鳴「揉んだら大きくなるかな?」恒一「えっ」(105)


恒一「な、なにが?」

鳴「胸」モミモミ

恒一「…誰の?」

鳴「私の」モミモミ

恒一「大きくしたいの?」

鳴「――うん」モミモミ

恒一(だから自分で揉んでるんだ…。正直、目の毒だよ)

「ないものの相手をするのはよせ!」


鳴「……はぁ。疲れた」

恒一(はぁ…。助かった)

鳴「榊原くんはどう思う?」

恒一「え?」

鳴「揉んで大きくなると思う?」

恒一「さ、さあ…。勅使河原にでも訊いてみる?」

鳴「真面目に答えて」

恒一(真面目に答えたつもりだったんだけど…。
   勅使河原、お前が見崎にどう思われているか少しわかったよ)


鳴「…」ジー

恒一「や、やっぱり、迷信じゃないかな? ぼくはむしろ垂れちゃうんじゃないかと思うよ」

鳴「そうかな?」

恒一「あくまで、ぼくの考えだからね。専門的な知識があるわけじゃないし…」

鳴「そうだね」


恒一「あっ、赤沢さんに訊いてみたらどうかな? 大きかったし」

鳴「…」

恒一「大きかったなあ…」

恒一(中3であれは反則だよ)

鳴「」ベチン!

恒一「いたっ!? な、なにするんだよ」

鳴「?」

恒一「首かしげないでよ。見崎だよね、ぼくを叩いたの」

鳴「余計なこと、考えているような気がしたから」

恒一「そ、そんなこと…ないけど」


鳴「いい? これは由々しき事態なの。さっきゅうに取り組むべき問題なの」

恒一「そうかなぁ…。だってまだ中学生なんだよ? 慌てるような時期じゃないと思うけど」

鳴「そう言って貧乳のまま大人になっていった人たちを、私は何人も見てきた…」

恒一(どこで見てきたんだろう…)

鳴「とにかく、今の私には、揉むことと牛乳を飲むことくらいしか思いつかなかった」
  
鳴「しばらくはこの方法を続けてみようと思うの」

恒一「へえぇ、頑張ってね」

鳴「他人事みたいに言うんだね。榊原くんにも協力してほしいんだけど」

恒一「えっ、ぼく?」


恒一「――協力って…牛乳でも買ってくればいいの?」

恒一(まさか牛乳代まで払えとは言わないよね)

鳴「ううん。榊原くんに協力してほしいのは、もう一つの方」

そう言うと、鳴はぼくの胡坐の上に座った。

恒一「……はっ?」

鳴「向かい合ったままだと、さすがに恥ずかしいから」

恒一(もう一つの方って…)


恒一「つ…つまり、ぼくにきみの胸を揉めと?」

鳴「ほら、私、疲れちゃったから…」

恒一「だ、だからって――」

鳴「大丈夫。この時間、いつも屋上にはだれも来ないし」

恒一「そうじゃなくてっ、女の子がこんな…。わかるよね?」

鳴「わかるよ…わかってる。――榊原くんだから頼んでいるの」

恒一「ぼく、だから…?」

鳴「そう、榊原くんだから。…わかるよね?」


恒一「…でも、そんなことしたらぼくだって――」

鳴「榊原くんなら……」

鳴「――特別に認めますっ」

恒一「っ…」

鳴「…」チラッ

赤沢「ギギギ…」


恒一「……わかったよ。でもその前に」

鳴「そうだね……」

鳴「ID腹筋してからだね」

鳴「気をつけて、もう…釣られてるかもしれない」


恒一「はあっ、はあ…。終わった…」

鳴「お疲れさま」

恒一「…よし。じゃあ、見崎」

鳴「うん」トコトコ
ストン

恒一「い、いくよ…」ゴクリ

鳴「――いいよ」ドキドキ…


ムニッ

鳴「っ!」

恒一「あ…」

恒一(服越しだけど、確かに柔らかな感触が掌に…)ムニムニ

鳴「…」

恒一「…」ムニムニ

鳴「…」

恒一「…」モミモミ

鳴「…」

恒一「…」モミモミ

鳴「…っ」ピクッ


恒一(ああ…)ムニムニ

鳴「…ん」

恒一(この感触…)

鳴「んっ…」

恒一(なんか、不思議だ…)

鳴「っ…ん…」

恒一「…」ムニムニ

鳴「…ん…んっ」


恒一(いい匂いもする…)クンクン

鳴「っ…ぅ」

恒一(見崎が使ってるシャンプーのかな?)

鳴「ふっ…」

恒一「…」モミモミ

鳴「…んぅ」モゾ

恒一(そういえば、見崎の胸、揉んでるんだよな…)

…………。


恒一「…」モミモミ

鳴「っ、ふ…」

恒一「…」モミモミ…

ギュッ

恒一「あっ」

鳴「んんっ?!」ビクンッ

恒一「ご、ごめん見崎。ちょっと、ちから入っちゃって…」

鳴「ぅ、ううん。私こそ、変な声出しちゃって…」ジンジン


恒一「ああ、いや…。そろそろやめようか。もう充分じゃない?」

鳴「だめ、不充分だと思う」

恒一「そうかな…」

鳴「うん…」

恒一「……じゃあ、もう一回さわるよ?」サワッ

鳴「あ、待って」

恒一「ん?」


鳴「服越しだと、効果が薄いかもしれないから…」

恒一「えっ」

鳴「直に、さわって?」

恒一「いやっ、それはさすがに――」

鳴「…」ゴソゴソ…
カチッ

恒一「み、見崎…」

鳴「はい、全部外したから」

恒一「…でも」

鳴「――どうぞ」チラッ

恒一「あっ…」ドキッ

恒一(顔、真っ赤だ…)


鳴「…」チラッチラッ

恒一「……前、向いてて」

鳴「うん…」

恒一「ふー…。よしっ」


ムニュッ

鳴「んっ」ピクッ

恒一「お? おぉ…」フニュフニュ

恒一(さっきより、ずっと柔らかい。――それに…)

鳴「榊原くんの手、あったかいね」

恒一「見崎も、あったかいよ」

鳴「っ…そぅ…」


恒一(たしかに、大きいわけじゃないけど)

鳴「ぁ…はふ…」

恒一「…」モミモミ

鳴「ふっ…ふぅ…」

恒一(揉むたびに女の子の体だって、実感できる)

鳴「ん…ぁはっ…」


恒一(あ…ちょっと、しっとりしてきた…)

恒一(ぼくの汗かな。それとも、見崎の?)

鳴「ご、ごめん、っね…」

恒一「え?」

鳴「ぁっ…こんな…んっ…胸で…」

恒一「どうしてこういう状況になったか、忘れてない?」ムニュムニュ

鳴「…っそう…だったね、んくっ」


恒一「それに、これくらいのサイズも悪くないと思うよ」モミモミ

鳴「んふっ…ふあぁ、ぁ…」

恒一「こう――包みこめるし」グニッ

鳴「んぅ…」

恒一(まあ、他のサイズの胸なんて揉んだことないけど――)

恒一「ん?」

恒一(これは…)ナデナデ

ねむい


鳴「…っどうしたの?」

恒一「ううん、何でもない…」

恒一「見崎、その姿勢つらかったら、ぼくに背中預けちゃってもいいよ?」

鳴「そう…? じゃあ…」
グッ

鳴「大丈夫?」

恒一「平気だよ。――続けるね」ムニュッ


計画通り。
肩に顎の乗せ、鳴の胸を覗き込む。

ズイ

鳴「え? あっ、見えちゃぅ――」バッ

恒一「ダメだよ見崎。上手く揉めないじゃないか」ムニムニ

鳴「で、でも…」


恒一「見崎から頼んできたんだよ?」

鳴「…」

恒一「いいの? 小さいままで」

鳴「…」フルフル

恒一「じゃあ、ちゃんとしてくれないと」

鳴「……」

スルッ

恒一「そうそう(…やっぱり)」チラッ

鳴「…」プルプル…

鳴「あんま調子のんなks」

恒一「」


恒一「――あれ?」ツンッ

鳴「っ!?」

恒一「どうしたの、これ?」クスッ

鳴「やぁ…」

恒一「いつからこんなに立たせてるの?」クリクリ

鳴「ぅ、ん…くふっ…」モゾモゾ

恒一「ねえ、見崎?」

鳴「ふっ、ふうぅ……しら、ないっ!」


恒一「ふうん、ま、そこはどうでもいいけどね」

鳴「んっ、んんぅんっ…」

恒一「けど、せっかくぼくが真面目に協力してあげてるのに、こんなにしてたらイケナイよね」クリクリ

鳴「はあ、あっ…んっ!」

恒一「だから、もう、これ、つまんじゃうね?」

鳴「えっ」

ギュッ

鳴「ひうっ!」ビクンッ


コリコリ

鳴「やっ、ああっ、ふぁ…あっ!」ビクビクッ

ギュウ

鳴「んあっ! やだぁ…」

グリグリ

鳴「ふくっ、あ、んぅう…もう…」

ギュッ

鳴「ああっ! ……榊原くんっ!」グルンッ

恒一「――えっ!?」

鳴の身体が反転したかと思うと、腰に脚を絡められ、両手で頭を固定された。


鳴「さかきばらくん…」トロン

恒一(あ、マズいっ)

せめてもの抵抗に、鳴の胸に両手を伸ばす。

鳴「ん…」チュウ

恒一「んん?!」ムニュ


鳴「……ん…んぅ」

恒一「んっ…ぅ…」モミモミ

鳴「……ぷはっ…はあ、はあ」

恒一「はっ、はあ……見崎…」モミモミ

鳴「んっ…もう一回、しよ?」

恒一「ま、待て、落ち着くんだ見崎!」モミモミ

鳴「待たない……ん」チュッ

恒一「んむっ…」モミモミ


鳴「んっ…んんぅ…ちゅっ…」

恒一(ど、どうしよう…)モミモミ

鳴「むぅ…ちゅる…んぅ…」スリスリ

恒一「ん!?」モミモミ

鳴「ふあぁ、さかひひゃらくん…」スリスリ

恒一「はっ、み、見崎、動かないでっ」モミモミ


鳴「ぁんっ、どうしてぇ?」スリスリ

恒一(ど、どうしてって…)モミモミ

鳴「ふふっ、これ…んっ、でしょ?」ニギッ

恒一「うあっ!」モミモミ

鳴「大丈夫だよ。はぁっ、知ってたから…」ハァハァ…

恒一「見崎…」モミモミ

鳴「だっ、だから…ね?」スリスリ

恒一「み…見崎っ!」モミモミ


ガチャッ

恒一「!」モミモミ

赤沢「あ、ここにいた……か」

勅使河原「お、いたか? やっぱここ…」

望月「いたの? もう、電話くらい出て…」

恒一「…」モミモミ


赤沢「…」

勅使河原「…」

望月「…」

恒一「ち、違う。誤解なんだ! ね、見崎っ?」モミモミ

鳴「さかきばらくん…」スリスリ

恒一「」モミモミ

この場と鳴を収めるために、ぼくはこの日の体力をすべて使うことになった…。


~翌日~

恒一(ふう…。やっと昼休みだ)

鳴「榊原くん」

恒一「あ、ど、どうしたの?」

鳴「あの…今日も、お願いしていい?」

恒一「な、なにを?」

鳴「昨日の……つづき」カァァ

恒一「…」ゴクリ


屋上


ガチャッ

赤沢「遅かったわね」フフン

恒一「あ、赤沢さん…」

鳴「」



つづけて

ごめん
もう思いつかないから終わりってことだったんだ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom