ミカサ「もの凄いことに気づいた」(23)

エレン「?」

ミカサ「聞いて」

エレン「おう」

ミカサ「私は強い」

エレン「おう」

ミカサ「もの凄く強い」

ミカサ「でしょう?」

エレン「おう」

ミカサ「エレンよりも強い」

エレン「……」

エレン「ああ」

ミカサ「エレンよりももの凄く強い」

ミカサ「でしょう?」

エレン「ああ」

ミカサ「ので」

ミカサ「エレンをレイプすることができる」

エレン「」

ミカサ「できる」

ミカサ「でしょう?」

エレン「……」

エレン「でしょくない」

ミカサ「でしょくないの?」

エレン「ああ」

ミカサ「……」

ミカサ「そう……」

エレン「……」ホッ

ミカサ「あ、でも」

エレン「?」

ミカサ「もし私がエレンをレイプしようとして」

ミカサ「エレンが抵抗した場合」

エレン「……」

ミカサ「その抵抗をはね除けて、レイプすることができる」

エレン「」

ミカサ「でしょう?」

エレン「……」

エレン「でしょくない」

ミカサ「でしょくないの?」

エレン「ああ」

ミカサ「そう……」

エレン「……」ホッ

ミカサ「あ、でも」

エレン「!?」

ミカサ「もしエレンが寝ているときに、エレンの寝室に忍びこんで」

ミカサ「エレンをこう、縄か何かでベッドに縛り付けたら」

エレン「……」

ミカサ「抵抗されることなく、スムーズにレイプできる」

ミカサ「でしょう?」

エレン「……」

エレン「……」

ミカサ「でしょう?」

エレン「でしょくない」

ミカサ「でしょくないの?」

ミカサ「そう……」

エレン「……」ホッ

ミカサ「……あ、でもでも」

エレン「!?」

ミカサ「もしこの場でエレンの鳩尾をに、渾身のボディブローを叩きこんで」

エレン「」

ミカサ「エレンがこう、良い感じに失神したなら」

ミカサ「抵抗されることも縛り付ける必要もなく、快適にレイプできる」

エレン「」

ミカサ「でしょう?」

エレン「」

ミカサ「でしょう?」

エレン「……」

エレン「でしょくない」

ミカサ「でしょくないの?」

エレン「ああ」

ミカサ「……そう」

エレン「……」ホッ

ミカサ「……」

ミカサ「……ねえ、エレン」

エレン「……」

エレン「なんだ?」

ミカサ「……」

ミカサ「世の中って、難しいのね」

エレン「……」

エレン「ああ」

ガチャ

カルラ「エレン、ミカサ。ご飯できたわよ」

エレン「うん」

ミカサ「わかった」

タッタッタッ


以上です

ありがとうございました

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年03月25日 (火) 21:00:11   ID: P_t53Nm3

短いけどこのノリ好き

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom