永沢「藤木くん、万引きをするなんて最低だな……」(230)

藤木「こ、このことは誰にも言わないでくれよ!」

永沢「ふん……君の犯罪行為を黙っているわけにはいかないね」

藤木「た、頼むよ永沢くん!」

永沢「いやだね」

藤木(くそッ!こうなったら>>5をするしか……!)

うんこ

http://beebee2see.appspot.com/i/azuY35OzBgw.jpg

藤木「な、永沢くんッ!君が黙っていてくれないのなら僕にも考えがあるぞッ!」

永沢「ふん……なんだい藤木くん?どうせ君のことだからろくでもない考えなんだろうね」

藤木「君が僕の万引きのことを黙っていると誓わないのならここでうんこするッ!」

永沢「……気でも触れたかい?勝手にしなよ……変態万引き男の藤木くん」

藤木「い、言ったなッ!本当にするからなッ!」ぬぎっ

永沢「……」

藤木「んぁぁぁ……んぉぉぉぉ!」ぶり

永沢「……」

藤木「ふんッ!……ぬごぉぉぉぉぉぉ!」ぶりぶりぶりぶり

永沢「……」

藤木「ぬごぉッ!」びちゃん

安価だせ

まず場所によって公然わいせつ罪だけどな

永沢「」

ぷーん……

藤木「はぁはぁ……」

永沢「本当にうんこをするなんて……藤木くん、君は頭がおかしいんじゃないのかい?」

藤木(……くそッ!こうなったら>>33だッ!」

うんこを塗りつける

永沢「その時なんだよな」
藤木「何が?」
永沢「お前、寺生まれだろ」

糞だな藤木(いろんな意味で)

藤木「僕がただうんこをしただけだと思うなよ永沢くん!」にぎっ

永沢「ふ、藤木くん!?どうして自分のうんこを握っているんだい!?」

藤木「うおおおッ!」ブンッ

びちゃっ

永沢「う、うわああああああ!うんこを投げるなあああ!」

藤木「おらおらぁッ!」ブンッ ブンッ ブンッ

びちゃっ ぬちゃっ ぐちょっ

永沢「うげええええええええッ!」

キートン「まさに糞スレである」

>>45
脳内再生余裕wwwwwww

藤木「すかさず塗りたくるッ!」ダッ

永沢「!!」

藤木「うおおおおおおおッ!!」ぬりぬりぬりぬり

永沢「ぎゃあああああッ!や、やめてくれぇぇぇッ!僕の顔にうんこを塗りつけないでくれぇぇ!」

藤木「はははははははッ!永沢くんのタマネギ、とってもうんこだね!」ぬりぬりぬりぬり

永沢「うがああああああああッ!!」

永沢反撃安価はよ

>>49
>藤木「はははははははッ!永沢くんのタマネギ、とってもうんこだね!」ぬりぬりぬりり


吹いたww

ksk

濃厚なホモスカスレと聞いて

>>57
濃厚なベンスレさ

ぷーん……

藤木「はははははッ!永沢くん、体中うんこまみれだね!」

永沢「ふ、藤木くんッ!絶対に許さないぞ!ぜ、絶対だ……!」ぽろぽろ

藤木「うんこまみれで泣く永沢くん、とっても哀れだね!笑えてくるよ!くくく……!」

永沢(藤木くんめ……!反撃だッ!>>68してやる!)

ksk

ksk

笹山さん孕ま

涙腺攻撃

藤:万引きする→糞する
永:万引き注意する→ドン引き→糞まみれ

「あれ?永沢くんと藤木くんじゃない」

永沢&藤木「!」ぷーん……

笹山「公園でなにやっているの……ってくさッ!」

永沢「好機ッ!」バッ

だきっ

笹山「えっ!?……きゃ、きゃあああああッ!永沢くん、抱きつかないでぇぇぇ!く、くさいッ!」

藤木「な、永沢くんッ!うんこまみれで笹山さんに抱きつくなッ!」

永沢「ふん……知ったこっちゃないね」ぬぎぬぎ

藤木「な、なんでズボンを脱いでいるんだいッ!?」

期待

糞なすりつけよりひどいダメージ





|||||゙||||||゙ || ||||| ||  | || | |'||  ||  ゙||||゙  ||||||||||||||||||
|||| |||||__,,,|- ||| | '''|/| | | |\,,|''' ||| ,,,,,,||゙||| ||゙゙゙||||||

||||/|||゙ ,,,|,,|||--・''''゙゙  ゙  |  |・- |- ,,,,,,|| || ||  ||||||
|||| ,,|||-'''  | |   ::::::    ,.::::   |   |'''|-| 丿||||
|||| ''' ゙  ,,,,,,,,,,,   :::::    .:::''         ゙''- |||
| リ三,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::   :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,, 彡 |||

   'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::  .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,,:::||
 -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-ヾ 丿
゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶 '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ'''' /ソ

''|,  ゙       ゙゙,-'''゙   ヽ-     ̄   ゙゙  | ,ノ゙
゙ヽ,   ,,,,      //   ,ヽ       .,,,  ,||||||
||||i,,  1゙゙,,-ヽ,,,,   ,/゙゙..  :ヽ,     ..,,,,,゙゙゙リ /|||||||
|||||ヽ ゙'' |ヽ''・,,,','-  ''''ヽ,,-''''゙ ,,,,:/.,,,./:リノ 丿||||||

:|| |||iゝ   fリt^-'',',,・-..,┬,,,,...--・・,゙゙_ リ//  /||| リノ
  ||||ゝ,,丶\::v || |:∥ -__w ヽリ゙リ゙|j:∥//  /|リ
   ヽヾゝ''ヽヽ::,, --v,∥ :リ,,リ,゙,,,,,::://ノ /リ
     ヾ|ヽ,゙ヽヽ,,   ''|'''_  :::ソ/  /リ

      | ゙ヽ.\゙Vri ri | ∥iヾソノ  / |
      |   \,゙' ,,゙''''''゙゙''''''゙゙/ /   |
      |    \ ゙゙'''''゙゙'''''''゙ /    |

永沢「それは……ショータイムの始まりだからさ!」ボロンッ

ギンギンッ

笹山「きゃ、きゃああああああ!!永沢くん!そんなもの見せないでぇぇぇッ!」

藤木「永沢くんの下のタマネギが膨張している……!」

永沢「笹山さん、悪いけど服を脱いでもらうよ!」ぬがせぬがせ

笹山「や、やめてッ!やめてぇぇぇぇ!」じたばた

藤木「……」ゴクリ

藤木:窃盗、公然猥褻
永沢:公然猥褻、罪名なんだっけ

>>85 もう許さない

はやく!

「そこで何をしているんだいベイビー?」

永沢&藤木&笹山「!!」

花輪「穏やかじゃないね……君たち」

永沢「は、花輪くん!……君には関係ないよッ!」

藤木「そ、そうだそうだ!早く帰ってくれ!」

笹山「花輪くん助けてッ!お願い!」

花輪「僕に任せな……>>103だッ!」

ksk

フランス軍総攻撃

輪姦

花輪「輪姦だッ!」

笹山「え……?」

花輪「いい機会だから笹山さんの体をみんなで堪能しようじゃないかベイビー」

笹山「な、何を言っているの……!?」

花輪「オー!ソーリー!レディを待たせちゃいけないね!」ボロンッ

藤木「ぼ、僕も参加していいかい!?」ボロンッ

花輪「もちろんオーケーさベイビー!」ギンギンッ

永沢「待てよ!笹山さんは僕とヤるんだッ!何を勝手に話を進めているんだい!?」

wwwwww

花輪「!……な、永沢くん」

永沢「な、なんだい!?」

花輪「キミ、よく見たらいい体をしているじゃないかベイビー……ケツをこっちに向けてくれセニョリータ……」ドキドキ

永沢「え……ちょ、ちょっと花輪くん!?」

花輪「も、もう我慢できないッ!行くよオニオン永沢ッ!」ぐいっ

永沢「!!」

花輪「YEAH!!」ぐいっ ずぼぼッ

永沢「アッーーーー!!!」

>>121
えええええええええええええええええええええええええ

花輪「それそれそれそれッ!」パンパンパンパン

永沢「アッー!や、やめてくれぇぇ!は、花輪くん!笹山さんを犯すんじゃなかったのかぁぁ!?」

花輪「気が変わったのさ!YAHOOOOOO!」パンパンパンパン

永沢「アッーーーーーーー!!」

花輪「うっ……!で、出るッ!」パンパンパンパン

永沢「やめてくれぇぇぇ!!」

花輪「インパクトゥッ!!」ドピュッシィィィィィッ!

(花輪くんのちんこから出たもの>>144

城ヶ崎さん

待機がてらこのスレの前編でも

永沢「藤木くん……>>5をするなんて君は本当に卑怯だな」
永沢「藤木くん……>>5をするなんて君は本当に卑怯だな」 - SSまとめ速報
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336131929/)
永沢「藤木くん……>>5をするなんて君は本当に卑怯だな」 - SSまとめ速報
(http://hayabusa.2ch.net/news4vip/kako/1336/13361/1336131929.html)

永沢「あ……」ばたっ

花輪「ふう……なかなかだったよ。オニオン永沢」

永沢「うぐ……!な、なんだ?お腹が熱い!花輪くんの出した精液が逆流してる!?」ぎゅるぎゅるぎゅる

藤木「な、永沢くん!?大丈夫かい!?」

永沢「う、ぐああああああああッ!」ブッシャアアアアアアッ

笹山「な、永沢くんのお尻からゲル状のものが飛び出した……!」

にゅる……にゅるるるるるるるるる

しゅたっ

ゲル城ケ崎「ふう……太陽の下に出るのも久しぶりね……」

藤木「ゲル状のものが集まって城ケ崎さんになった……!?」

花輪「オー!ゲル城ケ崎さん、久しぶりだねベイビー!」

ゲル城ケ崎「久しぶりね花輪くん。でも私が呼び出されたってことはよっぽどのことがあったと見たわ」

花輪「まあね」

ゲル城ケ崎「それじゃあ私は何をすればいいのかしら?指示をちょうだい」

花輪「>>173

俺を殺してくれ

花輪「……僕を殺してくれベイビー」

永沢&藤木&笹山「!!」

ゲル城ケ崎「……本気で言っているの?花輪くん」

花輪「ああ……本気だよベイビー。こんなクソッタレの世の中たくさんなんだよ……」

ゲル城ケ崎「……」

花輪「家が金持ちってだけでみんなは僕のことを妬む、貶す。たまに寄ってくる人間がいると思えばみんな僕の財布が目当て……」

花輪「あげくはオニオン永沢と濃厚なホモセックスをしてしまう始末さベイビー……」

花輪「こんなクソみたいな男は死んだほうがマシなのさ……」

>藤木「な、永沢くん!?大丈夫かい!?」

今更お前が心配すんなw

ゲル城ケ崎「なら死ね」バッ

グサッ

花輪「うぐッ!?」ばたっ

永沢&藤木&笹山「!?」

花輪「……」シーン……

永沢「ゲ、ゲル城ケ崎の腕が槍のような形に変化して花輪くんの心臓を一突きしたぞッ!?」

ゲル城ケ崎「ふんっ!弱い男!こんな男は私の主人失格!死んで当然ッ!」

藤木「あわわわわ……!」

ゲル城ケ崎「あんたは……ふんッ!見るからに腑抜けって感じね。ムカツクわ」

藤木「た、助けてくれ!お、お願いだ!助けてくれぇぇぇ!」

ゲル城ケ崎「そうねえ……土下座してくれたら見逃してあげてもいいかなぁ」

藤木「する!するから助けてくれぇ!」ぺこりぺこり

ゲル城ケ崎「ふんっ!」バッ

グサッ

藤木「うぐ!?……ど、土下座したら見逃してくれるって言ったじゃ……ない……か……」ばたっ

ゲル城ケ崎「ふふふ!あれはウソよ」にっこり

藤木「……」シーン……

永沢「ふ、藤木くんッ!!」

ゲル城ケ崎「ねぇ、あんたなんでタマネギ頭なの?奇形なの?」

永沢「……!」

ゲル城ケ崎「おまけに全身汚物まみれ……生きてる価値あるの?死ぬの?」ググッ

永沢(や、やばい……!こいつ、誰だろうとかまわず人を殺すつもりだ……!)

ゲル城ケ崎「ねぇ、どうなの?ビチグソタマネギ野郎?」ジャキンッ

永沢(くッ!>>196だッ!)

スーパーヤサイ人になる

ゲル城ケ崎「ふん、まあいいわ。すぐにラクにしてあげる。あの紫唇のヤツみたいにね」

永沢「藤木くんのことか……」ゴゴゴゴゴ……

ゲル城ケ崎「え?」

永沢「藤木くんのことかァーーーーーッ!!」ドッゴバァァァァァッ!

ゲル城ケ崎「!?……な、なんなのこいつ!?戦闘力がどんどん上がっていくわ!」

永沢「うおおおおおおおおおッ!!!!」ギュインギュインギュイン

ゲル城ケ崎「タマネギ頭の先端に申し訳程度に生えている髪が金髪になった!?こ、こいつ何者なの!?」

永沢「行くぞッ!ゲル城ケ崎ッ!」ダッ

ゲル城ケ崎「!」

永沢「オニオニオニオニオニオニィィィィッ!!!」ダダダダダダダッ

ゲル城ケ崎「う……ぐ……!!」ふらっ

永沢「オニオニオニィーーーーッ!!」ズドドドドッ

ゲル城ケ崎「く……!ちょ、調子に乗るなッ!!」ジャキンッ ズドッ!

永沢「甘いッ!」ギュイィィィンッ ふわーり

ゲル城ケ崎「何ィーーーッ!?空を飛んで避けただとォーーーッ!?」

永沢「とどめだッ!ゲル城ケ崎ッ!」ググッ

ゲル城ケ崎「!」

永沢「オニオンッ!!!」バッ

ズゴオオオオオオオンッ!!

ゲル城ケ崎(高密度のエネルギー波を撃ってきた!?避ける!?無事で!?出来る!?)

ゲル城ケ崎(否……死……!)

ズッゴバァァァァァンッ!!!

しゅうううう……

永沢「ふう……」しゅたっ

笹山「か、勝ったの……?」

永沢「僕の本気のオニオン波を撃ちこんだんだ……ゲル城ケ崎はこなみじんになって死んだよ……」

「勝ったと思った?」

永沢&笹山「!?」ビクッ

しゅたっ

ゲル城ケ崎「残念!ゲル城ケ崎ちゃんは生きていましたッ!」

永沢「な、何ィーーーーーッ!!」

笹山「そ、そんな……!」がたがた

ゲル城ケ崎「タマネギィ、あんたの攻撃は確かにすごかったわ。でもね、私の核となる部分が奇跡的に無事だったから私は死ななかったのぉ!」

永沢「核だと……!?」

ゲル城ケ崎「そうよ。私の核を壊さない限り私は死なない。残念だったわね!」

永沢「く、くそ……!」ふらふら

ゲル城ケ崎「ふふふ!さっきの一撃で力を使い果たしたようね」ぐいっ

永沢「!?な、なにをする気だ……!」

ゲル城ケ崎「あんたの血をもらうわ……喜びなさい。肉体は死んでもあんたは私の中で生き続けるわ」ググッ

ギュルルルルルルルッ!

永沢「ぐあああぁぁぁぁ!!」

永沢「ぁぁぁぁ……!」

永沢「……」ばたっ シーン……

ゲル城ケ崎「ふう……!ごちそうさま!」

笹山「な、永沢くんッ!」

ゲル城ケ崎「ふふふ……はははははは!なじむ!このタマネギの血、実によくなじむわーーッ!」

笹山「!」

ゲル城ケ崎「最高に『ハイ!』ってやつよォォォォォ!アハハハハハハッ!」

笹山「ば、化け物……!」がたがた

ゲル城ケ崎「ふう……!さてと……残りはあなたね。すぐラクにしてあげるわ」ジャキンッ

笹山「い、いやッ……!」

「待ちな……」

笹山&ゲル城ケ崎「!?」

ゲル城ケ崎「あ、あんた誰よッ!?」

>>218

中野さん

中野「い、いや……あの……えっと……えーっと……」もじもじ

ゲル城ケ崎「なによあんた?何しに来たの?死にたいのかしら?」

中野「え、えっと……そのぉ……」もじもじ

ゲル城ケ崎「ええいっ!!もじもじしてんじゃないわよジジイッ!死になさいッ!」バッ

中野「>>226

リミットオーバーアクセルシンクロ

まだ続いてたのかwww
長いなwww

中野「リミットオーバーアクセルシンクロ」ビュンッ

ゲル城ケ崎「な!?私の攻撃を避けた……!?」

中野「リミットブレイクカタストロフィ」ガシャンガシャン

笹山「おじいさんの腕が変形していく……!?」

中野「アクセラレータラストオーダー」ガシャンカチャッ キュゥィィィィンッ

ゲル城ケ崎「腕が……銃になった!?」

中野「アスタラビスタ、ベイビー」バッ

ゲル城ケ崎「!」

ドゴオオオオオオオンッッ!!!

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年08月15日 (金) 16:18:57   ID: 5QnkNlw9

hgkhllj。j・lyh。よいつtくちyぃよ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom