安心院「童貞と処女は僕と人吉くんだけだせ?」善吉「えっ」(115)

っていうスレタイでお願いします。

善吉「え?」

安心院「だからこの漫画で未経験なのは僕と人吉君だけだぜ?」

善吉「未経験って何をだ?」

安心院「セックスに決まってるだろ」

善吉「えっ」

安心院「だから童貞と処女どうし、よかったら僕と君でエッチでもしないかい?初めてどうしでちょうどいいだろ」

安心院「球磨川くんもめだかちゃんも阿久根くんも喜界島さんもみんなもう経験済みなんだぜ?君も少し焦ったりはした方がいいと思うけど」

善吉「はああああぁぁぁ!?」

善吉「ちょっ、待て、安心院なじみ!めだかちゃんも経験済みってどういうことだ!?」

安心院「あれ、知らなかったのかい?めだかちゃんはすでに非処女だぜ」

善吉「」

善吉「う、嘘だ!俺は信じない!!めだかちゃんが非処女だと……!?」

安心院「おやおや、その取り乱しよう…人吉くんが処女厨だったとは。残念ながらめだかちゃんは非処女であり世間で言うところのヤリマンだぜ」

善吉「俺は処女厨なんかじゃねぇ!それにめだかちゃんが非処女でヤリマンだと…!?俺を騙そうとしたってそうはいかねぇぞ!!」

安心院「やれやれ…僕が嘘をつく必要性がどこにあるんだい」

安心院「だったらめだかちゃんの初体験の相手に聞いてみたらどうかな」

善吉「めだかちゃんの初体験の相手…? 誰だよそれは」

安心院「君もよく知っている相手さ」

善吉「もったいぶらないで早く言え」

安心院「球磨川くんだよ」

善吉「」

善吉「めだかちゃんの初体験の相手…? 誰だよそれは」

安心院「君もよく知っている相手さ」

善吉「もったいぶらないで早く言え」

安心院「球磨川くんだよ」

善吉「」

善吉「めだかちゃんの初体験の相手…? 誰だよそれは」

安心院「君もよく知っている相手さ」

善吉「もったいぶらないで早く言え」

安心院「球磨川くんだよ」

善吉「」

善吉「球磨川がめだかちゃんの初体験の相手…?ははっ、誰がそんな嘘信じるかよ!!」

安心院「そんなに言うんだったら僕のスキルでその時の映像を見せてあげるよ」

善吉「えっ」

~~~~~~~

球磨川『頼むよ、めだかちゃん。エッチさせてくれたら今度 こそ改心するからさ』

めだか「だがしかし…私はまだそういう事をしたことがないからな…」

球磨川『めだかちゃん処女なんだ。だったらちゃんと優しくするからさ』

めだか「むぅ……」

球磨川『大嘘憑き』 『めだかちゃんの処女を』 『無かった事にした!』

パンパンッ

めだか「うぅ……ぐう!」

球磨川『大嘘憑き』 『めだかちゃんの処女を』 『無かった事にした!』

パンパンッ

めだか「うぅ……ぐう!」

球磨川『大嘘憑き』 『めだかちゃんの処女を』 『無かった事にした!』

パンパンッ

めだか「うぅ……ぐう!」

球磨川『大嘘憑き』 『めだかちゃんの処女を』 『無かった事にした!』

パンパンッ

めだか「うぅ……ぐう!」

球磨川『大嘘憑き』 『めだかちゃんの処女を』 『無かった事にした!』

パンパンッ

めだか「うぅ……ぐう!」

球磨川『お願いだよ、エッチさせてくれたらちゃんと改心するからさ』

めだか「……その言葉、本当だな?』

球磨川『じゃあエッチしてくれるんだね?』

めだか「……これ一回きりだぞ」

球磨川『分かってるよ。じゃあそこのホテル行こうか』

~~~~~~~

善吉「な、な、な、な………!!!!」

安心院「な?言った通りだったろ」

善吉「そんな…めだかちゃんが……嘘だ……」

安心院「ちなみにしてる最中の映像もあるぜ」

めだか「んっ…!あっ!!あっ、あっ、ああああ~~~!!!」

球磨川『めだかちゃんの中、すごい気持ちいいよ』パンパンッ

善吉「やめろぉぉぉぉぉ!!!!!!!」


善吉「めだかちゃんが非処女…しかも初体験の相手は球磨川……」

安心院「俺らの同期の初体験はだいたいめだかちゃんだからな(善吉の声真似)」

善吉「……は?」

安心院「君がこの台詞を言わないのは何故だろうと思ってたけど知らなかったのならしょうがないか」

善吉「なんだよそれ…どういう事だよ……」


安心院「この一件以来めだかちゃんは『頼めばヤらせてくれる女』として有名になってねぇ」

安心院「君の同期の初体験はほとんどめだかちゃんのはずだぜ。初キスもめだかちゃん、初体験もめだかちゃんとは羨ましい」

善吉「嘘…だろ……!?俺はそんなの知らない……」

安心院「どうやらみんな君に気を遣って君にだけはバレないようにしてたみたいだねぇ」

善吉「うわあぁぁぁ!!!!」

球磨川『どうしたんだい、善吉ちゃん。大声なんか出しちゃって』

善吉「球磨川ァァァァァ!!!!てめぇだけは許さねえぇぇぇ!!!!!」

球磨川『ちょ、ちょっと待ってよ、いきなりなんだよ』

安心院「落ち着きなよ人吉くん。スキル発動っ」

善吉「ぐっ…!!体が動かねぇ……!!!」

安心院「球磨川くんは今のうちに帰った方がいいね。ほら早く」

球磨川『なんだか訳が分からないけどそうするよ、じゃあね善吉ちゃん』

善吉「待てコラァァァァァァァ!!!!!」

安心院「まったく…幼なじみの処女が奪われたくらいで何を騒いでるんだい」

善吉「くそっ!!安心院なじみ!!俺を離せよ!!スキルを解け!!」

安心院「あーあ、これだから童貞は。余裕のなさ丸出しだよ」

善吉「なっ……!!」

安心院「一応言っておくけど」

安心院「黒神めだかも球磨川禊も阿久根高貴も喜界島もがなも不知火半袖も黒神くじらも黒神まぐろも鍋島猫美も雲仙冥利も江迎怒江も」

安心院「みーんな経験済みさ」

善吉「ゴフッッ!?」

安心院「ひとよしぜんきちは100のダメージをくらった!」

安心院「だから言っただろ?この漫画で処女とか童貞とかそういうダサい属性を未だに付加させてるのは」

安心院「君 と 僕 の 二 人 だ け さ 」


安心院「だからさ、僕とエッチしようぜ。君の幼なじみのヤリマンと違って僕は処女だし、顔も悪くないと思うし、人吉くんの事も大好きだよ?」

善吉「誰がっ…お前なんかとするか!!」

安心院「そういうなよ。だいしゅきホールドもおまんこクパァもお掃除フェラもちゃんとやってあげるぜ?」

善吉「お前…未経験ってのは嘘だな!!処女がそんなこというはずねぇだろ!! 」

安心院「新ジャンル『頭はビッチ、体は処女』」

善吉「くそおぉぉぉぉぉ!!!!大好物だァァァァァ!!!!!」

安心院「君の好みなんか重々承知さ。君をおいて処女を卒業したクソ幼なじみや同級生、先輩のことなんて忘れて僕と一緒に快楽に溺れようぜ」

善吉「あ…あ…あぁ……」

安心院(あと一押しかな)

安心院「人吉くん…僕…初めてだから優しくしてね……?」ポッ(頬を赤らめながら上目使い)

善吉「!!??」ズギューン

安心院「女の子にここまで言わせておいて何もしないつもりかい?」

善吉「ちくしょォォォォォォ!!!!!」

安心院「あんっ…!んっ…んんっ…!!ダメっ、そこ、気持ちいい!!」

善吉「くっ…もうイキそうだ……!!」パンパンッ

安心院「いいよ…中に出しても……僕は妊娠しないから…人吉くんのせーえき、僕の中にいっぱいちょうらい…?」

善吉「ダメだっ!!もうイクっ!!!」パンパンッ

安心院「あっ、あっ、あっ!!いいよ、いっぱい出して……!!僕の中に人吉くんのおちんぽみるくいっぱい出して…!!んっ、んっ、んんんん~~~!!!!!」


安心院「……と、いうわけで人吉くんの子供を妊娠しちゃいました」

善吉「は?」

安心院「人吉くん、あんなにいっぱい僕に膣出しするんだもん……///」

善吉「え、え、え」

安心院「ほーらこの人がパパでちゅよー」お腹ポンポン

善吉「はあぁぁぁぁぁぁ!?妊娠しないってのは嘘かよ!!」

球磨川『善吉ちゃん、騙されちゃったみたいだねぇ。安心院さんも人間なんだし妊娠くらいするよ。そもそも、めだかちゃんが僕とエッチなんかしてくれるわけないじゃない』

球磨川『主人公の幼なじみが他の女キャラを妊娠させるとかジャンプではご法度だよ。これでめだかボックスも打ち切りかぁ』

球磨川『安心院さんはこの漫画を終わらせたかったみたいだし、してやられたって感じだね』

善吉「え…だって映像もちゃんと……」

球磨川『偽造するスキルとか錯覚させるスキルとかたくさんあるんじゃない?』

善吉「……あ」

めだか「善吉……お前という奴は……」ワナワナ

もがな「フケツ……」

球磨川『やれやれだせ』

半袖「あっひゃっひゃっひゃっ!!人吉くーん、ゴムはちゃんと付けないとダメだよ」

高貴「これはちょっと……」

くじら「……見損なったぜ」

瞳「真面目でいい子だと思ってたのに……!!」ウワーン

善吉「や、や、や……」



善吉「やっちまったぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」


完ッッッ!!!!


このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom