太一「はぁはぁ…空っ…空っ……ちくしょう…!」(165)

太一「またやっちまった…俺は友達でなにをしてるんだ…」

太一「…情けねぇよ…」

コロモン「太一ぃ…」

太一「コロモンいたのか!?」

コロモン「こんな夜遅くになにやってるのぉ?」

太一「いや…なんでもねぇよ。ごめんな」

コロモン「空を呼んでたみたいだったけど…空がどうかしたの?」

太一「なんでもねぇっての!もう寝ろよ!」

コロモン「…うんちしたい」

太一「いい加減一人でトイレいけよ…」

ブボモッ!

太一「くさっ」

コロモン「太一ごめん…」

太一「終わったか?ならもう寝ようぜ」

コロモン「ねぇねぇさっき何してたの?息荒かったけど」

太一「なんでもねぇって」

コロモン「太一って空のこと好きなの?」

太一「!」

太一「うるせーなー…お前には関係ねぇだろ」

コロモン「僕はピヨモンのこと好きだよ!」

太一「へ…」

コロモン「太一達も同じ?」

太一「そうだったのか…コロモン…」

太一「そうだな…俺は空のことが好きだった」

コロモン「だった?」

太一「あぁ…だって空には好きな奴がいるから…」

太一「ヤマトがいるからさ…俺が入り込む隙なんてないのさ」

太一「だから諦めたんだ…諦めたつもりだったんだ」

太一「なのに…ちくしょう…」

コロモン「太一ぃ…」

コロモン「諦めちゃダメだよ太一!太一らしくないじゃない!」

太一「んなこといったって…こればっかりはよ…」

コロモン「空が太一のことをヤマトよりも好きになっちゃえばいいんだよ!」

太一「な!?」

太一「か、考えたこともなかった…」

コロモン「そうと決まったら明日から空と仲良くしよう!」

太一(ヤマトから空を寝とるのか…)

太一「」ムキッ

コロモン「あっ!太一のおまたに小さなデジモンが!」

太一「なんか興奮するな」

太一「つっても女の子にアプローチなんてしたことないし…」

太一「誰かに電話して聞いてみようか…」

コロモン「誰に電話するの?」

太一「もう夜遅いしなぁ…気を使わないですむのは…」

太一「大輔かな」

prrrrrprrrrrガチャッ

大輔『はい?どなたっすか?』

太一「おう俺だ。こんな夜中にすまない」

大輔『太一先輩!?俺になんか用ですか?』

太一「いや…その…相談があるんだが…時間大丈夫か?」

大輔『太一先輩のためなら時間作りますよ』

太一「悪いな」

大輔『なるほど…女の子へのアプローチっすか』

太一「電話しておいてなんだけど、お前に相談してもあんまり参考にならなそうだな」

大輔『失礼な。これでも恋多き男っすよ俺は』

大輔『いいですか先輩。女ってのはとにかく押しに弱い』

太一「そうなのか」

大輔『先輩が強引にせまっちまえば女なんてみんなコロッと惚れちまいますよ』

太一「マジかよ」

太一「お前もたまには頼りになるな。ありがとよ」

大輔『任せてくださいよ!』

太一「じゃ、おやすみ」

大輔『お休みなさい』

ガチャン

賢「誰から?」

大輔「太一先輩」

大輔「一条寺、続きしようぜ」

賢「本宮…太一先輩と仲良さそうだったね…」

大輔「なに勘ぐってんだよ。俺にはお前だけさ」

賢「…本宮…」

大輔「今日は余計なこと全部忘れるくらい、良くしてやるよ」

賢「あぁ…本宮ぁ…!」

太一「よし、やっぱ男は押せ押せだぜ!明日から空にアピールしてみっか!」

コロモン「さすが太一!そうでなくちゃ!」

太一「んじゃ今日のとこは寝ようぜ」

コロモン「うん。あれ?そういえば光がいないね。どこかにお泊まり?」

太一「あぁ…あいつはな…」

光「あっ…!京さん…!!」

京「ちょ…光ちゃん声大きすぎ…」

光「だ、だってぇ…」

京「あたしんち家族多いんだからさ、ばれちゃうかも…」

光「…ねぇ京さん、今度はホテルにいってみない?」

京「えぇっ!?あたしたちまだ○学生だよ…」

光「でも私、もっと激しく京さんとジョグレスしたい…」

京(あたしはとんでもない子を育て上げてしまったわ…!)

コロモン「へぇ…光って女の子が好きなんだぁ」

太一「まったく…兄ちゃんとしては複雑だぜ」

太一「俺はてっきりタケルとくっつくのかと…タケルも可哀想だよな」

コロモン「タケルは好きな人いないの?」

太一「光が好きだったみたいだけど、今は…」

タケル「伊織くん…」

伊織「あ、あの…今日もするんですか?タケルさん…」

タケル「駄目かな?僕、伊織くんのこと好きだよ」

タケル「小さい身体も、その女の子みたいな声も、まつげの長い瞳も…」

タケル「全部が可愛い…」

伊織「……タケルさん」

伊織「…タケルさんは、僕を女の子に重ねて見ていますね」

タケル「!」

伊織「僕を小さい頃の光さんと重ねて…僕自信は見ていない」

タケル「……」

伊織「そんな関係でしかないんです。やはり僕は…タケルさんに答えてあげられません…」

タケル「うるさい!」

伊織「ひっ!?」

タケル「僕は伊織くんが好きなんだ!光ちゃんなんてもうどうでもいい!」

伊織「あっ…タケルさ…!」

コロモン「へぇ…人間はオスとメスが好き同士になるわけじゃないんだね」

太一「こいつらが特殊なだけだ」

太一「空もヤマトも光史郎もミミちゃんもノーマルだ」

コロモン「ヤマトは空が好きなの?」

太一「いや…あいつはよくわかんねぇ」

光子郎だ、歴史の史じゃなくて子どもの子だ
そして丈はなぜハブられてるのでしょうか

コロモン「太一でもわかんないことってあるんだね」

太一「はは。そりゃそうだろ」

コロモン「じゃあ光史郎は?ミミは?丈は?」

太一「あぁー…こいつらはちょい複雑なんだよ」

>>50
なんか違和感あったんだ。ありがとう

太一「まずミミちゃんが光子郎に告白した。んで付き合ったんだ」

コロモン「光子郎もメスに興味あったんだね」

太一「いや…ミミちゃんが譲らなかったらしい。わんわん泣いてな…んで、光子郎が折れたんだ」

コロモン「ミミはよっぽど光子郎のこと好きだったんだね」

太一「いや、それはどうかな」

太一「光子郎は、学生のうちは清い交際をしましょう、とか言ってたらしくてな」

太一「ミミちゃんはそれが気に入らなかったんだろう。今度は丈に告白した」

コロモン「えぇ!?ミミは丈のことも好きだったの!?」

太一「男と触れ合いたい年頃だったんだろ。丈は年上だし、色々やってみたかったんだろうな」

太一「ただ、丈は意気地がねぇからな…変に真面目だし」

余談だけど
デジモンには雄雌の概念はなく子作りもしない→恋愛感情はない
かと
cwでは違う設定みたいだけど

>>57
アニメでピヨモンが私はメスよ発言してたような

太一「んで、そのあとも外国の子とかとも交際をえて結局光子郎に落ち着いたらしい」

コロモン「ミミはすごいなぁ」

太一「つっても、光子郎のほうはただのメル友くらいにしか思ってないみたいだけどな」

コロモン「そっかー…みんな恋人がいるんだね」

太一「なーにが恋人だ一丁前に!意味わかっていってんのかよ?」

コロモン「馬鹿にするなー!」

太一「俺たちはまだ子供なんだ。やれ彼氏だやれ彼女だうるせぇんだよな」

コロモン「誰が言ってたのさ。学校の友達?」

太一「くっそー!俺だってお前にかまってる時間を使えば彼女の一人や二人作れるんだよ!」

コロモン「なにぃー!僕に八つ当たりかよ!自分がモテないのが悪いんじゃないか!」

太一「やんのか!」

コロモン「やったろうじゃないか!」

翌日

アグモン「太一起きてー!朝だよ」

太一「いでで…まだ身体中いてぇよ」

アグモン「大袈裟なんだから太一ってば」

太一「お前進化すんのは反則だろうがこのやろう!」

デジモンワールド

空「本当に太一が私達を呼んでいたの?」

アグモン「うん。君たちの力が必要なんだって」

ピヨモン「なにかしら?デジモンワールドに呼び出すなんて」

アグモン「なんでも悪いデジモンがピョコモンをいじめてるらしいんだ。だからピヨモンに応援をって」

ピヨモン「ピョコモンをいじめてるだなんて!?許せない!」

アグモン「こっちこっち!」ドスドス

ピヨモン「ぴよー!!」バサバサ

空「ちょ…二人とも速いよ」

空「いっちゃった…どうしようかしら…」

「ギャオォォォ」

空「!?」ビクッ

クワガーモン「ギャオォォォ」

空「クワガーモン!?きゃぁぁ!」

クワガーモン「ギャオォォォ」

空「助けて…!ピヨモン…」

太一「まて!!」

空「太一!!」

太一「クワガーモン!俺が相手だ!!」

クワガーモン「ギャオォォォ」

空「無茶よ太一!逃げましょう!」

太一「空!お前は逃げろ!俺はお前を守ってみせる!!」

空「太一…!」

太一「クワガーモン!こっちにこい!」

クワガーモン「ギャオォォォ」

空「うぅ…太一…無事でいて…!」


太一「よし、もういいぞクワガーモン」

クワガーモン「へへへ…そっすか」

太一「これ報酬の飴ちゃんな」

クワガーモン「うめぇぇぇぇぇ!!!!」

空「太一…」

太一「…空…無事か…?」

空「太一!その足…」

太一「へへ…ちょっとヘマしちまった…」

空「もう…!一緒に逃げればよかったのに」

太一「空を危険な目にあわせたくなかったんだ…」

空「…ばか」

太一(これで大分好感度があがったろ)

空「いつも無茶しすぎなのよ…」

太一「しょうがねぇだろ、身体が勝手にうごいちまうんだから」

太一「空を想うとな」

空「え…今…」

太一(いい雰囲気になったところで…)

太一「俺な…ずっと前から空が好きだったんだ」

太一「俺の彼女になってくれ。後悔はさせないよ」

太一(決まった…)

空「いや」

太一「え?」

空「ごめん太一…私、ヤマト君が好きなの」

太一「……」

空「ごめんね」

太一「……」


ピヨモン「ピョコモン達無事だったじゃない!嘘ついたの?」

アグモン「まぁまぁ落ち着きなよ。ああするしか太一達を二人っきりに出来なかったんだから」

ピヨモン「どういうこと?」

アグモン「行けばわかるさ。おーい太一ー!」

飯落ちすいません
書きたいことはこれからなんですが

雑談しながらでも保守してくれると助かります

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom