お嬢様「みずぼらしい弁当ですこと」男「うん、貧乏だからね」 (544)

お嬢様「それは何かしら?」

男「もやしの炒め物だよ」

お嬢様「もやしって何かしら?」

男「あはは、お嬢様は食べたことないんだね」

お嬢様「ん、馬鹿にしてるのかしら?」

男「ううん、まず食べないんだろうなって思ったよ」

お嬢様「どういう意味かしら?」

クラス男子「おいおい、またお嬢様があいつに絡んでるぞ?」ヒソヒソ

クラス男子2「仕方がないと思うよ。まともにお嬢様と話せる人なんて男君しか居ないんだから」ヒソヒソ

クラス男子「しかし相変わらずの弁当だな」ヒソヒソ

クラス男子2「うん、もやし炒めって弁当の主食ではないよね」ヒソヒソ

クラス男子「本来、ご飯があるべきところにもやし、おかずのところにも、もやし、もやしだらけだ」ヒソヒソ

クラス男子2「男君…大丈夫かな?」ヒソヒソ

クラス男子「いい奴だからな、たまに俺も弁当分けたりするし」ヒソヒソ

クラス男子2「ああ、僕もあげるよ」ヒソヒソ

お嬢様「全く、そんなものをいつも食べているから貧弱に見えるのよ」

男「気をつけるよ」

お嬢様「あら、もうこんな時間…男、ちゃんといいもの食べなさい」

男「分かった、努力するよ」

お嬢様「ふふ、約束よ?」

クラス女子「男君可愛そう」

クラス女子2「相変わらずあの人に絡まれてたら嫌になるよね」

クラス女子「男君の家って確か…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385729740

ーーーー男の家。

男「ただいま」

妹「お兄ちゃんお帰り!」

男「…また玄関で待ってたの?」

妹「うん!お父さんとお母さんも待ってる」

男「…そっか、いい子だね」スッ、ナデナデ

妹「えへへ、今日のごはんは?」

男「妹はカレーだよ」

妹「お兄ちゃんは?」

男「もやしのカレー風味」

妹「あはは、お兄ちゃんもやし好きだね」

男「うん、妹はいっぱい食べて元気になるんだよ?」

妹「はーい!」

ーーーー両親の部屋。

男「お父さん、お母さん。妹は元気です。自分は大丈夫ですので妹を見守っていてください」

ガチャ。

妹「おにーちゃーん!みーっけ!お腹減ったよー」タッタッタ、ギュッ

男「うん、すぐに行くね」ナデナデ

妹「ねぇねぇ、その煙突ってお風呂?」

男「ん?これは線香って言うんだよ」

妹「せんこう?ってなーに?」

男「んー、大切なことなんだけど…妹には少し早いかな」ニコッ

妹「うん!よくわかんない!」アハハ

男「ご飯、作るね」

妹「うん!」


ーーーー食卓。


男「どうかな?」

妹「あはは、学校のカレーと違うよー!」

男「そっか、もうちょっと小麦粉入れるべきだったかな?」

妹「ううん!お肉入ってない!あはは、なんだか楽しい!」

男「お、お肉は挽肉が少しだけだからね」

妹「もうちょっとお肉食べたいー」

男「ごめんね、次はお肉増やすから」

妹「分かったー!楽しみにしてるね」

男「うん、いい子だね」

妹「えへへ、褒められたのです」

男「…ん」ニコニコ


ーーーー風呂場。

妹「お風呂ーお風呂ー」

男「お風呂で暴れたらダメだよー怪我したら大変だよ?」

妹「お風呂大好きなんだもん」プクー

男「うん、ちゃんと体を洗ってキレイにしないとね」

妹「わかったー!でも頭洗えないー」バタバタ

男「こらこら、分かったから。目を閉じてね」

妹「んー!」

男「あはは、口は閉じなくていいからね」

妹「んんー!!」バタバタ

男「洗うから!洗うからね!!息して!!!」


ーーーー寝室。


妹「ねぇねぇ、お兄ちゃん」

男「ん?どうしたの?」

妹「学校でね、私の家は貧乏って言われたの。でもね、楽しいからいいんだよって言ったんだ」

男「…いい子だね」ナデナデ

妹「えへへ、お兄ちゃんにナデナデしてもらうの好きー」

男「…」ナデナデ

妹「…」ウトウト

男「…」ナデナデ

妹「…スースー」

男「…ごめんね、高校卒業したら就職するから…もう少しだけ辛抱してね」


ーーーー翌日、学校。

お嬢様「その制服どうしたのかしら?」

男「え?…どうも、しないと思うけど」

お嬢様「膝のあたりの穴を別の布で塞いでるのよね?」

男「あ、ああ、そうだよ」アセアセ

お嬢様「どうしてそう言うことをするのかしら?新しいのを買えばいいじゃない」

男「うん、そうだね」ニコッ

お嬢様「なんでしたら、私が買ってあげてもいいのよ?」

男「ううん、それは遠慮するね」

クラス男子「普通人前でそういう事言うか?」ヒソヒソ

クラス男子2「流石に…」ヒソヒソ

クラス男子「…なんとかならんのか、あのお嬢様は?」ヒソヒソ

クラス男子2「やめておいたほうがいいよ、詳しくは分からないけど本当にすごいお嬢様らしくて、僕たちなんて簡単に退学に出来るんだって」ヒソヒソ

クラス男子「マジかよ」ヒソヒソ

お嬢様「それに、その服、少しサイズが大きいのではなくて?」

男「近所のお兄さんに頂いたからね」

お嬢様「今時、お下がりだなんて恥ずかしいわよ?」

男「そうだね、気をつけるよ」アハハ

男「次は体育の授業だね」

お嬢様「そうね、私と少し離れてしまうけど寂しがりなさいよ?」

男「え?あ、うん(体育は苦手だな、あんまり動くと…)」

お嬢様「…ふふ(そんな顔して、よっぽど私と離れるのが辛いのね)」


ーーーー体育。


体育教師「おい、男。調子悪いのか?」

男「あ、いえ。大丈夫です」

体育教師「そうか、お前だけ特別扱いはできないが事情は知っている。俺が見てないときはサボるんだぞ」

男「あはは、いつもありがとうございます」

体育教師「おら!そこ!こっちみて何笑ってんだ!走れ!!」

男「…(僕は恵まれてるな…がんばろ)」


ーーーー女子側。


お嬢様「あの体育教師…男に何か因縁を付けてるのかしら?だとしたら…」

クラス女子2「あ、あの…次はお嬢様の番ですよ―」ボソッ

お嬢様「…」クルッ

クラス女子2「ヒッ!」

お嬢様「すぐに行きます」スタスタスタ

クラス女子2「結構、聞こえて…るの?」


ーーーー昼。


お嬢様「ふふ、今日の私のお弁当はシェフに命令してもやしを入れさせたのよ」

男「そうなんだ。すごいね」

お嬢様「あなたのは?」

男「今日は…もう食べたんだ」

お嬢様「な!どうして…私と一緒に食べるのが嫌なのかしら!」

男「そ、そうじゃないよ。ほら、体育の後ってお腹減るでしょ?その時に…」

お嬢様「…もう、仕方がないですわね。少し分けてあげますわ」

男「ううん、それは遠慮して」

お嬢様「なにかしら?」ギロッ

男「…じゃあ、」ガサゴソ

お嬢様「…?」

男「これに、入れてもらってもいいかな?」

お嬢様「見たところプラスチックの容器ね…これはなんなのかしら?」

男「タッパだよ…マイタッパ、良ければこれに…」

お嬢様「あなたの胃に入るのにどうしてタッパと言うものに入れなくちゃいけないのかしら?」

男「あ、その…ほら、あとでじっくり味わいたいし」

お嬢様「そ、そうなのね…ふふ、いいわ。後でちゃんと感想をいいなさい」

男「ありがとうすごく嬉しいよ(妹にすごいお土産が出来た…お嬢様に感謝しなきゃ)」ニコッ

お嬢様「ふふ…(これぐらいで喜ぶなんて男の人って単純なのね)」


ーーーー男の家、玄関。


男「ただい…ま」

妹「…スースー」

男「こんなとこで寝たら風邪ひいちゃいますよ?小さなお姫様」ニコッ

ーーーー男の部屋。

男「…」カキカキ

妹「う…うん」

男「ん?妹…起きた?」

妹「はーい」ボー

男「ご飯食べる?」ニコニコ

妹「うーん食べるー」ゴシゴシ

男「目に悪いからこすっちゃダメ」

妹「ううんーいいのー」

男「今日はお肉あるよ」ボソッ

妹「ほ、ほんとー?」

男「ん、いい子は?」

妹「ちゃんとお水で顔を洗います!」

男「うん、よく出来ました」

ーーーー食卓。

妹「お、お兄ちゃん!これはなんですか?」

男「ステーキじゃないかな?小さい頃食べた気がするよ」

妹「ステーキってあの…あの…んーと」

男「ファミレスにあるね」

妹「うん!うんうん!あのステーキ?」

男「んーもっと上かもね」ニコニコ

妹「もっと上なのですか!すごいのですね!」

男「ほらちゃんと食べな」

妹「お兄ちゃんは?」

男「スーパーで箱のキャベツもらったし、いつものお豆腐屋さんがおからくれたんだ、だからそれを食べるよ」

妹「お兄ちゃんはお肉食べないの?」

男「ふふん、実はもう食べちゃったんだよー」

妹「むー!ずるいー!いっぱい食べたんでしょ?」

男「さぁねーほら、妹も食べないとお兄ちゃんが狙っちゃうぞ?」ニコッ

妹「がるる!だめー!」モグモグ

男「…」ニコニコ


ーーーー次の日、学校。

男「すごく美味しかったって」

お嬢様「当たり前です!私が変なもの食べてるとお思いなのです?(って?)」

男「あ、もやし食べたけどすごいね。あんな味付け出来るなんて知らなかったよ」

お嬢様「ふふ、使ってる調味料が違うんですわ…き、きっと」

男「調味料か…確かに家にあるのは最低限のしかないし、ワゴンセールの調味料はなかなかないしね」

お嬢様「ワゴンセール?」

男「庶民の味方だよ」

お嬢様「そう、わ、私も味方ですわよ!?」

男「う、うん。友達だしね」

お嬢様「え、友達」

男「うん、友達だよ?」

お嬢様「友達って言ってくださったの男君だけです」カァ

男「そうなんだ…珍しいね」

お嬢様「ふふ、今日は特別にずっと居てあげます!」

男「隣の席だよ?」

お嬢様「ふふ」ニコニコ

男「…(楽しそうだからいいかな?)」












寝ますね、おやすみなさい。

ーーーーお嬢様の邸宅。

お嬢様「ふふ、今日はいっぱい一緒だった…」ニコニコ

メイド1「お嬢様どうされたのでしょう?いつも不機嫌そうなのに」ボソボソ

メイド2「ほっときなさい、どうせ男かなんかでしょ?」ボソボソ

メイド1「お嬢様に男…それって!」

メイド3「二人共静かにしなさい」

メイド1「は、はい。失礼しました」

メイド2「フンッ」

メイド3「…」ニコッ

メイド2「…」ダラダラ

お嬢様「ちょっとそこの…」ジッ

メイド1「は、はひぃ」

お嬢様「来なさい」テマネキ

メイド1「…」ガタガタ、チラッ

メイド2「…」スッ

メイド1「…」ガタガタ、チラッ

メイド3「大丈夫だから行きなさい」

メイド1「ひーん」タ、タ、タ

お嬢様「耳を貸しなさい」

メイド1「ビクビク」ビクビク

お嬢様「口でなにを言ってるのよ、早くしなさい」

メイド1「はい」

お嬢様「手作りのお弁当って…その、男の人は喜ぶかしら?」

メイド1「…」パタンッ

お嬢様「…ちょ、ちょっと、どうして倒れるのよ!」

メイド2「クビ?」

メイド3「死刑?」ニコニコ

メイド2「…」ビクビク

ーーーー?邸宅。

?「ふーん、そんなことが」

受話器「ええ、あのお嬢様にちょっかいを出している男が居るみたいですよ」

?「君はそういうことを僕に伝えてもいいのかい?」

受話器「貴方のメイドですから」

?「戻ってきたら可愛がってあげるよ」

受話器「フフ、それは楽しみですわ」

?「ふっ、それじゃあ今後も頼むよ」

ーーーガチャッ

?「これはこれは、ハエは潰すか…薬で苦しませるか…ふふ、ふふ…あははは」


ーーーー男の家、食卓。


男「美味しい?」

妹「うん!すごく美味しい!おからクッキー!」

男「近所のおばさんに砂糖を頂いたからね。あとでちゃんとお礼するんだよ?」

妹「はーい!お兄ちゃんも食べようよぉ」

男「僕は味見でもう食べたからね、いっぱい食べな」

妹「いいの?」

男「うん」ニコッ

妹「…ふぁ!いただきまーす!」モグモグ

男「…」ニコニコ


ーーーー男の部屋。

男「今日は勉強するから先に寝てね」

妹「うー、わかったー」ゴソゴソ

男「こらこら、自分の布団があるでしょ?」

妹「えーやだやだー」

男「…わかった。もう少ししたら僕も寝るから先に寝てな」

妹「うん!早く来てね」

男「…」ニコッ、カキカキ

妹「…」ウトウト

男「…」カキカキ、チラッ

妹「…スースー」

男「…」グー

男「!……頑張ろう」カキカキ


ーーーー学校、図書室。

男「…」

不良「…」

男「…」

不良「…」

男「…どう?」

不良「答えは…こうだ!」

男「…全然違う」

不良「…馬鹿なッ!」

男「図書室だから静かにね」

生徒達「…(怖い)」ビクッ

不良「お、おう。わりぃな」チラッ

生徒達「…(目を合わせたら殺される)」サッ

不良「…」

男「でも、急に勉強教えてくれってどうしたの?」

不良「いや、弟がな…テストの点数が低いのは兄貴が馬鹿だからだとか吐かすからよ」

男「…なるほど」

不良「だから、俺が少しでもいい点取れば弟も少しは変わるかと思ってよぉ」

男「弟君の点数はいくつだったの?」

不良「…点だ」ボソッ

男「ごめん、聞こえなかった」

不良「…16点だ」

男「…ちなみに不良君は?」

不良「…そもそもテスト受けてないから0点だ」ドヤッ

男「そっかぁ…でもこの高校に入れたんだから大丈夫なんじゃないのかなぁ」

不良「ふっ、昔は俺も真面目だったんだよ」

男「何があったの?」

不良「いや、見たアニメが不良なんだけどすげぇかっこよくてさ、俺もあんなふうになれたらなって」

男「…」

生徒達「…(中二病だったんだ…不良君)」ガクッ

ーーーー教室。

お嬢様「…」ソワソワ

クラス女子2「あ、あの…」

お嬢様「な、何かしら?」

クラス女子2「お、男君なら不良君と図書室で何かしてたけど…」

お嬢様「ほ、本当?…コホン、本当なのかしら?」キリッ

クラス女子2「…うん」

お嬢様「…いつも教えてくださってありがとうございます」スッ、タッタッタ

クラス女子2「…もしかして、いい子なのかな?」

クラス女子「だ、大丈夫だった?」

クラス女子2「うん、少し意外な一面見たかも」

クラス女子「ほぇー?」


ーーーー図書室、入口。


お嬢様「…」ソワソワ

生徒「あ、あの…通れない」

お嬢様「何かしら?」ギロッ

生徒「何でもないです」

お嬢様「…(この中に男が…)」

不良(脳内)「知識の泉で俺と愛を囁こうぜ」

男(脳内)「だ、だめだよ…ここは人が来るから」

不良(脳内)「フッ、相変わらずのいい子ちゃんだな、ほら俺に…」サスリサスリ

男(脳内)「あ、ああ…」ビクンビクン

お嬢様「なんてこと…アダムとアダムだなんて…」

ーーーー図書室。

お嬢様「そこまでよ!」

生徒達「…(今度はなんだ!)」ビクビク

お嬢様「アダムとアダムなんて許さないわよ!」

女子生徒数人「…」ガタッ、キョロキョロ

男子生徒「…」

お嬢様「…居ない?」

ーーーー屋上。

――カチャ、プシュッ!

男「飲み物もらっちゃってごめんね?」

不良「お礼なんだからいいだろ?」

男「…」

不良「なぁ男は高校卒業したらどうするんだ?」

男「就職だよ、雇ってもらえるかわからないけど働かないと今の生活が…ね」

不良「もう、決めてるのか…すげぇな」

男「はは、不良君は?」

不良「んー、大学に行けたら行きてぇけどよ」

男「大学?」

不良「んだ、大学にサークルってあるだろ?」

男「うん」

不良「大学に入ってアニ研に入るのが夢なんだ」

男「…」

不良「…かっこいいだろ?」

男「そうだね…頑張ろう」

不良「おうよ!」ニカッ

ーーーー屋上、入口。

お嬢様「…」タ、タ、タ

ーーーー教室、授業中。

男「…」チラッ

お嬢様「…はぁ」

男「…(どうしたんだろう?帰ってきてからあの調子だ…体調でも悪いのかな?)」

お嬢様「…(友達…いつもああやって夢を話し合うのでしょうか…私の夢……)」

男「…」カキカキ

お嬢様「…」カキカキ


ーーーー放課後。

お嬢様「…」ソワソワ

男「…さて、今日の特売は」

女「ねぇ男くん」

男「え?女さんどうしたの?」

女「今日スーパー行くよね?」

男「う、うん」

女「一緒に行かない?」ニコニコ

お嬢様「…!(な、なんですって!なんですのこの人は?どうしていきなり話しかけて!!)」

男「…妹もいるけどいいの?」

お嬢様「…(断りなさいよ!)」

女「うんうん、妹ちゃんにも会ってみたいな」

男「…まぁ、いいけど」チラッ

お嬢様「…グググ」

男「…(元気そうだけど…女さんのことすごい見てる…明日聞こうかな)」

女「じゃあ行こっか」タ、タ、タ

男「う、うん」タ、タ、タ

お嬢様「あ…」

クラス女子「…」

クラス女子2「…んー」

ーーーースーパー。

女「こんばんは、妹ちゃん」

妹「こんばんはー…お兄ちゃんこの人だれー?」

男「クラスメイトの女さんだよ」

妹「ほむほむ…」

女「よろしくね、妹ちゃん」

妹「はーい」

男「…」

女「さてー今日は卵買うんだよね?」

男「うん、そうだね」

女「じゃあ行こっかー」ニコニコ

妹「…お兄ちゃん」

男「ん?どうしたの?」

妹「あの人嫌い」

男「…どうして?」

妹「なんとなく」ブスッ

男「…とりあえず買い物行こうっか?」

妹「うん、お兄ちゃん」

男「ん?」

妹「手」スッ

男「うん」ギュッ

ーーーー店内。

女「今日は卵料理?」

男「そうだよ」

妹「…」ジー

女「どうしたの?妹ちゃん」ニコニコ

妹「んーん」

女「そうだ、お菓子買ってあげようか?」

妹「いらない」

女「そ、そう?」

男「ごめんね」

女「ううん、男君は何か飲みたいものある?ジュースとか奢るよ?」

男「気持ちだけ受け取っておくよ、卵だけ買いに来たからね」

女「…そ、そうだよねー」

男「女さんは何を買いに来たの?」

女「え!?あ、えーっと…飲み物とか…お米とか?」

男「飲み物買いに…?それにお米…」

女「あ、ああ、えーっと…お母さんに頼まれてさぁ!ほら!」

男「…そっか、お米重いけど大丈夫?」

女「うん…あ、ちょっと用事思い出しちゃった、またね!」タッタッタ

男「え?女さん!?」

妹「…」ベー

男「なんだったんだろうね?」

妹「知らなーい、お兄ちゃん早く帰ろう?」

男「そうだね」ニコ

ーーーースーパー、外。

女「くー悔しい、男なら少し奢ったら落ちると思ったのに…先ずはあの生意気そうな妹に気に入られないとダメね。作戦練り直さなきゃ」フフン

?「あれは…さっきの?男君と一緒じゃなかったのかしら?」コソコソ

妹「お兄ちゃん!早く早く!」タッタッタ

男「危ないから前向いて走りなー!」

妹「大丈夫だも」

ドンッ!

妹「あうっ!」ギュッ

?「キャッ」ドサッ

男「なっ!」タッタッタ

妹「あうあう…うー?」モミモミ

?「あ、だめ…」

妹「でかい!」

?「ちょ、ちょっと!いきなり胸を揉むなんてどういう教育受けてるのかしら?」

妹「えへへ、すごくいい香り」クンクン

?「なんなの!この子!」

妹「お姉ちゃん」

?「え?」

妹「キレイだね、お人形さんみたい!」

?「…変な子ね」ナデナデ

妹「えへへ」

男「すいません!妹が失礼をしました」

?「いいえ、大丈夫ですわ」

男「ん?」

お嬢様「え?」

妹「?」

ーーーー公園。

男「びっくりしたよ」

お嬢様「…」

妹「お姉ちゃんどうしたの?」

お嬢様「な、なんでもないですわ」

妹「面白い喋り方ー」

お嬢様「そ、そうかしら?」

妹「普通に喋ろうよー」

お嬢様「ふ、普通に?」

男「困らせないの」

妹「えー困らせてないもん」プクー

お嬢様「ふふ、フグですわ」ナデナデ

妹「フグじゃないもんハリセンボンだもん」

お嬢様「じゃあ怪我してしまいますわね」

妹「…」プシュー

お嬢様「お優しいハリセンボンさんです」ナデナデ

妹「えへへ」

男「…」ニコニコ













寝ますね。おやすみなさい。

男「そう言えばお嬢様って帰りはこっちなの?いつも車で来てたよね?」

お嬢様「え…えぇ、そうです…わ」ゴニョゴニョ

妹「むー?」

お嬢様「た、たまには歩いて帰るのもいいと思いまして」アセアセ

男「そうなんだ?でも、もう暗くなってきたし近いのなら送ろうか?」

お嬢様「…お気持ちはすごく嬉しいのですが、今回は遠慮しておきます(近ければ良かったのですが…)」シュン

男「そっかぁ、でも女の子一人にするわけにもいかないしな…」

?「お嬢様、こちらでしたか」

お嬢様「!」

メイド3「お父様が心配なされてますわ」

お嬢様「…分かったわ、すぐに行きます」

メイド3「…」チラッ、ニコッ

男「…」

お嬢様「男君、今日は楽しかったわ。また明日」

男「う、うん」

妹「お姉ちゃんお姉ちゃん」

お嬢様「何かしら?」

妹「あのメイドさんに気をつけてね」ニコニコ

男「なっ、気にしないで…妹さ、たまに変なこと言うんだよね」アセアセ

妹「むむー」プクー

お嬢様「ありがと、男君、妹ちゃんは間違っていないわ」

男「…!?」

お嬢様「ご機嫌よう」タ、タ、タ

妹「お兄ちゃん、ごきげんようってなーに?」

男「出会った時とか別れ際に言う言葉だよ。相手の体調とか気にする意味合いもあるけど、あそこまでその言葉が似合う人はいないね」

ーーーーガチャ。

メイド3「お嬢様、どうぞ」

お嬢様「ありがと」



ーーーーバタン、スー、ブオォォ。



妹「かっこいい車だねー、ねぇねぇ、お兄ちゃんはお姉ちゃん好き?」

男「…そうだね、大切な友達かな」

妹「私はね、だーい好き!」

男「…うん」ナデナデ

妹「えへへ」ニコニコ

ーーーーお嬢様の邸宅。

父「こんな時間まで何をしていたんだ?」

お嬢様「申し訳ございません、少し歩いてみたくて」

父「歩いて帰るなんて無茶なことをするな」

お嬢様「…」

父「…まぁいい、本来なら高校も――」ブツブツ


ーーーーお嬢様の部屋。


お嬢様「…」

ーーコンコン。

メイド2「お嬢様、失礼します」

お嬢様「…」

メイド2「お嬢様、お風呂の準備が整いました。今日は私がご一緒致します」

お嬢様「…(これが私の一日なのね、男君はどんな一日を終えるかしら)」


ーーーー男の家、風呂。

妹「お兄ちゃんお兄ちゃん」

男「どうしたの?」

妹「雨が降ってきたー!」

男「はは、このアパートは古いからねー」

妹「ベランダは人が降ってきたー」

男「上の階のオタクさんだったね…歩いて病院に行ったらしいけど大丈夫だったのかな?」

妹「『デュフフこれは妹様、失礼したなりよ』って言いながら病院に向かっていったよー」

男「そうだったね。妹が教えてくれたんだった」

妹「すぐそこのこうもん…げか?に入っていったよ?」

男「それは…なんでだろうね」


ーーポチャン。



ーーーー男の部屋。

男「今日は早めに寝よう」

妹「うんうん」

男「はい、妹はこちらの布団ですよー」

妹「えー!」

男「今日はダメ」

妹「…だめ?」

男「ダメ」

妹「…」シュン

男「よし分かった。一緒に寝よっか」ニコッ

妹「うん!」パァ


――――ガサゴソ。


男「こーら、布団に入ったら静かにするの」

妹「やだー」ギュー

男「イモムシにして動けなくするよ?」

妹「むー」

男「…」ナデナデ

妹「えへへ、それをされると動けないのだぁー」

男「はいはい」ナデナデ

妹「ねぇねぇ」

男「ん?どうしたの?」

妹「お姉ちゃんのおっぱい、すごく大きかった」

男「…なんの報告?」

妹「気になるでしょー?」

男「気にしません。早く寝なさい」

妹「そっかぁ、残念ー」

男「…」ナデナデ

妹「…」ウトウト…スー

男「…寝る子は育つと思うよ。おやすみ…妹」













寝ます。おやすみなさい。



救急外来には尻の穴に異物ぶっ込んで取れなくなったと男女問わず運びこまれるらしい。しかも割と頻繁に。
世の中平和だよな

>>89
お前は何を言っているんだ

>>90
>妹「すぐそこのこうもん…げか?に入っていったよ?」
>男「それは…なんでだろうね」

とあるから上階の紳士は高度なアナニストかと思った次第。

ーーーー学校。

男「って妹が言ってたんだ」

オタク「…」

男「大丈夫だった?」

オタク「男殿、そういうのはやっぱりなんというかの」

男「…?」

オタク「わっちも女の子なりよ、そういうこと聞くのは無神経かと思いますぞ?」

男「あ、ああ!ごめんなさい」ペコッ

オタク「い、いや、そんなに謝らなくてもいいなり…ただ単にあまりの痛さに近くの病院に入っただけなり」

男「そうだったんだ…」

オタク「そこが肛門外科って知らなかったですん」

男「…無事なら良かったよ(ですん…?)」

オタク「デュフフ、それにしても妹様は可愛いですなぁ。帰宅部のわっちとしては妹様とはよく会うので嬉しい限りなりよ」

男「それについてはいつもありがとう。妹がオタクさんにいつも構ってもらってるって言ってたよ」

オタク「幼女を守るのはオタクの務めなりよ」

男「お菓子も貰ってるみたいだし本当にお礼を言っても足りないぐらい…」

オタク「家庭の事情って奴は大変だから、気にしなくていいなり。好きでやってるから…なりよ」

男「その口調は後付けなんだね」

オタク「う…鋭いなり、しかしオタクって言うのは楽しいのだ。男も一緒にどうなり?」

男「趣味か…今の状況じゃ無理だね」ニコッ

オタク「重いなり…妹様が心配なされるのであまり無理はしないで欲しいなりよ」

男「オタクさんもベランダから落ちないように気をつけてね」

オタク「あれには事情があったなりよ…とても深い意味が」

男「そうなんだ?」

オタク「秘密なりよ」

男「そっか、それじゃあまた後でね」

オタク「またなり」フリフリ

紳士じゃなくて淑女かよ!
大変失礼いたしましたwwwwww

淑女のアナニストか……ゴクリ

ーーーー屋上。

不良「あーやることねぇ」

男「テストはどうするの?」

不良「わかってるけどよぉ。なんつーか…」

男「?」

不良「不良って勉強しないのが不良じゃないのか?」

男「…どうだろう?不良の定義なんて僕にはわからない」

不良「まぁそうだよな」

男「…」

不良「…」

お嬢様「…」

不良「うわぁあああああ」

男「え?どうしたの!?」

お嬢様「なんです?幽霊でも見たかのように怯えるなんて、失礼ですわよ?」

不良「い、いくらなんだって目の前にいきなり人がいたらびっ」

お嬢様「男君、こちらに居らすのなら教えてくださっても良かったと思いましてよ?」

不良「聞けよ!」

男「それはごめんね、不良君に誘われたから屋上で話をしてたんだよ」

不良「おうよ!男同士の大切な」

お嬢様「今度からちゃんと誘ってください!でないと探してしまいますわ」

不良「聞いてください」

お嬢様「なんですか?さっきから煩いですわよ?」

不良「そ、そこまで言わなくたっていいと思うんよ…なんで辛く当たるんよ」

お嬢様「男君を勝手に誘ったからですわ」

不良「…チクショウ」

男「あんまり不良君をいじめないであげて」

お嬢様「私はいじめてませんわ!」

男「だって、泣きそうだから…もう限界そうだから」

不良「…ウゥ、オレガナニシタッテイウンダヨ」

お嬢様「…」

お嬢様「と、とにかくです!今度、どちらかに行かれるときは一声掛けてください!」スタスタスタ、ガチャ、バタン

男「…う、うん」


――――屋上階段、踊り場。


お嬢様「…(やってしまいましたわー!二人でまた何処かに行かれたのでてっきり…)」パタパタ

クラス女子「え、な、なに?今の…」

クラス女子2「空回りしてるだけ?」


――――屋上。


男「…なんだったんだろう?」

不良「俺が聞きたい…俺が何したってんだ…初めて話したってのに」


男「でも、お嬢様少し変だったな…」

不良「気にしなくていいんじゃないのか?あいつ嫌いだ」

男「はは、お嬢様はああ見えて、すごく繊細だと思うからあまり言わないであげて」

不良「なんだよ、あの女に気でもあるのかよ」

男「いつも話しかけてくれるからね」

不良「理由になんのかそれ?」

男「…ならない?」

不良「わかんねぇ」

男「そっか、でも少し気になる」

不良「はぁー春だねー」

男「今は夏だよ?」

不良「こまけぇー事はいいんだよ」

男「…」


――――教室。


お嬢様「…」ケホケホ

男「…」

教師「つまり、ここはーー」

男「…大丈夫?」

お嬢様「え?!なんです?私は大丈夫ですわ」ケホ…ケホケホ

男「さっきから咳が出てるよ?」

お嬢様「大丈夫…ですわ…」ケホッ

男「(すごく辛そう、さっきの空回りというか暴走気味に見えたのは体調が悪かったから?)…先生!」



――――保健室、放課後。

お嬢様「…ッ……?ここは…」

男「…大丈夫?」

お嬢様「男…君?」

男「うん、少し良くなった?」

お嬢様「…はい」

男「保健室の先生が家に連絡してくれてると思うよ」

お嬢様「…妹さん」

男「妹なら大丈夫、知り合いにお願いしたから、今は見ててもらえてると思う」

お嬢様「…」

男「僕のことなら気にしなくていいよ。特売もないしね」ニコッ

お嬢様「…」

お嬢様「男君には迷惑を掛けてばかりですね」

男「…そんなことないさ」

お嬢様「…?」

男「いつも助けられてるよ」

お嬢様「そんなつもりは…ないですわ」

男「…」

お嬢様(助けてるつもりなんて…)

お嬢様「私なんて、周りの話し声はよく聞こえてるつもりです(周りが私のことをなんて言っているのか)」

男「(周りの声?なんのことだろう)…気兼ねなく話しかけてくれたからさ」

お嬢様「…男君」

男「知ってると思うけど、僕の家は親がいない。親戚のおじさんに身分を証明してもらってるけど、バイトと…両親の……」

お嬢様「…」

男「この学校はバイトは禁止さてるけど、先生たちは黙認してくれてる。嬉しいと思うけどさ…」

男「それは理由が分かってるからで…」

男「もちろんクラスメイト全員、(家の事情を)知ってると思う」

お嬢様「…」

男「それでも…話しかけてくれた…」ニコッ

お嬢様「…ッ」

男「…」


ガラガラ。


保健室の先生「迎えが来たから帰りなさい」

お嬢様「…はい」

男「わかりました、大丈夫?」

お嬢様「正直、あまりよくありませんが…」

男「…?」

お嬢様「少し、分かった気がします」

男「…??」

保健室の先生「…」

ーーーー男の家、妹の部屋。

オタク「デュフフ、妹様は将棋が強いですなぁ」

妹「えへへ、王手!」

オタク「流石に駒全てが王将だと勝てる気しないなりよ」

妹「チェックメイト!」

オタク「デュフフ、とりあえず言いたいだけなのですなぁ」

妹「うん!」

オタク「妹様がわっちの妹様だったら幸せだったなりよ」

妹「じゃあ私、オタクちゃんの妹になる!」

オタク「ふひぃ!今なら萌死ねるなり」

妹「えへへ…あ、もう時間!」ガチャッ、タッタッタ

オタク「…妹ちゃん?」

ーーーー玄関前。

妹「…」

オタク「どうした…の?」

妹「えへへ、パパとママがね!帰ってくる時間なの。二人仲良しだったから、お仕事も一緒で帰ってくるのもいつも一緒だったの!」

オタク「…そう」

妹「だから、私がいつも居てあげるんだ」

オタク「妹ちゃんは…その、」

妹「お姉ちゃん」

オタク「…」

妹「知ってるよ。知ってるけど……待ってたいの」ニコッ

オタク「…私も、待ってようかな」

妹「ほんとぉ?」

オタク「うん、一緒だよ」ニコッ

妹「えへへ、ありがとぉ」ニコニコ

ーーーー玄関、数十分後。

ガチャ。

男「…」

オタク「お帰りなさい」ナデナデ

妹「…」スースー、エヘヘ

男「…ただいま。いつもありがとうございます。先輩」

オタク「オタクなりよ、男君」

男「はは、いい加減、変な設定やめませんか?」

オタク「わっちはこれでいいなり」

男「いま、妹を起こしますね」

オタク「だめ」

男「え?いや、先…オタクさん帰れないじゃないですか」

オタク「だーめ」

男「頑固ですね…なにかありました?」

オタク「少しね、今日は妹様を拉致したなり」

男「先輩、オタクになりきれてないので戻したほうがいいと思います」

オタク「うるさいなり、わっちはわっちなのだからオタクなり」

男「意味分からないです」

オタク「だったら男君も喋り方を直すなり」

男「先輩相手にタメ語は疲れますよ、いい加減辞めたいんですが」

寝ますね、おやすみなさい。

オタク「わっちがいいと思うまではオタクなりよ」

男「それはいつになるんですか?」

オタク「…いつかなりよ」

妹「ん…お兄ちゃん?」

男「うん、ただいま」

妹「お帰りなさい」ゴシゴシ

男「目をこすったらダメだからね」

妹「はーい」

オタク「むー妹様が起きてしまったなり」

男「残念でしたね」

オタク「なにが!私、全然残念とか思ってないし!一緒に寝れると思っただけなんだもん!」

男「す、すいません」

妹「今日、お姉ちゃん泊まりー?」

オタク「そうだとうれしいなり、だけどそれはダメなりよ」

妹「そうなの?」

男「…色々とね」

オタク「でも、妹様がわっちの家に泊まりに来るのは大丈夫なりよ」

妹「ほんとぉ?」

オタク「本当なり、いつでもウェルカムなりよ」

妹「えへへ、嬉しいなぁ」

オタク「お持ち帰りもあり…かな」ハァハァ

男「テイクアウトはご遠慮下さい」

オタク「ひどいなり」

妹「なりー!」

ーーーー風呂場。

妹「ねーねーお兄ちゃん」

男「んー?」

妹「オタクちゃんとお姉ちゃんどっちが好きー?」

男「急に変な質問だね?」

妹「えへへ、女の子としては気になるのです」

男「そうだねーオタクさんはなんでオタクのフリしてるのか気になるね」

妹「だねー!『なり』って子供の時、再放送で見たキャラクターの真似でオタクの語尾にいいと思ったからって言ってたよ」

男「そうなんだ」

妹「お姉ちゃんは?」

男「考えたこともなかったなぁ」

妹「…」

ーーーー男の部屋。


男「…」

妹「えへへ」

男「今日は勉強するから先に寝ないとダメだよ」

妹「うん!お兄ちゃんお兄ちゃん」

男「ん?」

妹「いつもありがとう、おやすみなさーい」

男「…うん、おやすみなさい」カキカキ

妹「…」

男「…」カキカ‥チラッ

妹「…」スースー

男「…(恋愛か…家の事情がなければそう言うこともあったのかな)」

妹「…」スースー

男「…(でも今は…小さなお姫様に夢中かな)」カキカキ





タイトル突っ込み待ちでした。
ありがとうございます。

――――教室。

男「…(休み…か風邪みたいだったし当たり前かな)」

不良「なぁなぁ、弟がさ最近変なこと言っててよ」

男「え?弟君がどうしたの?」

不良「ダイエットに目覚めたらしい」

男「ダイエットはわかるけど…目覚めた?」

不良「ああ、服を買ったらしいんだけどよ少しキツかったんだとよ」

男「うん」

不良「そしたらダイエットしなきゃって言って走って行っちまった」

男「…う、うん」

不良「変な奴だよな、最近よ、風呂も一緒に入りたくないとか言い始めたし」

男「年頃の男の子ってなんか言い方が変だけど、普通じゃないかな」

不良「そうかぁ?しかし本当に驚いたことがあったんだけどよぉ」

男「うん」

不良「弟のやつ…女装趣味があるらしい」

男「話の流れが飛びすぎててよく分からないけど、それは兄としてどうにかしないとだね」

不良「だよなぁ、ただ着替えてる時に俺が入ったとき尋常じゃない力で殴られちまった」

男「弟君、そんなに強いの?」

不良「いや、普段は俺の後ろで子犬みたいな感じなんだ」

男「…子犬(不良君は説明の仕方が独特でよくわからない時がある…)」

不良「あのパンチなら世界を狙えるぜ」

男「すごいね…弟君」

不良「さすが俺の弟だぜ」ハッハッハッ




ーーーー昼、屋上。

男「…」

オタク「どうしたなり?黄昏てるなりか?」

男「あ、いいえ、ぼーっとしてただけです」

オタク「ちゃんと食べてる?」

男「今日はパンを食べました」

オタク「素材はなんなり?」

男「…おからです」

オタク「…」

男「…」

オタク「昨日の晩御飯は?」

男「おからのキーマカレー風とおからのナンです」

オタク「余計なお世話ってわかってるけどダイエットしてるわけじゃないんだから少しは動物性タンパク質取らないとダメ…なりよ」

男「ありがとうございます。でも妹のご飯には鶏肉が少しですが入れましたよ」

オタク「…タメ語で話すなり」

男「難しいです」

オタク「肉食べるなり」

男「難しいです」

オタク「そんなんじゃいつか倒れるなりよ?」

男「健康診断では大丈夫って言われました」

オタク「むー」

男「勝った」

オタク「むー!それで勝ったと思わないでね!」

男「素になってますよ」

オタク「ひどいなり!妹に言いつけるなり」

男「それは困った」

オタク「…ふふ」

男「…あはは」

オタク「いつものお節介なり」ポイッ

男「!っとと」ガシッ

オタク「鮭のおにぎりなり、二つ入ってるから一つは妹様になりよ!」タ、タ、タ、ガチャ、バタン

男「…いつもすいません」

ーーーー放課後、校門前。

オタク「クックック、妹様を迎えに行くなりよ」

男「その謎の笑いはどうしたんですか?」

オタク「いま放送してるアニメの魔王(兄)が勇者(妹)に迎えに行く時のセリフなり」

男「すごい設定ですね」

オタク「なかなか楽しいなりよ」

男「確かに楽しそうですね」

ーーーー帰り道。

オタク「ふふふ」

男「楽しそう」

オタク「楽しいなりよ」

男「会話らしい会話を一度もしないままずっと歩いてるだけなのに?」

オタク「君はわかってないなり、一人で帰るよりふたりの方が楽しいなりよ」

男「一人で帰るよりか…(だとしたら妹を迎えにくのは大切なことなんだな)」

オタク「真面目なことを考えてるなりねぇ」

男「わかるんです?」

オタク「クックック、わっちならすぐに分かったよ」

男「…」

オタク「今歩いてる女の子のチェックのスカート大好物です」

男「当たりです」

オタク「え!?ほんとぉ!!」

男「掛かったな」

オタク「クッ!やられたぁ…なり」

男「まだまだだね」

オタク「後輩とは思えない!」

男「そこで先輩になるんですか」

オタク「つ、都合のいい時だけ先輩になるなり」

男「ダメ先輩」

オタク「ひどいなり!」


オタク「むぅ…これは妹様に男殿を怒ってもらうしかないなり」

男「どうしたんです?」

オタク「いじめるからなり!」

男「虐めてませんよ」

オタク「本当?」

男「スキンシップです」

オタク「…それは、答えになってないなり」

男「バレた」

オタク「オタクをいじめて楽しいなりか?」

男「先輩をいじめて楽しいなり」

オタク「男殿はドSなり」

男「あはは」

オタク「ぐぬぬー!」


「お兄ちゃーん!」


オタク「おお!天使じゃ!天使が走ってくる!」

男「嬉しそうですね」

オタク「あの笑顔で走ってきたら抱きしめたくなるでしょ!?」

男「素になってます」

オタク「ひゃー!妹ちゃーん!お姉ちゃんのところまでおいでー!」

タ、タ、タ、ボフン!

オタク「よーしよしよし」ナデナデナデ

妹「オタクちゃんこんばんはー!」

オタク「はい!こんばんはなり!」ナデナデナデ

妹「くすぐったいよぉ」

オタク「デュフフ、これはあかんでぇグヘヘ」

男「…」ニコニコ

はーい。

ーーーー男の家、居間。

男「家族がいるとは言え、女性が男性の部屋に入るのはどうかと思いますよ?」

オタク「ど、どうしてさっきからいじめるけん」

男「はは、今度は方言ですか?」

妹「おにぃ~ちゃん!?」

男「ん、わかった」

オタク「おお、妹様がわっちを救ってくれたなり」パァ

妹「えへへ、オタクちゃんを苛めていいのは私だけ!」

オタク「…」ビクッ

男「…将来、楽しみですね」

オタク「はっ!い、妹ちゃん?冗談だよね?」

妹「うん、冗談だよ」ニコニコ

オタク「や、やるのぉ」ナデナデ

妹「友達の子が見せてくれたマンガにこういうふう?に言うと反応が楽しめるってあったから」

男「ふうであってるよ」

妹「うん!」

オタク「末恐ろしい」

男「今日はどうしたんです?急に上がりたいって」

オタク「ああ、そうだった!ちゃんと食べて…」

男「え?」

妹「?」

オタク「むむぅ…(妹ちゃんの前でちゃんと食べてないこと言ったらショック受けちゃうかも…ここは自然にしないと)」

男「どうしたんです?」

オタク「今日はわっちが料理を作ってみようかと思ってのぉ!」キリッ

男「…本当にどうしたんです?」

オタク「そんな怪訝そうに見ないでよ!」

男「毒とか入れそうですから」

オタク「酷いなりッ!」

ーーーー数十分後。

男「食材を用意していただいたばかりか、料理までご馳走になってしまって。なんて言ったらいいか」

オタク「気にしなくていいなりよ。わっちが勝手にしたことなのだ」

男「すごく美味しかったです」

オタク「ふふん、わっちだって女の子なり。料理ぐらいは作れないと怒られてしまいますわ」

男「旧家の人にですか?」

オタク「祖母に」ガタガタ

男「まだ苦手なんですね」

オタク「わっちだって苦手のものはあるなり」

男「旧家に帰れば今の状況では考えられないくらいお嬢様なのに」

オタク「それは…言わないでよ」

男「ん、ごめん」

オタク「久しぶりに男君の素顔を見た気がするなりよ」フフフ

男「美味しい手料理を頂いたからね。家庭の事情抜きで久しぶりにさ、喋ってみようと思って」

妹「…ん、んー」スヤスヤ

男「妹も寝ているしね」

オタク「うん、本当に久しぶり」

男「今更聞くけど、どうしてこんなボロアパートの上の階に住むことになったの?」

オタク「ちょっと、自分が住んでるアパートなのにボロとか言わないの」

男「事実でしょ」

オタク「もう……そうねぇ、私の方がお姉さんだから?いつでも勝った気になりたいじゃない」

男「酷いお姉さんだ」

オタク「ねぇ、好きな子出来た?」

男「すごい唐突だね」

オタク「…ッ」

男「今の状況で考えられないぐらい知ってるだろ、毎日言葉遊びしてるんだから。だから不安そうに見るなよ」

オタク「ふふ、昔の喋り方だ」

男「今じゃ考えられないですね」

オタク「戻さなくていいのに」


男「母さんが旧家を出た理由は父さんと駆け落ちってことになってるけど実際は違うんでしょ?」

オタク「うん」

男「祖母さんが原因?」

オタク「そう」

男「…」

オタク「ごめんね」

男「幼は何もしてないでしょ」

オタク「何もしてないからこそ…」

男「相変わらず優しいお姉さんだ」

オタク「その言い方嫌い」

男「…だよ、少なくても自分は姉さんのこと」

オタク「その言葉遊びは嫌い、だったら幼って言いなさいよ」

男「それはダメなことになってしまうからね」

オタク「徹底してるね」

男「今は本当に考えてられないよ。家族がたった一人だけになってしまった時、そう決めたんだから」

オタク「クラスの子でお嬢様がいるでしょ?」

男「え?あぁ、隣の席の?」

オタク「どう思ってるの?」

男「あー、面白い人…かなぁ?風邪引いちゃったらしくてちょっと心配だね」

オタク「ふーん」

男「…今日はヤケに絡むね」

オタク「嫌?」

男「最近のキャラを見てたらギャップで誰かが惚れてしまうんじゃないかな?」

オタク「そんな人いる訳ないでしょ?」

男「どうだろうねぇ」

オタク「ばか」

オタク「…今日は帰るなり」

男「うん、いろいろとありがとうございます」

オタク「ちゃんとするなりよ」

男「善処します」

オタク「おやすみなり」

男「おやすみなさい」

タ、タ、タ、ガチャッ…スー、パタン。

男「…」

妹「んーん?オタクちゃんは?」

男「帰ったよ、それよりお風呂入ってから寝ようね」ニコッ

妹「はーい、はいりまスー」スースー

男「こらこら、ちゃんと脱ぐか寝るかどっちかにしなさい」ナデナデ

妹「はいるぅー」

男「いい子いい子」ナデナデ

妹「えへへー」スースー

男「はは、寝ぼけながら返事するのはすごいと思うよ」

ーーーー次の日、学校。

お嬢様「…ッ」

男(すごい機嫌悪そうだ…風邪はもう大丈夫なのかな?)

クラス全員(怖い)

男「あの…おはよう」

お嬢様「どうして」

男「え?」

お嬢様「どうして連絡してくださらなかったの!?」バンッ

クラス全員「ひぃいいい」ビクビク

男「えーっと、よく分からないけど……家に電話ないから」

お嬢様「そ、そんな」ガクン

男「どうしたの?らしくないというかまだ体調が戻ってないんじゃ」

お嬢様「…一日中」

男「え?」

お嬢様「一日中電話機の前で待ってたわよ!電話が掛かってくるの!」

男「…風邪なのに?」

お嬢様「…ッ」

男「…(今にも噛み付きそうだな勢いだって言ったら怒るだろうな…なんかオタクさんに似てる。なんでそんな事、思うんだろうだろう)」

男「なんだか解らないけど、心配してたよ」

お嬢様「…ふぇ」

男「(お嬢様なのにすごい声、そんな変なこと言ったつもりないんだけど)ほら、いつも隣で話しかけてくれてるから居ないとさ、なんかね」

お嬢様「…ふ、ふふ」

男「調子狂うっていうのかな」

お嬢様「なっ!私は犬かなんかですか!」

クラス男子「おお、男も言う時は言うのかッッ」

男「(オタクさんと比べたら)…猫かな」

クラス全員「い、言ったぁああああ」

クラス男子「あのお嬢様に対して…」

クラス女子「男君、大丈夫かな」

クラス女子2「私は大丈夫だと思うよ」

男「動物に例えるとって言う意味ではね(しまったオタクさんと同じ匂いがするから言葉遊びしちゃったな)」


お嬢様「猫…猫…」

男「うん、猫」

お嬢様「…」

猫(脳内)「ニャー」

お嬢様(脳内)「ふふふ、ふふふふ」ナデナデナデ

猫(脳内)「ナァー」ゴロゴロ

お嬢様「はぅー」ギュゥ

男(脳内)「あはは」ナデナデ

お嬢様(脳内)「ニャァー」

男「どうしたの?」

お嬢様「ぐはぁ!な、なななななんですか」

男「え!?今、すごい声だったけど」

お嬢様「気のせいです」キリッ

男「そう?」

お嬢様「私は何も考えてませんわ」キリッ

男「う、うん。いや、そろそろ授業だから考えないとダメだと思うよ?(その抱きしめて原型とどめてない教科書とか)」

お嬢様「うふ、うふふふ」

クラス女子「はうぅ、ちょっと怖いかも」

クラス女子2「そうかなぁ、なんか分かっちゃった気がする」


ガララ、ガタン。


不良「よう!男!」

男「ん、教科書忘れたの?」

不良「わりぃな今日は真面目に授業受けようと思ったんだけどよぉ」

男「次は?」

不良「数学XIII」

男「どんな未来に生きてるの?」

不良「俺はいつだって未来だぜ?」

男「残念だけど同じーー」


ヒュン!ドガッ!!


不良「グフッ」バタン

男「…」

お嬢様「使いなさい、お礼なら結構よ」

不良「…」ピクン

男「良かったね、不良君」



ーーーー休み時間、屋上。

男「不良君、急に呼び出してどうしたの?」

不良「どうしたもなにも何なんだあの女は!」

男「って言うと?」

不良「俺のこと虐める女だよ!女!しかも物投げたし!怪我したらどうするんだ!」

男「怪我というか実際、気絶したしね。あれにはびっくりしたよ」

不良「せっかく教科書お借りしたのにさっきまで保健室で寝てて起きたら休み時間だ!意味ねぇじゃねぇか!」

男「確かにそうだね…教科書どうしたの?」

不良「なんか知らないけどよぉ、ひん曲がってたからできる限り真っ直ぐにしてお返ししたんだよ…クラスの方にお願いして」

男「そうなんだ、偉いね」

不良「くっそ…どうしてすぐに暴力を振るうんだ?相手の気持ちを考えないとダメだろ!?」

男「うん、そうかもしれないけどきっと理由があるんじゃないかな?」

不良「そうなのか?」

男「例えば急に来たからびっくりして本を投げちゃったとか?」

不良「気絶するほど強く投げるものなのか?」

男「ほら、何事にも全力を出すことで危険を回避するってなんかのテレビでやってたって聞いた」

不良「お互いにテレビ見ないから分からないな」

男「はは、そもそも無いからね」

不良「わりぃ、そういう意味で言ったんじゃないんだけどな」

男「いや、分かってるよ。自虐ギャグって言うのかな?」

不良「それは洒落になってないと思うぞ?」

男「じゃあやめとくよ」

不良「んだ」

男「…」

不良「…なぁ」

男「ん?」

不良「誰かが俺たちを見て言ってたんだけどよ」

男「うん」

不良「アダムとアダムってなんのことだ?」

男「哲学かなぁ?」

不良「そっかぁ…深いな」

男「何がなんだか分からないけど確かに深いね」

不良「んだな」

男「じゃあ、休み時間終わるから戻るね」

不良「おう、また後でな」

男「ん、後でね」

ーーーー廊下。

男「なんだかよくわからない状況だなぁ…最近まで静かだったんだけど」タ、タ、タ

女「ならさ!静かなところに行こうよ!」

男「…え?」

女「んー?どうしたのかな?」ニコッ

男「ごめんね、ちょっとびっくりしたんだ」

女「えー、私の顔見てびっくりしするとか酷い~」ギュ

男「はは、そういうわけじゃないんだけどね。とりあえず離れて」

女「いいじゃん、もう少しこうしていてもいいでしょ?」

「ダメに決まってるでしょ!」

男「…」チラッ

女「なぁに?お嬢様」

お嬢様「そ、そんなことしてはダメって言ってるのよ!ここは公共の場なのよ!」

男「女さん、離れてね」

女「えぇー、もう、男くんが言うなら仕方がないなー」スッ

お嬢様「…」キッ

女「怖い~、お嬢様が睨むー」

男「チャイムが鳴るから戻ろうね」

女「うん、男くんが言うなら戻るね」タ、タ、タ

お嬢様「…私もあんな感じなのかしら?」

男「…」チラッ

お嬢様「…」タ、タ、タ

男「…」

ーーーー放課後、屋上。

ペシ!

男「どうして叩くのでしょうか?」

オタク「それは気味が悪いからなり」

男「理由を聞いても?」

オタク「まず無言で見送ったこと、その後、お嬢様が放課後まで一切話しかけてこないからって逆に話しかけなかったことなり」

男「どうすれば良かったんです?」

オタク「少なくともお嬢様のお陰で女ちゃんは離れたんだよね?だったらお礼を言わなきゃでしょ!」

男「…あぁ」

オタク「男殿も抜けてることあるのだのぉ」

男「助けてくれた理由がよくわからなかったからですよ」

オタク「助けてくれたって分かってるじゃない」

男「ですね」

オタク「むぅ」ジロッ

男「…」ナデナデ

オタク「ちょ、なにするだー!」

男「いえ、昔から怒ってる時はなでるとおとなしくなったので」ナデナデ

オタク「わ、私はそんな事で大人しくなんてならない…よ」カァ

男「…」ナデナデ

オタク「あうぅ、もしかしてわざとやって…る?」

男「なりって言わなくなるんですね」ナデナデ

オタク「…」ペシペシペシ

男「オデコを無言で叩くのはやめて下さい」ナデナデナデ

オタク「無言の抵抗なり」ペシペシペシ

男「無言でしたか、失礼」ナデナデナデ

不良「…壁殴りてぇ」

オタク「なぁ!いつから!」

不良「嬉しそうに姉さんが顔真っ赤にしてる時からっスよ」

オタク「その、姉(あね)さんとか言うのやめてよ!」カァ

不良「ひぃぃ、すいませんッス!だから拳を握るのはやめて下さいませんか」ガクガク

男「そういえば最近、二人が揃うことなかったね」

不良「まぁ、姉さん忙しいからっスよね」

男「そうなの?」

オタク「いろいろやってるからなり」フンス

男「不良君、オタクさん何やってるのか教えて」

不良「それはお前、俺に死ねって言ってる事と同じだぞ」

男「あはは、教えて」ニコッ

不良「俺が何かやりましたか!」

オタク「…」ニコニコ

不良「笑顔でこちらを見ないで下さいませんか?恐怖で漏らしそうです」

オタク「漏らしちゃえなり」ニコニコ

不良「姉さん!?昔のオーラが戻ってきま」

オタク「姉さん?」

不良「…」ガタガタ

男「あ、そろそろ帰らないと」タ、タ、タ

不良「置いていかないでください!!」

オタク「…妹ちゃん迎えに行かないとなり」タ、タ、タ

不良「…助かった」

オタク「…」ピタッ

不良「…ヒィィ」

オタク「もし私の秘密を誰かに言ったら…ね?」ニコッ

不良「…あ。……あ、あ」コクコク

ガチャ、バタン。

不良「もう、全裸であんなことするの嫌っス」ガクガク

ーーーー下校中、住宅街。


男「結局、言い方を変えても昔から嫌なんですね」

オタク「むぅ、嫌に決まってるなりよ」

男「確かに自分もよく虐められたので苦肉の策としてわざと言っていた記憶があります」

オタク「男君は嫌がらせだったんだ」

男「不良君は言い訳で言ったあの時からオタクさんの呼び方は変わってないみたいですね」

オタク「もう!いい加減、わっちの昔話はやめるなり」シュン

男「たまにはいいじゃないですか」

オタク「いじめるなりよ?」チラッ

男「返り討ちにしましょう」

オタク「ひどいなりね」

男「…はは」

オタク「…ふふ」

男「…」

オタク「…」































失礼、途中で切れてました。

明日、更新します。おやすみなさい。

オタク「女ちゃんは何を考えてるのかの」

男「急にシリアスですね」

オタク「ふふん、わっちだってシリアルぐらいはできるのだよ」

男「食べるのですか?」

オタク「…」カァ

男「まぁ、突っ込みは置いといて、急にどうしたんです?」

オタク「なんだか心配でのぉ、女の勘ってやつかの?」

男「昔も同じようなことを言ってましたね」

オタク「え?覚えてるの?」

男「覚えてますよ、お陰で助かったこともかなりありましたし」

オタク「ふふふ、今になって女の勘は侮れないと分かったかね」

男「悪いことした後、一番に逃げて」

オタク「あーあー!聞こえない~」

男「そして不良君が被害に」

オタク「…」

男「…」

オタク「正直すまんかった」

男「昔は最強のお嬢様だったのに今では変わり果ててしまいましたとさ」

オタク「オタクで悪いか!」

男「いいえ、今も昔も好きですよ」

オタク「お、おう。それはどういう意味で?また遊んでるでしょ?」

男「さぁ、どうでしょう?」ニコニコ

オタク「ガルル、襲ってやるぅぅ」

男「あ、妹」

オタク「妹様!?」バッ

男「…」

オタク「居ない?」

男「…プッ、ククク」

オタク「男殿?」

男「あはは、」

オタク「だ、騙したなぁ~!」

?「わっ!」

オタク「うひゃー!」

妹「うひゃー!」

男「なんで両方驚いてるんだよ」

妹「だってびっくりしたんだもん」

オタク「騙されたと思ったから…」

男「騙したなんて心外な連携プレーって言って欲しいですね」

オタク「ん?んー??…結局騙してるじゃないですかー!」

男「はいはい、妹、おかえり」

妹「ただいまー!オタクちゃん、驚かせてごめんなさい」ペコッ

オタク「むぅ…妹様に謝られたら怒れないなり」

妹「えへへ」

オタク「でも罰は罰なり、エイッ!」ギュゥ

妹「うひゃー捕まったー」バタバタ

オタク「うへへ、柔らかいのぉ柔らかいのぉ」

妹「くすぐったいよ~」

ーーーー下校中。


男「…」

オタク「ええですよ、ええですよ」

妹「わーい」ブランブラン

男「…」

オタク「色白の首、マシュマロの様なほっぺた、赤く染めたいのぉ」ジュルリ

男「…」

妹「うへへ、オタクちゃんいい匂いー」パタパタ

男「…(この年齢で、小学生を羽交い締めにしたまま運べる力持ちはオタクさんしかいないだろうな)」

オタク「ねぇねぇ、今日、私の部屋に来ない?お菓子とかお菓子とかお菓子があるから」

男「お菓子しかないんですか?」

オタク「んー?愛も?」

男「重そうですね」

妹「わーい!でも今日はお兄ちゃんと寝るー!」

オタク「うぐぐ…ハッ」

男「ちゃんと自分の家で寝てくださいね」ニコッ

オタク「いいじゃんかよー!意地悪するなよぉー!」ジタバタ

男「仮にも女の子なんですからその辺はちゃんとしましょう」

オタク「くっそ~世知辛い世の中だ」

男「世の中関係ないです」

オタク「ねぇ男殿、前々から思ってたのだがのぉ」

男「なんでしょうか?」

オタク「たまに言葉が酷いなり」

男「ドSですから」

オタク「え!?もしかして私が言ったこと気にしてるの?」

男「冗談です」

オタク「もぉおおおお」ジタバタジタバタ

妹「わーい」

男「妹を抱えたままジタバタしたら危ないって注意しようと思いましたが妹が喜んでいるので黙っていましょう」

オタク「何一つ黙ってないよぉ?!」


ーーーー商店街。


オタク「はぁ、今日も男殿にいじめられる毎日だった。酷くね?超酷くね?」

男「地が出てますよ」

オタク「どうせわっちは品がないなりよーだ」

男「ついに開き直りましたね」

妹「アジの開き!」

男「今日は魚にする?」ニコッ

妹「うん!」

男「魚はいい。生の日持ちはしないけど、天気が良ければ干物にして保存ができるようになるから楽しい。しかもここの商店街は魚の値段が驚く程安くて新鮮だ。この事実を誰にも教えたくないが利益がなければ値段が上がってしまう。しかしその分の競争率を考えると学生には…」

オタク「おーい、男殿。なるべく早く帰ってきてね」

男「…。大丈夫です」

オタク「絶対嘘なり!目が獲物を狙う目だったなり」

妹「お兄ちゃん!アジが25円!」

オタク「え?まだ魚屋さんまでまだあるなりよ?」

男「ふっ、素晴らしいぞ妹よ、だがその先の魚屋は23円だ」

妹「さすがお兄ちゃん!」

オタク「…(正直、魚屋のさの字も見えないけど、どんな視力してるの?)」

ーーーー魚屋。

オタク「ほ、本当に23円」

男「アジ下さい」

魚屋「お、いつもどうもな!数は?」

男「6/π+48Σ[n=1~∞]n/(e^(2πn)-1)で」

オタク「呪文?!」

魚屋「=2だな、あいよ」

オタク「即答!?」

妹「ふむふむ~なるほどー」

オタク「妹ちゃん分かったの!?」

妹「なるほど、分からないー」

オタク「ですよねー!びっくりしたなり」


ーーーー買い物帰り。


オタク「いつもあんな買い方してるなりか?」

男「なんとなく言ってみただけですよ」

オタク「即答できる魚屋さんは何者なりか…」ドンヨリ

男「謎は謎のままがいいと思いますよ」

オタク「そういうもの?」

男「ですね」

妹「ふんふーん」ニコニコ

ーーーー夜。

妹「お魚美味しかった!」

男「そうだね、魚屋さんがおまけで大きいのにしてくれたから一匹で済んだ、明日はおにぎりの具にするね」

妹「うん!楽しみにしてる」

オタク「わっちも楽しみなりよ!」

男「…」

妹「楽しみだねー」

オタク「だの!」

男「いや、オタクさんのおにぎりはないですよ?」

オタク「えぇー!」ガーン

男「そんな露骨に悲しそうにしてもないですから」

オタク「家にある具材カンパしてもなりか?」

男「…いえ、そこまで言うならいいですけど」

オタク「ちょっと悩んだなりね」フフン

男「…」ナデナデ

オタク「…!」アセアセ

妹「私もー!」

男「…」ナデナデナデナデ

妹「えへへ」

男「さて、妹。今日はもう寝なさい」

妹「うーもうちょっとー」

オタク「ならわっちと今日一緒に寝るかの?」

妹「うん!」

オタク「今日こそわっちの家にジュルリ…失礼したなり」

男「…」

オタク「…?男殿、どうしたなりか?」

男「今日は、オタクさんにお願いしようかな」




















明日、更新します。

おやすみなさい。

オタク「どういう事?まさか男君…」

男「ただのアルバイトですよ」

オタク「…ッ」

妹「オタクちゃん?」

オタク「…ごめんね」ギュッ…

妹「?」


ーーーー数分後、外。


オタク「妹ちゃん寝たよ」

男「…どうも」

オタク「それで?今日のアルバイトは何かしら?」

男「懐かしい言葉遣いに戻ってますよ」

オタク「男、いいから答えなさい」

男「もう、なんでもないんですけどね」

オタク「…」

男「今日は比較的安全なバイトですよ、ただの護衛です護衛」

オタク「護衛?充分危険そうに聞こえるのだけど?」

男「ここは平和な国ですよ。自分よりも警察が仕事をしますので大丈夫です」

オタク「大丈夫ならあなたが行く必要ないじゃない」

男「その対象者が警察と護衛がすごく嫌いらしくて」

オタク「そう、それで男なのね」

男「納得してくれましたか?」

オタク「するわけないじゃない」

男「ですよね」

オタク「そもそも、あなたも護衛じゃない」

男「そうなのですが、実は護衛と紹介されないみたいです」

オタク「どういう事?」

男「…許嫁って紹介されるらしいですよ」

オタク「なっ!!」

男「シー!、近所迷惑になりますよ」

オタク「…」ジッ

男「そう睨まないでください」

オタク「睨みたくもなるわよ。それでそのお嬢様はどこの誰なのかしら?」

男「知ってどうするつもりですか?」

オタク「…」ニコッ

男「絶対にお教えしません」ニコッ

オタク「…」

男「ただの演技なのですから安心してください」

オタク「安心できるわけ無いでしょ?」

男「信じてください」ジッ

オタク「…」

男「…」

オタク「はぁ、わかったなり、ちゃんと戻ってきたら妹様に寝てても顔を見せるなりよ」

男「了解です」

オタク「それと、あのバカに伝えといて欲しいなり、男に何かあったら、本家に戻って全力で潰すなり」

男「本家から逃げたのに、自分のために戻るのはやめてください」

オタク「うるさいなり」

男「…はは(顔は笑ってるけどすごく怒ってるな)」

ーーーーとある場所。

男「給料はでないんですけどねっと」タッ、スタッ

男(どこかのお嬢様しか知らなかったけど、学校のあの人じゃなくてホッとしてるなんてな)

スッ。

男(写真見る限りでは大人しそうな人だな、年齢は一つ下で…趣味はなし、話しかけられるまで話さない。典型的な内気タイプ。)

男「ひどい言われ様…これ依頼主に見せたら怒るんじゃないの?」

警備員「ん?」

男「おっとまずい」タッ、ガサガサ…シーン

警備員「動物?…気のせいか」

男「…(近くに木があって助かった…ここからちょうどパーティしてるのが見えるな、お嬢様は…あれかな?)」

依頼主「娘が失礼を」

若い男「…」

女の子「…」

男「…(トラブルかな?若い男が依頼主に謝られてる…若い男の口元が見えないから何話してるか分からないな)」

依頼主「…ん、今日は暑いですな」クイッ

男「…(ネクタイを直す仕草、依頼の紙にあった合図か、)」バサバサ、スタッ、タッタッタッ

女の子「…!?」

依頼主「どうした?」

女の子「…」フルフル

男「遅れて申し訳ございません」

依頼主「ああ、よく来てくれた!」ガシッ

男「…いいえ、仕事が遅れてしまいまして(急な握手は話を合わせろだったな)」ニコッ

若い男「この方は?」

依頼主「実はですな、彼の父は私の経営のパートナーだったのだが…」

男「言いづらいでしょうからここは私が、実は父が旅行先で事故に…色々ありまして、私が今の会社を引き継いだのですがなかなかどうも」

依頼主「そこでパートナーだった私が彼のサポートをしていたのだが、この際、会社を一つにしたらどうかと話してな」

若い男「なるほど、それはいい考えですね」チラッ、

男「…ええ」ニコニコ

依頼主「それで、ひとつになるという事は私の後継にもなるのだから、娘を許嫁にと提案したんだ」

男「私には勿体無い話なのですが、彼女の様に可憐で美しい女性に出会う機会もないですし」

女の子「…」

男「(反応なし…褒められても嬉しくないタイプか)今日はお会いするだけでもっとなった次第です」ニコニコ

若い男「なるほど、私もできれば立候補したかったのですが仕方がないですね」ニコッ

依頼主「それこそ勿体無い、若旦那様は私の様な中小企業とは釣合いません」アセアセ

男「…」

若い男「ふふ、褒め言葉として受け取っておこう。それでは、邪魔者は去ります」タ、タ、タ

依頼主「な!?そのような事は、お待ちください」タ、タ、タ

女の子「…キモい」

男「同感です」

女の子「…!」

男「どうしたました?お嬢様」ニコッ

女の子「変な人」

男「よく変態と言われます」キリッ

女の子「嘘?」

男「ええ、嘘です」

女の子「変人?」

男「中らずと雖も遠からずですね」

女の子「…ちょっと来て」

男「ええ、良いですよ」

ーーーー離れた場所。

女の子「誰?」

男「男です」

女の子「違う、職業」

男「給料のないアルバイトです」

女の子「???」

男「意外と良くお話になるのですね」

女の子「周囲とは喋る話題もないし、つまらない」

男「趣味を持てば良いのでは?」

女の子「私と同じ子がいない」

男「たしかに見る限りでは大人の方しかいらっしゃいませんね」

小百合「小百合、私の名前」

男「ええ、存じております」

小百合「変態」

男「たしかに、変態かもしれませんがその場合はストーカーと突っ込むと良いですよ」

小百合「うん、分かったストーカー」

男「様を最後に付けるのが今の流行りです」

小百合「ストーカー様」

男「騙されやすいと楽しいですね」

小百合「…ふふ」

男「怒るところですよ?」

小百合「嘘、怒らせるつもりなんてない。楽しませようとしてくれてる」

男「…ッ」

小百合「ありがとうございます」

男「どっかのオタクさんより一枚上手ですね」ニコッ

小百合「ストーカー様はどうしてここに?」

男「はは、護衛です。」

小百合「帰って」

男「はは、手厳しい。では帰ります」

小百合「まって変態」

男「なんでしょう?」

小百合「どうして帰るの?」

男「帰っていいと許可を頂きましたので」

小百合「…ほかの人たちとは違う」

男「よく言われます」

小百合「給料なし?」

男「家計に厳しいという意味です」

小百合「覚えとく」

男「では、私はこれで」

小百合「オーダー」スッ

男「これは?飴?」

小百合「お金じゃないけど給料」

男「…家計に優しいですね」ニコッ

小百合「うん、優しい」

男「では、オーダーをどうぞ」

小百合「もう少しだけ居て」

男「畏まりました、お嬢様」

小百合「いつも何してるの?」

男「普段の生活でしたら、普通の学生ですね。ただ家庭に両親が居ないので、その代わりはしているつもりです」

小百合「護衛の仕事?」

男「アルバイトでしたらこれは特殊ですね。アルバイトと言ってもいいのか考えものですが」

小百合「変なの」

男「そうですね、私もよく思います」

小百合「護衛の仕事ってどういうのなの?」

男「ただそばにいて、私と同類が来たら返り討ちにするだけです」

小百合「変態」

男「その通りです、お嬢様」

小百合「さ・ゆ・り」

男「失礼しました小百合様」

小百合「うん、苦しゅうない」

男「時代劇好きなのですか?」

小百合「執事の人が時代劇が好きで私がスネークして内緒で見たり」

男「それは良いご趣味で、どうやら別の趣味もお持ちのようですね」

小百合「本当?」

男「ええ、良い趣味に関しては世間を知らないよりはよろしいかと」

小百合「脱げ、良いではないか良いではないか」

男「訂正いたします、小百合様。二度と見ないほうが良いでしょう」

ガサガサ。

小百合「護衛の仕事」

男「きっと犬でしょう」

小百合「やる気ない?」

男「変態の匂いがしません」

小百合「じゃあ、あれは」スッ

男「ふむ…」

若い男「やぁ奇遇ですね、パーティはもう宜しいので?」

男「小百合様、ビンゴです」

小百合「賞品は?」

男「護衛時間二分です」

小百合「短い、カップラーメン食べられない」

男「良くご存知で」

小百合「メイドの人が涙を流しながら食べてた。今月使いすぎた~ふえぇーん。だって」

男「…びっくりしました。モノマネうまいですね」

小百合「ふふ、たまにそれでイタズラしてる。今までバレた事無いの」

男「…(バレてないからこそあのプロフィールか、これでよくこの子の事を内気とか言えたな)」

若い男「なぁ君たち、さっきから僕を無視してくれてどういうつもりだい?」

小百合「こういう時、どんな顔すればいいと思う?」

男「笑えばいいと思いますよ、小百合様」ニコッ

小百合「…」ニコッ

若い男「ふ、ふふふ、どうやら馬鹿にしてるようだね」

小百合「馬鹿にしてない」

若い男「さっきだって僕のこと散々無視したじゃないか、それがどうしてそんな男と話しているんだい?」

小百合「なんて言えば良いの?」

男「マジラブだからと言えばよろしいかと」

小百合「…私はこの方を愛しているからです。貴方の様な貧弱で親のすねかじりのピー、ピーピーで『禁則事項』は帰ればいいと思うの」

男「素敵です、小百合様」

小百合「…」フンス

若い男「おい、こいつら痛めつけろ」

黒服「…」

男「今時こんなこと言う人初めて見ました」

小百合「ビデオ持ってない、すごく残念」

黒服「…」シュッ

男「良いですか?小百合様。ストレートに対して有効的なのは関節技、カウンターなどがありますけど基本的には逃げるのが一番です」グイッ

黒服「…グッ」

小百合「…」

男「今回は関節技を極めましたけど、ただ動けなくしてるだけです」

小百合「あまり痛そうなのはダメだと思う」

男「では、放しましょう」

黒服「…ッ!……若様、ここは引いた方が宜しいかと」

若い男「ふ、ふざけるな!」

小百合「相手が引かない場合は?」

男「場所が場所なのでこの場合、人を呼ぶのがいいでしょう」スー、ダレッ

若い男「い、行くぞ!」タッ、タッ、タッ

黒服「…」チラッ、タ、タ、タ

男「ふぅ、言う前に助かりましたね」

小百合「変態、強いね」

男「変態というのはだいたい高スペックですよ」

小百合「貴方はどんな変態なの?」

男「シスコンですかね」

小百合「わぁ」キラキラ

男「どうして、瞳を輝かせるんですか?」

小百合「本当の変態に会えた気がしたから」

男「しかも小学生です」

小百合「合格」グッ

男「しかし、小百合様は本当に明るい方ですね」

小百合「普段は暗くしてる」

男「理由を聞いても?」

小百合「封印されたもう一人の私が出ないようにしてる」

男「小百合様も変態でしたか」

小百合「うん、一緒だね」ニコニコ

ーーーーパーティ会場。

依頼主「ッ!小百合が……あんなに笑って…」タ、タ、タ

ーーーー離れた場所。

男「どうやら、オーダーが終わりのようです。依頼主…失礼、お父様がこちらに向かってますよ」

小百合「…うん」クイクイ

男「なんでしょうか?」

小百合「次はいつ来るの?」

男「依頼があればいつでも」

小百合「どこに依頼すればいいの?」

男「企業秘密です」

小百合「さよなら?」

男「ええ、さよならです」

タ、タ、タ。

依頼主「二人共、仲良くなったようで何よりだ」

小百合「結婚します」ニコッ

男「お断りします」ニコッ

依頼主「こ、これはどういう状況だね?」

男「申し訳ございませんが、時間ですので私はこれで失礼致します」

依頼主「そ、そうだな…」

小百合「…」

男「では、小百合様またお会いしましょう」

小百合「待って」

男「…」タ、タ、タ



ーーーー数分後。


依頼主「小百合、いつまでここに居るんだ?」

小百合「…」

依頼主「い、許嫁なのだからまた会えるんだぞ?」

小百合「嘘吐き」

依頼主「父に向かって嘘吐きとはなんだ」

小百合「許嫁なんて嘘なのでしょ?お父様」

依頼主「ゴホン、なんのことだ?」

小百合「あの人は嘘もつくけど本当のことも話してくれた」

依頼主「な!まさか護衛だと言ったのか?」

小百合「フフ、素直に言われると何も言えないんですね。びっくりしました」ニコニコ

依頼主「今日は…機嫌が良いみたいだな」

小百合「いいえ、お父様。あの人は最後に嘘をつきましたから」

依頼主「…すまんな」

小百合「…」ツー

依頼主「な、泣くんじゃない…」

小百合「泣いてません」

依頼主「…」

小百合「…」

依頼主「…ん?小百合、その髪飾りは誰にもらったんだ?」

小百合「!」サワッ、カチッ

依頼主「綺麗な髪飾りだな。これは都忘れ…か、フフ、ハッハッハ」

小百合「お父様?」

依頼主「キザな奴だ、まったく気に入らん。娘を絶対に渡したくない奴だな」

小百合「…?」

依頼主「小百合、お前の母もこの花が好きだった。あいつの葬儀の時に、花屋に頼んでわざわざ私のところに送るよう手配していたらしくてな」

依頼主「最初は嫌がらせかと思ったものだ。だけど、なぜかその時に学生時代、よくいじめられていた記憶がな…」クックック

小百合「…」

依頼主「いや、すまない。なんのことか分からないだろう」










なに、簡単なことだ。この花の花言葉はな。

ーーーー道路。

男「また会う日まで、小百合様」

男「さて、今日のバイト代は飴1個…か妹喜ぶかな?」

?「…」

男「ん?ああ、先程はどうも」

黒服「…」

男「無言で見つめないで下さい、照れてしまうじゃないですか」

黒服「学校での態度と違うようだな」

男「まさか私よりも高度なストーカーされてるとは思ってませんでした」

黒服「本家の人間がこんな所で何をしていると言いたいんだ」

男「そっち側の人間でしたか、でしたら分ってると思いますが?」

黒服「父親と同じでお嬢様をたぶらかすつもりか?」

男「…なんの事でしょう?」

黒服「…まぁいい、今日の所は見逃してやる」

男「だから先ほど手を抜いてくれたのですね」

黒服「お互いクライアントの目の前だからな、お前を殺しても良かったんだぞ?」

男「その中二病みたいな挑発、似合いませんよ」ニコニコ

黒服「…」

男「…」

黒服「…」タ、タ、タ

男「…はぁ(安い挑発で引いてくれて助かった。パーティ用の服が台無しになったらアルバイトができなくなるところだったし)」

男「…早く帰ろう」タッタッタッ

ーーーー数十分後、男の家。

ガチャッ、パタン。

男「ただいまー」コゴエ

シーン。

男「…(妹は寝てるかな?とりあえず着替えないと…)」

ーーーー男の部屋前。

男「…」

ガチャッ。

オタク「お帰りだの」

パタン。

男「…oh…幻覚が見えたみたいです、これはかなり疲れてるみたいですね」

オタク「自問自答しながら閉めるのひどいと思うなりよ」

男「人の部屋で何してるんですか?」

オタク「怒ってるなり?」

男「全然、自分じゃなければ大声出してますよ」

オタク「ふっふっふ、何してるって質問だけ答えるなり」

男「大人向けの本なんてありませんからね」

オタク「やっぱりないなり?」

男「ええ、破片も」

オタク「…」

男「…」

オタク「お帰りなり」

男「だだいまです」


男「…」スルッスルスル、ガチャ…パタン。

オタク「…」

男「男の着替え見て楽しいですか?」

オタク「うん」

男「…」スルスル

オタク「少しぐらいさっきの格好でも良かったと思うなりよ」

男「シワになりますからね、クリーニング代は家計にはプラスにもならないので」

オタク「わっちが本家に戻っても男は一緒にいてくれないなりよ」

男「今日はどうしました?」

オタク「…もう明日になったなり」

男「…ふぅ、そうですね。昨日は…婚約宣言されましたね」

シュッ!パシッ!

男「枕を投げるのは修学旅行だけにしましょう」

オタク「どうせ行かないし当たらないなり」

男「その通りです」

オタク「どうして男はわっちを不安にさせるような事ばかり言うなり?」

男「性格が弄れてるだけですよ」

オタク「…」

男「ちゃんとお断りしました」

オタク「当たり前なり」

男「当たり前ですか」

オタク「普通のバイトは続いてるなりか?」

男「ええ、そちらに関しては問題なしです」

オタク「ならーー」

男「無理です」

オタク「…バカ」

男「今日は一緒に寝ますか?」

オタク「添い寝なら」

男「冗談ですよ。ちゃんと家に帰りましょう」

オタク「分かったなり、でも添い寝なら妹様にするなり」

男「ありがとうございます」

取り合えず進めてるの終わったら、復活させる予定ですね。

ーーーー朝、妹の部屋。

妹「お兄ちゃん!朝だよ!」

男「スーハー、おはよう。少し疲れてたみたいだ」

妹「大丈夫?お兄ちゃん」オロオロ

男「大丈夫、すぐに朝ごはん作るから待ってて」

妹「うん!顔洗うー!」タ、タ、タ

男「…流石に走って帰るのは疲れるな」

ーーーー居間。

男「そうだ、飴舐める?一個だけ昨日貰ったんだ」

妹「いいの?」

男「ん、」スッ

妹「ありがとう!お兄ちゃん!」

男「今日は体育あるんだよね?」

妹「うんうん、いっぱい動く!」

男「怪我しないようにね」

妹「うん!」

ーーーー学校、教室。

不良「なんだか疲れてるな」

男「うん、ちょっといろいろとあってさ」

不良「俺のほうもいろいろあった」

男「そうなの?」

不良「弟がな、部屋を別々にしてほしいって言い始めてよ」

男「・・・いきなりだね」

不良「早く着替えろっていっただけなのにな」

男「・・・」

不良「・・・ん?」

男「なにか変わったところ無かったの?」

不良「変わったところ?いや・・・うーん、男のくせに胸隠すそぶりしてたのが変だなと思った」

男「男の子でも着替えを見られたくなくなったのかもね。部屋別にしたほうがいいかもしれないよ」

不良「そうかぁ・・・ちとさびしいけど仕方ないな」

男「今のそのまま伝えてあげればいいと思う」

不良「さびしいってやつか?」

男「うん」

不良「それ、俺が言って変じゃないのか?」

男「強いのが不良ってわけじゃないと思うよ」

不良「そうなのか・・・分かったやってみる」

男「ん、そうするといいよ」

不良「サンキュー、次の授業って何だっけ?」

男「数学」

不良「なら出るか、この前教えてもらったところを忘れないためにな」

男「まじめだね」

不良「あたぼーよ」

クラス「・・・」

ガラガラ。

お嬢様「・・・おはようございます」

クラス女子「おはよう」

クラス女子2「おはよう!お嬢様」ニコッ

お嬢様「え?あ、はい。おはようございます」スッ、タ、タ、タ

クラス女子「ちょ、ちょっとどうしたのいきなり?」ボソッ

クラス女子2「んー?やっぱり私たちが思ってるほど悪い人じゃなさそうだから」

クラス女子「聞こえちゃうって」ボソボソ

クラス女子2「別にいいじゃん」ニコニコ

ーーーー窓側。

不良「っと、天敵がいらっしゃったから俺は戻るわ」

男「天敵?」

不良「お嬢様だよ、お嬢様!いじめられる前に帰るんだよ」

男「いじめられないと思うけどなぁ」

不良「とりあえず、またな」タ、タ、タ。

男「うん、またね」

お嬢様「おはようございます」スッ

男「おはよう」

お嬢様「・・・」

男「?・・・どうしたの?」

お嬢様「い、いえ。家の事で少々問題が」

男「何かあったの?」


お嬢様「・・・」

男「ああ、ごめんね。家のことなのに無神経に聞いちゃった」

お嬢様「ふふ、別に構いません」

男「難しい感じだね」

お嬢様「ええ、従姉妹の子なのですがその・・・」

男「うん」

お嬢様「アルバイトで護衛を雇ってないかと昨日の夜に質問攻めに」

男「・・・そ、そうなんだ」

お嬢様「普段、物静かで他人と接しようとしなかったあの子があそこまで人を探すなんて・・・と、不安になってしまいまして」

男「何かされたんじゃないかって?」

お嬢様「・・・」コクッ

男「なるほどね」

お嬢様「そもそもアルバイトの護衛なんて聞いたことないですので半信半疑に聞いていて・・・」

ーーーー昨日、深夜。

お嬢様「ちょっと、今何時だと思ってるのかしら?あなたから電話なんて珍しいから思わず出ちゃーー」

?「お姉様、深夜遅くにに申し訳ございません」

お嬢様「・・・はぁ、あなたが私の話を最後まで聞かない理由は何かしら?」

?「・・・」

お嬢様「怒ってないわよ?元気にしてたのかしら?」

?「・・・はい、とても」

お嬢様「ふふ、それは良かった」

?「あ、あの!」

お嬢様「時間は考えなさい。もう少し静かに」

?「はい、お姉様」

お嬢様「あなたが取り乱すなんて余程の事なのね?話してみてーー」

?「実は・・・」

ーーーー数分後。

お嬢様「アルバイトの護衛?あるわけ無いわ。第一に個人情報が曖昧なセキュリティーになってしまうじゃない」

?「はい、それは分かっています。でも、お父様の契約した警備会社の中にアルバイトが居たことは調べて分かったのですけど・・・」

お嬢様「あの人は何を考えてるのかしら?娘の安全性を全く考えてないじゃない」

?「それが、その警備会社自体は、お姉様も利用してる会社と一緒でした」

お嬢様「それは・・・おかしいわね(警備会社としてはこの国のトップもVIPの護衛でも信頼できる会社なのにアルバイト?)」

?「個人情報は会社が会社なので閲覧できませんでした」

お嬢様「当然です。あなたまさか!また『覗いた』んじゃないでしょうね?」

?「深夜です、お姉様」

お嬢様「・・・」

?「ごめんなさい」

お嬢様「ふふ、言うようになったじゃない」

?「久しぶりにお話できたので嬉しくて」

お嬢様「上手いんだから」

?「それに・・・できればまた、会いたくて・・・」

お嬢様「あなたがそういうこと言うなんて、何かあったのかしら?」

?「それは・・・」

お嬢様「・・・」

?「できれば秘密がいいです」

お嬢様「・・・そう、嬉しい感じも受けるけど、少し不安そうね」

?「・・・分かりますか?」

お嬢様「ええ、あなたが私に話してくれた叔母様の話と一緒ね」

?「もう、大人です」

お嬢様「私自身子供と思っているのに、あなたはいつの間にか大人になってしまったのね」

?「・・・はい!」

お嬢様「ふふ、今回、私は手伝わなくていいのかしら?」

?「できれば、私が見つけたいです」

お嬢様「分ったわ、もし難しそうならまた連絡しなさい。何らかの情報は必ず見つけてみせます」

?「はい、その時はお願いします」

お嬢様「おやすみなさい」

?「おやすみなさい。お姉様」

ーーーー教室。


お嬢様「という事がありまして、アルバイトの護衛なんてって思い出すだけで・・・」

男「・・・」ダラダラ

お嬢様「男?汗が、その・・・凄いですわよ?」

男「だ、大丈夫です」

お嬢様「・・・よくわかりませんが、これを使ってください」スッ

男「ハンカチ・・・ありがと、でも勿体ないから遠慮しておくね」

お嬢様「別に構いませんのに」

男「あはは、洗って返すとしても・・・ね」

お嬢様「・・・今すぐどうぞ」

男「どうして!?」

クラス男子「男があそこまで動揺するのって珍しいなぁ」

クラス男子2「そうだね、お嬢様もなんか必死だからかな?」

クラス男子「必死なのはいつもの事だろ、それより別の話で動揺したっぽいんだけどなぁ」

クラス男子2「そうかもね」

ガラガラ。

担任「HR始めるぞー」

担任「まぁ難しいことだと思うんだがお前たちにもーー」

男「・・・」ソワソワ

お嬢様「・・・?」

男「・・・(おかしい、どうしてお嬢様と小百合様・・・いや小百合ちゃんが繋がってるってどういう事なんだろう?)」

担任「今のうちでも進路を考えるべきだとーー」

男(そういう重要なことはデータに必ずあるはずなのに今回はなかった)

男(それともミスをしたか、オタクさんに聞くわけにもいかないし・・・)

お嬢様「あの・・・男?」

男(何か嫌な予感がする。作為的だとしたら・・・)

お嬢様「・・・男?」

男「!ああ、ごめんね。考え事してたよ」

お嬢様「そう・・・ですの?」

男「うん、ちょっとね」ニコッ

お嬢様「先ほどの話、男は何か知ってるのかしら?」ジッ

男「ううん、全然知らないよ(鋭い、これ以上この話題は危険だ)」

お嬢様「・・・」ジー

男「今日の晩御飯何にしようかなってさ」

お嬢様「妹さんですわね」

男「うん、何か食べたいものあるかなって聞くの忘れちゃってさ」

お嬢様「そうでしたの、それでしたらシェフがーー」

ーーーー昼休み、屋上。

男「・・・」ガサゴソ

男「・・・」

男「・・・(書いてある内容に見落としはないし・・・気が重いけどあの人に聞くしかないのかな?)」ジッ

?「・・・」ソー

男「・・・来てるの分かってますよ」スッ、カサ

オタク「むー、なぜバレたし」

男「・・・いや、ドアを開ける音がしたので」

オタク「そうなり?」

男「です」

オタク「油断も隙もないなり」

男「どうしました?一緒にご飯食べてくれる人が居なくなったとか?」

オタク「もしかして・・・ちょっと怒ってる?」ブルブル

男「残念ながらただの意地悪です」

オタク「そうなりかーただの意地悪なりかー」エイッ

男「・・・」スッ、スカッ

オタク「避けるなー!」

男「当たったら痛いですから」

オタク「もー!わっちだって一緒にお昼食べてくれる人は居るなりよ!」

男「知ってます」

オタク「えぇ!?知ってたの!?」

男「そこまで驚かなくても・・・前に用事があって行った時、いろんな人から誘われてましたよね?」

オタク「気のせいなり」ニコッ

男「ウソをつかない」ニコッ

オタク「なんでなりかねー?断っても断っても誘われる~」

男「性格が良いですから、それに」

オタク「それにー?」

男「いい加減に言おうと思っていたのですが」スッ

オタク「ドアの方に指差してどうしたなり?」

男「見に行ってみるとわかりますよ」

オタク「・・・?」タッタッタッ

ヤッベ、チョットオサナイデヨ!、ウワッケルナ。

オタク「・・・」テクテク

男「・・・お帰りなさい」

オタク「気のせいなり」アセッ

男「人気ですね」ニコッ

オタク「むー」

男「どうしました?」

オタク「クラスの人には誘われるのに男殿には一向に誘われないなり」ムスッ

男「・・・」

オタク「・・・誘われないなり」チラッ

男「誘ったとしてもーー」

オタク「それでも誘われたいなり」ジッ

男「分かりました。今度誘ってみますよ」

オタク「本当?」パァァ

男「強引ですね。前に断ったときは素直に引いてくれたハズなんですが」

オタク「女心と秋の空なり」

男「それは・・・使い方を間違ってると思いますよ」

オタク「そうなの?」

男「どうでしょうね。今は本来の使い方と違う意味合いを持たせる事もありますから」

オタク「言葉遊びみたいだのー」

男「そうですね」

ーーーー放課後、教室。

男「・・・(さて、どうするか・・・って連絡してみるしかないんだけど)」タ、タ、タ

?「・・・」タ、タ、タ

ーーーー外、とある場所。

男「・・・(公衆電話って少なくなったなぁ、わざわざここに来ないとないから不便だ)」ピ、ピ、ピ、タダイマヨビダシテイマス

プルルル、プルルル。

男「・・・」


プル、「やっほーだれかしら?」


男「男です」

電話「おーその声は男くんかぁ懐かしいねぇ」

男「つい最近も電話しましたけど」

電話「そう…まぁいいや、要件は何かしら?」

男「アルバイトで頂いた資料に誤りがあった様です」

電話「そうみたいだねー知ってるよー」

男「では率直に、原因はなんでしょうか?」

電話「知らない~知ってるっぽい子は処分しちゃったし今頃わぁーふふ、ミキーー」

男「そうでしたか、失礼しました」

電話「つれないなぁ、私と男くんの仲じゃない」

男「そうですね」

電話「ねぇねぇ、妹ちゃん元気?」

男「…」

電話「おーい、聞こえてるんだろー?」

男「はい、聞こえてます」

電話「んで?どうなのかしら??」

男「とても元気にしています」

電話「そっかぁ、今度会ってみようかしら?」

男「…」ミシッ

電話「おーい、それ以上力入れると受話器壊れちゃうよー?」

男「…そうですね、ありがとうございます」

電話「話はそれだけだよねー?それじゃあまたねー」ガチャッ、ピーピーピー…。

男「…」ガチャン







ーーーー公衆電話前。

男「…」ハァ

?「男くん、偶然」フリフリ

男「…女さん、こんばんは」

女「あれー?元気ないじゃんどうしたの?」

男「ん?そうかな」

女「そうだよー」ニコニコ

男「それにしても女さんここにいるなんて珍しいね」ジッ

女「え?あーえーっと…偶然ここを通りがかってー男くんが電話してたのみたからーって感じだよ」ニコッ

男「そっか、なにか用事かな?」

女「んー用事って程じゃないんだけど~」

男「・・・」

女「男くんちょっと不機嫌?」

男「え?そうみえる?」

女「うん、なんだかムスッとしてるよ」スッ

男「そうかな」サッ

女「ほっぺたぐらい触らせてくれたっていいじゃん」

男「減る物でもないけどね」

女「・・・あはは、そうかなぁ増えちゃうかもよ?(ガードかたいなぁその辺の男ならすぐに妄想膨らませてるのに)」ニコニコ

男「それじゃあ、僕は帰るよ」

女「えーっ!送ってくれないの?」上目遣い

男「・・・」

ーーーーカフェ。

女「ふふん、男くんなら来てくれると思ったよー」

男「まっすぐ家には帰らないの?」

女「折角だし良いじゃん」

男「・・・(どう考えたら折角なんだろう・・・時間は・・・)」チラッ

女「もー私見ないでどこ見てるのよ」

男「ん?・・・ううん、初めて入ったところだから周り見てただけだよ」

女「そうなんだ、ねね、ここのショートケーキ美味しいんだけどさ今ね」

男「・・・(この時間だともう家に妹が帰ってる頃だな・・・)」

女「あ、すいません。このカップル限定のショートケーキお願いします」

男「・・・」

ウェイトレス「はい、少々お待ちください!」ニコッ

女「えへへ、男くんが全然見てくれないから勝手に頼んじゃった」

男「・・・カップル限定・・・って?」

女「ほら、私たちってさ、周りから見たらどう考えてもカップルにしか見えないじゃん」

男「そう?」

女「そうだよー、てか男くんひどーい、そこは合わせてよ」

男「ごめんね、彼女なんて居ないから」

女「だから合わせてって、折角カップル限定の注文したのにキャンセルされちゃうよ?」ヒソヒソ

男「・・・分かった」

女「ふふん、ありがと~男くんってやっさし~」

男「はは・・・(妹が嫌いっていった理由・・・こういう事なのかな?)」

女「あ、そうだった。男くんってアルバイトしてるんだよね?えーっと」

男「・・・」

女「確か本屋さんの!」

男「う、うん」

女「ねぇねぇ、そこって時給良い?」

男「どうだろうね、ほかのアルバイトはしたこと無いから」

女「男くんならどんなアルバイトでも出来そう」ニコニコ

男「・・・」ジッ

女「男くん?やだなぁーそんな見つめないでよ」モジモジ

男「そんなつもりじゃないよ。えーっと、そんなに高くなかったはずだよ。人が少ないからって言うのもあるんだけどね」

女「そうなんだ~」

男「・・・うん、だから今は募集とかしてないよ」

女「え!?や、やだなぁー聞いただけだよ(そこは聞いてあげようかとか言うところでしょ!)」

男「・・・」

女「・・・」

男「・・・」

女「・・・え、えーっと・・・お勧めの本とか、あるかなぁー?」

男「古本屋さんだからマニアックな物ばかりなんだよね」

女「そうなんだ、じゃあ無い感じ?」

男「昔流行った小説とかならあるけど・・・」

よく見たらつい最近までやってるのか…
お疲れ様ですm(*_ _)m

乙ですm(*_ _)m

女「そ、それでもいいかなーなんて…」

男「…」

女「…だめ、かな?」

男「ダメってことはないよ、一応聞いてみるよ」

女「ほんとぉ?さっすが男くん、頼りになるなぁ」

男「どうも、それじゃあ僕はこの辺で…」

女「ちょ!家まで送ってよ!」

男「女さんの家はここから見えるあそこでしょ」

女「え?知ってたの?」

男「いや、目線からあそこらへんかなって」

女「た、探偵とかやったことないよね」アセ

男「ないよ(探偵以上のはやってるけど)」

女「…ふぅ、じゃあここまでで良いよ」

男「うん」

女「男くんってガード固いね」

男「そうかな?」

女「うん!ちょっと本気出す」

男「女さんって変な人?」

女「ぷ、あはは、変人って酷過ぎ…女の子はもう少しちゃんと扱わないとダメだよ?」

男「…(変人とは言ってないんだけどな…)」

女「ふふん、まったく騙されてくれないからもういいや」

男「…」

女「同業者っぽいから黙ってたのに隠そうとしないんだもん」

男「…」

女「男くんも別の仕事してるんでしょ?とても危険な仕事」

男「…」

女「ああ、わかってるよー。内緒なんだよね」

男「…」

女「まーあれだー同業者のよしみで仲良くしてよ」

男「いつから気づいてたの?」

女「ほらやっぱり」

男「はぁ、同業者ってことは誰かの依頼で学校に?」

女「お、話し方変わったねー。そうだよ」

男「そっか、大変そうだね」

女「そうだねー、でも一発で終わるから楽でいいかな」

男「こっちは…」

女「分かってるよ。ターゲットなんてそうそう言えないものね」

男「ターゲット?」

女「そうそう、どこで秘密が漏れてガードが固くなったら面倒だしね~」

男「…」

女「…なによ、黙っちゃって」

男「正直に話すとね」


ーーーー数分後。


女「ど、同業者じゃなくて敵!?嘘よ!」

男「主に護衛のアルバイトばかりしてるんだけどね」

女「そんな…」スッ

男「…」ダッ、パシッ

女「いきなり女の子の腕を掴むなんて乱暴ね」

男「街中で撃たれても洒落にならないからな」

女「それは流石にないー」シュッ

男「…」スッ

女「へー今の蹴り避けるんだ」

男「当たったら痛いし」

女「ぷっ、あはは、本当に面白いね。大丈夫よ、私は街中じゃナイフだから、ほらっ」スッ

男「…」

女「なによ、女の子がスカート上げるのに見ないの?」

男「…後ろの数人が見てるからその人たちに任せるよ」

女「…」サッ

男「嘘だよ」

女「しまっ…ってどうして動かないのよ」

男「自分は護衛専門だから?」

女「…変なの」

男「じゃあ送る必要なさそうだしこれで」

女「いやいや、このまま返すわけにはいかないでしょ」

男「…どうして?」

女「ほら、同業者なら良かったけど…ね」ニコッ

男「この辺の地理は理解してる?」

女「馬鹿にしてるの?あたりまえじゃない!」

男「じゃあビルの上から覗かれてるのも監視カメラで見られてるのも知ってるの?」

女「はぁ?」

男「いや、見ないほうが良いよ」

女「ッ!護衛なのに監視されてるわけ?」

男「いろいろ複雑な事情がありまして」

女「…」

男「できれば殺さないでね」タ、タ、タ

女「そこは、阻止するところじゃないのかしら…(見られてる時点で調べられてるだろうしね)」ボソッ、タ、タ、タ

ーーーー男の家、ベランダ。

男「…(サイレンの音は聞えない…何事もなかったみたいでよかった)」

妹「お兄ちゃん?どうしたの??」

男「ううん、外の空気は美味しいなって」

妹「そうなの?じゃあ私も!」

男「うん」ニコッ

ーーーー?

?「出来れば殺さないでねーだって」アハハ

?「…」

?「…で?なに、あの女?」

?「不明です」

?「…」パンッ

?「…」サッ

?「なんでよけるのさー」

?「死にたくないので」

?「そういうところだけ似ても仕方ないのに」

?「…」

?「もー死ねよー」

?「貴女こそまったく似てないですね」

?「あんな奴に似たくないんだけどー」

?「そうですか」

?「んでー?あの女どうするの?」

?「ほっとけばよろしいかと」

?「いいのぉ?」

?「今のところは邪魔にはならないかと」

?「まぁ興味ないからいいんだけどねぇ~」

?「…」

?「じゃあ私は録画したの見るからよろしく~」

?「畏まりました」

ーーーー朝。

男「・・・スーハー、朝かーー」

「いろいろ複雑な事情がありまして」

「…」

「できれば殺さないでね」

男「・・・今思い出すと中二病セリフで恥ずかしすぎる」バンバン

妹「新しい遊びー?」ガサゴソ、ポンッ、バンバン

男「布団の中からおはよう、妹」

妹「おはよーお兄ちゃん」バンバン

男「今日は早起きだね」

妹「今起きたー!」

男「HAHAHA、こやつめ。また布団に潜り込みおったな」

妹「みっしょんこんぷりーと」キリッ

男「キリッ、じゃないの。そろそろ布団に潜り込むのもーー」

妹「・・・」シュン

男「さて、朝ごはんにしようか」ニコッ

妹「うん!顔洗ってきます」キリッ

男「重要な任務だからはしゃいで転ばないようにね」

妹「はーい」ニコニコ

ーーーー通学路。

女「二人共おはよう」ニコニコ

男「・・・」

妹「・・・」ギュッ

女「えーどうして警戒するのよ」

男「別に警戒してるわけじゃないけど、昨日の今日でよく来るね」

女「どうして?偶然かもしれないでしょ?」

男「それだけは絶対にないと思う」

女「はぁ、ひどいなぁ・・・今日はこっちに用事があっただけだしー」ニコニコ

男「道のど真ん中で待つ必要ってあるの?」

女「真ん中にいなかったらスルーしてたでしょ?」

男「うん」

女「うん・・・じゃないわよってそれより二人だけ?」

男「どうして?」

女「オタクさんも一緒じゃないのかしら?」

男「・・・」

妹「・・・お兄ちゃん?」ビクッ

女「妹ちゃん怯えるからその顔やめなさいよ」

男「ごめんね」ナデナデ

妹「大丈夫?お兄ちゃん?」

男「うん、大丈夫だよ」ニコッ

女「あーあ、また後にするわよ」タ、タ、タ、

妹「・・・お兄ちゃん」

男「ん?」

妹「怪我しないでね」ギュ

男「うん、大丈夫だから(何しに来たんだろう?)」

ーーーー教室、HR中。

男「・・・」チラッ

女「・・・フフン」ニコッ

男「・・・」

お嬢様「・・・ッ」

男「…(そういえばお嬢様の問題もあったんだ…どうしてそんなに殺気立ってるんだろう?)」

担任「そうそう、最近、妙な事が起きてるらしいから気をつけるんだぞ」

クラス男子2「なんです?」

担任「んーとな、なんでも黒のスーツの男が人を探しているらしくてな、女子生徒、男子生徒問わずに話しかけてる事案が発生と連絡があった」

クラス男子「それただの人探しでいいんじゃねーの?」

担任「お前が人探してたら通報するがな」

クラス男子「どうしてですか!」

クスクス、あはは。

担任「静かに、まぁーなんだ。女子生徒はなるべく誰かと一緒に帰ること、人の少ない道を避けることだな」

クラス男子2「僕たちはどうすれば?」

担任「いい男についていかないことだな」

クラス男子2「うっほ、いい男」

担任「特にお前な」

クラス男子2「先生俺のこと嫌いだろ!?」


あはは!面白い~!いいコンビですね。


男「…(話しかける事案?)」

お嬢様「…」チラッ

男「…」チラッ

お嬢様「…!」サッ

男「…」

ーーーー昼休み、屋上。

男「・・・(結局昼休みになっても避けられた感じだったなぁ・・・というより疑われてる気がする)」

男「・・・(依頼が終わったら一期一会が当たり前だったのに、今回は変だ。作為的にも感じるし、かと言って調べても何も出ない)」

男「・・・はぁ」

?「ため息するたびに幸せ逃げちゃうなりよ?」

男「・・・」チラッ

オタク「・・・?」

男「・・・はぁ」

オタク「人の顔見てからため息つくのはひどいなり!」

男「申し訳ございません、わざとです」

オタク「ひどいなり!」

男「今日はどうしました?」

オタク「?・・・特に用事はないなり」ニコッ

男「はぁ・・・そうですか」

オタク「用事がなくても一緒に居たいだけなりよ」ニコニコ

男「乙女ですね」

オタク「これでも恋愛の達人なりよ?」

男「興味無いのでそれは知りませんでした」

オタク「トゲトゲしいなり」ニコッ

男「今は虫の居所が悪いようです」

オタク「こわーいなり」

男「怖がらせて申し訳ございません」

オタク「慣れてるから別にいいなりよー」

男「・・・」

オタク「・・・いつもなら優しい言葉掛けてるのに私には掛けてくれないのー?」

男「今日は何をしに?」チラッ

オタク「なんだよーノリ悪いなー」ニコニコ

男「妹の件で機嫌が悪いんです」

オタク「私だって妹なりよ?それにあんたのは義理でしょ?」

男「・・・そう、ですね」

オタク「あーあー、そうやってすぐに拗ねるんだから。相変わらずムカつく」

男「申し訳ございません、こういう性格なので」

オタク「小百合ちゃんだっけ?あの子可愛かったねー・・・実は好みだったり?」

男「もう会うことはないでしょうけどね」

オタク「依頼があればまた会うでしょう?・・・まぁ今のところ同じところに行ったことはないけどねー」ニコニコ

男「・・・」

オタク「いい加減さぁ・・・私のところに来ない?悪いようにはしないよー?」

ガチャ

オタク「んー?」

男「・・・」

不良「おー姉さんちーッス!」

オタク「あー誰だっけ?」

不良「酷い!存在すら忘れないでください」

オタク「・・・うるさいし邪魔だし」スッ

不良「姉さん?手で銃の形作って、自分に向けて何するんすか?」

オタク「私って、邪魔なの見ると撃ちたくなるんだよねー」ニコニコ

男「!」ダッ

パシッ!

オタク「・・・」

男「不良君は大切な親友なのでやめて欲しいですね」ボソ、グググ

不良「???おいおい、なんかわかんねーけど、急にラブラブするなよ」

オタク「・・・へぇ、何するかわかったんだ?」ボソッ

男「いい加減、オタクさんの演技するのやめて頂きたいです」ボソッ

オタク?「・・・フフ」

不良「?(二人して何話してんだ?)」

ーーーー???。

?「・・・」カチャ

ーーーー屋上。

オタク?「はぁ、やめやめ」フリフリ

不良「・・・???(今度は誰に向かって手を振ってるんだ?)」

男「・・・ありがとうございます」

オタク?「たまには遊びに来たっていいじゃん、男は全然遊びに来ないし。本家の依頼ばかり律儀にちゃんと受けちゃってさ」ムッス

男「理由は分かってるはずです」

オタク?「・・・そうね、あいつもこの学校にいるんだしさ」

男「・・・どんな理由でもあいつ呼ばわりはしないほうがいいと思いますよ」

オタク?「オタクバカをどう呼ぼうが私の勝手でしょ?変なアニメばっかり見ちゃってさ、変な喋り方だし!」ギリッ

男「・・・」

オタク?「お姉・・・う、う”ん。あーもう・・・とりあえず依頼を伝えに来ただけだしもう帰る」スッ

男「・・・依頼ですか?」ガサッ

オタク?「そ、じゃあね」タ、タ、タ

不良「?」

男「…」

不良「なんか姉さんらしくなかったな」

男「そうだね、体調が悪かったのかもね」

不良「まぁ、それなら納得なんだけどなぁ」

男「・・・」ジッ

不良「・・・じゃあ俺は教室に戻るぜ」

男「え、あ。うん」チラッ

不良「・・・」タ、タ、タ。ガチャ、バタン。

男「気を使ってくれてありがと」

男(依頼の内容は・・・行方不明者の捜索か、それが自分に来るなんて珍しいな。もしかして今まで護衛した人の一人だったり?)

ガサガサ。

男「・・・え?」


ーーーー教室、授業中。


男「・・・」

お嬢様「・・・?」チラッ

教師「・・・であるから、この答えはこうなる訳だ」

男「・・・」

お嬢様「・・・(何かあったのかしら?すごく真剣な顔でしたから)」ジー

男「・・・(ダメだ、いくら考えても作為的な何かがあったと思うしかない。行方が分からなくなるなんて先ず有り得ない)」




ーーーー放課後、校門。

男「・・・」タ、タ、タ、

お嬢様「・・・」ソワソワ

?「・・・(分かりやすい尾行だけど・・・男くんは気づいてないの?それもとわざとかしらね)」クスクス

ーーーー市街地。

男「・・・」タ、タ、ピタッ

お嬢様「・・・!」ササッ

?「・・・(素人の尾行って見てて面白いわね)」

男「・・・」チラッ、ダッ、タッタッタッ

お嬢様「!!!」タ、タタ…

?「・・・(さすがに気づかれたみたいね。でもいいのかしら?お嬢様一人にするなんて男の子として減点ね)」

お嬢様「・・・」シュン

?「この前の借りもあるし、今のうちに返しちゃおうかしら」クスクス

?「楽しそうに後ろから尾行するなって、それにお嬢様に手を出したら流石に見逃せない」

女「・・・いつから気づいてたのよ」

男「最初っからに決まってるだろ?お嬢様が諦めたらいいとは思ったけど、女さんが一緒についてきたから撒けなかったんだ」

女「何から何までムカつくわね」

男「余裕ぶって尾行に気づいてないって思ってたのはどこの誰だ」

女「クラスメイトには優しいんだから私にも優しくしてよ」

男「・・・」

女「・・・なによ?」

男「キャラが安定してなくてどう接したらいいか分からないから」

女「まぁ、私は誰にもなれるし、誰でもないから」

男「つまりめんどくさい?」

女「男くんってもうちょっと優しいイメージだったのに」

男「お互いに知らない仲でもないだろうに」

女「え?結婚して欲しいの?」

男「バカじゃないの?」

女「バカじゃないわよ」

男「そこは否定するんだ」

女「クラスでそれなりに上位には入ってるでしょ!?」

男「そこじゃないから」

女「うん?違うの?」

男「・・・(演技?それとも・・・)」

女「頭良いからバカじゃない!」キリッ

男「あ、バカっぽい」

女「だからバカじゃないって言ってるでしょ!」ギリッ

男「発言がバカっぽいって言ってるんだよ」

女「バカバカって言ってる方がバカなのよ」

男「小学生か・・・」

女「小学校なんて行ってないわよ」

男「oh・・・」

女「どういう反応?やっぱりバカとか?」

男「いや、調べたことないからどんな人生だったのか知らないし・・・」

女「気にしたところで面白い話でもないし知らなくていいこと」

男「それで大人しく帰る?」

女「お嬢様襲ったら帰る?」

男「・・・」ニコッ

女「・・・」ニコニコ

男「・・・」サッ

女「・・・流石に二度も捕まらないわよ」ザッザッ

男「悔しかったんだ」

女「悔しくないもん、悔しいと思うから悔しいのよ」

男「そうか」

女「そうよ」

男「でもまぁ、今の無駄な行動で、お嬢様が呼んだ車で帰ったからこっちの勝ちだね」

女「・・・」チラッ

ブオオオオーー・・・。

女「負けてないから」

男「本当に逆の仕事してる人なんだよね?」

女「なんだったらさ、この場で男くん逝っちゃう?」

男「・・・」ハァ

女「なに?」

通行人「・・・」ピタッ

OL「・・・」タッタッタ

女「なにこの空気?」

男「知らないよ」

ーーーー市街地。

男「…」タ、タ、タ、キョロキョロ

女「…」タ、タ、タ

男「…(ここには居ないか)」タ、タ、タ

女「…」タ、タ、タ

ーーーーホテル街。

男「…」タ、タ、タ

女「…」タ、タ、タ、キョロキョロ

男「…」タ、タ、タ

女「…3時間4000円!?高いわね」タ、タ、タ

男「…」タ、タ、タ

ーーーー廃墟。

男「…(さすがにこの辺はありえないか)」

女「ここでするの?」

男「その質問には答えられないけど、さっきからなんでついてくるのかな?」

女「んー暇だから」キラキラ

男「…(前から思ってたけど女さんって子供っぽいんだよね)」

女「なんだったらここで決着つけるのもありだと思うのよね」サッ

男「…はぁ」タ、タ、タ

女「ちょっと!スルーってひどい!」

ーーーー数十分後。

男「…(結局見つからなかったか)」

女「いろいろな場所を見たの初めてで楽しかったわよ」ニコニコ

男「普段何してるの?」

女「んーとね、ターゲットの情報集めたりとか~」

男「あーろくな毎日過ごしてないな」

女「そうでもしないと、ごはん食べられなくなるからね」フフ

男「人を…いや、やめとこ」

女「別に責められても構わないし、それぐらいはちゃんと理解してるよ?」キョトン

男「…(善悪の区別がなさそうだし、言ったところでどうしようもない。それに…)」

女「えへへ、そんなに見つめないでよ」テレテレ

男「…(どう生きたら、そんな目が出来るんだろう。何もかもなくしたみたいな目が…たまにゾッとする)」

女「結局、探してる人は見つかったのかしら?」

男「人じゃないかもしれないのになんで?」

女「バカにしないで。さっき歩いてる時から動物も居たのに一つも目線がいってないから、それにスーツの男の人ばかり見てたからよ」

男「…」

女「そこで私の結論。ホモなの?」

男「馬鹿なの?」

女「馬鹿じゃないもん!」

男「はは、まぁ正解かな」

女「ん?」

男「正確にはサングラス付けた黒スーツの男の人だよ」

女「じゃあ…あれじゃない?」スッ

黒服「…」

女「黒のスーツでサングラスだよ?」

男「…」

女「ねぇねぇ違うの?正解?正解だよね?」キラキラ、ソー

男「どさくさに紛れて抱きつこうとするな」ガシッ

女「ふふ、あと少しだったのに」ニコッ

ーーーー街路灯前。

黒服「…(この辺りは探したが居ない。すでに移動したか…)」

男「…どーも」

黒服「…お前か、こんなところで何をしている」

女「え!?なになに?知り合い」キラキラ

黒服「…」

男「これはほっといていいから。それにそれはこっちのセリフだって、学校で事案で通報されてるから探してたんだ」

黒服「もうここから移動するところだ。お前たちみたいにヒマじゃないんでな」

男「一人の女の子を探すぐらいで大げさじゃないの?」

黒服「…何のことだか」タ、タ、タ

男「ビルの上のに居る奴は仲間じゃないの?」

女「それと路地を曲がったところで停車してる車の人もね」ニコニコ

男「…なんだかんだで見てるんだな」

女「それって感心してるの?」

黒服「お前はともかくそこの女はなんだ?」

女「あんたみたいなの殺してご飯食べてます」ニコッ

黒服「…!」ザッ

女「もー冗談なのに大げさに下がらないでくださいよー」サッ,ニコニコ

男「…(だったら手に隠し持ってるモノはなんだ)」

黒服「とんでも無いもの連れてるな。お前の趣味なのか?」

男「ストーカーされてて困ってるんだ」

黒服「…大変だな」

男「いや…まさか同情されるとは思いませんでしたよ」アセッ

黒服「経験あるからな」

男「…」

女「うわぁ…」

男「犯人が引くなよ」

女「私はストーカーじゃないしー」

黒服「そんな話するために引き止めたならもう行くぞ」タ、タ、タ

女「…」ニコニコ

黒服「…」ピタ

男「…」

黒服「そこの女に殺気を出すのをやめるように言ってくれないか?」

男「無理です、無理矢理付いてきた挙句に好き勝手してるんで」

黒服「…はぁ」ピピピ、プルルル

黒服「ターゲットは移動したらしい、お前たちは別の所を探せ」ピッ

男「…」

女「ふふん、私のおかげね!」

黒服「変な奴らに捕まった。近くの喫茶店でいいな?」

男「了解」

女「はーい!」ニコニコ

ーーーー喫茶店。

黒服「三人だ」

女性店員「あのーお客様?」

黒服「なんだ?」

女性店員「!…も、申し訳ございません。出来れば防犯上の理由でサングラスを外して頂けると…」

女「ぷ、ぷぷ…怒られてる」

黒服「笑うな」

男「…(この人ってこんな感じなのか…会った時は暗くて、よく分からなかったしな)」

黒服「すまない。怖がらせるつもりはなかった」スッ

女「へぇ」

黒服「これでいいか?」フッ

女性店員「…は、はい。どうぞ」ポー


ーーーー喫煙席。

女「意外とイケメンで逆に面白い」アハハ

黒服「こいつは何なんだ?」アセッ

男「構うだけ無駄だと思いますよ。それより、本題が優先です」

黒服「正直、お前たちが匿ってくれてると仕事としては楽なんだがな」

男「どういうことです?」

女「…(面白そうな話しね)」フフン

黒服「あの後に契約を一方的に切られてな、別の契約をしたと聞いて仕事柄、調べてみたんだがー」

女「どういうこと?」ボソッ

男「少しは黙ってろって…本来は契約してから切るときにはいろいろあるんだよ。それを無視するってことは…」ボソ

黒服「聞こえてる、人の話はちゃんと聞け」

女「…」ニコニコ

男「…」

黒服「まぁなんだ。力づくでも奪う方に変えたらしい」

男「それだと護衛する側としては不都合ですからね」

黒服「その通りだ、犯罪には正直関わりたくないからな」

男「…(殺すとか言ったくせに)」

黒服「なにか言いたいことでもありそうだな」フッ

男「別に、それよりもこれからどうするんですか?」

黒服「簡単なことだ…お前に依頼したい」

男「…」

女「…」ワクワク

黒服「…そこの嬢ちゃんもどうだ?」

女「良いわよ、どう処理したほうがお好み?」

黒服「処理?」

男「そいつはディフェンスじゃなくてオフェンスの方」ボソッ

黒服「いや、嘘だろ?」

女「男くんの知り合いってことで安くするよ」ニコッ

黒服「…」アセッ

女性店員「ご、ご注文はお決まりでしょうか?」ドキドキ

黒服「…アイスコーヒー」

男「自分も同じのをお願いします」

女「私は特製パフェのいちごスペシャル」ニコッ

黒服「まぁ、冗談は置いといてお前たちはどこを探したんだ?」

男「近くの廃墟周辺は見てきたよ」

女「市街地とホテル街もね」

黒服「そうか、俺達もこの辺りは見ておいたから既に移動したのかもしれないな」

男「…」

女「…」

黒服「そういえばお前の組織は正式なのか?それとも裏取ってるのか?」

男「もちろん正式ですよ。自分は裏ですけど」

黒服「なら直接依頼しても構わないんだな?」

男「自分としては構いません、ただ、連絡するのは了承してもらわないと」

黒服「いいだろう、隠し通せるものでも無いからな」

女「…私は?」

黒服「情報はどうするんだ?」

男「携帯持ってないのでこちらから連絡します」

黒服「お前それでも本当に裏なのか?」

女「おーい」

男「だからこそなんですよ、普段は近くの公衆電話か人から直接受け取ります」

黒服「アナログというかなんというか…今時そんなことやってるのか」

女「…」

黒服「ところでなんで水だけでいいなんだ?」

男「今はその話と関係ないです」

黒服「注文したとはいえ奢りなんだから気にしなくてもいいと思うんだけどな」

女「…!」フフン

男「余計なこと言うなよ」

女「無視したくせにそういうことは反応するんだ」

男「…悪かったよ」

女「なら今度から無視しないでよね」

男「寂しがり屋」

女「違うもん!寂しいなんて思ってないから無視しないでよ!」

黒服「変な奴らだな」ボソッ

黒服「お前たちの話と俺達が探した場所はほぼ同じ、状況から察するにこの辺りには居ないって結論でいいだろう」

男「…」コクッ

女「ふふん」ニコニコ

黒服「女はなにか考えでもあるのか?」

女「私が本気を出せばすぐに見つかるのになぁーって思っただけ」

男「…本当か?(さっきまで本気じゃなかったとか…?)」

女「さっきから聞いてるとさ、あんまいい話じゃないのは誰だって分かるでしょ?だったらその情報筋から聞けばいいのに」

黒服「あいにくその辺はすべて聞いてある」

女「へー、例えばどんな?警察のサーバーとか覗いたの?」

黒服「いや、流石にそういうのは無理だ」

女「そういうのが無理なのは話を聞いてたら分かるわよ」

男「危なすぎる情報も考えものだ」

女「女の子を一人助けるのに、リスクを考えずに突っ込んだほうが格好いいと思わないわけ?」

男「…」

黒服「…」

女「なによ?」

男「まともな事も言うんだな」

黒服「同感」

女「だからなによ!」

男「それで?その情報はどっから仕入れるんだ?」

女「少し遠いけど…直接、こちらから行かないとダメなのよ」

黒服「信用して良いんだな?」

女「私の仕事を考えたうえで一緒に来てくれるならね」ニコッ

黒服「…」チラッ、コクッ

男「…行きますか」

PC故障

ーーーー???。

ガチャ、カランカラン。

女「ここよ、入って」

男「…随分色んな物が置いてあるね」

黒服「誰もいないがここは店なのか?」

女「めんどくさがりな子なのよ、それに雑貨屋」

黒服「確かに女受けは良さそうだな」チラッ

クマ「…」ジー

男「よく出来てるけど商品じゃなくて監視カメラ」チラッ

黒服「だな、至る所にカメラがある」

女「…二人共、そういうのに興味ある?」ジトッ

男「妹なら喜びそうだよ」

黒服「…」

女「…こっち、」タ、タ、タ

ーーーー地下。

黒服「…」タ、タ、タ

女「なに?」タ、タ、タ

黒服「随分歩くな、本当に店の地下なのか?」

女「あの子はこういう事は大好きだからいちいち突っ込んでたらきりがないわよ?」

男「…」タ、タ、タ

ーーーードア前。

女「言っとくけど、避けなさいよね」

黒服「?」

男「?」

ガチャ、シュン!ドス!ドス!ドス!

黒服「…この国はドアを開けると矢が飛んで来るのか」

男「それは(ちょっと否定出来ない)」

女「日によって違うのよ。この前はフライパンだったし、あの子は適当なの飛ばすから」

?「んあぁー?お客さん?」

女「来たわよ」

?「うぃー、よく来たよ。帰ってくれないかなー?だめ?」

黒服「なんだこのちんちくりんなガキは」

?「なんだとぉーちょースペクタクルな銀髪少女である私に…めんどいからいいやぁ~」

黒服「…頭が痛くなりそうだ」

銀髪少女「めんどいー帰りたいー」

男「ここが家じゃないの?」

銀髪少女「ここは秘密基地と書いてラボだよ」

男「すごく格好いいね」

銀髪少女「おぉー話せるね~」

黒服「…ッ」ズキズキ

銀髪少女「なんだよぉー黒服もなかなかいいモノ持ってんじゃん」

黒服「何の話だ?」

銀髪少女「目覚めるんだろぉ!力によぉー」キラキラ

男「気付いてしまったか。彼には暗黒の力が宿っているんだ」

銀髪少女「ふっ、やはりなぁ…だと思ったんだよねぇ」

女「シ、シルバーと普通に話せるんだ」

男「シルバー!いい名前だ」

シルバー「安直だけど格好いいだろぉ」

男「でも女の子っぽい名前も必要な時があると思う」

シルバー「そうなんー?じゃあ名前考えてよ」

女「ちょ!私が可愛くないから名前変えようとしても変えなかったのに!シルバーって呼ぶのは誰もいなくても恥ずかしいんだけど?!」

シルバー「だからだよー、ちょっとモジモジしながら呼ぶ姿は可愛いからねぇ」ニコニコ

女「私はどうでもいいの!世間一般からしたらアンタも可愛いの」

シルバー「名義変更まではシルバーと呼び給え」

女「…い、いやよ」

男「女さんを口でここまで困らせるのも凄いね」

シルバー「ふふん、シンプル・イズ・ベスト。私が好きな言葉だよ」ニコッ

男「ならこれからよろしく白月」

白月「はくげつかー冬の月だね~アダ名はハクちゃんって呼んでね」

男「ハクちゃん」

白月「気安く呼ぶなよぉー照れちゃうだろぉ」エヘヘ

女「なに、この空気ちょっとムカつく。それに白月って名前の女の子は見たことないんだけど?」ジトッ

白月「ラブだぜ」

男「ライクだぜ」

女「スルーしないでよ!」

白月「パパは面白いなぁ」

男「幼女の扱いなら任せろ」

白月「パパよりは年齢上だよ~」

男「それは予想外だ」ハッハッハ

女「いつまでも喋ってないで聞いたら?パーパ?」

男「…」サッ

女「な、なによ」

男「もう一度呼んでくれ」キリッ

女「皮肉に決まってるでしょ!呼ばないわよ!バカ!それにハクちゃんは私より年齢下だから!」

男&白月「女ちゃんはノリが良いなぁ~」

女「ーーー!!」

黒服「頼むから話を進めてくれ」ズキズキ

白月「…」

黒服「なんだ?」

白月「技…出そう?」キラキラ

黒服「…考えとく」

男「思ったよりも優しいんだ」

黒服「…」

女「気に入られたみたいで良かったじゃない」

黒服「…」

ーーーー???

白月「こっち」

男「…」

女「…」

黒服「…」

白月「そんでー、人探しでわざわざここまで来て…大変だったねぇ」

男「よく分かったね」

白月「女っちの服に盗聴器付けてるからねー」

女「!?聞いてないわよ!」

白月「今言ったー」

女「どこよ!」

白月「んー?」ニコッ

女「…なんでもないわ」

白月「探してる子はねー……パパを探してるみたいだねー、変なのが尾行してるから早めに行ったほうが良いよ」

男「場所は分かる?」

白月「ここから北西2キロ、駅の近くだねー。人が多いから尾行されてるだけだけどさ、人がいなくなったら…捕まっちゃうね」

黒服「すぐに仲間に連絡しよう」

白月「クロの仲間も尾行してるのとグルだよ」

黒服「…信じられないな」

白月「じゃーこのデーター見てよ」

黒服「…金で雇われてるではなく、元から向こう側だったのか」

白月「どんまいー」

男「連絡は避けたほうが良さそうですね」

黒服「すぐに行こう」

男「わかった」

女「うん」

白月「いってらー」

女「…」グイッ

白月「うん?…ふぁーやめろーぶっとばすぞ」ズルズル

黒服「所でクロってなんだ」タ、タ、タ

男「良い呼び名じゃないですか、クロ」タ、タ、タ

女「クロ、走れ」タ、タ、タ

白月「はなせー…外はやー」

黒服「犬じゃない」タ、タ、タ

白月「うぁあああ!わかったーいやがらせだー」

黒服「外へ」

男「ゴー!」

女「GO!」

白月「おまえらだいっきらいだー!」ズルズル



ーーーー駅から1km地点。

白月「うぇーい、たけぇー、はえぇー」

女「まるで子供ね」タッタッタ

白月「肩車してもらいたいからって嫉妬すんなよー」ウヘヘ

女「…悔しくないもん」タッタッタ

男「あんまり暴れると暗黒面に落ちるぞ。後、泣かないの女ちゃん」タッタッタ

女「子供扱いしないでよ!泣いてないもん!ちゃん付けするな!!」タッタッタ

白月「力と共にあれー」

黒服「間に合わなくなっても知らんぞ…大丈夫なのか?」タッタッタ

白月「んー?…んぁー、まぁ~警戒しすぎてもダメでしょー」

黒服「…」タッタッタ

白月「急いだ所でさぁ~動かなければ今は安全だよー」

男「…」タッタッタ

女「ハクちゃんの言うとおりよ。この子が安全って言うなら安全」タッタッタ

男「長い付き合い?」タッタッタ

女「人が人と思われないような所で、一緒になってからずっと一緒にいるだけよ」タッタッタ

男「なら友達?」タッタッタ

白月「友達とか親友なんてもんじゃないさ」フフン

女「黙ってなさいよ」タッタッタ

白月「恋人…さ」ドヤッ

男「…」タッタッタ

女「…」タッタッタ

黒服「…」タッタッタ

白月「…」ドヤァ




とり探してました

ーーーー駅周辺。

白月「んーあの子の歩く速さとここまでの時間を計算するとーあれだ」

?「…」

男「小百合様!」タ、タ、ダッダッダ

小百合「変態!」タッタッタ

女「さ、様ぁ?」ピクッ

白月「変態!?」パァアアア

黒服「…(こんな簡単に)」

小百合「探してた…ずっと…」ギュッ、ポロポロ

男「無茶しすぎですよ。小百合様」フキフキ

ガシッ!

女「ちょーっと説明してくれる?」ピクッピクピク

白月「さっさと説明するんだ~変態」キラキラ

小百合「…だれ」ジトッ

男「今はここを離れよう」

黒服「それが得策だな」

ーーーーラボ。

白月「説明するとさぁ、そういう訳なんだよ~。まぁ適当によろしくなー」

小百合「変態」

男「?」

小百合「…無駄に高性能」

男「ありがとうございます、小百合様」

女「ちょっと待って、私に対しての説明がまだなんだけど?」

男「そんなの情報網で調べればいいだろ?」

女「…」

白月「泣くなよ~」

女「泣いてないから、まだ、泣いてないから」

白月「こりゃあかんなぁ~パパぁ説明してあげて」

小百合「…パパ?」

男「HAHAHA、ハクちゃん楽しんでるね」

白月「うぇーい、バレたか」HAHAHA

小百合「…」チラッ

白月「ん~?このパソコン気になる?」

小百合「…普通じゃない」

白月「話が分かるねぇ、ちょーっち触ってみる?」

小百合「…」コクッ

女「なに仲良くなってんのよ」ジトッ

男「友達の作り方を見習ったら?」

女「友達居るから……百人ぐらい居るから」ジワッ

男「悪かった」

女「…さっさと説明しなさいよ」グスッ

長く放置してしまいました

saga sage

女「…」

男「って訳なんだよ」

女「本当に護衛の仕事してるのね」

男「まだ疑ってたの?」

女「んー、そういう訳じゃないというかさー」

ビービー。

白月「んぁー、お客さん多いね~」

男「…」チラッ

黒服「俺は裏切ってないぞ」

男「発信機は?」

黒服「コレ(スーツ)は自前だ」

男「泣けますね」

黒服「言っておくが、お前とは違うからな」

女「ハクちゃん、どうするの?」

白月「罠のモードを選べるけど何にする?」チラッ

男「松竹梅?」

白月「んー、サーチ&デストロイかエターナルフォースブリザードだよ」エヘヘ

女「相手は死ぬ」

男「本当にここで育ってないんだよね?」

女「なによ?」

男「…(なんか俗っぽいんだよな)」

白月「デストロイは蜂の巣、ブリザードは凍結するよー」

黒服「俺達はよく無事だったな」

白月「入ってきてたのは知ってたけどさぁ、スイッチ入れてないからねぇ」フフン

女「ちょ!?さっきの演技だったの?」

白月「んぁ?知らなかったの?」

ーーーー店、地下階段。

?「…(お店の人が居なかったから勝手に入っちゃったけど良いのかしら?)」キョロキョロ

?「…(でも男は確かに、このお店に入ったってメイドが言ってたのよね…それに女さんも)」キョロキョロ


ーーーーラボ。

白月「んー?…これ、調べたらパパと知り合いじゃないー?」

男「…」ダラダラ

白月「…」アムッ

男「なっ!?」

女「ちょっと!何をしてるのよ!」

白月「なにってぇ?いい感じに汗かいてたからさぁ、嘘ついてる味だぜ(キリッ、みたいにしたかっただけだよぉ」

女「…アレは舐めてるじゃない」イラッ

白月「甘噛でなにイラついてんのさぁーしたかったらすれば良いんじゃん?ぶちゅーっといっちゃえばいいんじゃん」ニヤニヤ

男「そんなことは良いから」

女「良くないわよ!」

小百合「…?……お姉様!」

女「お姉様?ってお嬢様がどうしてここに居るのよ!」イライラ

男「このタイミングでどうして…」

小百合「…」

男「お嬢様にはバレるわけにはいかない(小百合ちゃんが居なくなったことも知らないだろうし、常識を知っているのに店の裏まで入ってきたってことは、何かしら確証があってこんなことしてるって考えたほうが良いだろうな)」

女「サーチ&デストロイで良いわよ」

男「良くないから、ハクちゃん。どうにかならないかな?」

白月「んー難しいねぇ~パパなら素直に引き下がるような状況じゃないって知ってるんでしょ?」

男「…」

白月「お嬢様がこんなことするって事は、何かしら情報があって不法侵入してるわけだしぃ」

男「…(どうするか)」

黒服「…」

小百合「…」

女「ねぇ」チラッ

白月「あーわかったよ、しゃーねーなー。このハクちゃんが店主として出ればいいだけでしょ?」

男「裏がありそうだね」アセッ

白月「んーそれでもいいよ?ただ、名前をくれたお礼ってだけなんだけどねー」ニヒヒ

男「…裏がありそうだなんて言ってごめん、お願いできるかな?」

白月「いいよぉー面白そうだし」タ、タ、タ、

男「面白そう?」

女「絶対にいじる気の顔だった」

小百合「…お姉様」

ーーーー店、地下通路。

お嬢様「…お店の規模からこんなに広い地下通路はどうなってるのかしら?」アセッ

カツン、カツン、カツン。

お嬢様「…!(誰か来る)」サッ

白月「…」

お嬢様「…」


ーーーーモニター前。

男「…」

女「…」

小百合「…」

黒服「…ん?」ウデクミ


ーーーー店、地下通路。

白月「…」ダラダラ

お嬢様「あの…何も話さないけど…その、大丈夫なのかしら?」ハンカチ

白月「…」ビクッ

お嬢様「…?」フキフキ

白月「あ…あうう」ガタガタ

ーーーーモニター前。

女「…言い忘れてたけどあの子、私が居ないと超が付くほどの人見知りよ」アセッ

男「先に」アセッ

黒服「…言え」アセッ

小百合「…」

黒服「解せないな、さっきまで普通に話していただろう」

女「そこに着ぐるみがあるでしょ」

男「ぬいぐるみじゃなかったのか」

女「上の店では普段からアレを着て接客してたのよ」

黒服「どんな接客だ」

女「あら、女子の受けはいいのよ。口は悪いけどそこのギャップも含めて可愛いって」

男「何となく分かるな」

女「分かっちゃうの?」

ーーーー店、地下通路。

白月「うぅ」ガクガク

お嬢様「大丈夫かしら?(迷子なのかしら?見た感じ…人見知りの激しい子供なのよね)」ナデナデ

ーーーーモニター前。

男「それにしたって怯え過ぎじゃないの?」アセッ

女「さっきも言ったでしょ、あの子は私以上に酷いところにいたんだから仕方ないじゃない」

男「…」

女「怪訝そうね」

男「興味はないよ」

女「その言葉はあの子に言ってあげて、喜ぶわよ」フフ

黒服「いい加減に誰か助けに行ったほうがいいんじゃないのか?」

女「だったら最初っから私が行けばよかったじゃない」

男「それを言ったらハクちゃんが頑張ったのに意味ないだろ、それに女さんが行ったら何するかわからないし」

女「信用ないなぁ~」

小百合「お姉様に何かするの?」ジッ

女「し、しないわよ」アセッ

男&黒服「…(意外だな)」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年12月28日 (土) 09:48:16   ID: j9VEIP9c

早く続き見てぇ

2 :  SS好きの774さん   2013年12月28日 (土) 11:10:16   ID: Dl-XQKco

期待

3 :  匿名係の名無しさん   2014年01月18日 (土) 04:03:17   ID: TGpv7hUv

続きが見たいなり(´・ω・`)

4 :  SS好きの774さん   2014年02月22日 (土) 12:29:36   ID: h8v7BwKI

なりなりーwwwオタクちゃんかあいいww

5 :  SS好きの774さん   2014年02月23日 (日) 20:56:20   ID: L-GDd_VF

きになるぜーー!

6 :  SS好きの774さん   2014年03月01日 (土) 16:32:04   ID: dHjTVkls

まだかなまだかな

7 :  SS好きの774さん   2014年03月01日 (土) 23:36:15   ID: LCRXi6o4

サイトがダウンしてるので難しいです

8 :  SS好きの774さん   2014年03月30日 (日) 02:33:02   ID: FJ7prtFc

続きがぁぁぁぁあ!

9 :  SS好きの774さん   2014年05月30日 (金) 01:27:13   ID: vMnS20Pt

続き読みたい

10 :  SS好きの774さん   2014年06月08日 (日) 12:07:28   ID: xCUeEq_h

男の人間性の良さに惚れた。続き見たいわー。

11 :  SS好きの774さん   2014年06月12日 (木) 12:48:44   ID: uB42KbEa

??

12 :  SS好きの774さん   2014年06月15日 (日) 22:32:37   ID: 4EcwhJjS

もっと見たい

13 :  SS好きの774さん   2014年06月25日 (水) 21:33:41   ID: Gq4xptqi

続きをよませろぉー

14 :  SS好きの⑨さん   2014年07月10日 (木) 22:13:18   ID: 8Y8hzZ_h

完結タグから来たのに完結してないし

15 :  SS好きの774さん   2014年08月15日 (金) 17:30:44   ID: NJdR16sX

けしからん続きを見せたまえ

16 :  SS好きの774さん   2014年08月15日 (金) 23:05:19   ID: bVxwxuDp

続きが見たいなー

17 :  SS好きの774さん   2014年08月30日 (土) 04:20:31   ID: cKnl0lkt

続きお願いしますー、気になります。

18 :  SS好きの774さん   2014年09月07日 (日) 23:57:58   ID: 49SntuSx

頑張ります。

19 :  SS好きの774さん   2014年09月12日 (金) 19:17:53   ID: FBTbIslR

期待期待

20 :  SS好きの774さん   2014年09月12日 (金) 22:56:28   ID: KkUyI4V3

期待期待

21 :  SS好きの774さん   2014年09月13日 (土) 23:16:22   ID: 8nvCNFnw

続き……待ってるから

22 :  SS好きの774さん   2014年09月17日 (水) 19:26:47   ID: 8fcShX-q

続きは?
これで終わりとか怨むで

23 :  SS好きの774さん   2014年10月13日 (月) 22:40:56   ID: gQNGmwu6

続きをお願いします( ̄∇ ̄*)ゞ

24 :  SS好きの774さん   2014年10月14日 (火) 00:16:16   ID: s2_621rf

な ぜ 完 結 タ グ つ い て る し

25 :  SS好きの774さん   2014年10月14日 (火) 01:23:11   ID: FJlKD1Sv

続きが待ち遠しい

26 :  SS好きの774さん   2014年10月19日 (日) 06:50:46   ID: oGvBLqjr

続きマダー?

27 :  SS好きの774さん   2014年10月22日 (水) 10:53:58   ID: 3LO6l2Ya

完結つけたのだれだよw完結してないなり

28 :  SS好きの774さん   2014年10月24日 (金) 11:42:30   ID: Wyruvvef

毎日楽しみにみてます!

29 :  SS好きの774さん   2014年11月03日 (月) 03:40:40   ID: 5xKm2XRw

一週間に1レス……もっと読みたーい

30 :  SS好きの774さん   2014年11月03日 (月) 16:13:12   ID: M33lM9Fu

メイド3が不穏だなぁ

31 :  SS好きの774さん   2014年11月25日 (火) 01:04:39   ID: qDLX8r9h

どこのどいつだ完結つけたの

32 :  SS好きの774さん   2014年11月26日 (水) 18:37:51   ID: 3_zniLJ9

なぜ完結タグ付いてるなりよww
続きお願いしますん。

33 :  SS好きの774さん   2014年11月29日 (土) 18:56:27   ID: PWS-jeAR

きになるナリ

34 :  SS好きの774さん   2014年12月19日 (金) 00:56:09   ID: 94btujED

ぷりぃぃぃいいっっず!!!!!
はやく続きを与えてくれ

35 :  SS好きの774さん   2014年12月25日 (木) 02:02:50   ID: NkA4ud1a

続きが気になるなり

36 :  SS好きの774さん   2014年12月25日 (木) 03:00:17   ID: uTvYRxHH

まだなのかァ?はァやァくしィろォよォ

37 :  SS好きの774さん   2014年12月25日 (木) 21:44:18   ID: JCssqs2y

早く書いてなり。さもなきゃ妹ちゃん食べちゃうぞ。グヘ…グヒヒヒヒヒ……

38 :  SS好きの774さん   2014年12月29日 (月) 17:32:26   ID: jqIziA6n

あちゃー完結しちゃったかー  とりあえず乙でした

39 :  SS好きの774さん   2014年12月29日 (月) 17:43:30   ID: AtIp-AmZ

完結タグつけるなや

40 :  SS好きの774さん   2014年12月30日 (火) 11:45:52   ID: 9NZbmG5a

完結というかエタったな。

41 :  SS好きの774さん   2015年01月05日 (月) 04:17:24   ID: dAGZh8Bt

続きはよヨコセヤ

42 :  SS好きの774さん   2015年01月09日 (金) 16:21:25   ID: EdzFKsyK

続き見てぇー!

43 :  SS好きの774さん   2015年01月12日 (月) 16:25:14   ID: RpMYTw7k

続き楽しみにしてます

44 :  SS好きの774さん   2015年02月01日 (日) 05:23:21   ID: oAoR3dOI

はよ!

45 :  SS好きの774さん   2015年02月04日 (水) 16:48:26   ID: 4an5Hpxw

続きハヨ

46 :  SS好きの774さん   2015年02月11日 (水) 04:15:06   ID: KPOnnrjG

早く!早く!本当に早く!
でも身体にはきをつけてねヽ( ̄▽ ̄)ノ

47 :  SS好きの774さん   2015年02月26日 (木) 19:43:57   ID: 7Q1AFvKz

完結:続いていた物事などがすっかり終わること。また、終わってまとまること。

つまり、そういうことなりよ。

48 :  SS好きの774さん   2015年03月06日 (金) 00:02:07   ID: S6HSFxqC

完結タグついとるから読んどったのに完結してへんやん。

49 :  SS好きの774さん   2015年03月20日 (金) 06:35:38   ID: sXMP2xo2

半ば諦めていたけど更新されてた。
無理しないで書いていってください。

50 :  SS好きの774さん   2015年03月25日 (水) 02:40:16   ID: aYl8nw9B

まさか更新されているとは.....
続き頑張ってください

51 :  SS好きの774さん   2015年04月07日 (火) 04:04:04   ID: IVqU-Ub2

続きはまだかー?

52 :  SS好きの774さん   2015年05月05日 (火) 00:25:49   ID: 9zZJBNo0

続きお願いします

53 :  SS好きの774さん   2015年05月19日 (火) 21:59:12   ID: QuEMpiLc

普通に面白いから続きが気になる
頑張ってください

54 :  SS好きの774さん   2015年05月27日 (水) 22:34:23   ID: -sXystFA

続きが気になるなり!

55 :  SS好きの774さん   2015年06月18日 (木) 17:39:13   ID: qc9fbgU1

続きあるぞー

56 :  SS好きの774さん   2015年06月23日 (火) 12:28:54   ID: K0SDBcm1

続きはよ。

57 :  SS好きの774さん   2015年07月02日 (木) 13:49:54   ID: CxiQG3gh

読みやすい
期待

58 :  SS好きの774さん   2015年07月29日 (水) 22:43:46   ID: YixoP8ew

続きはよ
中途半端なのには完結つけなくていいと思うけどな

59 :  SS好きの774さん   2016年01月04日 (月) 20:54:13   ID: fpwewrqA

続きを待って年越しますた

60 :  SS好きの774さん   2016年01月12日 (火) 19:07:24   ID: 5TLNOkHr

PC故障..マジか..

61 :  SS好きの774さん   2016年05月25日 (水) 10:02:30   ID: XFmbN0GX

おおお・・・!?

62 :  SS好きの774さん   2016年07月03日 (日) 08:33:33   ID: kNxojefk

(<●>ω<●>)eye have you

63 :  SS好きの774さん   2016年07月10日 (日) 03:01:24   ID: 8ACI6rLx

うーん、なんだろう、ただひたすらにきもい。

64 :  SS好きの774さん   2016年07月27日 (水) 03:49:16   ID: JSx3e92h

※63
ブーメラン頭に突き刺さってるけど大丈夫か?

65 :  ◆ZuU1SJY84s   2016年08月15日 (月) 02:33:07   ID: o2dihQN1

大変だ

66 :  SS好きの774さん   2016年08月19日 (金) 01:25:40   ID: mwSBIjpi

早く続きがみたいでござる

67 :  SS好きの774さん   2016年09月09日 (金) 15:15:30   ID: OMeAuarC

続きが楽しみ。

68 :  SS好きの774さん   2016年09月12日 (月) 04:42:50   ID: gf9FO-0u

wkwk

69 :  SS好きの774さん   2016年09月12日 (月) 11:13:19   ID: yBnUk9MN

続く?続くよね??

70 :  SS好きの774さん   2016年09月17日 (土) 17:54:45   ID: 7J02Eici

楽しく読んだけど
続き読みてーな
まぁ、3年も更新されてないけど...

71 :  SS好きの774さん   2016年09月20日 (火) 10:45:33   ID: iVvCIJQL

完結させたのどこのどいつだ

72 :  ロリssサーチャー   2016年10月19日 (水) 03:47:44   ID: Ry0xznb0

見てたら何気にハマったww
最後のコメしたのが本人なら更新もワンチャンあるから期待。。

73 :  SS好きの774さん   2016年11月09日 (水) 03:51:55   ID: trN_WEPc

長期連載になってて笑うわ

74 :  SS好きの774さん   2017年02月16日 (木) 01:17:29   ID: 5rX1D4OL

2017もちゃんと更新してて草
頑張ってくれ

75 :  SS好きの774さん   2017年06月01日 (木) 23:19:09   ID: 7-33gUyw

すんごい忙しい ごめんなさい

76 :  SS好きの774さん   2017年06月12日 (月) 12:07:24   ID: lbjAaSCN

いつ終わるんやこれ

77 :  SS好きの774さん   2017年07月19日 (水) 23:37:45   ID: 1uHfnIkC

なんやこれ...普通に面白いやん......

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom