シンジ「特務戦隊NERV?」(37)

シンジ「特務戦隊NERV?」

ミサト「ええ、そうよ…」

アスカ「何よそれ…」

ミサト「私も、よくわからないわよ…」

ミサト「昨日の、シンクロテストの後に、シンちゃん達が帰った後、招集がかかったのよ」

・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

ゲンドウ「よく集まってくれた、諸君」クイッ

ゲンドウ「今日、集まってもらったのは、特務戦隊NERVの結成についてだ」

冬月「!?」

ミサト「特務戦隊NERVぅ?」

リツコ「(意味が分からないわ…)」

マヤ「(何それ…)」

日向「何ですか、それ?」

青葉「(何だよそれ…)」

冬月「碇!何なんだそれは!聞いていないぞ!?」

ゲンドウ「当然だ、今初めて言ったのだから」

冬月「まず、私に話すべきだろう!?」

ゲンドウ「冬月先生…、そんなに怒ってると、頭の血管が切れて死んじゃいますよ…」

冬月「(こっ、コイツ…)」イライラ

ミサト「司令!ちゃんとした理由あるんですよね?」

ゲンドウ「勿論だ」

ゲンドウ「1つは、イメージアップだ」

マヤ「イメージアップ…ですか?」

ゲンドウ「そうだ。使徒との戦闘で、エヴァが倒れたりすると、何百世帯もの民家が倒壊するだろう」

ゲンドウ「エヴァが走った時の地響きによって、倒壊する場合もある」

ゲンドウ「それによって、苦情が殺到しているのだ」

ゲンドウ「そこで、特務戦隊NERVが街の清掃活動や地域との交流をして、イメージアップさせようというわけだ」

ゲンドウ「あともう一つ、理由がある…」

ゲンドウ「それは…コスプレするシンジが見たかったからだ」メガネクイッ

一同「は?」

冬月「碇…」

ミサト「えっ、てことは、エヴァパイロットが戦隊のメンバーなんですか?」

ゲンドウ「そうだ」メガネクイッ

ミサト「そっ、そうですか…」

ミサト「でも、パイロットの意思は、聞かなくて良いんですか?」

ゲンドウ「これは、決定事項だ!!(絶対コスプレさせる!)」バンッ

ゲンドウ「決まりだ、もう帰りたまえ」


・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

思いつきで書いたら、アカンな
書き溜めてくるわ

ミサト「ってことなのよねぇ~」

シンジ「(父さん…気持ち悪いよ…)」

アスカ「はぁ!?なんで、そんな面倒くさい事しないといけないのよ!」

ミサト「知らないわよ~、司令が決めた事なんだから~」

ミサト「あっ、そうそう。もうそれぞれの担当は決まってて、コスチュームも出来てるみたいよ」

ミサト「レッドがアスカ、ブルーがシンジ君、、イエローがレイ、パープルが渚君、ピンクがマリよ」

アスカ「ちょっと!!パイロット抜きで話進め過ぎでしょ!?」

シンジ「ブルーなら男ですよね?」

ミサト「設定は女よ」

シンジ「」

ミサト「大丈夫よ~、シンちゃんかわいいから」

シンジ「」

アスカ「ブフッ、シンジが女装」アハハハハ

シンジ「そ、そんなに笑わなくても良いじゃないか…」

アスカ「よっ、良かったじゃ…フヒ…ない…ブフォ…」オナカイタイ

シンジ「全然良くないよ!!」

ミサト「さっ、もう夜遅いから寝ちゃいなさい、二人とも」」

アスカ「はいはい、おやすみ~」

シンジ「おやすみなさい…」ズーン


ーシンジの部屋ー

シンジ「はぁ…。」

シンジ「父さん、いったいどうしたっていうんだ…」

シンジ「最悪だよ…」ズズーン

シンジ「そ、そうだ。これは、夢なんだ。寝て、忘れよう!うん!」

シンジ「zzz…」

ーアスカの部屋ー

アスカ「ふう」ストン

アスカ「しかし、司令がそんな馬鹿みたいな事計画してたなんて…」

アスカ「まっ、レッドならやってあげてもいいけど」

アスカ「…」

アスカ「出たな~、怪人め!」シュタ!

アスカ「今度こそ、お前を倒してくれる!」ビシッ

アスカ「負けてらんないのよー!あんた達にぃ!」


アスカ-、ウルサイカラシズカニシテー


アスカ「うっさい///バカシンジ!」

アスカ「き、聞こてた…のかな//」

アスカ「はぁ……zzz」

ー数日後ー


リツコ「よし、シンクロテスト終了よ」

ミサト「皆、上がっていいわよ~」

シンジ「ふ~」

アスカ「やっと、終わった!早く帰るわよバカシンジ!」

マリ「姫~、おいてかにゃいでよ~」

アスカ「あ~抱きつくな!バカメガネ!」

マリ「バカ!?ひっヒドイにゃ…わんこ君慰めて~」ガバッ

シンジ「うわっ!ま、マリさん引っ付かないでよ!」

マリ「ん?どうしたのかにゃ?」ニヤニヤ

シンジ「当たってますって!」

マリ「何のことー?」

アスカ「離れなさいよ!エロメガネ!」

レイ「…」

カヲル「今日も賑やかだね」

レイ「ええ」

リツコ「楽しんでる所、悪いけど、皆に渡したい物があるのよ」

リツコ「マヤ、持ってきてくれる?」

マヤ「はい!」


・・・・・・


マヤ「持ってきました!」

リツコ「ありがとうね。これよ、皆

シンジ「これは…」

レイ「特務戦隊のコスチューム」

アスカ「ふーん、なかなかの出来ね」

マリ「ブッ、わんこ君のスカートだよ」アハハ

シンジ「意味がわからないよ…」ズーン

レイ「碇君なら、きっと似合うわ」

シンジ「全然嬉しくないよ、綾波…」

カヲル「大丈夫だよシンジ君!絶対似合うから!…フヒッ」

シンジ「う、うん」ヒキッ

?葛城家?

シンジ「はぁ…スカートじゃなくても、良かったと思うんだけどな~」

アスカ「女装なんだから、当たり前じゃないのよ、バカ!」

シンジ「バカって…」


プシュ  プシュン


ミサト「あ~疲れた~、シンちゃん、えびちゅお願い~」

シンジ「あ、はーい」

アスカ「帰ってきて、いきなりビールぅ?」

ミサト「良いでしょ~頑張ってきたんだから~」

マリ「おっ邪魔っしまーす」プシュ

レイ「お邪魔します」

カヲル「お邪魔するよシンジ君」プシュン

ミサト「お、来たわね~」

シンジ「マリさん?綾波にカヲル君まで、どうしたの?」

ミサト「全員のコスチュームを見たくて、家に招いたのよ~」

アスカ「はぁ!?意味わかんないわよ!」

シンジ「そ、そうですよ!あんなの着たくないです!」

取り敢えず終わり
てかつまんねぇな、大丈夫かこれ
まぁ続きは明日書く

ミサト「まぁまぁ、いいじゃないの~。さっ!皆着替えて来て~」

シンジ「えー…ホントに着替えるんですかー…」

ミサト「いいじゃない♪ちょっとだけよん」

シンジ「はい…」シブシブ

マリ「皆どんな感じなのかにゃ~」


ーアスカの部屋ー


アスカ「ちょっと、なによあんた達!」

マリ「ん?着替えるとこないから、姫の部屋で着替えようと思って」

レイ「ええ」

アスカ「はぁ!?リビングで着替えればいいじゃないの!なんで、私の部屋なのよ!」

マリ「別にいいじゃんか姫~、そんな事言わないで~」ダキ

アスカ「あ゛~、いちいち引っ付くな!エロメガネ!」

マリ「もう、つれないにゃ~」

レイ「着替えたわ」

マリ「早っ!って、かわいい~!」

レイ「そう…」

アスカ「ふん、に、似合ってんじゃない…」

レイ「…」クスッ

レイ「ありがとう」

アスカ「ふん!」

マリ「私も、着替えよっかな~と、お!猫耳がついてるよ姫!」


アスカ「はぁ?なんでそんな物ついてんのよ」

マリ「かわいいんだから、いいじゃーん」

 
・・・・・・


ーシンジの部屋ー


シンジ「さてと…」

シンジ「着替えなきゃ…」ズーン

シンジ「…」ゴソゴソ

シンジ「…///」

カヲル「素晴らしいよ!!!シンジ君ッ!!」ウットリ

シンジ「うわぁぁぁぁぁ!!いっ、いつの間にいたのカヲル君//」

カヲル「さっきからいたよ、そんな事より、凄くかわいいじゃないかシンジ君!」

シンジ「は、恥ずかしいから、あんまり見ないでよ//」

カヲル「流石、リリンの王だ…まさに、天使だよ」ブツブツ

シンジ「か、カヲル君?」ヒキッ


ミンナ、キガエター?


シンジ「は、はーい。行こう、カヲル君」

カヲル「スバラシイ…テンゴクカ…」ブツブツ

ミサト「着替え終わったわね、じゃ、皆出て来て~」

レイ「はい」ガラッ

ミサト「あら~、可愛いわねぇ~、似合ってるわよん」

レイ「ありがとうございます」

ミサト「さっ、他の皆も見せて~!」

マリ「ジャーン!どう?」ガラッ

アスカ「はぁ…疲れた」グッタリ

ミサト「お~、2人のには猫耳がついてるのね、可愛いわよ」グッ

アスカ「あったりまえでしょ!私に似合わないものなんてないんだから!」

マリ「姫は、かわいいからね」ダキ

アスカ「あ゛ー!」

ミサト「さ!次は、お待ちかねのシンジの君と、渚君よ」

シンジ「うぅ…//」モジ

カヲル「シンジクン…シンジクン…」ブツブツ

マリ「うわ~!かっわいい~!もう女の子じゃん」

アスカ「アッハッハ!何よそ、それ…アヒ…」オナカイタイ

ミサト「シンちゃん、似合いすぎ」

シンジ「」

>>25

訂正
×ミサト「さ!次は、お待ちかねのシンジの君と、渚君よ」

○ ミサト「さ!次は、お待ちかねのシンジ君と、渚君よ」

ー数日後ー

ゲンドウ「パイロット諸君、よく集まってくれた」

ゲンドウ「今日は、数日後にショッピングモールにて行われる、特務戦隊NERVのイベントの詳細についての話だ」

ゲンドウ「イベント迄に、こちらで考えたダンスとフォーメーションを練習しておくように。失敗は、許されないぞ」

ゲンドウ「ダンスとフォーメーションは、コレにまとめたので、これを見ながら、練習するといい。」

ゲンドウ「セリフもあるから、それも覚えるように。以上だ。」

ー帰り道ー

アスカ「もー、面倒臭いったらありゃしないわ~」スタスタ

レイ「仕方ないわ、碇司令が決めた事だもの」トコトコ

カヲル「そうだよ、たった一時間の辛抱じゃないか」スタスタ

シンジ「ていうか、アスカノリノリじゃなかった?こっちの部屋まで聞こえてたよアレ」アハハ

アスカ「はぁ!?//き、聞こえてたのぉ!?//」

シンジ「うん、すっごく」

アスカ「」

マリ「わんこ君!姫、なんて言ってたの?」ズイッ

アスカ「絶対言うんじゃないわよ!!///バカシンジ!」クワッ

シンジ「うん、言わない」

マリ「え~、ズルイ~、私にも教えてよ~」

カヲル「じゃあ、僕達はこっちだから」

レイ「さようなら、碇君、アスカ」

マリ「またね~」フリフリ

シンジ「うんまたね~、カヲル君、綾波、マリさん」

アスカ「ええ、またね」


ー葛城家ー

シンジ「ふう」プシュ

アスカ「はー、疲れた~」プシュン

アスカ「シンジ~、晩ご飯は?」

シンジ「今日は、ハンバーグだよ」

アスカ「マジ!?ふーん、わかってるじゃない」

シンジ「アスカ好きだからね、ハンバーグ」

ミサト「二人ともお帰りー、遅かったわね」

ミサト「お姉さん、お腹空いて死にそう」グゥー

シンジ「今、作りますからね~」カチャカチャ

取り敢えず終わり
最後まで、書き溜めてから、投下する

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom