由比が浜「ビッチっていうのやめてよ…!うっ…えぐっ」 (57)

由比ガ浜「私何もできないからバカって言われるのは仕方ないけど・・・うぅ・・・」

比企谷「」

雪ノ下「泣いてしまったわよ,クズ谷君」



誰か宜しく

雪ノ下「~~そんなだからそんな腐った目になってしまったんじゃないかしら?」

雪ノ下「黙ってないで早く由比ヶ浜さんに謝ったらどうなの?」

八幡「…グスッ…」

雪ノ下「」

八幡「お、俺だって、ヒック好きでこ、んな目になったんじゃ、エグッないし…」

由比ヶ浜「うぅ…」グズグズ

雪ノ下「」

由比ヶ浜「うぅ…ひっぐ…ぅ…私笑顔が取り柄だけど…えぐっ…でも…」

由比ヶ浜「そんなこと言われて傷つかない女の子なんていないもん…!うぅ…」

比企谷「」

比企谷(ふぇえ…どうしよう…おにいちゃん…って状況なんですけどこれ)

比企谷(なに?なに?いつも通り笑ってたじゃん!スマイルアゲインだったじゃん!?)

比企谷(いつもみたいな会話だったよな?…よな?不自然なとこはなかったはずだ!)

比企谷(クッソ!どうすりゃいい!S級クエストだろコレ!俺にそんなプレイスキルないよ!)

比企谷(いや待て落ち着け…先ずは冷静になれ…会話を一つ一つ思い出して答えを導き出すんだ…)

______
____
__

陽乃「ひゃっはろー!って…何これ?どういう状況なの?雪乃ちゃん?」

雪乃「ね、姉さん…これはその…」

陽乃「あれー?もしかして雪乃ちゃん、また比企谷くんに酷い事したんでしょ?」

雪乃「それは…その…比企谷くんが由比ヶ浜さんのことを…」

陽乃「いくら比企谷くんでも一応人の子だよ?まさか雪乃ちゃんが言っていいことと悪くことの区別も付かない子だなんて思ってなかったなあ」

雪乃「だから、これは比企谷くんが」

陽乃「なーかしたーなーかしたー!せーんせーにーいってやろー!」

雪乃「…グスッ…」

陽乃「えっ」

そう…いつものように…放課後の部活。俺と雪ノ下の会話中に由比ヶ浜が来た…


ダダダダダ・・・ガララ!

由比ヶ浜「ゆきのん!やっはろーー!…あ!ヒッキーもやっはろー!」

比企谷「俺ハイドなんて使ってないよ!…はぁ…。よう由比ヶ浜」

雪ノ下「こんにちは由比ヶ浜さん。…あら比企谷君いたのね」

比企谷「だからハイド使ってないよ!…っつかお前今さっきまで会話してただろ!数秒の間になぜ俺の存在が消えている」

雪ノ下「…?」

比企谷「オイ。本当に何言ってんのコイツって感じで首かしげるなよ。俺がおかしいみたいになるじゃねぇか」

(・∀・)イイネ!!

由比ヶ浜「うっ…うぅ…」

八幡「グスッ…」

雪乃「…っ…っ…」ポロポロ

陽乃「」

由比ヶ浜「アハハ。ヒッキー何言ってんのw今日のヒッキーきもーい!アハハ」

雪ノ下「この男が気持ち悪いのはいつもの事よ。でも…今のはいつも以上におかしかったわね…。」

比企谷「なにそのゴリ押し。どうして俺をそんなに苛めるの?おれは無罪だよ?泣いちゃうよ?」

由比ヶ浜「あはは。やっぱりヒッキーって面白いね」

雪ノ下「そうね。その仮面の面白さは私も賞賛するわ」

比企谷「おい。何気なく俺の顔罵るな。顔には自信があるんだぞ」

平塚「失礼するぞ…って何だこれは」

陽乃「し、静ちゃん!助けて!」

平塚「おい陽乃、これはどういうことだ?まさかお前がこんな趣味の悪い事をするとは思っていなかったぞ」

陽乃「えっ、ちが…」

平塚「妹を執拗に弄るのにも目を瞑ってきたが、これは擁護のしようが無いぞ、大体お前は昔から」

陽乃「うっ…ふぇ…」ポロポロ

平塚「えっ」

陽乃「グスッ…わたしのせいじゃ、ヒック」

平塚「」

泣いてるはるのんかうぇあいいなwwww

平塚(どうしてこうなった…)

平塚(いや、元はと言えば最初から陽乃に事情を聞いてやればよかったんだ)

平塚(大体いくら陽乃でも高校生3人を虐める趣味を持ち合わせているわけが無いじゃないか、それを私は…)

平塚(こうやって人の話を聞かないで突っ走る癖が有るから結婚出来ないんだろうな私は)

平塚「…グスッ…」

雪ノ下「そんな男の事なんてどうでもいいとして…いつまで立っているのかしら?」

比企谷「おい。散々言っといて放り出すな。何とも言えない気持ちになる」

由比ヶ浜「あはは。ゆきのんとヒッキーの会話おもしろいからつい」

雪ノ下「…紅茶を淹れるわ」

由比ヶ浜「えへへ。ありがとゆきのん!」

比企谷「無視かよ……はぁ…」ペラ


ここまではいつもと同じ!その後は…俺と雪ノ下は読書。由比ヶ浜は携帯弄り…

そう…この後だ。携帯に飽きた由比ヶ浜が話を出してきたんだ

飽きた。から揚げ食べよ

由比ヶ浜(ふぅ…なんか泣いたらスッキリしちゃった、なんであんな事で泣いちゃったんだろ)

由比ヶ浜「ヒッキーごめんね…ってあれ?」

八幡「ウッ…グスッ…」

雪乃「…っ…」ポロポロ

陽乃「うぅ…」ポロポロ

平塚「ふえぇ…グスッ…グスッ…」

由比ヶ浜「」

俺も飽きた、天ぷら食ってくる

由比ヶ浜(え?なんでみんな泣いてるの?もしかしてあたしのせい?)

由比ヶ浜(あたしが泣いちゃったから?ゆきのんがヒッキーの事怒っちゃったの?)

由比ヶ浜(それでヒッキーが泣いちゃった?そしたらゆきのんが陽乃さんに怒られて泣いちゃって…)

由比ヶ浜「ご、ごめんなざいいいい」ブワッ

八幡「っ!」ガタッ

雪乃「っ!?」ビクッ

陽乃「!?」

平塚「グスッ…ふえぇ…」

見てる人いたんだなwでもから揚げ食ったら出かけるし
帰ったら書くかな?んじゃ

由比ヶ浜「うわああああん」ポロポロ

八幡「お、俺が、わ、悪かったって」グズグズ

雪乃「違うわ、グスッ、わ、私があなたに、ヒック、ひ、酷いことを」

陽乃「私だって、雪乃ちゃん、ごめ、ごめんね、雪乃ちゃん」ポロポロ

ゆいゆいにはヤンデレの素質がある

http://livedoor.blogimg.jp/noegasukida/imgs/e/3/e36e36f6.jpg
http://livedoor.4.blogimg.jp/otanews/imgs/e/e/ee004219.jpg
http://blog-imgs-57-origin.fc2.com/6/a/4/6a4o/sa01.jpg

由比ヶ浜「うっ…ヒック…」

雪乃「由比、ヶ浜さん…っ…」

八幡「落ち着いたか?」グスッ

由比ヶ浜「うん…ヒック…もう大丈夫…」

雪乃「そう…グスッ…なら良かったわ」

八幡「その、なんだ、あれだ、俺も気をつけるようにするからさ」

由比ヶ浜「うん…私もごめんねヒッキー」

雪乃「私も…その…っ…ごめんなさい…比企谷くん」

八幡「なんでお前が謝るんだよ、今回は俺が…」

雪乃「貴方の気持ちも考えず嫌な事を口にしてしまったのは事実よ、謝罪させてもらうわ」

八幡「そうか……それにしても、大の男がみっともない所見せちまったな…」

由比ヶ浜「あはは…なんだかおかしいね、みんなして泣いちゃって…」

雪乃「本当ね、この私が泣いてしまうだなんて…屈辱だわ…」

八幡「そんな時もあるだろ、人間なんだしよ…そろそろ帰るか、いい時間だし」

雪乃「そうね、姉さん、戸締りと事後処理は頼むわね」

由比ヶ浜「あ!ゆきのん!ヒッキー!この前美味しいお店見つけたんだ!今から行こうよ!」

雪乃「くっつきすぎよ、由比ヶ浜さん」

八幡「俺は…仕方ねえ、今日くらい付き合ってやるよ」

由比ヶ浜「早く行こ!」

雪乃「ま、待って由比ヶ浜さん」

陽乃「…どうしてこうなった…」

平塚「グスッ…ふえぇ…」ズビズビ

陽乃「…」ジワッ



天ぷら

泣いてるはるのん=あざとい

泣いてるビッチガ浜ゆいゆいちゃん=かわいい

何なのかこの差は
慢心環境の違い

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年07月17日 (月) 19:00:09   ID: Ly0_e7BO

つまんな

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom