ナツル「会長と付き合う」雫「そう・・・え!?」(135)

雫「ナツル・・・貴方何て言ったの?」

ナツル「会長と付き合う」

雫「・・・そうだわ!買い物ね。買い物に付き合うと」

ナツル「何を言ってるんだよ?けんぷファーの事が全部終わったから会長の告白の返事してるんだろ?」

雫「紅音や水琴の告白は?」

ナツル「二人とも断ったよ」

雫「・・・ホントに?」

ナツル「なんでこんな大事な時に嘘をつかなきゃいけないんだよ」

雫「・・・・・・」

ナツル「会長?」

雫「・・・まあ当然ね。流石はナツルだわ」

ナツル「なんか動揺してなかった?」

雫「そんなわけ無いじゃない。私は当然ナツルが私を選ぶと確信を持っていたから」

ナツル「そ、そうか?そうだよな、あの会長だもんな」

雫「(やった!やった!やった!!)」 ドキドキ

雫「ところでナツル?」

ナツル「なんだよ会長?」

雫「いいかげんに私の事は名前で呼んでくれないかしら?」

ナツル「たしかに・・・恋人同士で会長ってよぶのもな・・・」

雫「(恋人・・・・)」 ワクワク

ナツル「じゃあ雫でいいか?」

雫「もちろんよ」


雫「(やった!)」

雫「正直言って私は振られると思ってたわ」

ナツル「何でだよ?あんなに自信満々で告白しておいて」

雫「あんなに自信満々で告白したのに返事がもらえなかったからよ」

ナツル「返事ならいましたじゃないか?」

雫「告白した時の話よ」

ナツル「ああ、そうか」

雫「告白してYesが貰えなかったら普通は諦めるわ。それが常識よ」

ナツル「でも会長・・・じゃなくて雫は諦めてなかったじゃないか?」

雫「そうね。でも、いい返事は貰えないと思ってたわ」

雫「なんでナツルは紅音や水琴じゃなくて私を選んだの?」

ナツル「わからん」

雫「・・・はい?」

ナツル「正直言ってなんで雫を選んだのかわからないんだよな」

ナツル「ぶっちゃけ、まだ沙倉さんに操られていると言われたら納得しちまいそうだ」

雫「・・・何よそれ」

ナツル「でも、真剣に考えた時に雫がいいと思ったんだよ」

雫「・・・・」

ナツル「前に雫が言ってたように俺と雫が付き合うのは決まっていたんだろうな」

雫「よくそんな前の言葉を覚えているわね」

ナツル「覚えているというより覚えさせられた感じだけどな」

ナツル「俺の中で雫は、怖い黒い腹黒い会長で人の心の中に勝手に侵入してきたイメージだから」

雫「自分が付き合う女に言うとは思えないイメージね・・・」

ナツル「いまさらそんなので怒らないだろ?」

雫「そうね・・・今日の私はとっても気分がいいわ」

ナツル「まあ、会長も黒いだけじゃないってわかったしな」

雫「どういうこと?」

ナツル「雫って自分の事を自慢しないだろ?」

ナツル「ただ周りが勝手に評価してるだけで雫自身はそれにウンザリしてるのもわかったし」

雫「つまり、どういう事かしら?」

ナツル「俺は生徒会長じゃなく三郷雫っていう普通の女の子に惚れたってことだよ」

雫「私はそう言ってくれる貴方が好きよ」

ナツル「そ、そう・・・」

雫「ところで楓の事はどう思ってるの?」

ナツル「沙倉さんは俺の女神だ!」

雫「私と楓ならどっちがすー」

ナツル「沙倉さん!」

雫「(何で私はこの人が好きなんだろう・・・・・・)」

自宅

ナツル「と言うわけで会長と付き合う事にした」

ハラキリトラ「はっーはっ!はっ!はっ!それはよかったじゃないですかwww」

ナツル「何故笑う?」

ハラキリトラ「だってwwwあのナツルさんがですよwwwよりにもよってあの人と付き合うなんてwww」

ナツル「捨てていいか?」

ハラキリトラ「すみませんでした」

ナツル「てか、なんでお前はまだしゃべれるんだ?」

ハラキリトラ「だって、私がいないと皆が寂しがるでしょう?」

ナツル「そうなのか?」

ハラキリトラ「そりゃそうですよ!漫画で言うなら私はメインヒロインですよ。入浴シーンとか放送しちゃうくらいに私は人気なんですから」

ナツル「誰に?」

ハラキリトラ「この人達とか?」 ((・⊥・)) ジーー

ナツル「じゃあ、他の臓物アニマルもまだしゃべるのか?」

ハラキリトラ「残念ながら喋れるのは私だけみたいです」

ナツル「なんでだよ?」

ハラキリトラ「モデレーターは登場人物が増えると面倒だと言ってましたよ」

ナツル「なんだそれ?」



ナツル「っー~!よく寝た・・・」

ハラキリトラ「おはようございます」

ナツル「おう」

ハラキリトラ「お客さんが来てますよ」

ナツル「こんな朝早くに?」

ハラキリトラ「はい」

ナツル「鍵が掛かってるのに?」

ハラキリトラ「はい」

ナツル「泥棒か!?」

雫「貴方の彼女よ」

ナツル「うわぁ!何で会長が!?」

ハラキリトラ「昨日彼女になったって言ってたじゃないですかwww」

ナツル「ああ、そうだった・・・嫌でもなんで雫がいるの?」

雫「朝ごはんを作りに来たのよ。早くしたくしないと遅刻するわよ」

ナツル「でも、鍵は?」

雫「あらやだ!コンロの火を消し忘れてたわ」

ナツル「おい、ちょっと待て」

ナツル「ゴハンに焼き魚に味噌汁か」

雫「気に入らない?」

ナツル「いや、俺好み」

雫「そう、喜んでもらえて嬉しいわ」

ナツル「で、鍵の件だけど」

雫「いただきます」

ナツル「鍵の件だけど!」

雫「しつこいわね・・・そこまで言うなら合鍵を渡しなさい」

ナツル「鍵は一つしかねえよ」

雫「貴方は自分の彼女が毎朝ピッキン◯して朝ごはんを作るのが好きなの?」

ナツル「今日、学校が終わったら作ろう!」

雫「そろそろ行かないと本当に遅刻するわよ」

ナツル「ああ、そうだな」

雫「一緒に登校なんて久しぶりね」

ナツル「ちょっと待て」

雫「何かしら?」

ナツル「一緒に登校するのか?」

女子生徒達 ガヤガヤ ワヤワヤ

男モブ ざわ・・・ざわ・・・

ナツル「なあ・・・」

雫「何かしら?」

ナツル「めっちゃ見られてるんだけど」

雫「ただ並んで歩いているだけじゃない?」

ナツル「でも・・・」

雫「何、腕でも組みたいの?」

ナツル「やめてくれ、殺される」

ナツル「ただでさえ男女が親しいだけで東田みたいなボンクラ共の怒りを買うって言うのに」

雫「大丈夫よ。私は生徒会長だから」

ナツル「理由になってねえよ」

沙倉「雫ちゃん・・・とナツルさん!?」

ナツル「沙倉さん!!!」

雫「(ムッ・・・)」

沙倉「キャーキャー!雫ちゃんが男の子と一緒に登校してる!!」

ナツル「さ、ささ、沙倉さん!これはー」

雫「私達付き合う事にしたの・・・だから一緒に登校するのは当然よ」

ナツル「おおおおおおい!!!」

沙倉「きゃー!本当に付き合ってるんですね!!ナツルさん?」

ナツル「あ、あー・・・うん(ぐぬぬ・・・まさか開口一番にバレるのが沙倉さんとは)」

沙倉「雫ちゃんおめでとう!」

雫「ええ、ありがとう。楓」

沙倉「私も一緒に登校していいですか?ナツルさん」

ナツル「はい!もちろんです」

雫「(ムカムカ)」

教室

ナツル「会長と別れた瞬間に嫉妬にかられたボンクラを巻くのが大変だった」

東田「オイオイ!貴様今朝のは一体どう言う事だ!?」

ナツル「ここにも哀れな男がいたな」

ナツル「聞きたいんだけど、今朝の俺ってどんな噂になってるの?」

東田「どんなのって・・・自分で分かるだろ?」

ナツル「まぁ・・・な。でも、一応他人がどう噂してるか聞きたいんだよ」

ナツル「(どうせ会長が瀬能ナツルをペットとして一緒に登校してきた!とかだろう)」

東田「一応、女子との総合的な噂では、瀬能ナツルが学校の二大美女の沙倉楓と生徒会長の三郷雫を両手に花状態で登校してきた。となっている」

ナツル「なん・・・だと?」

なぜ、この時期に書こうと思ったのか

ナツル「まてまて・・・会長だけならまだしも何故沙倉さんまで・・・」

ナツル「あああ!!!そう言えば途中で沙倉さんと合流してたんだ!!」

東田「やっぱり本当なのかぁあああああ!!!」

>>43
この前、ふと読み返して最終巻に納得がいかなかったから

ナツル「会長はともかく、沙倉さんと一緒に登校なんてした男子がいたら俺でも切れるわ・・・」

東田「てか、お前だよ」

ナツル「何て不幸なんだ・・・」

東田「実は不幸がまだあるぞ」

ナツル「なんだよ?」

東田「さっきから教室の外で息を巻いてる連中がいるよな?」

ナツル「三郷雫様に罵ってもらう会のボンクラ共だろ?さっき殺されそうになったよ」

東田「残念ながらそれだけではなく、汚れなき雫様を護るため近寄る連中を皆殺しにする友の会の奴らがお前をターゲットとして動き出したらしい」

ナツル「な・・・本当に存在したのか!?」

10分だけ飯食ってきます

ナツル「汚れなき雫様を護るため近寄る連中を皆殺しにする友の会って・・・」

東田「ああ、都市伝説と言われ空想の部活動だと思われていたが、存在していたらしい」

東田「奴らが動くと言う事はお前の命も今日限りだろう」

ナツル「俺が何をしたと言うんだ!」

東田「うるせぇ!美女を二人も連れて登校なんてするリア充は爆発しちまえ!」

東田「実際に噂の信憑性はどうなんだよ?」

ナツル「もしも、だぞ?」

東田「ああ」

ナツル「俺が会長と付き合ったなんて言ったらどう思う」

東田「俺の耳かお前の頭がイかれたと思う」

ナツル「だよな・・・」

ナツル「まぁ、あれだ・・・噂は適当にしてくれ」

東田「あ、おい!」

ナツル「なんだよ・・・・?」

東田「お前とは長い付き合いだからな、噂はただの勘違いだと知っている」

ナツル「ひ、東田ぁ・・」

東田「でも、汚れなき雫様を護るため近寄る連中を皆殺しにする友の会や三郷雫様に罵ってもらう会の連中はもう止められないだろう」

ナツル「あれだけ噂になればな・・・」

東田「死ぬなよ・・・」

ナツル「ああ」


先生「君達、授業中は静かにしなさい!」

原作終わったのか
ついでに幼馴染とくっついたのか?

昼休み

キーンコ~ンカーコ~ン

三郷雫様に罵ってもらう会「野郎共!!制裁の時間だぁああ!!」

汚れなき雫様を護るため近寄る連中を皆殺しにする友の会「パーリィ!パーリィ!FUOOOOOOOOOO!!」

ナツル「来たか!?何、もう逃げ道がない!!」

三郷雫様に罵ってもらう会「これは断罪だ!俺達のファンサービスで貴様をぶっ壊す!!」

汚れなき雫様を護るため近寄る連中を皆殺しにする友の会「キェレレレエレレエレ!!!」

雫「ナツルいる?」 ガラッ!

東田「生徒会長だと!?」

ナツル「会長が来た瞬間に 三郷雫様に罵ってもらう会 と 汚れなき雫様を護るため近寄る連中を皆殺しにする友の会 の霊圧が消えた・・・?」

>>58
捨てられました

雫「朝言い忘れたわ、一緒にお昼にしましょう?」

ナツル「あ、ああ・・・」

東田「せせせ、生徒会長!なんで生徒会長がこいつと昼を!?てかうちの学校のは」

雫「ん?私と瀬能君が一緒にお昼を過ごしたらダメかしら?そんな理由がある?」

東田「そ、それは・・・無いと思います」

雫「いい子ね」

東田「あ、はぁ~い」

雫「今のうちに行っておくけど、私はこれでも非合法の部活動は多めに見ている方よ・・・」

雫「後は言わなくても分かるわね?」

ナツル「助かった・・・のか?」

雫「ナツル行くわよ」

ナツル「・・・うん」

屋上

雫「ここも久しぶりね」

ナツル「こんな事していいのかよ?」

雫「何が?」

ナツル「ここは男女交際禁止だろ?」

雫「でも、皆隠れて付き合っているわ」

ナツル「だけど、堂々と一緒に昼は」

雫「別に男女が一緒にお昼を共にするのは禁止していないわ」

ナツル「確かに」

雫「そして、私達が一緒にお昼を過ごしても誰も男女交際と思う人もいないわ」

ナツル「うむ・・・」

雫「つまり、問題無いわ」

ナツル「そう・・・なのか?」

ナツル「てか!俺弁当無いぞ」

雫「知っているわよ。朝一緒にいたんだから」

ナツル「ちょっと購買に行って買ってくる」

雫「その必要は無いわ。ナツルの分も作って来たから」

ナツル「え」

ナツル「何か朝も作ってもらったし悪いな・・・」

雫「いいのよ。私が好きでやってるんだから」

ナツル「じゃあ、いただきます」

雫「ここで一つ問題があるわ」

ナツル「何だよ。数学か?」

雫「そっちの問題じゃ無いわ」

ナツル「じゃあ何?」

雫「箸が一膳しかないわ」

原作は外伝(1/2が付く巻数)が面白かった

雫「仕方ないわね。私がナツルに食べさせてあげるわ」

ナツル「お、おい、ワザとー」

雫「はい・・・あーん」

ナツル「・・・あーん」

ますみ「じーー・・・」

ナツル「・・・」

ますみ「・・・」

ますみ「ここここお、こぃおおおれは!!スクープです!」

ナツル「うぉおおお!ますみちゃん!?何でここに!?」

雫「どうせ私がナツルをお昼に誘った噂を聞きつけて来たんでしょ?」

ますみ「流石は生徒会長三郷雫さんです!!しかし、このスクープ!たとえ相手が生徒会長だろうと新聞部として見逃せません!!」

雫「参ったわ・・・そうそうに私とナツルの関係がバレるなんて・・・」

ナツル「(計算してたな・・・)」

ますみ「ぶっちゃけたところ!お二人は付き合っているんですか!?」

ナツル「そ、それはー」

雫「そうよ」

ナツル「ou・・・」

ますみ「きゃー!!いつからなんですか!?実はプラトニックな関係で?」

雫「付き合ったのは昨日からなのよ・・・今までずっと私の片思いでそれがやっとみのったのよ」

ナツル「うわわわ・・・・」

ますみ「まさかの純愛会長だったわけですね!?」

雫「ええ、でも彼に振り向いてもらう為に積極的に頑張ったわ」

ますみ「しかし、生徒会長が公式に男女交際宣言とはいいんですか?」

雫「仕方ないじゃない。好きになっちゃったんだから」

ますみ「大胆発言ゲットです!!失礼しました!!!」

ナツル「あ!い、行っちゃった・・・・」

雫「私達の関係バレちゃったわね」

ナツル「雫がバラしたーあん!?」 パク

雫「美味しい?」

ナツル「美味い・・・」

雫「別にいいのよ。だって、私達は所詮高校生なんですもの」

ナツル「でも、流石に生徒会長が校則破ったら問題だろ?」

雫「私に何か言ってくるなら、その時は校則の男女交際を解除させるわ」

ナツル「そんなの・・・雫ならできそうだ」

雫「できそうじゃなくて、するのよ」

雫「それより、この後はどうする?」

ナツル「どうするって?」

雫「学校が終わった後は、ナツルの家に行く?それとも・・・わ・た・し?の家かしら」

ナツル「それはー・・・」

ナツル「おかしいぞ?昼休みが終わったのに、余計に疲れたぞ?」

東田「おいナツル!会長との関係を教えてもらうからな!!」

ナツル「もう勘弁してくれ・・・その事ならますみちゃんが200%くらい話を盛って明日記事にするからそれを見てくれ」

東田「ますみちゃんが?お前って奴は会長だけじゃなく他の女の子とまで一緒にいたのか!?」

ナツル「取材だよ!新聞部の」

東田「ああそうか、てか俺がますみちゃんに情報流したんだ」

ナツル「それよりあの物騒な雫の会の奴らは?」

東田「それなら昼休みの会長の発言がきいたらしくおとなしくなってるよ」

ナツル「放課後はなんとか生きていられそうだ・・・」

放課後

雫「それで、どっちの家に行くか決めたの?」

ナツル「雫の家に行く・・・」

雫「あら、素直なのね」

ナツル「どうせ、どっちを選んでも結局は雫の家に連れて行くつもりだったんだろ?」

雫「よくわかったわね」

ナツル「雫の考えなら少しはわかるようになって来たよ」

雫「うふふ、嬉しい事を言うのね」

ナツル「雫の家はこれで二回目か」

雫「前回は一緒のベッドに入ったのに逃げたのよね・・・」

ナツル「だってアレは、俺の始めてが奪われそうだったから」

雫「そのセリフには違和感しか無いわ」

雫「正直言って悩んでるのよね・・・」

ナツル「何を?」

雫「私がナツルの家に住むか」

ナツル「!?」

雫「逆にナツルがここに住んでもいいのよ?」

ナツル「流石にそれはヤバイ!そんなのがバレたら命のストックがカートンで必要になる」

雫「ふふ、まぁそう言うのはこれからゆっくりとでいいわ」

ナツル「ほっ・・・」

雫「だけど今日は泊まって行きなさい」

ナツル「どこがゆっくりだよ!?」

雫「ナツル、先にお風呂に入って来なさい」

ナツル「何で?」

雫「ご飯を作ってる間は貴方ヒマになるじゃない」

ナツル「なるほど・・・じゃあ、入ってくるよ」

ナツル「・・・覗くなよ?」

雫「覗かないわよ」

ナツル「ふぅ・・・やっぱり風呂はいいな~」

ナツル「まさか、また雫の家の風呂に入るとは思わなかったなー」

雫「そうね。私も今あなたと一緒にお風呂なんて夢みたいよ」 ガラッ

ナツル「ちょ!え?」

ナツル「覗くなって言っただろ!」

雫「覗きじゃないわ混浴よ」

ナツル「い、いや・・・とりあえず前を隠せ」

雫「何でお風呂で体を隠さないといけないの?」

雫「ナツルは私の体なんて何回もみたでしょう?」

ナツル「みたけどこんなにマジマジ見せられたのは初めてだ」

雫「いいじゃない。私はナツルになら見られても平気よ」

ナツル「いや、でも・・・あれ?俺がおかしいのか?」

ナツル「とりあえず前を隠してくれ」

雫「あら、後ろを向くのね」

ナツル「仕方ないだ・・・」 ピタッ

雫「ナツル、どう?後ろから抱きつかれるのは」

ナツル「(胸が背中に押し付けられます・・・)」

ナツル「(ヤバイ!ヤバイ!背中に柔らかい物とポチッとした何かががふががが)」

雫「私はナツルが望むならこの体の全てをここで捧げるわ」

雫「それだけじゃないわ。貴方は最高の女を手に入れるのよ」

ナツル「・・・」

雫「ねぇ、今でも楓の事は好きなの?」

ナツル「けんぷファーの事が終わってから少し変化があったと思う」

ナツル「今まで沙倉さんは俺の女神で憧れで理想の好きな人だったけど」

ナツル「あの事件が終わって気づいたんだ。俺は沙倉さんを嫌いにはなっていない」

ナツル「むしろ今までとは違う部分も見れてより好きになったかもしれない」

ナツル「でも、それは恋じゃなく憧れだったんだ」

ナツル「俺は沙倉さんを女神だと思って憧れているけど」

ナツル「俺自身が一緒にいたいと思う好きな女の子は雫なんだ」

雫「ありがとう・・・ナツル」

ナツル「・・・・・」

雫「・・・・・」

リビング

ナツル「本当に雫の作る料理は美味しいな」

雫「やっぱり好きな人にそう言ってもらうのが一番嬉しいわ」


ナツル「俺達はまだ始まったばっかりなんだと思う」

ナツル「雫と付き合うのは周りに振り回され大変かもしれない」

ナツル「でも、最近はそれを楽しいと思っているのも事実だ」

ナツル「俺達はまだ始まったばっかりなんだ」

ナツル「だから、これからもっと幸せになると思う」


雫「ナツル、好きよ」

終わり

お風呂のCパートも需要ないと思うのでこれで終わります
ありがとうございました

良い子はもう寝なさい!!

この先は大人だけのCパートだよ!!

風呂

ナツル「雫・・・」

雫「お風呂で男の子に抑えられるなんて始めてよ」

ナツル「今度は俺の意識で押し倒したんだ」

雫「本当はベッドの予定だったんだけどね・・・」

ナツル「触るよ」

雫「んぁ・・・」

雫「ずいぶんと優しく揉むのね」

ナツル「臆病なだけだよ」

雫「まるで他の女の子の胸を何回も揉んだ事があるみたいだわ」

ナツル「・・・」ギク

雫「ん!ちょ・・・揉んでごまかさないで」

雫「はぁ・・・ん!!」

ナツル「雫・・・もしかして」

雫「やだわ、ナツルがここまで気持ちよくさせるなんて」

ナツル「もっと揉んでいい?」

雫「あん!・・・はぁ」

雫「先っぽばっかり・・・はぁ」

ナツル「こっちも触っていい?」

雫「丸見えなんだから自由にしていいのよ」

ナツル「じゃあ、お言葉に甘えて」

雫「ナツルが・・・ひゃっ」

雫「触って・・!んんっ!!」

ナツル「すげえ・・・」

雫「もうダメ・・・ガマンできないの」

ナツル「していいのか?」

雫「ここまで来てしなかったら、貴方最低よ?」

ナツル「じゃあ、いくぞ」 ピトッ

雫「ん!あ、はぁ・・・」 ズズッ

ナツル「やっぱり、痛いのか?」

雫「痛いわ・・・でも、それよりも嬉しいわ」

ナツル「雫・・・」 ズズッ

雫「ああ・・んっ!」

ナツル「ヤバイ・・・」

雫「あんっ!あぁ・・・はぁはぁ」

ナツル「すごい気持ちいい」

雫「私もよ!ナツルと一つになってるの!!あ、ああっ!」

ナツル「で、出ちゃうかも」

雫「はぁ・・・あぁん!」

雫「ナツルは・・・私の中にだすの?」

ナツル「イヤ・・・なるべく出さないように努力」

雫「いいわよ出して・・・あ、ぁぁっ」

ナツル「!?」

雫「もしもできちゃったら退学ね・・・」

雫「でも、ナツルがいるなら大丈夫よ・・・私」

雫「だから、ナツル・・・私の中に出しなさい」

ナツル「・・・・」

ナツル「雫・・・」

雫「あぁ・・・あ、あ、あんっ!!」

雫「はぁ・・・くぅあ!」

ナツル「イク!!」 ビュッビュビュ!ドピュ!ドプドプ!!

雫「あ、あ・・・ぁぁあああぁああ!!!」 ビクんっ! ビクんっ!・・・

雫「いっぱい・・・出たわね」

ナツル「まだ出せるぞ・・・」

雫「え、ん!あっ・・・な、ナツル!?」

ナツル「雫!好きだ!!俺の全部を受け取ってくれ!!」ドプドピュ! ビュルゥルルー!!!

雫「イヤ、き、来ちゃう・・・ひっ!!!あぁぁああああ!!」ビクビクビク!!

居間

ナツル「・・・」

雫「・・・ナツルって以外とドSなのね」

ナツル「いや、でもあれは雫が・・・」

雫「ドSなのね」

ナツル「すみません」

雫「ふぅ・・・もう、本当に妊娠したら覚悟しなさい」

ナツル「大丈夫だ・・・覚悟なら」

ナツル「雫と付き合うって決めた時にできてる」


ED

私はもう満足したので終わります

雫はナツルの嫁

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年05月22日 (金) 21:58:13   ID: dnu4agPC

ちょwwwトーマスは鍵の船で帰れwww

2 :  SS好きの774さん   2015年06月11日 (木) 02:24:40   ID: BzgiV_it

雫さま…

3 :  SS好きの774さん   2015年08月28日 (金) 15:00:51   ID: uZhGWa8r

原作もこんなんだったらいいのに

4 :  SS好きの774さん   2016年06月30日 (木) 22:33:21   ID: Vmq7sbl-

やっぱり雫様が一番可愛い

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom