妹「最近お兄ちゃんに元気がない……」(162)

妹「ここは、妹として元気付けないと!」

妹「でも、どうやったら元気を出してもらえるんだろ……」

妹「うぅーん……分からないなぁ」

妹「そうだ!お姉ちゃんに聞いてみよう」

妹「あ、ちょうどいいところに、お姉ちゃーん」

姉「うん?どしたの?」

妹「最近、妙にお兄ちゃんの元気がないから心配になっちゃって……」


姉「へえ、兄の心配をしてあげるなんて、妹は優しいねぇ」

妹「えへへ、そうかな?」

姉「でも、兄が何で元気がないかは私にもよく分からないなぁ」

妹「そうなんだ……」シュン

姉「でも、男性なら一発で元気が出る方法なら知ってるよー」

妹「そんなのがあるの?じゃあ私に教えて、お姉ちゃん」

姉「教えてあげてもいいけど、ちゃんと言うこと聞く?恥ずかしいからとか、嫌だとか言って止めたりしない?」

妹「お兄ちゃんのためだもん!どんなことでもするよ!」

姉「そう。じゃあまず兄に抱きついていらっしゃい、ブラをつけずに」


妹「え、えぇええ!?」

姉「どうしたの?嫌なの?」

妹「そ、そんなの……恥ずかし……」

姉「じゃあ兄は一生元気のないまま過ごすことになるかもねー」

妹「そ、そんなの嫌だよ!」

姉「だったら、妹がそうするしかないの。兄を救えるのは、妹だけなのよ」

妹「……私だけ……」

姉「」ニヤリ

妹「分かった、私頑張る!」

姉「よし、行ってらっしゃい。あ、ブラはここに置いといてね」


妹「うん!」ヌギッ

姉(お、ピンク)

姉「私が預かっといてあげるわ。じゃ、頑張ってね」

妹「はーい」ダダダッ

姉「……妹の生ブラ……」クンカクンカ

姉「ちーくしょう、兄のやつ妹に慕われてて羨ましいなぁ」スンスン


妹「お兄ちゃん!」ガチャッ

兄「……ん、どした?」

妹(や、やっぱり元気がないよ、お兄ちゃん……死んだ魚みたいな目をしているよ……)

兄「……」

妹「お……お兄ちゃん!」

兄「……どした?」

妹「……エイッ」ダキッ

兄「……?」

妹「ぐりぐり……」

兄「……ああ、甘えたいのか。よーしよし」ナデナデ


妹「えへへ……くすぐったいよぉ」

兄「どうだ?気持ち良いか?」

妹「うん……とってもぉ」

妹(じゃなくて!)

妹(何で?何でお兄ちゃんは元気にならないの?)

妹(うぅ……)


妹「妹、ただいま帰還しました!」

姉「よく戻ってきた、妹二等兵」

妹「少佐!お兄ちゃん、全く反応を示しません!」

姉「うむ、それには私の目算違いがあったのです」

妹「目算違いって?」

姉「妹の装甲が……あまりに薄すぎて……ね」

妹「……」シュン

妹「……成長するもん!」

妹「これでも、半年前に比べて一センチくらい大きくなったもん!」

姉「……違い、あるの?」

妹「あるよ!一センチ違えば別人だよ!」

妹「ぼいんぼいんだよ!ぼよーんがぼいんぼいんになるぐらいの進化だもん!」

姉「……うん、ぼいんぼいんだね。……うん」

姉(73……いや、何も言うまい)

姉「では、次の作戦を与えます」

妹「はい、中佐どの!なんなりと!」

姉「パンツ脱ぎなさい」

妹「……はい?」

姉「だから、パンツ」

妹「ええええええええ!?」

妹「な、何でそんな……こと……」

姉「パンツの威力は絶大よー?妹が脱げば、間違いなく兄は元気を出すわね」

妹「……本当なの?」

俺もパンツ脱いだ

早く

姉「ほんとほんと」

妹「……じゃあ、信じる」

姉「それで、妹は兄に飲み物とお菓子を持っていくの。それで、一緒に食べるのよ」

姉「そうしてお菓子でも落とした振りをして兄にお尻を向けて突き出すの。そうすれば兄の元気が出ること間違いないわね」

妹「……」ゴクリ

姉「分かったわね。あ、後パンツはここで脱いでおいてね」

妹「うん」ヌギッ

妹「じゃあ、頑張ってくるね!」ダダダッ

姉「頑張ってねー」

姉「……これが妹のパンツ……」

姉「白か……妹の清楚さ、清純さをストレートに表現していてディ・モールト、ディ・モールト、良いわね」

姉「ま、妹本人が一番良いに決まっているけど、あれは兄にお熱だしねー」

姉「ちっくしょう、後で何か奢らせよう」


妹「お兄ちゃん!」ガチャッ

兄「……今度はどうした?」

妹「お菓子と飲み物もって来たよ!一緒に食べよ!」

はよ


兄「……ああ、食べようか」

妹「うん!」

兄「……これ、美味いなぁ」モグモグ

妹「ホントだねぇ」モグモグ

兄「……あ、妹チョコレート好きだったよな。ほら」ヒョイ

妹「あ、ありがとー。あーん」

兄「……自分で食えよ……ほら、あーん」

妹「」パクッ

妹「えへへ……美味しい」

飯食ってくる

保守

あがれえええええええええあがらんかあああああああああああ


兄「……」

妹(……!また忘れるところだった、速く作戦を遂行しないと!)

妹(ええと……お菓子を落として……)

妹「ああ~、モンブランが~(棒)」

妹「私の後ろに落ちちゃったよ~(棒)」

兄(……どうしてそうなった)

妹「うん、しょ……と」

妹(ここで……お兄ちゃんに背中を向けて……)

妹(お尻を……突き出す!)

はよ


兄(……はいてない……だと……?)

兄「」ゴシゴシ

兄(……錯覚じゃない)

妹(さあ!どう出る、お兄ちゃん!)

兄「……妹?」

妹「なぁに?お兄ちゃん」

兄(……いや、待て。妹に対して、何ではいてないの?と聞くのは兄としてどうなんだ)

兄(……色々と間違えてやしないだろうか、それとも、ここは聞くのが正解なのか?)

兄(……大体、もう15なんだから、もう少し羞恥心というものをだな……兄としては、妹の私生活が心配に……)

妹(あうぅ……お兄ちゃんがじっとこっちを見たまま黙っているよぉ……///)


妹(な、何で何も言わないのぉ~///)

兄(……!妹のケツを眺め続けるとか、変態か俺は)

兄(……し、しかし……こんな空気で何を言えば……)

妹(……///)

兄「……い、妹」

妹「……な、何?」

兄「……なんでずっとその体勢なんだ?」

兄(いや、この質問は何か違うだろ)

妹「こ、これは……///」

妹「お兄ちゃんに……見てもらいたくて……///」

  (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

 ⊂( ゚д゚ )

   ヽ ⊂ )
   (⌒)| ダッ
   三 `J



/  O | ̄| O  ヽ
|    / |     | 来 た か
ヽ、.  ├ー┤    ノ

兄(……あれ、いつからうちの妹は露出を好む人になっちゃったんだろう)

兄(……どこかで教育方法を間違えちまったかな……俺のせいかなぁ……)

妹「な、何か言ってよぉ……///」

兄「……まずちゃんと座りなさい」

妹(……まさか効果なし!?)

兄(……このままだと妹に欲情するような危ないやつになっちまう……)

妹(そ、そんなぁ……こんな、は、恥ずかしい思いをしたのにぃ……///)

妹「うぅ……はい……」

兄「……どうして、パンツはいていないんだ?」

兄(……これを全く知らない人に聞かれたらどうなるだろう。完全に変態じゃないかな、俺)

妹「お兄ちゃんに元気になってもらいたくて!」

兄(……拝啓お父様、俺はどうやら妹にノーパンでいるのを見せつけたら元気になるような人物だと思われていたようです)

妹「お姉ちゃんが……こうすれば、お兄ちゃんが喜ぶって……」

兄「……姉貴の仕業かよ」

兄(……一体あの人は何を考えているのか。妹を痴女にでもしたいのか)

妹「い、嫌だった?」

兄(……どう答えろと)

兄「……嫌とか……そういう聞き方をされると……」

妹「じゃあ、嬉しかった?」

兄「……ええ、と……」

妹「私のお尻、じっくり見て、嬉しかった?」

妹(うぅ……お股がジンジンしてきちゃったよぉ……)

兄「……嬉しいとか、そんなこと……」

妹「……嫌だった?」

兄(……嫌とか、そんなわけ……)

妹「……ねぇ、お兄ちゃん……」

妹「……」ダキッ

兄「お、おい……妹?」

妹「元気……出して?」

兄「……」

兄(……妹、俺のために……)

妹「ブラしないで、抱きついたりもしたのに……」

兄(……装甲薄すぎて気付かんかった……)

妹「哀れみの目で見ないで!ちゃんとおっきくなるもん!」

兄「あ、これは失礼」

妹「今だってブラしないで抱きついてるのに!何でこんなに反応薄いの!」

兄「……マジ?」

支援

妹「酷い!酷いよお兄ちゃん!この感触を確かめてみてよ、ほら!」グイッ

兄「……ちょ、おい!」グッ

妹「どう?ちゃんとノーブラでしょ!」

兄「……」(哀れみの視線)

妹「うにゃああああああ!」

兄(……壁……と言ったほうがいいのか)

妹「揉んで、揉んで感触を確かめて!」

兄「……はぁ?」

妹「ほら、速く!」ガシッ

兄「……お、おい!」モミ…?

兄(……も、揉めない……だと……?)

妹「……」グスン

兄(……なんだか、凄く哀れに……)

妹「うぅぅ……いいもん、どうせ壁だもん……」

兄「だ、大丈夫だ……それはそれで、需要があったりなかったり……」

妹「お兄ちゃんは!」

兄「な、何?」

妹「お兄ちゃんは……どうなの?需要……あるの?」

兄「……なくはない」

妹「そっか……えへへ」

早くセックスしろ

妹「凄く……凄くお兄ちゃんのこと心配したんだよ?」

妹「お兄ちゃんに、元気を出してもらいたくて……」

兄「……妹」

妹「は、恥ずかしかったけど……頑張ったよ」

兄(……方向性を間違えていると思うんだけど、言っちゃ駄目だよな)

妹「でも、まだお兄ちゃん元気出してないよね」

兄「ああ、それは……」

妹「お姉ちゃんが言ってた、最後の手段なんだけど……」スッ

兄「……!お、おい、妹?」

兄(妹が、俺の股間に……)

妹「……こうすれば、元気を出してくれるよね?」

風呂入ってくる

ロースペース杉

以下ホモスレ

いまあがった

エロっている?
書いたことないんだけど

何のためにF5押しまくったと思ってる

拙いところがあっても脳内補完してくれたら嬉しい


兄「……お、おい!妹……」

ガチャガチャ…ポロン

妹「これが……お兄ちゃんの……」ゴクリ

兄「や、止めろって!俺たち、兄妹で……」

妹「……そんなの関係ないもん……お兄ちゃんが、これで喜んでくれたら……」

兄「お、俺が……こんなことされて……」

妹「……本当に、嬉しくない?」

  ┏┓  ┏━━┓┏━┓┏┓┏━━┓┏━━┓     //.i:.:.:i:.:.:.:.:i,|:.i/iハ:.:./ リ\|、;イ:.:.:.:.i、:.:i....      ┏┓┏┓┏┓
┏┛┗┓┗━┓┃┗━┛┃┃┃┏┓┃┃┏┓┃    .| i.|:.:.;イ:.:.i:.:| |i  ィ ∨ ゝ リ|/`イ:.:.:ト:.Y、.      ┃┃┃┃┃┃
┗┓┏┛    ┃┃┏━┓┃┃┃┗┛┃┗┛┃┃┏━| i,|:.:.| i:.:.|i:.:|ィェェク    イミェュャ.レ:.:.i;,:.:) ヽ..━━┓┃┃┃┃┃┃
┏┛┗┓┏┓┃┃┗━┛┃┃┃┏┓┃    ┃┃┃  .i|.´i:.| i:.:.iヽi /// ヽ   /// /:.:./、)   \  ┃┃┃┃┃┃┃
┗┓┏┛┃┗┛┃    ┏┛┃┗┛┃┃    ┃┃┗ /リ i:.i .ト:.:i:.ゝ  マ⌒ 、   /イ:.:.ifj´\ i.  ヘ....┛┗┛┗┛┗┛
  ┃┃  ┗┓┏┛┏━┛┏┛    ┃┃  ┏┛┃  `ー <i\|\ヽ    ヽ_ノ    /:.:.:/Y ヽ. \ ,/..  ┏┓┏┓┏┓
  ┗┛    ┗┛  ┗━━┛      ┗┛  ┗━┛      ∨.|:.:.:`|`ゝ、     ,./i:.:.:/ .i| \  /....    ┗┛┗┛┗┛


兄「あ、当たり前だろ!」

妹「……本当に?」

兄「……そ、それは……」

妹「……じゃあ、ちゃんと答えるまで勝手にやっちゃうからね?」

兄「お、おい!」

妹「……ん……はむ……」ジュル

兄「く……妹……」

妹「ちゅぱ……ちゅる……」ジュルジュル

は…はよ…ウッ


兄「こんな……こと……!」

妹「…ちゅぱ……嫌?」

兄「い、嫌に決まって……」

妹「…ん…ちゅぱ…じゅる……」ジュルジュル

兄「……ん、くっ……」

妹「んふふ……これでも……?」

兄「……」

妹「黙っちゃった……OKってことでいいよね?」


兄「……!」

妹「じゅる……じゅる…ちゅば!」ジュジュル

兄「く……うぁっ!」ドピュル

兄(うわ……妹の顔に……ぶちまけちまった……)

妹「……これが……お兄ちゃんの……」ペロ

妹「……苦い」

兄「……やっちまった」

兄(うわ……これマジでどうしよう……)

妹「えへへ……気持ちよかった?」


兄「……あ、ああ」

兄(やべえ……妹が凄くかわいく見える……)

妹「お兄ちゃん……」ダキッ

兄「妹……」

妹「お兄ちゃん……分かる?ここ……」

兄(うわ……あそこが液体で光って……)

妹「まだ……こんなに硬いよ……ね?」

兄「……」ゴクリ

妹「……入れて?」

兄(……さよなら、俺の理性)


兄「妹!」ガシッ

妹「きゃあっ」

兄「妹……良い……のか?」

妹「うん……お兄ちゃんだったら……その……」

兄「……妹」

妹「……あ」

妹(お兄ちゃんが……私のあそこに手を……///)

兄「こんなに……濡らしてたんだな……」

妹「だってぇ……お兄ちゃん……あんなにじっと見るんだもん……」


兄「へえ、妹って……少しあそこを見られたくらいで濡れちゃうような変態だったのか……」

妹「ち、違……」

兄「違うって、どこが?」ヌプ

妹「ひゃあっ!」

妹(お、お兄ちゃんの指が……///)

兄「ほら、見られただけでこんなに濡らすのが変態じゃなくて、誰が変態なんだ?」

妹「だ、だって……お兄ちゃんの……あれをなめるのだって……興奮……しちゃって……」

兄「へえ……そうなのか……」ジュポジュポ

妹「あ……ん!うっ……うぁ……」

兄「どうだ?これも興奮するか?」

妹「うん……あ、ひゃぁっ!…凄く……」

     (;´Д`)   シコシコシコシコ
   _(ヽηノ_
     ヽ ヽ

      (゚д゚) !
    _(ヽっノ_
       ヽ ヽ

      ( ゚д゚)っ

      (彡ηr シコシコシコシコ・・・・・
.       i_ノ┘

     ⊂( ゚д゚ )   (゚д゚ ) っ
.      ヽ ηミ)  (彡η r ≡=- サッ
シコシコ・・・(⌒) |     .しu   ≡=-

..           ''';;';';;'';;;,.,    シコシコシコ ・・・
             ''';;';'';';''';;'';;;,.,   シコシコシコ・・・
              ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
             ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
          vymyvwymyvymyvy、
      ヽ(゚д゚)vヽ(゚д゚)yヽ(゚д゚)v(゚д゚)っ
 ⊂( ゚д゚ ) と( ゚д゚ ) 〃ミ ( ゚д゚ )っ ( ゚д゚ )つ

   ゝηミ ( ゚д゚ )っ ミ) ⊂( ゚д゚ ) .(彡η r
    しu(彡η r⊂( ゚д゚ ) .ゝ.η.ミ) i_ノ┘
.       i_ノ┘  ヽ ηミ)しu
           (⌒) .|
            三`J

ちょっとコンビニ行ってくる
こんなエロだけど必要?

兄「どうだ……気持ち良いか?」ジュポジュポ

妹「あんっ……ん、ああ!気持ち、良い……気持ち良いよぉ!」

兄「そうか……そんなにいいか……」ジュポジュポ

妹「ん、あ!あ、あぁ……ん!ひゃぁっ!……ん~ッ!」ビクンビクン

兄「イッちゃったか……どうだ?」

妹「凄い……よぉ……」ビクビク

兄「……」ジュポ

妹「ひゃあっ!こ、これ以上いじったら……!」


兄「どうなるんだ?」ジュポジュポ

妹「い、ひゃ、いやぁあっ!」

妹「あ、ああああ、あぅ……」ジャー

妹(お、おしっこが出ちゃったよぉ……)

兄「あらあら、お漏らししちゃった」

妹「う、ううう……」

兄「やっぱり妹は変態だな、俺の部屋でお漏らししちゃうなんて」

兄「どうするんだ?掃除とか大変だろうなぁ、これ」

妹「ご、ごめんなさい……」

兄「いやいや、謝らなくていいよ。妹が変態だってことを再確認したかっただけだし」


妹「……ううぅ……」

妹(な、何でこんな恥ずかしいこと言ってくるのぉ///)

兄「……妹」ダキッ

妹「お、お兄ちゃん?///」

兄「……入れて、いいか?」

妹「……う、うん///」

兄「痛かったら言えよ?」ナデナデ

妹「うん……」


兄(……今更、少し怖くなってきたけど……)

兄(ここで引いたら、いろんな意味で最低人間だよな……)

兄「……」ヌプ

妹「ひゃうっ!」

妹(お、お兄ちゃんのが……私の……///)

兄「……入れるぞ?」

妹「うん……来て?」

兄「……」ズプズプ

妹「んっ……くぅ……」


兄「大丈夫か?妹」

妹「……手を」

兄「え?」

妹「手を、握って欲しいな……」

兄「妹……」ギュ

妹「……ん、動いて……良いよ」

兄「……分かった」ズチュズチュ

妹「ひぐっ!……い、痛っ……んっ!」

男「まずこのssにて注意していただきたいことが」

1、>>1はss初心者。「いくらなんでもこれはないわ」とか「キモ過ぎる」
とか思った人はブラウザの戻るを押してください。
2、メタ発言があります。ご容赦ください。
3、更新が遅くなります。

男「まあこんぐらいか。あとは…まぁキャラの設定としては>>1の知り合いなどが使われている。
  ちなみに主人公の設定はほとんど作者だ。」

男「次から口調かわる」

男「じゃぁ温かい目で見てやってください。はじまりはじまりー」


兄「……大丈夫か?」ズチュズチュ

妹「う…ひぅっ……うん、わ、私は……んっ…大丈夫、だから……」

兄「妹……妹……」ズチュズチュ

妹「お兄ちゃん……ひゃう、お兄ちゃん……あっ!」

兄「妹……こっち向いてくれ……」

妹「こ、こう……?」

兄「…ん」チュ

妹「……んぅ」

妹「……えへへ、お兄ちゃんとキスだぁ……」


兄「はぁ…はぁ…」パンパン

妹「…あっ…んっ…あぁ!……っ!」

兄「はぁ…はぁ…はぁ…」ズチュズチュ

妹「お兄ちゃん……激しっ……過ぎるよっ……!」

兄「凄く良いよ……妹……」ズポズポ

妹「あッ!……~ッ!!お兄ちゃん……お兄ちゃん……!」

兄「だ……出すぞ……出すぞ、妹!」パンパンパン

妹「ひぅ……ひ、ひぃ…!あぁッ……うん……私にッ!出してッ!」

兄「妹……妹ぉ!」ドビュドビュドビュ

妹「ん…!あッ!ああ~ッ!~~ッッ!!」ビクビク


兄「……やっちまった……」

妹「えへへぇ……」グーグー

兄「……幸せそうな寝顔しやがって……ほら、おきろ」ペシペシ

妹「……んぅ?あ、お兄ちゃんだー」

兄(……俺、さっきまでこいつとやってたんだよな……)

妹「あ、そうだ、お兄ちゃん元気でた?」

兄「ああ、そりゃあもう元気いっぱいだ」

妹「そうなんだぁ、良かったぁ……」

兄「俺を元気付けるために、こんなことまでしてくれるなんてな……」


兄「……ん、まあ」

妹「……えへへ。嬉しいよ、お兄ちゃん」

兄「まだプレゼントしてないし、何を渡すかも決めてないけどな」

妹「それでも嬉しいよ。お兄ちゃんが私のことをそんなに考えてくれていたんだもん」

ミス

下四行はまだなかったことにしてくれ


妹「あ、そうだ。お兄ちゃん」

兄「何だ?」

妹「何で元気がなかったの?凄く、心配だったんだけど……」

兄「ああ……」

兄(言うの恥ずかしいな……でも、言っとくか)

兄「お前、明後日誕生日だろ?」

妹「うん、そうだけど」

兄「俺の誕生日の時さ、妹バイトして三万くらいのネックレスを買ってくれただろ?」

兄「あんな高価なものをプレゼントされたからさ、こっちもそれなりのプレゼントをしなくちゃなと思ってたんだ」

兄「……まあ、そんなことで悩んでいたんだ」


妹「……私のために?」

兄「……ん、まあ」

妹「……えへへ。嬉しいよ、お兄ちゃん」

兄「まだプレゼントしてないし、何を渡すかも決めてないけどな」

妹「それでも嬉しいよ。お兄ちゃんが私のことをそんなに考えてくれていたんだもん」

兄「……妹」

妹「それに……今日だけで、お兄ちゃんからはいっぱいのものをもらったし……///」

兄「……なあ、妹」

妹「何?お兄ちゃん」


兄「俺、妹のことが好きだ」

妹「……お兄ちゃん」

兄「こんなの駄目かもしれないけど、妹のことを女性として大好きだ」

兄「……迷惑かな、こんな告白」

妹「ううん、そんなことないよ」

妹「私もお兄ちゃんのこと大好き」

妹「……ふふ。これが一番の誕生日プレゼントかな?ちょっと早めの」

兄「……良いのか?」

妹「何が?お兄ちゃんが私のことを好きで、私はお兄ちゃんのことが大好き。何の問題があるの?」

兄「妹……」

妹「ずっと一緒にいようね?お兄ちゃん」

兄「ああ、ずっと一緒にいよう。ずっと、な」ダキッ

妹「……うん!」

fin

よし、次は姉√だ

>>136
書きたいんだけど、流石に眠い
もしかしたら明日にでも書くかもしれない

新・保守時間目安表 (休日用)
00:00-02:00 10分以内
02:00-04:00 20分以内
04:00-09:00 40分以内
09:00-16:00 15分以内
16:00-19:00 10分以内
19:00-00:00 5分以内

新・保守時間の目安 (平日用)
00:00-02:00 15分以内
02:00-04:00 25分以内
04:00-09:00 45分以内
09:00-16:00 25分以内
16:00-19:00 15分以内
19:00-00:00 5分以内

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom