幼馴染み「何?男は私のこと好きなの?」 (143)

男「うん・・ずっとその・・」

男「小学校の時からお前のことが・・その」

幼馴染み「あっそ。そうなんだ」

男「うん・・」

男「それで・・そのさ」

幼「あの・・いい加減にしてくれない」

幼「いい加減うざい」

幼「私が男のことを好きなるはずない」

幼「身の程を知って」

男「だ、駄目なの?」

幼「うん。駄目」

男「だ、駄目なの?」

ホモ「うん。駄目」



男「う・・ううう・・」

男「ふ、振られた・・・」

妹「はぁ馬鹿な兄さん」

妹「だから言ったのに」

男「う、うるせぇ・・」

妹「あのね?兄さんが可愛いって評判の幼先輩と付き合える分けないでしょ」

男「そんなん・・やってみなきゃ」

男「付き合いだって長いんだし・・・」

妹「やってみなくても分かります」

男「でも・・ずっと・・仲良くしてたじゃん」

男「絶対俺のこと好きだと思ったのに・・」

妹「それは兄さんの勘違い」

男「そ、そうだったのかなぁ」

妹「はぁ・・いい加減に学習してください」

妹「兄さんに構ってくれる甲斐甲斐しく優しくしてくれる女は」

男「・・・」

妹「世界に私一人だけですよ」

男「うう・・幼・・」

妹「あれ?聞いてる?」

男「う・・うう・・」ポロポロ

妹「ああ!はいわかりました。しょうがないですね」

男「ん?」

妹「今そんなに寂しいなら私が今日は一緒に寝てあげますよ」

男「はぁ?」

妹「全くしょうがない」

妹「世話のかかる駄目兄で困っちゃうなぁうん」

妹「ああ、枕二つ用意しないと・・・」

妹「まぁでも、しょうがない。うんうん」

妹「腕枕で勘弁してあげますか」

男「・・・」

男「いや・・それはいいよ」

妹「そうですか。では腕枕お願いします!」

男「いや、そうじゃなくて。しなくても良いよってこと」

妹「なに言ってるんですか?」

妹「私に枕無しで寝ろと?」

妹「私は枕がないと寝られないんですけど」

妹「んーまぁ今日は特別・・・」

男「いや、だからさ」

男「添い寝とか。しなくて良いよ」

妹「はぁ?」

男「はぁ・・って」

妹「あのねぇ・・」

男「なんだよ・・・」

妹「あのねぇ何様ですか?兄さん」

男「な、何様って・・・」

妹「そんなこと言える立場だと思ってるんです?」

男「は?」

妹「自分の兄が無謀な告白をして振られて妹である私に泣きついてくる」

妹「私はそれを振り払っても良いんですよ?」

男「・・・」

妹「でもまぁ・・・」

妹「この先の人生、兄さんに優しくしてくれる女なんて・・・」

妹「私くらいでしょうし。しょうがない」

男「・・・」

妹「一緒に寝るくらいは・・・と思って提案した私の行為」

妹「それじゃあ幼先輩も兄さんを振るわけだ」

妹「兄さんは唯一自分を愛してくれている人間にすら冷たくするんですか?」

男「お前は俺のこと愛してる?」

妹「はぁ!馬鹿言わないで・・」

男「・・・・」

妹「まぁその・・・妹のよしみですよ。うんうん」

男「よしみって・・・」

妹「それでは、ささ!お布団へ」

妹「レッツゴー」

男「・・・」

男(本当に気を使ってくれているのかも・・・)

男「まぁ・・・いいか」

妹「そうです良いんです!」

妹「兄さんには決定権はありませんよ」

男「そうか・・・」

幼「男が・・私のことを・・・ね」

幼「はん!」

幼「ばかばかしい・・・」

幼「どうせ私のことからかって遊んでるんだ」

幼「いつもみたいに」

幼「本当ムカつく奴」

幼「大嫌い」

幼「・・・・」

幼「私の気も知らないで」

男「あ・・朝か・・」

妹「んむむ・・兄さん・・」

妹「zzz」

男「こいつまだ寝てる」

男「おーいおきろ」

妹「zzz」

男「・・・」

男「おきろ」バシ

妹「んあ!だめ兄さん!」

男「・・・」

妹「ああ、おはようございます」

男「おはよう」

~登校~

妹「兄さん兄さん」

男「ん?」

妹「今日のお弁当には何が入ってるんです?」

男「んーまぁ秘密だ」

妹「秘密ですか。生意気な」

男「作ってもらってそりゃないだろ」

妹「それもそうですね」

妹「私に料理を作る才能を神が与えてくれれば良かったんですけど」

妹「まぁ私はかわいいから。神を許してあげます」

男「相変わらずお前の態度のでかさは神がかってる」

妹「ところで、ところで兄さん」

男「あん」

妹「今日どうするんです。学校」

男「は?何の話?」

妹「アルツハイマーですか、おのれは」

男「?」

妹「幼先輩に告白して振られたんですよね兄さん」

妹「同じクラスではありませんでしたか?」

男「あ・・忘れてた・・」

妹「お馬鹿にもほどがあるでしょう・・・」

男「そういや・・・どうしよ」

男「あいつ俺の席の隣だわ」

妹「ふふ・・・きっと兄さんは・・・」

妹「今日一日キョロキョロオドオドして過ごすんでしょうね」

妹「あー想像したら面白い」

男「鬼畜かお前は」

妹「まぁこれもいい教訓だと思ってくさい」

男「何の?」

妹「私以外の女になびいた」

男「うわブラコン」

妹ええそうですよ。ブラコンです」

男「そうか」

妹「兄さんは?」

男「ん?」

妹「兄さんはシスコンですか?」

男「ん・・・どうだろ」

妹「どうだろって・・・」

妹「ぶっ飛ばされたい?」

男「暴力的な女だな」

妹「むしろ暴力を振るわなかった分私は優しいと思いますよ」

妹「この場合」

男「どんな場合だよ」

妹「いちいち細かいところでうるせぇ」

男「なんなんださっきから」

妹「はぁ・・せっかく兄さんに愛の告白したのに」

男「今の愛の告白だったの?」

妹「それ以外になぜ兄さんの前でブラコンだなんて言う必要があるんです?」

男「いや・俺は知らないけど」

妹「ああ、嫌だ」

男「・・・」

男「お前俺のこと好きなの?」

妹「まぁ・・それなりに」

男「それなりね」

妹「ええ、そうです」

妹「兄さんは?」

男「俺もまぁ・・それなりに好きだよ」

妹「ふーん」

妹「そうですか」

妹「それはよかった」

男「何だよ他人事みたいに」

妹「いえ」

男「?」

妹「照れてるんです」

男「そうか。お前でも照れるんだな」

妹「人を何だと思ってるんですか?」

妹「調子こいてると殴りますよ」

男「だから・・」

男「まぁいいや」

妹「そうですか」

男「うん・・」

男「おはよう」ガラ

男友「お・・」

男友2「おお!来た」

女友「男ー元気だしなよー!」

男「は?何が?」

女友2「知ってるよー」

女友2「昨日幼ちゃんに告白したんだって?」

幼「・・・」

男「は・・・?」

男(何で知ってるんだよ)

女友2「ごめん男ー」

男「は?」

女友2「昨日見ちゃってさ」

女友2「たまたまさ・・男が幼ちゃんに告白してるの」

男「・・・」

女友2「私の友達にしか喋ってなかったんだけど・・・」

女友2「いつの間にか広まっちゃって」

女友2「何か、今日学校来たらみんな知ってた。あはは」

男「ははは・・・」

男(最悪だ・・)

女友2「あっはっは。ごめんごめん」

女友「そ・れ・で!」

女友「幼ちゃん!聞いていい?」

女友「何で振っちゃったの?」

男友「おいおい・・男が居る前で聞く?普通」

男友2「でもお前も気になるだろ?」

男友「まぁ・・そりゃあ」

幼「別にあな達には関係ないので」

幼「じゃ、私行くんで」

男「おいおい」

男(どこ行くんだよ・・・)

男(これから朝のホームルームだぞ・・)

女友2「あっはっは。ごめんごめん」

女友「そ・れ・で!」

女友「幼ちゃん!聞いていい?」

女友「何で振っちゃったの?」

男友「おいおい・・男が居る前で聞く?普通」

男友2「でもお前も気になるだろ?」

男友「まぁ・・そりゃあ」

幼「別にあなた達には関係ないので」

幼「じゃ、私行くんで」

男「おいおい」

男(どこ行くんだよ・・・)

男(これから朝のホームルームだぞ・・)

女友「あ・・行っちゃった・・」

女友「何か感じ悪い」

女友2「いやいや」

女友2「あの聞き方は女友も悪いって」

女友「そうかなぁ?」

男友「みんなの前でってのがまずかったんじゃね?」

女友「でもあんな態度とらなくてもー」

男友2「俺も詳しく知りたかった」

女友3「男ー詳しく聞かせてー」

男「・・・」

先生「じゃあ前もって来るように言った資料出して」

男「あ・・・」

男(資料忘れてきた・・)

男「先生・・すいません・・忘れてきました」

先生「そうか」

先生「じゃあ隣の人に見せてもらいなさい」

男「・・・」

幼「・・・」

女友「キャーやばいやばい」

女友2「見せてあげるのかな?」ゴニョゴニョ

幼「ッチ」

男「・・・」

男「・・・」

幼「ほら」

男「あ、ありが・・とう」



女友「えー見せてあげた意外ー」

女友2「思った!絶対見せてあげないんだろうなって思った」



幼「・・・」

男「・・・」

幼「貴方のせいだからこれ」

男「は?」

幼「なんでもない」



男「やっと昼か」

妹「兄さん!来ました!」ガラ

男「おう!じゃあB教室行こう!」

妹「了解です!」



男友「・・・」

男友「あいつ昼休みになると嵐のごとく妹さんとどっかいくな」

男友2「なぁ?妹ちゃんって結構可愛くない?」

男友「俺も思ってた」

男友2「でも仮に付き合ったら・・・」

男友2「男がお兄さんか」

男友「同級生が兄貴って複雑だな」

男友2「ていうか結婚したら親戚って増えるんだな。忘れてた」

男友3「妹ちゃんかわいいか?」

男友3「俺は男友の方が可愛いと思うんだけど」

男友「は、はぁ!」

男友「やめろよ・・・そういう・・冗談は・・さ」

男友3「ふふ。可愛い」

男友2「・・・」

妹「ささ!早くお昼にしましょう!」

男「わかったわかった。まず手を拭いてから」

妹「まてませんよ!」

妹「今日の弁当の中身は何かな何かな~♪」

男「・・・」

妹「おー今日は魚の照り焼き!」

男「おう。結構作るのに時間かかった」

妹「おいしい!」

妹「おいしいですよ兄さん!」パクパク

妹「一〇〇点上げます」

男「どうも」

妹「これでいつでも嫁にこれますね」

妹「私の所に」

男「・・・そうかい」

妹「ええそうです」

男「・・・」

男「まぁでも」

男「もうほとんどそんな感じだろうな」

妹「ぬ?」

男「掃除も選択も食事も俺がやってるんだしさ」

男「家の家事全般俺の仕事じゃん」

妹「ほうほう」

妹「自覚があったんですか」

妹「でも、それじゃあ・・・」

男「ん?」

妹「私も言いたいことあります」

男「許す。言ってみろ」

妹「は?偉そうにするなよ」

男「・・・」

妹「ああ、これは失礼」

男「おう」

妹「怒りの沸点を超えてしまって」

男「・・・」

妹「まぁ・・その話はおいといて」

男「そうかい」

妹「私が言っているのは」

妹「幼先輩に告白したことです」

男「はぁ?」

妹「いえ、もし私が嫁なら・・」

妹「失礼嫁は兄さんでしたっけ?」

男「・・・」

男「いやどうでもいいけど」

妹「浮気というかそれ以前ですよね」

妹「私嫉妬すると、それはそれは怖くなりますよ」

男「・・・」

男「いや、さっきのは例え話でしょ」

妹「そんなことはわかってますよ。馬鹿」

男「ま、まぁわかってるならいいけど」

男「仮定の話で盛り上がり杉。何だよ浮気って」

妹「・・・」

妹「はいはい。そうですか。そうですよね」

男「何だ気のない返事して?」

~放課後~

男「終わったー」

男(あー今日は一日長く感じたわ)

prr

男「ん?メールだ。妹から・・・」

『今日は委員の仕事があるので先に帰っててください』

男「へぇアイツも大変なんだな・・・」

男「さて・・それじゃあ誰と帰ろうかな・・っと」

幼「・・・」

男「・・・」

男「幼」

幼「何?急いでるんだけど」

男「・・・」

男「何を怒ってるんだよ」

幼「別に怒ってない」

幼「呼び止められて腹立ってるけど」

男「そうか・・・悪かった」

男「それでさ」

幼「何?さっきも言ったけど私急いでる」

男「・・・」

男「何をそんなに急いでるんだよ」

幼「あなたと同じ空気を吸いたくないの」

男「そ・・そう」

幼「さっさと用件を言って」

男「お、おう」

男「家の方向・・一緒だからさ」

幼「・・・」

男「帰らない?2人で」

幼「いつもの妹ちゃんは?」

男「いや・・・今日は一緒に帰れないって」

幼「ふーん。私は妹ちゃんの代わりってこと」

男「べ、別にそんなことない・・・」

幼「本当かな?」

男「本当だよ!」」

男幼「・・・」

幼「・・・」トコトコ

男「・・・」トコトコ

男「な、なぁ」

幼「何?」

男「・・・」

男「本当になんで怒ってるんだ?」

幼「別に・・・」

幼「怒ってないけど」

男「いや・・・怒ってるだろう」

幼「怒ってないって言ってるでしょ?怒るよ?」

男「ああごめん」

男「・・・」

男「俺、お前に嫌われるようなことしたかな?」

幼「・・・じゃあ私からも質問いい?」

男「嫌」

男「あはは。いつもの幼のまね」

幼「ッチ」

幼「死ね」

男「・・・」

幼「良いです」

幼「もう話したくなくなりました」

男「だからごめんって」

男「ちょっとしたジョークじゃん」

幼「うるさい」

男「悪かったから・・・話してみてよ」

幼「話さないよ」

幼「男うざいし」

男「そんな辛辣な・・」

幼「じゃあ聞くけどさ・・・」

男「ん?」

幼「何で・・・あんなことしたの?」

男「は?あんなこと?」

幼「本当好きでもないくせに」

男「なに言ってるんだよ・・・好きだからこそ・・・」

男「それに、さっきから断片的過ぎて・・・」

男「何を言いたいのかわからねぇよ」

幼「そう」

幼「別に分からなくてもいいもん」

男「もん・・・って」

幼「私に告白?は!」

幼「どうせ男は妹さんの方が好きなんでしょ」

男「なに言ってんだよ」

幼「そうやって男はいつも私の気持ちを・・・」

幼「いつも・・いつもそう」

男「お、おい落ち着いてくれ」

幼「私が何で」

幼「男の告白受けなかったかわかる?」

男「俺に聞くのかよ」

男「そうだな・・やっぱり俺のこと嫌いとか?」

幼「全然違う」

男「じゃあ何?」

幼「貴方のことは好きだよ」

男「は」

幼「でも・・でももし私が男と付き合って」

幼「今よりも、もっともっと男を好きになったらきっと」

幼「きっと今よりもずっと」

幼「あなたの妹に嫉妬するんだって」

幼「そう思ったら・・・馬鹿らしくて」

男「妹に嫉妬って・・」

男「俺は確かに妹の事は好きだけどさ」

幼「・・・」

男「でもそれは家族としてであって」

男「そういう・・・恋人的な意味で好きなのはお前だよ」

幼「・・・どうだかね」

男「本当だって」

男「あいつ意外に結構馬鹿で不器用だし」

幼「そういうとこだよね。結局」

男「?」

幼「いっつも妹に憎まれ口叩くけど」

幼「それが私には、まるでのろけにか聞こえない」

男「のろけって・・何だよ・・」

幼「こっちの台詞だよ」

幼「貴方たち少し仲良すぎ」

幼「私が妹ちゃんよりも、男と仲良くなれる姿なんて想像できない」

幼「だから断ったの」

男「ちょ、ちょっと待って!」

男「確かに、確かに妹のことは好きだよ?」

幼「・・・」

男「でも、それを肯定した上で、お前のことが一番好きなんだ」

幼「・・・嘘よ」

男「嘘じゃない」

幼「嘘つくひとは嫌い」

男「だから嘘じゃないって!」

幼「あ、あんまり声出だないでよ。目立つから」

男「ああごめん」

男「話を戻すけど」

幼「・・・」

男「俺は妹とは別のベクトル・・・」

男「いや、妹よりもお前が好きだ」

男「だから誤解しないで」

幼「誤解?事実でしょ」

男「俺と付き合ってくれ。お前が一番好きだ」

幼「・・・」

幼「信じられない」

幼「本当に妹ちゃんより私の方が好き?」

男「本当だ」

幼「・・・」

幼「じゃあ私が世界で一番?」

男「おう」

幼「浮気とか一生しない?」

男「おう」

幼「そう」

男「・・・」

幼「・・」

幼「そこまで言うなら」

幼「うん・・わかった」

幼「付き合って」

男「え?いいの?」

幼「・・・」コクリ

男「や、やった!!!!」

男「無理かと思ってたけど幼と付き合える!!!」

幼「もう・・恥ずかしハシャギ方しないでよ」

男「いえーい」

幼「あ・・・そういえば」

男「ん?」

幼「さっき言ったこと、全部守れなかったら怒るから」

幼「すっごい怒るからね?男」

幼「わかった?」

男「・・・う、うん」

少し休む
昼ご飯も食べてないし

男「え?いいの?」

幼「・・・」コクリ

男「や、やった!!!!」

男「無理かと思ってたけど幼と付き合える!!!」

幼「もう・・恥ずかしハシャギ方しないでよ」

男「いえーい」

幼「あ・・・そういえば」

男「ん?」

幼「さっき言ったこと、全部守れなかったら怒るから」

幼「すっごい怒るからね?男」

幼「わかった?」

大和田「やれるもんなら、やってみなっ!(´・Д・)」」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年01月13日 (火) 00:09:53   ID: JXd4i1lI

大和田www

2 :  SS好きの774さん   2017年08月02日 (水) 00:49:52   ID: M4RiK4vw

実際居たら腹立つだけだろこんな女と妹。メンヘラかよ

3 :  SS好きの774さん   2017年12月02日 (土) 13:48:55   ID: 4dyo__tz

実際の話とかどうでもいいです……

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom