妹「お兄ちゃん大好き!兄妹だけど結婚しよ」 (42)

男「・・・」ピコピコ

妹『お兄ちゃん・・本当に私でいいの・・・?』

男「・・」ピコピコ

妹『うれしい・・お兄ちゃん』

男「・・・」

姉「ちょっと男・・・あなた、なんてゲームやってるの?」ガラ

男「ちょ、おい!部屋空けるときはノックしろ!」

姉「嫌よ」

男「い、嫌って何だよ・・・」

姉「というか男。あなた私の発言を指摘してる場合?」

男「・・・」

男「そ、それでもいつも言ってるじゃん!部屋入るときは・・・」

姉「私とあなたの仲じゃない」

男「そ、そ、それでも!」

姉「大体何なの?このゲーム」スッ

男「う、うわ!やめて!」

男「あ、あ、今やめるから!ね?」

姉「あのね・・・」

姉「そういう問題じゃないでしょ?」

姉「はぁ・・・いつもはゲームは2時間までなら許していたけど」

姉「これからは、30分に減らそうかしら?」

男「え、え!」

姉「嫌なの?」

男「う、うん。30分じゃ・・さ・・」

姉「じゃあもうこんなゲームやらないって約束できる?」

男「え・・・」

男「どうして・・・だめなのさ」

姉「どうして?私に聞くの?」

男「・・・」

姉「わかるでしょ気持ち悪い」

男「わ、悪かったけどさ・・・」

男「き、気持ち悪いって、好きな本人の前で言うのは・・・」

姉「気持ち悪いわよ」

姉「妹なんて」

男「は?」

姉「あなたには素敵な素敵なお姉ちゃんがいる」

男「い、いやそれとこれとはさ」

姉「それなのに妹妹って」

姉「ああ、馬鹿みたい」

男「・・・」

姉「男?聞いてるの?」

男「聞いてるよ・・・」

姉「ないものねだりよ」

姉「妹より姉の方が何倍も偉大だわ」

男「・・・」

姉「そのゲームは没収ね」

男「ええ」

姉「男はまだ高校生でしょ?高校生らしいゲームをしなさい」

男「・・・たとえば何さ」

姉「スマブラとか」

男「ウイーはうちにないじゃん」

姉「64があるじゃない」

姉「久しぶりに対戦してあげてもいいけど?」

男「・・・」

男「・・・・いいよ」

~朝~

姉「男・・・起きなさい」

男「zzz」

姉「起きなさいと言ってるのだけれど?」バシバシ

男「ん・・まだ眠いよ・・」

男「zzz」

姉「・・・」

姉「あなたが眠いなんて関係ないの」

姉「私が起こしてるんだからさっさとおきなさい」バシン

男「痛った!」

男「あ・・おはよ・・姉さん」

姉「おはよう」

男「ね、姉さん」

姉「何?朝なんだから質問は端的にね」

男「う、うん」

男「あの・・・暴力はやめて・・・ほしいな・・・」

姉「あら・・・」

姉「私が起こしてるのに起きないあなたが悪いんじゃない」

男「・・・だからこれからは俺が自分で起きるって」

男「目覚ましとか自分でセットしてさ」

姉「それもだめ」

男「なんで」

姉「男は私が起こすから」

男「・・・」

姉「早く歯磨きして制服に着替えなさい」

男「ん・・面倒くさいなぁ」

姉「はぁ・・男はいつまでたっても甘えん坊ね」

姉「これじゃ将来が思いやられる」

男「は?」

姉「しょうがない私が手伝だってあげるから」

男「そ、それはいいよ、自分でやるよ」

姉「あら、いいの?」

男「俺は赤ちゃんじゃないんだから」

姉「違ったの?」

男「・・・違うよ」

姉「ふふ。冗談よ 」

幼馴染「男~おっはよ!一緒に学校登校しよ!」

姉「・・・」

男「おー幼じゃんおはよう」

幼「んーんー良い朝だね」

姉「あなた今日も来たの?」

幼「ええ、ええ。来ましたよ」

姉「そう。来なくてもよかったのに」

幼「いえいえ、私の日課ですから」

姉「退屈な日課ね」

男「ちょ、ちょっと・・・」

幼「ほうほう。退屈ですか」

姉「ええ。日課と呼ぶには」

幼「でもそれはあなたの価値観での話で私は違いますのでー」

姉「あら?そうかしら。世間一般でみても」

幼「私は世間には流されません」

姉「ああ言えばこういうのね」

男「け、喧嘩しないで」

幼「べっつに喧嘩じゃないよ。ね?姉先輩」

姉「そうね。喧嘩ではないわね」

男「・・・・」

男「じゃあ、姉さん。2年のフロアはあっちだから。今日はここまでね」

幼「うんうん。それじゃあ教室へ行こう!」

姉「・・・」

姉「ちょっと待ちなさい男」

男「うん?」

姉「今日はティッシュとハンカチ、きちんと持っているの?」

男「うん・・もちろん」

姉「そう。じゃあ今出してみなさい」

男「え・・・・」

姉「ほら早くなさい」

男「あ・・」

男「ハンカチがない」

姉「さっき私には、ある。って言ったわよね?」ギロ

男「う・・・」

姉「ふふ。まぁいいわ。私のを・・・」

幼「はいは~い!それじゃあ私が貸してあげます」

幼「それじゃあ教室行ってみよう!」ガシ

男「うわ・・引っ張るな」

男「ね、姉さんそれじゃあ・・・」

姉「・・・」

男「あ・・」

男「ハンカチがない」

姉「さっき私には、ある。って言ったわよね?」ギロ

男「う・・・」

姉「ふふ。まぁいいわ。私のを・・・」

幼「はいは~い!それじゃあ私が貸してあげます」

幼「それじゃあ教室行ってみよう!」ガシ

男「うわ・・引っ張るな」

男「ね、姉さんそれじゃあね・・・」

姉「・・・」

幼「おはっよーみんなー」ガラ

男「おはよう」ガラ


男友「おっす二人とも」

男友2「あー幼ちゃんおはよ」

男「お前は女子にしか挨拶しないのか?」

男友2「そりゃあ男に挨拶してもね」

男「お前な・・・」



男友3「お、お、男君・・あの・・・おはよう」

男「おう、おはよう」

男友3「あ・・・」

男友3(や、やった今日は男君と会話できた・・・)

女友「おはよう幼ちゃんー」

幼「おはよー!!」

女友2「おお、大きい声」

女友2「幼ちゃん今日も元気だねー」

幼「うんうん。それもとりえだから」

女友2「も?」

女友「他にも何かあるの?」

幼「もちろんよ!」



男友「幼ちゃんってかわいいよな、今彼氏とかいるのかな?」

男友2「え?男と付き合ってるんじゃないの?」

男「いや?違うけど」

男友2「え?マジで?本当に?狙ってみようかな」

男友「お前は盛りすぎだよ」

男友2「毎日一緒に登校してるんだから、てっきり付き合ってるもんだと思ってた」

男「あはは。登校してるだけだって」

男「それに姉さんも一緒だから二人きっりって訳じゃないじゃん」

男友2「あの人お前の姉なの?やけに綺麗な人だなとは思ってたけど」

男「お前は何年俺の友達やってるんだよ」

男友2「俺女子にしか興味ないからさ」

男友「堂々としてるな」

男「・・・」



男友3「・・・」

~昼~

幼「やっとお昼だよ」

女友「幼ちゃん、昼休み好きだよね」

幼「ふふん。まぁね」

幼「男ーお昼一緒に食べよー」

男「え?・・でもなぁ」

男友2「いやなら俺と食べない!?」

幼「男ーそんなこと言わないで」

幼「いいジャン!いいジャン!」

男「まぁ・・・・いいのかな?」

幼「うんうん」

男友2「・・・・」

姉「今日のお昼は洋食でそろえてみたの」

姉「男、和食よりも洋食が好きでしょ?」

男「うん。ありがとう」

姉「ええ。構わないわ。それで・・」

姉「どうして、あなたがいるのかしら?」

幼「まぁまぁ。良いじゃありませんか」

姉「・・・男?」

男「・・・」

男「幼も食べたいって行ってるんだから・・別にいいじゃん・・・」

姉「別にいいじゃん?」

姉「何よその言葉遣い」ギロ

男「な・・なにさぁ」

姉「強気ね。お仕置きされたいの?」

男「お、お仕置きって何・・」

姉「さぁ?何かしら」

幼「男ーはいはい。私のハンバーグあげる」

男「あ、ありがと」

姉「男?今は私としゃべってるんじゃないの?」

男「え?」

幼「ああ、姉先輩もハンバーグ食べます?」

姉「いらないわ」

幼「そうですか。おいしいのに」パクパク

姉「でも・・・」

幼「?」

姉「私が作ったハンバーグの方がおいしいと思うけど」

幼「そうなんですか?」

姉「男?」

男「何・・?姉さん」

姉「あなたの作ったお弁当にもはいってるでしょ?」

姉「ハンバーグ」

男「あ・・うん」

姉「どっちのほうがおいしい?」

幼「・・・」

男「俺・・味の違いなんてわからない」

姉「貴方が思う方でいいのよ?」

幼「男の言うとおり」

姉「・・・」

幼「いちいち味比べなんてしなくても良いよ」

幼「楽しく食べれれば。ね?」

男「うんそうだよ」

姉「・・・」

姉「・・・そう」

幼「そうですよ」

姉「でも・・私の方がおいしいわよね」

男「ん?何かいった?」

姉「・・・」

姉「何でもないわ」

男「・・そう」

幼「男ーこれ、おひたし」

幼「作ったの分けてあげる」

男「お、どうも」

幼「私は和食も作れる女なの!どう?」

男「すげぇじゃん」

姉「私の得意料理は和食よ」

男「ね、姉さん・・ちゃんとわかってるよ」

姉「・・・」

男「だから怒らないで」

姉「怒る?だれが」

男「姉さん・・・今さ」

姉「怒ってないわ」

男「本当に?」

姉「ええ、本当に」

幼「ふふ・・」クスクス

姉「なに笑ってるのよ?」イラ

幼「いえ・・微笑ましいなぁって」

男「そ、そうかな」

幼「うん。何だか姉先輩が可笑しくて」

男「あ、あはは」

姉「なに笑ってるの?」

男「い、いや・・」

姉「それに私はあなたを可笑しくさせるために生きてるわけじゃないの」

幼「そんなことわかってますよ」

姉「だったら可笑しいとか言わないでもらえる?」

姉「耳障りで不快なのよ」

男「ね、姐さん言い過ぎ!」

幼「あら、気分を悪くしたならすいませんでした」



姉「男もうあの子を誘うのはやめなさい」

男「は?何のこと?」

姉「何のこと?何のことかわからないの?」

男「ね、姉さん落ち着いて」

姉「・・・・」

姉「大体、あなたもあなたなのよ」

姉「ほいほい餌付けされてたら世話ないわね」

男「いや・・みんなで食べようよ」

男「そっちのほうが楽しいじゃん」

姉「全然楽しくない」

男「でもさ・・・」

姉「絶対男と私と二人で食べた方が楽しいし」

男「わ、わかったから、まず落ち着いてよ」

姉「わかったから?なによそれ」

男「何が?」

姉「私をあやす様な態度を取られるのは癪に障るのだけれど」

男「・・じゃあどうすればいいのさ」

姉「私と一緒にご飯食べて」

姉「私とい一緒に学校に登校する」

男「いつもしてるじゃない」

姉「違うわ。そうじゃないの」

prrrr

男「あ・・幼から電話」

姉「・・・」

姉「男」

男「なに?」

姉「まさかとは思うけど、出る気なの?」

姉「私が目の前にいるのに」

男「い・・いや・・電話来たら出るのが」

姉「出るの?出ないの?」

男「いや・・そりゃあ」

姉「出るのね。そう」

姉「じゃあ電話も没収」

男「ええ、それはいくらなんでも」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年01月03日 (金) 14:11:53   ID: MWvSQ0ua

姉ウゼェwww
やはり妹が一番

2 :  SS好きの774さん   2014年03月07日 (金) 23:21:32   ID: DCFq4m59

1»だわなwww姉クズいわwww妹と恋愛っいいジャマイカ何故没収する

3 :  SS好きの774さん   2014年03月07日 (金) 23:23:50   ID: DCFq4m59

あっこのお話書いている人に対しての批判では断じて無い!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom