ヒカリ「サトシ。今日は一緒におふろに入らない?」(619)

サトシ「なんで?」

ヒカリ「わたしたちが一緒に旅してからずいぶんたつし、たまにはいいかなって。
    今日はタケシもポケモンセンターに泊まるから帰ってこないし、ねっ?」

サトシ「そういやジョーイさんの手伝いするって張りきってたなぁ、タケシのやつ」

ヒカリ「ええ。言い方は悪いけど……邪魔者はいないわけだし」

サトシ「い、いや、でもさ、オレとヒカリは異性なんだぞ?
    ヒカリは幼なじみのケンゴと小さいころに一緒に入ったことあるのかもしれないけど、オレはママとしか入ったことないし……」

ヒカリ「もう、普段はポケモンのことしか考えてないのにこういう時だけ意識するつもり?
    それに、ケンゴと入ったのはまだ物心がついてなかったころなのよ」

サトシ「……そりゃ入るのは構わないぜ。だけど……もちろん水着でだよな?」

ヒカリ「……うん。だから一緒に入ろ?」

サトシ「……」

サトシ「ヒカリがそこまで言うなら……」

ヒカリ「ほんと!?」

サトシ「ああ。ヒカリの水着姿は見慣れてるからな。ちょっとだけ緊張するけど……」

ヒカリ「ありがとうサトシ!うれしいよ!」

サトシ「そ、そんなに喜ぶことか?……まあいいや。じゃあ入るか、ヒカリ」

ヒカリ「ええ。サトシ、先に行ってて。水着に着替えてくるわ」

サトシ「ヒカリから言い出したくせにオレが先なの?」

ヒカリ「女の子は準備に時間をかけるものなの。すぐ行くから」

サトシ「わかった。あっ、一応ピカチュウにオレがふろ入ること言っといてくれよ」

ヒカリ「ええ。任せといて」

ヒカリ(サトシと2人っきりの入浴なんて気恥ずかしいけど、こんな機会滅多にないしね)

ピカチュウ「ピカピー」ツン、ツン

ヒカリ「あっ、ちょうどよかったわ。ピカチュウ、わたし今からサトシとおふろに入ってくるの」

ピカチュウ「?」

ヒカリ「背中を流しっこするってこと。だからね、部屋でいい子にしててくれる?」

ピカチュウ「ピカッ」コクッ

ヒカリ「ありがとう。おりこうさんね」ナデナデ

ピカチュウ「チュウ」

ヒカリ「そうだわ。長引くかもしれないからポッチャマとミミロルをボールから出しておくね。
    1匹で待つのも退屈だろうし」

ポンッ

ヒカリ「ポッチャマにミミロル。わたしとサトシがあがるまでピカチュウと遊んであげてね」

ポッチャマ「ポチャッ!」

ミミロル「ミミィ」

ピカチュウ「ピッカ」ニコニコ

ヒカリ(よかった。ピカチュウも喜んでくれてるみたい)

ヒカリ「じゃあ行ってくるわ」

ピカチュウ「ピッカァピッカア♪」

ヒカリ「おふろの時に水着になるなんて初めてだけど……」ドキドキ

ヒカリ(がんばって、わたし。だいじょうぶだいじょうぶ)

コン、コン

ヒカリ「サトシ、入るよ」

サトシ「お、おう」

ヒカリ「……失礼します」ガラララッ

サトシ「ヒカリの水着姿……湖のギャラドス騒動の時以来だよな」

ヒカリ「どう…かな?」

サトシ「うん。似合ってるんじゃないか?」

ヒカリ「ありがとう。ねぇサトシ、なにか気づかない?」

サトシ「?」

ヒカリ(……サトシの鈍感。せっかく今日のために新しい水着買ったのに)

サトシ「かわいいと思うぜ」

ヒカリ「お世辞でもうれしい。ありがと」

サトシ「こっちこいよ。身体洗おうぜ」

ヒカリ「ええ。横座るね」

サトシ「……」チラチラッ

ヒカリ「なに?」

サトシ「い、いや、なにも。ヒカリの肌って白いなぁって」

ヒカリ「日焼けしないように気をつけてるからね。
    そういうサトシは男の子らしい肉付きしてるよね」

サトシ「そうか?あんま考えたことなかったけど」

ヒカリ「ほんとにポケモンのことしか頭にないんだから。
    でもサトシらしいね」クスクス

サトシ「笑うなよなぁ……」

ヒカリ「ごめん。だけど決して貶めてなんてないよ。
    サトシのそういう一途なところ、わたしは見習っていきたいしね」ニコッ

サトシ「!」ドキッ

ヒカリ「サトシ、背中流してあげるから壁向いて」

サトシ「あ、ああ」

サトシってもう10年くらい6kgもあるピカチュウを肩に乗せて歩いて旅してるんだよな
男らしい肉付きどころじゃないと思うぞ

ヒカリ(間近で見るとサトシの背中ってステキ……)ゴシゴシ

サトシ「ピ、ピカチュウはなにしてんのかな?」

ヒカリ「心配いらないわ。ポッチャマとミミロルが遊んでくれてるよ」ゴシゴシ

サトシ「そうか。あの2匹ならピカチュウも寂しい思いしなくてすむもんな」

ヒカリ「ええ。それより……」

サトシ「んっ?」

ヒカリ「サトシの背中……たくましいね」ピトッ

サトシ「! お、おいヒカリぃ」

ヒカリ「わたし、一度でいいからこうして裸のサトシにさわってみたかったの」

サトシ「急にどうしたんだよ……?ハイタッチなら今まで散々……」

ヒカリ「もうっ、わかってないんだから……」

サトシ「ヒ、ヒカリ、胸当たってるって」

ヒカリ「ボサボサの髪ってバカにしてたけど、本当はかっこいいなって思ってたんだよ?」ピトッ

サトシ「ヒカリぃ、くっつきすぎだって……」

ヒカリ「サトシ……」

ヒカリ「前……」ボソッ

サトシ「えっ?な、なんか言ったか?」

ヒカリ「前も洗ってあげる。こっち向いて?」

サトシ「いや、前は自分で……」

ヒカリ「……ダメ。わたしがやるの」

サトシ「でもさぁ……」

ヒカリ「せっかく一緒に入ってるんだから今日はわたしにやらせて。お願い」

サトシ「……」

サトシ「……わかった。けどあまりじろじろ見ないでくれよな」クルリ

ヒカリ(サトシの乳頭部……なんかかわいいな。チェリンボがくっついてるみたい)

サトシ「そんなに見つめるなって。恥ずかしいじゃん……」

ヒカリ「男の子なのに照れちゃうんだ。
    サトシったら顔赤くしちゃって」クスクス

サトシ「や、やるなら早く頼むよヒカリ」

ヒカリ「ええ。腕から洗ってあげるね。両手前に出してくれる?」

サトシ「こうか?」スッ

ヒカリ「胸掴んじゃダメだからね?」

サトシ「そ、そんなのするわけないだろ。タケシじゃあるまいし」

ヒカリ(サトシにこんな一面もあったなんて……なんだかすごく楽しい……)

タケシ「年下には興味ない」

ヒカリ「脇の下も洗ってあげる」ゴシゴシ

サトシ「あ、ああ」グイッ

ヒカリ「胸とお腹も」ゴシゴシ

サトシ「くすぐったいよ……」

ヒカリ(おへその中もしっかり洗ってあげなきゃ)ゴシゴシ

サトシ「そんなに入念にゴシゴシしなくてもいいって……」ムクムクムク

サトシ「!?」

ヒカリ「えっと、上半身は磨きおわったからあとは……下半身よね?」チラッ

サトシ「あっ、こ、ここはさすがに自分でやるよ!ありがとなヒカリ!」ササッ

ヒカリ「どうして後ろ向くの?」

サトシ「どうしてって……」

ヒカリ「ねぇ、サトシ。こっちに向き直ってよ。
    わたし、まだ全部やってないよ?」

サトシ「いや、ほんとに大丈夫だからさ。ヒカリの“だいじょうぶ”とちがってオレの大丈夫は確かだから……」

ヒカリ「すっごいナエトル…。」

サトシ「早くヒカリのクチートでベロリンガしてくれよ。」

ヒカリ「分かった、この可愛いミニリュウをジュプトルするのね…。」

サトシ「ヌオー…もっとタマタマの方も頼むぜ…。」

ヒカリ「んくっ…何だかムックルしてきたね…。」

サトシ「先っちょの方もチルットしてくれ、もう少しでタツベイ…。」

ヒカリ「ソーナノ?えっと…ココドラをベロベルトすればいいのかなぁ?」

サトシ「アグノム…ああ上手いぜヒカリ、そろそろタッツー!」

ヒカリ「凄い!オオタチだわ!」

サトシ「我慢できない、そろそろファイヤーするぞ!」

ヒカリ「きゃあ!…何か白いのがブーバーしたわ!」

サトシ「ヒカリの顔にタネボーが…」

ヒカリ「これがサトシの…えへへ、ゴクリンしちゃうね。」

サトシ「ヒカリ、その、そろそろヒカリのマンムーにゴニョニョしていいか?」

ヒカリ「サトシならイーブイだよ…」

サトシ「そ、そうだ!交代しようぜ!」

ヒカリ「えっ?」

サトシ「次はオレがやるよ!だから、なっ?背中向けろよヒカリ!」

ヒカリ「サトシったらなんで急に大声出してるの?」

サトシ「オレは元々こんなんだぜ。さっ、ヒカリ、次はオレがやるよ」クルリ

ヒカリ「……ダメ。今はわたしがサトシに尽くしてるんだよ」

サトシ「いや、でも……」

ヒカリ「ここには他に誰もいないのよ。
    どれだけ恥ずかしくっても2人だけの胸にしまっておけるじゃない。
    だからサトシ」

サトシ「つまり……脱げってこと……?」

ヒカリ「水着の上から洗うわけにいかないでしょ?」

サトシ「……でも、タケシにすら見られたことないんだぜ」

ヒカリ「ピカチュウは?」

サトシ「何回かあるにはあるけど……ってピカチュウとタケシとではワケがちがうじゃないか」

ヒカリ「さっき言ったじゃない。ここにはわたしたちしかいないって」

サトシ「わかってるよ。けど……」

ヒカリ「……わかったわ」

サトシ「……?」

ヒカリ「わたし、勇気を出してサトシを誘ったんだよ。
    それが一体どういう意味かわかる?」

サトシ「……」

ヒカリ(だいじょうぶ。サトシにならわたしは……)

ヒカリ「……わたしも脱ぐ」

サトシ「えっ……?」

ヒカリは胸部の水着をおもむろにはずしていく。
少し膨らんだ“山”を見せつけられて狼狽するサトシ。

サトシ「なっ!?ヒ、ヒカリ!?」

ヒカリ「……女の子のわたしにここまでさせたんだからサトシも男になってよね」

サトシ「しょ、正気か……?」ドックンドックン

ヒカリ「わたしはどんな時だってマジメだよ。
    コンテストの時だって異性と向き合う時だって」

サトシ「……」

ヒカリ「目をそらさないで。ちゃんとわたしを見て」

ヒカリ「……次はサトシの番だよ」

サトシ「ヒカリ……」

ヒカリ「わたしにこんな恥ずかしい思いさせてるのに……嫌だなんて言わないよね?」

サトシ「……」

サトシ「……絶対笑わないって約束する?」

ヒカリ「もちろん。だいじょうぶ」

サトシ「『サトシのヘンタイ!スケベ!』なんて罵らないって約束するか?」

ヒカリ「するよ。わたしがそんなこと言う風に見えるの?」

サトシ「いや……」

ヒカリ「見たいな、わたし。サトシの男の子のしるし」

サトシ「……わかった。オレも脱ぐよ。
    ヒカリ、ちょっと目をつぶっててくれ」

ヒカリ「わかった」

サトシ「笑わないってば」

ヒカリ「目を逸らさないで。ちゃんと現実を見て」

ヒカリ「……」

サトシ「……」ヌギヌギ


サトシ「い、いいぜヒカリ」

ヒカリ「……」パチッ

ヒカリ「!」

サトシ「あっ……」ササッ

ヒカリ「隠しちゃダメ。手、どけてよ」

サトシ「やっぱり恥ずかしいよ……」

ヒカリ「それはお互い様じゃない。わたしだって胸さらけ出してるんだし、ねっ?」

闇ヒカリ「なんだァてめェ!粗○ンじゃねぇか!」

サトシ「……ピカチュウやタケシには内緒だぞ」

サトシはおずおずと股間から両手を退け、半勃ちしたペ○スをあらわにする。
旅立ってから初めて目にする男性器に、ヒカリはただただ驚きの表情を浮かべるばかりだ。

ヒカリ「すごい……。これがサトシの……サトシの男の子のしるし……」

ヒカリ(幼稚園のころにケンゴのオチンチ○見たことあったけど、なんだか形が全然ちがうような……。
    うろ覚えだからはっきりと記憶にないけど……)

サトシ「なんでか知らないけどヒカリに洗ってもらってる最中、勝手におっきくなってさ……」

ヒカリ「あっ、だからさっき、咄嗟に背中を向けたの?」

サトシ「うん……」

              /_/           . . -‐‐- . .
               /         ∠:: /⌒>,, `ヽ
  く  は  ア  7__       /ニ、{{∠∠二、 li ハ
  れ  や  グ   /     /. -‐…'''⌒ヽ   ij _」
  |   く     ネ  / 、__    ,'{ r‐…''⌒ヽーi  .<⌒ヽ
  |   き    ス  {/ヽ)   ! iヽ.).:.:.:.:.:.:.:xこ| |i  ト、 !i
  |   て    |  >''´}    ', ',.:.:.:/⌒し':::::::| ij  )ノ リ
  |     |  >イ     ', V^)⌒V⌒/7  >こノ
  |      ! ! ! ! >ノ     丶ヽ.__ー__彡'  /
  っ        \ーァ'⌒ヽ.._ \  ̄    {x‐/.:.
 ! ! ! !        r‐一.:.:.:.:.:/.:.:`ヽ/  ノ __//.:.:.:.:
///l/ ̄`ヽ∧j:.:.〈.:/.:.:.:.:.:.∠二 { ∠´/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

ヒカリ「もっと近くで見てもいい?」

サトシ「あ、ああ。そのかわり、あとでオレもヒカリの胸……さわってみてもいいか?」

ヒカリ「うん。いいよ。約束ね」

サトシ「……」ゴクリ

ヒカリ「これがサトシの……すごいな……」

サトシ「ケ、ケンゴの見たことあるんだろ?」

ヒカリ「ええ。でも小さい時だったから」マジマジ

サトシ「顔近すぎだって……」グググッ

パンツ異次元に吸い込まれた

ヒカリ「あっ、徐々に上に……」

サトシ「勝手になっちゃうんだよ……」

ヒカリ「オチンチ○って皮かぶってるんだ……」

サトシ「……」ドックンドックン

ヒカリ「男の子ってオチンチ○からおしっこ出すのよね?」

サトシ「そ、そうだぜ」

ヒカリ「じゃあ先っぽにあるこの穴が尿道に繋がってるの?」

サトシ「……よくわからないけどたぶん」

    ∧_∧
  O、( ´∀`)O 
  ノ, )    ノ ヽ  発射準備完了!
 ん、/  つ ヽ_、_,ゝ
  (_ノωヽ_)

俺ならもっと面白く展開できるんだが続き書いていい?
制作じゃ結構有名な読み手なんだが…

>>264読み手?

いかん、ここは釣り堀だ!

ヒカリ(さわってみたいな……)

サトシ「さわってみるか……?」ドキドキ

ヒカリ「!」

サトシ「なんかすごく興味津々みたいだし」

ヒカリ「い、いいの?」

サトシ「ダメって言ってもヒカリは強引だからなぁ……」

ヒカリ「もうっ、なによそれ。
    ……でもサトシからそう言ってくれてすっごくうれしい。
    心からそう思えてくるの」

サトシ「そっか。じゃあほら……」スッ

ヒカリ(えっと……まずは先っぽをさわってみようかな)ニギッ

ふぅ……

サトシ「は! ヒカリ、何が何だか分からないけど気持ちいいよ・・・」

ヒカリ「!?」

俺が書くわ

いい?

バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバン゙ン
 _/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
    \/___/ ̄
  バン    はよ
バン(∩`・д・) バン  はよ
  / ミつ/ ̄ ̄ ̄/   
 ̄ ̄\/___/
    ドゴォォォォン!!
        ; '     ;
     \,,(' ⌒`;;)
   !!,' (;; (´・:;⌒)/
  ∧_∧(;. (´⌒` ,;) ) ’
Σ(* ・ω・)((´:,(’ ,; ;'),`
 ⊂ヽ ⊂ ) / ̄ ̄ ̄/
   ̄ ̄ ̄\/___/ ̄ ̄ ̄

          /\
     . ∵ ./  ./|
     _, ,_゚ ∴\//
   (ノ゚Д゚)ノ   |/
  /  /

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ
ポチ     ポチポチポチポチポチポチ
ポチ(∩`・ω・) ポチポチポチポチポチ
 _/_ミつ/ ̄/_
      /_/

サトシ「はぅっ……!」

ヒカリ「ご、ごめん。痛かった?」

サトシ「いや、いきなり握られたからびっくりしただけだよ」

ヒカリ「おどかさないでよね」

ヒカリ(おしっこ出す穴かぁ。指で撫でたらどんな反応するのかな?)

サトシ「ぁっ、ちょっ……」

包皮に覆われた性器を細い指でしっかり握りしめるヒカリは、親指で先端の鈴口を愛撫する。
敏感に反応するサトシは全身を震わせながらペ○スを膨らませていく。

サトシ「ふああぁっ……」

ヒカリ「サトシったらかわいい」

サトシ「なっ……男に向かってかわいいはないだろ……?」

ヒカリ「いいじゃないそんなこと。それよりオチンチ○がすごく熱いの」ニギニギ

サトシ「ひゃっ……!」ビクッ

ふぅ……(二回目)

ヒカリ(熱くて固くてひくついてて……オチンチ○って不思議)

サトシ「あううぅ、ヒカリぃ……」

勃起していることによって包皮が少しだけ後退したペ○スは、ヒカリの手の中でどんどん怒張していく。
ピンク色の顔を出している先端部からは微量の粘液が分泌され始めていた。

サトシ「ヒカリ、オレ……オレ……なんかおかしくなっちゃいそうだよ……」

ヒカリ(なにか出てるわ。おしっこ……?)

ヒカリは滲み出た粘液を指に絡め取る。

ヒカリ(おしっこじゃなさそう。ヌルヌルしてる)

ヒカリ「ねぇサトシ。オチンチ○から出てるこの透明の液体はなに?」

サトシ「オレにもわからないよ……」

サトシの肉棒は着々と射精の準備をしているが、当人は全く状況を理解できていない。

ヒカリ「もっとさわらせてね」

サトシ「ひゃあっ!」

陰嚢という名の“タマタマ”を撫であげられたサトシは声が裏返る。

ヒカリ(オチンチ○ってそんなに敏感な箇所なのかしら……。
    もっといじったくなってきちゃった)ニギニギ

はよおおおお!

サトシ「ヒカリ、ヒカリぃ……」

ヒカリ「オチンチ○ってすごいね。サトシったらもしかして感じてる?」ニギッ

サトシ「ぁっ……!ヒ、ヒカリ!ちょっとタンマ!」

ヒカリ「どうかしたの?」

サトシ「うぅっ……」ソワソワ

ヒカリ「……おしっこ?」

サトシ「……」コクッ

サトシ「ちょっとしてきていい?」

ヒカリ「そこの排水口でしちゃえばいいじゃない」

サトシ「いやいや!そういうわけにはいかないって」

ヒカリ「見てみたいな。サトシがおしっこするところ」

サトシ「…………胸」ボソッ

ヒカリ「?」

サトシ「胸、揉ませてくれるか?」

ヒカリ「わたし小さいけど、それでもいいなら」

サトシ「……よし。かかっちゃ汚いから離れてろよ」

ヒカリ「ええ」

サトシ「漏れる漏れる……」ニギッ

俺も昔はこんな感じだったんだよな…

人いなくなり過ぎワロタwwww

ワロタ……

勢いつくようなことやってんじゃねーよしね

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
パン     パンパンパンパンパンパンパンパン
パン( `・ω・) パンパンパンパンパンパンパン
  (( ( つ つ
     ),ィ⌒(  ・`д'・)
   (_(__人__,つ 、つ


        ; '     ;         
         \,,(' ⌒`;;)        
   ( ´・ω:;( (;; (´・:;⌒)/

   ( つ  (;. (´⌒` ,;) ) ’
    | ,ィ⌒((´:,(’ ,; ;'),`
   (_(__人__,つ 、つ

  新・保守時間目安表 (休日用)  
  00:00-02:00 10分以内  
  02:00-04:00 20分以内  
  04:00-09:00 40分以内  
  09:00-16:00 15分以内  
  16:00-19:00 10分以内  
  19:00-00:00 5分以内  

  新・保守時間の目安 (平日用)  
  00:00-02:00 15分以内  
  02:00-04:00 25分以内  
  04:00-09:00 45分以内  
  09:00-16:00 25分以内  
  16:00-19:00 15分以内  
  19:00-00:00 5分以内

今の奴らは保守間隔も考えないのか

チーーーーー

サトシ「あんまり見んなよぉ……」

ヒカリ「今さら恥ずかしがることないじゃない」

サトシ「平然としていられる方がおかしいって……」チーーーー

勃起したペ○スから勢いよくほとばしる汚水は、壁を伝って排水口に流れていく。
たちまち周囲に小便特有の濃厚な香りが漂う。
サトシは顔を真っ赤にして後ろをチラチラ確認しながら放尿を続けていた。

ヒカリ(サトシのにおい……)クンクン

サトシ「……」チーーーー

よほど我慢してたのか、サトシの排尿時間は長い。

ヒカリ(柔らかそうなおしり……)ゴクリ

ヒカリの眼界にはサトシの桃尻がばっちり映っている。
局部に身を委ねているサトシは、ヒカリに恥部を見られていることに全く気づいていない。

ヒカリ(さわってみたいな。さわっちゃおうかな)ドキドキ

サトシ「……」チーーーー

サトシ「ふぅっ……」

ヒカリ「終わったの?」

サトシ「ああ。すっきりしたよ。洗い流さないと」

ヒカリ「その前に……」ムニュッ

ヒカリは両手でサトシの尻肉を掴んだ。

サトシ「うわっ!な、なにすんだよ!」

ヒカリ「柔らかそうだと思ってたらほんとに柔らかい……」ムニュムニュッ

サトシ「もも、揉むな!離せよ!」

ヒカリ「わたし、男の子のおしりをさわるの初めてなの」ムニュムニュッ

サトシ「ションベンの次はケツかよぉ……」

ヒカリ「オチンチ○も……」ニギッ

サトシ「ぁっ……」

後ろから伸びた手が屹立しているペ○スを包みこむ。
排尿を終えたばかりの男性器は精液の解放に備え、先端をググっと膨らませる。
ヒカリの丁寧かつ執拗な愛撫は、再びサトシの性感を呼び起こす結果となっていた。

サトシ「ううぅっ、チンチ○が全然ちっさくならないよ……」

ヒカリ「おしっこいっぱい出てたね。すごかったよ」ニギニギ

サトシ「そ、その手つきやめろよお」

ヒカリ「おしりは柔らかいのにオチンチ○はカチカチ。
    このモンスターボールも……」ニギニギ

サトシ「うぁっ……!は、早く胸揉ませろよ」

ヒカリ「もうちょっとだけいじらせて」

ふぅ……()

ヒカリ「……ねぇサトシ」

サトシ「な、なんだ?」

ヒカリ「ポッチャマにもあるのかな?」

サトシ「?」

ヒカリ「オチンチ○のことよ。オスって判明してるんだし……」

サトシ「そりゃあるだろ。ヒカリが知らないだけでさ。
    オレのピカチュウにだってついてるんだぜ」

ヒカリ「じゃあポッチャマにも……ううん、ポケモンの男の子にもオチンチ○ってあるのよね?」

サトシ「オレたち人間と一緒で飲み食いしてるわけだしな。
    それよりヒカリ……質問しながらチンチ○握るのはやめてくれよな」

ヒカリ(ピカチュウやポッチャマにもあるんだ。サトシみたいにかわいい形してるのかしら)ニギニギ

サトシ「こ、今度ポッチャマ抱いた時にさりげなくさわっちゃえよ」

ヒカリ「そうね。やってみるわ」

サトシ「なあ、ヒカリ。あのさ……」

ヒカリ「どうかした?」

サトシ「チ、チンチ○の皮……」

ヒカリ「皮?今わたしが撫でてるこれ?」サワサワ

サトシ「む、剥いてみて」ドキドキ

ヒカリ「剥く?」

サトシ「そう……。なんだか剥けそうな気がするんだ。
    ちょっと離してくれないか?」

ヒカリ「まだ満足してないのに……」

サトシ「わかってるよ。だからさ……」クルリ

サトシはヒカリに向き直る。

サトシ「……ほらヒカリ、握ってくれよ」

ヒカリ「うん」ニギッ

サトシ「そ、そのまま引き下げてみて」

ヒカリ「あっ、皮を剥くってそういう意味?でも大丈夫かな……?」

サトシ「あまりにも痛かったら言うからさ……やってくれ、頼む」

ヒカリ「わかったわ。じゃあ……いくわよ」ニギッ

サトシ「お、おう」ドキドキ

ヒカリ(ゆっくり下げていかなきゃ……。だいじょうぶだいじょうぶ)ズズッ…

サトシ「……っ!」

サトシ「んくっ……!」

ヒカリ「痛い?やめようか?」

サトシ「い、いや、続けてくれ。無理だったら叫ぶから」

ヒカリ「わかったわ。じゃあもう一度……」ズズッ

サトシ「いてててっ……」

ヒカリ「がんばってサトシ。もう少しよ。だいじょうぶ」ズズズッ…

サトシ「い、いてぇっ……」

ヒカリ(もうちょっと……えいっ)ニュポンッ

サトシ「あぁっ……!」

ヒカリ「サトシ、オチンチ○剥けたよ」ニコッ

サトシ「サ、サンキュー。やっぱり剥けたりするんだ、これ……」ドキドキ

ヒカリ「さっきは皮の中にすっぽり入ってたのにね。
    オチンチ○ってポケモンと似てるのかもしれないね。
    まだまだわたしたちの知らないことばかり……」

サトシ「ああ。それにしても、なんか先っぽがスースーするなぁ……」

ヒカリ「ここからおしっこがたくさん出てたのよね」クンクン

サトシ「うわわっ!?ん、んなとこ嗅ぐなよ!」

ヒカリ「どんなにおいがするのかなって」クンクン

サトシ「ううぅっ……」グググッ

ヒカリ(すごくおっきい。最初に見たのとまるでちがうわ……)

サトシ「……さわりたいんならさわっていいんだぜ」

ヒカリ「ありがとう。ならもっかい」ニギッ

サトシ「ひゃんっ……!」ゾワッ

サトシ「ヒカリぃ……オ、オレまた……」

ヒカリ「?」ニギニギ

ヒカリ(一回皮剥けたらすぐ元に戻せるんだ。あっ、引き下げるのも簡単になったわ)シコシコシコ

サトシ「!!」

ヒカリ(サトシったらすごい顔……。でももっと見たい)シコシコシコ

サトシ「うぁっ……!ちょっ……で、出る」

サトシ「ヒヒ、ヒカリ!離れて離れ――」

ドビューーーッ!

ヒカリ「きゃっ!?」

ビュッ、ビュッ、ビュルルッ

サトシ「っ……」

敏感になっているペ○スを扱かれてたまらず絶頂を迎えるサトシ。
脈打つ性器からおびただしい量の精液が吐き出され、ヒカリの顔面と青い髪の毛を白く染め上げた。

ヒカリ「な、なにこれ……」ドロォ

未だに尿道口から溢れる精液は糸を引いて床に垂れていた。
生まれて初めての精通を経験したサトシは後ろの壁にもたれかかる。

サトシ「あっ……あっ……」

ヒカリ(なんなのこれ……。粘ついてて臭くて……。
    おしっこが固まったもの…なの?)

サトシ「ご、ごめん!なんか出そうだったから手を引き離そうとしたけど間に合わなくて……」

ヒカリ「サトシ、この白いの……なに?」

サトシ「オレにもわからないよ……」

ヒカリ「やだぁっ……髪の毛に絡まっちゃってる……」

サトシ「あ、洗おう!とりあえず洗い落とそうぜ!なっ?なっ?」

ヒカリ「……うん」

ヒカリ「もう残ってない?」

サトシ「あ、ああ。大丈夫」

ヒカリ「……ほんとになんだったの?オチンチ○から出た…よね?」

サトシ「なんかさわられてるうちにオレ、気持ちが変になっちゃって……気づいたらその……ヒカリに……。
    けどさ、ほんとにわからないんだ。
    チンチ○からションベン以外のものなんて今まで出たことなかったから……」

ヒカリ「……」

サトシ「……ごめんなヒカリ」

ヒカリ「……いいよもう。わたしが自ら進んでしたことだし。
    それよりサトシ……」

サトシ「も、もうあがるか?頭も洗ったしさ」

ヒカリ「もうっ、サトシのバカ。わたしだけにさせるつもりなの?」

サトシ「えっ?あっ、そっか……」

ヒカリ「胸……さわりたいんでしょ?」

サトシ「……」コクッ

ヒカリ「……優しくね?」

サトシ「ほんとに……揉んでもいいのか?」

ヒカリ「……サトシならわたしはだいじょうぶ」

サトシ「……」ゴクリ

サトシ「とりあえず座ろうぜ」

ヒカリ「ええ」

サトシ「なんか緊張するなぁ……」

ヒカリ「サトシの好きにしていいよ。わたしもオチンチ○、いっぱいさわらせてもらったし」

サトシ「ああ……」ドキドキ

ヒカリ「……早くさわって」

サトシ「よし、いくぜ……」

ヒカリ「……」ドキドキ

サトシ「……」ムニュッ

ヒカリ「どう…かな?」

サトシ「あ、ああ。柔らかくていい手ざわりだぜ」モミモミ

ヒカリ「サトシのおしりも柔らかくて揉みやすかったよ」クスクス

サトシ「からかうなよ……」ムニュムニュッ

サトシ「10歳の女の子ってこれぐらいの大きさが普通なの?」

ヒカリ「おっきな子もいればサトシみたいに平らな子もいるわ。
    人それぞれよ」

サトシ「そ、そうか。オレ的にはこの膨らみかけのおっぱい……結構好きかも」

ヒカリ「ほんと?」

サトシ「ああ。だからもっとさわりたい。……いいか?」

ヒカリ「好きにしていいんだよ。遠慮しないで」

サトシ「じゃあっ、乳首も……」

ヒカリ「やりたいようにやっていいよ」

サトシ「わかった。サンキュ、ヒカリ」クリクリッ

サトシ「すごいなあ……。オレのと全然ちがう」

ヒカリ「もっと指先でいじって。遊ぶ感じで」

サトシ「こ、こう?」クリックリッ

ヒカリ「そうそう。あーあ、わたしもママみたいにおっきかったらよかったのになぁ……」

サトシ「言っただろ?オレはこれくらいの方が好きだって」クリックリッ

ヒカリ「うれしい。サトシって優しいんだね」グイッ

サトシ「わわっ!」

ヒカリはサトシの頭を掴んで胸元へと引き寄せる。

ヒカリ「吸って」

サトシ「んっ……」チューチュー

サトシは言われるがままに乳頭部を吸いこむ。
目をつぶり、甘えるように吸うその姿はまるで赤ちゃんのようだ。

ヒカリ「ミルタンクみたいにミルクは出せないけど……」

サトシ「んっ……おいしいから出なくてもいいや」チューチューチュー

ヒカリ(気持ちいい……。好きな人にしてもらうのってこんなに気持ちいいんだ……)

ヒカリ「サトシったら夢中で吸っちゃって。かわいい」ナデナデ

サトシ「好きにしてもいいって言ったのはヒカリだぜ」チューチュー

サトシ「固くなるんだ、乳首って」レロッ

ヒカリ「ぁんっ……」

サトシの舌で舐める攻撃。

ヒカリ「くすぐったいよ……」

サトシ「さっきのオレと同じだね」カリッ

ヒカリ「痛っ……!」

サトシは舌先で乳首を刺激し、固くなったタイミングを見計らって軽く噛んでくる。

サトシ「タケシがお姉さん好きな気持ちがちょっとだけ理解できるかも……」チューチュー ペロペロ

ヒカリ「ふああぁんっ……」

ピカチュウ「ピカピー」ドン、ドン

サトシ「!」

ヒカリ「あっ……」

ポッチャマ「ポチャアッ!」ドン、ドン

ヒカリ(もうっ、いいところなのに)

サトシ「も、もうすぐ終わ……あがるから部屋で待っててくれ」

ピカチュウ「ピカピ!ピカ!ピカッチュ!」

ヒカリ「なんて言ってるのかしら」

サトシ「心配して見にきただけじゃないか?入ってからずいぶん時間たったし」

ヒカリ「ポッチャマがぐずってるだけかもしれないわね。
    ポッチャマ!いい子だからみんなで部屋に行ってて」

ピカチュウ「ピカッ、ピカチュウ」トコトコトコ

ポッチャマ「ポチャアッ……」トコトコトコ

ヒカリ「……」

ヒカリ「……行ったみたいね」

サトシ「ああ。オレたちのこんなところ、ポケモンたちに見せるわけにいかないしな……」

ヒカリ(せっかくいい気分になれてたのにさめちゃった……)

サトシ「おいしいなぁ、おっぱい。もっと吸いたい」チューーー

ピカチュウ「やあぁんっ……」

サトシ「……ずるいぜヒカリ」

ヒカリ「えっ……?急になに言い出すの?」

サトシ「オレは全裸になったのにヒカリだけ下着つけてさ。
    胸を出したんなら下も脱いでくれよなぁ」

ヒカリ「うん。でもそれはまたの機会にね」

サトシ「ちぇっ。ずるいなぁ」チューチュー カリッ

ヒカリ「んっ……!」ビクッ

サトシ「おいしかったぁ」

ヒカリ「もういいの?」

サトシ「ああ。本音を言うともっとやりたかったけど……あんまり長引いちゃあいつらがかわいそうだしな」

ヒカリ「そっか……」

サトシ「……なあ、ヒカリ」

ヒカリ「なに?」

サトシ「寝る前にまたさ……揉ませてもらってもいい?」

ヒカリ「えっ!?」

サトシ「……ダメ?」

ヒカリ「う、ううん!とんでもない!もちろんいいよ。だいじょうぶ!」

サトシ「やった!今日はヒカリとベッドだぜ!」

ヒカリ(サトシが喜んでくれてるわ。よかったぁ……)

サトシ「そうだ。ついでにこのままピカチュウたちも洗ってやるか」

ヒカリ「そうね。たまにはみんなで入るのもいいかもね」

サトシ「おーい、ピカチュウ、ポッチャマ、ミミロルー!」

ピカチュウ「ピッカッチュ♪」

ガラガラガラッ

サトシ「!!」

ヒカリ「な、なんなのみんな……その格好……」

ドアが開かれた瞬間、サトシとヒカリの顔が引き攣る。
2人の目に飛びこんできたのは、全身が白濁液まみれになったミミロルと、
ペ○スをおっ立たせながら満面の笑みを浮かべたピカチュウとポッチャマのおぞましい姿だった……。





おしまい。

もうちょっとだけ続けたかったのですが、用事ができて書けそうにないのでここで終わります。
支援・保守・読んでくれた人ありがとうございました。

このSSまとめへのコメント

1 :  わわわわわわ   2014年01月11日 (土) 18:07:36   ID: huCMgcby

もうちょいつづけてー

2 :  sumatora   2014年04月08日 (火) 20:14:53   ID: wTfLgJNy

続き気になる―

3 :  SS好きの774さん   2014年04月20日 (日) 12:46:21   ID: ViB8hfz3

つづけてくれ

4 :  エロ大好き人間   2014年07月24日 (木) 09:10:27   ID: 2hrI8K7z

続きよみたいー

5 :  12歳のエロ大好き女の子   2014年07月29日 (火) 16:25:37   ID: I_Jp7bHa

はまった!!
続き早く〜

6 :  SS好きの774さん   2014年10月22日 (水) 18:56:21   ID: lMCUQbpX

ええなー

7 :  SS好きの774さん   2014年10月25日 (土) 09:06:36   ID: a8VI5nAU

つづきみたいやー

8 :  SS好きの774さん   2015年03月15日 (日) 23:15:31   ID: nx7jfiui

貴様ら!続けなさい

9 :  SS好きの774さん   2015年03月16日 (月) 01:01:29   ID: NmW6opTC

続き気になりますーwww

10 :  SS好きの774さん   2015年03月27日 (金) 10:49:44   ID: JumI4bpy

早く続き~

11 :  SS好きの774さん   2015年05月06日 (水) 20:44:40   ID: wLLxkthT

ささ

11 :  SS好きの774さん   2015年05月06日 (水) 20:44:40   ID: wLLxkthT

ささ

12 :  どらえもん   2015年07月30日 (木) 06:37:34   ID: o_mSyTuy

(ノô°)オーマイガー

13 :  どらえもん   2015年07月30日 (木) 07:47:09   ID: o_mSyTuy

ガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャン

14 :  どらえもん   2015年07月30日 (木) 07:49:59   ID: o_mSyTuy

最近キモい人多いなぁー(^_^;)

15 :  どらえもん   2015年07月30日 (木) 12:32:38   ID: o_mSyTuy

マックはどこだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(ノA´) (ノA´) (ノA´)はらへったああ

16 :  SS好きの774さん   2015年09月13日 (日) 13:56:29   ID: SFg1knyP

3年たったけどもう一回やってくれ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom