夏奈「藤岡!冬馬とマコちゃんどっちが胸大きいと思う?」(136)

冬馬・マコちゃん「なっ!」

冬馬「おい夏奈!いきなり何言ってんだよ!」

マコちゃん「そうだよ!いきなりすぎるぞ!」

夏奈「別にいいだろ」

夏奈「で、どっちだと思う藤岡?」

藤岡「えーと…」

藤岡(えーと、冬馬は男の子でマコちゃんは女の子だから…)

藤岡「そりゃあ勿論マコちゃんだよ」

冬馬「」ガーン

マコちゃん「」ガーン

藤岡(あれ!?2人とも傷ついてる)

藤岡(何か変な事言ったのかな…)

夏奈「なるほど…ならば藤岡!千秋とマコちゃんならどっちが大きいと思う?」

千秋「なっ!」

藤岡「えー!」

藤岡(さっきは冬馬が男だっから答えられたけど今度は両方女の子…)

藤岡(2人の胸の大きさに差はない…どうすれば…)

藤岡(はっ!そういえばマコちゃんは確か中学1年生!千秋ちゃんは小学5年生!)

藤岡(ならばここは…)

藤岡「ちょっとの差だけどマコちゃんの方が大きいね」

マコちゃん「」ガーン

藤岡「あれ!?また間違えた?」

千秋「チクショウ!藤岡のバカ野郎!」

藤岡「あれ!?あれ!?」

あとは任せた

誰か続きでも続きじゃなくてもいいから書いてくださいよー

冬馬「じゃあ藤岡は夏奈とマコちゃんならどっちが大きいと思うんだよ!」

夏奈・藤岡「なっ!」

夏奈「なんで私になるんだよ!」

冬馬「俺達の事を傷つけたんだから当たり前だろ!」

千秋「さぁ、早く答えろバカ野郎!」

内田(千秋、マコト君に負けたことまだ根に持ってるんだ)

藤岡(うーん、これは困ったぞ…)

藤岡(パッと見4人とも大きさ変わらない気がする…)

藤岡(むしろ南や千秋ちゃんより男の冬馬の方が大きい気がする…)

藤岡(これは悩むなぁ…)

夏奈「あんまりジロジロ見るなよぉ…」

藤岡(うーん…)

内田(なんか藤岡くんが変態に見える)

藤岡「うーん…」

千秋(……なんだこのおかしな空気は…)

マコちゃん(藤岡さんいつまで迷ってんだろう…)

藤岡(ここは年上の面子ってのがあるからな…)

藤岡「うん!僅差だけど南の方が大きいよ!」

夏奈「トゥ!」ゲシ

藤岡「いたっ!何するんだよ南!」

夏奈「何するんだよじゃないよ!どう見たって私の方が大きいだろ!」

マコちゃん(まぁ、おれ男だし…)

夏奈「どんだけ時間かけるんだ!藤岡の目は節穴か!」

藤岡「えー!頑張って考えたのに!」ガーン

チアキはマコちゃんがマコトって知らないだろ

>>19
それは単に胸の大きさで負けたからで

翌日・デパートにて


内田「………」

マコト「………」

内田「……マコト君、ブラジャー持って何してるの?」

マコト「いやほら、きのう藤岡さんが冬馬や千秋よりも胸が大きいって言ってたから!決しておかしな事は考えてないぞ!」

内田「充分おかしいよ!」


終わり
誰かタッチ

>22
                    ', ;l: ll kr'´ ィイィ彳彳彳彳
                      ヾ州ィイイィ彳彳彡彡彡
            _ __      ,′        ``ヾミミミ

         ,. '´;:.:.:.:.::::::::.:.:.``ヽ  ,′     -‐ミミヽ/ミミミミミ
      ,. '´..:.:.:,. -─‐‐- 、;;;:;:.:ヽ〈           ,′ミミミミヽ
     / .:.:.:.:.:.く        ``ヾ「ヽヽヾミニ二二ミヽ `ヾミミミ
    ./ .:.:.:.:::::::::::::〉  ∠二二ニ彡' V/ T TTにニニニニニニニニニ====
    / .:.:.:.:::::::::::::::/     -='ぐ  /   l ||¨´ ̄``       . :;  そんなことを言うのは
  / .:.:.:.::::::::::::::::/     '''´ ̄` /   `Y´           . ;..:
 ,′.:.:.:.:::::::::::::〈          ヽ____ノ',           .;: .;:     この口かっ……んっ

 i .:.:.::::::::::::::::::::::',         ,;;;'ハミミミヽヽ        .,.:; .; :.;:.

  ',.:.:.:.:/´ ̄`ヽ;;;',        .;;;'  ``ヾミヽ j!     ,. ′.;: .;:. :
  ',.:.:.:ヽ い( ミj!              )ミミj 、 、 ', ., 、:, 、 .; :.
   ',;;;:;:;:入    _       ..:;.;:.:;..:`Y ミj!  、 、 ', ., 、:, 、
   ';;;:;:.:  `フ´  _ノ    . ;: .;: .; :. ;:. ;:.`Y´  、 、 ', ., 、:, ,. '´
    Lノ´ ̄  , ィ´  .:; .:; . ;:. ;:. ;: .;: .; :. ;:. ;} 、 、 ', ., 、:,,.: '´
   ノノ   ____\ ;.: .;: . :;. :;. :;. :; .;: .;: .;人 _; :; :; ィ´`ヾ

,.  '´         ̄ ̄``¨¨ー',:;;,,:,;:,;,. '´ /;;;;;;;;;;;;;;;/   ',


>>23
勘弁してつかぁさい
もうネタがないんですわ

早く書いてよ

藤岡と冬馬どっちがちん(ry

>>27
頑張れ!

なぜ誰も書かないのか

ががが

GEO行ってくるから頼んだぞ

マジで頼むぞ

おい、何で誰も書いてないんだ

チクショウ



内田「こんにちはー」

夏奈「よう内田!おっ?藤岡と冬馬とマコちゃんも一緒か」

藤岡「さっきそこで会ってね」

冬馬「そしたらこのどしゃ降りだもんなー」

マコちゃん「びしょ濡れになっちゃったね」

夏奈「ほぉ」キラーン

夏奈「それは大変だな!風邪でも引いたらアレだから風呂に入るといいよ!」

マコちゃん「えっ!お風呂入っていいの!」

内田「やったー!」

夏奈「いいともいいとも」

夏奈「ただ、1人ずつ順番に入ると最後に入る人が風邪を引いてしまう恐れがある」

冬馬「それもそうだな。じゃあ内田一緒に入ろうぜ」

藤岡「なっ!ダメだよ冬馬!」

冬馬「なっ、何でだよ!」

藤岡「いくら小学生とはいえ男と女なんだし。冬馬は俺と一緒に入ろう」

冬馬「いぃ!」

夏奈「……」ニヤッ

藤岡「男同士背中を流しっこしようじゃないか」

冬馬「絶対にイヤだー!」

マコちゃん「うわ…」

内田「冬馬かわいそう…」

藤岡「あっ、そうだ!俺は冬馬を説得してるから先に2人で入ってきなよ」

内田・マコちゃん「……えっ?」

夏奈「……」ニヤッ

内田「いや、いいよ」

マコちゃん「俺たちは後からでも大丈夫だし」

藤岡「遠慮しないで。早くしないと風邪引いちゃうよ」

マコちゃん「おい夏奈!どうすんだよ!」

内田「これじゃあ冬馬もマコちゃんもバレちゃうよ!」

夏奈「んー?別にいいんじゃないか?マコちゃんも元の姿に戻りたいんだろ?」

内田「私のことも考えてよ!」

夏奈「しょーがないなぁ」

夏奈「藤岡そこら辺にしといてやれ」

藤岡「南?」

夏奈「藤岡、よーく考えろ。冬馬はまだ小学生だ。小学生なら男女でお風呂に入った所で何も問題ない」

藤岡「えっ?そうなの?」

夏奈「現に小学生はプールの授業で男女で別れたりしないだろ」

藤岡「た、確かに…」

藤岡(あれ?俺達もプール一緒入ってないっけ?)

夏奈「どう見てもあたしの方が大きいだろ!ほら触ってみろ!」ガシッ

藤岡「うわっ・・・!」

藤岡(南の胸・・・) (///



かと思ったら

藤岡「君は冬馬と一緒でも大丈夫なの?」

内田「うん!大丈夫だよ!」

藤岡「冬馬もそれでいいの?」

冬馬「あぁ、勿論だぜ!」

藤岡(最近の子は変わってるなぁ…)

藤岡「じゃあ、マコちゃんも一緒に入りな」

マコちゃん「えっ!俺!?俺はダメだよ!」

内田「そうだよ!マコちゃんはダメ!」

冬馬「そえだ!マコちゃんは絶対にダメだ!」

藤岡(冬馬は良くて女同士のマコちゃんはダメなのか…最近の子は変わってるなぁ…)

藤岡(というよりマコちゃんは嫌われてるのかな?)

夏奈「藤岡よ。冬馬が内田とお風呂に入るのは内田の体が幼児体型だからだ」

夏奈「内田と違って体が大人の女に近づいてるマコちゃんと一緒のお風呂に入ったらおかしな事になってしまうだろ!」

内田(何気にひどい!)ガーン

マコちゃん(俺は大人の女になってきてるのか!)

藤岡「そ、そうなんだ」

内田(納得してるー!)ガーン

夏奈「という訳で内田と冬馬さっさと風呂に入ってきな」

冬馬・内田「上がったよー」

夏奈「そうか。じゃあ次は藤岡入ってきな」

藤岡「うん」

藤岡「上がったよ」

夏奈「じゃあ最後はマコちゃんだな」

マコちゃん「うん!」

マコちゃん「全く夏奈ったら…一時はどうなるかと思ったよ」ゴシゴシ

春香「ただいまー」

マコちゃん「えっ!春香さん!?」

夏奈「おかえりーってどうしたんだびしょ濡れじゃないか!」

春香「急に雨が降ってきちゃって」

夏奈「早く着替えないと風邪引くぞ!」

春香「じゃあ千秋一緒にお風呂に入りましょうか」

千秋「はい、春香姉さま」

春香「あら、みんな着てたの?」

内田・冬馬・藤岡「お邪魔してまーす」

春香「じゃあ千秋お風呂にはいりましょう」

千秋「はい」

冬馬・内田「風呂!?」

春香「ん?どうかしたの?」

冬馬「い、いや別に…」

冬馬(まずい風呂は今…)

内田(マコちゃんが入ってる…)

冬馬(このままだとマコトの正体がバレちまう)

冬馬「あ、あのさぁ!」

千秋「ん?どうした冬馬」

冬馬「今、お風呂にはマコちゃんが入ってるんだよ」

内田「そうそう!」

春香「あら、そうなの?じゃあ一緒に入れてもらおうか」

千秋「そうですね」

内田「いや、それはまずいんじゃないかな!マコちゃんも女の子だから恥ずかしいだろうし!」

千秋「私たちも女の子だ。女同士何を恥ずかしがる必要がある」

内田(そうだけどそうじゃないのー!)

千秋「全くおかしな奴らだ」

冬馬「ああぁぁぁあ!」

千秋「何ださっきからうるさいな!」

冬馬「じ、実はなマコちゃん!」

千秋「なんだよ」

春香「マコちゃんがどうかしたの?」

冬馬「い、今ムダ毛の処理をしてるんだ」

内田「えっ!」

春香「」

千秋「」

春香「……千秋、お風呂は後で入りましょうか」

千秋「……そうですね」

冬馬「ふぅ、何とかごまかせた」

内田「もうマコちゃんの姿でも来られないかもね」

マコちゃん「上がったよー!」

マコちゃん「あっ、春香さんお邪魔してまーす!」

春香「あっ、いらっしゃいマコちゃん…」

マコちゃん「あっ、千秋お邪魔してるぞー!」

千秋「…マコちゃん、次からは自分の家でしてこいよ」

マコちゃん「えっ?何が?」

終わり
誰かパス

続き早く

はよ

パジャマパーティー

夏奈「やあ諸君、今夜はよくぞ我が家に集まってくれたね」

内田「はい隊長!」 ビシッ

夏奈「今夜は一年に一回行われる恒例の南家パジャマパーティの日だ」

夏奈「思う存分楽しんで帰っておくれ」

吉野「はーい」

夏奈「てことで」

千秋「もういいよ馬鹿野郎、早く乾杯しなさいよ」

夏奈「む?お前は家に帰れ!」

千秋「ここが家だよ」

カンパーイ

千秋「ぷはー布団の上で飲む炭酸も格別だねー」

冬馬「おいこのお菓子うまいな」

内田「ちょっと冬馬私にもそれちょうだいー」

ワイワイ

夏奈「えー諸君、お楽しみのところ悪いがちょっとしたお知らせがある」

冬馬「なふだよ?」 ボリボリ

夏奈「今年のパジャマパーティにはゲストとしてこの子も呼んでおいた」

夏奈「さあ入っておいで」

一同「??」

マコちゃん「こんばんわ…」

冬馬&内田「ぶはーーー!!!」

冬馬「おいマコト…お前なんで来たんだよ…これ女子だけの会だぞ…」 ボソボソ

マコちゃん「そんなこといっても…夏奈が参加しなかったらみんなにバラすっておどすんだよ…」 ボソボソ

内田「なるほど…夏奈ちゃんはこういうイジワル好きだもんね…」 ボソボソ

ジー--

マコちゃん「…ん?」 チラッ

吉野「……」 ジー

マコちゃん「はうっ!!」

マコちゃん(そうだったこの会は吉野もいるんだった…)

吉野「マコちゃんは初参加だね」

マコちゃん「そ、そうだね…はは」

吉野「早くマコちゃんもパジャマに着替えたら?パジャマのほうが体がラクチンだよー」 ニッコリ

マコちゃん「う、うんwいってくるよ」

吉野「あ、わたしも着替え部屋に忘れ物があるから一緒についていこうかな」

マコちゃん「えっ…」

吉野「ん?私がいたら邪魔かなー?」

マコちゃん「そんなことないよwいこうかー」 アセアセ

マコちゃん(やばい)

ガラーッ

マコちゃん「着替え部屋ってのは夏奈の部屋のことか…」

チラッ

吉野「ふふふーん♪さがしものーさがしものー」

マコちゃん「吉野は忘れ物を探すのに夢中のようだし…今が着替えるチャンスか…」

フフフーン♪

マコちゃん「落ち着いて素早く…」 サッ

フフフーン♪

マコちゃん「とりあえずズボンはおk…次は上着を…」

「ふふふーん♪」

マコちゃん「えっ?」 チラッ

吉野「マコちゃんのお着替えのぞいちゃおー♪」

マコちゃん「うわぁ!」 ビク!

マコちゃん「よ、吉野…いつからそこに…」 ドキドキ

吉野「ふふふ、マコちゃん気にせずお着替えしていいよー」 ニコニコ


マコちゃん「あ、ああ…」

マコちゃん(やっぱりこの前ブラジャー買っておけばよかった…うう…)

スルー

マコちゃん「……///」

吉野「わーマコちゃんって中学生なのにノーブラなんだ」

マコちゃん「……///」

マコちゃん(もうやだ…///) カーッ

まだあんのかよwww

すげえな

南家

吉野「あれ?マコちゃんって」

マコちゃん「えっ?何?」

吉野「マコちゃんって足大きいね」ニコニコ

マコちゃん「!」

マコちゃん「そ、そうかなぁ」

春香「あら、本当ね」

吉野「ねー。まるで男の子みたい」

マコちゃん「っ!」ビクゥ

夏奈(始まったな。吉野のドSが)

千秋「確かに私達より大きいな」

内田「そ、それはほら!マコちゃんは中学生だし!私達より
大人だし!」

春香「でも私中学生の頃こんなに大きかったかしら?」

冬馬「そ、それはほら!個人差ってのがあるし」

吉野「……それもそうだねぇ」ニコニコ

マコちゃん「なぁ内田!俺やっぱ吉野にバレてんのかな!」

内田「そんなの知らないよぉ!」

翌日 学校の下駄箱

内田「千秋、吉野帰ろう」

吉野・千秋「うん」

マコト「あっ!千秋に吉野に内田!一緒に帰ろう!」

内田「あっ、マコトくんにシュウイチくん」

吉野「シュウイチくん久しぶりに見た気がする」

シュウイチ「さらっと酷いこと言うね」

吉野「あれ?マコトくんの靴って」

マコト「えっ?何?」

吉野「うぅん。ただマコトの靴とマコちゃんの靴の大きさが同じくらいだなぁって」ニコニコ

マコト・内田「!」

マコト「そそそそんな事ないだろう」

吉野「あれ?マコトくんってマコちゃんの事知ってたっけ?」ニコニコ

マコト「そ、それは…」

内田「それは男の中の男を自負するマコトくんが女の子と足の大きさが一緒な訳がないって事じゃない!」

マコト「そそそそうだよ!」

千秋「」ジー

マコト「どどどどうかしたのか千秋?」

千秋「いや、見れば見るほどお前とマコちゃん似てるなぁと思って」

マコト「えっ!」

千秋「背格好とかも同じくらいだし」

千秋「お前もしかして…」

マコト(やばいやばいやばいやばいやばいやばい)

吉野「もう、ダメだよ千秋。マコちゃんをマコトくんなんかと一緒にしたらかわいそうだよ」ニコニコ

千秋「……それもそうだな」

マコト「そうだよかわいそうだよ!」

内田(何気に酷いこと言われてるのに気づいてない)

千秋「じゃあ帰るか」

吉野「うん。…あっ、そうだ!マコトくん、このあと千秋の家で宿題するんだけどマコちゃん来るかな?」ニコニコ

マコト「そ、それは俺に聞かれてもわからないよ」

吉野「あっ、それもそうだよねぇ」ニコニコ

マコト「なぁ内田!やっぱり吉野は気づいてるんじゃないか!」

内田「知らないよぉ!」


終わり

そういえばいないね

男の中のおとこなら周りが女子だらけのお泊り会でみんな無防備な状態なら・・・わかるよな

>>118
お願いします

コンロ掃除してるからその間に頼むぞ

おい

南家

夏奈「漫才やるぞー!」

内田「急にどうしたの?」

夏奈「テレビを見てたらやりたくなったんだよ。という事で内田ツッコミやれ!」

内田「えー!」

夏奈「えーじゃない!早くしろ!」

夏奈「いやー、あつはなついなぁ」

内田「そうだねぇ」

夏奈「……」

内田「……はっ!」

内田「それを言うなら夏は暑いなぁだろ!」

夏奈「内田失格」

内田「そんなー」ガーン

夏奈「じゃあ次は千秋」

千秋「……」

夏奈「おい千秋聞いてるのか?」

千秋「聞いてはいるが付き合いたくない」

夏奈「な、何でだよ!」

千秋「お前の下らない遊びに付き合ってる暇なんて私にはないんだよ」

夏奈「なっ!」

夏奈「……ふふふ、千秋お前怖いんだな?」

千秋「何がだ」

夏奈「もしツッコミをやって内田より下手くそだったらどうしようと思ってるんだろ?」

千秋「なっ!そんな事あるわけないだろ!」

夏奈「じゃあやって証明してみせなよ」

千秋「上等だバカ野郎!」

夏奈「いやー、あつはなついなぁ」

千秋「それを言うなら夏は暑いなぁだバカ野郎!」ビシ

マコちゃん(あっ、フジオカでツッコムんだ)

藤岡(これは大事にしてくれてるのかな?)

千秋「このバカ野郎!この!この!」ビシバシ

夏奈「痛い!痛い!」

内田(これはツッコミというより)

冬馬(暴力だな)

千秋「ハァハァ…どうだ…私達の漫才は?」ハァハァ

藤岡「いや、何ていうか…」

冬馬「途中からいじめてるようにしか見えなかったぞ」

千秋「なっ!」

千秋「じゃあお前らやってみろよ!藤岡と冬馬やってみろよ!」

藤岡「えっ!」

冬馬「俺たちがー!」

廊下

保坂「メニューが尽きてしまった…ボソボソ」

マキ「明日、春香の誕生日だよね?放課後プレゼント買いにいこうよ~」

アツコ「そうだね」

マキ「何にしよっかな~」

保坂「…南春香の誕生日だと?」


冬馬「しょうがねぇーなー」

冬馬「いやー、今日はキレイな人が沢山いますね。右からべっぴんさんべっぴんさん1人飛ばしてべっぴんさん」

藤岡「と、飛ばしちゃダメだろ!」

内田(飛ばされたのマコちゃんだから間違ってもないんだけどね)

夏奈「なんか迫力に欠けるな」

マコちゃん「アクションとか欲しいよね。頭叩いたりとか」

冬馬「なるほど」

冬馬「じゃあ藤岡おれの頭叩いていいぜ」

藤岡「えっ!」

藤岡(叩いてもいいって言われても年下の男の子の頭を叩くのはなぁ…)

藤岡(だからといってアクションがないと迫力に欠けるし…)

藤岡(そうだ!胸だ!漫才の人は胸のあたりにツッコミをしてる!俺と冬馬は男同士!)

藤岡(これならいける!)

冬馬「いやー、今日はキレイな人が沢山いますね。右からべっぴんさんべっぴんさん1人飛ばしてべっぴんさん」

藤岡「飛ばすなよ!失礼だろ」ビシ

冬馬「うわぁぁぁあ~!藤岡お前どこ触ってんだよ!」

藤岡「悪い冬馬。俺に年下の子の頭を叩くなんて事はできなかった」

冬馬「いいよ!気にせず叩けよ!」

藤岡「でも胸なら男同士だし俺も気負いなくツッコメる!何の問題もないんだ!」

冬馬「問題大ありだよ!」

藤岡「何の問題があるんだよ!」ビシ

冬馬「ひぃ!や、やめろよ!」

内田(なんか…)

マコちゃん(藤岡さんが変態に見える…)

藤岡「ちょっと冬馬どこ行くんだよ!」

冬馬「おって来るなよー!」

春香「あら、賑やかね何してたの?」

千秋「あっ、春香姉さま。今冬馬と藤岡の漫才を見てました」

春香「へーそうなんだ。じゃあみんなおやつにしましょう」

全員「はーい!」

冬馬「いい加減しろー!」

藤岡「あっ、冬馬!それは俺のセリフだぞ!」


終わり
あとは任せた

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom