コナン「オレは灰原にフェラをしてもらいたいんだ!」(268)

博士「な!? 今なんとっ!?」

コナン「だって考えてもみろよ! 灰原の属性を!」

「ジト目」「辛辣」「知的」「クール」そして「あの声」!


全 て が フ ェ ラ に う っ て つ け じ ゃ ね ー か !


博士「むむむ。 言われてみれば確かにそうかもしれん……」

コナン「だろ!? なぁ博士! 何かいい方法はないのかよ!?」

博士「そうがっつくな新一。 まずはロジックを組み立てるのじゃ」

コナン「ロジック? 灰原を論理的に攻略するってことか?」

博士「うむ。 その通りじゃよ」

コナン「いい考えじゃねーか。 探偵のオレにぴったりだぜ!」

博士「ふっふっふ。 君ならそう言うと思っておったよ」

コナン「それで、まずは何をすればいいんだ?」

博士「やはり情報収集から始めるのがセオリーじゃろう」

コナン「なるほど……確かに攻略には情報が必須だもんな」

博士「その通り。 まずは哀君を徹底的に調査するんじゃ!」


◆翌日/12月24日/帝丹小学校◆

灰原「おはよう工藤く――」

『カシャッ!』 『カシャッ!』

灰原「……ちょっと、何勝手に撮ってるのよ?」ジトッ

コナン「アハハ……たまにはこういうのもいいかなーって」

『カシャッ!』 『カシャッ!』 『カシャッ!』

灰原「 張 り 倒 す わ よ ? 」ギロッ

コナン「そんなに怒るなって。 たかが写真だろ?」

灰原「勝手に撮られるのが不愉快だって言ってるの」

コナン「じゃあ許可があれば撮っていいんだな?」

灰原「ダメ」

コナン「はぁ? 何だよそれ……」

歩美「哀ちゃん! 1時間目体育だから、着替えにいこー♪」

灰原「ええ。 今用意するから、ちょっと待ってて」

コナン「そういえば1時間目は体育か……」


≪ 哀君を徹底的に調査するんじゃ! ≫


コナン(……よし、女子更衣室に先回りだ)タタタタタ

◆数分後/女子更衣室◆

歩美「ジングルベル♪ ジングルベル♪ 鈴が鳴る♪」

灰原「ふふっ。 そういえば今日はイヴだったわね」

歩美「えへへ。 ところで哀ちゃん。 昨日のニュース見た?」

灰原「ニュースって、キッドが予告状を出したってやつ?」

『ガタッ!』

歩美「そうそう♪ 今日の9時だよねっ。 楽しみだなぁ」

灰原「ふふっ。 江戸川君にとっては楽しくないでしょうけど」

『ガタッ!』

歩美「……ね、ねぇ。 なんかさっきから変な音しない?」

灰原「そうね……もしかしたら、近くにキッドがいるのかも」

歩美「えっ!? ほんとぉ!?」

灰原「冗談よ。 早く体育館に行きましょ」

歩美「アハハ……だよね」

◆女子更衣室/掃除用具入れ◆

『ガタンッ!』

コナン「ゲホッ! ゲホッ! なんてこった……!」

キッドが予告状を出してただって!?

コナン「くそっ。 全然知らなかったぜ……」

……まぁいい。 今はそれどころじゃないからな。

せっかく女子更衣室に侵入できたんだ。
灰原を徹底的に調査しねーとっ。

コナン「ここがアイツのロッカーか……ん?」

こ、これは……灰原の脱ぎたての服!?

コナン「やべぇ……体育館シューズまであるぞ……」ハァハァ

『キョロッキョロッ』

コナン(人は……しばらく来ないよな……?)

オナニーしても、大丈夫だよな……?

◆その頃/通路◆

灰原「あっ……体育館シューズを忘れたわ」

歩美「え? 哀ちゃんが忘れ物ってめずらしいね」

灰原「多分更衣室だと思うから、先に行ってていいわよ」

歩美「うん、分かった。 遅れたらダメだよ♪」

灰原「ええ。 すぐ戻るわ」


◆その頃/女子更衣室◆

コナン「ハァハァ……灰原の服でオナニーしているこの事実……!」シコシコ

毛糸のセーターが何とも形容しがたい快感を生み――『パチッ!』

コナン「オゥフ/// くぅ~ッ! この静電気がたまんねー!」シコシコ

『ペロペロペロペロペロッ』

コナン「そしてうまいっ! こんなにうまい体育館シューズは初めてだ!」シコシコ

『ガチャッ』

コナン「え?」

           おっぱい!
       おっぱい! おっぱい!
    おっぱい おっぱい! おっぱい!
  おっぱい! ∩   ∩ ノ)   おっぱい!
 おっぱい!  川 ∩ 川彡'三つ  おっぱい!
おっぱい! ⊂ミ∩、⊂ミ∩彡⊃    おっぱい!
おっぱい!⊂三ミ( ゚∀゚)彡三彡三⊃ おっぱい!
おっぱい! ⊂彡川⊂彡川ミ⊃    おっぱい!
おっぱい!⊂彡川∪⊃ U川彡⊃   おっぱい!
 おっぱい! (ノ ∪  川 ∪ミ)  おっぱい!
  おっぱい!      ∪     おっぱい!
    おっぱい! おっぱい! おっぱい!
        おっぱい! おっぱい!
            おっぱい!

光彦「ふふふ。 この携帯で、灰原さんと歩美ちゃんの――あれ?」

コナン「み、みつひこっ!? 何で光彦がこんなところに……!?」

光彦「そ、それはこっちのセリフですよ! 何やってるんですかコナン君!」

コナン「こ、これはその、色々と訳があって――」

『カシャッ!』

コナン「なっ!? おい! 何撮ってんだよ光彦っ!?」

光彦「ふっふっふ。 携帯のカメラを起動しておいて正解でした」

コナン「バ、バーローッ! 今すぐ消せ! もしバレたらどうすんだ!?」

光彦「バレたら? 随分と、おかしなことを言うんですね、コナン君」

コナン「なにっ!? どういうことだっ!?」

光彦「バレないようにするのが、君の仕事じゃないですかぁ」ニヤリ

コナン「!!! ま、まさかお前……!」

光彦「頭のいい君なら分かるでしょう?」

≪これからは、僕の命令に従ってもらいます≫

光彦「ふっふっふ。 これは命令ですよ? コナン君」ニヤリ

光彦「じゃあ、そろそろ授業が始まるので……」ニヤリ

≪命令するときは、君の携帯電話にメールしますから≫

『ガチャンッ!』

コナン「……なんてこった……光彦があんな奴だったとは……」

やばいな……もしあの写真が灰原に見つかったら、
灰原にフェラをしてもらうなんて、夢のまた夢だぞ!?

コナン「くそっ! なんてヘマをしちまったんだよオレはっ!」

『ガチャ――ちょっと待ってください!』

コナン「!?」

光彦『ダメですよ灰原さん! 今入ったら』

灰原『えっ? どうして?』

コナン(なっ!? 灰原が戻ってきたっ!?)

光彦『えーっとですね、とにかくダメなんですよ!』

灰原『そう言われても……体育館シューズが中にあるんだけど』

コナン(なるほど。 体育館シューズか……でもどうして光彦が……)

はっ、そうか! 確かに光彦には、オレを庇う動機が十分にある!

オナニーの事実が灰原にバレた時点で、
あの証拠写真の存在価値はなくなる。

光彦としては、それは絶対に避けたいはず。
なんたって、オレに命令できなくなるからな。

だから光彦は、灰原を足止めしてるんだっ。

コナン「とにかく、今の内に早く逃げねーと……!」

逃げるといってもドアは無理。
仕方ねぇ、あの窓から外に出よう。

『ガラガラッ!』

◆その頃/廊下◆

光彦(時間は十分稼いだ……流石にコナン君は逃げたでしょう)

灰原「ちょっと円谷君。 いい加減にしてくれる?」

光彦「あ、はい。 すみません。 もう入っていいですよ」

灰原「もう。 一体なんだったのよ?」

光彦「いやぁ。 なんだか僕の勘違いだったみたいです」アハハ

◆数分後/体育館◆

キーンコーンカーンコーン♪

小林先生「さぁみんな、今日は縄跳びだよ!」

\わーい/ \わーい/ \わーい/ 

元太「おいコナン! 前とび勝負しようぜ」

光彦「いいですね。 僕も混ぜて下さいよ」

コナン「ああいいぜ。 回数で勝負な」

灰原「じゃあ私達は見学させてもらおうかしら」

歩美「えへへ。 みんながんばれー♪」

光彦「ふふふ。 お二人が見てるとなれば、尚更負けられませんね」

コナン(確かにその通りだ……これは灰原にアピールする絶交のチャンス)

元太「よーし! じゃあ負けた奴は全員にチュッパチャップス奢ることな!」

PRRRRRRR♪PRRRRRRR♪

コナン(ん? こんなときにメール……ま、まさかっ)

**************

【送元】#969#6261@freemail.cn
【件名】3回でミスしろ
【本文】あと元太も道連れにしろ

**************

コナン(これは……光彦からのメールっ!?)

ああ、そうだ。 内容的に間違いねぇ!

それにドメインが“.cn”で終わっているってことは、
これは中国のフリーメールアドレスってことだ!

送り元をほぼ100%トレースできないようにして、
断固として、オレに弱みを握らせないつもりだな……!!

コナン(くっ! なんて用心深い奴なんだっ!!)

光彦「どうしましたコナン君? 授業中に携帯はいけませんよ?」ニヤニヤ

コナン(こいつ……ただの小学一年生じゃねぇ!!)

歩美「ところで光彦君って、前とび最高4回じゃなかったっけ?」

灰原「あら、そうなの。 じゃあ勝つのは少し厳しいかしら?」

光彦「ふっふっふ。 そんなことはありませんよ。 僕は絶対に勝ちます!」

元太「じゃあいくぞ。 よーい始めっ!」

“1回!”

“2回!”ビシッ

光彦「あ……」

“3回!”ビシッ

コナン「え……?」

“4回!”

元太「な、なんだよ? おめぇらもう終わりかよ」

歩美「え、えーっと、コナン君が2回で、光彦君が1回……だね」

灰原「優勝は4回の小嶋君ね。 おめでとう」

元太「お、おう……」

歩美「うん……おめでとう……」

灰原「なんだか、あっけなかったわね」

コナン「あは……あはは……」

◆休み時間/教室◆

あの後、オレは光彦の影に怯えながらも、
灰原の縄跳び姿をバッチリとカメラに収めた。

灰原には、二度三度、ジットリ視線を向けられたが、
それはむしろ逆効果で、快感と言っても過言ではない。

不安要素もあるが、調査は順調といっていいだろう。

光彦「はい、チュッパチャップス3本買って来ましたよ」

歩美「ありがとー♪ あれ? コナン君の分は?」

光彦「それが、購買に残り3本しか残ってなくて」

元太「マジかよ。 残念だったなコナン」

灰原「ふふっ。 もしかして食べたかった?」

コナン「アハハ。 そんなわけ――」

灰原「パクッ」

コナン「ハッ!!!!!!!!!!」ドキッ

灰原「ペロペロ……ちゅぱ……」

コナン(あ……あ……あ……あ……)ゴクリ

灰原「ペロ……ちょっと、あんまり見ないでくれる?」

コナン「な、なんでだよ? 食は動物の基本行為で――」

灰原「 怒 る わ よ ? 」ジトッ

コナン「わ、わかったって……じゃあせめて一回だけ……」

『カシャッ!』

灰原「」ギロッ

コナン(こ、こええええ……でもこれは調査なんだ……許してくれ……!)

元太「なぁコナン。 おめぇ、朝から灰原の写真ばっか撮ってるよな」

コナン「ん? それがどうかしたか?」

元太「もしかして、灰原のこと好きなんじゃねーのか?」

コナン「え?」 灰原「え?」 歩美「え?」

元太「だってよ……どう考えてもおかしいじゃねーか」

灰原「そうね。 私も、そろそろ理由を聞きたいわ」

歩美「うん……私も聞きたいかも……」

≪どうしてコナン君は、哀ちゃんの写真ばっかり撮ってるの?≫

コナン「アハ……アハハハ……急に何だよおめーら……」

元太「ごまかすなよ! 灰原のことが好きだからだろ!」

コナン「な、何言ってんだよ元太! そんなわけ――」チラッ

灰原「……」

コナン「――くっ! そういうおめぇこそ、灰原が好きなんじゃねーのか!?」

元太「なっ……! うっせーな! そんなこと、今は関係ねーだろっ!」

コナン「関係なくねーよっ! 現にお前がキレてる理由がそれだろうが!」

小林「2人とも! 静かにしなさい! みんなが迷惑してるでしょ!」

コナン「ッ……!」 元太「……ッ!」

小林「まったくっ。 罰として、放課後2人で教室掃除っ!」

◆給食の時間◆

灰原「あんな大声だして、大人気ないわね」

コナン「うっせーな。 元太が変に言いがかりしてくるからだろ」

灰原「でも相手は小学生よ? もう少し加減しなさい」

コナン「はいはい。 わかりましたよっと」

まぁ確かに大人気なかったぜ。

あんな低レベルなケンカをして、
結果として灰原の評価を下げちまったし……。

こうなったらそのぶんだけ取り返さねーとな。
もう一段階、積極的な調査に変更してみるか。

コナン「なぁ灰原。 お前って今、好きな人いるのか?」

灰原「……え?」

そう。 何も写真を撮るだけが調査じゃない。

ちょっと積極的すぎたかもしれないが、
話の流れ的に、この質問は悪くないはずだ。

灰原「バカね。 そんな人、いるわけないでしょ」

コナン「……そうか。 なら好きな男のタイプを教えてくれよ」

灰原「ちょっと、急にどうしたのよ工藤君?」

コナン「いいから答えてくれ。 必要なんだよ」

灰原「もしかして、写真のことと何か関係あるの?」

コナン「……まぁな。 詳しくは話せないけど……」

灰原「そう……別にいいわよ。 教えてあげても」

コナン「ほ、本当か!? どんなタイプが好きなんだ?」

灰原「そうね……ハッキリと好きって言ってくれる人……かしら」

コナン「……へ? それだけ?」

灰原「ええ。 面と向かって、堂々と伝えてくれさえすればいいわ」

コナン「……そんなものか?」

灰原「そんなものよ」

コナン「それがたとえ、どんなに嫌いな奴だったとしてもか?」

灰原「感情なんて、ひょんな事でひっくり返るものよ」

≪“好きだ”なんて言われたら、尚更ね≫

灰原「どう? これで満足した?」

コナン「ああ……参考になったよ」

灰原「そ。 なら良かったわ」

PRRRRRRR♪PRRRRRRR♪

コナン(ん? メール……まさか光彦かっ!?)

**************

【送元】#969#6261@freemail.cn
【件名】灰原さんから離れろ
【本文】
イチャイチャするな
今すぐ暴言を吐いて離れろ

**************

コナン(くそっ……! なんて奴なんだッ……!)

【印象の悪さ】
オナニー>>>>暴言

オレの脳ミソは、瞬時に上の不等式を弾きだした。
だがしかし、体がなかなか言うことを聞かない。

まもなく、催促のメールが届く。

**************

【送元】#969#6261@freemail.cn
【件名】何をしている?
【本文】
さっさと暴言を吐いて教室から出ろ。
さもないと彼女にあの写真を見せるぞ。

**************

くっ……すまねぇ……灰原……!
あのオナニー写真だけは、お前に見せなくないんだっ!

コナン「ハッキリと好きって言ってくれる人が好きだって?」

灰原「……え?」

コナン「理想論も大概にしろよ! この偽善者めっ!!」

灰原「……は?」

コナン「このチンチクリンがっ!! 反省しろっ!!」

灰原「……ちょっと、いくらなんでもヒドいんじゃない?」

はい終了ぉおおおおおおおおおおおおおおおおお!!
灰原に100%嫌われたぁああああああああああ!!


新一≪人が人を殺す理由なんざ知ったこっちゃねーが……≫


アハハハハハハハッ! すまん! 過去のオレすまん!
その発言撤回! オレ、人が人を殺す理由見つけた! 今見つけた!

人が人を殺す理由――それは光彦だ! 間違いねぇ!

名探偵コナン? ハッ! ヤメだよヤメっ!

今日からオレは、コーナンだッ!! 名犯罪者コーナン!!!!

≪この天才的頭脳を駆使して、光彦をこの世から消し去ってやるよ!≫

そう強く胸に刻み、オレは教室を後にした。

◆12:30/男子トイレ◆

コナン「うぅ……灰原……灰原ぁ……」グスン

オレは瞳に涙を浮かべながら、
灰原のチュッパチャップスの棒を、ひたすらチンコに擦り付ける。

教室から出るとき、ゴミ箱から拾っておいたのだ。

いわゆる“間接フェラ”――しかし、得られるのは虚しさだけ。

コナン「ダメだ……こんなの全然インタラクティブじゃねぇ……」

くそっ……こうなったのも全て光彦のせいだ。
博士から武器を取り寄せて、何が何でも抹殺してやる。

PRRRRRRRR♪ PRRRRRRRR♪

博士『もしもし。 どうしたんじゃ新一?』

コナン「博士。 至急頼みたいものがあるんだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

博士『わ、分かった。 できるだけ早く、学校に届けよう』

コナン「ああ。 よろしく頼むぜ」

博士『ところで新一。 今、テレビを見れるかのう?』

コナン「テレビ? ……まぁワンセグで見れるけど」

博士『なら今すぐつけてみるんじゃ。 面白いものが見れるぞ』

コナン「え……あ、ああ。 分かったよ。 じゃあまた後でな」

『ピッ』

コナン(面白いもの? 一体何なんだ……?)ピッ

◆ - ワンセグ起動 - ◆

目暮警部『えーっ、繰り返します』

≪昨日の予告通り、怪盗キッドから工藤新一への挑戦状が届きました≫

コナン(なっ!? キッドから、オレへの挑戦状だとっ!?)

≪この挑戦状には、キッドのターゲットが明示されています≫

コナン(ターゲット……いったい奴は、何を盗むつもりなんだ?)

≪キッドのターゲットは――毛利蘭の処女です!≫

コナン「なにっ!? ら、蘭の処女だと!?」

追い着いちまった…だと…?

  _, ,_     
( ・∀・)シュッ   
( ∪ と 彡  ──────=====三三④

と__)__)  148km/h ストレート

◆その頃/毛利探偵事務所◆

蘭「ごほっごほっ……早く風邪治らないかなぁ」

小五郎「あまり無理するなよ。 テレビ消した方がいいか?」

蘭「うーうん。 大丈夫だよお父さん」

≪キッドのターゲットは――毛利蘭の処女です!≫

蘭「えっ……?」

小五郎「は……?」

≪さらにキッドは、挑戦状にこう綴っています≫

*******************

愛しのライバル、工藤新一へ。

しょじょ――それはすなわちナンバーワン。
てなわけで、オレの次なるターゲットは処女だ。
ルイ15世はロリコンだが、今それは関係ない。

よてい通り、今夜9時にオレを待っていろ。

蘭の処女は、このオレ様がいただくぜっ。

*******************

◆再び/帝丹小学校/男子トイレ◆

コナン「なんてこった……」

≪キッドが蘭の処女を狙ってるなんて……!≫

PRRRRRRRR♪ PRRRRRRRR♪

ん? 蘭からの電話……。

コナン「……もしもし……蘭か?」

蘭『ぐすん……お願い新一。 助け――』

『ブチッ! ツー、ツー』

コナン(すまねぇ蘭……! オレはやっぱり……)

≪灰原にフェラをしてもらいたいんだ!≫

そのためには光彦を倒さなきゃならねっぇ。
だからオレには、お前を守ってやる余裕はないんだ。

悪いけど……こんなオレを許してくれ……。

◆放課後/教室◆

\せんせーいさよーならっ/

小林「はいさよならー」

『ドタドタドタドタッ』

『そろーっ……』

小林「こらっ! 江戸川君! あなたは掃除でしょ!」

コナン(ちっ。 見つかっちまったか)

元太「おいコナン! おめぇ何サボろうとしてんだよ!?」

コナン「アハハ……冗談だって。 ちゃんとやるっつの」

小林「じゃあ2人ともよろしくね。 終わったら職員室に来るように」

『ガラガラガシャン』

ドアが閉まるのと同時に、1年B組には静寂が訪れた。

さっきまでの騒ぎようは、いったいどこへ行ったのやら。

微かに聞こえるのは、放課後らしい運動場の声だけ。


コナン「おい元太。 さっさと終わらせようぜ」


夕日の染みいる、どこかノスタルジックな教室。

そこにはオレと元太の、2人だけの世界があった。


元太「……なぁ、コナン///」


なんだろう。 なんとなく、元太の様子がおかしい。

彼の頬が紅く見えるのは、夕日のせいだろうか?

教室のドア、そして窓の鍵を
元太は次々と施錠していく。

おかしい、何かがおかしい。

だって掃除するんだろ?
換気するのが普通じゃねーのか?

そう疑心暗鬼しつつも、
オレはその場を動けなかった。

元太「おめぇ……やっぱり灰原のことが好きなのかよ?」

ただならぬ空気が教室内に漂う。

コナン「おいおい……その話はもうよそうぜ」

元太「あぁ!? 答えるまで今日は帰さねーぞ!!」

コナン「ッ!!」

彼はいったい、どうしちまったんだ。
少なくとも、オレの知ってる元太じゃない。

正直怖い。 頭の中は真っ白だった。

コナン「……オレは……灰原のことが好きだ……」

あまりの怖さに、正直に答えてしまうオレ。

元太「……そうか……それは残念だ……」

『ガンッ!!!』

コナン「ぐはっ!」

突如、両手で首を絞めつけられ、
オレは壁に向かって叩き上げられた。

コナン「おい……! はな……せ……元太……」

元太「うっせーな! おめぇが悪いんだろ!?」グググ

≪オレの気持ちを……何だと思ってるんだよ!?≫

コナン「……なんなんだよ……お前の気持ち……って……」

薄々感づいていた。 オレはただ、それを認めたくなかっただけで。


元太「オレはずっと……おめぇのことが好きだったんだぞッ!!!」


そう――元太の正体はゲイ。

コナン「……そんなの知る……かよ……いいから……離せ……」

元太「離して欲しいのか? じゃあオレのをしゃぶってくれるな?」

意識が朦朧とする中、オレは頷くことしかできない。

『ジィィィィィィィッ……』

『ジュボボボボボボ』

コナン「ん~~~~~~ッ!!」

元太「ははっ! 最高だぜッ……! コナンッ」

『シュボシュボシュボッ』

しゃぶっている、というより、口を犯されている。
そう言った方が、表現的には正解だろう。

マジかよ……フェラってこんな苦痛なものなのか?
オレは灰原にこんな苦痛を与えようとしてたのか?

ハハッ……なんて勝手なんだ、オレって奴は――。

『パリーンッ!!』

博士「新一! これを受け取るんじゃ!」

コナン(……え?)シュボシュボ


             /)
            ( i )))
     / ̄\  / /

     |  ^o^ | ノ / < いみがわかりませんなぁ
     \   /  ,/
     / _   /´
    (___)/

廊下側の割れたガラス窓から、
オレの元に武器が投じられた。

『パシッ』

コナン(ったく……おせーじゃねーか博士)

元太「な、何で博士がこんなところにいるんだよ!?」

元太……てめぇだけは許さねー!
博士が持ってきたこの火縄銃で、お前をしとめてやるっ!

撃ち方は“ごんぎつね”を見て知っていた。
なんたって3日前の国語の授業でやったからな。

元太「それは火縄銃!? おめぇ、何でそんなもの――」

『ズドォオオオオオオオン!!』

元太「グハァッ!! 足がああああああああああッ!!」

まさに一発逆転。 オレは元太を返り討ちにした。

『タタタタタタッ』

小林「2人ともどうしたの!? ガラスと火縄銃の音が聞こえたけど!?」

コナン(小林先生!? ちっ! ここは運動場側の窓から逃げるか!)

『ガラガラッ!』

◆運動場◆

コナン「はぁはぁ!」

オレは走って逃げた。

なんたって小林先生に捕まったら最後。
オレは障害の罪で逮捕されちまうからだ。

コナン(くっ……博士も上手く逃げてくれればいいが……)

PRRRRRRRR♪ PRRRRRRRRR♪

コナン(なっ!? こんなときに、光彦からのメールだとっ!?)

**************

【送元】#969#6261@freemail.cn
【件名】次の命令だ
【本文】
今日、お前が熱心に撮影していた、
灰原さんの写真のネガを全てよこせ。
期限は今日の18時だ。
学校の屋上で待っているぞ。

**************

コナン「ふざけてんじゃねぇッッッ!!!」

オレがどんだけ苦労して調査したと思ってんだよ!
灰原の写真だけは、何が何でも渡すものかッ!!

それに、オレはフェラの苦痛を覚えたんだッ!
だからもう、灰原にフェラをしてもらおうだなんて考えていないッ!

コナン(ふん。 武器も手に入ったことだし、丁度いいゼ――)


≪屋上で決闘だ!! 円谷光彦!!!!≫


オレは新規メールを開き、本文にその旨を記述。
そして宛先欄に、例のアドレスを入力する。

コナン(えーっと……“#969#6261――”)

『ピ ポ パ ポ ピ ポ パ ポ ピ』

コナン「!?」

そのプッシュ音に、オレは愕然とした。

≪ か ら す な ぜ な く の ♪ ≫


……嘘……だろ? このプッシュ音って……

……童謡の……“七つの子”……じゃねーか……

まさか……そんな話があるかよ……


……光彦が……黒の組織のボスだったなんて……


最初は驚いたが、事態を飲み込むのは早かった。

冷静に考えて、光彦がただの小学生である方がおかしい。

オレは火縄銃を強く握りしめ、屋上に向かった。

◆17:50/校舎内◆

博士「新一。 大丈夫じゃったか?」

コナン「博士。 まだ帰ってなかったのか」

博士「君のことが気になってのう。 一体何があったんじゃ」

オレは、事の全てを博士に話した。

博士「なっ!? 元太君がゲイで、光彦君が組織のボスじゃと!?」

コナン「ああ。 この調子じゃ、歩美ちゃんまで疑っちまうぜ」

博士「むぅ……光彦君の方は特にオオゴトじゃな」

コナン「まぁな。 だから奴とは、今から決着をつけてくる」

博士「なっ!? それは本当か、新一!?」

コナン「ああ。 博士に貰ったこの武器で、しとめてきてやるよ」

博士「そうか……ようやく決着の日がやって来たのか……」

コナン「博士。 先に帰って、灰原にこう伝えてくれ――」

≪今まで悪かった……ってな≫

◆17:55/非常階段◆

コナン(この扉を開けると、屋上に出る……)

≪つまりこの先に、黒の組織のボス――光彦がいるんだ≫

コナン(博士は家に帰したし、もう誰も巻きこむわけにはいかねぇ)

≪これはオレの事件なんだっ!≫

コナン(よしっ。 待ってろ光彦! 今この火縄銃で――)


歩美「コナン君。 何してるの?」


コナン「なっ……歩美!? どうして歩美がっ!?」

歩美「えへへ。 ついてきちゃった……」

コナン「歩美……オレが怖くないのか?」

歩美「怖くないよ。 だってコナン君だもん」

コナン「嘘つくなよ……だってこれ、火縄銃だぜ?」

歩美「うん知ってる。 ごんぎつねで見たから」

コナン「だったら尚更だ。 これがどういうもんかも知ってるだろ?」

ごんぎつねはいろんなことを教えてくれるな~

歩美「うん。 ごんを死なせた道具だよね」

≪だから歩美……火縄銃なんて使って欲しくないな……≫

コナン「は? 何で歩美にそんなことを言われなきゃ――」

≪だって! 死んだら何もかも終わっちゃうんだよ!?≫

コナン「う、うっせーな……もう遅いんだよ……!!」

≪オレは元太を撃った……もう引き返すことは――≫

歩美「まだ間に合うよ! 光彦君まで撃ったら、それこそ本当に終わっちゃう!」

コナン(何で光彦のことを……まさか、博士との会話を聞いてたのか……?)

歩美「だからもうやめてコナン君……私、なんでもするから……」ギュッ

コナン「なんでも……する……?」

コナン「じゃあひとつだけ、聞いていいか?」

歩美「うん。 何でも聞いていいよ」

コナン「……フェラってのは、苦痛な行為なのか?」

歩美「えっ……? ふぇ……ら?」

コナン「フェラチオのことだよ。 オレは元太に犯され――」

≪フェラとは、凄まじく苦痛なものだと思い知らされた≫

コナン「――真相を確かめたいんだ。 女性の意見を聞かせてくれ」

歩美「ちょ、ちょっと待ってよコナン君。 ふぇらちおって何?」

コナン「えっ……もしかして歩美……フェラを知らないのか?」

歩美「う、うん……なぁにそれ?」

コナン「!!!!!!!!!!!!」

ちょっと待て。 冷静に考えろ。

≪フェラを知らない歩美に、フェラをさせたら――≫ゴクリ

――最高じゃねーか。

キッド「」
蘭「」
光彦「」

『バサッ!』

歩美「や、やだコナン君! 何で服を脱ぐのォ!?///」

コナン「ククク。 言ったろ? オレはもう手遅れなんだって」

≪だからもう、オレには理性なんて必要ねーんだよ!!≫

歩美「ひっ……!!! コナン君……怖い……」グスン

コナン「ハッ! 今更怖がってももう遅いぜ!!」

『ビンッ!』

歩美「いやああああああああああああああああ!!!!」

オレはギンギンに張り切ったチンコを歩美の眼前に召喚した。
歩美は本当に怖がっていた。 だが罪悪感は1ミリも沸かない。

コナン「ククク。 フェラを知らない奴に、フェラをさせるってのは――」

≪サイッッッッコーにぞくぞくするなッ! オイオイ!?≫

歩美「お、お願い……コナン君……元に戻ってよ……」グスン

コナン「あぁ? つべこべ言ってねーでしゃぶれよゴルァ!!!」

歩美の些細な一言で、すっかり別人になってしまったオレ。

一度狂った歯車は、永遠に狂い続ける。

灰原に嫌われ、精神がぶっ壊れた。

元太に犯され、この世に絶望した。

精神はもう――限界だったのだ。


コナン「オラオラ! さっさとしゃぶれよゴルァ!!」

歩美「ぐすん……えぐっ……もうやめてぇ……」グスン

コナン「ああん? いいからしゃぶれよゴルァ!!」

歩美「……ひどいよコナン君……歩美ずっと……」グスン


≪……コナン君のこと……好きだったのに……≫


コナン「……え?」


『ガチャッ!!』


ジン「そこまでだ――探偵ボウズ」カチャ

コナン「ジ、ジンッ!?」

光彦「17時01分。 約束の時間を過ぎてるんですが」

コナン「光彦までっ……くっ……もうそんな時間だったのかっ!!」

光彦「ええ。 それに歩美ちゃんにまで手を出すなんて――」

≪コナン君は――僕に殺されたいみたいですね≫

コナン「う、うるせえ! もうオレは、お前なんかに屈しねーぞっ!!」

光彦「ほーう。 では、例のオナニー写真を灰原さんに見せてもいいと?」

コナン「へっ……勝手にしろ! オレはもう、灰原のことは諦めたんだ……」

光彦「そうですか。 まぁ彼女の携帯には、もう送ってるんですけどね」

コナン「ッ!!!!!!!!!!」

光彦「おや? 彼女のことは、もう諦めたんじゃないですか?」

コナン「……ああ、そうさ! へっ! これで弱みはなくなったぜ!」


≪決闘だ!! 円谷光ひ――≫


『ズキュンッッッッッッッッッッッッッッ!!!』

……え?

オレ……撃たれた……?

バ、バーロー……そんなの……卑怯じゃ……ねーか……。


ジン「残念だったな。 もう貴様を生かしておく理由はない」

光彦「ふふっ。 よくやったぞジン。 お前の言うとおりだ」


≪これからは、この円谷光彦が主人公です!≫


歩美「……コナ……ン……君……?」


コナン「――――――」ポタポタ


歩美「いやああああああああああああああああ!!!」

◆その頃/阿笠邸◆

灰原「博士……彼からの通信が途絶えたわ……」

≪残念だけど……うまく行かなかったみたい……≫

博士「むむむ……それで記憶はどこまで復元できるんじゃ?」

灰原「死の直前まで可能よ。 今回は同期のタイミングが良かったから」

博士「そうか……しかしこれで、奴らに杭を打ち込むことができたな」

灰原「ええ。 私達のプロジェクトも、ようやく終わりを迎えるわね」

博士「そうじゃな。 今までありがとう、哀君」

『ガチャッ!』

蘭「博士! やっぱり新一は、コナン君じゃないの!?」

博士「ら、蘭君……何度も言うようじゃが、そんなことはありえな――」

蘭「だって! 私のピンチに、新一が帰ってこないなんておかしいよ!」

≪それにお昼、新一に電話したらコナン君が出たし!!≫

博士「それはもう何回も聞いたよ。 おそらく君の聞き間違いじゃろう」

蘭「またそんなこと言って! この耳でちゃんと聞いたんだから!」

灰原「あと3時間弱ね。 あなたの処女が奪われるまで」

蘭「くっ……絶対にイヤよ! 何が何でも、守りきってやるわっ!」

灰原「そ。 まぁせいぜい頑張って。 無理だろうけど」

博士「これこれ哀君。 そんなことを言うんじゃない」

『ガチャッ!』

小五郎「おい蘭! こんな所で何してんだ!?」

蘭「お、お父さん!?」

小五郎「お前は狙われてるんだぞ! すこしは自覚したらどうだ!」

博士「毛利君。 少しは落ち着きたまえ」

小五郎「なっ!? 人事だと思って悠長なことを言わんで下さい!!」

博士「まぁまぁ。 とにかく蘭君の護衛はワシらに任せるんじゃ」

小五郎「何を言ってるんですか!! こんな警備が手薄なところで!!」

博士「ふっふっふ。 いい考えがあるんじゃよ」

◆20:30/時計台◆

今夜はクリスマスイヴ。

デートスポットとして有名な時計台前は、
いつもに増して、カップルで溢れかえっていた。

例年通りのイヴの光景といっていいだろう。
ただし、とある2つの事実を除いては……。


【①時計台の屋根の上に、人がいる】


小五郎「あんたアホか!? こんな所に蘭を連れてきて――」

博士「ふふふ。 警備をいくら固めた所でキッドには通用せん……」

≪だとしたら、一番目立つところにいるのが一番安全じゃろう≫

博士「そういう訳で、この“時計台の屋根上”を隠れ家に選んだんじゃ」


小五郎(なに言ってんだコイツ……!!)

【②時計台のまわりには、ヘリコプターがわんさか飛んでいる】


『バラバラバラッ』

アナウンサー『皆さんご覧下さい! あの時計台の屋根を!!』

≪キッドのターゲットである毛利蘭が、あんな所にいます!!≫

アナ『私には無防備に思えて仕方ありません!!』

≪尚、この放送は完全生中継でお送りしていますっ!!≫


◆その頃/阿笠邸/地下研究室◆

TV≪尚、この放送は完全生中継でお送りしていますっ!!≫

灰原(いよいよクライマックスってところかしら)

コナン「……ん? ここは?」

灰原「あら。 目が覚めたのね」

コナン「あれ……オレはジンに撃たれて死んだはずじゃ……」

灰原「ええ。 あなたは一度、死んでるわ」

灰原「……正確にはこれで55度目だけど」

コナン「は? 何言ってんだよ灰原?」

灰原「あ……正確に言ったら、あなたはまだ死んでないわね」

コナン「いったい何のことだ? 冗談のつもりかよ?」

灰原「つまり……あなたは56体目の江戸川コナンってことよ」

コナン「はぁ? おい灰原。 いい加減にしねーと怒るぜ?」

灰原「そうね……ならはっきり言うわ……」


≪あなたは阿笠博士に作られた――アンドロイドなの≫


コナン「……へ?」


灰原「超高性能型アンドロイドVer.3.52β シリアルナンバー056」


≪――それがあなたの正式名称よ≫

コナン「アハハ……本当にお前は……さっきから何を……」

灰原「まぁ信じられなくて当然でしょうね」

コナン「オレは工藤新一だ!! ロボットなわけねーだろ!!」

灰原「いいえ。 あなたは工藤新一じゃないわ」

≪博士が組織を倒すために作った、アンドロイドよ≫

コナン「いい加減にしろ!! オレには新一の記憶があるんだぞ!!」

灰原「当たり前よ。 工藤新一の記憶を、あなたにコピーしたんだから」

コナン「記憶をコピー? バーロー! んなこと出来るわけ――」

灰原「それが可能なのよ。 博士の開発したA/Dコンバータを使えばね」

≪工藤新一の記憶はデジタル化され、データベースに保存されてるわ≫

コナン「……くっ……次から次へと……!!」

灰原「……まだ納得できない? だったら、周りを見渡してみなさい」

コナン「なっ!? そ、そんなバカなっ!! オレがいっぱいいるだとっ!?」

灰原「驚いた? あなたの代わりはたくさんいる。 今、彼らは抜け殻だけど」

≪あなたの記憶さえインストールすれば、みんなあなたと同じように動くわ≫

コナン「アハ……アハハ……あれだろ? ドッキリなんだろ?」

≪出てこいよ博士! もうこんな茶番はやめてくれ!≫

灰原「ムダよ。 博士なら時計台にいるから」

コナン「時計台……だと?」

灰原「ええ。 ほら、テレビを見てみなさい」

≪もうすぐ9時になるから≫

◆21:00/時計台◆

『ゴーン……ゴーン……♪』

アナ『たった今、21時を知らせる鐘がなりました!』

≪果たしてキッドは本当に現れるのでしょうか!?≫


キッド「ふぅ……到着……っと」


アナ『あ、普通に現れました!! キッドです!!』

キッド「よぉ蘭。 久しぶりだな」

蘭「やめてええええええええええ!!」

キッド「ハハッ。 落ち着けって蘭」

『バサッ』

新一「オレだよオレ。 覚えてるか?」

蘭「えっ……新一?」

新一「ハハッ。 びっくりしたか?」

蘭「そ、そんなはず……だって新一はコナン君じゃ……」

新一「バーロー。 んなわけねーだろっ?」

蘭「ホントに……新一なんだ……でもどうして……?」

新一「今は訳あって、泥棒してるんだ。 なぁ博士?」

博士「そうじゃ。 全てはプロジェクトのためにな」

小五郎「プロジェクト? なんだそれは?」

新一「蘭との遊園地デートの日、僕は連中に毒を盛られたんです」

博士「そして怒った新一君は、ワシに組織を潰すよう相談してきた」

新一「ああ。 そしたら博士は協力してくれて、こう言ったんだっけ」

≪ボスを殺す秘密兵器を作るから、君はその開発資金を調達してくれってな≫

博士「うむ。 それで新一君は手っ取り早く稼げる泥棒を選んだんじゃ」

新一「でもそれじゃ、肝心のボスを見つける作業はどうすんだ、って話だろ?」

博士「そこでワシが考えたのが、新一君のコピーロボットを作る作戦なんじゃよ」

蘭「コピーロボット? まさかそれがコナン君だって言うの?」

新一「その通り。 オレは泥棒稼業に専念し、コナンがボスを見つける作戦だ」

博士「ロボの方が論理的な思考に長けてるから、そっちの方がいいと思ってのう」

≪現にそのお陰で、秘密兵器は完成し、ボスの正体も判明したわけじゃ≫

博士「秘密兵器とは、名前を入力したら、ソイツに追跡型ミサイルを撃てる装置」

新一「組織のボスの正体とは、帝丹小学校に通う円谷光彦だったのさ」

博士「そして今、この秘密兵器に“円谷光彦”と入力し、送信ボタンをポチっと押す」ピッ

『ゴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ』

時計台の屋根が開き、中からミサイルが登場。
それは激しく音を立て、夜空へ向かって旅立った。

博士「無事に飛んだな。 あとは頑張るんじゃぞ、新一」

新一「ああ。 まさかイヴまでに間に合うとは思わなかったぜ」

アナ『ん? 発射されたミサイルの煙が、何かに姿を変えています』

≪こ、これは……雪です! ホワイトクリスマスっ!!≫

蘭「……きれい……まるで夢の世界みたい……」

新一「ハハッ。 だろ? オレはお前に、これを見せたかったんだ」

≪だから博士には、お前をこの時計台に連れてきてもらったのさ≫

蘭「そうだったんだ……ありがとう……新一……」

新一「蘭。 今からの6時間が、何て呼ばれてっか知ってるか?」

蘭「……ふふっ……性の6時間……かな……?///」

新一「その通り。 そしてこれが怪盗キッドとしての、最後の仕事」

≪それはどんな宝石よりも美しい――お前の処女を盗むことさ≫

蘭「新一……嬉しい……///」ギュッ

新一「周りには大勢のカップル。 オレ達はその頂点にいる」

蘭「うん。 そして私達の愛は、生中継で全国に放送される」

新一「ああ。 オレ達は、この時計台から始まるんだ」

蘭「でも新一。 何で予告状なんか出したのよ?」

新一「それはテレビ局に生中継させるためと……あと」

≪縦読みで、オレの本当の気持ちを、お前に伝えたかったからさ≫

蘭「ふふっ。 私忘れちゃった。 何て書いてたの?///」

新一「へっ。 嘘が下手だな。 まぁ何度でも言ってやるぜ」


≪愛してるよ、蘭≫

『ズブブブブブブブッ』


蘭「あぁぁん!! 新一のが入ってくるぅううう!!///」

新一「おおお!! 蘭の中……あったっけぇええええ!!」

小五郎「があああああああああ離せえええええ阿笠あああああ!!」

博士「ふぉっふぉっふぉ。 ダメじゃよ毛利君。 若い2人を邪魔したら」

◆その頃/阿笠邸/地下研究室◆

灰原「どう? これで理解した?」

コナン「あ……あ……あ……あ……」

灰原「ショックなのはわかるけど、事実よ」

コナン(そんな……バカな……)

≪オレが……アンドロイドだったなんて……≫

コナン「……じゃあオレは、死体も同然ってわけかよ!!!」

≪へっ!! ロボットは所詮、電気素子の集合だもんな!!≫

灰原「ちょっと落ち着いて、工藤君」

コナン「何が工藤だっ! オレの名前は56番なんだろ!?」

灰原「確かにそうだけど、あなたはちゃんと生きてるわ」

コナン「うるせぇっ!! ロボットに同情なんていらねーよ!!」

灰原「いいえ。 あなたには感情がある。 それは生きてる証拠よ」

コナン「その感情だって、プログラムされた擬似的なもんなんだろ!」

灰原「ええ、その通りよ。 でもあなたは――」

≪私達が想像すらしてなかった、プログラムに反する発言をしたじゃない≫

コナン「はっ? な、なんのことだよ!?」

灰原「おかしいわね。 記憶には残ってるはずよ」

≪あなたが自分の意志として、最初に言い放った言葉だもの≫

コナン「オレが……オレの意志として……言い放った言葉?」

灰原「そうよ。 あなたは私に……何をして欲しかったの?」

コナン「オレが灰原に……してほしかったこと……」

≪オレは灰原にフェラをしてもらいたいんだ!≫

コナン「あっ……」

灰原「思い出したようね。 言っとくけど、私も博士も――」

≪あんな発言、プログラムした覚えがないから≫

コナン「で、でも何でお前がそれを知ってんだよ……?」

灰原「博士から聞いたのよ。 驚きを隠せなかったみたい」

≪急遽、論理的な思考をするように補正命令したらしいけど≫

コナン「そういえば……ロジックを組み立てるように言われたような」

灰原「だからあなたは生きてる。 少なくとも、一部の人間よりはね」

コナン「一部の人間?」

灰原「毎日をただただ怠惰に過ごしてる人間のことよ」

最近多いわ。 何もしない人間が。
やることと言ったらエネルギーを使わないネットサーフインぐらい。

あなたみたいに、やりたいことを見つけて、外に出て、行動する方が、
よっぽど建設的で、エネルギッシュで、生きてると呼ぶにふさわしいわ。

『ギュウウウウウウウッッ』

灰原「ちょ、ちょっと! どうしたのよ急に?///」

コナン「なんだか熱く語ってる灰原が可愛く思えた」ギュウウウウ

灰原「な、何ワケの分かんないこと言ってるのよ。 ロボットの癖に///」

コナン「多分だけど、これはオレの意志で――お前をもう離したくない」ギュウウ

灰原「いいから離して。 私の服で変なことした手で触らないでくれる?///」

コナン「あっ。 そういえば光彦があの写真を送ったって言ってたな」ギュウウ

灰原「そ、そうよ! 私がそんな男を好きになるわけないでしょ!///」

コナン「今、男って言った。 人間って認めたってことか?」ギュウ

灰原「生きてることは認めるけど、あなたはロボットよロボット!///」

コナン「ハハッ。 相変わらず素直じゃねーな」

≪でも、そこが好きだぜ。 灰原≫

灰原「!!///」キュン

コナン「“ハッキリと好きって言ってくれる人”……が好きなんだろ?」

灰原「……バ、バカ///」
                                 ~~完~~

最近「コナン=新一」とかいうふざけた風潮をよく見かけるんで
そんなわけねーだろ、と異議を唱えたかったわけです

なんか変な感じになっちゃったけど

まぁ何はともあれ、メリークリスマス……

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom