ガリガリ

シャムシエル「……」ガガガガガガ

マヤ『山が見る見るうちに削られていきます』

ミサト『文字なんてかけるの?』

日向『いえ。文字ではなく、絵ですね』

ミサト『シンジくん、どういう意味か分かる?』

シンジ『えっと……正八面体を描いてますね……そこから……ビームみたいなのが出てます』

サキエル「……」ガリガリ

シャムシエル「……」ガガガガガ

シンジ『それから、横に小さく『こいつヤバイ』って書いてます』

ミサト『どういうこと?』

サキエル「……」デキター

シャムシエル「……」ニョロニョロ

初号機「この絵……もしかして、次に来る使徒?」

サキエル「……」コクコク

初号機「でも、どうして、それを教えてくれるの?」

サキエル「……」

初号機「あの……友達、だから?」

サキエル「……」モジモジ

シャムシエル「……」パシンッ!!!!

初号機「いたっ」

マヤ『使徒。初号機をぶちました』

初号機「なにするんだよ!!」

シャムシエル「……」プイッ

サキエル「……」バイバイ

初号機「あ……ま、また会えるよね!!」

サキエル「……」コクコク

シャムシエル「……」ニョロニョロ

初号機「またね!!」

マヤ『使徒、帰っていきます!!』

使徒が使徒に嫉妬

サキエルとシャムシエルは日頃ラミエルにナニされてるの?

ネルフ本部

ミサト「はぁー……なんとか無事に済んだわね」

リツコ「あの絵は次の使徒を表したものね」

ミサト「解析よろしく」

日向「わかりました。2時間で解析してみせます」

マヤ「でも、あの絵から見るに次の使徒は長距離からの攻撃ができそうですね」

ミサト「そうね。それにご丁寧にA.T.フィールドまで描いてくれるということは」

リツコ「肉眼でも見えるほど強力なA.T.フィールドを有している、ということかしら?」

ミサト「ええ。その可能性は十分あるわね」

冬月「となると、友達になるのは厳しいか」

ゲンドウ「シンジ」

シンジ『は、はい』

ゲンドウ「次の使徒とは仲良くなれそうか?」

シンジ『なってみせます』

ゲンドウ「……では、問題ない」

数日後

ミサト「えー、次の使徒は超長距離からの攻撃を可能にすると思われるわ」

ミサト「そこで、今度使徒が来たときはシンジくんとレイで対処してもらうから」

シンジ「はい」

レイ「具体的な作戦は?」

ミサト「今、急ピッチで大型の盾と超長距離砲ポジトロンライフルの製造を―――」

シンジ「ミサトさん!!僕を信じてくれないんですか!?」

ミサト「落ち着いて。もし、仲良くなれなかったときのための保険は必要よ?」

シンジ「でも……」

ミサト「サキエルとシャムシエルはいい子だったけど、その子たちがわざわざ「ヤバイ」って知らせてくれた。この意味、わかるわね?」

レイ「心の壁の内側に篭ったままなら、友達にはなれないわ」

シンジ「そう、ですけど……」

ミサト「もちろん。これは保険。私たちはシンジくんが使徒と友好的な解決ができるって信じてるから」

シンジ「……分かりました」

カヲルくんの扱いが気になる

数週間後 ネルフ本部

マヤ「パターン青!!使徒です!!!」

ミサト「モニター!!」

青葉「はい!!」

ラミエル『……』キャー

リツコ「使徒からの情報は正しかったのね」

ミサト「使徒は一体だけ?!」

マヤ「はい!」

ミサト「ちょっち、助けてくれるかなって期待したけど……やっぱ、ダメか」

日向「エヴァ、所定の位置についてます」

ミサト「エヴァ専用の拡声器は?」

マヤ「問題ありません」

ミサト「よし。では、ヤシマ作戦を開始!!―――シンジくん!!レイ!!」

シンジ『はい!!』

レイ『はい』

ラミエル「……」キャー

シンジ『緊張するな……』

レイ『大丈夫。心配ないわ』

シンジ『ありがとう、綾波』

レイ『もし失敗しても、貴方は死なないわ』

シンジ『え?』

レイ『私が守るもの』

シンジ『綾波……』

零号機「……」ガシャン

初号機「あー!あー!!マイクテスト!マイクテスト!!」

ラミエル「……」キャー?

初号機「こ、こんにち―――」

ラミエル「……」ゴォォォ

マヤ『使徒に高エネルギー反応!!!』

ミサト『シンジくん!!!』

初号機「さわさわ」
ラミ「・・・」キャー

ラミエル「……」キャー?

抱きしめたい

ラミエル「……」ピカッ!!

初号機「え―――」

ドォォォォン!!!!

零号機「くっ……!!!」

初号機「綾波ぃ!!!」

零号機「は、やく……!!」

初号機「やめて!!やめてよ!!!綾波が苦しいって言ってるんだ!!!」

ラミエル「……」ゴォォォ

初号機「おねがいだよ!!!もうやめてよ!!!僕は君と友達になりたいだけなんだ!!!」

ラミエル「……」ゴォォォ

零号機「あっ……くっ……」

マヤ『零号機、これ以上は持ちません!!』

ミサト『シンジくん!!ライフルを使って撃ちなさい!!!』

初号機「僕の話を聞いてよ!!!」

ミサト『無理よ!!使徒のA.T.フィールドが強すぎて、貴方の声は届かないわ!!』

ゲンドウ『シンジ』

シンジ『父さん……』

ゲンドウ『お前はその程度か?』

シンジ『……!!』

ゲンドウ『ならば、ライフルを使え』

シンジ『僕は……諦めない……!!』

ミサト『シンジくん!!やめなさい!!使徒の殲滅を!!』

初号機「きっと……少し、驚いているだけなんだ……!!」

零号機「い、かりくん……?」

初号機「綾波……盾、借りるよ」

零号機「あ……」

ラミエル「……」ゴォォォ

初号機「ぐっ……そうだよ……離れた場所から声をかけるなんて……友達じゃないよ……」ズンッズンッ

ラミエル「……!」ゴォォォ

初号機「相手の目を……うぁ!?……見て……話さなきゃ……」ズンッズンッ

ラミエル「本当は二人っきりで話したいだけなんだけどなー」

ミサト『シンジくん!!盾が持たない!!!やめて!!』

ラミエル「……」キャーキャー

ドオォォン!!!

マヤ『使徒の加粒子砲、エネルギー増大!!』

初号機「僕は……ずっと……避けてきた……」ズンッズンッ

ラミエル「……」キャーキャー

マヤ『シールド、80%融解!!』

初号機「嫌われたくないから……他人を避けてきた……」ズンッズンッ

ラミエル「……」キャー!!

マヤ『シールド、融解!!』

初号機「だから……!!」ズンッズンッ

ミサト『もうやめて!!シンジくん!!』

初号機「エヴァは持ちます……持たせてみせます……!!」ズンズン

ラミエル「……」キャァァァ!!

初号機「ぼ、くは……きみたちと……ともだ、ちに……!!』ズンッズンッ

ドキドキしてきた

マヤ『エヴァの装甲が……!!』

初号機「も……ぅ……だ……」

サキエル「……」ギィィィン!!!

シャムシエル「……」ギィィン!!!

初号機「え……?」

マヤ『パ、パターン青!!使徒です!!使徒がA.T.フィールドでエヴァを庇いました!!!』

初号機「どうして……」

サキエル「……」

シャムシエル「……」ニョロニョロ

初号機「そうか……ありがとう……」

サキエル「……」コクッ

シャムシエル「……」ニョロン

初号機「……うおぉぉぉ!!!!」ダダダダッ

ラミエル「……」ギャァァ!!!

初号機「つっ……これが、君の心の壁……?!厚い……!!」

俺もいるぜ!

>>196
今書こうと思ったwwwww

初号機「僕は……僕たちは君に危害を……加えるつもりはないんだ……」

ラミエル「……」キャー

初号機「あれ……君の目はどこ?」

ラミエル「……」

初号機「……ここでいいや。いい?あのね」

ラミエル「……」クルッ

初号機「あ、反対だったんだ。ごめん」

ラミエル「……」

初号機「とりあえず、ビームは仕舞ってほしいんだ。何もしない。もししたら、そのときは容赦なく、僕の頭を吹き飛ばせばいいよ」

ラミエル「……」キャー?

初号機「絶対に暴力はしない。話がしたいだけなんだ」

ラミエル「……」

マヤ『使徒からエネルギー反応が消失』

ミサト『た、助かった……』

ゲンドウ『まだ、これからだ』

初号機「ありがとう」

ラミエル「……」

初号機「君はどうしてそこまで強いA.T.フィールドを持っているの?なにか、怖いことでもあったの?」

ラミエル「……」

初号機「僕もね。すごく他人が怖いんだ」

ラミエル「……」

初号機「他人が何を考えているのか、僕に何を求めているのか」

初号機「そういうのが全く分からない。もしかしたら、相手は何も期待なんてしてないのに、ただ僕に面倒事を押し付けているだけかもしれない」

初号機「それでも他人は失敗を責める。全部、僕の所為にするんだ」

ラミエル「……」

初号機「そんなの理不尽だって思うんだ」

ラミエル「……」

初号機「なら、最初から他人のことなんて気にしない。自分の好きなようにやればいいじゃないかって、思うときもあるんだ」

ラミエル「……」クルクルッ

初号機「それには同意してくれるの?ありがとう」

何この道徳の授業

同意すると回るのかwww
支援http://vippic.mine.nu/up/img/vp84993.jpg

初号機「だけどね……それだと、他人も僕も好きになれないって……サキエルと友達になったときに思ったんだ」

ラミエル「……」キャー?

初号機「だって、自分勝手にしてたら、本当に好きな人と……僕のことを好きになってくれた人を傷つけるから」

ラミエル「……」

初号機「僕だって、好きな人を傷つけたくないんだ」

初号機「だから、いっぱい傷つくことがあっても、僕の好きな人のために戦おうって思う」

ラミエル「……」

初号機「その人も……僕を好きでいるために傷ついてると思うから」

ラミエル「……」

初号機「僕だけ傷つかないって……卑怯だろ?」

ラミエル「……」キャー

初号機「どうしたの?」

ラミエル「……」キャー

マヤ『使徒!!移動を開始!!』

初号機「待ってよ!!」

キャー?が可愛すぎる

零号機「……ん?」

ラミエル「……」キャー

零号機「な、なに……?」

初号機「綾波……きっと、使徒は謝りたいんだと思う」

零号機「え?」

ラミエル「……」クルクルックルッ

初号機「ね?」

零号機「……」

ラミエル「……」キャー…

零号機「別に怒っていないわ」ナデナデ

ラミエル「……」キャー♪

零号機「……不思議……胸の奥がポカポカする……」

ラミエル「……」キャー

初号機「うん。またね」

マヤ『使徒、帰路につきます!!』

初号機「そうだ!!サキエル!!シャムシエル!!」

初号機「あれ……いない……?」

零号機「その二人なら、貴方が今の使徒と会話している間に去っていったわ」

初号機「そうなんだ……。お礼、言いたかったのに」

零号機「碇くん」

初号機「なに?」

零号機「お疲れ様」

初号機「うん……」

零号機「帰りましょ」

初号機「そうだね」

零号機「手……握ってくれる?」

初号機「どうして?」

零号機「上手く……歩けなくて」

初号機「そういうことなら、いいよ」ガキィン

マヤ『作戦終了!!エヴァ両機は手を繋いで帰還します。回収班は急いでください』

司令室

冬月「これで三体目か……順調だな」

ゲンドウ「ああ……」

冬月「だが、これから先も同じ手段が通用するかはわからんぞ?」

ゲンドウ「……」

冬月「あくまでも息子を信じるか?それはあまりに危険すぎるぞ?」

ゲンドウ「分かっている……。そのための、弐号機だ」

冬月「実戦型のエヴァか……現状では息子が嫌がりそうだな」

ゲンドウ「弐号機のパイロットの性格も現在のプランには適していない」

冬月「ならば、凍結か?」

ゲンドウ「……」

冬月「凍結はやめておけ。もし幕を下ろすとき、初号機が機能しなければ……」

ゲンドウ「分かっている。予定通り、弐号機の運用はする」

冬月「ああ、それがいいな」

数週間後 港

アスカ「グーテンモルゲーン!!!」

ミサト「久しぶりね、アスカ」

アスカ「よっと」

シンジ「あの……この子は?」

ミサト「アスカよ。弐号機パイロットの」

シンジ「そうなんだ……よろ―――」

アスカ「あんた、ぶぁぁかぁ?!」

シンジ「え、な、なんだよ?」

アスカ「使徒を三匹も取り逃がしたみたいね?!」

シンジ「え……。違うよ。友達になったから……」

アスカ「使徒は人類の敵!!殲滅しないとダメなのよ!!」

シンジ「そ、そんなことないよ。使徒だって、話せば……」

アスカ「あんな化け物と交渉できるわけないでしょ?!撤退して、また新しい作戦を練っているわよ!!」

ミサト「はいはい、ストップ。ほら。挨拶を済ませたんならいくわよ」

あちゃー、やっぱアスカの性格上こうなっちゃうかー

数日後 ネルフ本部

マヤ「太平洋沖に二体の使徒を確認しました」

ミサト「海にいるの?」

日向「映像出ます」

ガギエル『……』バッシャーン

サキエル『……』イェイイェイ

リツコ「使徒が使徒に乗っているわね」

ミサト「現状は?」

マヤ「ええと……ただ、海で泳いでいるだけのようです」

青葉「使徒、もう一体確認!!」

ミサト「なんですって?!」

ガギエル『……』バッシャーン

シャムシエル『……』ニョロニョロ

マヤ「どうします?楽しそうですけど……」

ミサト「とにかく偵察には行きましょう。シンジくんとアスカで港に向かうわ」

海上 甲板

ミサト「あそこで波ノリしている使徒がいるわね」

アスカ「早く、倒しに行きましょうよ」

ミサト「まって。アスカはあくまでもバックアップよ。シンジくんの交渉が上手く行かなかったときのためのね」

アスカ「ふざけないで。あたしは弐号機で出るわよ」

ミサト「勝手なことしないで」

シンジ「アスカ、僕に……」

アスカ「使徒は倒すの」

シンジ「でも、使徒は楽しそうに」

アスカ「あたしは使徒を倒すためだけに生きてきたの、邪魔しないで」

シンジ「ま、まってよ!!」

ミサト「アスカ!!命令違反よ!?」

アスカ「要は使徒を倒せばいいんでしょ!」

ミサト「やめなさい!!」

シンジ「アスカ!!」

格納庫

アスカ「……」スタスタ

シンジ「アスカ!!」

アスカ「ついてこないで」

シンジ「せめて、僕も一緒に乗せてよ」

アスカ「あんた、バカ?あんたには初号機があるでしょ?」

シンジ「アスカ!!」

アスカ「……」

シンジ「お願い」

アスカ「好きにすれば」

シンジ「ありがとう」

アスカ「あたしの邪魔だけはしないでよ?」

シンジ「うん」

アスカ「よし」

アスカ『エヴァ弐号機、起動!!』

ガギエル「……」バッシャーン

ミサト「こ、こっちに来る!?」

弐号機『行くわよ!!』

ミサト「アスカ?!」

ガギエル「……」バッシャーン

サキエル「……」オーイ

シャムシエル「……」ニョローン

弐号機「いくわよぉぉぉ!!!!」

ガギエル「……!?」

サキエル「……」バッ!!

シャムシエル「……」パシンッ!!!

弐号機「いった……いわねぇぇ!!!!」ガキィィン!!!!

シャムシエル「……?!」

ガギエル「……」ニゲロー

弐号機「にがすかぁ!!!」

弐号機「捕まえた!!」ガシッ

ガギエル「……」ジタバタ!!!

弐号機「おとなしく……しろぉ……!!!」

シンジ『みんなぁ!!!』

サキエル「……!!」ピクッ

シャムシエル「……!!」ピクッ

弐号機「ちょっと!!」

シンジ『驚かせてごめん!!今日はちょっと事情があって、いつもとは違う機体に乗っているんだ』

サキエル「……」

ガギエル「……」

シンジ『それで、今日は折り入ってお願いがある』

シャムシエル「……」ニョロニョロ?

シンジ『この機体の性能を測りたいんだ。だから、ちょっとだけ協力してくれないかな?もちろん、武器は使わない』

アスカ『勝手なことばかりいわないでよ!!』

シンジ『でも、性能を測るのはいいことだと思うよ。初めての使徒との実戦でしょ?』

アスカ『いや……そうだけど……』

サキエル「……」

シャムシエル「……」ニョロニョロ

ガギエル「……」

シンジ『だ、だめかな?』

サキエル「……」フルフル

シンジ『いいの?』

ガギエル「……」フンッフンッ

シンジ『君が……相手をしてくれるんだね?』

アスカ『はっ。一匹ずつ来てくれるの?嬉しいわね』

シンジ『武器の使用はダメだからね』

アスカ『なんでよ』

シンジ『使用するなら……全力で操縦妨害するよ』

アスカ『わ、わかったわよ……目が怖いんだから……』

ガギエル「……」フンッフンッ

弐号機「よっし!!こい!!!」

ガギエル「……」ゴォォォォ

弐号機「体当たりね……面白いじゃないの!!!ブン投げてやるわ!!」ガキィィィン!!!!

ミサト『シンジくん!!アスカ!!!海に引き摺りこまれるわよ!?』

弐号機「なんのぉ!!!」

ガギエル「……」バッシャーン

ミサト『アスカ!!』

弐号機「海の中でも……関係ないわよ……」グググッ

ガギエル「……」ゴォォォ

弐号機「くっ……!!!」

ガギエル「……」

弐号機「でぁぁぁ!!!」グググッ

ガギエル「……!!!」ゴォォォ

サキエル「……」ファイトファイト

シンジ『どっちも負けるな!!』

自衛隊攻めてきたら助けてくれるかな?

そもそもロンギヌスの槍って何なんだろうな
心の壁を無理やり突き破れるとか

>>323
心をデスビルドーにさせる槍

弐号機「やるじゃないのぉ……!!!使徒の分際でぇぇぇ……!!!」

ガギエル「……」ゴォォ

弐号機「……」ググッ

ガギエル「……」ガァァ

弐号機「……なによ。どうして手加減しているわけ?」

ガギエル「……?」

弐号機「海の中ならアンタの領域でしょ?すぐに壊せると思うけど?」

ガギエル「……」フルフル

弐号機「な、なんでよ……使徒が情けをかけるっているの?!」

シンジ『違うよ』

アスカ『何が違うっていうのよ!!』

シンジ『使徒は今、遊んでるだけだ。壊そうとか、勝ちたいとか、そんなこと思ってないよ』

アスカ『そ、そんなわけ……』

シンジ『僕たちに付き合ってくれているんだよ。友達だから』

アスカ『こ、こいつとは初対面なのよ?!友達とかありえないじゃない!!』

>>331
デスビルドーwwwwwwww

>>335
あれ?間違えた?

シンジ『でも、サキエルとは友達だから』

アスカ『……』

シンジ『ね?』

ガギエル「……」ウンウン

アスカ『ば、バッカじゃないの……』

シンジ『アスカ……使徒とは分かり合えるんだよ……』

アスカ『でも……』

シンジ『邪魔なのは、A.T.フィールドだけだから』

アスカ『……』

ガギエル「……」

弐号機「あー!!!もう!!いくわよ!!!海面まで押し上げてやるわ!!!!」グググッ

ガギエル「……♪」ゴォォォ

シンジ『がんばれ!!アスカ!!』

シャムシエル「……」ニョロニョロ

バッシャーン!!!

弐号機「はぁ……はぁ……」

ガギエル「……」マケター

弐号機「……」

ミサト『アスカ!?大丈夫!?』

弐号機「なんとかね」

ガギエル「……」スィーッ

弐号機「ちょっと!!なによ?!」

シンジ『船まで送ってくれるみたいだよ』

ガギエル「……」スィーッ

弐号機「誰も頼んでないでしょう……」

シンジ『でも、上に乗ってるから』

弐号機「……」

ミサト「お、おかえり」

弐号機「ただいま……」

ガギエル「……♪」

可愛い

サキエル「……」バイバーイ

シャムシエル「……」ニョロニョロ

ガギエル「……」バッシャーン

アスカ「あーあ、使徒を逃がしちゃったじゃないの」

シンジ「いいじゃないか。弐号機の損傷も殆どないし」

アスカ「そうだけど……」

ミサト「やっぱり、ただ遊んでただけみたいね」

アスカ「……」

シンジ「ミサトさん、使徒はもしかしたらもう戦わなくてもいいのかもしれませんね」

ミサト「みんなみんな友好的と思うのは甘い考えかもしれないけどね」

シンジ「そうですか……?」

ミサト「とにかく、帰りましょ」

アスカ「認めない……こんなの……」

アスカ「あたしは……」

バルディエルは本家でも戦いたくなかったのにバラバラにしちゃったからなあ・・・

数日後 ネルフ本部

マヤ「パターン青!!使徒です!!!」

ミサト「来たわね。今回も友達になれそうな子でお願いしたいところだけど」

日向「モニター、出ます」

イスラフェル『……』

イスラフェル『……』

リツコ「二体いる……」

ミサト「どうして、同じ使徒が二体も……?!」

マヤ「パ、パターン青!!こ、これは……!?」

ミサト「どうしたの?!」

マヤ「反応が3つもあります!!どれも使徒です!!!」

ミサト「なんですって?!」

リツコ「東京に使徒が五体も……?」

ミサト「エヴァ発進準備!!!」

ゲンドウ「……」

サキエル「……」ズゥゥン

シャムシエル「……」ニョロニョロ

ラミエル「……」キャー

イスラフェル「……」シッシッ

イスラフェル「……」シッシッ

サキエル「……」フルフル

シャムシエル「……」ニョロン

ラミエル「……」キャー

イスラフェル・イスラフェル「……」ムカッ

初号機「みんなー!!」ズンズン

零号機「どうしたの?」

ラミエル「……」キャー♪

零号機「久しぶりね」ナデナデ

弐号機「ちょっと……状況、わかってんの?使徒が五体もいるのよ?!」

初号機「わかってるよ。でも、きっとなにか理由があるんだと思う」

初号機「何が―――」

弐号機「バカ!!!」

イスラフェル「……」ガキィィン!!!!

初号機「くっ?!」

弐号機「こいつー!!!」ブゥン

イスラフェル「……」ガシッ!!!

弐号機「なによ!!離して!!」

零号機「ふっ!!」ガキィィン

イスラフェル「……?!」ヨロッ

初号機「何が……あったの?」

サキエル「……」オロオロ

初号機「あっちの山を使って」

サキエル「……」コクコク

シャムシエル「……」ガガガガガ

マヤ『使徒が山を削ってお絵かきを始めました!!」

これから6体、7体と増えて行くのか・・・

ミサト『シンジくん』

シンジ『えっと……新しく現れた使徒をみんなが囲んでいますね』

ミサト『それで?』

シンジ『で、横に小さく『イスラとケンカ、怒ったイスラが発狂分裂』って書いてます』

ミサト『ケンカ……?』

リツコ『使徒三体は新しい使徒の行く手を遮っているわ。つまり……」

初号機「サキエルたちはこの子の妨害をしたってこと?」

サキエル「……」コクコク

シャムシエル「……」ニョロッ

初号機「そうだったのか……」

イスラフェル・イスラフェル「……」

零号機「碇くん……この子、相当怒っているみたい。A.T.フィールドが強くなっているわ」

初号機「僕の……所為なの?」

イスラフェル・イスラフェル「……」コクッ

初号機「もしかして……僕がみんなと友達になったから?」

イスラフェル・イスラフェル「……」コクッ

初号機「でも……どうしたらいいの?僕は―――」

イスラフェル・イスラフェル「……」ダダダッ!!!

初号機「なっ!?」

弐号機「せぇい!!!」ガギィィン!!!

初号機「アスカ!?」

弐号機「だから言ったでしょ。分かり合えないって」

初号機「そんなことないよ!!」

弐号機「こんなの殴って言うこと聞かせればいいのよ!!」

初号機「アスカ!!!」

イスラフェル・イスラフェル「……」ドガバキドゴ!!!

弐号機「きゃぁああ!?!?」

マヤ『弐号機、各部損傷!!!』

イスラフェル・イスラフェル「……」

初号機「そんな……どうして、暴力で訴えるの……おかしいよ!!!」

零号機「碇くん、危ないわ。退却を」

ミサト『シンジくん!!一旦、退きなさい!!』

シンジ『でも……でも!!!』

サキエル「……」ザッ

初号機「サキエル……?」

イスラフェル・イスラフェル「……」シッシッ

サキエル「……」バッ

マヤ『使徒!!もう一体出現!!』

リツコ『ありえないわ!!どこに!?』

マヤ『使徒が抱きかかえています!!』

ミサト『はぁ!?』

サキエル「……」

サンダルフォン「……」オギャーオギャー

イスラフェル・イスラフェル「……!?」

マヤ『使徒、動揺しています!!』

零号機「あれは……?」

ラミエル「……」キャー

初号機「使徒の幼虫……いや、赤ちゃん?」

イスラフェル・イスラフェル「……」

サキエル「……」ダク?

イスラフェル「……」コクッ

マヤ『使徒、融合しました!!』

イスラフェル「……」ヨシヨシ

サンダルフォン「……」キャッキャッ

初号機「A.T.フィールドが消えていく……」

サキエル「……」ゴメンネ

初号機「いいよ。気にしないで。でも、少し仲良くしすぎたのかもね」

サキエル「……?」

初号機「もし、僕と仲良くすることでみんなが嫌な気分になるなら……いっそのこと……」

サキエル「……」イヤイヤ

俺もサンダルフォン抱きたい

初号機「でも……」

サキエル「……」ガリガリ

初号機「サキエル?」

ミサト『シンジくん、使徒はなんて?』

シンジ『えっと……今、みんなを説得しているから、嫌いにならないで……と』

ミサト『みんなって……他の使徒?』

初号機「他の使徒を説得しているの?」

サキエル「……」コクコク

初号機「どうして……そこまで……」

サキエル「……」ギュッ

初号機「サキエル……」

シャムシエル「……」パシンッ!!!!

初号機「いたっ?!」

マヤ『初号機!!後頭部にダメージ!!軽微です!!』

シャムシエルちゃんはやっぱりツンデレなんだwww

シャムたんツンデレ・・・ふぅ

>>425
使徒で抜いたのか・・・

弐号機「ちょっと……説得ってどういうことよ……?」

シャムシエル「……」ガガガガガ

シンジ『なんか、色んな使徒がいるんだね』

レイ『この蜘蛛みたいな使徒やアメーバみたいな使徒、豆粒みたいな使徒、球体の使徒は説得したってこと?』

シャムシエル「……」コクコク

アスカ『じゃあ、その四体はここには現れないっていうの?」

ラミエル「……」キャー

レイ『そう……がんばってくれたのね』ナデナデ

ラミエル「……」キャー♪

アスカ『なによそれ……信じられるとでも思ってるわけ……そんな都合のいいはなし……』

サキエル「……」

弐号機「み、見つめないでよ」

初号機「ありがとう。でも、無理だけはしないでね」

サキエル「……」コクッ

初号機「君みたいな友達を持てて、僕は嬉しいよ。サキエル」

まあ確かに全18体を出すのは疲れるしなぁ。4体減っても大変だと思うけど>>1がんばって

司令室

冬月「大番狂わせだな」

ゲンドウ「ああ……ゼーレも今は慌てている」

冬月「4体もの欠番。これは夢にも思わなかったな」

ゲンドウ「だが……まだ、使徒はいる……」

冬月「油断はできないか」

ゲンドウ「ああ……」

冬月「しかし、大丈夫かね」

ゲンドウ「……」

冬月「もし、説得に応じない使徒が出現した場合、ダメージは計り知れない」

ゲンドウ「そのためのシンジだ」

冬月「……碇。エヴァ3号機と4号機についてだが」

ゲンドウ「ああ、目を通しておく」

冬月「こちらに回ってくるかもしれん」

ゲンドウ「そうか」

トウジ・・・

数週間後

ミサト「参号機?」

リツコ「ええ……配備が決まったわ」

ミサト「まさか。ここだけでエヴァを四機も保有するの?ちょっと戦力が偏りすぎてない?」

リツコ「さあ。私たちは上の指示を受けるだけだもの」

ミサト「そうだけどねー」

リツコ「そうそう。参号機のテストパイロットなんだけど」

ミサト「あ、どうする?」

リツコ「アスカにお願いしたいのよ」

ミサト「アスカ?どうして?」

リツコ「あの子、最近ストレス溜まってるでしょ?」

ミサト「ああ……確かに」

リツコ「だからよ」

ミサト「参号機で暴れさせるってわけ?」

リツコ「メンタルケアも仕事のうちだから」

新劇の展開になったか

数日後 実験施設

アスカ「……」

ミサト『アスカー、準備はいい?』

アスカ「いいわよー」

ミサト『じゃあ、よろしくぅ。好きに暴れていいわよん』

アスカ「暴れるって、模擬戦闘みたいなもんでしょ?つまんないわよ」

ミサト『かたいこといわなーい』

アスカ「はいはい」

アスカ「まぁ……いい気分転換にはなるか」

アスカ「よっと」

アスカ『……弐号機とは全然違う匂いね……』

アスカ『……』

ゴボッ……

アスカ『え―――?』

シンジならきっと説得してくれる

ネルフ本部

マヤ「緊急入電!!実験施設で大規模な爆発が発生!!」

冬月「状況は?」

日向「それがエヴァ参号機による暴走が原因だと」

ゲンドウ「葛城一尉と連絡は?」

青葉「ダメです!!回線が繋がりません!!」

冬月「医療班を至急向かわせろ!!」

マヤ「あ……待ってください!!パターン青!!使徒です!!!」

日向「こんなときにか……」

ゲンドウ「初号機を出せ」

青葉「了解!!」

マヤ「モニター、出ます!!」

参号機『……』ズンズン

冬月「あれは……」

ゲンドウ「……」

初号機「あれって……」

ゲンドウ『使徒だ』

参号機「……」

初号機「使徒……!!」

ゲンドウ『できるな?』

初号機「はい」

参号機「……」ズンズン

初号機「止まってよ」

参号機「……」

初号機「どこに行くの?」

参号機「……」

初号機「あ、ごめん。僕は碇シンジっていうんだけど……」

参号機「……」

初号機「サキエルの友達……かな?」

参号機「……」

バルディエルもアスカも助かってほしい

初号機「僕ね、サキエルとは仲良くし―――」

参号機「……」グワッ!!

初号機「え―――」

参号機「……」グググッ!!!!

初号機「がぁ……ぁ……!!!」

マヤ『使徒!!初号機の頸部を圧迫!!!侵食が始まりました!!!』

ゲンドウ『シンジ……』

初号機「あ……ぁ……ぃ……!!!」

参号機「……」グググッ

ゲンドウ『シンジ、どうした?』

マヤ『頸部を圧迫されていて、声が出せないと思われます!!』

冬月『神経接続を切れ』

マヤ『は、はい!!』

初号機「ぉ……ぁ……!!」

マヤ『ダメです!!信号受け付けません!!使徒による汚染が原因と思われます!!』

>ゲンドウ『できるな?』

>初号機「はい」

おお…前向き?だ

冬月「これまでだな」

ゲンドウ「ダミープラグを使え」

マヤ「え?」

ゲンドウ「ダミープラグだ」

マヤ「しかし、あれは……」

ゲンドウ「構わん。エヴァとシンジを失うよりマシだ」

マヤ「わかりました……」

冬月「終わったな」

ゲンドウ「ああ……」

冬月「どうなってもしらんぞ」

ゲンドウ「今、シンジを失うわけにはいかない」

冬月「そうか」

マヤ「エヴァ初号機、ダミープラグに切り替えます」

ゲンドウ「……」

友達になれなかったか・・・

シンジ『(声がだせない……これじゃあ……)』

ゴゴゴゴ……

シンジ『(え……?なに?!)』

初号機「……」バキンッ!!

参号機「……」グググッ

初号機「オォォォォォォォォ!!!!!!!!」

シンジ『なんだよ!!なんだよこれ!!!』

参号機「……!!」

初号機「オォォォォ!!!!」ガキィィン!!!

参号機「オォォォ!!!」

シンジ『やめてよ!!!こんなことしたら!!サキエルたちも怒るよ!!』

シンジ『父さん!!やめてよ!!!僕の友達を奪わないでよ!!!!!』

参号機「オォォォォォ!!!!!」

初号機「オォォォ!!!」ガシッ!!!

シンジ『とまれとまれとまれとまれとまれ……!!!』

怒るだけならいいが・・・もし報復にきたら・・・

初号機「グォォォォン!!!!」バリィィン!!!

参号機「オォォ!!!」

シンジ『違うよ!!!A.T.フィールドを無理やり破っても意味なんてないんだ!!!』

初号機「オォォォォォ……!!!!!」ガシッ!!!

参号機「……?!」

シンジ『父さん!!!やめて!!!今すぐとめてよぉ!!!!』

初号機「……」ボキィ!!

参号機「オォォ!!!」

シンジ『アスカも乗ってるんでしょ?!!父さん!!!父さん!!!』

初号機「オォォォォォ!!!!」ガブッ!!

参号機「オォォ……」

マヤ『うっ……!?』

日向『使徒を……食ってるのか……?』

初号機「オォォォォ!!!!」

シンジ『父さん!!!父さん!!!!聞こえてるんでしょ?!やめてよ!!!とめてよぉ!!!』

ここカットしてもいいんジャマイカ

エントリープログは握りつぶされなかった

参号機「オォォ……!!!」

シンジ『もうやめてよぉぉ!!!!』

参号機「……」ガキィィン!!!

初号機「……?!」

マヤ『参号機、再起動!!』

冬月『なに?』

参号機「ちょっと……シンジ……」

シンジ『あ、すか……?』

参号機「こっちは……必死にこの子を説得してるんだから……もうちょっと……我慢してよね……」

シンジ『え……?』

参号機「いっぱい話したわ……今までの使徒が……どれだけ良い子だったのか……」

シンジ『アスカ……』

参号機「アンタが相手にしているのは……ただ暴走しているだけだから……許してあげて……って……」

初号機「オォォォォォ!!!!」

シンジ『アスカ!!逃げて!!!』

これは・・・助かるかも・・・!

アスカ『行くわよ!!』

参号機「オォォォ!!!!」ガキィィン!!!

初号機「オォォ!!!」

アスカ『ごめんね……初めは驚いて、あなたを拒絶して……でも、取り込まれてよくわかったわ……』

アスカ『使徒にも良い奴がいるのね……』

参号機「オォォォ!!!!」

初号機「オォォォ!!!」

アスカ『アンタとなら……このエヴァ初号機だって……!!!』

参号機「倒せるんだからぁぁぁぁ!!!!」

初号機「オォォォ!!!」ガキィィン

シンジ『とまれとまれとまれ……!!』

参号機「くらえ……あたしとこの子の心の壁は……厚いんだからぁぁぁ!!!!」

アスカ『ただ暴走したあんたの心に……まけてらんないよぉぉぉ!!!!』

初号機「オォォォ……!!」

マヤ『エヴァ初号機、沈黙!!!』

参号機「はぁ……はぁ……はぁ……」

アスカ『シンジ……大丈夫なの?』

シンジ『な、なんとか……』

アスカ『ったく、肝心なときに使えないんだから』

シンジ『ご、ごめん』

アスカ『まあ、いいわ……。シンジに教えてもらわなかったら、きっと死んでいたもの』

シンジ『アスカ……』

アスカ『あーあ……あたしも焼きが回ったわね……。まさか、使徒と共闘するなんて』

シンジ『でも、かっこよかったよ?』

アスカ『ふん……』

参号機「……」

アスカ『アンタも良く頑張ったわね……ありがと』

参号機「……」

アスカ『帰るわよ。―――参号機は現時刻をもって破棄しました!!!以上!!』

>>510
昨日予告?
トトロでやってたのか

忘れてた・・・

>>513
忘れてた方が幸せだよ

シンジ「ミサトさん!!」

ミサト「シンジくん……アスカは?」

アスカ「ここにいるわよ」

ミサト「そう……参号機はどうなったの?」

アスカ「さぁ。どっか行っちゃったわ」

ミサト「ふふ……そうなの……」

シンジ「大丈夫ですか?」

ミサト「あまり、良くはないわね……いたいし……」

アスカ「ま、ゆっくり休んでから現場復帰してよね」

ミサト「そうさせてもらうわね」

アスカ「ミサトも無事だったし、これで安心ね」

シンジ「うん……でも……」

アスカ「どうしたの?かえろっ、シンジっ」

シンジ「ミサトさん、またお見舞いに行きます」

ミサト「メロンでよろしく……」

司令室

ゲンドウ「入れ」

シンジ「……」

ゲンドウ「どうした?」

シンジ「どういうことですか?」

ゲンドウ「……」

シンジ「危うく友達とアスカを失うところでした」

ゲンドウ「だが、結果的には成功した。誰も何も失ってはいない」

シンジ「……っ」

ゲンドウ「違うか?」

シンジ「また……同じことがあったら……同じようなにエヴァを暴走させるんですか?」

ゲンドウ「無論だ」

シンジ「ふざけ―――」

ゲンドウ「全てはお前の弱さが招いたことだ。お前が強ければ、何も問題はなかった」

シンジ「そんな……理屈で……」

ゲンドウ「大人になれシンジ。我々に敗北は許されない」

シンジ「……エヴァを降ります」

ゲンドウ「なに?」

シンジ「また、同じことをされるぐらいなら、エヴァを降ります」

ゲンドウ「……使徒の説得はどうする?」

シンジ「綾波とアスカならきっとやってくれます」

ゲンドウ「……」

シンジ「僕が弱い所為で友達を傷つけるなら……僕はエヴァに乗りません!!」

ゲンドウ「そうか」

シンジ「失礼します」

ゲンドウ「好きにしろ」

シンジ「……しますよ」

ゲンドウ「……」

加持さん出なかったけど誰がシンジを説得するんだろ

数日後 葛城宅

アスカ「ちょっと、ホンキぃ?」

シンジ「うん」

アスカ「使徒の説得は?」

シンジ「アスカならきっとできるよ」

アスカ「あのねえ!!」

シンジ「ごめん……」

アスカ「待ちなさいよ」

シンジ「……」

アスカ「アンタがどうやって使徒を説得してきたのか、あたしが知らないと思ってるの?」

シンジ「……」

アスカ「傷ついてもいいから、好きな人のために戦うって言ったんでしょ?今のアンタ、真逆じゃない!!」

シンジ「それとこれとは、意味が違うよ」

アスカ「あんた、バカ?一緒よ!!痛いことから逃げてるだけじゃない!!」

シンジ「それじゃあ……」

ミサト「シンジくん」

シンジ「ミサトさん……怪我は……」

ミサト「飛んで帰ってきたの」

シンジ「メロン……またこんど……」

ミサト「逃げるの?」

シンジ「……違います。友達を守るためです」

ミサト「自分で友達を傷つけてしまうから、逃げるだけでしょ?」

シンジ「なにを……」

ミサト「いい?好きな人と一緒にいるためには綺麗事だけじゃ無理なの。時には相手を傷つけないといけないときもある」

シンジ「……」

ミサト「自分が退けば好きな人が幸せになると思ったら大間違いよ」

シンジ「さよなら」

ミサト「シンジくん!!」

シンジ「失いたくないんです……友達を……折角、みんな……僕に優しくしてくれたのに……」

ミサト「……そう……さよなら……シンジくん……」

ネルフ本部

マヤ「パターン青!!使徒です!!」

冬月「順番通りであれば……」

ゲンドウ「ああ……」

ゼルエル『……』ズゥゥゥン

冬月「最強の拒絶タイプか」

ゲンドウ「エヴァを発進させろ」

日向「はい!!」

冬月「あれは……説得などできんぞ」

ゲンドウ「……」

マヤ「使徒、依然侵攻中!!」

青葉「使徒!!ジオフロント内に侵入!!!」

冬月「早いな……」

ゲンドウ「初号機はダミーシステムを使う。準備しておけ」

マヤ「は、はい!!」

冬月とゲンドウの会話が怪しい

ゼルエル「……」

弐号機「きたわね……」

零号機「どうするの?」

弐号機「まずはフレンドリーに話かければ大丈夫よ」

零号機「そう?」

ゼルエル「……」

弐号機「グーテンモルゲーン?」

ゼルエル「……」シュルルル!!!!

弐号機「ちょっと!!腕をのばして!!あぶないでしょ!!めっ!!」

ゼルエル「……」ピカッ!!!

弐号機「ひっ―――」

零号機「あぶない!!」バッ

ドォォォン!!!

ゼルエル「……」

弐号機「なによ!!話もきいてくれないってわけ?!」

ゼルエルの心の壁は厚すぎる

ゼルエル「……」

弐号機「なんかむかつくぅ……!!」

零号機「まって。興奮したら心を開いてくれないわ」

弐号機「そうかもしれないけど」

零号機「初めまして。綾波レイです」

ゼルエル「……」

零号機「えっと……とりあえず、座りましょう」

ゼルエル「……」シュルルル!!!

零号機「くっ!!」ギィィン

ゼルエル「……」

零号機「あの……話を―――」

ゼルエル「……」ピカッ!!!

ドォォォォン!!!!

零号機「ダメ……聞く耳を持ってくれないわ」

弐号機「なんなのよ、こいつ……」

零号機「とにかくもう一度―――」

ゼルエル「……」ゴォッ!!!

零号機「え?」

弐号機「ファースト!!!」

ゼルエル「……」バクンッ!!

弐号機「あ……あぁ……」

ゼルエル「……」バリバリ

マヤ『ぜ、零号機……捕食されました……』

ミサト『アスカ!!』

弐号機「な、によ……人の話も聞かずに……こんなこと……」

ミサト『アスカ!!!聞こえる?!』

弐号機「ちょっと!!!どうしてこっちの話も聞いてくれないのよ!!!」

ミサト『アスカ!!その使徒を説得なんてできないの!!戦って!!」

弐号機「ここで逃げたら、シンジに説教した意味がないのよ!!!」

ゼルエル「……」ゴクンッ

アスカも首が飛ばされかねない

ミサト『シンジくんは?!』

マヤ『現在はシェルターにいるようです!!』

ミサト『間に合わないか……』

弐号機「言うこと聞かないならぁぁぁぁ!!!!殴ってでもぉぉぉ!!!!」

ゼルエル「……」ピカッ!!!

弐号機「きくわけ……ないっちゅぅぅのぉぉぉ!!!!」グワッ

ゼルエル「……」キュィィィィン

弐号機「何、このA.T.フィールド!?厚すぎじゃない?!」

ゼルエル「……」シュルルル!!!

弐号機「くっ?!」

マヤ『弐号機、胴体を切断されました!!!』

アスカ『あぁぁあああああああ……!!!!』

ミサト『神経接続カット!!』

マヤ『はい!!』

ゼルエル「……」

マヤ「使徒の侵攻止まりません!!!」

ミサト「全員、退避!!ここを―――」

ゴォォォォ!!!

ミサト「……?!」

マヤ「きゃぁぁ!!!」

ゼルエル「……」

ミサト「使徒……」

ゼルエル「……」

ミサト「みんなが貴方のことを分かろうとしているのに……」

ゼルエル「……」コォォ

ミサト「貴方だけが殻に閉じこもって……」

ゼルエル「……」コォォォ

ミサト「卑怯もの!!!他の使徒はみんな、正面から向かい合って戦ったのに!!!」

ゼルエル「……」ピカッ

ミサト「うっ―――」

シンジ来る⁉

サキエル「……」ガシッ!!!

ゼルエル「……?!」

ミサト「え……?」

サキエル「……」ドガァ!!!

ゼルエル「……」ヨロッ

シャムシエル「……」パシンッ!!!!

ゼルエル「……」ピカッ!!!

ドォォォン!!!!

ラミエル「……」キャー

ゼルエル「……!!」

ミサト「使徒が……ここに……?どうして……?」

イスラフェル「……」バキィ!!!

ゼルエル「……」グラッ

ミサト「なんで……」

カヲル「―――友達だからですよ」

ミサト「あなたは……?」

カヲル「それよりも、あの子を止めるほうが先決です」

サキエル「……」フンッ!!!

ゼルエル「……」ピカッ!!!

ドォォォン!!!

ミサト「くっ……」

カヲル「どうしてだい?ゼルエル?みんなは和解の道を選んだんだ。君だけだよ、我侭を言っているのは」

ゼルエル「……」

カヲル「もうやめるんだ。僕たちはリリンと分かり合える。シンジくんがそれを証明してくれた」

ゼルエル「……」

カヲル「さあ、もう帰ろう」

ゼルエル「……」ピカッ!!!

カヲル「君は……どこまで拒絶するんだい?」

ドォォォン

ラミエル「……」キャーキャー

使徒がたくさん、それもカヲルくんまでくるなんて胸圧

カヲル「ラミエル?大丈夫かい?」

ラミエル「……」キャー

カヲル「君の心の壁でも、ゼルエルの拒絶は防ぎきれないか」

ラミエル「……」キャー

カヲル「いいよ。謝らなくて。もう少しの辛抱だ」

カヲル「きっと……シンジくんは来てくれるよ」

サキエル「……」

シャムシエル「……」ニョロニョロ

ゼルエル「……」シュルルル!!!

シャムシエル「……」パシンッ!!!

カヲル「みんな……」

ゼルエル「……」ピカッ!!!!

ラミエル「……」キャーキャー

カヲル「まずい!!!」

ミサト「くっ……!!」

クラスに一人はいたよなゼルエルみたいなやつ
何故か学校祭とかで意外な特技を発揮することが多い

>>616
飛び抜けて二人三脚がはやい奴らがいたな

避難シェルター

ドドン……

シンジ「……」

シンジ「アスカと綾波は説得してくれたかな……」

シンジ「……みんな……」

ドゴォォォン!!!!

シンジ「え……?」

参号機「……」

シンジ「き、君は……?」

参号機「……」プシュー

シンジ「乗れって……言っているの?」

参号機「……」コクッ

シンジ「そんなの……無理だよ……僕が乗ったら……みんなを……」

参号機「……」フルフル

シンジ「違う?どうして……僕は弱いんだ……弱いから、君を傷つけたのに……」

参号機「……」

シンジ「ごめん……」

参号機「……」ガリガリ

シンジ「……何を書いてるの……?」

参号機「……」

みんな シンジさん が すき だから まもりたい 

シンジ「ごめん……僕は……」

参号機「……」ガリガリ

わたし たち は シンジさん が いないと きっと しんでいた

シンジ「……」

シンジさん が こまって いる なら たすけたい きょうりょく したい

参号機「……」ガリガリ

シンジさん の おともだち も まもりたい だから ちから を かして ください

シンジ「僕は……僕は……」

参号機「……」

俺もこんなやさしい友達ほしかった

ネルフ本部

ゲンドウ「もう一度だ」

初号機「……」プシュー

ゲンドウ「なぜだ……ユイ……」

ドォォォン!!!!

ゲンドウ「……!」

ゼルエル「……」

ミサト「司令!!逃げてください!!加勢してくれた使徒はみんなやられました!!!」

ゲンドウ「……」

初号機「……」

ゼルエル「……」コォォ

ゲンドウ「……」グッ

ミサト「碇司令!!!」

参号機「―――うわぁぁぁぁぁ!!!!!!」ガキィィィン!!!!!

ゲンドウ「なに……!?」

参号機きた!

使途がみんなして倒れてるとかシュール

>>644
想像したらフイタwwww

ゼルエル「……?!」ピカッ!!

参号機「アァァァァァ!!!!!!」ガキィィン!!!

ゼルエル「……!!!」

ミサト「あれは……参号機?!」

参号機「ミサトさん!!!」

ミサト「カタパルト、外して!!!」

ガチャン!!

参号機「くぅぅぅぅ!!!!」

ゼルエル「……」バキィン!!

シンジ『行こう……君の力、信じるよ』

参号機「……」コクッ

ゼルエル「……」

参号機「……君を説得してみせる。必ず」

アスカ『シンジ……聞こえる……?』

シンジ『アスカ?!大丈夫?!』

アスカ『来るのが遅いのよ……』

シンジ『ごめん……』

アスカ『零号機が中に取り込まれているわ……』

シンジ『綾波が?!』

アスカ『ええ……きっと……たすけ―――』

シンジ『アスカ?!』

ゼルエル「……」シュルルル

参号機「くっ……!!」ガキィィン

シンジ『パワーが違いすぎる……』

参号機「オォォォォォォ!!!!!!!」

シンジ『ごめん……そうだよね……諦めない……』

シンジ『綾波を助けないといけないし……』

ゼルエル「……」

シンジ『あと……使徒も!!』

参号機「オォォォォォォ!!!!!」

サルベージくる?

カヲル「流石はシンジくん……来てくれると思っていたよ……」

ミサト「大丈夫なの?」

カヲル「平気です。それよりも」スタスタ

ゲンドウ「貴様は……」

カヲル「お借りしても構いませんよね?」

ゲンドウ「初号機に乗るのか……?」

カヲル「彼の心の壁を破るにはシンジだけでは足りませんから」

ゲンドウ「……」

カヲル「信用、できませんか?」

ゲンドウ「いや……いいだろう」

カヲル「どうも」

カヲル「さあ、行こうか。アダムの分身、リリスのしもべ」

初号機「……」

カヲル「―――君の大事な人を守るために」

初号機「グォォォォォ!!!!!!」

カヲル君も参戦か

ゼルエル「……」ピカッ!!!

ドォォォン!!!!

参号機「うわぁぁぁぁ!!!!」

ゼルエル「……」

参号機「く……そ……」

ゼルエル「……」シュルルル!!!!

初号機「オォォォォ!!!!」ガシッ!!!

参号機「え……」

カヲル「立つんだ。碇シンジくん」

参号機「君……は?」

カヲル「カヲル……渚カヲル。君のファンだ」

参号機「ファン……?」

カヲル「呼びかけるんだ」

参号機「誰に?」

カヲル「ゼルエルは不幸にも君の親愛なる人を取り込んだ。外と内からならゼルエルの心の壁は瓦解するかもしれない」

まあカヲル君も使徒だし、シンジはアイドルみたいなものか

おまいらがATフィールド全開にしたらどうなるのっと

参号機「でも、どうしたら……」

カヲル「こうするのさ!!」

初号機「グオォォォォ!!!!!」ガギィィン

ゼルエル「……」シュルル!!

初号機「オォォォ!!!」

マヤ『初号機、左腕損傷!!!』

カヲル「そんなもの、通用するとおもっているのかい?」

初号機「オォォォ!!!!」

マヤ『初号機の左腕、再生!!』

ミサト『なに……どうして?!』

初号機「オォォォ!!!」ガキィィン!!!

ゼルエル「……!!」

カヲル「さあ、シンジくん。動きはとめたよ。今しかない。彼女に呼びかけるんだ」

参号機「何を……どうしたらいいのか、わからないよ、カヲルくん!!」

カヲル「悩む必要なんてない。君も彼女も想いは一つのはずさ」

>>695
部屋から出る

確かカヲルってその気になればエヴァ全機同時に操ることもできるんだっけ…

レイ「ここは……どこ……?」

…………

レイ「私は……失敗したのね……。碇くん……ごめんなさい……」

……な……

レイ「……」

……あや……み……

レイ「え……?」

綾波……!!

レイ「碇くん……?」

綾波……中から使徒を説得してほしいんだ。綾波ならできる。

レイ「私は……無理……」

綾波を信じる……だから、綾波も僕を信じて……!!

レイ「碇くん」

拒絶なんてできないぐらい……僕たちの心を使徒に……!!!

レイ「……分かったわ」

>>700
アダム系ならできるけどリリスから作られた初号機は無理だったと思う

串刺しになったリリスちゃんや
カチコチに固められて動けないアダムちゃんかわいそう…

>>704
しかもアダムちゃんはゲンドウの手の中に・・・

参号機「うわぁぁぁぁ!!!!A.T.フィールドを……!!」

ゼルエル「……!!」

参号機「ぶつけるよ……君に……僕の想いを!!」

ゼルエル「……」ピカッ!!

カヲル「させないよ」

初号機「オォォォ!!!!」ガキィィン

ゼルエル「……!!」

参号機「僕たちがどれだけ君たちのことを想っているか……知って欲しいから……!!」

レイ『私たちが……今まで使徒を通じて知った想いを届けたい……』

参号機「きっと君とも友達になれると思う」

レイ『私たちは貴方と分かりあえるわ』

ゼルエル「……!!!」

参号機「ただ分かって欲しい……」

レイ『ただ感じて欲しい……』

シンジ・レイ『―――ヒトの心を!!!!』

バリィィン……!!

マヤ「使徒のA.T.フィールド消失!!」

ミサト「やったの……?」

参号機「……」

ゼルエル「……」

参号機「ごめん……少し強引なやりかたで……言葉じゃ、どうしても君には届かないって思って……」

ゼルエル「……」フルフル

参号機「え?」

カヲル「君たちの心、とてもよかったって言ってるよ」

参号機「そうなの?」

ゼルエル「……」コクコク

参号機「あ、えっと、綾波を返してくれるかな?」

ゼルエル「……」ペッ

参号機「うわ?!吐き出さないでよ!!」

カヲル「ゼルエル……そういう返し方は下品じゃないかな……?」

ゼルエルwwww

吐き出された綾波は裸・・・・ゴクッ

>>730
興奮した

ゼルエル「……!」ビクッ

カヲル「お仕置きが必要だね……」

ゼルエル「……」ウルウル

カヲル「謝っても遅いね。そもそも、君は我侭が過ぎたわけだし」

ゼルエル「……」ポロポロ

カヲル「泣いてもだめだ。みんなも怒っているからね」

ゼルエル「……!!」ビクッ

サキエル「……」コキコキ

シャムシエル「……」ニョロニョロ

ラミエル「……」キャー

ゼルエル「……」ポロポロ

参号機「カヲルくん……その辺で……」

カヲル「わかっているよ、シンジくん。では、僕たちはこのまま去るとしよう」

参号機「また……会える……?」

カヲル「それはわからない。でも、シンジくんが困っているなら、必ず現れるよ。みんなでね」

シンジ「君も友達になりたいの?」

キール「・・・///」キャー

ゼルエルたんきゃわわ.....///

キール「ロ・ワイヤル!!」

ガギエルはどうやって帰るのかな
サキエルが脇に抱えて…サーフボードみたいだな

>>743
ワロタww

ミサト「……行ってしまったのね」

シンジ「はい……」

マヤ「レイ!!大丈夫?!」

レイ「すぅ……すぅ……」

ミサト「すぐに運んで。アスカの回収もお願いね」

マヤ「はい!!」

ゲンドウ「……シンジ」

シンジ「はい」

ゲンドウ「よくやったな」

シンジ「いえ……僕じゃないです……」

シンジ「みんなが手伝ってくれたからです」

ゲンドウ「そうか」

シンジ「みんな……」

シンジ「またね……」

ゲンドウ(さて……最後の戦いか……)

最後・・・カヲルくん・・・?

数週間後

マヤ「使徒……もうこないみたいですね」

日向「ということは、ネルフも解体か」

青葉「そういうことになるか」

マヤ「……」

日向「どうした?」

マヤ「なんだが、嫌な予感がするんです。司令の姿も見えませんし」

青葉「俺もそれは思う。エヴァなんてものが―――」

ウィィィン!!ウィィィン!!!

マヤ「え!?」

日向「なんだ?!」

ミサト「第一種戦闘配置!!」

マヤ「何があったんですか?」

リツコ「最後の敵は、人間ね」

ミサト「エヴァの発進準備急いで!!攻めてくるわよ!!」

司令室

冬月「ゼーレめ……もう無駄な足掻きとしりながら……」

ゲンドウ「ああ……補完計画は失敗だ……」

冬月「……気のせいかな。碇の顔が綻んでいるように思えるのは」

ゲンドウ「ユイには会えないままです。どうして悦ぶのですか」

冬月「いや……」

ゲンドウ「心の壁を無くし……一つに還元される……」

冬月「それを碇シンジは容易く達成させた」

ゲンドウ「形は違えど、立派な補完計画です、冬月先生」

冬月「そうだな」

ゲンドウ「エヴァ量産機……完成していると聞きましたが?」

冬月「それで補完計画を無理やり完成させようというのだろう」

ゲンドウ「だが……我々には……」

冬月「3機のエヴァと」

ゲンドウ「15体の使徒がいる……心が通じ合った、頼もしい仲間が……」

弐号機が量産機に喰われるやつか

ゲンドウ「15体の使徒がいる……心が通じ合った、頼もしい仲間が……」


かっこよすぎ・・

なんでお前らそんなエヴァ詳しいの?
会話ぜんぜんわかんないんだけど

>>779
わかんないなら消えろks

弐号機「おんどりゃぁぁぁ!!!!!」バキィィン

零号機「ふっ!!」ズガガガ

初号機「はぁぁ!!!」バキィィン

弐号機「あんたら、バカぁ?!使徒と心が通じたのに、ぬぁんで人間同士で争ってんのよぉ!!!」

零号機「使徒とも分かり合えたなら……人間と分かりあえるなんて簡単なはず」

初号機「みなさん!!攻撃をやめてください!!!」

ミサト『シンジくん!レイ!!アスカ!!上!!』

初号機「え……」

零号機「あれは……」

弐号機「エヴァシリーズ……完成していたの……?」

量産機「……」ニヤニヤ

量産機「……」ニヤニヤ

弐号機「はっ!!もっと雁首揃えてきなさいよ。一人一体も倒せないじゃない」

量産機「……?」

カヲル「―――お待たせ。どうやら心の無い人形のようだね。思う存分、暴れよう」

ゲンドウ『やつらはロンギヌスの槍を所持している。気をつけろ』

初号機「みんな!!」

サキエル「……」ダダダッ!!

量産機「グァァ!!!」ブゥン!!!

シャムシエル「……」ニョロニョロ

量産機「グォォォ!!!!」

カヲル「厄介な玩具を持っているね……なら……サハクィエル、落とすんだ」

量産機「?!」

ドォォォォン!!!!

弐号機「ちょっと!!!あっぶないわね!!」

カヲル「君なら避けると信じていたんだよ」

弐号機「広範囲攻撃は禁止よ!!」

カヲル「はいはい」

ラミエル「……」キャー!!!

量産機「グァァ?!」

参号機「オォォォ!!!!」ガキィィン!!

量産機「グォォ……!!!」ググッ

初号機「危ない!!」ガキィィン!!!

量産機「グァァ?!」

参号機「……」ペコペコ

初号機「お礼はいいから!!後ろ!!」

参号機「……!!」

量産機「グァァ!!!」ブゥン!!!

マトリエル「……」カサカサカサカサカサ

量産機「グァ?!」

マトリエル「……」ダラーッ

ジュゥゥゥゥ……!!

量産機「グォォォォ……!!!!!!」

初号機「溶けてる……すごいね」

マトリエル「……」ダラーッ

sage

量産機「……」オロオロ

弐号機「あんたでラストね……」

初号機「終わりだ……全部……」

零号機「ええ……」

カヲル「レリエル」

レリエル「……」フワフワ

カヲル「あの人形を海に沈めるんだ」

レリエル「……」フワフワ

ゴゴゴゴゴ……

量産機「グァァァ!!!!!」ジタバタ

カヲル「醜いね……心のない者は……この世で最も、醜いよ」

レリエル「……」フワフワ

カヲル「ありがとう、レリエル」

レリエル「……」フワフワ

初号機「ミサトさん!!量産機、殲滅しました!!」

今北産業

>>821
みんななかよし
心が
ポカポカする

ミサト『みんな、ありがとう』

カヲル「いえ。僕たちはシンジくんの友達として当然のことをしたまでです」

ミサト『そう……』

シンジ「カヲルくん……」

カヲル「なんだい?」

シンジ「これからも友達だよね?」

カヲル「勿論だよ。みんなもシンジくんとずっと友達でいたいと言っている」

シンジ「そうなんだ」

サキエル「……」コクコク

シャムシエル「……」プイッ

ラミエル「……」キャー♪

シンジ「ありがとう」

カヲル「だからこそ、シンジくんの傍にできるだけいたいっていう子もいるんだ」

シンジ「え?」

カヲル「そこで相談なんだ。シンジくん、友人として聞いてくれるかい?」

数週間後 港

リツコ「アスカ、いつでもいいわよ」

弐号機「はーい」

弐号機「おーい」

ガギエル「……」バシャーン!!!

弐号機「今日も元気ね」

ガギエル「……?」

弐号機「海のパトロール、いくわよ」

ガギエル「……♪」

弐号機「じゃあ、また乗せてもらうわよっと」

リツコ『アスカ、ほどほどにね。何も無いと思うけど』

弐号機「はいはい」

ガギエル「……」

弐号機「行くわよ!!出発!!」

ガギエル「……」スィーッ

ネルフ本部

マヤ「人工衛星に異常はないですか?」

アラエル『……』ナイヨー

マヤ「よかった」

ミサト「リツコは?」

マヤ「先輩ならアスカと海のパトロールに」

ミサト「ああ、そう」

ゴゴゴ……

ミサト「また、暴れてるわね……」

カヲル「申し訳ありません」

ミサト「ああ、カヲルくんには言ってないから」

カヲル「ところで今日の夕食はなにがいいですか?」

ミサト「んー、なんでもいいわよ。カヲルくんの料理、なんでもおいしいから」

カヲル「それは勿体無いお言葉です。僕はただ、みんなのお世話もお願いしてしまっているので、そのお礼をしているだけなのですが」

ミサト「だいじょーぶよ。みんなジオフロント内でいい子にしてるんだから。ちょっち、暴れるときもあるけどね」

初号機「サキエル……そろそろ、エヴァを格納庫に……」

サキエル「……」イヤイヤ

初号機「もう……またミサトさんに怒られるよ……」

シャムシエル「……」ガシッ

初号機「シャムシエルまで……どうしていうこときいてよ」

ラミエル「……」キャー♪

マトリエル「……」カサカサカサカサ

零号機「ラミエル、マトリエルを付回さないで。困っているわ」

ラミエル「……」キャー?

零号機「そう、いい子ね」ナデナデ

初号機「サキエル、シャムシエル?」

サキエル・シャムシエル「……」イヤイヤ

零号機「碇くん……もう少しだけいいと思うわ」

初号機「そうだね……やっと心の壁がなくなったんだ……もう少しだけ、みんなと一緒がいようか」

サキエル「……♪」ギュッ
                  END

>>222
ありがとう

このSSまとめへのコメント

1 :  十桜   2015年03月28日 (土) 23:17:20   ID: 5_MRGDVR

なにこれほっこり
このあとの日常的なやつも読みたい

2 :  SS好きの774さん   2016年11月21日 (月) 09:06:13   ID: KlNrFfio

好きだわこれ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom