まどか「あ…あのピンクの光…何…?」ほむら「え?」(319)

マミ「これがグリーフシード。魔女の卵よ、運がよければ時々魔女が持ち歩いてることがあるの」

マミ「私のソウルジェム、ゆうべよりちょっと色が濁ってるでしょう?でもグリーフシードを使えば、ほら」

さやか「あ、キレイになった!」

マミ「ね。これで消耗した私の魔力も元通り。前に話した魔女退治の見返りっていうのが、これ」

マミ「あと一度くらいは使えるはずよ、あなたにあげるわ」

マミ「暁美ほむらさん」ヒュン

ほむら「……」パシ すたすた

さやか「む!転校生!」

まどか「ほむら…ちゃん…」

ほむら「………(GSなんていくらでもあるから正直いらないのだけど、どうしましょう…)」

ほむら「ほむむ…(いつかのように貴女の獲物よ。貴女だけの物にすればいいなんて言って投げ返してはまた面倒な感じに敵対してしまうし…)」

マミ「ほ…ほむむ…?」

さやか「やい転校生!せっかくマミさんがグリーフなんとかをあげるって言ってくれたんだからお礼くらい言ったらどうなのよ!」

ほむら「え?あ…えっと…」

まどか「…ん?」

マミ「?どうしたの鹿目さん?」

まどか「あ…あのピンクの光…何…?」ほむの後ろの空指差し

ほむら「え?」

さやか「はぁ?まどかあんた何言って…?って何じゃありゃ!?こっちに飛んでくる!?」

マミ「あれは…矢?…誰を狙っているか分からないけど鹿目さん!美樹さん!とりあえず私の側を離れちゃダメよ!」

さやまど「は、はい!」

ほむら(ピンクの…矢…?)

ヒュン!ドゴォォン!

ほむら「くっ!(凄い爆風…!まどかは…)」チラ

マミ「っ…」魔法結界展開中

さやか「うわわ!何じゃこりゃあ!」

まどか「す、すごい爆発だよ!?」

ほむら(ちゃんと巴マミに守って貰えてるなら安心ね…それよりも今はこの爆発の原因を…)

???「うぇひひひ…」

ほむら「…っ!?」

マミ「あの爆発の中心に誰かいるようだけど…砂煙でよく見えないわね…(砂煙の中から凄まじい魔力を感じるわ…)」

ほむら「この膨大な魔力…ピンク色の光…そしてその声…まさか…でも…!」

マミ「…暁美さん…?」

まどか「ほむらちゃん…?」

さやか「一体何誰なのさ!」

魔法少女まどか※以降魔どか「うぇひひひ…ほむらちゃぁん…やっと…やっと見付けたよぉ…」

ほむら「ま…魔ど…か…」

さやマミまど「!?」

さやか「え…えぇ!?まどか!?まどかが二人いるよ!?」

まどか「え…?え…?」

マミ「どういう…事…?」

ほむら「魔どか…あなた…どうして………魔法少女になってしまったの…?」

魔どか「…ほむらちゃんが悪いんだよ…」

ほむら「え…」

魔どか「ワルプルギスの夜は一人で倒してみせるからあなたは避難所で安心して待っていてって言った癖に!」

ほむら「っ…!」

魔どか「私はほむらちゃんを信じて契約もしないで待ってたのに!」

魔どか「ほむらちゃんが負けちゃったせいでワルプルギスの力で避難所は倒壊…パパやママやたっくんも皆死んじゃって…」

魔どか「さやかちゃんやマミさんに杏子ちゃんも死んじゃってて…しかもほむらちゃんまでいなくなって…」

まどか(パパやママやたっくんにさやかちゃん達も死んだ…?な…何言ってるの?)

マミ「え…?(杏子…もしかして…佐倉…さん…?)

さやか(あたしが死んだ?…何言ってんだこの魔どか?)

魔どか「そんな世界でたった一人で生きていけってほむらちゃんは言うの!?」

ほむら「ご…ごめん…なさい…魔どか…」

魔どか「謝罪なんていらないよ、ほむらちゃん」

ほむら「…魔どか…あなたは契約し時を越えて私を追いかけて来たのでしょう?目的を聞いてもいいかしら」

マミ「…?(時を越え…?興味深い台詞ね…)」

魔どか「目的?うーんそうだね…約束を破った悪いほむらちゃんにお仕置きをしに来た、かな?」

ほむら「お仕置き…そう…私は、あなたに決して許して貰えない事をした…だからあなたからのお仕置きならどんな事だって…」

ほむら「それが例え命を差し出せと言う命令だって私は受け入れるわ…」

さやまど「!?」

マミ「ちょっと暁美さん!?何言ってるの!?」

ほむら「…私はこの魔どかをそれくらい酷い未来に導いてしまったの、殺されたって文句は言えないわ…」

ほむら「それに私が死んだってあなたには関係ない事でしょう?」

マミ「私はあなた達の事情は知らないしあなたはQBを狙う悪い魔法少女…それでも目の前で殺されるというのを黙って見ている訳には行かないわ!」

ほむら「巴マm…」

魔どか「何言ってるのほむらちゃん!?もし私がほむらちゃんを殺しちゃったら今度こそ私本当に一人ぼっちになっちゃうでしょ!?そんな事もわからないの!?」

ほむら「…え…?」

魔どか「そんなネガティブな考えで私の事も分かってないから何回ループしても上手く行かないんだよほむらちゃんの馬鹿!あほむらちゃん!」

ほむら「!」ホムガーン!

ほむら「う…うぅ…ぐす…ごめんなさい魔どかぁ…」ぽろぽろ

魔どか「まったく……それでお仕置きの話だったね…」

ほむら「えぇ…どんな事だって受け入れるわ…」ぽろぽろ

魔どか「ふふ…よく言ったねほむらちゃん、じゃあほむらちゃんにはお仕置きとして…」

魔どか「一生私の物になって貰うよ!!ほむらちゃんは他のどの鹿目まどかでもない!今ここにいるこの私!この鹿目まどかの物になるんだよ!」

ほむら「……え?」

さやまど「はい?」

マミ「それって…///」

ほむら「それが…あなたの願い…?」

魔どか「そうだよほむらちゃん!流石の私も時を越えて探し続けるのも疲れたからね…二度と私から離れれなくしちゃうから!」

ほむら「わかったわ…それがあなたの望みなら…私、鹿目まどかの…あなたの物になる」

まどか「…///(私に言ってるんじゃないって分かってるのにそんな台詞聞くと顔赤くなっちゃうよ…///)」

魔どか「うぇひひひひ///いい子だねぇほむらちゃん///じゃあ早速私の物になった証として~」ギュゥ

ほむら「なに…?」

魔どか「んちゅ!」チュッ

ほむら「!?///」

さやマミまど「!?」

魔どか(うぇひひ…///)

──────────────────
────────────
──────

魔どか「ふぅ…///」

ほむら「はぁ…///はぁ…///」

マミ(この子達私たちもいるのに何て大胆な…///)

まどか(舌入れてたよ…///大人のキスだよ…///)

さやか(うっわー…///何か強烈なもん見せ付けられちゃったわー…///)

魔どか「よしそれじゃあほむらちゃん!今日から私達の愛の巣になるほむホームへ行こうか!」

ほむら「う…うん…///」

マミ「ってあなた達ちょっと待ちなさい!」

魔どか「はい?…ってわぁ!頭と胴が繋がってるマミさんだ!」

マミ「頭と胴は普通繋がってるものよ!それより何で鹿目さんが二人いるのかとか時を越えとかループとか」

マミ「いろいろ気になる事があるのだけで詳しく説明してくれないかしら?」

さやか「そうだよ魔どかー…あたしらよく分かんないんだけど」

まどか「私も…説明して欲しいなって」

魔どか「えー…面倒だなぁ…」

ほむら「ま…魔どか…説明してあげてもいいんじゃないかしら…」

魔どか「んーまぁほむらちゃんがそう言うなら…」

魔どか「じゃあ立ち話するにはちょっと長いお話になるし私とほむらちゃんの愛の巣・まどほむホームに行こ?」

マミ「え、えぇ…わかったわ」

さやか「転校生の家かー…仕方ないなぁ」

まどか(ほむらちゃんのお家…どんなとこなんだろ…)

──────まどほむホーム・入口──────
魔どか「到着!ここがほむらちゃんと私のお家ほむホームだよ!」

ほむら「じゃあ上がって待ってて貰えるかしら、私はお茶を入れてくるわ」

マミ「えぇ、そうさせて貰うわ」

さやか「う、うん」

まどか「ほ、ほむらちゃん…私も何かお手伝いしよっか?」

ほむら「ありがとう…でも一人で十分よ、あなたは巴マミ達と部屋で待っていて」

まどか「う、うん…わかったよ」

──────ほむと時の部屋(※本編で杏子ちゃんと作戦会議した部屋)──────
マミ「随分と殺風景で生活感のない部屋ね…」

さやか「何かすっごい部屋だなぁ…あいつ普段どんな生活してんだろ」

まどか「モニター?みたいなのもいっぱい…どこかの基地みたいだね…」

魔どか「…」

さやか「ん?何だこのメモ…わるぷ…?…えぇい分からん!英語?だなんて転校生の奴こんなとこでも頭いいアピールか!」

まどか「さ…さやかちゃん頭いいアピールって…」

魔どか「あ…それは…」

マミ「どれどれ…わるぷるぎすの夜…?……ワルプルギスの夜ですって!?」

まどか「わるぷるぎすの夜…?」

さやか「何ですかそれ?マミさん知ってるんです?」

マミ「ワルプルギスの夜って言うのは…」

ほむら「お茶を入れてきたわ…ってあら、あなた達それを見たのね」

マミ「暁美さん、これについて聞きたいのだけど…」

ほむら「それについても今から説明するから皆座ってくれるかしら」

マミ「えぇ…」

さやまど「うん…」

─ほむループその他いろいろ説明─
ほむら「これが私の願い…私の戦う理由よ」

魔どか「そしてそのほむらちゃんが守りきれなかった世界で一人ぼっちになっちゃった私はQBと契約してほむらちゃんを追いかけてきたの!」

まどか「ぐすっ…ほむらちゃ…ずっと私の為に…」ぽろぽろ

さやか「未来であたしら酷い事になってんのね…転校生…知らなかったとはいえ今までごめんね?」

ほむら「いいのよ美樹さやか、気にしないで」

マミ「…私達QBに騙されてたのね…」

ほむら「巴マミ…今まで信じていたQBに裏切られてショックも大きいだろうけど、自棄になっちゃダメよ…」

マミ「えぇ…私は大丈夫…とは言えないけどあなたの話にあったような事は絶対にしないから安心して…」

ほむら「まどか、今の話を聞いたならあいつの外道さが分かったでしょう?だから絶対にQBと契約したりしたらダメよ」

まどか「うん、分かった…約束する…」ぽろぽろ

魔どか「さやかちゃんもだよ!絶対ダメだからね!」

さやか「あー…今の話聞いたら流石に契約する気にはなれないから安心してよ、魔どか」

ほむら「じゃあ二人にはこれまで通りの生活を送って貰うとして…巴マミ」

マミ「な…何かしら…?」

ほむら「あなたとは明日から私とこの魔どかと協力して3人で魔女狩りをして、対ワルプルギスの為にGSを集めたいのだけどいいかしら?」

マミ「!(3人で協力…!)」

マミ「…!(もう一人ぼっちで戦わなくてもいいんだ…!私…!もう何も…怖くない…!)」プルプル

ほむら「巴…マミ?」

マミ「はっ!え…えぇ!これから3人で協力して頑張りましょうね!」

ほむら「ありがとう…」

魔どか「うぇひひ!頑張ろうね!ほむらちゃん!マミさん!」

────────────
ほむら「長い事話していたらもうこんな時間ね…」

マミ「あら…もう外が真っ暗」

さやか「へ?うわ!明日も学校なのにもうこんな時間!」

まどか「た、大変だよ!早く帰らなきゃパパに心配させちゃう!」

魔どか「あー…パパとママ門限には厳しいもんね…連絡してたら許してくれるけどしてないんだったら…」

まどか「ごめんね、ほむらちゃん…そろそろ私帰るね?」

さやか「あたしも帰るわ!」

ほむら「そう…マミは魔法少女だから心配ないけど二人はもう暗いけど大丈夫?送っていこうかしら?」

魔どか「む…ダメだよほむらちゃん!送るのはマミさんに任せてほむらちゃんは私と一緒にいるの!」ギュ!

ほむら「ほみゅ!」

マミ「あらあら、任されてしまったわ…私でよければ送るけどどうする?遠慮はいらないわよ?」

まどか「マミさん…ありがとうございます、じゃあお願いしてもいいですか?」

さやか「マミさんが送ってくれるなら怖いものなしだね!」

マミ「えぇ、私に任せなさい♪」

まどさやマミ「じゃあ(ほむらちゃん、ほむら、暁美さん)と(魔法少女の私、魔どか、魔法少女の鹿目さん)、またね」ガチャ

ほむら「えぇ、またね」

魔どか「ばいばい~」

ほむら「……さて、私はお風呂の準備でもしてくるわ」

魔どか「じゃあ私はお家探検しとくね!」

ほむら「えぇ、適当に時間を潰していて頂戴」

──────ほむ寝室──────
魔どか「うぇひひひ…ほむらちゃんのベッドにダイブ!」ぼす!

魔どか「…///濃厚なほむの香りがするよ…///」ごろごろ

魔どか「ここで更にすぐそこのタンスを適当に開けたらほむらちゃんの衣服が…うぇひひひ///」がら!

魔どか「…ん?こ…これって!」

                         , ===== 、
                         ヽ   \ヽ

                            \    ヽ\
                       ≧\        ヽ    ,イ≠=i
                     ii \ヽ        ー/ ;;;;;;;;;;;ノ
                   ヘ  {≧´¨ 二ニ=-、/}>}::::/
                       へ {  /¨      }><
                        ∨.....;;;;;;;;;;;;;;;; ノ
                         ー へ.:::::::,´
                           `                  ,ヘ
                                          / }

                                         /   {
                                    _ , ─ ¨´     ∨
                               .., ´              ヘ
                                   ∨ ,;  ̄´ー ¨´;,.、     }
                               `ー── ´  \>    ノ
                                           ヽ>ーイi
                                          `ー─´

魔どか「ほ…ほむブラとほむパン!?凄い魔力を感じるよ!これは間違いなく大量破壊兵器だよ!」

魔どか「こ…こんな危険なものほむらちゃんが持ってたら危ないから没収だね!」

魔どか「この付近にはもっと素晴らしい物がいっぱいあるはずだから探索しなきゃね!」

──────十数分後──────
魔どか「はふぅ…///いろいろと捗ったよ」

ほむら「まどか、お風呂の用意が出来たわ」

魔どか「あ、ほむらちゃん」

ほむら「私は後でいいから先に入ってらっしゃい」

魔どか「え?」

ほむら「?」

魔どか「何馬鹿な事を言ってるのほむらちゃん」

ほむら「え?」

魔どか「どうして…どうして一緒に入るって選択肢が出て来ないのかな!このほむらちゃんは!」

ほむら「い…一緒に…?///」

魔どか「そうだよ!一緒に入るんだよ!」

ほむら「でも…///そんなの…恥ずかしいわ…///」

魔どか「うぇひひひひ!どうせほむらちゃんの身も心も私の物なんだから恥ずかしがる必要なんてないんだよ!」

ほむら「うぅ…///わかったわよ…///」

──────ほむ脱衣所──────
魔どか「♪」ぬぎぬぎ

ほむら「…///」ぬぎぬぎ

魔どか「…ほむらちゃんてやっぱり肌綺麗だよねー」

ほむら「な///何を言ってるの///」かぁぁ

魔どか「うぇひひ、照れちゃって顔赤くなったほむらちゃんもとっても可愛いなぁ」

ほむら「も、もう///まどかのばか///先に入ってるからね///」がらがら

魔どか「あ、待ってよぅほむらちゃん」

──────────────────
ほむら「さて、じゃあまずは体洗わなきゃね」

魔どか「あ!ほむらちゃん!私が洗ってあげる!」

ほむら「え…///あの…///」

魔どか「隅々まで!完璧に!…だから私に任せて、ね?」

ほむら「う…うん…///」

魔どか「じゃあまず髪の毛からかな!ほむシャンプー出してっと…」ぴゅっぴゅっ

魔どか「ほむらちゃんの魅惑のほむヘアーが痛まないように優しくしなきゃね!」わしゃわしゃ

ほむら「ん…///」

魔どか「ほむらちゃん、どうかな?痛くない?」わしゃわしゃ

ほむら「えぇ…(頭洗ってもらうのって…気持ちいいわね…///)」

魔どか「そっか、うぇひひ!」わしゃわしゃ

──────────────────
魔どか「ざぱーん!よし!魅惑のほむヘアー洗い終わったよ!」ザパァ

ほむら「ありがとう、まどか」

魔どか「うぇひひひ…次は勿論ほむボディも…しっかり洗わなきゃね!」

ほむら「そ…それには及ばないわ!まどか!体は自分であr」

魔どか「うぇひひ♪聞こえないな~♪」がし!

ほむら「あぅ…///」

魔どか「さぁて♪(泡を私の体につけて…///)」石鹸泡立て

魔どか「うぇひひ///行くよほむらちゃん?私が石鹸の代わりの必殺まどスポンジだぁ!」ギュゥ

ほむら「ひゃあっ!?///(タオル越しとは言えま、まどかが裸で私に抱きついて!?///)」

魔どか「うぇひひひ///どうかなほむらちゃん///」ごしごし むにむに

ほむら「あ…あわわわ///(まどかのおっぱいがわた、私の背中に///)」かぁぁ

魔どか(こ…これ想像以上に恥ずかしいな///)ごしごし むにむに

ほむら「っ…///(まどかのおっぱいがまどぱいがまどぱいまどぱい)」かぁぁ

魔どか「うぇひひ///顔真っ赤なほむらちゃん可愛い///」ごしごし むにむに

ほむら「もう…///むり…///まろかぁ…///」プシュー ぐったり

魔どか「え!?ちょっとほむらちゃん!ほむらちゃん!?お風呂入る前にのぼせないでよー!」

──────────────────
────────────
──────
ほむら「…はっ!?ここは!?…ソファー?」

魔どか「あ、ほむらちゃん起きたんだ」

ほむら「ってあれ…私は何を…確か魔どかとお風呂入って髪を洗ってもらって」

ほむら「つ…次に確か体をま、まどスポンジで…///」かぁぁ

魔どか「うぇひひ、まどスポンジしたらほむらちゃんのぼせて倒れちゃうんだもん、びっくりしちゃった」

ほむら「そ、そう…それで倒れた私をここまで運んで介抱してくれたのね、ありがとう魔どか」

魔どか「うぇひー///そんなの気にしなくていいんだよ!むしろ色々出来てちょっと得しちゃった?みたいな///」

ほむら「い、色々?色々どんな事したの?」

魔どか「…///最高だったよほむらちゃん///」

ほむら「うぅ…///(私一体何をされたの…)」

魔どか「あ、ちなみにそこまでゴニョゴニョ…///な事はしてないから安心してね?」

魔どか「私の物になって貰ったとはいえやっぱり初めてはお互い同意の上でしたいしね!///」

ほむら「そういう問題なのかしら…///」

────────────
ほむら「さて私の家にあるメインの食料カロリーメイトとウイダーinゼリーも軽く完食して気が付けばもう就寝時間だわ」

魔どか「ほむらちゃんいつも晩御飯これだけしか食べてないの…?」

ほむら「私は小食だからそんなにいっぱい必要ないし必要な栄養はカロリーメイトとウイダーinゼリーで完璧よ」

魔どか「ちゃんとしたご飯食べないと成長するものも成長しないよ?」

ほむら「…それは胸の事を言っているのかしら?」

ほむら「でもいいの、4個くらい前の世界のまどかが私はおっぱい小さいほむらちゃんが大好きだよ!って言ってくれたから///」

魔どか「…」イラッ

ほむら「胸の大きさを気にする私はもういないの、まどかが好きなのなら私は永遠に貧乳の迷路に閉じ込められても構わないわ」

魔どか「ふーん…まぁ私が4個前の世界と同じ貧乳好きとは限らないけどね?」

ほむら「え」

魔どか「さぁてまぁお話はここまでにしてほむらちゃんの予定じゃ明日から対ワルプルギスに備えて忙しくなるからもう寝ないとね」クル ほむに背中向け

ほむら「え…えっと…その…まどかぁ…もしかしてあなたは…巨乳が好きだったの…?」

魔どか「あーはいはいそうだねマミっぱいとか最高だねお休みほむらちゃん」

ほむら「お願いよぉまどか…こっちを向いてあなたはホントは貧乳がいいのか巨乳がいいのか教えてよぉ…」

魔どか「……」

ほむら「うぅ…わたし…あなたが巨乳好きなら頑張って巨乳にもなってみせるから…ぐす…」

魔どか「あーもう!私も今のおっぱい小さいほむらちゃんが大好きだよ!」クル ギュゥ

ほむら「ぐす…本当…?」

魔どか「本当だよ」

ほむら「よかった…」

魔どか「まったく……大体ほむらちゃんが悪いんだからね?私が目の前にいるのに4個前の世界の私のあんな話するんだから…」

ほむら「あぅ…ごめんなさい…」

魔どか「ほむらちゃんは私だけを見てればいいの、わかったかな?」

ほむら「うん…」

魔どか「うぇひひ♪いい返事♪ほむらちゃんはいい子だね♪」なでなで

ほむら「…///」

魔どか「さて…明日から大変だろうしそろそろホントに寝よっか」なでなで

ほむら「そうね…」

魔どか「お休みなさいほむらちゃん」ちゅっ

ほむら「ん…!?///」

魔どか「うぇひひひ///おやすみのちゅーしちゃった///」

ほむら「まどかってばもう…!///」

魔どか「ほむらちゃんとおやすみなさいのちゅーしてから寝るなんてきっといい夢見れちゃうよ///」

ほむら「ば、ばか…///も…もう私は寝るわよっ…///お休みなさいまどか…///」

魔どか「うん///お休みほむらちゃん///」

──────翌日──────
ほむら「さてまどか、私は学校に行ってくるから大人しくしておくのよ」

魔どか「むー…学校なんて行かなくていいのに…」

ほむら「そういう訳にはいかないわ、私これでも一応優等生を演じているのだから」

魔どか「じゃあ出来るだけ早く帰ってきてね?学校終わったら一直線だよ?あ、むしろ私が迎えに…」

ほむら「行ってきます」ガチャバタン

魔どか「あ!こらほむらちゃん!まだ行ってらっしゃいのキスが…!」

──────昼休み屋上──────
ほむら「何故私は屋上に連れてこられてまどかとさやかとマミに包囲されているのかしら」

まどか「包囲って…」

さやか「昼休みまずする事って言ったらアレしかないでしょ?」

マミ「そう!お友達同士集ってお弁当よ!」キャッキャッ

ほむら「お弁当…わざわざ屋上に出てくる意味はあるのかしら…」

さやか「分かってないなーほむらは…教室なんて授業中いつもいるんだからそんなとこで食べたってつまんないじゃん?」

さやか「見よこの空を!天井がない開放感!心地いい風を感じ友達とお喋りしながら食べるお弁当は最高なのだよ!」

マミ「更に学年が違っても違和感無く先輩後輩が一緒にご飯を食べられるって利点もあるわよ!」

ほむら「ほむ…まぁ気分転換にはなるしまぁいいのかしら」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんと一緒にお弁当食べれるなんて嬉しいな」

ほむら「私も嬉しいわ」

さやか「さてでは今日のお弁当は!」かぱ

さやか「うん!特に何も言う事はない普通のお弁当!」

まどか「うぇひひひ、私のお弁当は…」かぱ

ほむら「ふふ、見た目も可愛らしくてとっても美味しそうなお弁当ね」

まどか「いつもパパが作ってくれるんだよ!ってうぇひひ、ほむらちゃんはもう一人の私に聞いたりして知っちゃってるかな?」

ほむら「えぇ勿論、あなたの事なら大抵の事は知っているわ」ファサァ

マミ「事情を知っているから何ともなく聞こえるけどストーカーみたいな発言ねぇ…」

さやか「よし!次はマミさんのお弁当だ!」

マミ「はいはい、ほら」かぱ

さやか「うおー!すっごい美味しそう!」

まどか「ホント…マミさん自分で作ってるんですよね?すごいなぁ…」

ほむら「どの時間軸でも安定の料理スキルね」

マミ「ふ、ふふ♪ちょっといっぱい作りすぎちゃった気もするから欲しいおかずがあったらつまんでくれていいのよ?」テレテレ

さやか「マジッすか!ありがとうございます!」

まどか「うぇひひひ、ありがとうございますマミさん!じゃあ後で少し頂きますね」

マミ「さぁ次は暁美さんの番よ!」

さやか「って言うか手ぶらだけどもしかしてお弁当教室に置いたままとか?」

ほむら「持ってるわよ?今出すから少し待っていて」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃんのご飯どんなのだろ」わくわく

ほむら「………」ゴソゴソ

ほむら「あったわ」バッ!

マミ「えぇと…それ…は?」

ほむら「見て分からないかしら?カロリーメイトとウイダーinゼリーよ」

さやか「いやまぁそりゃ分かるんだけど…」

まどか「えっと…それだけなの…かな?」

ほむら「えぇ、簡単に栄養が補給出来て食べるのも一瞬…この二つは神がかった食べ物ね」

マミ「ま、まぁ…本人が素晴らしい食べ物だというならそれもいいんじゃないかしら」

さやか「そ…そうですね、じゃあ食べましょっか!」

まどか「う…うん(ほむらちゃんとおかず交換とかしたかったな…)」しゅん

さやか「では…」

さやまどほむマミ「いだだきまーす」

さやか「ぬおぅマミさん!このオカズめちゃうまっすよ!」

マミ「あらそう?遠慮せずいっぱい食べてくれていいからね♪」

ほむら「…」ほむほむ

まどか「あの…ほむらちゃん?」

ほむら「何かしらまどか?」

まどか「えっと…その二つだけでお腹足りるの…かな?」

ほむら「朝昼はいつもこれだけで満腹までは行かないけれど特に問題は無いわ」

ふぇぇ…眠いからもう寝るのぉ…スレは別に落としてくれたって構わないのぉ…

ふぇぇ…どうしてスレ残ってるのぉ…

まどか「じゃ!じゃあまだお腹は空いてるんだね?」

ほむら「そうね、空いていないと言えば嘘になるわ」

まどか「も…もしよかったら私のお弁当一緒に食べない?」

ほむら「それは嬉しい申し出だけれど…私がまどかの分を食べてはまどかがお腹を空かせてしまうわ」

まどか「私なら大丈夫だよ!だから一緒に食べよ?」

ほむら「まどかが大丈夫と言うなら…一緒に食べさせて頂くわ」

まどか「じゃあ早速…ってあっ」マドーン

ほむら(まどか…さては何も考えずに誘ってからお箸が一膳しかない事に気付いたのね、そんなお馬鹿やっちゃうまどかも可愛いわ)

ほむら「まどか、お箸足りないなら…無理して私と一緒に食べる必要はないのよ…?」

まどか「だ、大丈夫だよ!お箸が足りなくったってこうすれば!」

ほむら「?」

まどか「うぇひひ、ほむらちゃん!あーんして!」す…

ほむら「え…!?」

まどか「う…うぇひひ…私と間接キスになっちゃうからほむらちゃんが嫌だったら食べなくていいんだけど…///」

ほむら「ほむ!」パク!

まどか「わっ…ど、どうかな?ほむらちゃん?」

ほむら「えぇ、とっても美味しいわ」ニコッ

まどか「うぇひひひ!そっか!///(綺麗な笑顔だなぁ…///もし私が自分で作ったご飯食べてもこの笑顔で美味しいって言ってくれるのかな…///)」

さやか「おーおー向こうはラブラブイチャイチャしてますなー」

マミ「本当ね///見てるこっちがちょっと恥ずかしくなってくるわ///」

まどか「ら…らぶらぶなんてしてないよ!?///」

さやか「なーに言ってんだか、完全にバカップルにしか見えないわよあんたら」

まどか「も、もう!さやかちゃん!///」

ほむら(このまどかを嫁に取ったら魔どかと合わせて夢のまどハーレムになるわね…)

さやか「おーっとまどかからかってるのも楽しいけど早く食べなきゃお昼休み終わっちゃうね!」

マミ「あら本当、少し頑張って食べましょうか」

まどか「むー…」
──────────────────
────────────
──────

──────放課後──────
さやか「いやぁぁっと学校終わったー!さやかちゃんは自由だー!」

まどか「うぇひひ、さやかちゃんはいつも放課後になってからが一番元気だね!」

さやか「当ったり前よ!これから楽しい寄り道タイムだよ!?元気にならないほうがおかしいっての!」

まどか「さやかちゃんてばー…あ、ほむらちゃんも一緒に来るよね?」

ほむら「行きたい…のだけれどごめんなさい…巴マミ達とGS集めに行かなきゃダメだから…」

まどか「あ…そ、そっか…ごめんね?ほむらちゃん…」

さやか「あー…」

ほむら「気にしないで、まどか…私はあなた達が普通の学生生活を送ってくれているだけで嬉しいから…」

まどか「う、うん…」

ほむら「無事にあの夜を越えれたらいっぱい遊べるようになるわ、だからそれまではごめんなさいね」

まどか「ごめんねほむらちゃん…私の為に頑張ってくれてるのに何も力になってあげられないのが悲しいな…」

ほむら「いいのよ、まどか…でも…そうね…」

まどか「…?」

ほむら「まどか、私は見滝原に来る前までは病弱でずっと病院の中しか知らない子だったの」

ほむら「私くらいの年齢の子がどんな遊びをするのか、どんな物に興味があるのかも全く分からないわ」

ほむら「だからね、あの夜を越え望む未来に辿りついた後いっぱいまどかに遊びに連れて行って欲しいの」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「いっぱいお出かけして、いっぱい遊んで、私の知らない事をまどかがいっぱい教えてくれたらとっても嬉しいわ」

まどか「うん…うん!任せてよ!ほむらちゃん!」

ほむら「ふふ、楽しみにしているわね」ニコッ

まどか「うぇひひ!」

さやか「…なーんか気付いたら告白みたいなの始まってたしさやかちゃん忘れられてるしさやかちゃんマジ空気だわー」

さやか「まぁさやかちゃんは別にこんな事で凹んだりしませんけどね?」

まどか「うぇひ!?ごめんねさやかちゃん!」

ほむら「ふふっ…これ以上さやかを待たせては流石に可哀想な気がするから早く寄り道行ってらっしゃい」

まどか「うん!ほむらちゃん、魔女退治で怪我しないよう気をつけてね?」

さやか「では行くかまどか!じゃあねほむらー頑張れよー」すたすた

まどか「ばいばいほむらちゃん!また明日!」すたすた

ほむら「ばいばい、まどか」

ほむら「さて…私はマミとの待ち合わせ場所に向う前に一度家に戻って魔どか連れて来なきゃね…」すたすた

──────集合場所──────
マミ「来たわね!暁美さん!鹿目さん!」

魔どか「うぇひひ、マミさんお待たせしました!」

ほむら「時間的には集合時間よりまだ少し余裕があるけど…随分早くから来てたのね」

マミ「そ、そんな事無いわよ?(久しぶりに一人ぼっちじゃない魔女戦が嬉しくて30分も早く来てたなんて知られる訳には行かないわ!)」

ほむら「まぁ遅刻するよりは早い方がいいわよね、じゃあ少し早いけど行きましょうか」

魔どか「うん!」

──────病院・GS前──────
ほむら「今日はこいつを仕留めるわ」

魔どか「ここは…」

マミ「ふふ、じゃあ早速行きましょうか!(先輩らしくかっこいいとこ見せなくちゃ!)」

ほむら「そうね、行きましょう」シュィィン

──────魔女結界内──────
まどか「ね、ねぇほむらちゃん…ここの魔女って…」すたすた

ほむら「お菓子の魔女ね」すたすた

まどか「やっぱり…マミさんをマミった奴だよね…?」

ほむら「そうね(マミったってまどかの造語かしら、意味は分かるから問題ないけど)」すたすた

マミ「~♪(魔法少女の後輩達と魔女退治だなんて…もう何も怖く無いわね!)」すたすた

──────結界・最下層──────
ほむら「ついたわ…って丁度孵化する所のようね」

ざわざわざわ…シュゥゥン…

              . 。-‐===‐- 。.
            /:o: :o: :o: :o: :o: :o\
         /:o: :o: >‐…‐<:o: o: ヽ
       ___」o :o/        \o: o}___
       {   `Y   /|    ト、   Y´   }
        ヽ      /  |    |  ヽ      /
       }     i ∩\  |∩ i      {
         ,   八{ ∪ _\|∪ } 八   }
        {__/{:oヽ.    __   ノイ :o:}=イ
             \:o: ≧=‐=≦:o:__;/
           /::::/\::::::::\

          /::::/  。ハ::::::::::ヽ
         / :::::/    。/ ‘,::::::::::::::..
        / ::::::::/    /{   ‘,::::::::::::::::..___
  __/::::::::::::/    / \ ‘,:::::::::::::::::\:::`>‐…‐-
/:::::::/ :::::::::::::/-‐''"´      \ ,:::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::
:::⌒Y::::::::::::::::::/::::::|          ',::::::::::::::::::::::}>‐-=-‐
::::::::::\:::::::::::/ー―ヘ  /⌒\    ハ::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: /    }__」     \ / ',::::::::/::::::::::::-―…
二ニ=-ー '′             └'  ‘,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        \:::::::::::::::::::::::::::::::

マミ「魔女にしては可愛らしい見た目ね、まぁ手加減なんかせず一気に決めさせて貰うけど!」くるくるくるっぽいったんたんたんったんっキュピーン☆パァァ!

魔どか「み、見た目に騙されちゃダメですよマミさん!」パァァ

ほむら「反撃する隙も与えないわ…(…巴マミはあの謎ステップを踏まなきゃ変身出来ないのかしら)」パァァ

マミ「行くわよ!」バキィ!マスケットフルスイング

魔どか「うぇひひ!追撃行きますよ!…スプレッドアロー!」ヒュン!

                               ヽ`
                              ´
                               ´.

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´


しゅううぅ…コロンコロン

ほむら「…」

マミ「」ぽかーん

魔どか「…うぇひひ!力加減間違えちゃった☆」

ほむら「お疲れ様魔どか、凄まじい一撃必殺技だったようだけどSGは大丈夫?」

魔どか「一撃必殺技のつもりじゃなかったんだけど…あ、SGなら全然大丈夫だよ!ほら!」す…

マミ(あれだけの技を使っておいてダンゴムシ一匹分くらいの穢れ…)

ほむら「…」

マミ「」ぽかーん

魔どか「…うぇひひ!力加減間違えちゃった☆」

ほむら「お疲れ様魔どか、凄まじい一撃必殺技だったようだけどSGは大丈夫?」

魔どか「一撃必殺技のつもりじゃなかったんだけど…あ、SGなら全然大丈夫だよ!ほら!」す…

マミ(あれだけの技を使っておいてダンゴムシ一匹分くらいの穢れ…)

ほむら「そう…でも一応浄化しておきなさい」カチ しゅぅぅぅ…

マミ(いえ待ちなさいマミ、SGも大切だけどそれよりも鹿目さんの技なにあれあれでただの通常技感覚なんて恐ろしい子)

魔どか「ほむらちゃんは心配性だなぁ、でも私を大切にしてくれるって分かってとっても嬉しいな」

マミ(いえ別に魔女を倒せたから問題はないのよ、私のかっこいい所を見せられなかったのが残念だけど)

ほむら「巴マミ、巴マミ」

マミ(でも待ってマミ、この子がいるんじゃ仮にかっこよく頑張っても私のティロフィナーレが霞んで見えるわ)

マミ(幸い彼女は力の加減が出来ない一撃必殺型…戦い方も恐らく素人)

ほむら「マミ」

マミ(なら私はリボンとマスケット銃と自慢の美脚を織り交ぜたベテランっぽさが垣間見えるティーロからの柔軟な対応が出来る派生コンボ…これしかないわね)

ほむら「…ほむっ!」バチーン!

マミ「いったぁぁい!?」

マミ「いきなり何するのよ!って言うかビンタって普通頬にするものでしょう!?どうして胸にぃ…!」

ほむら「呼んでいるのに返事しないあなたが悪いわ…後胸にしたのは何となくよ、他に他意はないわ」

マミ「うぅ…すっごく痛いわ…」

魔どか「うぇひひ、それよりいつまでもこうしてて結界消えちゃって魔法少女服見られるのも恥ずかしいしそろそろ変身解いて帰ろっか!」

ほむら「えぇ、そうしましょう」

マミ「うぅ…そうね…」
──────────────────
────────────
──────

──────べぇさん空間──────
QB「これはどういう事だろう」

QB「マミに任せればまどかはキープ、イレギュラーの暁美ほむらとは敵対したまま僕的にいい状況になるはずだったのに」

QB「ちょっと目を離した隙に暁美ほむらと仲良く、更にまどかが魔法少女になってるだなんて訳が分からないよ」

QB「でも僕に契約した記憶がないとは言えあのまどかは確かに魔法少女だ」

QB「…よく考えたらこれはもしかしたらもうノルマ達成出来てると言ってもいいんじゃないのかい?」

QB「でもまぁ、勧誘をサボるのは良くないからね…だがこの町にもう僕的合格ラインの素質を持った少女はいないし隣町にでも移動するとしよう」

QB「そうと決まれば早速出発だ、きゅっぷぃきゅっぷぃ」とことこ

──────数日後──────
ほむら(最近何故か淫獣を見かけないわね…あいつがいないだけでなんて平和なのかしら)

魔どか「ねぇほむらちゃん!」

ほむら(まぁあまり油断するのもよくないわね…注意しておきましょう)

魔どか「ほーむーらちゃん!」

ほむら「あら…何かしら、まどか」

魔どか「あのね…私も学校行きたい!」

ほむら「…いきなりどうしたの?」

魔どか「ほむらちゃんが学校行ってる間にもし他の女やこの世界の私ときゃっきゃウフフしてると思ったら耐えれなくて…!」

魔どか「それに中学校は義務教育だよ!?お勉強しなかったら私がおバカさんになっちゃうよ!」

ほむら(勉強は私が教えれば問題ないのだけどお金の問題もあるしさてどうしたものかしら…)

魔どか「……やっぱり流石にいろいろ問題もあるし駄目だよね…我侭言ってごめんね、ほむらちゃん…」うるうる…

ほむら(魔どかの涙目!?)

魔どか「私は一人寒しくほむホームでお留守番してるね…」うるうる…

ほむら「いえ、駄目じゃないわ魔どか!私に全て任せておきなさい!全て!」

魔どか「うぇひ!?本当!?」

ほむら「えぇ!じゃあ書類偽造を始めましょう!」

魔どか「わーい!ほむらちゃん大好きー!」ギュゥ!

幾多のキュゥマミSSを見たがいまだにこのネタを使ったキュゥマミSSはない
パターン1
マミ「あなた誰なの?」
QB「確かに “この僕” は、三時間ほど前まで君のそばにいたのとは別の個体だよそちらは暁美ほむらに撃ち殺された」
黒い魔法少女。暁美ほむら。あの女だけは、絶対に許さない。
まどか「わたしの願いでマミさんのそばにいた子を蘇生すれば、ほむらちゃんのこと許してあげられませんか?」
マミ「今日も紅茶が美味しいわ」
パターン2
QB「うううっ……マミ、どうして、死んじゃったんだよ、マミを蘇らせて欲しい」
まどか「私の願い事はマミさんの蘇生。叶えてよインキュベーター!」
こんな感じの旧QB蘇生キュゥマミ魔法少女全員生存ワルプルギス撃破誰か書いてくれたらそれはとってもうれしいなって

1. 初恋ばれんたいん スペシャル
2. エーベルージュ
3. センチメンタルグラフティ2
4. Canvas 百合奈・瑠璃子先輩のSS
5. ファーランド サーガ1、2
6. MinDeaD BlooD
7. WAR OF GENESIS シヴァンシミター、クリムゾンクルセイド
SS誰か書いてくれたらそれはとってもうれしいなって

ほむら「ふふっ(上手くいけば学校でもまどハーレム!まどハーレム!)」なでなで

魔どか「あ、でも名前とかの設定は私に任せて欲しいなって」

ほむら「?まどかが大丈夫なら任せるわ」なでなで

魔どか「まっかせてよ!」

ほむら「じゃあ今から用意しましょうか、そして出来るだけ早く同じクラスに編入しましょう」

魔どか「うん!」

──────数日後──────
早乙女「カレーは辛口ですか!?甘口ですか!?はい中沢君!」

中沢「どっちでもいいんじゃないかと」

早乙女「そうどっちでもよろしい!」

早乙女「女子の皆さんはくれぐれも甘口じゃなきゃ食べれな~いなんてぬかす男性とは交際しないよう!」

さやか「あはは…」

まどか「また駄目だったんだね…」

ほむら「…」

早乙女「…さて最近暁美さんが来たばかりですが今日はまた、転校生を紹介します!」

さやか「え?また?」

まどか「どんな子だろー」

早乙女「はい、入って来て」

魔どか(※ポニテ)「♪」がら すたすた

まどか「」

さやか「」

ほむら(ポニテまどかも可愛いわ…)

早乙女「それじゃ、自己紹介いってみよー!」

魔どか「ほむらちゃんの嫁の暁美まどかです!どうぞよろしくお願いします!」

ほむら「ブフォ!」

まどさや「」

キャーアケミサンガトケツシタワー!

オンナドウシデヨメトカサイコウスギルダロ…

キマシタワー!

魔どか「だ、大丈夫ほむらちゃん!?」

早乙女「あ、暁美さん!?ちょっと保健委員の子保健室まで連れて行ってあげてー!」

まどか「は、はい!」がた!

魔どか「…!一人じゃ運ぶの大変だろうし私もお手伝いします!」

早乙女「え?でも暁美さんまだこの学k」

魔どか「私 も 保 健 室 行 か せ て 下 さ い」

早乙女「え、えぇ…では鹿目さんと暁美まどかさんに任せます」

魔どか「はい!行くよほむらちゃん!」ふわ すたすた

まどか「ま、待ってよー!」たったった

中沢「…(暁美さんがいくら軽いとしてもお姫様抱っこ…だと…何て男らしいんだ…)」

────────────
ほむら「………ハッ!この白い天井…まさか病院…」

魔どか「いや保健室だよ」

まどか「ほむらちゃん目が覚めた?よかったぁ…」

魔どか「まったくだよ、いきなり血を吐くんだもん…びっくりしちゃった」

ほむら「ごめんなさい、まさか自己紹介であぁ来るとは思っていなくて体がびっくりしてしまったみたい」

まどか「い、いきなり嫁だもんね…///」

魔どか「ホントの事だもーん」

まどか(ほむらちゃんのお嫁さん…かぁ…///)

魔どか「何顔赤らめてるか知らないけどほむらちゃんのお嫁さんは『私』だからね?ほむらちゃんはあげないよ?」

まどか「ふぇ///べ!別にそんな事考えてないよぉ!///」

魔どか「ふーん、まぁ別にあなたがほむらちゃんに迫っても私を選んでくれるだろうしいいけどねー」

まどか「うぅ…///」

ほむら(私を巡るまどかと魔どか…ここが天国ね)

──────教室・休み時間──────
ほむら「ふぅ…一時間休んですっかり元気だわ」

モブA「暁美さんって前はどこの学校行ってたの?」

魔どか「うぇひひひ!ほむらちゃんと一緒の学校だよ!」

モブB「先生が言ってたけど暁美さんってそこの暁美さんと姉妹なんだよね?雰囲気全然違うからびっくりしちゃうなー」

魔どか「うぇひひ、ほむらちゃんは血の繋がってない義理のお姉ちゃんなんだよ!」

モブC「暁美さんの嫁って言ってたけどどうしてそんな事になったの?」

魔どか「両親が再婚した時初めて会った私にほむらちゃんが」

魔どか「「あなたが私の妹?ふん…なかなか可愛いじゃない…いいわ合格、私の嫁にしてあげる」って言ってくれた時からずっとほむらちゃんのお嫁さんだよ!」

モブD「あらあら、暁美さんってばクールな方だと思っていましたがやはりそっち方面に理解のある方ですのね」

ほむら(…よくもまぁあれだけ適当な事を言えるわね…昨日からずっと考えていたのかしら、まぁいいけど)

ワイワイガヤガヤ

さやか「まどか」

まどか「な、何かな?」

さやか「質問攻めされて凄い事ぺらぺら喋ってる自分見てどんな気分?」

まどか「恥ずかしいよ…///すっごく…///」カァァ

さやか「あはは、顔真っ赤なまどか可愛いねー」

まどか「うぅ…///」

さやか「まぁ魔どか見ていちいち反応してたらまどかが変な子みたいに見えるから早く慣れるんだぞー」

まどか「が、頑張るよ…」

──────昼休み・屋上──────
さやか「さぁ今日も楽しい昼休みだ!」

マミ「えぇ!皆で楽しくお弁当ね!」キャッキャッ かぱ

まどか「うぇひひ、今日のお弁当はどんなのかな?」かぱっ

さやか「今日のあたしのお弁当はー!」かぱっ

ほむら「はい魔どか、あなたのお弁当よ」

魔どか「ありがとうほむらちゃん!」

さやか「あれ?今日はほむらも弁当持参なんだね」

マミ「あら本当」

ほむら「私は自分一人の為に弁当を作るのが面倒なだけで魔どかの為ならお弁当の一つや二つ喜んで作るわ」

魔どか「うぇひひ///愛妻ほむ弁当なんて嬉しいな///」かぱっ

マミ「あらー魔法少女の鹿目さんのお弁当は愛妻弁当だけあっておかずのバランスもいいし可愛いお弁当ねぇ」

さやか「ぬお!カロリーメイトばっか食べてるみたいだから料理出来ないと侮っていたがほむら…案外出来るね…!」

まどか(ほむらちゃんがお弁当持って来てるって事は…オカズ交換出来る!勇気を出して…!)

まどか「ほ…ほむらちゃん!」

ほむら「何かしら?」

まどか「お弁当のオカズ交換とかしない…かな!?」

ほむら「あら、でも私のお弁当にまどかの好みのおかずあるかしら…」

まどか「こ、好みのなんてなくていいんだよ!私はただほむらちゃんの手料理が食べれたらとっても嬉しいなって!」

魔どか「…」イラッ

ほむら「まどかがそういうのならいいけど…じゃあお弁当開けるわよ?」かぱっ

さやか「うぇ?」

マミ「こ…これって…」

まどか「ご、ご飯と…もやし炒め?」

ほむら「ね?まどかのオカズと交換に値するオカズはないでしょう?」

マミ(…選択の余地なくもやし炒めしかないない事に突っ込んじゃダメなのかしら…)

さやか「って言うかさ、魔どかのお弁当作ったんでしょ?ならそれの残りとかで何とか出来たんじゃ…」

ほむら「何を言ってるの美樹さやか…私が自分のオカズに材料を回したら魔どかのオカズが減ってしまうではないの」

魔どか「ほ…ほむらちゃん…///」

ほむら「それにいいの、私もやし好きだから」

ほむら「安くて栄養もあってボリュームもなかなかある、もやしは神がかった食材なのよ」

さやか「へ、へー…そっかー」

マミ「ま、まぁもやしは優秀…よね?」

ほむら「それでまどか、やっぱり交換は止めておく?」

まどか「えーと…私はもやし炒めでも私全然オッケーだよ!」

ほむら「あらそう?じゃあ好きなだけ取って頂戴」

まどか「うぇひひ、ありがとう」す…

まどか「はい!ほむらちゃんも好きなの取っていいよ!」

ほむら「じゃあ…この玉子焼きを頂くわね」す…

まどか「うぇひひ、パパの玉子焼きはすっごい美味しいんだよ!」

ほむら「それは楽しみね」

魔どか「むー…」

マミ「とりあえず交換はその辺りにしてとりあえずいただきますしましょうか」

さやか「はーいマミさん」

魔どまど「はい!」

ほむら「分かったわ」

マミ「じゃあ」

全員「いただきまーす」

まどか「♪(ただのもやし炒めのはずなのに…ほむらちゃんが作ったって考えたら何だかすっごく美味しいな///)」もしゃもしゃ

さやか「いやーマミさんのおかずは相変わらず最高だなー」パクパク

マミ「あらあら、いっぱい食べてくれていいからね?」

ほむら「…」もぐもぐ

魔どか「ほむらちゃーん」

ほむら「何かしら魔どか?」

魔どか「はい!あーんして!」す…

ほむら「!?///そ…それには及ばないわまどか」

ほむら「そのオカズを作ったのは私なんだから味も分かるしわざわざ食べさせて貰う必要はないわよ?」

魔どか「ほむらちゃんはホンット分かってない!分かってないよ!」

ほむら「え…えぇ…?」

魔どか「同じ食べ物でも好きな人にあーんってして貰ったら美味しさは二倍にも三倍にも膨らむんだよ!?」

ほむら「そ…そういうものなの…?」

魔どか「そういうものだよ!だからはい!あーん」す…

ほむら「じゃ…じゃあ…あむっ///」

ほむら「…///」もぐもぐ

魔どか「うぇひひ、どうかな?ほむらちゃん」

ほむら「た…確かに味見で一口食べた時より美味しかった…気がするわ…///」

魔どか「うぇひひ、そうでしょ?私の愛の篭ったあーんだからね!」

さやか「いやー…向こうはイチャラブってますなー」パクパク

マミ「あの子達…ここが屋上で私達以外にも人がいるって忘れてるんじゃないかしら」もぐもぐ

まどか「…(いいなぁ…ほむらちゃんにあーん出来て…)」じー

さやか「お?まどか?そんなのじーっとほむら達を見てどうしたー?」

まどか「え?べ、別に何でもないよっ///」

さやか「ほう?ほーうほう…」

マミ「?」

さやか「ほむらー?こっちのまどかもあんたにあーんしたいってさー」

ほむら「え?///」

魔どか「む…」

まどか「ちょっ!///な、何言ってるのかなさやかちゃん!?///」

ほむら「え…えっと…///」

さやか「ほらほらー早くあーんしちゃいなよーほむら期待しちゃってるよー?」

まどか「うぅ…///(で、でもさやかちゃんは私の為に言ってくれたんだよね…///じゃ、じゃあ…///)」

まどか「え…えと///何か食べたいの…あるかな?///」

ほむら「ま…まどかのオススメで…///」

まどか「わ、わかった///じゃあはい///あ、あーん///」す…

ほむら「あーん…あむ///」パク

まどか「うぇひひひ///ど、どうかな?///(ほ、ほむらちゃんにあーんしちゃったよぉ///)」

ほむら「と、とっても美味しいわ///」もぐもぐ

まどか「そ…そっか///」

魔どか「むー…はい!ほむらちゃん次は私のだよ!」ぐぃ!

ほむら「むぐっ!?」

ほむら「んーんー!」

まどか「だ、大丈夫!?ほむらちゃん!お茶飲んで落ち着いて!」す…

ほむら「んぐ!」ごく…ごくん

ほむら「ごほっげほっ…魔…魔どか、いきなり口に突っ込まないで?」

魔どか「うぇひひ、ごめんね?少しハシャイジャッテ!」

具体的にどんなあんマミ描写があんの?

まどか(きゅ、急にほむらちゃんが喉詰まらせるから私のお茶あげたのはいいんだけど)

まどか(私のさっき口つけた所からほむらちゃん飲んじゃってるからまた間接キスしちゃったよぉ…///)

魔どか「さ、ほむらちゃん!次のあーんだよ!」

まどか「だ、ダメだよ!急いで食べさせたらまた喉に詰まっちゃうよ!」

ほむら(二人のまどかに囲まれてあーんされたりお茶貰ったり、ここが天国なのね…///)

ギャーギャー
ホムラチャン!
マドカァー!
ギャーギャー

さやか「いやー凄い事になってますなー」パクパク

マミ「そうねぇ…あ、早く食べなきゃお昼休み終わっちゃうわ」もぐもぐ

さやか「おっと、じゃああたし達はちょっとペース上げてさっさと食べ終わっちゃいますかねー」パクパク

マミ「えぇ、そうしましょう美樹さん」パクパクもぐもぐ

──────教室──────
ほむら「」机突っ伏し

魔どか「ほむらちゃん…大丈夫?」

ほむら「え…えぇ…(二人のまどかにあーんされ続け幸せだったのはいいけど食べ過ぎたなんてレベルではないわ…もう苦し

くて動けない…)」

魔どか「辛かったら言ってね?私が保健室に連れて行ってあげるから!」

ほむら「えぇ…」

まどか(何だか魔法少女の私に負けたくなくてやりすぎちゃったよ…後でほむらちゃんに謝っておかなきゃ…)

──────数日後──────
ほむら「さて…今日は学校も魔女退治もお休みだしどうしましょう」

魔どか「うーん、予定じゃワルプルギスももう少しだしここはお家に引き篭もって私とごろごろ休養するのはどうかな?」

ほむら「休める内に休む…それも選択肢ね…GSにも大分余裕があるし魔どかがそう言うならそうしましょうか」

魔どか「うぇひひ、今日はゆっくり休もうね」

──────夜──────
ほむら「ふぅ…」

魔どか「うぇひひ、晩御飯美味しかったねー」

ほむら「そうね、我ながらなかなかの出来だったと思うわ」

魔どか「…」

ほむら「…」

ほむら「ねぇ魔どか」

魔どか「何かな?ほむらちゃん」

ほむら「あなたが側にいてくれるからかしら…私最近楽しいわ」

ほむら「鹿目まどかを救うという私の使命を忘れそうになるくらいにね…勿論本当に忘れた事はないけれど」

ほむら「…私は今までいくつもの世界を越え数え切れない程のまどかを悲しい未来に導いてしまったわ…」

ほむら「私が無力だから…何度も何度もまどかに地獄を見せて…」

ほむら「そんな私に楽しい日常を送る権利なんてないって分かっているのだけどね…」

魔どか「ほむらちゃん…」

ほむら「…ごめんなさい…いきなりこんな話して…」

ほむら「でもこの世界で私と仲良くしてくれたまどかにまた地獄を見せて、また時間遡行するかもって考えたら私…」

魔どか「そんな事考える必要はないよ」

ほむら「え…?」

魔どか「ほむらちゃんのほむループはこの世界で終わって私と幸せな未来に行くんだからね」

ほむら「まどか…」

魔どか「マミさんがいてほむらちゃんがいて私もいる…皆で戦えばワルプルギスの夜にだって負けるはずないよ!」

これはいいまどほむまど
まどか二人にぬちょんこにされるほむほむでもいいし、ほむほむがまどっちふたりを可愛がってもいい
さあ、>>1はまどか二人とほむのイチャラブという可能性を俺に見せた責任をとるんだ!!

>>238
さやか…「恭介の為に頑張るんだろ、アイツのいる街をまもるんだろ、最後まで頑張れよ」みたいな友情的な
マミ…「一目惚れっていうのかな、アイツは特別なんだマミの代わりはいない、真似するヤツはアタシが見滝原からぶっ飛ばす」あんこ嫉妬しまくりんぐ

ほむら(まどか…あなたがいれば確かにワルプルギスは倒せる…でもその代わりあなたが…)

ほむら(……いいえ、私はもう二度とどのまどかにも悲しい未来は見せない…)

ほむら(…思えば私はこの世界がダメでも時間遡行でまた戻ればいいと頭のどこかで考え甘えていたのかもしれないわね…)

魔どか「ほむらちゃん?」

ほむら「…えぇ、そうね…私とあなたがいれば負けるはずが無いわよね!」

魔どか「そうだよ!後ほむらちゃんが楽しい日常を送っちゃいけないなんて考えちゃダメだからね?」

魔どか「今まで救えなかった鹿目まどか全てのお仕置きを込めてほむらちゃんは私のものになったんだから!」


ほむら「えぇ…わかったわ…(わかったと言ってもそこの気持ちの整理はまだまだ付きそうにないけれど…)」

ほむら(それはこの世界でワルプルギスと死ぬ気で戦ってころころしちゃった後にじっくり考えればいいわ!)

ほむら「まどか…ありがとうね」ニコッ

魔どか「うぇひひ!悩んでる嫁の力になれたのならそれはとっても嬉しいなって思ってしまうのでした」

ほむら「ふふ、じゃあちょっと早いけど明日は巴マミと対ワルプルギスの会議だし歯を磨いてそろそろ寝ましょうか」

魔どか「うん!」

魔どかを何とか救う方法はないのかねぇ
このままだと二人仲良く魔女になる前に心中しそうな雰囲気

──────ほむ寝室──────

ほむら「じゃあおやすみなさい、まどか」

魔どか「おやすみ!ほむらちゃん」

ほむら「……」

魔どか「……あ」

ほむら「…?」

まどほむセクロスくるー?

魔どか「お休みのちゅーがまだなのを忘れてたよ!」

ほむら「…///」

魔どか「うぇひひ、いつもは私からだからたまにはほむらちゃんからして欲しいなって」

ほむら「もう…///…まどかってば…///」

ほむら「おやすみなさい…///まどか…///」ちゅっ

魔どか「う…うぇひ!///うぇひひひ!///お休みなさいほむらちゃん///うぇひひひひ!///」

──────翌日──────
マミ「お邪魔するわね」

まどか「お…お邪魔します…」

ほむら「よく来てくれたわねってあら…まどか?」

マミ「ごめんなさいね、どうしても来たいって頼み込まれちゃって断れなかったわ」

魔どか「どうかしたのかな?」

まどか「私が来ても何も出来ないのはわかっているけど…その…」

まどか「ほむらちゃん達が命懸けで戦うって言うのに私は何も知らないのは嫌だなって思っちゃって…」

ほむら「まどか…私達の力になりたいって言うその気持ちだけで嬉しいわ、ありがとう」

魔どか「まぁただの作戦会議だし聞きたいのなら上がっていけばいいんじゃないかな?」

ほむら「えぇ、そうね」

まどか「うぇひひ…ありがとう」

まあ魔どっちはまどっちの気持ちは理解できるモンな

──────────────────
ほむら「さて、では早速作戦会議を始めましょうか」

ほむら「ワルプルギスの夜の出現予測位置は大体この辺り」

ほむら「だからまぁまずこの辺りに陣取って置けばどこに出現しても対応出来るはずよ」

マミ「まぁ戦うには悪くない位置ね」

まどか「あ…あの…」

ほむら「何かしら?」

まどか「ほむらちゃんが何度も挑んで勝てない最強の魔女っていうのは聞いたけど…」

まどか「そのワルプルギスの夜ってどれくらい凄いのかな…?」

ほむら「…ワルプルギスの夜は普通の魔女と違って結界の奥に隠れる必要がない強大な魔女なの」

マミ「ただ一度具現化しただけで何千人という人が犠牲になってしまうわ」

まどか「そ…そんな…」

魔どか「でもそれはあくまでワルプルギスに対抗出来る魔法少女がいなかったらの話だよ」

ほむら「えぇ…この町を…まどかがいるこの場所をもう二度と私はあいつに壊させはしないわ」

まどか「皆はその…大丈夫…なの…?そんな凄い魔女が相手なのに怖くないの…?」

ほむら「怖くないなんて言えば嘘になる…でも私はどんな時でもあなたを失う事の方が何よりも怖いわ」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「あなたがいるから私はどんな相手だろうと恐れず戦えるの…だからお願い、私にあなたを守らせて…」

マミ「鹿目さん、守るべきものがあるっていうのはそれだけで私達の力になるのよ」

魔どか「うんうん、私にはもうほむらちゃんしか残ってないけど…」

魔どか「一番大切で大好きなほむらちゃんを守る為ならどんな相手でも余裕だよ!」

まどか「皆は…凄いね…もし私だったら怖くて逃げちゃうかもしれないよ…」

ほむら「ふふ…(まどか…あなただって最初の世界で逃げずに戦って私を守ってくれたのよ…)」

ほむら(そんな優しくてかっこいいあなたとの約束だから私も頑張れるの…)

ほむら「さて…お話もいいけどそろそろ作戦会議に戻りましょうか」

マミ「ふふ、そうね」

魔どか「うん!」

まどか「あ…ごめんね…?作戦会議途中でとめちゃって…」

ほむら「構わないわ、さて…次は私が設置してる兵器の場所や危険な場所を…」

──────会議終了──────
ほむら「まぁ、こんなものかしら」

マミ「100%作戦通りに行く訳ないとは思っているけど、これだけ打ち合わせしたなら多少連携が崩れても大丈夫ね」

魔どか「うぇひひ、そうですね!」

まどか(聞いてたけどまったくわからなかったよ…皆凄いな…)

ほむら「さて、会議も終わったし時間も遅いからそろそろ解散にしましょうか」

マミ「そうね、明日に備えてゆっくり休まないといけないし…私は先に失礼するわね」すたすた

まどか「えっと…それじゃあ私も帰るね、早く帰らないとパパ達に怒られちゃうし…」

ほむら「まどか、夜道の一人歩きは危ないし私が送って行くわ」

まどか「え?でもほむらちゃんだって明日に備えて休まなきゃいけないだろうし…大丈夫だよ?」

ほむら「私は最近魔どかと休んでたりしていたし少しくらいなら全然大丈夫よ?」

まどか「じゃ…じゃあお願いしちゃおっかな…ありがとうほむらちゃん」

ほむら「えぇ、じゃあ行きましょう」すたすた

──────まどホーム道中──────
まどか「…」すたすた

ほむら「…」すたすた

まどか「ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「何かしら?」

まどか「その…えっとね…ほむらちゃん達だけで今日話してたすごい魔女に勝てるのかな…?」

ほむら「まどか…」

まどか「その魔女と戦ってもしほむらちゃんが死んじゃったりしたら私…わたし…!」

ほむら「心配してくたのね、ありがとう…でも大丈夫よ」ギュ…

まどか「あ…(ほむらちゃんに抱きしめられ…///)」

ほむら「一人では確かに厳しいかもしれないけれど…私の側には巴さんや魔法少女の魔どかもいて一緒に戦ってくれる」

ほむら「ワルプルギス戦闘力を多少多めに見積もっても私達3人なら絶対に勝てるわ」

まどか「そっか、うぇひひ…私じゃ何一つとしてほむらちゃんの力にはなれないだろうし」

まどか「応援する事と絶対にキュゥべぇと契約しないって事くらいしか出来ないけど…頑張ってね…」

ほむら「ありがとう…でもねまどか、あなたが私の力になれてないなんて事は決してないわ」

まどか「え…?でも私…魔女退治のお手伝いも出来ないし、ほむらちゃんのお話を聞く事くらいしか…」

ほむら「あなたは以前私とワルプルギスの夜を越えた時…」

ほむら「私の知らない事をいっぱい教えてくれていっぱい遊んでくれると約束してくれたわ」

ほむら「私はその約束をすごく楽しみにしているの」

ほむら「その約束を守りたいから…私は今まで以上にもっと頑張ろうって気持ちになるのよ」

ほむら「その気持ちにさせてくれる約束をしてくれたのは他の誰でもない今私の前にいるまどかよ」

ほむら「そんなあなたが私の力になれていないだなんて…あり得ないわ」ギュゥ

まどか「ほむらちゃん…///」

ほむら「私達は絶対にワルプルギスの夜を越える…だからまどかは避難所で安心して待っていて」ギュゥ なでなで

まどか「うん…///ほむらちゃんの事信じてるから…///避難所でほむらちゃんと大人しく遊ぶ予定をいっぱい立てとく

ね!///」

ほむら「あら…それは楽しみね」なでなで

まどか「うぇひひ///いっぱい遊びに行こうね///」

ほむら「えぇ…いっぱいね」なでなで

──────ワルさん襲来──────


マミ「ついにこの日が来たのね…」



魔どか「絶対に…倒してやるんだから!」



ほむら「…来る…!」



ワルプルギスの夜「アハハハハハハ!」

ほむら「まずは私のこれまで集めてきた武器で…!」ガチャ

ほむら「一気に行っ……!?」

魔どか「ほむらちゃん!?…どうしたの?」

マミ「暁美…さん?」

ほむら「あの…ピンクの光は…!?」

魔どか「え!?」

マミ「ワルプルギスの夜の方に…向かってる…の?」

シュゥゥゥゥッ

パァァァ

まど神「ふぅ…ここが次の世界だね」

ほむら「あれは…まど…か…?」

マミ「でも鹿目さんにしては髪が長いわね…」

魔どか「そ、それに魔法少女の服も全然違うよ!?」

ワルプルギスの夜「アハハハハハ!」

まど神「この世界のあなたも私が受け止めてあげる…!行くよ!…シューティングスター!」ヒュン!

ワルプルギスの夜「」

          ,,-'  _,,-''"      "''- ,,_   ̄"''-,,__  ''--,,__
           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"

         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,

      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~

               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|        |i

                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i

               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
    
カッ

──────円環宇宙空間──────
ほむら「ん………っ…ここ…は…」

まど神「うぇひひ、目が覚めたねほむらちゃん」

ほむら「あ…あなたは………まどか…なのよね…?」

まど神「そうだね…確かに私はかつて鹿目まどかと呼ばれていた存在だったよ」

ほむら「かつて…?じゃあ今は違うの…?一体どういう…」

まど神「今の私は概念…魔女を滅ぼし続ける概念なの」

ほむら「魔女を滅ぼし続ける概念…ですって……どうして…そんな事に…」

魔ど神まどほむまどだと!?ガタッ

まど神「私は…ほむらちゃんやマミさんやさやかちゃんや杏子ちゃん…過去や未来にいた希望を信じて戦った魔法少女の皆を

泣かせたくなかった…」

まど神「最後まで笑顔でいて欲しかったの」

まど神「だからね、私をずっとずっと守ってくれていた私の世界のほむらちゃんには本当に悪いと思ったけど…キュゥべぇに

お願いしちゃったの」

まど神「…全ての魔女を生まれる前に消し去りたい、全ての宇宙…過去と未来の全ての魔女をこの手で…ってね」

ほむら「その願いは…!」

まど神「うぇひひ、その願いを叶える為に私は未来永劫終わりなく魔女を滅ぼす概念としてこの宇宙に固定されて一つ上の領

域にシフトしちゃったんだ」

ほむら「そんな…それじゃああなたは…皆の為に頑張っているのに皆に忘れ去られて尚こんな所で一人で永遠に戦い続けるっ

て言うの…?」

まど神「一人じゃないよ、みんないつまでも私と一緒だよ」

まど神「これからの私はね…いつでもどこにでもいるの、だから見えなくても聞こえなくても私はほむらちゃんの傍にいるし

ずっと見守ってるよ」

ほむら「まどかは…それでもいいの…?概念となったあなたの事…私も忘れちゃうかもしれないのに…!」

まど神「私は…ほむらちゃんやマミさんやさやかちゃんや杏子ちゃん…過去や未来にいた希望を信じて戦った魔法少女の皆を泣かせたくなかった…」

まど神「最後まで笑顔でいて欲しかったの」

まど神「だからね、私をずっとずっと守ってくれていた私の世界のほむらちゃんには本当に悪いと思ったけど…キュゥべぇにお願いしちゃったの」

まど神「…全ての魔女を生まれる前に消し去りたい、全ての宇宙…過去と未来の全ての魔女をこの手で…ってね」

ほむら「その願いは…!」

まど神「うぇひひ、その願いを叶える為に私は未来永劫終わりなく魔女を滅ぼす概念としてこの宇宙に固定されて一つ上の領域にシフトしちゃったんだ」

ほむら「そんな…それじゃああなたは…皆の為に頑張っているのに皆に忘れ去られて尚こんな所で一人で永遠に戦い続けるっ

て言うの…?」

まど神「一人じゃないよ、みんないつまでも私と一緒だよ」

まど神「これからの私はね…いつでもどこにでもいるの、だから見えなくても聞こえなくても私はほむらちゃんの傍にいるしずっと見守ってるよ」

ほむら「まどかは…それでもいいの…?概念となったあなたの事…私も忘れちゃうかもしれないのに…!」

まど神「ほむらちゃん、私にはね…過去と未来の全てが見えるの」

まど神「かつて私の為にずっと頑張ってたほむらちゃんも、いつかあり得るかもしれないほむらちゃんの未来も、みんな」

まど神「その全てのほむらちゃんを見た私だから自信を持って言えるの」

まど神「元の世界に戻っても、絶対ほむらちゃんはこの私ことスーパーアルティメットまどかを覚えていてくれるってね!」

まど神「だってほむらちゃんと私の絆はちょっと私が概念になって更に世界改変した程度で無くなる程やわな絆じゃないもん!」

ほむら「まどか…」

まど神「だから心配しないで…ほむらちゃんが私を覚えていてくれたら私はいつまでも絶望に負けず戦い続けれるんだから」

ほむら「でも…やっぱりこんなのって…!」

まど神「!」すぅ…

ほむら「!?まどか…?」

まど神「うぇひひ…ごめんね、ほむらちゃん…この世界に干渉してられるタイムリミットが来たみたい」

ほむら「や…やだ…!消えないでまどか!」

まど神「ごめんね…まだ助けなきゃいけない子がいっぱいいるから…もう私は行かなきゃダメなの」

ほむら「まっ…待ってよまどか!まだ私は…!」

まど神「うぇひひ、いつかきっとまた会える日が来るから…ほむらちゃんのお話の続きはその時いっぱい聞かせて貰うね」

まど神「私とまた会えるその時まで…ほむらちゃんの世界にいる二人の私といっぱい仲良くするんだよ!…それじゃあ、またね」

ほむら「待ってまどか…まどかぁぁぁぁぁぁぁ!」

──────────────────
────────────
──────
ほむら「…はっ!」

魔どか「…起っきろー!」バッ!

ほむら「ほむ!?」ごろごろ!

魔どか「おはよう!ほむらちゃん!」

ほむら「あなたは魔ど…か…?ここ…私の家…?」

魔どか「ほむらちゃん…寝惚けてるの?どこからどう見てもここは私とほむらちゃんの愛の巣ほむホームだよ?」

魔どか「昨日は夜遅くまで一緒に魔獣退治して疲れてたのは分かるけど寝ぼすけさんなのはよくないと思うな!」

ほむら「…(魔獣…)」

魔どか「ほらほら、ぼーっとしてないで早く起きて欲しいなって」

魔どか「今日は私と魔法少女じゃない私と一日遊び倒す約束の日だよ?早く用意しなきゃ遅刻しちゃうよぉ」

ほむら「そう…だったわね…ってあなたも来るの?」

魔どか「当り前だよ!もう一人の私と二人きりなんてさせないよ!?」

ほむら「そ…そう…」

ほむら「(まぁいい…のかしら)じゃあ急いで用意するからとりあえず先に家の入り口で待っていてくれるかしら」

魔どか「うん!わかったよ!」すたすた

ほむら(まどか…あの子の願いで魔女が産まれなくなった世界でもそれで人の世の呪いが消え失せるわけではない…)

ほむら(世界の歪みが形を変え今も闇の底から人々を狙っている存在…それが魔獣というところかしら…)

ほむら(…上等じゃない…あのまどかが守ろうとしたこの町を、この世界を決して穢させはしないわ)

魔どか「ほむらちゃーん!まだかなー?」

ほむら「はいはい!今行くわよ!」

ほむら(まどか…私頑張るから…あなたも頑張って…そしていつかまた会えるその日を楽しみにしているからね)

おわれ

ふぇぇ…仕事を終えて疲れた幼女はクールに去るんだよぉ…
ちなみに続きと言われても何も考えて無いし無理なんだよぉ…

乙、でほむまど百合セックスまだ?

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom