許嫁「死んで」(23)

の暴言から始まる罵詈雑言に耐え切れなくなった男がキレて絶望エンドまっしぐらなハートフルストーリーをお願いしました

すいません閃いたんで始めます



ーー学校



許嫁「男君、一緒にご飯食べましょう!」

男「えっ?う…うん」

友「はは、いつもながらアツいなー」

許嫁「へへっ、そんな」ギュッ

男「(あ…あったかい…)」ポ-ッ


ギリッ

男「お別れだね」

男「僕、幼馴染と付き合ってるんだ」

男「行こう幼馴染」

幼馴染「うん♪」

許嫁「……」


になるわけね

書くのね

支援

男「(っ!?つ、爪が、食い込んで…)」

許嫁「何ニヤけてんのよ」ボソッ

男「っ…」ゾッ

許嫁「とにかく屋上まで来なさい」

男「…はい」

屋上


許嫁「本当、あの顔は何?気持ち悪いったらない」

男「…」

許嫁「いつも言ってるけど、私がこうしているのはお父さんのため、家のためよ」

男「…はい」

許嫁「だからうぬぼれないでちょうだい、寒気がするわ」

男「…っ」

許嫁「じゃ、私は弁当を食べるから話しかけないでね」

男「…え?…あ、あの…」

許嫁「……何?」

許嫁「……まさか、まさかとは思うけど」

許嫁「私があんたなんかに作って来たとでも?」

男「っ…いや、…」

許嫁「さっさと購買に走って来れば?」

男「…はい」


ガシャン…


許嫁「ああ、せいせいするわ」

許嫁「何であんなに気持ち悪いのと」

………


男「(パンで良いか…)」チャリン


男「…」テクテク


ガシャン



シ-ン


男「許嫁…あ、もう居ない……」

男「…」モグモグ

男「どうしてこうなっちゃったんだろ…」

教室


ガラッ


許嫁「あ…男君、戻ってきたのねっ」ギュッ

男「う、うん」

許嫁「…こんなのが隣なんて」

男「…っ」

「で、今日は新しい章に入るから……」


男「(…どうすれば許嫁さんに許してもらえるのかな…)」

「ーーその前に答え合わせをするか。男、ここの解は?」

男「(……)」

「…男?」

男「…!は、はいっ」


許嫁「……」

許嫁「問題4よ」ボソッ

男「!!…41です」

「正解、次はーー」

男「助かった…ありがとう」

許嫁「こんなのも分からないなんて」ボソリ

男「っ…ごめん…」



許嫁「……」カリカリ

男「…」カリカリ

許嫁「…」カリカ…

許嫁「…あ」


許嫁「(消しゴム…あれ?)」ゴソゴソ

男「…?(どうしたんだろう…探し物…消しゴム?)」

許嫁「」ゴソゴソ

男「…これ、いる?」スッ

許嫁「え……あ、どうも…」



許嫁「…」ケシケシ

男「(…少しは許してくれたかなぁ…)」

許嫁「…はい」スッ

許嫁「あんたがどんな考えで貸したかなんて分かるわ、こんなので思い上がらないでよ」

男「っ…はは…」




帰路


男「(一緒に門を出たは良いものの、すぐに違う道に行っちゃって…)」ハア

男「(なんとか仲良くしたいけど…どうやって?)」


男「(…って、この駐輪場、自転車がドミノ倒しになってるよ…はぁ…)」

男「まったく…よっ…と…」ガシャ



許嫁「」スタスタ

許嫁「…あっ」ササッ


許嫁「(何でまたあんなのと鉢合わせに…)」ソ-ッ

許嫁「(…?何をして…?)」

男「」ガチャッ


許嫁「…あいつ、倒れた自転車を…」



スーツ男「おい、てめえ邪魔だよ」

男「っ…すみません」

許嫁「!!…」


スーツ男「チッ…こんなので自分優しいとでも思ってんのかよ」

ドンッ

スタスタ…

男「すみません…」


許嫁「……」

男「はぁ…」カチャ


ガチャッ

男「え?……許嫁!?」

許嫁「…たまたま通りがかっただけ。話しかけないで」

男「っ…うん…」

許嫁「あと、それと…」

男「…?」

許嫁「さ、さっきの消しゴム…ありがと」

男「!」


同級生1「ーー」

同級生2「ーーー」


許嫁「!!…男君、駅前のお店に行かない?」ギュウッ

男「なっ!?」


ギリッ

男「っ」

許嫁「勘違いしないで」ギロッ

男「…うん……」





男「……」


男「…………」

すまんな
方向性を見失った


>>3の続き頼みます

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年08月13日 (土) 16:51:49   ID: X04OFE9g

許嫁死ね死ね

2 :  SS好きの774さん   2017年03月07日 (火) 21:28:52   ID: tFnj0SiL

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom