シンジ「アスカにめちゃくちゃ勘違いさせて、最終的に振ってみる」(321)

アスカ「ただいま~」

シンジ「おかえり、アスカ!」トテトテ!

アスカ「あら、玄関までお出迎えとは関心じゃない。どうしたのよ、急に?」

シンジ「別に何でもないよ?アスカの顔が見たかっただけ」

アスカ「はぁ?」

シンジ「アスカ、今日は何が食べたい?」

アスカ「聞いてどうすんのよ?」

シンジ「なにかあったら、それを作ろうかなって」

アスカ「・・・お金なら貸さないわよ」

シンジ「そんなんじゃないよ!ただ、純粋にアスカに喜んで欲しくてさ」

アスア「へ、へ~」(悪い気はしないわね)

アスカ「それじゃあ、ハンバーグでもお願いしようかしら」

シンジ「うん、任せて!一生懸命作るね!」

夕食

ミサト「あら、今日はハンバーグね。おしそうね~」

シンジ「はい。アスカがリクエストしてくれたんです!」

ミサト「へ~、なになに、仲いいじゃないあんたたち~!」

アスカ「そ、そんなんじゃないわよ!」

シンジ「いつ使徒が来ても戦えるようにアスカには体調万全でいて欲しいですから」

シンジ「僕は、料理で支える女房役のようなものです(ニコッ」

アスカ「!?」

アスカ「に、女房ってアンタ・・・!」

シンジ「あれ?アスカ、女房ってことば知らない?夫婦のことだよ。夫と女房で夫婦」

アスカ「知ってるわよバカシンジ!あたしが言いたいのは・・・!」

ミサト「あっれ~アスカ、顔が赤いわよ~?」

アスカ「赤くない!このバカが突然変なこと言い出したから怒ってるだけ!」

夕食後アスカの部屋

アスカ「ったく、なんなのよバカシンジの今日の態度・・・」

シンジ「アスカ?」コンコン

アスカ「! な、なによ?」

シンジ「一緒に今日の宿題しない?」

アスカ「はぁ?なんでよ、いつも一人でしてるでしょ」

シンジ「・・・えへ、実を言えばアスカともう少し一緒にいたいなって」

アスカ「なっ、ど、どういう意味よ!」

シンジ「ううん、なんでもない。じゃあね」トテトテ

アスカ「・・・」

翌朝

シンジ「いってきます」

アスカ「いってきまぁす・・・」

シンジ「ん~、いい天気だね、アスカ!」

アスカ「べっつに」

シンジ「・・・」ジー

アスカ「なに見てんのよ」

シンジ「ううん、なんでも(ニコッ」

アスカ(・・・もしかして、こいつ今頃私に惚れたとか?・・・ないない)

教室

トウジ「お!なんやセンセ、ま~た夫婦で登校かいな!」

シンジ「も~・・・ほんとにそう見える?」

トウジ「え?」

アスカ「ちょ!なに聞いてんのよバカシンジ!」

シンジ「え?変なこと聞いたかな?ただ、僕とアスカが夫婦に見えるかって聞いただけなんだけど」

アスカ「なっ・・・なんでニヤニヤしてんのよ」

シンジ「だって、こんなに可愛い子と夫婦に見られたら嬉しいし」

アスカ「はぁ・・・?」

トウジ「おいおいどしたんやセンセ。こいつの性格の悪さ忘れたんかいな」

シンジ「ははは」

アスカ「・・・」

アスカ(こいつに可愛いって言われたの初めてだっけ・・・)

アスカ(・・・まさかね)

お昼

ヒカリ「アスカ、お弁当食べよ」

アスカ「ええ」

パカッ

アスカ「!?」

ヒカリ「わぁ!すごいわ、ハートマーク入りのお弁当!それってシンジ君が作ってるんでしょ!?もしかして・・」

アスカ「あ、いや、ち、違うの!これは、その!違くて!あ、え・・・ば、バカシンジイ!!!」

モブA「い、碇ならトウジ達と屋上で食べてるよ・・・」

ヒカリ「もう、アスカったら!それならそうと言ってよね」

アスカ「だから違うって!!!」

ちょっとして

ヒカリ「・・・あ、鈴原逹帰ってきた」

アスカ「バカシンジ!ちょっときなさい!」

シンジ「どうしたのアスカ?」

アスカ「どうしたもこうしたも、どういうことよあのお弁t」

シンジ「あ、食べてくれた!?どうだった、今日のお弁当?気持ちを込めて作ったんだ」

アスカ「はあ!?それどういう意味よ!?」

シンジ「どうもこうも・・・あ、もう授業始まるよ、アスカ。じゃあ」

アスカ「あ、ちょっ、この!」

アスカ(・・・気持ちを込めてって)

帰り道

シンジ「・・・アスカ、なんか怒ってる?」

アスカ「別に!」

シンジ「・・・ごめん、アスカを喜ばしたかっただけなんだけど」シュン

アスカ「・・・お、怒ってないわよ。ホントに」

シンジ「よかった(ニコッ」

アスカ「・・・」

シンジ「そういえばさ、アスカって彼氏とかいるの?」

アスカ「!」

アスカ(彼氏の有無聞いてくるって・・・これって・・・)

アスカ「いないわよ・・・ま、まあ、欲しいけどさぁ//」

シンジ「そうなんだ(ニコッ」

アスカ「あ、アンタはどうなのよ?」

シンジ「僕?いないよ」

アスカ「・・・でしょうね!アンタみたいなのにいるわけないわ!」

シンジ「ははは」

アスカ(これって、誘ってんの・・・?)

アスカ(バカシンジってもしかして・・・)

アスカ(だいたい、最近妙に優しいし、珍しく積極的だし)

アスカ(夫婦とか言ったり、お弁当がハートマークだったり、彼氏の有無聞いたりetc・・・)

アスカ(あいつ、完全に私に惚れているわ!)

アスカ(バカシンジの分際でおこがましいわね!・・・まぁ、でも、もし告ってきたら・・・)

アスカ(考えてあげてもいいわね//)

おかしいなまだ全然エロくない内容なのにさっきからずっと勃起してる



ミサト「ねぇ、ちょっとアスカ」

アスカ「なにー、ミサト?」

ミサト「これは上司として聞くんだけど、もしかしてあなたとシンちゃん付き合ってる?」

アスカ「な、な、何言ってんのよ!付き合ってないわよ!//」

ミサト「本当に?」

アスカ「う、うん・・・まだ・・・」

ミサト「まだ?」

アスカ「あ、いや、ちが・・・!」

ミサト「・・・最近ね、シンちゃんてば、毎日嬉しそうにアスカのこと話すのよ」

アスカ「え・・」

ミサト「アスカが料理を褒めてくれたとか、アスカが勉強を教えてくれたとか・・あんまりにも嬉しそうに話すから」

ミサト「もしかしたらあんた逹付き合ってるんじゃないかって」

アスカ「・・・」

ミサト「もし、付き合ってるなら、上司としてその辺は把握しておかないとマズイのよ」(ま、半分以上興味本位だけど)

アスカ「・・・付き合っては、ない・・・けど」

ミサト「けど?」

アスカ「・・・ば・・・バカシンジはっ、私のこと・・・す、好きかも、しれない・・・」

ミサト「そうねぇ~そうかもね」

アスカ「ミサトもそう思う!?」

ミサト「ふっふ~ん。まっね。それで?アスカはどう思ってるの、シンジくんのこと?」

アスカ「・・・」

ミサト「好き?嫌い?」

アスカ「・・・~~~!」

ミサト「好きなら右手をあげて、嫌いなら左手をあげてっ」

アスカ「・・・っ!//」

ミサト「あ、もう挙げなくていいわ。分かったから」

ミサト「ふふ、よかったじゃない、アスカ」

アスカ「し、知らない!//」

ミサト「ん~、でもあんた逹まだ付き合ってないんでしょ?どして?」

アスカ「あ、あいつが・・・な、いってこない、から・・・」

ミサト「ばっかね~、あのシンちゃんが言えるはずないでしょ!そこはあんたが引っ張ってやりなさいよ」

アスカ「で、でも!・・・わ、私、その・・・ちゃんとした、やつ、経験ないし・・・」

ミサト「告白の仕方ぁ?そんなのあの加地のバァカにやってたやつをちょいちょいって変えればいいのよ!」

ミサトのせいで…
いいぞもっとやれ

アスカ「で、でも・・・」

ミサト「でももそってもないなーいっ!あんたが動かないと、あのバカ10年でも20年でも外堀を埋め続けるわよ」

アスカ「・・・」

ミサト「・・・がんばんなさい、アスカ」

アスカ「・・・か、考えとくっ!」トテトテ

ミサト「まったく、青春だね~」

シンジ「ミサトさーん、お風呂あきましたー」

ミサト「あっ、ありがとー・・・よっ!このモテモテ男」

シンジ「はい?」

アスカ(・・・私がバカシンジに・・・そ、そんなの出来ないわよ!)バタバタ

シンジ「アスカ?」コンコン

アスカ「!?」ビクゥ!

アスカ「な、なな、なに!?」

シンジ「? ミサトさんが、アスカにお風呂先に入れだって。それだけ」

アスカ「あ、え、うん・・・わ、わかった!」

シンジ「うん。じゃあ、おやすみアスカ」

アスカ「お、おっ、やす、み・・・」

翌朝

アスカ(・・・結局、一睡も出来なかった・・・)

シンジ「おはよう、アスカ。ご飯できてるよ!」

アスカ「う、うん・・・」

シンジ「どうしたの?なんだか疲れてない?熱でもあるの」

ヒタイ、ピタ

アスカ「~~っ///さ、触んないでよバカシンジ!!」

シンジ「ご、ごめん・・・えへ、でもよかった。熱はないみたいだよ、アスカ(ニコッ」

アスカ(なんなのよ・・・なんなのよ、もう・・・!)

ミサト「大変よ!」タタタ!

ミサト「シンジ君!アスカ!使徒が現れたわ!」

シンジ・アスカ「!」

NERV内

ミサト「使徒は現在第三新東京市に向かって侵攻中。到着は時間の問題だわ。ここで、迎え撃つわよ」

シンジ「はい」

レイ「はい」

アスカ「・・・」モンモン

ミサト「アスカ!聞いてる?」

アスカ「え、聞いてるわよ!」

ミサト「集中してよ・・・それでは、エヴァ三機、出撃!」

マヤ「2号機のシンクロ率、思わしくありません」

リツコ「そうねぇ・・・ミサト、アスカになにかあったの?」

ミサト「やー・・・別に」(あっちゃ~、アスカのやつ。これは後で怒らなきゃ)

シゲル「使徒、第三新東京市に侵入!モニタに出ます!」

ミサト「来たわね・・・いいわね、みんな!三方向に展開して各自攻撃開始!」

チルドレン「了解!」

使徒「ほげえええほげええええ」

シンジ「このっ!」

レイ「・・・っ!」

使徒「ほげえええほげええええ」

ミサト「よおっし!いけそう!」

アスカ「・・・」モンモン

使徒「ほげえええええええええええ」

レイ「2号機!そっちへいったわ!」

アスカ「えっ」

使徒「ほげえええええええええええ」

シンジ「アスカああああああああああああああ!!!」

シゲル「」とチルドレン「」という描き方が
なんかしらんが妙につぼったと思ったら
もうこんな時間か

原作のアスカはシンジの事好きなの?

バキッ!

使徒「ほ、ほげええぇぇ・・・」ボボーン!

マコト「やりました!使徒の消滅を確認!」

ミサト「よおおしっ!よくやったわ、シンジ君!」

シンジ「ま、間に合ったぁ・・・ケガはない、アスカ?」

アスカ「う、うん・・・」

シンジ「良かった、本当に良かった・・・大切なアスカが無事で・・・」

アスカ「シンジ・・・」

ミサト「アスカァ!あんた覚えときなさいよ!たーっぷり、しかってあげるわ!」

シンジに無理やりされちゃうアスカやらイチャイチャしちゃうアスカやら
色々見てきたからどれが公式のアスカだったのかもうわからないわwww

NERVシャワー室前

シンジ「ふぅー、さっぱりした・・あれ?」

アスカ「・・・」

シンジ「アスカ?どうしたの」

アスカ「・・・あ・・・と・・・その、さ・・・さっきは、あ、り・・・あり、がと、う・・・」

シンジ「・・・えーと?」

アスカ「だ、だからぁ!さ、さっきはありがとう!って!」

シンジ「ああ、なんだ。いえいえどういたしまして。アスカにお礼を言われるなんて新鮮だなぁ(ニコッ」

アスカ「っ・・・!//」

お前らが現実的な話ばっかするからおっきかったのが元に戻っちゃった

アスカ「・・・ね、ねえ!」

シンジ「うん?今度はなに?」

アスカ「べ、別に、私はどうでもいいんだけどね!興味は特に、あれ、ないし、からね!だから、構わないんだけど!」

シンジ「?」

アスカ「もし、アンタがもし、その、なら私も、興味はないんだけどっ、べ、別に構わないわよ!いいわよ、それでも!」

シンジ「え、えーと?」

アスカ「だ、だから、アンタがねっ、あたしと、その、ねっ!いいけどって!」

アスカ「つまり!・・・つ、付き合ってあげるわ!私たちで!!//」

シンジ「・・・」

早かったな

シンジ「えっと・・・」

アスカ「だ、だからね!アンタが、まあそうしたいならっ、わ、私も別につ、付き合ってあげるって言ってるの!特別に!//」

シンジ「あー・・・」

アスカ(・・・あれ?)

アスカ「あ、えっと・・・だからね?私と、アンタがその、付き合うの・・・わ、分かってる?」

アスカ「べ、別に!私だって無理にじゃないのよ!その、だから、アンタのことき、きっ、嫌いじゃ、ないし・・・だからっ!」

シンジ「あー、うん・・・ごめん」

アスカ「・・・え?」

シンジ「ちょっと、無理かな。それは」

アスカ「あ・・・え・・・ば、バカシ・・・え、あれ?」

シンジ「アスカのことをそういう対象としては見られないかな」

アスカ「え、や、だって、アンタは・・・え、じゃなくて・・・」

シンジ「えーと、なんでこんなことになっちゃたのかな。なにか、誤解させちゃったのかな。ごめんね、アスカ・・・」

アスカ「ち、や・・・え、ご、ごめんて・・・ま、待ってよ・・・は、は、え・・・?」

シンジ「はぁ~・・・ほんと、ごめんなさい。でも、ちょっと無理です」

アスカ「ば・・・う、嘘?え、だって、バカシンジは、アタシのこと、好き、だ、し・・・」

シンジ「好きじゃないです。ごめんなさい」

シンジ「それと、この際言っておくけど。その、バカシンジって呼ぶのやめてくれない?不快なんだ」

アスカ「え、え・・・え、あ、や・・・」ポロポロ…

シンジ「あー、ほら、そうやって泣く。まるで僕が悪いみたいじゃん・・・」

アスカ「ま、待って・・・バカシンジは、あ、あたしのこと、好きなんでしょ?」ポロポロ

シンジ「また、バカシンジって・・・はぁ、だから好きじゃないって」

アスカ「嘘!!」

アスカ「だって!だって、シンジはアタシに夫婦っていったり、お弁当だってハートだったり・・・!」ポロポロポロ…

シンジ「女房役なんて言葉の彩だし、お弁当にハートは女の子だから喜ぶかなって思ってやったの」

アスカ「で、でも!彼氏がいるかって、シンジが、聞いたんだもん!!」

シンジ「だって、会話のネタなかったから・・・」

アスカ「嘘よ・・・嘘よ、だって、だって・・・ミサトだって・・・!」ポロポロ

シンジ「あー、ミサトさんも噛んでるのかぁ・・・はぁ」

シンジ「あのね、アスカはかわいい同居人だし、同じエヴァの操縦者としては大切な仲間だよ」

シンジ「でもね」

シンジ「恋愛感情は無理、持てない。アスカは口が汚いし、すぐ暴力振るうし、正直時々頭にくるんだ」

アスカ「・・・っ」

アスカ「や、それは、あ・・・」

シンジ「正直、僕は、綾波の方が好きだな」

アスカ「あ、あ、ああああああああああああぁぁぁぁ・・・」

アスカ「ごめん・・・ごめんなさい・・・っごめんなさい!私が・・・私が悪かったの・・・!許して・・・!!」

シンジ「えー・・・どう言ったらいいんだろ、これ」

アスカ「好き・・・好きなの!あたしは・・・シンジのことが!好きだから・・・!!」

シンジ「僕は、好きじゃないです」

シンジ「でも、ほら、アスカは可愛いよ?トウジもケンスケも影ではちゃんと言ってるし・・」

アスカ「やぁ・・違うの・・・!アタシは・・・アタシはシンジが・・・!!」

シンジ「気持ちはうれしいよ?気持ちは」

アスカ「だ、だったら・・・お願いします・・・!」

シンジ「・・・はぁ」

ミサト「シンジくーん、アスカー。なにやってんのー反省会やるわよー」

アスカ「!」ビクゥ!

シンジ「あ、ちょうどよかった・・・ミサトさーん」

アスカ「い、いやっ!呼ばないで・・・!」

シンジ「呼ばないでって・・・だって」

アスカ「分かったから!もう、分かったから・・・!もう、いい、から・・・!!」

ミサト「どったのー・・・アスカ?どうしたの?」

アスカ「・・・グス、な・・・なんでも、ないわよっ・・・さ、反省か」

シンジ「ミサトさん。アスカがですね、いきなり告白してきたんですよ」

ミサト「え」

アスカ「なんでもないの!も、もう、なんでも、ないの・・・!」

シンジ「なんでもないことないだろ?アスカ、泣いてるじゃないか。ミサトさんに聞いてもらおうよ」

アスカ「う、うわぁぁ・・・あぅぅ・・・」ボロボロボロ…

ミサト「アスカ・・・」

シンジ「こういう時、どうしたらいいのか分からないんですよ」

ミサト「え、あ・・・と・・・」

アスカ「もう、いや・・・もういやぁ・・・」

シンジ「嫌って言われても・・・僕は、アスカとは付き合えないよ、ごめんね」

ミサト「シンジくん!・・・もう、ここはいいから、ミーティングルームに行ってなさい・・・」

シンジ「あ、はい・・・」

アスカ「うぇ・・・ひぐ・・ぁぁあ・・・」

ミサト「アスカ・・・」


ミサト「アスカ、ごめんさい・・・私が、私があんなこといったばかりに」

アスカ「・・・っぁ、へ、えへへ、バカね!いいのよ・・・気にしなくて・・・」

アスカ「っあー・・・はぁ・・・はは、は・・・」

ミサト「アスカ、なんて言っていいか・・・」

アスカ「何も言わないで!・・・もう、いいや・・・もう、疲れた・・・ははは」

ミサト「・・・」

ガチャ…

アスカ「!」ビクッ

ミサト「レイ・・・あんた、ずっとシャワー室に?」

レイ「はい・・・」

アスカ「・・・っはー・・・ああああああああ・・・」

レイ「・・・」

アスカ「あー・・そうね、そうだったわ・・・はあああ・・・あははは・・・」

レイ「・・・ごめんなさい」

アスカ「謝らないで!・・・謝らないでよ・・・っ!ううぅ・・・うぅぅ・・・!」

レイ「・・・」

アスカ「・・・っ・・・はあ・・・」

レイ「・・・」

アスカ「・・・っ・・・ねぇ・・・の、あの、バk・・・いえ、シンジをよろしくお願いします」ペコリ

レイ「・・・」

ミサト「アスカ・・・そんなことしなくていいのよ」

アスカ「お願いします・・・シンジは、っは、アタシより、アンタの、方が・・・いいんだって、好きなんだって・・・だから、ね」

アスカ「シンジを、お願いします・・・お願いします・・・」

レイ「・・・その」

アスカ「お願いします・・・」



シンジ「・・・」シャカシャカシャカ♪

ミサト「ただいま・・・」

シンジ「・・・ミサトさん、アスカは?」

ミサト「今日は、NERV内の部屋に泊まるそうよ」

シンジ「そうですか・・・せっかく、ハンバーグ作ったんだけど・・・」

ミサト「・・・シンジくん」

シンジ「はい?」

ミサト「・・・なんでもないわ。私も今日は、ご飯いらない」

シンジ「はぁ」

最高や
ここまでできる>>1とは思わんかったで

翌日

アスカ「たっだいま~!」

シンジ「アスカ!」

アスカ「ただいま、シンジ!」

シンジ「アスカ・・・もう、心配したんだよ!」

アスカ「ごめんね、シンジ!えと、ミサトは?」

シンジ「ミサトさんなら車でどっかに行っちゃったけど・・・」

ミサト「ただいm・・・アスカ!来てるの!?」

アスカ「ヤッホー、ミサト!」

ミサト「アスカ・・・大丈夫?」

アスカ「ふふ、もう元気いっぱいよ!」

シンジ「・・・ミサトさん、その沢山のダンボールなんですか?」

ミサト「これは・・・」

アスカ「荷造り用のダンボール!アタシ、引っ越すの!」

シンジ「え?」

アスカ「いやー、だってほら恥ずかしいじゃない?あれだけ盛大に振られといてさ、同じ家って!だからさ、引っ越すの」

シンジ「そんなぁ・・・寂しいな。僕は、気にしてないよ、アスカ?」

ミサト「シンジ君!?」

アスカ「は・・・はは・・・あー、やっぱ無理だわ、ミサト」

アスカ「もう、なんか、どうでもいいや・・・」

アスカ「ねー、見て見てシンジ」チャキ…

シンジ「え・・・ナイフ・・・?」

ミサト「アスカ!待っt」

アスカ「シンジー、だーい好き」スパッ

プ、プシュウウウウウウウウウウウウウウウウ…

シンジ「・・・え」

ミサト「アスカ!!!?」

どっち!?どっちを切ったの!?

可愛い女の子を勘違いさせると怖いんだな
俺も気を付けないと…

アスカ「・・・へ・・・は・・・は・・・」ビクビクビクビク

ミサト「アスカ!アスカしっかりして!!・・・シンジくん!NERVに電話して!はやく!!」

シンジ「あ・・・血だ・・・血がついてる・・・」

ミサト「シンジ君!早くして!アスカが・・・アスカが死んじゃう!」

シンジ「や、やだよ・・・なんでだよ、なんでこうなるんだよ・・・僕は関係ないじゃないか!」

ミサト「シンジィ!!」

シンジ「あ、アスカが悪いんだ!・・・ぼ、僕は知らない!」

>>274
お前は大丈夫、心配いらない




カヲル「と、いう風に、女の子は勘違いさせると怖いんだよ。分かったかい、シンジ君?」

シンジ「へ~、すごいなぁ。カヲル君はなんでも知ってるんだね!」

カヲル「ふふ、君はかわいいね」

シンジ「え?どういう意味?」

カヲル「そのまんまの意味さ・・・さて、次は正しい男の子との付き合い方を、実践的に教えてあげるよ・・・ふふふ」


おわり

いい出来でした

俺としては、そのままアスカを性奴隷肉便器にする展開がベストだったんだがな

オルア「・・・その」

>>315
アスカ「だ、だったら・・・お願いします・・・!」

シンジ「・・・はぁ、じゃあ・・・くわえてよ」 ポロンッ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom